サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    UEFAチャンピオンズリーグ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/13(土) 07:30:18.23 _USER9
    2018/10/13 06:00

    ベルギーサッカー界では八百長やマネーロンダリングの疑いで多くのクラブが警察当局による捜索を受けるなど衝撃が広がっている。

    そうした中、PSGの試合にも八百長の疑いがかけられていると、フランス紙『L'EQUIPE』が報じた。

    問題視されているのは、今月4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、PSG対ツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)戦だという。パルク・デ・プランスで行われた一戦は、6-1でパリが大勝している。

    同紙によれば、UEFAからの警告を受けたフランス当局が捜査を始めたという。

    UEFAはツルヴェナ・ズヴェズダの幹部と共犯者が、自らのチームが5点差で負けることに数百万ユーロを賭ける意思を示したというレポートを試合の数日前に受け取っていたとのこと。賭け金は500万ユーロ(6.4億円)近い金額で、数千万ユーロの利益を得たとも。

    元横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクも先発した試合はパリが70分までに5点を奪い、その後74分に失点。そして、81分に6点目を奪う展開だった。

    ただ、ツルヴェナ・ズヴェズダ側は『L'EQUIPE』の報道に対して異議を申し立てるとも伝えられている。

    797bd62d-eff6-4d04-0d1f-bae8ce8de0ae[1]

    https://qoly.jp/2018/10/13/cl-psg-belgrade-match-fixing-by-lequipe-iks-1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 06:03:24.23 _USER9

    521570a74eed13809f6551a1fe141572[1]

    CL ・結果 

    ナポリ 1-0 リバプール 
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217480 
      
      
    CL グループBの日程・結果
    トッテナム 2-4 バルセロナ 
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217477 
      
    ぷれみあ(笑)

    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 05:52:36.39
     【ボルシア・ドルトムント 3-0 モナコ CLグループA第2節】
      
     現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節、ボルシア・ドルトムント対モナコはホームのドルトムントが3-0で勝利した。ドルトムントに所属するMF香川真司はベンチ外だった。

    20181004-00291696-footballc-000-5-view[1]

     ホームの大歓声を背にしてCLホーム開幕戦を迎えたドルトムントは試合を優位に運ぶが33分と39分のチャンスをものに出来ず。一方のモナコも17分にティーレマンスがフリーでミドルシュートを打つもドルトムントGKビュルキの好セーブもありこちらも得点を挙げられない。

     無得点が続く中で迎えた51分、後半から出場したブルン・ラーセンがサンチョのスルーパスをペナルティーエリア内で受けワントラップから右足でシュート、これが決まりドルトムントが先制する。勢いに乗ったドルトムントは69分にロイスが得たPKのチャンスをアルカセルが外してしまうが、直後の72分にゴール前でロイスのパスを受けたアルカセルがGKを交わし落ち着いて決めリードを広げる。

     リードを広げたドルトムントは終了間際にロイスがダメ押し点を挙げる一方でモナコ攻撃陣を無失点に抑え3-0で快勝した。

    【得点者】
    51分 1-0 ブルン・ラーセン(ドルトムント)
    72分 2-0 アルカセル(ドルトムント)
    90分+2分 2-0 アルカセル(ドルトムント)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00291696-footballc-socc





    続きを読む

    539: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 04:28:49.49

    DokAFxmUcAEXaIP[1]

    ゴラッソ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!




    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 03:35:48.95

    Domr6IVW4AEjACc[1]

     チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が3日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とツルヴェナ・ズヴェズダが対戦した。20分にネイマールが直接フリーキックを叩き込んでPSGが先手を取ると、続く22分にはキリアン・ムバッペのパスをネイマールが押し込み点差を広げる。その後もエディンソン・カバーニアンヘル・ディ・マリア、ムバッペがゴールを挙げて試合を決定付ける。74分にマリンのゴールで1点を返されるも、81分には再びネイマールがフリーキックを沈め、最終的にスコアは6-1に。PSGが今季のCLで初白星を手にした。

      次節は24日に行われ、PSGはホームでナポリと、ツルヴェナ・ズヴェズダはアウェイでリヴァプールとそれぞれ対戦する。

    【スコア】
    パリ・サンジェルマン 6-1 ツルヴェナ・ズヴェズダ

    【得点者】
    パリ・サンジェルマン:ネイマール(20分、22分、81分)、カバーニ(37分)、ディ・マリア(42分)、ムバッペ(70分)
    ツルヴェナ・ズヴェズダ:マリン(74分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00842181-soccerk-socc




    続きを読む

    182: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 02:16:55.23

    DomZVP9XoAAw1uG[1]

    ネイマールキタ━━━━━━━━( ゚∀゚)━━━━━━━━!!



    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2018/10/03(水) 05:45:25.04
     【マンU 0-0 バレンシア CLグループステージ第2節】
     
     現地時間2日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節の試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはホームにバレンシアを迎えて対戦。

    20181003-00291508-footballc-000-3-view[1]

     試合開始して62分、ポール・ポグバがフリーキックから直接ゴールを狙うもバレンシアのGKノルベルト・ネトに弾かれてしまう。その後も攻め続けたユナイテッドだったが1点が遠い。結局、バレンシアの守備を破ることが出来ず0-0の引き分けに終わった。これでユナイテッドは公式戦4戦未勝利となっている。

     ユナイテッドを率いて3シーズン目になるジョゼ・モウリーニョ監督。“3年目のジンクス”と言われるように、今季のモウリーニョ監督は苦しんでいる。公式戦4戦未勝利となったことで、より一層、解任を求める声が強くなりそうだ。

    【得点者】
    なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00291508-footballc-socc




    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2018/10/03(水) 05:47:14.35
     【CSKAモスクワ 1-0 レアル・マドリー CLグループG第2節】
     
     現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第2節でレアル・マドリーはアウェイでCSKAモスクワと対戦し0-1で敗れた。CSKAモスクワに所属するFW西村拓真はベンチ入りも出場機会はなかった。

    20181003-00291556-footballc-000-1-view[1]

     試合は開始直後に動きを見せる。2分、クロースのバックパスが短くなったところをヴラシッチが奪いGKとの1対1を確実に決めてCSKAが先制点を挙げる。

     リードを許したマドリーはボールを支配するも組織的な守備と鋭い寄せを見せるCSKAを崩せない。28分にはカゼミロがゴール正面からミドルシュートを放つもポストに当たり同点とはならず。さらに37分にはベンゼマがペナルティーエリア内で右足のシュートを打つもボールは枠を捉えきれない。

     なかなかリズムを掴めないマドリーは58分にモドリッチとマリアーノ・ディアスの2枚同時にピッチに送る。そして終盤にはマリアーノ・ディアスとヴァランが決定的なチャンスを迎えるもボールは枠に飛ばず。

     結局このまま試合は終了、マドリーはCSKA相手にまさかの敗戦を喫した。

    【得点者】
    2分 1-0 ヴラシッチ(CSKAモスクワ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00291556-footballc-socc




    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2018/10/03(水) 03:41:06.66
     【ホッフェンハイム 1-2 マンチェスター・シティ CLグループF第2節】

     現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループF第2節でマンチェスター・シティは敵地でホッフェンハイムと対戦し、2-1の勝利を収めた。

    20181003-00291547-footballc-000-1-view[2]


     リヨンを相手にまさかの黒星発進となったシティは、勝たなければいけない第2戦。だが、出だしでつまずいてしまった。

     試合開始直後、ホッフェンハイムは中盤からデミルバイがスルーパスを狙うと、シティはオフサイドを取りにいったコンパニの対応が遅れる。パスを受けたベルフォディルが冷静にゴールネットを揺らし、ホームチームがリードを奪った。

     だが、シティはすぐに追いついた。8分、ダビド・シルバのパスを受けたザネがペナルティエリア左から折り返し、アグエロがゴール。1-1とする。

     これで本来のペースをつかみたいシティはボールを支配して逆転を目指した。だが、攻撃に破壊力が欠け、守備ではラポルトにミスもあり、前半は1-1のままで折り返した。

     後半も同じような展開で進んでいく。ホッフェンハイムのカウンターにそれほど怖さはないが、なかなかリードすることができない。73分にはザネが抜け出して決定機となり、前に出たGKと接触して倒れたように見えたが、主審の笛は鳴らず。シティはフラストレーションをためていった。

     それでも、ダビド・シルバは一瞬の隙を見逃さなかった。シティは87分、左サイドからクロスを入れるが、これは精度を欠いてニアでカットされる。だが、ここを狙っていたダビド・シルバがトラップしたところでボールをかっさらい、すぐさまシュート。これが逆転弾となった。

     これが決勝点となり、シティは苦しみながらも2-1で逆転勝利を収めた。

    【得点者】
    1分 1-0 ベルフォディル(ホッフェンハイム)
    8分 1-1 アグエロ(マンチェスター・シティ)
    87分 1-2 ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00291547-footballc-socc





    続きを読む

     1: 名無し@サカサカ10 2018/09/27(木) 20:11:05.68 _USER9
    欧州サッカー連盟(UEFA)は27日、2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)からビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入すると発表した。UEFAの公式ツイッターが伝えている。

     ヨーロッパリーグ(EL)では、2020-21シーズンからの導入となる。UEFAによると、CLの他に、来シーズンのUEFAスーパーカップとユーロ2020(決勝トーナメント)、また2021年に開催されるUEFAネーションズリーグ・最終ラウンドでもVARが導入されることが決定した。

     VARは2018 FIFAワールドカップ ロシアで国際大会においては初めて用いられ、注目を集めた。この日はアジアサッカー連盟(AFC)も来年1月から2月にかけて行われるAFCアジアカップでVARを導入予定であると発表しており、世界的にビデオ判定を活用する流れとなっていることが鮮明になっている。

    9/27(木) 19:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00839290-soccerk-socc 
      
    no title


    ●アジアカップ2019でVAR導入へ!! 大会100日前の節目にAFC会長が発表

    アジアサッカー連盟(AFC)は27日、来年1~2月にアラブ首長国連邦(UAE)で行われるアジアカップ2019において、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入する計画があることを公表した。すでに執行委員会では認められており、所定の準備に関する確認を残すのみだという。

     ACLのイブラヒム・アル・ハリファ会長が公式サイトを通じてコメントを発表。「アジアのサッカー界はより良い試合運営に向け、技術を取り入れることを決めた。AFCの頂点を決める大会のいくつかのステージで、VARを紹介することを検討している」と意向を述べている。

     VARはピッチとは別に設けられたオペレーション・ルームで試合の行方を追う審判。得点、PK、一発退場、人違いの4場面で「明白かつ確実な誤審」があった場合に介入し、主審に対して助言を行う。今年6~7月に開催されたロシアW杯でも導入され、さまざまな論争を呼んでいた。

     24チームが参加するアジアカップは2019年1月5日開幕で、この声明は100日前という節目に行われたもの。F組の日本代表はグループリーグでトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと対戦し、2月1日に行われる決勝戦を目指す。

    9/27(木) 15:51配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-02135894-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/20(木) 18:13:53.81 _USER9
    ユヴェントスのマッシリミアーノ・アッレグリ監督は、クリスティアーノ・ロナウドの退場に納得できないようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。

    20180920-00000012-goal-000-2-view[1]

    19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)で、ユヴェントスはバレンシアと対戦。敵地ながら2-0で試合を制し、初戦で勝ち点3を手にしている。

    しかしこの一戦の29分、この試合がユヴェントスの選手としてCLデビューとなったC・ロナウドが小競り合いからレッドカードを受けて一発退場に。この判定に、選手は信じられない様子で座り込み、涙を流しながらピッチを後にしている。

    この判定には現役選手やOBなどから疑問の声が多く上がっているが、アッレグリ監督はビデオ判定が必要だとの見解を示している。

    「私が言えることは、VARがあれば審判が正しい決断を下す助けになったということだけだ。難しい試合の前半29分でレッドカードで10人となるのは、正しいことではない」

    「困難な状況だったが、選手たちは素晴らしかった。可能な限りよく戦ったよ。2-0とするまで秩序を持って守り、枠内シュートは数本しか許さなかった。特別なことは何もない」

    ユヴェントスは次節ヤング・ボーイズと対戦するが、UEFAの規定によりC・ロナウドはこの一戦は出場停止となる。

    また『スカイスポーツ』によると、C・ロナウドが第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦も出場停止となる可能性がゼロではないと伝えている。UEFAの倫理規定には「重大な罪が認められた場合、UEFA倫理委員会は罰則を拡大する権利がある」と記載されており、C・ロナウドが大一番も欠場となる可能性も排除できないようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000012-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/20(木) 06:02:49.42 _USER9
     【レアル・マドリー 3-0 ローマ CLグループG第1節】
     
     現地時間19日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節のレアル・マドリー対ローマの試合は、ホームのマドリーが3-0で勝利した。

    20180920-00290081-footballc-000-3-view[1]

     マドリーがCL4連覇に向けて好スタートを切った。4分にクロースのパスをベイルがワントラップからシュートもボールは枠を捉えきれない。8分にはモドリッチのスルーパスを受けたイスコがペナルティーエリア内でシュートもGKがブロックされ得点を奪えないがマドリーペースで試合は進む。その後も優位に試合を進めると45分にゴール正面でFKのチャンスを得るとイスコが直接決め待望の先制点を挙げる。

     49分にローマがこの試合最初のチャンスを迎えるもウンデルのシュートはマドリーGKナバスが見事なセービングで得点を許さない。一方、51分にはマドリーもベイルがペナルティーエリアで左足のシュートを打つもボールはクロスバーに当たり追加点とはならず。それでも58分にモドリッチのスルーパスをDFラインの裏で受けたベイルが左足で強烈なシュートを決めリードを広げる。

     結局91分に交代出場のディアスがダメ押し点を挙げたマドリーがリヨンの攻撃を無失点に抑え開幕戦を勝利した。

    【得点者】
    45分 1-0 イスコ(レアル・マドリー)
    58分 2-0 ベイル(レアル・マドリー)
    90分+1分 3-0 ディアス(レアル・マドリー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180920-00290081-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/20(木) 06:02:49.42 _USER9
     【マンチェスター・シティ 1-2 リヨン CLグループF第1節】
     
     現地時間19日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節のマンチェスター・シティ対リヨンの試合は、ホームのシティが1-2で敗れた。

    20180920-00290082-footballc-000-5-view[1]

     序盤からシティが左サイドを起点に攻撃の形を作るも得点は奪えず。すると26分、リヨンは中盤でボールを奪うと左サイドに展開しセンタリングをファーサイドでコルネがダイレクトで合わせ先制点を挙げる。失点したシティだが33分にスターリングのパスを受けたデルフが強烈な左足のシュートを狙うもGKに阻まれる。しかし42分、フェキルが中盤でボールを受けるとDFに囲まれながらも右足でシュート、これが決まりリヨンが追加点を奪う。

     2点のリードを許したシティは55分にザネ、63分にはアグエロを投入するとザネがペナルティーエリアで相手DFを交わしマイナスのクロスを送りベルナウド・シウバがダイレクトで合わせ1点差に詰め寄る。

     その後も同点に追いつくべく猛攻を仕掛けるシティだが73分と90分にアグエロのシュートは枠を捉えきれず試合は終了。シティはホームでまさかの敗戦となった。

    【得点者】
    26分 0-1 コルネ(リヨン)
    42分 0-2 フェキル(リヨン)
    67分 1-2 シウバ(シティ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180920-00290082-footballc-socc





    続きを読む

    331: 名無し@サカサカ10 2018/09/20(木) 05:54:41.91
     
    【バレンシア 0-2 ユベントス CLグループステージH組第1節】

     現地時間19日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージH組第1節の試合が行われ、ユベントスはバレンシアのホームに乗り込んで対戦した。

    20180920-00290047-footballc-000-2-view[1]

     試合開始して29分、ユベントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドが相手選手の頭を叩いたように見えたことから主審はレッドカードを提示。不可解な判定により1発退場し、ユベントスは10人に。

     1人少なくなったユベントスだが45分、フアン・カンセロがペナルティーエリア内で相手選手からハイキックを受けたことによりPKを獲得。このPKをミラレム・ピャニッチが決めてユベントスに先制点が入る。

     さらに51分、コーナーキックの競合い中にレオナルド・ボヌッチがペナルティーエリア内で倒されたとして、再びユベントスにPKのチャンスが訪れた。このPKをピャニッチが決めてリードを2点にひろげる。後半アディショナルタイム、今度は反対にユベントスがPKを献上。しかし、GKヴォイチェフ・シュチェスニーが止めて失点を免れた。結局、リードを守り切ったユベントスが2-0の勝利をおさめ、CL初戦で白星を飾っている。

    【得点者】
    45分 0-1 ピャニッチ(ユベントス)
    51分 0-2 ピャニッチ(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180920-00290047-footballc-socc







    続きを読む

    956: 名無し@サカサカ10 2018/09/20(木) 04:30:33.50

    DnexYRCU0AAeHsr[1]


    ロナウドレッド






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/19(水) 21:50:36.16 _USER9
    フードを被った20人が大声を張り上げ、爆竹を炸裂させる妨害行為

    現地時間19日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦を前に、敵地バレンシアに乗り込んだユベントスが相手サポーターの“睡眠妨害”にあったという。スペイン紙「ラス・プロビンシアス」が報じている。

    20180919-00136514-soccermzw-000-1-view[1]

     ユベントスは今季、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入で大きな注目を集め、特にロナウドが近年ゴールラッシュを見せているCLでの戦いぶりには耳目が集まっている。その開幕戦はスペインに乗り込んでのバレンシア戦だが、その前夜は落ち着いたものにならなかった模様だ。

     同紙は、20人ほどのフードを被ったサポーターたちが、ユベントスのホテル前で大声を上げ、爆竹も炸裂させ、あらゆる方法で睡眠を妨害しようとしていたとしている。特に、ロナウドがターゲットにされていた模様だとレポートされている。結局、その妨害行為は現地警察が到着して、セキュリティーラインが設定されるまで続いたという。

     現地警察は、犯人を特定するためにホテルから防犯カメラの映像を入手したとしている。注目の開幕戦で、ユベントスとロナウドはそうした妨害行為を跳ね返すだけのプレーと結果を見せつけることができるだろうか。

    9/19(水) 20:50 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180919-00136514-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/19(水) 06:08:10.54 _USER9
     【リバプール 3-2 PSG CLグループステージ第1節】

     現地時間18日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節の試合が行われ、リバプールはホームにパリ・サンジェルマン(PSG)を迎えて対戦。


    20180919-00289899-footballc-000-3-view[1]

     試合開始して30分、クロスボールにダニエル・スタリッジが合わせてリバプールに先制点が入る。続く36分には、仕掛けたジョルジニオ・ワイナルドゥムがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。このPKをジェームズ・ミルナーがしっかりと決めてリバプールに追加点。

     しかし40分、リバプールのアンドリュー・ロバートソンに当たって跳ね返ったボールをPSGのトマ・ムニエがダイレクトで流し込み、すぐさまPSGに1点を返される。58分には、こぼれ球をモハメド・サラーが押し込んでチーム3点目が入ったかに思われたが、直前でPSGのGKアルフォンス・アレオラに突っ込んだスタリッジのプレーがファールとみなされゴール取り消しに。

     すると83分、中盤でボールを奪われてからのショートカウンターから19歳のキリアン・ムバッペに決められ同点に追いつかれてしまう。それでも後半アディショナルタイムにロベルト・フィルミーノが勝ち越しゴールを奪い、打ち合いを制したリバプールが3-2の勝利をおさめている。

    【得点者】
    30分 1-0 スタリッジ(リバプール)
    36分 2-0 ミルナー(リバプール)
    40分 2-1 ムニエ(PSG)
    83分 2-2 ムバッペ(PSG)
    90分+2分 3-2 フィルミーノ(リバプール)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180919-00289899-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/19(水) 06:12:26.65 _USER9
    長友7季ぶりCLで持ち味発揮、ガラタサライがロシア王者相手に3発快勝発進

    20180918-00334941-nksports-000-5-view[1]

    [9.18 欧州CL第1節 ガラタサライ3-0ロコモティフ・モスクワ]

     DF長友佑都の所属するガラタサライ(トルコ)は18日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループDの第1節でロシア王者のロコモティフ・モスクワとホームで対戦し、3-0で勝利した。

     ガラタサライの先制点は前半9分、左サイドから中に切り込んだMFガリー・ロドリゲスが、エリア手前から右足で豪快に突き刺し、幸先よく試合を動かす。

     その後はロコモティフ・モスクワも盛り返してガラタサライは守勢に回る時間帯もあったが、後半22分、ゴール前左でFKを獲得すると、FWエレン・デルディヨクが直接決めて、勝利の可能性をグッと引き寄せた。

     インテルでプレーした11-12シーズン以来となる7季ぶりの欧州CL出場となる長友は、左SBで先発。後半9分にはスルーパスで抜け出してシュート。これは惜しくもオフサイドとなったが、同25分にはクロスボールをMFエムレ・アクババの頭にピタリと合わせるクロスを送るなど、持ち味を十分に発揮した。長友はフル出場だった。

     MFパパ・アリウヌ・ヌディアエが後半42分に退場となったガラタサライだが、同アディショナルタイムにカウンターからPKを獲得。途中出場のMFセルチュク・イナンが決めてダメを押した。同組のもう一試合、シャルケ(ドイツ)対ポルト(ポルトガル)は1-1の引き分けだったため、首位に立った。10月3日の第2節は、敵地でポルトとの対戦になる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-01936692-gekisaka-socc





    続きを読む

    501: 名無し@サカサカ10 2018/09/19(水) 05:34:35.52
     
    チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が18日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでクラブ・ブルージュに1-0で勝利した。。今シーズン初のベンチ入りを果たした香川は、62分から途中出場し、トップ下でプレーした。

    20180919-00834007-soccerk-000-1-view[1]

     次節は10月3日に行われ、ドルトムントはホームでモナコと、クラブ・ブルッヘは敵地でアトレティコ・マドリードと対戦する。

    【スコア】
    クラブ・ブルージュ 0-1 ドルトムント

    【得点者】
    ドルトムント:プリシッチ(85分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00834007-soccerk-socc









    続きを読む

    このページのトップヘ