サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    バルセロナ

    153: 名無し@サカサカ10 2019/02/07(木) 05:43:55.88
     Dyv89sZX0AAqzcq[1]


    バルセロナ 0-1 レアル・マドリード



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/28(月) 13:05:40.79
     20190126-00165625-soccermzw-000-12-view[1]


    森保一監督率いる日本代表は、アジアカップで2大会ぶりとなる準決勝進出を果たした。5試合連続での1点差勝利と、接戦を制し続けているチームにあって、評価を高めているのはDF冨安健洋(シント=トロイデン)だ。20歳にして将来のディフェンスリーダーの風格を漂わせつつある冨安だが、幼少時代のキャリアを、なんと「バルセロナの公式サイト」が紹介している。

     同サイトでは冨安が決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦で、決勝ゴールとなるヘディングシュートを決めるなど、日本代表の主力としてプレーしていることを紹介。その冒頭にはこんな記述がある。

    「日本代表はアジアカップの準決勝に進んだが、その過程で“バルサのルーツ”を持つ選手に助けられた。それは福岡のバルサアカデミーでトレーニングを積んだ20歳のタケヒロ・トミヤスだ」

     現在、日本にはバルサのアカデミーが4校存在しているが、冨安は日本で最初にできた福岡校の1期生なのだ。今から10年前の2009年にバルサアカデミーの門を叩き、そこで3年にわたって育まれた実力は地元で知られるものとなり、中学生年代からはアビスパ福岡の下部組織に加入。そこから着実に成長を遂げ、現在では欧州のクラブでプレーする選手になった。

     そんな冨安を知るのは、当時のバルサスクールでテクニカルディレクターを務めたイワン・パランコ氏だ。現在、セレッソ大阪の指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下でアシスタントコーチを務めているパランコ氏は「彼は、日本よりも高いレベルのリーグで戦えることを証明した。完璧で、多彩な能力を持った選手だ」と称えている。

     そんな同氏が回想したのは、2011年にスペインのカタルーニャで行われたMICトーナメントという大会でのこと。

    「彼は素晴らしいゴールを決めたんだ。そしてサイドラインでチームメートと喜んでいた時、相手チームはキックオフしようとした。幸運にもレフェリーがその動きを止めてくれたんだ。それがあったから、即同点ゴールを許すことはなかったね」

     森保一監督率いる日本代表は、アジアカップで2大会ぶりとなる準決勝進出を果たした。5試合連続での1点差勝利と、接戦を制し続けているチームにあって、評価を高めているのはDF冨安健洋(シント=トロイデン)だ。20歳にして将来のディフェンスリーダーの風格を漂わせつつある冨安だが、幼少時代のキャリアを、なんと「バルセロナの公式サイト」が紹介している。

     同サイトでは冨安が決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦で、決勝ゴールとなるヘディングシュートを決めるなど、日本代表の主力としてプレーしていることを紹介。その冒頭にはこんな記述がある。

    「日本代表はアジアカップの準決勝に進んだが、その過程で“バルサのルーツ”を持つ選手に助けられた。それは福岡のバルサアカデミーでトレーニングを積んだ20歳のタケヒロ・トミヤスだ」

     現在、日本にはバルサのアカデミーが4校存在しているが、冨安は日本で最初にできた福岡校の1期生なのだ。今から10年前の2009年にバルサアカデミーの門を叩き、そこで3年にわたって育まれた実力は地元で知られるものとなり、中学生年代からはアビスパ福岡の下部組織に加入。そこから着実に成長を遂げ、現在では欧州のクラブでプレーする選手になった。

     そんな冨安を知るのは、当時のバルサスクールでテクニカルディレクターを務めたイワン・パランコ氏だ。現在、セレッソ大阪の指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下でアシスタントコーチを務めているパランコ氏は「彼は、日本よりも高いレベルのリーグで戦えることを証明した。完璧で、多彩な能力を持った選手だ」と称えている。

     そんな同氏が回想したのは、2011年にスペインのカタルーニャで行われたMICトーナメントという大会でのこと。

    「彼は素晴らしいゴールを決めたんだ。そしてサイドラインでチームメートと喜んでいた時、相手チームはキックオフしようとした。幸運にもレフェリーがその動きを止めてくれたんだ。それがあったから、即同点ゴールを許すことはなかったね」
    https://www.football-zone.net/archives/165625/2

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/24(木) 07:21:18.11
    20190124-00000031-goal-000-2-view[2]


    バルセロナは、アヤックスからフレンキー・デ・ヨングを獲得したことを発表した。

    オランダ・エールディヴィジで活躍する現在21歳のデ・ヨングは、すでにオランダ代表デビューを飾るなど将来を嘱望される逸材だ。
    この活躍を受け、バルセロナやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンといった数々の名門が興味を持つと頻繁に報じられてきた。

    先日から今夏のPSG移籍に近づくと報じられる中、23日にバルセロナが7500万ユーロ(約94億円)に加え、最大で1100万ユーロ(14億円)を支払うことで同選手の獲得を発表。
    オランダ代表MFはクラブと2024年までの5年間契約を結び、7月1日よりスペインに活躍の場を移すことが決まった。

    デ・ヨングの獲得を受け、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はツイッターで「フレンキー・デ・ヨングの加入で我々に新たなタレントが加わった。
    彼がこれからの数年間にわたりチームの重要な存在になることを確信している。
    ようこそフレンキー!」と若手の逸材との契約を報告した。

    これまでにアヤックス出身でバルセロナでプレーした選手は数多く存在する。
    ヨハン・クライフ氏、ロナルド・クーマン氏、パトリック・クライファート氏、フランク・デ・ブール氏、さらにルイス・スアレスなどいずれも大きな活躍を残してきた。
    今夏に加入するデ・ヨングも先人のような活躍を期待されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000031-goal-socc


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/16(水) 23:31:53.53
    20190117-00010000-sdigestw-000-1-view[1]


    元バルセロナでレウスのFWイサック・クエンカ(27)が、J1サガン鳥栖でプレーすることを決めたとスペイン紙ASが報じた。

    鳥栖の監督に就任したルイス・カレーラス氏とは10-11年シーズンにプレーしたサバデル時代に師弟関係だったという。

    1/16(水) 22:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00449186-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/08(火) 19:28:42.48
    数ヶ月前にムンドデポルティーボが報じたように、ネイマールはバルサへの復帰の可能性を模索している。
    このブラジル人選手は来夏スペインに戻るためにクラブへアピールを続け、一方のバルサもそれが適切な復帰になるかどうかを再検討しているようだ。

    昨夜の『Catalunya Radio』によると、バルサのスカウトであるアンドレ・カリーがクリスマス前にネイマールと接触し、帰国の可能性について話し合ったという。
    同ラジオは、その後カリーが代理人ピニ・サハビ、ネイマールの親友アルバロ・コスタらと会談したことも報じている。

    ネイマールがたびたびバルサのドレッシングルームを訪問しているのは、復帰について元チームメイトの反応を確認するためだと言われていた。
    様々な論争を呼んだパリ・サンジェルマン移籍について、ネイマール本人はこれが間違いだったことを理解しているというのが一般的な見解だ。

    1/8(火) 17:26配信 ムンド・デポルティーボ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010002-mdjp-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    999: 名無し@サカサカ10 2019/01/07(月) 05:24:29.98
     DwQith5XcAAiBXe[1]



    バルセロナが2019年初戦を白星…スアレスが豪快ボレー弾でリーグ戦5連勝/リーガ第18節
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010000-goal-socc







    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/31(月) 18:39:30.22 _USER9
    サッカースペイン1部リーグ、バルセロナが2019年7月に日本でJ1神戸、
    イングランド・プレミアリーグのチェルシーと親善試合を行うと31日までにバルセロナ拠点のスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボが報じた。

    48013_ext_04_0[1]

    同紙によると、バルセロナはプレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズ・カップに19年は出場せず、
    いくつかのプレシーズンマッチを行うよう調整中だという。

    19年夏は7月22~28日の間に神戸、チェルシーと日本で対戦する見通し。
    中国でも2試合が計画されている。

    2018年12月31日 18時11分 デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/article/detail/15816150/ 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/24(月) 01:46:02.69 _USER9
    バルセロナのFWリオネル・メッシは、2018年の1年間を公式戦53試合に出場して51ゴールという成績で終えた。欧州における「年間得点王」の獲得も濃厚となっている。

    20181223-00302238-footballc-000-1-view[1]

    バルサは現地時間22日に行われたリーガエスパニョーラ第17節の試合でセルタと対戦。メッシはチームの2点目となるゴールを決め、2-0の勝利に貢献した。これでバルサは年内の試合日程を終えている。

    メッシは今季のバルサの公式戦20試合に出場して21ゴールを記録。昨季の1月以降の試合やアルゼンチン代表の試合も含めた2018年の成績は53試合出場51得点となった。

    欧州のクラブに所属する選手では、メッシは今年1年間に最多の得点数を記録。ポルトガル『ア・ボーラ』などによれば、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが5点差の46ゴールで2位に続いている。

    C・ロナウドは22日に行われたローマ戦で無得点に終わったが、ユーベはまだ年内にアタランタ戦とサンプドリア戦の2試合を残している。
    C・ロナウドがメッシに並ぶには2試合で5ゴールが必要だが、イタリアメディアでは休養のためアタランタ戦を欠場する可能性が高いとの見通しも伝えられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00302238-footballc-socc
    12/23(日) 20:35配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/28(水) 15:44:36.39 _USER9
    バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが将来の日本行きを示唆している。スペイン『マルカ』が伝えた。
    20181128-06880362-gekisaka-000-3-view[1]

     ブスケツは24日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリー戦(1-1)で、クラブ通算500試合の出場を達成。歴代1位はアルサッドMFシャビ・エルナンデス(769試合)、2位は神戸MFアンドレス・イニエスタ(674試合)など、その先には偉大な先輩たちが控えている。ブスケツは「そこに到達したいとは思うが、それは不可能だ」と語ると、今後のキャリアについて次のように話した。

    「バルセロナでのキャリアの終わりがいつになるかは分からない。もし状態が良ければ、アメリカ、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦してみたいね。それが終わったら、家族との時間を楽しみたい。今まで4日連続のオフもなかったんだ。それから監督になるための勉強をしたいね」

     自身のコンディション次第という条件付きながら、移籍先の候補に日本も挙げたブスケツ。Jリーグでは今夏加入したイニエスタ、鳥栖FWフェルナンド・トーレスの元スペイン代表選手が活躍している。2010年W杯優勝メンバーからの3人目の日本上陸は実現するだろうか。

    18/11/28 10:54 ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260234-260234-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/20(火) 12:47:48.58 _USER9
    バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)が、チームメイトのフランス代表FWウスマン・デンベレ(21)にアドバイスを送った。スペイン『アス』が報じている。

    20181120-05875273-gekisaka-000-1-view[1]

     優れた才能を持ち、将来を期待されながらも、遅刻癖や素行の悪さが目立つデンベレ。最近では、夜遅くまでテレビゲームをやっていたことで8日のトレーニングに遅刻し、11日のリーガ・エスパニョーラ第12節ベティス戦でメンバー外となっていた。報道によると、クラブはデンベレに対して最後通告をする予定だという。

     そんなデンベレに対し、過去に噛み付き行為でサッカーに関するあらゆる活動の4か月間禁止処分を受けたこともあるスアレスが、後輩にアドバイスを送った。

     同紙によると、スアレスは「彼はもっと自分のサッカーに集中し、責任感をもつべきだ。まだ彼はとても若いし、プロフェッショナリズムに目覚めるには遅くない。バルセロナのロッカールームには経験豊富な選手たちがいる。彼らを見て学んでほしい。彼もバルセロナの一員なのだから」とコメント。先輩の思いはデンベレに届くのだろうか。

    11/20(火) 10:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-05875273-gekisaka-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ