リーガエスパニョーラ

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/25(土) 01:11:31.22 _USER9

    20170324-01638113-gekisaka-000-1-view[1]



    アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、フランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンが
    今夏クラブを去る可能性について認めている。その場合は引き留めるつもりはないという。『アス』がコメントを伝えた。 
      
    グリエーズマンの移籍先最有力候補はマンチェスター・ユナイテッドと言われている。
    A・マドリーとは2021年までの契約を残しているが、ユナイテッドは1億ユーロといわれる
    契約解除料を用意していると伝えられている。 
      
    シメオネ監督は昨夏も残留に向けた働きかけがあったと振り返るも、
    今夏は同じようにはいかないだろうとの見解を示している。

    「契約解除料が設定されているかぎり、彼が出ていかないと保証することはできない。
    これから何が起こるかは私にはわからないがね。彼とは昨年の夏の休暇のときに話をした。
    多くのことを話し合い、彼の残留が決まった。その時、彼はもし私が残るのであれば残ると言ってくれた。
    その後、代理人と話をつけて、契約にいたったんだ」

    「今回、グリエーズマンは、私が残留を希望しても、そのまま飲むようなことはしないだろう。
    (FWディエゴ・)コスタや(FWラダメル・)ファルカオのときもそうだった。
    多くの貢献をしてくれた選手たちの決定に対しては、私は従いたいと思っている。
    でも明らかなのは、グリエーズマンがチームに残るかぎり、このクラブは成長しつづけるということだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-01638113-gekisaka-socc

    【アトレティコ・マドリーのシメオネ監督がグリエーズマンの移籍容認へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/22(水) 21:39:30.10 _USER9

    20170322-00000029-goal-000-2-view[1]


    バルセロナが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ獲得に本腰を入れ始めているという。
    スペイン『ムンド・デポルティボ』など複数メディアが伝えた。

    バルセロナのイスコへの関心は、以前から取りざたされてきた。
    だがここに来て、同クラブは24歳MF獲得に強気な姿勢を示している模様だ。

    イスコとマドリーとの現行契約は、2018年6月30日に満了する。
    スペインの全国紙『エル・パイス』のディエゴ・トーレス記者は、カタルーニャのラジオ局『RAC1』で、
    バルセロナがイスコ獲得に2000万ユーロ(約24億円)を準備していると明かしている。

    バルセロナの算段は、こうだ。まずイスコに関心をほのめかして、マドリーとの契約延長の可能性を排除する。
    そして18年夏にフリーとなったイスコを移籍金ゼロで確保し、
    5年契約のオファーを提示して契約期間中に2000万ユーロを“報奨金”という形でイスコに収めるというものだ。

    ただ、水面下で交渉が進められた場合、イスコは2017-18シーズンに厳しい状況に置かれる可能性がある。
    契約延長に関して「ノー」を唱え続ければ、移籍報道に困惑するサポーターからは批判を浴びる。
    下手をすれば、次のシーズン以降の構想から外れることでジネディーヌ・ジダン監督から
    “飼い殺し”にされることもあり得る。

    それでも、イスコは移籍を決断するのか。今後の動きに注目だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000029-goal-socc

    【バルサ、イスコ獲得に本腰か...2018年夏に移籍金ゼロで確保する狙い】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/22(水) 10:47:49.45 _USER9

    20170322-01638023-gekisaka-000-1-view[1]


    19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節バレンシア戦でバルセロナFWリオネル・メッシは2得点を奪い、
    チームを4-2の勝利へと導いた。 
      
    まずは1-1で迎えた前半45分にPKをきっちり沈めて自身1点目を記録すると、
    バレンシアに追い付かれて迎えた後半7分にDFハビエル・マスチェラーノのパスをPA内で受けると、
    ワンフェイントでシュートコースを生み出して右足のシュートを突き刺した。 
      
    クラブ公式ウェブサイトによると、この日の2ゴールでメッシの今季公式戦得点数は41(40試合)となり、
    09-10シーズンに47ゴールを記録してから8年連続での40ゴール越えを達成した。
    内訳はスペインスーパー杯で1、コパ・デル・レイで4、CLで11、リーガで25となっている。 
      
    なお、メッシが最も得点を記録したのは11-12シーズンの73ゴール。
    今季のバルセロナはCLで準々決勝、コパ・デル・レイで決勝まで駒を進めており、リーガは10節残されている。
    メッシはゴール数をどこまで伸ばせるだろうか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01638023-gekisaka-socc

    【2ゴールのメッシ、今季公式戦得点数は41(40試合)で8年連続で40点越え達成! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/21(火) 22:36:52.15 _USER9

    20170321-00000025-goal-000-2-view[2]


    レアル・マドリーが、今年の夏に左サイドバックを補強することを考慮しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

    この夏にモナコからDFファビオ・コエントランをレンタルバックさせたマドリーだが、
    ポルトガル人DFは今季ここまで3試合出場にとどまっている。
    ピッチ上よりジムで過ごす時間の方が長い同選手に対して、クラブの我慢も限界に達した模様だ。

    マドリーは現在、コエントランの放出に備え2つの条件を掲げて選手を探している。
    その条件とは、控えの状況を受け入れられることと、スペイン人選手であることだとされる。

    マドリーにはブラジル代表DFマルセロという世界最高峰の左SBが存在する。
    これが1つ目の条件である「控えの状況を受け入れる」につながる。
    2つ目の条件については、マドリーが近年打ち出している補強方針に国内選手(スペイン人)を多く確保するという狙いがあるためだ。

    マドリーの意向に合致する選手が、2名いる。レアル・ソシエダDFユーリ・ベルチチェ、
    エスパニョールDFアーロン・マルティンである。ただ、両者は現クラブと長期契約を残している。
    2020年まで契約を残すユーリ、2022年まで契約を結んでいるアーロンの契約解除金は
    3000万ユーロ(約36億円)に達するとみられ、獲得するとなればマドリーにとって決して安価な買い物とはならない。

    マドリーはまた、チェルシーDFマルコス・アロンソにも関心を寄せていた。
    だがM・アロンソは昨年夏に移籍金2200万ユーロ(約26億円)でフィオレンティーナからチェルシーに渡ったばかり。
    現時点での獲得はほぼ不可能ではないかと伝えられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000025-goal-socc

    【レアル・マドリー、来夏左SBを補強か...スペイン国内の2選手を候補に】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/20(月) 21:51:03.48 _USER9

    20170320-01637949-gekisaka-000-3-view[1]

     スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳(24)の新天地初出場はスペインでも注目を集めた。 
      
    全国紙のマルカ(電子版)は「柴崎がスペインでデビュー」と題した記事で「昨年のクラブW杯で
    レアル・マドリードを相手に輝いた鹿島アントラーズの英雄が、スペインでの物語をスタートさせた」と伝えた。 
      
    テネリフェの地元紙ラ・オピニオンは「適応に苦しみながらも、乗り越えた。
    初戦でポジティブな結果は出せなかったが、大きな喝采を浴びた」と地元ファンの歓迎ぶりを報じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000153-spnannex-socc

    【テネリフェ柴崎 初出場でスペインでも注目「物語をスタート」「大きな喝采浴びた」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/20(月) 02:13:56.24 _USER9

    20170320-00564873-soccerk-000-3-view[1]


    リーガ・エスパニョーラ第28節が20日に行われ、アトレティコ・マドリードとセビージャが対戦した。

     アトレティコは前節欠場のケヴィン・ガメイロが復帰。アントワーヌ・グリーズマンと2トップを組んだ。
    対するセビージャは3-4-2-1の布陣。1トップにはウィサム・ベン・イェデルが起用された。

     アトレティコは開始わずか2分、アクシデントが襲いかかる。
    シメ・ヴルサリコが負傷のため、フアンフランが急遽ピッチに入った。
    すると36分、グリーズマンのFKをディエゴ・ゴディンが頭で合わせて、ゴールネットを揺らす。
    今シーズン、先制した15試合で13勝2分け無敗という成績を誇るアトレティコが先手を取る。
    前半はホームのアトレティコが1点のリードで折り返す。

     1点を追いかけるセビージャは、後半開始からスティーヴン・エンゾンジに代えてステヴァン・ヨヴェティッチを投入。
    しかし60分、グリーズマンが強烈な直接FKを叩き込み、アトレティコがさらにリードを広げる。
    76分には右サイドを駆け上がったフランフランがクロスを送り、
    GKセルヒオ・リコが弾いたボールをコケが詰めて3点目を奪う。
    セビージャは85分、途中出場のホアキン・コレアがドリブル突破からシュートを決めて1点を返すが、
    試合は3-1でタイムアップ。

     ホームで快勝した4位アトレティコは勝ち点3を積み上げ、3位のセビージャに勝ち点2差まで迫った。

     次節、アトレティコはアウェイでマラガと、セビージャはホームでスポルティング・ヒホンと対戦する。

    【スコア】
    アトレティコ・マドリード 3-1 セビージャ

    【得点者】
    1-0 36分 ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)
    2-0 60分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    3-0 76分 コケ(アトレティコ・マドリード)
    3-1 85分 ホアキン・コレア(セビージャ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00564873-soccerk-socc

    【グリーズマンが鮮烈FK弾! アトレティコがセビージャとの上位対決を制す!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/20(月) 02:45:02.13 _USER9

    20170320-01637949-gekisaka-000-3-view[1]


    テネリフェに所属するMF柴崎岳がついに公式戦デビューを果たした。

    テネリフェは19日、リーガ・エスパニョーラ2部第30節でレウスと対戦。
    2試合連続でベンチ入りを果たした柴崎は、74分から交代でピッチに入り、ついにスペインデビューを果たした。

    また、ホセ・ルイス・マルティ監督は柴崎を「チームのプレーに連続性を与えられる。
    素晴らしい技術があるからね。ただし彼は1対1に勝てるのではなく、連係プレーを得意とするタイプだ」と評価。
    リーグ戦残り12試合でどれほどチャンスを得られるのか注目だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000043-goal-socc

    【柴崎岳、テネリフェでついに公式戦デビュー!後半から途中出場】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/18(土) 23:10:17.11 _USER9

    20170318-01637889-gekisaka-000-1-view[1]



    [3.18 リーガ・エスパニョーラ第28節 エイバル1-1エスパニョール]

     リーガ・エスパニョーラは18日、第28節を行った。
    MF乾貴士が所属するエイバルはホームでエスパニョールと対戦し、1-1で引き分けた。
    先発出場の乾は後半36分にまで出場したが、絶好のチャンスで決めきれず、今季初ゴールとはならなかった。

     3試合勝利がない(2分1敗)エイバルは前半5分、左サイドのDFアナイス・アルビージャの
    浮き球パスをPA左で受けたFWセルヒ・エンリチが反転から右足を振り抜くも相手GKのセーブに遭う。
    それでも同20分、浮き球パスで右サイドを抜け出したMFペドロ・レオンが鋭いクロスを送ると、
    ニアでフリーとなっていたFWキケが頭で合わせ、先制に成功した。

     先発出場の乾は前半35分、得意のドリブルで仕掛け、相手の股下を抜いてPA左に侵入するも相手に止められ、
    シュートを打てなかった。

     1点ビハインドのエスパニョールは後半5分、右サイドでFWフェリペ・カイセドが仕掛け、
    こぼれたボールをFWジェラール・モレノが素早くクロスを送る。
    これをゴール前に走り込んだMFホセ・マヌエル・フラードが右足ダイレクトで合わせ、1-1。
    エスパニョールがフラードのゴラッソで試合は振り出しに戻った。

     エイバルは後半14分、ドリブル突破からレオンがフラードに倒されるも笛は鳴らず、
    ルーズボールを乾が右足でゴールを狙うも枠を外れた。 
    同39分には、レオンの左クロスからファーサイドのFWベベが左足ダイレクトで合わせるも、相手GKに止められ、
    最後まで勝ち越しゴールを決めることはできなかった。試合はそのまま1-1で終了。
    エイバルは4試合白星なしとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01637889-gekisaka-socc

    【乾貴士、絶好のチャンス逃す…エイバルはエスパニョールに追いつかれ4戦未勝利】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/18(土) 19:05:16.22 _USER9

    20170318-01794166-nksports-000-2-view[1]


     バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(30)は、中国からのメガオファーを断っていた。
    18日付のスペイン紙アスが報じた。

     アス紙によると、中国の2クラブからオファーが届いていたという。
    その1つは年俸3500万ユーロ(約45億5000万円)で、アウェー戦の欠場を認めるというもの。
    リーグ戦は全16クラブによるホームアンドアウェー方式の計30試合。
    リーグ戦に限れば、ホーム戦だけの出場で年間15試合のみという好条件のオファーだが、
    バルセロナにとどまったという。

     また、イニエスタはバルセロナとの契約延長の交渉を継続中で
    「バルセロナとは何も問題はない」と、今後もバルセロナでプレーすることを明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794166-nksports-socc

    【バルセロナのイニエスタ中国からのメガオファー断る!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/18(土) 12:47:46.15 _USER9

    20170318-00023567-sdigestw-000-3-view[1]



    チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16で大逆転劇を披露したバルセロナ。パリSG相手にアウェーの第1レグを0-4で
    落としながら、第2レグを6-1で制するという劇的展開で、見事にベスト8進出を果たしている。

    あらゆるメディアによって、「奇跡」や「歴史的偉業」などといった言葉で称されたこのゲームだが、しかし、ナイジェリアの
    『デイリー・トラスト』紙は翌日、悲しいニュースを伝えていた。

    ナイジェリアのヨラという街で暮らすショップオーナーの45歳の男性、タリ・ワハさんが、この試合を観戦中に急死してしまったと
    いうのだ。

    熱狂的なバルサ・ファンだったというタリさんは、奇跡が起こるのを信じ、親戚や友人らとともにこの大一番を観戦。バルサの
    ゴールが決まるたびに大興奮していたという。

    そして90分、ネイマールのPKでバルサに5点目が入ると、絶叫した直後に倒れ込み、すぐに病院に運ばれたものの、
    そのまま帰らぬ人となった。

    ちなみにこのニュース、同じくナイジェリアのニュースサイト『プレミアム・タイムズ』は、「95分のセルジ・ロベルトのゴール後に
    亡くなった」と伝えている。できればそうあって欲しいと願うばかりだ。

    根っからのバルサ・ファンだったというタリさんのご冥福をお祈りしたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00023567-sdigestw-socc

    【ナイジェリアのバルサ・ファンが、奇跡の大逆転劇に興奮して帰らぬ人に...】の続きを読む

    このページのトップヘ