サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    Jリーグ

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/17(土) 19:58:34.82
    ECKq21JU8AUsWbL[1]


    清水 0-8 札幌
    [得点者]
    10'チャナティップ(札幌)
    24'ジェイ    (札幌)
    49'進藤 亮佑  (札幌)
    57'鈴木 武蔵  (札幌)
    75'ジェイ    (札幌)
    79'ジェイ    (札幌)
    84'福森 晃斗  (札幌)
    90'チャナティップ(札幌)

    スタジアム:IAIスタジアム日本平
    入場者数:14,340人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/081701/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    641: 名無し@サカサカ10 2019/08/17(土) 16:46:29.17
    ECJ_5hVUwAE3BsB[1]


    神戸

    スターティングメンバー
    GK 18 飯倉 大樹
    DF 33 ダンクレー
    DF 25 大﨑 玲央
    DF 4 トーマス フェルマーレン
    MF 22 西 大伍
    MF 5 山口 蛍
    MF 6 セルジ サンペール
    MF 8 アンドレス イニエスタ
    MF 24 酒井 高徳
    FW 16 古橋 亨梧
    FW 21 田中 順也

    控えメンバー
    GK 1 前川 黛也
    DF 34 藤谷 壮
    DF 44 ジョアン オマリ
    MF 27 郷家 友太
    MF 35 安井 拓也
    FW 13 小川 慶治朗
    FW 9 藤本 憲明

    浦和

    スターティングメンバー
    GK 1 西川 周作
    DF 31 岩波 拓也
    DF 2 マウリシオ
    DF 5 槙野 智章
    MF 3 宇賀神 友弥
    MF 8 エヴェルトン
    MF 9 武藤 雄樹
    MF 16 青木 拓矢
    MF 41 関根 貴大
    FW 30 興梠 慎三
    FW 14 杉本 健勇

    控えメンバー
    GK 25 福島 春樹
    MF 10 柏木 陽介
    MF 27 橋岡 大樹
    MF 29 柴戸 海
    MF 6 山中 亮輔
    MF 7 長澤 和輝
    FW 12 ファブリシオ

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/14(水) 07:45:32.29
    20190813-00210282-soccermzw-000-1-view[2]


    神戸が今夏の新戦力として、ドイツ2部ハンブルガーSVの元日本代表DF酒井高徳(28)を完全移籍で獲得することが13日、分かった。移籍期間の終了が16日に迫る中、手続きなどを経て14日にも正式発表される見込み。複数の関係者によると、年俸は神戸の日本人選手最高額とみられる約1億4000万円(金額は推定)のもようだ。 
      
     早くから獲得を打診され、最大限の評価を与えられたW杯戦士。その熱意に応えるかのように、この日にドイツから帰国した酒井は、神戸市西区のクラブハウスを極秘訪問した。フィンク監督らスタッフにあいさつをし、さっそく顔合わせ。コンディションにもよるが、早ければ17日のホーム浦和戦(ノエスタ)でデビューする可能性もある。

     「外国人の選手が多いので、日本人で質の高い選手を入れることも大事」と話していたフィンク監督にとっては、酒井の加入は理想通りといえる。J1ワースト2位の39失点を喫して15位に低迷している中、守備面の立て直し、そしてアジアNo・1クラブを目指す上で期待を寄せられる28歳。約7年半ぶりに復帰するJリーグの舞台で、培ってきた実力を存分に発揮する。

    8/14(水) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000000-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/13(火) 22:10:08.19
    終盤の決勝点は審判のジャッジにも気を配ったポジション取りから…
    no title


    上田綺世のポテンシャルが凝縮されたゴールだった。J1リーグ22節、ホームに横浜F・マリノスを迎えた鹿島アントラーズは、1対1のまま終盤へ。逆転Vを狙う鹿島にとって勝点3が絶対条件の上位対決で、その才能が87分にベールを脱いだ。  
      
     三竿健斗の浮き球パスを、走り込んだ土居聖真が頭で落とす。上田はフリーの状態でボールを受けた…わけではなかった。バックステップでDFとの距離をとり、小気味よいボディフェイントでDFをくぎ付けにしてフリーの状態を作り上げていた。右足でのシュートはダイレクト。待望の決勝点をサイドネットに突き刺した。

    「今日はオフサイドのジャッジがあやふやで、僕は審判じゃないし、中にいた人間じゃないのでオフサイドだったかはよく分からないけど、そういういざこざがあった中で、自分の1点がそうならないようにというバックステップ。聖真くんからの落としを受ける時にそこに気をつけた」

     鮮烈なプロ初ゴールを本拠地デビュー戦で決めた。

     20節・浦和戦は89分、21節・湘南戦は86分からの出場。わずかな出場時間だったが、サイドに流れてボールを引き出す動きで攻撃を活性化させ、味方に正確なラストパスを送るなど才能の片鱗を見せた。そしてついに本拠地デビュー戦となったこの日、東京五輪世代のエースとして名を馳せる点取り屋の能力を発揮した。

     特長を言い表わすのが難しい選手だ。裏への抜け出しとポストプレー能力の両方を兼ね備え、左右両足だけでなく頭での得点も多い。スピードもあり、試合状況を見極めてサイドに流れる動きや、おとり役としてパートナーのCFの力を引き出す力こともできる。コパ・アメリカでは決定力に不安を残したが、大学サッカー部を退部して鹿島入りし、よりプレー強度の高い環境を選んだことで仕上がっていくだろう。

     万能型ストライカーという点では「高原直泰」に近いタイプかもしれない。どんなプレースタイルの選手とも2トップを組むことができ、味方を生かせる点から「柳沢敦」の名を挙げる鹿島のスタッフもいた。協会スタッフはバネを評価して「久保竜彦」、ある解説者は嗅覚に焦点を当てて「大黒将志」と表現していた。どんな成長曲線を描き、どんなストライカー像が出来上がるのだろうか。
     
     鹿島はリーグ戦だけでなく、ACL、ルヴァン杯、天皇杯のカップ戦3大会を勝ち上がっている。ここにきてCFのセルジーニョを右サイドで起用するオプションにもメドが立ち、上田の出場機会も増えていくことが予想される。

    「僕は結果主義。点を取ってここまで来たので、取れない試合は僕にとってそんなに価値はない。(出場が)5分でも、結果を出すのが僕の仕事」と言い切るストライカーに注目だ。

    8/13(火) 20:32 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00062782-sdigestw-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/13(火) 09:04:18.59
    20190813-00000018-sph-000-4-view[1]


    J1湘南で、2018年2月~19年7月まで、少なくとも3人の選手と2人のスタッフが
    曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)からの暴言などによる精神的苦痛とみられる症状でチームを退団していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。
    Jリーグは同監督が所属選手やスタッフに対してパワーハラスメント(パワハラ)を行っていた疑いがあるとして、
    今月中にもクラブや本人へヒアリングなどによる調査を行うことを決めており、クラブ側は第三者委員会を設置する方針だ。

     曹監督の言動による精神的苦痛から、少なくとも3人の選手と2人のスタッフがチームを去っていたことが判明した。

     複数の関係者によると、3選手はいずれも昨季限りで退団。精神的に追いつめられ、それぞれ別の時期に1~2か月間、練習場に通うことができなくなり、通院して治療を受けた。
    同監督の高圧的な態度や罵倒行為が原因だったとされる。
    スタッフ2人も同監督から「どれだけ無能なんだ」などといった人格否定の言葉を受け、メンタル面の異常を訴えてシーズン中にチームを離れた。
    指揮官が視界に入るだけで吐き気を催したり、過度なプレッシャーから公式戦の試合前に嘔吐(おうと)してしまう選手もいたという。

     昨オフに16人もの選手が一斉に退団したが、中には指揮官の指導方法に疑問を感じたことが理由の選手も多くいたという。
    他クラブに移籍した選手の1人は、スポーツ報知の取材に「ベルマーレのことが好きでも、監督の言動に耐えられず、チームを去らなければいけない選手はたくさんいる。
    仲間が罵倒されているのを見て心が痛まない選手なんていない」と証言した。
    (中略)
     チームは13日からJ1第23節鳥栖戦(17日・BMWス)に向けて再始動する。当初公開予定だった練習は非公開に変更となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000018-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/11(日) 19:59:48.03
    20190811-00010024-goal-000-5-view[1]


    C大阪 1-2 鳥栖
    [得点者]
    19'奥埜 博亮 (C大阪)
    88'林 大地  (鳥栖)
    90+5'豊田 陽平(鳥栖)

    スタジアム:ヤンマースタジアム長居
    入場者数:27,571人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/081101/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/11(日) 07:58:48.34
    GettyImages-874463514-800x533[1]


    ドイツ2部ハンブルガーSVに所属する元日本代表DF酒井高徳(28)の神戸移籍が秒読み段階まで進んでいることが10日、分かった。複数の関係者によると、酒井は一両日中に帰国予定。交渉は最後の詰めを残すだけになった。

     神戸の“ラストピース”加入が間近に迫った。酒井高と神戸との交渉期限が10日前後に設定されていた中、複数の関係者によると酒井は近日中に帰国予定。最後の詰めを行う段階になったという。

     今季はリーグ開幕から2試合連続でベンチ外。昨季ブンデスリーガ1部昇格を逃したハンブルガーSVではサポーターを含めて戦犯扱いを受け、放出要員となっていた。当初は酒井本人も海外でのプレー継続を望み、トルコやスペインなど他クラブから興味を示されていた。一時は消滅危機となりながら、昨冬からオファーを出していた神戸の熱意が冷めることはなく、一気に最有力候補になった。

     攻撃陣は元スペイン代表MFイニエスタや同FWビジャら豪華な顔ぶれをそろえる一方、リーグワースト2位の39失点を喫している。守備陣の立て直しが急務な中、今夏は元ベルギー代表DFフェルマーレンや元鳥栖DFオマリを獲得。そこに両サイドバック、そしてボランチもできて2度のW杯に出場した酒井の経験が加われば、J1残留へ向けて大きな戦力だ。

     Jリーグの夏季移籍市場は16日で締め切り。移籍が成立すれば、11年1月からドイツで戦ってきた酒井にとっては8年ぶりのJリーグ復帰となる。

     ◆酒井 高徳(さかい・ごうとく)1991年(平3)3月14日生まれ、米ニューヨーク出身の28歳。日本人の父親とドイツ人の母親の間に生まれ、2歳時に新潟県三条市へ。10歳でサッカーを始め、新潟ユースからトップに昇格し、08年にJデビュー。12年1月から期限付きで移籍したドイツ1部シュツットガルトでプレーし、13年1月に完全移籍。15年からハンブルガーSVに所属。国際Aマッチ42試合無得点。1メートル76、74キロ。利き足は右。

    8/11(日) 5:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000003-spnannex-socc

    続きを読む

    260: 名無し@サカサカ10 2019/08/11(日) 01:54:23.90
    DkUl4GuVAAAUkTN[1]


    神戸
    FW古橋亨梧の獲得にオランダ1部フローニンヘンとAZが乗り出していることが分かった。関係者によると両クラブは遅くとも週明けには正式オファーを提示する予定で、そこから本格交渉が始まる見通し。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/02(金) 20:59:08.83
    EA9qFuXVUAATjZb[1]


    神戸 1-2 G大阪
    [得点者]
    08'倉田 秋       (G大阪)
    53'パトリック      (G大阪)
    79'アンドレス イニエスタ(神戸)
    84'増山 朝陽      (神戸)

    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:21,276人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/080201/live/#live 










    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/01(木) 20:41:14.974
    GettyImages-844792022-800x450[1]


    1位 FC東京 勝ち点42
    2位 マリノス 勝ち点39
    3位 川崎 勝ち点38
    4位 鹿島 勝ち点38

    昨日だか一昨日ようやく全チーム20試合消化した時点での順位
    川崎が広島に負けて勝ち点取れなかった

    続きを読む

    このページのトップヘ