UEFAチャンピオンズリーグ

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/10(土)00:21:32
    2014 優勝レアル・マドリー(スペイン) 準優勝アトレティコ・マドリー(スペイン)
    2015 優勝バルセロナ(スペイン) 準優勝ユベントス
    2016 優勝レアル・マドリー(スペイン) 準優勝アトレティコ・マドリー(スペイン)
    2017 優勝レアル・マドリー(スペイン) 準優勝ユベントス

    もうリーガにユベントスが参加すればよくないか?
    20170610-00598976-soccerk-000-1-view[1]

    【CLとかいうスペインとユベントスだけ勝ち上がる大会www】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/08(木) 12:34:18.40 _USER9

    20170608-00026513-sdigestw-000-2-view[1]

    レアル・マドリーの2連覇で幕を閉じた2016-17シーズンのチャンピオンズ・リーグ。まだファイナルの余韻とも表現できる選手や関係者のコメントがメディアを賑わせているが、次なる戦いは少しずつ近付いてきている。

    すでに17-18シーズンに参戦する全79クラブが決定。6月19日に予選1回戦と2回戦のドローが開催され、7月27~28日に行なわれる予選1回戦を皮切りに、熱戦の火蓋が切って落とされる。

     予選1回戦は本選出場が望み薄なマイナーなクラブ同士の争いとなるが、ラウンドを追うごとに上位進出を果たしても不思議はないような有力クラブが、続々と姿を現わす。

     予選やプレーオフの段階から数々のドラマが生まれるチャンピオンズ・リーグ。はたして17-18シーズンは、いかなる戦いが繰り広げられるのだろうか。出場全79クラブの顔ぶれと大会日程は、以下の通りだ。


    ■予選1回戦 ※UEFAランキング46~55位のリーグの王者が出場
    【日程】
    第1レグ:2017年7月27~28日
    第2レグ:7月4~5日
    【出場クラブ】
    リンフィールド(北アイルランド)、FCIタリン(エストニア)、アラシュケルト(アルメニア)、ヴィーキングル(フェロー諸島)、ヒバーニアンズ(マルタ)、ニューセインツ(ウェールズ)、エウロパ(ジブラルタル)、FCサンタ・コロマ(アンドラ)、ラ・フィオリタ(サンマリノ)、トレプチャ89(コソボ)

    ■予選2回戦 >>1回戦の勝者を合わせた34クラブが出場
    【日程】
    第1レグ:7月11~12日
    第2レグ:7月18~19日
    【出場クラブ】
    レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)、リエカ(クロアチア)、レギア・ワルシャワ(ポーランド)、APEL(キプロス)、BATEボリソフ(ベラルーシ)、マルメFF(スウェーデン)、ローゼンボリ(ノルウェー)、ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)、コペンハーゲン(デンマーク)、セルティック(スコットランド)、カラバフ(アゼルバイジャン)、パルチザン(セルビア)、アスタナ(カザフスタン)、ルドゴレツ(ブルガリア)、マリボル(スロベニア)、MSKジリナ(スロバキア)、ホンベド(ハンガリー)、シェリフ(モルドバ)、ハフナーフィヨルドル(アイスランド)、サムトレディア(ジョージア)、IFK(フィンランド)、ズリニスキ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、クケシ(アルバニア)、ヴァルダール(マケドニア)、ダンダーク(アイルランド)、スパルタクス(ラトビア)、F91デュドランジュ(ルクセンブルク)、ブドゥツノスト(モンテネグロ)、ジャルギリス(リトアニア)、1回戦の勝者5クラブ

    ■予選3回戦 >>2回戦の勝者を合わせた30クラブが出場
    【日程】
    第1レグ:7月25~26日
    第2レグ:8月1~2日
    【出場クラブ】
    スラビア・プラハ、プルゼニ(チェコ)、オリンピアコス(ギリシャ)、ヴィトールル・コンスタンチャ(ルーマニア)、ニース(フランス)、CSKAモスクワ(ロシア)、ディナモ・キエフ(ウクライナ)、クラブ・ブルージュ(ベルギー)、アヤックス(オランダ)、イスタンブールBB(トルコ)、ヤングボーイズ(スイス)、AEKアテネ(ギリシャ)、ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)、2回戦の勝者17クラブ

    ■プレーオフ >>3回戦の勝者を合わせた20クラブが出場
    【日程】
    第1レグ:8月15~16日/第2レグ:8月22~23日
    【出場クラブ】
    セビージャ(スペイン)、ホッフェンハイム(ドイツ)、リバプール(イングランド)、ナポリ(イタリア)、スポルティング(ポルトガル)、2回戦の勝者15クラブ

    つづく

    6/8(木) 11:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00026513-sdigestw-socc

    【【CL】17-18シーズンの顔ぶれは?予選含め79クラブが出場!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/06(火) 00:29:06.60 _USER9

    20170605-01835516-nksports-000-3-view[1]

    5日のガゼッタ・デロ・スポルトによると、
    3日の欧州チャンピオンズリーグ決勝ユベントス-レアル・マドリードの国内テレビ視聴率は58・21%で、
    約1300万人がテレビ観戦したという。2017年の最高記録。

    チャンピオンズリーグでの最高視聴率は、2003年決勝のユベントス-ACミランの67・3%だった。

    6/5(月) 17:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-01835516-nksports-socc 
      

    【イタリアのCL決勝視聴率58%!2017年最高記録に】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/05(月) 12:07:12.71 _USER9
     20170605-00000008-jij_afp-000-3-view[1]

      
    イタリア・トリノの広場で、サッカーを観戦していた人たちが大きな音で
    パニックになり、次々と倒れるなどして1500人以上がけがをしました。
    原因は爆竹とみられています。

    イタリア北部のトリノで3日夜、広場に設けられたサッカーの
    パブリックビューイング会場で事故は起きました。AP通信などによりますと、
    試合のハーフタイム中に爆竹とみられる大きな音が会場に鳴り響き、
    「爆弾テロではないか」と誤解した人たちがパニックになって一斉に
    逃げ出したということです。この日はサッカーのヨーロッパ・チャンピオンズ
    リーグの決勝が行われていて、地元のサッカーチーム「ユベントス」を
    応援しようと大勢の人たちが広場に集まっていました。この事故で
    1500人以上がけがをして、男の子を含む3人が重傷です。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170605-00000011-ann-int
    【【海外】爆竹の音を爆弾テロだと勘違いしてサッカー観戦客が大パニック、1500人以上が怪我。】の続きを読む

    154: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/04(日) 10:33:59.91
    ユーベは何で後半超絶劣化したんだ?
    パスは全く見当違いに出すわ、届く範囲のボールを拾いに行かないわ、得意の守備もゆるゆるだわでハーフタイムで選手全員が入れ替わったのかと思える劣化ぶりだった。
    20170604-00000013-ism-000-1-view[1]

    【【CL】ユヴェントスは何で後半超絶劣化したんだ?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/04(日) 14:27:10.80 _USER9

    20170604-00000011-goal-000-2-view[1]

    レアル・マドリーを今季2冠に導いたジダン監督が、チームが成功を収められた要因を説明した。

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が今シーズンにおける成功の鍵を明かしている。『OMNISPORT』が伝えた。

    3日のチャンピオンズリーグ決勝、レアル・マドリーはユヴェントスを4-1で下し、2シーズン連続通算12回目の優勝を果たした。ジダン監督はチームの成功の礎について以下のようなコメントを残している。

    「我々の成功のカギは全員が、シーズンを通して自分が重要だと感じられたことにあった。そして、何より選手たちがお互いに良い関係でいられたことだ。全員の繋がりが素晴らしかった。今日はマドリーのファンにとっても選手たちや私や家族にとっても歴史的な1日になったと言える」

    そして、ジダン監督は「来年はさらに厳しい戦いになる。それは分かっている。また、勝てるようにするために必死に努力を続けることが重要だ」とコメントし、早くも来季へと目を向けた。

    http://m.goal.com/s/jp/news/36090022

    【2冠達成へ導いたジダン監督「成功のカギは選手たちがお互いに良い関係にあること」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/04(日) 12:21:53.81 _USER9
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、史上初の5年連続チャンピオンズリーグ(CL)得点王に輝いた。

     C・ロナウドはグループステージ6試合でわずか2ゴールと出遅れたが、準々決勝のバイエルン戦では2試合で計5ゴールと量産。続くアトレティコ・マドリードとの準決勝ファーストレグではCL2試合連続のハットトリックを達成し、10ゴールに伸ばしていた。

     11ゴールのバルセロナFWリオネル・メッシに1点差で臨んだ決勝では、20分に先制点を挙げてトップに並ぶと、64分にも追加点を獲得。2ゴールで4-1の勝利に貢献し、史上初のCL連覇に導いて、自身も単独得点王に輝いた。

     CLでまた新たな記録を打ち立てた。C・ロナウドは12-13シーズンに12ゴール、13-14シーズンに17ゴールを記録し、14-15シーズンは10ゴールでバルセロナのネイマールとメッシと並んで得手王に輝いた。15-16シーズンは16ゴールで単独トップに返り咲いて、メッシが2008年から2012年に記録した4年連続に並び、今シーズンでCL史上初となる5年連続得点王の快挙を達成した。

     C・ロナウドはマンチェスター・U時代の08-09シーズンに初めてCL得点王に輝き、今回で最多6回目。CL通算140試合に出場し、歴代最多の105ゴールをマークしている。

     また、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイトによると、C・ロナウドは史上初となる3度の決勝でそれぞれゴールを決めており、先制点はレアルのCL通算500点目だった。


    6/4(日) 6:18配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00596233-soccerk-socc

    写真
    no title

    【C・ロナウドが史上初の5年連続CL得点王!メッシ抜き最多6回目の快挙!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/04(日) 05:43:00.10 _USER9

    20170604-00596232-soccerk-000-4-view[1]

    【ユベントス 1-4 レアル・マドリー チャンピオンズリーグ(CL) 決勝】

     現地時間3日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝の試合が行われ、レアル・マドリーはユベントスと対戦。クリスティアーノ・ロナウドなどがゴールを積み重ね、マドリーが4-1の勝利をおさめている。

     マドリーはクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマと共にイスコをスタメン起用し、ガレス・ベイルはベンチスタートとなった。試合開始から攻撃を仕掛けたのは堅守を誇るユベントス。立て続けにチャンスを作ると、7分にはミラレム・ピャニッチもシュートを放つ。しかし、GKケイラー・ナバスのセーブによりゴールを許さなかった。

     すると20分、C・ロナウドが右サイドを駆け上がってきたダニエル・カルバハルにパスを送ると、再びゴール前に折り返したボールをC・ロナウドがダイレクトで合わせてマドリーが先制。

     マドリーがこのまま勢いに乗るかと思われた27分、ユベントスのマリオ・マンジュキッチがゴールに背を向けたまま浮き玉のシュートを放つと、GKナバスはボールに触ることが出来ずゴールに吸い込まれた。21年ぶりの優勝を目指すユベントスが同点に追いついている。

     それでも61分、ベンゼマがゴール前に折り返したボールをユベントスの選手がクリアするが、そのセカンドボールを拾ったカゼミーロが豪快なシュート。サミ・ケディラの足に当たって軌道が変わったボールはゴールに吸い込まれマドリーが勝ち越しに成功した。

     続く64分、右サイドを駆け上がったルカ・モドリッチがゴール前に折り返すと、飛び出してきたC・ロナウドが合わせて追加点を決める。後半アディショナルタイムにはマルコ・アセンシオもゴールを決めている。

     結局、マドリーがリードを守りきり4-1の勝利をおさめた。この結果、2015/2016シーズンのCL優勝に続いて、史上初の歴史的快挙となるCL連覇を果たしている。また、C・ロナウドは5シーズン連続でCL得点王に輝いた。(2014/2015シーズンはメッシ、ネイマールと共に得点王)

    【得点者】
    20分 0-1 C・ロナウド(マドリー)
    27分 1-1 マンジュキッチ(ユベントス)
    61分 1-2 カゼミーロ(マドリー)
    64分 1-3 C・ロナウド(マドリー)
    90分 1-4 アセンシオ(マドリー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00213888-footballc-socc





    【【動画】レアルが史上初CL連覇達成!C・ロナウド2発!堅守ユーベを4発撃破】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/03(土) 23:29:36.03 _USER9

    image[1]

    欧州CL決勝は日本時間6月3日の27時45分キックオフ

     3日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝。ユベントス(イタリア)とレアル・マドリー(スペイン)がそれぞれが優勝した場合の選手たちへのボーナスを比較する。

     これまで2回の欧州制覇を経験しているユベントス。最後に決勝の舞台に上がったのは2年前で、今大会の準々決勝で対戦したバルセロナに1-3で敗れている。ユベントスは欧州の舞台で、他のどのクラブよりも多く決勝で敗れており、その回数は6回にのぼる。

     スペイン『アス』によると、1995-96シーズン以来の優勝を目指すユベントスの選手たちに対し、アンドレア・アニェッリ会長は優勝ボーナスとして1人当たりに35万ユーロ(約4400万円)、総額で900万ユーロ(約11億円)を準備。

    直近4回の決勝をいずれも落としているユベントスにとって、巡ってきたチャンスを勝ち取るモチベーションのためには高い金額とは言えないかもしれない。

     一方、昨季王者のレアルは欧州CL史上初の連覇を懸けた戦いとなる。昨年の決勝はアトレティコ・マドリーとの2度目の“CL決勝マドリード・ダービー”となり、1-1のまま突入したPK戦を5-3で制した。

     スペイン『マルカ』によれば、史上初の快挙に向けてクラブが選手たちに提示したボーナスは150万ユーロ(約1億9000万円)。昨季の70万ユーロ(約9000万円)から倍以上のジャンプアップとなり、ユーベの35万ユーロと比較すると約4倍以上の金額になる。

     欧州CL史上初の連覇という少ない機会をものにするために、レアルは破格のボーナスを設置。決勝に挑むモチベーションはレアルに分があるのかもしれない。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?217815-217815-fl

    ▽ユベントスは3日、レアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に臨む。21年ぶり3度目の欧州制覇を目指すクラブは、悲願達成に向けて強力なニンジン作戦に出ているようだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。

    ▽『グローボ』は3日、ユベントスに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、CL制覇のあかつきにアンドレア・アニェッリ会長から「赤い乗馬」を与えられるとのコメントから、同会長が選手全員にイタリアの高級車フェラーリがプレゼントされる予定だと報道している。

    ▽アニェッリ会長は、イタリアの巨大企業グループ『フィアット』の創業者ジャンニ・アニェッリを伯父に持ち、アニェッリ一族の中心を為す人物。過去に傘下にあったフェラーリ社にも大きな影響力を持つ同会長は、各自にボーナスとしてフェラーリをプレゼントすることは十分に可能だ。

    ▽キャリア20年以上で1度もビッグイヤーを掲げたことがないイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを初め、CL制覇は各選手にとって大きな目標だが、それに加えてフェラーリがもらえるとなれば、間違いなく決勝に向けた大きなモチベーションとなるはずだ。

    [2017年6月3日(土)
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=278548&page=0

    写真
    http://d1zfl2ji59lu9k.cloudfront.net/news/image?image_id=148937

    【【CL決勝】ユベントス(イタリア)とレアル・マドリード(スペイン)優勝ボーナスが高額なのは?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/03(土) 22:36:05.98 _USER9

    20170603-00010010-soccermzw-000-2-view[1]


    ◆お約束と化しているメディアの代理戦争 「スポルト」紙がユベントスにエール

     レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ決勝のユベントス戦で、史上初の2連覇に臨む。スペインの“白い巨人”対イタリア絶対王者の激突となり名勝負が期待されるなか、あるスペインメディアがなんともブレない報道姿勢を貫き話題になっている。


    「フォルツァ(イタリア語で頑張れ)、ユーベ!」との見出しを付けて、一面でCL決勝の特集を組んだのは、スペイン紙「スポルト」。バルセロナに本社を置く地元紙は、電子版で決戦当日の一面を紹介。自国チームではなく、対戦相手のユベントスに対してわざわざイタリア語でエールを送っている。

     レアルとバルサは宿敵同士であり、「スポルト」紙は明確なバルサ寄りの報道姿勢で知られている。

     紙面中央には、なんとユベントスのエンブレムをデカデカと掲載。紙面左手には右手人差し指を掲げるユーベの絶対守護神ジャンルイジ・ブッフォンの写真が、右手には両手を腰に置き、睨みつけるクリスティアーノ・ロナウドの写真が対照的に配置され、「イタリアのチームはチャンピオンズリーグ決勝に向けて夢を築き続けてきた」とレポートされている。

     バルセロナはCL準々決勝でイタリア王者ユベントスと激突し、2戦合計0-3で敗退していた。宿敵レアルの優勝は絶対に見たくない。ならばユベントスを全力で応援するか、というバルササポーターの心情を汲み取ったような試合当日の紙面となっている。バルサとレアルの“機関紙”による代理戦争は、スペインサッカーのお約束と化している。

    6/3(土) 14:50配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170603-00010010-soccermzw-socc

    写真
    http://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2017/06/GettyImages-691635080-738x490.jpg

    【宿敵レアルの優勝は見たくない!“バルサ機関紙”「頑張れ、ユーベ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ