サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    その他・ネタ

    204: 名無し@サカサカ10 2019/11/11(月) 02:14:00.65
    20191111-43473808-gekisaka-000-2-view[1]

    サラーのぐう聖エピソードで打線


    1 中 プレミアリーグ得点王

    2 二 立候補していないのに大統領選挙2位

    3 遊 故郷の村ナグリグに10万ポンド(約1530万)を寄付

    4 左 地区で1台目の救急車を購入、その他高価な医療器具なども自ら買い付け寄付

    5 一 貧困に苦しむ若者の支援センター、女学校、医療施設、サッカーグラウンドを建設するための資金を自腹で支払う

    6 三 W杯を決めた際、大統領から高級別荘を贈呈されそうになるも丁寧に断り「代わりにナグリグに現金を寄付してほしい」と申し出る

    7 捕 村の貧困な人々に毎月3500ポンド(50万円)を寄付

    8 右 ナグリグに頻繁に戻ってきては、村で結婚した夫婦に家や生活用品などを提供

    9 投 実家に侵入した泥棒のために仕事探しを手伝う

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/07(木) 15:44:29.38 _USER
    no title

    サッカー日本代表の新ユニホームが6日、発表された。

    日本サッカー協会(JFA)の発表によると、コンセプトは「日本晴れ(ニッポンバレ)」。日本代表が、日本中に希望を与える「日本晴れ」のような存在であってほしいという願いが込められているという。

    デザインは、選手やサポーターがそれぞれの地点で見てきた空が一つにつながっていく様子を、5色のブルーを用いた「スカイコラージュ」で表現。日本伝統のアートである浮世絵から着想を得たグラフィックとなっている。背面は無地の水色で、「みんなの空が一つになった最高の日本晴れをイメージしたかつてない鮮やかなスカイブルー」が採用された。また、アンビグラム作家の野村一晟氏とのコラボレーションによる、角度によって読める文字が変わって見えるアンビグラムアートを使った「日本晴れ」のサインオフが配置され、それぞれ逆さまにして読むと、男子は「侍魂」、女子は「撫子魂」の文字が浮き上がるようになっているという。

    新ユニホームをめぐっては、発表に先立ち「迷彩柄」として一部情報が出て、日本のファンなどからデザインに対する批判の声も上がっていた。

    中国のSNSや掲示板サイトでも早速、日本代表の新ユニホームが紹介されている。「とてもかっこいいし、デザインも巧み」「5色のブルーを重ねてるところがおしゃれ」「エネルギッシュさが詰まっている」「これまでのよりいいね」「日本代表ユニは歴代すべてかっこいいのでコレクションしてる。もちろん、着用して外出はできないけど」など、デザイン性を高く評価する声が多く寄せられていた。

    一方で、「中国海軍陸戦隊みたい」「迷彩柄は軍国主義の現れ」との声もあった。

    また、「日本では賛否両論あるようだけど、いずれにしても(中国五輪代表の公式ウエアとして定番の赤と黄を基調にした)『トマトの卵炒め』に比べればかなりかっこいい」との感想も見られた。
    Record china
    2019年11月7日(木) 14時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b757856-s0-c50-d0054.html

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/05(火) 19:32:39.00
    かつて日本代表でも活躍した中田英寿が5日、自身の公式YouTubeチャンネル「Hidetoshi Nakata Official」を開設した。

    YouTubeチャンネルの運営は、中田を現役時代からサポートしている株式会社サニーサイドアップのグループと、シンガポールに本社を置くAnyMind Groupが2019年8月に共同で設立した新会社、株式会社 AnyUpが行うとのこと。全世界に向けてコンテンツ配信を行うとのことだ。

    公式YouTubeチャンネルは全て英語対応となっており、これまで語られることの少なかった現役時代のエピソードなど、まさに中田英寿の“すべて”を発信するプラットフォームになるとのことだ。

    第一弾配信コンテンツは、「~中田英寿 20 年目の旅セリエ A 在籍 5 クラブを訪れて~」とのことで、中田英寿がペルージャ移籍以降に在籍した5クラブ5都市すべてを巡るサッカー紀行番組コンテンツ。海外挑戦のはじまり“ペルージャ”トッティとポジションを争った栄光の“ローマ”などそれぞれのスタジアムを訪れ、今だからこそ語れるエピソードを交えながら当時の選手生活を振り返り、当時は気づくことのなかった街の魅力を再発見しイタリアとセリエAの変遷を伝える。

    先日は自身の公式インスタグラムアカウント(hidetoshinakata.official)を設立した中田英寿。これまで語られること、見ることの無かった一面が楽しめそうだ。

    11/5(火) 16:32配信 超ワールドサッカー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00363960-usoccer-socc

    写真no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/02(土) 00:19:30.301
    210-01

    うちのチームの奴がそうなんだが
    FWはとる仕事だろっていうと「現代サッカーではナンセンスでしょ」って

    とにかく下がってきて
    ゲームメークに参加したりとか
    サイドに流れてクロス上げたりとか
    そういうのばかりやろうとするやつって
    サッカー詳しい奴から見てどう思う

    続きを読む

    このページのトップヘ