サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    南野拓実

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/18(月) 18:38:18.18
    ロシアW杯以来の選出に「良いスタートを切りたい」と意気込み
     
    森保一監督率いる日本代表は18日、22日のコロンビア戦(日産スタジアム)に向けた練習をスタートした。
    ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰となったMF香川真司(ベジクタシュ)が取材に応じ、トップ下争いについて言及。
    新体制で11試合5得点と不動の地位を築いているMF南野拓実(ザルツブルク)とは「タイプは違う」と話し、“自身のカラー”で勝負することを誓った。

    香川はロシアW杯後の2018-19シーズン、ドルトムントでルシアン・ファブレ監督の構想外となり、リーグ戦は2試合の出場のみ。古参選手でありながらベンチ外の日々が続いた。

    苦境のなか、冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。第20節アンタルヤスポル戦(6-2)で後半途中から出場し、登場からわずか16秒で初ゴールを挙げるなど3分間で2ゴールの衝撃デビュー。
    以降は途中出場が続いたが、第23節フェネルバフチェ戦(3-3)でトップ下として移籍後初スタメンを果たすと、1アシストをマークした。負傷で1試合欠場後、前節コンヤスポル戦(3-2)では途中出場ながら決勝ゴールを挙げた。

    今回の3月シリーズで、ロシアW杯以来となる代表選出となった香川。「次のカタール(W杯)に向けてという目で、個人的には初めて呼ばれたので良いスタートを切りたい」と語ったが、やはり気になるのは起用ポジションだ。
    香川が主戦場とするトップ下は、森保監督体制ではセレッソ大阪の後輩でもある南野がレギュラーとして君臨してきた。もっとも、本人は「タイプは違うと思っているので」と至って冷静だ。

    「推進力があってパワフルなのが彼の特徴だと思うし、海外でやっているのも自信になって良い状態だと思う。そういうなかで、お互いが上手くピッチ上で良いプレーができるようにやっていきたい。
    長い戦いがこれからあるし、(南野)拓実以外にも初めての選手が多いので、コミュニケーションを取りながらやりたい」

    長年日本代表の10番を背負ってきたが男が、“復帰戦”でどのようなプレーを見せるのか注目が集まる。 

    3/18(月) 17:52配信Football ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00177182-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    432: 名無し@サカサカ10 2019/03/15(金) 04:14:25.08
     20190315-00055561-sdigestw-000-4-view[1]



    現地時間3月14日、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ16の第2レグが行なわれ、ザルツブルクはナポリとのリターンマッチに臨んだ。

     今月7日に敵地で行なわれた第1レグで0-3と完敗を喫して後がないザルツブルクは、本拠地での奇跡的な逆転に向けて、キックオフ直後から果敢なフォアチェックで敵ボールを追う。この日、2トップの右で先発起用された日本代表FWの南野拓実も積極的な動きを見せていった。

     それでも均衡を破ったのは巧者のナポリだ。14分、敵陣左サイドを果敢に攻め上がったM・ルイがグラウンダーのクロスをゴール前に供給。これが相手DFに当たって、さらにGKが弾いたところをミリクが豪快なバイシクルボレーでねじ込んだ。

     重要なアウェーゴールを奪われて、逆転に5点が必要となったザルツブルクは、なおも懸命に前線からプレスをかけにいき、25分に相手のミスから1点を返す。相手MFアランのパスを敵陣で奪ったシュボスライがゴール前にスルーパス。これに反応した主砲ダブールが冷静にフィニッシュした。

     その後も白熱の攻防戦が続いたなか、注目の南野はチームメイトからくさびのパスを引き出そうと奔走。しばらくはナポリの組織だった守りに苦戦する時間帯が続いたが、43分に右サイドからヴォルフとのワンツーパスで敵バイタルエリアに侵入して左足でのミドルシュートを放って惜しいシーンを創出した。

     結局、1-1で折り返した試合は、後半も序盤はナポリの試合巧者ぶりが際立つ。前半と同様にポゼッションをザルツブルクに譲ったが、南イタリアの雄は自陣にしっかりとブロックを構築してシュートまで待ちこませずにしたたかにゲームを進めたのだ。
     
     相手の堅守に我慢を強いられたザルツブルクも意地を見せる。65分に途中出場のノルウェー人FWグルブランドセンが味方からのクロスに合わせて勝ち越しゴールを奪った。

     59分から4-3-1-2の右インサイドハーフで起用された南野は、チームが勝ち越した65分以降もビルドアップに絡みながら決定機も生む。74分には味方の落としを受けてから右足でミドルシュートを放ったが、惜しくも相手GKメレトの攻守に阻まれた。

     チームが追い込まれた状況下であったとはいえ、普段とは異なるインサイドハーフに下げられ、よりチャンスメーカーとしての役割を86分にハーランドと交代するまで全うした南野。この日はナポリ守備陣に苦しむ場面が多かったのは事実だが、それでも決定機に繋がるシーンを創出していったのは流石だった。

     その後、ザルツブルクは91分にライトゲーフのゴールで1点を返して3-1としたものの、あと2点及ばずにタイムアップ。結局、2戦合計スコア4-3でナポリが2014-15シーズン以来、5年ぶりとなるELベスト8へと駒を進めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00055561-sdigestw-socc






    続きを読む

    527: 名無し@サカサカ10 2019/03/08(金) 06:50:50.78
    20190308-35975991-gekisaka-000-1-view[1]


     
    アウェーゴール奪えず…南野途中出場のザルツブルク、ナポリに3発完敗
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-35975991-gekisaka-socc










    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2019/02/15(金) 06:49:49.90
      20190215-00054149-sdigestw-000-3-view[1]

    現地時間2月14日、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ32の第1レグが行なわれ、クラブ・ブルージュとザルツブルクが対戦した。

     初の顔合わせとなる両チームの対戦。注目を集めたザルツブルクの日本代表FW南野拓実はスタメンからは外れ、ベンチから戦況を見守った。

     試合は所々に荒れ具合が目立つピッチ状態を両軍ともに嫌って、アバウトなロングボールを前線へとつける戦術を選択。その影響もあって立ち上がりから中盤でせめぎ合う攻防戦が続いた。

     そのなかで先手を取ったのはアウェイチームだった。17分、自陣からのロングパスに抜け出したユヌゾビッチが相手GKの立ち位置を冷静に見極めてエリア外からループシュートを決めたのだ。

     均衡が破れてからもザルツブルクは気を緩めることなく試合を進行。やや攻勢を強めてきたブルージュの攻撃も危なげなくかわして、1-0とリードして前半を終えた。

     ハーフタイムにディアッタとプランの2枚替えを行なったブルージュは、後半開始早々からサイドを有効活用した攻撃を展開。ザルツブルクを自陣に釘付けにさせると64分に値千金の同点弾を奪う。右CKからデンスウェルが豪快なヘディングシュートを沈めた。
     
     相手の交代によるプラン変更に対応できずに受け身となり失点を喫したザルツブルクだったが、アウェイゴールを挙げていることもあってか、リスクを冒して攻めに出ることはせず、残り時間が15分を切ってからも攻撃的なカードを切ることはしなかった。

     残り時間が少なくなっていくなか、試合は攻めるブルージュと守るザルツブルクという構図がハッキリと表れるようになる。そして81分にホームチームが値千金の逆転弾を奪う。右サイドでボールを持ったデニスのクロスが相手DFに当たってエリア内に流れると、これに反応したウェスレイがヘディングで押し込んだ。

     アウェイゴールを意識するなかで逆転されてしまったザルツブルクは、85分に切り札として南野を投入する。

     時間が少ないなかで2トップの一角に入った南野は、積極的に動いて、チームメイトにボールを激しく要求する。86分にはドリブル突破から相手のエリアに侵入したが、味方との連携が噛み合わずに決定機には繋がらなかった。

     しきりにボールに絡み、結果を求める執念を感じさせるプレーを披露した南野だったが、時間の経過とともに人海戦術で逃げ切りの態勢を固めていったブルージュの堅牢を打ち破るには至らず……。結局、ザルツブルクは1-2でブルージュに逆転負けを喫した。

     なお、注目の第2レグはザルツブルクの本拠地レッドブル・アレーナで2月21日に開催される。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054149-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/02(土) 07:23:32.28
    20190202-00053719-sdigestw-000-6-view[1]


    サッカー・アジア杯決勝(1日、日本1-3カタール、アブダビ)2大会ぶり5度目の優勝を狙った日本はカタールに1-3で敗れた。
    MF南野拓実(24)=ザルツブルク=が決勝まで6戦無失点だったカタールからゴールを奪い、一矢報いた。

    鉄壁の守備網を突き破った。0-2の後半24分。MF南野はDF塩谷のくさびを受けたFW大迫のワンタッチパスに飛び出し、右足でふわりと浮かせてネットを揺らした。

    「(あのゴールで)同点、逆転しなければいけなかったのだが…」

    決勝までの6試合で無失点だったカタールに一矢報い、ゴールの余韻に浸ることなくイレブンを鼓舞したが、空砲に終わった。涙目で悔しさをあらわにした。

    うっぷんを晴らすかのような一撃は、Aマッチ出場13試合目で代表通算5得点目。ここまでノーゴールと苦しんできたがストライカーとして得点を狙い続けてきた。
    イランとの準決勝で全3得点に絡む活躍も、ゴールはならず。
    昨年、国内で行われた親善試合では3戦連発で計4ゴールを量産したが、“本番”との違いを肌で感じる大会になった。

    「非常に悔しい結果。実力不足です。申しわけない…」

    森保ジャパンのトップ下で不動の地位を築く24歳が、この悔しさをバネに、さらなる高みを目指す決意を固めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000033-sanspo-socc
    2/2(土) 7:00配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/19(土) 10:22:49.07
    2018y10m18d_132200979[1]


    1次リーグで3連勝し、堂々と決勝トーナメント(T)進出を決めた日本代表。チーム状態は良好にみえる。
    だが、決勝Tは、負ければ敗退し、アジア制覇への道は断たれる。好調の陰に隠れたチームの課題をスポーツ報知サッカー担当記者が、あえて“見た”。

    攻撃陣の不安点を挙げるならば、トップ下のMF南野に“当たり”が出なかったことだ。
    初戦は存在感を出せず、2戦目はポジショニングを修正してシュート4本を放ったが無得点。
    「(シュートを)浮かせる、GKをギリギリまで見る、股を抜く、そういう余裕が少しなかった。
    いいときは何も考えずに入っていく」と語っていたが、体のキレは感じさせ、決して状態は悪くない。
    ただ前線の選手にとって、調子が悪くないのにシュートが入らない状態は、不安だという話を取材経験でもよく聞いた。

    「入るまで打ってやろうと思っただけ」と強気に話している南野を、ここで先発から外す手はないだろう。しかし次の一手も考えておく必要はある。
    幸い、ウズベキスタン戦ではFW武藤が代表で約3年3か月ぶりにゴール。右でん部痛で2試合欠場中の大迫は、決勝Tに照準を合わせている。
    大迫が間に合えば武藤の2トップなど、前線のバリエーションは考えられる。南野の当たりを待つか、それとも他の選択肢か…。
    森保監督には迅速でシビアな判断が求められる。

    ここまでセットプレーからの得点がないのも、気がかりの一つ。
    右のMF柴崎、左のMF堂安という2人のキッカーには、決勝Tでより重圧がかかる中で精度の高いボールが望まれるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000320-sph-socc
    1/19(土) 7:03配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/14(月) 08:07:18.87
    【日本 1-0 オマーン AFCアジアカップ2019・グループステージ第2節】

     日本代表は13日、AFCアジアカップ2019・グループステージF組第2節でオマーン代表と対戦して1-0の勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。FW南野拓実は、勝利という結果を喜びながらも、自身のパフォーマンスには納得していない様子だ

     第2戦のオマーン戦に勝ち、決勝トーナメント進出が決まった日本。南野は「チームとしてグループ突破を一番の目標にして挑んだ試合」であり、「それを決められてよかった」と語った。

     ただ、自身の決定機をゴールにつなげられなかった点は納得していない。南野は「自分としては、もっと楽な試合展開にできたという悔しさがある。そこにこだわらないといけない」と反省。「次にそういうところを改善していく必要があると思います」と話している。

     FW大迫勇也が不在の中での勝利について、「前の大黒柱がいない中で勝ったというのは一つの自信になる」と南野。「僕が決めなかっただけで、チームの攻撃の形は前回の試合より見えていた部分が多かった」と振り返り、チームとしての内容は悪くなかったと強調した。

    1/14(月) 3:28 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2019/01/14/post304845/

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/14(月) 03:19:38.74
    20190114-00010000-footballc-000-1-view[1]


    日本代表は現地時間13日、AFCアジアカップ2019・グループリーグ第2節でオマーン代表と対戦し、1-0の勝利を収めた。
    この試合中、現地UAEで試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

    英国人が見たオマーン戦「南野はどんどん自信なくなるかも」「僕は個人的に武藤が好き」
    日本代表のオマーン戦スターティングメンバー

    ●「遠いところまで応援しにくるのは本当に褒めたい」

    ――オマーン戦のスタメンが発表されましたが、ショーンさんが注目する選手は誰になりますでしょうか

    「北川(航也)ですよね。公式戦で初先発だと思いますし、大迫(勇也)がいないので、得点を取ってほしいです。それはストライカーの仕事だから」

    ――具体的に北川に期待するところというのはどこでしょうか

    「彼は前からプレッシングするタイプですので、出来るだけシュート打ってほしいです」

    ――前回のトルクメニスタン戦では思わぬ苦戦を強いられた日本代表ですが、今回のオマーン戦では特にどういった部分が大事になってくるでしょうか

    「オマーンの方がトルクメニスタンより体強いと思いますので、今日は空中戦じゃなくて、芝生(にボールを置いた状態)で攻めた方が良いと思います」

    ――スタジアムの雰囲気はいかがですか

    「結構ガラガラですが、僕は今サポーターの方に座ってます。みんな頑張ってます! この遠いところまでも応援しに来るのは本当に褒めたいです」

    ――前半も10分が経過しましたが、日本は原口元気、南野拓実がビッグチャンスを作りました。日本の“試合の入り”という点はいかがでしょうか

    「あのようなビッグチャンスを作ったのは本当に良いことだと思いますが、決めきれなければなりませんね。
    オマーンも危ないシーンを作ってるので、このゲームはワン・ゴールで勝敗を分けるかもしれません…」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00010000-footballc-socc
    1/14(月) 3:05配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/23(金) 18:03:22.73 _USER9
    サッカー日本代表MF南野拓実(23=ザルツブルク)が22日、所属クラブに戻るため羽田空港から離日した。

    20181123-00000036-tospoweb-000-1-view[1]

     他の欧州組はキルギス戦から一夜明けた21日に出発したが、南野はクラブから許可を得て国内に一日長く滞在してリフレッシュにあてた。出発時には「今日はこのまま行きます。
    すみません」とだけ言い残し取材には応じなかったものの、オーストリアに戻って再びアピールを続ける覚悟だ。

     所属では強豪が集う欧州リーグ(EL)で、8日のローゼンボリ(ノルウェー)戦でハットトリックを決めるなど絶好調だ。
    10月4日のセルティック(スコットランド)戦でもゴールを決めており、欧州の舞台でも存在感を高めている。そんな中で気になる情報が浮上してきた。

     欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「大幅なチームの立て直しを図ろうとしているバイエルンが、日本人選手をリストアップしているという話もある」と明かす。

     ドイツ1部で6連覇中の名門バイエルン・ミュンヘンだが、今季はここまで調子が上がらず欧州チャンピオンズリーグ出場圏外の5位と低迷。
    主力選手の高齢化やスピードのある選手が少ないことが不振の原因に挙げられており、今冬や来夏の移籍市場で大胆な血の入れ替えが検討されている。
    すでに関心が寄せられるMF香川真司(29=ドルトムント)のほか、日本代表で台頭中の若手も注視されており、南野も獲得候補に入ったとみられる。

     今後の活躍次第で、一気にビッグクラブへのステップアップも現実味を帯びてきそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000036-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/14(水) 21:43:24.99 _USER9
     杉本健勇が代表合流、ライバル南野に「負けない」

    サッカー日本代表が14日、大分県内で国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大分銀行ドーム)へむけた合宿3日目を行った。負傷離脱したFW鈴木優磨(22=鹿島アントラーズ)の代わりに追加招集されたFW杉本健勇(25)も合流し、全23選手がそろった。

    20181114-00392267-nksports-000-4-view[1]

    杉本は森保ジャパン初陣の9月の代表合宿の際は途中で負傷離脱し、10月は招集されず。三度目の正直となる代表戦へ向け「(FW鈴木の)けがをしたという話は聞いていたし、いつでもいけるように準備はしていた。言われていたわけではないけど、勝手に思っていました。思い切ってプレーしたい」と意気込んだ。

    またかつてセレッソ大阪でともにプレーし、森保ジャパンで3戦連発ゴール中のFW南野拓実(23)について「あいつのことを考えている余裕が自分にはない」と苦笑いしつつ「(セレッソ大阪)ユースの頃からやっているので、またここでできるのはいいことだと思うし、俺もあいつに負けないように頑張ります」と闘志を燃やしていた。


    11/14(水) 21:25配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00392267-nksports-socc

    続きを読む

    655: 名無し@サカサカ10 2018/11/09(金) 12:03:20.09

    20181109-00043029-theanswer-000-1-view[1]

    南野
    20歳で10ゴール
    21歳で11ゴール
    22歳で7ゴール
    これで移籍できないって変だなぁ

    この選手若くしてこんだけ数字残してるのに控えだったりしてるしプレーに何らかの問題あんのかね。スカウトに引っ掛からない何かが

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/09(金) 17:40:53.44 _USER9
    3得点の南野らザルツブルクの猛攻に相手FW脱帽 「まるでフットボールのレッスン」

    2-5大敗にローゼンボリFWベントナーも嘆き節 「8-0になってもおかしくなかった」
     UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節、ローゼンボリ(ノルウェー)対レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)は日本代表FW南野拓実のハットトリックなどで、アウェーのザルツブルクが5-2で勝利した。敗れたローゼンボリのデンマーク代表FWニクラス・ベントナーは「まるでフットボールのレッスンだ」と、完敗にフラストレーションを溜めている。ノルウェー紙「ヴェルデンス・ガング」が報じた。

     試合は前半からザルツブルクの猛攻が炸裂する一方的な展開となった。開始6分に先制ゴールを決めた南野が、前半45分間でハットトリックを達成。ノルウェー代表FWフレドリク・グルブランセンのゴールと合わせて4-0で試合を折り返した。

     後半はローゼンボリも2得点したが、ザルツブルクも南野が相手のオウンゴールを誘発して追加点をゲット。最終的に5-2で、敵地に乗り込んだザルツブルクが大勝した。

     この試合にフル出場したローゼンボリのデンマーク代表FWベントナーは、ここまで一方的に敗れた試合は、過去を振り返ってもなかったと語っている。

    「あのような前半は、これまでのキャリアで経験したことがなかった。8-0になってもおかしくなかったね。まるでフットボールのレッスンだった。とてもフラストレーションの溜まる展開だった。チームメイトも皆、同じ気持ちだったと思うよ」

     アーセナルやユベントスといったビッグクラブを渡り歩いたストライカーは、惨憺たる試合結果に落胆の表情を浮かべた。南野らの活躍が光ったザルツブルク相手の敗戦は大きな衝撃となったようだ。

     ノルウェーの国内リーグでは首位に立つローゼンボリだが、ELではグループステージ4戦4敗で最下位。欧州カップ戦で大きな壁に直面している。

    20180912-00829395-soccerk-000-2-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00146694-soccermzw-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ