サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    リーガエスパニョーラ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/18(水) 16:58:44.95 _USER9
    FCバルセロナに所属する選手たちの年俸は、クラブの収益の80%にも及んでいる。同クラブのテクニカル部門は選手たちの年俸の値下げを試みると同時に、8月12日に開催されるスーペルコパ・デ・エスパーニャに向けて余力を残しつつも、複数の選手たちを売却することによって1億5,000万ユーロ(約197億円)の利益を得なければならない。
    baruserona[1]

    バルサ 今季から世界的ブランドと最高の契約!

    例えば最近バルサが高額で売却した選手の一人にパウリーニョがいるが、バルサが同選手獲得に支払った金額は4,000万(約52億円)だった。5年契約とするとパウリーニョの金額は1シーズンにつき800万ユーロ(約10億円)となる。1シーズン経過したのち5,000万ユーロで売却したことで、バルサは1,800万ユーロ(約23億7,000万円)の黒字を計上したことになる。

    一方でラフィーニャやラキティッチ、ジョルディ・アルバと言った選手に関しては、既に獲得に投じた資金の元は取っているために、これらの選手達を売却した場合、それによって得た移籍金はすべてバルサの利益として計上できる。

    選手の売却は獲得とは全く異なり地味な分野であるが、強化担当ペップ・セグーラはバルサの選手一行がアメリカ遠征に出かける7月24日までに8名の選手達の移籍先をできる限り確定しなければならない。

    バルサは7月24日にナイキの本部があるアメリカ合衆国のオレゴン州ビーバートンに向けて出発し、同社が所有するスポーツ施設において合宿を行う予定だ。
    プレミアリーグの移籍期間が8月9日に終了してしまうことからも、バルサにとって選手を売却できる時間は限られている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010007-sportes-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/15(日) 12:37:08.08 _USER9
    チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、レアル・マドリードへの移籍に近づいているという。スペイン紙『マルカ』が14日付で伝えた。

     20180715-00794095-soccerk-000-1-view[1]

    レアル・マドリードは、かねてからGKの補強が報じられており、クルトワの名前も継続して候補に挙がっている。一方、クルトワもチェルシー退団を示唆するコメントを残してきており、移籍の噂が絶えない。マドリードには妻と2人の娘が住んでおり、同選手は将来的なマドリード“帰還”の願望をこれまで口にしてきた。

     そして、同メディアによると、クルトワはレアル・マドリードと年俸1300万ユーロ(約17億円)での個人合意に近づいている。数日以内に移籍が発表されるかもしれないとのことだ。

     なお、クルトワと同胞のFWエデン・アザールも「僕の行きたい場所は知っているだろう」とコメントし、チェルシー退団をほのめかしている。アザールは以前からレアル・マドリードへの憧れを公言しており、チェルシーは攻守の中心選手2人を同時に失うおそれが高まった。

     ベルギー代表が2018 FIFAワールドカップ ロシアの活動を終えたことで、クルトワやアザールの移籍話が一気に加速していきそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00794095-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/15(日) 06:05:46.82 _USER9
    現地時間14日に行われたロシアワールドカップ3位決定戦でイングランドに勝利したあと、ベルギーのMFエデン・アザールがチェルシーからの移籍をほのめかした。英『デイリー・ミラー』が伝えている。

     ベルギーの10番を背負うアザールは、イングランド戦でも活躍し、国際サッカー連盟(FIFA)の選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

     同選手は試合後、「チェルシーで6年間を過ごしたあと、違うものを見つけるときがきたのかもしれない」と語ったそうだ。

     アザールは以前からレアル・マドリーへの移籍が噂になっている。FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス行きが決まった今、その噂はさらに盛り上がっているところだ。

     アザールは「ワールドカップが終わって、僕は残るか移籍するかを決めることができる。最終的にはチェルシーが何を望むかだね。僕の望む行き先は知っているはずだよ」と話している。

     『ミラー』は、マンチェスター・シティもアザールの獲得に興味を持っているが、選手の希望はレアル・マドリーだとみている。また、チェルシーとしても国内のライバルに主力を譲ることはしないという見方だ。

     イングランド戦でも圧倒的な存在感を示したアザール。レアル・マドリーへの移籍が動き出すのだろうか。

    フットボールチャンネル7/15(日) 3:40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281550-footballc-socc

    写真no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/14(土) 08:29:48.53 _USER9
    現地時間13日夜、レアル・マドリーがブラジル代表FWネイマールの移籍報道について一石を投じる驚きの声明を発表した。 

    その内容は次のとおり。

    「パリSGのネイマールについて、レアル・マドリーが獲得するのではないかと頻繁に報じられているが、同選手に対し、我々はオファーを出す予定がないことを明らかにする」 
      
    「パリSGと我々の関係は素晴らしいものであり、レアル・マドリーがもしパリSGの選手の獲得を検討する時には、クラブに対して正式な獲得オファーを打診することになっている」

    レアル・マドリーはクリスティアーノ・ロナウドの退団が決定。その穴埋め役としてネイマールやエデン・アザールへの関心がしきりに報じられ、世界中のメディアがその動向に注目する状況となっていた。

    その一方、数ある報道の中には憶測の域を出ないものの、まるでネイマールのレアル・マドリー行きが決定しているかのような内容や、秘密裏に交渉がスタートしているとのニュースも散見された。

    レアル・マドリーが他チームの所属選手について、明確に獲得のうわさを否定する声明を出したのは異例の出来事。ネイマールの移籍騒動が独り歩きした結果、レアル・マドリー側にとってパリSGとの関係悪化を招きかねない状況になっていたこともあり、クラブ側は公式声明を通してネイマール獲得のうわさを完全否定するという動きに至ったようだ。

    ネイマールのレアル・マドリー行きは、これで事実上完全消滅したものと見られる。

    7/14(土) 7:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000037-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/13(金) 12:47:15.14 _USER9
    7/13(金) 11:55配信
    マドリーからまた離脱、ベイルがユナイテッド移籍に前進

    レアル・マドリードの会長フロレンティーノ・ペレスは、ここ最近でジネディーヌ・ジダンとクリスティアーノ・ロナウドというチームにとって重要な二人を失っており、沈みかけているチームを立て直すために多くの仕事が必要になるだろう。

    馬鹿げた金額だ!ベイル退団時のマドリー要求額がとんでもない

    ジュレン・ロペテギを招聘したものの、デビューしたシーズンを含む3シーズンでチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げた前監督ジダンと同レベルの成果を求めるのは非常に酷だろう。
    また、ロナウドのように優れたゴール記録を残す貪欲なストライカーを獲得するのはほぼ不可能だろう。

    そして今、監督ジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドがマドリーから盗みを働こうとしている。モウリーニョが過去に率いていたマドリーからスター選手がいなくなることを意に介すことはないだろう。

    今回、ユナイテッドが獲得を目論んでいるのは、2017/18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でMVPに輝いたガレス・ベイルである。
    ユナイテッドは、ベイルをオールド・トラフォードに連れて来たいと考えている。

    12日の英紙『Manchester Evening News』によれば、ベイルとの契約にユナイテッドが前進したということである。監督モウリーニョとCEOエド・ウッドワードは、ユナイテッドの攻撃を強化する完璧な補強になると考えており、先日、ユヴェントスに加入したロナウドよりも補強優先度を高めている。

    さらに同メディアのジャーナリストであるジェームス・ロブソンは、この移籍は前進したが、最後にベイルが決断すると明かしている。
    「ベイルは、監督ジダン政権時の自身の役割に不満を感じており、サンティアゴ・ベルナベウで不動のポジションを求めており、同様に、オールド・トラフォードでもそれを望んでいる。」

    ユナイテッドの監督モウリーニョは、就任2年でチームのプレミアリーグにおける地位を安定させたものの、まだ攻撃面での輝きは欠けている。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010005-sportes-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/14(土) 00:46:36.35 _USER9
    バルサのトップターゲットはW杯でも躍動するカンテ…伊メディア報道

    20180713-00000024-goal-000-2-view[1]

    バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

    2015-16シーズンにレスター・シティの歴史的なプレミアリーグ優勝に貢献したカンテは、2016年の夏にチェルシー入り。チェルシーでも不動のレギュラーとして活躍し、2016-17シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。現在は、フランス代表としてロシア・ワールドカップに参戦しており、ここまで6試合に出場。決勝に進出した“レ・ブルー”でも欠かせない存在となっている。

    しかし、クラブにおいては変化が生まれるかもしれない。所属するチェルシーは13日、アントニオ・コンテ監督を解任。新指揮官として招へいされることが濃厚とみられている前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏は古巣から、よりビルドアップでボールに関与できるイタリア代表MFジョルジーニョを呼び寄せるとうわさされている。

    一方、バルセロナでは今夏にMFアンドレス・イニエスタとMFパウリーニョが退団した。そこでバルセロナはカンテに目を付けているようで、獲得リストの最上位に名前が記されているという。なお、カンテの獲得オペレーションでは、バルセロナのMFアンドレ・ゴメスが含まれる可能性があるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000024-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/13(金) 12:28:46.32
    no title

    no title


    「別れを言う日が来るとは思ってもいなかった。けど人生に永遠なんてない。君の新たな旅の幸せを願っている」

    「10年近く君の近くいて、楽しいことや素晴らしいサッカーで勝つこともあればや負けることもあったけど、素晴らしい瞬間が詰まった10年間だった!僕は君からたくさんのことを学ばせてもらった。僕が見たアスリートの中でもサッカーに取り組む姿勢は1番だったよ」

    「試合前に2人で話し合うことがもうないかと思うと寂しい。決勝を戦うとき、君の経験と若手への愛情で落ち着きをもらっていた」

    「君は世界一の選手だ。そんな世界一素晴らしい人と一緒にプレーできたことを誇りに思う。引退したらバーの椅子に座ってビールを飲みながら君の話をして、君との写真を観ながら昔話をするんだろうね(笑)」

    「また会う日まで #12(マルセロより)」

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/12(木) 14:56:20.96 _USER9
     レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、ユヴェントスへの移籍が決まったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへの思いを語った。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。
    20180712-00792888-soccerk-000-1-view[1]

    モドリッチは11日、2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝のイングランド代表戦にフル出場。延長戦の末、2-1と勝利を収めたチームに大きく貢献した。そして試合後の取材にて、C・ロナウドの移籍決定に際しての質問を受けると、以下のようにコメントしている。

    「自分は『クリスティアーノは残るだろう』と言っていたんだ。それが自分の願いだったからね。でも(移籍に関することは)何もわからない」

    「彼は唯一無二の存在で、出ていってしまって悲しい。でも、幸運を祈っているよ。マドリードと対戦するとき以外はね」

    「彼がマドリードのためにやってきたこと、その全てに感謝しているんだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00792888-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/07(土) 07:18:11.54 _USER9
    7/7(土) 7:00配信

     41295_ext_04_0[1]

    スペイン1部、ベティスがW杯ロシア大会で2ゴールを挙げたMF乾貴士(30)の入団会見を12日に東京・港区のスペイン大使館で開くことが6日までに明らかになった。

     「W杯での輝かしい活躍から凱旋(がいせん)し、挑戦を始める」

     クラブの公式HPが伝えた。ベティスはバルセロナやレアル・マドリードなど世界屈指のチームを敵に回す中、1度のリーグ優勝に2度のスペイン国王杯制覇を誇る。創設110年を超え、「乾が歴史あるクラブの一員になる」(HP)と大歓迎。クラブによると国外で行う初の入団会見といい、期待の高さがうかがえる。

     乾は昨年4月にスペイン国王フェリペ6世夫妻が来日した際、安倍首相夫妻が主催した夕食会に出席した。日本の顔として認知されるドリブラーが、VIP待遇で迎え入れられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000020-sanspo-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/07/06(金) 13:00:40.28 _USER9
    20180706-00119619-soccermzw-000-1-view[1]

    リーガ公式サイトがアンケート実施 名立たるスター選手が集うなかで上位ランクイン
     日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)で3度目のベスト16で大会を終えた。西野ジャパンにおいて世界的評価を上げた代表格がMF乾貴士だ。今大会で2ゴールを挙げた活躍ぶりには、在籍するリーガ・エスパニョーラ公式サイトでのアンケートでも世界のビッグネームに負けず劣

     今回のW杯に出場している32カ国、全736人のうち、リーガ在籍選手は全体の10%を超える81選手を数えている。世界最高峰のリーグである証左である一方で、同サイトでは「ロシアW杯でベストのプレーを見せているリーガ在籍選手」をアンケートとして実施している。

     1位はグループリーグ初戦スペイン戦で驚愕のハットトリックを叩き込んだポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/得票率25%)だ。2位は苦しみながらもナイジェリア戦でのゴールでアルゼンチンを救ったFWリオネル・メッシ(バルセロナ/得票率12%)、3位はスイス戦でのスーパーミドルなど、ブラジルの破壊力抜群の攻撃を支えるMFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/得票率7%)ら強豪国の選手が名を連ねる。

     その中に“アウトサイダー”として見られていた日本から、乾が得票率3%の7位でランクインしている。グループリーグ第2戦セネガル戦で見せた絶妙のコントロールショット、そして決勝トーナメント1回戦ベルギー戦での無回転ミドルの2ゴールは、スペインの地でも鮮烈な印象を与えたことがよく分かる。

    W杯でのセクシーなプレーでスペインでもビッグネームへ
     乾は3シーズンにわたってプレーしたエイバルを離れ、新シーズンはリーガ屈指の名門であるベティスへの加入が決まっている。得票率は5位以下は混戦となっていることもあり、ロシアの地で見せた“セクシー”なプレーぶりによって、ビッグネームへの道を歩みつつあるのかもしれない。

     リーガ・エスパニョーラ公式サイトが掲載した「W杯でのリーガ在籍ベスト選手」のランキングは以下の通り(6日午前中時点)。

    1位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード/得票率25%)
    2位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ/得票率12%)
    3位 フィリペ・コウチーニョ(ブラジル/バルセロナ/得票率7%)
    4位 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード/得票率6%)
    5位 アントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレチコ・マドリード/得票率5%)
    6位 イスコ(スペイン/レアル・マドリード/得票率4%)
    7位 乾 貴士(日本/ベティス/得票率3%)
    8位 ナチョ・フェルナンデス(スペイン/レアル・マドリード/得票率3%)
    9位 ホセ・ヒメネス(ウルグアイ/アトレチコ・マドリード/得票率3%)
    10位 イバン・ラキティッチ(クロアチア/バルセロナ/得票率3%)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180706-00119619-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 09:35:50.28 _USER9
    スペイン代表のフレン・ロペテギ監督がロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前日に電撃解任されるという大激震が、世界中を駆け巡っている。騒動の発端となったのは、ロペテギ監督が来季からレアル・マドリードの指揮を執ると発表されたところにあるが、スペイン紙「マルカ」によると、この人事はクラブ、代表ともに主将を務めるDFセルヒオ・ラモスを筆頭にレアル勢は事前に知っていたと衝撃的な内容を報じている。

     レアルは現地時間12日夕方にロペテギ監督が来季の監督に就任することを発表。これに激怒したスペインサッカー連盟(RFEF)が、ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長やかつての名選手で技術委員長を務めるフェルナンド・イエロ氏(ロペテギの後任監督就任が決定)が解任の決断に至った。その直前まで選手側からは慰留の声があがったようだが、所属クラブによってその“情報差”があったようだ。

     それは来季から新指揮官を迎え入れるレアルの選手たちだ。剛腕で鳴るフロレンティーノ・ペレス会長はすでにキャプテンであるS・ラモスに対し、ジネディーヌ・ジダン前監督の後任最右翼としてロペテギの名前を伝えていたという。

     また、S・ラモス以外にもMFルーカス・バスケス、MFマルコ・アセンシオ、MFイスコ、DFナチョ、DFヘスス・バジェホもベースキャンプ地であるクラスノダール入りした時点で情報を共有していた模様だ。

     スペイン代表を主に構成するのはレアル勢だが、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケ、DFジョルディ・アルバ、そしてヴィッセル神戸に移籍したMFアンドレス・イニエスタらバルセロナ勢、そしてMFコケ、MFサウール・ニゲス、FWジエゴ・コスタらアトレチコ・マドリード勢、そして各国リーグのメガクラブ所属選手も多い。今回の衝撃の解任劇で、選手たちの間に溝ができる可能性も決して否定できない。

    6/14(木) 6:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00111117-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/13(水) 18:41:34.41 _USER9

    img_b05bc93804164698acf1dc2ec430dced233806[1]


    6/13(水) 17:13配信
    傲慢な態度のベイルに立腹のレアル・マドリード
    ガレス・ベイルの態度にレアル・マドリードの幹部らは怒りを覚えている。キエフでの欧州CL決勝での活躍ぶりを盾に取り、ベイルはより多くの活躍の場を与えられないのであればマドリーを離脱すると脅している。

    来季のスペインサッカー開催日程で揉める

    ジダンの辞任もベイルにとって追い風となり、新監督の就任を待ちながら今後の身の振り方を決定する構えであった。そしてこの度、フレン・ロペテギが新監督に就任することが発表された。ロペテギはベイルを戦力とみなすのかも注目される。
    ベイルとマドリーは2022年までの契約を結んでおり、契約解除違約金は10億ユーロ(約1,300億円)である。

    マドリー側はベイルの態度に呆れている。これまで幾度にもわたり負傷で欠場してきたにもかかわらず、マドリーは1試合ごとに100万ユーロ(約1,300万円)をベイルに支払っていることになる。

    今年2月の時点でベイルはスランプに陥っており離脱一歩手前だった。しかしその後モチベーションを取り戻し、調子を上げていき、欧州CL決勝では2ゴールを決めマドリーの優勝に貢献した。

    メディア『OK Diario』によれば、モウリーニョ監督は「ユナイテッドに移籍すればバロンドールが獲得できる」とベイルに移籍を説得しているという。おまけにユナイテッドはレオ・メッシ級(推定56億円)の年俸をベイルに与える準備があるという。

    ベイルのマドリーでの運命はクリスティアーノ・ロナウドの決心にかかっている。
    もしロナウドが離脱すれば、ベイルは主役になれるが、ロナウドが残留すれば影の存在であり続けるだろう。
    いずれにせよ、マドリーはいかなる選手の脅しにも動じない。会長フロレンティーノ・ペレスはロナウドに「もし離脱したければネイマールを手に入れることができるだけの金を持ってこい」と告げている。
    そしてベイルの獲得のために、ユナイテッドはそれ以上の金額を支払わなければならないだろう。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00010014-sportes-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/10(日) 21:50:14.93 _USER9
     
    ae0950cd-89ca-4a10-8c2c-57b94a1b7b81[1]


    スペイン1部ベティスと契約したサッカー日本代表・乾貴士(30)が10日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)にVTR出演し、試合後のセレモニーの裏側について語った。

     「ワールドカップ直前サッカーSP」にVTRで出演した乾は、試合後のユニホーム交換について語った。「基本は交換しない。恥ずかしいから(相手に)言えない」と話していた乾だが、エイバル所属時代の2017年5月22日にバルセロナ相手に2得点の活躍をした。試合後にメッシのもとを訪れ、ユニホーム交換を申し出たという。「2点とったから行けっかと思った」と語ったが、返事はまさかの「ノー」だった。

     「『先に(約束した)相手がいる』って…。あいつら試合前に予約しているんです」とチームメートとの“争奪戦”に敗れたことを明かした。「イニエスタに行こうかと思ったけど(メッシに)断られた後に行くのは失礼かと思って」と自重したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000205-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/06(水) 02:37:00.85 _USER9
    バルサと契約延長のユムティティ…契約破棄金はなんと640億円に設定
    6/6(水) 0:25配信 SOCCER KING
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180606/770455.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00770455-soccerk-socc

    バルサとの契約を延長したユムティティ [写真]=Getty Images
    no title


    バルセロナは4日、契約延長で合意に達したフランス代表DFサミュエル・ユムティティについて、契約破棄金を5億ユーロ(約640億円)に設定したことを公式HPにて発表した。

    バルセロナは3日にユムティティとの契約延長合意を発表。2023年までの新契約を締結した。
    同選手は「バルサとの契約を延長できて誇りに思っている。夢が続くということだ。初日から自分の家のように感じたし、もっと長い間ここにいたい」と喜びを語っている。

    バルセロナの公式HPによると、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長がユムティティとの契約延長にあたり、契約破棄金を5億ユーロに設定したことを明らかにしたという。

    ユムティティは1993年生まれの24歳。2016年夏にリヨンからバルセロナに加入した。
    同クラブではすでにリーガ・エスパニョーラとスーペルコパ・デ・エスパーニャを各1回、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を2回制している。
    今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは全38試合中25試合に出場して1得点を挙げた。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/04(月) 19:15:05.89 _USER9
    モドリッチ ネイマールを歓迎

    20180604-00010011-sportes-000-1-view[1]


    ルカ・モドリッチとネイマールは、3日(日)にリヴァプールの本拠地アンフィールドで行われたブラジル対クロアチアで対戦、ブラジル代表が2-0で勝利を収めている。そして、試合後にはレアル・マドリードのモドリッチが「俺らは待っているよ!」とネイマールに語りかけ、ユニホームを交換している。

    ブラジルフットボール連盟(CBF)が公開している動画に、モドリッチとネイマールがロッカールーム付近でサイン入りのそれぞれのユニホームを交換している様子が映っている。

    そして、ネイマールがブラジル代表のユニホームにサインを書いている際に、モドリッチが、「俺たちは待っているよ!」と声をかけ、ネイマールが笑顔で返している様子が見て取れる。

    2月に行われたチャンピオンズリーグ、ベスト16のマドリー戦1stレグを前にPSGでの試合で負傷して戦線離脱していたネイマールだが、アンフィールドで行われたクロアチア戦で復帰を果たし、69分には先制ゴールを決めている。

    なお、ここ数週間、マドリーがネイマール獲得に興味を持っていると多くのメディアが報道しているものの両者ともにこの報道内容を認めていない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010011-sportes-socc

    続きを読む

    704: 名無し@サカサカ10 2018/06/05(火) 12:17:47.12
     
    20180605-01654662-gekisaka-000-2-view[2]


    4日、国際サッカー連盟(FIFA)がロシアW杯に出場する32か国の本登録メンバー23名のリストを公表した。スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の所属クラブはバルセロナとして登録されている。

     12歳からバルセロナ一筋だったイニエスタは、今季限りで愛するクラブを退団。先月23日に都内で会見が開かれ、Jリーグのヴィッセル神戸に加入することが発表された。しかし、Jリーグの選手登録期間は7月20日から始まるため、W杯は“バルセロナのイニエスタ”としての出場となるようだ。

     また、スペインサッカー連盟は2日に選手背番号を発表したが、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝に出場したレアル・マドリーに所属するDFセルヒオ・ラモスとMFイスコ、DFダニエル・カルバハルの背番号は発表していなかった。FIFAが公表したリストによると、S・ラモスが15番、カルバハルが2番、イスコが22番をつける。

    ▽GK
    1 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
    13 ケパ・アリサバラガ(ビルバオ)
    23 ペペ・レイナ(ナポリ)

    ▽DF
    2 ダニエル・カルバハル(R・マドリー)
    3 ジェラール・ピケ(バルセロナ)
    4 ナチョ・フェルナンデス(R・マドリー)
    12 アルバロ・オドリオソラ(ソシエダ)
    14 セサル・アスピリクエタ(チェルシー)
    15 セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
    16 ナチョ・モンレアル(アーセナル)
    18 ジョルディ・アルバ(バルセロナ)

    ▽MF
    5 セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
    6 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
    7 サウール・ニゲス(A・マドリー)
    8 コケ(A・マドリー)
    10 チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
    20 マルコ・アセンシオ(R・マドリー)
    22 イスコ(R・マドリー)

    ▽FW
    9 ロドリゴ・モレノ(バレンシア)
    11 ルーカス・バスケス(R・マドリー)
    17 イアゴ・アスパス(セルタ)
    19 ジエゴ・コスタ(A・マドリー)
    21 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)


     
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246380-246380-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/04(月) 05:59:46.11 _USER9
    レアル・マドリードとの契約が3年残っているクリスティアーノ・ロナウドだが、
    バロンドール最大のライバルとなる2選手であるFCバルセロナのレオ・メッシとパリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールと
    同等の年俸になるようにマドリーの会長フロレンティーノ・ペレスに数カ月にわたり要求している。

    『El Confidencial』によれば、ロナウドは、フットボール界において最高額となるように額面8,000万ユーロ(約100億円)という年俸を要求している。
    ロナウドは、現状の手取り2,100万ユーロ(約27億円)という年俸に満足しておらず、最低でも現在の給料の2倍の年俸を要求しており、
    今後3シーズンで2億4,000万ユーロ(約300億円)の投資をマドリーに求めている。

    この金額はマドリーにとっては受け入れることが不可能な金額であり、会長ペレスもこのような大幅な年俸の増加を快く受け入れるつもりはないようである。
    つまりロナウドは、自身の立場を非常に難しくしていると言って間違いない。

    2018年6月3日 10時50分 スポルト
    http://news.livedoor.com/article/detail/14808827/

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/02(土) 09:13:13.24 _USER9

    20180602-00041306-sdigestw-000-5-view[1]


    いかにも熱狂サポが好みそうな技巧派で

     6月1日にリーガ・エスパニョーラの古豪、ベティスへの入団が公表された乾貴士。現地セビージャでは早くもサポーターが日本代表アタッカーの到来を心待ちにしているようだ。
     
     ベティスとの契約は2021年6月までの3年間。エイバルとの契約が今月末に満了となるため、乾はいわゆるボスマン・プレーヤーで、違約金ゼロでの移籍となった。ベティスの公式ツイッターにはさっそく趣向を凝らしたさまざまなウェルカム企画が掲載されている。乾のインタビューをはじめ、日本の人気アニメキャラを登場させた即席ドラマも登場。それでもやはり、新天地のファンの目を釘付けにしたのは、その超絶プレー&ゴールを集めたハイライト映像だろう。
     
     わずか1分40秒の動画には、フランクフルト&ボーフムのドイツ時代、日本代表、そしてエイバルでの印象深いプレーがふんだんに盛り込まれている。華麗なダブルタッチやフェイント、高速ドリブルからのチャンスメイクや豪快なミドルなど、ファンタジスタ乾の魅力がぎっしりと詰まった内容だ。 
      
     
     クラブの公式サイト&SNSには、早くもファンから称賛の声が相次いで寄せられている。
     
    「これぞ真の天才だ!」
    「早く緑と白のユニホーム姿を見せてくれ!」
    「きっと伝説になれるよ、君は」
    「ホンモノのオリベル(キャプテン翼)だ!」
    「才能の塊だな」
    「輝かしい男だ。精一杯応援するぞ!」
    「どんどん仕掛けろ! サポートするぜ!」
     
     などなど。熱狂的な応援で鳴らすベティス・サポーターらしいハイテンションである。
     
     ステップアップ入団に先駆けて臨む、自身初のワールドカップ。世界最高峰の舞台で声価をさらに高め、アンダルシアの地に足を踏み入れたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180602-00041306-sdigestw-socc







    続きを読む


    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/01(金) 19:32:24.43 _USER9
     
    DemahVNV4AE6HSg[1]



    乾貴士のベティス移籍が正式発表!2021年までの3年契約
    6/1(金) 19:13配信 GOAL 
      
    レアル・ベティスは1日、日本代表MF乾貴士を獲得したことを発表した。クラブによると契約は2021年までの3年間としている。

    かねてからベティス移籍が報じられていた乾だが、今回の発表により正式にベティスの一員として来季からプレーすることとなった。

    エイバルに所属していた乾は今季のリーガ・エスパニョーラで34試合に出場して5得点をマーク。3シーズン過ごしたエイバルでは通算94試合に出場し、11ゴール・12アシストを記録している。

    乾はロシアW杯に臨む日本代表メンバー23人に名を連ねている。メンバー発表後に「怪我をした際に、すぐに帰国を認めてくれて、最後まで自分のために尽くしてくれたエイバルには感謝しかありません、この場を借りて本当に最高の3年間だったことを改めて言いたいです!」とエイバルへの感謝の言葉を述べていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00010004-goal-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ