サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外リーグ・クラブ

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/08(日) 06:01:05.34
    20191208-00067502-sdigestw-000-4-view[1]

    【PSV 5-0 シッタート エールディビジ第16節】

     オランダ1部リーグ第16節のPSV対シッタートが現地時間7日に行われた。試合は5-0でホームのPSVが大勝している。PSVの堂安律はフル出場し、今季3点目を記録した。

     リーグ戦直近6試合で1勝と苦しんでいるPSVだが、この日は好スタートを切った。開始8分、ペナルティエリア左からの折り返しに堂安がヘディングで合わせて先制する。堂安にとっては今季3点目。PSVでは第8節ズヴォレ戦以来となる2ゴール目となっている。

     PSVは14位のシッタートを相手にその後も順調。前半さらに2点を加えて折り返すと、後半にも2ゴール。5-0の大勝を飾った。

    【得点者】
    8分 1-0 堂安律(PSV)
    26分 2-0 マレン(PSV)
    42分 3-0 ベルフワイン(PSV)
    52分 4-0 イハッタレン(PSV)
    84分 5-0 ガクポ(PSV)

    フットボールチャンネル編集部 12/8(日) 5:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00351796-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/02(月) 05:17:50.63
    20191202-00350787-footballc-000-1-view[1]

    【トラブゾンスポル 1-1 ガラタサライ スュペル・リグ第13節】

     トルコ・スュペル・リグ第13節、トラブゾンスポル対ガラタサライが現地時間1日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

     ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は左サイドバックで先発フル出場。2試合連続の出場となった。長友は守備で奮闘し、試合終了間際に同点ゴールを決めた。

     両チームともにゴール前まで攻め込み、チャンスはあるものの中々ゴールを奪うことができず。前半は0-0で折り返す。

     均衡が破れたのは50分、ペナルティエリア手前の左でトラブゾンスポルがFKを得ると、ソサのキックにセルロートが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

     同点に追いつきたいガラタサライは84分、モルが右サイドでボールを受け、ペナルティエリア内に侵入。エリア内で相手に倒されるも、笛は鳴らずゴールキックの判定となった。

     このまま終わるかと思われた90分、左からのクロスにビュユクが中央でボールをキープ。するとボールが溢れ、攻め上がっていたペナルティエリア左の長友のもとへ。長友はダイレクトでボールを蹴り込み、ゴールに突き刺した。長友の今季初ゴールでガラタサライが土壇場で同点に追いついた。

     試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。ドローに持ち込んだガラタサライだったが、2試合勝利がない。

    【得点者】
    50分 1-0 セルロート(トラブゾンスポル)
    90分 1-1 長友佑都(ガラタサライ)

    フットボールチャンネル編集部 12/2(月) 3:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350787-footballc-socc



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/02(月) 01:06:02.28
    EKtpgfGXYAI_Tr9[1]

    パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、12月1日に行われたセルビア・スーペルリーガ第18節のマチュヴァ・シャバツ戦で、今シーズンのリーグ戦2点目を決めた。

    先発出場した浅野は16分、ウマル・サディクのシュートが相手GKに阻まれると、こぼれ球を押し込んで先制ゴールを決めた。
    試合はその後、70分にスロボダン・ウロシェビッチが追加点を決めて、パルチザンが2-0で勝利。
    敵地で完封勝利を収めて、リーグ戦4連勝を飾った。

    今夏にパルチザンに移籍した浅野は、8月8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦ファーストレグのイェニ・マラティヤスポル戦で移籍後初出場を果たすと、いきなり初ゴールを決めて鮮烈デビュー。
    その後は得点から遠ざかっていたが、25歳の誕生日の11月10日に行われた第15節のインジヤ戦で自ら得たPKを決めて、バースデーゴールでリーグ初得点を記録した。

    さらに11月28日に行われたELグループステージ第5節のAZ戦では得意の抜け出しから鮮やかな先制ゴールを決めて、EL本戦初得点をマーク。
    中2日で行われた今節マチュヴァ・シャバツ戦では、公式戦2試合連続で今シーズン4点目を決めた。 
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-01004661-soccerk-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/29(金) 06:30:08.45
    2015年に鹿島アントラーズのトップチームに昇格して以来、得点能力に優れたストライカーとして、チームのタイトル獲得に貢献した鈴木優磨。
    さらなる高みを目指し、今年7月に新天地として選んだのは、ベルギーのシント・トロイデンだった。  

    チーム加入当初はなかなか出場機会を得られずにいたが、10月27日の第12節からは5試合連続でフル出場。
    ここまで3得点と、徐々に存在感を増してきている。
    移籍からの約4カ月で鈴木は何を得て、どんな未来を描いているのか。本人に直撃した。

    ――練習中、チーム内でうまくコミュニケーションをとっていますね。

    「チームメイトが英語を話すので聴くことには慣れましたけど、まだそんなに話せないので勉強中です(笑)。
    ベルギーリーグは選手の入れ替わりが多く、うちのチームも新加入選手がたくさんいるんですが、みんなが僕を快く受け入れてくれたので早く馴染めました」
    ――ベルギーの生活には慣れましたか? 「食事に慣れるまで苦しみましたけど、だいぶ適応できてきましたね。
    毎日の練習が鹿島よりもきつくて長く、家に帰ったらご飯を食べて寝るという規則正しい生活を送っているので、夜はすぐに寝ています」

    ――初めての海外移籍。何が決め手になったんでしょうか。

    「冨安健洋選手(ボローニャFC)や遠藤航選手(シュツットガルト)たちがベルギーで成長したのを感じて、僕も成長したいと思い移籍を決断しました。
    シント・トロイデンは、鹿島よりも若い選手が多くて、チームが発展途上にあるという印象です。
    一体感があって、同じ目標に向かってみんなで歩んでいる、という感じがしますね」

    ――ベルギーリーグとJリーグの違いは? 「Jリーグだと、コンパクトな状態でボールを丁寧に回すことが多いですけど、
    ベルギーでは可能性が低くてもゴールに向かうことを優先する傾向があります。
    試合中にスペースが空いていることが多く、そこを突いたダイナミックな攻撃が展開される。
    グラウンドも日本と違って、ベルギーのほうが緩く滑りやすい。普段の練習ではあまりわからないのですが、とくにアウェーの試合でそう感じることがあります。
    シント・トロイデンのホームグラウンドは人工芝ですから、また感覚が変わりますね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00879080-sportiva-socc
    11/29(金) 6:10配信

    no title


    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10020087
    成績

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/25(月) 17:11:46.04
    20191125-00067102-sdigestw-000-6-view[1]

    オランダ1部フィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑(33)が24日、アウェーのスパルタ戦に攻撃的MFで先発して新天地デビューを果たした。0―1の後半36分に交代し、チームは0―2で敗れて4連敗を喫した。

     本田の公式戦出場は前所属メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)のラストゲームとなった5月22日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)広島戦以来約6カ月ぶり。オランダでプレーするのは2008~09年のVVVフェンロ以来、約10年ぶりとなり、シュートを放つ場面もあったが、得点にはつながらなかった。

     トップ下に入り、前半9分には敵陣右サイドで得たFKで直接ゴールを狙ったが、GKにキャッチされた。深い位置まで下がり組み立てへ参加する場面が多くみられ、後半11分には、ペナルティーエリア内中央で左足で狙うがGKの好セーブでゴールを阻まれるなどした。

     試合後、本田は「もちろん結果には満足していないし、ビッグチャンスで得点できなかった。チームが3連敗の悪い雰囲気を引きずっていると感じたので、難しい試合になった」とし、「自分のことは分かっているし、どうやってチームの力になれるかも分かっている。自分は神ではないので、自分にできることに集中しないといけない。例えば今日だと随所で試合をコントロールすること。このような相手には試合を支配しないといけない」と話した。

     4連敗からの立て直しについては「個人的には心配していない。大丈夫。チームは1週間くらいあれば問題を解決できる。自分はまだ1週間くらいしかチームと練習していないので、まだチームメートの癖や長所、弱点を把握できていない」と言い、「時間が必要。これから経験豊富な選手と話し合っていく。若手ではなく。彼らだけでこの状況を変えるのは早すぎる。だから自分のプロジェクトを少しずつ始めていく。選手として、もしかしたらコーチ(監督)のアシスタントとして」と話した。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000156-spnannex-socc 

    続きを読む

    628: 名無し@サカサカ10 2019/11/25(月) 02:27:32.01
    20191125-00067102-sdigestw-000-6-view[1]
     

    フィテッセ本田圭佑、186日ぶりの実戦で81分までプレー! トップ下で決定的なシュートを放つも…
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191125-00067102-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/12(火) 19:01:33.83
    GettyImages-934188352-800x533[1]

    トルコ1部リーグのガラタサライのファティ・テリム監督が、20年1月の移籍市場における最初の放出選手を日本代表DF長友佑都(33)に決めたと12日付の地元紙ミリエットが報じた。

    今季の長友はパフォーマンスが低調で、欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのレアル・マドリード戦では自らのミスも絡み、チームは大量6失点で惨敗を喫していた。

    ガラタサライは、今季いっぱいで契約が終了する長友の代理人、ロベルト佃氏と既に連絡を取っており、11月中に会談が行われる予定。そこで長友に対し、
    次のチームを見つけるよう切り出す模様だ。200万ユーロ(約2億4000万円)という高額年俸も足かせとなっており、移籍先が見つからない場合は契約解消が濃厚だという。

    今季ガラタサライにおいて、公式14試合に出場している長友のパフォーマンスは物足りなさがあり、サポーターたちからの非難が集中。先日の欧州CL、レアル戦でも失点に関わるプレーが目立ってしまった。

    もし長友が移籍するとなった場合、行く先は長年インテルで活躍していたこともあって、イタリアとなる可能性が高いとみられている。(オルムシュ由香通信員)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-11120741-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/12(火) 09:36:23.78
    ようやく巡ってきた“イングランド・デビュー”
    no title



    浅野拓磨のアーセナル移籍が発表されたのは2016年夏のことだった。

     その直後にクラブの広報担当者に入団記者会見について問い合わせたが、しばらく返答はなく、最終的に連絡があった際には、「現在その予定はない」といった内容のメールでの返信のみに終わっていた。

    【動画】あと少しでゴール…。マンU戦で放った浅野拓磨のヘディングシュートはこちら
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail4/id=66548

     結局、その後、浅野を取材する機会は残念ながら一度も巡ってこなかった。なぜなら、彼がガンナーズの一員として赤と白のシャツを身に着けてピッチに上がることが一度もなかったからだ。

     それからおよそ3年。25歳になった日本代表FWは、イングランド、すなわち「フットボールの聖地」でようやくデビューを飾った。浅野が纏っていたのは、セルビアの名門パルチザン・ベオグラードの黒と白の縦縞のユニホームだった。

     11月7日(現地時間)に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第4節、マンチェスター・ユナイテッド戦に挑んだのである。

     浅野のプレーを間近で見るのは初めてだった。ベオグラード開催だった第3節はテレビ観戦したとはいえ、正直なところ、普段は日本代表でプレーする姿をテレビでたまに見かける程度だった。

     そして、オールド・トラフォードの記者席から見た浅野についての率直な感想は、“可能性を感じさせる選手”だった。

     最も目に付いたのは、やはりスピードだ。カウンターを繰り出した19分の場面では、自陣から快足を飛ばして一気に加速すると、あっという間にDFを突き放して前線へ抜けた。最終的に味方MFからのパスの精度が低く得点機はつくれなかったが、その脚力は相手の脅威となり、後半も右サイドでマーカーを振り切る場面も見られた。

     この点については浅野本人も自負している。試合後には、「自分の強みっていうのは、特に今日みたいな試合だと、何も見せられないなかで、ああいうところで負けないところ」と述べている。

     さらにポジショニングセンスの高さも感じさせた。スペースを見つけては、そこへするりと入り込んで、味方からのパスを待つ場面が数回あった。しかし、残念ながらボールホルダーがその動きを見ていなかったり、あっさりとボールを取られてしまったりと、タイミングが合わず、決定機を作り出すまでには至らなかった。。

    11/12(火) 6:35 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00010002-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/31(木) 06:46:35.10
    EIKKY65XUAAhVGF[1]

    87分に鈴木優磨の決勝点で逆転

     現地時間10月30日、ベルギーリーグの第13節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はメヘレンと対戦。2-1で勝利した。

     STVVはGKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨が先発出場。ベンチには伊藤達哉が入ったが、出番は与えられなかった。

     先制はメヘレンだった。37分に失点したSTVVは、2トップのヨアン・ボリと鈴木を中心にどうにか追い上げようとする。

     しかし前半はうまくかみ合わず、1点のリードを許したまま後半に突入する。

     STVVのマルク・ブライス監督は67分に前線の2枚替えを実行し、エルトン・アコラツェとスティーブ・デ・リダーを投入。これでリズムを掴んだアウェーチームは攻撃のリズムを取り戻す。

     そして81分、ボリがアコラツェからのボールを冷静に蹴り込んで同点とすると、87分にはセカンドボールを拾った鈴木が、中央で右足を振り抜いてゴール。わずか6分間で逆転に成功する。

     その後、メヘレンが猛烈な追い上げを見せるも、試合はそのまま終了。STVVは今季リーグ戦4勝目を挙げている。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部 10/31(木) 6:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00066007-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/05(土) 07:53:03.10
    20191004-43472360-gekisaka-000-2-view[1]


    初先発2A堂安、83%がスタメン起用望む

    試合後にファンボメル監督が堂安を称賛したと、地元紙アイントホーフェンス・ダフブラットが報じている。同監督はMFブルマの代役として先発させ、チームの勝利に導いた堂安に対して「チーム全体にも言えることだが、彼はよくやった。前から堂安はクオリティーを持った選手であることは分かっていたし、練習で私が求めていることをやってくれる。信頼できる選手だ。私は前線に誰を起用するか選ぶという選択肢があることが、素晴らしいことだ」と、堂安の加入で前線のタレントが増えたことに満足していると話した。

    また、FOXスポーツの解説者を務める元オランダ代表でOBのブルヒンク氏は「(ファンボメル監督が)堂安をこれほど早く起用させたことに驚いている。彼の考え方では、選手に時間を与えてPSVのレベルやプレースタイルに慣れさせる。だが、堂安にはそれが当てはまらないみたいだ。まれなケースだね。ファンボメルは堂安を信じているようだ」と、新加入の選手がこれほど早く頭角を現すのは珍しいと話した。

    さらに「日本人はちょっと遠慮しがちで、控えめだというイメージがあるが、彼は前線に上がって行ったし、ボールも要求していた。彼がこんなに早くPSVのレベルにフィットしたことに僕は驚いている」と絶賛した。

    フットボールプリムールのサイトでは「堂安をスタメンで起用するべきか」との質問に1050人が回答し、イエスが「83%」となり、早くもファンの心をつかんでいる結果となった。(エリーヌ・スウェーブルス通信員)

    10/4(金) 17:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-10040541-nksports-socc

    ・PSV番記者がローゼンボリ戦2アシストの堂安律を高評価…4点目のラストパスを「芸術品」と絶賛

    PSV番記者のリック・エルフリンク氏は、日本代表MF堂安律のローゼンボリ戦の活躍を評価している。

    3日の4-1で勝利したヨーロッパリーグのローゼンボリ戦後、マルク・ファン・ボメル監督は、2アシストを記録した堂安について「よくやっていたと思う。前々から彼にはクオリティがあるとわかっていた。信頼のできる選手で、前線に多くのオプションがある現状は私にとって最高だ」と賛辞を送っていた。

    ローゼンボリ戦の堂安のパフォーマンスを見たエルフリンク氏は『Eindhovens Dagblad』で「彼は再び力強くプレーできていた」と話し、ファン・ボメル監督と同様に日本代表MFを称えている。

    「ドウアンが先発でプレーしたことも大きな驚きではない。PEC(ズヴォレ)戦で彼は良い役割を見せ、とても素晴らしかった。この試合で、彼はチームを活性化させる最高の物を数多く持っていた。(ドニエル)マレンの最後のゴールでも、芸術品のようなパスを準備していた。ファン・ボメルが高く評価する働きだった」

    さらに、同氏は堂安が6日のVVVフェンロ戦に先発で出場するチャンスをつかめるかについて「(ヨリット)ヘンドリックスが下がって、ドウアンが再びスタートからピッチに立つことも悪くはない。ファン・ボメルは少しのローテーションを使うかもしれないが、90分間プレーできる可能性もある」と期待を寄せている。

    10/5(土) 6:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00010000-goal-socc

    ・PSV堂安律、“バランサー”としての役割を現地誌評価 「理想的」「他とは異なる特徴」

    オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」は「“カウンターウェイト”堂安」と題し、堂安を釣り合いを取るための“重り”に見立てて寸評を展開している。

    「堂安はPSVの他のアタッカーとは異なる特徴を持っている。彼はゲームをスピードアップさせられるが、同時にスローダウンするためにボールをキープしなければならない瞬間を認識している。インテリジェントな日本人は、ドリブルと爆発力を備えた理想的なカウンターウェイトだ」

     マルク・ファン・ボメル監督からしっかりと信頼を勝ち取った堂安。オランダの強豪クラブでも自分の“居場所”を築きつつある。

    10/4(金) 20:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00221535-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/30(月) 01:24:06.09
    news_284618_1[1]


    過去10年間それぞれのリーグで最も優勝しているクラブ

    スペイン…バルセロナが7回優勝
    イングランド…シティが4回優勝 他国に比べれば比較的競争力があるが近年はシティの1強化が著しい
    ドイツ…バイエルンが8回優勝 7連覇中
    イタリア…ユベントスが8回優勝 8連覇中
    フランス…パリSGが6回優勝
    ポルトガル…ベンフィカが6回優勝 残りの4回は全てポルトが優勝
    オランダ…アヤックスが5回優勝

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/27(金) 07:41:52.30
    no title


    フランスの年代別代表に選ばれてきた逸材が…

    衝撃の真相が明らかになった。

    現地時間9月26日、フランス紙『Nice Martin』をはじめとする複数のメディアは、
    今月16日にリーグ・アンのニースに所属するデンマーク代表FWキャスパー・ドルベアが所持していた900万円相当の高級腕時計が、
    クラブ施設の更衣室で盗まれた事件の犯人が「見つかった」と大々的に報じた。

    ニースの地元紙『Nice Martin』によれば、なんと犯人はチームメイトで、センターフォワードのポジションを争うラミヌ・ディアビ・ファティガだったという。

    現在18歳のディアビ・ファティガは、フランスの年代別代表に招集されてきた有望株で、「過去10年でも指折り才能を持つストライカー」とも称され、将来を嘱望されている。

    今年4月に右足首を痛めた影響で、長期離脱を余儀なくされていたが、今月初めにチームのトレーニングに復帰。
    そんななかで起こした騒動は波紋を広げている。

    フランスの全国紙『L'Equipe』によれば、ニースは、地元警察の協力を得ておこなった監視カメラの映像解析で、犯人を突き止めという。
    近々で聴聞会を開き、最悪の場合は、ディアビ・ファティガを解雇する可能性もあるようだ。
    ちなみに当人は弁護士とともに練習場を訪れ、パトリック・ヴィエラ監督とチームに謝罪をしているという。

    何はともあれホッとしているのは、“被害者”となったドルベアだろう。

    今夏の移籍市場でニースにやってきたばかりのエース候補は事件発覚当時、クラブの首脳陣に対して、
    「犯人と時計の所在が明らかになるまでプレーしたくない」と気を落としていただけに、胸をなでおろしているはずだ。
    同僚の中に犯人がいたというショックも、小さくないかもしれないが……。

    ディアビ・ファティガの処遇とともに、“相棒”が戻ってきたドルベアのパフォーマンスにも注目したい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00010002-sdigestw-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/26(木) 08:18:16.40
    20190926-00010003-sdigestw-000-3-view[2]


    【PSV 3-1 フローニンゲン オランダ1部第7節】

     オランダ1部エールディビジ第7節のPSV対フローニンゲンが現地時間25日に行われた。試合は3-1でホームのPSVが勝利している。PSVのFW堂安律とフローニンゲンのDF板倉滉はそれぞれフル出場した。

     古巣フローニンゲンとの一戦でPSV移籍後初の先発出場となった堂安は、右サイドからチャンスをうかがった。

     PSVは開始12分に先制点。ロサリオのミドルシュートでゴールが生まれると、38分には素早いパス回しから抜け出したダンフリースが決めて2点差で折り返した。

     後半に入って1点を返されたPSVは、残りの20分間でさらなる失点を許さず。後半アディショナルタイムには堂安のシュートがDFに当たったところから味方につながり、最終的にブルマがゴールを決めた。

     これで勝負を決めたPSVは勝ち点3を獲得。暫定でアヤックスを上回って首位に浮上している。

    【得点者】
    12分 1-0 ロサリオ(PSV)
    38分 2-0 ダンフリース(PSV)
    70分 2-1 ルンドクビスト(フローニンゲン)
    90+2 3-1 ブルマ(PSV)

    https://www.footballchannel.jp/2019/09/26/post339972/

    続きを読む

    このページのトップヘ