Jリーグ

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 05:50:11.72 _USER9

    20170915-00640857-soccerk-001-1-view[1]


    ピッチ上のプレーを見ているだけでは物足りなくなってきた――。そんな方にぴったりの企画が、この『あなたのJリーグライフがもっと充実! 5分でわかるサッカービジネス講座』です。サッカービジネスやクラブ経営の知られざる一面を解きほぐしていく連載で、サッカーを楽しむ視点が増えることは間違いありません。

     ファンである私たちも応援するクラブのビジネスにかかわることができるのでしょうか? それが今回のテーマです。講師に迎えたのは株式会社Jリーグマーケティング専務執行役員の山下修作(やました・しゅうさく)さん。Jリーグアジア戦略室室長や国際部部長の経験も持つ山下さんが、「私たちにもできること」を伝えてくれました。

    構成=菅野浩二
    協力=一般財団法人スポーツヒューマンキャピタル

    Q. サッカーファンはJクラブに対してどのような形でビジネスにかかわれますか?
    A. 友達を誘って来場したり、ボランティアをすることでもクラブにとって大きな力になります。

    ◆友人や家族をスタジアム観戦に誘うのも立派な貢献

     クラブビジネスの根幹を成すのは、「広告料収入」「入場料収入」「物販収入」の“3本柱”です。サッカーファンの皆さんに、自分たちも楽しみながらクラブの収入増に少しでも貢献しようという思いを持っていただけることは大変ありがたく思います。チケットを買ってスタジアムで試合を見ることでも十分に力になってくださっています。入場料収入という大事な収入の柱に直接かかわっていただいている、ともいえます。

    「年間パス」や「シーズンシート」など呼び方は様々ですが、各クラブともリーグのホームゲーム全試合を観戦できるチケットを販売しています。皆さんにとっては1試合ずつ単券で買うよりも割安という利点があるものです。クラブにとっても、繰り返しお客様に来ていただけるということは大きなメリットとなりますし、まとまった金額が年度の最初に入ってくるというプラス要素があります。ビジネスや営業にかかわっている方ならよくわかると思いますが、一年の前半に可能な限り収益を上げておくと、事業はスムーズに回ることが多いといえます。

     別の方法では、友人や家族をスタジアム観戦に誘う、というアプローチもあります。今、スタジアムを訪れている方々がそれぞれJリーグ観戦未経験の方を一人誘っていただく。それだけで、入場者数は倍になり、チケットの売上も増えます。実際、アンケートの結果によると、初観戦のきっかけは「友人や家族に誘われたから」という回答が多く、スタジアムに1人誘うことは、ファンの拡大に大きく貢献いただいたことになります。

     また、どのクラブも、ホームゲーム開催の際には試合運営のボランティアを募集しています。チケットもぎり、お客様の誘導、チラシなどの配布、イベントの運営補助といった業務は、お客様の目線がよくわかりますし、地域のボランティアの方にお願いしているクラブが多いです。ボランティアという形ですので、原則無償であり、皆さんの協力によってクラブは運営経費を抑えることができています。コストダウンは利益増につながりますから、ボランティア活動によるクラブビジネスへの貢献度も決して小さくありません。

    つづく

    9/15(金) 12:00配信サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00640857-soccerk-socc&p=2

    【Jリーグ観戦のきっかけは?「友人や家族の誘い」が大多数!】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/17(日) 20:26:29.14 _USER9
    G大阪はこのほど、ホームの大阪・吹田スタジアム内にあるVIPラウンジを報道陣に公開した。

    VIPラウンジのチケットは1試合あたり1人2万円(税別、法人対象)。
    目玉は、大阪・箕面市にあるフランス料理店「Franc et elegant(フラン・エレガン)」のオーナーシェフが作った本格フレンチだ。

    メニューは、リピーターにも楽しんでもらえるように試合ごとに変えている。
    公開日のメニューは「丹波産チキンのメダイヨン柚子胡椒の香り」「松茸とスダチのジュレ 帆立貝の炙り真薯」「ポテトクリーム パンプキンモンブラン仕立て」
    「NYチョップドサラダ」「エンジェルシュリンプのチリソース」「葡萄のロールケーキ」の6品。
    こだわりの心配りとして、テラス席で試合を観戦する際に、膝に置いて食事ができるようにフードボックスで提供される。
    パンとスープが付き、赤・白のワイン、ビール、ハイボールなどのアルコールやソフトドリンクが飲み放題となっている。

    314席の高級感あふれるVIPラウンジで絶品フレンチを味わえるだけでもお得で、さらに関西最大級のサッカー専用スタジアムなので、臨場感あふれるテラス席から試合が観戦できる。
    また、試合終了後にはG大阪の選手がVIP客をお見送りするサービスもある。試合開始2時間前から、試合終了1時間後まで滞在できる。
    約5時間も家族や友人、仕事仲間と過ごしたり、接待や商談などで使用することも可能だ。

    G大阪の山内隆司社長(60)は「認知されてきて、お客さんが増えてきた。去年の稼働は36%だったが、今年は50%を超えている。おもてなしのレベルを上げていきたい」と、利用を呼びかけた。

    問い合わせはsponsor@sp.gamba‐osaka.netまで。ぜいたくなひとときを味わってみてはいかがですか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000191-sph-socc
    9/17(日) 19:26配信

    no title

    no title

    no title
     

    【G大阪が2万円VIPラウンジを公開!絶品フレンチ!?】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/17(日) 17:44:32.32 _USER9



    J3のFC東京U-23が長野に1-0勝利 久保のパスから前田のゴールと発表されるもOGに訂正

    FC東京U-23は、17日に江東区夢の島陸上競技場で行われたJ3第23節の本拠地AC長野パルセイロ戦で1-0と勝利。
    勝負を分ける決勝点は、元日本代表FW前田遼一とFW久保建英の“19歳差コンビ”の好連係から生まれた。

    FC東京U-23は前田をはじめ、元日本代表MF米本拓司、トップチームで10番を背負うMF梶山陽平など実力者が先発。久保はベンチスタートとなった。

    試合は両チームとも決定打が生まれないまま後半に突入。
    FC東京U-23は流れを変えるべく、後半22分に梶山に代えて久保を投入。
    するとその12分後、久保が決勝点に絡む働きを見せた。

    後半34分、FC東京U-23が左コーナーキックを得ると、ボールは一度はね返されるも、相手エリア手前でボールを拾った久保がドリブルを開始。
    小刻みなタッチで前に運ぶと、複数の相手選手に囲まれながらも冷静にボールをキープし、エリアに侵入するや否や右横の前田にラストパス。
    前田は寄せてきた相手をかわしてシュートを放ち、相手に当たってゴールが生まれた。

    当初は前田のゴールと発表されたが、すぐにオウンゴールに訂正。久保のアシストは未遂に終わったものの、途中出場で勝利に貢献する働きを披露した。
    試合後、前田は「タケが良いボールをくれて、オウンゴールじゃなくしっかり決めたかったです」と久保を称賛している。

    1981年10月9日生まれの35歳前田と、2001年6月4日生まれの16歳久保という“19歳差コンビ”が活躍し、FC東京U-23が1-0で勝利を収めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010020-soccermzw-socc
    9/17(日) 17:05配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j3/score/j3-score_detail.html?date=20170917&l=J30&id=F2NP
    試合スコア

    【【動画】前田遼一が久保建英を称賛!「タケが良いボールくれた」】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 07:43:48.46 _USER9
    ガンバ大阪が来季の新監督候補の筆頭に、元セレッソ大阪監督のレビークルピ氏(64=ブラジル)を挙げていることが15日、分かった。

    過去3度、C大阪を率いた同氏は、ドルトムント香川らを育て優勝争いの経験もあり、MF堂安ら有望な若手を輩出するG大阪が、戦力の底上げを図るには適任といえる。
    6月からブラジル1部サントスで指揮を執っているが、再び日本で指導することを希望しているといい、
    違約金を支払えばサントス側との契約解除も可能。ブラジル入りしている強化担当者が近く接触する予定だ。

    G大阪は将来的にはJ3G大阪U-23宮本恒靖監督(40)を昇格させる方針で、新監督はその土台作りも任される。
    強化担当者はブラジル滞在中に同じく候補者の元鹿島監督のオズワルド・オリベイラ氏(66)やトニーニョ・セレーゾ氏(62)とも接触する予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00003969-nksports-socc
    9/16(土) 7:36配信

    【ガンバ大阪、新監督に元セレッソ大阪監督に!?】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 21:03:28.40 _USER9
    ■サンフレッチェ広島 1-0 セレッソ大阪 [Eスタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091604/live/live/#live

    [広]フェリペ・シウバ(70分)


    ■FC東京 1-0 ベガルタ仙台 [味スタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091605/live/#live

    [F]チャン・ヒョンス(67分)


    ■横浜FM 1-1 柏レイソル [日産ス]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091606/live/livetxt/#live

    [横]齋藤学(9分)
    [柏]クリスティアーノ(88分)


    ■ヴィッセル神戸 2-0 北海道コンサドーレ札幌 [神戸ユ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091607/live/livetxt/#live

    [神]田中順也(4分)
    [神]渡部博文(22分)


    ■サガン鳥栖 2-1 ヴァンフォーレ甲府 [ベアスタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091608/live/livetxt/#live

    [甲]リンス(7分)
    [鳥]鄭昇炫(65分)
    [鳥]キム・ミンヒョク(90分+5) 
      
      
      
      
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00643249-soccerk-socc 
      
     

    【【J1第26節】神戸が2発快勝!広島が勝ち点3獲得!C大阪は痛恨の黒星...監督交代のFC東京】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 06:50:42.73 _USER9

    20170915-00000208-sph-000-2-view[1]


    J1北海道コンサドーレ札幌MF稲本潤一(37)が、469日ぶりにピッチに帰って来る。
    16日のアウェー・神戸戦に臨むため、15日に札幌をたった遠征メンバーに、稲本が名を連ねた。
    ベンチスタートが濃厚だが、右膝前十字じん帯を断裂するなどした昨年6月4日千葉戦以来となる公式戦出場のチャンスを得た。
    2度の手術を乗り越えた男が、たどり着いた実戦機会で復活の時を待つ。

    完全復活を果たす機会が、ついに来た。昨年6月以来のベンチ入りに、稲本がかける思いを口にした。
    「1年3か月ぶりなので。雰囲気やモチベーションの上げ方なども感じながら、出られる機会があれば勝利に貢献したい」。
    ピッチに立つ時を思い描きながら、準備を整えていく。

    長い道のりだった。千葉戦で右膝前十字じん帯断裂など3か所を負傷。じん帯再建術を受けた。
    リハビリを経て、1月の沖縄キャンプから「開幕戦出場」を目標に掲げて復帰を目指したが、
    2月の熊本キャンプで右膝外側半月板と軟骨を損傷。2度目のメスを入れ、再離脱を余儀なくされた。

    7月に部分合流を果たした際には「もうチームに迷惑をかけたくない」と、踏み出した一歩の喜びよりも、戦力になれないことを悔やみ、早期復帰を目指してきた。
    5度の対外試合を経て、18日の誕生日直前に訪れたチャンスに「ようやくチームに絡めるようになった。
    しっかり結果を出して帰って来られたら」。勝ち点取りという最高の形で、37歳ラスト試合を飾る決意を示した。

    J1での最長連勝は、1998年と2001年の「3」。
    前節の磐田戦で、J1では16年ぶりに連勝したチームの、タイ記録がかかる一戦へ、稲本は「全員が高い意識を持って戦えば、結果はついてくる」と、今季アウェー初勝利だけを見据えた。
    敗れた試合では激しい表現も交え、的確に敗因を指摘する厳しさを持つ反面、普段はいじられ役もいとわない精神的支柱でもある稲本の存在は、3連勝へ、これ以上ない強みになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000208-sph-socc
    9/16(土) 6:04配信

    【コンサドーレ札幌MF稲本潤一が469日ぶりに帰ってくるぞ!】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/16(土) 11:09:23.34 _USER9

    20170916-01644123-gekisaka-000-5-view[1]


     スペイン『マルカ』がJ2の東京ヴェルディに所属するFWカルロス・マルティネスに関し、バルセロナのMFアンドレス・イニエスタの友人が日本でプレーしているとして特集している。

     カルロス・マルティネスは今夏ビジャレアルBから東京Vに加入。スペインでは3部や4部クラブに在籍していたが、バルセロナ下部組織のラ・マシアでイニエスタと同時期にプレーしており、幼少期から親交があったという。

    「私たちはバルサのサッカーを通じて理解し合っている。共通の知人を介して、また友人関係を再開したんだ。彼はいつも私と私のチームを気にしてくれる偉大な友人だ。高いレベルでプレーし、アドバイスをくれる彼のような友人がいて私は幸せだよ」

     イニエスタといい友人関係を築いていると語るカルロス・マルティネス。その良き理解者の近くを離れ、日本でプレーすることを決断した理由については「私は海外での生活を経験したいと望んでいた。この夏に来たいくつかのオファーを検討し、クラブや国の歴史、プロジェクトという点で、東京ヴェルディが最良の選択だと感じたんだ」と話している。

     東京V加入後はリーグ戦9試合で1得点と、本領発揮には至っていない。カルロス・マルティネスは「ここでのサッカーはヨーロッパとは大きく異なる」と適応の難しさを明かしつつも「東京ヴェルディは日本で最も成功したチームの1つだ。クラブとして危機に遭ってJ2に降格したが、私たちはJ1に行きたい。また這い上がり、素晴らしいチームにしたいと思っている」と大きな目標を語った。

     J2第32節終了時点で、J1昇格プレーオフ圏内の6位横浜FCと勝ち点2差の9位につける東京V。第33節は16日に行われ、敵地で横浜FCとの直接対決を迎える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-01644123-gekisaka-socc

    【【スペイン紙】「イニエスタの友人が日本でプレーしている」】の続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2017/09/15(金) 23:48:36.84 _USER9

    20170915-01644113-gekisaka-000-1-view[1]


    Jリーグは15日、アビスパ福岡のFWウェリントンに2試合の出場停止処分を科すと発表した。対象となる試合は17日の第33節熊本戦と、24日の第34節岐阜戦。

     規律委員会は9日に行われたJ2リーグ第32節の福岡対愛媛戦において、ウェリントンの悪質な行為を確認。試合中は警告を受けなかったが、ゴール前のポジショニング争いの際に、相手選手に対して極めて乱暴なひじ打ちをした疑いがあるとして、マッチコミッショナーから報告を受けたことで報告書や試合映像を基に検証したという。

     同委員会はウェリントンにも事実関係を確認。懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は「選手等に対する暴行・脅迫及び一般大衆に対する挑発行為」に該当すると判断し、処分を決定した。

     J1昇格を目指す2位福岡は直近5試合で勝利がない。29試合に出場し、15ゴールを記録していたウェリントンの欠場はチームにとって痛手となる。

    9/15(金) 22:34配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-01644113-gekisaka-socc

    【【Jリーグ】「極めて乱暴なひじ打ち」を確認…2試合の出場停止処分が決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ