サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    Jリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/06(水) 18:21:05.09
    ベベレンでプレーする日本代表MF小林祐希(28)の代理人が、イタリア『Tuttomercatoweb』のインタビューに応え、日本とヨーロッパの架け橋になっていると語り、その中で意外な事実を明かした。

    今回『Tuttomercatoweb』のインタビューに応えたのは、小林の代理人を務める片山堅仁氏。元々はプレーヤーで、高校卒業後にブラジル、アルゼンチンへと渡ると、23歳で帰国。その後は、Fリーグのバルドラール浦安のセカンドチームに入り、シュライカー大阪でも選手としてプレー。フットサル日本代表としてもプレーした。

    片山氏はヨーロッパや南米と日本をつなげ、選手の海外留学などを手伝う他、代理人としても活躍。その中で、自身が行なっていることを語り、日本人の若手選手をコーディネートしていることを語った。

    「我々は2年間、イタリアとアルゼンチンの代理人であるカルロス・ピッツィ氏と協力して来た。ヨーロッパで才能ある日本人をプロモートしてくれる人を探していた」

    「日本の若手選手をフォローする監督とオブザーバーのネットワークがあり、ピッツィ氏の経験を活かして、素晴らしい経験をさせてもらっている」

    「我々は、南米やイタリア、日本のサッカーを理解しており、子供達の成長を支援するようにも努めている」

    日本人選手の最も良い例は、マジョルカでプレーする日本代表MF久保建英とのこと。海外の下部組織で育ち、その後の飛躍を含めてのことだという。

    「理想的な例は久保建英だ。日本人ながら、バルセロナの下部組織での経験があり、その後レアル・マドリーに行き、現在はマジョルカへレンタルされている」

    「日本の若手選手は大幅に改善が見られ、この久保の例はとてもファッショナブルだ。日本人のモットーは、「できた人がいるならば、他の人もできる」というものがある。それが彼らの考え方だ」

    「我々はグループとしてこれらの才能を探し出し、それをヨーロッパや南米に連れて行き、重要なサッカーのチャンスを彼らに与えることだ」

    また、小林以外の才能としては、久保と同様に海外の下部組織で育った選手の名前を挙げた。

    「小林祐希と同じぐらい重要だが、我々には新たな才能をヨーロッパにもたらすことも取り組んでいる。例えば、1999年にヘタフェの下部組織で育ち、現在はルガーノ(U-21チーム)に所属する柿沼利企という面白い選手がいる」

    加えて、今冬にユベントスを退団し、最終的にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍した元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチについて、ヴィッセル神戸へ連れてくるプランがあったことを明かした。

    「また、ピッツィ氏とブラキーニ氏と協力して、マリオ・マンジュキッチを神戸に連れて行こうとした。我々はかなり近づいたが、その後経済面での合意を果たすことができず、移籍は実現しなかった」

    ユベントスでは162試合で44ゴール、バイエルンでは88試合で48ゴールとヨーロッパでの実績十分なマンジュキッチは、残念ながら、条件面での折り合いがつかず、来日することはなかったが、この先も誰かを日本へ、また日本から誰かを海外へと送り出すかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6e1bd5be9a9dcb7f3f748cc6c74712dc3e3c441
    5/6(水) 18:00配信

    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/06(水) 15:16:40.27
    ドゥンガにはフォアリベロの役割を託す
     4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。

     人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、解説者としてサッカーファンから高い支持を得る松木安太郎の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

    ――◆――◆――

    『MY BEST PLAYER』は、ラモスかカズか迷うところ。53歳の今も現役を続けるカズは凄いけど、ここはラモスにしようか! ブラジルからやって来て、日本サッカーのために特大の貢献を示してくれた。集中力の高いプレーで、ここぞという時の勝負強さもある。

     そのラモスをはじめ、とりわけ中盤には「スタジアムに見に行きたい!」と思わせてくれる選手をセレクト。イニエスタは言わずもがなだけど、俊輔や遠藤は若い頃から、ストイコビッチもその素晴らしいパフォーマンスでファン・サポーターを魅了した。そして、最前線に君臨するのはカズ。考えただけでも、ワクワクしてくるよね。

     守備陣にも魅力的な選手を並べたけど、テーマは「固く守れる」ということ。彼らの堅実なディフェンスが、中盤より前の選手たちの自由なプレーを支える。CBにはドゥンガを抜擢。本職はボランチだけど、守備も一流で、フォアリベロのような役割を託したい。

     他にも良い選手はいっぱいいるけど、いろいろと考えた末、この11人に。監督は、僕でも良かったんだけど(笑)、ジーコにしよう。ベンチで指揮を執りつつも、試合の展開によっては「よし、俺が出る!」ってことも期待できそうだからね。

    PROFILE まつき・やすたろう/1957年11月28日生まれ、東京都出身。丁寧かつ的確で、魂が揺さぶられる解説には定評がある。現役時代は読売一筋でプレーし、日本代表でも活躍。V川崎監督時代には、リーグとナビスコカップで連覇を達成。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200506-00072829-sdigestw-socc

    システム 4-2-3-1
    FW 三浦知良
    MF 中村俊輔、イニエスタ、ストイコビッチ
      遠藤保仁、ラモス瑠偉
    DF 長友佑都、吉田麻也、ドゥンガ、酒井宏樹
    GK 川口能活

    監督 ジーコ

    20200506-00072829-sdigestw-000-2-view[1]


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/04(月) 15:42:53.49 0
    DE92SUGV0AAyqN3[1]

    個人的にはワシントン闘莉王がいたときの浦和が一番レベル高かったと思う

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    258: 名無し@サカサカ10 2020/05/05(火) 13:58:28.83
    ESVqLlFU4AEQLzI[1]

    正直J1で活躍するだけでもサッカー選手としては大成功やろ?
    ワイの高校でめっちゃサッカー上手い言われてたやつが
    J2でベンチにも入れるかどうかで結果残せずその後JFLある程度やって引退してたし
    J1のスタメンレベルでも実はクッソサッカー上手いんやないの実は?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/05(火) 20:20:25.27
    20200409-00010000-wordleafs-000-3-view[2]

    2020.05.05

     J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)から「こどもの日」のプレゼントが届いた。5日、クラブの公式YouTubeチャンネルで子供たち100人とのオンライントークショーを実施した。
     新型コロナウイルスの影響でゴールデンウイーク中に不要不急の外出を控えるファン、サポーターに向けた「一致団結StayHome」企画の一環で、下部組織のスクール生やイニエスタが運営するサッカースクール「イニエスタ メソドロジー」の子供たち100名が参加した(事前申込・抽選制)。
     「試合中に何を考えていますか?」「イニエスタ選手のようなダブルタッチをするにはどのような練習をすればいいですか?」などの質問に、イニエスタは子供たちの名前を呼びかけながら丁寧に答えた。
     「生まれ変わってもサッカー選手になりたいですか?どのポジションがしたいですか?」という質問には「サッカーが好きだし、サッカーが楽しくて仕方がない中で育ってきたから、たぶん生まれ変わってもサッカー選手になりたいと思う」と答え、「MFが一番好きなんだけれど、他のポジションをやるとしたらセンターバック(CB)もやってみたいかな。ただCBとなるとなると、別の体つきに生まれ変わらないといけない。だけど興味があるポジションです」と意外な回答を披露した。
     最後に「難しい状況ではありますが、皆さんにエールを送りたい。忍耐をもってこの時間をみんなで乗り越えて、ヴィッセル神戸ファンの皆さん、神戸の街と一緒にサッカーを楽しむ時間が1日も早く戻ることを願っています」とメッセージを送った。

    https://www.daily.co.jp/soccer/2020/05/05/0013321079.shtml

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/30(木) 03:02:01.81
    80cdc140[1]

    なぜか神格化されている

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/05(火) 06:27:58.76
    ESVqLlFU4AEQLzI[1]

    新型コロナウイルスの感染拡大で活動再開の見通しが立たないスポーツ界への支援策の検討が本格的に始まる。自民党などは大型連休明けに会合を開き、次の補正予算に向けて議論を開始する。

    政府は4日、緊急事態宣言を今月31日まで延長。財務状況が深刻化するスポーツ界にとって1日でも早い支援策が待たれる。

    各競技団体へ充てられる助成金の元となるスポーツ振興くじ(toto)の対象、サッカーJリーグは再開のめどが立っていない。そのJリーグが経営危機に陥れば、助成事業そのものが揺らぐ可能性もあり、検討対象になる模様。同じく全国地域に根ざしたリーグ運営で、totoの新たな対象として検討されているバスケットボールBリーグも同様だ。

    各国内競技団体(NF)は東京五輪・パラリンピックが延期となり、さらなる強化費が1年分必要となる一方で、新型コロナによるスポンサー契約の見直しなどで減収は避けられない情勢。支援に向けて日本オリンピック委員会(JOC)や日本パラリンピック委員会(JPC)、NFからも意見を聞き、支援できるかを検討する。

    12年ロンドン五輪フェンシング銀メダリストの三宅諒が、食事配達サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」でアルバイトを始め、トップアスリートも活動資金面で危機的状況にあることが話題になった。個々の選手に支援金を出せるかは不透明だが、アスリートの具体的な現状も加味していく。

    また、文化・芸能界もイベントが開催できず大打撃を受けている。自民党はスポーツ、文化両面で連携し、支援策を模索する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-25040536-nksports-spo

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/04(月) 14:20:46.44
    東京Vは4日、新マスコット「リヴェルン」が誕生したことを発表した。
    公式サイトを通じて、クラブマスコットの「ヴェルディ君」は公式HPを通じて、リヴェルン誕生に関する手紙を披露した。

     以下、全文。

    「いつも東京ヴェルディとヴェルディ君を応援してくれてるみんなへ
    みんなに見守られていた卵が、今日のすごく早い朝に生まれたよ! すごくかわいい鳥だったよ! 
    名前はすごく悩んだけど『リヴェルン』って名前にするね。かわいいでしょ。
    大変な状況が続くけど、みんなで力を合わせて乗り越えよう! 僕もリヴェルンと力を合わせて頑張るね。
    30日間+アディッショナルタイム見守ってくれてありがとう! 2020年5月4日(月)みどりの日 ヴェルディ君より」

    「リヴェルン」のプロフィールも併せて発表された。

    誕生日 2020年5月4日
    所属 東京ヴェルディ
    出身地 東京ヴェルディクラブハウス(稲城市)

    ・生まれたばかりでまだ何もできない
    ・ヴェルディ君の元で修行を行う予定
    ・鳥なのに飛べないらしい
    ・伝説の「始祖鳥(しそちょう)」の子孫らしい
    ・5月4日未明に東京ヴェルディクラブハウスで生まれた
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-05040074-sph-socc

    東京ヴェルディ
    https://www.verdy.co.jp/

    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/04(月) 14:10:06.44
    20200504-00010008-goal-000-1-view[1]

    チェルシーとの契約が残り2カ月となっているFWペドロの争奪戦が、熾烈を極めている。『Goal』の取材で明らかとなった。

    現行契約は6月30日までとなっているペドロ。新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグは中断し、再開の目途は立っておらず。FIFAのガイドラインでは、たとえ他クラブと契約で合意したとしても、今シーズンの全日程消化まで留まることを推奨しているが、拘束力はないため、様々な可能性が考えられる。

    ペドロ自身は以前に「引き続きここでプレーしたい」と語っていたが、未だ契約更新は叶っていない。そのため、数多くのクラブが32歳FWをフリーで引き入れたいと考えており、争奪戦は白熱している。

    新たに興味を示しているのが、ローマとレアル・ベティス。ローマは前線の駒不足解消のため、経験豊富なスペイン代表FWは適任だと考えている。一方のベティスは、プレミアリーグクラブからナビル・フェキルの引き抜きを阻止しつつ、ペドロにはクラブ最高給を提示するつもりである。

    またセビージャも状況を注視しているクラブの1つ。選手を惹きつけるためにも長期契約を提示する準備はあるが、高額な給与がネックに。減給を要求する可能性が高いことが分かっている。

    なおチェルシー番記者ニザール・キンセラは、ペドロにはメジャー・リーグ・サッカー(MLS)の複数クラブやJリーグからの関心も強まっていると言及。ニューヨーク・シティやデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミは、引き続き動向を追っているようだ。

    さらに、昨季限りでダビド・ビジャが退団したヴィッセル神戸も、ペドロ獲得を引き続き狙っていることが分かっている。キンセラ氏によれば、今年1月の時点でも引き抜きに動いていたが、フリーでの契約により強い関心を示しているようだ。

    チャンピオンズリーグ3度優勝やスペイン代表としてもEUROやワールドカップ制覇を経験するなど、様々なタイトルを獲得してきたペドロ。経験豊富な32歳の去就には、引き続き注目が集まっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00010008-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/03(日) 18:30:50.34
    20200503-00072499-sdigestw-000-14-view[1]

    「長くJリーグを支えてくれた」という基準で選んだ
     4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、辛口な評論でも知られるセルジオ越後氏の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

     選手の「質」に着目して考えたら、ジーコ、ドゥンガ、ピクシー(ストイコビッチの愛称)、レオナルド、サンパイオ、ブッフバルト、エムボマ、ジョルジーニョ、ビスマルク、リトバルスキー、マルキーニョス……、挙げたらキリがないね。強いチームを作ることだけを考えて、仮に外国人枠をなくしたら、日本人は入ってこないだろう。

     だから今回は「長くJリーグを支えてくれた」という基準で選んだ。ちなみに僕は、Jリーグよりも海外歴が長い選手はJリーガーと思っていないから、そういった選手は入れていない。さっき言った助っ人たちも、インパクトは強かったけど、日本でプレーした期間は長くないよね。Jリーグ歴代ベストイレブンを選ぶなら、僕は「長くJリーグを支えてくれた」ことを考慮して選ぶべきだと思うんだ。そうして一応、ポジション別に選手は並べたけど、「試合を戦う」つもりの11人じゃないから、システムは決められない。
     
     たしかに小野や俊輔などのように海外移籍した選手もいるけど、Jクラブの在籍歴のほうが長いし、レッズやマリノスでアイドルとなってJリーグの人気を下支えしていた。遠藤はガンバ、小笠原はアントラーズに長くいて、それぞれのサポーターにずっと語り継がれ、一生思い出に残る選手だよね。レジェンドで、それぞれのチームの「ミスター」と呼んでいいよ。

     大久保はJ1最多185得点という記録が、Jリーグにたくさんの熱狂をもたらしてくれた立派な証拠。カズやラモスは開幕当時のヴェルディで注目が凄かったし、その後も日本で長く活躍してくれた。ラモスは指導者としてもね。

     守備陣はなかなか目立ちにくいけど、それでも松田、中澤、闘莉王、川口は日本サッカーを盛り上げてくれた。DFの3人はセットプレーなどで得点能力もあって、素晴らしい選手だったよ。

    FW 大久保嘉人、三浦知良
    MF ラモス瑠偉、小野伸二、中村俊輔
      小笠原満男、遠藤保仁
    DF 田中マルクス闘莉王、松田直樹、中澤佑二
    GK 川口能活

    監督アーセン・ヴェンゲル

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200503-00072499-sdigestw-socc
    >>2以降に続く

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/03(日) 12:55:48.37
    15879789994331[1]

    29 Yokohama Marinos

    https://www.marca.com/en/football/international-football/2020/04/29/5ea97d5f22601de94a8b457d.html

    すげえええええええええええええ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/02(土) 07:51:03.50 0
    ba1149c9b0b69e0d5dbbe6acaa2d9b73[1]

    サッカーにまるで興味はないが、この間初めて鳥栖という駅を通過して、「え、こんなところに巨大なサッカー場が!?」と驚いたのを思い出した。なんにもない田舎の駅が続く後に突然出現、周りに「街」すらほとんどなくて、すんごい場違い。そりゃぁ、無理だと思うよ・・

    MichiKaifuさんが追加
    John Bull
    @kcirevam2
    鳥栖が存続危機、主力協賛が相次いで離脱し資金難(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-23180673-nksports-socc … 
      https://twitter.com/MichiKaifu/status/1240464167829524480 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/05/01(金) 02:25:42.88
    e126d8cad593e747e2cd8f4eb97fee57[1]

    J1サガン鳥栖は30日、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」上でサポーターミーティングを開いた。クラブからは竹原稔社長らが参加。2回に分けて行われた。1回に参加できるサポーターは定員50人で、抽選で選ばれた計約100人が参加した。

    26日の株主総会で承認された19年度決算報告で約20億円超の赤字を計上。竹原稔社長は、クラブ消滅の危機が報じられていることに「そういう記事を招いてしまったことは私に原因がある。深くおわび申し上げます」と陳謝した上で「一部で報道されていたクラブ消滅、クラブライセンス失効に伴うJ3降格やJFL降格はありません」と断言した。

    サポーターの激励に涙ぐむ一幕もあった。「19年度は厳しい数字が並んでいるのは事実です。反省、改善し確実な未来を築けるようにしたい」と反省の弁。「背伸びしてご心配をおかけしたことについても見つめ直す」と身の丈経営を誓った。「コロナがなければ黒字になる計画」と強調。「間近に控えたスポンサーの発表を期待してください」とも述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010012-nishispo-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/29(水) 06:12:38.66
    20200427-00010001-nishispo-000-1-view[1]

    関係者によると、竹原社長は「今季に限っていうと、試合のない状況で年俸の支払いは負債。出るばかりで利益を生んでいない」と主張。
    「収入が生まれる方法をみんなで考えないか」と呼びかけた上で、クラブに収入を生み出す一例として「マンションをみんなで買わないか」と、不動産投資を提案する一幕もあったという。
    クラブは30日にはオンラインでサポーターミーティングを開催する。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000001-spnannex-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/28(火) 20:03:02.68
    6b8a1395-5413-eb96-92b3-ab696ce48864[1]

    同じセッションで注目発言をしたのが、株式会社ディー・エヌ・エーの取締役兼COO、岡村信悟氏だ(※キャプチャ画像の下段左)。

    同社のスポーツ事業本部長を兼務する岡村氏は、今年移転する横浜市庁舎の跡地(※横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムに隣接している)を三井不動産とともに再開発することを語ると、
    同じくDeNAが運営権を持つBリーグ・川崎ブレイブサンダースの新アリーナ構想についてコメント。

    そしてさらに岡村氏は、「サッカーにも興味がある」と明かした。

    Jリーグでは近年、メルカリ(鹿島アントラーズ)やサイバーエージェント(FC町田ゼルビア)、ミクシィ(FC東京)、アカツキ(東京ヴェルディ)など、IT企業によるクラブの買収や出資が相次いでいる。

    プロスポーツチームの運営で実績を持つDeNAは以前から“次なる本命”と目される企業の一つだったが、今回の発言でそれが裏付けられた格好だ。今後の動向が注目される。

    鈴木啓太氏など元アスリートが中心のセッション2に続いて行われたセッション3とセッション4では、海外の有力クラブ関係者が登壇。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/28(火) 19:34:20.54
    20200428-04280169-sph-000-2-view[1]

    【横浜M】差別撲滅へ声明発表…SNS上で所属選手への差別的発言・誹謗中傷が確認
    https://hochi.news/articles/20200428-OHT1T50169.html
    https://www.f-marinos.com/news/category=6_id=6970

    2020年4月28日 18時55分スポーツ報知

    J1横浜Mは28日、差別撲滅に向けた取り組みを継続的に行っていく声明を出した。

    クラブは「ここ最近、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にて、
    弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発言などが、
    日常的に見受けられるようになっていることが確認されております」と現状を説明。

    「横浜F・マリノスは、2014年の弊クラブサポーターによる差別的行為の後、
    「『FAIR PLAY, FAIR SUPPORT』差別・挑発・迷惑行為は、絶対に許しません」をスローガンに、
    人権啓発活動を行っております」と続け、「そのような中、このようなことが起きたことは非常に残念でなりません。
    横浜F・マリノスは、いかなる差別的な行為も絶対に許すことはありません。
    これからも、横浜F・マリノスは、差別撲滅に向けた取り組みを継続的に行って参ります」と発信した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/28(火) 09:21:46.53
    20200426-00373788-usoccer-000-1-view[1]

    ソフトバンクホークスが赤字20億分を肩代わりして
    サガン鳥栖ユニフォームの胸スポンサーになって
    ユニフォームに「HAWKS」と広告を入れる

    スポンサーの原資はこの内部留保で↓

    福岡ソフトバンクホークス株式会社
    当期純利益:7億8,500万円
    利益剰余金:77億2,900万円

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/27(月) 07:19:20.835
    137f89bf[1]

    怪我なしで、スタメンで出たとして

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    55: 名無し@サカサカ10 2020/04/27(月) 07:43:55.80
    img5cb83c2fd8137_xl[1]

    海外スターを高額で雇う
    →スター目当てに客が増える
    →黒字がっぽり

    というバブリーな戦略がうまくいったの神戸だけちゃう?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 20/04/27(月)08:39:40
    20200427-00010001-nishispo-000-1-view[1]

    キャッシュなくなりそうなチーム多発な模様

    税金投入しかないですねぇw

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/26(日) 14:19:53.33
    20200426-00373788-usoccer-000-1-view[1]

    鳥栖赤字20億円「天文学的数字。明日はあるのか」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-24260243-nksports-socc
    >オンラインで取材に応じた竹原稔社長(59)は
    >「天文学的な数字の赤字を出しているので、存続危機という言葉が合うのか、
    >明日はあるのかということですが、これも経済」と言葉を絞り出した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/25(土) 12:16:25.24
    EV2fxArUEAADVYS[1]

    あの試合をもう一度!
    スポーツ名勝負▽Jリーグ名作選
    「浦和レッズ」対「ガンバ大阪」

    2020年4月25日(土) 午後5:00~午後6:50(110分)

    初制覇を目指す浦和レッズと連覇狙うガンバ大阪。
    東西ビッグクラブが威信をかけた、1位と2位による最終節での直接対決!
    赤と青で染まった埼玉スタジアムでの激闘!

    https://www.nhk.or.jp/hensei/sp/program/article/?area=001&date=2020-04-25&ch=11&eid=27495&f=etc


    圧巻のビジュアルと尖った時代の応援合戦
    鬼気迫る試合内容は必見です!

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/24(金) 07:32:37.14
    ESVqLlFU4AEQLzI[1]

    Jリーグの村井満チェアマン(60)は23日、無観客開催での再開のシミュレーションを開始すると明言。
    無観客試合開催の場合、『投げ銭』と呼ばれるネット上で寄付を募るシステムを導入するプランがあることを明かした。
    観客収入に加え、スポンサーの広告メリットも下がることを想定し、議論を開始。「例えば無観客試合であっても、バーチャル的な広告露出ができるように。
    もしくは最近は『投げ銭』という、バーチャルの試合環境でもいいプレーに関して、お客様が支援できるようなデジタル上の環境が整っているようです。
    そうした新しいチャレンジに対しては、積極果敢にアイデアを出していこうとしています」と説明した。

    ネットでの『投げ銭』とは、サイト上に作られたボタンをクリックすることで、寄付ができるシステムのこと。
    映像で試合を見ながら、選手たちの好プレーに“おひねり”を投げるような新たな観戦スタイルが生まれるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-04230272-sph-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    80: 名無し@サカサカ10 2020/04/21(火) 08:32:38.63
    pcimage[1]

    柏の日本人レジェンドって誰なん?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/23(木) 21:19:29.15
    20200423-00371716-footballc-000-1-view[1]

    日本サッカー協会(JFA)は23日、今年度開催予定だった第100回の天皇杯について、大会方針を大幅変更する方針を固めた。

    この日、天皇杯実施委員会を開催。
    JリーグからはJ1の2チームのみが、準決勝から出場することに変更となった。
    出場する2チームの決定方法は、リーグ戦の成績上位2チームとし、決定方法は今後検討する。
    新型コロナウイルスにより延期となったリーグ戦の実施を最優先とし、Jクラブの天皇杯日程を軽減することを主眼に議論され、今回の決定に至ったという。

    大会は50チームによるノックアウト方式で、参加は都道府県代表の47チーム、アマチュアシードのHondaFC、準決勝から出場のJ1クラブ2チーム。
    すでに都道府県代表に決定していたJ3クラブは出場が取り消しとなり、再び県協会の主導により代表を選出する。1回戦は9月16日、決勝は来年1月1日。1回戦から4回戦までは無観客試合も想定し、入場料無料となる方針となった。


    2020年4月23日 20時22分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200423-OHT1T50191.html


    毎日新聞サッカー取材班
    @mainichi_futbol
    今年度のサッカーの天皇杯に参加するJリーグ勢はJ1リーグ戦上位2チームのみとなります。この2チームは準決勝から参戦します。47都道府県代表とアマチュアシードのホンダFCとあわせた50チームで争われます。J3は都道府県の予選に参加せず、決まっていたチームも出場しません。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/23(木) 13:57:56.55
    20200423-00010003-footballc-000-2-view[1]

    Jリーグは国が援助せよ! 「スポーツ庁は一体、何をやっとんのや?」。
    トリニータ元社長が語るコロナウイルスの危機【インタビュー前編】
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00010003-footballc-socc

    「現金をぶち込んでほしい」。海外のサッカー支援はどうなのか?
    トリニータ元社長が語るコロナウイルスの危機【インタビュー後編】
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00010004-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/22(水) 18:44:41.54
    名古屋グランパスのブラジル人FWが、自身の将来やクラブについて語った。

    マテウスはクルゼイロやバイーアの下部組織出身。19歳だった2014年8月に大宮アルディージャへとレンタル移籍で加入するも出場機会を得られずに帰国。バイーアで過ごす時間があったが、2015年7月に再び大宮へとレンタル移籍した。
    2度目のレンタル移籍では出場機会を得るものの、公式戦8試合で1ゴールに終わり消化不良に。しかし、大宮が完全移籍での買取を決断すると、キャリアが大きく動いた。

    2016シーズンはJ1で22試合に出場し2ゴールを記録。翌シーズンは25試合で5ゴールを記録するも、チームはJ2へ降格。しかし、2018シーズンはJ2で40試合に出場し12ゴール9アシストとチームの攻撃を牽引すると、
    チームは昇格できなかったものの、名古屋へと完全移籍を果たした。

    2019シーズンはシーズン途中で横浜F・マリノスへレンタル移籍すると、チームのJ1制覇に貢献。しかし、今シーズンは再び名古屋に戻り、開幕戦とYBCルヴァンカップに出場していた。
    マテウスは、ブラジル『ガゼッタ・エスポルティーバ』のインタビューに応じ、現在の状況や将来について語った。

    「タイトルを獲得することは、とても素晴らしい体験だ。ミステル(フィッカデンティ監督)によって設定されたプランは、僕のプレースタイルと助けたんだ。僕はこの短い期間でたくさん成長した」
    「グランパスでの経験は素晴らしいよ。僕は仲間やクラブの全員と一緒に過ごし、楽しむことを求めている」

    「2020年はJリーグ制覇を目指しているし、常に1歩ずつ、多くの努力と献身性を持って取り組んでいる」
    また、2015年7月に大宮に来てから、来日5年が経過。日本国籍の取得も可能となる。現在25歳、貴重なアタッカーとしての才能は日本代表入りも期待されるが、本人も意欲的に捉えているようだ。

    「僕はまだ招集されたわけではないけど、日本のチームを選べる可能性があるのは嬉しいよ。僕をとても歓迎してくれた国だし、第2の故郷として思っているんだ」
    大宮在籍時のJ2で活躍したマテウスは、日本への適応について「日本のサッカーは、その特徴の1つがスピードだった。それが僕を助けたんだ」とコメント。自身の特徴を活かせるスタイルが合っていたようだ。

    また、名古屋では同じブラジル人のジョアン・シミッチ、ガブリエル・シャビエル、ジョーとチームメイトだが、「すごいことだね、これはピッチ上とピッチ外の両方で、
    多くのことを簡単にするんだ」とブラジル人選手との関係性が良いとコメント。ジョーについては「ジョーはクラブ内で参考にすべき人であり、僕が合流した瞬間から良い関係を続けている。
    彼が築いてきた経歴を見ると、毎日素晴らしい学習ができていると思うよ」と、元ブラジル代表FWは大きな助けになっていると明かした。

    また、将来プレーしたいリーグにはプレミアリーグを挙げているものの、しばらくは日本にいることを考えている様子。ブラジルへの帰国も先になるとした。
    「長い間プレーしてきた日本でとても幸せなので、今のところはあまり考えていない。でも、僕はイングランドのサッカーにとても興味がある。いつかプレミアリーグでプレーできたら楽しいだろうね」

    「現時点で戻ることは考えていないよ。でも、ブラジル・セリエAは将来的には大きな魅力になるね」
    現在はJリーグも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、6月まで中断が決定している。マテウスがピッチを切り裂くプレーを見せてくれる日は、まだ先になりそうだ。

    4/22(水) 16:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00373602-usoccer-socc 
      
      
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/22(水) 06:03:47.18
    J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)が21日、オンラインを通じたデイリースポーツの単独インタビューに応じた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛が続き、試合再開の見通しも立たない現状への思いなどを語り、サポーターへのメッセージを送った。また、22年1月で満了する神戸との契約について「神戸で続けたいという気持ちがある」と契約延長の意思を示した。23日には自身初の公式ドキュメンタリーが全世界に向けて配信開始される。

     新型コロナウイルスの蔓(まん)延によって、世界の様相は一変した。イニエスタにとってもそれは例外ではない。少し伸びた髭(ひげ)をたくわえた世界的名手は静かに語り始めた。

     「現在も未来においても間違いなく人々の生活に大きな影響を与えるだろう。今できることは専門家の意見をしっかり聞いて、一刻も早くそれぞれ自分のやりたいことができる生活に戻れるように、良い未来が訪れるようにみんなで一致団結する時だと思う」

     神戸は3月27日から活動を休止しており、4月7日には兵庫県にも緊急事態宣言が発令されるなど、イニエスタも異国の地で外出自粛の日々が続く。

     「もちろん家族は家にいて、子供たちはオンラインで授業を受け、宿題が送られたりしている。自分も可能な限り1日のプランを立ててコンディションを落とさないように、重量トレーニングやモビリティー(可動性)トレーニングだったり、あとは有酸素運動などを心掛けている。今の状況にうまく適応し、家にいながらもトレーニングも入れて、自分たちのスケジュールをしっかり埋めていくことを意識している」

     2月23日の開幕戦を最後に2カ月間も試合から遠ざかっている。中断しているJリーグは再開時期が「白紙」と見通しが立たない。5月11日には36歳の誕生日を迎えるイニエスタにとって、貴重な時間が奪われている。

     「確かにモチベーションやコンディションを保つのは難しい時期ではある。特に今はゴール(目標)がない状況。シーズン中であれば週末に試合があるといった、それぞれのゴールや起点となるところに向けてメンタルやコンディションを準備しているが、今はそういったものがない。何とか自分の中で目標を設定しモチベーションを保っていく必要がある。もちろん試合や練習が恋しい。普段の練習やロッカールームでの日常、チームメートとの関わりや試合でサポーターと一緒の時間を共有することも恋しい。たまに写真や以前の試合のハイライトを見ていると試合がしたくてウズウズしてくる。今、試合がない時間というのは、逆に自分が長くパフォーマンスを続けるためにはいい期間なのではないか」

     18年夏に加入した神戸との契約は来季で満了となる。去就は世界の注目を集めるが、イニエスタは契約延長について明確な意思表示をした。

     「正直に言うと、自分は神戸で続けたいという気持ちがある。日本での時間を満喫しているし、神戸でのプレーや貢献という面でも満足している。昨季はすごく楽しめたし、今季も数試合しかできていないが、本当にいい形でシーズンに入れていた。契約が終わるタイミングで契約に関わる方々が自分のパフォーマンスや貢献に満足していただけるなら、自分としては(神戸で)続けられたらうれしいと思っている」

    4/22(水) 5:00配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00000001-dal-socc

    写真
    no title
     
      
     

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/21(火) 21:04:21.03
    20200421-04210183-sph-000-2-view[2]

    【浦和】MF宇賀神が戸田市らにマスク3万枚を寄付…追加支援も計画


    J1浦和のMF宇賀神友弥(32)が21日、出身地である埼玉県戸田市にマスク3万枚を寄付すると自身のブログで発表した。


    「コロナの感染が止まらない今、医療従事者の方やマスクが不足して困っている人たちの力になりたいと思い、色々な繋がりからマスクを準備することができました」。さらに「自身の背番号にちなみ3万枚支援させてもらおうと思います」とコメントした。

     新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるう中、ついにJリーガーが支援に動き出した。マスク不足が叫ばれる中、宇賀神は関係者を通じて、マスクを手配。この日、宇賀神が戸田市内で経営する「UGAJINエスフォルソプレイス」にマスクが到着した。2万枚を戸田市に、1万枚を同市内の病院、高齢者施設に寄付するという。

     また、追加支援策として、台風19号による豪雨で水没したサッカー場を再生するために発足した「#きみのてプロジェクト」の名前を使って、寄付金を集め、追加でマスクを確保して、さらに寄付するプランも画策している。

    宇賀神は@ThanksMedicalWorkersというインスタグラムのアカウントを作成。MF柏木陽介、長沢和輝、DF鈴木大輔(以上浦和)、元浦和の日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)の5人で協力して、医療従事者へメッセージを届ける活動を行うことを13日に自身の公式ブログで発表した。その支援の一環として今後、5人でマスクを購入し、不足が深刻な場所へ寄付することも計画している。

    2020年4月21日 20時19分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200421-OHT1T50183.html

    宇賀神友弥のチャント

    ラララ ラーラララ 宇賀神友弥 ラーラララ
    オオオ オオオオ 宇賀神友弥 オーオオオ
    ※原曲は「ボブ・マーリー(Bob Marley)」の「Buffalo Soldier」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/21(火) 14:16:38.84
    20200125_Samper-takahashiImages[1]

    持病と闘いながらプレーする神戸サンペール「サッカーをするのはかなり難しいと言われた」
    病気について語ったMFセルジ・サンペール

     ヴィッセル神戸のスペイン人MFセルジ・サンペールがインスタグラムのライブ配信で自身の糖尿病について語った。地元カタルーニャの『TV3』が報じている。

     元バルセロナのサンペールは、レアル・マドリーからレバンテに期限付き移籍中のFWボルハ・マジョラルとともにインスタグラムのライブ配信を実施。糖尿病と診断されたのは下部組織時代だったという。「サッカーをするのはかなり難しい」と言われたことを明かしている。

     そうした苦悩を抱える中で出会ったのが、同じ病気を持つマジョラルだった。2人は年代別のスペイン代表でともに糖尿病であることを知り、互いに「孤独を感じなくなった」と振り返っている。

     また、当時はチームメイトの前でインスリンを注入することを恥ずかしく感じ、トイレに閉じこもることも多かったというが、今では問題なく行っているようだ。

     サンペールとマジョラルは糖尿病を抱える人々に対し、「あなたがたとえ糖尿病であっても、全てのことを行うことができる」と励ましのメッセージを送った。

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?301065-301065-fl

    続きを読む

    このページのトップヘ