サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    なでしこジャパン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/09/16(木) 23:47:26.47
    7日、セクシー女優の永瀬ゆい(21)が今年いっぱいでの女優引退を自身のTwitterで表明した。
    引退理由として東京2020のオリンピックで、サッカーなでしこジャパンに刺激を受けたことを挙げ、
    2024年のパリ大会を目指してサッカーに専念することを明らかにした。

    突然の引退を前にファンからは「ほんとに辞めるんですか!?」
    「ポジションは?」などの声が届くと永瀬は
    「ボランチです!ボールは楽天で注文しました!」と本気の模様。 
      
     
      
    no title
     
      
    no title

    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/09/12(日) 15:27:59.38 _USER9
    後半に菅澤が同点弾、塩越が逆転弾! 
     
     
    no title


    日本初の女子プロリーグとして9月12日に幕を開けたWEリーグ。味の素フィールド西が丘で行なわれた日テレ・東京ヴェルディベレーザ対三菱重工浦和レッズレディースの一戦はチケット完売。名門同士のビッグマッチは、2-1で浦和Lが勝利した。

     お互いにボールを大事につなぎながら、攻守の切り替えも素早く、局面ごとに見応えのある攻防を展開。浦和Lの清家貴子がセットプレーのチャンスに惜しいヘッドを放てば、ベレーザの清水梨紗が果敢な攻め上がりから決定機を迎えるなど、それぞれが相手ゴールに迫るも、なかなかスコアボードが動かない。

     時間の経過とともにペースを握ったのはベレーザ。そして33分に均衡を破る。自陣からのロングボールに右サイドで抜け出した植木理子が、同じく走り出していた小林里歌子に横パス。小林はシュートを打つかと思わせて、ラストパスを選択。これを植木が確実に押し込み、ベレーザが先制に成功する。

     リードを奪われた浦和Lは、敵陣のバイタルエリアまではボールを運ぶものの、もうひと押しが足りず、前半は無得点で折り返す。

     迎えた後半、浦和Lが試合を振り出しに戻す。49分、右サイドを突破した安藤梢のクロスから、途中出場の菅澤優衣香が豪快なボレーで同点弾を突き刺す。
     
     その後は両チームともチャンスを作りながらも“2点目”が奪えなかったが、終了間際に浦和Lが勝負を決するゴールを奪う。88分、エリア内でキープした塩越柚歩が右足を振り抜き、逆転ゴールを叩き込む。

     試合はそのままタイムアップ。浦和Lが2-1でベレーザとの名門対決を制した。

    サッカーダイジェスト 9/12(日) 15:23
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a5b3e0f4f4aef7f81fc2bcb2a995a6601b0a0e3

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    29: 名無し@サカサカ10 2021/08/22(日) 01:46:42.90
    f04e6a346298e7a6ffc40af3e6a8fa20

    岩渕決めてるやん



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/08/08(日) 12:39:17.96
    ハッとさせられたわ
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/30(金) 21:04:57.41
    E7joJpfVkAgcsZE

    なんや?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    397: 名無し@サカサカ10 2021/07/30(金) 20:54:53.18
    本物のなでしこ見せたろか?

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    393: 名無し@サカサカ10 2021/07/31(土) 00:06:39.67
    E7iwZ3nVcAojvmZ

    世界に追い抜かれたなでしこ 高倉監督就任後66試合一度も逆転勝ちなし
    https://news.yahoo.co.jp/articles/62b05b26f06a1b9242ab054f21557a365c0efb98

    ワロタ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/30(金) 21:30:25.60 _USER9
    E7iwZ3nVcAojvmZ

    【なでしこ 1-3 スウェーデン 東京五輪・準々決勝】

     東京五輪(東京オリンピック)女子サッカー準々決勝のなでしこジャパン(日本女子代表)対スウェーデン女子代表戦が30日に行われ、
    なでしこジャパンは1-3で敗れる結果に終わった。高倉麻子監督が試合を振り返ってコメントしている。

    優勝候補の強豪スウェーデン相手に早々と先制を許しながらも、田中美南のゴールで一旦は同点に追いついたなでしこ。
    だが後半には再び勝ち越しゴールを許し、さらにPKでリードを広げられる。そのまま反撃はならず、ここで大会から姿を消すことになった。

    「非常に力のあるスウェーデンとの一発勝負なので、自分たちの武器で戦おうという部分では良い時間帯は作れたと思いますが、スウェーデンが非常に良いチームだったので及びませんでした」と高倉監督。
    「自分たちの武器以上の何かを持たなければいけないのかなと思います」と、チームに足りなかった部分について語った。

    2011年女子ワールドカップで優勝を飾り、2012年ロンドン五輪では銀メダルを獲得した日本の女子サッカー。
    だが欧州など各国が女子サッカーの強化を図る中で、近年は苦しい戦いが続いている。

    「女子サッカー自体がすごい速度で進化を遂げている中で、私たちももちろんフィジカル的な要素を積み上げていこうと、選手たちは日々努力してくれました。
    その部分でもレベルアップはしているんですけど、それ以上に世界の進化があるので、まだまだ努力しなければいけないと思います」と監督は語る。

    「世界一のチームを追いかける重圧というのは並大抵ではなかったと思いますし、なかなか闘志が前面に出るチームではなかったかもしれませんが、
    選手たちの心の中にいつも炎は燃えていました。今日も自分たちらしいサッカーをしてくれたんじゃないかと思います」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7c09d43493b1e57cdfebfde69c2762492ef5bee

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/30(金) 20:55:11.91 _USER9
     E7iuLwzVgAIGZTi

      
    前半7分、マグダレナ・エリクソン(6)に先制ゴールを決められたなでしこジャパン (カメラ・竜田 卓)

    ◆東京五輪 ▽女子サッカー準々決勝 日本―スウェーデン(30日、埼玉スタジアム)

     なでしこジャパンは準々決勝でスウェーデンに1―3で敗戦。2大会ぶりのオリンピックはベスト8で幕を閉じた。

     試合は開始7分でスウェーデンが先制。コーナーキックのこぼれ球を拾うと、左からのクロスをDFエリクソンが頭で合わせてネットを揺らした。

     体格、スピードで勝る相手に序盤は圧倒されたが、徐々にペースをつかむと前半23分に反撃。DF清水梨紗が前方のスペースにパスを送ると、MF長谷川唯がダイレクトでクロス。ファーサイドに走り込んでいたFW田中美南が左足で押し込んだ。

     1次リーグ第3節・チリ戦(27日)で決勝点をマークした背番号11の2試合連続ゴールで試合を振り出しに戻すと、同31分にはペナルティーエリア内で田中が倒されPKを獲得。一気に逆転かと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により判定はノーファウル。前半を1―1で終えた。

     再び試合が動いたのは後半8分。DFラインの背後のスペースに飛び出したFWブラックステニウスに決められ、スウェーデンに追加点を許した。同23分にはVAR判定で相手にPKを与え、痛恨の3失点目。日本は最後まで諦めることなく得意のパスワークで攻撃を仕掛けたが、2点のビハインドからの逆転はかなわなかった。

     2011年ドイツW杯で世界一に輝き、翌年のロンドン五輪では銀メダル。世界大会での功績は女子サッカーの人気向上に大きく貢献したが、主将のDF熊谷紗希は「(10年前の)女子サッカーの盛り上がりと、リオ五輪を逃して(人気が低迷した)からの所の両面を知っている」。地元開催での五輪で結果を残すことの重要性を十二分に理解しながら大会に臨んだ。

     初戦のカナダ戦(21日)はエース岩渕真奈の同点弾で何とかドロー。続く英国戦(24日)は0―1で敗れ1次リーグ敗退危機が浮上したが、第3戦のチリ戦を1―0で辛勝。粘り強い戦いで決勝トーナメント進出を果たしたが、悲願の金メダルには届かなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e78e3b3a66c063d8ff3b61b7675445aeb8fb6bbe










    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    65: 名無し@サカサカ10 2021/07/30(金) 19:47:24.82
    E7ie7DEVkAAr6bw

    ようやっとる





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    164: 名無し@サカサカ10 2021/07/25(日) 04:20:52.74
    20200418_Homare-Sawa_GettyImages2[1]

    澤って男子サッカー選手に例えるとどんな選手だったん?デブライネとか?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/28(水) 01:39:51.70
    かわヨ
    no title

    太もも凄い
    no title

    ボーイッシュかわヨ
    no title

    水着
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/27(火) 23:16:40.25 _USER9
    なでしこジャパン(日本女子代表)は27日、東京五輪グループリーグ(GL)第3戦でチリ代表(宮城スタジアム)と対戦し、FW田中美南の決勝ゴールにより1-0で勝利し準々決勝への切符を手にした。
    一方で対戦国メディアは、後半25分にゴールラインに落ちたボールがノーゴールと判定されたジャッジに”疑惑”の目を向けている。

    問題となったのは、スコアレスで迎えた後半25分のシーンだ。日本のゴール前へ攻め込んだチリは、MFヤナラ・アエドからのクロスに反応したMFフランシスカ・ララがヘディングシュート。
    ボールはクロスバーを直撃し、そのままゴールライン上で落下する。これをGK山下杏也加が掻き出したものの、ゴールラインをボールが越えたか判断の難しいほどのものだった。

    結局、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からのゴールの合図はなく、試合はそのまま続行。その後、日本が途中出場の田中による決勝ゴールで勝利したが、
    ”疑惑の判定”にチリメディア「redgol」は「ゴール未回収時の論争と疑念」と見出しを打ち、「主審とVARによって地元へ有利に判定された。ボールが入ったかどうかについては、意見が分かれている。
    ホンジュラスのメリッサ・ボルハス主審は、音声でVARを確認しただけで、チリのゴールを退けた。しかし、この論争と疑念は長く続くだろう」と指摘している。

    実際、問題のシーンでは見方によってチリのゴールとも捉えられる際どいものだったのは事実で、チリにとっては納得しがたい判定だっただろう。
    今大会ではゴールラインテクノロジーが導入されていなかったこともあり、議論を呼ぶことになりそうだ。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7985ae97cefba8ee09973fdfc7044f7045af4d42

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/27(火) 21:52:15.33 _USER9
     E7Te6BjVIAEs2-9

    なでしこジャパン、途中出場の田中美南V弾で準々決勝進出!…偉大な先輩たちのゲキに応えた白星
    先制ゴールを決めて喜ぶ田中美南(ロイター)
    ◆東京五輪 ▽女子1次リーグ第3戦 日本1―0チリ(27日、キューアンドエースタジアムみやぎ)

     勝てば決勝トーナメント進出が決まるチリ戦で、なでしこジャパンは後半から途中出場したFW田中美南の先制ゴールが決勝点となり1―0で勝利した。

     前半は第2戦の英国戦(24日)はコンディション不良でベンチスタートだったエース岩渕真奈を中心に積極的にゴールを狙ったが無得点。後半に入ると、高倉麻子監督は田中、MF遠藤純と攻撃の選手を投入したがチリの粘りの前に1点が遠かった。

     試合が動いたのは後半32分。ペナルティーエリア内で相手DFを背負った岩渕のパスに田中が飛び出すと、右足を振り切りネットを揺らした。田中は1次リーグ初戦のカナダ戦(21日)で痛恨のPK失敗。悔しさを糧に、土壇場で汚名返上の先制弾をマークした。

     以降も日本は攻撃の手を緩めず、守備陣も無失点と奮闘。念願の今大会初勝利で、決勝トーナメント進出を自力で決めた。

     第2戦で敗れた後、澤穂希さんや現在米国でプレーする永里優季、現在はタレントの丸山桂里奈が、次々に猛ゲキが飛んでいた。丸山は英国戦後、途中出場選手に「自分が勝負を決めるつもりでガツガツいくべき」とスポーツ報知に寄稿。世界で勝ち抜く厳しさを知る偉大な先輩たちの声は届き、並び、追い越すために、まずは第1関門の1次リーグを自力で突破した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/db1efa0e381bdd4a436a20652361872a46b60783



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    951: 名無し@サカサカ10 2021/07/27(火) 21:33:44.30
    E7TaZMHVEAUynh9

    やっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    323: 名無し@サカサカ10 2021/07/27(火) 20:46:36.14
    90a09727f2330ffb5889f57c974502ab

    入らんなぁ…

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/25(日) 00:54:15.32 _USER9
    E7D6aedXoAgNz4Q


      
     サッカー女子の日本(なでしこジャパン)が敗れたことで、ツイッターでは「女子サッカー」がトレンド入り。試合内容に対する不満が相次いで書き込まれた。

    「二試合とも見たけど、あんまり可能性は感じなかったなあ…スピード感がなさすぎる」「澤選手が居た時のような必死さや何がなんでも勝つっていう気迫が感じられないしプレースピードが遅すぎて見てられなかった」と、
    スピード感やひたむきな姿勢が足りなかったというツイートが多かった。

    さらに2011年のワールドカップ(W杯)優勝を最後に世界の頂点から遠ざかっていることから「なでしこジャパンが弱くなったというよりはそれ以上にヨーロッパ勢が女子サッカーに力を入れ始めたから」
    「なでしこジャパンだけは十年ぐらい前から進歩してない。ってのが正直な感想」と他国に比べて成長が遅れていると指摘する声もあった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7237c49277422067eaeed31703a5b00070c33e38

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    316: 名無し@サカサカ10 2021/07/24(土) 21:25:58.98
    フィジカルフィジカル言われてるが言うほど差があるか?
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/24(土) 21:20:40.45 _USER9
     E7D6aedXoAgNz4Q


    後半29分、日本は英国のエレン・ホワイトに先制ゴールを許す(カメラ・石田 順平)

    ◆東京五輪 女子サッカー 1次リーグ第2戦 日本0―1英国(24日、札幌ドーム)

     なでしこジャパンは英国戦の後半29分、英国のエースFWホワイトに先制ゴールを許した。英国に主導権を握られる中、粘り強い守備でしのいできたが、右サイドからのクロスをニアでホワイトに頭で合わされた。

     英国のホワイトは、日本が優勝した11年のドイツW杯で対戦した際に1得点。19年フランスW杯で対戦した際にも2得点を奪っている“日本キラー”。日本のDF陣は相手の最重要選手に粘り強く対応していたが、一瞬の隙で失点を喫し、結局0-1で敗れた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe0161f3d048cbeb40de9284eb3cd147d2c7486d



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    149: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 20:10:25.04
    no title

    ???「苦しいときは私の背中をみて」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/22(木) 08:42:54.04
    なでしこジャパンで10番を背負うエースFW岩渕真奈(28=アーセナル)が、PK失敗した後輩を擁護し、報道陣に異例の〝お願い〟をした。

    「PKのミスについて取り上げてもらいたくない。本当にポジティブに(報道することを)記者の皆さんにはお願いしたいです」と報道陣に異例の要請。大舞台でPKを失敗した後輩のショックをおもんぱかり、先輩として擁護したのだ。
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    305: 名無し@サカサカ10 2021/06/07(月) 19:56:48.63
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    426: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 23:10:07.29
    880c9da51debdb54a3e4023902f1a8ca

    実際、女子代表って男子でどのくらいのレベルなの? 

    J2のような貪欲さも無いし、高校サッカーでも地方の3回戦レベルくらいかな。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 21:25:28.73
    067747663e89b24b111ddf21a50512b5

    ちな澤ニキがW杯決勝でアメリカ相手に決めたゴール 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    565: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 22:07:21.85
    no title


    詰めない日本

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    516: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 22:05:29.52
    オフサイドシーン
    no title


    オフサイドは相手選手二人目(通常はGKいるから相手最奥DF)
    この場合はGK出てるから二人目のDFがオフサイドラインって珍しいケース

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 21:26:59.24 _USER9
    880c9da51debdb54a3e4023902f1a8ca
     
      
    日本はカナダとドロー発進…なでしこジャパン、1点追う後半39分にFW岩渕真奈が同点ゴール
    日本・カナダ 後半、同点ゴールを決めた岩渕真奈(カメラ・石田 順平)
    ◆東京五輪 サッカー女子1次リーグE組 日本1―1カナダ(21日・札幌ドーム)

     なでしこジャパンは東京五輪の競技初日の21日、1次リーグ初戦でカナダと対戦し引き分けた。前半6分に先制され、後半にはPKを失敗したが、後半39分にFW岩渕真奈が同点ゴールを決めた。

     日本は前半6分に38歳のベテランFWシンクレアに先制ゴールを奪われた。左サイドを破られてグラウンダーのクロスを許すと、キャプテンのDF熊谷がスライディングで伸ばした足も届かず。後方から走りこんだ38歳のFWシンクレアに通ると、1本目のシュートはポストに当たったが、そのリバウンドを再びシンクレアに押し込まれた。

     シンクレアは北京五輪から4大会連続出場を誇る女子サッカー界のレジェンド。この得点が代表通算187点目で、自身の持つ世界最多記録を更新した。

     前半を0―1で折り返した後半は、いきなりチャンスが訪れた。

     なでしこジャパンの高倉麻子監督は後半スタート時に、FW菅沢優衣香に代えて田中美南を投入。すると途中出場の田中が後半3分、左サイドMF長谷川唯からのクロスに反応して抜け出すも、相手GKと接触し転倒した。いったんは田中のファウルと判定されたが、VARの結果PKに。スウェーデンGKラビーは軽い脳震盪のような症状でしばらく試合がストップした。そして同9分のPKは田中がゴール左を狙ったがコースが甘く、回復したラビーに止められて同点機会を逃した。

     日本はまず同点に追いつこうとするも、アタッキングサードにボールをなかなか運べず、次第にカウンターを浴びることが多くなった。

     母国開催の初戦であきらめない日本は後半39分、右サイドからの浮き球のロングパスに反応して抜け出したFW岩渕が冷静にループシュートを決めて同点に追いついた。

     後半のアディショナルタイムは8分あったが、運動量が落ちたカナダを崩しきれず、両チーム追加点を奪えず勝ち点1を分け合った。

     最新の世界ランクはカナダが8位、日本は10位。なお女子サッカーは、絶対女王・アメリカがこの日行われた初戦でスウェーデンに0―3で敗れ、連続無敗記録が44試合でストップする波乱があった。

     【スタメン】

     ▽GK 池田咲紀子

     ▽DF 清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、北村菜々美

     ▽MF 中島依美、三浦成美、塩越柚歩、長谷川唯

     ▽FW 菅沢優衣香、岩渕真奈

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210721-07211208-sph-000-1-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/99c41d9308fca0c091a51539233d94a2e8cc8fcc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    254: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 21:09:12.36
    bd42cc97-s

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2: 名無し@サカサカ10 2021/07/21(水) 20:18:02.94
    E60PHDsVkAgX0Lw

    はい



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/14(水) 21:14:19.84 _USER9
     E6QaauSVoAMaZCi

    “新10番”岩渕真奈がPKから決勝点! なでしこジャパン、五輪前最終戦でFIFAランク上位の豪州に無失点勝利

    なでしこジャパン(日本女子代表/FIFAランク10位)は14日、MS&ADカップ2021でオーストラリア女子代表(FIFAランク9位)と対戦した。

    7月21日に行われる東京五輪初戦のカナダ女子代表戦に向けて、唯一の強化試合となったオーストラリア戦。この重要な試合では、この大会から初めて背番号10を背負う岩渕真奈や長谷川唯、塩越柚歩らが先発入りを果たした。

    試合の立ち上がりはオーストラリアの高さとパワーに押される部分も目立つなでしこだったが、徐々にサイドから押し上げていく。とはいえ、オーストラリアのブロックを前になかなかシュートまでは至らない。

    なでしこがチャンスを作れずにいる20分、後方から蹴り込まれたボールにボックス内で反応したキア・サイモンが頭で落とす。ケイトリン・フォードが右足でシュートを放ったがGK山下杏也加がセーブした。

    対するなでしこは29分、オーストラリアDFのクリアが中途半端になったところで塩越がボックス右から左足でシュートを放ったがゴール正面。直後には菅澤優衣香がループシュートを狙ったもののGKティーガン・マイカのファインセーブに阻まれる。

    その後も互いにチャンスを作って一進一退の攻防を繰り広げたがスコアは動かず。0-0のまま後半に突入する。

    ハーフタイム明けにメンバーを入れ替えなかったなでしこに対して、大幅に6名を交代したオーストラリアがギアを上げる。それでも53分、左サイドに抜け出した長谷川がクロスを供給するとアランナ・ケネディの腕にボールが直撃。PKの判定となり、キッカーを務めた岩渕がゴール左に冷静に流し込んだ。

    なでしこの先制後、やや距離のある位置からも積極的に狙っていくオーストラリア。56分にはエミリー・バン・エグモンドがミドルシュートを放ったが枠を外れていく。

    なでしこは62分に選手交代を敢行。岩渕、菅澤、長谷川、塩越の4枚に代えて籾木結花、田中美南、遠藤純、杉田妃和を送り出す。投入された直後から積極的な姿勢を見せる遠藤は63分、ボックス手前やや左から左足を強振。バーに阻まれたものの早速決定機を作った。

    優位に試合を運ぶなでしこは終盤にかけて南萌華、宮川麻都に代えて宝田沙織、北村菜々美を起用してディフェンスラインに変化をつける。そして、追加点こそ奪えなかったものの無失点で試合を終えた。

    本大会では21日にカナダ、24日にイギリス、27日にチリと対戦するなでしこ。本大会でスウェーデン、アメリカ、ニュージーランドと同居しているオーストラリアとの一戦に勝ち切り、弾みをつけて本大会に臨むこととなった。

    ■試合結果
    なでしこジャパン 1-0 オーストラリア女子代表

    ■得点者
    なでしこ:岩渕真奈(54分)
    オーストラリア:なし

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2a42f55e76bb1b76ef790840267387d8625a912c



    続きを読む

    このページのトップヘ