国内サッカー

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/19(火) 13:10:25.88 _USER9


    20170918-01644212-gekisaka-000-1-view[1]

    9/18(月) 14:20配信

    1000円を来場者全員に“進呈”…優勝かかる東海1部・鈴鹿アンリミテッドFCが異例の企画

     東海社会人リーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCは18日、今月24日に行われるホームFC刈谷戦で、来場者全員に現金1000円を“進呈”する『秋の現金祭り』を実施すると発表した。勝利か引き分けで3年ぶりのリーグ優勝が決まる一戦を前に、異例の企画に打って出た。

     現在、同リーグの試合は無料開催となっており、当日も入場無料。入場時に現金1000円とアンケート用紙を受け取り、試合の満足度に応じて、観戦後にお金とアンケート用紙を出すというシステムとなっている。入場者の手にスタンプを押すことで、重複入場を防ぐという。

     現金を受け取れるのは20歳以上の大人のみで、アウェーサポーターも受け取り可。子供にはお菓子類がプレゼントされる。

     クラブは公式サイトを通じて企画の意図を示しており、Jリーグへの参入を意識したものであると説明。JFL参入後は有料試合を主催することになり、Jリーグへ加盟するためにはJFLでの平均観客数の基準があるため、現在の「試合の価値を計る」ことが必要になるという。

     2試合を残す鈴鹿は現在、勝ち点31で首位に立っている。2位の刈谷は勝ち点30で追うが、残り試合が1試合となっているため、直接対決で鈴鹿が勝つか引き分けるかで、3年ぶり3度目のリーグ優勝が決まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-01644212-gekisaka-socc

    【1000円を来場者全員に“進呈”…優勝かかる鈴鹿が異例の企画!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/09/03(日) 14:41:02.75 _USER9

    20170903-00010000-goal-000-4-view[1]

    シャビ、スペイン代表でデル・ボスケに覚えた失望を明かす「彼は僕を裏切った」

    アル・サッドMFシャビ・エルナンデスが、ビセンテ・デル・ボスケ前スペイン代表監督に失望を覚えていたことを告白した。

    2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)を最後に、スペイン代表からの引退したシャビ。同代表の黄金時代の礎ともされた同選手だが、その黄金時代の終焉ともされたブラジルW杯では、当時の指揮官であったデル・ボスケ監督に対して複雑な思いを抱えたという。

    元バルセロナMFは、スペイン『マルカ』に対して次のようにコメントしている。

    「(スペイン代表が優勝した)EURO2012の時点でも、僕に対する批判はあった。決勝前、僕はプレーの中でもっと重要な役割を担いたいと口にして、デル・ボスケにはもう代表を後にすると伝えた。だけど、あのイタリアとの決勝は、僕のキャリアの中でも最高の一試合となった。そうしてビセンテは、僕に考えを改めて代表に残るよう求めてきたんだ」

    「そしてW杯で、僕たちは初戦を落とした。僕は最悪なプレーを見せた選手に含まれなかったが、次のチリ戦でビセンテは僕をベンチに置いやった。自分が(ベンチスタートとなることを)知ったのは、試合前のミーティングの最後の1秒だった。僕は騙されたように感じたよ。本当に、強烈な失望だった」

    「その次のオーストラリア戦で彼は僕を起用することを望んだが、僕からはプレーできる状態にないと告白した。デル・ボスケは素晴らしい人間で、気の良い人だ。僕は敬ってはいるが、彼は自分を裏切ったんだよ」

    一方で、ともにEURO2008優勝を成し遂げた故ルイス・アラゴネス氏については、次のように語った。

    「彼は僕のキャリアを変えた人だ。当時の僕はバルサで重要な存在だったが、鍵を握るほどではなかった。でも、彼は最初から僕をリーダーと呼んだ。その背中はとても大きくて、もし僕がミスをしたら、彼のミスとなった。あの人こそ、グループをまとめるマエストロだった」

    「彼は僕に対してこう言ったんだ。『(スペイン代表のイレブンは)あなたと、誰であってもいい10人の日本人だ。あなたがいさえすれば、私は落ち着いていられる。あなたは役場の仕事をする立場にはない』とね」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00010000-goal-socc

    【下手くその代名詞にされてしまう日本人・・「スペイン代表は、シャビと誰でもいい10人の日本人」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/18(金)18:29:56
    Jリーグのチームはどこも同じサッカーをしていると外国人の選手や指導者によく指摘される
    代表選手もプロ選手も監督もアマチュアの指導者も、みんなパスサッカーが1番正しいと思い込んでる
    CWCでレアルと試合した鹿島の石井監督は、「相手がレアルではなくバルセロナだったら戦う前から試合は決まっていた」などと言い出す始末
    これではいつまでたっても日本サッカーは発展しないよ
    実はJリーグがヨーロッパに1番劣っているのは、選手の力量ではなく戦術だと言われている

    【日本サッカーの問題は、パスサッカーが絶対正しいと思ってること】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/12(土) 18:13:06.41 0
    2017年 高校サッカーインターハイ

    一回戦
    2017.07.29 日大藤沢(神奈川) 1 - 0 一条(奈良)
    二回戦
    2017.07.30 日大藤沢(神奈川) 2 - 1 昌平(埼玉)
    三回戦
    2017.07.31 日大藤沢(神奈川) 2 - 0 帝京三(山梨)
    準々決勝
    2017.08.02 日大藤沢(神奈川) 2 - 1 旭川実(北海道)
    準決勝
    2017.08.03 日大藤沢(神奈川) 1 - 1 市立船橋(千葉)
    決勝
    2017.08.04 日大藤沢(神奈川) 0 - 1 流通経済大柏(千葉)

    【甲子園よりサッカーインターハイの方が過密日程による生徒虐待が酷い件wwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/10(木) 15:02:08.84 _USER9
    写真
    no title


    Jリーグ規格を満たすサッカースタジアムが、東京の中心から消えて久しくなりました。サッカー日本代表の試合はさいたまスタジアム2002(埼玉県)か、横浜国際総合競技場(神奈川県)で行なわれることが多く、首都・東京にはスタジアムが存在しない状態です。サッカー日本代表の人気は大きい中、なぜこのような状況になってしまったのでしょうか? 一級建築士・mataroviolaさんが歴史を紐解きます。(文:mataroviola)


    「サッカーを見るなら、サッカースタジアムがいい」。そんな意見は、最近珍しくない。陸上トラックがなく、ゴールラインもタッチラインも近い。選手の声やボールを蹴る音が聞こえる高い臨場感、高揚感。観客席に360度屋根がかかっているなら、ひいきチームを応援する声は2、3倍にも増幅して響く。サッカースタジアムの素晴らしさについては、改めて語るまでもない。

    特に、首都にサッカースタジアムがあれば……代表チームは超満員のスタジアムで国の威信と応援を背に最高のプレーを見せるだろう。首都のサッカークラブがあれば、その動員力も桁違いになり、ビッグクラブの有名選手のプレーがサポーターを魅了するだろう。

    サッカーの聖地イギリス・ロンドンのウェンブリースタジアム、スペイン・マドリードのサンチャゴベルナベウなど、欧州の主要な国のみならず、アジアでもFCソウルは2002の日韓ワールドカップにあわせて建設されたキャパシティ66,000のソウルワールドカップ競技場を持っているし、シンガポールも2014年にキャパシティ55,000のナショナルスタジアムを建設した。こけら落としでの日本-ブラジル戦は記憶に新しい。

    しかし2017年8月現在、日本の首都・東京の中心である23区内に、Jリーグ規格を満たすサッカースタジアムはない。正確には西が丘サッカー場が存在するが、「Jリーグ規格を満たし」「国際Aマッチ基準を満たし」「首都を代表する」という水準では存在しない。日本の首都である東京の中心から、なぜサッカースタジアムは消えてしまったのか? その歴史をひも解いてみたい。

    ■Jリーグ以前の、東京のスタジアム史

    写真
    no title


    欧州や南米と違い、Jリーグ以前はサッカーの地位が相対的に低かった。そのこともあり、歴史あるスタジアムはほとんどが陸上競技兼用だ。中でも、長い間「聖地」のステータスを保っていたのが、現在改修中である旧国立競技場だ。

    数々の日韓戦、辛酸をなめ続けたワールドカップ予選、名勝負も多く生まれた天皇杯決勝、その舞台は常に旧国立競技場であった。ただ、美しいフォルムをもつナショナルスタジアムも陸上トラックを間に挟んでおり、こと「サッカー観戦」という意味においてはお世辞にも臨場感があったとは言い難い。

    東京都内のサッカースタジアムで抜群の臨場感があるものといえば、西が丘サッカー場(味の素フィールド西が丘)だろう。1972年に作られたキャパシティ7,000人余りの競技場だが、圧倒的な臨場感があり、根強いファンが多い。天皇杯の予選や東京の国体、そしてJリーグ創設期には公式戦も行なわれていた。だが現在はJリーグのスタジアム基準に達していないこともあり、日本クラブユースサッカー選手権やプレナスなでしこリーグ、JFLなどの開催が主な用途となっている。周囲の空地の少なさを考えても、このスタジアムをJリーグ基準や国際Aマッチの基準までに増設することは難しい。

    国立競技場とおなじく1964の東京オリンピックに合わせて建設された駒沢公園陸上競技場も、数々の記憶が残るスタジアムだ。だが、やはり陸上競技場である。周囲の空地面積を考えると、サッカースタジアム化は考えられなくもないが、国立病院が隣接している現状を考えるとかなりの難関だ。

    つづく

    8/10(木) 11:50配信 Victory
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00010002-victory-socc

    【なぜ東京の中心から、サッカースタジアムは消えたのか?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/09(水) 14:23:08.82 _USER9

    no title

    日本サッカー協会(JFA)は9日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)のマッチスケジュールを発表した。
    ラウンド16は全8試合が9月20日に開催される。7日に行われた組み合わせ抽選会で、すでに対戦カードは決定。今回は試合会場とキックオフ時刻が発表された。

    前回大会の王者・鹿島アントラーズは、浦和レッズと対戦。浦和のホーム扱いとなる一戦、会場は熊谷スポーツ文化公園陸上競技場に決まった。
    また茨城県代表として出場してベガルタ仙台やアビスパ福岡を破った筑波大学は、大宮アルディージャと対戦。会場は茨城県立カシマサッカースタジアムとなった。

    ラウンド16(4回戦)の対戦カードと試合会場は以下のとおり(MNはマッチナンバー)。全8試合が9月20日の19時キックオフと発表されている。

    ▼MN73
    松本山雅FC(J2) vs ヴィッセル神戸(J1)
    (松本平広域公園総合球技場アルウィン)

    ▼MN74
    浦和レッズ(J1) vs 鹿島アントラーズ(J1)
    (熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

    ▼MN75
    セレッソ大阪(J1) vs 名古屋グランパス(J2)
    (パロマ瑞穂スタジアム)

    ▼MN76
    筑波大学(茨城県代表) vs 大宮アルディージャ(J1)
    (茨城県立カシマサッカースタジアム)

    ▼MN77
    横浜F・マリノス(J1) vs サンフレッチェ広島(J1)
    (ニッパツ三ツ沢球技場)

    ▼MN78
    AC長野パルセイロ(長野県代表) vs ジュビロ磐田(J1)
    (長野Uスタジアム)

    ▼MN79
    川崎フロンターレ(J1) vs 清水エスパルス(J1)
    (等々力陸上競技場)

    ▼MN80
    ガンバ大阪(J1) vs 柏レイソル(J1)
    (市立吹田サッカースタジアム)

     なお、4回戦は9月20日、準々決勝は10月25日、準決勝が12月23日に行われる予定となっている。そして決勝は2018年1月1日、埼玉スタジアム2002で開催される。

     準々決勝の対戦カードは以下のとおり。

    MN73(松本 vs 神戸)の勝者 vs MN74(浦和 vs 鹿島)の勝者
    MN75(C大阪 vs 名古屋)の勝者 vs MN76(筑波大 vs 大宮)の勝者
    MN77(横浜FM vs 広島)の勝者 vs MN78(長野 vs 磐田)の勝者
    MN79(川崎 vs 清水)の勝者 vs MN80(G大阪 vs 柏)の勝者

    8/9(水) 14:17配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00624266-soccerk-socc

    【【天皇杯4回戦】浦和vs鹿島は熊谷開催…筑波大はカシマで大宮と対戦】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/07(月) 14:33:47.37 _USER9

    20170807-01642607-gekisaka-000-5-view[1]

    天皇杯4回戦以降の組み合わせ抽選会が7日に行われた。今後は4回戦を9月20日、
    準々決勝を10月25日、準決勝を12月23日、決勝を来年1月1日に埼玉スタジアムで行う。

    抽選会は100名の一般観覧者が見守る中で行われた。浦和レッズと前回優勝の鹿島アントラーズの対戦が決まると、「ヨッシャー!」といった歓声が上がった。
    またアマチュアクラブで勝ち上がっている筑波大は大宮アルディージャとの対戦が決まった。

    以下、組み合わせ
    ▽4回戦
    (1)松本vs神戸
    (2)浦和vs鹿島
    (3)C大阪vs名古屋
    (4)筑波大vs大宮
    (5)横浜FMvs広島
    (6)長野vs磐田
    (7)川崎Fvs清水
    (8)G大阪vs柏

    ▽準々決勝
    [A](1)vs(2)
    [B](3)vs(4)
    [C](5)vs(6)
    [D](7)vs(8)

    ▽準決勝
    [A]vs[B]
    [C]vs[D]

    ▽決勝
    18年1月1日
    未定 vs 未定(埼玉)

    ゲキサカ 8/7(月) 14:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-01642607-gekisaka-socc 
      

    【【天皇杯】4回戦で筑波大は大宮、浦和対王者鹿島のビッグカードも 】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/05(土) 10:30:11.23 _USER
     スポーツをするうえで、水分補給は欠かせない。そして、青少年スポーツでは水分補給が教育につながることもある。中国メディア・今日頭条は28日「日本のサッカー選手の給水シーンを見て、サッカーは単にサッカーではなく、重要な教育的意味を持っている」とする文章を掲載した。
     
     記事は「日本のサッカーは中国サッカーよりもかなり先を進んでいる。特に細かい部分において学ぶべき点が多い」と紹介したうえで、先日中国で行われた青少年サッカー大会に出場した日本のクラブチーム選手の行動が「中国の選手にとって良い教材になる」とした。
     
     その行動とは「試合中に水分補給する際に、日本の少年選手たちはペットボトルに直接口をつけない」というもの。そうすることで1本をみんなで飲み回すことができ、浪費が防げると説明している。

     また、試合後には飲みかけのボトルに入った水をまとめてさらに飲み続け、空になったボトルは回収箱に入れると伝えている。
     
     記事は「中国のスーパーリーグではこのような状況は多く見かけない。みんなそれぞれ新しいボトルを開け、口をつけて一口二口飲むと放り投げる。そして、飲み終わらなかったボトルはそのままゴミ箱に捨てられ、水がムダになってしまうのだ」とした。
     
     そのうえで「スーパーリーグの各クラブはお金を持っているが、細かい部分への意識に関して、選手たちは高めていくべきだ。ビッグネームに慣ればなるほど細かい点にまで気を配らなければならない。

     なぜなら、スターたちの言動1つ1つが、サポーターたちに影響を与えるのだから。中国サッカーが日本との距離を縮めたいのであれば、サッカーのテクニックのみならず、細かい部分やピッチ外に対する意識も高める必要があるのだ」と論じている。
     
     子どもの頃身につけられなかった習慣を、大人になってから身につけるのは難しい。逆に、小さい頃からやってきた習慣は、大きくなっても続けられることが多い。中国サッカーの将来は、次世代の子どもたちをどう「育てる」かにかかっているのだ。(編集担当:今関忠馬)

    http://news.searchina.net/id/1641343?page=1

    【試合中の給水シーンで分かった、日本サッカーと中国サッカーの差】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/08/01(火) 22:11:52.04 _USER9

    20170801-01642374-gekisaka-000-1-view[1]

    日本サッカー協会(JFA)は1日、第14回日本サッカー殿堂に、元日本代表監督の加茂周氏(77)、カメラマンの今井恭司(71)の2名を特別選考したことを発表した。掲額式典は9月10日にJFAハウスの日本サッカーミュージアム内ヴァーチャルスタジアムで開催予定。

     加茂氏は1974年に日産自動車(現横浜FM)の監督に就任し、神奈川県リーグ1部から日本王者にまでチームを育て上げ、88-89年シーズンには三冠を達成。

    94年にロベルト・ファルカン氏からバトンを受けて日本代表監督に就任。97年W杯フランス大会アジア最終予選の途中まで指揮を執った。日本代表やJクラブの監督で手腕を発揮し、数多くのタイトルにをもたらすなど、長期にわたって第一線で活躍した。

     今井氏は日本のサッカーカメラマンの草分け的存在。約半世紀にわたって「写真」を通じて日本代表をはじめとした日本のトップチームとファンをつないできた実績が評価された。

     なお、投票選考による該当者はなかった。加藤久氏やラモス瑠偉氏ら候補者6名がいたが、殿堂入りするためには75%以上の得票数を得ることが出来なかった。

    8/1(火) 18:47配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-01642374-gekisaka-socc

    【元日本代表監督の加茂周氏ら、日本サッカー殿堂入り!ラモス氏らは見送り】の続きを読む

    このページのトップヘ