香川真司

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/21(水) 20:16:20.93 _USER9

    20170601-00010023-theworld-000-1-view[1]

    日本の10番に高評価

    今夏の移籍市場ではレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが古巣マンチェスター・ユナイテッドに戻ってくる可能性が噂されたり、今季苦しい時間を過ごしたFWガレス・ベイルを同じくマンチェスター・ユナイテッドが狙っているなど、プレミアリーグへのカムバックを期待させる話題が多い。

    英メディア選出の「欧州で大活躍したアジア人選手7名」に日本人が4名

    そこで英『Express』は、「プレミアリーグに戻ってくるべきスター選手10人」と題し、もう一度プレミアリーグでプレイして欲しい選手をリストアップしている。

    そのうちの2人はもちろんロナウドとベイルだが、何とこの10人にはドルトムント所属の日本代表MF香川真司も選ばれているのだ。香川は2012年にマンUに加入したが、指揮官デイビッド・モイーズの戦術に合わなかったこともあって思うような活躍ができなかった。結局ドルトムントに戻る決断を下したが、同メディアは香川のことを「テクニックのある魔術師」と紹介しており、そのクオリティを認めている。

    その他に選ばれたのも豪華な選手ばかりで、香川と同じくマンUで満足なキャリアを築けなかったアンヘル・ディ・マリア、チチャリートことハビエル・エルナンデス、マンチェスター・シティでゴールを量産したエディン・ジェコ、マンCで才能を活かしきれなかったDFジェローム・ボアテング、今夏リヴァプール移籍が確実視される元チェルシーのモハメド・サラー、チェルシーでは出番の限られていたファン・クアドラード、最後の1人はトッテナムで異彩を放っていたルカ・モドリッチだ。

    いずれも世界を代表するスターばかりで、そこに香川が入っているのは何とも誇らしい。今季はベンチで時間を過ごすこともあったが、ドルトムントで輝きを放っていた。プレミアリーグでもチームスタイルさえ合えば十分に活躍できるはずだ。
    http://www.theworldmagazine.jp/20170621/01world/germany/137521

    【英紙が選ぶ「プレミアに戻ってくるべきスター10人」に香川真司も選ばれてるぞ!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/18(日) 14:49:20.78 _USER9

    20170618-00010000-fballista-000-1-view[1]

    ラース・リッケン(ドルトムント育成コーディネーター)

    7月15日、2年ぶりに来日を果たし「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」で浦和レッズと対戦するドルトムント。その来日に先がけて日本を訪れ、視察や会見出席など精力的に活動をこなした育成コーディネーターのラース・リッケンが、多忙を極める日程の合間を縫ってインタビューに応じてくれた。

    現役時代はドルトムント一筋のキャリアを送り、引退後はユース選手たちの育成に携わるドルトムントのレジェンドに、日本の印象や現在の役職、育成者の視点から見た日本人選手の印象などについて語ってもらった。

    インタビュー・文 久保佑一郎(footballista編集部)

    ――7月、日本で浦和レッズと対戦することが決まりました。まずは率直なお気持ちを聞かせてください。

    「非常にうれしく思っています。日本にはたくさんのドルトムントファンがいて、SNSのフォロワー数ももの凄く多いですから、今回のツアーはそんなファンの方々と交流を深められるいい機会だと思っています」


    ――ドルトムントは2年前にも来日しています。ビッグクラブが日本を訪れる機会が少なくなっている中で、それだけ日本を重要視してくれていることの表れだと考えてもいいのでしょうか?

    「その通りです。(日本人の)香川真司が所属しているというのも理由の一つとしてはあります。ですが、彼が一度クラブを離れた後でも多くのファンが我われドルトムントについてきてくれました。そんなファンのみなさんと交流を深めるのはとても大事なことだと思っています。マーケティング的な側面から見ても、5つ日系企業がドルトムントをサポートしてくれています。日本とドルトムントの関係はとても深いですよ」


    ――あなたご自身にとって、日本の印象はいかがですか?

    「4回目の来日となりますが、街は来るたびに発展していて非常に驚かされる一方で、街を出てみると緑が多く自然豊かな面もあり、みなさん礼儀正しいと来るたびに感じています」


    ――日本人サッカー選手についてはどんな印象を抱いていますか?

    「まず、メンタリティがドイツ人と日本人は非常に近いと思います。規律正しいサッカーを行うことと、ネバーギブアップの精神で決してあきらめない部分ですね。その上で、テクニックに優れているところや素早さ、スピードがあるところが日本人選手の特長だと思っています。

    一方で、問題が2つあります。一つは、ドイツの選手に比べてヘディングが得意ではありません。そしてもう一つ、香川は例外ですが、テクニックでもシュートに関する技術が足りないと感じます。ただ、ケガをしない、ケガに強いというのはストロングポイントですし、2部を含め多くの選手がプレーしているドイツに限らず、欧州サッカーマーケットの中で非常に重要な存在だと感じています」


    ――元ドルトムントの丸岡満選手が帰国後のインタビューで「日本とドイツの守備の仕方の違いに苦しんでいる」と答えていたのですが、日本人選手の守備能力についてはどのように見られていますか?

    「香川や丸岡はいずれも攻撃的な選手ですし、ドルトムントというチーム自体が勝つ時には8-4で勝つような攻撃的なサッカーを志向しています。ですから、そこまで気になるようなことはありませんでした」


    ――現在はクラブの育成コーディネーターを務められているとのことですが、どんな仕事しているのか聞かせてもらいますか?

    「主な仕事はその名の通りユース選手の育成になります。ただ、時間を割いて作業しているのは契約業務ですね。有望な選手には15歳になるともう代理人がついています。ドルトムントは近くに有力なクラブがたくさんありますので、そこにいる選手と交渉したりするのは大変な作業です。また、15歳の選手は3年スパンで見て、18歳になったらトップチームに上れるかどうか判断したりもしています」


    つづく 
      

      
    6/18(日) 13:05配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010000-fballista-socc

    【リッケン氏、「香川は例外ですが、テクニックやシュートの技術が足りない」日本人選手の特長】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/16(金) 16:57:25.11 _USER9

    20170616-00000036-tospoweb-000-1-view[1]

    Jリーグは15日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の浦和―ドルトムント(ドイツ)戦(7月15日、埼スタ)、鹿島―セビリア(スペイン)戦(同22日、カシマ)に向けたトークイベントを開催。7月15日の試合がフジテレビ系で全国生中継されることが発表された。 

     公式戦ではないJクラブの試合を民放キー局がゴールデン帯(午後7時10分開始)に地上波生中継するのは異例だが、この裏にはドルトムント所属の日本代表MF香川真司(28)の存在がある。 

     4年前には同じ7月にJ1横浜Mが当時香川が所属していたマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)と対戦。TBS系列でゴールデン帯に生中継され、平均視聴率は12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高い数字をマーク。“香川は視聴率が取れる選手”が実証されているからだ。 

     一方で、香川の来季去就は流動的。そこで今大会の放映権を持つフジテレビ側は生中継を行う条件として「香川の参加」を突き付けたという。

    J関係者も「香川の出場が確定しない場合、生中継ではなく深夜帯の放送になる」と話していた。この日、地上波生中継が確定したことは、同時に香川の来季ドルトムント残留が決定的になったとも言えそうだ。 

     Jリーグの原博実副理事長(58)は香川について「ケガがね。でも大丈夫だと思うよ」と太鼓判。現在香川は日本代表で負った左肩脱臼のリハビリ中だが、ドルトムントが15日時点で発表した来日メンバーに名前が含まれており、日本のファンにも雄姿を見せてくれそうだ。

    6/16(金) 16:38配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000036-tospoweb-socc 
      

    【フジテレビ「香川真司が参加しないなら、生中継しないよ」浦和 ドルトムント戦】の続きを読む

    730: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/10(土) 23:48:32.31
    香川さん、16-17シーズン、ブンデスベスト3おめでとうございます。
    後半の頑張りでランクインです。
    90minにおけるゴールとアシストの効率の良さは、数字で証明されましたね。
    ロッベン、デンベレに次いで3位です。
    プリちゃん8位、ゲレイロ14位とドルからベスト15に4人もランクインです。
    no title

    【ドルトムントの香川真司、16-17シーズン、ブンデスベスト3位に!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/08(木) 22:09:25.78 _USER9

    20170601-00010023-theworld-000-1-view[1]

    ボルシア・ドルトムントは日本代表MF香川真司との契約を延長することを希望し、この夏の優先事項として交渉に取り組もうとしているようだ。独誌『キッカー』が報じたとして、8日付の地元紙『レヴィア・シュポルト』が伝えた。

    リーガでの3位確保やDFBポカール(ドイツ杯)優勝に貢献した香川。現在の契約は2018年夏までであり、このまま来シーズンの終了を迎えればドルトムントはフリーで香川を失うことになる。

     先日ピーター・ボス新監督の就任を発表したドルトムントは、すでに新シーズンに向けて4人の新戦力獲得を決めている。一方でエースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンの去就などに関して不確定要素もあるが、在籍選手の契約延長にも取りかかろうとしており、香川はその中でも「優先順位のリストのトップ」に位置すると報じられている。

    「香川をより長く我々のクラブに留めることが目標だ」とミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)もコメント。香川との契約延長を望むクラブの姿勢を明確にしている。

     ドイツでのシーズンを終え日本代表に合流した香川だが、7日に行われたシリア代表との親善試合で左肩を脱臼。13日のロシアW杯アジア最終予選イラク戦には出場せずにチームを離れ、来シーズンに向けて療養することになった。

    6/8(木) 20:02配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00215544-footballc-socc

    【香川真司との契約延長を!ドルトムント「香川をより長く我々のクラブに留めることが目標だ」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/08(木) 11:09:28.93 _USER9

    20170608-00000013-tospoweb-000-1-view[1]

    6/8(木) 11:02配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000039-asahi-spo
     7日のサッカー国際親善試合で左肩を負傷して途中交代した日本代表のMF香川真司が8日、
    アジア最終予選のイラク戦(13日、イラン・テヘラン)に臨むチームから離脱することになった。
    左肩の脱臼のため。同日、日本サッカー協会が発表した。

     香川は7日に東京・味の素スタジアムであったシリア戦に先発。序盤にドリブルする相手と
    競り合った際に左手を打ちながら地面に倒れた。ピッチ外に運ばれ、そのまま前半10分に交代した。
    香川は日本協会を通じ、「残念かつ申し訳ないが、こればかりは仕方ない。1日でも早く治すことに集中したい。
    勝利を信じて、戦ってきてほしい」などとコメントした。

     日本は13日にあるアジア最終予選のイラク戦に向けて、8日に日本を出発予定。
    イラク国内の政情不安の影響で、試合はイラン・テヘランで行われる。

    【左肩脱臼で日本代表から離脱!香川真司「残念かつ申し訳ないが、こればかりは仕方ない。」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/07(水) 23:36:30.17 _USER9

    20170608-00010000-soccermzw-000-1-view[1]

    6/7(水) 23:31配信

    時事通信 
      
    サッカー日本代表MFの香川真司(ドルトムント)は7日のシリア代表との国際親善試合で、左肩を負傷し、試合後に検査のため、東京都内の病院に向かった。 
      
    先発出場した香川は前半7分、相手選手と競り合って倒れ込んだ際に痛めた。日本代表は13日に、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦(テヘラン)を控えている。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000179-jij-spo

    【【悲報】日本代表の香川真司、左肩負傷で病院へ 長期離脱の可能性も】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/07(水) 18:18:38.96 _USER9

    no title

    日本代表MF香川真司(28)が所属するドルトムントの新監督に就任したピーター・ボス氏(53)が、香川と日本語でコミュニケーションを取る意向を示した。

     元オランダ代表MFのボス氏は、96~97年、99年に市原(現J2千葉)でプレー。監督としてヘラクレスでFW平山(現J1仙台)、フィテッセでFWハーフナー(現ADOデンハーグ)らを指導しており、日本と縁が深い。就任が発表された6日、チーム公式サイトのインタビュー動画で流暢なドイツ語を披露。他に話せる言葉について「オランダ語は話すよ。英語とフランス語、あと日本語も少し話せるよ。日本に2年間いたんだ。香川とは日本語で話せるよ」とコメント。これを受けて質問者から「それでは香川をもっと成長させられるね」と聞かれると「彼はすでに良い選手だよ」と笑顔で語った。

    6/7(水) 17:32配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000127-spnannex-socc

    【ドルトムント新監督ボス「香川とは日本語で話せるよ」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/06(火) 20:26:25.06 _USER90606
    オランダ人指導者ピーター・ボスがドルトムントと正式契約を結び、

    17-18シーズンからドルトムントを指揮をすることが決まった。

    アヤックスとボスの契約は2019年まで残っていたが、

    一部報道によるとアヤックスには契約解除金が支払われることになり、ドルトムントと契約合意に至った模様。

    ボスは今シーズン、アヤックスをヨーロッパリーグファイナルに導いたことでも知られる。

    決勝ではマンチェスター・ユナイテッドに敗れた後、アヤックスでの今後の指導に意気込みを示していたが、

    若い選手が主体のアヤックスでシャルケ、リヨンなどを次々に撃破し、欧州カップ戦のファイナルに導いたその手腕は高く評価されていた。

    なお、ボスは現役時代にジェフ市原(現市原・千葉)でプレーしたことでも知られる。

    ドルトムントで新シーズンからボス監督、香川真司の“Jリーガー師弟コンビ”が実現することとなった。

    GOAL 6/6(火) 20:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000029-goal-socc

    写真
    no title

    【ドルトムント新監督に元Jリーガーのボスに決定!香川真司はどうなる?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/04(日) 23:19:39.43 _USER9

    20170604-00010023-soccermzw-000-3-view[1]

    乾のスピードには「本当にビックリした」

    ――今季のリーガエスパニョーラ最終戦ではエイバルと対戦しました。バルセロナから2ゴールを奪った日本人選手(乾貴士)のことは知っていますか?

    「もちろん知っているよ、2ゴール決められたからね。本当にビックリした。ヒヤッとさせられたよ、彼の二つのゴールには。しかし、我々はそれにめげることなく、勝利することができた。それは良かったね。ただ、これから僕らバルセロナは、彼に気をつけないといけないね」

    ――乾の良さはどこに感じましたか?

    「スピードだね。とても速かった。彼のスピードは凄かったね」

    ――日本代表で注目している選手はいますか?

    「カガワ(香川真司)だね。とても好きな選手で、とても素晴らしいと思っているよ。好きな選手の一人だから、いつも注目して見ているよ。彼のプレースタイルが好きで、スピードもあるし、テクニックもある。とても素晴らしいと思うよ」

    ――ネイマール選手は日本代表との対戦経験があります。日本代表が、世界の強豪国と渡り合うために必要なものはなんでしょうか?

    「日本のサッカーはどんどん進化している。進化しているので、このまま進んでいけば、いいんじゃないかな。もちろん、我々のことは追い抜かないでね(笑)。でも、本当に日本のことを応援しているよ」

    「目標を持てば道は拓ける」

    ――今、日本にはバルセロナの下部組織出身で、15歳でJリーグデビューを果たした久保建英(FC東京U-18)という選手がいます。彼のプレーを見て、どのように感じますか?

    「(久保の映像を見て)凄いね。とても素質のある選手だと思う。彼に輝かしい未来があることを応援しているよ」

    ――特にどの部分において、素質を感じますか? 今後、彼に必要なものはなんでしょうか?

    「ボールコントロールが素晴らしいね。まずはトレーニングを欠かさないことが重要だ。あとは自分の目的、目標を持つことだね。目的を持つと、道は拓けていくから」

    ――ブラジル代表は来年のロシアW杯への出場をすでに決めています。母国開催だった2014年ブラジルW杯では優勝を逃して悔しい思いをしました。ロシア大会への意気込みを聞かせてください。

    「ブラジルW杯では、本当に我々は歴史を作りたかったんだけど、残念ながら、それができなかった。ロシアW杯に向けて精一杯準備をして、ブラジルにW杯のタイトルを持ち帰りたいと心から思っているよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00010023-soccermzw-socc&p=2

    【来日中のネイマール「好きな選手は香川真司だね。彼のプレースタイルが好きで、テクニックもある」「いつも注目して見ているよ。」】の続きを読む

    このページのトップヘ