サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    セリエA

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/16(土) 08:41:05.75
    20190216-00309655-footballc-000-1-view[1]


    【ユベントス 3-0 フロジノーネ セリエA第24節】

    現地時間15日に行われたセリエA第24節でユベントスはホームでフロジノーネと対戦し、3-0の勝利を収めた。

    チャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦を控えるユベントスは、降格圏に低迷するフロジノーネを立ち上がりから圧倒した。

    6分、クリスティアーノ・ロナウドの横パスを受けたディバラが強烈な左足のミドルシュートを決めて早くもリードを奪うと、17分にはCKから最後はボヌッチが押し込んで2点差とする。

    後半に入っても主導権は譲らない。63分にはマンジュキッチの折り返しにC・ロナウドがダイレクトで合わせて3-0
    勝負を決定づける。

    ユベントスはこの得点の直後にC・ロナウドを下げると、キエッリーニやケディラも交代させてチャンピオンズリーグに向けて準備。
    それでもフロジノーネに追い上げられることはなく、3-0のまま勝利を収めた。

    ユベントスは2位ナポリとの勝ち点差を暫定で14としている。

    【得点者】
    6分 1-0 ディバラ(ユベントス)
    17分 2-0 ボヌッチ(ユベントス)
    63分 3-0 C・ロナウド(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00309655-footballc-socc
    2/16(土) 6:25配信 
     
      
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/ita/ita-11163485.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング 
     




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/11(月) 04:14:03.17
    【サッスオーロ 0-3 ユベントス セリエA第23節】

     現地時間10日に行われたセリエA第23節でユベントスはサッスオーロと敵地で対戦し、3-0の勝利を収めた。

     23分にケディラのゴールで先制したユベントスは、1-0で折り返す。52分にはクリスティアーノ・ロナウドが抜け出してゴールネットを揺らすシーンがあったが、オフサイドで認められず、1点差が続いた。

     55分には堅守ユベントスが大ピンチ。相手のロングフィードをGKシュチェスニーがペナルティエリアを飛び出して対応したがミスキックとなり、ボールはサッスオーロのものに。フリーのベラルディががら空きのゴールに決めるだけという状況となった。だが、ベラルディが枠を外し、ユベントスはリードを維持する。

     すると70分、役者が勝負を決定づける。左からのCKにC・ロナウドが打点の高いヘディングで合わせて2-0。終盤には途中出場のエムレ・ジャンが決めて3-0として勝ち点3を手にした。

     前日の試合では2位ナポリが勝利を逃しており、ユベントスのリードは勝ち点11差に広がっている。

    【得点者】
    23分 0-1 ケディラ(ユベントス)
    70分 0-2 C・ロナウド(ユベントス)
    86分 0-3 ジャン(ユベントス)

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2019/02/11/post309042/
    no title






    続きを読む

    999: 名無し@サカサカ10 2019/01/17(木) 04:23:57.10
     20190117-00010000-sportes-000-2-view[1]



    最多優勝対決はユヴェントスに軍配!C・ロナウド弾でミランを撃破/スーペルコッパ・イタリアーナ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010000-sportes-socc






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/10(木) 18:27:54.14
    20190110-00160907-soccermzw-000-2-view[1]


    サッカーイタリア1部インテル・ミラノのキャプテンであるFWマウロ・イカルディ(25)が8日の練習を欠席したことで、
    クラブは最高で10万ユーロ(約1250万円)の罰金を科すことにした。10日のガゼッタ・デロ・スポルトなどイタリアの主要スポーツ紙が報じた。

    イカルディは故郷アルゼンチンでの休暇を終えイタリアに戻るはずだったが、悪天候のため飛行機が遅延した。
    そのためクラブに連絡を取ったところ「11時集合だが17時まで待つ」と返事を得た。
    しかし結局、イカルディはその日、練習場に現れることはなかった。

    そしてこの莫大な罰金処分に代理人でもあるワンダ・ナラ夫人は激怒。

    「クラブとの契約更新は遠のいた。彼はスペインの2つのビッグ・クラブ、
    イングランド、フランスのそれぞれ1クラブと最高の関係を築いている」と、インテルからの移籍をちらつかせた。

    1/10(木) 18:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000114-dal-socc 
      

    続きを読む

    DvlnDe_UYAEvI7P[1]
    続きを読む

    DvlNFDHVAAADW4W[1]
    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/17(月) 05:54:52.28 _USER9
    イタリアの名門ユベントスが、来夏に日本ツアーを企画していることが16日までに分かった。複数の関係者によれば、来年7月22~28日にJリーグが設定した「インターナショナルウイーク」を利用し、Jの強豪と対戦する可能性があるという。セリエA7連覇中のチームには今季、Rマドリードからポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウド(33)が加入。実現すれば大きな話題を呼びそうだ。

    20181217-00154826-soccermzw-000-1-view[1]

    ビアンコネロ(白と黒)のC・ロナウドが日本で見られるかもしれない。複数の関係者によれば、ユベントスが来夏の日本ツアーを企画。J1クラブと親善マッチを行う可能性が浮上しているという。

     ユベントスといえば、言わずと知れたイタリアの名門だ。リーグは7連覇中で、今季も15勝1分け無敗で2位に大差をつけ首位を独走。もはや国内敵なし状態だ。布陣も18年W杯ロシア大会で準優勝を飾ったクロアチア代表FWマンジュキッチ、アルゼンチン代表FWディバラ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFピャニッチらスターがズラリ。その中でもひときわ異彩を放っているのが、今夏1億ユーロ(約128億円)の移籍金でRマドリードから電撃移籍したC・ロナウドだ。

     C・ロナウドはもはや誰もがその名を知る世界的スター。バロンドールは過去5回受賞するなど、輝かしいキャリアを誇る。最も適応が難しいと言われるセリエAでも、1年目から真価を発揮。15日のトリノとのダービーで、得点王争いでトップに並ぶ今季11点目となるPKを決め、チームを勝利に導いた。一昨年はスポンサーイベントなどで来日したC・ロナウドだが、試合となれば鹿島を破ってクラブW杯を制したRマドリード所属時代の16年以来。ユベントスの一員としてはもちろん初となる。

     ユベントスは昨夏に、主にゲームの企画・開発を行う日本企業「Cygames(サイゲームス)」と3年契約を締結。日本ツアーの企画は、この契約も背景にあるとみられる。日本にはCロナマニアだけでなくユベンティーニ(ユベントスファン)も多いだけに、実現すれば大きな話題を呼ぶことは間違いない。

     【過去のCロナin日本】

     ☆05年7月 マンチェスターU在籍3年目に20歳で初来日。親善試合鹿島戦は先発し、同浦和戦は後半から出場した。

     ☆07年7月 22歳でマンチェスターUの一員として浦和と親善試合にフル出場。高速ドリブルから日本での初得点を決めてマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

     ☆08年12月 23歳でマンチェスターUの一員としてクラブW杯初出場。準決勝G大阪戦は頭で得点。決勝のLDUキト(エクアドル)戦はFWルーニーの決勝点をアシストして初優勝に貢献した。

     ☆16年12月 31歳でRマドリードの絶対エースとしてクラブW杯に出場。準決勝アメリカ(メキシコ)戦で1得点し、クラブ公式戦500得点を記録。決勝鹿島戦はハットトリックをマークしてチームを2年ぶり2度目の頂点に導き、大会MVPに輝いた。

    2018年12月17日 05:30スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/17/kiji/20181216s00002019344000c.html

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/16(日) 07:07:24.66 _USER9
    【トリノ 0-1 ユベントス セリエA第16節】

    現地時間15日に行われたセリエA第16節、トリノ対ユベントスのトリノダービーは、1-0でアウェイのユベントスが勝利した。

    20181216-00301292-footballc-000-1-view[1]

    セリエAで圧倒的な安定感を見せるユベントスと、6位につけるトリノのダービーマッチ。
    試合はダービーらしく、勝ち点差「21」を感じさせない拮抗したものとなる。

    立ち上がりからインテンシティーの高いゲームとなったトリノダービー。
    主導権を握るのはユベントスだが、トリノも激しくぶつかっていく。どちらも決定機はほとんどなく、前半は0-0で折り返した。

    後半に入っても試合展開は変わらなかったが、一つのミスで試合が動く。
    69分、自陣でボールを奪ったトリノは、ザザがGKにバックパス。
    ユベントスは、これを狙っていたマンジュキッチが前に出たGKより先にボールに触ると、ファウルを誘ってPKを獲得した。
    これをクリスティアーノ・ロナウドが力強く決めて、先制点を奪った。

    その3分後にはセットプレーからマンジュキッチがゴールネットを揺らすも、オフサイドのジャッジで認められない。
    それでもトリノの攻撃を封じたユベントスは1-0で勝利。ダービーを制して2位ナポリとの勝ち点差を暫定で11とした。

    【得点者】
    70分 0-1 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00301292-footballc-socc
    12/16(日) 6:30配信 




    続きを読む

    228: 名無し@サカサカ10 2018/12/12(水) 06:56:17.07
     20181212-00875827-soccerk-000-3-view[1]

    リヴァプール、サラー決勝弾で逆転突破!…ナポリが首位から3位転落で敗退
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00875827-soccerk-socc

    トッテナムが2位でCL決勝Tへ! バルサとドローも、他会場でインテルも分ける
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00875834-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/11(火) 06:22:22.15 _USER9
    ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューの中で、
    バルセロナに所属するライバルFWリオネル・メッシについて言及した。

    レアル・マドリーを退団し、今シーズンからユヴェントスに加入したC・ロナウドはすでに新天地に馴染み、公式戦で11ゴール7アシストを記録するなど活躍を見せる。
    ポルトガル人のスーパースターは、セリエAでの新たな冒険に満足している。

    「ここにいられて非常に幸せだ。(トリノは)とても素敵な街だし、サポーターも非常に親切だ。ユヴェントスは驚くほどの組織を持ち、最高のクラブだよ。
    選手たちは謙虚だし、非常にトレーニングに打ち込んでいる。今のところ、本当に好印象を抱いているよ。マドリードでも選手たちは謙虚だったが、
    ここの選手たちはさらに謙虚に見える。ここはマドリードとはかなり違った印象で、より家族的な感じだね」

    C・ロナウドは9年間にわたってスペインで戦い、バルセロナのメッシとは様々なタイトルを懸けて競い合ってきた。
    イタリアでは長年のライバルとの対決がないことから、「寂しさを感じるか」と問われると否定した。

    「いや、むしろ彼の方が寂しがっているかもね。僕はイギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、それに代表でもプレーしてきた。
    一方で彼はずっとスペインだからね。もしかしたら、彼の方が僕を必要としているかもね…僕にとって人生は挑戦さ。それに僕は皆を幸せにすることが好きなんだ」

    「彼がいつかイタリアへ来てくれたら僕も嬉しいよ。僕と同じように挑戦を受けて欲しい。だがもしあそこ(バルセロナ)で幸せならば、リスペクトするつもりだ。
    彼は最高の選手だし、素晴らしい青年だ。だが僕はここで何も不自由していないし、これが僕の新たな人生なんだ。幸せだよ」

    12/11(火) 6:11配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000040-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/02(日) 04:12:32.18 _USER9
    【フィオレンティーナ 0-3 ユベントス セリエA第14節】

    現地時間1日に行われたセリエA第14節でユベントスはフィオレンティーナと対戦し、敵地で3-0の勝利を収めた。

    首位を快走するユベントスと、引き分け続きで10位に位置しているフィオレンティーナの対戦。
    フィオレンティーナは敵意をむき出しにして圧力をかけたが、先制したのはユベントスだった。

    31分、敵陣中央付近でボールを持ったベンタンクールが縦にパスを入れると、ディバラがリターン。
    クリスティアーノ・ロナウドが走って空けたスペースに入り、左足でゴールを奪った。

    後半に入るとさらにリードは広がる。69分、セットプレーのこぼれ球をゴール前に入れ直すと、キエッリーニが右足で反転ボレー。
    GKが弾いて舞い上がったボールにクリスティアーノ・ロナウドが反応するが、ボールには触れない。
    そのまま地面に落下したボールには強烈な回転が掛かっており、ゴールに向かっていった。

    これで楽になったユベントスは、79分にクリスティアーノ・ロナウドのPKでさらにリードを広げて3-0。
    フィオレンティーナに快勝した。

    【得点者】
    31分 0-1 ベンタンクール(ユベントス)
    69分 0-2 キエッリーニ(ユベントス)
    79分 0-3 C・ロナウド(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00299553-footballc-socc
    12/2(日) 3:55配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163382.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング 
    20181202-00299553-footballc-000-1-view[1]






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/25(日) 05:22:21.72 _USER9
    【ユベントス 2-0 スパル セリエA第13節】

    イタリア・セリエAの第13節が現地時間の24日に行われ、ホームのユベントスが2-0で15位スパルに勝利し、リーグ戦13試合中12勝とした。

    20181125-00298594-footballc-000-1-view[1]

    インターナショナルウィーク前の12節ミラン戦に勝利したユベントスは、現地時間の27日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)バレンシア戦が控えている為、先発メンバーを変更してきた。
    FWクリスティアーノ・ロナウドやマリオ・マンジュキッチが先発するもFWパウロ・ディバラやDFジョルジョ・キエッリーニらを温存した。

    試合はホームのユベントスが支配。ユベントスはスパルにボールを回させて、自分たちの位置でボールを奪う。
    対する格下のスパルはセットプレーからチャンスは作れるものの、チャンスらしいチャンスがなくユベントスを攻め立てることはできない。

    すると28分、DFマッティア・デ・シーリオがペナルティエリア手前の右の位置でファールを受けてFKを獲得。
    そのFKをMFミラレム・ピャニッチが蹴ると、ペナルティエリア内でディフェンスラインの裏を取ったロナウドがワンタッチで合わせ先制。
    ロナウドの今季9点目でユベントスが先制に成功する。

    前半は1-0で折り返す。すると60分、自陣深い位置でボールを奪ったDFレオナルド・ボヌッチが相手陣内の左サイドに残っていたロナウドにロングパス。
    これを深い位置まで運び、MFドグラス・コスタにマイナスのパス。
    コスタが左足でシュートを放ったボールはスパルGKが弾くも、詰めていたマンジュキッチが決めて2点目。
    これでスパルを突き放した。

    試合はこのまま終了し、2-0でユベントスが勝利を納め、リーグ戦12勝1分とした。

     【得点者】
    28分 1-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    60分 2-0 マリオ・マンジュキッチ(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181125-00298594-footballc-socc
    11/25(日) 4:26配信 



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/05(月) 05:44:49.52 _USER9
    イタリア・セリエAのミランが今季でアメリカ・MLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が切れる37歳FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を検討していると英メディア『デイリーメール』などが報じている。

    20181104-00295779-footballc-000-1-view[1]

    イブラヒモビッチは2010年から2012年までミランに在籍し、85試合で56ゴールを記録した。
    同選手が所属するロサンゼルス・ギャラクシーはプレーオフで破れ、今季リーグ戦がすでに終了している。

    現在4位につけているミランは来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて、さらなる戦力アップが必要になる。
    そこで今季限りでロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が切れるイブラヒモビッチに目をつけたという。

    ブラヒモビッチ側は1年半契約を希望しているが、ミラン側は半年間の契約に1年間の契約延長オプション付きでの獲得を希望しているという。
    来年38歳になる鉄人はサン・シーロに戻ってくるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00295779-footballc-socc
    11/4(日) 22:45配信

    続きを読む

    このページのトップヘ