サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    日本代表

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/22(木) 23:59:30.86 _USER9

    20180222-00000017-spnannex-000-1-view[1]


    吉田麻也は復帰まで5週間…ペジェグリーノ監督が見通し明かす

    16日の練習中に左膝内側側副じん帯を痛めたサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(29)について、ペジェグリーノ監督は22日の会見で復帰まで5週間かかる見通しを明かした。

     吉田が欠場した17日のFA杯5回戦ウェストブロミッジ戦後、指揮官は「昨日(16日)の練習で麻也はカリージョとぶつかり膝を少しひねった。重傷ではない」と説明。吉田は18日に自身のブログを更新し「残念ですが更にパワーアップして帰ってきたいと思います」と記していた。

     日本協会の西野技術委員長は3月末のベルギー遠征(23日・マリ戦、27日・ウクライナ戦)について「(W杯前)最後の欧州遠征なので万全でなくとも呼びたい」と強行招集の意向を示していたが、出場は絶望的となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000164-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/21(水) 08:52:14.30 _USER9

    no title


    本田を生チェック 特命受け手倉森コーチメキシコへ
    2018年2月21日7時42分
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201802200000704_m.html 
     
    日本サッカー協会の手倉森誠コーチ

     日本代表の手倉森誠コーチ(50)が20日、メキシコ1部パチューカFW本田圭佑(31)の状態を確認するため出国した。

     現地ではリーグ戦1試合とメキシコ杯2試合を視察予定。昨年9月のW杯ロシア大会アジア最終予選サウジアラビア戦を最後に代表から遠ざかる本田を、
    3月のベルギー遠征(23日マリ戦、27日ウクライナ戦=ともにリエージュ)に招集するのかどうか。現在リーグ後期の全8試合に先発し、3得点4アシストと好調の男を生で見極める。

     手倉森コーチは「クラブ関係者とも話をさせてもらう」と明かし、より詳細に近況をつかむため羽生直行通訳(42)も同行。練習も見学し、アロンソ監督ら首脳陣から情報を集める。本人とは面談や会食を予定。

     ハリルホジッチ監督から本田の試合を映像で見た感想を預かっており「本人に伝えたい」と特命も担う。香川、清武ら負傷者が相次ぐ中で本田への期待が相対的に膨らんでいるようだ。

     日本協会は、本田が負傷していた昨年8月に医療スタッフを派遣したことはあったが、コーチを送り込むのは初めて。
    昨年12月に国内組で優勝を逃した東アジアE-1選手権の後、すぐのミーティングでハリルホジッチ監督から本田チェックを命じられたという。
    指揮官も、同月の離日時に「(メンバー選考に)偶然性がないよう、メキシコにもスタッフを派遣する準備はある」と話していた。
    それを受け、橋渡し役を任された手倉森コーチは「代表から離れすぎて、今の圭佑が何を思い描いているのか分からない。聞いて持ち帰りたい」と思いを確かめる。

     一方、欧州組視察中のハリルホジッチ監督ら外国人スタッフが不在で、自身も23~25日のJ1開幕戦を見られないことに
    「心苦しいが、いいW杯イヤーの入り方をしてほしい。平昌(五輪)が終わればロシア。サッカーで日本を元気にする意欲を、サッカーにかかわる全員が持ってほしい」
    と国内組も気にかけて、機上の人になった。【木下淳】

    続きを読む

    名無し@サカサカ10 2018/02/19(月)

    20180217-00035780-sdigestw-000-6-view[1]


    ポルトガル1部のポルティモネンセで活躍するFW中島翔哉は、来月行われる欧州遠征に向けて日本代表に招集される可能性があるかもしれない。ポルトガル紙『レコルド』が伝えている。

     中島は現地時間16日に行われたポルトガル1部リーグ第23節のフェイレンセ戦で1ゴール1アシストを記録して勝利に貢献。これで昨夏のポルトガル移籍以来9ゴール5アシストを記録したことになった。

     この試合には、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の“右腕”であるコーチのジャッキー・ボヌベー氏が視察に訪れていた。『レコルド』によれば、同氏は中島の活躍に非常に好印象を持った様子だという。

     ボヌべー氏は25日に行われる次節、強豪ポルトとの一戦も視察する予定とのことだ。日本代表は3月に欧州遠征を行ってマリ代表、ウクライナ代表との国際親善試合を行うことを予定しており、中島がこの2試合に招集される可能性もあるかもしれない。

     U-23など各年代の代表チームでプレーしてきた中島だが、A代表への招集経験はない。ポルトガルで好調を維持し、代表でもハリルホジッチ監督にアピールすることができれば、ロシア・ワールドカップ出場への道も開けてくるかもしれない。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180218-00256841-footballc-socc


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/15(木) 18:20:30.97 _USER9

    20180215-00010018-soccermzw-000-3-view[1]

    2/15(木) 18:13配信
    世界上位17カ国に変動なし、ドイツか6回連続で1位の座を死守

     国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新のFIFAランキング(2月分)を発表した。


     1月の発表時に56位だった日本は55位に浮上したものの、アジア三番は変わらなかった。アジア全体では、イランが34位から33位となり依然としてトップをキープ。オーストラリアは36位で変わらず、前回同様にアジア二番手となった。前回59位の韓国は58位、同65位のサウジアラビアは64位。6月のロシア・ワールドカップに出場する5カ国がアジア上位を占めた。

     世界の上位国では、ドイツが9月発表分から6回連続1位でトップの座を死守。2位ブラジル、3位ポルトガル、4位アルゼンチン、5位ベルギーをはじめ、上位17カ国に変動はなかった。

     また6月のロシア・ワールドカップ出場32か国で見ると日本は29番手となり、その下は韓国、ロシア、サウジアラビアとなっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00010018-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/14(水) 18:55:40.65 _USER9

    20180214-00000123-dal-000-6-view[1]


    2/14(水) 18:47配信
     サッカー元日本代表監督で、現アルワフダ(UAE)監督のハビエル・アギーレ氏(59)に対し、試合結果を操作したとしてスペイン検察庁が懲役2年、さらに6年に渡りサッカーに関するあらゆる活動ができないよう求刑するという。14日のスペイン紙マルカが伝えている。


     記事によると、金品の譲渡・受け取りにより試合結果を操作したとされる2010-11シーズンのレバンテ-サラゴサ戦の選手・監督すべてに同処分が求められる見通し。対象者はかなりの数にのぼるとみられ、アトレチコ・マドリード主将のMFガビ、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のMFアンデル・エレーラ(以上、当時サラゴサ所属)、現在レスター(イングランド)で日本代表FW岡崎と同僚のMFイボーラ(当時レバンテ)らの名前が挙がっている。なおサッカー界の関与禁止はあらゆる国のあらゆる役職が対象になるため、事実上の業種からの追放になる。

     もっとも、仮に実刑判決が言い渡されたとしても前科がなければ、実際に収監される可能性は高くないという。ただし同氏はエスパニョール指揮当時の13-14シーズンのオサスナ戦についても同様の嫌疑がかけられているため、こちらでも有罪判決が出た場合には収監が避けられない状況が考えられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000123-dal-socc

    続きを読む

    979: 名無し@サカサカ10 2018/02/10(土) 16:32:16.30


    w640_h480_585b8464-d1c4-4333-ad15-52d9d3093d95[1]


    W杯が終わったら怒涛の親善試合ラッシュがある模様(対戦相手はいずれも未定)

    こんなに親善試合やる必要あるの?という疑問はあるが


    9/7(金)  札幌ドーム
    9/11(火)  パナソニック スタジアム 吹田
    10/12(金) デンカビッグスワンスタジアム
    10/16(火) 埼玉スタジアム2002
    11/16(金) 大分スポーツ公園総合競技場
    11/20(火) 豊田スタジアム

    続きを読む

    このページのトップヘ