海外リーグ・クラブ

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/23(木) 18:11:36.98 _USER9

    20170323-01638060-gekisaka-000-1-view[1]


    欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、UEFA国別クラブ係数の最新ランキングを発表した。
    トップ4はスペイン、ドイツ、イングランド、イタリア。
    5位と6位はそれぞれフランスとロシア、そのあとにポルトガルが続いている。
    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)およびUEFAヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝進出チームが決まったことにより、
    UEFA国別クラブ係数ランキングのトップ6は今季終了まで変更なしとなった。

     2018-19シーズンの欧州CLとELの出場枠に関係する同ランキング。
    加盟協会リストの上位4チームが、CLグループリーグに予選なしで出場できる一方、5位と6位の国は、
    2チームがグループリーグ、3位の1チームが予選から参戦できる。

     スペイン、ドイツ、イングランド、イタリアは準々決勝の結果および、
    2つのUEFA主催大会のその後の結果に関係なく、トップ4を維持することが決まった。
    昨季を5位で終えたポルトガルは、欧州カップ戦から全てのチームが敗退したため、
    フランスとロシアを抜く可能性はなくなり、トップ6から外れることが確定。
    ロシアは2010年以来の上位6位入りを果たした。

     7位から10位に入った加盟協会は、グループリーグに1チーム、予選に1チームが参加可能。
    現時点でこの順位を占めているのはポルトガル、ウクライナ、ベルギー、トルコの4か国となっている。
    また、11位のチェコと12位のスイスは、このまま行けば国内王者がプレーオフ出場権を獲得し、
    トップ10のチームと同様、少なくとも1チームがELのグループリーグに出場できる。

    以下、UEFA国別クラブ係数の最新ランキング

    1. スペイン
    2. ドイツ
    3. イングラン
    4. イタリア
    5. フランス
    6. ロシア
    7. ポルトガル
    8. ウクライナ
    9. ベルギー
    10.トルコ
    11.チェコ
    12.スイス
    13.オランダ
    14.ギリシャ
    15.オーストリア
    16.クロアチア
    17.ルーマニア
    18.デンマーク
    19.ベラルーシ
    20.ポーランド
    21.スウェーデン
    22.イスラエル
    23.スコットランド
    24.ノルウェー
    25.キプロス
    26.アゼルバイジャン
    27.ブルガリア
    28.カザフスタン
    29.セルビア
    30.スロベニア
    31.スロバキア
    32.リヒテンシュタイン
    33.ハンガリー
    34.モルドバ
    35.アイスランド
    36.フィンランド
    37.アルバニア
    38.アイルランド
    39.ボスニア・ヘルツェゴビナ
    40.ジョージア
    41.ラトビア
    42.マケドニア
    43.モンテネグロ
    44.エストニア
    45.アルメニア
    46.ルクセンブルク
    47.北アイルランド
    48.リトアニア
    49.マルタ
    50.ウェールズ
    51.フェロー諸島
    52.ジブラルタル
    53.アンドラ
    54.サンマリノ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-01638060-gekisaka-socc

    【UEFA国別クラブ係数ランク発表!スペイン、ドイツ、イングランド、イタリアの上位4クラブがCLストレートイン】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/21(火) 16:19:08.40 _USER9

    20170321-01795610-nksports-000-2-view[1]


    マンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)が、
    米MLSシカゴ・ファイヤーへの移籍が完了したと、21日付の米シカゴ・トリビューン電子版が報じた。 
      

    15年夏にバイエルン・ミュンヘンから加入したシュバインシュタイガーは今季、
    モウリーニョ監督の下、リーグ戦では出場機会を得られず。
    FA杯2試合、リーグ杯1試合、欧州リーグ1試合の計4試合の出場にとどまっている。
    ベンチ入りですらできない現状が続いている同選手は移籍について
    「自分のキャリアを一貫して、常にポジティブなインパクトを得られる機会や、
    偉大なことを達成に向けて、手助けできる機会を探してきた。今回のシカゴ・ファイヤーへの移籍も同様です。
    ロドリゲスGMや、パウノビッチ監督との話し合いで、私はクラブのビジョンや哲学を確信している。
    私は彼らのプロジェクトを助けたいと思っています」と話したという。契約は1年契約。
    来週にビザの申請とメディカルチェックを行うと報じた。 
      

    また、ロドリゲスGMはシュバインシュタイガーの獲得について
    「ありとあらゆるすべてのレベルで勝利してきた選手を獲得した。
    それに我々の価値観と一致している選手をね」と歓迎した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01795610-nksports-socc

    【元ドイツ代表 シュバインシュタイガー、MLSシカゴへの移籍完了】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/17(金) 15:20:16.02 _USER9

    20170317-00000004-goal-000-1-view[1]


    ヘントに所属する日本代表FW久保裕也のKVメヘレン戦での得点が週間ベストゴールに選ばれている。
    ベルギー『HLN』が報じた。

    ヘントは12日、ベルギーリーグ第30節でKVメヘレンと対戦。
    久保は3トップの一角として先発出場を果たし、1点リードで迎えた前半終了間際に
    ドリブルから4人を置き去りとするスーパーゴールを決めてみせた。
    久保自身も「確かにきれいなゴールでした」と振り返る加入後5点目はチームにとって貴重な追加点となっている。

    ベルギーメディアによって「クボのソロゴール」と名付けられたスーパーゴールは、
    第30節のベストゴール候補5つの中にノミネートされ、『HLN』の投票でトップを獲得。
    4292票を集め、得票率は50%、2位の23%に大きく差をつけた。

    なお、レギュラーシーズンを終えたベルギーリーグでは、31日からプレーオフが開始する。
    ヘントの初戦は2日のクラブ・ブルージュ戦となるが、久保は短期決戦でも結果を残すことはできるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000004-goal-socc

    【ヘント久保裕也の4人抜き弾が週間ベストゴールに!得票率は驚異の50%】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/13(月) 00:28:18.49 _USER9

    20170313-01637702-gekisaka-000-3-view[1]


    [3.12 ベルギーリーグ第30節 ゲント3-0メヘレン]

     ベルギーリーグは12日、最終節となる第30節を行い、FW久保裕也の所属する7位ゲントはホームで6位メヘレンと対戦し、3-0で勝利した。左ウイングで先発した久保は、前半45分に圧巻のドリブルで追加点を奪い、3試合連続となる移籍後5ゴール目を記録。フル出場し、順位逆転でのプレーオフ進出に大きく貢献した。

     6位メヘレンとの直接対決で勝利すれば、自動的にプレーオフ(6位以内)進出が決まるゲント。前半32分にFWジェレミー・ペルベのゴールで幸先よく先制に成功する。そして、この試合のハイライトは前半45分だった。

     敵陣左寄りのセンターサークル付近でボールを受けた久保は、そのまま前を向いてドリブルを開始。PA手前中央へ運んだ時点で前方に3人、追走者1人と計4人に囲まれていた久保だったが、またぎフェイントなどで揺さぶりつつ相手が足を出しにくい細かいステップでPA内に運ぶと、右足から左足へのダブルタッチでDF3人の防御ラインを真っ二つにする。最後は右足で落ち着いてゴール右へ流し込み、個の力で相手の守備ブロックを破壊に追い込んだ。

     バルセロナFWリオネル・メッシを彷彿とさせるような久保のスーパーゴールで2点差としたゲントは、さらに後半1分にFWサムエル・カルが加点し、3-0。その後は危なげなく無失点に抑え、プレーオフ進出を決めた。

    ゲキサカ 3/13(月) 0:22配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-01637702-gekisaka-socc

    【【動画】久保裕也(ヘント)4人ぶち抜くメッシ級スーパーゴール!大一番で伝説になる…】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/11(土) 19:49:36.68 _USER9

    20170311-01637653-gekisaka-000-1-view[1]



    アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが現役選手で構成するベストイレブンを選出した。英『デイリー・メール』が伝えている。

     契約延長はアーセン・ベンゲル監督の去就次第と報じられているエジルは、現在のチームメイトから、自身を含めてDFエクトル・ベジェリンとFWアレクシス・サンチェスの3選手を選出。理由についてはベジェリンは「僕が思うに世界で最も速い選手」。サンチェスについては「たくさん働いてくれるから」と説明した。

     また、前所属のレアル・マドリーからFWクリスティアーノ・ロナウドやMFルカ・モドリッチ、DFセルヒオ・ラモスなど最多5選手を選出。ドイツ代表のチームメイトで、世界最高GKのマヌエル・ノイアーやDFイェロメ・ボアテング、今季プレミアリーグに新天地を求めたMFイルカイ・ギュンドガンもメンバーに含めた。

     なお、代表やクラブチームでチームメイトになったことがないバルセロナのFWリオネル・メッシやFWネイマールらは選出されなかった。

     以下、エジル選出のベストイレブン

    ▽GK
    マヌエル・ノイアー(バイエルン)

    ▽DF
    エクトル・ベジェリン(アーセナル)
    イェロメ・ボアテング(バイエルン)
    セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
    マルセロ(R・マドリー)

    ▽MF
    イルカイ・ギュンドガン(マンチェスター・C)
    メスト・エジル(アーセナル)
    ルカ・モドリッチ(R・マドリー)

    ▽FW
    アレクシス・サンチェス(アーセナル)
    カリム・ベンゼマ(R・マドリー)
    クリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-01637653-gekisaka-socc

    【【レアルが恋しい?】エジルが現役選手で構成するベスト11はこれだ!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/11(土) 14:04:51.26 _USER9

    20170311-00000015-goal-000-1-view[1]



    アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエズマンが移籍のうわさを否定した。『La1』が報じている。

    マンチェスター・ユナイテッドがグリエズマンに興味を持っていることは、これまで度々報じられてきた。代表チームでともにプレーするポール・ポグバの存在もあり、今夏にグリエズマンがオールド・トラッフォードにやってくる可能性は十分にあるという報道も存在した。しかし本人は移籍のうわさを否定している。

    「何度も同じ質問を受けてきたけど、飽々している。何度も言っているようにクラブや街に満足している。天気が素晴らしいし、ここには最高のチームメートと偉大な監督がいる。だからここにいて幸せだよ。去る理由が見当たらないんだ」

    アトレティコは11日、リーガエスパニョーラ第27節でグラナダと対戦。15日にはチャンピオンズリーグでレヴァークーゼンと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000015-goal-socc

    【グリエズマンにマンチェスター・U移籍の意思はなし「去る理由がない」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/05(日) 09:43:00.03 _USER9

    20170305-00010007-theworld-000-1-view[1]



    4日にベルギー・ジュピラープロリーグでワースラント=ベベレンと対戦したヘントは、また日本代表FW久保裕也が魅せてくれた。

    いきなり久保が魅せた! 直接FKからの美しいデビュー弾にベルギーメディア「日本の忍者!天才的」

    久保は先発出場を果たすと、2-2で迎えた74分に大仕事を果たす。バイタルエリアでボールを受けると、狙い澄ました左足シュートでゴールネットを揺らしてみせたのだ。密集地帯からのシュートで決して簡単なプレイではなかったが、久保の左足は正確にボールを捉えていた。まさに感覚で放ったシュートと言える。

    『Nieuwsblad』は、久保を「スシボンバー」と名付けて絶賛しており、クラブレコードだった移籍金に見合う価値を示したと伝えている。スシボンバーといえばハンブルガーSVやフランクフルトで活躍した元日本代表FW高原直泰がドイツで呼ばれていた名でもある。高原と久保ではプレイしているリーグが違うが、久保は新たなスシボンバーと呼ぶにふさわしい選手と言えるかもしれない。

    久保はヘント加入後フリーキックからも得点を奪うなど、バリエーションも豊富だ。最近は海外組で苦戦している選手も目立つが、久保はベルギーで非常に充実しているように見える。昨年のサウジアラビア代表戦では本田圭佑に代わって久保が右サイドで先発を果たすなど世代交代を感じさせるところもあった。久保には日本代表を引っ張るアタッカーになることが期待されているが、スシボンバーはどこまで成長するのだろうか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 3/5(日) 9:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00010007-theworld-socc

    【【久保が止まらない!】左足での決勝弾にメディアも「スシボンバー!移籍金に見合う価値示した」と絶賛!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/03(金) 12:28:40.20 _USER9

    20170303-00000006-goal-000-1-view[1]


    マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は一部サポーターの偏見にも対応しつつ、フランスに馴染み始めているようだ。フランス『Europe sports』が伝えた。

    酒井は昨夏、ハノーファーからマルセイユへ加入すると、たちまち無くてはならない選手へと成長。1日に行われたクープ・ドゥ・フランスでのモナコ戦でも一時は同点となるアシストを記録している。

    マルセイユで一定の地位を確立した酒井だが、それでも時に笑いを誘うような“野次”が飛んでいることも認めた。

    「ここではそういったことはよくありますよね。最初は“スシ”でした。よくこの言葉を耳にします」

    さらに、フランスでは必ずしもアジア人選手に敬意が払われていないことも認めた酒井。しかし、そういった偏見が正しくないことを酒井は証明しつつあり、現在フランスで最も成功を収めた日本人選手となっていることは間違いないだろう。

    GOAL 3/3(金) 12:08配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000006-goal-socc

    マルセイユで奮闘する酒井 (C)Getty Images
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggR3.t6oQYCD4DzPtz5P0vnQ---x900-y504-q90/amd/20170303-00000006-goal-000-view.jpg

    【DF酒井宏樹(マルセイユ)フランスのアジア人選手へ対する敬意の欠如を指摘「スシをよく耳にする」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/03/01(水) 13:19:37.87 _USER9

    20170301-00000007-goal-000-2-view[1]


    マルセイユに所属する日本代表DFの酒井宏樹が、リュディ・ガルシア監
    督に称賛された。フランス『footmercato』が会見のコメントを伝えている。

    昨夏にマルセイユへ加わった酒井はすっかり右サイドバックのレギュラーに定着した。ガルシア監督は、酒井の才能と進歩を高く評価しているという。

    「ヒロキはとてもよい右サイドバックだ。攻撃能力が高いし、コミュニケーションに関しても一生懸命で、守備面でも進歩している。もっとしっかりコミュニケーションが取れれば、ヒロキに、(パリ・サンジェルマンの)チアゴ・シウバをマークさせていたと思う」

    「だが、ヒロキは悪くない。あれは彼ではなく、マークを修正する経験に富んだ選手の仕事だ。彼は今後も進歩して、素晴らしいプレーをしていくだろう」

    さらに指揮官は「OMにとって、OMのようなレベルのチームにとって、サイドバックはとても重要なポジションだ。ヒロキと私は英語で会話している。彼は期待に応えてくれている」と、名門復活を目指すマルセイユでは攻守のカギを握るサイドバックがとても重要だと言及。酒井が役割をしっかりと果たしていると評価した。

    ■日に日に存在感を増す日本人右サイドバック

    マルセイユは2月26日に行われたパリ・サンジェルマン戦に1?5で惨敗を喫した。先発出場した酒井はマークを外して失点に絡んでしまうなど、悔やまれる場面も見られた。

    もっとも、日本代表DFは日に日に存在感を増している。昨シーズン、マルセイユは13位に沈み、“名門の凋落”が騒がれて久しかった。風当たりの厳しい中でフランス行きを選択した酒井は第27節を終了した時点で25試合に出場、うち24試合でスタメンに名を連ねている。

    チームも7位とまずまずの順位につけていて、ヨーロッパリーグ出場権内の4位に7ポイント差と、十分に手が届くポジションに位置している。

    今後、マルセイユが復活を印象づけるパフォーマンスを披露していく上でも「重要な」右サイドバックのレギュラーを担う酒井が一つのカギを握っていくことになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000007-goal-socc

    【マルセイユ酒井宏樹をガルシア監督が称賛!名門復活へ向けてカギを握る存在に!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/02/22(水) 09:08:45.77 _USER9

    20170222-00010009-theworld-000-1-view[2]


    早くも母国へ帰還か

    彼が悪いのか、それとも上海という街に原因があるのかは分からない。ただし、イタリアメディアは年俸46億円を受け取るはずのカルロス・テベスがわずか在籍2ヶ月で退団を考慮していると報じている。

    かつてボカ・ジュニアーズでディエゴ・マラドーナの後継者として崇められたテベスは、マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスといったビッグクラブを渡り歩き、献身的な守備と冴え渡るゴールセンスにより世界的なCFへと成長。その華麗なる欧州での戦いを2015年に終えると、昨年12月からは破格のサラリーを提示した中国の上海伸花に所属している。

    しかし、わずか2ヶ月で風向きは変わったようだ。アルゼンチン『Ole』によると、33歳のベテランは中国での生活スタイルに適応することができず、ウルグアイ人指揮官グスタヴォ・ポジェとも対立しており、電撃退団を視野に入れているという。

    また、仮にテベスがこの時点での移籍を決断した場合、違約金として650万ユーロ(約7億8000万円)の支払い義務が生じるものの、それはテベスにとって“払うべき価値のある”出費だと綴っている。

    王様のように迎えられ、多くの中国人サポーターを興奮させた元アルゼンチン代表ストライカーだが、現在は古巣ボカへの復帰を真剣に検討中だという。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/22(水) 9:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00010009-theworld-socc

    【年俸46億円のテベス!わずか2ヶ月で“上海脱出”を熱望か!?生活順応できず...】の続きを読む

    このページのトップヘ