サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    その他・ネタ

    269: 名無し@サカサカ10 2019/01/07(月) 21:56:32.12
    DwT9dVeUUAAxKxP[1]


    フィリピン代表スタメン出生地 

    GK デンマーク(父デンマーク/母フィリピン)
    DF オーストリア(父ハンガリー/母フィリピン)
    DF UAE(父イギリス人/母フィリピン)
    DF 日本(父日本/母フィリピン)
    DF スペイン(両親スペイン、祖母フィリピン)
    MF ドイツ(父ドイツ/母フィリピン)
    MF ドイツ(父ドイツ/母フィリピン)
    MF ドイツ(父ドイツ/母フィリピン)
    MF ドイツ(父フィリピン系/母フィリピン)
    FW ドイツ(不明)
    FW スペイン(父スペイン/母フィリピン)

    なんなんですかこれ

    続きを読む

    707: 名無し@サカサカ10 2019/01/07(月) 00:59:29.64
    GettyImages-872819656-800x533[1]


    8年後

    FW
    中井(レアル・マドリード)
    久保(バルセロナ)
    MF
    中島(アトレティコマドリード)
    堂安(マンチェスターシティ)
    南野(バイエルン)
    柴崎(エスパニョル)
    DF
    富安(リバプール)
    室屋(ドルトムント)
    長友(FC東京)
    吉田(浦和)
    GK
    川島(えひめFC)

    監督
    ケイスケホンダ

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/07(月) 09:30:47.13
    昨季からヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ。彼はこのほどこんな画像をSNSにアップした。

    イニエスタ自身は普通の格好だが、周りは仮装姿で、なかには顔を黒く塗った人も。

    そうした中、『Joe.ie』などでは、「イニエスタは物議を醸すブラックフェイスの写真をポストしたことで批判されている」と伝えている。

    『Caughtoffside』によれば、これは「ミラのニコラオス」の仮装であり、顔を黒く塗っているのは、“ズワルト・ピート(ブラック・ピート)”という登場人物だそう。

    もとからあるキャラクターであり、スペインやオランダでは一般的だそうだが、他の文化圏からすると人種差別的に見えるということだろうか。

    2年前にはアトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマンも同じような指摘を受けたことがある。

    https://twitter.com/andresiniesta8/status/1081989025710436357
    Andres Iniesta?認証済みアカウント? @andresiniesta8
    no title
     
      
    2019年1月7日 6時20分 Qoly
    http://news.livedoor.com/topics/detail/15836144/ 

    続きを読む

    370: 名無し@サカサカ10 2019/01/06(日) 10:40:31.24
    @XXXXXXX
    アジアカップ現地の公式ガイドブックがいろいろ酷いと話題に
    ・中国地図がどうみてもUSA!
    ・日本の注目選手が選外の本田圭佑
    ・韓国、ソンフンミンが泣いてるシーンを採用。他にいい写真あったでしょうw
    no title

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/04(金) 08:17:12.41 _USER9
    1対1となった相手GKを軽々と手玉に取る圧巻のテクニック「まさに怪物」

    史上最高のストライカーは誰か――。永遠のテーマにおいて、必ずと言っていいほど名前が挙がるのが元ブラジル代表FWロナウドだ。
    1990年代、圧倒的なスピードとキレのあるドリブルで猛威を振るったが、スペイン紙「AS」公式ツイッターは“元祖怪物”のアンストッパブルな若き日の映像を公開。
    「彼はまだ史上最高のストライカーの1人だ」と綴ると、「いや、ザ・ベストだ」「ロナウドこそ唯一無二」と往年のファンが反応している。

    オランダ1部PSVで結果を残したロナウドは、1996-97シーズンにバルセロナへ移籍。
    加入1年目で37試合34得点と爆発的な成績を残してバロンドールを受賞すると、97年夏に当時の最高額となる移籍金でインテルに移籍。
    99年に右膝靭帯部分断裂をするまで、キレのある個人技で相手を次々と翻弄した。

    「AS」紙公式ツイッターは、「年月が経過しても、彼はまだ史上最高のストライカーの1人だ」と若き日のプレー動画を公開。
    ダブルタッチからの鋭い切り返しで飛び出してきた相手GKを手玉に取れば、シザースや絶妙なフェイントで次々と1対1を制していく。
    あまりの切れ味に、対峙したGKはなす術なくピッチに倒れ込むしかなかった。

    現在では、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が史上最高と称されるが、
    コメント欄では「最高の1人? いや、ザ・ベストだ」「ロナウドは誰とも比較できない。特にその驚異的なスピードは」「史上最高の9番なのは疑いの余地はない」「まさにフェノーメノ(怪物)」
    「答えはシンプルだ。ロナウドこそ唯一無二」と往年のファンから主張の声が並んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00158952-soccermzw-socc
    1/4(金) 6:50配信

    no title
     
    no title 
     
     
    no title
     
      
    https://www.youtube.com/watch?v=lGJ92PDl3Rw&t=89s


    【ロナウド】インテル時代 プレイ集 怪物 Ronaldo INTER Skills&Goals

    https://www.youtube.com/watch?v=VvoVjIsT4Ac&t=22s


    【限界突破していた頃の怪物ロナウド】神業スーパープレイ集

    https://www.youtube.com/watch?v=SofvifQuoBA


    【ロナウド】怪物の全盛期!メッシより凄い? Ronaldo
    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/03(木) 01:15:01.00 _USER9
    2019年1月1日、中国メディアの騰訊体育は、韓国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が韓国メディアとの新年インタビューで、2030年W杯の日本、中国、北朝鮮を含む4カ国共同開催の実現に向けて「北朝鮮と団結して日本と中国を説得しなければならない」と語ったことを伝えた。

    20190102-054593080[1]

    記事によると、鄭会長は韓国・聯合ニュースとの新年インタビューで、間もなく開幕するアジア杯での優勝に期待を寄せるとともに、30年W杯の日中韓朝4カ国共催構想について語った。

    鄭会長は「26年W杯を米国、メキシコ、カナダの3カ国が共同開催するように、W杯出場国が増え規模が大きくなり、1カ国で開催するのは難しくなってきている。南北が団結し2カ国(日本と中国)を説得しなければならない。十分に挑戦する価値があると思う」と述べた。

    中国のサッカーファンの多くは共催に消極的なようだ。この記事のコメント欄には「中国は単独開催する能力も自信もある」「中国も日本も単独開催できるのに共催はあり得ない」「02年W杯のこと(韓国による審判買収疑惑)は世界中の人々の記憶に今も鮮明に残っている。韓国と組むのだけはごめんこうむる」「宇宙一の韓国が他国と共催?」などの声が上がっていた。

    また、「開閉会セレモニーと準決勝、決勝をすべて中国で開催するという条件なら、共催を考えてもいい」という声もあった。(翻訳・編集/柳川)

    https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=676209&ph=0&d=d0054

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/02(水) 11:58:21.31
    サッカーの汚さにうんざり? ベッカム氏、観戦はサッカーよりもラグビー派

    サッカーの元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏は、正々堂々とぶつかり合うラグビーがお気に入りだ。

    m_goal-1wxq6y3pfsvkk1hj2w1wfkv34t

    元代表キャプテンのベッカム氏は、サッカー観戦よりもラグビー観戦に魅力を感じるという。
    『ラオ・タイムズ』に対する同氏のコメントを、イギリスメディアが伝えた。

    「ラグビーが好きだ。
    ラグビー観戦がすごく好きなんだ。
    サッカー観戦よりも、トゥイッケナム(ラグビーの聖地と呼ばれるロンドン郊外にあるラグビー専用スタジアム)で楽しんだよ」

    その理由を問われると、「人が卑劣なことをしない」としている。
    子供の頃にマンチェスター・ユナイテッドがトッテナムと対戦した試合を見て「決して素晴らしいものではなかった」と心配になったそうだ。

    ずるさや汚さが評価されることもあるサッカーの世界。
    その世界に長くいると、うんざりする時があるのかもしれない。

    https://www.goal.com/jp/news/74/イングランド/2015/12/07/18082162/サッカーの汚さにうんざり-ベッカム氏観戦はサッカーよりもラグビー派

    続きを読む

    510: 名無し@サカサカ10 2018/12/29(土) 23:32:26.53
    このくらいのメンタルないとJ2監督はきつい

    20d908df2e1a3720a50fa5a892a31f76[1]


    2017年8月11日ザスパvs讃岐
    監督「やりきってます、もちろん」
    サポ「何回も聞いてるよ」
    監督「結果が出てないのは僕の責任です」
    サポ「じゃあ辞めろよ」「責任って何だよ」
    サポ「じゃあお前クラブ無くなったらどうするんだよ」
    監督「ここでまだ選手にも話してないし、ここで決断したことは言えません」
    サポ「決断したの?」「じゃあ橋本さん(スタッフ)決めてくれ解釈を」
    監督「もちろん申し訳ないです。でもすべてが悪いわけではない。」
    サポ「全てが悪いんだよ監督。」
    サポ「監督が言ってる全て僕の責任ですっていうのはどういうこと?」
    監督「結果が出てないことです」
    サポ「違う、それは言い訳」「言い訳」「森下が辞めるのが責任」
    監督「それはクラブが決めること僕が決めることじゃない」
    サポ「決めてくれよ」「お願いだから辞めてくださいお願いします辞めてください」
    サポ「辞めてください」「辞めてくれよ」「もうダメだよ」
    監督「この中でも応援してくれる人もいると思うし僕はほんとにやり続けるだけです」
    監督「選手はクラブの宝です」
    サポ「一回聞いて、ここまで結果が出てないのに僕は辞めません、やり続けますっていうのはJ3に落としますっていうのと同じなんだよ」
    監督「いやそれは僕が決めることじゃない」
    サポ「お前バカだろ」
    監督「僕はもう選手が走って戦ってる間は僕はやり続けます」
    サポ「お前バカだろ」
    監督「選手が戦わなくなったら僕は自分で辞めます」
    サポ「選手は戦ってるお前が戦ってない」
    サポ「逃げてるだろ」「お前ほんとバカだろ」
    監督「ありがとうございました」スタスタ
    サポ「ありがとうじゃねーんだよ!」  
     




    続きを読む

    このページのトップヘ