サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    ACL

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/10/17(日) 15:56:40.88 _USER9
    FB4gQJUVIAcu3Mz

    【ACL】「日本勢全滅」に韓国お祭り騒ぎ 〝日韓戦〟で名古屋が浦項に完敗
    https://news.yahoo.co.jp/articles/42207c6ed37e28d4ab922b12d9a7f9191ab1c9f3

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/09/17(金) 17:23:24.69 _USER9
    E_eNjdJVgAEmu5p

    アジアサッカー連盟が17日、アジアチャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせを発表し、日本勢で唯一勝ち残っている名古屋は、浦項(韓国)と対戦することが決まった。

     名古屋と浦項は1次リーグで同組で、名古屋の1勝1分けだった。準々決勝が今大会3度目の対戦となる。

     東地区では準々決勝に韓国の3チームと名古屋が残っている。残る東地区の1カードは、全北-蔚山となった。

     西地区はアルワフダ(UAE)-アルナスル(サウジアラビア)、ペルセポリス(イラン)-アルヒラル(サウジアラビア)の組み合わせとなった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/09/15(水) 20:03:45.23 _USER9
    E_UiX9VVQAUI8sE

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦で、セレッソ大阪は長居球技場で浦項スティーラーズ(韓国)と対戦し、
    0-1で敗れた。これで日本勢の8強勝ち上がりは名古屋グランパスのみとなった。

    “ホーム”で戦ったC大阪だが、浦項の組織的なプレーに苦しんだ。前半23分には左サイドでCKを与えると、
    ニアで競り合ったボールが浮き球となってこぼれたボールをMFイ・スンモに詰められて先制点を許す苦しい展開を強いられる。

    それでも前半28分には左サイドからMF乾貴士が出したロングスルーパスにDF松田陸が反応。しかしシュートが相手GKの好セーブに阻まれると、
    その流れから掴んだチャンス、松田陸のクロスを合わせたFWアダム・タガートのヘッドはクロスバーに嫌われた。

    何とか同点弾を奪いたいC大阪は後半20分にMF西川潤とFW加藤陸次樹、同30分からはFW大久保嘉人と、攻撃的なカードを次々と切って勝負を仕掛ける。
    しかし終盤に立て続けにチャンスを作るが、シュートを枠内に飛ばすことが出来ず、0-1で敗れた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2bd39329f912a5322b29c4139aa7fec473b76d4e

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    584: 名無し@サカサカ10 2021/09/14(火) 23:48:12.85
    E_QBDPMWUA0ylkG

    ACLの優勝回数は日本と韓国 どっちが多いのだろう?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    396: 名無し@サカサカ10 2021/09/14(火) 23:16:08.36
    E_QBDPMWUA0ylkG

    ・守田、田中、三笘、大島、谷口、旗手、車屋の主力7人が抜けた状態
    ・アウェー1発勝負という不公平な条件

    正直敗退しても仕方ないよな?
    完全体の川崎なら3-0で勝ってるやろ

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/09/14(火) 22:49:36.62 _USER9
     E_QBDPMWUA0ylkG


    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・ラウンド16が14日に行われ、蔚山現代(韓国)と川崎フロンターレが対戦した。

     今大会のグループステージで全勝を収めたのは両クラブのみ。昨季のACL王者・蔚山と、悲願の初優勝を目指すJ王者・川崎Fが、早くも顔を合わせた。

     川崎Fは開始45秒に最初のシュート。スルーパスに抜け出した小林悠がペナルティエリア手前から左足でゴール右下を狙うが、相手GKに防がれる。一進一退の攻防が続くなか、14分にはレアンドロ・ダミアンの落としを受けた脇坂泰斗がペナルティエリア手前で右足を振り抜くが、惜しくも枠を外れる。

     蔚山は23分、左サイドからホン・チョルが鋭いクロスを供給。中央のオ・セフンが頭で合わせたシュートは、相手GKチョン・ソンリョンのファインセーブに阻まれた。前半はお互いに得点が生まれず、スコアレスで折り返した。

     川崎Fは後半に入ってから試合の主導権を握るが、なかなか決定機には至らない。64分には家長昭博、ジョアン・シミッチとつなぎ、2列目から飛び出した脇坂が合わせたが、足を滑らせてシュートは枠を大きく外れる。一方、蔚山も後半終盤になって攻勢を強めるが、川崎Fの集中した守りに阻まれる。結局、フルタイムで得点は生まれず、試合は延長戦に突入した。

     川崎Fは延長前半終了間際に絶好機を迎える。左サイドでフリーキックを獲得すると、キッカーの家長はファーサイドのシミッチにストレート系の浮き球を供給。シミッチは頭で中央に折り返すと、反応した知念慶がゴール前で合わせる。ヘディングシュートを放ったが、相手GKチョ・スヒョクのファインセーブに阻まれた。

     両者の疲労の色が濃くなるなか、川崎Fは111分にアクシデントが発生。山村和也が足を痛めてピッチに座り込み、担架に運ばれてピッチを後に。川崎Fは同選手に代えて塚川孝輝を投入した。

     蔚山は112分、後方からのロングボールに抜け出したキム・ジヒョンが頭で落とし、飛び込んだイ・ドンジュンが右足で合わせる。しかし、シュートは枠の左に外れる。対する川崎Fは116分、ゴール前でのパス回しから決定機。家長が浮き球でゴール前に流し、知念の落としに飛び込んだ橘田健人が合わせたが、枠を捉えることはできない。

     120分、川崎Fがピンチを迎える。蔚山が左コーナーキックから浮き球を送ると、飛び出したGKチョン・ソンリョンはキム・ジヒョンとの競り合いでボールをファンブルしてしまう。ボールはゴールへと向かったが、右のポストに救われた。

     延長戦でも決着はつかず、試合はPK戦に突入する。お互いに1人目が成功すると、2人目はともに失敗。川崎Fは3人目の遠野大弥が成功し、蔚山の3人目をチョン・ソンリョンがストップ。しかし、川崎Fは4人目と5人目が失敗し、蔚山は2人連続で成功。蔚山が3-2でPK戦を制した。

    【スコア】
    蔚山現代 0-0(PK戦:3-2) 川崎フロンターレ

    サッカーキング 9/14(火) 22:47
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1b024ff7935a6aca5a1d0fc52d5032cc4c71189c 

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/09/14(火) 19:54:37.67 _USER9
    E_PZZwgVgAAdhkJ

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・ラウンド16が14日に行われ、名古屋グランパスと大邱FC(韓国)が対戦した。

     試合が動いたのは4分、大邱が先制する。ペナルティエリア手前で味方の落としを受けたセシーニャは、右足を振り抜いて低く鋭いシュートを放つ。名古屋のGKランゲラックは一歩も動けず、ボールはゴール左下隅に突き刺さった。

     名古屋は12分に追いつく。吉田豊の縦パスを受けたシュヴィルツォクは、相手を背負いながら左の相馬勇紀にパス。相馬がペナルティエリア左の前田直輝に預けると、前田はヒールでシュヴィルツォクに落とす。余裕を持って受けたシュヴィルツォクは、冷静にゴール右下隅へと流し込んだ。

     28分、大邱が勝ち越しに成功する。チャン・ソンウォンが右サイドからアーリークロスを供給すると、相手DFの間にうまく走り込んだエジガルが頭で合わせる。ボールはランゲラックの前で大きくバウンドし、ゴール左隅へと吸い込まれた。

     ビハインドで折り返した名古屋は大邱に主導権を握られる苦しい展開となったが、63分に試合を振り出しに戻す。途中出場の森下龍矢が前田との連係で左サイドを崩し、中央に浮き球で折り返す。これをシュヴィルツォクが頭で押し込んだ。

     さらに65分、名古屋が逆転に成功する。シュヴィルツォクが左サイドの深い位置でのハードなプレスで相手からボールを奪い返し、ペナルティエリア左に侵入。右足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。

     68分には前田の浮き球から相手と入れ替わったシュヴィルツォクが左サイドを疾走。そのままペナルティエリアへと運び、右足でゴール右下隅を狙ったが、わずかに枠を捉えられなかった。

     一方の大邱は70分に決定機。右サイドでフリーキックを獲得すると、セシーニャが右足でファーに高速のボールを供給。飛び込んだパク・ハンビンが合わせたが、惜しくも枠の左に外れる。

     すると79分、名古屋が貴重な追加点を獲得する。左コーナーキックからマテウスがニアに鋭いボールを送ると、飛び込んだのは中谷進之介。頭でニアに突き刺した。

     試合はこのまま終了。名古屋はACLに初出場した2009年以来、12年ぶりに決勝トーナメントの初戦を突破した。準々決勝は10月17日に行われる。

    【スコア】
    名古屋グランパス 4-2 大邱FC

    【得点者】
    0-1 4分 セシーニャ(大邱)
    1-1 12分 シュヴィルツォク(名古屋)
    1-2 28分 エジガル(大邱)
    2-2 63分 シュヴィルツォク(名古屋)
    3-2 65分 シュヴィルツォク(名古屋)
    4-2 79分 中谷進之介(名古屋)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f6604cae9930cac2d7615bf65979514ccb77782















    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    919: 名無し@サカサカ10 2021/07/11(日) 22:46:20.48
    E6BTLOmUYAEu0pN

     川崎FがGS全勝! 初先発の宮城天が3得点に絡む活躍、北京を4発で下す
    https://news.yahoo.co.jp/articles/670a703ed50caddb46880fba6cf58961cdff41ed







    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    423: 名無し@サカサカ10 2021/07/11(日) 00:51:14.63
    E58kZ4QUUAEy4Ac

     G大阪、5年ぶりのACLはグループステージ敗退…。パトリックの同点ゴールも終盤に勝ち越し弾献上で全北現代に敗戦
    https://news.yahoo.co.jp/articles/906da422e3658d589db1ccda2526d923b631591d






    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    865: 名無し@サカサカ10 2021/07/09(金) 14:54:45.96

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/09(金) 02:54:05.18 _USER9
    E5yv3oUVcAEwA3y

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は8日、グループI第5節の大邱FC(韓国)対川崎フロンターレ(日本)が行われた。

    無傷の4連勝で、この試合に勝てば決勝トーナメント進出が決まる川崎F。第1節で接戦を演じた相手に対し、その第1節とほぼ同様の布陣を敷いた川崎Fは大島僚太、登里享平、小塚和季らがベンチからのスタートとなった。大邱唯一の日本人選手である西翼も先発している。

    立ち上がり、荒れたピッチコンディションでのパス回しに苦戦し、ホームの大邱の勢いにやや押される格好となった川崎Fだが、徐々にアジャストして自分たちのペースに持ち込んでいく。

    最初のシュートチャンスは13分、家長昭博が右サイドから入れた左足クロスを、ファーサイドの三笘薫が頭で落とす。これをレアンドロ・ダミアンが左足ボレーで捉えると、鋭く曲がるシュートがゴール右へとわずかに外れた。

    その後も試合の主導権を握る川崎Fは34分、ペナルティーエリア右に流れてボールを受けた旗手怜央の折り返しを、ファーサイドで受けた三笘が冷静なトラップからゴール右へと流し込む。これは惜しくも右のポストを叩いたが、素早く反応したレアンドロ・ダミアンが跳ね返りを頭で押し込み、攻勢の川崎Fがようやく均衡を破った。

    さらに40分、右サイドから飛び出した家長がエリア内右でGKとの1対1を迎えるが、このシュートはGKにブロックされ決めきれず。

    すると43分に大邱が反撃。アン・ヨンウが右足で上げた左からのクロスに対し、ゴール前でシミッチと谷口彰悟が被ってしまう。その一瞬の隙をエジガルが見逃すはずもなく、冷静な胸トラップから左足ボレーでネットを揺らし、大邱が同点に追いついた。

    らしくない守備での連携ミスから追いつかれた川崎Fは後半の立ち上がり、立て続けに決定機を得るが、家長のシュートは角度がなくGKに阻まれ、脇坂泰斗のシュートはクロスバーを叩く。

    64分には左サイドからカットインした脇坂が、一度はボールを失ったもののペナルティーエリア手前で奪い返す。このこぼれ球をエリア内で受けたレアンドロ・ダミアンがゴール左へときっちり沈め、攻勢の川崎Fが再び勝ち越した。

    リードした川崎Fは71分、シミッチと脇坂に代えて大島と山村和也を投入。追いつきたい大邱も攻撃的な選手を次々に投入し、パワープレー気味に川崎ゴールへと迫る。

    86分に旗手を下げて橘田健人を投入した川崎Fはその直後、ペナルティーエリア左で縦に仕掛けた三笘が一瞬の加速でDFを振り切り、折り返したボールを大邱ゴールに蹴り込んだのはレアンドロ・ダミアン。エースのハットトリックで3-1と突き放した川崎Fが、残り時間を上手く逃げ切り、無傷の5連勝で決勝トーナメント進出を飾った。

    ■試合結果
    大邱FC 1-3 川崎フロンターレ

    ■得点者
    大邱:エジガル(43分)
    川崎:レアンドロ・ダミアン(34分、64分、87分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c99b9eda2a929380a4e9fb2248eb3c3e69997dc










    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/07/05(月) 17:48:11.78 _USER9
    20210127185857

    アジアサッカー連盟(AFC)は5日、2021、2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のレギュレーション変更を発表した。

    現在、川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪のJリーグ勢4チームが2021シーズンの東地区グループステージを集中開催形式で戦っている中、新型コロナウイルスの影響を鑑みてレギュレーション変更が加えられたのは、準々決勝以降の戦いだ。

    以前のレギュレーションにおいて準々決勝以降は、ホーム&アウェイの2試合方式での開催となっていたが、11月23日(火)に日程変更となった決勝(開催地は西地区)を含め、すべてがシングルマッチ方式に変更となった。

    さらに、準々決勝と準決勝に関しては東地区、西地区それぞれグループステージと同様に集中開催の形に変更されている。

    また、2022シーズンにACLに関しては新型コロナウイルス終息の目途が立っていないことを考慮し、今回発表された2021シーズンと同じ形式での開催となる。

    なお、Jリーグ勢では川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪の4チームが各地でグループステージを戦っている。

    今回発表された2021シーズンのACL準々決勝以降のスケジュールは以下の通り。

    ■ACL2021決勝トーナメント■

    ◆ラウンド16(変更なし)
    東地区
    ▽9/14.15(火、水)

    西地区
    ▽9/13
    シャールジャ(UAE) vs アル・ワフダ(UAE)
    エステグラル(イラン) vs アル・ヒラル(サウジアラビア)

    ▽9/14
    イスティクロル(タジキスタン) vs ペルセポリス(イラン)
    アル・ナスル(サウジアラビア) vs トラークトゥール(イラン)

    ◆準々決勝(集中開催)
    東地区
    ▽10/17(日)

    西地区
    ▽10/16(土)

    ◆準決勝(集中開催)
    東地区
    ▽10/20(水)

    西地区
    ▽10/19(火)

    ◆決勝(会場は西地区)
    ▽11/23(火)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c84ac918b1898cf52b7c64fdfdfb0db74bc8b127

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    618: 名無し@サカサカ10 2021/07/05(月) 02:57:16.71
    4試合消化して最下位はもうダメだね
    no title

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    283: 名無し@サカサカ10 2021/07/05(月) 01:06:27.58
     ad114bd0




    <
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    795: 名無し@サカサカ10 2021/07/02(金) 23:34:10.89
    スクリーンショット 2021-07-02 23.56.20

    三笘キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    410: 名無し@サカサカ10 2021/07/02(金) 12:40:48.97
    【悲報】ガンバ大阪さんwwww
    no title

    no title

    no title

    no title

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    461: 名無し@サカサカ10 2021/06/29(火) 14:41:49.54
    PK獲得数
    2021
    韓 5 浦項3 全北1 大邸1
    日 1 名古屋1
    泰 1 ポート1
    馬 1 ジョホール1
    no title


    2020
    韓 10 蔚山5 全北2 ソウル2 水原1
    中 5 上海2 上海申1 北京1 広州1
    豪 5 メルボルン3 シドニー1 パース1
    馬 2 ジョホール2
    no title


    韓国すげー

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/06/30(水) 21:01:30.02 _USER9
    E5IRV1HUYAQdeNH

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループJ第3節が30日に行われ、セレッソ大阪とポートFCが対戦した。

     C大阪は19分、藤田直之がハーフウェーライン付近から浮き球スルーパスを前方に供給。抜け出した加藤陸次樹が相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはゴールの左に外れる。

     29分、小池裕太が左サイドの深い位置からクロスを供給し、中島元彦がヘディングで合わせる。相手DFにクリアされたボールが加藤の下にこぼれると、加藤はペナルティエリア中央から迷わず右足を振り抜いたが、惜しくもクロスバーに弾かれた。

     より多くのチャンスを作っていたC大阪だが、前半終了間際に思わぬ形で失点する。ポートは自陣右サイドからパコーン・プレムパックが前線にロングフィードを供給すると、ボールはペナルティエリア内で高くバウンド。これが前に飛び出したGK松井謙弥の頭上を越えてネットに吸い込まれた。

     C大阪はコンパクトなブロックを敷くポートの守備を崩せずに攻めあぐねる展開が続き、67分に清武弘嗣と坂元達裕を投入。すると79分、その2人の連係で試合を振り出しに戻す。右サイドに開いて受けた坂元は、相手DFの間に顔を出した清武に斜めのパス。清武がヒールパスで返すと、坂元はペナルティエリア右のスペースに抜け出す。坂元が左足を振り抜き放ったシュートは、相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

     試合はこのまま終了し、C大阪は3連勝を逃した。両チームは7月3日に再戦する。

    【スコア】
    セレッソ大阪 1-1 ポートFC

    【得点者】
    0-1 45+3分 パコーン・プレムパック(ポート)
    1-1 79分 坂元達裕(C大阪)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/778a0d9d93bf95a6790b70c54185d60200f56230





    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/06/29(火) 13:11:34.40 _USER9
    img_01

    中国は3軍、豪州は辞退、韓国も五輪代表の選手を外して参加

     アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が22日に開幕して、日本勢は4チーム全部が初戦に勝利したね。アジア王座奪還に向けて日本が好発進したと言えそうだけど、ちょっと今年は大会の様子が違うようだ。

    というのも、中国のチームはユースの選手も入れた3軍と言ってもいいようなチームを連れてきているし、オーストラリアのチームは出場を辞退し、韓国のチームも五輪代表となっている選手はチームに帯同していないようだ。ACLの優勝経験国のなかで、ベストメンバーで戦っているのはどうやら日本のチームくらいのようなんだ。

     ハッキリ言って、こういう大会にコンペティティブな価値はない。コロナ禍なんだからこうなっても仕方がない、というのなら、日本もベストメンバーで戦う意味なんかない。このグループステージの日程を全部しっかりこなしていたら、U-24日本代表に選出されている選手は、12日のホンジュラス戦に間に合わなくなってしまう。それどころか、選手は中2、3日の過密日程で怪我のリスクを負いながら試合をやる意味が見いだせないだろう。

     AFC(アジアサッカー連盟)も、ユースを連れてきたチームを咎めたりするわけでもないようだから、所詮主催者側も大会の価値をその程度と捉えているんだろう。だったら、なんで日本だけ真面目にやる必要があるんだろうね?
     
     結局、今回のACLにはみんな価値を感じていないんだ。なんでコロナ禍のなかでオリンピックもあるのに、感染リスクに慄きながら異国の地で2週間も缶詰めになって、ベストメンバーで過密日程を戦わなければならないのか。日本以外の国は、AFCのやり方にも何か不安を覚えたり、疑問を抱かざるを得ない部分があったんだろう。日本人は、上の言うことには本当に素直に従うよね。

     ただし、こうした事態が起こるのは、ACLだけに限ったことではないかもしれないよ。オリンピックでも、フランスの代表チームが選手の派遣を巡って揉めているというし、大会に相応しい実力のある選手があまり見られなくなる可能性は大いにある。ACL同様、五輪もモチベーションの低い大会にならないといいけどね。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c871f2b75fe6077b891b3b4b1d579e0029bbbae0 

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/06/29(火) 02:53:49.81 _USER9
    E4__NJqUcAEvv1i

     ガンバ大阪は6月29日、アジア・チャンピオンズリーグのグループステージ第2戦で韓国の全北現代モータースと対戦。試合は2-2の痛み分けで決着した。

     G大阪のACL2戦目の相手は、グループHで一番の強敵と目される全北現代。初戦を白星スタートで飾り勢いに乗る韓国王者との大一番に挑んだ。

     ゲームは立ち上がりにG大阪がまさかの失点。開始2分、ゴールキックのセカンドボールを拾われると、アタッキングサードでワンタッチパスを繋がれ、最後はスタニスラフ・イルチェンコに右足でネットを揺らされてしまう。

     さらに17分にも、日本人プレーヤーの邦本宜裕にペナルティエリア手前左からミドルシュートを決められ、はやくも2点のビハインドを負ってしまう。
     
     それでも主導権を握るG大阪は27分、藤春廣輝の左サイドからのクロスに、ゴール前でパトリックがドンピシャヘッドで合わせ、2試合連続ゴールを挙げる。

     1点を返すとその4分後にも、宇佐美貴史の左サイドからのアーリークロスがファーサイドに流れ、これを矢島慎也が折り返すと、またしてもゴール前でフリーとなっていたパトリックが流し込み、あっという間に振り出しに戻す。

     後半は最終ラインからしっかりとパスを繋いで攻め上がるが、サイドチェンジやラストパスの精度を欠き、なかなか敵陣深くまで持ち込むことができない時間が続く。

     69分にはペナルティエリア手前の中央から宇佐美が左足を振り抜くが、これも枠の外。最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、試合は2-2のドロー決着となった。

     この結果、G大阪は勝点4で並ぶ全北現代を得失点差で上回り、グループ首位を維持。次戦は、中3日の7月2日にタイのチェンライ・ユナイテッドとグループステージ第3戦を戦う。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ad0f0b721a09ff93d7b064d188c26b832b5ca1

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/06/28(月) 04:44:43.40
    kv_header_acl2021_sp[1]

    すまん、日本のサッカー界強すぎるわ

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/06/28(月) 00:59:52.40 _USER9
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループJ第2節が27日に行われ、セレッソ大阪と傑志(香港)が対戦した。

     開幕節、C大阪は広州FC(中国)を、傑志はポートFC(タイ)をともに2-0で下して白星発進。前節から中2日、連勝をかけて両者が激突した。

     試合を支配していたC大阪がチャンスを生かせないでいると、38分に傑志がワンチャンスをモノにして先制する。GKからのロングボールをデヤン・ダムヤノビッチが収めて右サイドに展開。受けた味方が前方のスペースにスルーパスを通し、抜け出したクレイトンはグラウンダーでマイナス方向に折り返す。最後はダムヤノビッチが右足ダイレクトで合わせて、ゴール左下に流し込んだ。

     前半は枠内シュートを打てず、ビハインドで折り返したC大阪。53分に右サイドの深い位置から坂元達裕が右足でクロスを送ると、直接ゴールに向かったボールはポストに直撃してしまう。60分には右サイドから原川力が柔らかいクロスを送ると、中央で競り勝った中島元彦がヘディングで枠に飛ばしたものの、相手GKの正面。さらに61分、チアゴが遠目の位置から低くて鋭い強烈なミドルシュートを放ったが、これも相手GKに阻まれる。

     69分、C大阪が待望の同点弾を獲得する。右サイドで坂元がキレのあるドリブルで相手2人を剥がし、ゴール前に高速のグラウンダークロスを供給。相手GKが弾くと、こぼれ球をアダム・タガートが押し込んだ。タガートは加入後初得点となった。

     すると71分、C大阪が逆転に成功。ペナルティエリアの外からチアゴがふたたび低くて鋭いミドルシュートを放つと、相手GKは処理しきれず、ボールがゴールに吸い込まれた。

     試合はこのまま終了し、C大阪が2連勝、傑志が1勝1敗となった。次節は30日に行われ、C大阪はポートと、傑志は広州と対戦する。

    【スコア】
    セレッソ大阪 2-1 傑志

    【得点者】
    0-1 38分 デヤン・ダムヤノビッチ(傑志)
    1-1 69分 アダム・タガート(C大阪)
    2-1 71分 チアゴ(C大阪)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d62cfccf9e2bc0b0f5dc6d96f90dae95a3cc737






    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    944: 名無し@サカサカ10 2021/06/27(日) 02:51:28.89
    E405jH2VgAA3MXT

    なんとか勝ちやな






    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    55: 名無し@サカサカ10 2021/06/27(日) 01:09:05.37
    bd775ae6788785594944d7a00f69d68a

    川崎フロンターレ、逝く



    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    147: 名無し@サカサカ10 2021/06/25(金) 23:50:59.33
    脚シンガポールにボール支配されとるやん
    no title

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/06/25(金) 20:55:32.79 _USER9

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節が25日に行われ、名古屋グランパスと浦項スティーラース(韓国)が対戦した。

     セントラル方式で開催されているグループステージ。名古屋、浦項のいるグループGはタイで試合が開催されている。

     大会初戦を勝利で飾った両チームの対戦は、名古屋が立ち上がりに主導権を握る。11分、左サイドのタッチライン側から齋藤学が細かいタッチでDF2人をかわすと、角度のないところから右足で強烈なシュートを放つも、これはポストに弾かれた。

     その後、押し込まれた時間を凌いだ浦項が徐々に攻勢に転じるも、34分、名古屋はマークを背負ってボールを受けた柿谷曜一朗が反転から右足を一振り。低く鋭い弾道はニアサイドへと突き刺さり、会心の一撃で名古屋が先制に成功した。

     試合はこのまま前半を1-0で折り返すと、後半開始とともに3枚替えを決断した浦項に対し、名古屋も55分に3枚替えを決行。すると58分、ピッチに立ったばかりの山﨑凌吾がカウンターから左足で狙うも、これはGKカン・ヒョンムに阻まれた。

     続く64分、マテウスのスルーパスに柿谷が抜け出すと、中央への折り返しからまたも山﨑がシュート。するとこのボールがDFの手に当たりPKの判定に。ハンドを犯したシン・グアンフンはこの試合2枚目のイエローカードで退場となった。そして65分、マテウスがPKをしっかりと決め、名古屋がリードを2点に広げる。

     さらに83分には、柿谷の落としをスピードに乗って受けたマテウスがエリア外からシュートを放つ。放たれたグラウンダー性のボールはポストに当たってゴールに吸い込まれ、名古屋が勝負の行方を決定づける3得点目を奪った。

     試合はこのまま終了。グループ最大のライバルと目される浦項を下した名古屋は、これで開幕2連勝を達成して首位に立った。

     次節は28日、名古屋はラチャブリFCと、浦項はジョホール・ダルル・タクジムと対戦する。

    【スコア】
    名古屋グランパス 3-0 浦項スティーラース

    【得点者】
    1-0 34分 柿谷曜一朗(名古屋グランパス)
    2-0 65分 マテウス(PK/名古屋グランパス)
    3-0 83分 マテウス(名古屋グランパス)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/408692fc0ac96f1b913e761051ea32029660910f





    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    291: 名無し@サカサカ10 2021/06/25(金) 19:34:18.54
    bc7e1a5c

    キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    121: 名無し@サカサカ10 2021/06/24(木) 16:10:18.70
    no title

    この真ん中で気取ってる女性はオーナーさんかな

    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/06/24(木) 20:57:37.36 _USER9
    E4pWBHGVkAcEJrW

     セレッソ大阪は6月24日、アジア・チャンピオンズリーグのグループステージ初戦で中国の広州FCと対戦し、2-0で勝利を収めた。

     若手主体の広州に対し、C大阪は立ち上がりからボールを保持し、試合を優位に進める。自分たちのリズムでパスをつなぎ、相手を押し込んでいく。9分には高木俊幸のクロスから坂元達裕がヘディングシュート。しかしこれは惜しくもバーの上。

     主導権を握る展開のなか、先制点が生まれたのは14分。原川力のCKに奥埜博亮がヘッドで合わせてゴールネットを揺らす。

     リードを得たC大阪は攻撃の手を緩めず、追加点を狙っていく。両サイドを効果的に使いながら相手ゴールに何度も迫る。時折攻め込まれる場面もあったが、CBコンビのチアゴや瀬古歩夢ら守備陣が危なげのないディフェンスで撥ね返す。

     ゲームをほぼ支配した前半は多くのチャンスを作るも、広州の人数をかけた守備をなかなかこじ開けられず、1点止まりだった。
     
     迎えた後半も、C大阪が優勢を保つ。途中出場の為田大貴は果敢な仕掛けで攻撃を活性化し、坂元が持ち前の柔軟なテクニックで敵を翻弄し、好機を演出する。

     そして待望の追加点は69分。原川のCKから、今度はチアゴがヘッドで叩き込む。その後も危なげない戦いぶりでゲームを終わらせたC大阪が2-0で完封勝利。幸先良く勝点3を手にした。

     C大阪は次戦、27日に香港の傑志と対戦する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/863c1af9c428ae165b4fb269d081a0a4e39b769d






    続きを読む

    • カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    560: 名無し@サカサカ10 2021/06/22(火) 15:51:01.45
    ACL公式が出したチャンピオン一覧だそ
    みんなちゃんと敬えよ。
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ