サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    リーガエスパニョーラ

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/17(日) 23:44:03.21
    GettyImages-1017243962-800x533[1]



    1.(右)チームメイトがベイルを影で「ゴルファー」と呼んでいることをメディアにバラし、ベイルとクロースを批判

    2.(二)「ワールドカップで正キーパーとして試合に出ることを諦めていない」と発言した控えGK(ミニョレ)に「俺に対する敬意が足りない」とメディアを通して発言

    3.(遊)「チェフのベンチに座るつもりはない。僕はここに残る、どこにも行かない」と発言しチェルシーをメディアを通して何度も批判するも、
    チェルシーがクルトワに無条件でスタメンを与える方針であると知った瞬間、メディアを通してアトレチコ批判を繰り返したあげく練習を無断欠席し、チェルシーへ強引に復帰

    4.(一)ベルギー代表でチームメイトのデ・ブライネの彼女と浮気

    5.(三)古巣チェルシーのホームスタジアムでは客が少なく、ホテルや空をみていたと発言

    6.(左)対戦相手のGK(ピックフォード,185cm)の失点シーンで「背の高い俺なら届いていた」と発言

    7.(中)レアルでのデビュー戦後に、「古巣のチェルシーよりレアルの方がレベルが高い」と発言

    8.(捕)まだ移籍が決まってないのに「僕の心はマドリードにある」と発言

    9.(指)「絶対にチェルシーでキャリアを終えるつもりはない」と発言 
    先発 試合中にアザールを交代したことに対して「監督に説明する責任がある」と発言
    中継ぎ アトレティコ時代の恩師シメオネ及び古巣アトレチコのファンとクラブをメディアを通して批判
    抑え モウリーニョとコンテから指導を受けたくないからロンドン(チェルシー)を出たと発言

    続きを読む

    565: 名無し@サカサカ10 2019/03/18(月) 06:29:31.42
    D15DYzpXgAAV67k[1]



    圧巻ハットのメッシには敵サポーターからも拍手!バルサが“4発返し”でベティスにリベンジ!
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00055801-sdigestw-socc










    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/12(火) 00:11:18.99
    レアル・マドリーが、現地時間11日中にもジネディーヌ・ジダン氏の監督復帰を発表する見通しとなった。

    コパ・デル・レイ、リーガ・エスパニョーラのクラシコ、さらにはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦アヤックス戦を落とし、今季のタイトル獲得の可能性が潰えたレアル・マドリー。
    クラブ理事会は現地時間11日にサンティアゴ・ソラーリ監督を解任し、その後任にジダン氏を据えることを発表する模様だ。

    まずスペインのテレビ局『セクスタ』がこれを報じ、次に同国のスポーツ紙『マルカ』がクラブから同様の内容をクラブから確認できたと伝えている。

    レアル・マドリーに選手としても在籍したジダン氏は、2015-16シーズン途中から同クラブのトップチームを率い、チャンピオンズリーグ三連覇という偉業達成に導いた。
    「レアル・マドリーには違う指導法が必要」「消耗が激しかった」と、昨季限りで同指揮官の座を降りたものの、縁の深いクラブの危機に再び立ち上がることを決意したようだ。

    3/11(月) 23:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010040-goal-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/10(日) 09:22:35.96
    cc2f9cb7[1]


    <スペインリーグ:ヘタフェ2-1ウエスカ>◇9日◇ヘタフェ

    MF柴崎岳が所属するヘタフェはホームでウエスカに2-1で逆転勝ちした。

    0-1とリードされた後半5分にFWハイメマタが同点ゴールを決め、同12分にもハイメマタがPKを決めて勝ち越した。

    柴崎はベンチ外だった。

    ヘタフェは12勝9分け6敗の勝ち点45で4位。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-03100054-nksports-socc
    3/10(日) 8:46配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/esp/esp-11162547.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/ranking/
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/920087
    今季成績

    柴崎今季成績

    第1節  先発
    第2節  出場なし
    第3節  出場なし
    第4節  途中出場 →62分
    第5節  出場なし
    第6節  ベンチ外
    第7節  ベンチ外
    第8節  ベンチ外
    第9節  出場なし
    第10節 出場なし
    第11節 出場なし
    第12節 ベンチ外
    第13節 ベンチ外
    第14節 ベンチ外
    第15節 出場なし
    第16節 先発→後半24分
    第17節 ベンチ外
    第18節 ベンチ外
    第19節 ベンチ外
    第20節 ベンチ外
    第21節 アジア杯
    第22節 アジア杯
    第23節 出場なし
    第24節 ベンチ外
    第25節 ベンチ外
    第26節 ベンチ外
    第27節 ベンチ外

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/10(日) 06:52:59.21
     
    前節に続いて2試合連続弾
     
    現地時間3月9日に開催されたラ・リーガ第27節、アラベスvsエイバルの一戦は、1-1のドローに終わった。
    この試合で先制点を叩き出したのが、アラベスの乾貴士だ。

    4-4-2の右サイドハーフで先発した日本代表MFは、0-0で迎えた57分、自陣のペナルティーエリア付近でホニにパスを出し、そのまま敵のゴール前まで駆け上がる。
    そして、ホニからリターンパスを受けると、そのまま敵陣深くまで持ち込み、一度シュートフェイントをかけてGKを倒してから、落ち着いてネットを揺らした。

    これでアラベスでの初得点となった前節のビジャレアル戦に続いて、2試合連発。古巣のエイバルに強烈な恩返しをした格好だ。
     この技ありゴールをスペイン・メディアがこぞって称えている。

    『As』紙が「大きなフェイントでGKを欺いた」と報じれば、『La Vanguardia』紙は「イヌイが難しい角度から見事に決めた」と称賛。『Marca』紙も「(GKの)ドミトロビッチの裏をかくクレバーなシュートだった」として、最高評価となる星3つを与えている。
    1週間前と同じく、ホニからのアシストを巧みにゴールへ流し込んだ乾の評価は高まるばかり。3試合連続ゴールが懸かる次節の相手は、現在最下位に沈んでいるウエスカだ。

    3/10(日) 6:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00055272-sdigestw-socc

    写真
    no title


    スペイン紙『マルカ』は、乾とジョニーの2選手に3段階中「星3つ」の最高評価を与えている。
    一方で、スペイン紙『アス』は「ゴールキーパーを欺く魔術師」として、2戦連続ゴールを決めた乾を称賛している。

    2戦連続弾の乾貴士、ジョニーと共に最高評価! スペイン紙「GKを欺く魔術師」
    3/10(日) 0:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00312537-footballc-socc

    アラベス乾、古巣GK翻弄の“無角度”フェイント弾に現地称賛 「重要だと感じさせた」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00175112-soccermzw-socc

    「乾貴士はベティスにいた時と真逆だ。キケ・セティエン監督の元で得られなかった出場機会を求めて、エリオポリス(ベティスの本拠地)を去り、アラベスへ向かった。
    アベラルド監督の元で、彼はもう一度重要だと感じさせた。シーズン終盤までヨーロッパの舞台の切符を争っているほどだ。
    そして土曜日(9日)、乾は人々に証明してみせた。後半、ほとんど角度のないところからドミトロビッチを欺く巧みなゴールを決めたのだ」







    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/09(土) 22:53:52.46
    20190309-00010016-sportes-000-2-view[2]


    乾が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了

    ラ・リーガ・サンタンデール第27節アラべス対エイバルの一戦が現地時間9日(土)13:00(日本時間21:00)からエスタディオ・デ・メンディソローサで開催され、1-1で引き分けた。

    元日本代表MFの乾貴士が2試合連続ゴールを決め、メンディソローサのファンを魅了した。

    前節のビジャレアル戦で今季初ゴールとなる決勝点を記録した乾は、この試合でも右サイドハーフで先発起用され、フル出場を果たした。また、この試合は乾にとって昨シーズンまで所属したエイバルとの古巣対戦となった。

    注目の乾の最初の見せ場は26分、ペナルティボックス内でパスを受け、得意な角度からシュートを放ったが相手DFにブロックされた。

    38分には、乾同様古巣対戦のアラべスFWボルハ・バストンがボックス内で強烈なシュートを放つがGKがセーブした。

    前半をスコアレスで折り返した両チームは、乾が49分に見せ場を作る。コーナーキックのサインプレーでボールを受けた乾は、右足を振り抜くがボールはわずかに枠を外れた。

    そして乾がホームスタジアムのファンの前で輝きを放つ。58分、相手CKからのロングカウンターからジョニーのスルーパスを受けた乾が、巧みなキックフェイントでキーパーを欺き先制点をもたらした。(1-0)乾の2試合連続ゴールはメンディソローサでの初ゴールとなった。

    失点を喫したエイバルは、バルセロナからローン移籍中のマルク・ククレジャを投入し攻勢を強める。リーガ4位のボール保持率を誇るエイバルは、71分にオレジャーナの折り返し途中出場のマルク・カルドナが決めて同点に追いついた。(1-1)
    エイバル監督のホセ・ルイス・メンディリバルの采配が的中した。

    試合はこのまま1-1で終了し、今季ホームのメンディソローサでは6勝5分1敗と無類の強さを見せるアラべスだがCLの出場権獲得に向け足踏みとなった。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010016-sportes-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/09(土) 09:53:19.54
    20190309-00010002-sportes-000-1-view[1]


    3/9(土) 8:35 SPORT.es
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010002-sportes-socc

    コパとリーガの2度に渡るクラシコでの敗北と、ラウンド16の欧州CLアヤックス戦で打ちのめされたレアル・マドリー。

    会長フロレンティーノ・ペレスはこの危機からクラブを救うためにネイマールに目を付けた。ネイマールを手に入れるために、会長は巨額のオファーを提示するつもりだ。

    本誌の調べによれば、マドリーはネイマールに3億5,000万ユーロ(約436億円)という破格のオファーを提示しようとしている。ネイマールとPSGの契約期間はまだ3年間のこっているものの、マドリーは既にネイマール側の説得にかかっているという。

    クリスティアーノ・ロナウドの放出時点でマドリーは絶対的なリーダーとなる選手を獲得するべきだった。

    現在のマドリーの危機的状況に、会長はサンティアゴ・ベルナベウのファンたちやメディアの注目を再び惹きつけることのできる選手として、ネイマールに白羽の矢を当てた。

    ネイマールの獲得のために、会長はPSGのオーナーである『カタール・スポーツ・インベストメント』が無視できないような歴史的な高額オファーを提示するだろう。

    ■年俸4,500万ユーロ
    会長フロレンティーノは移籍金3億5,000万ユーロ(約436億円)に加え、年俸として4,500万ユーロ(約56億円)を積む心構えだ。PSGでのネイマールの年俸は3,600万ユーロ(約44億9,000万円)である。契約期間は5年間となる予定だ。

    このオファーを受け入れれば、ネイマールは世界で最も高額な選手という地位を確かなものにするだろう。

    一方で、PSGは常に大型選手を購入する側であり、スター選手を売却してきた歴史は無い。しかし、レアル・マドリーは今回事情が異なるだろうと予想している。

    UEFAのファイナンシャル・フェアプレー規則といった事情により、PSGが3億5,000万ユーロ(436億円)といった巨額のオファーに心を動かされると考えているのだ。

    ■現在のところ却下されたエムバペ獲得
    一方でマドリーはキリアン・エムバペの獲得にはネイマールのような関心を示していない。ネイマールのようなメディアの関心が得られないと考えているのだ。

    PSG会長のナセル・アル=ケライフィを怒らせないように、フロレンティーノは正面から包み隠さずネイマール獲得を交渉するつもりのようだ。

    (全文はソース先で)

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/08(金) 08:51:59.43
    20190308-00010006-goal-000-4-view[1]


    UEFAチャンピオンズリーグ、ラウンド16ではアヤックスに屈し、早期敗退したレアル・マドリー。その混乱の余波はまだまだ収まらない模様だ。

    スペイン『マルカ』は、第2戦で出場停止だったセルヒオ・ラモスとフロレンティーノ・ペレス会長が、アヤックス戦終了後にドレッシングルームで衝突したと報じている。

    キャプテンであるS・ラモスは、現在の低迷は選手たちだけの責任ではないと主張。一方のペレス会長はこの発言を受け「S・ラモスをレアル・マドリーから追放する」とまで語り、激昂したという。

    対するS・ラモスも「契約満了までサラリーはしっかり払ってくれ。それなら今すぐここから去ってもいい」と返したとのこと。両者が激突したこの場には、チームのコーチや医療スタッフ、選手たちもいたようだ。

    コパ・デル・レイ準決勝第2戦ではバルセロナに敗れ、続くリーグ戦も含めクラシコ2連敗。そしてチャンピオンズリーグではアヤックスに2戦合計3-5で敗れ、ベスト16止まりとなった。短期間で複数のコンペティションで敗れたことから、チーム内のフラストレーションも最高潮となっていた。

    S・ラモスは2020年まで契約を結んでいるが、今回の騒動により契約満了まで“飼い殺される”可能性もあるという。果たしてペレス会長は、一度抜いた刀を鞘に収めるのだろうか。主将S・ラモスとの衝突は今後も尾を引くことになりそうだ。

    3/8(金) 7:41配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00010006-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/08(金) 02:35:57.68
    GettyImages-1127930039-horz-800x533[1]

     レアル・マドリードが、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン獲得に向けてウェールズ代表FWギャレス・ベイルを差し出す意向のようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が3月2日付で報じている。

     同紙によると、レアル・マドリードは今夏の移籍市場でエリクセンの獲得を狙っており、移籍金5000万ポンド(約74億円)にベイルの譲渡を加えたオファーを提示するという。レアル・マドリードとしては“期待外れ”に終わっているベイルを見限り、エリクセンを迎え入れたいと考えている模様だ。

     ベイルを巡っては、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ぺレス会長がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド退団後の新エースと期待していたものの、稼働率の低さから売却にゴーサインを出したとも伝えられている。一方、エリクセンはトッテナムとの契約が残りおよそ1年となっており、今夏の移籍が盛んに報じられているところだ。

     ベイルは2013年夏までトッテナムでプレーしており、プレミアリーグでの実績は十分である。はたして、現・司令塔のエリクセンとの取引は成立するだろうか。

    https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20190303/913843.html
     
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/07(木) 14:57:13.58
    3/7(木) 13:26配信
    ジダン、6月にマドリー監督復帰の可能性

    ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリに代わってレアル・マドリーの監督に復帰するという多くの噂が出てきている。しかし、それらの噂において、復帰という部分は正しいが、戻ってくる人は、ジネディーヌ・ジダンとなるかもしれない。『LA SEXTA』の番組『Jugones』が、マドリーが数時間もしくは、数日中にマドリーの監督を引き受けて欲しいとジダンに打診するかもしれないと報じている。

    マルセロの妻が意味深メッセージ、レアルへ別れを告げる!?

    『Jugones』によれば、ジダンがマドリー監督復帰の有力候補となっているものの、ジダン本人は、現在の生活を壊す気はなく、監督を引き受けるにしても6月からとなるだろうということである。つまり、もし報道内容が事実だとすれば、ソラーリが今シーズン終了までマドリーの監督を務めることになる。

    会長フロレンティーノ・ペレスは、現在のクラブの危機的状況を終息させるためにも、できるだけ早くジダンを連れて来て、ファンとチームの両方に対策を講じ、来シーズンに向けた準備をしたいと考えている。

    番組の司会者ジョゼップ・ペドレロルは、ジダンの監督復帰の可能性と現在のクラブにおいて気に入らない点を分析している。同氏は、来シーズンを待つことなく、早急な改革が必要だと考えている。

    そして、「マドリーは、崩壊しいている。選手達は、監督ソラーリを信頼しておらず、クラブは、今すぐに何かしらのアクションを起こさなければならない。マドリーは、シーズン終了までこのままでいるわけにはいかない。放置すれば、悲惨な状態がさらに悪化する。監督ソラーリは、多くの選手達との関係が優れない。監督ソラーリが、ガレス・ベイルにチームを救うように頼むのか?イスコ・アラルコン、マルセロ、マルコ・アセンシオ、マリアーノ・ディアス、ブラヒム・ディアスにどのように犠牲を求めるのか?」とペドレロルは、述べている。

    さらに、「監督ソラーリは、3試合連続で全員同じ選手を起用している。唯一、ラモスが出場停止で代わっている。その結果、ルカス・バスケスは怪我し、ヴィニシウス・ジュニオールも怪我している。つまり、監督ソラーリは、すでに終焉を迎えている。あとは、会長ペレスがどんな判断を下すかである。まず、一人目は、ベイルだ。放出だ。ベイルは、ウェールズでゴルフでもすればいい。そして次に、マドリーに本物の監督を迎える必要がある」とも語っている。

    そして最後に、ペドレロルは、「モウリーニョかジダンかという2つの選択肢がマドリーにはある。自分は、両方いいと思う。ジダンは、マドリーの神話的存在であり、彼の復帰は、マドリーにとって素晴らしいニュースになるだろう。ジダンの代替候補としてモウリーニョがいる。もし、マドリーに彼が戻って来れば、複数の選手は、準備を開始するだろう」とも説明している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010010-sportes-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/07(木) 01:03:45.47
     pcimage[1]



    ヴィニシウスは5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアヤックス戦に先発出場したが、35分に単騎突破からシュートに持ち込んだプレーで右足を負傷し、そのままFWマルコ・アセンシオとの負傷交代を強いられていた。

    その後、クラブのメディカルスタッフによる精密検査を受けた結果、右足脛腓骨関節の靭帯断裂と診断された。マドリーは現時点でヴィニシウスの離脱期間に関して言及していない。しかし、アメリカ大手『ESPN』が伝えるところでは離脱期間は約2カ月程度となる見込みだ。

    なお、サンティアゴ・ソラーリ体制下でレギュラー格に台頭し公式戦26試合3得点12アシストと目覚ましい活躍を披露していたヴィニシウスは、3月の代表ウィークに向けたブラジル代表メンバーに初選出されていたが、今回のケガで代表デビューはお預けとなった。

    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350162&page=0&lg[]=2

    続きを読む

    838: 名無し@サカサカ10 2019/03/06(水) 05:44:02.79
     0a86ae242d75dcf2417b3ec9871ad9ee[1]



    前半だけでアヤックスに2点決められ逆転される
    バスケスとヴェニシウスが負傷交代





    続きを読む

    このページのトップヘ