サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外サッカー

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/11(水) 10:24:37.31
    20190911-00000018-jij_afp-000-3-view[1]


     カタールワールドカップ・アジア2次予選 第1節、中国代表対モルディブ代表の試合が現地時間10日に行われ、中国が5-0の勝利をおさめた。この試合で中国代表デビューを飾った30歳のFWエウケソンが、いきなり2ゴールの活躍を見せている。

     エウケソンは2013年に広州恒大に加入すると、中国スーパーリーグで2年連続の得点王に輝き、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年の優勝に大きく貢献。2016年に移籍した上海上港で3年半を過ごしたあと、今夏から広州恒大に復帰していた。移籍後はリーグ戦7試合で7得点3アシストの活躍を見せている。

     先日、中国代表メンバーが発表され、エウケソンも初招集された。今年5月には元U-19イングランド代表のMFニコ・イェナリス(帰化して中国名「李可」)が帰化選手として初のデビューを飾ったが、同選手は母親が中国系である。つまり、中国に全くルーツを持たない帰化選手としては史上初の出来事となった。

     エウケソンは今回のモルディブ戦で先発出場を果たし、中国代表デビューを飾っている。試合開始して34分、中国のウー・シーが先制点を決めた。続く45分にウー・レイが追加点を決めると、64分にはヤン・スーも得点し3点差に。

     そして、83分にエウケソンがPKを決めて代表初ゴールを記録。後半アディショナルタイムにもエウケソンがゴールを決め、中国は5-0の勝利をおさめている。大量得点により、シリア代表もいるグループAで首位スタートとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00337963-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/11(水) 00:03:46.94
    20190910-00000212-kyodonews-000-3-view[2]


    【インドネシア 0-3 タイ 2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選 第2節】

     2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のインドネシア代表対タイ代表の一戦が現地時間10日、インドネシア・ジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムで行われ、0-3でアウェイのタイが勝利した。

     5日のベトナム戦はホームで0-0の引き分けに終わったタイ。しかもトップで起用した大分トリニータ所属のティティパンが負傷し、チームを離れる事態となってしまった。一方の、初戦のマレーシア戦を2-3で落としたインドネシアは、かつて北海道コンサドーレ札幌に所属していたイルファンとリリパリが揃って先発。タイはチャナティップが先発しており、「札幌色」の強い試合となった。

     試合は序盤から両チームとも攻撃に出る激しい展開となる。タイがチャナティップ、インドネシアはリリパリが中心となってチャンスをつくる。両チームの10番が躍動し、あわやという場面も生まれたが、0-0で折り返す。

     後半も拮抗した展開が続くが、先制したのはタイ。得意のパスワークで攻め込み、左サイドに展開。ボールを受けたサラチャットがカットインして右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

     その後もタイの攻勢が続き、63分にはサラチャットがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを横浜F・マリノス所属のティーラトンが冷静に決めると、72分にはサラチャットが味方とのパス交換で相手守備陣を翻弄し、再びゴール。試合を決めた。

     タイは前半に危ない場面もあったが守備で対応するのではなく攻撃の姿勢を強めた。また、2点をリードしてからも守るのではなく最後まで攻撃の手を緩めなかった。攻撃的なスタイルは西野監督の真骨頂。就任してから公式戦2試合目で早くも「西野イズム」が見られた。

     また、驚きだったのはティーラトンの起用法だ。左利きで、横浜F・マリノスでは左サイドがメインだが、この日はなんと右サイドバックにおいた。逆足でカットインしてチャンスを演出するなど「奇策」は実ったと言える。

     得意のパスワークと西野監督らしさがミックスして快勝したタイ。次回は10月15日、ホームに強敵UAEを迎える。

    【得点者】
    56分 0-1 スパチョック・サラチャット(タイ)
    64分 0-2 ティーラトン・ブンマタン(タイ)
    72分 0-3 スパチョック・サラチャット(タイ)

    (取材・文:植田路生【ジャカルタ】)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00337901-footballc-socc

    続きを読む

    402: 名無し@サカサカ10 2019/08/26(月) 15:57:48.63
    d304ce807dbb29c3a256679557884c82[1]


    今ミーティングで、今日の試合。勝ってはいけない。負けろと指示が
    出ました。人生で初めてです。困惑してます。どうやってプレーしたら
    いいのか。これも経験なのか。
    https://twitter.com/N_Akira0810/status/1165527595602956289?s=19 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/19(金) 12:22:15.86
    img15460[1]


    ・リーカーウェイ(父親がアーセナルに所属したことあるキプロス人)

    ・エウケソン(ユベントスからオファーを断って中国に来たブラジル人、帰化予定)

    ・リカルドグラル(ブラジルリーグMVP経験ありのブラジル人、帰化予定)


    ガチで最強になった模様

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/29(土) 12:21:11.19
     timthumb[2]


    元バルサ・エジミウソンが選手育成の道に進んだ理由。

     バルセロナでチャンピオンズリーグを制し、ブラジル代表ではワールドカップ優勝に貢献したエジミウソン。
    引退後、彼が選択したのは意外な道だった。何をしようとしているのか。
    現役を退いた元セレソンにブラジルで話を聞いた。(取材・文:植田路生【ブラジル】)

    以下、記事から抜粋

    ●育成への思い。きっかけは社会の変容

     エジミウソンは語る。

    「プロジェクトは突然降って湧き出たわけではなく、引退当時から頭の中にあった。
    というのは、引退後に、ここのコーチの1人、エドゥアルドとともに選手育成のメソッドを作っていたからだ。
    もちろんそのメソッドだけではなくスカイライトコンサルティングとの出会いも重要だ。大きなサポートがあってプロジェクトはスタートできた」

     現役引退後、指導者コースで勉強もしていたが、サッカー選手としての経験もそのメソッドのベースになっているという。
    育成への思いは長年持ち続けていたようだ。そして、その根底にあるのは、未来を見据えた上での切なる願いだ。

    「僕が子どもだった30年前と比べてブラジルの社会自体は大きく変わった。
    あの当時は外でサッカーをしても安全だったし、僕の両親も心配しなかった。
    知っていると思うが、ブラジルの学校は質が良くないため、子どもたちは外でサッカーをする。
    今は治安も悪くなり、外で遊べなくなった。当時、あのような誰もが外でサッカーできる状況だと、
    そこからたくさんの名選手が生まれる。ところが、社会が変わって、子どもがサッカーをする場所が減っている。 
      
    このような社会の変容が、プロジェクトを発想した根底にある。メソッドを作って、サッカーを通じて青少年の教育をしていきたいんだ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00010002-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/12(水) 15:57:06.56 _USER
    no title


    2019年6月7日、韓国・インターフットボールによると、釜山アジアド主競技場で行われた韓国対豪州の親善試合に、安重根(アン・ジュングン)と李舜臣(イ・スンシン)の横断幕が登場した。

    パウロ・ベント監督率いる韓国代表(FIFAランキング37位)は同日午後8時に豪州(同ランキング41位)と親善試合を行い、ガンバ大阪のFWファン・ウィジョの決勝ゴールで1‐0で勝利した。

    この試合では、前日に64回目を迎えた「顕忠日(国のために犠牲になった人を弔う祝日)」を記念するため、伊藤博文を旧満州のハルピン駅構内で暗殺した独立運動家の安重根と、文禄・慶長の役で朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したとされている李舜臣の横断幕が掲げられた。記事はこれを「意味深いパフォーマンス」と伝えている。

    これに対し、大韓サッカー協会関係者は「今回の横断幕は(韓国代表の公式サポーター集団の)プルグンアンマ釜山支部が製作したと聞いている」と説明した。

    この様子は韓国のインターネット掲示板でも話題になっているが、「顕忠日は反日だけの日じゃない。北朝鮮などからこの国を守るために犠牲になった方を称える日でもある」「朝鮮時代の話じゃなくて、『大韓民国』の顕忠日。だから朝鮮戦争や西海海戦の勇士らを称えるパフォーマンスをすべき」「スポーツに政治を持ち込むなって言うくせに…。日本が同じことをしたらどう?絶対たたきまくるでしょ」など、「顕忠日」の意義に疑問を投じるコメントが目立つ。この他「なんか自分が恥ずかしくなってくる」「そもそも安重根と豪州に何の関係があるの?」「これだもん。日本の嫌韓も理解できる」などため息が聞こえてきそうなコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

    https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=719761&ph=0&d=d0127 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/12(水) 06:01:20.54
    20190612-43468127-gekisaka-000-1-view[1]


    12: USA 1-0 Thailand
    20: USA 2-0 Thailand
    32: USA 3-0 Thailand
    50: USA 4-0 Thailand
    53: USA 5-0 Thailand
    54: USA 6-0 Thailand
    56: USA 7-0 Thailand
    74: USA 8-0 Thailand
    79: USA 9-0 Thailand
    81: USA 10-0 Thailand
    84: USA 11-0 Thailand
    87: USA 12-0 Thailand
    91: USA 13-0 Thailand

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/03(月) 18:42:41.43
     20190603-43467784-gekisaka-000-1-view[1]


    「日本代表はファンタスティック」…JFAがトリニダード・トバゴの来日メンバーを発表

     日本サッカー協会(JFA)は3日、5日に豊田スタジアムで行われるキリンチャレンジカップで日本代表と対戦するトリニダード・トバゴ代表メンバーを発表した。

     JFAによると、デニス・ローレンス監督は「日本代表は個々のテクニックが高い選手が多く、非常にファンタスティックなチーム、という印象です。日本代表といい試合をするためにも、我々の選手にはタフな要求をしていくことになると思います」とコメントしている。

     以下、トリニダード・トバゴ代表メンバー

    ▼GK
    マービン・フィリップ(セントラルFC)
    アドリアン・フォンセット(ポリスFC)

    DF
    カーライル・ミッチェル(ターミニクス・ラ・オルケッタ・レンジャーズFC)
    カーティス・ゴンサレス(チャールストン・バッテリー/アメリカ)
    メキール・ウィリアムズ(OKCエナジーFC/アメリカ)
    ダニール・サイラス(アルオロバFC/サウジアラビア)
    アルビン・ジョーンズ(OKCエナジーFC/アメリカ)
    ネビール・ハックショー(インディー・イレブンFC/アメリカ)

    ▼MF
    カリーム・ハイランド(アルファイサリーFC/サウジアラビア)
    ケバン・ジョージ(シャーロット・インディペンデンス/アメリカ)
    レストン・ポール(メンフィス901FC/アメリカ)
    ネイサン・ルイス(ランシング・イグナイトFC/アメリカ)
    ジョマル・ウィリアムズ(WコネクションFC)
    カール・ムケット(メンフィス901FC/アメリカ)
    アキーム・ハンフリー(クラブ・サンドFC)
    ジュダ・ガルシア(所属クラブなし)

    ▼FW
    レスター・ペルチャー(アルオロバFC/サウジアラビア)
    シャードン・ウィンチェスター(WコネクションFC)
    レビ・ガルシア(イロニ・キリヤット・シュモナ/イスラエル)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-43467784-gekisaka-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/03(月) 16:14:09.86
    no title


    2019年6月1日、騰訊体育は、中国で開かれたユースサッカー国際大会で韓国人選手が優勝カップを踏みつけた問題で、韓国メディアから「劣等感を持つ中国による批判が激しすぎる」との不満が出ていると報じた。

    記事は、韓国のテレビ局MBNの報道を紹介。連日中国メディアが批判を繰り返しているが、いささかやりすぎな感が否めない。中国サッカーが韓国に対して抱いている劣等感が爆発したとさえ感じさせるほどだ」などと伝えている。

    中国メディアの韓国サッカーに対する批判の内容が、道徳やスポーツマンシップの欠如に集中していることに言及し、「U-18の監督や選手たちはすでに現地で記者会見まで開いて謝罪した。当事者の選手が所属する蔚山現代も謝罪声明を出している。それなのに、中国側は優勝カップを剥奪した。誠意ある謝罪を受け入れない中国の態度は、大国としてしかるべきものではない」と論じた。

    https://www.recordchina.co.jp/b717621-s0-c50-d0135.html 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/01(土) 11:07:46.21
     no title



    韓国のトロフィー踏みつけ&放尿ポーズに中国メディア「再発を防ぐ唯一の方法がある」

     U-18韓国代表が中国で開催された国際ユース選手権『パンダ・カップ2019』の優勝トロフィーを踏みつけた問題で、中国『環球時報』が“再発防止策”を挙げた。

     韓国は同大会で3戦全勝を果たして優勝したが、セレモニーの際にトロフィーを踏みつけながら記念写真を行ったほか、トロフィーに向かって用を足すような仕草を見せた選手もいたとして批判が殺到。大会組織委員会から優勝を剥奪された。すでに同代表チームや大韓サッカー協会(KFA)は謝罪を行っているものの、騒動が収束する気配はない。

     同メディアは「韓国人たちは謝罪したが、それは中国国民の怒りを落ち着かせるのに十分ではなかったようだ」と指摘している。

     それでも「同様の問題が起きるのを防ぐ唯一の方法がある」とし、「彼らにサッカーで勝たなければならない」と、ピッチ上でリベンジすることが必要だと主張した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-43467665-gekisaka-socc 

    続きを読む

    このページのトップヘ