サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    バイエルン・ミュンヘン

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/27(水) 06:59:47.85
    137808c86083082c8c5afd56c8d04a9e[2]


     レッドスター 0-6 バイエルン
    [得点者]
    レオン・ゴレツカ     (前半14分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半08分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半15分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半19分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半22分)バイエルン
    コレンティン・トリッソ  (後半44分)バイエルン
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083103 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/17(土) 08:00:05.51
    no title


    バイエルンが、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョの獲得で正式合意に至ったとクラブの公式メディアを通して公表した。

    声明によると2020年6月までの1年契約で、バイエルンには買い取りオプションが付いているという。ミュンヘンで近日中にメディカルチェックが行われ、その後正式にサインを交わす見通し。

    今回の契約についてクラブ幹部のハサン・サリハミジッチは「いくつか詳細を詰める必要があり、まだすべて決まったわけではない。だが、バイエルンにこのような素晴らしいプレーヤーを迎え入れることができたし、
    バルセロナに感謝したい」とのコメントを公表している。

    また、ニコ・コバチ監督も「このようなトップ選手を招くことは、バイエルンだけに限らず、ブンデスリーガ全体、そしてドイツサッカー界にとっても大きなこと。今から楽しみにしている」と述べている。
    2018年1月にリヴァプールからバルセロナに加わったコウチーニョ。カタルーニャで1年半プレーし、今季はミュンヘンへと新天地を求めることが確実となった。

    8/17(土) 7:45配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00010004-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/23(火) 11:15:59.83
    20190723-00205520-soccermzw-000-20-view[1]


    「セカンド(チーム)よな? その『セカンドで行く』ということを選択できる、しっかりと(自分の)足もとを見られている感。
    他のリーガのトップチーム、ブンデス、セリエA、オランダとか(選択肢に)あったやろうけど、
    代表に入って注目されているなかで、Bチームに行くということを選択できる堅実さ。
    俺も(バイエルンからオファーが届いた)19歳の時、バルサBからオファーがあったから。その時、『ん~……。
    Bチームか~』と思っていた。Jリーグでデビューしてたら、もう(観客が)3万人、4万人のなかでプレーしている。
    Bチームやとそうじゃない。上がれる保証のほうが少ない。
    注目されても(他クラブに)移籍している選手もいっぱいいるやろうし……ご両親がしっかり育てられているんやろうな(笑)。
    若さも含めて引く手あまたやったやろうけど、堅実。成功して欲しいよね」

    続きを読む

    214: 名無し@サカサカ10 2019/07/12(金) 22:30:25.25
    d1dcb509d3b40deccdad712f817a5c3c-1-800x533[1]


    【悲報】ワイバイエルン選手が19人しか居ないのに無能SDが我々にはワールドクラスの選手が揃ってるとか言い出しててむせび泣く

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/06(土) 10:09:44.31
    1139751_imgw968[1]


    ドルトムント君ありがとう、シャルケ君ありがとう
    ホッフェンハイム君ありがとう
    みんな、育ててくれてありがとう
    「あー、ブンデスリーガで良かった♡」
    どうも、効率的な補強ぶり、充実した資金力バイエルン・ミュンヘンです
    優勝できないブンデスリーガのみんな
    高額な移籍金を出ないと、有力選手なんて補強できないと思ってない?
    じゃあ質問です!
    バイエルンはレバンドフスキーやゴレツカに移籍金を払いましたか?
    「・・・払わない、契約切れを待つの♡」
    CLで優勝してごらん!選手は自然と寄ってくるから!


ドルちゃん、補強、補強
    え?放出した選手の事が忘れられなくて補強に集中できない?
    ダメフロント
    じゃあ質問です!
    バイエルンが優勝を逃した時いつまでも、いつまでも、そのチームをのさばらせ続けますか?
    「・・・新しい選手、取りたくない?♡」
    ブンデスリーガはガムと一緒!
    味がしなくなったら、また新しいチームから根こそぎ取ればいい!
    ・・・だって、バイエルンの収入はいくらあると思っているの?
    「726億。」

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/18(火) 19:05:52.74
    20190618-00326598-footballc-000-1-view[1]


    ベイル、バイエルンへのレンタル移籍はなしか。代理人は「ゴミ」と完全否定

    レアル・マドリーに所属するFWガレス・ベイルはバイエルン・ミュンヘンでプレーする事になるのだろうか。同選手の代理人が注目の発言をしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00326598-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/27(土) 17:18:13.96
    インテルが、DFBポカール決勝進出を決めたバイエルン・ミュンヘンのSNS投稿に苦言を呈したことで、話題となっている。

    24日、ポカール準決勝でブレーメンに勝利したバイエルンは、米国版のツイッターアカウントにピザ2枚とトロフィーを収めた写真を投稿。「ポカールピッツァ!」と綴り、決勝進出を祝った。だが、そのうちの1枚のピザについて、インテルから苦情が寄せられている。問題とされたのは、具にパスタを載せたピザ。イタリアではタブー視されており、インテルはこれを見かねて、ツイッター上でバイエルンの投稿に返信。「ナイン(独語でノーの意)。ピッツァにパスタを載せるのはやめてくれ」とつぶやいた。

    これには、イタリアメディアもインテルに加勢している。『Goal』のイタリア編集部は、「イタリア人が手を加えて欲しくないものと言えば、おそらくピッツァだろう。ドイツでは、イタリアの伝統的なピッツァに“手を加え”、奇抜な具を載せることがよくある」と指摘。『コリエレ・デロ・スポルト』も、「イタリア料理の伝統を侵害していることにほかならない」との見解を示した。『スカイスポーツ』もまた、「寛容できないものだ。外国人、特にアメリカ人とドイツ人は、イタリアの名物料理をデフォルメするという酷い習慣がある」と苦言を呈している。だが同時に、「面白いジョークのやり取りだ」との意見も綴っている。

    D4769GGWAAEZ9S7[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00010029-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/16(火) 08:31:49.56
    4/16(火) 7:40配信
    ブンデス史上初の7連覇に黄信号…バイエルン守護神ノイアー、全治2週間の負傷

     史上初のブンデスリーガ7連覇に挑むバイエルン・ミュンヘンに最大の試練がやってきたかもしれない。


     現地時間14日、ブンデスリーガ第29節が行われバイエルンは敵地でフォルトゥナ・デュッセルドルフと対戦し4-1で勝利した。この試合でバイエルンに所属するドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーが負傷退場した。

     53分、ボールをパスした際に左足を気にする素振りを見せたノイアーは自ら交代のサインを送り、直後に交代した。なお試合後には松葉杖でスタジアムを後にした。

     ニコ・コバチ監督は試合後の会見で「以前問題を抱えていたふくらはぎの痛みが再発したようだ」と先月下旬に痛めていた左足のふくらはぎを再び悪化させてしまったとの認識を示した。なお15日付けの独メディア『シュポルトアインス』ではノイアーの怪我は全治2週間と伝えている。

     バイエルンはこの日の勝利で再びボルシア・ドルトムントを抜き首位に躍り出た。しかし残り5試合で3位RBライプツィヒ、4位フランクフルトとの上位対決が控えているなか、絶対的な守護神であり主将を務めるノイアー不在はチームにどのような影響を与えるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00317822-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/28(木) 10:40:45.97
    20190328-43305964-gekisaka-000-1-view[1]


    現地時間3月27日、バイエルンが、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表DFのリュカ・エルナンデズの獲得を発表した

     契約期間は2024年6月30日までの5年間で、チームに加わるのはこの夏から。契約解除金の8000万ユーロ(約104億円)を、バイエルンが満額支払うことで移籍が成立した。

     この移籍金8000万ユーロは、フランス代表の同僚であるコランタン・トリソが17年夏にリヨンからバイエルンへ移籍した際の4150万ユーロ(約54億円)を大幅に上回る、ブンデスリーガ史上最高額となる。

     23歳のリュカは、プロフットボーラーだった父親がスペインでプレーしていた影響で、同国で生まれ育ち、07年にアトレティコの下部組織に入団。14年にトップデビューを飾った。

     ディエゴ・シメオネ監督の下でメキメキと力をつけ、ロシア・ワールドカップ直前の18年3月にはフランス代表に初招集。瞬く間に左SBの定位置を奪取し、W杯本大会では全7試合に出場して、世界制覇に貢献した。

     左CBとCBをハイレベルにこなせるのが特長で、182センチ・76キロとそれほど大柄ではないものの、アジリティーに優れ、1対1の守備の強さは世界でもトップクラスだ。

     
     育ったクラブを離れる決断をしたリュカは、バイエルンを通じ、次のようなコメントを発表している。

    「今日は私のキャリアの中で非常に重要な日になりました。バイエルン・ミュンヘンはヨーロッパ、そして世界でも最高のクラブのひとつです。私はバイエルンで、すべてのタイトルのために戦うことができることを誇りに思います。

     すばらしい12年間を過ごした、アトレティコのフロント、監督、コーチ、チームメイト、そしてファンに感謝します。アトレティコは常に私の一部です。バイエルンで新たな第一歩を踏み出したことを嬉しく思います」

     バイエルンは、今年1月にDFバンジャマン・パバール(シュツットガルト)の今夏の加入を発表しており、フランス代表のW杯優勝メンバーの両SBを手中にしたことになる。

    3/28(木) 10:32 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190328-00056323-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/22(金) 05:44:48.41
     D2OBLaVVYAEe5I6[1]

     
      
    「我々は彼の偉大さを認識する必要がある」バイエルン公式が現役引退のイチローへメッセージ!
    数々の金字塔を打ち立てたヒットメーカー。

     ひとりの偉大なアスリートがユニホームを脱いだ。

     アメリカ、メジャーリーグのシアトル・マリナーズに所属するイチロー外野手が、3月21日に東京ドームで行なわれたオークランド・アスレチックス戦後、現役引退を正式に発表した。 
      
      
     イチローは1992年にプロ野球のオリックスでキャリアをスタートさせてから約9年後にマリナーズに移籍。渡米後は2001年のメジャーデビューから前人未踏の10年連続200安打達成や2004年に84年ぶりに更新したシーズン最多安打(262本)、日米通算4367安打(日本1278/米国3089)など、数々の金字塔を打ち立ててきた。

     常々「大好き」と語ってきた日本で現役生活に終止符を打った稀代のヒットメーカーは、マリナーズの公式サイトで次のようなメッセージを発信した。

    「僕は野球で多くの夢をかなえてきました。日本でのキャリア、そして2001年からはメジャーリーグと両方で、です。シアトルで始めたメジャーでのキャリアをマリナーズとともに終えられることを光栄に思います」

     一人の偉大なアスリートの幕引きは、スポーツ界の垣根を越えて、大きな反響を呼んでいる。ドイツ・ブンデスリーガの絶対王者バイエルン・ミュンヘンは、クラブのアメリカ版公式ツイッターを通じて、イチローの写真付きで敬意を表した。

    「これが我々のスポーツではないことを知っているが、イチローの偉大さを認識する必要がある。素晴らしいキャリアにおめでとう。そして次の章でも頑張って欲しい」

     このつぶやきにファンたちも反応。「この男はシアトルの神です」、「日本とアメリカのレジェンド。ドイツでは有名じゃないことにがっかりしている」、「正直、このつぶやきには驚かされた。けれど、イチローの栄光は壁を越えて共感されるべきだ」といったコメントが寄せられた。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    3/22(金) 5:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00010000-sdigestw-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/03/19(火) 13:43:43.65
    3/19(火) 13:32配信
    「バイエルンでプレーしたくない選手がいるかい」…ベイル、ドイツ行きか!?

     バイエルンがレアル・マドリーFWガレス・ベイルの獲得を検討していることを、スペイン『アス』が伝えた。

     在籍6年目を迎えているベイルだが、スペイン語の習得ができておらず、チームメイトとのコミュニケーションに難があることが報じられ、退団の噂が絶えない状況だ。

    『チーム・トーク』によると、バイエルンは今シーズン限りでFWアリエン・ロッベン、MFフランク・リベリと長年チームをけん引してきたベテランの退団が濃厚であり、ベイル獲得を画策。一方のレアルは夏にチェルシーMFエデン・アザールを獲得するためにベイルの放出を望んでいるという。

    『チーム・トーク』の情報源となった関係者は、「この移籍はどちらのクラブ、そして選手自身にとっていいものだ。バイエルンでプレーしたくないと思う選手がいるだろうか。レアルとバイエルンは良好な関係を築いているから、この移籍は実現するだろう」と語っているが…。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-40054421-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ