国内サッカー

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/22(木) 00:59:03.44 _USER9
    [6.21 天皇杯2回戦 札幌2-5いわきFC 札幌厚別]

     天皇杯の2回戦が21日に行われた。札幌厚別公園競技場ではいわきFC(福島県1部)がJ1の北海道コンサドーレ札幌を延長戦の末に5-2で勝利した。7月12日に行う3回戦は清水エスパルスとの対戦になる。

     今季は5年ぶりにJ1を戦う札幌だが、リーグ戦は苦戦。現在5連敗中で降格圏手前の15位と厳しい戦いが続いている。リーグ戦の合間の天皇杯はメンバーを大幅に変更。17日の鹿島戦からDF福森晃斗以外の10人を変更。MF小野伸二や若手選手がスタメンに並んだ。

     一方の福島県社会人リーグ1部(7部相当)のいわきFCは、県予選決勝でJ3の福島ユナイテッドFCを撃破。株式会社ドーム(アンダーアーマー、DNS)の全面サポートを受けて成長を続ける強化2年目の新興クラブが、J1に挑戦した。怪我から復帰したDF山崎海秀が先発するなど、現状のベストメンバーが組まれた。

     試合開始直前に降り出した雨も徐々に強さを増して行き、選手たちの戦いを難しくさせた。ただやはりと言うべきか、ボールを保持して試合を進めたのは札幌だった。しかし前半8分の小野のFKからMF菅大輝が狙ったミドルシュートはGK坂田大樹の好セーブに阻まれる。同33分には小野のCKを上原がヘディングで合わせたが、MF植田裕史にライン上でかき出された。

     いわきFC側から見れば、我慢の展開になった。時折カウンターからチャンスを作るものの、前半11分のFW平岡将豪のシュートが大きく枠外に外れるなど、精度を欠いてしまう。終了間際のアディショナルタイム2分にはCKから平岡がヘッド、そして跳ね返りを山崎が強烈シュートで押し込むが、ゴールネットを揺らすことは出来なかった。

     後半開始から両チームが動きを見せる。札幌は小野に代えてFW金園英学、いわきは前半動きの悪かったFW吉田知樹を下げてFW小野瀬恵亮を投入。さらにいわきは同10分にFW高柳昂平を下げてFW菊池将太をピッチに送り込む。両チームが前線の構成を変えて、勝負の後半に臨んだ。

     しかしスコアはなかなか動かない。札幌は後半25分、浮き球パスでDFの裏に抜けた金園がゴールネットを揺らしたが、わずかにオフサイド。札幌が押し込みながらも、いわきのゴールを割れない展開で試合は進む。すると同31分、左サイドからボールを持ち込んだいわきFCは、MF金大生のシュートがオウンゴールを誘発。ついに均衡を破った。

     ただ一度動きを見せた試合はここからすごい展開になる。意地を見せたい札幌は後半38分の内村のヘッドはGKの好セーブに阻まれたが、同45分、ゴール前の混戦をヘイスが押し込み同点に追いつく。しかし同アディショナルタイム4分、今度はいわきがFKから金が押し込んで勝ち越しに成功。勝負は決したかと思われたが、札幌が直後のプレー、ラストプレーでヘイスがこの日2点目を決めて追いつき、延長戦にもつれ込ませた。

     体力勝負となった死闘。しかしこの展開は、日本のフィジカルスタンダードを変えることをチームコンセプトに掲げるいわきFCにとってはお手の物だった。延長前半8分、クロスボールからエリア内で札幌の選手のハンドを誘発。これで獲得したPKを平岡が豪快に蹴り込み、3度目のリードを奪う。直後の菊池のシュートはわずかに左に外れたが、J1の札幌を押し込み続けた。

     さらに延長後半9分、いわきFCはカウンターからボールを持ち込むと、菊池が左足でループシュートを決めて勝利を決定づける。同15分には小野瀬がダメのダメを押す得点を記録。世界的に見ても例を見ない独創的な強化を進める強化2年目のいわきFCが、J1相手に驚異の5得点を記録して、3回戦進出を決めた。3回戦の相手な清水エスパルスとなる。

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?219381-219381-fl

    JFA公式
    http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/match_page/m27.html

    トーナメント表
    no title
     
      
     

    【【天皇杯】7部相当いわきFCの快進撃はまだまだ続く!J1札幌相手に驚異の5発】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/21(水) 17:09:05.19 _USER9

    20170621-01641089-gekisaka-000-1-view[1]

    JFLのFC大阪は21日、天皇杯2回戦で横浜F・マリノスとニッパツ三ツ沢球技場で対戦する予定となってるが、横浜方面に向かう新幹線が大雨の影響で一時運転見合わせとなっていたようだ。クラブが公式ツイッター(@fcosaka_staff)で報告している。

     FC大阪は同日の10時52分に「本日の試合、天皇杯2回戦 vs横浜F・マリノス戦に向けチームは新幹線で横浜へ」とツイート。しかし、それから約1時間半後の12時30分に「三河安城で運行待ち。早くの運行再開を願うのみ」と、愛知県内で足止めとなっていることを明かした。

     その後、15時16分に「運転再開しました」と投稿し、16時42分には「新横浜に到着。これからニッパツに向かいます」と、無事に着いたことを報告。思わぬトラブルに見舞われたが、試合開始には間に合うようだ。

     JR東海の発表によると、東海道新幹線(東京~新大阪)が大雨により、新富士駅~掛川駅間で運転を一時見合わせ。15時に運転を再開したが、上下線の一部の列車に運休や遅れが発生している。

    FC大阪の試合日程は以下の通り

    【2回戦】
    6月21日(水)
    横浜FM 19:00 FC大阪 [ニッパツ]

    6/21(水) 16:56配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01641089-gekisaka-socc


    【天皇杯 展望】大物食いの予感も?! 好調の関東大学リーグ勢がJクラブと激突!
    天皇杯2回戦の組み合わせは以下の通り。
     
    サンフレッチェ広島 – 鹿児島ユナイテッドFC 18:00/福山
    北海道コンサドーレ札幌 – いわきFC 19:00/札幌厚別
    ベガルタ仙台 – 筑波大 19:00/ユアスタ
    モンテディオ山形 – V・ファーレン長崎 19:00/NDスタ
    鹿島アントラーズ – FCマルヤス岡崎 19:00/カシマ
    水戸ホーリーホック - ロアッソ熊本 19:00/Ksスタ
    アルビレックス新潟 – バンディオンセ加古川 19:00/デンカS
    浦和レッズ – グルージャ盛岡 19:00/浦和駒場
    大宮アルディージャ – tonan前橋 19:00/NACK
    ジェフ千葉 - 東京ヴェルディ 19:00/フクアリ
    柏レイソル – ブリオベッカ浦安 19:00/柏
    FC東京 – AC長野パルセイロ 19:00/味スタ
    FC町田ゼルビア – 大分トリニータ 19:00/町田
    川崎フロンターレ -  栃木ウーヴァFC 19:00/等々力
    横浜F・マリノス – FC大阪 19:00/ニッパツ
    湘南ベルマーレ – 国士舘大 19:00/BMWス
    ヴァンフォーレ甲府 - ヴァンラーレ八戸 19:00/中銀スタ
    松本山雅FC – MD長崎 19:00/松本
    ツエーゲン金沢 - 横浜FC 19:00/石川西部
    清水エスパルス – ギラヴァンツ北九州 19:00/アイスタ
    ジュビロ磐田 – Honda FC 19:00/ヤマハ
    名古屋グランパス – SR広島 19:00/パロ瑞穂
    京都サンガF.C. – アスルクラロ沼津 19:00/西京極
    ガンバ大阪 – ヴェルスパ大分 19:00/吹田S
    セレッソ大阪 - 新潟医療福祉大 19:00/金鳥スタ
    ヴィッセル神戸 – カターレ富山 19:00/神戸ユ
    ファジアーノ岡山 – FC今治 19:00/Cスタ
    レノファ山口 - ザスパクサツ群馬 19:00/維新公園
    徳島ヴォルティス – FC岐阜 19:00/鳴門大塚
    愛媛FC – カマタマーレ讃岐 19:00/ニンスタ
    アビスパ福岡 - 宮崎産業経営大 19:00/レベスタ
    サガン鳥栖 - 松江シティFC 19:00/ベアスタ

    サッカーダイジェスト 6/21(水) 16:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00027037-sdigestw-socc

    【大雨が天皇杯にも影響…横浜FMと対戦のFC大阪、新幹線が一時運転を見合わせ】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/20(火) 12:29:02.66 _USER9
    [6.19 東北高校選手権決勝 青森山田高 3-0 尚志高 岩手県営運動公園陸上競技場]

    ビックリコンバートだった。青森山田高の元U-16日本代表候補FW三国ケネディエブスが6月15日から19日にかけて行われた東北高校サッカー選手権大会においてCBへと本格的に転向。
    大会初戦でDFとして公式戦初先発を果たすと、決勝までの4試合をCBとして戦い抜いた。

    これまでも相手のパワープレー対応などで試合終盤にストッパーとして入ることはあった。
    192cmの長身は“防空要員”として十分に計算できるからだ。高円宮杯プレミアリーグEASTの市立船橋高戦などで実際にそうした起用もあった。

    だが、試合終盤にスポットでCBに入るのと、スタートからCBとして入るのではまったく違う。三国も「最初は難しかった」と笑うが、
    この驚きのコンバートは監督命令というわけではない。「自分から言いに行った」結果だった。

    言いに行ったのは春休みの遠征の途上だった。「このままFWをやっていてもプロになれないと思ったし、何かを変えたかったんです」と言う。
    黒田剛監督を始めとする首脳陣の回答は「そこまで言うなら、やってみろ」。春からCBとしてのトレーニングが始まった。

    CBは小学校3年生くらいまでやっていた記憶があると言うものの、戦術的な対応を含めたCBとしての動きは「完全な素人」(正木コーチ)。
    DF小山内慎一郎主将にCBの心得を聞きに行ったり、OBの日本高校選抜DF橋本恭輔(現新潟医療福祉大)にも、電話でディフェンスラインのアップダウンのタイミングなど動き方について質問攻めにしたと言う。
    「本気でDFとしてやるつもり」と言うように、一つの手本と観たボアテングの動画を何度も観るなど個人的な努力も続けてきた。

    迎えた東北大会は「DF三国ケネディエブス」が公式戦で起用できるレベルなのかが問われる戦いだった。「前に跳ね返すヘディングのほうが得意」という武器は最終ラインで確かに生きて、
    準決勝までの3試合は「インターセプトも結構上手くいった」(三国)という手ごたえのあるプレーを見せた。

    ただ、決勝の尚志は小さな選手がドリブル勝負を挑んでくるような展開が多く、苦戦を強いられるシーンも目立った。
    また正木コーチが「行くところと行かないところの判断」を課題に挙げたように、不用意に飛び込んでピンチを招くシーンもあった。

    それでも、全体としてはDFとしての“可能性”も十分に感じる内容だった。長身に加えてリーチの長さは確かな武器で、ゴール前でも足を伸ばしてシュートブロックに対応できる点は確かな強みだ。

    判断に加え、後方からのビルドアップも課題だが、「ロングキックは新しい蹴り方を練習している」と言うように、こちらも修行中。
    昨年は夏に右足半月板を負傷して長期離脱を余儀なくされ、高校サッカー選手権も応援に回らざるを得ず、「悔しかったし、うらやましかった」という悔恨を残した。
    それだけにリベンジを誓った今季、出場機会が限定される現状を打破するために、DFへの転向を望んだ。

    もちろん、DFだからポジション奪取が簡単だとは思っていない。むしろCBの難しさを実感する中で、小山内や蓑田広大の両CBの壁の高さも分かってきた。
    だがそれでも、「今年中に二人を食ってポジションを奪う」という目標は外さない。AチームではFW兼用CBとなりそうだが、正木コーチは「駆け引きのところが課題だったので、
    CBの心理を知ることがFWでのプレーにも生きてくる可能性はある」と別の期待も込めながら、三国ケネディエブスの進化を待ちたい考えだ。

    「192cmの体は教えて伸ばせるものではないし、身体能力も持っている。日本サッカーの宝になり得る選手」(正木コーチ)であることは間違いない。
    DFとしてのタレントがあるかは未知数のところもあるが、本人が自ら望んだチャレンジである。青森山田にとっても、この男の成長は今後の大きなカギとなりそうだ。

    6/20(火) 12:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-01641058-gekisaka-socc

    写真
    no title

    【青森山田、怪物FWがDFに?CBへ大胆コンバート! 「本気でDFとしてやるつもり」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/24(水) 09:16:36.02 _USER9

    20170523-01640048-gekisaka-000-2-view[1]


    [5.21 全国高校総体東京都予選1次予選2回戦 日大豊山高 3-11 國學院久我山高 駒沢第2]

    個々が絶妙なポジションを取りながら速いテンポで正確にボールを動かし、ゴールに結びつける國學院久我山高。
    その中で異質なFWがこの日は存在感を発揮し、2得点を叩き出した。

    FW北澤快(3年)は昨年4月、東京Vユースから通っていた國學院久我山のサッカー部に転籍。
    当初は東京Vユースと國學院久我山のテンポの違いに戸惑ったというが、今年はチームのパスワークの中でより個性を発揮することができるようになっている。

    トップ下で先発したこの日は1-0の前半20分に左サイドでボールを受けると、右足のコントロールショットを決めて1点目。
    國學院久我山の清水恭孝監督もボール扱いについては歴代の久我山の選手の中でも上位にあると認める力の持ち主は、後半2分にスルーパスを引き出して2点目のゴールを奪った。

    後半は得意の左サイドで突破力を見せるなど、圧巻の11発大勝に貢献。
    だが、「自分はドリブル得意なんですけど、パスに頼らなくて自分で行けるところがもっとあったかなと思います。
    ちょっと暑さにもやられて自分の良いところを出せなかった」と首を振ったほか、プレッシングの部分でも緩さがあったことを反省していた。

    ボールスキルの高さに加えて、身についてきたことを実感している当たりの強さ。五分の競り合いで相手選手がバランスを崩しているようなシーンも何度か見られた。
    元日本代表の名MF北澤豪氏を父に持つサラブレットは、今年飛躍する可能性も十分にあるタレントだ。

    清水監督は良い意味でも悪い意味でも「天真爛漫さ」の持ち主であることを口にしていたが、本人は「調子に乗っちゃうタイプなので。
    何プレーかいいプレー続いちゃうと、自分でちょっと持っちゃってチームのリズム崩しちゃったりしている。
    しっかり判断してやっていかないといけない」とより状況に応じたプレーを意識していくことを誓っている。

    偉大な父からの金言も素直に受け止めている。
    「この前の実践(学園、関東大会予選準決勝)との試合とか、その前の暁星の試合とか自分の良さを出せていなかったり、自分のところで詰まっちゃったりすることを凄く言われていて。
    『気持ちが見えていない』とも言われています。(父が武器としていた部分が欠けていること)それは、監督からもよく言われますね」。
    無尽蔵のスタミナと闘争心で走り回り、“日本のダイナモ”と呼ばれた父の武器だった部分もより求めて抜きん出た存在になる。

    今年の目標は残り3つの東京タイトルを全て獲得すること。
    そして将来については「大学でもっと経験重ねてからプロを目指したい」と考えているという。
    選手層の厚い國學院久我山の中で自分を確立して、結果を残して、目標に前進する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-01640048-gekisaka-socc
    ゲキサカ 5/23(火) 23:04配信 
      

    【2発!國學院久我山、北澤快は抜群のボールスキル、強さに偉大な父の武器も加えてさらなる結果を】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/10(水) 23:46:22.46 _USER9

    w229_h172_58776ecd-a8f0-4f2d-8f60-7365d3093d95[1]


     日本サッカー協会(JFA)は10日、同日にオマーンサッカー協会とパートナーシップ協定を締結したことを発表した。協定期間は調印日である2017年5月10日からの4年間。この協定締結により、今後さらに両者の関係を強固にし、両国のサッカー発展のため、積極的に相互協力を図っていくとしている。

    以下、現在JFAがパートナーシップ協定を締結している連盟・協会

    ■アジア
    香港
    モンゴル
    シンガポール
    タイ
    ベトナム
    インド
    イラン
    UAE
    ヨルダン

    ■ヨーロッパ
    イングランド
    スペイン
    デンマーク
    ドイツ
    フランス

    ゲキサカ 5/10(水)  
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-01639576-gekisaka-socc

    【日本がオマーンとパートナーシップ協定締結!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/08(月) 11:40:07.17 _USER9

    20170508-00084315-playboyz-000-2-view[2]


    W杯最終予選を戦うA代表、U-20W杯が間近に迫ったU-20代表、そしてJリーグと、日本サッカーの各カテゴリーで“久保”が存在感を発揮している。

    いずれもFWである各選手への期待を、これまた元日本代表の名ストライカー、久保竜彦さん(40歳)に聞いた。

    現役時代はいつも「ん~、あんまわかんないっす」といった調子で極端に口数が少なく、インタビュアー泣かせで有名だった“ドラゴン”がたくさん喋ってくれたぞ!(笑) 

    ■「解説の仕事はすぐにシーンとなる(笑)」

    ―早速ですが、いま久保さんは何をされているんですか? 2011年までは金沢(当時JFL、現J2)でプレーされていたようですが。

    久保 金沢を退団した後もチームを探していたんですけど、なかなか見つからなくて。その後はしばらく、広島の廿日市(はつかいち)市で小中学生のコーチをやっていました。でも、13年に広島時代の先輩が広島県社会人リーグの廿日市FC(現中国リーグ)で現役復帰するというので、俺も一緒にやることになったんです。それから昨季まで選手登録をしていましたが、実際にプレーしたのは一昨季までです。

    ―それからは何を?

    久保 教えるほうですね。広島県内の知り合いのチームを中心に、幼稚園を含めちょくちょく顔を出しています。

    ―大変失礼ながら、現役時代の久保さんの印象からすると、指導者というのはイメージしにくいのですが…。

    久保 面白いですよ。自分の経験でもサッカーをやっていて一番楽しかったのは小学生の頃ですし。子供って何考えてるかわからないじゃないですか(笑)。

    ―将来的にはJリーグの監督になりたいとか?

    久保 いや、うまいこと喋れないし、免許(S級ライセンス)もない。興味ないっすね(笑)。環境があるなら、子供がやっていて楽しい練習を考えていたいです。

    ―久保さんといえば、極端に口数が少なく“取材者泣かせ”の選手として有名でした。現役時代はあまり取材も受けていなかったと思います。正直、今日も広島に来るまで本当に話が聞けるのか不安でした(笑)。

    久保 現役の時はサッカーのことしか考えてなかったし、外からギャーギャー言われて、いちいちそれに答えるのも面倒じゃないですか。まして試合後の取材なんて、腹減ってるし、早く(お酒を)飲みたいし。他のことを考えたくなかったんですよ。

    ―そういう素っ気ない取材対応について、奥さんに何か言われなかったんですか?

    久保 「アホやないか」って笑ってました(笑)。

    ―若い頃からお酒好きで知られていましたね。

    久保 試合の後は飲まないと眠れんかったから飲んでましたけど、そんなに飲めないですよ。お酒ってヒマ潰しになるし、気持ちよくなれるじゃないですか。最近は飲まない選手が多いけど、試合の後とか何してんのかな(笑)。試合で負けてイライラしても、飲まないで平気なんすかね?

    ―解説の仕事とかはやらないんですか?

    久保 何回かやりましたけど…すぐにシーンとなっちゃって(笑)。

    ―何か話さなきゃダメじゃないですか!(笑)

    久保 いや、自分は何も考えてないけん。タダで試合が見れるけんいいかなと思ったんですけど…。試合中は「ワー!」とか「オー!」とか言ってるだけで、試合後の監督インタビューも「感想は何かありますか?」しか言えませんでした。それ以来、仕事の話が来ないから…ダメだったってことですかね(笑)。

    つづく

    週プレNEWS 5/8(月) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170508-00084315-playboyz-socc

    【引退したドラゴン・久保が語るサッカー界の“久保ブーム”】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/30(日) 11:40:51.05 _USER9

    20170430s00002000215000p_view[1]


    韓国で行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で
    サポーターが旭日旗を掲げたJ1川崎Fの処分をアジア・サッカー連盟(AFC)が検討している件で、

    日本協会の田嶋幸三会長は29日、熊本地震復興支援試合が行われたモナコで取材に応じ
    「われわれは旭日旗に政治的なもの(意図)はないと思っている」との見解を示した。

    AFCが差別的行為と捉えていることに対し、田嶋会長は
    「2012年のU―20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)の時にも問題になって、
    AFCに対してもFIFA(国際サッカー連盟)に対しても、ずっと言い続けていること」と主張。

    その上で「文部科学省やスポーツ庁、
    外務省ともしっかり話をしていかなければならないこと」と述べた。(共同)

    2017年4月30日 10:44
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/04/30/kiji/20170430s00002181188000c.html 
      

    【旭日旗問題に言及!日本サッカー協会の田嶋幸三会長「政治的なものはない」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/29(土) 12:54:12.80 _USER9NIKU

    20170429-00581610-soccerk-000-1-view[1]


    政府は29日に春の叙勲受章者を発表し、サッカー解説者のセルジオ越後氏が「旭日双光章」に選出された。

    叙勲は長年にわたり公共や社会に功労があった70歳以上の方に与えられる勲章で、セルジオ氏は、功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた人に与えられる旭日章を受章することとなった。

    今年は日本人が4080人、外国人が105人、計4185人が叙勲を受章。「桐花大綬章」には、元総理大臣の森喜朗氏が選ばれた。

    SOCCER KING 4/29(土) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00581610-soccerk-socc 
      

    【セルジオ越後氏、「旭日双光章」を受章!長年にわたり功労があった方に与えられる勲章 】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/23(日) 21:55:53.01 _USER9

    20170423-01639050-gekisaka-000-2-view[1]


    第97回天皇杯全日本サッカー選手権は23日に1回戦2日目が行われ、2回戦の組み合わせが決定した。

    6月21日に開催される2回戦からJ1、J2クラブが登場。前回王者の鹿島アントラーズは愛知県代表のFCマルヤス岡崎、
    浦和レッズはJ3グルージャ盛岡、ガンバ大阪は大分代表のヴェルスパ大分、川崎フロンターレは栃木代表の栃木ウーヴァFCとそれぞれ対戦する。

    また、1回戦を勝ち抜いた大学は4校となっており、国士舘大はJ2湘南ベルマーレ、筑波大はJ1ベガルタ仙台、
    宮崎産業経営大はJ2アビスパ福岡、新潟医療福祉大はJ1セレッソ大阪とそれぞれJクラブと激突する。

     以下、2回戦組み合わせ

    6月21日(水)
    広島 18:00 鹿児島 [福山]
    鹿島 19:00 FCマルヤス岡崎 [カシマ]
    山形 19:00 長崎 [NDスタ]
    札幌 19:00 いわきFC [札幌厚別]
    清水 19:00 北九州 [アイスタ]
    柏 19:00 ブリオベッカ浦安 [柏]
    町田 19:00 大分 [町田]
    FC東京 19:00 長野 [味スタ]
    岡山 19:00 FC今治 [Cスタ]
    G大阪 19:00 ヴェルスパ大分 [吹田S]
    千葉 19:00 東京V [フクアリ]
    磐田 19:00 Honda FC [ヤマハ]
    湘南 19:00 国士舘大 [BMWス]
    大宮 19:00 tonan前橋 [NACK]
    愛媛 19:00 讃岐 [ニンスタ]
    仙台 19:00 筑波大 [ユアスタ]
    福岡 19:00 宮崎産業経営大 [レベスタ]
    浦和 19:00 盛岡 [浦和駒場]
    水戸 19:00 熊本 [Ksスタ]
    新潟 19:00 バンディオンセ加古川 [デンカS]
    C大阪 19:00 新潟医療福祉大 [金鳥スタ]
    神戸 19:00 富山 [神戸ユ]
    金沢 19:00 横浜FC [石川西部]
    横浜FM 19:00 FC大阪 [ニッパツ]
    京都 19:00 沼津 [西京極]
    川崎F 19:00 栃木ウーヴァFC [等々力]
    山口 19:00 群馬 [維新公園]
    甲府 19:00 ヴァンラーレ八戸 [中銀スタ]
    名古屋 19:00 SRC広島 [パロ瑞穂]
    徳島 19:00 岐阜 [鳴門大塚]
    鳥栖 19:00 松江シティFC [ベアスタ]
    松本 19:00 MD長崎 [松本]

    ゲキサカ 4/23(日) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01639050-gekisaka-socc 
     

    【【天皇杯】2回戦の組み合わせが決定!6月21日に開催される2回戦からJ1、J2クラブが登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ