サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    日本人選手 【海外組】

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/17(水) 08:17:01.73
    no title


    ジダンはモントリオールに到着し、既に久保建英に対しフィジカルを向上させ(体を強くして倒れないように)などいくつも注文した

    ジダンは久保に2つの技能を向上させるよう要求した。
    持久力とポテンシャルを改善するようにアドバイスした
    https://www.defensacentral.com/real_madrid/1563293011-zidane-le-pone-deberes-a-kubo-quiere-que-mejore-2-cosas

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/17(水) 13:00:32.35
    no title


    日本代表MF香川真司は、今夏の去就が注目されている。ドルトムントの練習に合流するも、アメリカツアー参加は回避。新天地探索に専念するとされるなか、海外メディアはスペインのクラブが“加入へ肉薄”と伝えている。

     香川はドルトムント通算7年目の2018-19シーズン、ルシアン・ファブレ監督の構想外となり、ベンチ外が続く苦しい日々を過ごした。冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。デビュー戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたが、レギュラー奪取とはならず、リーグ戦14試合4得点でシーズンを終えた。

     保有権がドルトムントに戻るなか、ミヒャエル・ツォルクSDはキャンプ開始直後、ドイツ誌「キッカー」のインタビューで香川とドイツ代表MFアンドレ・シュールレについて「彼らは新しいクラブを探している。我々は共通の目標を追求している」と移籍先を模索していることを明かしていた。

     香川は9日にドイツへ向かうべく離日していたが、所属元のドルトムントに戻ってプレシーズンのトレーニングに参加。12日に行われたシュバインベルクとの練習試合(10-0)では、後半14分からドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに代わって途中出場し、1得点1アシストと今季初の“実戦”でキレのあるプレーを見せた。

     しかし、15日に発表されたアメリカツアーのメンバーに香川の名前はなし。新シーズンの構想には入っておらず、新天地探しに専念すると目されている。そんななか、衛星放送「ビーイン・スポーツ」は「香川の新しい志願者」と題し、香川の状況を伝えている。

    「彼(香川)は2014年に戻ったドルトムントにもはや歓迎されていない。20年6月30日に契約満了する攻撃的MFには、今夏に新天地を見つけることが承認されている。昨季レンタルで迎え入れていたベジクタシュは日本代表を完全移籍で迎え入れたいと思っている。しかし、ドイツ紙『ルール・ナハリヒテン』はリーガのセルタが肉薄と伝えている」

     記事では、ドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」が、“セルタ加入へ肉薄”と伝えたことに改めて触れている。セルタは6月下旬にスペイン1部の3チームが香川に興味を示していると報じられた際のクラブの一つで、依然として動向を追っているようだ。

     果たして、香川の新天地はどこになるのか。各クラブからの関心も増えていくかもしれない。

    7/17(水) 10:40 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00204094-soccermzw-socc 

    続きを読む

    381: 名無し@サカサカ10 2019/07/15(月) 10:51:22.81
    20190710-00000192-kyodonews-000-2-view[1]


    久保の弱点

    ・フィジカルはない。 海外選手相手だとボールキープできない コパでのボールロストはチーム最多
    ・スピードがない。 反転などは早いがそこから抜け出すスピードはない
    ・顔が宇佐美 宇佐美みたいに不貞腐れた顔でムスっとしてたら印象最悪

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/16(火) 19:10:26.38
    no title


    スペイン1部の名門レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英(18)の評価がうなぎ上りだ。

     今季はBチーム(スペイン3部)でのプレーからスタートするが、カナダ・モントリオールで行われている合宿ではトップチームの選手に交じって猛アピールを続けている。

     14日には今夏にチェルシー(イングランド)から移籍加入したベルギー代表FWエデン・アザール(28)との会話が「レアル・マドリードTV」で公開され、久保が世界的スターに向けて「いつも試合前にあなたのビデオを見ている」と英語で話しかけるなど、すっかりチームに溶け込んでいる様子だ。

     同日付のスペイン紙「アス」が1面で久保の特集記事を掲載するなど現地での注目度は急上昇。20日(日本時間21日)に米国ヒューストンで行われるインターナショナルチャンピオンズカップ初戦のバイエルン・ミュンヘン戦での新天地デビューに向けて期待は高まるばかりだが、チーム内でも久保の実力が非常に高く評価されているという。

     J1で監督経験もある日本代表OBは、最近Rマドリード関係者から久保の評価を聞く機会があったそうで「すでに(MFマルコ)アセンシオ(23)よりも序列が上の評価を得ているそうだ。スタートはB(チーム)でも、すぐにトップチームの試合に出ることになるのではないか」と明かす。

     アセンシオはスペイン代表の次期エース候補と期待されるアタッカー。その才能から“レアル・マドリードの至宝”とも呼ばれている。2018―19年シーズンはリーグ戦でスタメンとして19試合に出場するなどレギュラーの一角に君臨。そんな選手を差し置いて、首脳陣はキャンプ前から久保の現時点での実力も高く評価し、攻撃陣の中でポジションを争うアセンシオよりも有望な戦力と判断しているという。

     シーズン前半からトップチームでカップ戦出場がかないそうな久保。リーグ戦でも早期の大抜てきがありそうだ。

    7/16(火) 16:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000028-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/16(火) 10:39:30.47
    no title

     
    久保建英は右WG?スペイン紙、ラウル体制カスティージャの先発11人を予想

     スペイン『アス』が「ラウル体制のレアル・マドリー・カスティージャの強力な11人」を予想している。

     日本代表MF久保建英(18)が今夏加入したレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)。同クラブのレジェンドであるラウル・ゴンザレス氏が監督に就任したことで注目を集めているが、同紙が今季のスターティングイレブンを予想した。

     フォーメーションは4-3-3を予想。久保は3トップの右サイドに入った。また、久保と共にトップチームの北米ツアーに帯同しているGKディエゴ・アルトゥーベ、DFアドリアン・デ・ラ・フエンテ、FWロドリゴ・ゴエスも選出。このメンバーを軸に2013-14シーズン以来の2部昇格を目指すようだ。

    ▼GK
    ディエゴ・アルトゥーベ

    ▼DF
    セルヒオ・ロペス
    アドリアン・デ・ラ・フエンテ
    マヌ・エルナンド
    フラン・ガルシア

    ▼MF
    マルティン・カルデロン
    フランシスコ・フェイジャシエル
    ミゲル・バエサ

    ▼FW
    久保建英
    ロドリゴ・ゴエス
    ペドロ・ルイス・デルガド

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-43469318-gekisaka-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/15(月) 18:06:36.19
     img_3b83b88b5c025e3cab4ba92798da5aa4175536[1]


    7月初旬、ドイツ誌『kicker』のインタビューに応じたドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「カガワは新しいクラブを探している。我々は共通の目標を追求している」と移籍先を模索していることを認めていた。

     そんななか、日本での休暇を終えた香川が、12日にドルトムントのプレシーズンマッチに出場し、現地メディアやサポーターを驚かせた。

    「このクラブにカガワの未来はない」とまで報じられた日本代表MFの、まさかの復帰。シュバインベルクとのテストマッチで1ゴールを記録したことは、現地でも驚きをもって報じられている。

     香川について、フロントの一員であるセバスチャン・ケールは、「彼は我々との契約を残している。出場するのは普通のことだ。具体的な移籍先が決まっていないのでメンバーに含まれた」とコメントしている。

     そして、さらなるサプライズが待っていた。

     ドルトムントは現地時間15日からUSツアーに出発する。アメリカで合宿を行いつつ、シアトル・サウンダーズ、そしてプレミアリーグのリバプールとテストマッチを行なう予定で、その帯同メンバーに、香川が選ばれたのだ。現地紙『Ruhr Nachrichten』が報じている。

    「これは先日行われたテストマッチ出場に引き続くサプライズだ。ただ、カガワはリュシアン・ファーブル監督の構想外であるのは明確であり、今もなお厳しい状況にあることは否定できない」

     現地メディアでは「プレシーズンの合流に遅れたのは、次のクラブ選びに苦戦しているためだ」(『ProSport』)とも報じられている香川。今後の動向に注目が集まる。

    7/15(月) 7:10 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00010004-sdigestw-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/15(月) 17:51:37.66
    20190715-00061473-sdigestw-000-5-view[1]

    ・現地でのメディカルチェックを経て正式加入へ

    7月15日、鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨が、ベルギー1部のシント=トロイデンに完全移籍することが確実となった。両クラブが発表したのは、クラブ間の基本合意。今後現地入りしてメディカルチェックを経たのち、正式加入の運びとなる。契約年数などは現時点で明らかにされていない。 
      
     鈴木は2015年に鹿島ユースからトップチームに昇格。同年にトップデビューを果たし、2017年からは「9」番を背負うなど、名実ともに鹿島のエースへと成長を遂げた。2018年には日本代表にも選出され、鹿島が王者となったアジア・チャンピオンズリーグの大会MVPにも選出された。

     負傷のため戦線離脱が続いているが、今後は7月末に開幕するベルギー・リーグの開幕に向けて、調整を続けていくことになる。今夏の鹿島では、安西幸輝(→ポルティモネンセ)、安部裕葵(→バルセロナB)に続く3人目の旅立ちだ。

     鈴木は鹿島の公式サイトに以下のコメントを寄せている。

    「この度、シントトロイデンVVに移籍することになりました。シーズン中の移籍になりますが、自分の年齢を考えるとラストチャンスになると思い、挑戦を決断しました。

     ここ何年かは、海外でやりたい気持ちと鹿島でやりたい気持ちが入り混じっていました。同世代の海外で活躍している選手たちを見て、何をしているんだろうと思う時もありました。でも、今は鹿島で今日まで続けてきて良かったと、はっきり言えます。

     自分に携わってくれた方々のおかげで、人としても選手としても成長できました。必ず、ヨーロッパに行ってもっともっと成長した姿をみんなに見せます!最後に、僕にとってこのクラブは特別であり、ホームです。どこにいようが、このクラブは僕の心の中にあり続けます。小学生から17年間、ありがとうございました。行ってきます」 

    7/15(月) 17:42 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00061473-sdigestw-socc 
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/15(月) 17:58:26.13
     no title

     
    FC東京からレアル・マドリーに移籍した久保建英は現在、トップチームに混じってカナダのモントリオールでのプレシーズンキャンプに参加している。

     ミニゲームでゴラッソを連発するなど躍動し、スター軍団のなかでその存在感は日に日に高まっている。

     そんななか、マドリーの公式ホームページにアップされたミニインタビューでは、憧れの存在であるベルギー代表FWエデン・アザールと絶妙の掛け合いを披露。チームに溶け込んでいる様子をうかがわせた。

     そのインタビューの冒頭には、近くを歩いていたアルバロ・オドリオソラに、インタビュアーが久保の印象を訊ねるシーンも収められている。
     
     23歳のスペイン代表DFは、「いい選手だよ。とても素晴らしい。大物になるよ」とベタ褒め。久保の背中をポンと叩いて、その場を立ち去っている。

     17-18シーズンにレアル・ソシエダでブレイクし、昨年開催されたロシア・ワールドカップのメンバー入りも果たした攻撃的右SBも、日本の若武者に好印象を持っているようだ。

     マドリーは、キャンプ終了後、現地時間7月20日にバイエルン・ミュンヘン、同23日にアーセナル、そして同26日にアトレティコ・マドリーとプレシーズンマッチを戦う。久保がいつ実戦デビューを果たすのか。注目は高まるばかりだ。

    7月15日(月) 13:16 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00061468-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/15(月) 14:38:22.70
    no title


    確定
    久保→レアルマドリー
    安部→バルセロナ
    中島→ポルト
    柴崎→ディポルティボ
    奥川→ザルツブルク
    冨安→ボローニャ
    鎌田→フランクフルト
    安西→ポルティモネンセ
    鈴木→シントトロイデン
    菅原→AZ
    シュミット→シントトロイデン
    天野→ロケロン
    中村→トゥエンテ

    移籍の噂
    乾、浅野、岡崎、川島、香川、原口、久保裕也、酒井、堂安、遠藤

    残留
    武藤(ニューカッスル)吉田(サウサンプトン)昌子(トゥールーズ)長谷部(フランクフルト)伊藤(HSV)宮市(ザンクトパウリ)長友(ガラタサライ)

    続きを読む

    このページのトップヘ