サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    ACL

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/28(金) 18:58:44.23 _USER9

    20170428-01814803-nksports-000-6-view[1]


    川崎F社長、旭日旗「政治、差別的なものではない」 
     
    川崎フロンターレのサポーターの男性2人が、25日に韓国で行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原戦で旭日旗を掲げ、アジアサッカー連盟(AFC)が川崎Fへの処分の検討をしていることを受け、クラブの藁科(わらしな)義弘社長(59)が28日、神奈川・川崎市内で取材に応じた。 
      
    同社長は、Jリーグと日本サッカー協会と協議の上で、AFCへ文書を送る意向を明かし「この問題となったフラッグに関しては、我々の考え方としては政治的、差別的なものではない。主張していくべき点は主張したい」と話した。 
      
    25日の試合後には、水原のサポーターが川崎F側の観客席の出口をふさぐ騒ぎがあったといい、同社長は「観客の安心・安全の確保は、ホームとアウェーの両クラブの義務。お互いが協力しあってしっかりしないといけない。それが確保されなかったのは真摯(しんし)に反省している」と述べた。

    日刊スポーツ 4/28(金) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-01814803-nksports-socc
    【川崎Fの社長、旭日旗は「政治的、差別的なものではない。主張していくべき点は主張したい」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/28(金) 10:54:34.27 _USER9

    20170428-00000077-sph-000-5-view[1]



     川崎にアジア・サッカー連盟(AFC)から「無観客試合」の厳罰が下る可能性が27日、浮上した。AFCは25日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)・水原三星戦(韓国)で、川崎サポーターが旭日旗を掲げた行為を差別に該当すると判断。公式サイトで規定に抵触すると発表した。5月上旬のAFC規律委員会で処分が下されれば、最低でも1次リーグ最終節のイースタン戦(5月9日・等々力)を含むホームのAFC主催2試合が無観客で行われる。 
      
    川崎が無観客試合のピンチに陥った。25日に敵地で行われた水原三星戦の試合前に、川崎サポーターの男性2人組が旭日旗を掲げた行為をAFCが問題視。AFCの「規律倫理規則」内にある第58条第3項の「差別行為」に抵触すると公式サイトで発表。5月上旬に開催予定の規律委員会で規定通りの処分が下されれば、最低でもホームでのAFC主催2試合の無観客試合と1万5000ドル(約167万円)以上の罰金が科せられる。5月9日のイースタン戦と、決勝トーナメントに進出した場合は5月下旬のホームゲームが対象。該当サポーターは少なくとも2年間の入場禁止になり、入場料などの被害額は1億円を超えるとみられる。 
      
    現地でサポーターに事情聴取した川崎関係者によると、男性2人組は事前に旭日旗について調べた上で掲げることは問題ないと判断し、行動に踏み切ったという。26日夜にAFCから連絡を受けた川崎の広報担当者は「まだ処分が決定したわけではない。JFAとJリーグで協議した上で、今後の対応を判断したい」と3者でミーティングを重ね、AFC側に意見を提出する予定だ。 
      
    Jリーグの村井満チェアマン(57)は「前提として、旭日旗は政治的、差別的なメッセージを含むものではないという認識」としながらも「どのような掲出物であれ、安全に観戦できる環境を作らなければいけない」との見解を示した。過去にJクラブの無観客試合は2014年3月23日の浦和―清水戦のみ。サポーターの軽率な行動が大騒動に発展してしまった。 
     

    スポーツ報知 4/28(金) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000077-sph-socc

    【川崎、旭日旗で連盟(AFC)から厳罰!?ホーム2試合無観客、被害1億円!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 21:13:26.91 _USER9

    20170426-00000011-cnippou-000-0-view[1]


    J1川崎 旭日旗問題でAFCから処分へ 
     
    J1川崎は27日、韓国・水原で25日に行われたACL水原戦で、川崎の2人のサポーターが旭日旗を掲げたことに関して、都内で日本サッカー協会(JFA)、Jリーグと協議した。 
      
    アジアサッカー連盟(AFC)はこの日、公式ホームページで「差別的行為」があったとして処分を科すことを発表。具体的な処分内容は今後開かれるAFCの規律委員会によって決まる。川崎関係者は「AFCから連絡は来ています。ウチだけでは対応できない。JFA、Jリーグと協議して、どう対応するかミーティングをした」と話した。 
      
    該当サポーターへの事情聴取を経て、川崎関係者は「(旭日旗を)純粋に応援に使いたかったという」と説明。その上で「事故にならなかったが、危険になる可能性はあった。クラブとして検討していかないといけない」と事態を重く受け止めている。 
     

    デイリースポーツ 4/27(木) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000134-dal-socc

    【川崎Fが旭日旗問題で、AFCから処分へ!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 23:02:10.72 _USER9

    20170427-00581111-soccerk-000-2-view[1]


    24日から26日に各地で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第5節の結果を受け、同大会の公式ツイッターがベストイレブンを発表した。 
      
    グループステージ第5節のベストイレブン、クラブ別ではグループDのペルセポリス(イラン)から最多の3選手が選出された。同クラブは敵地でアル・ヒラル(サウジアラビア)とスコアレスドローに持ち込み、勝ち点1を獲得。1勝3分け1敗の勝ち点「6」で3位につけている。 
      
    そして、日本から出場の4クラブからは2選手が選出。蔚山現代(韓国)戦で2ゴールを挙げた鹿島アントラーズのFW金崎夢生と、水原三星(韓国)戦で決勝ゴールを挙げた川崎フロンターレのDF奈良竜樹が名を連ねている。 
      
    なお、グループステージ第6節(最終節)は5月8日から10日にかけて開催される。 
      
    ACL公式ツイッターが発表した、GS第5節のベストイレブンは以下のとおり。

    ▼GK
    ハーリド・イーサ(アル・アイン/UAE)

    ▼DF
    サデグ・モハラミ(ペルセポリス/イラン)
    奈良竜樹(奈良竜樹/川崎フロンターレ)
    モハマド・アンサリ(ペルセポリス/イラン)
    ホセイン・マヒニ(ペルセポリス/イラン)

    ▼MF
    パウリーニョ(広州恒大/中国)
    チャナティプ・ソングラシン(ムアントン・ユナイテッド/タイ)
    セルヒオ・ガルシア(アル・ラーヤン/カタール)
    ジュジャーク・バラージュ(アル・ワフダ/UAE)

    ▼FW
    マラト・ビクマエフ(ロコモティフ・タシュケント/ウズベキスタン)
    金崎夢生(鹿島アントラーズ/日本)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00581111-soccerk-socc

    【ACL・ベスト11 に鹿島の金崎夢生、川崎の奈良竜樹が選出!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:58:34.54 _USER9

    20170411-00574918-soccerk-000-2-view[1]


    AFCチャンピオンズリーグはグループステージの第5節が終了。

    日本勢では鹿島アントラーズと浦和レッズがそれぞれ決勝トーナメント進出を決めているが、残る2チームは最終節の結果次第という状況だ(詳しくはこちら)。

    一方、“爆買い”で話題の中国リーグは出場3チームが全て各組で2位以上をキープ。最終節で広州恒大が引き分け以上であれば、全チームが勝ち上がることになる。

    そんななか、26日には上海上港がホームでFCソウルと対戦。「悪魔の左足」を持つフッキが、またも無慈悲なゴールを突き刺した!

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=127&v=wSKfX4bSTls



    0-1とリードされ迎えた26分、ゴールまで25mほどはあろうかという距離からこのミドルシュート!シュート力やコースを含め、完全にアジアのレベルを逸脱している…。

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=99&v=wSKfX4bSTls



    また、14分にすんごいシュートでスタジアムをザワつかせてみせた。カメラも追いつけないほどのスピード!

    フッキはここまで4ゴールをあげており、第1節のFCソウル戦でも強烈なミドルシュートを決めている。決勝トーナメントで日本勢と対戦した際には、手を焼く存在になりそうだ。

    なお、試合は4-2で上海上港が勝利。勝ち点を「12」は浦和レッズと同じだが、直接対決の成績で2位につけている。

    http://qoly.jp/2017/04/27/hulk-goal-vs-fc-seoul-20170426-kwm-1

    【フッキ、ACLでまたも「鬼ミドル」が炸裂!!!軌道がもうおかしい】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:04:44.39 _USER9

    24日から26日にかけてて行われたAFCチャンピオンズリーグのグループステージ第5節。

    日本勢が3勝1分と好成績を残すなか、夏のJリーグ入りが内定している“タイのメッシ”が圧巻のゴールを見せてくれた。

    グループEのムアントン・ユナイテッド対ブリスベン・ロアー戦。2-0とリードし迎えた83分…

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=62&v=PdOhBC6O328



    ムアントンのエースであるMFチャナティップ・ソンクラシンがこのドリブル突破!

    鹿島アントラーズ戦で見せたプレー同様、軽やかな身のこなしからトラップで相手をかわすと、
    その後カバーリングに回ったDFカイ・ロールスをもぶっちぎる。
    そして相手GKまで追い抜かし、中央突破でありながら3人抜きの芸当をやってのけた。

    チャナティップは157cmと非常に小柄だが、それをカバーするだけの身軽さとスピードを叶え備えている。
    オーストラリアのチーム相手にこれだけやれるということは、きっとJリーグでも暴れるに違いない!

    なお、チャナティップの活躍もありムアントンは3-0で勝利。決勝トーナメント進出を決めており、グループEで首位に立っている。

    http://qoly.jp/2017/04/27/chanathip-songkrasin-goal-vs-brisbane-roar-kwm-1

    【札幌内定のチャナティップ、ACLでメッシばりの中央突破ゴール!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 21:11:27.74 _USER9

    7e302fff-275e-48b1-8b2a-d785d0936f00[1]


    今週行われるAFCチャンピオンズリーグのグループステージ第5節。

    25日、川崎フロンターレとガンバ大阪がそれぞれ試合を行い、最終節を残すのみとなった。

    そこで今回は、この2チームの「勝ち上がり条件」をおさらい!まずは川崎フロンターレの方を見ていこう。

    開幕から4戦連続ドローとなった川崎。

    しかし25日に行われた水原三星ブルーウイングス戦では、奈良竜樹のゴールで0-1と勝利しなんとか初白星を飾った。

    勝ち点「7」で3位をキープしつつ、2位との勝ち点差は「1」にまで詰めた。

    川崎の勝ち抜け条件はシンプルで、最終節で勝利すればOK。一方、この試合で敗れることになれば逆に敗退が決定する。

    また、最終節で引き分けた場合に勝ち抜けが決まるのは、水原三星が広州恒大に敗れた場合。この時、川崎と水原三星は勝ち点「8」で並ぶが、当該チーム同士の対戦で勝ち越しているため川崎が2位となる(川崎は水原三星に1勝1分)。

    ただし、川崎が最終節で対戦するのは1分4敗で最下位に沈む香港の東方足球隊戦。等々力陸上競技場でのゲームということで、川崎にアドバンテージがあると言えそうだ。

    一方、厳しい状況に立たされたのがガンバ大阪だ。

    25日に行われたアデレード・ユナイテッド戦では6分、13分にそれぞれゴールし試合を2-0とするも、終わってみれば3-3の引き分け。遠藤保仁のPK失敗や後半アディショナルタイムでの失点が大きく響いた。

    この結果、G大阪の自力での勝ち上がりの可能性は消滅。その上で、G大阪が勝ち上がるために必要な前提条件が以下の二つだ。

    この条件が揃って初めてG大阪は済州ユナイテッドと勝ち点「7」で並び、あとは当該チーム同士での成績を参照することになる。

    G大阪はホームで済州ユナイテッドに1-4と敗れているため、逆転で勝ち上がるには最終節で「5点以上取っての3点差勝利」、あるいは「それ以外の4点差勝利」が必要(1-4での勝利もOK)。

    つまりG大阪が逆転で勝ち抜けるには、大量得点での勝利が必要不可欠となった。最終節の済州ユナイテッド戦はアウェイゲームであり、難しい試合となりそうだ。

    http://qoly.jp/2017/04/26/kawasaki-frontaleand-gamba-osaka-20170426-kwm-1?part=2

    【ACLはあと1試合…川崎とG大阪、「勝ち上がり条件」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 23:30:29.15 _USER9

    20170426-01639133-gekisaka-000-3-view[1]


    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第5節が26日に行われ、鹿島アントラーズのグループステージ突破が決まった。 
      
    鹿島は日本時間19時30分キックオフの一戦で、蔚山現代(韓国)とアウェイで対戦。4-0と快勝し、勝ち点を「9」に伸ばした。そして同21時30分からはムアントン・ユナイテッド(タイ)とブリスベン・ロアー(オーストラリア)が対戦。第4節を終えて勝ち点「8」でグループE首位に立つムアントンが引き分け以上の結果を残せば、鹿島とともに決勝トーナメント進出が決まるという状況だった。 
      
    そしてムアントンは、ブリスベンに3-0で勝利。クラブ史上初のグループステージ突破を決めた。そして同時に、鹿島の決勝トーナメント進出も決定。鹿島は2011年以来、6年ぶりにラウンド16に駒を進めることとなった。 
      
    なお、グループEは勝ち点「11」のムアントンが首位で、鹿島は同「9」の2位。両クラブが決勝トーナメント進出を決め、蔚山とブリスベンは勝ち点「4」で敗退が決まった。 
      
    鹿島は5月10日のグループステージ最終節でムアントンと対戦。勝てばグループEを首位で通過することとなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00580705-soccerk-socc

    関連スレ
    【サッカーACL】鹿島、アウェーで韓国の蔚山に4発圧勝!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493209240/

    【サッカーACL】浦和が6発快勝でACL決勝T進出決定! 2007年以来のアジア制覇へ一歩前進
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493209391/

    【鹿島アントラーズ、6年ぶりにACL決勝T進出!1試合残してE組2位以上確定!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 21:20:40.47 _USER9

    20170426-01639133-gekisaka-000-3-view[1]

    蔚山 0-4 鹿島

    得点
    52分 金崎夢生
    54分 ペドロ・ジュニオール
    67分 金崎夢生
    90分 レオ・シルバ

    52分
    相手のミスから土居がペナルティエリア内でシュートを放つ。これはGKのセーブに遭うも、こぼれ球に詰めたのは金崎。ゴールに押し込み、待望の先制点を奪う

    54分
    イ・キジェのミスからペドロ・ジュニオールがボールを拾う。ペドロ・ジュニオールはドリブルでペナルティエリア内に進入し、左足でシュート。これが決まり、すぐさま追加点を挙げる

    67分
    チョン・スンヒョンのバックパスを受けたキム・ヨンデがクリアしようとするも、金崎のプレッシャーに遭い、ジャストミートできず。こぼれ球を拾った金崎がゴール前からシュートを決め、3点目を奪う

    90分
    左からパスをつなぐと、受けたレオシルバがペナルティエリア手前から右足を一せん。強烈なシュートはクロスバーの内側に当たってゴールに吸い込まれる

    https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/042601/livetxt/#livetxt

    【【ACL】鹿島、アウェーで韓国の蔚山に金崎2発など、4発圧勝!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 21:23:11.52 _USER9
     20170426-00580638-soccerk-000-3-view[1]

      
    先制点を挙げた関根(左)とアシストした武藤(右) [写真]=Getty Images  
      
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第5節が26日に行われ、浦和レッズはウェスタン・シドニー(オーストラリア)と対戦した。 
      
    勝ち点9でグループFの首位に立つ浦和は、引き分け以上で2年連続の決勝トーナメント進出が決まる。22日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第8節・北海道コンサドーレ札幌戦からは先発メンバーを5人変更。那須大亮や李忠成、ズラタンらがスタメンに名を連ねた。阿部勇樹がベンチ外となり、キャプテンマークは柏木陽介が巻く。一方、ウェスタン・シドニーのスタメンには、かつて川崎フロンターレやセレッソ大阪、サガン鳥栖でプレーした楠神順平が入っている。 
      
    試合が動いたのは14分。後方からのロングフィードに抜け出した武藤雄樹が関根貴大に落とすと、受けた関根は迷わず右足を振り抜く。これがゴールに突き刺さり、浦和がGS突破に向けて幸先よく先制に成功した。 
      
    18分には浦和がリードを2点に広げる。右サイドで駒井善成がボールを受けると、最後は駒井のスルーパスに抜け出したズラタンが冷静にゴールゲット。試合を優位に進める。さらに43分、浦和は中盤でボールを奪うとズラタンのスルーパスに駒井が抜け出す。最後は駒井のラストパスを李が冷静に決め、ウェスタン・シドニーを突き放した。 
      
    後半立ち上がり、浦和はウェスタン・シドニーのサンタラブに抜け出されてしまう。一対一の大ピンチだったが、ここはサンタラブがシュートを上に外し、浦和は失点を免れた。しかし66分、ウェスタン・シドニーはゴール前でボールを持った楠神がドリブルでPA内へ侵入。最後はGK西川周作の頭上を越すループシュートを決め、点差を2点に縮めた。 
      
    流れを取り戻したい浦和は71分、柏木のスルーパスから途中出場のラファエル・シルバが落ち着いて決め、再びウェスタン・シドニーを突き放す。R・シルバは続く80分にも柏木の浮き球パスに抜け出してゴールを決め、これで公式戦10戦11発としている。その後浦和は興梠慎三にもゴールが生まれ、6-1の大勝を収めた。 
      
    この結果、浦和の勝ち点は12に。試合開始前の時点で3位・FCソウル(韓国)との勝ち点差が6あったため、残り1試合でFCソウルが浦和の勝ち点差を上回ることができなくなり、浦和の決勝トーナメント進出が決定した。 
      
    なお、この試合では53分に関根が、62分にはズラタンがそれぞれ負傷のため交代を余儀なくされており、今後の戦いに向けてやや不安を残している。 
      
    次節、浦和は5月10日にアウェイでFCソウルと対戦する。

    【スコア】
    浦和レッズ 6-1 ウェスタン・シドニー

    【得点者】
    1-0 14分 関根貴大(浦和レッズ)
    2-0 18分 ズラタン(浦和レッズ)
    3-0 43分 李忠成(浦和レッズ)
    3-1 66分 楠神順平(ウェスタン・シドニー)
    4-1 71分 ラファエル・シルバ(浦和レッズ)
    5-1 80分 ラファエル・シルバ(浦和レッズ)
    6-1 90+5分 興梠慎三(浦和レッズ)


    SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00580638-soccerk-socc

    【【ACL】浦和が6発快勝でACL決勝T進出決定! 2007年以来のアジア制覇へ一歩前進】の続きを読む

    このページのトップヘ