サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    レアル・マドリード

    1: 名無しの@サカサカ10 2019/05/20(月) 03:37:54.06
    5/20(月) 0:49配信
    ジダン、退団既定路線のベイルを最後の最後まで起用せず…「そうだね。そうしなかった。すまなかった」

    19日にリーガ・エスパニョーラ最終節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのベティス戦を0-2で落とした。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、今季限りでの退団が既定路線とされるMFガレス・ベイルを起用しなかった理由を説明している。

    ジダン監督は、すでに戦力外通告を告げたと報じられるベイルを過去2試合のように招集外とせずベンチスタートとしたが、結局起用することないまま試合を終えた。試合後会見に出席したジダン監督は、「ベイルに別れを告げさせなかった」との指摘を受け、まるで開き直るかのように、すぐさま次のように切り返している。

    「そうだね。そうしなかった。すまなかった」

    その言葉により会見場は沈黙に包まれ、少し間を置いてからジダン監督は再び口を開く。そこで強調したのは、ベイルの去就がまだ決定していないことと、交代策が試合展開によって決められることだった。

    「これから何が起こるか分からない。今日は違う選手を戦力とした。試合の状況から違う選手を途中から起用した。私の返答は、彼じゃない選手たちを起用したというものになる」

    「今日、彼を使わなかったのは事実だ。だが未来に何が起こるか分からない。私は今、このときを生きながら決断を下す。好ましくない、都合が良くないと感じた際にも決断する」

    「彼はこのクラブで多くの成功を勝ち取ったが、私たちは過去に生きているわけではない。あるのは今、このときだけであり、私はそこから決断を下すんだよ」

    その一方で、ベイル同様に戦力外通告を言い渡されたとされるGKケイロール・ナバスは先発出場。試合終了後にはファンに感謝の拍手を送り、大喝采を返されている。

    「あれが別れの場面だったか? 知らない。選手たちについて言及する必要はないし、これから何が起こるのかを見てみよう。どうなるのかは分からない。ケイロールは良いプレーを見せ、それに対して人々は満足だった。そういうことだ」

    今季最終戦にも敗れたレアル・マドリーだが、ジダン監督は今季の失敗が糧になることを説いた。

    「もちろん、この試合の結果は私たちが望んでいたことではない。望んだようにできなかったということだ。この結果は正当だよ。結局のところ、私たちは今シーズンの内容について受け止めなくてはならない。今季のことは忘れてはいけないんだ。未来への糧となるものだから。悪いことがあれば、次に良いことがやってくる。その逆も然りだ」

    「問題はフィジカルではない。フットボールはモチベーションの問題で、最後までそれが響いた。とにかく、もう来季について考えなくてはね」

    「監督は私であり、それが変わることはない。もちろん、チームに変化は生じる。それは知的な変化となるはずだ。今はとにかく休み、気分を一新して戻ってきたい」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00010001-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無しの@サカサカ10 2019/05/14(火) 12:30:59.04
    20190514-00010005-goal-000-1-view[1]


    K・ナバス戦力外のレアル・マドリーが控えGKで意見分裂…ジダンは次男ルカ、クラブはルニンを望む
    2019年5月14日 9時9分

    ケイロール・ナバスに戦力外を通告したとみられるレアル・マドリーだが、正GKティボ・クルトワの控えとなる選手に関して、ジネディーヌ・ジダン監督とクラブ首脳陣の間で意見が分かれているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

    レアル・マドリーの首脳陣は昨夏に、ワールドクラスの正GKとしてチェルシーからクルトワ、そして若手GKとしてゾリャ・ルハーンシクから20歳のアンドリー・ルニンを獲得。ルニンは今季にレンタルでレガネスへ移籍したが、その両選手を獲得した段階から未来に第一&第二GKを務めさせる考えで、K・ナバスの退団は既定路線であったとされていた。

    そしてK・ナバスについては、今より数日前に戦力外通告を言い渡されたと報じられたが、まだ問題は残されている模様だ。数週間前、クラブ首脳陣はジダン監督に対して、来季の正GKをクルトワ、第二GKをルニンとする意向を伝えたようだが、同指揮官はルニンではなく自身の次男であるルカ・ジダンを第二GKにすることを希望したという。

    クラブ首脳陣はルカを第二GKとすることも考慮しながらも、やはりルニンに賭けたいようで、『マルカ』はジダン監督と首脳陣が「合意する必要がある」との見解を示している。

    ルニンは今季、レンタル先のレガネスでわずか6試合(457分)しか出場機会を得られず、レアル・マドリー首脳陣は成長のための1年を無駄にしたとの考えから手元に戻したい模様(レガネスはレンタル期間延長を希望しているとのこと)。その一方で、ルニンより1歳上のルカは今季、クルトワ、K・ナバス、キコ・カシージャに次ぐレアル・マドリーのトップチームの第4GKとしてシーズンをスタートさせて、その後に自らリーガ2部(実質3部)所属のBチーム、レアル・マドリー・カスティージャでプレーすることを希望した。

    ルカはカスティージャでは27試合でゴールを守り、冬の市場でカシージャがリーズ・ユナイテッドに移籍してからはトップチームの第3GKとなって、父親ジダン監督の指揮下で1試合に出場した。ジダン監督は、ルニンとルカの間に実力差はないと考えているようだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16455248/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/05/07(火) 03:50:15.09
    5/6(月) 23:50配信
    レアル・マドリー、ジダンがベイルら3選手と面談して戦力外を通告…スペイン紙報じる

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、来季構想外の選手たちにその旨を伝えた模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。


    『マルカ』によれば、ジダン監督はまず3人の選手と個別面談を行い、来季の戦力に数えていないことを伝えた。その3人とはMFマルコス・ジョレンテ、MFダニ・セバジョス、そしてMFガレス・ベイルとのことだ。

    ベイルはチャンピオンズリーグ三連覇などを果たしたジダン監督第一次政権時にも、同指揮官との関係が良好ではないとされてきた。それでもベイル本人には、今季以降もレアル・マドリーに残留する意思があったとされるが、やはりジダン監督に戦力とはみなされなかったようだ。

    なお『マルカ』は、ベイルの代理人に今回の戦力外通告の報道について意見を求めたようだが、代理人は肯定も否定もしなかったという。

    またジダン監督の第一次政権時に出場機会をほぼ得られなかったM・ジョレンテとセバジョスは、2人とも今夏に退団を強いられることを感知していた模様。そのほかDFマルセロもジダンと面談したようだが、『マルカ』はその内容は把握していないとしつつも同選手が来季もレアル・マドリーでプレーするのでは、との見解を述べている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010036-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/05/03(金) 07:17:51.13
    20190503-00186360-soccermzw-000-1-view[1]


     先のフランス・カップ決勝でレンヌに敗れ去ったパリ・サンジェルマン。その試合後の表彰式で、ネイマールが罵声を浴びせてきた男性ファンに激高し、パンチをお見舞いする映像がSNSを通じて世界中に拡散した。信じがたい暴挙が物議を醸している。

     もはやパリSGへの忠誠心は求めるべくもなく、クラブ自体もトラブル続きのネイマールを夏に売却する準備を進めているとされる。移籍先の筆頭候補は、兼ねてから噂されているレアル・マドリーだ。フロレンティーノ・ペレス会長の肝煎りで、交渉が一気に進む可能性もある


     だが、マドリー指揮官のジネディーヌ・ジダンは納得していないようだ。そう報じているのがスペイン・メディア『Diario Gol』で、ジダンはペレス会長に直談判し、ネイマール獲得に関して慎重に判断するよう嘆願しているという。

    「ネイマールが夏にPSGを去るのは間違いなく、クラブは買い手を探している。その最大の交渉相手がレアル・マドリーだ。ネイマールはエデン・アザール(チェルシー)と一緒にプレーしたいとの希望を持っており、ペレス会長が彼らふたりの獲得に熱心なのは周知の事実。しかしながら、監督ジダンはネイマールがチームに及ぼす悪影響に懸念を抱いている」

    「バルセロナでもパリでも毎晩のようにナイトクラブに出かけ、ロッカールームでは巨大なエゴで風紀を乱してきた。マドリードでも同様の振る舞いをするのは疑いがなく、ジダンはペレスに『(ネイマール獲得は)悪いアイデアだ。莫大なカネをかけてまで獲る必要があるのか、よく考えてほしい』と、進言しているようだ」

     ネイマール獲得に向けて、パリSGとのトレード交渉要員にガレス・ベイルやカリム・ベンゼマの名が上がるなど、さまざまな情報が交錯している。とはいえ肝心のフランス人指揮官が首を縦に振らないかぎりは、さすがにこのビッグディールも実現しないだろうか。

     いずれにせよネイマールの周辺が、かなり騒がしくなってきたのは確かだ。

    5/3(金) 5:40 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190503-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/27(土) 06:09:55.10
    20190427-00932227-soccerk-000-1-view[1]


     レアル・マドリードは、マンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバとチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールの今夏での獲得に自信を示している。26日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

     レアル・マドリードは今シーズン、リーグ戦での不調に加えてチャンピオンズリーグではベスト16で敗退するなど9年ぶりの無冠が決定した。そのため、同クラブは来シーズンのチーム再建に向けて大型補強を行うと報じられていて、中でもポグバとアザールの獲得には自信を示しているという。

     ポグバはマンチェスター・Uでのパフォーマンスに批判が集まっており、同選手はクラブがチャンピオンズリーグ出場を逃した場合チームを去ると見られている。しかし、マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は「ポールはここに残ると思うよ」と同選手の残留を強調している。

     一方で、レアルでのプレーを子供のころから夢見ているというアザールは、来シーズンまでチェルシーとの契約を残しているが、契約を更新する意向は示していない。そのため、チェルシーは1億ポンド(約144億円)でレアルに放出する可能性があるとも報じられている。しかし、国際サッカー連盟(FIFA)から1年間の補強禁止処分を下されていて新戦力を獲得できないチェルシーにとって、エースを失うことは避けたいはずだ

    4/27(土) 1:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00932227-soccerk-socc

    続きを読む

    437: 名無し@サカサカ10 2019/04/26(金) 04:56:00.52
    D5B1LEoWsAAlnIl[1]

     
    リーガ・エスパニョーラ第34節が行われ、レアル・マドリードはアウェイでMF柴崎岳が所属するヘタフェと0-0で引き分けた。柴崎はベンチスタートで出番は訪れなかった。

     暫定5位のヘタフェが勝ち点10差の3位レアルをホームに迎えての一戦。前日に今シーズの無冠が決まったレアルは、開始1分にカリム・ベンゼマがペナルティエリア右に抜け出して、いきなり相手ゴールを脅かすが、シュートは枠を捉えず。ヘタフェは4分、マティアス・オリベラが高い位置でボールを奪うと、素早くミドルシュートを放ったが、GKケイラー・ナバスにキャッチされた。その後はお互いチャンスを作れず、膠着状態が続く。

     ヘタフェは31分にエリア手前左の好位置でFKを得ると、マウロ・アランバリが強烈なシュートを放ったが、GKナバスにセーブされた。レアルは39分にギャレス・ベイルが左サイドを抜け出して中央へ折り返すと、ベンゼマが合わせたが、シュートはGKダビド・ソリアに阻まれた。

     後半に入ってレアルは53分、ダニエル・カルバハルがエリア手前中央からミドルシュート、56分にはカルバハルの折り返しにイスコが合わせたが、どちらもGKソリアにセーブされた。ヘタフェは73分、ダミアン・スアレスの折り返しからホルヘ・モリーナがダイレクトシュート、こぼれ球を拾ったハイメ・マタがシュートもフリーで右足を振り抜いたが、どちらもGKカルバハルの好セーブに阻止された。

     試合はスコアレスのままタイムアップ。レアルは4試合無敗(2勝2分)、ヘタフェは5試合無敗(2勝3分)となった。

     次節、ヘタフェは28日にアウェイでレアル・ソシエダと、レアル・マドリードは同日にアウェイでラージョ・バジェカーノと対戦する。

    【スコア】
    ヘタフェ 0-0 レアル・マドリード

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00931878-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/21(日) 18:44:22.76
    20190421-00000156-sph-000-1-view[1]


    4/21(日) 18:38配信
     Rマドリード(スペイン)の下部組織カデーテA(U―16)に所属するU―15日本代表MF中井卓大(たくひろ、15)が21日、神奈川・茅ヶ崎市内で行われた「U―16 キリンレモンCUP」(30分ハーフ)の決勝にフル出場したが、F東京に1―1で突入したPK戦の末に敗れ、準優勝に終わった。

     “ピピ”の愛称で知られる中井は、中盤の位置で延長戦の20分間を含めて80分間をフル出場。序盤は丁寧なパスさばきで攻撃の起点になる場面もあったが、終盤に差し掛かるにつれて運動量が低下。PK戦ではキッカーの出番は回ってこなかった。

     試合終了の笛を聞くと、中井はその場にあおむけに倒れ込んで号泣。あふれる涙を両手で隠しながら悔しさをあらわにした。 
      
    ◆中井 卓大(なかい・たくひろ)2003年10月24日、滋賀・大津市生まれ。15歳。幼稚園の年長から地元のアズー滋賀FCでサッカーに励む。8歳だった12年夏に日本で行われたRマドリード主催のイベントでのプレーがクラブ関係者の目に留まり、13年9月の入団テストに招待され合格。18年、U―15日本代表に初選出。180センチ、62キロ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000156-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/17(水) 06:30:48.88
    D4Tq4DEU8AAk-AU[1]


    クリロナ「ナバスならあんなシュート軽く止めてたのになあ」チラッ

    クリロナ「ラモスならあんな若僧潰せたのになあ」チラッ

    クリロナ「ベンゼマが相棒だったらなあ」チラッ

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/12(金) 22:40:07.42
     D39Hx6uXkAAPdwD[1]



    MDレアル・マドリー、久保建英のバルサ復帰に横槍。バルサ復帰と報道されている同選手を強奪したいと考えている。なお、久保建英の代理人は現在、バルセロナ市内におり、バルサ側と新たに会合が開かれる予定だ
    https://twitter.com/mundodeportivo/status/1116690208265768970?s=21 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/12(金) 19:22:06.05
    20190412-00010020-goal-000-1-view[1]


    クロース、今夏のレアル・マドリー退団を考慮か…移籍なら後釜候補に大物2選手の名

    レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、今夏にクラブを退団することを検討しているという。スペイン『アス』が報じた。

    2014年の夏にバイエルン・ミュンヘンからレアル・マドリー入りしたクロースは、これまでに同クラブで公式戦228試合に出場。チャンピオンズリーグ3連覇や2016-17シーズンのリーガ・エスパニョーラ優勝など数々のタイトル獲得に貢献してきた。

    しかし、今年29歳となったクロースは、レアル・マドリーでの自身のサイクルは終了したと考えており、今夏に環境を変えることを見据えているという。2022年までレアル・マドリーとの契約を残すクロースだが、クラブが放出を認めれば、新天地にわたることを考慮するとのことだ。

    また、クロースに関しては昨年にマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していたことが伝えられている。仮にクロースが移籍するとなれば、レアル・マドリーは多額の移籍金を手にすることになる。

    なお、クロースの後釜としては、トッテナムのプレーメーカーであるクリスティアン・エリクセン、そしてマンチェスター・Uのポール・ポグバという、ジネディーヌ・ジダン監督のお気に入りとされる2選手の名前が候補に挙げられている。今夏の去就の行方が注目されるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010020-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/08(月) 10:20:33.28
    20190408-00057493-theanswer-000-3-view[1]


    レアルU-16のリーグ戦で超ゴラッソを披露「僕たちは成長し続ける」
     海外サッカー、スペインリーグの名門レアル・マドリードのカデーテA(U-16)に所属するMF中井卓大が超絶ミドルを決めた。現地時間6日のリーグ第25節ラス・サロス戦、およそ25メートルの距離から右足一閃。大人顔負けのゴラッソを自身のインスタグラムに動画付きで公開すると、ファンから「半端ないって」「すごいゴール!」「なんてゴールだ」と絶賛の嵐となっている。

    日本の至宝がスペインでますます輝きを増している。1-0とリードした場面。中井は敵陣中央でボールをキープすると、左サイドにバスを出すと見せかけ、中央に切り替える。ここで一気にシュート体勢に入った。しかし、ゴールまでの距離は25メートルある。ただ、ピピにとってはお構いなしだった。

     素早い足の振りでシュートを放つと、ゴール左隅にズドン。飛びついたGKも触ることすらできな完璧な一撃となった。ボールをユニホームのお腹に入れるパフォーマンスで喜びを表現した中井。試合後、インスタグラムでは「僕たちは成長し続ける」とスペイン語でつづり、実際の動画を公開した。

     弱冠15歳とは思えないド派手なゴラッソにコメント欄でファンも驚きの声が続々。「半端ないって」「すごいゴール!」「朝から目覚めました」と歓喜の声が相次ぎ、「なんてゴールだ」「最高」「良いぞ、タク」と海外ファンからも称賛の声が上がっていた。スペインの地で順調にステップアップしているピピ。世代別の日本代表も経験しているが、その成長が楽しみでならない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190408-00057493-theanswer-socc 
     

    View this post on Instagram

    Seguimos creciendo ⚽️🎯😄 @realmadrid ⚪️⚪️

    Takuhiro Nakai (Pipi)さん(@pipirm22)がシェアした投稿 -



    続きを読む

    このページのトップヘ