サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    その他

    17 名無し@サカサカ10 2018/09/05(水) 17:17:03.30
    欧州リーグ全体が1強か2強だし、かろうじてプレミアは5チームくらい優勝争うレベルだけど、よく飽きないよな

    セリエ ユベントス
    リーガ レアル、バルサ
    ブンデス バイエルン
    フランス パリSG
    オランダ PSV、アヤックス

    a85592bd[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/07(金) 18:58:19.69 _USER9
     9月18日に開幕する18-19シーズンのチャンピオンズリーグ。接戦が予想されるグループはH組(ユベントス、マンU、バレンシア、ヤングボーイズ)、B組(バルセロナ、トットナム、PSV、インテル)、C組(PSG、ナポリ、リバプール、レッド・スター)、A組(アトレティコ、ブルージュ、ドルトムント。モナコ)。他の組はネームバリューのある強者が順当にベスト16入りしそうだ。

     昨季はローマとリバプール。一昨季はモナコが健闘したが、チャンピオンズリーグは、基本的には強者が順当に勝ち上がる傾向が続いている。過去5シーズンで4度優勝を遂げたレアル・マドリーがその象徴だが、後続集団の模様にも大きな変化がない。追うバイエルン、バルセロナ。そしてアトレティコにユベントス。これにプレミア勢が絡む展開だ。欧州内に漂うヒエラルキに大きな変化はない。

     登場チームが限られているので正直、ハラハラドキドキ感はいまひとつ。グループリーグの見どころは減っている。こう言ってはなんだが、決勝トーナメントさえ見ておけば、それで十分という感じだ。

     どこが勝つか分からない面白さ、ハラハラドキドキ感は、むしろ代表チームの戦いに宿っている。サッカー王国ブラジルを筆頭に、ヒエラルキは構築されているように見えるが、絶対的な王者はいない。スペイン、ドイツも思いのほか速く、王者の座から滑り落ちた。イタリアに至っては凋落の一途を辿るし、アルゼンチンもメッシを擁しながら、結局トップの座には就けなかった。

     フランスの優勝で終わったロシアW杯も、混戦と言えば混戦だった。好試合、接戦に遭遇する機会は、これまで以上だったように思う。

     代表戦の訴求力は上昇しつつある。代表よりクラブの概念が浸透している欧州も例外ではないのか。

     UEFAネーションズリーグ誕生の背景に潜む要素なのかもしれない。

     来る9月7日に第1回大会が開幕するこの新設大会。ユーロ、W杯予選に次ぐ欧州の代表チームの大会だ。レギュレーションを話すと長くなるので割愛するが、アイディアがいい。CLに勝るとも劣らないとてもよく練られた大会だ。企画力と実行力を高次元で備えたUEFA。欧州サッカーの発展はその力と密接な関係がある。

     その影響は日本を含む欧州以外の国も及ぶだろう。UEFAネーションズリーグが行われるのは、2018年9月から2019年6月。その間の国際マッチデーだ。欧州内に日程はいっそう過密になる。欧州以外の国々が、欧州各国の代表チームと親善試合を行いにくくなる。

     森保ジャパンとなった日本代表は、今年中に6試合行うことが決まっている。9月7日と11日にチリとコスタリカ。10月12日と16日にパナマとウルグアイ。11月の2試合は未定だ。

     すでに対戦が決まっている4ヶ国は、南米勢と北中米勢だ。残る2試合もそのいずれかか、アジア勢との対戦だろう。

     欧州の代表チームとの親善試合は、近年減少の一途を辿る。ハリルジャパン時代は、ホーム戦は2試合(ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア)のみ。海外での試合も、同じく2試合(ベルギー戦、ウクライナ戦)に限られる。次にいつ対戦できるか分からない状態だ。日本の交際範囲はまさに限定された状態だ。

     海外組が個人的に接触するしか手はない状態だ。その海外組だが、総数はわずかながら増えている。一時より若干回復しているとはいえ、名のあるクラブでプレーしている選手はごく僅かだ。日本人選手がプレーするクラブとして、唯一CL本大会出場をはたしたドルトムントも、香川は放出候補だと言われている。今季、チャンピオンズリーガー0になる可能性は高い。

    つづく

    2018年9月5日 11時33分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15259940/

    275e6b9b[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/07(金) 18:23:15.54 _USER9
    日本サッカー協会は6日、未明に発生した北海道胆振東部地震を受けて、日本代表が7日に札幌ドームで開催予定だった国際親善試合チリ戦の中止を発表した。札幌市内に滞在中の森保ジャパンは被災したものの全員無事が確認されたが、新チームの初陣が中止となる前代未聞の事態。2022年カタールW杯を目指す日本代表にとっても大打撃となった。

     午前3時8分の地震発生直後、選手やスタッフは宿舎内の食事会場に集まって無事を確認。余震が続いたため、2時間ほど待機してから各自の部屋に戻った。仮眠を取った後に午後1時の昼食で再集合。同4時から宿舎近くの公園で、ストレッチを中心としたメニューで軽く体を動かした。

     練習後に円陣を組んでミーティングを行った森保一監督(50)は、選手にチリ戦が中止になったことを通達。さらに「われわれは自家発電のある建物に泊めさせてもらい、食事も普通に作っていただいた。支えていただいていることに感謝して過ごしてほしい」とイレブンに訓示した。

     報道陣に対応した指揮官は、異例の事態に「自然災害には太刀打ちできない。想定外のことも受け入れながらやっていきたい」。主将のMF青山敏弘(32=広島)は「もう言葉にできない…。広島でも台風があったばかりだし。ただサッカーをやらなきゃ自分たちは何も発信できない。その使命感は持っている」と悲壮な覚悟を語った。

     今後は7、8日と札幌市内で練習を実施し、コスタリカ戦(11日、吹田)が行われる大阪へ移動する予定。だが「スケジュールはどうなるか分からない」と交通機関の復旧状況によって変更の可能性もあるという。

     初陣が中止となる前代未聞の事態に陥った森保ジャパン。今後への影響も計り知れない。国際Aマッチをホームで開催する際、放映権料や入場料やスポンサー、グッズ販売や飲食販売などの収入が見込め、その額は「1試合につき5億円ほどになる」(大手広告代理店関係者)という。莫大な収入を失う上、各種キャンセルの諸経費などは持ち出しとなる。もちろん“赤字”だ。

     日本サッカー協会にとって日本代表戦の開催は収益の大きな柱。それだけに協会関係者はかねて「各方面への影響は大きい。特にアンダー世代に影響が出るかも」と話しているように、A代表はもちろん、東京五輪代表やなでしこジャパンなど、各世代別代表チームの合宿や遠征など強化費にも大きな影響が出かねないわけだ。

     また、現場でのチーム強化プランにも狂いが生じる。9月の2連戦で多くの選手をテストする予定だったが、実戦機会が1試合だけになったことで起用できる選手や戦術が限られてしまう。今回は指揮官が期待する新戦力を多く招集しただけに、テストの場が潰れたダメージは甚大だ。森保監督も「選手たちも試合のために準備してきたし、海外組も遠くから来た。試合をして選手のパフォーマンスを見たいし、今後のチームづくりにおいても試合ができればありがたいけど…。こればかりは自分たちがコントロールできる問題ではない」と顔を曇らせた。

     嵐の船出となった森保ジャパンは、この難局をどう乗り越えていくか。

    9/7(金) 16:31配信 東スポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000032-tospoweb-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/07(金) 11:11:11.57 _USER9
     メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF、本田圭佑が9月6日、自身のインスタグラムを更新。ファンに対して真摯な対応を見せる姿が収められた動画がわずか半日のうちに、爆発的な再生回数を誇っている。

     動画は、メルボルン・ビクトリーの練習キットに身を包んだ本田が、練習場を訪れた数人の学生と思しき日本人へファンサービスをする模様を収めている。サインを求められた本田は気さくに応じ、ファンと会話をしながらスマホケースにペンを走らせる。ファンからの要請にひと通り応え、練習場に戻りかけた本田に「これもお願いします」の声が掛かると、嫌な顔ひとつ見せずに応じる神対応ぶり。

     この動画は、半日足らずのうちに17万回以上の再生回数に上り、ユーザーからは、次のようなコメントが寄せられている。

      「ああ、ダメだ、カッコいい。」
      「うらやましい!」
      「かっこよすぎや!」
      「いつか私のスマホケースにも本田さんのサインを…」
      「ジェントルマンですね」
      「神対応!」

     さらに、「ハイタッチできた日のこと、一生忘れません。」「PSVスタジアムでiPhoneにいただいたサイン、一生の宝物です」など、動画を見て本田との過去のふれ合いを思い出すユーザーも見受けられた。

     依然として変わらぬ高い人気を誇る本田。新天地となるメルボルン・ビクトリーで、どのようなパフォーマンスを見せるのか、期待が膨らむ。

    2018年9月7日 5時34分 サッカーダイジェストWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/15269347/ 
      
     
    no title
     
     


    View this post on Instagram

    Fan Love

    Keisuke Hondaさん(@keisukehonda)がシェアした投稿 -


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/06(木) 05:56:36.18 _USER9
    no title


    日本代表とU-21日本代表を兼務し始めた森保一監督にとって最初の国際大会となった2018年アジア大会は準優勝という結果に終わった。

    ただ、ソン・フンミン(トットナム/イングランド)らをオーバーエイジで加えて本気でタイトルを獲りにきた韓国との決勝で、J2勢や大学生を軸とした若きジャパンが善戦したことは、今後に大きな希望を感じさせた。

     8年前の2010年アジア大会(中国・広州)で頂点に立った当時のU-21日本代表もメンバー的には決して恵まれていなかった。同大会は2012年ロンドン五輪への第一歩と位置付けられたのにもかかわらず、Jリーグが佳境を迎えた10月から11月にかけての開催ということで、多くのクラブが主要選手を出さなかった。結果的に招集できたのは、クラブであまり出番を得られていなかった山口蛍(セレッソ大阪)や東慶悟(FC東京)らJリーグの若手と、永井謙佑(FC東京)や山村和也(C大阪)ら当時大学生だった7人。正直、下馬評は低かった。

     しかしながら、関塚隆監督(現・日本サッカー協会技術委員長)が率いたこのチームは、初戦でホスト国・中国を3-0で撃破し、勢いに乗ってトントン拍子で優勝までたどり着いた。その時の主軸だった山口や永井に、清武弘嗣(C大阪)や酒井宏樹(マルセイユ)らが加わる形で五輪本大会まで勝ち上がり、ロンドンで4位という日本史上2番目の好成績を残すことに成功したのだ。

     そして2年後の2014年ブラジルワールドカップにはロンドン五輪代表から6人が滑り込んだ(オーバーエイジの吉田麻也/サウサンプトンを除く)。ただ、この時は本田圭佑(メルボルン/オーストラリア)、岡崎慎司(レスター/イングランド)ら2008年北京五輪世代がピークを迎えていたため、大半の選手が出番を得られなかった。

     だからこそ、キャリアのピークと言われる20代後半に差し掛かった今回の2018年ロシアワールドカップは「ロンドン組の集大成」になるはずだった。ところが、代表23人に名を連ねたのは、酒井宏、酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)、山口、宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)の4人だけ。内田篤人(鹿島)の長期負傷と、自身の劇的な成長によって酒井宏だけは大舞台でフル稼働できたものの、他の3人は控えに甘んじた。

    つづく

    9/5(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180905-00000008-sasahi-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/06(木) 21:05:45.51 _USER9
    J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)が6日、都内で行われたDAZN2周年メディアカンファレンスに、ともにアンバサダーを務めるプロボクシングのWBAミドル級王者の村田諒太(=帝拳)と登壇した。トーレスは、DAZNが10月20日(日本時間同21日)に米国ラスベガスから独占中継する、村田が2位のロブ・ブラントと対戦する2度目の防衛戦を見ると約束した。 
      
    20180906-00322380-nksports-000-4-view[1]


    まず村田が壇上で、現在のコンディションを聞かれ「今、実戦練習もスパーリングも始まってきて、非常に良い状態で過ごせていますので、この調子でいけば問題ないかなと思っています」と順調な調整ぶりを強調した。

    続いてトーレスに「ボクシングを見ますか?」と質問が飛んだ。トーレスは「もちろん、私は見ますよ。(日本時間で)朝だと思うので、ちょうど見られると思います。私はボクシングファン…絶対にミスできません(見逃せません)」と断言した。トーレスの言葉を聞き、村田は「彼に良い試合を見せられるよう。頑張りたいですね」と、改めて必勝を誓った。

    トーレスは、チャンピオンズリーグが今季からDAZNで独占中継されることを受けて、日本代表DF吉田麻也(30=サウサンプトン)とともに、このほど新たにDAZNのアンバサダーに就任した。吉田や村田らとともに、侍の格好をして出演したCMについて聞かれると「初めての経験。日本に来て最初の週だったので、いろいろな人に情報を聞き、侍に扮して撮影できた。誇りを持てるCMだ」と笑顔で語った。

    トーレスは、チェルシー時代の11-12年に、バイエルンにPK戦で勝って欧州チャンピオンズリーグを、翌12-13年にはベンフィカに勝って欧州リーグを、それぞれ初制覇した経験を持つ。チャンピオンズリーグ、欧州リーグの思い出について聞かれると「自分が勝った瞬間…負けたことは忘れるようにしています。チャンピオンズリーグは、初めの音楽(アンセム)からすばらしい。すばらしいチームが参加している。私は両方でプレーでき、決勝で勝てたことは光栄。トロフィーを身近に持つ興奮で、もう1回、勝ちたいと思う」と振り返った。【村上幸将】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00322380-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/06(木) 16:59:19.10 _USER9
    7日札幌ドームで開催予定の日本―チリ戦は中止 北海道地震影響

    20180906-00826059-soccerk-000-2-view[1]

    日本サッカー協会は6日、同日午前3時8分頃に北海道胆振地方中東部を震源とする
    最大震度7の地震が発生したことを受け、7日の国際親善試合・日本代表―チリ代表戦(札幌ドーム)を
    中止すると発表した。

    チリ戦が開催されれば、2020年東京五輪代表との兼務でA代表の監督に就任した
    森保一監督(50)の初陣となるはずだった。
    札幌市内に滞在中の日本代表チーム、チリ代表チームの無事は確認している。
    日本代表は11日に大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカ代表戦を控えている。

    2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には3月12日から4月20日までの
    Jリーグ全試合が中止になり、日本代表戦も3月25日のモンテネグロ戦(エコパ)、
    3月29日のニュージーランド戦(国立)が中止となった。
    [ 2018年9月6日 16:40 ]

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/09/06/kiji/20180906s00002014170000c.html

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/06(木) 06:21:01.02 _USER9
    チリサッカー協会は6日、チリ代表の公式ツイッター(@LaRoja)を更新し、北海道内を震源とする地震での無事を報告した。

     チリ代表は7日、札幌ドームで開催されるキリンチャレンジ杯で日本代表と対戦する予定。滞在中の被災となったが、「札幌での強い地震があったが、チリ代表団は完全に無事だ」と投稿している。

     気象庁は6日、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震があり、道内で最大震度6強の揺れを観測したと発表。各種報道によると、札幌市内を含む広範囲で停電が発生している。

    9/6(木) 5:48配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-01776544-gekisaka-socc 
      
    20180831-00132249-soccermzw-000-3-view[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/06(木) 05:46:10.80 _USER9
    気象庁は6日、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震があり、道内で最大震度6強の揺れを観測したと発表した。7日に札幌ドームでのキリンチャレンジ杯チリ戦を控える日本代表は札幌市内に滞在中だが、宿泊先のホテルに避難指示が出たようだ。

     日本代表メンバーの1人であるDF槙野智章(浦和)は発生から約30分後の3時49分、自身の公式ツイッター(@tonji5)に「避難命令でたぞ…今からホテルのロビーに貴重品だけ持って降りてこいって…」と投稿。直前には「めっちゃ揺れた」と述べており、地震によるものとみられる。

     日本放送協会(NHK)など複数の報道機関によると、北海道内で多数の建物被害、人的被害が発生。また、道内の広範囲で停電が発生しているという。道内に電力を供給する北海道電力は、緊急時の停電情報を配信する公式サイトを持っているが、午前5時の時点でサーバーがダウンしている。

     なお、札幌市をホームタウンとする北海道コンサドーレ札幌は6日未明、公式ツイッター(@consadoleofficial)を更新し、NHK生活・防災の投稿をリツイート。「道内では、余震が続いていますね。停電になっている地域もあります。落ち着いて行動しましょう」と注意を呼びかけている

    9/6(木) 5:17配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-01776388-gekisaka-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/05(水) 06:21:24.34 _USER9
    サッカーJリーグクラブの練習日にはサポーターが見学に訪れる。「差し入れ」を持参することもあり、「スポーツドリンク」が候補にあがりやすい。

    20180904-00000001-jct-000-2-view[1]

     ただ、これを飲まない選手もいるようだ。日本代表でJ1・鹿島アントラーズの三竿(みさお)健斗選手はツイッターで、スポーツドリンクは「糖質が多くて普段飲まない」と告白。一方で、厚意を汲んで「なかなか断れない」とも伝えた。さらに別の現役Jリーガーからも声があがり、「差し入れ問題」の反響が選手・サポーターの間で広がっている。

    ■「頂くものがジュースやお菓子だと全て食べることができません」

     三竿選手は2018年8月26日、

      「練習後に差し入れでスポーツドリンクとか味付きの水だったりもらうんですけど 実はものすごく糖質多くて、普段は飲まないんですよね 水かお茶しか飲まない」

    とツイッターに投稿した。「けどなかなか断れないのでここで告白します! 応援してくれている気持ちは伝わってます!」と続けている。発信は反響を集め、

      「選手からこういうことを言ってくれるのは大変参考になります」
      「こういう発信は嬉しいと思います サポも何が喜んでもらえて何がダメなのかめっちゃ考えますから」

    といった声が寄せられた。

     これに、同じような思いだったJ3・ブラウブリッツ秋田の青島拓馬選手が自身の考えをツイッターに投稿。「本当に嬉しい事に最近差し入れを沢山頂きます」と切り出し、

      「ただ頂くものがジュースやお菓子だと全て食べることができません。皆さんが汗水垂らして稼いだお金で買ったものをです。凄くモヤモヤしてました。凄く言いづらいけど絶対に言いたい事を三竿選手が言ってくれました」

    と、やはり甘い飲み物は飲んでいないこと、それを差し入れてくれるファンには言いづらいことを告白している。

     議論がいっそうの広がりを見せると、青島選手はこのような「差し入れのミスマッチ」をなくしたいとして、同28日にブログで自身の考えを詳細につづった。「あくまで私見です」と断りながら、

      「何が欲しくて、何がいらないかをはっきり話せる選手もいますが、そんな選手ばかりではありません。僕たちのことを思って差し入れを用意してくれた人に対して、『それはいらない』と言えない選手もいます」

    と、葛藤があったことを明かし、差し入れの「具体案」として、「水、お茶などの低カロリーな飲み物」「ブラックコーヒー」などを列挙。スポーツドリンクはあげなかった。

    つづく

    9/4(火) 12:00配信 Jcastニュース 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000001-jct-ent
    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/05(水) 03:22:48.52 _USER9
    台風21号が4日に日本に上陸し、各地に大きな被害をもたらしている。
    ヴィッセル神戸に所属するMFアンドレス・イニエスタも、日本で体験した自然の猛威に恐怖を感じたようだ。

    台風21号は4日午後に神戸市付近を通過。強烈な被害の様子を撮影した動画もSNSで数多く投稿されている。

    イニエスタも今回の台風の様子を動画に撮影している。インスタグラムの自身の公式アカウントで、
    台風について伝えるテレビのニュース画面の写真に続いて、自宅高層マンションから撮影したとみられる4つの短い動画を投稿した。

    イニエスタは台風の「接近中」「通過中」の動画に続いて、ベランダや窓に激しく打ち付けられる風雨の様子を撮影。
    さらに「通過後」に雨が止んで穏やかになった風景も投稿している。

    イニエスタの日本での体験にはスペインメディアも注目している。
    『アス』紙は同選手のSNS投稿を紹介し、
    「過去25年間で最悪の台風に日本で遭遇」と伝えた。直接的な被害がなかったことをスペインの家族らに伝えたかったのだろう、という見方も示されている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15258050/
    2018年9月4日 22時45分 フットボールチャンネル

    no title




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/05(水) 01:17:25.27 _USER9
    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表で、現役を続けながらカンボジア代表の実質的な監督に就任した本田圭佑が4日、プノンペンで行われた初練習に臨み、「自分の経験のすべてをカンボジア代表にささげたい」と述べた。

    20180519151524[1]

     本田はW杯後、現役続行を決め、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に移籍。その傍らでカンボジアを率いることになった。「自分の使命はカンボジアのサッカーを今すぐに変えること。もちろん簡単なことではないが」と語り、初采配となる10日のマレーシア戦を控え、「強いチームなので難しい試合になる」と気を引き締めた。(AFP時事)。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000002-jij-spo

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/04(火) 22:49:33.42 _USER9
    サッカー元ブラジル代表FWのロナウド(Ronaldo)氏は3日、スペイン1部リーグに所属するレアル・バジャドリード(Real Valladolid)の株式の51パーセントを取得し、同クラブの経営権を手にしたと発表した。

    20180904-00000026-jij_afp-000-3-view[1]

     バジャドリードのカルロス・スアレス(Carlos Suarez)会長は、同市役所で行われた記者会見で「きょうは新たな始まりの日だ。ロナウド氏はこのクラブの株式の51パーセントを取得した」「彼は夢を愛し、その夢を広める人物だ」と述べた。

     一方、現役時代はレアル・マドリード(Real Madrid)とFCバルセロナ(FC Barcelona)に在籍してスペインでプレーし、ブラジル代表としてもW杯(World Cup)で2度の優勝経験を持つロナウド氏は「きょうは私にとって非常に重要な日だ」「私はピッチの内外で多くのことを経験してきた。バジャドリードの1部定着や自分たちの夢を持ち続けることに期待してほしい」と語った。

     バジャドリードは今季から1部リーグに昇格しているが、開幕後3試合の成績は2分1敗で現在は16位につけている。

     ロナウド氏は史上最高の選手の一人として広く認識されており、バジャドリードのファンとしては夢見心地だろう。

     FIFA最優秀選手賞(FIFA World Player of the Year)を1996年と1997年、2002年にそれぞれ受賞したロナウド氏は、2011年に現役を引退。41歳の同氏はファンに対し、クラブの未来を具体化するのに協力してほしいと訴えかけた。

    「すべての人にこのクラブの一員になってほしい。このプロジェクトに参加してくれるファンを求めている」

    「われわれはアイデアや意見、批判、野望を求めており、皆さんに現在と未来のバジャドリードの一部になってほしい」 【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000026-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/04(火) 12:38:17.79 _USER9
    国際サッカー連盟(FIFA)が3日、年間ファン賞の候補を発表した。

     FIFA年間ファン賞はスタンドで素晴らしい姿をみせたサポーターに送られる賞。そして今年のファン賞の最終候補には、日本代表とセネガル代表のサポーター、ペルー代表のサポーター、そしてチリ2部プエルト・モントのサポーターであるセバスティアン・カレラ氏が選ばれた。

     日本とセネガルのサポーターは、2018 FIFA ワールドカップ ロシアでの試合終了後のスタンド清掃(ゴミ拾い等)が評価。FIFAはHPで「両国の献身性と情熱に誰もが感銘を受けた。試合後にスタジアムを清掃した姿は世界中のサポーターから大きな称賛を集め、ファンとしての義務を超えていた」とノミネートの理由を説明している。

     ペルーのサポーターは9大会ぶり出場となったW杯での情熱的な応援が高く評価され最終候補に選出。また、セバスティアン・カレラ氏は、愛するクラブを応援しにアウェイの試合観戦のために3000kmを往復。プエルト・モント側のスタンドで1人で応援する姿が世界中のメディアで紹介されていた。

     なお、今後FIFAのHPでファン投票が行われ、9月24日に発表される。

    9/4(火) 8:16配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00824808-soccerk-socc 
      
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ