サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    プレミア・リーグ

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 11:49:02.31 _USER9

    20170426-00000033-jij_afp-000-3-view[1]


    【4月26日 AFP】英国とフランスの当局は26日、サッカービジネスにおいて脱税が行われていた疑いがあるとし、両国の関係先を捜索して財務記録を押収、数人を逮捕したことを明らかにした。また報道によると、イングランド・プレミアリーグのウェストハム(West Ham)、ニューカッスル(Newcastle United)が捜査の対象となっているという。

    英国の税務当局、英歳入関税庁(HMRC)は、「プロサッカーのビジネス界内部にいる複数の人間を逮捕」したと発表した。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3126517?act=all 
     

    【サッカービジネスで脱税疑い、複数人が逮捕!プレミアリーグのチームも捜査対象か】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 22:45:00.00 _USER9

    20170426-00000144-sph-000-1-view[1]


    ◆イングランド プレミアリーグ チェルシー4―2サウサンプトン(25日・ロンドン) 
      
    サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(28)は25日、敵地のチェルシー戦にセンターバックとしてフル出場した。試合は2―4で敗れたが、吉田はプレミアリーグの出場を99試合に伸ばし、日本人初の100試合出場に王手をかけた。 
      
    試合は前半5分、チェルシーが縦パス1本からチャンスをつくり、最後はベルギー代表MFアザールが豪快に右足を振り抜き先制する。サウサンプトンは同24分、CKのこぼれ球を押し込み同点としたが、ロスタイムにチェルシーに追加点を許し1―2で前半を折り返した。後半に入るとチェルシーがプレースピードを上げて主導権を握る。サウサンプトンは後半8分、44分にゴールを許し2―4で終了の笛が鳴った。 
      
    試合後、吉田は「もちろんチェルシーは強い」と苦笑い。「個人的なコンディションは、悪くない。コンスタントに試合に出ているし、いつも通り、リズムをつかめていたけど、チームのリズムが乗って来なかった。失点した時間がよくなかったと思う」と反省の弁を述べた。 
      
    29日のハル・シティ戦のピッチに立てば、節目の100試合に到達する。当日は子供たち100人をスタジアムに招待する予定で「子どもたちが少しでも何かを感じて、将来、プレミアリーグに立つ子どもたちが出てきてくれたら嬉しい。日本人の子供たちが僕のプレーを見てなにか感じてくれたらうれしい。100試合で100人ってちょうどいいなって。そんだけ(笑)。勝って子供たちに会いたい」と勝利を誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000144-sph-socc

    【吉田麻也、日本人初のプレミアリーグ100試合出場王手…“記念試合”に子ども100人招待予定】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 08:41:42.80 _USER9

    afpbb_3126159_0-enlarge[1]


    イングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するヌゴロ・カンテが23日、
    イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出された。

    2冠を目指すチェルシーで活力に満ちたパフォーマンスを見せている26歳のカンテは、
    トッテナム・ホットスパーのストライカー、ハリー・ケイン(Harry Kane)や
    エバートンの点取り屋であるロメルー・ルカクを抑え、同業者たちから選ばれる最高の栄誉を手にした。

    昨季レスター・シティのタイトル獲得の原動力となったカンテは、
    史上初めて異なるクラブでのプレミアリーグ2連覇達成を目前にしている。

    カンテは「選手たちから年間最優秀選手に選ばれることは重要な意味を持つ。この2シーズンは美しいものだ。
    1シーズンはレスターで、そしてチェルシーで僕らは好調だ。最優秀選手に選ばれたのは最高の栄誉」とコメントしている。

    チェルシーはイングランドFAカップでアーセナルと対戦する決勝が決まっており、
    リーグ戦では2位トッテナム・ホットスパーに勝ち点4差の首位に立っている。

    カンテは、「両方で戦い抜くつもりだ。カップ戦は一発勝負で、リーグ戦は(残り)6試合。
    両方で優勝するためにベストを尽くしていく」と語った。

    AFPBB News / 2017年4月24日
    https://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3126159/ 
     

    【チェルシーのカンテがイングランド選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/24(月) 01:33:58.12 _USER9

    20170424-01639055-gekisaka-000-2-view[1]

    FA杯準決勝 4/23(日)23:00 ウェンブリー

    アーセナル 2-1 マンチェスター・シティ

    セルヒオ・アグエロ(後半17分)
    ナチョ・モンレアル(後半26分)
    アレクシス・サンチェス(延長前半11分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11038288

    【【FA杯】アーセナルが延長戦の末にマンC下し決勝進出!チェルシーと決戦へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/23(日) 03:11:04.25 _USER9

    20170423-00000006-reut-000-2-view[2]

    FA杯準決勝 4/22(土)25:15 ウェンブリー

    チェルシー 4-2 トテナム・ホットスパー

    ウィリアン(前半5分)
    ハリー・ケイン(前半18分)
    ウィリアン(前半43分)
    デル・アリ(後半7分)
    エデン・アザール(後半30分)
    ネマニャ・マティッチ(後半35分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11038287

    【【FA杯準決勝】チェルシーがトッテナムを4ゴール粉砕!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/23(日) 10:07:56.53 _USER9
     20170422-00000025-jij_afp-000-3-view[1]

      
    【4月22日 AFP】16-17イングランド・チャンピオンシップ(2部)は21日、第44節の試合が行われ、
    ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC(Brighton & Hove Albion FC)はGKデビッド・ストックデール(David Stockdale)が同じ様な形から2度オウンゴールを献上し、0-2でノリッジ・シティ(Norwich City)に敗れた。 
      
    2得点ともに、アレックス・プリットチャード(Alex Pritchard)の放ったシュートがそれぞれゴールバーとポストに当たると、ボールがストックデールの後頭部に跳ね返ってゴールに入った。

    「2度同じことはないだろうね。アシストはもらっておくよ!」と笑顔を見せたプリットチャード。
    ゴールの枠に当たったシュートは含まれないため、ノリッジは枠内シュートゼロで試合を終えている。 
      
    この敗戦は17日にクラブ史上初のプレミアリーグ昇格を決めたブライトンの歓喜をそぐものにはならなかったが、連勝は5で止まりクラブ通算2度目の2部リーグ優勝はお預けとなった。 
      
    消化試合が一つ少ない2位のニューカッスル(Newcastle United)に勝ち点7差をつけているブライトンは、ニューカッスルが24日のプレストン・ノースエンド(Preston North End)で敗れれば優勝が決まる。
    またブライトンが来週29日に行われるブリストル・シティ(Bristol City)戦で勝利すれば自力でタイトル獲得を決めることができる。


    AFPBB News
    2017年04月22日 15:31 発信地
    http://www.afpbb.com/articles/-/3126058?cx_part=txt_topics_sports

    【Gkがまさかの1試合でオウンゴール2回の珍事!? 英2部】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/22(土) 11:01:07.66 _USER9

    20170422-01638992-gekisaka-000-1-view[1]

    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチの怪我は、やはり重傷のようだ。ポルトガルメディア『Record.pt』は最悪の場合、このまま現役引退となる可能性も伝えている。 
      
    イブラヒモビッチは20日にホームで行ったアンデルレヒト(ベルギー)とのヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝第2戦に先発。しかし後半アディショナルタイムのクロスボールの競り合いの際に右膝を負傷。苦悶の表情を浮かべながら、そのままピッチを後にした。 
      
    クラブからの公式発表はまだないが、現地メディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』は十字靱帯を断裂したと報道。その他複数メディアも近日中に手術が行われる見込みと伝え、その場合の全治は8か月以上になるという。 
      
    イブラヒモビッチは今季より1年契約でマンチェスター・ユナイテッドに加入。公式戦28ゴールを決める活躍を見せているが、契約延長は不透明な状況だ。この負傷で契約延長の可能性はほぼなくなったとの見方もある。 
      
    そして『Record.pt』は、十字靱帯を負傷した現在35歳のFWが、復帰した2018年にハイパフォーマンスを取り戻すのは困難だとし、このまま引退する可能性があると伝えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-01638992-gekisaka-socc

    【引退か!?イブラヒモビッチ、やはり重傷だった…最悪引退も、右膝負傷は全治8か月以上か】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/21(金) 08:34:50.48 _USER9

    20170421-00010001-sportiva-000-1-view[1]


    試合終了のホイッスルが鳴ると、レスター・シティの選手たちは次々と崩れ落ちていった。芝生の上で天を仰ぐFWジェイミー・バーディーと、座り込んだまま動けないMFリヤド・マフレズ。奇跡のリーグ優勝を遂げた昨季から、今季はチャンピオンズリーグ(CL)という欧州の舞台に参戦したレスターは、ベスト8で姿を消すことになった。 
      
    しかし、ホームスタンドから割れんばかりの拍手と「レスター」コールが沸き起こると、選手たちはひとりひとり立ち上がっていく。3年前は2部リーグに在籍し、1部に昇格した翌年も降格の危機に瀕したそのレスターが、CLで8強に進出──。下を向いていた選手たちも、最後は胸を張ってサポーターの声に拍手で応えていた。 
      
    そのなかで、消化不良の感を強く残したのが岡崎慎司だった。先発出場を果たしながらも、第1レグに続いて前半の45分間だけで交代を命じられた。2試合合計で1-2で敗れたアトレティコ・マドリードとの試合後、思いの丈を口にした。

    「チームがゴールを獲りたいときに交代させられることや、勝ちたいと思って戦術を変えるなかに自分が入っていなかったことに、悔しさを感じる。CL準々決勝の2試合で『戦術的な理由により』前半で交代と言われても、やっぱり悔しいというか。もちろん、自分がゴールを決めてこなかったことはあります。だけど、自分が試合に出るか出ないかは、チームの状況に委ねられなければならない、ということです」 
      
    振り返れば、前半だけでの交代は今季6度目。もともとFWは交代の多いポジションだが、それでも決して少なくない数字である。アトレティコとの第1レグ、第2グとも「戦術変更」により交代したが、今季最大のビッグマッチを45分間だけで終えたことも事実で、悔しさをにじませていた。 
     
    4-4-1-1のセカンドストライカーとして先発した岡崎は、中盤まで降下して守備を助けたり、サイドのスペースに飛び出して味方のパスを引き出したりと、立ち上がりから精力的に走った。普段よりポジションを後方に置く時間が長かったが、21分にはチームにとって前半最大のチャンスとなる決定機もあった。バーディーのグラウンダーのクロスボールにサイドキックで合わせたが、枠を外した。 
      
    この時間帯までレスターはプランどおりのプレーができ、アトレティコに大きなチャンスを与えなかった。しかし、相手のファーストチャンスで失点。「アトレティコのアウェーゴールで戦術変更を余儀なくされた。あれで3ゴールが必要となり、戦い方を変える必要があった。実際に考えていたよりも早く、戦術を変更する必要があった」(クレイグ・シェイクスピア監督)。チームは3バックの3-4-2-1にシステムを変え、岡崎の代わりに長身FWのレオナルド・ウジョアを投入したのである。

    つづく

    webスポルティーバ 4/21(金) 7:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170421-00010001-sportiva-socc

    【レスターの岡崎慎司が漏らす苦悩!「守備でがんばる」評価はもう、いらない!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/21(金) 10:29:41.03 _USER9

    20170421-00000000-goal-000-4-view[1]


    レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、プレミアリーグの他のクラブへ行く可能性もあったようだ。『プラネット・フットボール』が報じた。

    岡崎は昨シーズン、レスターへ移籍。それ以前はブンデスリーガでプレーし、直前はマインツのエースとして2シーズンプレーしていた。ウェスト・ブロムウィッチの元チーフスカウトであるスチュアート・ホワイト氏はマインツ時代に岡崎の獲得を試みていたことを明かしている。

    「ウェスト・ブロムウィッチにいるときに、早い段階での獲得を心がけていた。多くのお金を払う余裕のないクラブにとってそれは重要だ。それでも交渉は多くの人が思うほど簡単ではない」

    「例えば我々は岡崎慎司の獲得を求めていた。しかし、マインツは夏に売却することを拒否したんだ。その1年後、レスターが控えめな額で獲得し、プレミアリーグ王者になったんだ」

    レスターへ行く1年前に獲得を狙っていたとされるウェスト・ブロムウィッチ。もし実現していれば、岡崎はプレミアリーグ王者の一員とはなっておらず、レスターがチャンピオンチームにもなっていなかったかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000000-goal-socc

    【岡崎慎司、レスター行き以前にプレミア移籍の可能性があった!獲得に乗り出していたのは?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/20(木) 22:44:24.36 _USER9

    pre17042022160005-p1[1]

     アーセナルが、バルセロナに所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン獲得に踏み切るという。
    トルコ『CNN』が報じている。 
      
    アーセナルは、MFメスト・エジルの去就が不透明となっている。現在の契約期間は、2018年まで。
    アーセン・ヴェンゲル監督の続投にも左右されるといわれるエジルの残留は、現時点で確かなものとなっていない。 
      
    トルコメディアによると、アーセナルはエジルの代役にアルダを据える考えのようだ。
    アーセナルはバルセロナMF獲得に向け、移籍金2500万ユーロ(約30億円)を準備。
    選手との個人合意を目指した交渉は、順調に前進していると伝えられている。 
      
    バルセロナは、今季度重なる負傷に苦しめられ、出場機会を確保できなかったアルダをシーズン終了時に放出する
    意思を固めているとされる。
    2015年夏にAマドリードから鳴り物入りで移籍してきたアルダだが、新天地にはフィットしきれなかった印象だ。


    サンスポ:
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170420/pre17042022160005-n1.html

    【アーセナル、エジルの代役に移籍金30億円でバルサのアルダを獲得か?】の続きを読む

    このページのトップヘ