サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    バルセロナ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/18(土) 01:13:54.04 _USER9
     スペインのクラブでコーチ経験のある指導者は「状況判断やプレースピードはいいものを持っている」と前置きした上でこう指摘した。

    「特別うまいわけではない。あれくらいの技術の選手ならJクラブのユースにも結構いる。違いを出すには状況判断のスピードをもっと上げないといけない。現時点ではバルセロナでやっていくのは厳しいのではないか。スペイン2部のクラブでもどうかなという印象」 
     
    no title

     FC東京では長谷川健太監督(52)の戦術にフィットしきれず、リーグ戦わずか4試合の出場にとどまり、J3に参戦しているU―23チームが主戦場だった。昨年11月にプロ契約を結んでさらなる飛躍を期待されたものの、フタを開けてみれば、プロの壁にぶち当たった格好。そこで出場機会を求めて移籍を決断したわけだが、天才少年の成長度に対して厳しい声が上がっているのも確かだ。

     海外移籍可能となる18歳を迎える来年6月にバルセロナ復帰が既定路線となっている中で、久保としてもこれ以上、評価を下げるわけにはいかないのだ。J1で14位に低迷する新天地での再浮上を「(攻撃の)最後の部分で力になりたい。順位を一つでも上げてチームの力になりたい」と自らに課した。2020年東京五輪に向けて「今は横浜Mのために貢献したい」と語るにとどめたのも、それだけ決意は固いということだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000027-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/16(木) 21:35:46.31 _USER9
    イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)が、スペイン1部バルセロナへの移籍を決心したと15日、英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏(50)とバルセロナが5年契約で基本合意に達したという。

     GettyImages-587471416-800x600[1]

    英メディアでジョゼ・モウリーニョ監督(55)との確執がさかんに報じられているポグバは、今後、同監督との緊張が和らいだとしても、退団の意志は変わらない模様。モウリーニョ監督は10日に行われたレスターとのプレミアリーグ開幕戦でポグバに主将を任せることで関係改善を図ったが、ポグバが「言えることもあるが、言えないこともある。言ったら罰金を科される」と発言したことで、両者の溝は修復が不可能の状態になってしまった。

     マンチェスターU側はポグバの売却を認めない構え。今夏の退団がが認められなければ、ポグバは1月の移籍期間か来夏の移籍期間でバルセロナ移籍を目指す見通しという。

    8/16(木) 21:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000147-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/16(木) 10:03:23.67 _USER9
    J1のヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、現役引退後には古巣バルセロナに戻ることになるようだ。バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が明らかにした。

     イニエスタは12歳の時にバルサの下部組織に加入し、その後トップチームへ昇格。バルサ一筋のキャリアを歩み、クラブの象徴的存在の一人となったが、昨季終了後に22年間在籍したクラブを離れて日本へ移籍することになった。

     現在34歳のイニエスタは、神戸と3年契約を結んだと言われている。その契約期間以降まで現役を続行するかどうかは現時点では未定だが、引退後にはバルサで何らかの役職に就くことが予定されているという。

     バルトメウ会長がクラブ会員との会合で述べたコメントを、スペイン『カデナ・セール』などが伝えている。「(バルサでの)選手としての時期は終えたが、戻ってきて別の仕事をすることになる。すでに彼とそういう話はしている」と会長は語った。

     先週末のジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールを決めたイニエスタは、15日に行われたサンフレッチェ広島戦でも2試合連続ゴールを記録。スパイクを脱いでバルサへ戻る前に、まだまだ日本と世界のサッカーファンを楽しませてくれそうだ。

    no title

    https://www.footballchannel.jp/2018/08/15/post285551/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/05(日)
     
    インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)が4日、ミランとバルセロナが対戦した。

    20180805-00000005-goal-000-3-view[1]

    ミランはジャンルイジ・ドンナルンマ、リカルド・ロドリゲス、スソ、ハカン・チャルハノールといった主力が先発。一方のバルセロナはクレメント・ラングレ、アルトゥールマウコムといった新戦力がスタメンに入っている。

    試合は後半までスコアレスで推移し、ともに途中から若手を多く出す展開に。押し気味のバルセロナが、エネルギッシュな若手の働きでチャンスを作ろうと試みるも、決定機を生み出すには至らず。

    終盤、ネウソン・セメドのクロスからフリーのリカルド・プイグがボレーで合わせるが、シュートは惜しくもゴール左へと外れる。逆にミランがカウンターから中央へ折り返すと、フランク・ケシエが一人をかわしてラストパス。受けたパトリック・クトローネが冷静にニアへ突き刺し、ミランがそのまま1-0で勝利した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000005-goal-socc






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/01(水) 13:02:49.71 _USER9
     インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018が8月1日に行われ、バルセロナとローマが対戦した。
    20180801-00803679-soccerk-000-2-view[1]


     バルセロナが先に試合を動かした。6分、敵陣ペナルティエリア外のゴール正面でボールを受けたラフィーニャが、ムニル・エル・アダディとのワンツーで相手ディフェンスラインの裏に抜け出しゴールネットを揺らした。

     35分、今度はローマにチャンス。右サイドを崩した新戦力ユースティン・クライファートが中央にグラウンダーのクロスを送り、反応したステファン・エル・シャーラウィが冷静にゴールに流し込み、スコアをタイに戻した。

     49分、敵陣左寄り中央でボールを持ったラフィーニャからパスを受けたバル・ジャン・イヴ・タブラが中央へ折り返すと、フリーで待っていた新戦力のマルコムが押し込み、バルセロナが再びリードを奪った。

     しかし、その後1点を返したローマが反撃。83分、左サイドでボールを持ったルカ・ペッレグリーニが、前線にスルーパスを出すと、反応したブライアン・クリスタンテがワントラップで相手DFを交わし、逆転弾を流し込んだ。

     さらに1点を加えたローマが最終スコア4-2でバルセロナを下した。次戦、バルセロナはミランと、ローマはレアル・マドリードとそれぞれ対戦する。

    【スコア】
    バルセロナ 2-4 ローマ

    【得点者】
    1-0 6分 ラフィーニャ(バルセロナ)
    1-1 35分 ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
    2-1 49分 マルコム(バルセロナ)
    2-2 78分 アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
    2-3 83分 ブライアン・クリスタンテ(ローマ)
    2-4 86分 ディエゴ・ペロッティ(PK)(ローマ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00803679-soccerk-socc







    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/30(月) 11:58:57.94 _USER9
    まだ決定ではないが、来年のプレシーズンのアジアツアーがほぼ確定している。メインスポンサーの楽天との契約により、バルサは少なくとも一度は日本でのプレシーズンを実現しなくてはならない。

    20180730-00010002-sportes-000-1-view[1]

    アメリカ合衆国でのプレシーズンの首尾は上々で、特にポートランドに位置するスポンサー企業ナイキの施設への訪問はバルサにとって素晴らしい経験だった。

    またアメリカ合衆国におけるFCバルセロナのプロモーションと言う意味でも、アメリカ合衆国ツアーは大きな意味を持っている。

    14年間の間ナイキの施設を訪れていなかったFCバルセロナだが、バルサの訪問はバラク・オバマ元大統領の訪問以来のニュースとなっている。

    2019年のプレシーズンツアーはほぼ確実に日本と中国で実施されるだろう。インターナショナル・チャンピオンズカップは中国のみで開催されるが、日本ではイニエスタが所属するヴィッセル神戸とバルサの対決が実現する可能性がある。

    7/30(月) 8:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010002-sportes-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/27(金) 20:29:44.22 _USER9
    J1神戸がパス精度や判断力を鍛えられる機器「ICON(アイコン)」を、いぶきの森球技場(神戸市西区)に導入した。パスサッカーの手本とするスペインの名門バルセロナの練習場にもあるという。

     30枚のパネルを直径約10メートルの円形に並べ、選手1人がその中に立つ。パネルそれぞれのランプが不規則に色を変え、緑色に当てると3点、紫色は1点とゲーム感覚でパスを繰り返す。1回30秒。MF郷家は「うまい人は(中央に立ったまま)動かないらしい。意識してやりたい」と早くも夢中。ちなみに、27日にMF松下と対決したところ、2点差で負けたという。(有島弘記)

    7/27(金) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000016-kobenext-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/27(金) 15:52:50.92 _USER9
    2018年7月27日 11:38 
    発信地:バルセロナ/スペイン [ スペイン ヨーロッパ ]

    20180727-00000013-jij_afp-000-3-view[1]

    【7月27日 AFP】スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)は26日、男女合同チームを乗せたチャーター機で男子がビジネスクラスを利用していた一方で、女子がエコノミークラスに乗っていたことが明らかになり、ソーシャルメディア上で炎上した。同クラブ史上初の男女合同遠征ツアーが暗雲に包まれている。

     バルセロナは米ポートランド行きの航空機に搭乗した男女チームの写真や動画を公開したが、女子選手が投稿した写真では女子がエコノミークラスに座っている様子が示されており、これに気づいた女子チームのサポーターがソーシャルメディアで批判の声を上げた。

     ファンが開設したツイッター(Twitter)アカウントの@BarcaWomenでは、この話題を大々的に取り上げており、クラブが投稿した画像について「この一枚の写真は、双方のチームキャプテンが並んでビジネスクラスで撮影されたものです。このあと男子チームはビジネスクラスのシートに座り、女子チームはエコノミークラスに戻っていきました」「ビジネスクラスに誰か女性がいたかどうかについては、明らかに確認されませんでした。バルセロナがこれを平等だというつもりなら、それを裏づける行動が必要です」とつづられていた。

     しかし、女子チームのアレクシア・プテラス(Alexia Putellas)は、男女が飛行機で別々のクラスに分けられることになった理由として、女子チームが後になってから遠征に加わることになり、その時点ではすでに航空機がチャーターされていてビジネスクラスは男子チームが使用することが決まっていたからだと説明した。

     ポートランドに到着して初めてのチーム練習に臨んだ後、プテラスは報道陣に対して、「クラブは最後まで、あらゆる手を尽くしてくれました。これからも、こうした環境下で遠征できることを望んでいます」とコメント。スペインのスポーツ紙マルカ(Marca)の報道では、ビジネスクラスには36席しかなかったことと、女子チームが1人3席をあてがわれていたことが伝えられた。

     一方、バルセロナの広報担当を務めるジョゼップ・ビベス(Josep Vives)氏は、「この議論は、クラブのすべての事情が考慮されずに巻き起こったものだ。当クラブは航空機をチャーターしたが、当初は女子チームがツアーに加わる予定はなかった。これは運搬上の問題だ」と述べた。

     女子チームのディレクターを務めるマリア・テシドール(Maria Teixidor)氏も、批判は不当だとしてクラブを擁護しており、公式サイトで発表したコメント文で「遠征ツアーでの女子チームの待遇に関して、批判的な立場を取っているみなさんに申し上げます。バルサが女子チームに遠征への帯同を申し出たのは、将来チームがチャーター機のビジネスクラスで渡航できるようにするためです」と述べた。

    「そのときこそ、平等について話をすることができるでしょう。なぜなら女子スポーツが男子スポーツと同様に、メディアで取り上げられ、スポンサー契約を結び、ファンの関心が向けられていることになるからです」

     クラブの発表によると、女子チームは今月29日にスペインに帰国し、その際にはビジネスクラスを利用することになるという。男子チームは来月8日まで米国に滞在し、イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)に加え、イタリア・セリエAのASローマ(AS Roma)やACミラン(AC Milan)と対戦することになっている。(c)AFP/Daniel BOSQUE

    http://www.afpbb.com/articles/-/3183949?act=all

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/25(水) 08:22:32.46

    20180725-00000032-goal-000-2-view[1]

    23日、ローマとボルドーはマウコムの移籍でクラブ間合意に達したと発表し、選手とクラブ間の契約及びメディカルチェックを残すのみと考えられていた。しかし24日、急遽バルセロナが同選手の獲得に乗り出し、瞬く間に契約をまとめてしまった。

    先日の報道では、ローマは3800万ユーロ(50億円)を提示してボルドーと合意に達していたが、バルセロナはセリエAのクラブよりも300万ユーロ(約3億円)ほど高額のオファーを提示して、土壇場になってマウコムの獲得に至ったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000032-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/18(水) 16:58:44.95 _USER9
    FCバルセロナに所属する選手たちの年俸は、クラブの収益の80%にも及んでいる。同クラブのテクニカル部門は選手たちの年俸の値下げを試みると同時に、8月12日に開催されるスーペルコパ・デ・エスパーニャに向けて余力を残しつつも、複数の選手たちを売却することによって1億5,000万ユーロ(約197億円)の利益を得なければならない。
    baruserona[1]

    バルサ 今季から世界的ブランドと最高の契約!

    例えば最近バルサが高額で売却した選手の一人にパウリーニョがいるが、バルサが同選手獲得に支払った金額は4,000万(約52億円)だった。5年契約とするとパウリーニョの金額は1シーズンにつき800万ユーロ(約10億円)となる。1シーズン経過したのち5,000万ユーロで売却したことで、バルサは1,800万ユーロ(約23億7,000万円)の黒字を計上したことになる。

    一方でラフィーニャやラキティッチ、ジョルディ・アルバと言った選手に関しては、既に獲得に投じた資金の元は取っているために、これらの選手達を売却した場合、それによって得た移籍金はすべてバルサの利益として計上できる。

    選手の売却は獲得とは全く異なり地味な分野であるが、強化担当ペップ・セグーラはバルサの選手一行がアメリカ遠征に出かける7月24日までに8名の選手達の移籍先をできる限り確定しなければならない。

    バルサは7月24日にナイキの本部があるアメリカ合衆国のオレゴン州ビーバートンに向けて出発し、同社が所有するスポーツ施設において合宿を行う予定だ。
    プレミアリーグの移籍期間が8月9日に終了してしまうことからも、バルサにとって選手を売却できる時間は限られている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010007-sportes-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/14(土) 00:46:36.35 _USER9
    バルサのトップターゲットはW杯でも躍動するカンテ…伊メディア報道

    20180713-00000024-goal-000-2-view[1]

    バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

    2015-16シーズンにレスター・シティの歴史的なプレミアリーグ優勝に貢献したカンテは、2016年の夏にチェルシー入り。チェルシーでも不動のレギュラーとして活躍し、2016-17シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。現在は、フランス代表としてロシア・ワールドカップに参戦しており、ここまで6試合に出場。決勝に進出した“レ・ブルー”でも欠かせない存在となっている。

    しかし、クラブにおいては変化が生まれるかもしれない。所属するチェルシーは13日、アントニオ・コンテ監督を解任。新指揮官として招へいされることが濃厚とみられている前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏は古巣から、よりビルドアップでボールに関与できるイタリア代表MFジョルジーニョを呼び寄せるとうわさされている。

    一方、バルセロナでは今夏にMFアンドレス・イニエスタとMFパウリーニョが退団した。そこでバルセロナはカンテに目を付けているようで、獲得リストの最上位に名前が記されているという。なお、カンテの獲得オペレーションでは、バルセロナのMFアンドレ・ゴメスが含まれる可能性があるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000024-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/10(日) 21:50:14.93 _USER9
     
    ae0950cd-89ca-4a10-8c2c-57b94a1b7b81[1]


    スペイン1部ベティスと契約したサッカー日本代表・乾貴士(30)が10日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)にVTR出演し、試合後のセレモニーの裏側について語った。

     「ワールドカップ直前サッカーSP」にVTRで出演した乾は、試合後のユニホーム交換について語った。「基本は交換しない。恥ずかしいから(相手に)言えない」と話していた乾だが、エイバル所属時代の2017年5月22日にバルセロナ相手に2得点の活躍をした。試合後にメッシのもとを訪れ、ユニホーム交換を申し出たという。「2点とったから行けっかと思った」と語ったが、返事はまさかの「ノー」だった。

     「『先に(約束した)相手がいる』って…。あいつら試合前に予約しているんです」とチームメートとの“争奪戦”に敗れたことを明かした。「イニエスタに行こうかと思ったけど(メッシに)断られた後に行くのは失礼かと思って」と自重したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000205-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/06(水) 02:37:00.85 _USER9
    バルサと契約延長のユムティティ…契約破棄金はなんと640億円に設定
    6/6(水) 0:25配信 SOCCER KING
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180606/770455.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00770455-soccerk-socc

    バルサとの契約を延長したユムティティ [写真]=Getty Images
    no title


    バルセロナは4日、契約延長で合意に達したフランス代表DFサミュエル・ユムティティについて、契約破棄金を5億ユーロ(約640億円)に設定したことを公式HPにて発表した。

    バルセロナは3日にユムティティとの契約延長合意を発表。2023年までの新契約を締結した。
    同選手は「バルサとの契約を延長できて誇りに思っている。夢が続くということだ。初日から自分の家のように感じたし、もっと長い間ここにいたい」と喜びを語っている。

    バルセロナの公式HPによると、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長がユムティティとの契約延長にあたり、契約破棄金を5億ユーロに設定したことを明らかにしたという。

    ユムティティは1993年生まれの24歳。2016年夏にリヨンからバルセロナに加入した。
    同クラブではすでにリーガ・エスパニョーラとスーペルコパ・デ・エスパーニャを各1回、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を2回制している。
    今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは全38試合中25試合に出場して1得点を挙げた。

    続きを読む

    704: 名無し@サカサカ10 2018/06/05(火) 12:17:47.12
     
    20180605-01654662-gekisaka-000-2-view[2]


    4日、国際サッカー連盟(FIFA)がロシアW杯に出場する32か国の本登録メンバー23名のリストを公表した。スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の所属クラブはバルセロナとして登録されている。

     12歳からバルセロナ一筋だったイニエスタは、今季限りで愛するクラブを退団。先月23日に都内で会見が開かれ、Jリーグのヴィッセル神戸に加入することが発表された。しかし、Jリーグの選手登録期間は7月20日から始まるため、W杯は“バルセロナのイニエスタ”としての出場となるようだ。

     また、スペインサッカー連盟は2日に選手背番号を発表したが、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝に出場したレアル・マドリーに所属するDFセルヒオ・ラモスとMFイスコ、DFダニエル・カルバハルの背番号は発表していなかった。FIFAが公表したリストによると、S・ラモスが15番、カルバハルが2番、イスコが22番をつける。

    ▽GK
    1 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
    13 ケパ・アリサバラガ(ビルバオ)
    23 ペペ・レイナ(ナポリ)

    ▽DF
    2 ダニエル・カルバハル(R・マドリー)
    3 ジェラール・ピケ(バルセロナ)
    4 ナチョ・フェルナンデス(R・マドリー)
    12 アルバロ・オドリオソラ(ソシエダ)
    14 セサル・アスピリクエタ(チェルシー)
    15 セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
    16 ナチョ・モンレアル(アーセナル)
    18 ジョルディ・アルバ(バルセロナ)

    ▽MF
    5 セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
    6 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
    7 サウール・ニゲス(A・マドリー)
    8 コケ(A・マドリー)
    10 チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
    20 マルコ・アセンシオ(R・マドリー)
    22 イスコ(R・マドリー)

    ▽FW
    9 ロドリゴ・モレノ(バレンシア)
    11 ルーカス・バスケス(R・マドリー)
    17 イアゴ・アスパス(セルタ)
    19 ジエゴ・コスタ(A・マドリー)
    21 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)


     
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246380-246380-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/01(金) 12:41:09.75 _USER9

    20180601-00107763-soccermzw-000-3-view[1]


    ドルトムントから移籍金137億円超の5年契約を結ぶも売却対象に...

     昨夏にバルセロナへ加入した若きフランス代表FWウスマン・デンベレが、わずか1年の在籍で“値札”をつけられたという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

     1年前に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントから5年契約で加入したデンベレだが、シーズン中に2度の負傷離脱。結局、リーグ戦17試合3得点、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)も3試合1得点にとどまり、デビューシーズンは「失望に終わった」とされた。

     わずか1シーズンを終えたばかりながら、バルセロナは今夏の移籍市場での放出も視野に入れているようだ。記事によれば、クラブが設定した移籍金は1億1500万ユーロ~1億2000万ユーロ(約150億円)だという。

     ドルトムントはデンベレ獲得時に、「バルセロナが支払う移籍金は1億500万ユーロ(約137億円/当時)で、そこに移籍金額の最大40%までのオプションが上乗せされる」と発表。ボーナスがどれほど支払われるかは不透明だが、バルセロナは1年間の償却期間があるにもかかわらず、同等額がそれ以上での売却を狙っているという。

     デンベレはドルトムントの練習をボイコットするなど強硬手段に打って出てスペイン行きを実現させていた。サッカー界からの悪評を覚悟で敢行したバルサ移籍だったが、その結果はわずか1年での売却対象入りという厳しいものになってしまったようだ。

    6/1(金) 9:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00107763-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/30(水) 06:14:52.99 _USER9

    20180529-01654388-gekisaka-000-2-view[1]


    人気者ゆえの悩みだろうか。バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)が私生活での悩みを告白した。スペイン『マルカ』が伝えている。

    13歳でバルセロナのセレクションに合格し、17歳でトップチームデビューを果たしたメッシ。その後は、バルセロナに多くのタイトルをもたらし、個人としても5度のバロンドールを獲得するなど、世界最高峰のフットボーラーと言われている。そのため、サッカーファンでなくとも彼の名を知っている人は多いだろう。

    だが、人気者ゆえの悩みは尽きないようだ。アルゼンチンのTV番組に出演したメッシは、様々な内容のインタビューに応じたが、中でも彼の私生活に注目が集まった。「僕は服を買うのは好きだけど、お店に行くのは好きじゃないんだ。だから、オンラインで多くの服を買っているよ」と、明かした。

    「僕がショッピングモールか、どこか歩いて行こうとするとき、いつも早く歩くことになる。止まらないためにね。目的地に行って、入って、やることをやってすぐに出てくるんだ。妻のアントネッラや子どもたちと一緒に行くときは止まれないよ。止まってしまうと、立ち去れなくなる。頭を下げて動かなければいけないんだ」

    2018年5月29日 17時58分 ゲキサカ
    http://news.livedoor.com/article/detail/14786080/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/21(月) 18:21:06.03 _USER9
    イニエスタ、自身の後継者を指名
    5/21(月) 17:38配信 SPORT.es
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00010018-sportes-socc

    自身の後継者を指名したイニエスタ [写真/BEINSPORTS
    no title


    20日、FCバルセロナに別れを告げたアンドレス・イニエスタは、チームにおける自身の後継者を指名し、アスルグラナ(バルセロナの愛称)のファンを安心させた。

    イニエスタが名前を挙げたのは、フィリペ・コウチーニョ、デニス・スアレス、カルレス・アレーニャの3人だ。

    数日以内に自身の次のチームを明らかにすると思われるイニエスタは、「イニエスタのいないバルサはどうしたらよいのか」という問いに対し、「チームにはコウチーニョ、デニス・スアレス、アレーニャといったクオリティを備えた選手がいる。」と答えた。

    こうして2002年から2018年までクラブで計674試合に出場したクラックは、3人の選手にバトンを渡した。彼らは来シーズンから、イニエスタが担ったチームの“コクピット”の役割を務めるだろう。

    一方でイニエスタは、バルセロナとのお別れのあと、「次はW杯だ。素晴らしい大会にしたい。これはとても素敵な挑戦なんだ。」と語った。

    イニエスタは自身にふさわしい送別を受けた。スタジアムは彼に捧げていた。彼は愛されていたことを感じ、ファンは22年間を通じて育まれた愛情を届けた。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/19(土) 05:27:18.14 _USER9
    神戸が獲得に乗り出し合意に向けて秒読み段階に入っていたバルセロナのスペイン代表MFイニエスタ(34)が、今月24日にも来日することが18日、分かった。

    三木谷浩史会長が自ら交渉を進めてきた中で、複数の関係者によると、すでに来日のスケジュールが組まれたことが判明。
    早ければ、W杯による中断期間に入る週明けにも完全移籍での獲得が正式発表される。

    三浦淳寛スポーツダイレクターは「自分は知らない」と話してきたものの、神戸側は今夏からの3年契約で、年俸は2500万ユーロ(約32・7億円)から3000万ユーロ(約39・2億円)あたりで交渉を進めてきた。
    イニエスタ自身は現地メディアに対し20日のリーグ最終節、Rソシエダード戦後に去就を明かすことを示唆しており、その新天地は中国やオーストラリアではなく、神戸になる見込みだ。

    Jリーグの第2登録期間は7月20日からとなっており、神戸デビューは最短で同22日の湘南戦(ノエスタ)。
    ただ、W杯の決勝が同16日に組まれており、順当にスペイン代表に選出され勝ち進んだ場合は、その後にオフを設けられることから、神戸合流がずれ込むことになる。
    いずれにせよ、世界的スターがJリーグでプレーする日がカウントダウンに入った。

    スポニチ 5/19(土) 4:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000006-spnannex-socc

    写真
    no title


    J1ヴィッセル神戸が、バルセロナを退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)と移籍合意に至ったことが18日、分かった。

    関係者によると、20日のスペインリーグ閉幕後に正式発表される。複数年契約で、W杯直前のスペイン代表合宿合流前の来週中に来日し、正式契約後、東京都内で記者会見が行われる。

    既に神戸の親会社楽天ではイニエスタ加入後の積極的な営業や宣伝等、業務を推進する通達がされているといい、会見の準備も行われている。
    もともと神戸側はバルセロナとスポンサー契約を結ぶ楽天の三木谷浩史会長兼社長が自らスペインに渡り交渉するなど誠意を見せてきた。
    一騎打ちとなっていた中国スーパーリーグの重慶も手を引いたもよう。神戸側は最大3500万ユーロ(47億3000万円)の年俸も用意しており、円滑に交渉が進んだ。

    イニエスタはバルセロナの生え抜きで欧州CLを4度制覇。10年W杯南アフリカ大会での母国優勝にも貢献した。4大会連続出場となるW杯メンバー選出も目前。
    大物外国人は昨夏に加入した元ドイツ代表FWポドルスキ以来となる。W杯前に「神戸イニエスタ」がいよいよ誕生する。

    ◆アンドレス・イニエスタ 1984年5月11日、スペイン・アルバセテ生まれ。10歳で地元アルバセテの下部組織に入団し、12歳からバルセロナの下部組織に入団。
    02年プロデビューし04年からレギュラーに定着。今季はリーグ優勝のほか、スペイン国王杯4連覇を達成。国際Aマッチ通算129試合13得点。171センチ、68キロ。

    日刊スポーツ 5/19(土) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00212745-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/18(金) 04:16:32.45 _USER9

    20180518-00000069-sph-000-4-view[1]


    5/18(金) 4:08配信
     今季限りでスペイン1部バルセロナを退団する同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)がJ1神戸に入団することで合意したことが17日、分かった。イニエスタがバルセロナでの最終戦となる20日(日本時間21日)のRソシエダード戦後に発表され、その後、来日して会見が行われる見込み。いよいよJリーグに世界屈指のプレーヤーがやってくる。

     正真正銘、世界最高峰のMFを日本で見られる日がやってくる。神戸関係者によると、イニエスタ本人とロシアW杯後の加入で合意。週明けにも発表し、イニエスタ本人が来日して交渉に携わった楽天・三木谷会長とともに会見する予定という。獲得報道のあった中国、オーストラリアのクラブとの競争を制した形だ。

     三木谷会長は16日、ルヴァン杯・鳥栖戦(ノエスタ)を観戦したが、報道陣との接触は避けて超大物獲得について一切語らず。しかし、交渉は水面下で着実に進展していた。イニエスタは近日中に発表されるW杯スペイン代表に名を連ね、自身4度目の大舞台に臨むことが確実。優勝候補の一角に推されるスペインが7月15日の決勝へ勝ち進んだ場合、チームへの合流は約1か月の休養でコンディションを万全にした後の8月中旬となりそう。チームへの適応期間も考えると早ければ8月26日の横浜M戦(ノエスタ)がJデビューの有力候補。現在リーグ7位につけるチームの上位浮上を担うことになる。

     バルセロナで欧州CLを4度制し、スペイン代表としても10年のW杯、08、12年の欧州選手権を優勝。バルサと“無敵艦隊”の心臓部として、欧州サッカーの王道を歩み続けてきた。今月8日にスペインメディアが報じた際の契約内容は年俸2500万ユーロ(約32億5000万円)の3年契約で、昨年加入した元ドイツ代表FWポドルスキの推定年俸500万ユーロ(約6億円=レートは当時)の5倍以上。Jリーグでは破格の金額が、イニエスタの価値を物語る。

     好影響は、神戸1クラブだけにとどまらない。対戦相手のクラブにとっては、“イニエスタ効果”で集客の大幅アップが見込める。また、選手にとっても最高峰の技術を肌で感じる効果は計り知れない。直接ボールを受ける神戸イレブンはもちろん、相手選手もイニエスタを止めようと力を尽くす中で得難い経験ができ、リーグ全体のレベルアップにつながるだろう。バルセロナではアルゼンチン代表FWメッシらチームメートを輝かせてきた名手が、ついに海を渡ってやってくる。


     ◆アンドレス・イニエスタ
     ▼生まれ 1984年5月11日、スペイン・アルバセテ。34歳。170センチ、65キロ。
     ▼競技歴 8歳から地元アルバセテ(現在2部)の下部組織に入団。12歳の時に全国大会で活躍し、Rマドリードの下部組織に入る予定だったが、両親の勧めもありバルセロナに入団。U―15では主将を務めた。
     ▼男気 11年頃から資金難に陥ったアルバセテに投資を続け、現在は筆頭株主。同クラブは12~13年シーズン終了時に給与未払いで降格危機に陥ったが、イニエスタが個人資産で全額を肩代わりした。
     ▼ワイン好き 故郷でブドウ農園、ワイナリー、レストランを経営。日本国内でも購入が可能。
     ▼愛称 地元紙などでは「エル・イルシオニスタ」(手品師)や「エル・セレブロ」(頭脳)などがある。
     ▼家族 妻と子供3人。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000069-sph-socc

    続きを読む


    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/16(水) 15:48:52.73 _USER9

    71565972ef9a05ec9f0cd2[1]


    5/16(水) 15:39配信
    日刊スポーツ

     バルセロナを退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を目指している神戸の三木谷浩史会長(53)が16日、自身のツイッターで「○○」とつぶやき、「イニエスタ獲得決定?」と話題になっている。

     イニエスタのバルセロナでの背番号8を横向きにすると「○○」に見えるためという推察が出ている。イニエスタは14日にスペインの地元ラジオに出演し、中国と日本からオファーがあり、「良いと思った方と契約する。来週発表できることを祈っている」とコメントしていた。

     14日にもツイッター「Vissel supporters. 水曜日はAll○まるでどこまで行けるかな? 応援宜しくお願いします。」と意味深につづっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00210225-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/15(火) 18:01:38.25 _USER9

    no title


    スペイン1部リーグ・バルセロナのMFアンドレス・イニエスタが15日までに、スペインのラジオ局オンダ・セロとのインタビューで自身の新天地について言及。日本か中国かの二者択一とした上で「来週に発表できればと思っている」との見通しを語った。 
      
     イニエスタは、今季限りでバルセロナを退団。次にプレーするチームについて「(出身地の)フエンテアルビージャからここへ来たのに次いで、大事な決定になる。中国と日本という舞台があり、それぞれにいいところがある。すべてを天秤にかけて検討する」と発言。さらに「一方のほうが、もうひとつより話が進んでいる」と、すでに移籍先が決まっているとも受け取られるニュアンスを含ませている。

     一部報道では元バルセロナ監督のグアルディオラ率いるイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ移籍の可能性もあったとされるが「彼からメッセージをもらったのは事実だが、報道は不可解なもの。敵としてバルサと戦わない。僕にとってトップレベルのサッカーはバルサで終わる」としている。

    ディリースポーツ 5/15(火) 17:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000089-dal-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/14(月) 05:42:52.39 _USER9
    ■リーガ・エスパニョーラ第37節 レバンテ 5-4 バルセロナ

    レバンテ:エマニュエル・ボアテング(9分、31分、50分)、バルディ(46分、56分)

    バルセロナ:コウチーニョ(39分、59分、64分)、ルイス・スアレス(71分)

    13日のリーガ・エスパニョーラ第37節、バルセロナは敵地シウター・デ・バレンシアでのレバンテ戦を4-5で落とした。

    リーガ史上初となる無敗優勝達成まで、あと2試合に迫っているバルセロナ。バルベルデ監督はその記録を目標に定めていることを認めながらも、休みを与えるためにメッシを招集外とした。GKテア・シュテーゲン、DFセメド、ミナ、ヴェルメーレン、ジョルディ・アルバ、MFラキティッチ、ブスケッツ、コウチーニョ、イニエスタ、デンベレ、FWルイス・スアレスをこの試合のスタメンとして、4-2-3-1のシステムを採用している。

    イニエスタを中心とする流麗なパス回し、ボールロスト時の素早いプレッシングと、立ち上がりはバルセロナがいつも通りの試合運びを見せるように思えた。が、次第に守備のフィルター密度の薄さが浮き彫りとなり、9分にレバンテが先制点を決めた。ペナルティーエリア手前でボールを受けたモラレスが、その驚異的な突破力を誇るドリブルを駆使してエリア内左深くまで突きみ、折り返されたボールをエマニュエル・ボアテングが押し込んだ。

    ビハインドを負ったバルセロナだが、メッシや、レバンテで言えばモラレスのようにアタッキングサードで仕掛けられる選手がおらず、決定機を生み出せぬまま時間を過ごす。そして29分にはヴェルメーレンが負傷して代わりにピケがピッチに立ち、31分に再び失点を許す……。イニエスタ&ラキティッチのプレッシングをかわしたルキッチのスルーパスから、E・ボアテングがペナルティーエリア内に侵入。ガーナ人MFは眼前のGKテア・シュテーゲンを置き去りにして、ミナの当たりをものともせず無人のゴールにボールを押し込んだ。

    2点差とされたバルセロナは意地を見せ、39分にはコウチーニョが強烈なミドルシュートを突き刺して1点差で試合を折り返す。だが、その後も脆弱な守備を修正することはできない……。後半開始から1分後には、ジョルディ・アルバの縦パスを奪われたことをきっかけにバルディにネットを揺らされて再び2点のビハインドを負う。さらに50分にはルナのお膳立てからE・ボアテングにキャリア初のハットトリックを達成され、56分にはバルディの2ゴール目も許して、スコアはついに5-1となった。

    歓喜に沸くシウターと、5失点に呆然とするバルセロナの面々。それでもバルセロナは、一縷の望みにすがるように攻撃を仕掛け続け、58分にコウチーニョがまたも1点を返す。バルベルデ監督はその2分後、デンベレ&イニエスタをパコ・アルカセル&デニス・スアレスに代えて交代枠を使い切った(シウターの観客は、イニエスタに対して大喝采を送る)。

    バルセロナは濃厚に見えた敗戦の色を、ここから限りなく薄くしていった。64分にはコウチーニョがペナルティーアークからのシュートでハットトリックを達成して5-3。そして70分にはE・ボアテングがブスケッツを倒したとしてPKを獲得し、キッカーのL・スアレスがしっかりと決め切って5-4…。ついに1点差まで迫った。

    しかしながら、バルセロナの怒涛の反撃はここまで。同点に追いつく、敗戦を回避できる5ゴール目は最後まで決めることができず、結局1点ビハインドのままメレロ・ロペス主審による試合終了のホイッスルを聞くことになった。バルセロナの無敗優勝の夢は潰え、昨季から継続するリーガ無敗記録は43試合でストップしている。

    GOAL 5/14(月) 5:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000041-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ