サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外サッカー

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/10(水) 07:22:40.20
    20190410-00056970-sdigestw-000-3-view[1]


    トップ30の「平均値」で比べると日本が上回った

    半世紀以上に渡って、東アジア・サッカーの盟主の座を争ってきた日本と韓国。いまや両国代表チームはワールドカップの常連国となり、クラブレベルでもアジアの覇権を巡って鎬を削っている。

    そのライバル関係は、欧州のクラブシーンでも同様だ。古くは奥寺康彦とチャ・ブンクンがブンデスリーガで活躍し、中田英寿やパク・チソンが幅を利かせた時代を経て、
    現在も日韓両国の数多のフットボーラーがトップレベルで結果を残している。今回は、彼らをお馴染みの「推定市場価格」で比較してみた。

    推定市場価格は、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が独自の算出方法で弾き出している“市場価値”だ。
    実績、実力、年齢に加えて過去に発生した移籍金などが考慮され、日々数値が更新されている。

    両国でダントツのトップ値を叩き出しているのは、ほかでもないソン・フンミンだ。トッテナム・ホットスパーで主軸を張るアタッカーは、
    いまや欧州メガクラブがこぞって引き抜きを画策する超人気銘柄。現在の推定市場価格は驚きの6500万ユーロ(約84億5000万円)で、
    これは韓国はもちろんアジアでも群を抜く1位であり、世界ランキングでも56位タイに付ける。26歳という年齢を考えれば、今後さらに額面はつり上がっていくだろう。

    日本のトップは中島翔哉の1800万ユーロ(約23億4000万円)で、ソンと比べればずいぶん見劣りするが、これでも十分称賛に値する。
    日本は2位の武藤嘉紀が1000万ユーロ(約13億円)で、その後は順位が下がるにつれて緩やかに数値が下がっていく。9位タイの岡崎慎司、乾貴士、南野拓実でも500万ユーロ(約6億5000万円)の高評価を得ているのだ。

    かたや韓国は、ソンに次ぐ2位のクォン・チャンフンがガクンと下がって750万ユーロ(約9億7500万円)。10位タイのイ・チャンミンが180万ユーロ(約2億3400万円)なのだから、日本に比べて急激に数値が落ちているのが分かる。
    ガンバ大阪のエースFW、ファン・ウィジョは165万ユーロ(約2億1450万円)の14位タイだ。

    両国の平均値を段階別に見ていくと、以下のようになった。

    <上位10名の平均値>
    日本=804万ユーロ
    韓国=978万ユーロ
     
    <上位20名の平均値>
    日本=581万ユーロ
    韓国=601万ユーロ
     
    <上位30名の平均値>
    日本=467万ユーロ
    韓国=438万ユーロ

    韓国はソンの図抜けた数値でアドバンテージを有しながらも、トップ30の時点で比較するとついに日本が数値で上回った。
    一概には言えないが、推定市場価格で見るかぎり、総合的には日本人選手のほうが高い評価を得ていると言えるだろう。
    ちなみにともに1位のソンと中島を除き、トップ10で比較すると、日本が705万ユーロなのに対して韓国が426万ユーロと思わぬ大差が付いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190410-00056970-sdigestw-socc
    4/10(水) 6:24配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/04(木) 17:41:46.19
     20190404-00000012-jij_afp-000-5-view[1]



    中国リーグ開幕24試合でレッド10枚、股間蹴った選手は5試合出場停止
    https://www.afpbb.com/articles/-/3219190

    中国サッカー協会は3日、同国スーパーリーグ(1部)が史上最も荒れた開幕を迎えているといわれる中で、2選手に対して長期の出場停止処分を科した。

     今季のスーパーリーグではここまでの全24試合で計10枚のレッドカードが出ているが、中国メディアによればこれは最多の記録だという。

     武漢卓爾のFWラファエル・シルバは江蘇蘇寧に1-2で敗れた試合で一発退場となり、5試合の出場停止と5万元(約83万円)の罰金処分が下された。
    (略)

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/04(木) 09:21:06.87
     10f8af034139f0b30007e943b3cf7ac4_content[1]


    ◼?「買い取り」を問題視する声も

     アカデミアに所属する別の関係者の発言も興味深い。

     「明らかなことは、アスパイアに投資する国家や一部の王族はこのアカデミアをビジネスとして捉えていることだろう。年間50億円という莫大な費用も、年間に1人、ないしは2人の優秀な選手を育て上げれば、その選手の移籍金で充分にペイできるという考え方を持っている。

     慈善事業ではなく、ビジネスとして展開するための詳細なプランがあるんだ。ゆくゆくはカタールの選手がワールドカップに出場し、そこで価値を高めた選手達を、高値で他国リーグに売却する。そんなビジネスを10年以上の長いスパンで考えているんだよ。

     このビジネスモデルを確立するためには、まずはワールドカップなどの国際大会で成果を残さなければならない。だから、いまは将来への先行投資の段階だね」

     ここでひとつ、アスパイア・アカデミーの「問題点」を挙げておかなければならない。アスパイア・アカデミーはコーチだけでなく、世界中から「サッカー選手の卵」を呼び集めている。

     前述の「施設」に入るのは、カタール人だけではなく、ガーナ、セネガル、エジプト、スーダン、イラクなど、世界各国、特にアフリカから集められた若者たち。いまのカタール代表でも純粋なカタール人はかなり限定される。

     アジアカップのメンバーも23人中、実に14名が海外にルーツを持つ選手が占めていた。アスパイア関係者によればこれがアンダー世代になると、より顕著になっているというのだ。つまり、有望な選手を10代のうちに移民として家族ごとカタールに呼び、5年間生活させたのちに、自国のサッカー選手として帰化させているのだ。

     こういった「帰化問題」は、アジア大会中にカタールと犬猿の仲であるUAEサッカー協会がAFC(アジアサッカー連盟)に抗議文を提出したことでも物議をかもした。

     その内容は、カタール代表の主力であるスーダン出身のFWアルモエズ・アリ(22)、イラク出身のDFバサム・アルラウィ(21)の2選手の代表資格がFIFAの規定における帰化選手の要件を満たしていないというものであった。結果的にAFCはこの訴えを却下したが、欧米メディアはこぞってこの問題を報道した。

     米ニューヨーク・タイムズ紙にいたっては、優勝を報じた記事の中で「UAEがカタールチームのスーダン出身ストライカーのアリを含む2人の選手に代表資格がないとする申し立てを行ったことが、この試合の盛り上がりに影を投げかけていた」と辛辣な論調で展開している。

     先出のアスパイア関係者が続ける。

     「ガーナやアフリカ系の選手を中心に、マネーの力でカタールに連れてきて『自国の選手』にするという手法は、サッカー界でも賛否が分かれている。アジアカップの時にはUAEが抗議をしたけれど、実は国内でもこの手法の是非については頻繁に報道されているんだ。

     特に大金をエサに、身体能力に秀でた子供たちを”買い取る”手法は、FIFAからも問題視されている。最近では警察も、そういった活動を取り締まる動きが出てきているくらいだよ。成功の影で、大きな問題に直面しているのも事実

    4/4(木) 9:00配信 現代ビジネス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00063827-gendaibiz-socc&p=1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/25(月) 01:23:28.62
    D2btxGLVAAEnFH9[1]


    <U-23アジア選手権タイ大会予選:U22カンボジア1-6U22韓国>◇H組◇24日◇カンボジア

    本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が実質的な監督として率いるU-22カンボジア代表が、同韓国代表に1-6で敗れ、1次リーグ2連敗で敗退が決まった。

    拠点のオーストラリアから、国際Aマッチウイークを利用し、カンボジア入りし、いつものサスペンダー姿で指揮した本田監督の采配も実らなかった。

    今大会は20年東京五輪のアジア最終予選を兼ねる来年のU-23アジア選手権本大会の予選として行われている。

    この結果、本田がA代表とともに兼任で率いるカンボジア代表の東京五輪出場の可能性が消滅した。カンボジアの監督として、本田が東京五輪で日本に凱旋(がいせん)する姿を見ることはできなくなった。

    カンボジアのH組はオーストラリア、韓国がいる死の組。カンボジアは台湾との最終戦を残すが、2連敗のカンボジア、台湾の敗退が決まった。

    本田は日本の年齢制限外のオーバーエージ枠での東京五輪出場&金メダル獲得をぶち上げ、W杯ロシア大会後の現役続行を決めた経緯がある。

    監督としての出場は消滅したが、同じ兼任で一国の代表監督を務める森保一監督を振り向かせ、選手として東京五輪を目指すことに変わりはない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-03250002-nksports-socc
    3/25(月) 0:23配信 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/24(日) 13:07:00.38
    20190324-41867806-gekisaka-000-1-view[1]


    パケタが代表初得点も……ブラジルが格下パナマとまさかのドロー

    国際親善試合が23日に行われ、ブラジル代表はパナマ代表と1-1で引き分けた。

     ブラジルは32分、負傷中のネイマールの代役であるルーカス・パケタが代表初得点。右サイドからカゼミロが上げたクロスを左足ボレーで合わせた。

     幸先良く先制したかに思われたブラジルだが、直後の36分、パナマに同点弾を許す。セットプレーからキャプテンのアドルフォ・マチャドがヘディングシュートを突き刺し、パナマが試合を振り出しに戻した。

     その後、ブラジルは勝ちを目指して攻めに出るもパナマの守備を崩しきれず、試合は1-1のままタイムアップ。FIFAランキング76位のパナマから白星を得られなかった同3位のブラジルにとっては痛い結果となった。

    【スコア】
    ブラジル代表 1-1 パナマ代表

    【得点者】
    1-0 32分 ルーカス・パケタ(ブラジル)
    1-1 36分 アドルフォ・マチャド(パナマ)

    【スターティングメンバー】
    ブラジル代表(4-3-3)
    エデルソン;ファグネル、エデル・ミリトン、ミランダ、アレックス・テレス;カゼミロ、ルーカス・パケタ(60分 エヴェルトン)、アルトゥール(72分 フェリペ・アンデルソン);フィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ(60分 ガブリエル・ジェズス)、リシャルリソン

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00921135-soccerk-socc








    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/23(土) 07:52:56.71
    20190323-00010001-sportes-000-1-view[1]


    サッカーフランス代表

    コンゴ民主共和国→マンダンダ、キンペンペ、エンゾンジ、マテュイディ(アンゴラ)
    フィリピン→アレオラ
    カメルーン→エムバペ、ユムティティ
    マルティニーク→ヴァラン
    モロッコ→ラミ
    マリ→シディベ、カンテ
    ギニア→ポグバ
    モーリタニア→デンベレ
    アルジェリア→フェキル
    セネガル→メンディ

    フランス国籍のみ→ロリス、パヴァール、リュカ、グリーズマン、ジルー、トヴァン、レマル

    続きを読む

    162: 名無し@サカサカ10 2019/03/16(土) 09:49:13.43
    f3c6919f[1]


    2010W杯スペイン代表

    GK
    1イケル・カシージャス(レアル・マドリード)
    12ビクトル・バルデス(バルセロナ)
    23ホセ・マヌエル・レイナ(リバプール)
    DF
    3ジェラール・ピケ(バルセロナ)
    4カルロス・マルチェナ(バレンシア)
    5カルレス・プジョル(バルセロナ)
    11ジョアン・カプデビラ(ビジャレアル)
    15セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    17アルバロ・アルベロア(レアル・マドリード)
    18ラウール・アルビオル(レアル・マドリード)
    MF
    6アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
    8シャビ(バルセロナ)
    10セスク・ファブレガス(アーセナル)
    14シャビ・アロンソ(レアル・マドリード)
    16セルジ・ブスケツ(バルセロナ)
    20ハビ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ)
    21ダビド・シルバ(バレンシア)
    22ヘスス・ナバス(セビージャ)
    FW
    2ペドロ・ロドリゲス(バルセロナ)
    7ダビド・ビジャ (バレンシア)
    9フェルナンド・トーレス(リバプール)
    13フアン・マヌエル・マタ (バレンシア)
    19フェルナンド・ジョレンテ (アスレティック・ビルバオ)

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/06(水) 08:03:17.32
    3/6(水) 6:28配信
    ドイツ代表が衝撃決断!14年W杯制覇3選手の代表キャリア終焉を発表「新たなスタートを切る」
    ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーの代表キャリアの終焉を認めた。


    2014年のブラジル・ワールドカップの優勝に大きく貢献したフンメルス、ボアテング、ミュラーの3選手。現在はいずれもバイエルンで活躍し、ブンデスリーガ6連覇を果たすなど依然としてトップレベルでプレーできることを証明している。

    しかしレーヴ監督は、ドイツ『ビルト』でバイエルン3選手を今後代表に呼ぶことはないだろうと語った。先日にはバイエルンを訪れ、3選手に説明したと明かしている。

    「2019年はドイツ代表にとって新たなスタートを切る年だ。我々は昨年末から開始した変革を続けていきたいと考えている。ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルス、そしてトーマス・ミュラーが代表チームのメンバーに入ることはもうないだろう。選手たちとバイエルンの監督に私の考えやプランを説明することが大切だった」

    「彼らはいまだにワールドクラスだ。私はマッツ、ジェローム、トーマスと成功に満ちた素晴らしい年月を一緒に過ごせたことに感謝している。しかし、代表チームにとって将来の準備をすることが重要だ。我々はチームに新戦力を加えたいし、これが正しいステップだと確信している。EURO2020の予選が始まるこの年に、若い選手たちが成長するためのスペースを用意し、今から責任を背負ってもらいたい」

    2014年のW杯制覇以降、ドイツ代表は苦難が続いている。EURO2016ではベスト4で敗退し、2018年のロシアW杯ではグループ最下位で敗退。さらにUEFAネーションズリーグでは、Aリーグ降格の憂き目に遭うなど世代交代が叫ばれている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00010001-goal-socc
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ