サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    Jリーグ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 22:30:38.57 _USER9
    [8.15 J1第22節 川崎F0-0鳥栖 等々力]

     加入後初めてのフル出場を果たしたが、ここまで6試合ノーゴール。だが、サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスのコンディションは上がっているようだ。スコアレスドローに終わった川崎F戦の試合後、「来る前は1か月間練習ができなかったけど、これまでの間に良くなっている」と手応えを口にした。

     来日したのはちょうど1か月前の7月15日。1週間後の第22節仙台戦の途中出場でJリーグデビューを果たすと、その後は5試合連続でスタメンが続いている。「とても競争的で、多くのチームの戦力が拮抗している。どのチームもバランスが良い」。そう評価するJリーグにも徐々に適応している。

     指揮官やチームメートが「最初から結果が出るわけではない」とフォローするように、前線でのポストワークでチャンスメイクには関わっているが、ここまで6試合でノーゴール。この日はチーム全体が圧倒的な劣勢の中でシュートゼロに終わり、「みんなよく守って戦っていたし、カウンターしたかったけど……」と悔しそうな素振りを見せた。

     だが、自身のプレーについて「自分にボールが来なかったのはそんなに大事なことではない」と強調すると、引き分けという結果を悲観していない様子。「よく走って、よく守って、よく闘って、ドローにできて良かった。川崎Fは高いポゼッションがあったし、良いドローだったと思う」と総括し、「このチームはこれからもっと頑張れるし、もっと良くなるよ」と前を向いた。

    8/15(水) 22:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-01674679-gekisaka-socc 
      
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 21:31:10.59 _USER9
     【横浜F・マリノス 1-2 名古屋グランパス J1第22節】

    明治安田生命J1リーグ第22節の試合が15日に行われ、横浜F・マリノス名古屋グランパスが対戦した。

    20180815-01674571-gekisaka-000-2-view[1]

     今季は開幕2連勝を収めたあと全く勝てず、最下位が定位置となってしまっていた名古屋。だが第19節のベガルタ仙台戦で16試合ぶりの白星を挙げると、そこから3連勝と調子を取り戻していた。

     この試合でも名古屋は順調なスタートを切ることに成功。前半4分、ガブリエル・シャビエルからのパスを受けたジョーが4試合連続となるゴールを決めて先制し、前半を1-0で折り返す。

     横浜FMも反撃に転じ、後半立ち上がりに同点に追いつく。49分、松原健が自身のJ1通算100試合出場を祝うゴールを決めて1-1とした。

     同点のまま終盤を迎えたが、勝負を物にしたのは名古屋。90分、相馬勇紀が右サイドから上げたクロスにジョーが頭で合わせて値千金の決勝ゴール。ジョーは最近4試合で7ゴールを叩き出し、得点ランク2位につけている。

     勝ち点3を加えた名古屋は、4月の第8節以来約4ヶ月ぶりに最下位を脱出。ガンバ大阪が最下位に転落し、V・ファーレン長崎が17位となった。プレーオフ出場圏の16位に浮上した名古屋は長崎やG大阪より延期分の1試合を多く残し、残留に向けて前進している。

    【得点者】
    4分 0-1 ジョー(名古屋)
    49分 1-1 松原健(横浜FM)
    90分 1-2 ジョー(名古屋)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00285543-footballc-socc







    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 20:29:31.20
     明治安田生命J1リーグ第22節が15日に行われ、ヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島が対戦した。

    20180815-00812976-soccerk-000-1-view[1]
     
    15分、青山敏弘のロングフィードにパトリックが抜け出す。戻ってきたティーラトンが先に触りクリアを試みるも、このルーズボールをパトリックが押し込み、広島が先制する。対する神戸はその2分後、ピッチ中央でボールを持ったルーカス・ポドルスキが左サイドのアンドレス・イニエスタに展開。イニエスタはフェイントで相手をかわして中へ切れ込むと、強烈なミドルシュートを突き刺す。イニエスタの2試合連続ゴールで神戸が同点に追いついた。

     試合は1-1で終了。次節は19日、神戸はアウェイで湘南ベルマーレ、広島はホームで川崎フロンターレと対戦する。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 1-1 サンフレッチェ広島

    【得点者】
    0-1 15分 パトリック(広島)
    1-1 17分 アンドレス・イニエスタ(神戸)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00812976-soccerk-socc



    続きを読む

    227: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 19:20:49.47

    20180815-00010013-sportes-000-1-view[1]

    2試合連続ゴラッソきたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 14:57:07.32 _USER9
    元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは今夏、数あるオファーの中からJ1サガン鳥栖への加入を決断したが、フランスの名門リールも獲得目前まで迫っていたという。フランスのサッカーサイト「MadeinFOOT」が報じている。

    【写真】海外紙も「すでにチャンピオン」と特集! 元スペイン代表の鳥栖FWトーレス、高橋陽一氏から受け取った“キャプテン翼自画像”

     昨季限りでアトレチコ・マドリードを退団したトーレスは7月、鳥栖への移籍を発表。入団会見では、新天地に日本を選んだ理由を「最初に関心を示してくれたため」と説明していた。

     トーレスの元には鳥栖以外にも、中国やアメリカ、オーストラリア、ドイツ、イングランド、スペインからも関心があったことが報じられていた。しかし、記事ではフランス紙「レキップ」に基づき、リーグ・アン優勝経験もあるリールが6月初めにオファーを提示し、一時は獲得目前に迫ったと言及。そして、「リールに移籍するという誘惑よりも、最終的にサガン鳥栖に加入する決断をした」と心変わりの様子も伝えている。

     その後、リールはトーレスから元フランス代表FWロイク・レミー(ラス・パルマス)に変更して獲得に至ったという。“神の子”の獲得は叶わなかったが、現地時間11日に行われたレンヌとのリーグ開幕戦に3-1で勝利し、新シーズンは白星スタートを飾っている。

    8/15(水) 14:40 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00128497-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/15(水) 00:20:54.84 _USER9
    神戸MF佐々木、ブラジルの名門パルメイラスに期限付き移籍へ…16日にも正式発表
    8/14(火) 23:55配信 SOCCER KING
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20180814/812698.html?cx_top=newarrival
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00812698-soccerk-socc

    ヴィッセル神戸に所属するMF佐々木大樹がブラジル全国選手権1部のパルメイラスへ1年間の期限付き移籍で加わるようだ。ブラジルメディア『グローボ』が14日に報じている。

    佐々木は神戸U-18出身で今季トップチームに昇格。明治安田生命J1リーグではここまで6試合に出場し、1得点を記録している。
    同メディアによると最初はトップチームではなく、育成組織でプレーする模様。今週16日(木)にも正式に発表されるようだ。

    パルメイラスはブラジル全国選手権を9度制した名門で、現在チームにはブラジル代表歴を持つルーカス・リマ、コロンビア代表としてFIFAワールドカップにも出場したミゲル・ボルハらが在籍。
    フェリポンの愛称で親しまれるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が指揮を執っている。

    ブラジル移籍が報じられた佐々木大樹
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/14(火) 22:15:17.80 _USER9
    鹿島戦前に名古屋サポーターがジョー向けのコレオ掲出…「一生記憶に残る」と感銘

    名古屋グランパスは11日のJ1第21節鹿島アントラーズ戦で4-2と勝利し、今季初の3連勝を飾った。試合前に名古屋サポーターが元ブラジル代表FWジョーに向けて壮観なコレオグラフィーを掲げ、ジョー本人も「初めてで一生記憶に残る」と感銘を受けた様子で、公式インスタグラムに写真を投稿している。

    【写真】「なんてクールだ」「美しい」と反響! 元ブラジル代表FWの名古屋FWジョーが感動した壮観なコレオグラフィー
    no title


     鹿島戦前のウォーミングアップ時、名古屋のサポーターが掲出したのは今季からチームに加わったジョーのコレオグラフィーだった。赤色、黄色、黒色を織り交ぜて背番号「7番」と名前、さらに両手を上げているジョーの様子を表現。本人も感激したようで、クラブ公式ツイッターで次のように感謝の言葉を口にしている。

    「コレオを掲出いただいて、とても嬉しかったです。初めての自分のコレオだったので一生記憶に残ると思います。日本に来てからグランパスのサポーターの皆さんはいつも暖かい声援を送ってくれています。それが今のチカラになっています。これからも応援よろしくお願いします」

     ジョーは公式インスタグラムにコレオグラフィーの写真を投稿。返信欄ではファンから様々なコメントが並び、「なんてクールだ!」「美しい」「センセーショナル」「最高の写真」と称賛の声で溢れた。

     クラブ歴代最多となる4万3579人が豊田スタジアムに足を運んだ一戦は、ジョーが期待に応えるかのような先制弾を叩き込み、最終的に4-2と勝利。名古屋サポーターの粋な心遣いにジョーもゴールという結果で応えてみせた。

    8/14(火) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180814-00128267-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/13(月) 16:17:32.35 _USER9
    わずか半年で、ずいぶんと様変わりしたものだ。柏レイソルのことである。

    20180813-00010007-sportiva-000-1-view[1]

    1月30日、今季の初戦となったACLプレーオフのムアントン・ユナイテッド戦。
    柏はFWクリスティアーノの2発とFW伊東純也のゴールで3-0と快勝を収めた。
    昨季、リーグ戦で4位と躍進を遂げた柏は、シーズンオフに他チームからレギュラー格を複数迎え入れ、2018シーズンのさらなる飛躍を予感させていた。

    成長過程にある若手が主軸をなし、3年目を迎えた下平隆宏監督のもとで、確かなスタイルが築かれてきた。
    的確な補強で選手層も確実に増している。そこには明るい未来が待っているはずであり、
    ACLとの並行戦を強いられるとはいえ、最低でも昨季の4位以上、ともすれば2011年以来の優勝さえあり得ると踏んでいた。
    格下とはいえ、シーズンの初陣でムアントンを圧倒したその試合を見たときに、筆者は今季の順位予想で2位の欄に、「柏レイソル」と記した。

    あれから半年と少しが過ぎ、柏はまるで別のチームになっていた。
    8月11日、ホームにベガルタ仙台を迎えた一戦で、柏はいいところなく0-2と完敗を喫している。

    この日の柏の先発メンバーには、ムアントン戦のスタメンがわずかに4人しかいなかった。
    GK中村航輔、DF中山雄太を負傷で欠き、DF中谷進之介はこの夏に名古屋グランパスに新天地を求めている。
    もちろん、中谷を除けばケガという理由があるにせよ、柏の希望と言うべき若き3人の不在の状況が、このチームが大きく変わってしまったと感じられた最大の理由だった。

    監督が代われば、メンバーが変わるのは当然のことでもある。5月12日、柏は成績不振を理由に下平監督を解任。
    加藤望ヘッドコーチを監督に昇格させた。

    ところが、加藤監督となってからも、状況は好転しているとは言いがたい。
    初陣となった第15節の名古屋戦こそ3-2と勝利を収めたが、
    ワールドカップ中断明け後の第16節のFC東京戦から4連敗。第17節の鹿島アントラーズ戦では6失点と、屈辱的な完敗を喫している。

    第20節のコンサドーレ札幌戦で連敗を食い止め、いい流れで迎えたこの日の仙台戦だったが、
    決して状況が改善されていたわけではなかったことを露呈する試合となった。

    それでも前半は悪くなかった。
    伊東とDF小池龍太の連係で右サイドを崩し、最前線に配置されたFW瀬川祐輔が鋭く裏を突く。瀬川が走ることで生まれたスペースにはMF江坂任が入り込み、攻撃に迫力を生み出していく。
    MF小泉慶のボール奪取やMF手塚康平のパスワークにも光るものが感じられ、仙台を圧倒する時間が続いた。」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010007-sportiva-socc
    8/13(月) 15:50配信 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 23:52:35.23 _USER9
    今夏、ケルンから日本代表FW大迫勇也を加えたブレーメンだが、日本人をもう1人獲得することを狙っていた。フランク・バウマンSD(スポーツディレクター)が明かしている。

    ドイツ紙『ビルト』が伝えたバウマンSDのコメントによれば、ブレーメンが狙っていたのはヴィッセル神戸に所属するU-18日本代表のMF佐々木大樹(18)だった。
    同選手は2015年に神戸のU-18チームに加入し、昨秋にトップチーム昇格。
    今シーズンはJリーグカップで4試合(1ゴール)、リーグ戦で6試合(1ゴール)に出場している。

    バウマンSDは「彼については検討している、と言うか、検討していた」と佐々木の獲得を試みたものの、何らかの理由でオペレーションが失敗に終わったことを明かした。
    そして「今後に向けて、うちで育てたかった」と悔しさを滲ませながら、「おそらく違うクラブに移籍することになるだろう」と近々他クラブに渡る可能性を示唆している。

    元ドイツ代表DFである同SDが将来性を見込んだ佐々木に対しては、水面下で他クラブが獲得に向けて動き出している模様。
    移籍先候補は現時点で明らかになっていないが、今夏に海外での挑戦に臨む可能性もあるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000020-goal-socc
    8/12(日) 21:04配信 
      
     
    no title
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/13(月) 06:26:45.46 _USER9
    G大阪が神戸の元日本代表FW渡辺千真(31)を完全移籍で獲得し、神戸はG大阪FW長沢駿(29)を期限付き移籍で獲得することが12日、決定的になった。
    17位とJ2降格圏に低迷するG大阪は、今夏に得点力のある前線の選手獲得を模索。

    20180813-00000039-sph-000-4-view[1]

    横浜M、F東京、神戸と所属した3クラブで計4度の2ケタ得点をマークしてきたが、
    今季は元スペイン代表MFイニエスタらの加入で出場機会を減らしていた渡辺の獲得を目指していた。

    神戸は今夏仙台に移籍した元日本代表FWハーフナー・マイク(31)に続き渡辺も流出する事態に、G大阪で昨季10ゴールを挙げ192センチの高さを誇る長沢を評価。
    異例といえるFW同士の“トレード”が確実になり、近日中にも両クラブから発表される見込みとなった。

    8/13(月) 6:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000039-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 18:43:21.96 _USER9
    ヴィッセル神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が移籍後3戦目でJリーグ初ゴールを決めた。

    ホーム・ジュビロ磐田戦の前半15分、初共演の元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)からパスを受けると、
    鋭いターンでDFを置き去りにし、GKもかわして右足で先制ゴール。全得点に絡む活躍で2-1の勝利に貢献した。
    スペイン代表(10年)とドイツ代表(14年)でワールドカップ優勝を経験した、英雄2人の年俸総額は推定約40億円。
    異次元のプレーで神戸は4位に浮上した。

    (中略)

    今回は大事な家族を伴っての再来日。7月の来日時はホテル暮らし。
    暇な時間はゲームセンターで時間を費やし気分転換したが、今は大きな支えが日本にいる。

    住居はマンションに決めたが暫定的な措置という。
    来日会見で「日本の文化を学びたい」と発言。日本庭園に興味があり、庭付き一戸建てが希望。

    すべてにおいて日本に溶け込もうとする精神が、成功を招いた。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201808120000071.html

    イニエスタ
    no title
     
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 10:01:15.72 _USER9
     サンフレッチェ広島のブラジル人FWパトリックが改めて日本帰化の希望を明かしている。ブラジル『グローボ・エスポルチ』が伝えた。

    27356_ext_04_0[1]

     パトリックは昨年8月に広島へ加入し、今季は20試合に出場してリーグトップの15得点を挙げている。同メディアは「ポドルスキ?トーレス?ブラジルのパトリックがJリーグのトップスコアラーだ」と題し、神戸FWルーカス・ポドルスキや鳥栖FWフェルナンド・トーレスといったスター選手に負けない活躍を見せているパトリックを紹介。その中で日本帰化を望む同選手のコメントを取り上げている。

     同メディアによると、パトリックは2018年に日本の居住者として5年間が経ち、帰化の資格を得ることができたと思われた。しかし、2016年末に膝を手術するためブラジルに帰国していたことが影響し、日本国籍の取得は叶わず。それでも日本代表の夢はまだ諦めていないようだ。

    「僕をサンフレッチェに呼んだ(現日本代表の)森保一監督を介してチャンスがあると思っているよ。彼が僕の帰化を求めるなら、協会が仲介してプロセスを迅速化することができるはずだ。今のところ何も動きはないが、実現する可能性はある」

     元広島指揮官の森保監督を帰化実現へのキーマンに挙げたパトリック。広島は11日、ホームで行われるJ1第21節で長崎と対戦する。ブラジル人ストライカーは森保監督にアピールするゴールを奪うことはできるだろうか。
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?251653-251653-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 06:08:43.01 _USER9
    ◆明治安田生命J1リーグ 第21節 鳥栖1―0浦和(11日・ベストアメニティスタジアム)

     今夏、鳴り物入りでJ1鳥栖に加入したスペイン人FWフェルナンドトーレス(34)は11日、ホームでの浦和戦に4試合連続で先発し、5試合連続で不発に終わった。

     前半11分、MF小野の縦パスを受け、MF福田のシュートに結び付けた。前半の見せ場はこのワンシーンだけ。浦和の日本代表DF槙野智章(31)との競り合いにことごとく負け、前線で効果的な働きはほとんど出来なかった。後半15分、前線からの守備で浦和MF青木のボールを奪い、ゴール前の鳥栖FW金崎夢生(29)に決定的なパス。しかし、金崎のシュートは浦和GK西川周作(32)に阻まれた。後半は躍動感も増したが、自身はシュート1本も打てずに後半45分にベンチに退いた。

     トーレスは「毎試合、何かを勉強している。試合をするごとに良くなっているよ。私のパフォーマンスも良かったと思う。浦和は強いチーム。みんなと頑張って守った。いいプレーをしたと思う。日本に来て3週間ぐらい。日に日にコンディションも良くなっているし、コンビネーションも、自分のプレーも良くなっている。これからもっと良くなるよ」と話した。

     鳥栖は後半8分、MF高橋秀人(30)が、MF原川力(24)の左CKを頭で決め、先制。そのまま逃げ切り、1―0で今季初の連勝を飾った。順位も暫定ながらJ2降格圏を脱出し、15位に浮上した。

    8/11(土) 23:30配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000332-sph-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 23:43:52.45 _USER9
    ◇明治安田生命J1第21節最終日 神戸2―1磐田(2018年8月11日 ノエスタ)

    DkT8yMhVAAIYqhc[1]

     神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が11日、磐田戦(ノエスタ)の前半15分にJリーグ初ゴールを決めた。

     ドイツ代表として14年W杯ブラジル大会を制したMFルーカス・ポドルスキ(33)からの絶妙なパスに、スペイン代表として10年W杯南アフリカ大会で優勝したイニエスタが絶妙なターンから右足で決めるという”世界一コンビ”による夢のようなゴールにネット上は騒然。

     「ポドルスキとイニエスタの半端ないって」「これぞワールドクラス」「Jリーグでこれが見れるとは」「異次元サッカーを見た」と驚きと称賛の言葉が相次いだ。

    スポニチ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15146669/

    スペインメディアもイニエスタのJ初ゴールに驚愕「“神モード”のイニエスタ」「日本で“イニエスタッソ”」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000020-goal-socc

    イニエスタの超絶トラップ&ターンをバルサ贔屓紙も言及 「大きな熱狂をもたらした」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127763-soccermzw-socc

    独メディア、ポドルスキとイニエスタの“共同制作“を絶賛「ワールドクラスのゴールだ!」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000027-goal-socc

    長友、イニエスタJ初得点&ポドルスキ超絶アシストに「もう笑いがでたわ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000137-spnannex-socc

    香川真司が「イニエスタ…」 J初ゴールから数分で驚嘆ツイート
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000132-dal-socc

    神戸MFイニエスタ、「相手コケさせた」華麗弾に海外衝撃 「今季最もセクシーなゴール」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127752-soccermzw-socc 
      
    神戸MFイニエスタ、来日初得点で世界絶賛! 「華麗トラップ」「名人芸」「初マジック」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127731-soccermzw-socc

    イニエスタ×ポドルスキの“芸術的連係弾”にファン感嘆 「最強かよ」「うますぎ!」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127721-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 22:52:08.43 _USER9
     名古屋グランパスは11日の明治安田生命J1リーグ第21節で鹿島アントラーズに4-2で快勝。リーグ3連勝をマークした。加入後初ゴールを含む2発を決めた金井貢史が試合後、喜びを爆発させた。

    43,579人の超満員が詰めかけた豊田スタジアム。名古屋は前半にジョーの3試合連続ゴールで幸先良く先制点を奪ったが、後半に同点ゴールを決められてしまう。しかし、その直後に金井がコースを狙いすましたコントロールシュートを決めて勝ち越しに成功。その後、金井が安部裕葵を倒してしまいPKに。再び同点に追いつかれたが、金井が汚名返上を果たす。81分にチームを救う一撃を決めて勝ち越し。終盤に前田直輝のダメ押し点も飛び出し、終わってみれば4-2の快勝を飾った。

    「いやあ、鳥肌立ちました」

    試合後そう言って喜びを爆発させた金井は「やっと力になれたと思う。でも、まだまだ試合中にミスも多いし、自分がチームを苦しめてしまった部分もある。PKを取られてしまった。でも、そこは上手くレフェリーと戦わないでしっかり勝ち点3を取れたので良かった」と続けた。

    さらに「本当にチーム全員で、ボールを取られないっていう自信があるからこそ、あそこに入っていける部分があるので、チームメイトに感謝したいですね。タマさん(玉田圭司)とも試合後に話したんですけど、前半から本当に守備頑張ってくれたし、そういう人たちの力で、こうやって僕も点を取れたと思っているので。タマさんに感謝します。僕は決めるだけだったので。良かったです」と満足した表情で語った。

    積極補強で金井をはじめ、前田、中谷進之介、丸山祐市、エドゥアルド・ネットら実力者を獲得し、いずれもチームにすぐさまフィットしている。風間八宏監督が推し進めるサッカーは「難しい」と話す金井だが、一方で学ぶことは「サッカーの基本のところが大前提」だと言う。「今までだったら、どうしても戦術的な部分を言われる監督が多いんですけど、技術の部分ですごく言われる。すごく僕としては上手くなれるなと思って、毎日トレーニングが楽しくできています。そのトレーニングでできていることを試合で出せなきゃいけないので、もっともっとこれから練習して頑張りたい」と意気込んだ。

    3連勝の名古屋は次節、横浜FMとの一戦を控える。その差は4ポイント。金井にとっては育成組織から過ごした古巣との一戦となる。

    「もう早く試合したいです。やっぱり育ててもらった部分もあるし、自分が名古屋に出ていくときも、すごく温かい言葉で見送ってくれたサポーターもいるので。そういう人たちにも感謝の意味を込めて名古屋で頑張って、もう名古屋の選手なんだなと思ってもらえるように、決別じゃないですけど、しっかり自分が名古屋の選手だっていうのを見せたいです」

    決意を込めて古巣との戦いに臨む金井。鹿島戦で見せた活躍ぶりを次節も披露することができるか。

    8/11(土) 22:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000029-goal-socc 
      
     
    no title

    DkUA7HtU0AEFmrQ[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 20:59:23.97 _USER9
    [J1リーグ21節]鳥栖1-0浦和/8月11日/ベアスタ

    20180811-00045483-sdigestw-000-2-view[1]
     
     J1リーグ21節の鳥栖対浦和が11日、ベストアメニティスタジアムで行なわれ、1-0で鳥栖が勝った。鳥栖は今季初の連勝だ。
     
     試合は前半を0-0で折り返して迎えた53分、原川力のCKに高橋秀人が合わせて鳥栖が先制する。これでリードを奪ったホームチームは、守備のバランスを保って浦和の攻撃を撥ね返し、1-0で試合を終わらせた。試合終盤にはGK権田修一がビッグセーブを見せるなど、最後まで集中力を保った。
     
     注目のF・トーレスはゴールこそなかったが、89分まで出場。攻撃だけでなく、前線からのプレスにも精力的に参加し、チームの勝利に貢献した。
     
     鳥栖は15日に行なわれる22節で川崎と対戦する。この連勝の勢いに乗って、さらに勝点を伸ばしたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00045483-sdigestw-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 20:54:50.10
     
    明治安田生命J1リーグ第21節が11日に行われ、ヴィッセル神戸とジュビロ磐田が対戦した。

    20180811-00810507-soccerk-000-1-view[1]

      神戸は主将の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが9試合ぶりに戦線復帰。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも3試合ぶりに先発に名を連ね、“世界一コンビ”が神戸で初共演する。対する磐田は宮崎智彦が2試合ぶりの先発となった。

     15分、ポドルスキのパスを受けたイニエスタが華麗な反転を披露。ドリブルで持ち込むと、GKカミンスキーをかわしてゴールへ流し込んだ。イニエスタのJリーグ初ゴールで神戸が先制する。

     後半に入り56分、大崎玲央のパスをウェリントンが落とすと、最後は古橋亨梧が追加点を挙げる。今夏FC岐阜から加入した古橋は移籍後初ゴールとなった。84分、山田大記がエリア内でイニエスタに倒され、磐田がPKを獲得。川又堅碁が決めて1点を返した。

     試合は2-1で終了。神戸が3試合ぶりに勝ち点3を獲得した。次節は15日、神戸はホームでサンフレッチェ広島、磐田はアウェイで浦和レッズと対戦する。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 2-1 ジュビロ磐田

    【スコア】
    1-0 15分 アンドレス・イニエスタ(神戸)
    2-0 56分 古橋亨梧(神戸)
    2-1 84分 川又堅碁(PK/磐田)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00810507-soccerk-socc







    続きを読む



    171: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 19:18:53.86

    DkT8yMhVAAIYqhc[1]

    キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
    すげええええ

    続きを読む

    827: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 16:54:32.34

    DkSLDFiUYAEyj8P[1]

    神戸

    スターティングメンバー
    GK 18 キム スンギュ
    DF 24 三原 雅俊
    DF 25 大﨑 玲央
    DF 3 渡部 博文
    DF 30 ティーラトン
    MF 14 藤田 直之
    MF 10 ルーカス ポドルスキ
    MF 8 アンドレス イニエスタ
    FW 27 郷家 友太
    FW 17 ウェリントン
    FW 16 古橋 亨梧

    控えメンバー
    GK 1 前川 黛也
    DF 2 那須 大亮
    DF 5 アフメド ヤセル
    MF 21 田中 順也
    MF 35 安井 拓也
    FW 19 渡邉 千真
    FW 33 大槻 周平

    磐田

    スターティングメンバー
    GK 21 カミンスキー
    DF 3 大井 健太郎
    DF 5 櫻内 渚
    DF 24 小川 大貴
    DF 41 高橋 祥平
    MF 7 田口 泰士
    MF 11 松浦 拓弥
    MF 13 宮崎 智彦
    MF 30 上原 力也
    FW 20 川又 堅碁
    FW 22 大久保 嘉人

    控えメンバー
    GK 36 三浦 龍輝
    DF 25 大南 拓磨
    DF 35 森下 俊
    MF 19 山田 大記
    MF 23 山本 康裕
    MF 27 荒木 大吾
    FW 16 中野 誠也




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 14:57:54.04 _USER9
     セレッソ大阪、先制直後に追い付かれて7戦勝ちなし…札幌は2戦勝ちなし/J1第21節

    20180811-00010001-goal-000-1-view[1]

    11日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節で、北海道コンサドーレ札幌とセレッソ大阪が札幌ドームで対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。

    札幌は4位だが、ロシアW杯による中断後のリーグ戦成績は1勝1分け2敗と、決して良くはない。そうした中で、プレースキックのキッカーを務める福森晃斗が欠場。DF石川直樹が3試合ぶりの先発出場となった。

    C大阪はJ1再開後、リーグ戦3分け3敗と未勝利で、順位を7位に落としている。オスマル、ソウザ、山口蛍と、中盤下がり目を本職とする3人がスターティングメンバーに名を連ねたが、オスマルは3バックの左に位置した。

    C大阪は6分、左CKを獲得。DF丸橋祐介のキックにDFマテイ・ヨニッチが頭で合わせて先制する。対する札幌は7分、左サイドからのパスをMFチャナティップがペナルティエリア手前で収め、素早くシュート。これがゴールネットを揺らし、試合は1-1と振り出しに戻る。

    札幌は35分、MF駒井善成が左サイドからのフィードに抜け出すも、C大阪GKキム・ジンヒョンにキャッチされる。その直後、C大阪は丸橋がシュートを放つも、札幌GKク・ソンユンの好セーブに遭う。

    前半は1-1で終了。C大阪はボールを支配し、FW杉本健勇に集めたが、追加点を奪えなかった。

    両チームともメンバー交代なく、後半開始。C大阪は48分、FKの素早いリスタートから、最後はFW高木俊幸が抜け出してシュートを放つも、ク・ソンユンに止められる。

    札幌は60分過ぎから、C大阪ゴール前に迫るシーンを作り出せるようになる。73分、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督は2枚替え。MF菅大輝とFWジェイを下げ、MF白井康介とFW都倉賢をピッチに送り出す。

    C大阪は80分、ソウザがミドルシュートを放つも、GKにキャッチされる。札幌は、ここからカウンター攻撃を仕掛けてCKを獲得するが、シュートまで持ち込めない。C大阪は85分、山口がミドルシュートを放つが、またもGKのセーブに遭う。

    C大阪は90分、札幌ゴール前の混戦から杉本がシュートを放つも、シュートはバーを越える。試合は1-1で終了。C大阪は7試合勝ちなし、札幌は2試合勝ちなしとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00010001-goal-socc






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/10(金) 20:57:57.29 _USER9
     
    【ガンバ大阪 2-1 FC東京 J1第21節】

     明治安田生命J1リーグ第21節のガンバ大阪対FC東京が10日に行われ、2-1でホームのG大阪が勝利した。

    20180810-00284928-footballc-000-1-view[1]

     得点源のファン・ウィジョがアジア競技大会に出場するため今節からクラブを離れたG大阪は、2位FC東京相手に先制点を奪う。

     34分、右CKからの流れで遠藤がファーサイドにクロスを入れると、競り合ってこぼれたボールにファビオが素早く反応してゴールネットを揺らした。

     後半はFC東京が好機をつくり続けるも、決定力が足りない。リーグ戦9試合ぶり白星を目指すG大阪は集中を維持した。

     それでもFC東京は終盤に追いつく。86分、ゴール前でボールを持ったディエゴ・オリヴェイラが3人のDFをかわして左足でシュート。1-1とした。

     これで宮本恒靖監督体制の初勝利がお預けとなったかと思われたG大阪だが、アディショナルタイムに劇的な展開が待っていた。試合終了間際、アデミウソンのシュートがゴールネットを揺らして勝ち越しに成功。2-1でG大阪が勝利した。

     G大阪は順位を1つ上げて暫定で16位に。2位FC東京は首位サンフレッチェ広島と勝ち点5差という状況だ。

    【得点者】
    34分 1-0 ファビオ(G大阪)
    86分 1-1 ディエゴ・オリヴェイラFC東京
    90+5分 2-1 アデミウソン(G大阪)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00284928-footballc-socc




    続きを読む

    このページのトップヘ