サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    ブンデス・リーガ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/08(金) 10:33:49.04
    20200508-00000006-jij_afp-000-2-view[1]

    ブンデス→5/16再開決定
    リーガ→6月20日に再開か

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/05(火) 19:57:16.67

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/05(火) 14:54:26.74
    20200505-00112962-theanswer-000-2-view[1]

    サッカーのドイツ1部リーグ、ヘルタは4日、チームメートと握手する動画をフェイスブックに投稿したとして、元コートジボワール代表のFWカルーを出場停止にすると発表した。新型コロナウイルス感染対策の中、リーグからもツイッターで「到底許されない行為」と非難された。

    3月中旬から中断中のリーグは再開に向けて検査を実施し、ヘルタの感染者はいなかった。カルーは「みんなが陰性で、うれしくてやってしまった」としている。(ロイター=共同)

    https://www.47news.jp/4783876.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/05(火) 00:05:57.45
    ee179229bcbe401725dc48a1dff2b67d_1588468262_1[1]

    サッカーのドイツ・リーグは4日、同国1、2部リーグの36クラブを対象にした
    新型コロナウイルスの検査結果を公表し、1724人のうち10人が陽性だったと発表した。個人名は明らかにしなかったが、既に自主隔離などの必要な措置は取られているという。
     同リーグは今月中に無観客での公式戦再開を目指している。

    ソース:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050400559&g=cov

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/04(月) 19:54:39.85
    エルリング・ブラウト・ハーランドのこれまでのキャリアは短くても逸話に満ちている。19歳のノルウェー人ストライカーは、世界的なスターダムを登りつめる準備ができている。

    メガクラブ注目のハーランド、今夏の移籍は...「今は家にいるような気分」

    スロバキアのU-18監督を務めるスタニスラフ・マチェクが、現ドルトムントの選手のトレーニングプランの一部を明らかにした。マチェクが初めて北欧のスター選手と出会ったのは、今シーズン開幕時にオーストリアのザルツブルクを訪れ、監督ジェシー・マルシュの働き方を学んだことがきっかけだった。

    「彼を見ただけでとても感動した。大人のプロのような仕事をしている子供だった。サッカーでの目標を明確にしている。『世界のトップにたどり着くために焦る必要もないけれど、ハードワークしなければならない』と言っていた。そして、彼は休むことなくそれを行う。見てほしい。彼がザルツブルクに来たとき(2019年冬)、彼はほとんどプレイしていなかったが、今ではスペクタクルだ」とマチェクは『AS』のインタビューで語った。

    スロバキア出身の監督は、イングランドのリーズ出身のハーランドの秘密を明かした。
    「彼はこの仕事に絶大なリスペクトを持っている。ザルツブルクにいた時、みんなに言われた。一人一人が向上心を持って頑張っているが、彼は自宅でほぼ毎日、腹筋を1000回、腕立て伏せを300回やっているとね」

    マチェクは、ハーランドの将来はスペイン、特にレアル・マドリーにあることを否定しない。マドリーはこのストライカーを追って、遅かれ早かれ契約に向けて入札を行うことは間違いないだろう。

    「ボルシアに行くことで、彼は大きな一歩を踏み出したと思う。彼らはドイツでもトップクラスのチームだ。攻撃的なプレーをしているし、アクラフ(・ハキミ)や(ジェイドン・)サンチョ、(ユリアン・)ブラントのような若い選手を信頼しているし、チャンピオンズでもプレーしている。しかし、もし彼がこのように進歩し続けていれば、短期間でさらに大きなチーム、もしかしたらマドリーで彼の姿を見ることになるだろう」とマチェク語っている。


    5/4(月) 10:55配信 SPORT.es
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3c17572df98be0b59956abc409d6e991dec8231
    次世代の怪物ハーランド [写真/AFP]
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/03(日) 11:27:32.75
    e20a25c3[1]

    ガチで輝いてたよな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/29(水) 20:59:07.20
    pcimage[1]

    元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は、ドルトムントMFマリオ・ゲッツェについてブンデスリーガでプレーするにはスピードが足りないと考えているようだ。

    ゲッツェは今シーズン、ドルトムントで19試合に出場しているが、先発は6試合のみ。ドルトムントとの契約が今季で満了するため、退団は濃厚とみられている。

    ゲッツェにはミランやローマといったセリエAのクラブが興味を寄せる中、マテウス氏は『スカイ』のコラムの中で、より特性に合ったリーグに移るべきとの見解を示した。

    「ドルトムントでの時間は終わったと思っている。今後の交渉で延長となったら、とても驚くだろう。今日、彼のスタイルはもはや需要がない。ドルトムントや他の多くのトップクラブで実践しているサッカーに追いつくためのスピードがないからだ。バイエルンへの移籍は彼が夢見ていたものではなかった。復帰後もドルトムントで最高の状態に戻ることはなかった」

    「ゲッツェはクラブを見つけなければならない。何よりもプランを彼に合わせてくれる監督を見つけないとね。イタリアが彼に適したリーグである可能性はある。少なくともイタリアのプレースピードはそれほど速くないし、彼にとって有益なことだろう」

    さらにゲッツェについて「彼が無気力で野心がないと非難することはできない」とも語ったマテウス氏。かつて国内の英雄となったゲッツェは海外でもう一花咲かすことができるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00010011-goal-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/28(火) 17:32:19.26
    1139751_imgw968[1]

    嫌い

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/27(月) 16:57:55.47
    news_301260_1[1]

    性行為も禁止か…ブンデスが厳格ガイドラインで再開目指す「できること全てを行う」

    試合再開を目指すブンデスリーガは万全を期して様々なガイドラインを設定。その中には選手の性行為も禁止する可能性が出ている。26日、英『ザ・サン』が伝えた。

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、欧州サッカー界では軒並み自粛ムード。
    比較的感染者が少ないドイツのブンデスリーガでも3月13日にリーグ戦中断を決め、現在もそれは続いている。早ければ5月9日の再開を目指している。

    いまだに感染の拡大は続いているため、試合開催は厳戒態勢で行われ、無観客試合が濃厚となっている。
    さらにドイツ・サッカーリーグ機構(DFL)は細かいガイドラインを設定。ホームチームは自家用車での来場を推奨し、アウェーチームは異なるバスでのスタジアム入りが好ましいと指摘する。
    バスは到着時点で消毒を徹底。選手はスタジアムに入る際に体調のチェックが行われる。

    さらに、スターティングメンバーとベンチ入りする選手は食事、ウォーミングアップ、更衣室を別々に分け、ミーティングも最小限に。
    シャワーも間隔を空けるように推奨されている。試合開始直前も2チームがともに入場することはなく、マスコットも不在。写真撮影や握手、ピッチ入りのタイミングさえも分けられるという。

    厳しいチェックはいよいよ選手のプライベートに関するところまで及ぶ。感染の兆候が見られる選手は、パートナーとのキスや性行為も禁止されてしまう。

    同メディアは「野心的」とブンデスリーガの徹底したガイドラインを評価。「サッカーを再開するためにできる限りのことをしている。
    このガイドラインによって成功したと証明されれば、他のリーグがこのガイドラインに沿ってブンデスリーガの成功に追随できる」と期待を込めている。


    20/4/27 10:52
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?301260-301260-fl

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/25(土) 09:38:21.21
    pcimage[1]

    ドイツはマスク姿でサッカー再開!? 5月9日に19-20年シーズンの公式戦再開を無観客試合で見込むブンデスリーガは、選手がマスク着用でプレーする可能性が出てきた。

    24日に英紙ミラーがドイツ紙シュピーゲルの報道を引用し、ドイツ労働省によって作成中の文書で明らかになったと報じた。

    同文書には、選手とレフェリーは「スポーツに適した口鼻保護」の必要性が強調されていた。「マスクが滑らないようにする必要がある。マスクが滑ったら試合はすぐに止められなければならない」と、マスク落下の場合にはプレーが止められるという。さらに「呼吸量の増加のため、マスクは早くぬれて使用できなくなるため、遅くとも15分に1回は交換する必要がある」と、試合途中にマスク交換タイムを設けることが提言された。

    マスク交換時には選手が1・5メートルの距離を維持し、試合中はマスクを手で触れてはいけないとの記述もあった。またマスク以外でも、チームメートや対戦相手とのハグも禁止され、ボールの奪い合い時に起こる不必要な接触はレフェリーに注意される内容もあった。

    ドイツ・ブンデスリーガでは公式戦再開前に約1100人の全選手の新型コロナウイルス検査が必要とし、厳しい衛生上の予防措置が講じられている。ドイツフットボールリーグのクリスティアン・ザイフェルトCEO(最高経営責任者)は23日の記者会見で5月9日から無観客での公式戦再開の方針を示した上で「再開できるかどうかは、私たち次第ではありません」と説明し、政府判断に委ねる姿勢を示していた。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-24250098-nksports-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/16(木) 21:02:07.36
    7F16D25E-F993-4B66-943D-3F361DC4BF3B[1]

    レアル・マドリードが今夏の移籍市場で獲得を目指すドルトムントのノルウェー代表FWハーランド(19)は今季、欧州で最も多くゴールを決め、世界的なストライカーになっているとスペイン紙マルカが16日に伝えている。

    冬の移籍市場でザルツブルクから4500万ユーロ(約54億円)の移籍金でドルトムントに入団したハーランドは今季、公式戦通算40得点を記録し、欧州の公式戦得点ランキングでトップに立っている。

    その内訳はザルツブルクで28得点(リーグ戦16得点、欧州チャンピオンズリーグ8得点、カップ戦4得点)、ドルトムントで12得点(リーグ戦9得点、欧州チャンピオンズリーグ2得点、カップ戦1得点)。

    これにレバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)やエムバペ(パリサンジェルマン)、インモービレ(ラツィオ)、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、メッシ(バルセロナ)など、世界を代表する選手たちが続く。

    今季のヨーロッパ公式戦得点ランキングは以下の通り。

    1位 ハーランド(ドルトムント) 33試合40得点、1試合平均1.21得点

    2位 レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン) 33試合39得点、1試合平均1.18得点

    3位 エムバペ(パリサンジェルマン) 33試合30得点、1試合平均0.90得点

    3位 インモービレ(ラツィオ) 33試合30得点、1試合平均0.90得点

    5位 ヴァイスマン(ヴォルフスベルガー) 30試合29得点、1試合平均0.96得点

    6位 ベルナー(ライプチヒ) 36試合27得点、1試合平均0.75得点

    7位 ピッツィ(ベンフィカ) 40試合26得点、1試合平均0.65得点

    8位 セルロート(トラブゾンスポル) 39試合25得点、1試合平均0.64得点

    8位 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス) 32試合25得点、1試合平均0.78得点

    10位 メッシ(バルセロナ) 31試合24得点、1試合平均0.77得点

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-24160614-nksports-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/13(月) 14:17:59.71
    1139751_imgw968[1]

    ブンデスすべてが下部組織

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/10(金) 00:21:52.82
    20200409-00010029-goal-000-1-view[1]

    今夏の移籍市場は「崩壊」?ブンデスCEOが新型コロナによる影響を予想

    ドイツサッカーリーグ(DFL)のCEOを務めるクリスティアン・ザイファート氏は、新型コロナウイルスにより移籍市場は「崩壊する」と予想している。『ニューヨーク・タイムズ』が伝えた。

    新型コロナウイルスの影響で、ブンデスリーガは3月上旬から中断に。5月上旬の再開を目指している。現在は、一部のクラブが練習場でのトレーニングを再開しており、ザイファート氏は人々もフットボールを待ち望んでいるとした。

    「国の文化の一部であり、人々は通常の生活の少しでも取り戻すことを望んでいる。それがブンデスリーガ再開なのかもしれない。私たちが役割を果たさないといけないのはそのためだ。政府と話し合い、いつ再びプレーできるかを決めたい」

    また、試合による収入がなくなったため、ブンデスリーガ2部のクラブを中心に破産の危機に追い込まれているとも伝えられる。いずれにせよ、夏の移籍市場は例年とは大きく異なると話した。

    「この夏の移籍市場は存在せず、崩壊するだろう。一部のリーグでは、お金は天から毎月自動的にもたらされるものではないことを理解している」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00010029-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/09(木) 16:03:33.77
    shutterstock_409961332[1]

    ドイツ人の監督じゃないと制御不能

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/09(木) 00:08:10.61
    gw[1]

    欧州事情に詳しい代理人は「(ドイツ1部)ドルトムントなど強豪クラブが関心を持っているようだ」と指摘する。
    次にレンタルに出す場合は質の高い選手が多い強豪クラブに出す方針にシフトしつつあるという。
    実際、DFアクラフ・ハキミ(21)が昨季Rマドリードからドルトムントに期限付き移籍して活躍している。
    両クラブにはパイプがあり、久保も同様のレールに乗る可能性があるのだ。
    https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1626501/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/07(火) 19:02:06.68
    miroslav-klose-fc-bayern-26072017_1bw26tnamhbk71etaqtq98dkwq

    元ドイツ代表のFWミロスラフ・クローゼ氏(41)がバイエルンのアシスタントコーチに就任するようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

    現役時代にカイザースラウテルン、ブレーメン、バイエルン、ラツィオでプレーし、ドイツ代表ではワールドカップ(W杯)の通算ゴール数で歴代最多得点者となるなど、世界屈指のストライカーとして知られたクローゼ氏。2016年の現役引退後、ドイツ代表のスタッフの一員として指導者のキャリアを歩み始め、2018年5月にはバイエルンのU-17チームの監督に就任した。

    先日、2023年までの契約延長が発表されたハンジ・フリック監督は、トップチームに就任した昨年11月にもクローゼ氏をアシスタントコーチに推薦したとされている。両者はドイツ代表においてアシスタントコーチと選手という関係で8年間共闘しており、2014年にはワールドカップを制覇している。

    一度フリック監督からの誘いを断ったクローゼ氏だが、U-17チームとの契約が2020年6月に満了すること、そして最近コーチングのS級ライセンスを取得したことから、この度指導者としてのキャリアアップを決心したようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00372862-usoccer-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/06(月) 11:52:01.34
    20200406-04050221-sph-000-1-view[1]

    ドイツサッカーリーグ(DFL)は5月2日、もしくは9日に再開する可能性があるようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

    現在、新型コロナウイルスの影響で中断となっているブンデスリーガ。多くのクラブが経済的に大きな打撃を受けていると伝えられており、5月中に再開されなければ、破産を申告するクラブもあるという。

    そんな中で、『ビルト』は2つのプランを公開。一つは5月2日に再開するプランで、第26節のドルトムントvsシャルケを2日に開催し、残りの試合を3日に行うというもの。もう一つが、9日にシフトするというものだ。いずれも最終節が6月21日に設定されている。

    2つのプランでは、チャンピオンズリーグ準々決勝は6月23,24日、ポカール決勝は6月27日に設定されているため、リーグ戦がすべて終了した後にカップ戦に臨むというスケジュールとなっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010005-goal-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/05(日) 20:49:34.09
    J1G大阪の宇佐美貴史の妻でタレントの宇佐見蘭が5日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に出演し、夫が名門バイエルン・ミュンヘン時代に受けた好待遇の一端を明かした。

    貴史は2011年7月から12年5月までバイエルンに所属。12年4月の欧州CL準決勝レアル・マドリード戦ではベンチ入りできず、5月の決勝では日本人初の欧州CL決勝でのベンチ入りを果たしたが、試合には出場できなかった。

    蘭は「一番ビックリしたのは(中略)ベンチに入ったっていうので、その月の収入が全部合わせて1000万円ぐらいボンっと入ってきた時は、ベンチに入っただけでこのボーナスもらえるの?ってすごい…」と、超一流クラブのリッチぶりに驚いたことを回想。

    夫は出場できなかったことで「すっごい落ち込んで」いたというが、蘭は「その月のヤツ(明細)をちらっと見たら『あ』って…。心が暖まってしまいました」と、正直に打ち明けていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000096-dal-socc
    4/5(日) 20:27配信

    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/02(木) 20:58:48.21
    b24002004eb8d2a9c95aabe33b1bd7a7[1]

    もう(32)とかやと思ってたわ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/04(土) 21:53:40.31
    shutterstock_409961332[1]

    新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、ドイツのクラブが財政難に陥っているようだ。
    1部(18クラブ)と2部(18クラブ)の計36クラブ中、実に13クラブが破産の危機に直面しているという。

    ドイツ誌「キッカー」が伝えた。

    記事では「今季36クラブのうち13クラブが破産危機に直面」と見出しを立て、
    「1部と2部クラブの経済状況は、以前に知られているよりもはるかに深刻だ」と指摘している。

    ドイツ1部と2部はそれぞれ18クラブで構成されており、新型コロナウイルス騒動により4月いっぱいのリーグ中断を発表している。

    試合延期を受けて、クラブはチケット収入や放送権収入がない状態。
    とりわけ2部クラブは大打撃を受けている模様だ。

    「試合が再開されず、メディアパートナーの4回目の分割払いがDFL(ドイツサッカーリーグ機構)に支払われない場合、
    7クラブが5月末に破産を申請しなければならない」と記し、さらに「追加の放送権料が分配されない場合、
    6月には2部リーグのもう2クラブが破産申請をしなければならない」と続けている。

    リーグ再開の見通しは立っていないなか、「5月初めにゲームを再開できなければ、破産を防げない」と危機感を強めている。

    世界中が緊急事態に陥っているなか、サッカー界の動向にも注目が集まる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00255319-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/03(金) 23:27:51.83 BE:472883477-2BP(1000)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/10(火) 18:47:02.39
    img5cd16a9ezikezj[1]

    このとき誰もが宇佐美が日本史上最高の選手になると思ったよな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/01(水) 01:19:08.10
    イギリス『ミラー』が29日、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ(20)のに至ったと報じた。
    もしこの取り引きが実現すれば、マンチェスター・シティ出身のイングランド代表FWにとっては禁断の移籍となる。

    シティのアカデミーで育ったサンチョは2017年、ドルトムントに移籍。U-17ワールドカップ優勝の実績を引っさげ、10代にしてドイツ名門のレギュラーに定着した。
    ところがますます価値が高騰するサンチョを巡ってはユナイテッド、チェルシー、リバプールが関心を持つなど、プレミアリーグ復帰が確実視されていた。

    そうした中、ユナイテッドが交渉をリードしているようだ。『アイリッシュ・インデペンデント』の記事によれば、サンチョはドルトムント移籍前からマンチェスターへの帰還を念頭に置いていた模様。
    ただ、シティはMFリヤド・マフレズやFWラヒーム・スターリングという壁が立ちはだかることで、戻るつもりにはなれなかったという。

    移籍が実現した場合、1億ポンド(約133億円)以上とも言われる移籍金の15%をシティが受け取れる契約となっている模様。その上でユナイテッドは伝統の背番号7を準備しているそうだ。

    3/31(火) 21:20配信ゲキサカ ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-43479327-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/31(火) 16:05:38.19
     ボルシア・メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)のサポーターが、無観客での再開に備え、約5万人分のダンボールサポーターの制作をしているようだ。30日に独紙『ビルト』が報じている。

     新型コロナウイルスの影響でブンデスリーガは4月30日まで中断されることが決まった。ただ、ドイツ国内で感染者数が増えていることもあり、スタジアムに観客を入れるのは難しい。当分の間は無観客試合でシーズンが再開されると予想されている状況だ。

     同紙によると、無観客試合に備えてボルシアMGのサポーターがファンに似せた等身大のダンボール人形を約5万人分作っているという。Jリーグの大宮アルディージャのサポーターも2014年5月28日の平日夜に行われたヤマザキナビスコカップの徳島ヴォルティス戦において、スカスカなビジター席を少しでも埋めるために、ユニフォームやTシャツを着せた段ボール人形をスタンドに置いていたことがある。当時は海外メディアにも取り上げられていた。

     今回のボルシアMGのサポーターは少し取り組み方が違う。新型コロナウイルスの影響で経済的打撃を受けている2つの地元の小さな会社に発注し、収益が発生することで、そこで働く従業員の生活を守る狙いもあるようだ。また、収益の一部はクラブと密接に関連する公共福祉プロジェクトに寄付される模様。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00369039-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/30(月) 19:01:51.11
    20200223-43478504-gekisaka-000-1-view[2]

    ボルシア・ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドはレアル・マドリードでプレーする事を目標としているようだ

     29日付けの独紙『シュポルト・ビルト』はスペインメディア『ABC』の報道として、ハーランドはドルトムント幹部に対しいつかマドリーでプレーしたい意向を伝えたとしている。

     なおハーランドの父親も「息子にとって素晴らしいチームが揃うスペインリーグは合っている。でも、彼がスペインでプレー出来るかどうか今は分からない。今後の行方を見守ろう」と将来的にスペインでプレーしてくれることを望んでいるようだ。

     一方でハーランドの代理人を務めるミラ・ライオラ氏は「彼は長くドルトムントに留まるだろう。今夏にドルトムントを退団することはないと思っている」と語っている。

     1月の移籍市場でドルトムントの一員となった19歳は、リーグ戦9試合で9ゴールという驚異的なペースで得点を重ねている。大きなインパクトを残しているハーランドが、マドリーでプレーするという自身の目標を叶えるのはいつになるのだろうか。

    3/30(月) 8:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00368852-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    114: 名無し@サカサカ10 2020/03/14(土) 23:17:06.81
    88809ab547ab79d9ba6f43b4a3e641a0[1]

    香川とかドルトムント専用機やんw

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    365: 名無し@サカサカ10 2020/03/10(火) 21:13:12.32
    borussia-dortmund-2019-20-jersey-home-puma-05-o[1]

    ドルトムントはハーランド、サンチョにレイナとユースで飛び級しまくって無双してるムココまでいるもんな
    次世代のスターの宝庫やで

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/26(木) 00:47:37.74
    ドルトムントの選手と首脳陣は、給料の一部を返上する決断を下したようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が25日に伝えている。

    世界中で新型コロナウイルスが拡大していることを受けて、
    ドイツではバイエルンのドイツ代表MFレオン・ゴレツカと同代表DFジョシュア・キミッヒが基金『WeKickCorona』を設立するなど支援の輪が広がっている。

    ドルトムントも新型コロナウイルスの対策をとっており、
    最高経営責任者(CEO)を務めるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏ら首脳陣が給料の一部を返上することを明らかにしていた。

    今回の報道によると、ドルトムントの選手も「自発的」に給料を返上する意向を示しており、
    「850名の職員、その家族と共に一致団結している」という。また、返上した給料の総額は数千万ユーロ(数十億円)に上ると伝えられている。

    3/25(水) 22:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-01050308-soccerk-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/21(土) 22:51:00.80
    be7e2294[1]

    マンチェスターU

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/03/19(木) 16:27:07.75
    19de4ffe

    どっちが正しいんや?

    続きを読む

    このページのトップヘ