Jリーグ

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/22(木) 06:03:23.62 _USER9

    20170622-00000023-sph-000-4-view[1]

    現在J1で17位とJ2降格圏に沈む広島が、6月末でG大阪との契約が切れるブラジル人FWパトリック(29)を獲得することが21日、分かった。

    広島は現在12得点と得点力不足に泣かされており、J1残留の救世主として期待。近日中にも獲得が正式に発表され、広島でのデビューは夏の登録期間となる7月下旬になりそうだ。

     複数の関係者の話を総合すると、14年から今季までG大阪でプレーするパトリックの広島加入が決定的となった。6月末にG大阪との契約が満了するため、J2も含めて複数のチームが獲得に動いていた。

     広島の今季の助っ人外国人はMFミキッチ、フェリペ・シウバ、FWアンデルソン・ロペスの3人でスタート。リーグでは14位タイの12得点と攻撃陣が不振。当初は韓国人を中心としたアジア枠の選手獲得を目指していた。だが、諸条件などで折り合わず、方針を転換。

    J1で96試合30得点と抜群の実績を誇るブラジル人FWの獲得に急きょ乗り出し、4人目の外国籍選手(今季からJリーグは5人まで外国籍選手の保有が可。ベンチ入りと出場は外国籍3人、アジア枠またはJ提携国1人の4人まで)を獲得した。デビューは7月下旬予定だ。

     昨年10月に右前十字靱帯(じんたい)損傷、右外側半月板損傷で全治8か月の重傷を負ったFWは、今季はG大阪と半年契約を締結。今月1日には6月いっぱいでの契約満了が発表され、「チームを去ることはさみしいですが、サッカー人生では起こりえること」とコメント。

    家族も含め、親日家のブラジル人は引き続きJリーグでのプレーを希望し、オファーを待っていた。13年にもシーズン途中で甲府に加入し、5得点でJ1残留に貢献した残留請負人に期待がかかる。

     広島は元日本代表DF塩谷司のUAE1部アルアイン移籍が決定。守備面ではDF丹羽(G大阪)獲得にも動いている。Jで実績のあるパトリックが17位と不振にあえぐチームを救う。

     ◆パトリック(アンデルソン・パトリック・アギアル・オリベイラ) 1987年10月26日、ブラジル・マカパ生まれ。29歳。バスコ・ダ・ガマ、アトレチコ・ゴイアニエンセなどを経て2013年に川崎に加入。その後、甲府、フォルタレザでプレーし、14年にG大阪に加入した。J1通算96試合30得点。J3通算3試合1得点。今季はJ1、J3ともに1試合出場無得点。14年Jリーグベストイレブン。189センチ、82キロ。 
      
     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000023-sph-socc 
      

    【サンフレッチェ広島、G大阪パトリック獲得!低迷中。J1残留切り札に】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/22(木) 00:59:03.44 _USER9
    [6.21 天皇杯2回戦 札幌2-5いわきFC 札幌厚別]

     天皇杯の2回戦が21日に行われた。札幌厚別公園競技場ではいわきFC(福島県1部)がJ1の北海道コンサドーレ札幌を延長戦の末に5-2で勝利した。7月12日に行う3回戦は清水エスパルスとの対戦になる。

     今季は5年ぶりにJ1を戦う札幌だが、リーグ戦は苦戦。現在5連敗中で降格圏手前の15位と厳しい戦いが続いている。リーグ戦の合間の天皇杯はメンバーを大幅に変更。17日の鹿島戦からDF福森晃斗以外の10人を変更。MF小野伸二や若手選手がスタメンに並んだ。

     一方の福島県社会人リーグ1部(7部相当)のいわきFCは、県予選決勝でJ3の福島ユナイテッドFCを撃破。株式会社ドーム(アンダーアーマー、DNS)の全面サポートを受けて成長を続ける強化2年目の新興クラブが、J1に挑戦した。怪我から復帰したDF山崎海秀が先発するなど、現状のベストメンバーが組まれた。

     試合開始直前に降り出した雨も徐々に強さを増して行き、選手たちの戦いを難しくさせた。ただやはりと言うべきか、ボールを保持して試合を進めたのは札幌だった。しかし前半8分の小野のFKからMF菅大輝が狙ったミドルシュートはGK坂田大樹の好セーブに阻まれる。同33分には小野のCKを上原がヘディングで合わせたが、MF植田裕史にライン上でかき出された。

     いわきFC側から見れば、我慢の展開になった。時折カウンターからチャンスを作るものの、前半11分のFW平岡将豪のシュートが大きく枠外に外れるなど、精度を欠いてしまう。終了間際のアディショナルタイム2分にはCKから平岡がヘッド、そして跳ね返りを山崎が強烈シュートで押し込むが、ゴールネットを揺らすことは出来なかった。

     後半開始から両チームが動きを見せる。札幌は小野に代えてFW金園英学、いわきは前半動きの悪かったFW吉田知樹を下げてFW小野瀬恵亮を投入。さらにいわきは同10分にFW高柳昂平を下げてFW菊池将太をピッチに送り込む。両チームが前線の構成を変えて、勝負の後半に臨んだ。

     しかしスコアはなかなか動かない。札幌は後半25分、浮き球パスでDFの裏に抜けた金園がゴールネットを揺らしたが、わずかにオフサイド。札幌が押し込みながらも、いわきのゴールを割れない展開で試合は進む。すると同31分、左サイドからボールを持ち込んだいわきFCは、MF金大生のシュートがオウンゴールを誘発。ついに均衡を破った。

     ただ一度動きを見せた試合はここからすごい展開になる。意地を見せたい札幌は後半38分の内村のヘッドはGKの好セーブに阻まれたが、同45分、ゴール前の混戦をヘイスが押し込み同点に追いつく。しかし同アディショナルタイム4分、今度はいわきがFKから金が押し込んで勝ち越しに成功。勝負は決したかと思われたが、札幌が直後のプレー、ラストプレーでヘイスがこの日2点目を決めて追いつき、延長戦にもつれ込ませた。

     体力勝負となった死闘。しかしこの展開は、日本のフィジカルスタンダードを変えることをチームコンセプトに掲げるいわきFCにとってはお手の物だった。延長前半8分、クロスボールからエリア内で札幌の選手のハンドを誘発。これで獲得したPKを平岡が豪快に蹴り込み、3度目のリードを奪う。直後の菊池のシュートはわずかに左に外れたが、J1の札幌を押し込み続けた。

     さらに延長後半9分、いわきFCはカウンターからボールを持ち込むと、菊池が左足でループシュートを決めて勝利を決定づける。同15分には小野瀬がダメのダメを押す得点を記録。世界的に見ても例を見ない独創的な強化を進める強化2年目のいわきFCが、J1相手に驚異の5得点を記録して、3回戦進出を決めた。3回戦の相手な清水エスパルスとなる。

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?219381-219381-fl

    JFA公式
    http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/match_page/m27.html

    トーナメント表
    no title
     
      
     

    【【天皇杯】7部相当いわきFCの快進撃はまだまだ続く!J1札幌相手に驚異の5発】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/21(水) 06:12:00.93 _USER9
    J1暫定首位に立つ柏が全北現代の韓国代表MF金甫ギョン(キムボギョン=27)を完全移籍で獲得することが20日、分かった。
    関係者によると、交渉は既に基本合意に達しており、今月中に来日する見通し。

    リーグの第2登録期間が開く7月21日以降に登録される予定で、早ければ7月30日のアウェー仙台戦でデビューする。

    金甫ギョンは主に攻撃的MFを務めるレフティーで、スピードと技術を兼ね備える。10年にJ2大分でプロデビューし、11、12年はC大阪で活躍。
    13~14年にはプレミアリーグのカーディフに在籍した。15年に所属した松本では故障もあり6試合無得点に終わったが、16年は全北でACL優勝に貢献。
    クラブW杯では2得点を記録した。韓国代表として国際Aマッチ通算35試合4得点。3月にシリア、中国とのW杯アジア最終予選に臨んだメンバーにも選出された。

    今季の柏は15節終了時点で10勝1分け4敗の暫定首位。17日の甲府戦に0―0で引き分けて連勝が8で止まったものの、好調を持続している。
    2列目のポジションではMF中川寛斗(22)、MF武富孝介(26)らが攻守に豊富な運動量を見せて貢献しているが、
    フロント側は更なる飛躍にはチーム内競争の活性化が不可欠と判断。

    5月に右膝全十字じん帯を断裂したFWドゥドゥ(21)の今季中の復帰が絶望的なこともあり、
    11年以来のリーグ制覇に向けて、緊急補強に動いた。

    6/21(水) 5:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000009-spnannex-socc

    写真
    no title

    【柏レイソル、韓国代表キム・ボギョン獲得へ 来月30日デビュー?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/21(水) 11:57:47.82 _USER9

    20170620-00000016-kyt-000-1-view[1]

    J2京都サンガFCの2016年度決算がこのほど発表され、当期純損失が2億8400万円と、6期ぶりの単年度赤字となった。大型補強によるチーム人件費の増加が要因。

     営業費用は20億800万円。J2に降格した11年度以降では最高額だった。うち人件費は前年度比21・2%増の9億6500万円で、J1に昇格したC大阪、清水に次ぐリーグ3番目の額だった。

     営業収益は17億4300万円。オーストリアのザルツブルクに完全移籍した奥川雅也らの移籍金収入が多かった15年度を除き、08年度から減少傾向にある。広告料収入は11億2200万円で、08年度の7割に落ち込んだ。入場料収入は有料入場者数の増加に伴い、15年度比3・6%増の2億円と、3期ぶりに伸びた。

     赤字は10年度以来。16年度に赤字だったJ1、J2の8クラブで最高額だった。5期連続の黒字で減らしていた累積損失は、9・3%増の33億4200万円と再び膨らんだ。

    http://kyoto-np.jp/sports/article/20170620000062

    【J2京都サンガ、大型補強で6期ぶり赤字!2016年度決算】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/22(木) 13:39:35.75 _USER9

    20170622-00218208-footballc-000-1-view[1]


    6/22(木) 10:00配信
    フットボールチャンネル

    マンチェスター・ユナイテッド退団が有力視されるズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

    数々のタイトルを手中に収めてきたモンスターFW
    ズラタン・イブラヒモビッチ

    【最終所属】マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

    5位本田、4位原博実、1位は…日本代表歴代得点ランキングトップ5

     ヨーロッパ各地で所属クラブをタイトルに導いてきた大エースはこの夏、フリーとなる。契約延長オプションを持っていたユナイテッドが、長期離脱中の同選手をクラブに残さないことを決めたためだ。

     オランダ、イタリア、スペイン、フランスでほぼ毎年のようにリーグ優勝を経験している35歳のベテランFWは、昨年夏に加入したユナイテッドでもチームの中心選手として前線に君臨した。ジョゼ・モウリーニョ監督もシーズン中から契約延長を断言していたほどだ。しかし、4月20日に右膝を負傷して状況が一変。年内の復帰も難しいのではないかといわれる重傷で、来季の前半戦も戦力にカウントできない見通しとなり、1年でプレミアリーグを去る。

     イブラヒモビッチの次の舞台は大きな注目を集めるが、フリーになったからといって獲得を狙うクラブがすぐに飛びつけるものではない。平凡なクラブではまず彼が満足する給与を支払えない。その問題をクリアできたとしても、復帰時期は不透明。ピッチ上でかつての姿を取り戻せるという約束もない。そういった意味でビッグクラブが二の足を踏むのは仕方のないことだろう。現時点では古巣マルメ復帰やMLS行きが有力視されている。

    何かとお騒がせな“スーパー・マリオ”
    マリオ・バロテッリ

    【最終所属】ニース(フランス)

     イタリアの悪童は昨年夏にニースと契約して、復活の兆しを見せるシーズンを過ごした。才能を磨き損ねた『スーパーマリオ』は、まだ26歳である。

     デビュー当時、将来的に世界最高レベルのFWになると期待を集めたバロテッリは、自らの素行の悪さも影響して近年は活躍できなかった。しかし、昨年夏にニースと契約すると、2016/17シーズンはリーグアン23試合に出場して15ゴールを記録。復活への足がかりをつかんでいる。

     最近ではマルセイユが関心を示しており、フランスにとどまる可能性も浮上したと伝えられているバロテッリ。来年のワールドカップを意識していると考えると、欧州から出ることは考えにくいかもしれない。それでも、2013年に米誌『タイム』の「世界で最も影響力のある100人」にサッカー界から唯一選出された男がやってくれば、そのクラブはたちまち世界中から注目を集めるはずだ。

    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00218208-footballc-socc&p=1
    【ポドルスキに続く大物来日?今夏Jリーグでも0円で獲得可能な名手たち!イブラ、ペペ、カシージャス、本田】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/21(水) 06:16:15.10 _USER9
    鳥栖の元U―23日本代表MF鎌田大地(20)が、今夏にドイツ1部フランクフルトに移籍する可能性が高いことが20日までに分かった。
    フランクフルトは既に推定2億円の移籍金を用意し、正式オファー。

    海外志向の強かった鎌田も移籍に前向きで、日本代表MF長谷部誠(33)も所属するチームで海外に初挑戦することになりそうだ。
    鳥栖の関係者によれば、フランクフルトは鎌田を「才能あふれる20歳」とほれ込み、移籍は秒読み段階という。

    鎌田は高卒1年目の15年シーズンから活躍。2年目の昨季、イタリア人指揮官のフィッカデンティ監督が就任すると、その才能が一気に開花した。
    もともと持っていた高い技術にハードワークも加わり、いまや元日本代表MF中田英寿の再来との呼び声も高い。

    昨年のリオ五輪メンバーからは最終的に外れたが、その才能は日本代表のハリルホジッチ監督も認めているという。

    フランクフルトのほかに、同じドイツ1部のブレーメンなども興味を示していたというが、
    海外初挑戦の鎌田にとって、日本代表のキャプテンも務めている長谷部は頼もしい存在となりそう。

    5月には一般女性との結婚も発表。近い将来の日本代表入りも期待される若き逸材の、海を渡る瞬間が近づいてきた。

    6/21(水) 5:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000133-spnannex-socc

    写真
    no title

    【サガン鳥栖の鎌田大地、ドイツ1部フランクフルトが正式オファー!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/21(水) 22:01:18.66 _USER9

    20131027-2[1]

    第97回天皇杯全日本サッカー選手権は21日、各地で2回戦を行った。J1、J2の全40チームもこのラウンドから登場したが、J1の4チームが敗れる波乱が起きた。

     ベガルタ仙台は関東大学リーグ首位の筑波大と対戦し、2-3で敗れた。先制した筑波大は一度は逆転されながらも、後半20分にCKからFW中野誠也が同点ヘッド。同28分にはMF三笘薫がこの日2点目となる勝ち越しゴールを決め、再逆転した。

     ヴァンフォーレ甲府はJFLのヴァンラーレ八戸に0-1で敗戦。北海道コンサドーレ札幌も福島県1部リーグのいわきFCに延長戦の末、2-5で敗れた。

     FC東京はJ3のAC長野パルセイロと対戦。1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦の末、PK4-5で敗れた。

     J2勢では、下位カテゴリーと対戦したチームのうち京都サンガF.C.がJ3のアスルクラロ沼津に0-1で敗れ、初戦敗退が決まった。

    広島 3-2 鹿児島 [福山]
    札幌 2-5(延長)いわきFC [札幌厚別]

    仙台 2-3 筑波大 [ユアスタ]
    山形 1-0(延長)長崎 [NDスタ]

    鹿島 5-0 FCマルヤス岡崎 [カシマ]
    水戸 1-2(延長)熊本 [Ksスタ]

    浦和 3-2 盛岡 [浦和駒場]
    大宮 3-0 tonan前橋 [NACK]

    千葉 1-0 東京V [フクアリ]
    柏 1-0 ブリオベッカ浦安 [柏]

    FC東京 1-1(PK4-5)長野 [味スタ]
    町田 2-4 大分 [町田]

    川崎F 2-0 栃木ウーヴァFC [等々力]
    横浜FM 3-1 FC大阪 [ニッパツ]

    湘南 1-0(延長)国士舘大 [BMWス]
    甲府 0-1 ヴァンラーレ八戸 [中銀スタ]

    松本 4-0 MD長崎 [松本]
    新潟 2-1(延長)バンディオンセ加古川 [デンカS]

    金沢 2-0 横浜FC [石川西部]
    清水 4-1 北九州 [アイスタ]

    磐田 2-2(PK5-4)Honda FC [ヤマハ]
    名古屋 6-0 SRC広島 [パロ瑞穂]

    京都 0-1 沼津 [西京極]
    G大阪 3-0 ヴェルスパ大分 [吹田S]

    C大阪 2-0 新潟医療福祉大 [金鳥スタ]
    神戸 3-1 富山 [神戸ユ]

    岡山 0-0(PK5-3)FC今治 [Cスタ]
    山口 1-2 群馬 [維新公園]

    徳島 0-3 岐阜 [鳴門大塚]
    愛媛 2-1 讃岐 [ニンスタ]

    福岡 4-2 宮崎産業経営大 [レベスタ]
    鳥栖 3-0 松江シティFC [ベアスタ]

    ゲキサカ 6/21(水) 21:53配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01641102-gekisaka-socc 
     

    【【天皇杯】J1チームが学生や社会人に敗れるwwwwwFC東京、仙台、甲府、札幌…】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/20(火) 23:00:41.28 _USER9

    6/20(火) 21:35配信
    スポーツ報知

    花束を受け取り笑顔のチャナティップ
    no title


     J1札幌へ加入する、タイ代表MFチャナティップ(23)が20日、同国から来日し、札幌入りした。新千歳空港でファンら100人の出迎えを受け、「歓迎してもらえてうれしいよ」と笑顔を見せ「アリガトウ」と日本語であいさつした。

     21日から、練習場のある札幌・宮の沢でトレーニングを開始する。「みんなとドンドン一緒にやっていって、状態を良くしていきたい。10アシストはしたいね」。まずはJリーグの登録期間となる7月21日まで、日本のサッカーに順応しながら、定位置取りを狙う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000128-sph-socc
    【タイのメッシがきたあああああああ!タイ代表チャナティップが来日】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/20(火) 21:29:25.20 _USER9

    20131027-2[1]

    Jリーグは20日、東京都内でJ1、J2、J3の各実行委員会を開き、来季からJ1とJ2の入れ替え戦を10年ぶりに復活させる方針を固めた。
    複数の関係者によると、J2の3~6位がトーナメント方式で争い、勝者がJ1の16位に挑戦する形式が有力。今後、理事会で決定する。

     J1の17、18位の自動降格とJ2の1、2位の自動昇格は維持する。2012年にJ2の3~6位の4チームで争う昇格プレーオフを導入して以降、
    プレーオフで昇格したクラブは全て1シーズンでJ2に落ち、実力差が指摘されていた。

    https://this.kiji.is/249866567380518391?c=39546741839462401

    【来季からJ1とJ2の入れ替え戦を10年ぶりに復活!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/06/20(火) 15:53:14.62 _USER9

    20131027-2[1]

    ▽レノファ山口FCは20日、アルゼンチン人MFマルセロ・ビダル(24)の加入合意を発表した。背番号は「24」。今後、メディカルチェック終了後に本契約を結び、22日のトレーニングから合流する。

    ▽マルセロ・ビダルは、インデペンディエンテでプロキャリアをスタートさせた後、オリンポといったアルゼンチン国内のクラブでプレー。2016年からボリビアのブルーミングに所属していた。

    ▽7月23日に行われる明治安田生命J2リーグ第24節のファジアーノ岡山戦から出場可能となるマルセロ・ビダルは、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

    「レノファ山口FCに来ることができてとても嬉しいです。勝利に貢献できるよう、全力でプレーしますので応援よろしくお願いします」
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=280289

    【【Jリーグ】マルセロ・ビダルの加入合意を発表!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ