海外サッカー

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/20(水) 17:53:17.91 _USER9
    初めてオーストラリアU-20代表を見たのは、'95年のワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)だった。ナイジェリアが開催を返上して急きょカタールで開かれた大会は、中田英寿、松田直樹、奥大介、森岡隆三、山田暢久、安永聡太郎らを擁する日本がアジア予選を初めて突破して世界大会に参加し、ベスト8(ブラジルに1-2で敗退)に進出した歴史的な大会として知られている。そして、オセアニア代表として出場したオーストラリアの印象も強烈だった。

     その2年前の'93年に自国で開催されたワールドユース選手権で4位に入っていたオーストラリアは、この'95年の大会でもエースのマーク・ビドゥーカを中心に、スピードとディシプリンに溢れる攻撃で日本同様にベスト8に進出していた。

     「巧い、強い、速い」

     彼らのことをそう表現したのは、同じスタンドで試合を観戦していた田中孝司・ユース代表監督だったか、それともコーチを務めていた山本昌邦だったか――。

     ビドゥーカをはじめ、ハリー・キューウェルやマーク・ブレシアーノなど、当時のオーストラリアはヨーロッパのトップクラブで活躍する人材を輩出するタレントの宝庫だった。

     たしかに今のオーストラリアも、現アジアチャンピオンであり、アジア最強国のひとつ――日本のよきライバルでもある。だが選手の質の低下は著しく、オーストラリア代表スタッフたち自身が認めるように、個人レベルではビドゥーカの時代とは比べるべくもないという。

     いったいオーストラリアで何が起こったのか? 

     同地在住が長く、ロシアワールドカップ・アジア最終予選ではオーストラリア代表のスカウティングも担当した今矢直城(早稲田ユナイテッド監督)に現状を聞いた。

    ヨーロッパからの移民が激減したことが弱体化の遠因!?

     ――オーストラリアは、どうしてサッカーのレベルが下がったでしょう? 

     「単純に育成じゃないかと思います。それと移民の問題も。以前はヨーロッパからの移民が多かったので」

     ――東欧系とかギリシャ系とか、マイナーなヨーロッパの国からもたくさん来ていた。

     「ヨーロッパ系がそんなに減っているわけじゃないけど、中国やインドなどお金のある人たちが入って来た。オーストラリアは税金で稼ぐので、税金をたくさん払ってくれる人を歓迎するんです。ヨーロッパの景気が良くない状況で、ヨーロッパからの移民がオーストラリアに来ることができないんじゃないでしょうか。昔は貧乏でもオーストラリアに住めた。オーストラリアン・ドリームじゃないけれど、自分で事業を立ち上げたり、成功した人もたくさんいる。それがひとつ」

    つづく

    9/20(水) 11:01配信 ナンバー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00828899-number-socc

    【オーストラリア代表はなんで弱くなったの?】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/20(水) 11:51:10.56 _USER9
    配信日時:2017年9月19日(火) 19時0分

    2017年9月19日、来月10日にサッカー韓国代表と強化試合を行う予定だったチュニジア代表チームの監督が、韓国との試合を拒否する考えを表明した。韓国・スポーツソウルが伝えた。

    チュニジアのナビル・マールル監督は13日、現地メディアとの記者会見を通じて韓国との強化試合開催に反対の意向を示した。韓国とチュニジアは当初、フランス・カンヌで対戦する予定だったが、カンヌが「テロ危険地域」に指定されたことから、スイスなど近隣国での開催を検討しているところだ。

    そうした中、マールル監督は「来月7日にギニアとロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選グループAのアウェー戦をし、そのわずか3日後に欧州で韓国と親善試合をすることになっている」と述べ、「私はチュニジアサッカー協会会長に反対の意思を伝えた。選手らが韓国戦に集中するのも大変だ。強化試合を行うのであれば、十分な時間が必要だ」と明らかにした。またチュニジアの現地メディアは合わせて「韓国はチュニジアを招待するために、選手団の移動費用などを含む巨額を差し出した」と伝えたという。

    しかしスポーツソウルは、こうしたマールル監督の意思表明があった以上、「韓国対チュニジア戦が仮に実現したとしても、チュニジアがどれだけ誠意を持って試合に臨むかは疑問だ」とした。

    以下ソース
    http://www.recordchina.co.jp/b191024-s0-c50.html

    【チュニジアが韓国代表との強化試合を拒否!「韓国と試合しても時間の無駄」】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/19(火) 21:16:05.67 _USER9

    20170919-00030151-sdigestw-000-1-view[1]


     東アジアから遠くイタリアに渡った19歳のストライカーが、「新進気鋭のスター」と称賛されている。セリエBのペルージャに所属する北朝鮮代表FWだ。
     
     現地時間9月16日のセリエB第4節パルマ戦でハンは、18分に先制点を奪取。3-0の快勝に貢献した。ペルージャは3勝1分けの勝点10で首位と好調だが、ここまでチーム総得点(13)の約4割となる5ゴールを挙げている北朝鮮代表FWはその原動力と言えるだろう。
     
     昨シーズンはカリアリと契約からわずか4日後にユース大会の試合で見事なバイシクルシュートを決めて注目を集めたハン・グァンソンは、それからわずか3週間後に18歳でセリエAデビュー。北朝鮮選手として初めて欧州5大リーグの舞台に立つと、その7日後には初ゴールもマークした。
     
     彗星のように現われた若きストライカーは、カリアリとの契約を2022年まで延長したうえで、今夏にセリエBのペルージャにレンタル移籍。すると、ヴィルトゥス・エンテッラとの開幕戦でいきなりハットトリックを記録し、続くペスカーラ戦でもゴール。そして前述のようにパルマ戦でもネットを揺らした。
     
     イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、18日の電子版の記事で「セリエBの新進気鋭のスター」とハン・グァンソンを紹介。リーグ2位タイとなる平均58分あたりに1ゴールとハイペースで得点を量産しているハンについて、スピードや抜け目なさ、得点力、さらには謙虚で仕事に専念する姿勢も称賛した。
     
     すでにユベントスやアーセナルのスカウト網にも入っている模様だが、ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、ペルージャのフェデリコ・ジュンティ監督は「偉大な選手になることができる。ただ、守ってあげなければいけないね」と、ハン・グァンソンのポテンシャルを評価しつつ、焦らずに育てていきたいと話している。
     
     得点ランクで2位につけるハン・グァンソンは、このまま着実に飛躍への道をたどることができるのか。セリエAの常連だったパレルモと対戦する19日の第5節でも、ゴールを奪えるか要注目だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170919-00030151-sdigestw-socc

    【北朝鮮代表選手がセリエでゴールラッシュ!】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 23:39:53.48 _USER

    20170905-035108116[1]


    2017年9月16日、中国メディアの観察者網が、「サッカーの中国代表はこの半年ほど無敗だ」と伝える記事を掲載した。

    中国代表は、先日行われたワールドカップ(W杯)最終予選A組で5位に終わり、W杯出場を逃したものの、最後の2戦ではウズベキスタンとカタールを相手に勝利。この2連勝は中国のサッカーファンに自信をつけさせるものになったという。

    そして、W杯の最終予選では3月28日にイランと対戦して0―1で負けて以来、およそ半年間に行なわれた4試合では一度も負けていない。これはFIFAランキングにも結果として表れている。9月14日に発表された最新のランキングによると、中国は8月の77位から62位に上昇。アジアの中では8位から6位に上がった。これは2005年9月以来、12年ぶりの最高位になるという。

    FIFAによると、中国代表の平均順位は72位で、過去最高の順位は1998年12月の37位だ(※ただし集計方法の変更もあった)。イタリアの名将リッピ氏が中国代表の監督に就任して以来、ランキングは21位も上昇しており、昨年11月の時点では83位だったと指摘した。

    最新ランキングでのアジアのトップ5は、25位のイランが1位、次いで40位の日本、50位のオーストラリア、51位の韓国、53位のサウジアラビアと続いた。世界トップ10は、1位から順にドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、スイス、フランス、チリ、コロンビアとなった。

    これに対し、中国のネットユーザーから「リッピ監督は確かにすごいと思う」、「リッピ監督のおかげと言わざるを得ないな。有名な監督だと選手も自信が持てる」などのコメントが寄せられ、リッピ監督の功績と考える人が多いようだった。

    しかし、「中国代表が半年間も負けなしというのには非常に驚いた」「これは笑うべきなのか泣くべきなのか」と戸惑う声や、「3年間サッカーをしなければ3年間負けなしになるよね」と皮肉めいたコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

    http://www.recordchina.co.jp/b189682-s0-c50.html 
      

    【【中国メディア】中国代表はこの半年間無敗!FIFAランクは12年間で最高に】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/15(金) 13:05:39.20 _USER9

    20170915-00642658-soccerk-000-1-view[1]


    ELグループステージ第1節

    グループA
    ビジャレアル(スペイン) 3-1 アスタナ(カザフスタン)
    スラヴィア・プラハ(チェコ) 1-0 マッカビ・テル・アヴィヴ(イスラエル)

    グループB
    ディナモ・キエフ(ウクライナ) 3-1 スカンデルベウ・コルチャ(アルバニア)
    ヤング・ボーイズ(スイス) 1-1 パルチザン(セルビア)

    グループC
    ホッフェンハイム(ドイツ) 1-2 スポルティング・ブラガ(ポルトガル)
    イスタンブールBBSK(トルコ) 0-0 ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア)

    グループD
    オーストリア・ウィーン(オーストリア) 1-5 ミラン(イタリア)
    リエカ(クロアチア) 1-2 AEKアテネ(ギリシャ)

    グループE
    アタランタ(イタリア) 3-0 エヴァートン(イングランド)
    アポロン・リマソル(キプロス) 0-0 リヨン(フランス)

    グループF
    ズリーン(チェコ) 0-0 シェリフ・ティラスポル(モルドバ)
    コペンハーゲン(デンマーク) 0-0 ロコモティブ・モスクワ(ロシア)

    グループG
    ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル) 2-1 ルガーノ(スイス)
    FCSB(ルーマニア) 3-0 ヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)

    グループH
    レッドスター(セルビア) 1-1 BATEボリソフ(ベラルーシ)
    アーセナル(イングランド) 3-1 ケルン(ドイツ)

    グループI
    マルセイユ(フランス) 1-0 コンヤスポル(トルコ)
    ヴィトーリア・ギマランイス(ポルトガル) 1-1 ザルツブルク(オーストリア)

    グループJ
    ゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ) 0-0 エステルスンド(スウェーデン)
    ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 0-0 アスレティック・ビルバオ(スペイン)

    グループK
    ズルテ・ワレヘム(ベルギー) 1-5 ニース(フランス)
    フィテッセ(オランダ) 2-3 ラツィオ(イタリア)

    グループL
    ヴァルダール(マケドニア) 0-5 ゼニト(ロシア)
    レアル・ソシエダ(スペイン) 4-0 ローゼンボリ(ノルウェー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00642658-soccerk-socc

    【【EL・GS第1節】アーセナルがケルンに逆転勝利、ミランが5発大勝!】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/15(金) 06:30:57.55 _USER9
    サウジアラビア代表を率いるベルト・ファン・マルヴァイク監督が、退任することが明らかになった。

    サウジアラビア代表はロシア・ワールドカップアジア最終予選最終戦で日本に勝利し、ロシア行きを決めた。

    ファン・マルヴァイクとサウジアラビア代表の契約は予選までとなっていたため、ここ数日は延長交渉が行われていた。

    しかし、直後にファン・マルヴァイクの側近でもある代表のスタッフが解任され、指揮官はそれが受け入れられなかったことを退任理由として説明している。

    また、サウジアラビアサッカー協会は、永久的に同国に住むことも指揮官に求めていたことが明らかになった。しかし、ファン・マルヴァイクにそのつもりはなかったようだ。

    「私はここにずっとは住みたくない。(選手たちから多くの電話が来たとし、)彼らは私が退任しなければならないことを理解できないと思う。本当に私とロシアに行きたかっただろうね」

    なお、新監督はアルゼンチン代表を率いた経験を持つエドガルド・バウサとなる。

    9/15(金) 6:16配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000045-goal-socc

    写真
    no title

    【まさかの退任!サウジアラビア代表監督「私はここにずっとは住みたくない」】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/10(日) 22:54:30.91 _USER9

    20170910-00010010-theworld-000-1-view[1]


    韓国代表監督、W杯本戦は攻撃的サッカーへ「私は神ではない。もう変わらなければいけない」

    9/10(日) 19:26配信

    theWORLD(ザ・ワールド)

    5日に9大会連続でW杯本戦出場を決めた韓国代表。不安が残る戦いぶりだったが、韓国代表のシン・テヨン監督は、
    W杯本大会では攻撃サッカーで戦うことを宣言している。

    U-20の代表監督を務めていたシン・テヨン監督は、今年7月にウリ・シュティーリケ氏の後任としてチームを託された。
    残された2試合をスコアレスドローに終えるも、至上命題であったW杯の切符を掴んでいる。
    W杯予選の最終戦後に公式記者会見に姿を現した同監督は、前監督のフレンドリーマッチでの対戦相手の選び方と比較して、
    これからの過ごし方について語った。

    「シュティーリケ前監督の時のように実力が劣るチームと試合をすれば結果は良いかもしれない。
    しかし、私は強いチームと真っ向勝負をしてこそ不足する部分を満たせると考える。欧州に行って強豪チームと対戦できればいい。私は神ではない。
    結果に救われたが、もう変わらなければいけない。2016リオデジャネイロ五輪当時、ドイツなど世界トップクラスのチームを相手に十分に戦えると感じた。
    守備ばかりでは終わらない。私が好む攻撃サッカーができるように準備する」

    韓国代表は、ロシアW杯に向けて変わる必要があり、変わらなければならない。急遽国を任されたシン・テヨン監督に課せられた問題は多く、責任は重い。
    果たして、同監督は韓国代表を生まれ変わらせ、新たな姿でロシアW杯に挑むことができるだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00010010-theworld-socc

    【韓国代表監督「ドイツ相手でも十分に戦える」】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/10(日) 08:12:04.11 _USER9
    ワールドカップは世界最強のナショナルチームを決める場ではあるものの、そこに世界トップレベルの選手たち全員が出場できるわけではない。大陸によっては厳しすぎる予選の壁に阻まれて本大会出場を逃す選手もいる。特に今回の2018ロシアワールドカップ予選は荒れ気味だ。各大陸で強豪国が苦戦しており、期待していたスター選手が本大会出場を逃す危険性もある。

    そこで英『sky SPORTS』は、「ワールドカップ本大会で見ることができないかもしれない11人」をポジション別に紹介している。まだ可能性の段階だが、彼ら11人が本大会に出場できないケースも考えられるのだ。

    まずGKでは、イタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンだ。イタリアは欧州予選グループGに所属しているが、ここにはスペイン代表がいる。現在2位のイタリアはプレイオフに回る可能性が高いが、欧州予選のプレイオフでは何が起こるか分からない。イタリアと言えども潰されてしまう可能性もある。

    最終ラインでは南米予選8位と苦戦しているエクアドル代表からアントニオ・バレンシア、欧州予選グループAで3位と苦しむオランダ代表からフィルジル・ファン・ダイク、昨季ファイナリストでありながら南米予選で5位とギリギリの位置にいるアルゼンチン代表からハビエル・マスチェラーノ、そして欧州予選グループDで4位に沈むオーストリア代表からダビド・アラバだ。

    4位までが出場権を獲得し、5位はプレイオフに回る南米予選において現在8位のエクアドル、欧州予選グループDで4位のオーストリアはかなり厳しい立場だ。オランダもプレイオフ出場権を掴めるか際どいラインで、ファン・ダイク、バレンシア、アラバの3人は本大会に出場できない可能性が高い。

    MFの選手ではチリ代表アルトゥーロ・ビダルだ。チリは南米王者であり、コンフェデレーションズカップ2017のファイナリストだ。しかし現在は南米予選で6位と大苦戦で、このままでは出場権を失ってしまう。ビダルに限らず近年国際大会で結果を出してきたチリが本大会に出場できないのはショッキングな出来事だ。

    FWの選手はかなり多い。欧州王者ながら欧州予選グループB2位のポルトガル代表からクリスティアーノ・ロナウド、グループD2位のウェールズ代表からガレス・ベイル、マスチェラーノと同じくアルゼンチンのリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、そしてアフリカからグループCで首位コートジボワールと勝ち点差2で何とか踏ん張るガボン代表からピエール・エメリク・オバメヤンが選出されている。

    欧州予選の場合、ベイルのウェールズ、ロナウドのポルトガル、ブッフォンのイタリアなどプレイオフで潰し合う可能性もある。これが最も恐ろしいシナリオだ。アフリカの場合グループの首位しか本大会には出場できないため、オバメヤンをワールドカップで見るにはガボンにコートジボワールを上回ってもらうしかない。これはかなりハードルの高いミッションだ。

    世界最高の選手の座を争うようなスーパースターたちが本大会に出場できない可能性も大いに考えられるのがワールドカップで、予選は大陸ごとに行われるので仕方がないと諦める部分も必要だ。できれば同メディアの挙げた11人全員に出場してほしいが、このうち何人が本大会に進めるのか。

    9/9(土) 23:50配信 theworld
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00010019-theworld-socc

    写真
    no title

    【W杯で見ることができないかもしれない11人・・】の続きを読む

    このページのトップヘ