サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外リーグ・クラブ

    999: 名無し@サカサカ10 2019/01/20(日) 05:51:11.25
     20190120-20058871-gekisaka-000-3-view[1]


    トゥールーズ昌子源がデビュー戦で完封白星! 指揮官から紙で指示、口論仲裁も
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-20058871-gekisaka-socc







    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/19(土) 02:08:26.15
    フランス1部のナントを率いるは、
    就任から3ヶ月あまりで早くも退任の可能性がささやかれている。仏紙『レキップ』などが伝えた。

    ロシアワールドカップに向けて日本代表を率いていたハリルホジッチ氏は、
    大会まで2ヶ月半となった昨年4月に電撃解任。その後、10月に現役時代の古巣でもあるナントの監督に就任することが決定した。

    就任時点ではリーグアンで降格圏の19位に沈んでいたナントだが、
    ハリルホジッチ監督就任後に復調。就任2戦目からの3連勝ですぐに降格圏を脱出し、現在は13位に位置している。

    しかし、このままハリルホジッチ監督が指揮を執り続けるかどうかは必ずしも確実ではない状況となってきたようだ。
    クラブとの関係の悪化から不満を募らせ、退任の可能性も出てきたと伝えられている。

    チーム得点王のアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラはプレミアリーグのカーディフ・シティへの移籍に向けた交渉を行っていると報じられており、
    放出に反対する監督とクラブ首脳陣の間で意見の食い違いが生じているという。サラが売却されるのであればハリルホジッチ監督は退任するとの見方もある。

    1/19(土) 0:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190119-00305576-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    366: 名無し@サカサカ10 2019/01/16(水) 18:45:39.35
    04d46feb-29ee-4661-b18f-29d69032fa69[1]


    @tKpS40VJDx0HSZs
    中国メディアが、天津権健がチェ・ガンヒ監督に年俸75%カットor契約解除を要求したと報道。
    これに監督と代理人は反発し、コーチングスタッフと緊急ミーティングを開催。
    現在は合宿地のアブダビを離れ、明日にも天津で記者会見を開く可能性もある模様。
    https://mobile.twitter.com/guojiadui 
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/01/02(水) 07:36:30.43
    Tom@Tom75087067 14分前
    近年ブラジルのユニフォーム広告でお馴染みのCAIXA(ブラジル連邦貯蓄銀行)

    大統領の意向によりスポンサー契約延長はされない。
    各チームは既にメインスポンサー獲得に奔走しているが経済的に大打撃を受ける事は確実。
    4月からの全国選手権で大多数のチームは”胸スポンサー無し”で登場する見込み。
    no title


    全国選手権セリエAでこんだけのチームがメインスポンサーがいなくなる
    連邦貯蓄銀行は日本で言うと国民金融公庫

    続きを読む

    999: 名無し@サカサカ10 2018/12/28(金) 20:01:53.80
     オーストラリア・Aリーグ第10節の試合が28日に行われ、メルボルン・ビクトリーとウェリントン・フェニックスが対戦した。ビクトリーの本田圭佑は2試合連続のベンチ外となった。

    Dvf5YtIVYAILuih[1]

     開幕から8試合連続でフル出場したあと、前節のダービーマッチではコンディション不良のため移籍後初めて欠場した本田。今節も復帰を果たすことはなく、ビクトリーは前節と同じ先発メンバーで臨んだ。

     試合は両チーム無得点で前半を折り返したあと、62分にFWデイビッド・ウィリアムズのゴールでフェニックスが先制。だがビクトリーも77分、MFテリー・アントニスからのシュート性のボールにゴール前で合わせたFWオラ・トイボネンが4試合連続となるゴールを決めて同点に追いついた。トイボネンは本田に並んでチームトップタイとなる今季5ゴール目だ。

     その後ゴールが生まれることはなく、1-1のドローで終了。開幕2連勝のあと6連勝と調子を上げていたビクトリーだが、本田の欠場した2試合続けて勝利を逃した。だが1ポイントを加えたことでパース・グローリーと勝ち点20で並び、得失点差で暫定首位に浮上している。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00302929-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/24(月) 22:57:39.22 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)は、収益バランスを取る必要がある。

    psg-2018-19-kit-home-nike-01-o[1]

    UEFAとFIFAは、PSGがファイナンシャル・フェアプレーを遵守できるかどうか目を光らせている。

    フランス紙『Le Figaro』によれば、PSGは、スター選手一人の売却が必須であり、もしそれが行えなければ、UEFAによる処罰が下ることになる。

    PSGは、ファイナンシャル・フェアプレーという問題に直面しており、解決策を見出す必要があり、1億7,000万ユーロ(約215億円)を捻出しなければならない。

    それゆえに、『Le Figaro』は、PSGがスター選手売却の報道をしており、ファイナンシャル・フェアプレーを遵守するためにもネイマールかキリアン・エムバペのどちらかを売却しなければならないとしている。

    もし、チャンピオンズリーグで戦い続けたければ、それが可能な解決策である。

    現在、PSGは仲裁裁判所の決定を待っている状況であり、UEFAがカタールからのスポンサー収入を認めない中、フランス王者は収入源を見つけなければならない。

    そのような背景から約1億7,000万ユーロ(約215億円)捻出するためにその額での選手売却が必要である。

    そして、現状の移籍マーケットで最も欲されている選手がネイマールであり、レアル・マドリーの獲得候補に上がっている。

    また、PSGがその将来性を高く評価し、ファンからもより愛されているエムバペ売却という可能性もある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00010016-sportes-socc
    12/24(月) 20:55配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/21(金) 12:50:35.38 _USER9
    中国スーパーリーグ(1部)は20日、来シーズンから国内選手の年俸上限を1000万元(約1億6000万円)にするサラリーキャップ制を導入すると発表し、いわゆる「陰陽契約」を根絶させると明かした。

    20181221-00000012-jij_afp-000-2-view[1]

     この厳しい方策は、中国サッカー協会(CFA)が多額の投資を取り締まり、各クラブにより厳しい財政上のルールを順守させるために行っている取り組みの一環となる。

     中国中央テレビ体育チャンネル(CCTV-5)や他のメディアによれば、シーズン後に上海で行われたCFAの会議の結果、国内選手はボーナスや奨励金も制限されることが決まったという。

     このサラリーキャップ制は来年春に開幕する新シーズンから採用される予定だが、外国籍選手はその対象にならない。

     しかし、各チームの年間支出額の上限は2019年が12億元(約194億円)となっており、2021年には9億元(約145億円)まで減額となる。

     2年前、イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)に所属していたオスカル(Oscar dos Santos Emboaba Junior)が6000万ユーロ(約96億円)で上海上港(Shanghai SIPG)に加入すると、カルロス・テベス(Carlos Tevez)もライバルである上海申花(Shanghai Shenhua)に移籍しており、両選手は世界でも最も給料の高い選手のうちの一人となった。

     フッキ(Hulk)やパウリーニョ(Jose Paulo Bezerra Maciel Junior ‘Paulinho')といった外国籍のスター選手が数多く移籍してきたことで、中国スーパーリーグの各クラブが年俸や移籍金が極端に高額になった世界の移籍市場を捻じ曲げているという恐れをもたらした。

     しかしそれ以降、CFAは各クラブに対して大型補給を止め、代わりに若手選手の育成に集中するよう強いる働きかけを行い、来月1日に開かれる冬の移籍市場では過度な額が投じられる可能性は低くなっている。

     CFAは昨年、外国籍選手の獲得に要した額と同額の税金をクラブに課し、1試合に起用できる外国籍選手の数を3人に制限した。

     また数ある他の規則では「陰陽契約」の規制の一環として、各クラブは年末までに選手や監督との契約書を提出しなければならなくなった。

     税務署に提出する契約書と、合意した本当の金額が記されている契約書を二つ用意するというこうした実態は、中国のサッカー界や芸能界でまん延していると考えられている。

     これらの脱税策の企みがCFAから摘発されると、違反した選手や監督は1年から3年の出場停止処分を受け、そのクラブは勝ち点剥奪やリーグからの除名処分になる可能性がある

    12/21(金) 11:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000012-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/15(土) 11:40:05.79
    985951a542f39e4fd2940e48200c48a2-800x451[1]

    https://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20181211/875701.html


    PSG下部組織に初の日本人選手誕生! FW畠山拓海&DF泉田陸玖が入団



    https://twitter.com/RuiHiwatashi/status/1073217300843515906
    18歳未満の国際間クラブ移籍は、親の引越し(サッカーに関係ない理由での)といった特別な条件を除いて、FIFAが禁止。

    この二人もまだ入団できない、PSGもこの勝手な発表にお怒り、という情報が入りました

    関係者さん、調査・取材お願いします。この2選手のためにも。 

    続きを読む

    999: 名無し@サカサカ10 2018/12/15(土)
    20181215-00301158-footballc-000-1-view[1]

    中島翔哉、2戦連続アシスト! 右足クロス冴え渡り決定機演出
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181215-00301158-footballc-socc




    続きを読む

    434: 名無し@サカサカ10 2018/12/10(月) 07:01:23.77
     9日にスペインのサンティアゴ・ベルナベウで行われたコパ・リベルタドーレス決勝第2戦は、90分で決着つかず延長戦へ。そして120分を超える激闘の末、リーベル・プレートが3ー1(2戦合計:5ー3)でボカ・ジュニオルスを下し、南米王者に輝いた。

    no title

     ボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートによる“スーペルクラシコ”が、初めてコパ・リベルタドーレスの決勝で実現。第1戦は2ー2で終わり、第2戦はサポーター同士の衝突や、一部のサポーターの問題行動で延期に延期が重なり、ついに試合はスペインで行われた。

     先制したのはボカ。44分、ダリオ・ベネデットが抜け出すと、GKとの1対1を冷静に制し、均衡を破った。しかし68分、右サイドからの低いクロスにルーカス・プラットがダイレクドで合わせ同点ゴール。試合を振り出しに戻した。

     すると試合は均衡。互いにイエローカードが複数枚提示される荒れた試合になった。それでもスコアは動かず激戦は延長戦へ。そして96分、ボカのウィリマル・バリオスが2枚目のイエローカードをもらい退場。ボカは数的不利で試合を進めることとなった。

     試合の大きな変化に応じ両チームすぐさま最後の交代カードを使用。数的有利になったリーベルは攻めにでた。すると109分、フアン・フェルナンド・キンテロがペナルティエリア右手前から豪快に左足一閃。強烈なシュートがゴール右隅に吸い込まれ、ついにリーベルが勝ち越しに成功した。

     そして延長戦後半アディショナルタイム、ボカは最後の攻めでGKも前線へ。しかしこれを防ぎきったリーベルは、マルティネスが無人のゴールにドリブル。ダメ押し弾で試合を決めた。

     激闘の末、試合は3-1で終了。リーベル・プレートが南米王者の座に輝いた。

     なお、南米王者のリーベル・プレートは、FIFAクラブワールドカップ2018に出場が決定。1試合目は12月16日で、アフリカ王者のエスペランスと対戦する。

    【スコア】
    リーベル・プレート 3ー1(2戦合計:5ー3) ボカ・ジュニオルス

    【得点者】
    1-0 44分 ベネデット(ボカ・ジュニオルス)
    1-1 68分 プラット(リーベル・プレート)
    2-1 109分 キンテロ(リーベル・プレート)
    3ー1 120+2分 マルティネス(リーベル・プレート)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00874880-soccerk-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/08(土) 18:54:01.28 _USER9
     
    no title


    本田圭佑が32歳にして大復活を遂げている。今シーズンから移籍したオーストラリアAリーグのメルボルン・ヴィクトリーで、開幕6試合4得点3アシストの活躍。

    チームも4勝2敗で2位につける好調を維持している。Aリーグの公式サイトではMVPとの声もあがる無双状態だが、その活躍に疑問を投げかけるのは、あるスポーツ新聞の記者だ。

    元々海外志向が強い、オーストラリア

    「本田の全盛期は2010年のW杯南アフリカ大会から2014年のブラジル大会まで。クラブでいえばCSKAモスクワ時代で、ACミランに移籍してからは目立った活躍はできていません。ケガや病気の影響もあったし、当然年齢的な衰えもある。

    ロシア大会で代表に選ばれたのも“功労賞”のような部分があった。それでも3大会連続でゴールを決めるあたりは、『持っている』といえるんでしょうね。もともと足は速くないし、全盛期のようなキープ力もない。そんな彼が活躍できるということは、Aリーグのレベルはそれほど高くないんでしょうね」

    Aリーグが開幕したのは、2004年。現在はニュージーランドの1チームを加えた10チームで優勝を争っている。もともとオーストラリアの3大スポーツといえば、ラグビー、クリケット、そしてオーストラリアン・フットボール。サッカーは移民の間では人気があったものの、国民的スポーツとまではいかなかった。

    そんな低迷していたサッカー人気に火が着いたのは1974年以来、32年ぶりの出場となった2006年のW杯ドイツ大会だった。初戦で日本を相手にW杯初勝利をあげると、グループリーグを2位で突破。ベスト16に進出すると、国内のサッカー人気も急上昇。4年後のAリーグ発足につながっていった。

    「当時は、監督に名将と呼ばれていたヒディングを招聘するなど政府もサッカーの育成に力を入れていました。イタリアや東欧などからの移民の子どもたちを中心に代表も力をつけ、Aリーグも高いレベルを維持できていました。

    しかし2000年代以降は、移民がヨーロッパ系からアジア系に変わり、レベルが落ちてしまった。またAリーグは、サラリーキャップ制を導入しているため、チームの総年俸が210万豪ドル(日本円で約1億7300万円)に抑えられている。

    本田のように1チーム1人だけが認められている“マーキープレイヤー”(年俸総額に関係ないプレイヤー)をのぞいては、せいぜい年俸1000万円程度。この金額ではさすがに夢がない。もともとオーストラリア人は、海外志向が強いこともあって、若くて有望な選手は、どんどん国外に出ていってしまうのです」(Aリーグに詳しいサッカージャーナリスト)

    つづく

    12/8(土) 15:00配信 victory
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00010001-victory-socc

    続きを読む

    325: 名無し@サカサカ10 2018/12/08(土) 05:45:02.07
    20181205-00051121-sdigestw-000-6-view[1]

    アシストきたああああああああああああああああああ




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 13:27:20.25 _USER9
     オランダ・エールディビジは11月のリーグ月間ベストイレブンを6日に公式サイトで発表した。フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律も選出されている。

    20181207-00300215-footballc-000-1-view[1]

     堂安は11月2日に行われたエクセルシオール戦で今季2ゴール目を挙げ、チームの8試合ぶり勝利に貢献。続いて11日のヘーレンフェーン戦でも2試合連続ゴールを決めてチームを2連勝に導いた。25日のフェイエーノルト戦ではゴールはなかったが、ポストを叩くシュートを放つなど好プレーを見せていた。

     堂安は今季初の月間ベストイレブン選出。フローニンゲンからはモロッコ代表FWミムン・マヒも選出された。両者の活躍もあり最近4試合で3勝を挙げたフローニンゲンは最下位を脱出することに成功している。

     ベストイレブンのその他の選手はGKエドゥアルド(フィテッセ)、DFノゼア・マズラウィ、マタイス・デ・リフト、ニコラス・タグリアフィコ(以上アヤックス)、カネル・カブラン(エメン)、MFダビド・ネレス、フレンキー・デ・ヨング(以上アヤックス)、FWルーク・デ・ヨング、ステフェン・ベルフワイン(以上PSV)。月間最優秀選手にはタグリアフィコが選出されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00300215-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/06(木) 09:09:17.18 _USER9
    日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンが、シント・トロイデンに所属する同代表DF冨安健洋の獲得に動いていると、ドイツ紙『ビルト』が報じた。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

    20181206-00873409-soccerk-000-1-view[1]

    ブレーメンはすでに移籍金600万ユーロ(約7億7000万円)を提示したようだが、シント・トロイデンはそのオファーを拒否した模様。
    『ビルト』紙は、シント・トロイデン側が同選手を夏までは保持する考えであること、他クラブからの関心も寄せられていること、
    そして最低でも1000万ユーロ(約12億8000万円)を求めていることなどを理由に挙げている。
    ブレーメンは今夏、U-21スウェーデン代表DFフェリックス・ベイモを350万ユーロ(約4億5000万円)で獲得していることからも、冨安の移籍に関しては金額面が大きな障害となりそうだ。

    現在20歳の冨安は2018年1月にシント・トロイデンに加入し、契約は2021年まで。
    今シーズンのジュピラー・プロ・リーグでは、これまで全17試合出場で1ゴールを記録し、日本代表でも2試合に出場している。
    『ビルト』紙は「若くて188センチと高さがあり、フィジカルの強さと走力にも長けており、加えてビルドアップにもいいものがある」と評価している。

    なお、ブレーメンのセンターバック事情は、23歳のセルビア代表DFミロシュ・ヴェリコヴィッチがレギュラーの座をつかんでいるが、
    相棒とバックアップは33歳のフィンランド人DFニクラス・モイサンデルと30歳のドイツ人DFセバスティアン・ラングカンプとどちらもベテラン。
    U-21オーストリア代表DFマルコ・フリードルも控えているが、バイエルンから今シーズン限りでのレンタル加入のため、若返りを進めたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00873409-soccerk-socc
    12/6(木) 8:31配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/05(水) 05:41:15.64 _USER9
    オランダの名門アヤックスが、フローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)に触手を伸ばしていることが4日までに分かった。
    今冬に売却する可能性がある元U―20ブラジル代表MFの後釜としてリストアップ。
    一方、堂安も今冬の移籍に備え、オランダの大手エージェント事務所と契約したことが判明した。
    森保ジャパンの新BIG3の一角が、早くも悲願のステップアップを果たす可能性が出てきた。
    飛ぶ鳥を落とす勢いの堂安がついに世界屈指の名門からの興味をも引きつけた。
    関係者によればフローニンゲンと同じオランダ1部のアヤックスが、今冬の移籍市場に向けて堂安をリストアップ。
    今後の状況次第で、正式オファーに発展する可能性があるという。
    アヤックス関係者も「オランダに来てからの彼のプレーはずっと注意深く観察している」と証言した。

    アヤックスは33回のリーグ優勝を含む国内タイトルはもちろん、前身の欧州チャンピオンズ杯を含め欧州CLも4度制覇している強豪。
    今季もリーグではPSVアイントホーフェンとし烈な優勝争いを繰り広げ、欧州CLでは既に16強入りを決めている。
    堂安と同じ右FWには、元U―20ブラジル代表で21歳のネレスがいるが今冬に移籍する可能性が高まっており、その後釜に堂安を推す声も上がっているという。

    東京五輪のエースとして期待される堂安は、A代表でも森保監督の初陣から招集されて攻撃の軸に成長。南野、中島とともに“新BIG3”を形成している。
    決定力、突破力を誇るレフティーはフローニンゲンでは移籍1年目の昨季にいきなり29試合9得点と活躍し、今季も既に14試合で4得点。
    フランス・フットボール誌選定の21歳以下の世界最優秀選手コパ賞の候補にも選ばれた。
    コパ賞はフランス代表FWエムバペ(パリSG)に譲ったが、欧州でも注目を集める存在となった。

    堂安自身も「いろいろ考える必要がある」と今冬のステップアップを視野に入れ、
    先日にはリヨンのオランダ代表FWデパイらを顧客に持つオランダの大手エージェント事務所、スポーツ・エンターテインメント・グループ(SEG)と契約したことも判明した。

    堂安は来年1月のアジア杯での招集も確実な状況。
    冬の移籍期間は1月3?31日とあって活躍次第でさらなるビッグクラブが獲得に動く可能性もありそうだ。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/05/kiji/20181204s00002000487000c.html
    2018年12月5日 05:15

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/03(月) 08:33:19.60 _USER9
    <ベルギーリーグ:オイペン1-0ワースランドベベレン>◇2日◇オイペン

    FW豊川雄太が所属するオイペンはホームでワースランドベベレンに1-0で勝利した。

    20181125-06483434-gekisaka-000-1-view[1]

    豊川は前半32分に決勝点となる先制ゴールを決め後半34分に交代した。

    オイペンは6勝1分け10敗、ワースランドベベレンは1勝8分け8敗となった。

    ▽得点経過

    前半32分【オイペン】豊川

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00409051-nksports-socc
    12/3(月) 8:05配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11154443
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/ranking/
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/standings/
    順位表



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/03(月) 02:45:43.82 _USER9
    【フローニンゲン 5-2 NAC エールディビジ第14節】

    現地時間2日に行われたオランダ・エールディビジ第14節でフローニンゲンはNACと対戦し、ホームで5-2の勝利を収めた。堂安律はフル出場し、1得点1アシストを記録している。

    20181203-00299647-footballc-000-1-view[1]

    下位に低迷する2チームの対戦。今後残留争いのライバルになり得るチームを相手に、どちらも勝ち点3が欲しいゲームとなった。

    先制したのはホームのフローニンゲン。6分、堂安が敵陣右の浅い位置から左足でゴール前にパスを送ると、マヒがダイレクトボレーで合わせてリードを奪った。

    しかし、16分に同点弾を許したフローニンゲンは、56分にセットプレーの対応をミス。逆転弾を決められてしまう。

    それでも、その直後に堂安がチームを救った。右サイドからのグラウンダーのクロスを相手GKが弾き、さらにDFにボールが当たると、こぼれ球を堂安が詰めてゴール。
    堂安の今季4点目で2-2とした。

    76分には堂安のパスを起点にゼーファイクがゴールを挙げて逆転に成功。85分には堂安のパスを受けたマヒが一度はGKに止められながらも押し込んで4-2となる。
    90分にはメミシェビッチにゴールが生まれ、終わってみれば5-2の大差となった。

    【得点者】
    6分 1-0 マヒ(フローニンゲン)
    16分 1-1 ロスフフェル(NAC)
    56分 1-2 テ・フレーデ(NAC)
    58分 2-2 堂安律(フローニンゲン)
    76分 3-2 ゼーファイク(フローニンゲン)
    85分 4-2 マヒ(フローニンゲン)
    90分 5-2 メミシェビッチ(フローニンゲン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00299647-footballc-socc
    12/3(月) 2:38配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11156228
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/2
    得点ランキング




    続きを読む

    このページのトップヘ