UEFAチャンピオンズリーグ

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/17(金) 20:17:44.45 _USER9

    20170317-00564111-soccerk-000-2-view[1]



    アトレティコ (ESP)
    vs
    レスター (ENG)

    ドルトムント (GER)
    vs
    モナコ (FRA)

    バイエルン (GER)
    vs
    レアル・マドリー (ESP)

    ユベントス (ITA)
    vs
    バルセロナ (ESP)

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/draws/round=2000785/index.html

    【【UEFA-CL 】 準々決勝の組み合わせが決定!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/16(木) 20:50:33.86 _USER9

    sci17031619340019-p1[1]



    ナスリは「俺に言わせればあいつは“ズル野郎”だね。もしプレミアリーグでプレーしている、
    イングランド国外の選手がそんなことをしたら、イギリスメディアは“ズル野郎”だと一斉に
    バッシングをすることになるはずだ。あれはそれほど悪質なチートだった」と続け、バーディーの
    行為に悪意があったと強調している。 
      
      
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170316/sci17031619340019-n1.html

    【【CL】セビージャ・ナスリ退場シーンについて「触れてない」「バーディーはズル野郎!」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/16(木) 06:39:03.46 _USER9

    20170316-00563298-soccerk-000-3-view[2]


     チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが15日に行われ、モナコとマンチェスター・Cが対戦した。

     第1戦は敵地で壮絶な打ち合いの末、3-5で敗れたモナコ。アウェイゴール3点は大きく、2-0の勝利でも逆転突破が可能だが、第1戦で2ゴールを挙げたラダメル・ファルカオが負傷欠場となった。先発メンバーにはキリアン・ムバペ、ベルナルド・シルヴァ、ティエムエ・バカヨコらが入った。

     一方のマンCは公式戦11戦無敗と好調を維持。第1戦では5ゴールを奪って勝利したが、アウェイゴールを考慮すると実質1点差で、ジョゼップ・グアルディオラ監督も「ノーゴールで終われば敗退する可能性が高い」というように油断大敵だ。セルヒオ・アグエロ、ダビド・シルバ、ラヒーム・スターリングらがスタメンに名を連ねた。

     試合は開始8分、モナコの先制で動く。バンジャマン・メンディがエリア内左に抜け出して折り返しを入れるが、相手DFにブロックされる。だが、こぼれ球に反応したB・シウヴァがダイレクトで鋭い折り返しを供給。ニアサイドのムバペがGK前で右足に合わせて先制点を奪った。

     先制したモナコが試合の主導権を握ると、29分に追加点を奪う。左サイドのメンディからのグラウンダーのクロスに、中央へ走り込んだファビーニョが右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。モナコが2-0とし、前半の内に2戦合計5-5となった。

     反撃したいマンCは、62分、レロイザネがエリア内左に突破し。深い位置からマイナスの折り返し。中央のアグエロが合わせるが、クロスバー上に外れる。アグエロは65分にもエリア内右でシルバからのパスを受け、フリーで右足シュートを放つが、相手GKダニエル・スバシッチの体を張ったブロックに阻まれた。

     なかなかGKスバシッチの壁を破れないマンCだが、71分に待望のゴールが生まれる。スターリングが右サイドから中央へ切り込み左足シュートを放つが、これは相手GKスバシッチにセーブされる。だが、こぼれ球にいち早く反応したザネが右足で押し込み、1点を返した。

     2戦合計で1点リードされた形となったモナコだが、77分にすぐさま追加点を奪う。右サイドからのFKでトマ・ルマルからのボールに、中央のバカヨコが頭で叩き込みゴール。2戦合計6-6とし、アウェイゴール差で突破できるスコアにした。

     終盤は2戦合計で1点を争う接戦となったが、スコアはここまま動かずタイムアップ。モナコが3-1の勝利で2戦合計6-6とし、アウェイゴール差により逆転でCLベスト8進出を決めた。

    【スコア】
    モナコ 3-1(2戦合計:6-6)マンチェスター・C

    【得点者】
    1-0 8分 キリアン・ムバペ(モナコ)
    2-0 29分 ファビーニョ(モナコ)
    2-1 71分 リロイ・ザネ(マンチェスター・C)
    3-1 77分 ティエムエ・バカヨコ(モナコ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00563298-soccerk-socc

    【【CL】モナコが逆転でCL8強入り!マンC撃破...ファルカオ不在も3発で接戦制す!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/15(水) 11:32:38.62 _USER9

    20170315-00010003-soccermzw-000-1-view[1]


    セビージャとの本拠地第2戦に先発出場 2点目に絡むなど2-0の勝利を導く

    レスター史上初のCL8強に貢献した岡崎を英紙称賛 「真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化」

     レスターの日本代表FW岡崎慎司は、14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セビージャとの第2戦に先発出場し、2点目のきっかけとなるシュートを放つなど精力的な動きを見せた。レスターの2-0勝利と、2戦合計スコア3-2でのクラブ史上初の準々決勝進出に貢献した侍ストライカーは、地元メディアから「絶え間ない真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化した」と称賛されている。

     敵地での第1戦を1-2で落としていたレスターのクレイグ・シェイクスピア新監督は、本拠地キングパワー・スタジアムでの第2戦に向けて岡崎とFWジェイミー・ヴァーディの2トップに運命を託した。ボール支配率32%のレスターは、岡崎の果敢なプレスを起点にして高い位置でのボール奪取を狙っていく。

     前半27分に主将のDFウェズ・モーガンが先制点を奪い、1-0で折り返した後半9分、岡崎がゴールに絡む。左からのスローインを受けた岡崎のシュートは相手にブロックされたものの、このボールがMFリヤド・マフレズに渡りクロス。こぼれ球がMFマーク・オルブライトンのもとに転がると左足を振り抜く。このシュートがニアサイドを突き破り、レスターは2-0とした。

     2点目を導いた岡崎は同19分にFWイスラム・スリマニと交代となったが、観衆からは大きな拍手が送られた。

    リーグ戦では苦しむも“おとぎ話”はまだ続く

     地元紙「レスター・マーキュリー」は選手全員に合格点の8点を与え、クラブ史上初のCL8強に逆転勝利で導いた偉業を讃えている。岡崎は「絶え間ない真実の努力と献身。シェイクスピアの彼への信頼を正当化した」と寸評で絶賛されている。

     一方、英紙「デイリー・メール」では、岡崎はチーム最低評価ながら合格点の7.5点を与えられた。最高点は2点目を決めたオルブライトンとシェイクスピア監督の9点だった。

     昨季の奇跡のプレミアリーグ優勝から一転、リーグ戦では苦しんでいるレスターだが、初参戦ながらCL8強進出に成功。最高の“おとぎ話”は、まだ終幕を見ないようだ。

    Football ZONE web 3/15(水) 9:01配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010003-soccermzw-socc

    【レスター史上初のCL8強に貢献した岡崎を英紙称賛!「真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/15(水) 07:22:03.01 _USER9

    20170315-00010000-goal-000-1-view[1]


    ●チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ
    ユヴェントス 1-0 ポルト

    ■得点者
    ユヴェントス:ディバラ(42分/PK)


    現地時間14日、チャンピオンズリーグのユヴェントスvsポルトが行われた。ポルトホームで行われた第1戦は0-2でユヴェントスが勝利しており、第2戦のユヴェントスホームの一戦はユーヴェが優勢の中で試合が進むことに。

    この試合ではホームのユヴェントスが高いボールポゼッションを記録しながら、ポルトゴールに何度となく迫る展開となる。しかし、欧州カップ戦の出場試合数を175に伸ばしたポルトのGKイケル・カシージャスがビッグセーブを披露し、スコアレスの状態が続く。

    試合の局面が大きく動いたのは40分。相手のシュートをゴール手前で手を使ってブロックしたとして、マキシ・ペレイラが退場処分に。ユヴェントスにPKが与えられ、これをパウロ・ディバラが左足で決めて42分にユヴェントスが先制する。

    後半に入ると、1人少ないポルトはリスクを冒せない状況が続く中、ユヴェントスの猛攻に耐え続ける展開に。その後は互いにゴールネットを揺らすまでには至らず、1-0で試合終了。2試合合計3-0となり、ユヴェントスが準々決勝進出を決めている。

    なお、フルタイムでのボールポゼッションは66-34%、シュート本数は15-9本という内容だった。

    GOAL 3/15(水) 7:15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010000-goal-socc

    【【CL】ユヴェントスがポルトを下しCL8強…ディバラのPK弾で1-0決着!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/15(水) 06:42:31.75 _USER9

    20170315-00562840-soccerk-000-5-view[1]


    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦 2ndレグ

    レスター 2-0(3-2) セビージャ

    【得点者】
    27分 1-0 モーガン(レスター)
    54分 2-0 オルブライトン(レスター)

     現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、レスター・シティはホームでセビージャと対戦。ウェズ・モーガンなどがゴールを積み重ね、レスターが2-0の勝利をおさめている。

     レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はこの日も先発出場を果たした。試合開始して27分、左サイドのFKからゴール前に入れたボールをモーガンが足で合わせて先制点を決める。

     さらに54分、岡崎が放ったシュートが相手にブロックされた後、再びレスターの選手がパスを繋ぎ最後にマーク・オルブライトンがゴールを決めた。岡崎は64分にイスラム・スリマニとの交代でピッチに退いている。

     74分にはセビージャのサミル・ナスリが2枚目のイエローカードを提示されて退場。78分にはセビージャにPKのチャンスを与えてしまうが、スティーブン・エンゾンジが蹴ったボールをGKカスパー・シュマイケルがしっかりとセーブし相手に得点を許さない。

     結局、リードを守り切ったレスターが2-0の勝利をおさめた。1stレグで1-2の敗戦を喫していたものの、これで合計3-2となり、レスターが逆転でベスト8進出を決めている。

    フットボールチャンネル 3/15(水) 6:33配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010004-footballc-socc

    【【CL】レスター、クラブ史上初のCLベスト8進出。岡崎も先発出場で逆転突破に貢献!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/15(水) 00:08:44.93 _USER9

    20170314-00010033-theworld-000-2-view[1]


     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第2戦が14日に開催され、FW岡崎慎司の所属するレスター・シティ(イングランド)はホームでセビージャ(スペイン)と対戦する。レスターを率いるクレイグ・シェイクスピア監督のコメントを欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えた。

     第1戦を1-2で落としたレスターだが、シェイクスピア監督は「アウェーゴールを奪った我々は大きなチャンスをたぐり寄せたと考えている」と敵地で挙げた1点を逆転突破のために生かしたいと話す。

    「特別な試合になるので、スタジアムもしびれるような雰囲気になるはずだ。チームが2つの結果(リバプール戦とハル・シティ戦での連勝)で勢いに乗り、自信を深め、積極的にプレーすることを期待している」

     レスターは今大会のホームゲームで3戦3勝。本拠地のサポーターが作り出す「しびれる雰囲気」を期待するシェイクスピア監督は「PKも練習した。勝ち上がるためにあらゆる手を尽くしたい。たとえ相手が手強くても、やるべきことをやり切るつもりだ。レスターがチャンピオンズリーグで優勝できないはずはない」と自信を込めて語った。

    ゲキサカ 3/14(火) 21:29配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-01637755-gekisaka-socc

    クラウディオ・ラニエリに代わってクレイグ・シェイクスピアが指揮を執っているレスター・シティは、14日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでセビージャと対戦する。1stレグは敵地で1-2と敗れているが、シェイクスピアに代わってからのレスターは全く別のチームになっている。どんな展開になっても不思議はないだろう

    1点のビハインドを跳ね返すためにシェイクスピアがどんな采配を振るうかが注目されるが、英『The Guardian』は1stレグから1人だけスタメンが変更するだろうと伝えた。FWアーメド・ムサから日本代表FW岡崎慎司への変更だ。岡崎はシェイクスピアに代わってからジェイミー・バーディとコンビを組む機会が増えており、昨季と同じ2トップにしたことがレスター好調の理由でもある。

    同メディアは「岡崎が入ってチームにバランスがもたらされた」と伝えており、岡崎の献身性がチームを変えたのは間違いないだろう。ホルヘ・サンパオリ率いるセビージャは後方から積極的にパスを繋いでくるチームだけに、岡崎とバーディのコンビによる強烈なプレスでペースを握りたいところ。

    1stレグは圧倒的に支配されながらバーディがアウェイゴールを1点奪っているが、ホームでの2ndレグでミラクルを起こせるのか。レスターがベスト8に進出すれば非常に興味深い大会となるだろう。

    theWORLD(ザ・ワールド) 3/14(火) 21:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00010033-theworld-socc

    【【CL 】シェイクスピア監督、逆転8強へ自信!岡崎の“ハイプレス“でセビージャ潰しへ!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/13(月) 23:54:32.10 _USER9

    20170313-00000020-goal-000-1-view[1]


    サッカー史に残る伝説の一戦として記憶されそうなバルセロナvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、再試合となるかもしれない。

    バルセロナはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でPSGと激突。ファーストレグを敵地で0-4と大敗しながら、ホームのカンプ・ノウで6-1と勝利し、史上最大の逆転劇を演じてみせた。

    しかし、一方でセカンドレグを裁いた主審のデニス・アイテキン氏には少なくない批判が集まっている。ホームチームに2つのPKを与えた一方で、PSGのためにペナルティースポットを指差すことはなかった。

    PSGファンの一人であるルイス・メレンド・オルメドさんはカンプ・ノウでのスリリングでの戦いが再び行われることを求めているという。

    「主審の判定はPSGにとってあまりに不利で、大きなダメージを与えました。だからこそ、再戦されなければならないと思っています」

    オルメドさんは、『Change.org』というキャンペーンを立ち上げる、もしくは署名を集めることができるサイトで、再戦を呼びかける請願を投稿。すでに20万人がオルメドさんの意見に賛同している。いずれにしろ、今後UEFA(欧州サッカー連盟)はこういった意見や活動を無視できなくなるかもしれない。

    GOAL 3/13(月) 19:38配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000020-goal-socc

    ◇動画スカパー公式ハイライト

    第1戦
    https://youtu.be/klOhkpG7W_A



    第2戦
    https://youtu.be/Kmh0uNA4xH4

     

    【【CL】再試合に!?バルセロナvsパリSGの再戦を求める署名が20万人を超える!一般人が呼びかけ】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/10(金) 19:59:51.32 _USER9

    20170310-00000017-goal-000-3-view[1]



    「パリ・サンジェルマンは本当に甘かった!」

    日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督はかつてPSGを率いたことがある。だからこそ、古巣の失態に我慢ならなかったのかもしれない。

    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、PSGはファーストレグでバルセロナに4?0で大勝した。限りなくベスト8に近い状況でセカンドレグに臨んだのだった。

    しかし、カンプ・ノウでは信じられないことが起こった。87分まで実質3点のリードがあったにもかかわらず、失点に次ぐ失点でバルセロナに準々決勝行きのチケットを奪われてしまったのだ。

    ハリルホジッチ監督は『Goal』の独占インタビューに応じ、この歴史的な一戦を振り返った。とりわけ、PSGに関して、時折、語気を強めながら。

    「今回の敗北は今シーズンだけでなく、この先何代にも渡ってPSGを悩ませることになるだろう。簡単に癒えることのないトラウマとして。プレイヤー、監督、そしてクラブのスタッフ全員が早急に団結する必要がある。そしてリーグ・アンを制するために、最大限の努力をしていかないといけない」

    「カンプ・ノウで起きたことは、私には理解し難い。PSGが精神的に準備できていなかったのかもしれないし、彼らが自信過剰になっていたのかもしれない、または大敗を恐れていたのかもしれない。いずれにせよ、選手がこの敗北を忘れることはないだろう」

    ■拭えない判定への疑問

    CLの歴史上、決勝トーナメントで0?4の大敗を喫しながら逆転を果たしたチームはいまだかつてなかった。要するにファーストレグを終えた時点でPSGのベスト8行きは“当確”だったはずだった。しかし、実際には違ったのだ。

    ハリル監督は古巣の甘い戦術と審判の疑わしい判定によって惨敗を喫し、恥を晒すこととなったと考えている。

    「ファーストレグを見た時はショックを受けた。リオネル・メッシのような歴史上最高の選手を擁するチームがあんなにもひどい戦いをするなんて、信じられなかった。マルコ・ヴェッラッティ、アドリアン・ラビオ、そしてブレーズ・マテュイディは中盤を完全に掌握し、もしエディンソン・カバーニ、アンヘル・ディ・マリア、ユリアン・ドラクスラーの3人がより正確にプレーしていたら、バルサはもっと失点していただろう。しかし、セカンドレグでバルセロナは守備を3枚にするという賭けに出たにも関わらず、PSGは浅はかだった」

    「さらに審判についても言及しなければならない。バルセロナにPKのチャンスを与えたあの2回の警告は果たして本当に正しかったのか? 私はそうは思わない。特にスアレスに対して与えられたファールに関しては、試合中に何百回もある程度のものだった。ハビエル・マスチェラーノのときも同じようなものだったし、ジェラール・ピケのカバーニへのファールはレッドカードでもおかしくなかった。全てがバルセロナ寄りの判定だったと疑わざるを得ない」

    もっとも、レフェリーのジャッジがいかにホームチームよりだったとしても、PSGのパフォーマンスは満足できるものではなかったという。

    「PSGは本当に甘かった! 攻撃をしない、ポゼッションもしない、パスも出さない。彼らは怖気づいて中盤も使わず、リズムも闘志もなかった。ヴェッラッティやラビオが若いのは分かるが、もっと良いプレーをしなければいけなかった。確かに彼らは審判に対して怒る権利がある。しかし、一番責めるべきなのは自分自身だ。特に守備において、彼らは壊滅的だった!」

    ■大敗の要因となってしまったのは…

    そして最後に、ハリルホジッチは一人の選手を名指しで批判した。自身の役割を全うできなかったことに、我慢ならなかったようだ。

    「チアゴ・シウバはキャプテンとしての役割を果たしていなかった。彼はチームの中で一番経験豊富な選手だ。本来ならチームが悪い状況に陥った時、彼が声を出したり、ファールを取ったりして何かしら変えるために行動しなければならなかった。キャプテンとしての自信を持って、苦しい時間にこそ他の選手たちを落ち着かせるべきだった。だが私の目には、シウバは自信を失っているように見えたよ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000017-goal-socc

    【日本代表ハリル監督がバルサ対PSG戦を切る!“疑惑の判定”への見解は…】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/10(金) 14:02:18.34 _USER9

    20170310-00010020-footballc-000-2-view[1]



    現地時間7日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、バルセロナはホームでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し6-1の勝利をおさめた。歴史的な大逆転劇で幕を閉じた試合だが、その余韻もつかの間、英メディア『ユーロスポーツ』が試合の分析を始めている。

     同メディアはタイトルに「スアレスダイブ? マスチェラーノハンド? 審判の判定に対する我々の評決」とつけて、いくつかの問題点を挙げた。まず、試合開始して3分にバルセロナのルイス・スアレスが先制点を決めたシーンについては、オフサイドポジションにいたとして「オフサイドだった」と結論付けている。

     また、ハビエル・マスチェラーノがクロスボールをブロックした際にボールが明らかに手に当たっていたとして「ハンドだった」と指摘した。本来であればPSGがPKのチャンスを獲得していたという。

     そして、ネイマールが自ら仕掛けてPKを獲得したシーンについては、PSGのディフェンダーが頭で引っ掛けるようにしていたとして「正しい判定だった」と主張している。67分にスアレスがペナルティエリア内で倒れてイエローカードを提示されたシーンに関しても「正しい判定だった」とした。

     一方で、後半終盤にスアレスが倒されてPKとなったシーンに関しては「間違いだった」と指摘した。すでに1度スアレスがダイブしてイエローカードを提示されていたことが、審判の判断を狂わせた可能性があるという。また、後半アディショナルタイムが5分あったことに関しては「正しかった」と結論付けている。結果的にバルセロナが6-1の勝利をおさめたが、審判の判定一つで全く違う結果になっていたかもしれない。

    フットボールチャンネル 3/10(金) 13:51 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170310-00010020-footballc-socc  

     
     

    【【CL】バルセロナのPK・先制点・ハンド見逃しなど”問題点”…英紙が審判の判定を分析! 】の続きを読む

    このページのトップヘ