乾貴士

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/19(火) 06:58:37.01 _USER9
    19日のリーガエスパニョーラ第5節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウにエイバルを迎える。スペイン『スポルト』はバルセロナに対し、エイバルMF乾貴士に注意するよう訴えた。

    前節ヘタフェ戦(2?1)では、MF柴崎岳のボレーシュートによって失点を許したバルセロナだが、リーガでの失点は昨季の最終節エイバル戦(4?2)以来のこととなった。
    もちろん、そのエイバル戦でバルセロナが失点を許したのは、乾だ。エイバルMFはカンプ・ノウで2得点を決め、バルセロナとの公式戦で得点を決めた史上初の日本人選手となっていた。

    ヘタフェ戦、日本人選手によって失点の感覚を思い出したバルセロナは、19日のカンプ・ノウの一戦で再び日本人選手と、今度は乾と対戦することになる。
    カタルーニャに本拠を置くスポーツ全国紙『スポルト』は、この状況を受けて次のように記している。

    「バルサは明日、エイバルの最後のカンプ・ノウ訪問で2得点を記録した日本人タカシ・イヌイと再会する。偶然はエイバルの選手が、先の土曜にゴラッソを決め、バルセロナを苦しめたガクの後に続くことを望んだ。
    イヌイとシバサキは、リーガでバルサのゴールを破ることができた唯一の日本人選手たちである」

    「バルセロナは日本人選手たちによる悪い流れが続かないようにするため、イヌイに対しては相当に気を配らなくてはならない。歴史的には少人数だが(リーガ史において同国籍の選手は合計で6ゴールしか決めていない)、
    しかしこの数カ月間は彼らが悩みの種となってしまった」

    バルセロナは乾→柴崎→乾の順で失点を喫することを食い止められるのだろうか。 
      
     
      
    9/19(火) 6:25配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000029-goal-socc

    写真
    no title

    【【スペイン紙】バルセロナよ、次は乾貴士に注意しろ!】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 21:38:52.78 _USER9


    no title


    15日のリーガエスパニョーラ第4節、エイバルは本拠地イプルーアでのレガネス戦で1−0の勝利を収めた。この試合の決勝点をアシストするなどしたMF乾貴士は、スペイン紙から絶賛されている。

    正確なクロスでDFアレハンドロ・ガルベスのゴールをお膳立てしたほか、積極的な攻撃&守備を披露した乾。スペイン『アス』の採点では、この試合単独最高点となる3点満点を付けられた。さらにMVPにあたる「クラック(名手)」にも選出されており、「後半の立ち上がりが顕著だったが、スターとしてのプレーを完遂」との評価を受けている。

    またスペイン『マルカ』の採点では、ガルベスがこの試合の単独最高となる3点満点となったが、乾は攻撃陣の中では最も高い2点の評価(ほかの攻撃陣はいずれも1点)。寸評では「後半のプレーが良く、ガルベスに素晴らしいクロスを送った」とアシストの場面が取り上げられている。

    GOAL 9/16(土) 19:51配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00000019-goal-socc 
      

    【【スペイン紙】乾貴士、この試合のMVPに選出!「クラック(名手)」「スターのプレー」】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 05:58:41.26 _USER9
    【リーガエスパニョーラ第4節】

    【スコア】
    エイバル 1-0 レガネス

    【得点者】
    53分 1-0 ガルベス(エイバル)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11049733

     現地時間15日に行われたリーガエスパニョーラ第4節でエイバルはレガネスをホームに迎え、1-0の勝利を収めた。MF乾貴士はフル出場で、決勝ゴールをアシストしている。

     開幕戦に勝ったあと2連敗中のエイバルは、2勝1敗の好スタートを切ったレガネスと対戦した。主導権を握りたいエイバルだったが、ここまで3試合で1得点の攻撃は多くのチャンスをつくれず、0-0で折り返す。

     それでも後半に入って53分、エイバルが先制した。センターサークルでボールを奪ったガルベスが持ち上がって左へはたくと、乾が右足でクロス。そのままゴール前に入ったガルベスがニアでヘディングシュートを放ち、1-0とする。

     今シーズン初アシストという結果を残した乾は、雨の中でも活発に動き、62分には良い形でミドルシュートを放つ場面も。これは枠を外れるが、存在感を示していった。

     エイバルは終盤になってもハードに戦い抜き、1点のリードを維持。追加点は生まれなかったものの、1-0で逃げ切って、今シーズンのホーム初白星を手にした。

    9/16(土) 5:52配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00231519-footballc-socc 
      



    【【動画】エイバルの乾貴士、今季初アシスト!絶妙クロスで今季ホーム初勝利に貢献】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/01(金) 21:39:26.81 _USER9

    20170901-00000035-goal-000-2-view[1]

    日本代表は1日、さいたま市内でロシア・ワールドカップアジア最終予選サウジアラビア戦へ向けて練習を行った。練習後、FW乾貴士は「若手が頼もしくなった」と若いメンバーの活躍を喜んでいる。

    日本代表は、8月31日に行われたW杯アジア最終予選オーストラリア戦で2-0と勝利し、本大会出場を決めた。この試合では、代表経験の浅い浅野拓磨と井手口陽介がゴールを挙げた。この試合で先発した乾は「若手が頼もしくなった」と成長を喜びつつ、チームの変化について語った。

    「今のチームには(本田)圭佑君や(長友)佑都君、岡ちゃん(岡崎慎司)といった経験豊富な選手と、陽介や拓磨、(久保)裕也ら若いメンバーが活躍している。特に若手の活躍は嬉しい」

    また、この試合でインサイドハーフに入った井手口や山口蛍とのプレーは「やりやすい」としつつ、セレッソ大阪時代にチームメイトだった香川真司や清武弘嗣と「久しぶりにプレーしたい」と述べている。

    W杯本戦に向けては「自分より若くていい選手が多いので、選ばれなくても仕方ない」としながらも、「選ばれた時には必死に自分をアピールして頑張っていきたい」と意気込みを語っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000035-goal-socc

    【乾貴士 「久しぶりに香川真司や清武弘嗣とプレーしたい」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/30(水) 23:21:30.77 _USER9

    20170830-00000035-goal-000-2-view[1]

    日本代表は30日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選 オーストラリア戦に向けた前日練習を埼玉スタジアム2002にて実施した。

    6月のアジア最終予選 イラク戦では出番が回ってこなかったMF乾貴士(エイバル)。今回も先発ではなく“ジョーカー”的な起用を予想されている。これには本人も「監督に任せている」としつつも「まあいいんじゃないか」と、流れを変える役割に納得しているようだ。

    対戦相手のオーストラリアといえば、特徴の一つとして”高さ”などのフィジカル面が挙げられるが、乾は「俺は日本人からしても小さいので。(自分にとって)相手はいつも全員大柄なんであんまり変わんない」と特別に意識はしていないという。

    一方で自身の特徴であるドリブルでの“仕掛け”が相手に有効であることも認識しており、「ドリブルはかなり有効になってくると思いますし、そんなに速さがある選手が多いわけではない。それ(ドリブルでの仕掛け)ができればやっぱりチームのためにもなると思いますし、何かチームのためにできればいい」と持ち味を発揮したいと意気込む。

    また、今回の代表ではエイバルと同じスペインのヘタフェでプレーするMF柴崎岳とともに帰国した。スペイン1部の“先輩”でもある乾は、柴崎が移籍後すぐにポジションを確保していることについて「すごい」と称賛しつつ、「岳の能力(が高い)っていうのは誰もが分かっているんで。ヘタフェで出ているのは必然というか、当たり前のこと」と能力的には当然だと話した。

    ヘタフェの試合も観戦したようで「チーム状況的になかなか岳にボールが入らないところがあったので、その難しさはありますけど。でも岳ならね、何とかやっていけるんじゃないかって思っています」と今後の活躍に太鼓判を押した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000035-goal-socc

    【乾貴士、スペインの“後輩”柴崎岳を称賛「ヘタフェで出ているのは必然のレベル」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/30(水) 21:10:27.80 _USER9

    20170830-01643537-gekisaka-000-1-view[1]

    ブラジルW杯出場を決めた13年6月4日オーストラリア戦。当時も日本代表に招集されていたMF乾貴士(エイバル)は、歓喜の瞬間を味わったものの、ベンチスタートとなった男に出場機会は訪れなかった――。

    「前回大会も(W杯を)決めるときはメンバーに入っていた」と振り返った乾だが、「そのときは出ていないので」と続けると、勝てばロシアW杯出場を決める翌日のオーストラリア戦に向けて意気込みを示す。「今回はしっかりチームのために何かしたい思いが強い。出たときに結果を出せるように、チームのために何かできることがあると思うので、しっかりそこを考えながらやっていきたい」。

     オーストラリアの印象は「そんなに速さがある選手が多いわけではない」。だからこそ、「ドリブルがかなり有効になってくると思う」とピッチに立った際には自慢のドリブルで守備網を突破するイメージを持ちつつ、「ただ、ドリブルだけでは崩せないと思うので、その中でコンビネーションを活かしていきたい」と周囲との連係でゴールに迫ろうとしている。

     勝てば文句なしでの6大会連続でのW杯出場が決まるが、自身のゴールにこだわりはない。「自分が取るというよりもチームで点が取れればいい。勝つことが一番重要なので、本大会どうこうではなく、明日の一戦に全てを懸ける気持ちでやりたい」と必勝を誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-01643537-gekisaka-socc

    【乾貴士「コンビネーションで崩す!」「ドリブルも有効!」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/24(木) 21:39:53.79 _USER9

    20170824-00632951-soccerk-000-1-view[2]

    日本サッカー協会(JFA)は24日、今月31日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第9節のオーストラリア代表戦、9月5日に行われる最終節のサウジアラビア代表戦に向けた日本代表メンバーを発表した。

     エイバルに所属するMF乾貴士も27名の代表メンバーに名を連ねた。招集を受け、同選手はインスタグラムを更新。6月7日に行われたキリンチャレンジカップ 2017のシリア代表戦での自身のプレー写真とともに、喜びと抱負をつづっている。

     乾は「この度、日本代表に選出して頂きました!!」と報告。「本当に嬉しいですし、日本のために全力で頑張ります!!」と喜びをつづり、以下のように続けている。

    「ホームでワールドカップを決めて、日本全体で喜べるように全力で頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします!!」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00632951-soccerk-socc

    【乾貴士がインスタグラムを更新!代表サポにメッセージ!】の続きを読む

    このページのトップヘ