サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外リーグ・クラブ

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/12(木) 18:52:56.14
    no title


    主力選手の負傷による長期離脱により。求めるのは「左利きのウイング」とピッタリだが――。
     オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーを昨季限りで退団し、フリートランスファーになっていた33歳の元日本代表MF本田圭佑について、
    スペインの日刊スポーツ紙『アス』などは、フランス1部リーグのオリンピック・マルセイユがリストアップしていると報じた。

     記事によると、マルセイユは26歳のフランス代表FWフロリアン・トヴァンが、踵のケガにより手術を受けるため、冬までの戦線離脱を余儀なくされたという。
    トヴァンは左利きのウイングタイプ。キープ力に長け、爆発的な突破やカットインからゴールにも絡む。

    今シーズンはカガで開幕から欠場が続いていたものの、4節のASサンテティエンヌ戦で復帰。しかしわずか10分で再び踵を傷めて退き、精密検査の結果、改めて手術を受けることになった。

     そんななか、『アス』紙は次のように、本田がリストアップされていると伝えた。

    「今季就任したポルトガル人のアンドレ・ビラス・ボアス監督(前上海上港)のもと、マルセイユは(負傷を持つ)トヴァンに依存しないシステムを確立してきた。
    そこで当初はトヴァンの代わりとなる選手は獲得しない予定だったが、フリートランスファーの本田圭佑、ハテム・ベン・アルファとサインするため、
    テストするのではないかと噂されている。いずれもクオリティは高く経験も豊富で、移籍金しで獲得できる選手だ」

     ハテム・ベン・アルファも左利きで、32歳の元フランス代表アタッカー。昨季はスタッド・レンヌで26試合・7ゴールを記録している。

    また、トヴァンは右サイドを主戦場に、トップ下、左サイドもプレー可能だった。そう考えると、確かにマルセイユが欲しているタイプに、本田はピッタリ適合する。さらにセットプレーや高さなど、他にもチームに多くのプラスをもたらせそうだ。

     マルセイユには日本代表の酒井宏樹が在籍。二人で右サイドを形成する――という共演がフランスで実現することもあり得るか?

     ただ、独自の道を開拓してきた本田だ。果たして同じ日本人のいるチームでのプレーを望むかどうか。また、フランスの名門が補強に動くのであれば、
    喫緊に「即戦力」となる選手を欲しているはず。本田のカンボジア代表での総監督(肩書きはゼネラルマネジャー)との兼ね合いなど、
    個別にクリアしなければならないこともあり、そもそもそういった”兼任”に理解を得られるかどうかという段階から交渉もスタートしなければならない。

    本田には、当初セリエAのブレシア・カルチョが獲得に関心を示していると伝えられた。また、最近ではヨーロッパリーグ(EL)本選に進んだパルチザン・ベオグラードも検討しているか、
    とも言われた。しかしいずれも、これまでのところ、噂の域を脱することはなかった。本人は来年の東京オリンピックでのオーバーエイジでの選出を目指すと宣言する一方、セリエAやJリーグへの復帰は考えていないとも語っている。

     カンボジア代表を率いてのワールドカップ2次予選の9月シリーズ(1分1敗)が終わり、ここからはアスリートとしての本田の動向にも改めて注目が集まりそうだ――。

    https://sakanowa.jp/topics/22266 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/08(日) 11:52:18.73
     no title


    アイントホーフェンは先月28日に旭日旗模様のグラフィックが使われた画像をSNSに上げた。日本代表チーム出身のミッドフィルダー堂安律獲得の知らせを伝えながらだ。ファンらがグラフィックに使われた旭日旗模様は日本の軍国主義の象徴だと抗議するとすぐにアイントホーフェンは旭日旗模様を別の形に変えた。

    最近サッカー球団や試合で旭日旗模様を使うことが繰り返されている。

    2月にはトルコのペシクタシュが日本の香川真司を獲得しながら旭日旗模様を使って議論になり、昨年には欧州リーグ準決勝でアトレティコ・マドリードのファンらが旭日旗を応援道具に使ったりもした。

    国際サッカー連盟(FIFA)はサッカーの試合などでドイツのナチ模様使用を禁じている。だが日本の旭日旗に対する制裁は依然として行われておらず、日本軍国主義の象徴という意味を知らないままさまざまな場所に露出されている。

    https://japanese.joins.com/photo/889/1/213889.html 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/06(金) 23:10:27.26
    1ac20748[1]
     

    ジュピラー・プロ・リーグのワースラント・ベフェレンは6日、日本代表MF小林祐希を獲得したことを発表した。2年契約を締結している。

     小林は1992年生まれの27歳。東京ヴェルディの育成組織出身で、2011年にトップチームデビューを果たした。2016年8月にジュビロ磐田からエールディヴィジのヘーレンフェーンに完全移籍。在籍した3シーズンでリーグ戦92試合に出場していた。

     小林は今年3月、自身のインスタグラムでシーズン終了後のヘーレンフェーン退団を表明。同選手はスペインかイタリアでのプレーを目標にしていると報じられていたが、新天地に選んだのはベルギーだった。

     新天地となるベフェレンは現在、リーグ戦6試合を終えて1分け5敗の勝ち点「1」で最下位に沈んでいる。過去には、2017-18シーズンにMF森岡亮太が在籍していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00976878-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/24(土) 10:10:38.77
    20190824-43470833-gekisaka-000-2-view[1]


    [8.23 ベルギー・リーグ第5節 ゲンク1-0アンデルレヒト]

     ベルギー・リーグ第5節が23日に行われ、FW伊東純也の所属するゲンクはホームでアンデルレヒトと対戦し、1-0で勝利した。開幕5試合連続スタメンの伊東は後半10分に決勝点をアシスト。フル出場し、今季初の2連勝に貢献している。

     ゲンクは前半をスコアレスで折り返したが、後半に均衡を破った。後半10分、左サイドのFWムブワナ・サマッタがPA内右のMFブライアン・ハイネンにロングパスを送り、ハイネンの落としを受けた伊東がゴールに背を向けながらPA内中央でキープ。上がってきたサマッタにつなぎ、先制弾を演出した。

     伊東は第4節ベフェレン戦(4-0)に続き、2試合連続となる今季3アシスト目。一方、開幕4戦未勝利中(2分2敗)のアンデルレヒトは今夏加入のMFサミル・ナスリらを中心に反撃を図るも、後半30分にアクシデントに見舞われる。選手兼監督で今季から復帰し、チームの低迷を受けて当面のプレー専念を表明したDFビンセント・コンパニが負傷交代。1-0で逃げ切ったゲンクが2連勝を飾り、アンデルレヒトは2連敗となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-43470833-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/20(火) 22:33:22.99
    ECQlLmSX4AAuMLz[1]


    オランダ1部PSVは、同フローニンゲンに所属するMF堂安律(21)の獲得には移籍金が高すぎるとして難色を示している。地元紙アインホーフェンス・ダフブラットが報じた

    フローニンゲンは堂安の移籍金をクラブ最高額となる1300万ユーロ(約15億6000万円)以上を要求している。堂安の獲得を狙っているPSVは、フローニンゲンが要求する移籍金は高いと考えており、移籍金を下げない限り獲得を見送る可能性もあるという。

    PSVはナポリへの移籍が秒読みとなっているメキシコ代表FWロサノの後釜として獲得を目指している堂安の移籍金は800万ユーロ(約9億6000万円)が妥当だと考えているという。もし、フローニンゲンが移籍金で譲歩しなかった場合は、シュツットガルトに所属するアルゼンチン人FWニコラスの獲得にシフトチェンジするだろうと伝えた。

    (エリーヌ・スウェーブルス通信員) 
      

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08200788-nksports-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/20(火) 17:52:00.68
    no title


    買い取りオプション付きとの報道も
     
    8月20日、日本代表MF三好康児がベルギーの名門アントワープに期限付き移籍すると、川崎フロンターレが正式に発表した。

    三好の移籍については、アントワープの現地紙『Gazet van Antwerpen』がいち早く報じており、先週の段階で「来週にはメディカルチェックを行ない、サインする見込み」と伝えられていた。
    三好は17日に日本を発ち、先週末にはホームスタジアムで行なわれたリーグ第4節シント=トロイデン戦を観戦していたようだ。今後、メディカルチェックなどを経て、アントワープ側からも正式に発表されるとみられる。

    また、イタリアの移籍専門記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のサイトによれば、今回のレンタル契約は買い取りオプション付きのようだ。
    同クラブにとって初めての日本人選手となる三好。移籍決定にあたって、川崎の広報を通じ、以下のコメントを寄せている。

    「この度、ベルギーリーグ1部のロイヤル・アントワープFCと契約することができました。欧州移籍に挑戦させてもらうにあたり、支えてもらったクラブには本当に感謝しています。ありがとうございました。
    これからは、RAFCの一員として活躍する事でお世話になったクラブ、皆様へ恩返しができるように頑張りたいと思います。これからも、よろしくお願いします」

    三好は今季、川崎から横浜F・マリノスに期限付き移籍で加入。J1リーグでは19試合出場、3ゴールを記録した。
    さらに、6月に開催されたコパ・アメリカでは日本代表デビューを果たし、ウルグアイ戦で2ゴールを決めるなど鮮烈な印象を残している。
    現在22歳で、来年に控える東京五輪のメンバーとしても期待されるアタッカーのひとりだ。

    移籍先のアントワープは、リーグ開幕から4試合で3勝1敗と好調だ。昨季をリーグ4位で終え、現在はヨーロッパリーグ(EL)の予選に参加中。
    3回戦まで勝ち抜き、プレーオフ進出を決めている。8月21、28日には今夏に加入したDF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)との対戦が控えている。

    これで今夏新たにベルギー挑戦を決めた日本人選手は、シュミット・ダニエル、鈴木優磨(ともにシント=トロイデン)、天野純、小池龍太(ともにロケレン)に続き、三好で5人目。
    今季ベルギーでプレーする日本人選手は、現時点で9人にのぼる。

    日本でも屈指の技巧派として鳴らすレフティー。強力なサイドアタッカーが揃うアントワープで競争に勝ち抜き、真価を発揮できるかが注目される。

    8/20(火) 17:39配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00010005-sdigestw-socc 

    続きを読む

    507: 名無し@サカサカ10 2019/08/18(日) 06:54:32.91
    20190818-00062979-sdigestw-000-3-view[1]
      

    プリメイラ・リーガ第2節が17日に行われ、FW中島翔哉が所属するポルトはホームでヴィトーリアと対戦した。中島はリーグ戦2試合連続でベンチスタートとなった。

     開幕戦はアウェイで昇格組ジルヴィセンテにまさかの敗戦を喫したポルト。負けられないホーム開幕戦は開始11分、ゼ・ルイスがペナルティエリア手前から豪快なミドルシュートをゴール左隅に突き刺して先制に成功した。さらにゼ・ルイス20分にもFKのセカンドボールを頭で押し込んで追加点を挙げた。

     2点リードで折り返したポルトは63分、右CKからゼ・ルイスが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、ハットトリックを達成。直後の64分には、ルイス・ディアスがムサ・マレガの折返しに合わせてリードを4点に広げた。

     67分、ロマーリオ・バロに代わって中島がピッチに送り出される。移籍後リーグ初出場となった中島は直後の69分、敵陣中央でパスを受けると、細かいステップで1人かわして右足を振り抜くが、シュートはわずかに枠の右に外れる。それでも新背番号10が出場直後のプレーで観客を沸かせた。

     

     次節、ポルトは24日にアウェイで昨シーズン王者のベンフィカと、ヴィトーリアは23日にホームでモレイレンセと対戦する。

    【スコア】
    ポルト - ヴィトーリア

    【得点者】
    1-0 11分 ゼ・ルイス(ポルト)
    2-0 20分 ゼ・ルイス(ポルト)
    3-0 63分 ゼ・ルイス(ポルト)
    4-0 64分 ルイス・ディアス(ポルト)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00969441-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/15(木) 17:56:51.41
    20190814-00010020-goal-000-1-view[2]


    「本気で獲得を考え始めている」アタッカー不足に陥ったPSVが堂安律を獲得へ? オランダ紙が報じる
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00062828-sdigestw-socc

    PSVは堂安律にとって「完璧な場所」…蘭メディアが移籍の可能性を分析、移籍金は最低12億円以上か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00010022-goal-socc

    オランダの名門PSVが堂安に白羽の矢!?
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000027-tospoweb-socc

    堂安律にオランダの名門PSVが本腰。移籍金は10億円超か?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00334381-footballc-socc

    オランダ強豪PSV、堂安律獲得へ本腰か…移籍金は12億円超えへ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010020-goal-socc

    フローニンゲン堂安、PSV移籍説が再燃 地元誌も注目「平均以上の関心を持っている」https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00210517-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/14(水) 06:04:58.36
     20190814-00334278-footballc-000-4-view[1]


    UEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグ、ポルト対クラスノダールが現地時間7日に行われた。試合は日本代表FW中島翔哉が所属するポルトが2-3で敗れた。2試合合計で3-3となるもアウェイゴールの差で敗れた。

     この試合で中島はポルト移籍後初の先発出場を果たす。1stレグを1-0で勝利したポルトだが開始3分に失点をしてしまう。これで出鼻をくじかれたポルトは9分後にもカウンターからスレイマノフにゴールを許し主導権を奪われる。

     リズムに乗れないポルトは34分にもスレイマノフにこの日2得点目を決められ3点ビハインドで折り返す事になる。

     エンドが変わった57分、テレスのアシストからゼ・ルイスがゴールを決めポルトが1点返す。勝ち上がるためには得点が必要なポルトは攻撃を続けるも74分の中島のクロスはGKにキャッチされる。しかしその3分後にマルランダがミドルシュートをゴール右下に決め同点に追いつく。

     その後もポルトは得点を奪い攻撃を仕掛けるも、85分に打った中島のシュートはゴールを捉える事が出来ない。さらに終了間際にはパワープレーに出るもゴールネットを揺らす事は出来なかった。

     このまま試合は終了、ポルトはアウェイゴールの差で9季ぶりの本大会出場を逃した。

    【得点者】
    3分 0-1 デ・ヴィリェナ(クラスノダール)
    12分 0-2 スレイマノフ(クラスノダール)
    34分 0-3 スレイマノフ(クラスノダール)
    57分 1-3 ゼ・ルイス(ポルト)
    77分 2-3 マルランダ(ポルト)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00334278-footballc-socc
    8/14(水) 6:00配信
    フットボールチャンネル編集部

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/13(火) 18:29:38.62
    nakajima-800x533[1]


    カタール1部アルドハイルからポルトガル1部の名門・ポルトに移籍加入した日本代表MF中島翔哉(24)が予想外の壁に直面している。

     7日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦第1戦、クラスノダール(ロシア)戦でのベンチ外に続き、10日に行われた国内リーグ開幕戦のジル・ビセンテ戦でもベンチ入りしながら、まさかの出番なし。日本代表だけでなく、クラブでも「背番号10」を託されたことを思えば不可解な状況だが、セルジオ・コンセイソン監督(44)の信頼を得るまでに至っていないのが現状だ。

     昨季リーグ2位のポルトは攻撃陣の主力が大量に流出。中でもアルジェリア代表FWヤシン・ブラヒミ(29)がカタール1部アルラーヤンに移籍した穴は大きく、代役の左サイドのアタッカー探しが急務だ。本来ならここに中島が入ることで解決されるはずだったが、クラブはコロンビア代表FWルイス・ディアス(22)も獲得。これで前線のレギュラー争いは激化した。

     指揮官はクラスノダール戦、ジル・ビセンテ戦で、中島より体格で勝る選手を積極的に起用。細かい動きや相手の裏をかくようなプレーが得意の中島にはチャンスがなかった。中島がポルティモネンセで活躍していた時のスタイルは国内では知られているだけに、ここまでの不遇な扱いに「だったら、なぜ中島を獲得したのか」といった論調も地元メディアから出始めている。

     チームは3部から特例で昇格したジル・ビセンテに1―2で敗れ、大金星を献上する不安な船出。中島の出番はいつ回ってくるのか。

    8/13(火) 16:40配信 東スポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000022-tospoweb-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/06(火) 09:42:48.33
    5ebaa438-145f-cae7-37b6-eb617ca23f61[1]


    ベルギー1部の古豪ロイヤル・アントワープが、川崎Fから横浜に期限付き移籍中のMF三好康児(22)の獲得に動いていることが5日までに分かった。複数の関係者によれば、アントワープは三好の実力を高く評価。今夏での獲得へ向け既に正式オファーを出しているという。

     三好は川崎Fアカデミー1期生で15年に現フローニンゲンのMF板倉とトップ昇格。徐々に頭角を現し、昨年川崎Fから期限付きで加入した札幌で才能を一気に開花させた。東京五輪世代中心で臨んだ6月の南米選手権では1次リーグ初戦のチリ戦でA代表デビュー。同第2戦のウルグアイ戦では得意のドリブルから初ゴールを含む2得点を決め、史上初の南米でのAマッチでマルチゴールという快挙を達成した。

     関係者によれば、ウルグアイ戦の活躍により、三好の名前は一気に広がり、欧州クラブからの問い合わせも殺到。その中で本格的な動きを見せたクラブの一つが、アントワープだったという。三好獲得には同じベルギー1部で、日本企業のDMMが経営権を取得したシントトロイデンも正式オファー。ベルギークラブでの争奪戦も勃発しているという。

     今夏はレアル・マドリードの久保をはじめ、バルセロナの安部、マリティモに移籍したFW前田ら多くの東京五輪世代が海を渡った。三好も海外志向はもともと強いようで、決断が注目される。

     ◆三好 康児(みよし・こうじ)1997年(平9)3月26日生まれ、神奈川県出身の22歳。川崎F下部組織出身で15年にトップチーム昇格しプロデビュー。18年に札幌に期限付き移籍し自己最多のリーグ26試合出場(3点)。今季は横浜に期限付き移籍し、リーグ18試合3点。J1通算74試合11点。Aマッチ3試合2得点。1メートル67、64キロ。利き足は左。

     ▽ロイヤル・アントワープ ベルギーのアントワープを本拠に1880年創設。近年こそタイトル獲得はないが、リーグ優勝4回を誇る古豪。92~93年シーズンにはカップウィナーズ杯で準優勝。チームカラーは赤と白。指揮官は元ルーマニア代表MFのラースロー・ベレニ監督(66)。マンチェスターUとは提携関係。本拠地はボサイルスタディオンで収容は約1万3000人 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000000-spnannex-socc 

    続きを読む

    184: 名無し@サカサカ10 2019/08/04(日) 02:56:20.94
     20190804-43470090-gekisaka-000-2-view



    開幕戦で板倉がデビュー!! 堂安もフル出場のフローニンゲンは白星発進
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-43470090-gekisaka-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/01(木) 18:17:52.10
     
    no title


     東京五輪出場を目指す元日本代表エースMF本田圭佑(33)が窮地に追い込まれた。昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団し、欧州主要リーグの強豪クラブ入団を切望。現状ではマイナーリーグの上位クラブから複数のオファーがあるものの、移籍先は決まっていない。シーズン開幕まで期限は刻一刻と迫っており、東京五輪への道筋は見えないままだ。

     今夏にフリーの身で移籍先を探している本田だが、状況は進展しないまま8月を迎えた。「東欧のクラブを中心にいくつか話はあるようだが、簡単に妥協はしたくないんだろう。ただ、強豪リーグだと2部くらいが現実的だし、どこかで妥協も必要になるのではないか」と欧州事情に詳しい代理人は語った。

     欧州チャンピオンズリーグ(CL)の予選から参加するクロアチア1部ディナモ・ザグレブ、セルビア1部の名門レッドスター・ベオグラードなどが獲得に興味を示しているが、本田サイドはあくまで欧州5大リーグ(ドイツ、イングランド、フランス、イタリア、スペイン)を中心に探しているという。

     目標とする東京五輪に出場するには、24歳以上のオーバーエージ枠(OA)に選出されなければならない。すでに森保ジャパンではFW大迫勇也(29=ブレーメン)、MF柴崎岳(27=デポルティボ)ら欧州組を中心にリストアップが進行中。本田が逆転でOA選出されるには欧州トップレベルでの活躍が不可欠だ。

     そうした事情は本田も理解しており、6月には「(昨季は)コンスタントにプレーする目標をクリアできた。それを今度は本当にレベルの高いところでやれるのか確認したい。とにかく強いリーグに」と切望。「時間はかかるかもしれないけど、諦めずに良いところを見つけたい」と話していたように、辛抱強く移籍先を探しているのが現状だ。

     また「(スコットランド1部)セルティックあたりともコンタクトはあるようだが、ちょっと難しいんじゃないか」(前出の代理人)。元日本代表エースでイタリア1部ACミランで10番を背負うなど、知名度はあるだけに興味を示すクラブはあっても、直近の2季はメキシコ、オーストラリアと“都落ち”して目立った成績も残せていない。33歳を迎えた年齢もネックで、本田が納得するレベルで交渉に発展するクラブは見つからないようだ。

     欧州の移籍市場の締め切りは8月末だが、フリーの身ならばその後も入団は可能。とはいえチームの体制は徐々に固まっていくだけに、加入が遅れれば遅れるほどレギュラーとしてプレーするのは難しくなる。欧州各国のシーズン開幕は迫っており、新天地で活躍し東京五輪を目指すためにはいよいよ厳しい状況に追い込まれてきた。

    8/1(木) 17:19 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000038-tospoweb-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ