長友佑都

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/21(金) 22:33:07.42 _USER9

    20170721-01641980-gekisaka-000-1-view[1]

    [7.21 プレシーズンマッチ インテル1-1シャルケ]

     日本代表DF長友佑都の所属するインテル(イタリア)対DF内田篤人の所属するシャルケ(ドイツ)のプレシーズンマッチが中国の常州市にある常州オリンピック・スポーツセンター・スタジアムで行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。

     日本人対決も注目された一戦だが、左SBで先発した長友に対し、内田はベンチスタート。長友はフル出場したが、内田の出番は最後までなく、10-11シーズンの欧州CL準々決勝で実現したマッチアップの再現とはならなかった。

     試合は0-0で折り返した後半15分、シャルケが先制点を奪う。エリア内右でボールを受けたMFダニエル・カリジュリが長友のスライディングブロックを切り返しで外して左足でゴールネットを揺らした。

     しかしインテルも後半28分に大きな右サイドへの展開からDFジェイソン・ムリージョがループ気味のミドルシュートを蹴り込み、同点に追いつく。終盤もインテルが攻め込んだが、逆転ゴールを奪うには至らず、試合は1-1の引き分けに終わった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-01641980-gekisaka-socc

    【インテル対シャルケはドロー、長友フル出場も内田は出番なし…】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/18(火) 12:14:45.77 _USER9

    20170713-01854560-nksports-000-6-view[1]

    7/17(月) 12:13配信
    インテル、長友佑都の左SBが補強ポイントの1つか…伊紙は「大きな裂け目」と指摘

    インテルのルチアーノ・スパレッティ指揮官は、シーズン開幕へ向けて4選手の補強を要求しているが、その1つが左サイドバックであると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が16日、指摘している。

    インテルは15日、ドイツ2部のニュルンベルクと練習試合を行ったが、1-2で黒星。ニュルンベルクはプレシーズンにおいてすでに5試合をこなしており、インテルよりも準備が進んでいたとみられるが、スパレッティは開幕までにチームを完成させるためにも4選手の補強をフロントに求めている。補強ポイントの1つとして指摘されているのが左サイドバックだ。

    ニュルンベルク戦では17歳のDFジーニョ・ファンヒュースデンが先発し、後半から日本代表のDF長友佑都が起用された。しかし長友はスウェーデン代表のFWミカエル・イシャクを2度も見失い、失点にも絡んだ。人材不足が指摘されている左サイドバックは「ただの穴ではなく、深い裂け目がインテルにある」と評されている。このほか『イル・ジョルナーレ』も「インテルはまだトリプレテを達成した英雄クリスティアン・キヴの後継者を見つけられていない」と同調している。

    なお、新たな左サイドバックの獲得に向けてすでに交渉は進められている。ターゲットはニースに所属するブラジル人のDFダルベルト・エンリケで、2000万ユーロ(約26億円)ほどを投じて獲得を目指している。また他の補強ポイントについては、センターバック、中盤、そしてマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が騒がれているFWイヴァン・ペリシッチの代役となる左ウィンガーだとされている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000006-goal-socc

    【【イタリア紙】インテル、長友佑都の左SBを「大きな裂け目」と指摘】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/16(日) 16:56:20.22 _USER9

    20170715_dalbert_getty[1]

     インテルは、フランスのニースからブラジル人左サイドバックのダウベールを獲得する可能性が高くなっているようだ。選手本人が、まもなく決定に至るという見通しを明かした。

     23歳のダウベールは昨季のニースでリーグ戦33試合に出場し、チームの上位躍進に貢献。その活躍に目をつけたインテルがサイドバック補強のターゲットとしていることが以前から報じられていた。

     14日にはダウベール自らが、フェイスブックでの投稿を通して移籍に向けた現状について説明した。「素晴らしいシーズンを過ごすことができて、オファーが届くのは自然なことだった。代理人には欧州の10クラブ以上からオファーが届いており、その中にはリバプールやインテルも含まれる」と明かしている。

     その中でも、特にインテルからのオファーに魅力を感じているという。「インテルからの提案は、僕にとってもニースにとっても断りきれないと思えるものだ。近日中に両者にとってハッピーエンドが待っていると思う」と語り、移籍が成立する見通しであることをうかがわせている。

    「より高い場所を目指し、ブラジル代表でプレーする可能性を争いたいという僕の望みをクラブは理解してくれている。難しい決断だったが、新たなプロジェクトへ向かうことが僕の意思だと自信を持って言うことができる」とダウベールは述べ、インテルへの“ステップアップ”に意欲を見せている。

    【了】
    https://www.footballchannel.jp/2017/07/15/post222178/

    【インテルがブラジル人左SB獲得へ。長友はどうなる?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/16(日) 19:09:04.69 _USER9

    20170713-01854560-nksports-000-6-view[1]

     イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が15日、北イタリアのキャンプ地でニュルンベルク(ドイツ2部)との練習試合に途中出場した。長友のプレーに対して、16日のガゼッタ・デロ・スポルトは“落第点”を付けている。

     後半開始から4-2-3-1の左サイドバックで出場した長友は、そのまま45分間プレー。試合はインテルが1-2で敗れた。同紙は試合で動きが良かった選手とそうでなかった選手を2人ずつ選出しており、長友の名前を後者として挙げた。

     理由については「ピッチ後方での動きは多かったものの、相手MFイシャクとのプレーで2度もボールを失うなど『しどろもどろ』になっていた。ユウトはプレスをかけていく方がより良い」と解説している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000096-dal-socc

    【【イタリア紙】インテルの長友佑都に“落第点”と報じる...】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/16(日) 00:01:15.46 _USER9

    20170713-01854560-nksports-000-6-view[1]

    長友佑都はインテル残留か?監督が「出したくない」 - セリエA : 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1855380.html
    [2017年7月14日18時6分]

     伊紙コリエレ・デロ・スポルトがインテルDF長友佑都(30)は残留するとみていると、情報サイトのインテルニュースが伝えた。

     同サイトがコリエレ・デロ・スポルトに10の質問をし、その中の1つが「長友、サントン、ラノッキア、ムリージョ、メデル、ブロツォビッチ、ビアビアニー、ヨベティッチの中で、インテルに残る可能性のある選手は誰か?」というもの。

     これに対し、コリエレ・デロ・スポルトは「長友だ。スパッレッティ監督は、長友を評価している。長友を出したくないと考えている。その他の選手は妥当なオファーが来れば放出するだろう」と答えている。

    【長友佑都はインテル残留か?監督「出したくない」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/14(金) 21:58:16.87 _USER9

    20170713-01854560-nksports-000-6-view[1]


     7/14(金) 21:47配信
    スポニチアネックス

     インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都(30)が、メキシコの名門パチューカ移籍が決まったFW本田圭佑(31)にエールを送った。

     14日、自身のツイッターを更新。昨季までセリエAでともにプレーした日本代表の盟友の決断について「圭佑らしい決断したね」と感想を記した。「見知らぬ土地と環境で勝負するのは、想像以上に大変だろうけど、頑張ってほしい。メキシコで得る経験を日本サッカーに還元してもらいたい」と新天地での活躍に期待を寄せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000165-spnannex-socc
    【長友佑都 「圭佑らしい決断したね」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/13(木) 08:26:25.43 _USER9

    20170713-01854560-nksports-000-6-view[1]

    インテルミラノDF長友佑都は12日、北イタリア・リスコーネでの合宿の午後練習の後、スパッレッティ新監督の印象や移籍などについて語った。

     以下は一問一答。

     -スパッレッティ監督の印象は

     長友 すごいオーラがあって、これまで結果も残し経験があるから、どっしりとしてるというか何事にもブレないメンタル、そういうものを感じますね。

     -練習の内容の感じはどうですか?

     長友 めっちゃ面白いですね。めっちゃ複雑なんで、めちゃくちゃ脳みそ使わなくちゃいけない。勉強になることも多いし、とにかく複雑だから頭を使わなきゃならないんで面白いですよ。それはみんな選手も言ってる。きつい練習もありますけど、結構長かったりとか。でも内容がすごいしっかりして、意図もあるんでね。面白いです。

     -できる限りボールを使って練習している

     長友 素走りがほとんどない。ボールを使ってフィジカルトレーニングをして、フィジカルコンディションを上げていくっていうやり方だと思いますけどね。

     -できる限りコンパクトに組み立て、ショートパスも意識している

     長友 そうですね。とにかく繋いで。スペースを見つけて前に行くっていうところで、徹底して練習してる。監督のやりたいサッカーというか意図というものは感じますよね。

     -スローイングの練習とか

     長友 スローイングもめちゃくちゃ細かい。サインプレーですね。誰が出ても、どんな状況でも持ってるボール、持っている方の出し側発信なんで僕がどういうプレーしたいとか、それにボールを合わせるんで、コミニュケーションは常に取っておかないと難しいかなと思います。

     -今日「ナガ」ってよばれてましたけれども

     長友 ユートって呼んだり。指示は、とにかく守備のポジショニングもそうですし、1つ1つ指導してくれる。今日もゲームの中で、ポジショニングのこととか、指示がすぐに入って来たし、選手としてはわかりやすいですよね。言われないよりも言われた方が、監督の求めるサッカーがわかるんで。

     -期待されてる感じはしますか?

     長友 期待されてるというか、それはまだわかんないですけどでもとにかく練習が楽しいんで。楽しんでます。僕自身は。

     -15日のニュールンベルク戦で先発しそうな気配はあるが、そこで監督にアピールしようと考えている

     長友 先発かどうかわかんないですけど、出たら45分みんな出る形にはなると思う。しっかりとアピールすることはもちろん、強い気持ちでいるし、45分で何が変わるかどうかはわかんないですけどね、ただ自分のやるべきことは全てやりたいなと思う。

     -スパッレッティ監督が求めてる姿というのはどういうものなんでしょうか。

     長友 まだ2、3日間しかやってないんで確実にはわかんないですけどただしっかりボールポジェッションしながら攻撃にも参加していくことは求めているし、求められているし、守備の部分でもポジショニングにあれだけこだわって指導してくれるんで、めちゃくちゃ厳しいんでね。それも、両方というかね、守備も攻撃もっていうところですね。

     -楽しそうですね。

     長友 あー楽しんでます。

     -体も軽く動いてるんじゃないですか

     長友 ええ、やっぱりトレーニングをオフの時してたんで、まあコンディションはいいといいますか、体がスムーズに動いてるんで、トレーニングは積み重ねててよかったなっていう。なかなかゆっくり休んでる暇もないし、そういう立場でもないんでね。忙しかったけど、今までトレーニングしっかりできてたんで。スムーズにこうやって入っても問題なかったかなって思いますけど。トレーニングして、インテルに残るかどうかもわかんないですけどね。移籍市場がある以上は。

    つづく

    7/13(木) 8:16配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-01854560-nksports-socc

    【長友佑都、移籍を語る!「インテルと監督次第かな」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/12(水) 12:33:00.22 _USER9

    20170703-00010005-theworld-000-1-view[1]

    インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都(30)は11日、午前に続き、午後から行われた練習もフルメニューをこなした。

     午後のメニューは試合形式。全体を11人同士に分けるもスタメン、控えの明確な区別はなく、ピッチを30メートル近くに狭めた中でプレーのテンポを上げ、肺活量を鍛えるトレーニング的な性格のもの。左サイドバックとしてプレーした長友は精力的な動きを披露し、プレッシャーをかけられた中の激しい当たりなど、フィジカルコンディションが良好なことをアピールしていた。

     その後は、スローインからのリスタートを練習。長友はサイドバックとしてタッチラインからボールを入れ、味方を走らせたり、ボールを投入した後で味方の作ったスペースに走り込んでクロスを入れたりなど、さまざまなサインプレーを練習していた。

     午後5時から始まったピッチ上の練習は1時間半ほどで終了。長友はチームメイトとともにロッカールームへ引き揚げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000099-spnannex-socc

    【インテルの長友佑都、試合形式の練習など、良好なことをアピール!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/08(土) 18:34:21.57 _USER9

    20170703-00010005-theworld-000-1-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000086-dal-socc
    デイリースポーツ

     イタリア1部リーグ、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が改めて、クラブの放出選手候補に挙がっていることがわかった。8日付のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

     同紙によると、インテルが移籍候補選手のリストを作り、その中に長友の名前も含まれている。顔写真付きで31歳のサイドバック、2011年1月からインテルに所属というプロフィールがつけられたという。

     DFではサントン、メデルらもリストに入っている。ただし、記事ではこれら全員が放出されるわけではなく、また中には自分から移籍を希望する選手もいるとしている。

    【【悲報】長友佑都、インテルの放出選手候補リストに掲載される!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/03(月) 08:23:39.61 _USER9

    20170703-00010005-theworld-000-1-view[1]

    インテル所属の日本代表DF長友佑都に国外のクラブから注目が集まっている。先日ブンデスリーガのレヴァークーゼンもリストアップしていると報じられたが、英『HITC』はプレミアリーグのエヴァートンと2部のQPRも興味を示していると伝えた。

    QPRはこれまで何度か長友への関心が伝えられてきたクラブだが、今夏QPRの左サイドバックを務めるジェイク・ビッドウェルがブレントフォード時代に指導を受けたマーク・ワーバートン率いるノッティンガム・フォレストに移籍する可能性があるという。その代役としてインテルで出番が限られている長友の名前が挙がっているようだ。

    一方のエヴァートンは2016-17シーズンもプレミアリーグで7位に入るなど、上位陣とも張り合えるだけの実力を備えた魅力的なチームだ。しかし2部のQPRと比較すれば所属している選手のレベルも高く、同メディアはあくまで長友が不動の左サイドバックであるレイトン・ベインズのバックアッパー候補だと見ている。エヴァートンは1月にベインズのバックアッパーだったブライアン・オビエドをサンダーランドに放出しており、その代役候補となっているようだ。

    ただし右サイドバックを務めるシーマス・コールマンが3月の代表戦で悪質なタックルを受けて大怪我を負っているため、両サイドをこなせる長友が右に回る可能性もある。エヴァートンの場合は出場機会が限られることになるかもしれないが、長友は今夏どのような動きを見せるのか。翌年に控えたロシアワールドカップのことを考えると、慎重に移籍先を選択しなければならない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00010005-theworld-socc 
      

    【長友佑都、プレミアリーグに!?エヴァートンと2部のQPRも興味!】の続きを読む

    このページのトップヘ