サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    ACL

    • カテゴリ:

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/21(水) 21:00:36.02 _USER9

    20180221-00718867-soccerk-000-8-view[1]


    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第2節が21日に行われ、セレッソ大阪(日本)と広州恒大(中国)が対戦した。

     前節試合終了間際に水沼宏太のゴールで勝ち点3を奪ったC大阪は、先発出場の2トップを柿谷曜一朗と杉本健勇から、山村和也とヤン・ドンヒョンに変更した。

     前半は広州にチャンスを作られる。14分、ソウザが頭でキム・ジンヒョンにバックパスを送るも、アランに奪われてループシュートを放たれる。しかし、キム・ジンヒョンが冷静に抑えて、ゴールを許さない。さらに17分、自陣深い位置でパスを回されると、ペナルティエリア中央で受けたアランにDFをかわされて、シュートを放たれた。このシュートはゴールのわずか右にそれて、危険なピンチを脱した。

     後半に入るとC大阪にチャンスが訪れる。33分、左サイドからのCKを得ると、丸橋祐介のクロスにソウザが頭で合わせてネットを揺らした。しかし、直前にマテイ・ヨニッチがオフサイドの判定を受けていたことで、ゴールを記録することはできなかった。

     その後、柿谷と杉本を投入してC大阪が広州を攻め立てるも最後までゴール奪えず、今季初のホームでの試合をスコアレスドローで終えた。C大阪は次節、3月6日にブリーラムと対戦する。

    【スコア】
    セレッソ大阪 0-0 広州恒大

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00718867-soccerk-socc











    続きを読む

    • カテゴリ:

     名無し@サカサカ10 2018/02/21(水)

    20180221-00257409-footballc-000-1-view[1]


     【水原三星 1-2 鹿島アントラーズ AFCチャンピオンズリーグ第2節】

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節の試合が21日に行われ、鹿島アントラーズは韓国の水原三星とアウェイで対戦した。

     中国の上海申花とホームで1-1のドローに終わった初戦から、鹿島は先発を3人変更。曽ヶ端、内田、ペドロ・ジュニオールに代わってクォン・スンテ、山本、金崎が先発に名を連ねる。

     前半8分、その初先発の金崎が鹿島に先制ゴールをもたらす。左サイドの鈴木からの横パスをペナルティエリア手前で受けた遠藤がダイレクトの浮き球をエリア内に送り、金崎が右足で低いシュートを流し込んだ。

     24分にはレオ・シルバがワギニーニョをエリア内で倒し、水原にPKを与えてしまう。だがダムヤノビッチのシュートをクォン・スンテの好セーブが阻み、鹿島はそのまま1点リードで前半を折り返した。

     そして59分、鹿島がさらに勝利を引き寄せる追加点を奪う。遠藤からのクロスに鈴木が飛び込んでヘディングシュートを放ち、最後は至近距離から金崎が頭で押し込んで自身2ゴール目を挙げた。

     終盤の89分にはクリストバムのゴールで1点を返されたが、鹿島は2-1で勝利。今大会初白星を挙げ、2試合を終えて1勝1分けとしている。

    【得点者】
    8分 0-1 金崎夢生(鹿島)
    59分 0-2 金崎夢生(鹿島)
    89分 1-2 クリストバム(水原)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00257409-footballc-socc










    続きを読む

    110: 名無し@サカサカ10 2018/02/20(火) 22:56:05.21
    JリーグがACLで弱いのはリアリストになれないから
    相手を見てサッカーをしようとしない
    自分達のサッカーで突撃して返り討ちにあう
    4年前でどっかの国の代表がW杯で同じことしてたけどクラブもそういう癖がある
    今日も相手のKチームの監督は日本のクラブが嫌がるサッカーをしてきたがJチームは逆のことをしない
    このサッカー文化こそ日本サッカーの諸悪の根源だと思う
    28年ぶりの五輪で2勝1敗という好成績で終えた西野に対して
    守備的すぎたという理由で協会のレポートで最低のCランクをつけたり
    ベスト16進出したのに「守備的すぎる」と岡田ジャパンに対して身の程知らずの叩きを展開して
    4年後に「自分たちのサッカー」を生み出す遠因を作った頃から何も成長してない




    GettyImages-624336648-800x533[1]





    続きを読む

    名無し@サカサカ10 2018/02/20(火)

    20180220-00000023-goal-000-2-view[1]



     ■ACL・グループE第2節 柏 1-1 天津権健

    柏:クリスティアーノ(52分)

    天津権健:パト(88分)

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループE第2節が20日に行われ、柏レイソルは天津権健(中国)とホーム・日立柏サッカー場で対戦した。

    2-3で逆転負けを喫した第1節・全北現代(韓国)戦からメンバーを変更。DF亀川諒史に代わり、DFパク・ジョンスがスターティングメンバーに起用された。天津権健はFWアントニー・モデストとMFアクセル・ビツェルが先発。FWアレシャンドレ・パトは37分から途中出場した。

    柏は52分、MF江坂任、DF小池龍太とつなぎ、クロス。FWクリスティアーノがペナルティエリア内でボールをコントロールして、豪快に右足を振り抜く。ボールはゴールネットに突き刺さり、柏が先制する。対する天津権健は88分、パトのゴールで同点とする。試合は1-1の引き分けに終わった。

    柏は25日、アウェイのベガルタ仙台戦で、明治安田生命J1リーグ開幕を迎える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000023-goal-socc











    続きを読む

     名無し@サカサカ10 2018/02/20(火)

    20180220-00257232-footballc-000-1-view[1]


     【蔚山現代 2-1 川崎フロンターレ AFCチャンピオンズリーグ第2節】

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節の試合が20日に行われ、川崎フロンターレはアウェイで韓国の蔚山現代と対戦した。

     J1王者としてアジアの舞台に臨んだ川崎Fだが、中国の上海上港をホームに迎えた初戦は0-1の黒星発進。アウェイとはいえ勝ち点を持って帰らなければ、グループ突破は早くも危うくなり始めてしまう。

     蔚山は今季サガン鳥栖から加入したFW豊田陽平が先発に名を連ねる。その豊田が右からのクロスに飛び込むなどの形で川崎Fのゴールを脅かす場面も。一方の川崎Fは29分、エリア手前右寄りの位置から家長が左足で放ったシュートが惜しくも左ポストを叩いてゴールならず。

     両チームともに先制のチャンスはあったが、先手を取ったのはホームの蔚山。42分、川崎Fのペナルティエリア内で奪ったボールをオルシッチが落とし、エリア手前へ走り込んだチョン・ジェヨンが右足での正確なシュートをゴール左隅に送り込んだ。

     反撃に転じようとした川崎Fだが、66分には非常に痛い2点目を奪われてしまう。ゴール前に抜け出したファン・イルスのシュートは辛うじて阻んだが、蔚山はボールを失わず波状攻撃を仕掛け、最後はオルシッチのパスを受けたイ・ヨンジェがエリア手前から左足の強烈なシュートを突き刺した。

     85分には交代出場の知念が左サイドの登里からのクロスにダイビングヘッドで飛び込んで1点を返し、川崎Fが望みを繋ぐ。ラストプレーのCKではGKチョン・ソンリョンも上がって同点ゴールを狙ったが及ばず、無念の2連敗となった。

     蔚山は1勝1分の勝ち点4でグループ暫定首位。上海上港とオーストラリアのメルボルン・ビクトリーも同居する厳しいグループで、川崎Fは非常に苦しい状況に追い込まれている。

    【得点者】
    42分 1-0 チョン・ジェヨン(蔚山)
    66分 2-0 イ・ヨンジェ(蔚山)
    85分 2-1 知念慶(川崎F)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00257232-footballc-socc











    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/14(水) 23:13:21.83 _USER9
     
    20180214-00000306-sph-000-0-view[1]


    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ開幕の鹿島―上海申花(中国)が行われたカシマスタジアムで、上海サポーターが鹿島の選手に対し、水をかける騒動があった。マッチコミッショナーを務めるアブデル・ハミード氏が関係者から聞き取り調査を行った上で、主催のアジアサッカー連盟(AFC)に報告することになった。

     鹿島関係者によると、試合の前半、上海サポーター席の前でウォーミングアップをしていたFW金崎、DF山本、犬飼にスタンドから水を浴びせられたという。その後、試合中に警備員らと言い合いを繰り返すなどしていた。また、試合前には上海サポーターが事前提出していない横断幕をスタンド掲出しようとして、警備員約10人に抵抗する騒動も起こしていた。

     カシマスタジアムでは構造的な理由などから、メーンスタンドを背にして、右側に鹿島サポーター席が設けられている。これに合わせて国内公式戦では、鹿島は右のベンチに座る。だが、ACLの大会規定で、ホームチームは左側ベンチの使用を定められているため、この日は左側のベンチを使用。ウォーミングアップゾーンも規定で左側、上海サポーター席の前に設けられていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000306-sph-socc

    続きを読む

    • カテゴリ:

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/14(水) 21:41:09.96 _USER9
    【ACL】C大阪、水沼の土壇場決勝ゴールでアウェー済州戦に勝利!
    2/14(水) 21:37配信 SOCCER DIGEST Web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00035690-sdigestw-socc

    後半には惜しいシーンも作った清武。(C) Getty Images
    no title


    ■後半アディショナルタイムに決勝点。

     アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ1節、グループG・済州ユナイテッド対セレッソ大阪の一戦が2月14日、済州ワールドカップスタジアムで行なわれ、C大阪が1-0で勝利を収め、白星スタートを切った。

    【PHOTO】セレッソ大阪を応援する美女サポーター

     C大阪は、ゼロックス・スーパーカップを欠場したソウザがスタメンに復帰。GKは韓国代表GKのキム・ジンヒョン、DFは右から松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介と入り、中盤はボランチに日本代表の山口蛍とソウザ。左MFに清武弘嗣、右MFに水沼宏太、2トップは柿谷曜一朗と杉本健勇の新旧日本代表コンビとなった。

     試合は、C大阪が圧倒的にボールを支配。前半途中で70%を超えるポゼッションを誇ったが、済州も堅い守りでゴールを許さない。

     試合終盤には、プレーの流れのなかで清武と相手選手がもつれ、両軍が入り乱れて熱くなるシーンも。このプレーで清武と済州のパク・ジンポにはイエローカードが提示された。結局、前半は0-0で終了。

     後半もボールを支配するC大阪に対して、済州はロングフィードでディフェンスラインの裏に大きく放り込んでくる展開に終始。61分には、C大阪ゴール前に際どいクロスが入ると、飛び込んだGKキム・ジンヒョンに対して、警告を受けているパク・ジンポがアフター気味に足の裏を見せて激突。しかし、このプレーにはイエローカードは提示されず、C大阪のユン・ジョンファン監督も激昂して第4審判に詰め寄るシーンも。

     さらにその直後には、柿谷のポストプレーに対して、相手DFが身体ごと掴みかかるようなタックルでファウル。再びユン・ジョンファン監督が声を荒げてアピールすると、バーレーン人主審にたしなめられる一幕もあった。

     C大阪は65分すぎ、左サイドでボールを奪うと、杉本、柿谷のパス交換から清武が右足で強烈なシュートを放つ。しかし、これは相手GKの好守に阻まれ、ゴールネットを揺らすには至らない。

     終盤に入ると、C大阪のペースも落ち、済州に攻勢を許す時間帯も見られたが、後半アディショナルタイムの93分、途中出場の高木俊幸のシュートのこぼれ球を水沼が押し込み、これが決勝点。C大阪が土壇場で飛び出したゴールで白星スタートを切った。

     C大阪は次節(21日)、ホームのヤンマースタジアム長居で広州恒大と対戦する。










    続きを読む

    • カテゴリ:

    名無し@サカサカ10 2018/02/14(水)

    20180214-00256193-footballc-000-1-view[1]



     【鹿島アントラーズ 1-1 上海緑地申花 ACLグループステージ第1節】

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1節の試合が14日に行われ、鹿島アントラーズはホームで中国の上海緑地申花と対戦した。

     昨季のJ1を2位で終えてACL出場権を獲得した鹿島。昨季はベスト16での敗退に終わっており、今季こそは初のアジア制覇を目指したいところだ。

     今季最初の公式戦となるこの試合では、7年半ぶりの国内復帰を果たした内田篤人が先発出場。東京Vから加入した安西幸輝もスタメンに名を連ねた。

     だがプラン通りのスタートを切ることはできず、上海の最初のチャンスで先制点を許してしまう。CK後の流れから、右サイドに流れたボールを拾ったマルティンスがクロスを上げると、曽ヶ端の伸ばした手を越えた先で待ち構えたモレノがヘディングで押し込んだ。

     その後は主導権を握った鹿島だが、鈴木優磨のボレーや遠藤康の直接FK、CKから昌子源のヘッドなどのチャンスはいずれも決まらず。前半は1点ビハインドのまま折り返した。

     後半も立ち上がりから積極性を見せたことが実を結び、51分には追いつくことに成功。混戦の中から鈴木が放ったシュートはGKに弾かれたが、詰めていた遠藤が押し込んで1-1の同点に。

     ホームで勝ち点3が欲しかった鹿島だが、チャンスを生み出しながらも逆転のゴールは生まれず。上海もマルティンスの快速などを生かして鹿島ゴールを脅かしたが曽ヶ端の攻守に阻まれ、勝ち点1を分け合う結果に終わった。

    【得点者】
    4分 0-1 モレノ(上海)
    51分 1-1 遠藤康(鹿島)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00256193-footballc-socc








    続きを読む

    • カテゴリ:

    752: 名無し@サカサカ10 2018/02/13(火) 23:15:43.44
    20180213-00035636-sdigestw-000-5-view[1]



    【ACL採点&寸評】川崎 0-1 上海上港|1点が遠く…。攻撃陣は総じて及第点以下に | サッカーダイジェストWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00035636-sdigestw-socc 

    【チーム採点・寸評】
    川崎 5.5
    球際でよく戦い、勝利への意欲は強く感じられた。ただ、代名詞である流れるようなパスワークは最後まで見られず。3日前のゼロックス・スーパーカップに続いて課題の残る内容で、大事な初戦を落とした。
    【川崎|採点・寸評】
    GK
    1 チョン・ソンリョン 6
    23分にはエウケソンのシュートに反応するも弾き出せず。悔いの残る失点になった。それでも73分には相手の至近距離からのシュートをビッグセーブ。ピンチを救った。
    った。
    DF
    2 登里享平 6
    出場停止の車屋に代わって先発。守備では対峙したフッキに粘り強く対応し、タイミングの良いオーバーラップで攻撃に厚みを持たせた。
    3 奈良竜樹 6
    1失点も得意のフィジカル勝負では負けず、相手攻撃陣を食い止めた。気持ちのこもった守備で会場から拍手を受けた。
    5 谷口彰悟 5.5
    失点シーンではクロスをクリアし切れず。それでも奈良と協力してゴール前に高い壁を築き、最終ラインからのビルドアップでも貢献した。
    18 エウシーニョ 5.5
    右足の負傷でゼロックス・スーパーカップは欠場したが、前半はその影響を感じさせないプレーを披露した。ただ終盤はスタミナが切れた。
    MF
    10 大島僚太 5.5
    中盤からボールを持ち上がり、攻撃に変化を加えた。ただし年末に左太ももを負傷して出遅れたせいか本調子とは言えず。パスがズレるシーンがあった。
    14 中村憲剛 5.5(70分OUT)
    33分の渾身のヘッドは相手GKのファインセーブに阻まれた。司令塔として攻撃を操ったが、決定的な仕事はできず。
    21 エドゥアルド・ネット 5.5(86分 OUT)
    ポゼッション時は最終ラインに下がってパス回しに参加。前線にボールを送ったが、相手DFに引っかかることも少なくなかった。
    41 家長昭博 5.5(81分 OUT)
    自由に動き回りボールに絡んだ。後半立ち上がりには強烈なシュートを放つなど積極的にゴールを狙うも、70分のGKとの1対1は決め切れなかった。
    FW
    4 大久保嘉人 5.5
    中盤2列目の左でスタメン出場。献身的に守備を行なったが、敵陣で仕事をする場面は限られていた。
    11 小林 悠 5.5
    良質なパスに恵まれず。1トップとして苦しい戦いを強いられた。64分の登里からのクロスは枠に飛ばせず。
    交代出場
    MF
    8 阿部浩之 5.5(71分 IN)
    1点を追うなかでピッチへ。70分にはE・ネットのクロスからシュートを狙うもDFにブロックされた。
    MF
    16 長谷川竜也 -(81分 IN)
    切れのあるドリブルで勝負を仕掛けた。相手のファウルを誘ってFKを得たが、ゴールにはつながらず。
    MF
    25 守田英正 -(86分IN)
    守備のバランスを整えながらカウンターの起点に。大卒ルーキーは落ち着いたプレーぶりだった。
    監督
    鬼木 達 5.5
    素早いプレスなど守備面はゼロックス・スーパーカップから修正されていた。ただ、大久保を先発で起用するも1点が遠かった。
    取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

    続きを読む

    • カテゴリ:

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/13(火) 21:23:37.77 _USER9
    柏、敵地で2点を先行も後半だけで3失点…全北に逆転負けでACL黒星発進
    2/13(火) 21:20配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714928-soccerk-socc

    ACL初戦は悔しい敗戦となった [写真]=Getty Images
    no title


     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループステージ第1節が13日に行われ、全北現代(韓国)と柏レイソル(日本)が対戦した。

     プレーオフを制し3年ぶりのACL出場となる柏はクリスティアーノが最前線に入る4-2-3-1の布陣。新加入の亀川諒史、江坂任も先発入りを果たした。

     開始10分、大谷秀和のダイレクトパスにハモン・ロペスが反応。相手GKが前に飛び出すも、左足でループシュートを沈め、柏が幸先良く先制する。続く27分、左サイドからチャンスを作ると、ハモン・ロペスのシュートのこぼれ球を江坂が押し込んで追加点。

     後半に入り55分、CKからイ・ドングッに決められ、差は1点に。続く75分、全北にセットプレーを与えてしまうと、キム・ジンスに同点弾を許した。さらに終了間際の85分、再びイ・ドングッに決められてしまう。

     試合は3-2で終了。柏は敵地で2点を先行したものの、逆転負けで勝ち点を獲得できなかった。次戦は20日、ホームで天津権健(中国)と対戦する。

    【スコア】
    全北現代 3-2 柏レイソル

    【得点者】
    0-1 10分 ハモン・ロペス(柏)
    0-2 27分 江坂任(柏)
    1-2 55分 イ・ドングッ(全北現代)
    2-2 75分 キム・ジンス(全北現代)
    3-2 85分 イ・ドングッ(全北現代)














    続きを読む

    • カテゴリ:

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/13(火) 20:58:04.69 _USER9
    J1王者・川崎、ACL初戦は黒星…エウケソン弾浴び上海上港に敗れる
    2/13(火) 20:50配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714862-soccerk-socc

    元ブラジル代表のフッキと競り合う家長昭博 [写真]=Getty Images
    no title


     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループステージ第1節が13日に行われ、川崎フロンターレ(日本)と上海上港(中国)が対戦した。

     J1王者・川崎は10日に行なわれたFUJI XEROX SUPER CUP 2018からスタメンを4名変更。エウシーニョ、大島僚太、大久保嘉人らがスタメンに名を連ねた。対する上海上港は元ブラジル代表のオスカルやフッキらが先発出場を果たしている。

     23分、左サイドからのクロスを受けたエウケソンが胸トラップから右足を振り抜く。GKチョン・ソンリョンが触ったものの、シュートはゴールに吸い込まれた。前半は川崎の1点ビハインドで折り返す。

     後半に入り70分、大久保のパスに家長昭博が抜け出し、GKと1対1の場面を迎える。しかしながら、シュートは枠を捉えられず。

     試合は0-1で終了。川崎のACL初戦は黒星スタートとなった。次戦は20日、川崎はアウェイで蔚山(韓国)と対戦する。

    【スコア】
    川崎フロンターレ 0-1 上海上港

    【得点者】
    0-1 23分 エウケソン(上海上港)







    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/13(火) 17:41:13.55 _USER9

    20180213-00035622-sdigestw-000-3-view[1]


    サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグH組の鹿島は13日、上海申花(中国)との初戦を翌日に控え、茨城県鹿嶋市内の練習場で調整した。

     昨季は決勝トーナメント1回戦で敗退。J1も、最終節で川崎に逆転を許して優勝をさらわれるなど無冠に終わった。相手はコロンビア代表のモレノら強力な助っ人を擁する。大岩監督は試合会場の本拠地カシマスタジアムで記者会見に臨み、「今季初戦はホーム。しっかり勝ち切るという気持ちで始められるといい」と言葉に力を込めた。

     約7年半ぶりに復帰した内田も右サイドバックでの出場が見込まれ、「鹿島でできるのはうれしい。自分のできることをやりたい」と話した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000124-jij-spo

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/05(月) 07:01:54.85 _USER9
    20180204-00008837-nallabout-000-1-view[1]



    ◆プレーオフで柏が勝利。最大数の4チームが出場へ

    アジア各国のリーグ、カップ戦の王者が集うアジアチャンピオンズリーグ(ACL)は、国によって出場クラブ数が異なる。
    日本は最大数の「4」を確保しており、前年のJ1リーグ上位3チームと天皇杯優勝チームが出場する。

    柏レイソルは昨年のJ1リーグで4位だったが、3位のセレッソ大阪が天皇杯で優勝したため、繰り上げで4つ目の枠を与えられ、プレーオフから本戦を目ざすことになった。
    タイのムアントン・ユナイテッドとのプレーオフで柏が勝利したことにより、J1王者の川崎フロンターレ、同2位の鹿島アントラーズ、セレッソを加えた4チームが、今シーズンのACLに挑むこととなった。

    Jリーガーが立つことのできる国際舞台は、基本的に日本代表の活動に限られる。
    それだけに、アジア各国のトップクラブと真剣勝負を繰り広げるACLは、出場チームと個々の選手のレベルアップにつながる重要な大会と位置づけられる。

    とりわけ今年は、6月にロシアW杯が控えている。国内でプレーする選手にとっては、日本代表入りを引き寄せるためのアピールの機会にもなる。
    プレーオフに勝利した柏では、伊東純也が目に見える結果を残した。昨年12月のE-1選手権で日本代表デビューを飾ったこの高速ドリブラーは、チームの3得点すべてに絡む活躍を見せたのだった。

    ◆ACLと代表の関連性

    対アジアの視点に立つと、ACLの意味はクラブに留まらない。

    近年のアジアサッカー界は、全体の底上げが著しい。これまでアウトサイダーと見なされてきたタイやベトナムといった東南アジアの国々が、17歳以下や20歳以下のカテゴリーで結果を出すようになってきた。
    また、国際大会ではベスト4やベスト8が定番だった中央アジアのウズベキスタンも、いよいよ侮れない存在となっている。

    1月27日に閉幕したU-23(23歳以下)のアジア選手権では、準々決勝で日本を4-0で下したウズベキスタンが初優勝を飾った。そのウズベキスタンと決勝で激突したのはベトナムである。
    同選手権ではマレーシアも、過去最高のベスト8まで勝ち上がっていた。

    ◆「日本は強い」との印象を与えるために

    そこでACLである。アジア各国との戦いでJリーグ勢が力を見せつければ、「やはり日本は強い」との印象を広く植えつけることができる。
    逆に4クラブが揃って早期敗退となれば、「クラブで勝てるのだから、代表でも付け入るスキはあるはずだ」との思いを、アジア各国に抱かせてしまう。

    昨年のACLでは、浦和レッズが日本勢で9年ぶりとなる優勝を成し遂げた。アジアの頂点に立った彼らは、同年12月開催のクラブW杯にも出場した。
    残念ながら準々決勝で開催国UAEのクラブに敗れ、欧州代表レアル・マドリード(スペイン)との対決は実現しなかった。しかし、それもまた価値ある体験である。

    18年シーズンのACLは、2月13日に開幕する。W杯の代表入りへ向けた選手たちのアピールと、日本のプレゼンスを示すための各チームの戦いに、ぜひとも注目してもらいたい。

    戸塚 啓

    2/4(日) 20:35配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00008837-nallabout-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/01/30(火) 20:52:38.85 _USER9
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・プレーオフが30日に行われ、柏レイソルとムアントン・ユナイテッドが対戦した。

     立ち上がりから攻勢に出た柏は23分、右サイドからのクロスに新加入の江坂任が右足ボレーで合わせたが、わずかに枠の右へ逸れた。32分にはペナルティエリア内右に抜け出したクリスティアーノが右足で狙ったが、ここはGKに阻まれた。

     試合が動いたのは後半立ち上がりの51分。スルーパスでエリア内右に抜け出した伊東純也がドリブルでDFをかわし、ゴール前へラストパス。これをクリスティアーノが冷静に流し込み、柏が先制に成功した。

     勢いに乗る柏は62分、伊東からスルーパスを受けたクリスティアーノがドリブルでDFを抜き去りエリア内右に侵入。右足のシュートをゴール左下に決め、貴重な追加点を奪った。

     その後はムアントンがチャンスを作る場面もあったが、柏がGK中村航輔を中心とした堅い守備でゴールを許さない。逆に終了間際の89分にはエリア内でパスを受けた伊東がダメ押しとなる3点目を決め、勝負あり。

     試合はこのまま3-0でタイムアップを迎え、柏が3年ぶり4度目となるACL本戦出場権を獲得した。

    【スコア】
    柏レイソル 3-0 ムアントン・ユナイテッド

    【得点者】
    1-0 51分 クリスティアーノ(柏)
    2-0 62分 クリスティアーノ(柏)
    3-0 89分 伊東純也(柏)

    1/30(火) 20:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00708856-soccerk-socc

    写真
    no title








    続きを読む

    このページのトップヘ