サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    アーセナル

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/10(土) 14:04:11.42
    20190810-00062637-sdigestw-000-5-view[1]


     現地時間8月8日、プレミアリーグの移籍期限最終日に、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、アーセナルへ駆け込み移籍を果たした。

     現在22歳のティアニーはセルティックの下部組織出身の新鋭SBで、2015年4月にトップチームデビューを飾って以来、両SBとCBを巧みにこなす守備のマルチとして活躍。スコットランドの名門の主力として、着実に声価を高めてきた。

     今夏の移籍市場では、リバプールやトッテナムなどのライバルクラブも獲得に動いていが、セルティックに対して3度のオファーを送るなど、熱意を見せたアーセナルが、最終的に移籍金2500万ポンド(約32億5000万円)を分割で払う形で争奪戦を制した。

     そのティアニーは、熱心なセルティック・ファンでもある。入団に際してアーセナルの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ここにいられることを嬉しく思う」と語った一方で、「少し前までの僕の野望は常にセルティックに尽くすことで、それが夢だった」と正直に告白するほどだ。

     そんな若きスコットランド代表DFには、“憧れのスター”がいる。かつてセルティックのアイコン的存在でもあった元日本代表MFの中村俊輔だ。英紙『The Sun』の取材で本人が明かしている。

     9歳でセルティックの下部組織に入団したティアニーが、日本代表のレジェンドに憧れを抱いたのは、2006年のことだった。当時の中村はチャンピオンズ・リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦でFKを決めるなど、鮮烈なインパクトを残し、チームきってのスターとして君臨していた。

     当時10歳だったティアニー少年は、そんなスターからクラブが主催したイベントでスパイクをプレゼントされ、幼心に感銘を受けたという。

    「その時、僕らはナカが見ていたなんて知らなかったんだ。それはクラブが用意したサプライズで、彼は一緒に参加してくれたんだよ。それでトレーニングを終えた後に僕らがベンチに座っていたら、彼が通訳を通じて『君が今日のベストな選手だ』と言ってくれてスパイクをくれたんだ。本当に嬉しかったよ」

     その思わぬ出来事をきっかけに、ティアニーは中村の虜となった。そのインタビューでこう続けている。

    「僕が初めて見たオールドファーム(レンジャースとのダービー)でも、ナカは30ヤードほど(約27メートル)のスーパーゴールを決めていたと思う。あれは僕にとって忘れられない強烈な一撃だよ。あれから、何千試合以上ありとあらゆる試合を見たけど、あそこまで素晴らしいゴールを、それもビッグマッチで決めた選手は、ナカの他に記憶がないね。

     僕はずっとナカを目指してきたんだ。いまだに全てのセルティック・ファンと選手が彼を愛しているからね。フリーキックやGKを欺くプレー、彼の技術はすべてが最高なんだ。いつでもどんな時も彼は頼りにされていた。本当にワールドクラスの選手さ」

     スコットランドで異彩を放ったサムライへの憧れを抱き続ける俊英DFは、新天地となるノースロンドンで、そのヒーローのような活躍ができるのか――。大いに注目したい。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00062637-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/08(木) 11:12:37.87
    EBRnHdpVUAASd_6[1]


    814 名無しに人種はない@実況OK (スプッッ Sd89-p2OX [110.163.12.156])[sage] 2019/08/08(木) 00:47:16.80 ID:HTwnVlo8d

    ペペをリバポとの争奪戦に勝って獲得したりチェルシーの主力を獲得出来そうなの見るとやっぱり長年築いてきたクラブの格はちょっとのことでは落ちないし選手もそういったクラブを選ぶんだな
    シティのように法外な金使うクラブとの争奪戦は無理だが同等の金額ならガナを選んでくれるのはクラブの格が影響を与えている

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/06(火) 04:04:17.49
    maxresdeeerefault


    確定した移籍
    ニコラスぺぺ(昨期リーグアンMVPの若手 即戦力)

    セバージョス(スペイン代表の若手 レアルマドリーからのローン 即戦力)

    サリバ(フランス代表U23の主力 今期は他チームへローン)

    マルティネッリ(18歳ブラジルの逸材 ブラジルが優勝したコパアメリカではトレーニングに呼ばれた)

    決まりそうな移籍
    ティアニー(世界屈指の若手サイドバック いくつものビッグクラブが欲しがる 即戦力)

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/26(金) 14:46:18.17
    20190726-43469686-gekisaka-000-3-view[1]


    現地時間25日、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルとボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表DFセアド・コラシナツが北ロンドンの路上で乗車中、ナイフを持った車強盗に襲撃された。『BBC』など複数メディアが伝えている。

     事件が起きたのはロンドン北部ゴールダーズ・グリーン地区で、エジルが運転していた車がバイク集団に囲まれ、2人組に襲われた。ここで、勇敢な振る舞いを見せたのが同乗していたコラシナツだった。武装した犯人2人組はともに刃物を持っていたが、助手席から飛び降りたコラシナツは素手で立ち向かった。

     犯人が逃走したこともあり、幸いコラシナツとエジルに怪我はなかった。コラシナツが犯人に立ち向かい、撃退した姿は防犯カメラの映像におさめられ、SNSで拡散されている。コラシナツの格闘中にエジルは車を出し、そのまま近くのトルコ料理店に逃げ込んだ。2人組はまだ逮捕されていないという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-43469686-gekisaka-socc

    続きを読む

    573: 名無し@サカサカ10 2019/07/24(水) 09:22:06.65
    20190723-43469561-gekisaka-000-1-view[1]


    ジダンを助けるベイル




    続きを読む

    193: 名無し@サカサカ10 2019/07/24(水) 08:15:55.73
    EAMkyy4U0AAAkOs[1]


    ナチョンゴwwwwwwwwwwwwwwwwww




    続きを読む

    480: 名無し@サカサカ10 2019/05/30(木) 05:49:32.31
     HVN9IqN4



    ヨーロッパリーグ(EL)決勝が29日に行われ、チェルシーとアーセナルが対戦した。

     2012-13シーズン以来2度目の優勝を目指すチェルシーとEL初制覇を狙うアーセナルが激突。チェルシーは、エースのエデン・アザールやEL得点ランキングでトップタイに立つオリヴィエ・ジルーらが先発入り。対するアーセナルは、ピエール・エメリク・オーバメヤンやアレクサンドル・ラカゼットらがスタメンに名を連ねた。

     最初にチャンスを作ったのはアーセナルだった。9分、右サイドからエインズリー・メイトランド・ナイルズがクロスを上げたが、これはGKケパ・アリサバラガがパンチングでクリア。このこぼれ球がオーバメヤンへと渡り、右足を振り抜いたものの、枠を捉えることはできなかった。

     18分にはラカゼットがペナルティエリア内で倒れたものの、これはノーファウルの判定。さらに27分には、グラニト・ジャカが右足で強烈なミドルシュートを放ったが、ボールはわずかにゴール上へと外れた。

     一方のチェルシーは34分、アザールのパスから最終ラインを突破したエメルソンが左足でシュートを放ったが、これはGKペトル・チェフの正面。さらに39分にはジョルジーニョのパスからジルーが決定機を迎えたが、再びGKチェフが左手で好セーブを見せた。

     前半をスコアレスで折り返し迎えた49分、エメルソンのクロスにニアでジルーがダイビングヘッドで合わせて、チェルシーが先制に成功した。

     さらに60分には、コヴァチッチのパスを受けたアザールが左サイドからグラウンダーで折り返すと、ペドロが左足でゴール右隅へと流し込んだ。続く65分には、ジルーがペナルティエリア内でメイトランド・ナイルズに倒され、チェルシーがPKを獲得。キッカーを務めたアザールがこれを決め、チェルシーがリードを3点に広げた。

     アーセナルは69分、途中交代で投入されたアレックス・イウォビがペナルティエリア外から右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートを突き刺し、反撃の狼煙を上げる。しかし72分には、ジルーとのワンツーからアザールが左足でゴールへと流し込み、再びチェルシーがリードを3点に広げた。

     試合はこのまま終了し、チェルシーが4-1の快勝で、2012-13シーズン以来6年ぶり2度目のEL制覇を果たした。

    【スコア】
    チェルシー 4-1 アーセナル

    【得点者】
    1-0 49分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
    2-0 60分 ペドロ・ロドリゲス(チェルシー)
    3-0 65分 エデン・アザール(PK/チェルシー)
    3-1 69分 アレックス・イウォビ(アーセナル)
    4-1 72分 エデン・アザール(チェルシー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00942498-soccerk-socc















    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/05/03(金) 05:58:36.22
    20190503-00010003-goal-000-4-view[2]


    5/3(金) 5:56配信
    UERAヨーロッパリーグ準決勝の第1戦、アーセナルvsバレンシアの一戦が現地時間2日、行われた。

    アーセナルホームでの初戦ということでバレンシアは5バック気味の守備的な陣形で挑んだが、先制したのはアウェーのバレンシアだった。

    前半11分、CKを得たバレンシアはファー側にボールを送ると、ロドリゴ・モレノがヘディングで中へと折り返す。ムクタル・ディアカビが頭で押し込んで、バレンシアが先行する流れとなった。

    いきなりアウェーゴールを奪われたアーセナルは、ここから徐々に盛り返す。18分、メスト・エジルを起点にアレクサンドル・ラカゼットがピエール・エメリク・オーバメヤンにスルーパスを送る。前線左サイドで切り替えしたオーバメヤンは中にラストパスを送ると、走り込んできたラカゼットがダイレクトでネットを揺らし1-1の同点に追いつく。

    25分にはグラニト・ジャカのクロスにラカゼットが頭で合わせ、ポストに弾かれてゴールラインを割った。これでアーセナルが2-1と逆転に成功し、試合はこのまま前半終了。

    後半に入っても一進一退の攻防が続き、アーセナルはショートパスを多用した崩しを多用し、引いたバレンシア守備網のズレを狙う。一方、バレンシアは2つ目のアウェーゴールを奪おうとカウンター主体でアーセナルゴールを脅かす展開が続いた。

    アディショナルタイムにはラカゼットがミドルを放ち、GKネトがディフレクト。そのルーズボールを拾ったラカゼットが左サイドからクロスを入れると、ファー側に走り込んだオーバメヤンが角度のないところからダイレクトボレーで合わせ、アーセナルが3点目を記録した。

    結局試合はこのままフルタイムを迎え、アーセナルが3-1で逆転勝利。ホームでの初戦を制している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010003-goal-socc




    続きを読む

    214: 名無し@サカサカ10 2019/04/28(日) 21:54:01.47
    D5PdczsW0AIHjMe[1]


    アーセナルさん今日も元気に3失点ノルマ達成
    3試合連続です






    続きを読む

    180: 名無し@サカサカ10 2019/04/22(月) 01:40:14.78
    20190422-00010002-goal-000-3-view[1]

     
    アーセナルは21日、プレミアリーグ第35節でクリスタル・パレスとのホーム戦を迎えた。

    4位のアーセナルと、14位に位置するクリスタル・パレスの一戦。エメリ監督は、木曜日のヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグのナポリ戦からコシエルニー、コラシナツ、ラカゼット、オーバメヤン以外の先発7選手を変更して試合に臨んだ。

    試合は17分、右サイドからミリボイェヴィッチがゴール前に入れたFKに頭で合わせたベンテケがヘディングシュートを叩きこみ、クリスタル・パレスが先制する。

    ハーフタイムにかけてはポゼッションで圧倒したアーセナルが相手を押し込むも、決定打を欠いたことでゴールできず。逆にカウンターから2点目に迫る場面もつくったC・パレスが、1点リードを保ったまま前半を終える。

    迎えた後半、ジェンキンソンとマヴロパノスに代えてメイトランド=ナイルズとイウォビを投入したアーセナルは、48分にラカゼットのパスからゴールエリア左に抜けたエジルがネットを揺らし、同点に追いつく。

    しかし、C・パレスも気落ちせずに再び前に出る。すると61分に勝ち越す。ロングボールを競ったベンテケがフリックすると、これに反応したザハがボールを拾ってゴール前へ。そのままシュートを流し込み、C・パレスがまたもリードした。

    さらにC・パレスは69分にも追加点を得る。ミリボイェヴィッチが入れた右CKにダンがヘッド。これをゴール前のマッカーサーが頭でコースを変えてネットを揺らした。

    その後、反撃に出たアーセナルは77分に右サイドから仕掛けたオーバメヤンが、自身が出したパスがカットされたこぼれ球をシュートに持ち込み、1点を返す。しかし、反撃もここまで。ホームでの連勝が10試合でストップしたアーセナルは、CL出場権争いで一歩抜け出すことはできなかった。

    4位にとどまったアーセナルは試合終了時点で消化試合同数の3位トッテナムと1ポイント差、5位のチェルシーとは同勝ち点となっている。

    ■試合結果
    アーセナル 2-3 クリスタル・パレス

    ■得点者
    アーセナル:エジル(47分)、オーバメヤン(77分)
    C・パレス:ベンテケ(17分)、ザハ(61分)、マッカーサー(69分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00010002-goal-socc











    続きを読む

    このページのトップヘ