サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    香川真司

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/26(火) 23:25:41.41
    20200526-00263811-soccermzw-001-2-view[1]

     リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督の下で輝きを放った選手は数多い。
    英メディア「GIVE ME SPORT」は「ドルトムントとリバプール時代のユルゲン・クロップの最高の契約ベスト13をランキング化」と特集。
    世界屈指の名手が並ぶなか、MF香川真司(現サラゴサ)が堂々10位に選出されている。

     記事では「クロップは過去最悪の時期にリバプールを引き継ぎ、わずか4年でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の勝者に変貌させた。
    彼はまた、リバプールをプレミアリーグ初優勝へと導こうとしている」と紹介。昨季、CLを制覇し、今季も初のリーグ制覇まであと2勝に迫っている。

     クロップ監督は、2008年から2015年までドイツのドルトムントを率いて一時代を築くと、2015年からリバプールで手腕を発揮。
    そんな指揮官について、「クロップの監督としての成功は、移籍市場での優れた手腕にも起因する」と指摘している。さらに「クロップは掘り出し物を手に入れるコツを心得ており、多額の資金を投じても、大抵の場合は実を結んでいる」と記し、クロップ監督の“鑑識眼”を称賛した。

     クロップ監督がドルトムントとリバプールで契約を結んだ選手の中から、英メディアが「最高の契約ベスト13」をランキング化。そのなかで10位に食い込んだのが香川だ。

     現在31歳の香川は2010年、セレッソ大阪からドルトムントへ移籍。移籍金はなく、育成補償金として35万ユーロ(当時約4000万円)がC大阪に支払われた。
    1年目からスタメンに定着した香川は、クロップ監督の下で存在感を発揮。リーグ戦18試合8ゴールの活躍で優勝に貢献すると、翌シーズンも31試合13ゴールの結果を残し、2年目にはクロップ監督とともにリーグ連覇とDFBポカールの2冠を達成した。

     記事では「クロップは実際には香川と2回契約を結んでいる。今回の選出は、香川が最初に契約した時のものだ」と指摘。ドルトムントで活躍後、2012-13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川は、2014-15シーズンにドルトムントへ帰還。
    その後2018年夏まで在籍し、古巣復帰後はクロップ監督と1年間のみ共闘している。

     クロップ監督の下でドルトムントがリーグ連覇を成し遂げたインパクトは大きく、「香川は、ドルトムントが2010年と2011年にブンデスリーガで連覇した時、重要な役割を果たした。彼は(2シーズン)公式戦71試合で29ゴールを挙げ、2012年にマン・ユナイテッドへ移籍した」と言及。
    センセーションを巻き起こした香川の存在も高く評価されている。

     その一方、ランキングで上位に食い込んだのは、3位元ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(ドルトムント)、2位ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)、1位オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)。いずれも世界屈指の存在へと成長を遂げた選手ばかりだ。
    なかでもファン・ダイクに関しては、「現在、世界最高のディフェンダーとしての地位を確立」と称賛している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200526-00263811-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    89: 名無し@サカサカ10 2020/05/14(木) 05:08:53.98
    GettyImages-152360281-min[1]

    ユナイテッド以降の香川がドリブルで仕掛けられなくなったのなんで?プレーの選択が明らかに消極的になった気がするわ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    10: 名無し@サカサカ10 2020/05/18(月) 08:41:19.21
    20190402_4545[1]

    香川ってドルトムントで全盛時にもしドイツ人だったらドイツ代表に選ばれる実力あったのかね?
    サブならなんとかぐらいかな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    73: 名無し@サカサカ10 2020/05/17(日) 00:16:23.93
    これはレジェンド
    https://i.imgur.com/j5vyFYL.gif
    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    473: 名無し@サカサカ10 2020/05/16(土) 11:43:55.78
    2f64014c[1]

    香川「ブンデスはレベル低いから最強のプレミア行くンゴ」
    香川「プレミアレベル高すぎて無理やわ。ブンデス戻るンゴ」
    香川「ブンデスはレベル低いから最強のリーガ行くンゴ」
    香川「リーガは2部でもレベル高いからあかんわ」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/14(木) 05:04:28.86
    20190402_4545[1]

    謎だよなこいつの存在って

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    811: 名無し@サカサカ10 2020/02/02(日) 01:53:12.34
    マンユ香川のこのゴールすこ
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/11(月) 20:59:36.18
    20190402_4545[1]

    2連覇ドルトムント 時代の香川すこ
    マンう以降の香川きらい

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/11(月) 13:31:19.43
    ファーガソン氏の「大胆な計画」、C・ロナウドとベイル獲得プランに英紙注目
    no title


    マンチェスター・ユナイテッドで27年間にわたって指揮したアレックス・ファーガソン氏は、2013年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の獲得を目指していたと報じられている。そのなかで英紙「デイリー・メール」は、当時在籍していた日本代表MF香川真司(サラゴサ)を含めた“幻の最強布陣”を紹介している

     ファーガソン氏は1986年にユナイテッドの監督に就任。そこから27年間でリーグ優勝13回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇2回など、数々のタイトルを獲得し、2013年に監督業から引退した。

     記事では「2013年に退任する前、サー・アレックス・ファーガソンの思い通りになっていたら、状況は違ったものになっていたかもしれない」と指摘。その背景として、「(元フランス代表DF)パトリス・エブラは、ファーガソンがチャンピオンズリーグ優勝チームを作るため、2013年にクリスティアーノ・ロナウドと再契約し、ガレス・ベイルを獲得しようとしたことを明らかにした」と綴っている。

     結局、ファーガソン氏の補強プランは実現しなかったものの、「大胆な計画」と記して当時の在籍メンバーを基に“最強布陣”を紹介。2012-13シーズンにユナイテッドへ加入し、ファーガソン氏の下で1年間プレーした香川もスタメンに組み込まれている。

    幻の最強布陣は4-3-3を採用、香川はルーニーとコンビ…強力3トップは?

    システムは4-3-3が採用されており、守護神にはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが君臨。4バックは左から、エブラ、元イングランド代表DFフィル・ジョーンズ、元イングランド代表DFクリス・スモーリング(ローマ)、元ブラジル代表DFラファエル(リヨン)が並んだ。

     中盤3枚の底に元イングランド代表MFマイケル・キャリックが入り、インサイドハーフで元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(ダービー・カウンティ)と香川がコンビを形成。そして3トップ中央に元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、左にベイル、右にロナウドという夢の攻撃陣となった。

     香川とルーニーがタクトを振るう超攻撃的布陣は幻に終わったが、英紙も「もしファーガソンが主力選手を獲得していたとしたら、ユナイテッドはどうなっていただろうか」と思いを馳せていた。

    5/11(月) 7:15配信フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200511-00261264-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/07(木) 21:57:59.16
    20200507-00260725-soccermzw-000-1-view[1]

    スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司(31)が来季、米国もしくはカタールに移籍する可能性が浮上しているとスペイン紙アスが7日に報じた。

    昨年夏、サラゴサに入団した香川の契約期間について、クラブは2年契約の2021年6月30日までと公表している一方、同紙はサラゴサが1部に昇格した場合、契約が自動的に1年間延長される条項が含まれていることを明かしている。

    しかし、2つの理由により、香川の将来がサラゴサではなく、米MLS(メジャーリーグサッカー)やカタール・リーグにあることも伝えている。

    1つ目の理由として、香川がスター選手として迎えられたものの、期待されたようなパフォーマンスを見せられていないこと、そしてクラブが新たにプアードを獲得したことにより、現在はスタメン落ちしていることを挙げている。

    そして2つ目の理由に、高額な年俸がネックになることを挙げている。香川は現在、チームトップクラスの税込44万4000ユーロ(約5106万円)を受け取っており、さらに1部に昇格した場合、その金額は3倍に跳ね上がるという。一方、サラゴサが1部昇格を果たした場合でも、サラリーキャップ(移籍金の減価償却費及び選手年俸)は1800万ユーロ(約20億7000万円)になると推測されており、香川の高額な年俸が大きな負担になると見られている。

    香川は今冬の移籍市場でMLSのコロラド・ラピッズ、FCシンシナティの2クラブからのオファーを受け取っていた。しかしサラゴサでの生活を心地よく感じているため、プレー続行を選択したが、前述した2つの理由により、わずか1年でサラゴサを離れる可能性が浮上しているのである。

    香川は今季、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断されるまで、リーグ戦23試合に出場して2得点1アシストを記録。先発出場は18試合あった。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-25070687-nksports-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/03(日) 11:27:32.75
    e20a25c3[1]

    ガチで輝いてたよな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/24(金) 23:18:22.142
    kagawa-1[1]

    何番目に凄いの?
    3番目くらい?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    71: 名無し@サカサカ10 2020/04/20(月) 17:33:14.66
    8d16f805bfee7346a3f1a8c93589e9e2[2]

    香川は韓国の選手に足の指破壊されなければ
    どれだけの選手になってただろうか
    指壊された後でもブンデスリーガとポカール獲ったけど

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    252: 名無し@サカサカ10 2020/04/19(日) 23:56:52.37
    b9a683178ae88f75d142a4edf00d20b3[2]

    ファン・ペルシ
    ルーニー 香川 マタ
    キャリック ギグス
    エブラ リオ ビディッチ バレンシア

    本当にこのスタメンのワクワク感は異常やった

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/08(水) 08:55:08.14
    20200408-00010009-goal-000-1-view[2]

    新型コロナウイルスの感染者が欧州で最多のスペインでプレーする元日本代表MF香川真司(31)=2部サラゴサ=が7日、日本での緊急事態宣言発令を受け「今、思う事」と題してブログを更新。「気づいてからでは遅い」と強く訴えた。

     1か月前の3月7日。スペインでの感染者は374人、死者は5人だった。3月中旬に外出禁止措置が発令されたが、今や感染者は13万人を超え、死者数は1万2000人に達した。

     「3週間と少し前に外出禁止令が出て、そこからも感染者数は増え続けました。各国の感染者数の増減を見ていると、これから日本でも間違いなくその数は増えていくでしょう」

     スペインと異なり、日本の緊急事態宣言に罰則がない点も指摘した。

     「規制がないのであれば、これはもう一人一人の行動にかかっていますね。不要不急の外出をさけることを徹底するしかない。まずは家にいること。どうしても外に出なければならない時も最善の注意を払いながら、密集地帯に行かないなど、地道にやっていくしかない」

     「日本はまだ方向性を示せていない印象があります」と、発信力のあるアスリートとして欧州で起きた感染爆発の惨状を伝える責任があると感じている。

     「日本より先にこの危機を経験した海外組を中心に発信していこうと動いています。海外組のグループLINEでも呼びかけをやっていこうと皆で話し合っています。そしてサッカーだけじゃなく、野球にバスケと、スポーツの垣根を超えて協力していけばさらに(発信が)広がっていくのかなと」

     スペインで惨状を目の当たりにした香川は、日本人の“支えあう力”を強調し、思いを込めた1610文字のブログを結んだ。

     「皆さんにお願いです。他人事だと思わない。海外の状況を自分に置き換えて、日本を、そして自分を守ってほしい。気づいてからでは遅いんです。日本人の良い所は支えあう力を持っている。皆で円陣を組んで支えあって、全員で乗り越えていきましょう」 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-04080039-sph-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    22: 名無し@サカサカ10 2020/03/29(日) 22:54:42.36
    news_141871_1[1]

    香川真司とは一体なんだったのか

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/02(木) 20:58:48.21
    b24002004eb8d2a9c95aabe33b1bd7a7[1]

    もう(32)とかやと思ってたわ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/01(水) 21:14:41.36
    20200401-00254642-soccermzw-000-1-view[1]

    -新型コロナウイルスの影響による外出禁止の中での生活

    自宅待機なので、家でやれることを見つけて過ごしている。まずはトレーニングというところにフォーカスし、この時だからやれるトレーニングを徹底的にやりながら、家でやれることを自分の中で考えて生活するようにしている。

    -日本の状況

    日本も感染者数がここ数日で急激に伸びている。ここ数週間、ヨーロッパ、特にスペインやイタリアの感染者が拡大する中、日本人や日本という国は危機感がかなり薄れている。
    そういうのが影響して、いま少しずつ感染者が増えている状況になっている。だからこそ僕自身もスペインの現状を含めて、こういうことが起きているということを日本の人たちに伝えていきたいし、
    まず何をやるべきかを明確に示し、感染者が世界中で出ないことを止めるために、1人1人がやれることを僕自身、発信していきたいと思う。

    4/1(水) 20:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-24010675-nksports-socc

    香川が公式インスタグラムに日本語で投稿「止めるのは、皆さん次第です」
     
    現在、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、リーガ・エスパニョーラを含む欧州全域のリーグが中断している。
    今季からスペイン2部サラゴサに加入したMF香川真司が日本語で警鐘を鳴らしたことを受け、海外メディアは「香川が日本人への警告メッセージ」と注目を寄せている。

    【動画】「同胞に警鐘を鳴らした」 サラゴサMF香川が日本人に送ったメッセージ
    https://www.football-zone.net/archives/254642/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=254642_6

    2010年に加入したドルトムントではブンデスリーガ連覇の立役者となった香川は、12年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。
    しかし、思うように本領を発揮できずにドルトムントへ出戻りし、ベジクタシュを経て、サラゴサへと加わった。序盤はトップ下で主力を担っていたものの、徐々に出番を失い、ベンチを温める日々が増えていた。

    そんななか、現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルスがスペインでも爆発的な感染を見せているため、リーグ戦が中断。長期延長の可能性も取り沙汰されているが、
    スペインメディア「El Desmarque」は「香川が日本人への警告メッセージ」と見出しを打ち、新型コロナウイルスの感染拡大予防策のため、香川が日本語で投稿した動画に注目している。

    公式インスタグラムを更新した香川は、新型コロナの爆発的な感染者増加に「スペインも苦しんでいる。僕自身も自宅待機が3週目に入り、最低でもあと2週間続くと言われている」と語ったうえで、
    「日本もおそらく、感染が拡大されていくでしょう。それを止めるのは、皆さん次第です」と外出自粛の必要性を強調していた。

    記事では、「香川は日本で最も重要なサッカー選手の1人と言える。彼はSNSで何百万人もの日本人のフォロワーを抱え、メッセージを届ける影響力を備えている」と指摘し、
    「スペインを襲ったコロナウイルスの危険が、日本にもまもなく訪れる可能性について、同胞に警鐘を鳴らした」と説明している。

    スペインでは新型コロナウイルスの感染者が8万5000人を越え、死者も7000人以上となっている。東京でもここ数日で感染者が増幅していることからも、予断を許さない状況を迎えている。

    4/1(水) 13:50配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200401-00254642-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    114: 名無し@サカサカ10 2020/03/14(土) 23:17:06.81
    88809ab547ab79d9ba6f43b4a3e641a0[1]

    香川とかドルトムント専用機やんw

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/28(土) 05:24:56.07
    サラゴサのMF香川真司は27日、自身のブログ(https://lineblog.me/kagawa/)を更新。新型コロナウイルスについて私見を述べた。

     中国・武漢で発生した新型コロナウイルスだが、現在は欧米での感染者・死者数が急増。香川が住むスペインでも外出禁止令が出て、2週間が経過している。香川はブログ内で「今はチームの練習もなく、自宅で過ごす日々。ピッチの上でボールは蹴れませんが、練習場が自分の家になっただけで、それ以外はいたって普通のリズムで生活しています」と近況を報告している。

     試合が再開されるときを心待ちに「これまでよりもいい状態になっているはず。その時に身体がどう反応するかも楽しみです」と語りながらも、その再開の目途が立たないことに「どこに目標を持っていけばいいのか?もちろんストレスがたまる部分もありますが、こういう時に人間力、精神力が試されるのかとも思います」と胸中を明かした。

     また、東京オリンピック延期にも言及。「このタイミングで延期が決まるというのはアスリートにとって、本当に大変なことだと思います」と選手たちの気持ちを汲みつつ、「ただ、もう決まったことですし、今の状況を考えれば仕方がない部分もある」と諭す。「これをどれだけ前向きに捉えて取り組めるか。そういう選手がまた上まで上がっていくでしょうし、あと1年強化できるとプラスに考えてやっていくしかないと思います」と述べた。

     来年に延期された五輪に向けて「大会後、あの1年があったからメダルを取ることができた、と振り返られるアスリートがひとりでも多く出てくれば、それは最高のストーリーになる。ぜひ、このピンチをチャンスに変えて、前向きな思考で進んでほしいですね」とエールを送った。

     欧州では未曾有の事態を乗り切るため、全体が一致団結していると実感を語る香川。しかしそれでも増え続ける感染者に「だからこそ、楽観視せずに日々の予防や危機感を持ち生活して行く必要があると思う」と改めて予防を心掛けることを誓った。

     その上で日本の現状に少しだけ苦言も。「日本の皆さんも日々大変なことかと思います」と語りながら「でも他人事だと思わないでほしい。東京の映像を見ても、危機感が少し薄いように思えます」と指摘。「個人個人が出来ること。それを考え、行動に移すべきだと思います。苦しい時ですが、みんなで乗り越えていきましょう」と訴えた。

     また自身のツイッター(S_Kagawa0317)では、改めてブログで発信した理由も語っている。「3週間前にスペインがこんな被害にあうとは誰もが思っていなかった。なぜなら、中国での出来事だから関係のない話だと思っていた」と当時を振り返る。

     しかしその後、短期間で状況が一変。それを間近で感じた香川は「ただ、その時と今は全く違う話になった。個人の意識で予防する事で変われる事もある。感染者が少ないうちに出来る行動を、ぜひ考えてほしい」と静かに強調している。 
      
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-43479247-gekisaka-socc 
      

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    122: 名無し@サカサカ10 2020/02/09(日) 00:15:57.73
    88809ab547ab79d9ba6f43b4a3e641a0[1]

    神戸の最後のピースは香川真司やろな
    光り輝く黄金の中盤の完成や

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/02/09(日) 12:26:25.93
    fukuda20180528

    代表とクラブでの実績が両極端すぎてなぁ。ワイはどっちも好きやけど。

    あ、中田とかキノコとか言い出す奴はポイーでw

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/19(木) 18:11:02.55
    元日本代表指揮官のハビエル・アギーレ氏が、古巣のレアル・サラゴサでプレーするMF香川真司を称賛している。

    現在ラ・リーガのレガネスを率いるアギーレ氏は、2014年8月から15年2月にかけて日本代表を指揮し、本田圭佑や香川らを指導。解任のきっかけは2011年のサラゴサ指揮時代の八百長疑惑によるものだったが、昨年12月9日にスペインの裁判所により「証拠不十分」で無罪との判決が下った。

    Goalは2月、アトレティコ・マドリーやエスパニョール、メキシコ代表なども率いた実績を持つアギーレ氏にインタビュー。すると、スペインのクラブで挑戦する日本人選手に関して、香川への絶賛の言葉が飛び出した。

    「香川は素晴らしい才能とクオリティを持っているよ。おそらく日本の歴史上で最も高いクオリティを持つ選手だと思う。華麗なフットボールをするし、マンチェスター・ユナイテッドやドイツでも活躍した。見ていて楽しい選手だ」

    香川は、2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍し、ブンデスリーガ連覇の中心選手になるなど華々しくブレイク。その後、世界屈指の強豪であるマンチェスター・ユナイテッドへと駆け上がった。

    課題はフィジカル
    no title


    しかし、今シーズンから加入しているスペイン2部のサラゴサでは、最初の5試合でこそ2得点を記録したが、その後はケガの影響もあり失速。新型コロナウイルスの影響で中断される前、リーグ戦では先発する機会を失いつつあった。アギーレ氏は、香川が苦労している原因がフィジカル面にあると指摘している。

    「セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)はとても激しく、フィジカルも必要になる。プレーのリズムやトレーニングに適応するのに苦労しているようだね。もしかしたらフィジカルコンタクトが激しいことにも苦しんでいるかもしれない」

    とはいえ、香川が過去にプレーしていたブンデスやプレミアリーグも、フィジカル面が重要になるリーグだ。しかし、アギーレ氏はスペイン2部には独特の激しさがあると説明した。

    「ドイツやイングランドも激しいけど、香川がいたのはトップリーグで、セグンダのそれとはまた違う激しさなんだ。スペイン(のトップリーグ)にもフィジカルコンタクトがあるけど、良い選手であればプレーすることができる。セグンダだともう少し苦労するよ。でも、怪我さえしなければ成功できるだろうね」

    3月17日に31歳の誕生日を迎えた香川は、今シーズンの公式戦26試合で2ゴール2アシストを記録。少なくとも3月末までは中断期間が続くが、“日本史上最高のクオリティ”と称するアギーレ氏の期待に応えることはできるのだろうか。

    3/19(木) 12:08 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00010008-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/19(木) 14:41:28.06
    ebde6b2c[1]

    まさかここがピークだったとはね

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/17(火) 22:16:07.24
    70e299b2-bae0-7d06-82ab-b20a333aecd8[1]

    時が経つの早すぎるよ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    180: 名無し@サカサカ10 2020/03/14(土) 23:21:18.29
    20180706_1220[1]

    日本人史上最高の選手→香川真司
    日本代表史上最高の選手→本田圭佑

    結局これで結論つくやろ?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/15(日) 04:28:24.13
    20190212_uchidakagawahondanakamuranakataono[1]

    ワイらが、バングラデシュのサッカー選手知ってる?って聞かれたら答えられる気がしないよな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/13(金) 01:58:11.95
    70e299b2-bae0-7d06-82ab-b20a333aecd8[1]

    MF香川真司(30)が所属するスペイン2部サラゴサは、20年に入ってからスペインで唯一無敗のチームであると、スペイン紙マルカが12日に報じた。

    先週末までは2部Rバリェカノも20年無敗をキープしていたが、8日にホームでエルチェに敗れたことにより、無敗チームはサラゴサだけとなった。
    サラゴサはこれまでリーグ戦10試合を戦い6勝4分け、スペイン1部、2部全42チーム中で最多となる勝ち点22を獲得している。

    20年に入りと2部テネリフェ。ともに10試合6勝2分け2敗で勝ち点20となっている。
    これに続いているのが、レアル・マドリードとバルセロナの2強。9試合6勝1分け2敗、勝ち点19を獲得している。

    サラゴサは今季リーグ戦31試合15勝10分け6敗の勝ち点55で、1部リーグ自動昇格圏内の2位につけている。
    首位カディスとの勝ち点差はわずか1となっているため、7季ぶりの1部復帰が間近に迫っている。

    3/12(木) 20:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-23120829-nksports-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/09(月) 07:01:58.80
    今シーズンからスペイン2部のサラゴサに活躍の場を求めた日本代表MFの香川真司が、米メディア『The Athletic』のインタビューで約2年間在籍したマンチェスター・ユナイテッド時代を回想した。

     大きな期待を背負っての移籍だった――。

     2010年の夏にセレッソ大阪からドルトムントへ完全移籍した香川は、ユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の薫陶を受け、瞬く間にチームにフィット。中盤の絶対的なレギュラーとして君臨し、ブンデスリーガ2連覇に大きく貢献した。

     その活躍が名将アレックス・ファーガソンの目に留まり、香川は12年の夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。世間から大きな注目を浴びることになった日本代表MFは、初年度で公式戦26試合に出場して6ゴール・6アシストと1年目としてまずまずの結果を残し、プレミアリーグ制覇に少なからず貢献した。

     その状況が一変したのは、さらなる飛躍が期待された2年目だった。

     監督生活にピリオドを打ったファーガソンの後を受けたデイビッド・モイーズ監督(現ウェストハム)が、フィジカルに重視したサッカーを採用したため、技巧派の香川の出場機会は激減。そのモイーズが成績不振で解任され、OBのライアン・ギグスが暫定監督に就任してからも、満足のいく出場機会を得られず……。

     結局、ルイス・ファン・ハール監督が就任した14-15シーズンの開幕直後に古巣ドルトムントへの復帰を決断した。

     ユナイテッドの2年間を振り返った香川は、「僕は常にプレーしていたかったけど、試合に絡めなくなってそれができなかった」と語り、自身のパフォーマンスに度重なる監督交代が影響したことを明かした。

    「モイーズが解任され、次々と監督が変わり、たった2シーズンで4人の監督と一緒になった。加入した時は25年間にわたり、チームを率いた(ファーガソン)監督がいたけど、その後、モイーズ、ギグス、ファン・ハールが指揮を執った。

     僕自身、ブラジルでのワールドカップでうまくプレーできず、日本代表もグループステージ最下位で敗退してしまっていた。だから、自分のベストを取り戻すために、新たな挑戦の必要性を感じていた」

     そんな香川にユナイテッドを去ろうと決断させたのは、当時、指揮を執っていたファン・ハールの事実上の“戦力外通告”だった。

    3/9(月) 6:05配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00010002-sdigestw-socc

    写真no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/08(日) 03:24:47.84
    20200301-00070359-sdigestw-000-8-view[2]

    いうてまだ30なのに2部ですら微妙って

    続きを読む

    このページのトップヘ