サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    ブンデス・リーガ

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 21:03:09.22
    20191210-00233434-soccermzw-000-1-view[1]

    イタリア・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に、ドイツのレバークーゼンが獲得に向けた関心を示しているという。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が11日付で伝えている。

    冨安は今年夏にベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)からボローニャへ移籍。本来のセンターバックではなく右サイドバックに起用されながらもすぐに不動のレギュラーに定着し、イタリアでも高い評価を受けている。

    だが冨安がSTVVに所属していた頃から関心を抱いていたというレバークーゼンは、1月の移籍市場で再び日本人DFの獲得に挑戦する見通しだと伝えられている。
    固定額とボーナスを合わせて1200万ユーロ(約14億5000万円)以上のオファーを準備しているという。

    ドイツの強豪クラブであるレバークーゼンは昨季のブンデスリーガを4位で終え、今季チャンピオンズリーグ(CL)にも出場。現地時間11日には決勝トーナメント進出を懸けてグループリーグ最終節のユベントス戦に臨む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00352582-footballc-socc
    12/11(水) 20:54配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/27(水) 06:59:47.85
    137808c86083082c8c5afd56c8d04a9e[2]


     レッドスター 0-6 バイエルン
    [得点者]
    レオン・ゴレツカ     (前半14分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半08分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半15分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半19分)バイエルン
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半22分)バイエルン
    コレンティン・トリッソ  (後半44分)バイエルン
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083103 

    続きを読む

    257: 名無し@サカサカ10 2019/11/26(火) 04:44:40.50
    EKPrSmIXsAA4AN0[1]

    原口のボレーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    続きを読む

    889: 名無し@サカサカ10 2019/11/24(日) 01:07:39.00
     20191124-00067071-sdigestw-000-2-view[2]

    大迫勇也、今季4ゴール目を決めるも、ブレーメン連敗…。リーグ戦8試合で勝利なし
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191124-00067071-sdigestw-socc



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/01(金) 00:39:36.18
    20191101-00363732-usoccer-000-1-view[1]

     ドルトムントがバレンシアのU-19スペイン代表MFフェラン・トーレスの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『マルカ』が30日に伝えている。

     同メディアによるとドルトムントは、流出が囁かれているイングランド代表FWジェイドン・サンチョの後釜候補として同選手を捉えている模様。これまでにも継続的に調査を行っており、リーガ・エスパニョーラ第10節セビージャ戦にはスカウトを現地へ派遣して視察を行っていたようだ。フェラン・トーレスはバレンシアと2021年までの契約を締結しており、来夏の移籍市場が開かれるタイミングでは契約が残り1年となることから移籍金が割安となる可能性もあるようだ。

     19歳のフェラン・トーレスは2017年12月にリーグ戦デビューを飾り、2年目の昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで24試合に出場。今シーズンはここまで全10試合に出場している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00994271-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/29(火) 22:10:36.66
    20191029-00000040-spnannex-000-2-view[1]

     ブンデスリーガは29日、第9節のベストイレブンを発表。フランクフルトに所属する日本代表FW鎌田大地が選出された。

     鎌田は27日に開催されたボルシアMG戦に先発出場を果たすと、2試合連続となる2アシストを記録。チームは2-4で敗れたが、チームの全得点を演出する活躍で好調を維持している。

     その他、ベストイレブンにはフランクフルト戦で先制ゴールを決めたマルクス・テュラム(ボルシアMG)、今季リーグ戦初勝利を挙げたパーダーボルンからは守護神のレオポルド・ジンゲルレら3選手が選出された。

     ブンデスリーガ第9節のベストイレブンに選出された選手は以下の通り。

    レオポルド・ジンゲルレ(パーダーボルン)
    ウィリアム(ヴォルフスブルク)
    ベンジャミン・ヒュブナー(ホッフェンハイム)
    オスカル・ヴェント(ボルシアMG)
    レヴィン・エズトゥナリ(マインツ)
    ジャン・パウル・ボエチウス(マインツ)
    鎌田大地(フランクフルト)
    アブデルハミド・サビリ(パーダーボルン)
    カイ・プローガー(パーダーボルン)
    マルクス・テュラム(ボルシアMG)
    ルーカス・アラリオ(レヴァークーゼン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00993598-soccerk-socc

    続きを読む

    215: 名無し@サカサカ10 2019/09/29(日) 21:17:25.36
    EFhv-Z0VUAEAZq_[1]


    宮市キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/29(日) 01:14:20.65
    no title


    フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠はウニオン・ベルリン戦の終了間際に味方と交錯し、失神を起こした。アディ・ヒュッター監督は試合後、「様子を見なければいけない」と心配している様子だ。

    現地時間27日に行われたブンデスリーガ第6節でウニオン・ベルリンと対戦したフランクフルト。前節に続いてキャプテンマークを巻いた長谷部は、このアウェーマッチに鎌田大地らとともにスタメンに名を連ねて、2-1の勝利に貢献した。

    しかし、この一戦のアディショナルタイム5分、GKケヴィン・トラップが相手のハイボールを対応する際に長谷部と衝突。頭部に打撃を受けたリベロが倒れ込んでいる状況で、試合は終了のホイッスルを迎えた。

    ヒュッター監督は試合後、その場面で長谷部は一時的に失神を起こしたことを示唆。「今は少し良くなっている。これからの数日間、どんな様子か見なければいけない」とキャプテンの状態を心配するとともに、「ケヴィン・トラップは肩から落ち、彼も痛みを感じた。まだ詳細は知らされていない」と接触の状況も説明している。

    フランクフルトは10月3日に行われるヨーロッパリーグ第2節でポルトガルのギマランイシュと対戦。それまでにチームの守備を支える2人は回復を果たせるのだろうか。 
      
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00010028-goal-socc 

    続きを読む

    149: 名無し@サカサカ10 2019/09/23(月) 02:49:42.27
    EFFkTJiWwAIv3Jl[1]


     鎌田大地が土壇場同点弾を演出!フランクフルトがドルトムントとドロー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010001-goal-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/21(土) 06:39:50.59
    no title


    ブンデスリーガ2部ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気がその実力を発揮できていないことをミルコ・スロムカ監督は不思議がっているようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。

    2部で15位に低迷するハノーファーは現地時間20日に行われる第7節ホルシュタイン・キール戦とアウェーで対戦。1勝2分け3敗と低調にあえぐ状況のなか、記者会見で「もうドレッシングルームでのおふざけタイムは終わりだ。プロとして戦うべき」などチームに注文するスロムカ監督は複数のメンバーに言及し、これまで本領発揮に至っていない原口についてもコメントを残している。

    『キッカー』曰く練習では好印象を残し続ける同選手について同監督は、取材陣に向かって「ゲンキを見ると良い」と発言。「彼の能力はもはやクレイジーだよ。彼が毎回プレーしていないこと、そして毎回ゴールを挙げていないことは私にとって大きな謎でしかない」と練習、実戦での姿の違いについて指摘した。

    中盤の人員不足も影響し、本職のウィングではなくセントラルミッドフィールドなどでの起用が続く原口だが、これまでゴールやアシストを記録していない。移籍市場閉幕後にフリーとなっていたボランチでプレーするMFデニス・アオゴやインサイドハーフの元フランクフルトMFマーク・シュテンデラが加わったことで、原口も今後は本来のポジションでプレーする機会が増え、本来の力を発揮するのだろうか。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00010025-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/17(火) 08:50:16.87
    EEh5KZeWsAAmHVW[1]


    ブンデスリーガ2部第6節が16日に行われ、FW宮市亮が所属するザンクト・パウリは、ホームでハンブルガーSV(HSV)と対戦した。宮市は4-2-3-1の2列目右サイドで先発出場した。

     ドイツ北部のハンブルクに本拠地を構える両チームによる“ハンブルク・ダービー”は、開始18分に動いた。左サイドからのクロスをマービン・ノールが頭で合わせ、左ポストに跳ね返されたボールをディミトリオス・ディアマンタコスがダイビングヘッドで押し込み、ザンクト・パウリが先制に成功した。

     1点リードで折り返したザンクト・パウリは55分、宮市が右サイドからエリア内へスルーパスを送り、ディアマンタコスがクロスを上げたが、ゴール前のノールはミートできず。逆にHSVは57分、エリア内右に抜け出したダヴィド・キンソンビが折り返すと、中央のルーカス・ヒンテルゼーアが右足で合わせたが、シュートを自分の足に当ててしまい、クロスバー上に外れた。

     スコアが再び動いたのは63分、左サイドのFKでマッツ・メラー・ダーリが相手の意表を突いてエリア内へグラウンダーのパス。ニアのノールが後方へ流すと、相手DFリック・ファン・ドロンヘレンのオウンゴールを誘い、ザンクト・パウリがリードを2点に広げた。

     ザンクト・パウリは77分、左CKから宮市がヘディングシュートを放ったが、枠を捉えず。82分にはカウンターで宮市からパスを受けたマッツ・メラー・ダーリがエリア手前左から強烈なミドルシュートを放ったが、左ポストに弾き返された。

     試合はこのまま終了し、ザンクト・パウリは9シーズンぶりに“ハンブルク・ダービー”を制して、今シーズン2勝目。1963年創設のブンデスリーガ(1部と2部を含む)では、クラブ史上初めてホームで宿敵HSVに勝利した。一方、敗れたHSVは連勝が4でストップし、今シーズン初黒星を喫した。なお、宮市はフル出場で勝利に貢献した。

     次節、ザンクト・パウリは22日にアウェイでオスナブリュックと、HSVは同日にホームでエルツゲビルゲ・アウエと対戦する。

    【スコア】
    ザンクト・パウリ 2-0 ハンブルガーSV

    【得点者】
    1-0 18分 ディミトリオス・ディアマンタコス(ザンクト・パウリ)
    2-0 63分 オウンゴール(リック・ファン・ドロンヘレン)(HSV)

    9/17(火) 5:53配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00980304-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/12(木) 10:09:16.38
    20190911-00217067-soccermzw-000-1-view[1]


    開幕3試合で3ゴール
    ブンデスリーガ公式サイトは11日、8月の月間MVP候補を6名発表した。その中にはブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也もノミネートされている。

    大迫は開幕からの3試合でいずれも先発出場。第2節のホッフェンハイム戦で初ゴールを記録すると、第3節のアウクスブルク戦では2ゴールをマークし、ブレーメンの今季初勝利に大きく貢献していた。3試合で3ゴールを挙げるエースぶりが認められる形で、見事ノミネートを果たしている。

    また、得点ランキングのトップを走るバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキも候補者入りし、こちらは開幕から3試合で6ゴールをマークしている。3試合で5ゴールを挙げたライプツィヒのティモ・ヴェルナー、そしてドルトムントの若き牽引役、ジェイドン・サンチョもノミネートされ、ブンデスリーガのスター選手たちの名が連なった。

    チームの成績も加味されるため、唯一の3連勝となったライプツィヒ勢が有力候補とみられる。1勝2敗スタートとなったブレーメンの大迫の初受賞はなるのだろうか。

    すべての候補者は以下の通り。

    ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
    大迫勇也(ブレーメン)
    マルセル・サビッツァー(ライプツィヒ)
    ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
    ジョナタン・シュミット(フライブルク)
    ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00010002-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/25(日) 06:50:58.09
    seriea_20-800x533[1]


    ブンデス

    デブライネ(実質ブンデス)、ギュンドアン、エジル、クロース、デンベレ、フィルミーノ、オバメヤン、ムヒタリアン、マティプ、ソクラティス、サネ、ソンフンミン、テアシュテーゲン、レノ、ジャカ、コラシナツ、ペリシッチ、ドウグラスコスタ


    セリエ

    サラー(実質セリエ)、アリソン 

    続きを読む

    901: 名無し@サカサカ10 2019/08/25(日) 00:11:59.99
    342e040ad4800f51a4f9b766773df4b9[1]


    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!





    続きを読む

    このページのトップヘ