サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    その他

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/25(火) 23:29:00.67 _USER9
    前日付のスポニチに載っていた柔道・井上康生監督の言葉が印象的だった。  
      
     「柔道は常に期待され、常勝軍団であることが求められる。(中略)そういう期待があるからこそ、我々は強い気持ちで戦うことができる」

     期待は、時に重圧にもなる。選手にとっては必ずしも愉快な状況ではない。だが、世界で最も柔道選手に過酷なこの国の空気が、肉体接触を伴う競技でありながら、日本の柔道に国際競争力をもたらしている。わたしは、そう理解している。

     その空気をサッカーに、と言いたいわけではない。簡単なことではないし、時間もかかる。ただ、ヒントにすることはできるし、長く患ってきた病への対処法にもなるのではないか。そんな気がしたのだ。

     決定力不足、という病に対しての。

     テレビでサッカー中継を見て、解説者のこんなフレーズを聞いたことはないだろうか。

     「シュートで終わったからいいですねえ」

     解説者に限ったことではない。日本のサッカー関係者のほとんどは、そう考えている気がする。子供や学生のサッカーを見ていても、チャンスになると「打っとけ!」と叫ぶ仲間やコーチの何と多いことか。

     恥ずかしながら、わたし自身、何の疑いも持たずにそう叫び続けてきた人間の一人である。ただ、冷静に考えてみると、これはおかしい。相当におかしい。

     サッカーにおけるフィニッシュは、シュートを打つことではない。得点を決めることなのだから。

     だが、なぜか日本人は「決めろ!」とは叫ばない。「打て!」「打っとけ!」と叫び、それがどんな結果に終わろうとも、ひとまずは肯定される。

     つまり、打つ選手は、決めることを期待されていないのである。少なくとも、五輪に臨む日本の柔道選手や、欧米のストライカーたちほどには。誤解を恐れずに言いきってしまえば、世界で最も甘やかされ、期待されずに育っていくのが、日本のシューターたちなのだ。

     先週のブンデスリーガで興味深い場面があった。デュッセルドルフ対ホッフェンハイム。圧倒的に攻めたのはアウェーのホッフェンハイムだったが、クロアチア代表のクラマリッチが超決定機を逃したこともあり、1―2で敗れた。

     するとどうなったか。試合後のテレビでは、クラマリッチにマイクが突きつけられたのである。

     日本人の感覚からすれば、死者に鞭(むち)打つというか、水に落ちた犬を叩くにも似た行為だが、見方を変えれば、それだけクラマリッチは決めることを期待されていた、ということにもなる。

     期待されるストライカーとされないストライカー。「決めるしかない」との思いでシュートを打つ選手と、「打っとくか」の選手。照準器のついた銃で狙う選手と、「あのあたり」へ打つ選手。両者の決定率には、何の違いも出てこないだろうか。

     いよいよ欧州CLが開幕し、ファンは日本と海外のサッカーを両方愉(たの)しめる時期になった。わたしが痛感するのは、Jリーガーたちの決定機に対する思いの薄さである。(金子達仁氏=スポーツライター)

    20161123-00064736-roupeiro-000-5-view[1]

    2018年09月20日 18:00スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20180920s000023CF239000c.html

    続きを読む

    716: 名無し@サカサカ10 2018/09/25(火) 18:16:20.79
    フローニンゲンGK、電車ルールを知らず?無賃乗車扱いに納得できず暴行で逮捕
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000016-goal-socc
    20180925-00000016-goal-000-3-view[1]

    日本代表MF堂安律が所属するフローニンゲンの守護神は23日、ホームで行われたエールディヴィジ第6節AZ戦に出場していたが3得点を献上し、
    チームは1-3で敗れ、最下位に転落した。試合終了後、パッドは気が高ぶっていたのか、電車で移動中に車掌から切符の提示を求められるとトラブルに発展した。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/25(火) 09:38:22.92 _USER9
     過去にレアル・マドリーやイングランド代表などを指揮したファビオ・カペッロ氏が、『ザ・ベスト・FIFAフットボールアワード2018』に出席しなかったFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに苦言を呈した。

    20180925-02078175-gekisaka-000-2-view[1]

     国際サッカー連盟(FIFA)は24日、『ザ・ベスト・FIFAフットボールアワード2018』をロンドンで開催。年間最優秀選手賞にレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが選出された。この賞はFIFAバロンドール時代を含めて過去10年間、メッシとC・ロナウドが独占。2人以外の受賞は2007年のカカ氏以来、11年ぶりのことだ。

     今回の授賞式で、C・ロナウドは年間最優秀選手賞とプスカシュ賞、メッシもプスカシュ賞の最終候補に入っていたが、会場に2人の姿はなかった。

     スペイン『アス』によると、カペッロ氏は「サッカー界や他の候補者、FIFAに対して敬意を欠いている。彼らは、あまりにも勝ちすぎて負けたくないのかもしれない。人生では、勝つこともあれば、負けることもあるのにね」と、欠席の2人を批判した。

     なお、欠席の理由としてC・ロナウドは、23日にフロジノーネ戦から中2日でボローニャ戦を控えており、日程上の都合のためだという。一方、メッシは個人的な理由で出席を見送ったようだ。

    9/25(火) 9:32
    ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-02078175-gekisaka-socc

    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2018/09/25(火) 04:57:50.63
     国際サッカー連盟(FIFA)は24日、『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018』をロンドンで開催し、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチをFIFA年間最優秀選手に選出した。

    47727_ext_04_0[1]

     モドリッチは、昨季レアルでUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)史上初となる3連覇に大きく貢献し、UEFA(欧州サッカー連盟)最優秀選手に選出された。さらにロシア・ワールドカップ(W杯)では、キャプテンとして母国を史上最高の準優勝に導き、自身も最優秀選手賞を受賞していた。

     最終候補3人にはモドリッチのほか、2年連続同賞を受賞していたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが残っていた。

     なお、事前の報道通り、このセレモニーにC・ロナウドの姿はなかった。スペイン『マルカ』によれば、ユベントス所属の選手は全員が欠席。23日にフロジノーネ戦、26日にボローニャ戦が組まれているため、日程上の都合だという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-02073524-gekisaka-socc

    続きを読む

    605: 名無し@サカサカ10 2018/09/24(月) 11:14:49.27

    22-10-2017-shoya-do-portimonense[1]

    こいつまじで凄いよ
    プロサッカー選手は通常2時間しか練習しないんだけど(フィジカル的にそれがベストとされてる)
    中島は毎日7時間やってる。他の選手が2時間の練習を終えて帰った後にそれから5時間やってる。毎日毎日尋常じゃない練習を続けてる

    その理由を聞かれたら「自分は特別な選手になりたい。2ゴールして満足したくない、毎試合10ゴールできる選手になりたい。だから練習しなきゃ」
    こんなバカげた話を真顔で真剣に語るのがこいつ
    意識が根本的に違いすぎるんだよ他の選手と・・・このままその尋常じゃない練習を続けてどこまで行くのか本当に楽しみだわ

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/23(日) 21:29:07.293
    【GK】 
    中村航輔(柏レイソル) 
    東口順昭(ガンバ大阪) 
    シュミットダニエル(ベガルタ仙台) 


    【DF】 
    吉田麻也(サウサンプトン) 
    昌子源(鹿島アントラーズ) 
    冨安健洋(シント・トロイデン) 
    植田直通(セルクル・ブリュージュ) 
    酒井宏樹(マルセイユ)
    長友佑都(ガラタサライ) 
    室屋成(FC東京) 
    佐々木翔(サンフレッチェ広島) 


    【MF】 
    柴崎岳(ヘタフェ) 
    久保建保(バルセロナ)
    香川真司(セビージャ)
    遠藤航(シント・トロイデン) 
    大島僚太(川崎フロンターレ) 
    中山雄太(柏レイソル) 


    【FW】 
    中井卓大(レアルマドリード)
    乾貴士(ベティス)
    原口元気(ハノーファー) 
    中島翔哉(パリ・サンジェルマン) 
    西村拓真(CSKAモスクワ)
    堂安律(マンチェスターシティー) 
    南野拓実(ザルツブルク) 
    浅野拓磨(ハノーファー)
    大迫勇也(ブレーメン)


    次のW杯ベスト8は確実やろこれ

    20180911-00010006-goal-000-1-view[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/24(月) 08:01:50.63 _USER9
      
    ピッチ外でも新たな問題が浮上した。右太もも付け根を痛めているイニエスタは遠征に帯同せず欠場。だが妻・アンナさんが試合前の午後4時頃、自身のインスタグラムに神戸市内の水族館で子どもと楽しむ背番号8の写真をアップした。 
      
    埼玉スタジアムには“イニエスタ効果”でチケットが完売し、今季J1最多の5万5689人が来場。写真はいつのものか分からず、家族の投稿ということもあってクラブも詳細を調査する予定はないが、スタメン発表と重なるタイミングでの投稿にクラブ関係者は「SNSに出すタイミングも含めて、もう一度チームとしてコンプライアンス面を徹底しないと」と話した。 
      
      no title

    9/24(月) 7:08配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000347-sph-socc 
      
    どうなん?

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/23(日) 21:28:44.23 _USER9
    『スポルト』は2019/20シーズンのFCバルセロナのユニフォームに関する情報を独占入手し、大胆に予想した。そのデザインは今までに見たことのない斬新なデザインとなった。

    バルサ 来季3rdユニの全貌no title



    今までのストライプタイプではなく、クロアチア代表ユニフォームのような、チェック柄となっている。

    パンツは濃い青になることも判明しており、ソックスもユニフォームと同様にチェック柄になるという情報を手にしている。

    果たして、バルサはフットボールだけではなく、ユニフォームまでも攻めの姿勢を見せることになるのだろうか。
    期待したい。

    9/23(日) 20:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00010013-sportes-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/23(日) 16:22:10.37 _USER9
    Jリーグは23日、埼玉スタジアム2002で18時にキックオフするJ1第27節・浦和レッズ対ヴィッセル神戸の登録メンバーを発表した。
    神戸のMFアンドレス・イニエスタの名前はなく、出場の可能性はなくなった。 
      
    DnvwLCEVAAExM9r[1]


    今夏バルセロナから加入したイニエスタは7月22日のホーム湘南戦(●0-3)でJリーグデビュー。
    スペインに一時帰国していた2試合を除き、ここまで全試合に出場していた。

    ホームの浦和は23日までに、観戦チケットが今季初めて完売したことを発表。6万人以上を収容する埼玉スタジアムを満員の観衆が埋め尽くすことが予想されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-02036028-gekisaka-socc
    9/23(日) 16:17配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018092309
    スタメン

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/23(日) 10:45:42.60 _USER9
    買収したばかりのバジャドリーは降格圏を彷徨う

    元ブラジル代表のレジェンドで、“フェノーメノ(怪物)”ことロナウドがついに一念発起だ。
    2011年の現役引退以降、いっさい取り組んでこなかったダイエットに挑戦するというのだ。
     
    以前、レアル・マドリー時代の同僚であるマイケル・オーウェンに「ロナウドを見て、自分は引退したあとも大して太っていないんだと安心した」と笑いのネタにされた。
    その際も「だからなんだ? もう現役じゃないんだから、僕の体重がどれくらいあろうが関係ないだろ」と意に介さず。
    現役時代からぽっちゃり体型を指摘されていたが、引退後はもともと大好きだったビールとおつまみの摂取量が度を越し、現在に至るという。
     
    だが、そんなロナウドが考えをあらためたというのだ。先日、私費を投じてラ・リーガ1部のバジャドリーを買収し、経営権を取得して世間を驚かせたが、もちろんその一件と無関係ではない。
    ワールドカップで2度の優勝を経験したストライカーは、地元メディアの前でこう宣言したのだ。

    「もう選手じゃないから、これまではまったくと言っていいほどダイエットには関心がなかった。
    でも、もうそうも言っていられない。(バジャドリーの)選手たちと一緒にトレーニングをし、練習でも一緒に身体を動かしたいんだ。僕ができるアドバイスもきっとあるはずだからね。
    もちろん、監督が許す限りにおいてだけど。まあ、見ていてよ」
     
    どうやら本気のようだ。
     
    クラブの株式51%を3000万ユーロ(約39億円)で取得したロナウドは現在、取締役会長の任に就いており、「バジャドリーを欧州を代表するクラブに成長させたい」と意気込む。
    はたしてその夢は実現するのか。ダイエットに成功し、選手たちに秘伝の技を伝授できるのか──。
     
    今シーズンのバジャドリーは5試合を戦って3分け2敗と勝ち星がなく、降格圏を彷徨っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00047653-sdigestw-socc
    9/23(日) 5:36配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    続きを読む

    828: 名無し@サカサカ10 2018/09/22(土) 09:20:37.82
    W杯後のみの順位(左端は中断時点の順位)

    16 名古屋グランパス.   22
    2  川崎フロンターレ..   22
    7  鹿島アントラーズ.    21
    8  ベガルタ仙台     19
    1  サンフレッチェ広島.  18
    9  浦和レッズ.       18
    11 清水エスパルス     16
    15 サガン鳥栖       16
    6  コンサドーレ札幌    15
    18 ガンバ大阪.       15
    3  FC東京         14
    5  セレッソ大阪      14
    14 横浜F・マリノス     12
    12 湘南ベルマーレ    12
    10 ジュビロ磐田.      12
    13 柏レイソル        9
    4  ヴィッセル神戸     8
    17 V・ファーレン長崎.    7 
      
      
    jleaguelogos-1-660x3301[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/21(金) 23:29:58.84 _USER9
    家族で神戸市内の日本庭園に足を運ぶも… SNSに写真投稿でファン反応「美しい風景」 
     
    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、これまで家族と一緒に様々な場所を堪能している様子を伝えてきたが、今度は日本庭園に足を運んだようだ。自身の公式インスタグラムに一枚の写真をアップして反響を呼んでいる。

    【写真】「美しい国」「クール」と反響! 神戸の元スペイン代表MFイニエスタが公開…日本庭園「相楽園」の門前で“家族ショット” 
     
      ed6de3453491a12d065e6ae77215d95b[1]

     今夏スペインの名門バルセロナから神戸に加入したイニエスタは、卓越したテクニックを駆使して攻撃を牽引するなど強烈な存在感を発揮。ハイレベルなプレーでファンを魅了している。

     その一方で空き時間には様々な場所に顔を出しているが、今回訪れたのは神戸市内の日本庭園「相楽園」に家族で来園したようだ。イニエスタは20日に自身の公式インスタグラムを更新し、相楽園の門前で撮影した家族ショットを投稿した。

     しかし、イニエスタが訪れた木曜日はちょうど休園日で、写真でも門の横に「本日は休園日です」の看板が掲げられている。残念ながら中には入れず、門の前で撮影という形になったようだ。それでもイニエスタ一家は満面の笑みで写真に収まっており、コメント欄には「美しい風景」「美しい国」「クール」などの声が上がった。

     15日のJ1第26節ガンバ大阪戦(1-2)では、キャプテンの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと副キャプテンのDF渡部博文がともに出場停止のため、イニエスタが初キャプテンとして出場した。天皇杯にはじまり、リーグ戦3試合で敗れるなど公式戦4連敗と調子を落としている神戸は、23日に敵地で浦和レッズと対戦する。リフレッシュを図ったイニエスタを中心に連敗をストップできるか。そのプレーに注目が集まる。

    9/21(金) 19:04 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00136767-soccermzw-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/21(金) 14:28:28.22 _USER9
    9/21(金) 6:40配信
    Football ZONE web
    人気ゲーム「FIFA19」選定の世界トップ10に元日本代表MF中村がランクイン

    “セルティックのアイドル”中村俊輔、「世界ベストFKキッカー10傑」に選出 1位は…

    20180921-00136731-soccermzw-000-2-view[1]

     サッカーにおいてFKは勝敗を分けるポイントの一つだが、英紙「スコティッシュ・サン」は「『FIFA19』のFKキッカー10傑。セルティックのアイドル、シュンスケ・ナカムラに脚光」と見出しを打って特集し、ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔が登場している。


     ランキングは人気ゲーム「FIFA」のシリーズ最新作「FIFA19」の選手レートに基づいて作成。世界の現役フットボーラからトップ10を選出しているが、10位に中村が選ばれている。

     中村は2005年にレッジーナからセルティックに移籍。リーグ優勝3回、リーグカップ優勝2回、スコティッシュカップ優勝を1回達成し、2006-07シーズンにはリーグ年間MVPに年間ベストイレブン、年間ベストゴール賞を受賞した。

     セルティックで公式戦166試合34ゴールを決めた中村だが、そのなかでもファンの記憶に深く刻み込まれているのが、直接FKによるゴールだ。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで、マンチェスター・ユナイテッドから2試合連続で決めたFK弾は伝説となっている。記事でも「ユナイテッド戦でのセンセーショナルな2本のFKが依然として人気」と紹介した。

     Jリーグでも通算24本のFKを決めており、これは2位の遠藤保仁の決めた17本を大幅に上回るJ1最多記録となっている。

     なお、数多くの名手を抑えて1位に輝いたのは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシだった。ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはランキング圏外となっている。



     人気ゲーム「FIFA19」FKキッカーのトップ10は以下の通り。

    10位 元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)
    9位 アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(ユベントス)
    8位 オランダ代表FWメンフィス・デパイ(リヨン)
    7位 ドイツ代表DFマルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    6位 スペイン人MFダニエル・パレホ(バレンシア)
    5位 マケドニア代表MFエニス・バルディ(レバンテ)
    4位 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス)
    3位 イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(トロントFC)
    2位 トルコ代表MFハカン・チャルハノール(ミラン)
    1位 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)

    Football ZONE web編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00136731-soccermzw-socc
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00136731-soccermzw-socc.view-000

    続きを読む

    このページのトップヘ