海外リーグ・クラブ

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/21(水) 12:01:35.93 _USER9
    欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)にライプツィヒと日本人FW南野拓実が所属するザルツブルクが参加できることを公式HP上で発表した。

     UEFAクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関(CFCB)の裁定部門が調査した結果、両クラブはCL大会規約の第5条(大会の完全性)の規定に違反はなかったとの判断を下された。

     CLでは、同一人物をオーナーに持つ2クラブが同じ大会へ出場することができないとされていたが、複数のUEFA主催クラブ大会参加クラブに決定的な影響を及す個人または法人はもはや存在しなくなったと判断された。

     続けて、完全性規則が今後も守られるよう、CFCBは引き続き両クラブの監視を行うとも発表。

     これにより正式にライプツィヒとザルツブルクが来シーズンのCLに参加することが決定、CLの舞台で南野がどのような活躍を見せてくれるのか注目が集まる。

    6/21(水) 11:58配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00602930-soccerk-socc

    写真
    no title

    【南野拓実、欧州の大舞台へ参戦!来季CLにライプツィヒとザルツブルクが参加可能】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/20(火) 17:26:11.99 _USER9
    20170620-00010001-soccermzw-000-5-view[2]


    6/20(火) 8:10配信

    Football ZONE web
    「私は決して選手たちを許さない」 ストイコビッチ監督が中国で勃発した50人大乱闘に怒り爆発

    ストイコビッチ監督が乱闘騒動に対し怒りを露わに【写真:Getty Images】

    上海上港vs広州富力で大乱闘が勃発

     広州富力のドラガン・ストイコビッチ監督は、18日に行われた中国スーパーリーグの上海上港戦で勃発した大乱闘に対し、怒りを爆発させている。英メディア「メトロ」が報じている。

     事件が起きたのは前半アディショナルタイムだった。タッチライン際でボールを拾った上海上港MFオスカルが突然、相手選手に向かって全力でボールをぶち当てると、その跳ね返りを今度は反対方向にいた別の選手に渾身の力で蹴り当てるという暴挙に出た。

     これに激怒した広州富力の選手たちは、オスカルを突き飛ばすと、両チームの選手が入り乱れる騒動へと発展。同記事では、「元チェルシーのスターが中国で50人を巻き込む大乱闘を引き起こした」とレポートしている。

    【動画】中国で大惨事! オスカルの暴挙が発端…50人規模の大乱闘が勃発!

     また、かつて名古屋で選手と監督として活躍し、現在は広州富力の指揮官を務めているドラガン・ストイコビッチ監督のコメントも紹介。ピッチで暴れた自身の選手たちに怒りのメッセージを伝えている。

    「私は決してスポーツマンシップに欠けた振る舞いをした、我々の選手たちを許さない。我々は対戦相手、観客、レフェリーを尊敬すべきだからだ」
    オスカルに「正義は勝つ」

     一方でストイコビッチ監督は「正義は勝つ。皆、何が起きたのか目にしたはずだし、私自身も何が起きたのかはっきり確認している」と、一切お咎めのなかったオスカルに対し、今後の処分が検討されることを期待するようなコメントも残している。

     中国で起きた大乱闘は世界各国でも報道され始めているが、事が大きくなっていけば、騒動のきっかけとなったオスカルにも処分が下る方向に傾いていくかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170620-00010001-soccermzw-socc
    【【中国リーグ】ストイコビッチ監督「私は決して選手たちを許さない」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/17(土) 16:14:23.08 _USER9
    コンフェデレーションズ杯に「予想猫」登場 その名はアキレス!
    http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/06/17/kiji/20170617s00002000125000c.html
    2017年6月17日 11:14
    no title

    FCゼニトのケルジャコフが白毛に青い目のアキレス15歳を抱く Photo By AP

     サッカーW杯の前哨戦となるコンフェデレーションズ杯(17日~7月2日=参加8カ国)はロシア国内の4都市で開催されるが、すべての試合の勝者を予想する大事な職務?を猫が担当することになった。

     開催都市のひとつ、サンクトペテルブルクのエルミタージュ国立美術館に住んでいる「アキレス」で、大会期間中は対戦する2チームのどちらかの国のカードを熟考の末に?選択する。

     世界遺産にもなっている同美術館では1764年の開館以来、ネズミ捕りのために猫が飼われており、現在でも50匹がここで暮らしており、アキレスもその中の1匹。ただし予想の能力についての詳細は明らかにされなかった。

     サッカー界では2010年のW杯南アフリカ大会で、ドイツ・オーバーハウゼン水族館で市域されていたマダコの「パウル」が予想を次々に的中させて話題になった。

    【コンフェデレーションズ杯に「予想猫」登場!その名はアキレス!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/17(土) 22:38:55.73 _USER9

    20170617-00601723-soccerk-000-2-view[2]

    ヘーレンフェーンに所属するMF小林祐希がオフィシャルパートナーを務めるKLMオランダ航空がフットサル大会「Futsal KLM CUP」を都内で開催。小林も参加した。

     大会は午前中に男女の参加者によるミックスカテゴリー大会、午後はオープンカテゴリー大会が開催。小林は大会のエキシビジョンマッチに参加するとともに、トークショーも実施。長時間にわたり、参加者と交流している。

     当初、小林は午前中のミックス大会はピッチでプレー、オープン大会ではPK戦のみをやる予定だったが、小林の提案で「見ていたらガチンコでやりたくなった」と、オープン大会もPK戦からエキシビジョンマッチに変更。実力者とともにプレーする中で、小林が入ったチームが敗戦を喫し、「悔しい!」と本気具合をうかがわせた。

    「参加者の皆さんが楽しそうでよかったです。互いに知らなかった人でもボールを通じて知ることができるので、やっぱりサッカーっていいなって思いました」とサッカーの良さを再認識したと話した小林は、「来年は自分のチームを作って参加したいです。見ていたくないので(笑)」と、次の大会への意欲を見せた。

     トークショーではオランダでの生活について触れ、「日本の生活とそんなに変わらないです」と話す一方で、「サッカーが生活っていう感じがします。ヨーロッパはサッカーが文化なので、日本ではサッカー選手はアイドル的な感じではないです。ダメなら叩かれるし、よければ神様扱いをしてもらえる。日本では良くても悪くてもかっこいい、憧れの目で見られますが、(オランダでは)ダメだったらスーパーマーケットとかで『全然ダメ』だと普通に言われます。それくらい生活の一部ですね」と、日本とオランダの違いをコメント。

     自身が描く夢については、「来年にはワールドカップがあります。勝つ姿を見せたい。ワールドカップ優勝ですね。まずは出場を」「チャンピオンズリーグの舞台に立ち、優勝したいという目標を持っています」と、サッカー界の2つの大きなタイトル獲得を掲げている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00601723-soccerk-socc

    【ヘーレンフェーンの小林祐希「日本ではサッカー選手はアイドル的な感じですが、ここは違います」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/16(金) 09:28:40.49 _USER

    20170606-00026527-sdigestw-000-3-view[1]

    サッカー中国2部リーグの北京控股(ぺきんこうし)に所属していた元コートジボワール代表のMFシェイク・ティオテ(30)が今月5日、クラブの練習中に昏倒(こんとう)し、病院に運ばれたもののそのまま帰らぬ人となった。ティオテの突然死をきっかけに、近年、カネの力にものをいわせて外国人選手を買いあさっている中国プロサッカーリーグの、あきれた実態が明らかになった。

         ◇

     北京控股は中国版ツイッター「微博」上で、「ティオテはすぐに病院に搬送された。あらゆる蘇生(そせい)手段を施したが効果がなく、2017年6日午後7時ごろ死亡した。クラブはすでにティオテの家族と連絡を取った」とティオテの死亡を公表した。北京で執り行われたクラブ主催の追悼式典では、選手やスタッフがコートジボワールの国旗で包まれた棺に別れを告げた。

     北京控股はさらに、「今年2月にチームに加わってから、ティオテはめざましい貢献をしてきた。その卓越した技術、プロ意識でクラブやコーチ陣、チームメートから称賛されていた」との談話を発表し、「深い哀悼」を示した。しかし、ティオテがこの世を去ってから1週間以上が経過しても、正確な死因は明らかにされないまま。かつてティオテがプレーした英国のメディアを中心に、北京控股に対する不信感が膨らんでいった。

    英紙デーリー・メール(電子版)によると、ティオテが死亡する数日前、クラブ関係者は中国のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上に、「イスラム教の重要行事であるラマダン(断食月)のため、ティオテは夜明けから日没まで何も食べず、何も飲んでおらず、体に影響が出ている」と書き込んだ。その書き込みはその後、削除されたという。

     さらに、ある関係者は匿名を条件にデーリー・メール紙に対し、中国のサッカークラブのこんな事実を暴露した。

     「中国のサッカークラブの医療状況は、みんなが考えているよりも極めてひどい。北京控股にAED(自動体外式除細動器)があるかって? 絶対にない。北京控股の医療スタッフは2人だが、1人はそれなりの装備を備えているが、もう1人は痛み止めのスプレーをするのが仕事だ」

     別の関係者は最近、元イングランド代表監督のスベン・ゴラン・エリクソン氏(69)を解任した2部リーグの深●(=土へんに川)FCを訪問したという。深●(=土へんに川)FCの練習施設を見たこの関係者も、「基本的にクラブには医療施設がない。かなりの部分を中国伝統の漢方医に頼っている」と驚きを隠さなかった。

    続きます。
    http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160010-n1.html
    2017.6.16 07:10

    【【中国チーム】医療は漢方頼み!?コートジボワール選手が練習中に突然死...】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/16(金) 13:00:59.54 _USER9

    20170616-00000020-jij_afp-000-3-view[1]

    6/16(金) 12:32配信 AFP=時事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000020-jij_afp-socc
    【AFP=時事】フランス・リーグ1のナント(FC Nantes)は15日、クラウディオ・ラニエリ(Claudio Ranieri)氏の監督就任を発表した。

     2年契約を結んだラニエリ氏は、結果を手にするために懸命に働く準備はできているとファンに断言し、
    ナントには来季の成功のために必要な人材と情熱があると語った。

     レスター・シティ(Leicester City)を2015-16シーズンのイングランド・プレミアリーグ制覇に導いたラニエリ氏は
    ナントのホームページに掲載されたインタビューで、「ナントの新指揮官になることができて喜んでいる。
    この仕事に大きな情熱を傾けていく」と語った。

     ASモナコ(AS Monaco)で指揮を執った経験のある新指揮官はフランス語で、
    「クラブが下位から這い上がり7位でリーグ戦を終えたという事実は、彼らには才能があり、
    意欲があるということを示している。素晴らしいシーズンを送ることを確信している。懸命に働き、
    良好な結果を手にするということには慣れている。サポーターの皆さんにも期待しています」とコメントした。

     ナントは2週間前、FCポルト(FC Porto)の指揮官に就任するため辞任したセルジオ・コンセイソン
    (Sergio Conceicao)前監督の後任探しにすぐさま着手していた。ラニエリ氏はリーグ1指揮官就任の
    年齢制限である65歳を超えていたものの、ナントはリーグ側から特例で免除を受けている。

     ラニエリ氏はレスターを優勝オッズ5000倍とされるな中で優勝に導いたものの、
    16-17シーズンは不調で降格争いに巻き込まれるなどし、今年2月に解任されていた。
    2012-13シーズンにはモナコをリーグ1に昇格させ、翌シーズンにはそのチームを2位に導くなど、
    すでにフランスでの経験を持ち合わせている。【翻訳編集】 AFPBB News

    no title

    【フランスリーグのナント新指揮官にラニエリ氏が就任!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/12(月)21:06:04
    ペジェグリーニ(河北華夏幸福)
    ビラスボアス(上海上港)
    カンナバーロ(天津権健)
    スコラーリ(広州恒大)
    ポジェ(上海申花)
    ストイコビッチ(広州富力)
    マガト(山東魯能)
    シュミット(北京国安)←new
    カペッロ(江蘇蘇寧)←new

    リッピ(中国代表)

    【現在の中国サッカーリーグの監督wwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/12(月) 00:49:55.17 _USER9

    20170612-00026737-sdigestw-000-4-view[1]

    中国クラブが大物監督を“爆買い”した。中国スーパーリーグ(1部)の江蘇蘇寧は11日、新監督にイタリア人のファビオ・カペッロ氏(70)が就任すると発表。契約期間は1年半で、地元メディアによると年俸は1000万ユーロ(約12億3400万円)。現在16チーム中14位タイに低迷するチームの再建を担うこととなる。

     カペッロ氏はACミランを率いてセリエAを4度、欧州チャンピオンズ杯を1度制覇。MF中田英寿を擁したローマをセリエA優勝に導いたほか、ユベントス、レアル・マドリードなどの名門クラブ、その後イングランド代表、ロシア代表を指揮した。

     江蘇蘇寧には、昨年2月にシャフタル・ドネツク(ウクライナ)から当時アジア最高の移籍金5000万ユーロ(当時約65億円)で加入したブラジル人MFテイシェイラ、前チェルシーのブラジル代表MFラミレスらが在籍している。

    6/12(月) 0:17配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000162-spnannex-socc

    【カペッロ氏、中国リーグの江蘇蘇寧の新監督就任発表!年俸12億円】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/11(日) 00:09:04.55 _USER9

    20170611-00010007-soccermzw-000-1-view[1]

    サッカーのベルギー1部、シントトロイデンは10日、日本のネット関連会社「DMM.com」がクラブの株式の一部を取得することが決まったと発表した。
    同社が取得するのは全体の25%という。クラブは選手補強や営業面の拡充につなげたい考えで「日本市場に足掛かりを得て、近いうちに何人かの
    日本人トッププレーヤーをプレーさせたい」としている。

     関係者によると、今後、株の保有割合を増やす計画があるといい、日本選手や指導者、フロントスタッフが欧州に挑戦する窓口になりそうだ。
    ベルギーのクラブ経営参画には、以前から日本側が興味を示していた。

    今季レギュラーシーズンを12位で終えたシントトロイデンには1月まで小野裕二(鳥栖)が所属していた。

    http://www.sankei.com/sports/news/170610/spo1706100050-n1.html

    【DMMがベルギー1部シント・トロイデンの株式取得!日本人選手獲得も視野】の続きを読む

    このページのトップヘ