サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外サッカー

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/09(月) 22:08:33.84 _USER9

    20180409-00010001-bfj-000-2-view[1]


    サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)の次なる就任先が、アルジェリア代表監督への復帰になる可能性があると、地元メディア「Alg24」が報じた。

     アルジェリア・サッカー連盟のケイレディヌ・ゼチ会長は、同国の代表監督に代表監督に招くため、すでにハリルホジッチ氏との交渉を始めたことを明かした。

     同会長は3月27日にオーストリアで行われたアルジェリア-イランの国際親善試合の後に、フランスでハリルホジッチ氏と交渉するために2人のスタッフを送ったと報じた。

     ゼチ会長は交渉に取りかかったが、ハリルホジッチ氏側からワールドカップ(W杯)後にしか交渉に応じないと伝えられたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00174825-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/28(水) 22:49:48.62 _USER9
    スペイン代表が2018 FIFA ワールドカップ ロシアに出場する32カ国で唯一の記録を達成したようだ。28日付の同国紙『アス』が伝えている。

    スペイン代表は27日、国際親善試合でアルゼンチン代表と対戦した。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が欠場した相手に対してゴールラッシュを披露し、ホームで6-1と圧勝。

    23日に行われたドイツ代表との国際親善試合も含め、今月の2試合を無敗で乗り切った。

    以上の結果、スペイン代表はユーロ2016の決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)でイタリア代表に敗れて以来、18試合連続負けなしとなった。

    一方、27日に行われたブラジル代表との国際親善試合で0-1の敗戦を喫したドイツ代表の連続負けなし記録は「22」でストップ。

    スペイン代表はW杯本大会に出場する32カ国で唯一、2016年夏から敗戦がないチームになったという。

    ユーロ2016敗退後にフレン・ロペテギ監督が就任してから、スペイン代表は国際親善試合を含めて13勝5分けと無敗をキープしている。

    W杯予選では同組だったイタリア代表に1勝1分け。親善試合でも、ベルギー代表、イングランド代表、フランス代表、ドイツ代表、そしてアルゼンチン代表と、いずれも優勝候補に挙がる強豪国相手に引き分け以上の結果を残してきた。

    “無敵艦隊”のニックネームに相応しい成績を残しているスペイン代表。2010年の南アフリカ大会以来、2度目のW杯制覇に向けて視界は良好と言えそうだ。

    3/28(水) 12:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00734551-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    258: 名無し@サカサカ10 2018/03/27(火) 23:50:47.57

    20180328-00734445-soccerk-000-3-view[1]



    ウクライナに限らず今の欧州サッカーってほんとシステマチックにボール回すよね
    どう動かしたらどこが空く、とかMFがどこに走ったらどこが空く、
    みたいなのがもう皆共通の認識として持ってる感じ

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/28(水) 00:04:06.93 _USER9

    20180327-00000199-spnannex-000-3-view[1]


    3/28(水) 0:02配信
    スポニチアネックス

    <日本・ウクライナ>ハリルホジッチ監督とシェフチェンコ監督

     ◇国際親善試合 ウクライナ2-1日本(2018年3月27日 ベルギー・リエージュ)

     ウクライナ代表は27日、日本代表に2―1で勝利した。

     前半21分、DFラキツキーのゴールで先制。槙野のゴールで追いつかれ、1―1で前半を終えたが、後半24分、途中出場のDFカラワエフの右足のシュートで勝ち越した。

     ▼シェフチェンコ・ウクライナ代表監督の話 試合に勝てて良かった。全体的にはゲームをコントロールでき、コンパクトな布陣で戦えた。日本は手堅いチームだ。W杯での幸運を祈る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000199-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/26(月) 19:01:07.43 _USER9
    イングランド代表は安定性に欠けるチームで、ワールドカップ本戦ではどっちに転ぶかわからないとハビエル・クレメンテ氏は考えているようだ。


    ガレス・サウスゲイト監督率いるイングランド代表は、8勝2分けと圧倒的な強さで欧州予選を勝ち抜き、ワールドカップ本戦の切符を獲得。

    しかし、2016年のユーロではベスト16でアイルランドに屈するなど、毎回のように大舞台で期待通りの成績を残せていない。

    ビッグトーナメントで優勝候補に挙げられながらも早々に敗退するイングランド代表の現状に、1994年と1998年のワールドカップでスペイン代表を率いたクレメンテ氏は「一貫性の欠如」が問題と指摘。優勝のチャンスがあるとするも、予期せぬ結果に出会う可能性もあると『オムニスポーツ』で話した。

    「ヨーロッパのベストチームはドイツ、フランス、そしてスペインだ。他のチームも良いフットボールをしているが、この3チームがベストだ。ただ、私はイングランドにもこの3チームの中に割って入るだけの力があると予想している。しかし、彼らはアップダウンの激しいチームだからどうなるか分からない」

    「イングランドは本当に素晴らしいプレーをする可能性もあるが、同時に全てのチームに負ける危険性もある。明確な理由はわからないが、その根幹はイングランドフットボール界の内部にあるのかもしれない。しかし、私は彼らのファンで、常に彼らの勝利を願っている。これは私の個人的な見解にすぎず、戦術面を分析したわけではない。本番を楽しみにしている」

    写真no title


    3/26(月) 11:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000002-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/25(日) 23:51:59.16 _USER9
     
    GettyImages-937122310-800x562[1]


    ポーランド代表は23日、ナイジェリア代表と親善試合を行い0-1で敗北した。試合後、先発フル出場したDFマルチン・カミンスキは結果を踏まえて次戦への意気込みを口にした。

     2018 FIFAワールドカップロシア大会のグループリーグで日本代表と対戦するポーランドは、本大会に向けてアジア勢の特徴をつかもうと、27日に韓国代表と親善試合を行う。

    「知ってのとおり、韓国は日本に似ている。だから韓国と対戦するんだ。僕たちは勝てるということを示したい。それは僕らにとって重要なことだからね」

     今回の敗戦を次に生かすために、W杯までにディフェンスラインの成熟度を高めたいと語った。

    「新しい選手がディフェンスラインの中にいた。だから改善すること、トレーニングすることが大切だ。3ラインは僕らにとって重要だから準備する必要がある。W杯ではなんでも起こり得るからね。今日は負けてしまったけれど、このディフェンスのシステムは問題ないと思う」

     知っている日本人選手について聞かれると、クラブでチームメイトでもあるFW浅野拓磨の名前を挙げた。

    「彼は、僕のシュトゥットガルトでのチームメイトだ。それから、もう何人かの選手は知っているよ。浅野とは日常的に話し合っているし、W杯で会うことができると思う」

    https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180324/733202.html

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/20(火) 22:38:40.57 _USER9

    news_237533_1[1]


    ◇親善試合 日本代表-マリ代表(2018年3月23日 ベルギー・リエージュ)

    日本代表と23日にベルギー・リエージュで親善試合を行うマリ代表は、主力選手が不在であることが分かった。

    6月14日に開幕するW杯ロシア大会で1次リーグで対戦するセネガル代表を想定した相手となるが、
    エースのFWバカリ・サコ(29=クリスタルパレス)ら負傷者が続出。日本戦のメンバーは国際経験が少ない若手が中心となった。

    W杯1次リーグ第2戦で激突するセネガルを仮想するには物足りない顔ぶれかもしれない。
    マリ協会が16日に発表した同代表メンバー23人の平均年齢は22.8歳。最年少の17歳FWヌディアエら10代選手が4人含まれており、日本代表の平均27.0歳に比べると大幅に若い。

    プレミアリーグ・ワトフォードに所属するDFワゲの国際Aマッチ28試合が今回のメンバーで最多。他の選手は17試合以下と経験不足は明らかだ。

    「仮想セネガル。非常に良いマッチメークができた」とハリルホジッチ監督は語っていたが、今回のマリ代表は若手が中心。攻撃陣を中心に負傷者が続出した。
    特に日本にとって痛いのは、セネガル代表のエースFWマネ(リバプール)を仮想した選手の不在だ。

    プレミアリーグ・クリスタルパレスで活躍するFWサコは1月に左足首を骨折して今季絶望。
    さらにポルトガルの名門ポルトで今季チーム最多20得点を挙げていたFWマレガは今月に太腿裏を痛めて離脱した。

    今回のメンバーではFWディアビー(Cブリュージュ)の4得点が最多と力不足は否めず、“飛車角抜き”といえる相手を抑えても本番につながるかどうかは未知数。肩すかしの感は否めない。
    FIFAランク67位のマリは、初出場を目指した18年W杯ロシア大会アフリカ予選で敗退。最終予選に進んだもののモロッコ、コートジボワール、ガボンと強豪がそろったC組で1勝も挙げられず最下位に終わった。

    19年アフリカ選手権、22年W杯に向けて、マガスバ暫定監督の下で若返りと再建を図っている最中。初招集の19歳FWマレ(スペイン2部ロルカ)ら、実績や経験は少ないが将来性ある若手が日本戦でプレーすることになりそうだ。

    3/20(火) 11:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000102-spnannex-socc&pos=1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/17(土) 21:50:43.02 _USER9

    20180317-01651618-gekisaka-000-1-view[1]


    コロンビアサッカー連盟は16日、今月開催の国際親善試合に向けてコロンビア代表メンバーを発表した。同代表は23日にフランス代表、27日にオーストラリア代表と戦う。

     2大会連続で日本代表と同じグループに入ったコロンビアは、今回のテストマッチにGKダビド・オスピナ(アーセナル)やFWラダメル・ファルカオ(モナコ)が復帰。MFビクトル・カンティージョ(ジュニオール)は初招集で、ジローナのDFホアン・モヒカとDFベルナルド・エスピノーサ、MFフアン・フェルナンド・キンテロ(リバープレート)は2015年11月以来の招集となった。

     一方で、ユベントスのMFファン・クアドラードはメンバーから外れている。

     以下、コロンビア代表メンバー

    ▽GK
    ダビド・オスピナ(アーセナル)
    カミーロ・バルガス(デポルティボ・カリ)

    ▽DF
    クリスティアン・サパタ(ミラン)
    ダビンソン・サンチェス(トッテナム)
    ジェフェルソン・レルマ(レバンテ)
    ジェリー・ミナ(バルセロナ)
    ホアン・モヒカ(ジローナ)
    ベルナルド・エスピノーサ(ジローナ)
    サンティアゴ・アリアス(PSV)
    マテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)
    フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ)

    ▽MF
    ホセ・イスキエルド(ブライトン)
    ハメス・ロドリゲス(バイエルン)
    カルロス・サンチェス(エスパニョール)
    ジョバンニ・モレノ(上海緑地)
    オスカル・ムリージョ(パチューカ)
    ウィルマル・バリオス(ボカ・ジュニアーズ)
    フアン・フェルナンド・キンテロ(リバープレート)
    アベル・アギラール(デポルティボ・カリ)
    ビクトル・カンティージョ(ジュニオール)

    ▽FW
    ドゥバン・サパタ(サンプドリア)
    カルロス・バッカ(ビジャレアル)
    ルイス・ムリエル(セビージャ)
    ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    ミゲル・ボルハ(パルメイラス)
    ジミ・チャラ(ジュニオール)

    ▽候補メンバー
    フェリペ・パルド(オリンピアコス)
    ステファン・メディナ(モンテレイ)
    アビレス・ウルタード(モンテレイ)
    ファリド・ディアス(オリンピア)
    ホセ・フェルナンド・クアドラド(オンセ・カルダス)
    ウィリアム・テシージョ(サンタフェ)

    3/17(土) 19:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-01651618-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/17(土) 00:08:00.31 _USER9

    20180316-00000030-goal-000-3-view[1]


    ドイツサッカー連盟(DFB)は16日、スペイン(24日)とブラジル(27日)との国際親善試合に向けたメンバー26名を発表した。

    ワールドカップ欧州予選は全勝で終えたドイツだが、昨年11月に行われたイングランド戦(0-0)、フランス戦(2-2)は未勝利。それ以来となる今回の強化試合に向けて、ヨアヒム・レーブ監督は合計26名の選手を招集した。

    その中、マルコ・ロイス、マリオ・ゲッツェ、アンドレ・シュールレとボルシア・ドルトムントの選手たちは落選となっている。レーブ監督はロイスについて、「マルコに関しては、慎重に、そして重圧がかからない状況で最高レベルに戻って、安定することが大切」と言及。また今回の選出について次のように説明した。

    「複数ポジションにおいて非常に多くのオプションがある一方、そうでないポジションもある。だから、フレキシブルに起用できる選手たちが必要だ。代表チームへのドアは閉ざされておらず、何人かにおいては視察を続け、今後数週間でアピールすればチャンスはあるはずだ」

    なおドイツ代表招集メンバー26名は以下のとおり。

    GK
    ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)
    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    ヨナス・ヘクトル(ケルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    エムレ・カン(リヴァプール)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
    サミ・ケディラ(ユヴェントス)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
    メスト・エジル(アーセナル)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
    リロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
    ラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    サンドロ・ヴァーグナー(バイエルン・ミュンヘン)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
    (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000030-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/12(月) 23:34:47.11 _USER9

    20180312-00727752-soccerk-000-4-view[1]


    ブラジルサッカー連盟は12日、3月の国際親善試合に向けたブラジル代表メンバー25名を発表した。

     ミランダ(インテル/イタリア)やフィリペ・コウチーニョ(リヴァプール/イングランド)らチッチ監督就任以降はお馴染みの顔触れとなった。負傷離脱中のネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)は招集外となり、前線にはウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ/スペイン)が初招集されている。

     ブラジルは今月24日にモスクワでロシア代表と、28日にベルリンでドイツ代表と対戦。ドイツとは2014年7月に母国開催のワールドカップで1-7と惨敗を喫した以来の顔合わせとなる。

     招集メンバー25名は以下の通り。

    ▼GK
    アリソン(ローマ/イタリア)
    エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)
    ネト(バレンシア/スペイン)

    ▼DF
    チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/フランス)
    ミランダ(インテル/イタリア)
    マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
    ペドロ・ジェロメウ(グレミオ/ブラジル)
    ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン/フランス)
    ロドリゴ・カイオ(サンパウロ/ブラジル)
    ファグネル(コリンチャンス/ブラジル)
    マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)
    フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)

    ▼MF
    カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
    フレッジ(シャフタール/ウクライナ)
    レナト・アウグスト(北京国安/中国)
    パウリーニョ(バルセロナ/スペイン)
    フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール/イングランド)
    ウィリアン(チェルシー/イングランド)
    タリスカ(ベジクタシュ/トルコ)

    ▼FW
    ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)
    ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)
    ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
    タイソン(シャフタール/ウクライナ)
    ウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ/スペイン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00727752-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/12(月) 20:21:07.64 _USER9

    GettyImages-497580190[1]



    サッカー韓国代表のシン・テヨン監督は、最近挙がったスウェーデンの看板FWズラタン・イブラヒモビッチの代表復帰説について、
    「むしろ、代表復帰してほしい」として、スウェーデンにとって否定的な影響が多いと見込んだ。

    イブラヒモビッチは、今月初めから各メディアとSNSを通じ、12年ぶりにW杯に出場する意思を示している。
    ただ、スウェーデン代表のコーチングスタッフがこれを一蹴しており、今後、イブラヒモビッチの復帰は大きな話題となる見通しだ。

    イブラヒモビッチはユベントス、バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドなどを経た世界的なFW。しかし、年齢が36歳となり、昨年には大きな怪我もした。

    「イブラヒモビッチは一匹狼だから…」

    シン・テヨン監督は、イブラヒモビッチの代表復帰説に関する質問を受け、次のように語った。

    「主旨を超える言葉になるかもしれないが、
    そんなベテラン選手が代表チームに入り、スタメン出場できなかった場合、チームを瓦解させる部分が大きい」

    シン・テヨン監督は、「年齢を重ねた選手が献身しない部分が見えれば、問題が生じる可能性がある。
    そのため、個人的には、代表復帰してほしいと思っている」として、イブラヒモビッチの代表復帰を恐れないと話した。

    2018年3月12日 13時23分 S-KOREA
    http://news.livedoor.com/article/detail/14421086/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/09(金) 17:23:40.84 _USER9

    871776c1-c4b5-4fe9-09ee-48db741a51d7[1]


    日本代表と今夏のワールドカップで対戦するセネガル代表。今月末の強化試合に向けた最新メンバーが発表されている。

    アリュー・シセ監督は30人を招集。このタイミングでDFパピ・ジロボジ(ディジョン)を3年ぶりに復帰させたほか、フランス生まれのナントFWサンティ・エンゴム(25歳)を初招集した。

    ジロボジは2015年にチェルシーが獲得して話題になったCB。今季はサンダーランドからディジョンに貸し出されている。彼が最後に代表戦に出場したのは2015年3月であり、3年ぶりの復帰となった。

    GK:

    アブドゥライ・ディアロ / Abdoulaye Diallo
    (レンヌ/FRA)

    カディム・エンディアイ / Serigne Khadim N'Diaye
    (オロヤ/GUI)

    アルフレッド・ゴミス / Alfred Gomis
    (スパル/ITA)

    パペ・セイドゥ・エンディアイ / Pape Seydou N'Diaye
    (ASCディアラフ)

    DF:

    カリドゥ・クリバリ / Kalidou Koulibaly
    (ナポリ/ITA)

    ラミヌ・ガサマ / Lamine Gassama
    (アランヤスポル/TUR)

    ムサ・ワゲ / Moussa Wague
    (オイペン/BER)

    ファル・ディアーニュ/ Fallou Diagne
    (メス/FRA)

    パピ・ジロボジ / Papy Djilobodji
    (ディジョン/FRA)

    アルマン・トラオレ / Armand Traore
    (カーディフ/ENG)

    ユスフ・サバリ / Youssouf Sabaly
    (ボルドー/FRA)

    パプ・エンディアイ・スアレ / Pape Ndiaye Souare
    (クリスタル・パレス/ENG)

    MF:

    パパ・エンディアイ / Papa Alioune N'diaye
    (ストーク/ENG)

    シェイク・エンドイ / Cheikh Ndoye
    (バーミンガム/ENG)

    イドリサ・グエイ / Idrissa Gana Gueye
    (エヴァートン/ENG)

    シェイク・クヤテ / Cheikh Kouyate
    (ウェストハム/ENG)

    サリフ・サネ / Salif Sane
    (ハノーファー/GER)

    アルフレド・エンディアイ / Alfred N'Diaye
    (ウォルバーハンプトン/ENG)

    アサヌ・ディウセ / Assane Diousse
    (サンテティエンヌ/FRA)

    アンリ・セヴェ / Henri Saivet
    (シヴァススポル/TUR)

    FW:

    ケイタ・バルデ / Keita Balde
    (モナコ/FRA)

    イスマイラ・サール / Ismaila Sarr
    (レンヌ/FRA)

    ムサ・ソウ / Moussa Sow
    (ブルサスポル/TUR)

    ムサ・コナテ / Pape Moussa Konate
    (アミアン/FRA)

    サンティ・エンゴム / Santy N' Gom
    (ナント/FRA)

    サディオ・マネ / Sadio Mane
    (リヴァプール/ENG)

    ジャフラ・サコ / Diafra Sakhor
    (レンヌ/FRA)

    エンバイ・ニアング / M'Baye Niang
    (トリノ/ITA)

    マメ・ディウフ / Mame Biram Diouf
    (ストーク・シティ/ENG)

    ウマール・ニアセ / Oumar Niasse
    (エヴァートン/ENG)

    セネガルは23日にウズベキスタン、27日にボスニア・ヘルツェゴビナと親善試合を行う。

    http://qoly.jp/2018/03/09/senegal-national-team-201803-iks-1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/07(水) 04:25:34.49 _USER9

    news_214631_1[1]


    3/7(水) 2:58配信
    Bloomberg

    ロシア人反政府活動家が英国で毒を盛られた疑いが浮上したことを受け、ジョンソン英外相はロシア政府の関与が明らかになれば制裁の強化を検討すると述べた。今年夏にロシアで開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)への参加をボイコットする可能性にも言及した。

    ジョンソン外相は英下院で、重体となっているロシア人セルゲイ・スクリパル氏に関する質問に対し、ロシアは「悪質で破壊的な勢力」だと非難。スクリパル氏は英国のためにロシアでスパイ活動を行ったとしてロシアで有罪判決を受けており、4日に英西部のソールズベリーでベンチに倒れているところを発見された。

    ジョンソン氏は「国家の責任を示す証拠が浮上すれば、英国政府は適切かつ強い対応に出る」と述べ、「既存の制裁枠組みや、導入可能なその他の措置をいま一度検討せざるを得なくなる可能性が極めて高い」と続けた。

    導入可能な措置の一つにW杯へのイングランド参加を見直すことを挙げ、「英国の代表が通常通り参加すると想像するのは、極めて難しいだろう」と語った。

    一方、ロシア大統領府のペスコフ報道官は記者団に対し、ロシア政府は事件の捜査に協力する用意があると発言。「事件は悲劇的だが、発生に至った原因やスクリパル氏が何をしていたかについて、われわれには情報がない」と述べた。

    原題:U.K. Threatens World Cup Boycott in Russian Spy Poisoning Probe(抜粋)

    Alex Morales, Kitty Donaldson, Thomas Penny

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-59124779-bloom_st-bus_all

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/04(日) 20:44:37.24 _USER9

    20180304-00259092-footballc-000-1-view[1]



    3/4(日) 20:38配信 フットボールチャンネル
     フィオレンティーナのキャプテンを務めていたイタリア代表DFダビデ・アストーリが急死したことが4日にクラブから発表された。31歳だった。

     フィオレンティーナは4日にウディネーゼとのアウェイゲームを戦うため、選手たちはウディネのホテルに宿泊していた。イタリア複数メディアの報道によれば、アストーリはホテルの部屋で亡くなっているのが発見されたとのことだ。

     死因など詳細は明らかにされていない。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「おそらく睡眠中に心臓・循環器系の発作により亡くなったのだろう」との見方を伝えている。

     これにより、ウディネーゼとフィオレンティーナの試合は延期が決定された。また、アストーリの古巣であるカリアリがジェノアとの対戦を予定していた試合も延期される。

     ミラン下部組織出身のアストーリは、下部リーグへのレンタルを経て2008年にミランからカリアリへ移籍。2014/15シーズンにローマへレンタルされたあと、2015年からフィオレンティーナに加入していた。今季はフィオレンティーナのキャプテンを務めていた。

     2011年にはイタリア代表にもデビューし、通算14試合に出場。昨年11月に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフのスウェーデン戦にも招集された現役代表選手だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00259092-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/03/01(木) 21:42:26.32 _USER9

    20180301-00258612-footballc-000-1-view[1]


    元イングランド代表のテディ・シェリンガム氏は、同国代表がロシアワールドカップで好成績を収めるとは考えていない。英紙『デイリー・メール』で語った。

     現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムなどで活躍したシェリンガム氏は、現在のイングランド代表のタレント不足が深刻だと感じている。

     ロシアワールドカップで良い結果を残せるかと問われた同氏は「正直なところ、ノーだ」と返答した。

     シェリンガム氏は「ワールドカップで優勝しようと思ったら、少なくとも2、3人はワールドクラスの選手が必要だ。ただ、イングランドには(トッテナムFWハリー・)ケインだけだね」とコメントしている。

    「ほかのメンバーを見てみよう。良い選手はいる。だが、チームにも入れていない選手もいる。それはイングランドサッカーにとって厳しいことだ」

     ワールドカップ欧州予選では8勝2分けの無敗と抜群の安定感を見せたイングランド。本大会ではどこまで勝ち進めるだろうか。

    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180301-00258612-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/28(水) 16:14:18.46 _USER9
    d2b7e851-0417-2e9a-120f-9306b1761c3d[1]



    『L'Equipe』は26日、「CONCACAFゴールドカップは、2019年大会から16カ国参加となる」と報じた。

    北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)に所属している代表チームの王者を決めるゴールドカップ。

    これまで2年毎にアメリカで開催されており、FIFAに加盟していない国も含めて12チームが参加する大会だ。

    2017年の大会では地元のアメリカが2大会ぶり6回目の優勝を果たしており、ジャマイカが2連続の準優勝に輝いている。

    そして今回、ゴールドカップは次の大会から16チームに拡大される可能性が高まったとのことだ。

    なお、2017年大会で出場したのはアメリカ、メキシコ、カナダ、キュラソー、ジャマイカ、フランス領ギアナ、マルティニーク、ホンジュラス、パナマ、エルサルバドル、コスタリカ、ニカラグア。

    それに4チーム加えるとすると、ハイチ、スリナム、ベリーズ、トリニダード・トバゴか。出場停止になったグアテマラも有力と言えよう。

    http://qoly.jp/2018/02/28/concacaf-gold-cup-expansion-kgn-1

    続きを読む

    このページのトップヘ