サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    その他

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/13(火) 08:43:49.68 _USER9
    リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは現在負傷により長期離脱を強いられ、リハビリに励む生活を送っているが、日本人ファンから贈られた思わぬプレゼントに感激している。

     今年4月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第1戦のASローマ戦でチェンバレンは負傷交代。膝の靭帯損傷と診断され長期離脱を余儀なくされ、現在はリハビリに励む日々を過ごしている。

     チェンバレンはこれまでアーセナルで伸び悩む時期を過ごしていたが、昨夏にリバプールへと加入すると才能が開花。アーセナル時代はサイドでのプレーが大半となっていたが、ユルゲン・クロップ監督の下、インサイドハーフに抜擢されると見事な適応を見せ、チームの主力へ成長を遂げた。

     そんな飛躍の最中での痛恨の離脱となったが、チェンバレンは自身の公式インスタグラムで、日本人サポーターから千羽鶴を受け取ったことを報告し、感謝の弁を述べている。

    「日本のサポーターズクラブのファンの方々に心からありがとう。僕のために時間を費やしてくれて、1000枚もの折り紙でメッセージを送ってくれた。本当に恐れ多いよ。僕に届けるため海を渡ってきてくれた。本当に仰天したよ。アリガトウゴザイマシタ!」

     千羽鶴の写真も添えると、コメント欄には「素晴らしいプレゼント!」「なんて美しくユニークでオリジナリティーあふれるギフトなんだ!」「純粋に美しい」「我々からも日本にありがとう!」「心温まるプレゼントだ」と海外ファンからも多くの反響が寄せられていた。

     リハビリは順調に進んでいるというチェンバレン。ファンは復帰を心待ちにしている。

    cf24c99ed17010f5e5ef0940aa5a31ba[1]

    c5e2f2675c74f8cd203b1c7a3499d894[1]

    11/12(月) 22:30配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00147391-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/12(月) 21:10:49.59

    GettyImages-951629-1-632x490[1]

    ヒデの功績
    ・世界最高リーグのセリエAで活躍
    ・日本人初の二桁得点(10得点)
    ・強豪ASローマに移籍
    ・天王山で活躍、日本人唯一のセリエA優勝
    ・当時アジア人最高額の33億円でパルマへ移籍
    ・中田の決勝ゴールでユベントスを下し、コパ・イタリア制覇
    ・ユベントスに通算5得点のユーベキラー
    ・パルマ、フィオレンティーナで10番を背負った初の日本人
    ・欧州移籍から引退まで常にセリエA以上のリーグでプレー
    ・日本人の欧州移籍への流れを作った(俊輔はヒデを追ってセリエへ)
    ・ASローマの高額移籍金ランキングTOP10入り
    ・ASローマを代表する冬の補強選手に選出
    ・ASローマの殿堂入り候補に選出

    続きを読む

    832: 名無し@サカサカ10 2018/11/11(日) 21:55:52.48
    【アンケート結果】浦和と鹿島、サポーターの思いとは?
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20181109/858053.html

    GettyImages-1052594590-800x533[1]

    【あなたが最も好きな選手は誰ですか?(過去に所属した選手を含む/複数回答可)】

    ○浦和レッズサポーター
    1位:興梠慎三(147票)
    2位:ロブソン・ポンテ(140票)
    3位:阿部勇樹(125票)、田中達也(125票)
    5位:小野伸二(117票)
    6位:福田正博(98票)
    7位:原口元気(61票)
    8位:山田暢久(54票)
    9位:永井雄一郎(47票)
    10位:エメルソン(41票)

    ●鹿島アントラーズサポーター
    1位:小笠原満男(180票)
    2位:ジーコ(108票)
    3位:柴崎岳(79票)
    4位:本山雅志(76票)
    5位:内田篤人(64票)
    6位:柳沢敦(61票)
    7位:レオナルド(52票)
    8位:マルキーニョス(43票)
    9位:ジョルジーニョ(34票)
    10位:大迫勇也(30票)

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/12(月) 08:10:03.02 _USER9
    フランス1部ニースでプレーするイタリア代表のFWマリオ・バロテッリが自身のSNSで人種差別に対して怒りを露わにしている。

     バロテッリはインスタグラムを通じて「人種差別主義者、君たちは孤独の中で生きているだけだ。君たちはこの世の病気だ」と綴り「愚か者はパソコンの後ろに隠れているだけだ。俺について考えている事があるのなら直接目を見て言いに来い」と抗議している。

     ガーナ出身の両親の元に生まれたバロテッリはこれまでも人種差別的なヤジを受けてきた今年5月には約4年ぶりにイタリア代表に復帰するも一部のサポーターが「我々のキャプテンはイタリア人の血がなければならない」と侮辱するようなバナーが掲げられていた。

    11/12(月) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00296748-footballc-socc 
      
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/09(金) 22:48:19.88 _USER9
    サッカー通で知られる歌手の小柳ルミ子(66)が9日、公式ブログを更新し、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレス、2度目の激突となるJ1、ヴィッセル神戸-サガン鳥栖戦(10日、ノエビアスタジアム神戸)を観戦するためこの日、神戸に前乗りすることを明かした。

    20170912_rumi_01

     今季、神戸にイニエスタ、鳥栖にトーレスが加入し、8月22日の天皇杯4回戦で国内初対決が実現。トーレスが来日初ゴールを放ち、3-0で鳥栖が快勝している。

     小柳は「14:00~KOなので前乗りします」と明かし、「仕事ですよぉ~」と付け加えた。

     「元リーガで何度もマッチアップして来たバルサのイニエスタとアトレティコのトーレス そして2人共元スペイン代表 どちらに軍配が上がるか 個人的には勿論 トーレスも良い選手なんだけど彼のウィークポイントは…感情をコントロール出来ず切れやすい所があるから ヴィッセル神戸の選手達よ そこをついてイライラさせればレッドで退場…もあるかも…よ 何度も見て来たから 両チーム共良い試合を見せてほしい!!」と、試合の見どころと期待をつづっている。

     小柳はイニエスタが所属していたバルセロナの熱烈なファン。今年7月22日にはイニエスタの日本デビュー戦を生観戦するため、神戸を訪れている。

    11/9(金) 17:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000108-dal-ent

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/08(木) 22:22:25.12 _USER9
    国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会から出場国が48チームに増えても開催期間は28日間のままであると話したと、8日にスカイスポーツ電子版が報じた。

    全部で80試合が行われることから、1日で6試合消化されることが予想される。同W杯は11月21日から12月18日に開催予定。FIFAは現行の32チームから48チームに出場国を増やすかどうか、来年3月に決定を下す。

    qatar-world-cup[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00386377-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/09(金) 08:06:23.33 _USER9
    ユース年代でいかに華々しい活躍を見せようとも、プロで通用する選手というのは限られている。その点は、日本であろうが、欧州、南米であろうが、何ら変わらない。 
       
    20181108-00010000-sdigestw-000-1-view[1]

     プロというのは、限られた才能をさらに絞り上げて作った世界なのである。

     2013-14シーズンのUEFAユースリーグ(チャンピオンズ・リーグと平行して行なわれるユースの欧州王者を決める大会)、バルセロナのユースは圧倒的な強さで大会を制している。

     グループリーグでは、ミラン、セルティック、アヤックスのユースと対戦したが、5勝1分け・20得点5失点と、全く寄せ付けていない。決勝では、レアル・マドリーを準決勝で4-0と下したベンフィカを、3-0と完膚無きまでに叩いている。

     では、当時の優勝メンバーで何人の選手がバルサのトップチームで活躍しているのか?

     大会MVPとも言える活躍で得点王の11ゴールを挙げたFWムニル・エル・ハッダディ、ただひとりである。ムニルにしても、バレンシア、アラベスでの2年間の武者修行で実戦経験を積み、今シーズンにようやく帰ってきた。しかし、まだレギュラーを獲得したとは言えない。

     大会最優秀GKになったファブリス・オンドア、16歳でバルサBデビューを果たしたMFウィルフリード・カプトゥム、「エトーの再来」といわれたアダマ・トラオレなど、期待された逸材は多かった。だが、彼らはいずれも2軍チーム(バルサB)止まり。壁を越えられず、新天地を求めた。

     こうした現象は、何もバルサだけに起こっているのではない。

     例えば、大会上位得点者12人のアタッカーたちは、ムニル以外、当時所属していたクラブのトップチームにひとりも定着できていない。

     ジェームス・ウィルソン(当時、マンチェスター・ユナイテッド)、デバンテ・コール(当時、マンチェスター・シティ)、ジェンナーロ・トゥティーノ(当時、ナポリ)等……、その多くが、レンタル移籍を繰り返しながら、他のチームでも居場所を作れずに苦しんでいる。
     ユースで頂点を争ったような選手も、その多くは「ホープ」のまま、悶々としているのだ。

     ユース年代というのは危うくも、その才能の覚醒に胸が高鳴ってしまう、蠱惑(こわく)的なものがあるのだろう。

     しかし、スペインなどサッカー先進国では、ユース年代の成績だけで、その選手を過剰にフォーカスしない。「ユースはユース」という線引きがあるからだろう。プロはスピードも、パワーも違い、それまで通用してきたプレーが途端に出せなくなってしまう。

     その一方で、プロの世界にしがみついて、強さや速さに慣れ、じわじわと力を発揮する選手もいる。バルサのトップで飛躍したマルク・バルトラ、セルジ・ロベルトは、まさにそのケースだろう。時間はかかったが、戦える選手として技術の高さを活かせるようになっていった。

     プロの世界に辿り着いたということは、相応の実力や可能性を意味している。それをどのように活用するのか。結局は、それぞれの選手の手に委ねられている。

    2018年11月8日 19時16分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15567178/

    続きを読む

    このページのトップヘ