サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    W杯 アジア予選

    1: 名無し@サカサカ10 2017/10/04(水) 09:56:06.44 _USER9

    20171003-00010014-soccermzw-000-7-view[1]


    ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でグループB・3位に終わったオーストラリア代表は、同A・3位のシリア代表と10月5日、10日にホーム&アウェーのプレーオフを戦う。シリアの政情不安を受けて、第1戦はマレーシアで開催されるが、英紙「ザ・サン」は「なぜオーストラリアはアジアで戦っているのか?」と特集した。

     オーストラリアは1966年にオセアニア連盟(OFC)に加盟。オセアニアにはW杯の自動出場権が与えられていないなか、1974年には韓国、2006年にはウルグアイとの大陸間プレーオフを制して本大会出場を果たした。その後、05年にOFC脱退とAFC加盟が決定、FIFA(国際サッカー連盟)も速やかに転籍を承認し、06年1月から「AFC加盟国」となることが決まった。10年、14年には“アジア代表”として2大会連続で世界の舞台にも立っている。

     そんななか、サッカー発祥の地・英国紙「ザ・サン」は、W杯アジアプレーオフを前に改めてオーストラリアの立ち位置について着目。「オーストラリアはアジアプレーオフでシリアと戦う準備を進めている。しかし、地図を見てみると、なぜこの両チームが対戦するのか不思議に思うファンもいるだろう」と言及し、「なぜFIFAは所属大陸の転籍を許可したのか?」と疑問を呈している。

    転籍後は2大会連続出場を果たしているが…

     記事では、オーストラリアがOFC所属時代に1966年(対北朝鮮)、70年(対イスラエル)、86年(対スコットランド)、94年(対アルゼンチン)、98年(対イラン)、2002年(対ウルグアイ)と大陸間プレーオフで敗退していることに言及。そして、06年に前回敗れたウルグアイを破って本大会出場権を得たことを触れるとともに、OFC脱退以降は10年W杯にニュージーランド、13年にはコンフェデレーションズカップにタヒチ、16年のリオデジャネイロ五輪にはフィジーとオーストラリアに比べてマイナー国が出場を果たしていることを報じた。

     逆に、オーストラリアが加入したアジアでは中東勢が割を食っているという。過去2大会、中東勢ではイランがW杯出場したのみと“オーストラリア・ショック”が顕著。煽りを食らった中東諸国が加盟国再編を求めるのではと憶測が流れた時期もあった。

     奇しくも、今予選はイラン(グループA・1位)、サウジアラビア(グループB・2位)と中東2か国が本大会進出を決め、オーストラリアはシリアとプレーオフを戦うことになった。果たして、サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)は4大会連続5回目となるW杯への切符を手にできるだろうか。


    10/3(火) 20:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-00010014-soccermzw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171003-00010014-soccermzw-000-4-view.jpg

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/10(日) 18:26:49.44 _USER9
    2017-09-10 13:50

    アジアサッカー連盟(AFC)が刃を向けた対象は、イランではなくサウジアラビアであった。

    英国のサッカー専門メディア「インサイド・ワールド・フットボール」は10日、カタールの放送局
    ビーインスポーツの内部消息筋を引用し、6日に行われたロシアワールドカップ
    アジア最終予選B組第10戦のサウジアラビア対日本戦で中継が妨害された疑いでAFCが調査に着手したと報道した。

    AFCは最終予選が終わった直後の6日、最終予選最終節に中東の試合で重大な違反があったという報告があり、調査を開始したとの声明を発表した。

    当初この声明は、政治的に密接なイランとシリアがA組最終予選第10戦で2-2で引き分けた試合を
    指すのではないかという観測が出たが、実際には別の問題であったことが明らかになった。

    サウジアラビアは日本との最終戦を控え、ロシアワールドカップ最終予選の中継権を持っている
    ビーインスポーツの取材陣の競技場への入場を防いだ。サウジアラビアが6月からアラブ首長国連邦(UAE)、
    バーレーン、イエメンなどの中東諸国と一緒にカタールとの国交を断絶したためである。

    サウジアラビアサッカー協会は「日本との最終戦で競技場に入れなかったメディアはない」と発表したが、
    ビーインスポーツ側は「少なくとも1人以上の記者が競技場に入れなかった」と反論した。

    AFCは、今回の事態が政治的中立性を強調する国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反したかどうかをチェックしている。
    かろうじてワールドカップ本大会出場チケットを獲得したサウジアラビアが退出される可能性もある。
    FIFAは2015年10月、クウェート政府がサッカー協会などの体育団体に行政介入ができるように
    法律を改正したため資格停止処分を下し、FIFAが主催するすべての大会でクウェート代表の出場を停止した前例がある。

    http://sports.khan.co.kr/sports/sk_index.html?art_id=201709101348003&sec_id=520401

    Rights and wrongs: AFC steps in to investigate row at World Cup qualifier
    http://www.insideworldfootball.com/2017/09/08/rights-wrongs-afc-steps-investigate-row-world-cup-qualifier/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/08(金) 16:49:33.65 _USER9
    9/8(金) 16:37配信 J-CASTニュース

    AFCは規約違反を調査する(画像はAFC公式サイトから)

     ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選で規約違反の報告があったとして、アジア・サッカー連盟(AFC)が調査に乗り出した。

     AFCは具体的にどの試合で何があったかは明示していないが、違反の可能性を指摘しているのは第10節(最終節)の試合。サウジアラビアで行われた日本戦や、ウズベキスタン対韓国戦などがある。

    ■「規約違反の報告に対し、包括的な調査を約束する」

     AFC公式サイトは2017年9月7日、「規約違反の報告に対し、包括的な調査を約束する」というプラテル・パフル副会長の声明を公式サイトで発表。「西アジア地域」の試合で問題があったとしている。

     前日6日にAFCは、「5日の最終予選の試合で規約違反の報告を受けたため、調査を開始した」と同サイトで発表していた。発表文では「AFCは政治的・宗教的問題において中立である」とするAFC規約3条、「加盟国協会は第三者からの不当な影響を受けることなく、独立して業務管理する」と定めた同14条を記載しており、これらの条文と関係している可能性がある。

     また7日の発表では、調査にあたりマッチ・コミッショナーやAFC加盟国協会など関係者に対して「会計書」を提出させる予定としており、金銭絡みの可能性をにおわせている。

     いずれの発表でも、どの試合で何があったかなど「規約違反」の詳細は示されておらず、日本のインターネット上ではさまざまな憶測が飛び交っている。

     多いのはウズベキスタン対韓国戦での「無気力試合」疑惑。勝ち点2差でグループA 2位の韓国(勝ち点14)を追っていたウズベキスタン(同12)は、ホームでのこの直接対決に勝てばシリア(同12)の結果次第で同国史上初のW杯出場が決まり、韓国も負ければ予選敗退の可能性がある大一番だった。

    「とても勝てば初のワールドカップという雰囲気ではなかった」

     しかしウズベキスタンは消極的なプレーに終始したように見られ、試合中からネット上では「ウズベキスタン、無気力」「勝つ気あるのか、やる気が見られない」といった指摘があがっていた。0-0で迎えた後半アディショナルタイムにはフリーキックのビッグチャンスを得たが、セオリーに反してDFやGKが韓国ゴール前にあがらず、あっさりと相手GKに阻まれた。試合はそのまま0-0で終了し、ウズベキスタンは4位で予選敗退、韓国は2位でW杯出場を決めた。

     そのため、今回のAFCの規約違反調査に対してネット掲示板では

      「韓国-ウズベクの無気力試合かな?」
      「ウズベキスタンだろ アイツら異常にやる気がなかったわ」
      「とても勝てば初のワールドカップという雰囲気ではなかった」

    といった書き込みが殺到し、中には「まさか韓国に買収済みというオチじゃないだろうな」というものもあった。

     ただ、AFCの発表では規約違反は「西アジア地域」での試合としており、ウズベキスタンは国連の世界地域区分上「中央アジア」に属する。広い意味での「西の方のアジア」と捉えられなくもないが、地域がやや噛み合わないことになる。

     一方、日本もサウジアラビアのホームでこの日試合をした。話題になったのは、サウジのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子がホーム側スタンドのチケットをすべて買い上げて自国民に無料開放したこと。「皇太子がチケット買い上げて国民を招待、てのが臭いっちゃ臭いかも」「これが政治介入ととられたのか?」との声もネット上では少なくない。

     ただ、「チケット買占めは過去にも中東のどっかがやってなかったか?」との声も出ている。4日のサッカーダイジェストウェブでも、サウジの「買い占め&国民への無料開放は、決して珍しいことではないようだ」とし、サウジのサッカー協会が公式サイト上で皇太子に「お礼」をしたとも伝えていることから、問題性があるかは不明瞭だ。

     なお現地時間5日に行われた最終予選の試合は他に、カタール対中国、イラン対シリア、イラク対UAE、オーストラリア対タイがある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000006-jct-ent

    続きを読む

    99: 名無し@サカサカ10 2017/09/07(木) 23:13:12.09
    サウジ戦をちょっと見直してて思ったんだが

    サウジのファン・マルバイク監督はポジションチェンジを指示してたみたいで、サウジのフォメもどんどん変化してたから
    日本は433じゃなくて、4231のダブルボランチにして井手口と山口の2ボランチにした方が守りやすかったかもな
    ダブルボランチなら相手の選手がどんどん入れ替わってもそこまで中盤に穴は開かない

    相手のポジションがある程度決まってれば2枚のIHでオーストラリア戦みたいに前からハメに行けたんだけど
    相手のポジションがどんどん入れ替わると前での守備は難しくなるよな

    長谷部がいたらこういう時は修正出来たんだろうけど
    今後は前でハメれなければ、4231のダブルボランチで構える形に試合中に修正出来るようになった方がいいかもね

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/06(水) 04:23:56.57 _USER9
    キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー
    26:30 KICK OFF ※日本時間

    サウジアラビア 1-0 日本

    得点者
    [サ]フハド・アルムワッラド(63分)

    https://web.gekisaka.jp/live/detail/?2940-2940-lv

    [日本代表]
    先発
    GK 1 川島永嗣

    DF 3 昌子源
    DF 5 長友佑都
    DF 19 酒井宏樹
    DF 22 吉田麻也

    MF 2 井手口陽介
    MF 7 柴崎岳 → FW 11 久保裕也(80分)
    MF 16 山口蛍

    FW 4 本田圭佑 → FW 18 浅野拓磨(46分)
    FW 8 原口元気
    FW 9 岡崎慎司 → FW 15 杉本健勇(67分)

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/06(水) 00:07:20.85 _USER9

    20170905-00000027-goal-000-2-view[1]


    <W杯ロシア大会アジア最終予選:オーストラリア2-1タイ>◇B組◇5日◇メルボルン

     オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督(52)は、B組暫定2位に浮上したタイ戦後、オーストラリアで豪州時間6日午前3時30分にキックオフする、サウジアラビア-日本戦をチーム全員で観戦する考えを明らかにした。

     ポステコグルー監督は、オーストラリア代表公式サイトを通じ「我々は何が起きるかを見守り、試合が終わったら声明を発表するだろう」とコメントを発表。サウジアラビアが日本に引き分け以下でオーストラリアの4大会連続5回目のW杯出場が決まるだけに、深夜から早朝までチームとして見ることを明言した。

     欧州組など、他国のリーグでプレーしている一部の選手はタイ戦後、飛行機で所属クラブに戻らなければいけない。同監督は「何人かはサウジ戦が終わる前に、飛行機に乗って帰らないといけない。彼らにはWi-Fi(ワイファイ)を持っていき、飛行機の中でチェックするよう言うつもりだ」と、機内でサウジアラビアの動向をチェックさせる考えを明かした。

     最終予選については「本当に厳しい戦いになったが、我々は1敗しかしていない。選手たちは、我々が投げかけた要求に応え、挑戦し、予選突破に値するプレーをしてくれた。私が求めた以上のことをしてくれた」と、突破し本大会出場に値する戦いをしたと強調した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-01883451-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/05(火) 15:48:47.15 _USER9
    女性のサッカー観戦が認められていないイランで、女性向けの観戦チケットがウェブサイト上で売りに出されたものの、後に「技術上のミス」だったとして取り消され、女性サッカーファンらの期待は裏切られた格好となった。

     イランでは1979年のイスラム革命以降、品のない雰囲気から女性たちを守るという理由で、サッカーやレスリングといったスポーツイベントでの女性の観戦が禁止されている。

     だが先週の2日、2018年サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)アジア最終予選の対シリア戦のチケットが販売された際、女性用のチケットもウェブサイト上で売り出され、世間に衝撃が走った。

     ある女性サッカーファンは改革派の論調で知られる現地紙「シャハルバンド(Shahrvand)」に対し、その時の驚きについて「とても興奮した、まったく信じられなかった」とコメントしている。

     しかしイランのサッカー協会は、女性向けチケットの販売がウェブサイト上の「技術的なミス」であったと明らかにし、声明で「対シリア戦で(会場となる)アザディ・スタジアム(Azadi stadium)への女性の入場を許可する予定はない」と通告。販売済みの女性用チケットは無効となり、払い戻しすると発表した。

     チケットを購入していた女性ファンは「スタジアムへの入場が認められないとはうすうすわかっていた」と語り、「当局に私たちの声を聞いてほしかった」と悔しさをにじませた


    9/5(火) 15:26配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000030-jij_afp-int

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/05(火) 17:39:49.82 _USER9

    20170905-00010007-soccermzw-000-6-view[1]


    サッカーのロシアW杯アジア最終予選でB組の日本は、5日(日本時間6日未明)のサウジアラビアとの最終戦を前に本大会出場を決めた。一方、A組で日本の永遠のライバル・韓国は苦しみ、出場権獲得は同日(同)に敵地で行われるウズベキスタンとの最終戦に懸かっている。

     アジアの盟主を自認し、9大会連続の出場を目指す韓国。しかし、今予選は波に乗れなかった。韓国サッカー協会は6月にドイツ人のシュティーリケ監督を解任。申台龍(シン・テヨン)新監督で8月31日のイラン戦に臨んだが、0-0のドローに終わった。

     A組はすでにイランが1位突破を決め、韓国も無条件に出場権を手にできる2位につけてはいる。しかし、勝ち点は14で得失点差は1。3位シリアは勝ち点12で得失点差1、4位ウズベキスタンも同勝ち点で得失点差がマイナス1。差はわずかで、韓国がウズベキスタンに敗れ、シリアが同日のイラン戦に勝てば、韓国は4位に転落してプレーオフにすら回れず敗退が決定するという最悪のシナリオもあり得る。

     この危機に、5日の韓国紙・中央日報(電子・日本語版)はウズベキスタン戦について「すべてをかけた『断頭台(ギロチン)マッチ』」の見出しで記事を掲載。「負ければ刑場に連れられていくほど重要な試合」と報じた。

     その理由として、国の名誉とともに挙げたのが、「数千億ウォン(数百億円)台の金がかかる対決」であるということだ。出場を逃せば韓国サッカー協会の年間スポンサー契約292億ウォン(約29億円)が大幅に縮小。Kリーグの人気が落ちるのも確実という。

     さらに、W杯本大会の中継権料として9500万ドル(約105億円)を投じた地上波テレビ3局も広告収入が減り、国際サッカー連盟(FIFA)からのW杯出場配当金も受けることができない。

     そして、韓国選手の欧州への進出機会が減る「無形の損失」まで考慮すると、その影響は数千億ウォン規模になると推定している。

     果たして韓国は日本とともにロシアへ行くことができるのか。運命のウズベキスタン戦は日本時間6日午前0時にキックオフだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000536-sanspo-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/05(火) 20:52:07.38 _USER9

    20170905-00000027-goal-000-2-view[1]


    W杯アジア最終予選B組

    オーストラリア 2-1 タイ

    1-0 69分 ユリッチ
    1-1 82分 ポックラウ・アナン
    2-1 86分 レッキー

    http://www.livescore.com/worldcup/match/?match=1-2223847

    順位表
    http://www.livescore.com/worldcup/afc-qualification-3-round-group-b/

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/05(火) 05:23:49.88 _USER9

    Gekisaka_225280-225280-fl_1[1]


    ゲキサカ 2017年9月5日 04時14分 (2017年9月5日 04時55分 更新)

    ランニングで先頭を走るFW原口元気

     5日のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(ジッダ)で先発出場が濃厚な日本代表FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)が、新旧チームメイトのいるオーストラリア代表のW杯出場を“後方支援”する。

     すでに日本はB組首位が確定し、W杯出場を決めているが、2位サウジアラビアと3位オーストラリアは勝ち点で並び、熾烈な2位争いを繰り広げている。日本の勝利は、すなわちオーストラリアを“援護射撃”することにもなる。

    「サウジアラビアにチームメイトはいないけど、オーストラリアにはレッキーやスピラノビッチがいるから」。オーストラリア代表のFWマシュー・レッキーはヘルタでの現チームメイトであり、DFスピラノビッチは浦和時代の同僚。原口は「一緒にやった選手と一緒にW杯に行けたらもちろんうれしい。僕らは勝利を目指して戦うのは変わらない」と誓った。

     今月1日に行われたW杯欧州予選のチェコ対ドイツの試合では、ヘルタの同僚であるチェコ代表MFウラジミル・ダリダが目の覚めるような豪快なミドルシュートを決めた。その映像を見たという原口は「ダリダのシュートはすごかった。各国でみんなが最終予選を頑張っている。僕も帰ったらポジション争いをしなければいけないので、少しでも良い情報をダルダイ(監督)の耳に届けたい」と大いに刺激を受けている。

     アジア最終予選ではチームが苦境に陥っていた序盤戦に4試合連続ゴールを決め、予選突破の立役者となったが、W杯出場を懸けた8月31日のオーストラリア戦(2-0)では先発の座をFW乾貴士に譲った。

    http://www.excite.co.jp/News/soccer/20170905/Gekisaka_225280-225280-fl.html

    続きを読む

    56: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/05(火) 07:28:24.10


    B組 9/5 19:00 オーストラリア vs タイ
    B組 9/5 21:10 イラク vs UAE
    A組 9/6 00:00 カタール vs 中国
    A組 9/6 00:00 イラン vs シリア
    A組 9/6 00:00 ウズベ vs 韓国
    B組 9/6 02:30 サウジアラビア vs 日本 

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/05(火) 14:20:03.74 _USER9
    <W杯サッカー>韓国-ウズベク戦、すべてをかけた「断頭台マッチ」

    サッカーは「戦争」だ。少なくとも2018ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選第10戦の韓国-ウズベキスタン戦はそうだ。
    5日夜12時(日本時間)にウズベキスタン・タシケントのブニョドコルスタジアムで行われるこの試合(JTBC単独生中継)は「断頭台マッチ」と呼ばれる。
    負ければ刑場に連れられていくほど重要な試合ということだ。ぞっとするような表現だが、それだけこの一戦には多くのものがかかっている。
    数千億ウォン台の金と両国の名誉がかかる対決だ。代表チームにかける両国国民の期待がどのほど大きいかは言うまでもない。

    韓国(勝ち点14)はウズベキスタン(勝ち点12)に勝てば組2位で本大会に進出する。もし引き分け、または敗れる場合、3位のシリア(勝ち点12)、4位のウズベキスタンとの複雑な場合の数を考えなければいけない。

    脱落すれば韓国サッカーは想像しがたい大災難を迎える。すぐに大韓サッカー協会の年間スポンサーシップが減る。
    現在のスポンサーシップ規模は292億ウォン(約29億円)だが、もし本大会に進出できなければ後援額は大きく縮小するしかない。Kリーグの人気が落ちるのも確実だ。
    関連産業も次々と打撃を受ける。W杯本大会の中継権料として9500万ドル(約105億円)を投じた地上波テレビ3局(SBS・KBS・MBC)も広告収入が減り、莫大な損害が生じる。

    当然ながら韓国が本大会に進出できなければW杯配当金も受けることができない。2014年ブラジルW杯本大会に進出した韓国はグループリーグ敗退となったが、950万ドルの配当金を受けた。
    ここに韓国選手の欧州進出機会が減る「無形の損失」まで考慮すると、その影響は数千億ウォン規模になると推算される。このため両国のサッカー対決を取材するため38の国内メディアが約50人の取材陣をタシケントに派遣した。

    崖っぷちに立つ韓国は今回も孫興民(ソン・フンミン、25、トッテナム)に注目している。孫興民はウズベキスタンに向けて出国する際、帽子を深くかぶり、暗い表情だった。
    先月31日のイランとの第9戦で振るわなかったからだ。孫興民は昨年10月6日のカタール戦から1年近く代表チームで得点していない。
    しかし2015年1月に行われたウズベキスタンとのアジアカップ準々決勝では延長戦だけで2ゴールを決め、韓国を勝利(2-0)に導いた良い思い出がある。

    6月に右腕の手術を受けた孫興民は今も白い包帯を巻いて練習している。試合当日には代表チームを象徴する赤色のテープを巻いて出場する。
    孫興民はウズベキスタン戦の前日の記者会見に申台龍(シン・テヨン)監督(47)とともに姿を現し、必勝を誓った。

    ウズベキスタンも覚悟して試合に臨むのは同じだ。ババヤン監督が率いるウズベキスタン代表は最近7試合で5敗し、ファンの非難に苦しんでいる。
    主将のアフメドフ(30、上海申花)は「韓国に勝てなければウズベキスタンからサッカーそのものが消えるかもしれない。4年前と同じことは避けたい」と話した。
    ウズベキスタンは2014ブラジルW杯アジア最終予選でイラン、韓国に続く3位となった後、プレーオフで脱落した。
    ウズベキスタンで10年前からビジネスをしているカン・チャンソクさんは「旧ソ連から分離したウズベキスタンの人たちは故郷と変わらないロシアで開催されるW杯に客としてではなくホストとして行きたいという気持ちが強い」と伝えた。

    ウズベキスタンのサッカーファンは「ウズベキスタンの朴智星(パク・チソン)」と呼ばれるジェパロフ(35、エステグラル)に期待している。
    ジェパロフはAマッチ124試合(25得点)に出場したベテランだ。アジア年間最優秀選手賞を2回(2008年・11年)も受賞している。
    2010年から5年間、韓国プロサッカーKリーグのソウル・城南(ソンナム)・蔚山(ウルサン)などで活躍し、韓国のファンにもよく知られている選手だ。
    Kリーグ通算110試合で20得点・16アシストをマークした。ジェパロフは今回の最終予選で1試合あたりチーム最多の2.9本のクロスをマークし、13回のチャンスを作った。
    ジェパロフは「韓国サッカーをよく知っている。韓国に勝って必ずロシアに行く」と語った。  
      
      
    中央日報 2017年09月05日09時46分
    http://japanese.joins.com/article/050/233050.html

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/04(月) 21:26:06.95 _USER9

    no title


    サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)が日本人サポーターからにわかに称賛されている。

     W杯アジア最終予選のアウェー・サウジアラビア戦を前に、日本人も詰めかけるであろうスタジアムへの入場方法を、「日本語」で説明しているのだ。その日本語はところどころ拙い部分があるのも相まってか、「これは親切」「ご丁寧に」と反響が出ている。

    ■16時に「スタジアムの席のゲートが開かれます」

     日本は2017年9月6日未明(日本時間)、アウェーの「キング・アブドゥッラー・スポーツシティ」でサウジアラビアとの最終予選第10戦(最終戦)を迎える。

     日本はすでにロシアW杯出場を決めているものの、本戦へのはずみをつけるためにも良い結果で終えたいところ。一方、サウジは残る出場枠1を巡ってオーストラリアとB組2位争い。勝ち点は同じ16。オーストラリアの相手がタイで、勝つ可能性が高いため、サウジとしては是が非でも日本に勝利したいところだ。

     そんな戦いを前にして、スポーツマンシップを感じる一幕があった。SAFF公式ツイッターは2017年9月4日、日本語で「キング。アブドッラーのスタジアムの入り方について-ジェッダ」(原文ママ。以下同)との言葉とともに、会場への入場方法を説明する画像を投稿した。ジェッダ(ジッダ)は同会場があるサウジの都市だ。

     画像内の言葉も日本語。それによると、まず収容人数は「6万2241席」、16時に「スタジアムの席のゲートが開かれます」と開場時間を記載。スタンドへの入り方として、

      「サウジサッポターの入口,スタンダード席へ!アウトサイドの席から(6,5,4,3番)」
      「日本代表サッポターの入口,スタンダード席へ!アウトサイドのゲートから(3番),インサイドのゲート(1番)」

    と、両チームのサポーターで入場ゲートが異なることを説明している。さらに、

      「どうやって黄金の席と銀の席に着きますか?アウトサイドのゲート(2番)インサイドのゲート(1番,2番)黄金」

    と、ハイグレードな席への案内と思われる一文もある。なお、SAFF公式アカウントは3日、同じ画像のアラビア語バージョンも投稿していた。

     日本人には読解しづらいであろうアラビア語だが、日本語での説明が投稿されたことで、日本人サポーターからは

      「サウジアラビアサッカー連盟、日本語でキング・アブドゥラ・スタジアムの入場方法を案内。やさしい」
      「明日の対戦相手、サウジがご丁寧にスタジアムへの入り方等を日本語で解説してくれています」
      「これは非常に親切なマニュアル」
      「日本の方にスタジアムの入り方を解説してあげるサウジの鑑」

    といった声が寄せられている。

     一方で、サウジが瀬戸際にいることから

      「サウジも嫌がらせするより接待した方が効果的って気付いたか」

    との声もあった。

    9/4(月) 20:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000014-jct-ent

    続きを読む

    このページのトップヘ