サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    マンチェスター・ユナイテッド

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/17(日) 06:35:01.28
     
    D1z7whHU8AA_SQ8[1]






    続きを読む

    365: 名無し@サカサカ10 2019/03/11(月) 03:25:35.05
     D1UTv9RUwAAEZr6[1]


    プレミアリーグ第30節が11日に行われ、アーセナルとマンチェスター・Uが対戦。アーセナルはマンチェスター・Uに2-0で勝利を収めた。

     ホームのアーセナルは3バックを採用し、メスト・エジルが先発出場。前節はトッテナムと引き分け、勝ち点「57」で5位につけている。一方、負傷者が続出するマンチェスター・Uは19歳のディオゴ・ダロトを右ウィングに先発起用。前節はサウサンプトンに逆転勝利を収めており、勝ち点「58」で4位。両者の勝ち点差はわずか「1」で、チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すクラブ同士の対戦となった。

     試合は12分、アレクサンドル・ラカゼットが中央のグラニト・ジャカにボールを渡すと、ジャカがそのままミドルシュートを放つ。ブレ玉のシュートはGKダビド・デ・ヘアの逆を突いてゴール左に吸い込まれ、アーセナルが先制に成功した。

     追いつきたいマンチェスター・Uは19分、フレッジがPA外からゴール右に狙ってミドルシュートを打つが、ポストが阻む。38分、マンチェスター・UはFKを起点にショーが右サイドにクロスを供給。前線に上がっていたクリス・スモーリングはヘディングで合わせるが、ゴール右にそれる。

     45分にジャカとラッシュフォードが接触。両選手は一時的に試合から離脱したものの、選手交代には至らず、直後に両選手はピッチに戻った。

     後半に入ると50分、マンチェスター・Uに同点のチャンスが訪れる。相手DFの裏でルカクがボールをもらうとゴール前でシュート。しかし、GKベルント・レノのナイスセーブによりアーセナルはゴールを与えない。

     果敢に攻めるマンチェスター・Uは58分に左寄りの位置でFKを獲得。キッカーのラッシュフォードのシュートはゴール右にそれる。

     62分、セアド・コラシナツが左サイドをドリブルで突破すると、中央のエジルに渡す。エジルは右サイドに開いたピエール・エメリク・オーバメヤンにスルーパス。オーバメヤンはPA右からシュートを放つが、追加点とはならない。66分、ジャカのゴール右を狙ったミドルシュートは枠をとらえられない。

     69分にラカゼットがPA右で倒されたとして、アーセナルがPKを獲得。オーバメヤンは冷静に決めて2-0とした。

     その後、激しい攻防を繰り広げたが、スコアは動かずそのまま試合終了。アーセナルが2-0でマンチェスター・Uに勝利した。この結果、アーセナルは勝ち点「60」で4位に浮上。3位トッテナムとの勝ち点差を「1」に沈めた。一方、マンチェスター・Uは5位となり、オーレ・グンナー・スールシャール体制でリーグ戦初黒星となった。

     次節、アーセナルは4月2日にニューカッスルとホームで、マンチェスター・Uは31日にホームでワトフォードと対戦する。

    【スコア】
    アーセナル 2-0 マンチェスター・U

    【得点者】
    1-0 12分 グラニト・ジャカ(アーセナル)
    2-0 69分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00916332-soccerk-socc










    続きを読む

    418: 名無し@サカサカ10 2019/02/19(火) 06:18:05.83
    Dzt7tJLW0AA1Q2e[1]



    マンチェスター・U、敵地で王者チェルシー撃破!ポグバが1G1Aと躍動/FAカップ5回戦
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010003-goal-socc






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/18(月) 21:01:05.48
    20190218-00908016-soccerk-000-3-view[1]


    マンチェスター・Uは来夏の補強に向けて既に動き出している模様だ。イギリス紙『デイリー・ミラー』が17日に報じている。

     マンチェスター・Uはベルギー代表FWロメル・ルカクを放出して、ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラかインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの獲得を画策しているようだ。

     ディバラは16日に行われたセリエA第24節・フロジノーネ戦で1ゴールを挙げたものの、今シーズンはリーグ戦でわずか3得点のみ。昨シーズンはリーグ戦で22得点を記録しており、昨シーズンのような活躍を見せられず苦しんでいる。一方、イカルディはキャプテン剥奪を受け、ビッグクラブへの移籍が噂されている。

     マンチェスター・Uはオーレ・グンナー・スールシャール監督に指揮官交代後、スールシャール監督はチームを成績不振から脱却させ、現在は勝ち点「51」でリーグ4位。同監督のもと、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが躍動し、ルカクはベンチスタートが続いている。

    『デイリー・ミラー』によると、マンチェスター・Uは既に両クラブとの話し合いを開始しているという。来夏に移籍が実現すれば、大型移籍となるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00908016-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/12(火) 17:25:32.82
    20190212-00170014-soccermzw-000-4-view[1]


     かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属したキャリアを持つ香川にとって、古巣の最大の宿敵であるリバプールの優勝を願うコメントは、ユナイテッドのファンから反感を買う可能性もある。それだけに、このコメントは恩師クロップ監督が香川の中で、いかに大きな存在であるかを物語っているものと言えそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00170014-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/22(木) 19:38:33.14 _USER9
    マンチェスター・ユナイテッドが来年、プレシーズンツアーの一環で日本にやってくるかもしれない。
    19日に米メディア『ESPN』が報じている。

    今夏はアメリカでプレシーズンツアーを行なっていたユナイテッド。来年の夏は、遠征先としてオーストラリアが選ばれる見通しだ。それに加え、同メディアは
    「このツアーには、日本と香港も含まれる可能性が高い。クラブは今週末に公式発表を行う予定だ」と伝えている。

    世界で最も資産価値の高いクラブとされるユナイテッド。当然ながら、日本国内にも多くのファンがいる。
    2012年から2014年まで、香川真司(現:ドルトムント所属)がプレーしたクラブとしても知られている。

    11/22(木) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-00298351-footballc-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ