サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    日本代表

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:02:31.40 _USER9

    20170427-00000014-ism-000-1-view[1]


    【ロンドン=風間徹也】国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は26日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会でビデオ判定を初めて導入する意向を示した。 
      
    AP通信が報じた。 
      
    ビデオ判定は、得点やPKなど試合に与える影響が大きいプレーを対象に、主審が必要と判断した場合、複数の映像を判定に役立てる。昨年、日本で行われたクラブW杯などで試験導入されている。インファンティノ会長はチリのサンティアゴで行われた南米連盟総会に出席し、「とても前向きな結果が出ている。誤審を防ぐことで、試合がより公正に行える」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00050042-yom-socc

    【W杯ロシア大会、ビデオ判定導入…FIFA会長は導入する意向】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 19:35:14.27 _USER9

    20170416-00000150-spnannex-000-1-view[1]


    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が26日、アジア・チャンピオンズリーグの浦和―Wシドニー戦(埼玉)を視察に訪れた。会場に着いて、報道陣に対応したハリル監督は25日のスイス1部プレーオフ、ズルテ・ワレヘム戦で3戦連続となるゴールをマークしたFW久保裕也(ゲント)について「今のところ決定的な仕事をして得点をとっていますね。シーズンで20得点挙げた。悪くない」と評価した。 
      
    また、23日にイタリアのセリエA、エンポリ戦でリーグ戦17試合ぶりに出場したFW本田圭佑(ACミラン)についても、「2分でも2回の得点チャンスを作った。しっかりトレーニングしてしっかり気持ちが入っていた」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000154-sph-socc

    【ハリル監督が久保裕也を絶賛!「決定的な仕事をして得点をとっている」…本田も評価】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 14:09:58.36 _


    e316e2fe-1521-42e0-b255-8d6fbf18ce9c[1]


    2018年のロシアワールドカップ、アジア最終予選でグループBの首位に立っている日本代表。

    ただ、2位サウジアラビアとは同勝ち点。3位オーストラリアとも3ポイント差であり、
    ともに直接対決を残していることを考えると予断を許さない状況に変わりはない。

    UAEにホームで衝撃の敗戦を喫したのが昨年9月のこと。
    その後の緊張感漂う試合の連続に「これぞまさにワールドカップ予選!」と感じている人も少なくないだろう。

    そうしたなか、日本代表のオフィシャルサプライヤーであるadidasから、とっても気になる画像がリークされた。

    日本代表 新ユニフォーム?

    http://qoly.jp/media/e316e2fe-1521-42e0-b255-8d6fbf18ce9c

    adidasのロゴが入った青いシャツ。その袖に、これは…炎…!?

    実はadidas、先週からSNS上でこんなキャンペーンを開始している。

    https://twitter.com/adidasFTB_jp/status/855345376949350405
    https://twitter.com/adidasFTB_jp/status/855632261135437825

    『あの日の炎は、消えたのか。』というキャッチコピーとともに、香川真司と清武弘嗣が登場。「20年前」と言えば1997年。
    ワールドカップ初出場に向け、日本中が一つになっていたあの頃だ。

    https://twitter.com/adidasFTB_jp/status/856432535164903424

    さらには14番、岡野雅行のユニフォーム。「#あの日の炎」「#ヨビサマセ」というハッシュタグも意味深すぎる…。

    その前には、日本だけでなく世界のサッカーに大きな影響を与えてきた漫画『キャプテン翼』から、いくつかの名シーンが紹介されていた。

    https://twitter.com/adidasFTB_jp/status/854621061798912001
    https://twitter.com/adidasFTB_jp/status/854983012731293696
    https://twitter.com/adidasFTB_jp/status/855254782210125825

    「勝った者が強いんだ!!」 ドイツ代表のシュナイダーくんが言うと今更ながらに説得力がある。

    ちなみにadidasはご存知の通りドイツのメーカーだ。

    http://qoly.jp/media/49eb557c-df96-4f7f-b77c-545b0056b0b0
    http://qoly.jp/media/2260d4de-acb1-4b6e-b924-bdeac4fad38a

    20年前の日本代表、そして“夢”や“炎”に因んだ今回のキャンペーン。

    …どうやら近いうちに何らかの発表がありそうだ。

    http://qoly.jp/2017/04/25/japan-2017-adidas-kit-leaked-oks-1?part=2

    【日本代表、新ユニ画像がリーク!?あの「炎」のモデルが復活?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/25(火) 18:34:17.28 _USER9

    20170425-00024968-sdigestw-000-4-view[2]


    5月のU-20ワールドカップに出場するU-20日本代表が、登録メンバー発表前最後の国内キャンプを行なった。何人かの主力がいなかったけど、最終選考の意味合いもあっただけに、選手たちは必死の想いでキャンプに挑んだのではないだろうか。 
     
    トレーニングマッチでは、メンバーを落としたJ2の千葉に4-1で快勝した。個々の調子を見極めるという点では問題ないにせよ、強化試合としてはいかがなものか。せめてJ1のクラブと戦って、現時点で自分たちはどこまでできるかを知る機会にしてほしかった。
      
    今年に入ってからの活動は、3月の国内合宿とドイツ遠征があったとはいえ、今後は壮行試合も予定されていないという。5月上旬のメンバー発表、国内合宿を経て、韓国入りするわけだから、壮行試合はできたのではないか。
      
    なでしこジャパンはキリンチャレンジカップでコスタリカ女子代表と戦ったけど、U-20代表の国際試合を組むぐらいの仕事も協会にはしてほしかったよ。 
      
    本大会では、最低でもグループリーグ突破がノルマだ。この世代の選手たちは、ほとんどが無名だと思う。選手たちの写真を、渋谷あたりに集まっている人に見せて、果たして何人が名前を言えるか疑問だよ。
      
    U-20代表は厳しいアジア予選を1位で突破しているのに、反響は薄かったよね。世間一般の認知度はおそらく低いはず。その現実を前にして、自分たちの存在を強くアピールするためには、とにかく本番で結果を出すしかないんだ。 
      
    決勝トーナメントに進めなければ、メディアに取り上げてもらえず、たいした話題にもならないまま、フェードアウトしてしまうだろうね。帰国の途に就いた選手たちが、所属クラブに戻ってレギュラー争いを勝ち抜けるかどうか不安だ。 
      
    A代表に引き上げたくなるような候補者も出て来ないんじゃないかな。日本サッカーの底上げを考えても、せっかくの世界大会に“参加”するだけではダメなんだ。

    ◆U-20代表を“若手”と表現することには違和感を覚える。 
      
    今回のチャンスを生かすも殺すも、彼ら次第。ここで活躍できれば、A代表入りや海外移籍など、いろんな道が拓けるかもしれない。
      
    できるだけ多くの人たちに知ってもらいたいのも、この世代の選手たちはそのまま2020年の東京五輪で中心となるメンバーだから。その前哨戦とも言える国際大会で失敗したら、3年後のビッグイベントに向けて勢いが削がれてしまうよ。
      
    注目度が低いまま五輪を迎えても、盛り上がりに欠ける可能性がある。メダル獲得への強化という意味でも、世界の舞台で自分たちは戦えるんだという自信を掴んでほしい。 
      
    グループリーグでは、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと戦う。3か国を比較して、一番力が劣ると見られる南アフリカと初戦で当たるのは、悪くない。ここでしっかりと勝利を収めて好スタートを切れれば、チームも乗ってくるはず。もちろん、簡単なゲームはひとつもないけど、こういった大会は初戦が重要になってくるからね。 
      
    世代別の国際大会は、サッカー選手のキャリアを築くうえで、貴重な経験になる。ただし、U-20代表の面々を“若手”と表現することには違和感を覚えるよ。
      
    先日のチャンピオンズ・リーグ準々決勝のドルトムントとモナコの試合で、2試合合計で3ゴールを決めてベスト4進出に貢献したモナコのムバッペ、あるいは本田の所属するミランで正GKとしてバリバリやっているドンナルンマは18歳だ。
      
    世界を見渡せば、トップレベルで活躍している10代の選手は少なくない。でも、日本ではいまだ20歳前後の選手たちを若手と括ることで、即戦力でなくても仕方がないという風潮があるよね。 
      
    例えば、一般企業では大卒の22~23歳は新人と呼ばれる。こうした概念が多分に影響しているのかもしれない。世間的にはそうかもしれないけど、サッカー界は違うんだ。

    つづく

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00024968-sdigestw-socc&p=1

    【セルジオ越後、U-20代表の写真を見せて、名前が分かる選手が何人いるか疑問だよ】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/20(木) 07:24:38.09 _USER9

    20170407-00010016-soccermzw-000-5-view[1]

    サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が、親善試合・シリア戦(6月7日、東京ス)の先発メンバーを欧州組中心に構成する策を温めていることが19日、分かった。

    FW本田圭佑(30)=ACミラン=やFW岡崎慎司(31)=レスター=ら出場機会の少ない選手を積極的に起用し、試合勘を養うのが目的。
    チーム全体のコンディションを底上げし、18年ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦(同13日、イラン・テヘラン)での必勝を狙う。

    6大会連続W杯出場へ、ハリル監督が欧州組の再生に着手する。W杯アジア最終予選・イラク戦の前哨戦となる親善試合・シリア戦。
    協会関係者は「(欧州組は)出場機会が少ない選手も多い。試合勘を高める格好の場」と位置づけ、指揮官が欧州組を中心に臨む布陣を考えていることを明かした。

    FW本田や岡崎ら所属クラブで出場機会が限定されている欧州組にとって、試合勘を取り戻すための最高の機会になりそうだ。

    W杯出場には欧州組の復活が欠かせない。直近のタイ戦(3月28日)は、MF山口蛍(26)=C大阪=とDF森重真人(29)=F東京=を除き、先発9人を占めた。
    特に久保裕也(23)=ゲント=や原口元気(25)=ヘルタ=が台頭したFWは、メンバー発表ではハリル体制下で初めて欧州組だけで固められ、依存度が増す一方だ。

    日本サッカー協会は5月下旬~6月上旬に約1週間、関東近郊で欧州の代表候補を集めた合宿を計画。香川真司(28)=ドルトムント=や宇佐美貴史(24)=アウクスブルク=らの招集が見込まれる。
    ともに右膝を手術し、リーグ戦復帰が近いDF内田篤人(29)=シャルケ04=の出場や、リハビリに励むMF長谷部誠(33)=フランクフルト=の練習参加もあり得る。

    国内組はJ1の試合から中2日となるため、センターバックやボランチなど欧州組で補えない位置を一部の選手が埋め、疲労回復を最優先にする方向。
    狙いは海外組再生だ。3月のW杯最終予選で、ハリル監督は「試合に出ていない選手は呼ばない」という信条を曲げ、本田らを招集した。

    「今の代表には彼の存在が必要」と断言し、本田ら欧州組への信頼を落としていない。W杯出場へ、再生工場を最善策と判断した。

    スポーツ報知 4/20(木) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000036-sph-socc 
     

    【ハリル監督秘策!6・7シリア戦で「欧州組リハビリ」出場機会減の出場機会の少ない選手ら先発】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/20(木) 07:45:43.09 _USER9

    20170419-00000007-tospoweb-000-2-view[1]


    【武田修宏の直言!!】ドイツ1部リーグのドルトムントに所属する日本代表10番、MF香川真司(28)は一時期のスランプを抜け出したね。最近はスタメンに定着した感じだし、ゴールも決めている。地元メディアからも高い評価を受けて、まさに絶好調でしょう。 
      
    試合を見たけど、香川は1トップの後ろ、2シャドーのポジション。2列目からテンポ良くゴール前に飛び出していけるし、密集地でも相手をかわしてシュートに持ち込める。クロスに対しての反応や位置取りも抜群。これだけ決定的な仕事ができるんだから、もう完全復活だね。 
      
    ドイツでの活躍は自身のパフォーマンスに加えて、チーム内の役割が決まっているからじゃないかな。ボールを持ったら前を向いて仕掛け、チャンスをつくり出すことが最大の使命。香川のリズムでチームが動くし、守備のときも負担は少ないから、攻撃に移ったときにフルパワーを発揮できている。 
      
    欧州CLでも好パフォーマンスを見せているけど、ハリルジャパンでの試合では、なぜかいまひとつでしょ? それは代表での役割があいまいだからだと思うね。日本代表はチームの戦い方として攻守両面の決め事がほぼないので、ただボールを追いかけているだけに見えるし、香川もあまりフィットしていない。 
      
    ドルトムントが香川の長所を生かしながら戦術を練っていることを考えると、日本代表はせっかくの“戦力”をうまく使い切れていない。本当にもったいないし、宝の持ち腐れじゃないのかな。

    東スポWeb 4/19(水) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000007-tospoweb-socc

    【武田氏、完全復活した香川がなぜ代表にフィットしないのか?「代表での役割があいまいだからだと思うね」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/20(木) 12:08:47.46 _USER9

    20170406-00082621-playboyz-000-view[1]


    Jリーグ開幕からもうすぐ2ヵ月。鹿島や浦和など優勝候補が上位に顔を並べるなか、昨季7位の神戸が健闘している。

    オフに昨季11得点のFWペドロ・ジュニオールが鹿島に移籍。さらに開幕戦で昨季得点王(19得点)のFWレアンドロが、全治6ヵ月の大ケガをして戦線離脱。攻撃の軸をふたりも失ったのだから、普通に考えれば戦力ダウン。下位に低迷してもおかしくない。

    でも、さすがはキャリアも実績もあるネルシーニョ監督だね。監督就任3年目とあって、守備をベースにした手堅いサッカーがチームに浸透。また、地味ながらも各ポジションに的確な補強を行ない、チーム内にいい競争をもたらしている。

    韓国代表の正GKであるキム・スンギュを中心とした守備陣は粘り強く、19歳のMF中坂などチャンスを与えた若手も結果を出している。開幕前、ネルシーニョ監督は「今年はいける」と自信を見せていたけど、なるほどという感じだ。

    ただし、シーズンはまだ始まったばかり。これまでの対戦相手を見ると、浦和以外の“強豪”と戦っていない。そして、その浦和にはホームで完敗している。勝つべき相手にはきっちり勝っているけど、今後、上位チームと対戦したときにどうなるか。元ドイツ代表のFWポドルスキが合流予定の夏まで踏ん張れれば面白いし、リーグ全体が盛り上がる。期待したいね。

    選手個人でいえば、横浜F・マのMF齋藤のプレーに驚かされている。昨季も十分に活躍していたけど、今季はさらに化けた。サイドからのドリブル突破に加え、今季は相手を引きつけてからの正確なパスでもチャンスをつくり出している。ドリブルで勝負するのか、パスを出すのか、状況に応じた判断が的確で、プレーの幅が広がった。常に前を向いているし、今、Jリーグで一番守りにくい選手じゃないかな。(中村)俊輔との新旧10番対決が注目された磐田戦(第6節)での2アシストは、どちらも本当に素晴らしかった。

    精神面での成長も見逃せない。試合中は味方に大きな声で指示を出しているし、インタビューの受け答えからも「俺がチームを勝たせる」という気持ちが伝わってくる。磐田戦では先輩の俊輔も“削って”いた。なんというか、貫禄が出てきたよね。

    今オフ、齋藤は欧州移籍を模索し、チームへの合流が遅れた。それにもかかわらず、モンバエルツ監督は主将を任せ、背番号10も背負わせた。よく「立場が人をつくる」というけど、27歳の彼の変わりようには驚くしかない。そこは監督の判断が素晴らしかった。

    3月のW杯最終予選前にも「齋藤を日本代表に招集すべき」との声があったけど、その後もプレーの勢いは落ちていないし、6月の代表戦ではぜひ彼のプレーを見たい。十分戦力になると思う。

    ちなみに、齋藤ほどの活躍はできていないけど、個人的には鹿島のFW鈴木にも注目している。体の強さ、スピード、技術があって、強気の性格で負けず嫌い。そして目立ちたがり屋。ストライカーに必要な要素をすべて持っている。まだまだ粗削りだけど、20歳という年齢を考えれば、一気に伸びる可能性もある。面白い存在だね。

    Jリーグで勢いのある選手が出てくることは、日本代表にプラスの影響しかない。齋藤に限らず、ほかの選手もどんどん自分をアピールして、ハリルホジッチ監督を悩ませてほしい。

    (構成/渡辺達也)

    週プレNEWS 4/20(木) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170420-00083303-playboyz-socc 
     

    【「代表で十分戦力になる!」セルジオ越後が期待する二人のアタッカーとは?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/19(水) 10:15:12.62 _USER9

    20170419-00000055-sph-000-2-view[1]


    フジテレビは19日、5月に韓国で行われるFIFA U―20ワールドカップの日本戦を、
    CS放送の「フジテレビONE/TWO/NEXT」で生中継すると発表した。

    日本は昨年のAFC U―19選手権バーレーン2016で優勝し、2007年以来5大会ぶりの本大会出場を決めている。

    出場メンバー21人は5月上旬に発表されるが、
    東京五輪世代のエース・FW小川航基(19)=磐田=をはじめ、F東京U―18のFW久保建英(15)の飛び級招集も期待されている。

    フジテレビでは、5月20日の開幕(韓国・ギニア)戦と、グループDの日本戦(21日・南アフリカ、24日・ウルグアイ、27日・イタリア戦)を
    いずれも生中継。有料インターネットチャンネル「フジテレビONE/TWO/NEXTsmart」でも生配信する。

    決勝トーナメント(T)は、グループFまでの上位2チームと、各3位の成績上位チーム4つの16チームが進出する。
    同局は、日本が決勝Tに進出した場合はもちろん、準決勝以降の3位決定戦を含む4試合も中継・配信する。

    スポーツ報知 4/19(水) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000055-sph-socc
     

    【フジテレビがFIFA U20W杯の日本戦を「フジテレビONE/TWO/NEXT」で生中継すると発表!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/17(月) 22:03:49.01 _USER9

    20170416-00000150-spnannex-000-1-view[1]

    日本サッカー協会がイラク協会に要求していた6月13日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選・イラク戦の会場変更を拒否されたことが判明した。 
      
    政情不安でイラクはホームゲームの自国開催ができないため、第3国イランの「シャヒード・ダストゲルディ・スタジアム」での開催が確実で、
    近日中に正式発表される見通し。ピッチ状態や中継設備の問題などから、日本協会は4月上旬にスタジアムの変更を提案していたが、
    先週末に応じられないとの文書が届いていた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/04/17/kiji/20170417s00002014287000c.html

    【ハリル監督無念…イラク戦の会場変更かなわず!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/17(月) 18:02:53.98 _USER9

    20170416-00000150-spnannex-000-1-view[1]


    日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、アジアでの挑戦は過去アフリカでの2カ国と全く異なるものであると考えているようだ。『FIFA.com』のインタビューで明かした。

    過去にコートジボワール、アルジェリアを率いた経験を持つボスニア・ヘルツェゴヴィナ人指揮官は、どちらもワールドカップ出場に導いてきた。特に2014年のブラジル・ワールドカップではアルジェリアをベスト16に躍進させ、世界中から手腕を高く評価されている。

    ハリルホジッチは日本人がアフリカ人とは異なっている点で助かっていることもあると明かした。

    「日本人は仕事にしっかりと取り組む、まじめで尊敬に値する人々だ。その姿勢は、私の指揮官としての仕事を遂行するうえで本当に助かっている」

    「地域レベル、国レベルのものとされるいくつかの問題に直面したが、より戦術的にそして身体的な取り組みによってそれを補おうとしている。技術レベルはとても高いが、身体的なところでさらに多くを求めている。2018年W杯出場が達成されれば、それは日本のフットボール全体にとっての進展と言えるだろう」

    また、どこの国や地域にも強みと弱点があり、異なるアプローチを取る必要があると話した。

    「私はアフリカで指揮を執ってきたが、アフリカの選手たちは強靭なフィジカルを持っており、彼らはピッチ上に居座ることができる。北アフリカの選手は個々のテクニックが非常に長けていて素晴らしいが、規律という点に目を向けると、そこは日本が非常に秀でている。ここに来てからは選手と問題を抱えたことがなく、これは本当に敬意を払うべきことだ。どんな国、どんな地域にも強みと弱点というものがあり、またそれぞれ独自の試合へのアプローチの仕方がある」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000022-goal-socc

    【ハリルが日本代表を率いる上で助かっていること…アフリカ人との差異にも言及】の続きを読む

    このページのトップヘ