サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外サッカー

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/19(月) 19:03:08.18 _USER9

    20180219-00035838-sdigestw-000-9-view[1]


    全盛期の面影を失いかけているハンブルク。

    数シーズン連続で残留争いに巻き込まれ、辛うじて1部リーグにぶら下がっているような状態が続くドイツのハンブルク。
    全盛期の面影を失いかけている古豪について、クラブOBが日本のバラエティー番組の名前を用いて言及している。
     
    ハンブルクは今シーズンも暗闇の中でもがいている。
    ブンデスリーガでは23節を終えた時点で4勝5分け14敗の17位と低迷。
    2月17日に本拠地で行なわれたレバークーゼン戦を1-2で落としたことで10戦未勝利となり、
    試合後には堪忍袋の緒が切れた一部のサポーターたちが暴徒化する事態にも発展していた。
     
    クラブ史上初となる2部降格の可能性が高まっているハンブルクへコメントを寄せたのは、
    2007年から2011年まで同クラブに在籍し、ゴールマウスを守った元ドイツ代表GKのフランク・ロストだ。
     
    2008-09シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)での準決勝進出など、ハンブルクの栄光を知るかつての守護神は、
    『Sky Sports』のサッカー番組『Wontorra The Football Talk』内で、ハンブルクの現況について問われ、次のように自身の見解を語った。
     
    「今のハンブルクは自分たちで自分たちを苦しめている。言うなれば『たけし城』の3つのドアみたいな感じだ。
     ひとつの扉の向こうには、自分を痛めつける人がいることが分かっている。ハンブルクは毎年そのドアを通っているね」
     
    1986年から89年にかけて日本で人気を博した『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』は、
    ビートたけしが難攻不落の『たけし城』の城主に扮し、様々なアトラクションを用意。
    それに若手芸人や一般公募のチャレンジャーたちが挑むという、日本のバラエティー界に金字塔を打ち立てた名番組だ。
     
    その痛快な内容がウケ、欧州でも放送された日本のバラエティー番組にハンブルクを例えたロストからすれば、
    古巣が「毎年のように同じ過ちを繰り返し、滑稽だ」ということを指摘したかったのだろう。
     
    かつての守護神から皮肉を言われてしまったハンブルク。
    はたして、彼らは自分たちを奮い立たせ、残留の切符を掴むことができるのだろうか?
    現地2月24日に行なわれる残留圏内の15位に位置するブレーメンとの『ノルト・ダービー』では、その気概を見せてもらいたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180219-00035838-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/17(土) 01:45:53.79

    20180216-00256595-footballc-000-1-view[1]



    GK
    アリソン(ローマ)

    DF
    ダニエウ・アウベス(PSG) マルキーニョス(PSG) チアゴ・シウバ(PSG) ミランダ(インテル) マルセロ(レアル)

    MF
    カゼミーロ(レアル) レナト・アウグスト(北京国安) パウリーニョ(バルサ) コウチーニョ(バルサ) フェルナンジーニョ(マンC) ウィリアン(チェルシー)

    FW
    ネイマール(PSG) ジェズス(マンC) フィルミーノ(リヴァプール)




    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00256595-footballc-socc


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/03(土) 06:14:14.50 _USER9

    0d29d_1494_97c82c3c_cc0e124c[1]


    イタリア代表の次期監督として、同国のサッカー連盟(FIGC)はロベルト・マンチーニ氏の招へいを検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。

    同紙は、「マンチーニがポールポジション。続いて(アントニオ・)コンテ」と見出しをつけている。さらに、カルロ・アンチェロッティ氏やクラウディオ・ラニエリ氏の名前を挙げた。

    新しくFIGCの役員になったアレッサンドロ・コスタクルタ氏は、代表監督選びに動き出したところ。マンチーニ監督について元ミランDFは、「よく知っている。彼が動けるという記事を見たが、彼だけじゃない」とコメントした。

    そして、「私はこれからたくさん動かなければいけないだろう。ロンドンに行ってコンテと話すことになると思う。同じ街にアンチェロッティもいるね」と話し、選択肢は複数あると主張している。

    いずれにしても、ロシア・ワールドカップ出場を逃したイタリアは、そのイメージを変えるために国を代表する指揮官を招へいするものとみられている。

    2018年2月2日 21時18分 超ワールドサッカー
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14248254/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/01(木) 19:20:02.23
    [サンパウロ 31日 ロイター] - ブラジルのサンパウロを本拠地とするサッカークラブ
    「ポルトゥゲーザ」のファンが、試合に負けたことに怒り、選手たちのロッカールームに
    配達されるはずだった10枚のピザを奪い、食べてしまった。




    20180201-00000040-reut-000-2-view[1]



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/01/28(日) 09:21:53.31 _USER9
    「エラシコの発案者」としてセルジオ越後氏の経歴を紹介

     今やサッカーの技として当たり前のように語られるフェイントも、元をたどれば発案者にたどり着く。

     1月16日に現役引退を表明した元ブラジル代表MFロナウジーニョの代名詞として知られるドリブルの妙技「エラシコ」だが、その“元祖”として日系ブラジル人のセルジオ越後氏を、ブラジル紙「ランス」が紹介している。

     同記事では、「エラシコの開発者としてリベリーノが引き合いに出していた人を知りたいです」という読者からの質問を受けて、越後氏をクローズアップ。質問への返答として「エラシコの発案者はセルジオ越後だ」と記している。

     エラシコとはポルトガル語で「輪ゴム」の意。現在ではドリブルのフェイントとしてよく知られている。アウトサイドでボールを内側から押し出し、その間に素早く足をボールの外側に回しながら足の内側で引っ掛けるように切り返す高度なテクニックだ。ゴムのようにボールが戻ってくることから「エラシコ(輪ゴム)」と呼ばれている。

     同記事では「彼は1945年7月28日、サンパウロで生まれました。越後は1960年代初頭のコリンチャンスの先発メンバーで、有名なドリブルのフェイントを完成させることになるリベリーノと一緒にプレーしていた」と伝えている。

     18歳でコリンチャンスと契約した越後氏は、同チームで元ブラジル代表FWロベルト・リベリーノと共闘。その際にエラシコを伝授したと伝えられている。後にブラジル代表で122試合43得点と活躍することになるリベリーノがエラシコを使い始め、一気に認知度を高めていったようだ。当初は“神業”として周囲を驚かせたフェイントは脈々と受け継がれ、今では実戦で多用したロナウジーニョの代名詞となった。

     記事では、越後氏が1972年に日本サッカーリーグ1部の藤和不動産(湘南ベルマーレの前身)に加入したキャリアについても言及。引退後についても「彼の祖先の土地で、日本の子どもたちにサッカーを普及させた」と、“サッカーの伝道師”としての活躍を報じ、最後に「現在72歳で、日本の有名なスポーツ評論家」と総括されている。

     神業フェイントの発案者としてスポットライトを浴びた越後氏。その功績はブラジルでも認められているようだ。

    2018年1月27日 21時5分 Football ZONE web
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14219289/

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/01/25(木) 20:59:02.77 _USER9

    4413c0db-ae4f-b649-88f1-16ffcf3d2952[1]


    2018年ワールドカップまであと139日。

    そのなかで重要になるのは3月に行われる国際親善試合で、出場国にとっては本登録メンバーまでに残された最後の強化試合となる。

    日本代表は3月にヨーロッパ遠征を行う予定であるが、その対戦相手は未だ未定である。

    日本としては少しでも歯ごたえのある相手と試合をしておきたいところだが、気になる情報が入ってきた。オランダ『NOS』によれば、オランダ対スペインの試合が中止になるという。

    オランダは3月23日(金)にイングランドとの強化試合が予定されており、26日(月)にはスペインとの試合を行う運びになっていた。

    しかしオランダは2018年ワールドカップに向けた予選で敗退し、本大会への出場権を失った。

    一方でスペインは本大会でポルトガルと同組になっており、より強豪であるアルゼンチンとの試合を希望しているのだそう(スペインはもう一つの日程でドイツと対戦)。

    そのため、オランダ対スペイン戦はキャンセルになるようで、オランダ代表側はスペインの代役を探しているところなのだという。

    ワールドカップには出場しないが、オランダはFIFAランキング21位の強豪であり、日本にとってこれまで絶好の強化相手であった。

    もちろん日本サッカー協会も今必死にマッチメイクしているはずだが、オランダと交渉する価値は十分あると言えるだろう。
    http://qoly.jp/2018/01/25/netherlands-vs-spain-match-to-be-cancelled-kwm-1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/01/24(水) 21:09:33.58 _USER9

    20180124-01649878-gekisaka-000-1-view[1]


    欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、UEFAネーションズリーグのグループ分けを発表した。

     UEFAネーションズリーグは、加盟する55団体が参加。UEFAナショナルチーム係数ランキングの順位に応じて、最高位リーグAとリーグBは各12チームずつ、リーグCは15チーム、リーグDは16チームの4つのリーグに分けられた。さらに各リーグは4つのグループに分かれ、ホーム&アウェー戦が行われる。また、リーグAの各グループ首位4チームが決勝トーナメントに進出し、初代王者を決める。

     もちろん、昇格・降格の制度も導入されており、リーグA~Cの各グループ最下位4チームが次シーズン1つ下のリーグに降格。リーグB~Dの各グループ首位4チームが1つ上のリーグに昇格する。

     今大会は今年9月6日に開幕。第1節は9月6~8日、第2節は9月9~11日、第3節は10月11~13日、第4節は10月14~16日、第5節は11月15~17日、第6節は11月18~20日に行われ、決勝トーナメントは来年6月5~9日の間に行われる。

     以下、各リーグのグループ組み合わせ

    ▼リーグA(12か国)
    [グループ1]
    ドイツ
    フランス
    オランダ

    [グループ2]
    ベルギー
    スイス
    アイスランド

    [グループ3]
    ポルトガル
    イタリア
    ポーランド

    [グループ4]
    スペイン
    イングランド
    クロアチア

    ▼リーグB(12か国)
    [グループ1]
    スロバキア
    ウクライナ
    チェコ

    [グループ2]
    ロシア
    スウェーデン
    トルコ

    [グループ3]
    オーストリア
    ボスニア・ヘルツェゴビナ
    北アイルランド

    [グループ4]
    ウェールズ
    アイルランド
    デンマーク

    ▼リーグC(15か国)
    [グループ1]
    スコットランド
    アルバニア
    イスラエル

    [グループ2]
    ハンガリー
    ギリシャ
    フィンランド
    エストニア

    [グループ3]
    スロベニア
    ノルウェー
    ブルガリア
    キプロス

    [グループ4]
    ルーマニア
    セルビア
    モンテネグロ
    リトアニア

    ▼リーグD(16か国)
    [グループ1]
    ジョージア
    ラトビア
    カザフスタン
    アンドラ

    [グループ2]
    ベラルーシ
    ルクセンブルク
    モルドバ
    サンマリノ

    [グループ3]
    アゼルバイジャン
    フェロー諸島
    マルタ
    コソボ

    [グループ4]
    マケドニア
    アルメニア
    リヒテンシュタイン
    ジブラルタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-01649878-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/01/24(水) 19:02:14.58

    GettyImages-622229846-800x485[1]


    ネイマール ジェズス コウチーニョ
    パウリーニョ フェルナンジーニョ
    カゼミーロ
    マルセロ ミランダ マルキーニョス アウベス
    アリソン
    控え
    フィルミーノ、ウィリアン、レナトアウグスト、ドウグラスコスタ


    こんなん誰が勝てるねん

    続きを読む

    32: 名無し@サカサカ10 2018/01/17(水) 00:22:09.77
    育成が悪いって言ってる人いるけど、次の世代はドンナルンマ、ルガーニ、ベナッシ、ガリアルディーニ、ロカテッリ、ベラルディ、ベルナルデスキ、キエーザと結構粒が揃ってる
    今回のW杯はオランダと同じでダメなサイクルだっただけだよ
    後はだいたいベントゥーラが悪い
    リーグがつまらんってのはまぁ分かるけど、監督とられるんだからしゃーない




    GettyImages-644228100-800x533[1]



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/01/16(火) 23:56:05.28 _USER9
    ミランやイタリア代表の監督を務めた名将アリゴ・サッキ氏が14日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。

    昨年11月、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ率いるイタリア代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりにW杯本大会出場を逃がした。常連国の予選敗退に世界中が驚いたものの、サッキ氏は現代のイタリアのサッカーについて、ユヴェントスとナポリの一戦やイタリアダービーなど、セリエAトップクラスの戦いであっても「酷い」と断言する。

    「その理由は、戦術が70年前のままだからだよ。勝つことだけしか考えておらず、勇気あるサッカー、美しいサッカー、感動を与えるサッカーをすることは頭にない。新しい要素はないかと、(ファビオ)カペッロが聞かれたことがあったが、彼はこう答えた。“リベロの復活ぐらい”だとね。確かにそうだ」

    続いてサッキ氏は、元スコットランド代表監督のアンディ・ロクスバラ氏の発言を引用し、長期にわたり、イタリアサッカーの発展が遅れていることを改めて強調した。

    「スコットランド出身でUEFAのテクニカルディレクターを務めていたロクスバラを思い出すね。ユーロ2000でアッズーリがオランダに(PK戦の末)勝利した後、“もしイタリアが勝つなら、サッカーが20年逆戻りしてしまう”と言われたんだよ」

    2018年1月16日 18時20分 Goal.com
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14166589/

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/01/14(日) 02:32:33.61 _USER9

    20180113-00000003-jij_afp-000-2-view[1]



    1/14(日) 1:23
    サウジで初めて女性がサッカー観戦


     イスラム教の戒律を厳格に適用するサウジアラビアで、女性の競技場でのスポーツ観戦が初めて解禁され、西部ジッダでは12日、女性がサッカーの試合を観戦しました。

     12日、サウジアラビア西部ジッダにある競技場で女性に初めて解禁された試合観戦。地元チーム同士のサッカーの試合で、女性たちは男性とは区別された専用の入り口から入場し、「家族専用」とされる観客席で観戦しました。

     「正直なところもっと早く女性のスポーツ観戦が認められるべきだったと思います。でもこれが適切な時期だったのでしょう。これからもっと女性にとってよいことがあるといいです」(試合観戦した女性)

     AP通信によると13日には首都リヤドで、18日には東部ダンマンでも女性が観戦できるようになるということです。

     石油依存の脱却を目指すサウジアラビアは、近年、ムハンマド皇太子を中心に経済や社会の改革に取り組み女性に対する制限を緩和しています。女性のスポーツ観戦はその一環で、今年6月までに女性の運転を許可するという勅令も去年9月に出されています。(13日19:03)

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180114-00000000-jnn-int

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/12/18(月) 23:24:21.79 _USER9
    スペインのユースチーム公式戦、ラス・パルマスBがラス・コロラドスBに完勝
     
    スペインリーグのユースチーム公式戦で47対0という衝撃的なワンサイドゲームが展開され、スペイン国内で対戦相手に対する敬意と無慈悲さから批判を集めている。スペイン地元紙「マルカ」が報じた。

    容赦なきワンサイドゲームはグラン・カナリア島で行われた。10歳から11歳年代のアレビンというカテゴリーで、ラス・パルマスBは16日にラス・コロラドスBと対戦。
    昨季リーグ戦11試合全勝だったというラス・パルマスは、グラン・カナリア島のユース世代で無敵の存在。今季もこれまで12得点147失点というグループ最下位のロス・コラドロスB相手にゴールショーを展開した。

    24-0という大量リードにもかかわらず一向に手を緩めず、100秒間に1得点のペースでゴールを積み上げていった。ラス・パルマスの子供たちによる一方的な勝利はソーシャルメディアで波紋を広げており、
    記事では「47対0という勝利は、グラン・カナリアのクラブユース世代での支配力が、カナリア諸島のグラスルーツのフットボールにどれだけダメージを与えているのか疑問を呈している」と問題視している。

     ス・パルマスの一強状態となっているカナリア諸島の下部組織の勢力図とともに、指導者の姿勢にも大きな批判が集まっている。

    「子供たちは何かを得るのか?」で論議
     
    記事では「人々はユースの指導者たちの態度も問題視している。若き選手たちに情け容赦ない攻撃のプレッシャーを与えるのではなく、もっとパスをつなぐように奨励しなかったのか」と指摘。
    相手をリスペクトするスポーツマンシップや教育的指導の欠如が問題となっている。

    また「子供たちは相手を辱めることで何かを得るのか? このような敗北を喫した後、成長した時にサッカーという競技を憎むようになってしまうのではないか。論議は進んでいる」と、疑問とともにレポートされている。
    子供による残酷な大勝劇は、社会問題としてスペイン国内で波紋を広げている。

    12/18(月) 21:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00010017-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    572: 名無し@サカサカ10 2017/12/15(金) 21:15:12.08
    北朝鮮の強いスポーツ選手(サッカーとか)って
    先進国のような質の良い靴やユニフォームとかもないし
    先進国のような科学的に基づく食事、トレーニングもできないし
    世界の情報もそんなに入らないのに
    なぜ強いんですか?
    恵まれてる日本が北朝鮮にまけたりすると
    食事やトレーニングや身に付けるものより
    精神面のほうが大事なのかと思いました


    10812131[1]



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/12/14(木) 12:32:00.77 _USER9

    no title


    ポーランドは来年3月に“仮想日本”として韓国、“仮想セネガル”としてナイジェリアとの強化マッチを予定。

     W杯直前は過去最高の8強に入った2016年欧州選手権に倣い、海辺の町ユラタ、南東部のアルラモフで最終調整をし、“仮想コロンビア”の南米チームとの強化マッチで総仕上げ。ロシアでのチーム拠点は会場最南端のソチが有力という。

    12/14(木) 10:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000536-sanspo-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ