サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    その他

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/21(土) 15:46:06.62 _USER9
    フランスの優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。一流選手のプレーに魅了される一方、腕や脚などを覆う「タトゥー」がテレビ画面に映るたび、違和感を覚えた人もいたのではないだろうか。

    欧米では自己表現として広く認知され、南太平洋諸国では民族的な伝統や習慣でもあるタトゥー。ただ、日本では入れ墨の否定的なイメージが根強く、そのギャップはなかなか埋め難いようだ。(小川 晶、真鍋 愛)

     「タトゥーを見て気持ちを高める選手もいるそうだが、やっぱり柄が悪い」。神戸市中学校総合体育大会のサッカー決勝があった16日、優勝した高倉中サッカー部3年の男子生徒(15)が首をかしげた。W杯では、連日テレビに目を凝らしたが、「どんなにスターでも、タトゥーには憧れない」と言い切る。

     メッシ(アルゼンチン)にネイマール(ブラジル)、ロドリゲス(コロンビア)…。名だたる選手たちが、家族の名前などを刻んだタトゥーをあらわにピッチに立った。

     同中サッカー部の男性顧問(31)は「教育上の観点ではもちろん良くない」と前置きし、持論を続けた。「外国にはタトゥーに寛容な国も多い。選手としては、プレーがフェアであるかどうかが大事で、見た目は二の次なのでは」

     格闘技や米プロバスケットボールNBAの選手などでも目立つタトゥー。サッカー界に広まった一因を、複数の専門家は一人のスターの影響とみる。2002年のW杯日韓大会にも出場した元イングランド代表のベッカムさんだ。

     ベッカムさんは「家族は自分の一部」として、妻や子どもを表すデザインを腕や肩に刻んだ。スポーツ文化評論家の玉木正之さん(66)は「善しあしで語るような問題ではない」との立場をとる。

     日本では罪人の証しという江戸時代の入れ墨のイメージが色濃く残る。玉木さんは自己表現のタトゥーも含めて否定的に捉える層が多いと指摘し、「スポーツに純粋性を求める日本の風潮も合わさって、違和感につながっている」とみる。

     一方で、タトゥーを施す針による感染症のリスクや、磁気共鳴画像装置(MRI)検査による染料の発熱などが懸念される。加えて、日本ではタトゥーで入場が制限される施設もある。

     サッカー日本代表でも、ユニホームで隠れる程度のタトゥーを入れている選手はいるという。日本サッカー協会(東京)は「目立つ場合は『子どもへの影響や代表選手としての見られ方を考えるように』などと個別に伝えている。ただ、タトゥーを理由に代表を外すことはない」としている。

    神戸新聞7/21(土) 15:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000010-kobenext-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/21(土) 04:59:06.60
    トーレスが公式インスタグラムに更新した写真の表情を特集

     元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、今夏の移籍市場でJ1サガン鳥栖に加入した。世界各国からオファーが舞い込んだなかでJリーグ参戦を決断したが、英紙は日本で過ごすトーレスの“無表情”な姿に注目している。

     アトレチコ・マドリードの下部組織出身で2001年にトップデビューを果たしたトーレスは、07年に移籍したリバプールで得点を量産して世界的ストライカーへと駆け上がると、その後はチェルシー、ACミランを渡り歩き、15年から古巣アトレチコに復帰しプレーした。

     そして昨季限りで契約満了を迎えると、中国やアメリカ、オーストラリアなどサッカー新興国に加え、フランス、イングランド、ドイツ、スペインという欧州各国からもオファーが届き、引く手数多の状況にあった。

     そうしたなかで鳥栖加入を決断したトーレスだが、英紙「ザ・サン」は、本人が公式インスタグラムに投稿した1枚の写真に注目。
    それは新たな本拠地となる鳥栖のベストアメニティスタジアムで撮影されたものだったが、「空席のスタジアムで写真に写るトーレスが無表情」との見出しを打って報じた。

     そして記事内では、「彼はこれまでCLもELも勝ち取っており、2年前にもレアル・マドリードとCL決勝で対戦していたばかりだ。だが今は、彼はアジアの舞台で戦うことになる」と、短期間でキャリアダウンしたと指摘している。

     基本的には喜怒哀楽をあまり表情に出さないポーカーフェイスとして知られるトーレスだが、海外メディアは世界の第一線から退いた“神の子”の現在の心境が気がかりのようだ。

    “神の子”の心境が気がかり? 鳥栖で撮られた写真に「トーレスが無表情」と英紙注目
    http://www.football-zone.net/archives/123237 

      36795997_259966254806909_5047237449323905024_n[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/21(土) 09:23:30.13
    世耕弘成経済産業相は21日、サッカーW杯ロシア大会日本代表の本田圭佑選手と経産省で会談した。
    ベンチャー企業の海外進出を助ける経産省の支援事業で本田選手に協力を依頼。
    2025年の国際博覧会(万博)の大阪誘致と合わせ、PRを要請した。

    fecf43cff2229c9e29e97efa3735da02[1]

    世耕氏は「本田選手は子どもたちのあこがれだ。スタートアップ(起業)の旗を振ってもらいたい」と述べた。
    本田選手は「志のある起業を支援したい」と語った。

    経産省は6月、ベンチャー支援事業「J―Startup(ジェイスタートアップ)」を開始。
    本田選手はベンチャー企業を育成する投資ファンドへの関心が高く、手助けを呼び掛けた。

    https://this.kiji.is/393187204643521633?c=113147194022725109

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/21(土) 00:48:21.72
    1 松本  41 12
    2 町田  40 10
    ーー自動昇格ーー
    3 大分  40 7
    4 山口  40 4
    5 福岡  39 10
    6 横浜FC 39 4
    ーーJ1参入プレーオフーー
    7 大宮  38 10
    8 東京V 35 8
    9 岡山  35 5
    10 山形  34 3
    11 岐阜  32 5
    12 甲府  31 10
    13 金沢  31 1
    14 水戸  31 1
    15 徳島  28 -1
    16 千葉  28 -6
    17 新潟  26 -6
    18 栃木  26 -11
    19 熊本  22 -15
    20 愛媛  21 -13
    ーー自動降格ーー
    21 讃岐  18 -22
    22 京都  16 -16

    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/20(金) 23:19:02.45


    jleaguelogos-1-660x330[1]

    40 ○広島
    ----------------ACL2019ストレートイン
    31 ○瓦斯
    30 ○川崎
    ----------------ACL2019プレーオフ
    29
    28
    27
    26 ●桜大※ ●札幌
    25 ○神戸
    24
    23
    22 △磐田 ●仙台
    21 ○清水
    20 ○横鞠 ○浦和 ●木白
    19 △鹿島※ △湘南
    18
    17 ●長崎
    ----------------J1参入プレーオフ
    16
    15 ●脚大
    ----------------J2自動降格
    14 △鳥栖
    13
    12
    11
    10
    09 ●名鯱

    7/25
    19:00 桜大vs鹿島

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/20(金) 23:10:20.51

    94828cbfc0afdb5b72c546e3d53fdaf3[1]

    セルジオ毒舌キャラ演じてるだけやのに可哀想



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/20(金) 17:25:27.66

    20180716-00000175-spnannex-000-9-view[1]

    「日本のファンのみなさん。今回、SIXPADプロモーションのための、日本訪問を実現できず、とても残念に思っています
    。これは私にとってもつらい決断でしたが、ご存知の通り、私の人生に起こった大きな変化によって、どうしても皆さんにお会いする時間がとれませんでした。
    私のために、素晴らしい歓迎を用意していただいていると聞いていたので、なおさら残念です。出来るだけ早く、皆さんに会える日を楽しみにしています」

    なお、キャンペーン当選者には、C・ロナウドと会える権利の代わりに、同選手が出場予定の公式試合への観戦に招待する予定とのことだ。

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?250062-250062-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/20(金) 10:29:41.18 _USER9
    7/20(金) 9:26配信
     ロシアW杯の日本代表は成功したのか、それとも失敗だったのか? 

    9e1e8a3b-17ca-1edd-3a8a-e67596a00718[1]

     決勝トーナメント進出でウヤムヤになっているが、西野ジャパンの成績は「1勝1分け2敗」。勝ち点3をゲットした初戦コロンビア戦にしても、前半3分に相手が1人退場になりながら、10人の相手を攻めあぐねた揚げ句、ピンチを迎えることも少なくなかった。

    「W杯開幕前に前任者ハリルホジッチを解任し、西野監督を後釜に据えた日本サッカー協会(JFA)の田嶋会長は、監督交代の批判記事が掲載されるたびに広報の責任者を呼びつけては『こういう記事を出させないようにするのがおまえの仕事だろ!』と鬼の形相で怒鳴りつけていた。広報の責任者はテレビ局のスポーツ担当者に頭を下げて田嶋会長のインタビューを放映してもらったり、田嶋会長批判の記事を書いていた某メディアのサッカー担当にポジティブな原稿を書かせたり、それなりに頑張っていたのにボロクソに言われ続け、JFA内で同情を買っていた。ところが決勝T進出でメディアも世論も西野ジャパン礼賛一色となり、田嶋会長も終始ニコニコ上機嫌です」(放送関係者)

     西野ジャパンは「初のベスト8入り」を目標に掲げていた。しかし1勝しかできず、ベスト16止まり。

     それを「よくやった」「快進撃だ」とスポーツ紙に持ち上げられて喜んでいるようでは、これ以上の進化はないのではないか。

    ■政敵を駆逐する強権恐怖政治

     そもそも田嶋会長は明確な理由も示さないでハリルホジッチを解任。「代表監督の評価や次期代表監督選び」を行う技術委員会のトップだった西野委員長は、2015年シーズン限りでJの監督現場から離れ引退も同然。そんな指導者を後任に据えた場当たり的なデタラメ人事も含めて、田嶋会長は辞任という形で責任を取るべきだ、という声はJFA内にもある。

    「田嶋会長は技術委員長だった06年、1分け2敗だったドイツW杯惨敗の責任を取って辞任するどころか、取り入っていた川淵会長(当時)が、異例の3期目に突入するドサクサにまぎれて専務理事に出世している。責任を取るという意識が希薄な人です。10年南アW杯以降に招聘したザッケローニ元監督、アギーレ元監督、そしてハリルホジッチ前監督と外国人監督選びは失敗に終わったが、10年南アW杯の後に専務理事から副会長に昇格した田嶋会長は『代表監督の選定は(JFA専務理事だった)原(現Jリーグ副チェアマン)と(技術委員長で腹心の)霜田(現J2山口監督)が担当。彼らが責任を取ればいい』と、われ関せず。技術委員会で選んだ代表監督候補は、会長や副会長ら幹部で構成される常務理事会に諮られ、最終的にJFA理事会が承認する流れ。副会長としての責任もあるはずなのに原、霜田だけを悪者にするのは無責任過ぎる――とJFA内でも非難の的になった」(サッカー関係者)

     16年に行われたJFA初の会長選挙に出馬した原専務理事は落選した直後、勝利した田嶋会長に「(2階級降格となる)理事として好きな仕事をやれば」と言われて大激怒。JFAを退職してJリーグに転出した。

    「浪人中だった西野さんを技術委員長に据えたのも、霜田技術委員長がJFAを辞めざるを得なくするためだった。こういう事情を多くの職員は把握しており、田嶋会長の強権恐怖政治にゲンナリしている」(前出関係者)

     ポスト西野は、東京五輪世代のU―21代表の森保監督の就任が既定路線だ。20日の技術委員会で一本化が図られ、23日の常務理事会を経て26日の理事会で正式承認される運びとなっている。

     しかし、代表監督のクビをすげ替えても、反省の色なしのJFAのトップ、幹部の顔触れが変わらない限り、これから先も「同じ失敗をひたすら繰り返す」だけ――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000017-nkgendai-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/20(金) 11:25:26.58 _USER9
    7/20(金) 11:20配信
    ネイマール本人が「転がり方」を子どもに伝授、批判を笑いに変える

    【AFP=時事】サッカーブラジル代表のネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)は19日、子どもたちに倒れ方を教えるという皮肉を込めた映像で自身に向けられた批判に応酬した。

    20180720-00000012-jij_afp-000-2-view[1]

     W杯ロシア大会(2018 World Cup)では、相手との接触によってピッチ上で顔をしかめたり、転がったりするなどわざとらしい反応を見せ、世界中から厳しく批判されたネイマールだが、この日はインスタグラム(Instagram)で仕返しした。

     動画の中では、ネイマールの「3、2、1、はい!」とのかけ声と同時に子どもたちが駐車場の地面に倒れ込むと、続けてネイマールが「フリーキックだ!」と叫びながら思わず吹き出した。映像には、ポルトガル語で「フリーキックチャレンジ」を意味する「#ChallengeDAFALTA」というハッシュタグが付けられていた。

     W杯期間中、ネイマールがこっけいなしぐさを見せたことで、同選手をあざける「ネイマールチャレンジ」というムーブメントが生み出されていた。また、メキシコではあるクラブチームが、参加者がフィールドの長さを転がるという趣旨の大会を主催した。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000012-jij_afp-socc


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/20(金) 10:25:55.72 _USER9
    7/20(金) 10:15配信
    本田圭佑「毎月10万円を1年間寄付しようと思います」

    20180718-44034060-business-000-2-view[1]

     サッカー日本代表のMF本田圭佑(32)が20日、自身のツイッターを更新。「少額ですが、毎月10万円を1年間寄付しようと思います。家族を失われた方々にかける言葉は見つかりませんが、想っています」とつづった。

     寄付する先は明かしていないが、本田はこれまでにも西日本豪雨に心を痛めているツイートを投稿しており、今回の災害での被災者への寄付と見られる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000108-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/20(金) 00:13:21.69 _USER9
     Rマドリードからユベントスに電撃移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が、先日家族で過ごしたギリシャの高級リゾートでとんでもない高額チップを支払ったと英紙サンが報じた。

     20180716-00000175-spnannex-000-9-view[1]

    その額、実に2万ユーロ(約260万円)。心身ともにリラックスして過ごすことが出来た心からのお礼だったのか、同リーゾ史上最高額となるチップを全従業員に対して置いていったという。ユベントスがRマドリードに支払った移籍金130億、ユベントスでの年俸30億円という額も半端ないが、その気前の良さも“半端なかった”。

     また同紙によれば、C・ロナウドがユベントスに移籍した際、「FORZA JUVE(がんばれユーベ」のハッシュタグとともに、ビアンコネロ(白と黒)のユニホームを着た写真を投稿したインスタグラムには、フォロワーなどによって約1130万のいいねが押されたと指摘。これがインスタグラム史上、過去最高だった米国の有名モデルのカイリー・ジェンナーが自らの娘の写真の投稿などに次ぐ、史上4位となる“いいね記録”だったと報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000166-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/19(木) 22:14:59.86

    DhuqhpUWAAEYC_G[1]

    スポーツ・美容機器メーカーのMTGは19日、7月下旬に予定していた「SIXPAD」共同開発パートナーのクリスティアーノ・ロナウド(33=ユベントス)の来日が中止となったと発表した。

     来日中止の理由は、今月にレアル・マドリード(スペイン)からユベントス(イタリア)へ移籍したことに伴い「同時期のスケジュール調整が困難となったため」。
    ロナウドと協議を重ねた結果「チーム移籍スケジュールおよび、サッカー選手としての今後を尊重し、やむを得ず今回の来日の中止を決定しました」と説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000154-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/19(木) 19:44:09.46 _USER9
    サッカー日本代表の本田圭佑選手が7月19日、横浜市内の朝鮮学校をサプライズ訪問した。
    神奈川朝鮮中高級学校の公式Facebookが同日、明らかにした。 

    no title

    http___o.aolcdn.c[1]

    元Jリーガーで都内の朝鮮学校出身の安英学(アン・ヨンハ)さんの誘いに応じて、実現した。
    本田選手は2005年に名古屋グランパスで安さんと共にプレイした経験があり、今も安さんを
    朝鮮語で兄を意味する「ヒョンニム」と呼んで慕っている。

    本田選手がサプライズ訪問したのは、横浜市神奈川区にある横浜朝鮮初級学校と神奈川
    朝鮮中高級学校。入って来た瞬間、体育館は拍手と怒涛のような歓声に包まれたという。
    安さんとの対談の中で、本田選手は「夢を持つこと。夢を忘れないこと。夢を諦めないこと」
    を生徒達に訴えたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010004-huffpost-soci

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/19(木) 12:12:47.74 _USER9
    2018/07/18 10:12

     サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝が行われ、フランスの優勝で幕を閉じた。日本代表は惜しくも決勝トーナメント1回戦で姿を消してしまったが、その健闘ぶりは世界を驚かせ、また日本中を熱狂させた。 
      
     決勝トーナメント1回戦で敗戦後の日本代表はロッカールームをきれいに清掃し、ロシア語で「ありがとう」というメッセージを置いて立ち去った。これは世界中で注目を浴び、そして、高く評価されたが、中国メディアの快資訊はこのほど、中国のサッカーチームが日本代表の真似をしたところ、中国のネット上では批判が殺到したと伝えている。

     記事は、日本代表の敗戦後の振る舞いは世界中で称賛されたことを紹介し、このニュースを聞いた中国のサッカー選手たちが日本代表の真似をし、ロッカールームをきれいに清掃し、テーブルの上に「謝謝(ありがとう)」と書かれたカードを置き、その写真をネット上にアップしたことを紹介。写真を見て見ると、テーブルの上にはバナナ1房が置かれている。「謝謝」と書かれたカードはバナナの上に置かれていることから、バナナは感謝の印なのだろう。

     こうした行動は褒められるべきなのだが、中国のネットユーザーからは「話題づくりのためにやっているに過ぎない」などといった辛辣な声が寄せられたと紹介。表面上だけ日本代表の真似をしても意味がなく、日本人選手の内側にある精神やサッカーの技術を学ぶべきであると指摘した。

     すかさず日本代表の真似をするところは、さすが中国といった感じだが、記事も指摘しているとおり、表面上の行動だけを真似しても仕方なく、その行動の真意を理解し、学ぶ必要があるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF) 
      
    99bba532-s[1]


    http://news.searchina.net/id/1663437?page=1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/18(水) 23:46:47.61 _USER9
    16日、TBS「緊急総選挙!西野Jも生登場!日本人が選んだ歴代カッコいいサッカー選手ランキング」では、番組名の通り、カッコいいサッカー選手を番組独自のランキングで発表。
    9位には先のW杯で日本代表の司令塔として活躍したヘタフェ・柴崎岳が登場した。

    すると同番組では、クールなイメージの強い柴崎の意外な一面を紹介。柴崎の母校・青森山田高校サッカー部監督・黒田剛氏に取材を行うと、
    同氏は「クールに見えて勝ち気なところと負けず嫌いなところと正義感の強いところと(がある)」と切り出した。

    そして柴崎が高校2年生の時に出場した全国大会のエピソードを明かした黒田氏。「前半0-0で先輩があまりにも不甲斐なかったもんですから、
    (柴崎が)立ち上がって『お前もっとやれねーのか』って言ってビンタをバシーン」と話すと、ハーフタイムで起こった予想外の出来事に「みんな度肝を抜かれました」と振り返った。

    また、柴崎にビンタをされ、喝を入れられる格好となった先輩選手について、「その後その先輩は奮起して後半頑張ったんですけど、
    5分くらいであまりにも頑張りすぎて2枚目のイエローカードをもらって退場してしまった」という黒田氏は、柴崎のビンタを「(先輩の目を)覚まさせ過ぎた」と苦笑いを浮かべた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15020624/
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/18(水) 21:07:51.04 _USER9
    18日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節で、柏レイソルはFC東京と対戦。後半にGK中村航輔がゴール前で富樫敬真と交錯して担架でピッチを後にした。

    DiY6Ng8UEAAfL20[1]

    FC東京は61分、東慶悟の右からのクロスが柏のパク・ジョンスに当たり、オウンゴールで先制に成功した。しかし、このプレーでゴール前に走り込んでいた富樫敬真の膝が、柏GK中村航輔の頭にヒット。中村はピッチ上で立ち上がることができず、プレーが中断した。

    会場は一時騒然となり、瞬きはするものの動けない中村は結局、頭を固定され、担架でピッチの外へ。桐畑和繁との交代を余儀なくされた。なお、中村は現在病院に搬送されているという。

    中村はW杯中断前最後のゲームだった5月20日の第15節の名古屋グランパスで、FWジョーと交錯し、頭から落下。動くことができず、同じく担架で運び出されていた。その後、脳しんとうおよび、頸椎捻挫の診断を受けていた。

    ロシアW杯の予備登録メンバーに入っていた中村は、本大会のメンバー入りが危ぶまれたが、23人に入り、控えGKとしてロシアでの戦いに参加していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010009-goal-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/18(水) 09:48:01.81 _USER9
    成功の裏にあった三浦知良とJリーグの存在…パク・チソン氏「大切なことは日本が教えてくれた」

    20180718-00762412-soccerk-000-2-view[1]

    7/18(水) 7:30配信
    SOCCER KING

    パク・チソン氏がJリーグでプレーした当時を振り返ってくれた [写真]=J.LEAGUE 、Getty Images

     約2カ月間の中断期間が明け、18日からいよいよJ1リーグが再開される。4年に1度の祭典、2018 FIFA ワールドカップ ロシアが閉幕し、ここからは国内タイトル獲得へリーグの戦況はますます熱を帯びてくる。さらに、アンドレス・イニエスタやフェルナンド・トーレスらヨーロッパのトップクラブや代表で数多くのタイトルを獲得してきた大物選手も参戦し、これまで以上の盛り上がりを見せようとしている。

     イニエスタやトーレスとは対照的に、Jリーガーの海外挑戦もサポーターの楽しみの1つだろう。日本代表としてロシアW杯を経験した植田直通は、大会終了後、鹿島アントラーズからセルクル・ブルージュ(ベルギー)へと移籍。すでに4年後を見据えた戦いは始まっている。

     韓国代表として日韓W杯ベスト4進出、クラブではチャンピオンズリーグ優勝を経験したパク・チソン氏もかつてはJリーガーだった。2000年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)に入団。2003年からはオランダの名門、PSVでプレー。活躍が認められると、マンチェスター・ユナイテッドからオファーを受けるまでに成長した。プロキャリアをスタートしたJリーグで何を学び、どのようにして世界で活躍するプレーヤーへと上り詰めたのか? パク・チソン氏がインタビューで日本サッカー界へメッセージを送ってくれた。
    成功の裏にあった三浦知良とJリーグの存在…パク・チソン氏「大切なことは日本が教えてくれた」

    海外志向が強かったパク・チソン氏がプロキャリアをスタートさせたのはJリーグだった [写真]=J.LEAGUE
    日本でプレーした日々は「すごく楽しかった」

    ――「日本でプレーする」と決まったときは、どのような心境でしたか?

    「元々海外でプレーしたいと思っていましたし、韓国代表への憧れもありました。だから『プレーヤーとして成長するために日本に行きたい』と思っていました。そこで培ったものを自分のプレーに活かそうと思っていました。日本に来て非常に良い体験ができました。Jリーグでプロとしてのキャリアをスタートすることができたし、毎日『もっともっと強くなろう』と取り組んでいました。当時はすごく楽しかった」

    ――来日前、Jリーグにどんなイメージを持っていましたか?

    「韓国でもよく知られていた選手もプレーしていました。先輩たちのアドバイスを聞いて、日本のプレースタイルを学びたいと考えていました。当時は『韓国とはプレースタイルが違うな』という印象でした。その中で日本ならではの強さや上手さを学びたかった」

    ――日本と韓国のサッカーは具体的にどのような違いがありましたか?

    「日本はテクニックやパスワークが非常に優れていると思います。多くの選手がそういうスタイルを目指している。それが日本サッカーの特徴でしょう。韓国はフィジカルとメンタルに強さが備わっている選手が多い。その上で『戦う』ということを考えています。日本も韓国もお互いに強みを持っていると言えるでしょう」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00762412-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/18(水) 09:11:52.53 _USER9
     サッカーの本田圭佑選手が米俳優ウィル・スミス氏と組み、月内にベンチャーファンドを設立する。日本で約1億ドル(約110億円)を集め米国を中心に創業したての有力スタートアップ企業に投資する。両氏の人脈を活用して、これまで日本からはアプローチが困難だったスター企業の卵を発掘する。

     名称は「ドリーマーズ・ファンド」。野村ホールディングスも参画し、日本の機関投資家や大口の個人投資家から資金を募る。企業価値… 
      
     273035[1]

      
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3306470017072018MM8000/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/18(水) 07:46:37.26 _USER9
    サッカー先進国では当たり前の“強化策”

    ロシアW杯は7月16日(日本時間)、フランスの優勝で幕を閉じた。改めて日本代表の試合を振り返れば、痛感するのが彼我の体格差だ。2022年カタールW杯に向けた強化には外国人選手の「帰化」も必要かもしれない。サッカージャーナリスト・六川亨氏の“未来予想図”をお読みいただきたい。

     ***

     日本はベスト16と健闘したが、評論家のセルジオ越後氏はスポーツ紙で「海外出身選手の日本国籍取得を再考することも提言したい」と触れていた。有能な外国籍選手を自国の代表として迎えるのは、ヨーロッパのサッカー先進国ではいまや当たり前となっている。

     古くは1934年の第2回W杯で、イタリアはアルゼンチン出身の選手を自国代表に迎えて初優勝を果たした。近代に目を向ければ、まず第2次世界大戦の戦勝国が植民地出身のアフリカ系選手を代表に抜擢した。先鞭をつけたのはオランダとフランスで、1998年に自国で開催したW杯で初優勝したフランスのエース、ジネディーヌ・ジダンの両親はアルジェリアの少数民族だというのは有名な話。

     当時のフランスにはジダンの他にも多くのアフリカ系移民の選手がいたものの、試合前の国歌斉唱でラ・マルセイエーズ(フランス国歌)を歌えない選手に対し批判が出たものだ。オランダではアフリカ系移民の選手に対する差別意識から内紛が起こったこともあった。

     しかし、いまやアフリカだけでなく、ポーランドやルーマニア、トルコからの移民がドイツ、フランス、ベルギーなどに流入して20年以上が経つ。このため表面的な対立は以前ほど目立たなくなった。

    日本では、まだまだ帰化には高い壁

     今大会でもルーツを他国に持ちながらも、自国の代表として活躍したことでファン・サポーターを熱狂させた選手がいる。フランスのキリアン・エムバペはカメルーン出身の父親とアルジェリア人の母を持つフランス代表だ。

     同じくフランスの屈強なMFポール・ポグバはギニア系の両親をそのルーツに持つ。日本戦で同点ゴールをアシストしたベルギーFWエデン・アザールはベルギー生まれだが、両親はともにアルジェリア人だ。そして彼のアシストから2-2の同点ゴールを決めた大型MFマルアン・フェライニも、ベルギー生まれではあるものの両親はモロッコ人である。

     彼ら以外にも、スウェーデンを快足で苦しめたイングランドのFWラヒーム・スターリングはジャマイカ生まれで、7歳の時に母親とロンドンに移住し、英国国籍を取得した。日本人にはあまりピンとこないが、ヨーロッパでは二重国籍はよくある話で、どちらの国籍を選択するかは本人次第というグレーゾーンがサッカー界には存在する。

     もちろん日本にも東南アジアや中東から仕事を求めて来日し、日本人と結婚して(日本で生まれて)日本国籍を取得したサッカー選手やプロ野球選手は近年増えてきた。しかし、海外出身の選手が日本国籍を取得するにはまだまだ高い壁がある。

     20歳以上で日本に滞在して5年以上になるとか、配偶者が日本人であることなど細かい規則があるからだ。ただし、日本代表に海外出身の選手が皆無だったわけではない。

    つづく

    ディリー新潮 7/18(水) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180718-00545498-shincho-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ