サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    レアル・マドリード

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/11(月) 22:54:34.17
    no title


    “日本の至宝”がついに覚醒した。スペイン1部マジョルカのMF久保建英(18)が移籍後初ゴールを決め、欧州4大リーグの日本人最年少ゴール記録を18歳5か月6日に更新。今後のスタメン定着を確実にし、世界屈指の名門レアル・マドリードへの復帰条件とされている年間10ゴール10アシストも“射程圏”に入ったが、ピッチ外でも大きな課題が突き付けられている。

     ようやく真価を見せた。3―1で勝利したビリャレアル戦(10日)で先発した久保が、初ゴールを含め全得点に絡む活躍で勝ち点3獲得に貢献。FW森本貴幸がイタリア1部カターニャ時代の2007年にマークした欧州4大リーグ(スペイン、イタリア、イングランド、ドイツ)の日本人最年少得点記録(18歳8か月21日)を更新した。

     久保は「一つの大きな夢がかなったが、これを続けないといけない。ボールを受けたときはシュートを打つと決めていた。この入った感覚を維持していければいい」と喜びを交えてコメントし、自身のプレーについては「10点満点と言いたいですが、いくつかミスもあったので9点」と笑顔だった。

     バルセロナの下部組織出身でJ1FC東京を経て18歳でRマドリード入団という異例の経歴。今夏にレンタルでマジョルカに加入後は、先発で出られずにモヤモヤした日々を過ごしてきた。それでも今回の活躍でレギュラーへの“昇格”は確実。出場時間増でさらなる躍進は間違いない。特に来季のRマドリード復帰に向けて「10ゴール10アシスト」が絶対条件とされる(本紙既報)中で、チーム内での地位を確立し目標を達成するための準備を整えたと言える。

     その一方で、公認資格を持つ選手代理人で元日本代表のカズことFW三浦知良(52=J2横浜FC)をサポートした田路雅朗氏(64)は、世界的ビッグクラブへの再加入は簡単ではないという。

    「仮に久保が10ゴール取ったとしても、スターにならないと復帰は難しいだろう。あのクラブはマーケティング面もしっかりやっているから、プレーが良くても人気がないとダメじゃないか。もともと日本人は評価が低いし、外国人枠もあるんだから、ピッチ外でもチームに貢献できると判断されないと…」

     久保は7月の南米選手権で注目されたものの、まだ世界的に高い知名度があるとは言えない状況。国際舞台を戦う日本代表でも活躍できずにいる。それだけにRマドリードでプレーするには、実力とともにレプリカユニホームの販売力やスポンサー獲得につながる世界規模の人気が欠かせないのだ。

     もちろん、久保がシーズンを通してマジョルカで結果を出した上で来夏の東京五輪に出場、好パフォーマンスを披露して日本の金メダル獲得に貢献すれば、世界中から熱視線が注がれるのは間違いない。知名度が上がれば、来季から“白い巨人”に復帰することも十分に可能だろう。

     久保は帰国して東京五輪に向けたU―22日本代表に合流し、17日のU―22コロンビア戦(広島)に臨む。再びゴールを決めて日本を勝利に導けるか。

    2019年11月11日 16時30分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17364228/ 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/09(土) 14:41:01.33
    20190722_kubo-takefusa-Yukihito-Taguchi[1]

    レアル・マドリーからマジョルカへレンタルされている日本代表MF久保建英だが、現状では来季マドリーに復帰するのは厳しいかもしれない。スペインメディア『ドン・バロン』などが見通しを伝えている。

    今夏にマドリーに加入した久保は、リーガエスパニョーラ1部で出場機会を得て経験を積むためマジョルカへのレンタルを選択。
    だが先発メンバーに定着することはできておらず、出場してもゴールや勝利に繋がる結果を出すことはできない状況が続いている。

    『ドン・バロン』はマドリーの来季に向けたチーム作りのプランとして、レンタルからの復帰により“ノーコスト”で即戦力となり得る存在としてMFマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ)、MFダニ・セバージョス(アーセナル)、DFアクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント)の3人を挙げた。いずれもレンタル先のクラブで活躍をみせ、マドリーでもプレーできる力を証明しているとの見方だ。

     だが「久保建英はこのリストに含まれない」と同メディアは述べる。「まだマジョルカで不動のレギュラーに定着していない」として、「再びレンタルされる可能性がある」と来季の見通しを示している。

     スペイン『フィチャへス.net』も同様に、久保の苦しい現状について8日付で伝えた。
    「期待されたような違いを生む存在にはなれていない」「今後数ヶ月で目的を果たせなければ、来季マドリーに居場所を見つけるのは非常に難しくなる。リーガであれ他国であれ、本当にレギュラーとして継続的な出場機会を得てアピールできるようなクラブへのレンタルを模索する必要があるかもしれない」と述べている。

     オサスナ戦で移籍後初の不出場に終わったあと、前節バジャドリー戦では先発復帰を果たしたが不完全燃焼に終わった久保。10日に行われるビジャレアル戦では結果を出すことができるだろうか。

    11/9(土) 13:24 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00346873-footballc-socc

    続きを読む

    374: 名無し@サカサカ10 2019/11/08(金) 00:13:15.50
    20190722_kubo-takefusa-Yukihito-Taguchi[1]

    マジでなんでレアルになんか行ってしまったんや
    身の丈ってあんまり言いたくないけど ワールドクラスですら戦力外になるようなクラブに行っても出られへんに決まってるやろ
    もうちょっと頭いいかと思ってたわ

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/07(木) 07:00:04.70
    20191107-00010005-goal-000-1-view[1]

     レアル・マドリード 6-0 ガラタサライ
    [得点者]
    ロドリゴ・ゴエス(前半04分)レアル・マドリード
    ロドリゴ・ゴエス(前半07分)レアル・マドリード
    セルヒオ・ラモス(前半14分)レアル・マドリード
    カリム・ベンゼマ(前半45分)レアル・マドリード
    カリム・ベンゼマ(後半36分)レアル・マドリード
    ロドリゴ・ゴエス(後半48分)レアル・マドリード
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083089
    ※長友佑都は後半43分まで出場 











    続きを読む

    265: 名無し@サカサカ10 2019/11/07(木) 05:07:12.06
    8b7f994b0daeab3b4b6b42b493cd1c88[2]

    ロドリゴ大爆発









    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/01(金) 12:54:47.83
    no title

    6/9 エルサルバドル戦 23分 ←代表デビュー戦
    6/18 チリ戦 90分
    6/21 ウルグアイ戦 7分
    6/25 エクアドル戦 90分
    7/20 バイエルン戦 45分
    7/26 アトレティコマドリー戦 28分
    7/30 トッテナム戦 10分
    7/31 フェネルバフチェ戦 17分
    8/7 アルコルコン戦 70分
    8/15 クルトゥラルレオネサ戦 90分
    8/18 ブルゴス戦 90分
    9/1 バレンシア戦 11分
    9/5 パラグアイ戦 45分
    9/10 ミャンマー戦 9分
    9/13 アスレティックビルバオ戦 27分
    9/22 ヘタフェ戦 71分
    9/25 アトレティコマドリー戦 90分
    9/29 アラベス戦 90分
    10/6 エスパニョール戦 33分
    10/15 タジキスタン戦 3分
    10/19 レアルマドリー戦 31分
    10/26 レガネス戦 31分

    現在22試合(1001分間) 連続ノーゴール

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/26(土) 20:37:21.33
    エンバペ獲得のため、レンタル組の復帰に期待? 
     
    no title


    26日付のスペイン『アス』は、レアル・マドリーが来夏にマジョルカMF久保建英ら、レンタル組5選手を復帰させることを1面で報じた。

    同紙曰く、レアル・マドリーは来夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンFWキリアン・エンバペの獲得を目指しており、同選手に多額の金銭を投じるたさめに残りの補強はレンタルに出ている若手5選手で済ます考えであるという。

    その5選手とは久保、セビージャDFセルヒオ・レギロン、レアル・ソシエダMFマルティン・ウーデゴー、アーセナルMFダニ・セバージョス、ボルシア・ドルトムントDFアクラフ・ハキミ。『アス』は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が「彼らが現在の成果を維持し続けるならば、(来夏に)復帰させる考えだ」と記している。

    また同紙は、以上の5選手の現状についても記載。久保については「18歳の彼は少しずつ進んでいる」と、ほか4選手と比べてマジョルカで足取りがゆっくりしているとの見解を示しながらも、「今季すでに3試合で先発を務め、1アシストを記録している」と少しずつ成果を手にしていることも強調した。

    10/26(土) 20:30配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00010028-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/25(金) 20:23:45.25
    4899100_ext_col_03_1

    ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド(34)の退団が今でも尾を引いているともいわれるレアル・マドリードだが、実際に近年の得点面の成績を見てみると、それが明らかになっている。25日付のスペイン紙アスが伝えている。

    Rマドリードは今シーズンここまで、公式戦12試合を戦い19得点(1試合平均1・58得点)を決めている。そして、ロナウド退団直後の昨季の同試合数でのゴール数は18(同平均1・5得点)だった。

    今季と昨季は直近15シーズンで、開幕からの公式戦12試合の中でワースト上位2つを占めている。また、20得点を下回ったのも今季と昨季のみ。ロナウドの退団が直接影響した結果とも言えるだろう。

    一方で直近15シーズンの開幕から12試合で最高記録は2011-12年シーズンの36得点(同平均3得点)で、ロナウド退団以降のシーズンの約2倍の得点力だった。さらに2014-15年シーズンは35得点(同平均2・92得点)、2016-17年シーズンの34得点(同平均2・83得点)が続いている。

    また、最後に昨シーズンの得点数(18得点)を下回ったのは16シーズン前の2004-05年シーズンで15得点(同平均1・25得点)だった。最終成績は25勝5分け8敗の勝ち点80。優勝したバルセロナに勝ち点差4をつけられて2位で終えている。(高橋智行通信員)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-10250679-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/23(水) 05:21:47.38
    20190930-00086020-theanswer-000-1-view[1]

    「ピピ」こと15歳中井卓大がレアルとプロ契約へ

    白い巨人、レアル・マドリードの下部組織に所属するU-15(15歳以下)日本代表MF中井卓大(たくひろ=15)が16歳の誕生日を迎える今月24日以降にレアルとプロ契約を結ぶ可能性が高いことが22日、分かった。今夏レアルと契約し、現在はマジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英(18)に続いて、将来の日本サッカーを背負うであろう逸材がレアルでプロに。夢の共演へ、また1歩前進となる。また、中井が今年4月から芸能大手の吉本興業とマネジメント契約を結んでいたことも判明した。

    9歳から世界一の名門、Rマドリードで成長してきた愛称「ピピ」こと中井が、夢の扉を少しずつ切り開く。スペインでは16歳からプロ契約が可能となる。クラブは中井の才能を高く評価しており、関係者によると、24日の16歳の誕生日後にプロ契約を結ぶ可能性があるという。

    レアルはこれまでも有望な若手選手の早期プロ契約に活発な動きをみせてきた。15年には当時16歳だったノルウェー人MFエデゴールを獲得し、トップチームデビューさせた。今年1月に16歳の誕生日を迎えた中井の同僚、スペイン人DFデラビボラとプロ契約を締結。移籍金などを設定し、未来を担うタレントの流出を防ぐ狙いもあるとみられ、クラブの中井への高い期待がうかがえる。

    今年6月には日本代表MF久保が、東京から5年契約で完全移籍。現在は1年間の期限付き移籍でマジョルカでプレーしている。中井は今季からU-17相当のフベニールCというカテゴリーでプレーしており、トップチームまではU-18相当の同B、U-19相当の同A、そして今夏に久保もプレーしたBチームにあたるカスティージャ(3部相当)への昇格が必要。飛び級などの例外もあるが、順調にいけば数年後には白い巨人で、日本サッカーの未来を担うであろう2人の日本人MFの共演が見られるかもしれない。

    中井は今年4月に吉本興業とマネジメント契約を結び、スペインで共に暮らす家族らも含め、生活面でのサポートも受けているという。今月12日には同じスペインのエイバルでプレーするMF乾が中井の誕生日などを祝う2ショット動画をSNSに投稿。その中で、中井は「16歳になっても、サッカー楽しく頑張ります」と笑顔で意気込んでいた。憧れの白い巨人でプロ契約、そして目標となる22年カタールW杯出場へ、日本の宝が着実に歩みを進めている。

    ◆中井卓大(なかい・たくひろ)2003年(平15)10月24日生まれ、滋賀県出身。ポジションはMF。アスール滋賀でプレーし、9歳の時にRマドリード下部組織に入る。18年10月にU-15日本代表に選出され、年代別の代表初招集。今季からレアルの下部組織フベニールC(U-17)に所属。幼少期に思い通りのプレーができないと泣いていたことから、愛称は「ピピ」。180センチ、63キロ。

    10/23(水) 5:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-10220488-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/21(月) 21:29:48.79
    no title
     

    レアル、CLに敗れればジダン監督解任? モウリーニョなどをリストアップか

     レアル・マドリーがジネディーヌ・ジダン監督の解任を検討しているという。21日、スペイン『エル・ムンド』が伝えた。

     レアル・マドリーは現地時間19日、リーガエスパニョーラ第9節でマジョルカに敗れた。今季リーグ戦初黒星を喫したレアル・マドリーは、首位の座をバルセロナに譲っている。

     クラブはこの敗戦を深刻に捉えているという。そのため、22日に行われるチャンピオンズリーグのガラタサライ戦を落とすようなことがあれば、監督交代に踏み切るかもしれない。

     すでに後任候補の名前も出ており、現在フリーとなっているジョゼ・モウリーニョ氏を招へいする可能性があると記事は伝えた。そのほかにマッシミリアーノ・アッレグリ氏らの名が挙がっているようだ。

     レアル・マドリーはリーガエスパニョーラで1敗しかしていないが、チャンピオンズリーグではそれ以上に苦しんでいる。2試合を終えて1分け1敗となっており、A組の最下位だ。同勝ち点で3位のガラタサライに負けるようなことがあれば、グループステージ突破はかなり難しくなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00343925-footballc-socc 

    続きを読む

    715: 名無し@サカサカ10 2019/10/20(日) 05:52:21.43
    EHRQCAeWsAMaQFj[1]


     「タケ~!」久保建英、途中出場で“保有元”からの金星奪取に貢献!マジョルカが首位マドリーに今季初黒星をつける!
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191020-00065573-sdigestw-socc

    続きを読む

    96: 名無し@サカサカ10 2019/10/16(水) 13:38:23.84
    D9Bo0MWXkAANNDX[1]

    Real Madrid will have a scouting team in Son Moix to 'monitor' Takefusa Kubo

    週末の試合にレアルは久保をモニターするスカウトチームを派遣するらしい。けが人多数と
    いう状況に加え、早くハメスとベイルを処分したいジダンの意向もあって、ウーデゴーと共
    に冬に戻すオプションもあるみたいだね。

    https://www.defensacentral.com/real_madrid/1571069462-noticia-dc-kubo-sera-especialmente-espiado-por-el-real-madrid

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/16(水) 19:08:17.20
    no title

    リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得に金銭プラスMFハメス・ロドリゲスのオファーを提示する準備を進めているようだ。スペイン『エル・デスマルケ』が現地時間の15日に報じた。

     レアルにはマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバやトッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン獲得の噂が報じられている。そんな中レアルは、ジネディーヌ・ジダン監督が以前から獲得を望んでいるカンテの獲得に動くようだ。

     同メディアによると、レアルはチェルシーに対して1億ユーロ(約120億円)+ハメスのオファーを提示する可能性があるという。また、カンテ自身もレアルへの移籍を夢見ているとも報じられている。

     ハメスは今夏、ナポリへの移籍が噂されるも本人の強い意志もあり残留となった。果たして、このビッグオファーは成立するのだろうか。

    10/16(水) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00343193-footballc-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/02(水) 08:59:09.57
    20191001-00220931-soccermzw-000-1-view[1]


    ベルギー代表のエデン・アザール(28)は、過去にレアル・マドリードに加入した選手の中で、マイケル・オーウェンに次いで酷い選手だと、スペインメディアが酷評していると1日付英紙サン電子版が報じた。

    今夏チェルシーから1億5000万ポンドでRマドリードに加入したが、不調にあえいでいるアザール。本人は、これから向上していくと口にしているが、一部のファンらは愛想が尽きているという。特に厳しい口調のマルカ紙は、Rマドリードに査定をするように呼びかけたうえで、アザールより最低なスタートを切ったのは、04年にリバプールから移籍したオーウェンしかいない、とした。

    過去に同クラブに加入したジネディーヌ・ジダン、デビッド・ベッカム、ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウド、カカらは、いずれも得点やアシストを量産している。オーウェンは当時、加入から6試合連続無失点だった。対するアザールは、これまでのところ4試合で得点がない 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-10020074-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/29(日) 15:54:17.77
    no title


    レアル・マドリーGKティボー・クルトワが、批判に耳を傾けることはないと語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

    チェルシーからの加入初年度だった昨シーズン、GKケイラー・ナバスとの序列が定まらない期間もあったクルトワ。今夏にK・ナバスがパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したことで、今シーズンは正守護神としての立場をより明確なものとしている。

    しかし、複数の主力が入れ替えられた25日のリーガ・エスパニョーラ第6節オサスナ戦ではGKアルフォンス・アレオラがゴールを守り、2-0の勝利に貢献。そのパフォーマンスが称賛を集めることもあったが、28日に行われた第7節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”ではクルトワが起用された。

    古巣と0-0で引き分けた後、度々浴びせられる自身への批判について問われたクルトワは、気にすることはないと主張している。

    「それ(批判)が僕に影響を及ぼすことはない」

    「僕は自分の試合を、フットボールを知っている人々と一緒に分析する。コーチやチームメイトたちと話すんだ」

    レアル・マドリーは今後、10月1日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節でクラブ・ブルージュと対戦。第1節のPSG戦では0-3の完敗を喫しており、開幕からの公式戦5試合で9失点という不名誉な数字がクローズアップされることもあった。それでもクルトワは、PSG戦以降に出場したリーグ戦2試合でクリーンシートを達成しており、欧州の舞台での巻き返しにも期待がかかる。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010018-goal-socc 

    続きを読む

    このページのトップヘ