サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    バルセロナ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/28(水) 15:44:36.39 _USER9
    バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが将来の日本行きを示唆している。スペイン『マルカ』が伝えた。
    20181128-06880362-gekisaka-000-3-view[1]

     ブスケツは24日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリー戦(1-1)で、クラブ通算500試合の出場を達成。歴代1位はアルサッドMFシャビ・エルナンデス(769試合)、2位は神戸MFアンドレス・イニエスタ(674試合)など、その先には偉大な先輩たちが控えている。ブスケツは「そこに到達したいとは思うが、それは不可能だ」と語ると、今後のキャリアについて次のように話した。

    「バルセロナでのキャリアの終わりがいつになるかは分からない。もし状態が良ければ、アメリカ、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦してみたいね。それが終わったら、家族との時間を楽しみたい。今まで4日連続のオフもなかったんだ。それから監督になるための勉強をしたいね」

     自身のコンディション次第という条件付きながら、移籍先の候補に日本も挙げたブスケツ。Jリーグでは今夏加入したイニエスタ、鳥栖FWフェルナンド・トーレスの元スペイン代表選手が活躍している。2010年W杯優勝メンバーからの3人目の日本上陸は実現するだろうか。

    18/11/28 10:54 ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260234-260234-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/11/20(火) 12:47:48.58 _USER9
    バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)が、チームメイトのフランス代表FWウスマン・デンベレ(21)にアドバイスを送った。スペイン『アス』が報じている。

    20181120-05875273-gekisaka-000-1-view[1]

     優れた才能を持ち、将来を期待されながらも、遅刻癖や素行の悪さが目立つデンベレ。最近では、夜遅くまでテレビゲームをやっていたことで8日のトレーニングに遅刻し、11日のリーガ・エスパニョーラ第12節ベティス戦でメンバー外となっていた。報道によると、クラブはデンベレに対して最後通告をする予定だという。

     そんなデンベレに対し、過去に噛み付き行為でサッカーに関するあらゆる活動の4か月間禁止処分を受けたこともあるスアレスが、後輩にアドバイスを送った。

     同紙によると、スアレスは「彼はもっと自分のサッカーに集中し、責任感をもつべきだ。まだ彼はとても若いし、プロフェッショナリズムに目覚めるには遅くない。バルセロナのロッカールームには経験豊富な選手たちがいる。彼らを見て学んでほしい。彼もバルセロナの一員なのだから」とコメント。先輩の思いはデンベレに届くのだろうか。

    11/20(火) 10:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-05875273-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/31(水) 20:40:44.35 _USER9
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000013-goal-socc
    no title

    “レオ・メッシ賞”創設?(C)Getty Images

    バルセロナFWリオネル・メッシの名がついた賞が、将来的に生まれることになるのかもしれない。リーガのハビエル・テバス会長が構想を語っている。

    2004年、17歳でトップチームデビューを果たして以来、11年間バルセロナで活躍するメッシ。クラブの歴代最多得点者であり、バロンドール5度受賞。チャンピオンズリーグを4度制覇するなど、数々の成功をもたらしてきた。

    リーガでも通算390ゴールを挙げて歴代最多得点者に輝くアルゼンチン代表FWだが、テバス会長はその功績を称え、シーズンMVPをメッシの名前がついたものに変える構想を明かしている。

    「私が思うに、メッシはフットボール史上最高の選手だ。すでにね」

    「ネイマールについて話す人もいるが、彼はすでに26歳。私が覚えている限り、メッシは若くしてバルセロナでプレーを始めてから、毎年我々を驚かせてきた。彼は限界を持たず、常に最高のレベルでプレーしている」

    「彼は最高の選手なんだ。レオ・メッシの名前がついたシーズンベストプレイヤーの賞を作るのは、素晴らしいアイディアだと思う」

    リーガでは、将来“レオ・メッシ賞”が創設されることになるのかもしれない。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/13(土) 17:48:28.47 _USER9
    10/13(土) 17:36配信 デイリースポーツ

     スペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシが早ければ2020年にチームを去る取り決めがなされているという。バルセロナを中心に展開するスペインのスポーツ紙エル・ムンド・デポルティボが伝えている。

     同紙によるとメッシとバルセロナとの契約は2021年までだが、欧州の強豪クラブ以外であれば2020年に移籍金なしでチームを移ることができる特記事項を設けているという。この点ではカタールのアル・サッドへ移ったMFシャビ、神戸を新天地に選んだMFイニエスタといったかつてチームの象徴として活躍した先輩の例が想定されていると考えられる。

     同紙によると現契約を満了すれば34歳を迎えるメッシにもう1、2年の契約更新を打診する意向があるという。

    20181010-00140290-soccermzw-000-1-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000103-dal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/09(火) 19:56:06.27 _USER9
    10/9(火) 14:05配信
    中島翔哉のビッグクラブ移籍は近い?現地記者が見解「レアル移籍だって非現実ではない」

    ポルティモネンセFW中島翔哉は、近い将来ビッグクラブへステップアップを果たすのだろうか。ポルトガル『PUBLICO』でチアゴ・ピメンテル記者が見解を述べている。

    世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

    昨季ポルティモネンセに加入した中島。欧州でのデビューシーズンでいきなり10ゴール12アシストと確かな結果を残すと、夏の移籍も盛んに騒がれたが、クラブが放出を拒否して残留することとなった。

    背番号10を与えられた今季は、開幕から4試合でノーゴールとチームとともにやや苦しんでいたが、第5節のギマランイス戦で初得点を含む2ゴール1アシストを記録。そして迎えた第7節、“ポルトガル3強”の一角に数えられるスポルティング・リスボン相手に躍動し、2ゴール2アシストと全4得点にからむ大活躍を見せ、チームを4-2の勝利に導いた。

    中島が見せる見事なパフォーマンスに、現地も大いに注目しているようだ。ピメンテル記者は、直近3試合で4ゴール3アシストを記録する24歳FWが、ビッグクラブへステップアップするのは時間の問題だとしている。

    「今年4月、『ショウヤ・ナカジマが2000万ユーロ(約26億円)でレアル・マドリーへ?』という記事が南アルガルヴェの地方紙で報道された。当時は完全なジョークだっただろう。だが、非現実的ではないだろう」

    「昨シーズンのポルトガルデビュー以来、ナカジマはポルティモネンセのジャージを着て自身の持つポテンシャルを証明し続けている。この日本人は、スポルティングを4-2と打ち負かした試合で4ゴールに関与した」

    「ナカジマがビッグクラブへ移籍するということに、もはや疑問はないだろう。むしろ、それがいつで、いかに高いレベルになるのかということが問題だ」

    すでにシャフタール・ドネツクやセビージャ、ポルト、ベンフィカなど、チャンピオンズリーグに出場するクラブから関心を集める中島。ポルトガルで輝きを放つ24歳の日本代表は、どのようなキャリアを送るのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000009-goal-socc
    no title

    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 05:54:44.16
     【トッテナム 2-4 バルセロナ CLグループステージB組第2節】
     
     現地時間3日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージB組第2節の試合が行われ、バルセロナはトッテナムがホームとして使用するウェンブリー・スタジアムに乗り込んで対戦。

    20181004-00291642-footballc-000-1-view[2]

     試合開始して2分、リオネル・メッシのパスを受け取ったジョルディ・アルバがゴール前に折り返し、フィリッペ・コウチーニョが冷静にシュートを放って先制点を決める。続く28分には、コウチーニョが落としたボールをイバン・ラキティッチがダイレクトで流し込み、バルセロナに2点目が入った。

     しかし52分、ペナルティーエリア内に侵入したハリー・ケインにキーラン・トリッピアーがフェイントで交わされた後、ゴールを決められ1点を返されてしまう。それでも56分、ここまで何度も惜しいシュートを放っていたメッシがチーム3点目を決める。

     66分にトッテナムのエリク・ラメラにゴールを決められたが、90分にはシュートカウンターからメッシが追加点。メッシを起点とした攻撃で得点を積み重ね、バルセロナは4-2の勝利をおさめた。この結果、バルセロナはCL2連勝としている。

    【得点者】
    2分 0-1 コウチーニョ(バルセロナ)
    28分 0-2 ラキティッチ(バルセロナ)
    52分 1-2 ケイン(トッテナム)
    56分 1-3 メッシ(バルセロナ)
    66分 2-3 ラメラ(トッテナム)
    90分 2-4 メッシ(バルセロナ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00291642-footballc-socc





    続きを読む

    539: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 04:28:49.49

    DokAFxmUcAEXaIP[1]

    ゴラッソ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/01(月) 12:55:06.16 _USER9
    バルサ化を目指し、パスがつながらなかったチームはほとんどないが…
    イニエスタの獲得で話題を集める神戸が、9月17日に吉田監督を解任し、
    「グアルディオラの師匠」とも言われるリージョを新監督に迎えた。コーチングスタッフも一新し、「バルサ化」を目指した改革が進んでいるが、果たして彼らは本家よろしく真のビッグクラブとなれるのだろうか。
    (『サッカーダイジェスト』10月11日号(9月27日発売)「ザ・ジャッジ」より転載)

    ――◆――◆――

    “監督メリーゴーランド”をやるチームは上手くいかない。フロントにビジョンと堪え性のないクラブは大抵ダメだと相場が決まっている。
    ただ、ヴィッセル神戸の場合はそれに当てはまらない。ビジョンははっきりしすぎているくらい、はっきりしている。

    バルセロナになる──。海賊王になるくらい荒唐無稽に思えるが、神戸が本気なのはよく分かった。
    アンドレス・イニエスタの獲得に続いて、なんとファン・マヌエル・リージョ監督まで呼んできたからだ。
     
    リージョは「ジョゼップ・グアルディオラの師匠」としてメディアで紹介されている。
    事実、現役時代の晩年には、当時メキシコのクラブ(ドラードス)を率いていたリージョ監督の下でプレーしている。
    引退後、指導者となるうえでの教えを乞うためであった。ヨハン・クライフ、マルセロ・ビエルサとともに、グアルディオラに多大な影響を与えた人物のひとりと言っていい。
     
    バルサで監督を務めたことはないリージョだが、そのサッカー哲学がバルサのそれと通じるところは多い。
    むしろ、バルサよりバルサらしいかもしれない。その点で、リージョ監督の招聘は「バルサ化」へと突き進む神戸の選択として正しい。
     
    一方、10代で指導者の道を志し、長い監督キャリアを持つリージョだが、これまで率いた多くのクラブで途中解任の憂き目を見ている。
    これだけ名を知られ、多くの人の尊敬を集めながら、これほど実績のない監督も珍しい。
    ビエルサ、パコ・ヘメス、ズデネク・ゼーマンと並ぶ超攻撃サッカーの旗手であると同時に、“奇人”でもある。
    癖の強い人物だということは、神戸のフロントも当然知っているだろう。
    それでも招聘したのだから、バルサ化以外は眼中になし、潔いくらいまっしぐらだ。
     
    ちなみに一時期、世界各地でトライされたバルサ化は、ことごとく失敗に終わっている。
    上手くいったのはグアルディオラ監督が率いたチーム(バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・シティ)とマウリツィオ・サッリ監督のナポリぐらいか。
    Jリーグでも、かつて横浜フリューゲルス(1999年に当時の横浜マリノスと合併・消滅)が、元バルサのカルレス・レシャックを監督に招いて試みたが、成績は伴わなかった。
     
    バルサ化を目指し、パスがつながらなかったチームはほとんどない。
    ボールポゼッションは目に見えて上がる。失敗の原因となるのは主に守備面だ。ボールを保持してもなかなかゴールが奪えず、逆に前がかりになったところをカウンターで突かれる。
    グアルディオラがバルサを率いていた当時、大きく改善されたのがディフェンスだった。
    もちろん、彼が就任する以前からバルサはバルサだったのだが、グアルディオラは守備面に手を加えることで、いわばバルサをバルサ化したのだ。

    20181001-00048013-sdigestw-000-3-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181001-00048013-sdigestw-socc
    10/1(月) 11:31配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/30(日) 01:05:03.05
     【バルセロナ 1-1 アスレティック・ビルバオ リーガエスパニョーラ第7節】

     現地時間29日に行われたリーガエスパニョーラ第7節でバルセロナはアスレティック・ビルバオをホームに迎え、1-1の引き分けで試合を終えた。

    20180930-00291193-footballc-000-1-view[1]


     開幕4連勝のあと2試合続けて勝利を逃しているバルセロナは、悪い流れを断ちきるために結果が欲しい一戦。だが、立ち上がりから危ない場面もあった。

     アスレティックは12分、イニャキ・ウィリアムスがループシュートを放つが枠外。41分には左からスサエタがクロスを入れると、ディフェンスラインのギャップをついたデ・マルコスがボレーシュートを決めて1点リードで折り返す。

     3試合勝利なしという事態は避けたいバルセロナは、51分にブスケッツ、55分にメッシを投入して完全に試合を支配した。ただ、メッシのシュートがポストに嫌われる不運もあり、同点弾が決まらない。

     それでも終盤、ようやくゴールが生まれる。右サイドを突破したメッシのシュートはGKに止められるが、こぼれ球を拾ったメッシが再び中へ。このボールに反応した途中出場のムニルが足を出して1-1とした。

     このまま逆転弾まで突き進みたいバルセロナ。ラストスパートでゴール前に押し込み続けたが、2点目は決まらなかった。

     敗戦こそ免れたバルセロナだが、これで3試合勝利なし。同日のナイトゲームで首位陥落の可能性が出てきた。

    【得点者】
    41分 0-1 デ・マルコス(アスレティック・ビルバオ)
    84分 1-1 ムニル(バルセロナ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291193-footballc-socc

    なんでや・・・

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/25(火) 11:48:54.895
    パスをつないでつないで最後はメッシが決めて終わり
    展開もずっとパスパス。結果もバルサが勝つのが分かってる

    これは最早、スポーツというよりかはショーに近い
    同じショーを何回も観せられたら飽きるのは当然

    maxresdefault


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/24(月) 16:59:12.96 _USER9
    バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツとチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定に対して不満を述べている。スペイン紙『マルカ』が23日付で両選手のコメントを伝えた。

    20180924-00837782-soccerk-000-2-view[1]

     バルセロナは、23日のリーガ・エスパニョーラ第5節でジローナと対戦し、2-2のドローに終わった。この試合では35分にフランス人DFクレマン・ラングレが相手選手への肘打ちでビデオ判定を経て一発退場に。
    数的不利に陥ったバルセロナは一時逆転を許すなど苦戦を強いられた。ターニングポイントとなったラングレの退場について、ブスケツはVARを用いた判定が適切ではなかったと主張している。

    「接触はあったかもしれない。それは映像を見れば分かるだろう。ただ、ボールは地面にあったんだ。ラングレの動作は自然なものだった。故意にやったことじゃない。ラングレは相手選手を見ていない。むしろ、ジローナの選手は謝罪していたよ。彼がファールを犯していたからね。VARは、同じ基準で、正しく使われなければならない」

     また、ビダルも今回の判定に対してを納得していない様子だ。同選手はVARについて“注文”をつけている。

    「このようなことというのは起こらないものだ。なぜなら、試合の結果を決定してしまうのだから。僕たちもビデオであのプレーを見たよ。VARは手助けをするべきであって、害を与えるべきではないと僕は思う」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00837782-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/23(日) 21:28:44.23 _USER9
    『スポルト』は2019/20シーズンのFCバルセロナのユニフォームに関する情報を独占入手し、大胆に予想した。そのデザインは今までに見たことのない斬新なデザインとなった。

    バルサ 来季3rdユニの全貌no title



    今までのストライプタイプではなく、クロアチア代表ユニフォームのような、チェック柄となっている。

    パンツは濃い青になることも判明しており、ソックスもユニフォームと同様にチェック柄になるという情報を手にしている。

    果たして、バルサはフットボールだけではなく、ユニフォームまでも攻めの姿勢を見せることになるのだろうか。
    期待したい。

    9/23(日) 20:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00010013-sportes-socc

    続きを読む

    286: 名無し@サカサカ10 2018/09/19(水) 03:27:56.29
     DnZY-4jVAAAVxQE[1]

    デンベレキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

     



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/04(火) 14:57:51.17 _USER9
    バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー退団について口を開いた。スペイン『アス』が報じている。

    20180904-01763597-gekisaka-000-1-view[1]

    リーガ・エスパニョーラでC・ロナウドと長らくしのぎを削ってきたメッシ。
    度々、どちらが世界最高の選手か比較されることもあったが、“ライバル”のユベントス移籍はさすがに驚いたという。

    『カタルーニャ・ラジオ』に出演したメッシは「あのニュースには驚いたよ。
    彼がいないレアルなんて考えたことがなかったし、ユベントスに行くとは思いもしなかった。
    彼のことを欲しがっているチームはたくさんあったからね」と、当時の心境を明かした。

    その上でメッシは「レアルは世界最高峰の選手が揃ったクラブで実際にとてもいいチームだ。
    ただ、彼がいなくなって、少し弱くなると思う。
    逆にいうと、ユベントスはチャンピオンズリーグのタイトルを獲るチャンスが増えたということになるね」と予想している。

    なお、今季最初の“クラシコ”は10月28日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催される予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-01763597-gekisaka-socc
    9/4(火) 10:52配信

    続きを読む

    52: 名無し@サカサカ10 2018/09/03(月) 19:42:05.93
     
    20180903-01758506-gekisaka-000-2-view[1]

    ヴィッセル神戸のオーナーを務める三木谷浩史氏が3日、自身のツイッター(@hmikitani)を更新し、
    FWルーカス・ポドルスキの一発退場に関してバルセロナのDFジェラール・ピケに意見を求めたことを明かしている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-01758506-gekisaka-socc

    三木谷さん熱いな

    続きを読む

    このページのトップヘ