サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    アーセナル

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/21(木) 19:38:12.71
    a744dd6e669bc8baa0beb606fba9361c[1]

    The four reasons why Jose Mourinho chose Tottenham over Arsenal
    ttps://www.football.london/tottenham-hotspur-fc/news/mourinho-chose-spurs-over-arsenal-17288960

    “Tottenham have a better stadium. Tottenham have a better training ground. Tottenham have a better squad and Tottenham have far better finances.”

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/11(月) 21:50:51.54
    20191110-00010007-goal-000-2-view[1]

    アーセナルを率いてプレミアリーグ50試合目を迎えたウナイ・エメリ監督だが、前政権晩期よりも低調な成績を記録していることがわかった。

    2018年夏に22年もの長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督が退任し、エメリ監督が就任したアーセナル。1年目となった昨シーズンは、リーグ戦14戦無敗を記録するなど序盤から中盤にかけて好調を維持したが、終盤に失速し、5位でフィニッシュ。ヨーロッパリーグでも準優勝に終わり、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得には至らなかったものの、スペイン人指揮官には一定の評価が与えられていた。

    そして迎えた今夏、アーセナルはクラブ史上最高額をはたいてニコラ・ペペらを獲得するなど、指揮官の望むポジションすべてで補強に成功。周囲の期待も高まる中でシーズン開幕を迎えたが、直近公式戦4試合4分と、なかなか波に乗れない状況が続いていた。

    そして迎えた9日のプレミアリーグ第12節では、好調レスターと激突。エメリ監督も「大きなチャレンジ」と認めた一戦で、前半こそまずまずの戦いを見せていたものの、後半に2失点を喫して0-2の完封負け。チームはこれでリーグ戦4試合未勝利で、順位も昇格組シェフィールド・ユナイテッドにかわされて6位に後退した。

    データサイト『Opta』によると、エメリ監督のアーセナルでのリーグ戦50試合の内訳は25勝12分13敗、獲得した勝ち点は87ポイント。しかし、これは多くの非難が集まっていたヴェンゲル前政権下のラスト50試合(27勝7分け16敗、88ポイント)よりも1ポイント少ない数字になっている。

    さらに、今シーズンここまで低調な戦いを続けるアーセナルは、プレミアリーグ12試合で4勝5分け3敗の勝ち点17、得失点差「-1」を記録しているが、これは1982-1983シーズン以降で最悪のシーズンスタートとなっている。また、アウェイゲームではリーグ戦直近24試合でたった2つしかクリーンシートを記録できていない。

    これら結果やメスト・エジルらの扱いなど、エメリ監督への風当たりは日増しに激しくなっており、スタジアムでは「Emry out」のボードを掲げるファンも急増。さらに具体的な解任説なども浮上し始めている。

    チームはこれからインターナショナルブレイクに突入するが、過密日程を控える12月までにアーセナル首脳陣がどのような結論を出すか、注目が集まりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00010007-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/10(土) 14:04:11.42
    20190810-00062637-sdigestw-000-5-view[1]


     現地時間8月8日、プレミアリーグの移籍期限最終日に、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、アーセナルへ駆け込み移籍を果たした。

     現在22歳のティアニーはセルティックの下部組織出身の新鋭SBで、2015年4月にトップチームデビューを飾って以来、両SBとCBを巧みにこなす守備のマルチとして活躍。スコットランドの名門の主力として、着実に声価を高めてきた。

     今夏の移籍市場では、リバプールやトッテナムなどのライバルクラブも獲得に動いていが、セルティックに対して3度のオファーを送るなど、熱意を見せたアーセナルが、最終的に移籍金2500万ポンド(約32億5000万円)を分割で払う形で争奪戦を制した。

     そのティアニーは、熱心なセルティック・ファンでもある。入団に際してアーセナルの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ここにいられることを嬉しく思う」と語った一方で、「少し前までの僕の野望は常にセルティックに尽くすことで、それが夢だった」と正直に告白するほどだ。

     そんな若きスコットランド代表DFには、“憧れのスター”がいる。かつてセルティックのアイコン的存在でもあった元日本代表MFの中村俊輔だ。英紙『The Sun』の取材で本人が明かしている。

     9歳でセルティックの下部組織に入団したティアニーが、日本代表のレジェンドに憧れを抱いたのは、2006年のことだった。当時の中村はチャンピオンズ・リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦でFKを決めるなど、鮮烈なインパクトを残し、チームきってのスターとして君臨していた。

     当時10歳だったティアニー少年は、そんなスターからクラブが主催したイベントでスパイクをプレゼントされ、幼心に感銘を受けたという。

    「その時、僕らはナカが見ていたなんて知らなかったんだ。それはクラブが用意したサプライズで、彼は一緒に参加してくれたんだよ。それでトレーニングを終えた後に僕らがベンチに座っていたら、彼が通訳を通じて『君が今日のベストな選手だ』と言ってくれてスパイクをくれたんだ。本当に嬉しかったよ」

     その思わぬ出来事をきっかけに、ティアニーは中村の虜となった。そのインタビューでこう続けている。

    「僕が初めて見たオールドファーム(レンジャースとのダービー)でも、ナカは30ヤードほど(約27メートル)のスーパーゴールを決めていたと思う。あれは僕にとって忘れられない強烈な一撃だよ。あれから、何千試合以上ありとあらゆる試合を見たけど、あそこまで素晴らしいゴールを、それもビッグマッチで決めた選手は、ナカの他に記憶がないね。

     僕はずっとナカを目指してきたんだ。いまだに全てのセルティック・ファンと選手が彼を愛しているからね。フリーキックやGKを欺くプレー、彼の技術はすべてが最高なんだ。いつでもどんな時も彼は頼りにされていた。本当にワールドクラスの選手さ」

     スコットランドで異彩を放ったサムライへの憧れを抱き続ける俊英DFは、新天地となるノースロンドンで、そのヒーローのような活躍ができるのか――。大いに注目したい。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00062637-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/08(木) 11:12:37.87
    EBRnHdpVUAASd_6[1]


    814 名無しに人種はない@実況OK (スプッッ Sd89-p2OX [110.163.12.156])[sage] 2019/08/08(木) 00:47:16.80 ID:HTwnVlo8d

    ペペをリバポとの争奪戦に勝って獲得したりチェルシーの主力を獲得出来そうなの見るとやっぱり長年築いてきたクラブの格はちょっとのことでは落ちないし選手もそういったクラブを選ぶんだな
    シティのように法外な金使うクラブとの争奪戦は無理だが同等の金額ならガナを選んでくれるのはクラブの格が影響を与えている

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/06(火) 04:04:17.49
    maxresdeeerefault


    確定した移籍
    ニコラスぺぺ(昨期リーグアンMVPの若手 即戦力)

    セバージョス(スペイン代表の若手 レアルマドリーからのローン 即戦力)

    サリバ(フランス代表U23の主力 今期は他チームへローン)

    マルティネッリ(18歳ブラジルの逸材 ブラジルが優勝したコパアメリカではトレーニングに呼ばれた)

    決まりそうな移籍
    ティアニー(世界屈指の若手サイドバック いくつものビッグクラブが欲しがる 即戦力)

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/26(金) 14:46:18.17
    20190726-43469686-gekisaka-000-3-view[1]


    現地時間25日、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルとボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表DFセアド・コラシナツが北ロンドンの路上で乗車中、ナイフを持った車強盗に襲撃された。『BBC』など複数メディアが伝えている。

     事件が起きたのはロンドン北部ゴールダーズ・グリーン地区で、エジルが運転していた車がバイク集団に囲まれ、2人組に襲われた。ここで、勇敢な振る舞いを見せたのが同乗していたコラシナツだった。武装した犯人2人組はともに刃物を持っていたが、助手席から飛び降りたコラシナツは素手で立ち向かった。

     犯人が逃走したこともあり、幸いコラシナツとエジルに怪我はなかった。コラシナツが犯人に立ち向かい、撃退した姿は防犯カメラの映像におさめられ、SNSで拡散されている。コラシナツの格闘中にエジルは車を出し、そのまま近くのトルコ料理店に逃げ込んだ。2人組はまだ逮捕されていないという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-43469686-gekisaka-socc

    続きを読む

    573: 名無し@サカサカ10 2019/07/24(水) 09:22:06.65
    20190723-43469561-gekisaka-000-1-view[1]


    ジダンを助けるベイル




    続きを読む

    193: 名無し@サカサカ10 2019/07/24(水) 08:15:55.73
    EAMkyy4U0AAAkOs[1]


    ナチョンゴwwwwwwwwwwwwwwwwww




    続きを読む

    このページのトップヘ