サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外選手

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/04(金) 23:06:13.88 _USER9
    日本サッカーがより発展を遂げていくためには何が必要か。Jリーグでプレーする外国籍選手にヒントを聞く企画“外国籍J戦士に聞く強化への道筋”の第2回は、名古屋グランパスのブラジル人FWジョーが登場する。

     名門・コリンチャンスの育成組織出身で、元ブラジル代表の肩書きを持つ世界屈指のストライカーは初挑戦のJリーグで何を感じているのか。サッカー王国ブラジルの文化や育成方法、そして今後のJリーグに求められる要素について語ってもらった。

    ■ブラジルと日本の違いは“感情”

    ――今季から名古屋に加入しました。来日前、日本のサッカーについてどんなイメージを抱いていましたか?
    ジョー 自分の中ではスピード感のあるサッカー、そして全員がよく走るというイメージがありました。ただ、各選手のクオリティに関しては正直それほどでもないだろうと思っていたので、多くの選手のクオリティが高いことにすごく驚きました。

    ――ジョー選手が昨季までプレーしていたブラジル全国選手権と比べると、Jリーグはより集団で戦うイメージがあります。実際にプレーしてみていかがですか?

    ジョー まずブラジルと日本では“感情”に違いがありますね。ブラジルの選手はとにかく競り合いや勝利に対する意欲が強い。日本人と比べて感情をむき出しにしながらプレーしているんです。感情を表に出すという部分に関して、Jリーグにはちょっと物足りなさを感じますね。ただ、Jリーグがすごいのは、どの選手も技術が高く、平均してみんなうまいところですね。そこは実際にプレーしていて感じる一番の違いです。

    ――Jリーグで新たに学んだことはありますか?

    ジョー “動き”ですね。ただ動くのではなく、どんな意味を持って動くのか。そこを学んでいます。ブラジルではどちらかと言うとボールを持ってから何をするかがメインだったのですが、日本の場合はその前に動くということがすごく大事になってくる。そこは今後のプロ生活にとって、すごく勉強になっている部分です。

    ――ピッチ上で足りないと感じる部分はありますか?

    ジョー 一つ挙げるとすれば詰めの弱さ。守備の局面で相手に詰める時はもっと詰めていかないといけない。それと個の競争心をより高めていくことも必要かもしれないですね。日本の選手は両足を使えるし、技術があってパスがうまくてスピード感もある。競争心が高まれば、Jリーグはこれからもっと成長するはずです。

    ――Jリーグが世界を代表するリーグになるために、今後どんなことが必要でしょうか?

    ジョー Jリーグではみんなが何度も何度も同じプレーをしますが、ブラジルでは一つのプレーを毎回違う形で見せることが求められる。いわゆるアドリブ力や対応力です。毎回同じ方向に進むのではなく、いろいろなことにトライすることが大事だと思います。チャレンジ精神を高めていけば、世界から注目を浴びるし、Jリーグがどんなリーグなのかが世界に広まるはずです。

    2018年5月4日 18時0分サッカーキング
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14669729/

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/04(金) 19:47:40.91 _USER9
    アーセナルOBマーティン・キーオン氏が、MFメスト・エジルを批判している。

    ヨーロッパリーグ(EL)準決勝で、アトレティコ・マドリーと対戦したアーセナル。ファーストレグは1-1で終え、3日に敵地「ワンダ・メトロポリターノ」でのセカンドレグに臨んだ。



    突破のためには最低でも1ゴールが必要だったが、アトレティコの強固なブロックに苦戦。前半終了間際にFWジエゴ・コスタにゴールを許すと、最後まで得点を奪えず0-1で敗戦。2試合合計スコア1-2で、準決勝敗退となった。

    試合後、アーセナルで300試合以上に出場したキーオン氏は、『BT Sport 』でこの試合に先発したドイツ代表MFを批判している。

    「適切なパフォーマンスではないね。すべてを出し切っていない。まだ多くのものを隠しているよ。誰かがそれを見つけるかもね」

    そして、今季限りでアーセン・ヴェンゲル監督が退任するアーセナルにとって、エジルは大きな問題になると語っている。

    「新たな指揮官が来るかどうかわからないが、これは大きな問題になるだろう。(アーセン)ヴェンゲルは彼に大きな額を投資しているが、それに相応しいパフォーマンスをみせていない」

    「彼は今夜、このシャツを着るに値しなかった。今シーズン、そんな場面は何度も見てきたよ。我々は彼にさらなる期待をしているので、その問題は掘り起こす必要がある。だから、言わなければならないんだ。(エジルは)ワールドカップの勝者だ。選手はウソ泣きしているように思えたよ」

    5/4(金) 13:03配信 ゴール
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000009-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/04(金) 16:19:14.28 _USER9
    J1神戸、ポドルスキが全治8週間 左腓腹筋肉離れでドイツへ一時帰国
    5/4(金) 16:11配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000087-dal-socc

    ヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキ
    no title


    J1神戸は4日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が神戸市内の病院で検査を受けた結果、左腓腹筋肉離れで全治8週間と診断されたと発表した。ポドルスキは治療のためドイツに一時帰国する。

    ポドルスキは2日のFC東京戦の前半31分に負傷交代していた。

    続きを読む

    78: 名無し@サカサカ10 2018/05/02(水) 21:07:34.67
      
    1c8d1b88-s

      
    磐田のギレルメ、退場後にキックとパンチの大暴れ






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/01(火) 15:02:02.25 _USER9
    スペイン代表MFイニエスタ
    no title


    ■バルサからの退団発表、「相手に囲まれるイニエスタ」がネット上で話題に

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは27日、涙の記者会見でバルセロナからの退団を発表した。多くの人がバルサとの別れを惜しむなか、ネット上では「Iniesta surrounded」(囲まれたイニエスタ)として、複数の相手選手に囲まれるイニエスタの写真だけを集めたサイトが話題になっているという。ポルトガルメディア「bancada」は日本の人気漫画キャプテン翼を引き合いに、「キャプテン翼のように囲まれるイニエスタ」と記してスペイン人MFの偉大さを伝えている。

    【写真】まるで「キャプテン翼」と話題…驚愕必至! 天才MFイニエスタ、伊代表の5選手に囲まれている決定的瞬間
    no title

    no title

    no title


     バルサ退団会見で「チームメイトに感謝を伝えたい。バルセロナは僕に全てを与えてくれた。ここで22年間を過ごし、それは誇りに思うもの」と涙ながらに感謝の意を述べ、同僚のFWリオネル・メッシ、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督らから惜別メッセージが続々と届いている。

     そんななか、「囲まれるイニエスタ」というサイトが作られ、複数の相手選手に囲まれるイニエスタの様子を捉えた写真が並び、話題になっているという。

     ポルトガルメディア「bancada」では、元アルゼンチン代表の英雄MFディエゴ・マラドーナとの類似点を挙げ、「イニエスタはマラドーナやキャプテン翼のように対戦相手に“恐怖”を呼び起こす」と言及。さらに話題のサイトについても触れ、「キャプテン翼のような選手のイニエスタ」と記している。
    .
    ■卓越したテクニックを絶賛…「キャプテン翼を思い出させる」

     そのサイトでは、相手に囲まれながらもボールをキープするイニエスタの写真がズラリと並ぶ。バルセロナとスペイン代表でプレーしたもので、イニエスタを囲む相手はイタリア代表やチェコ代表、クロアチア代表、ユベントスの一流選手ばかりだ。

     記事では「イニエスタは相手からボールを隠す方法を知っており、何人もの選手が彼から無理矢理にでもボールを奪取しようとした」と卓越したテクニックを絶賛。さらに、囲まれながらもボールを奪われない姿について、「日本の人気マンガの主人公(キャプテン翼)が、多くの相手に囲まれている姿を思い出させる」と指摘している。

     天才イニエスタの卓越したボールコントロールを切り取った写真は、一目見れば驚くものばかり。残りわずかとなったバルセロナでの試合をはじめ、スペイン代表で再び“囲まれるイニエスタ”の姿が見られるだろうか。

    5/1(火) 9:31
    Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180501-00101110-soccermzw-socc&pos=2

    続きを読む

     名無し@サカサカ10 2018/04/27(金)

    20180427-00010005-goal-000-4-view[1]


     バルセロナのMFアンドレス・イニエスタが、今季限りでの退団を発表した。

     イニエスタはチームメートや家族が見守る中、目に涙を浮かべながら、「この会見は、これが僕にとって最後のシーズンであることを伝えるためのものだ」と話し始めた。

     仲間や家族、クラブへの感謝を口にしたイニエスタは「クラブは全てを与えてくれた。ずっとこのクラブにいられて幸せだった。22年間をここで過ごし、誇らしく思っている」と述べている。

     一方で将来について問われると、具体的なことは明かさなかった。それでも、「いつも言っているけど、バルセロナと対戦するところには行かない。ヨーロッパの外だ。シーズンの終わりに明らかになるだろう」と話している。

     イニエスタはバルセロナの下部組織で育った生え抜きの選手。リーガエスパニョーラ8回、チャンピオンズリーグ4回を含む32個のメジャータイトルを獲得し、FWリオネル・メッシとともにバルセロナで最も多くのトロフィーを手にした選手となっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00267274-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/26(木) 21:37:41.10 _USER9
    <日本人の決定力を考える(3)>

    今季名古屋グランパスに加入した元ブラジル代表FWジョー(31)は、昨季のブラジル全国選手権で優勝し、自らは得点王とMVPを獲得した。
    サッカー王国からやって来た助っ人は、日本のストライカーの弱点をチクリと突いた。

    シンプルな答えだった。1月に来日したジョー。新天地で練習、試合を重ねるうちに気がついた。
    「とにかく練習が足りない」。世界的なストライカーから見て、日本人の決定力不足の原因は明らかだった。

    Jリーグの多くのクラブで1~2時間の全体練習後、個人的に居残り練習を行っている。FW陣はシュート練習をすることがほとんど。
    だが、毎日欠かさずやる選手、クラブばかりとは言えない。ジョーもそれを感じていた。
    「バスケットボールと一緒。繰り返しシュート練習をすれば質は高まってくる。細かいところを練習していけばもっとベストを尽くせると思う」。

    ブラジルで得点王に輝いた男はどのような練習をしていたのか。「試合が多いので、全体練習はあまり激しくない。残って選手が自分たちで質を高める練習をする」。
    ただ黙々とシュートを打てば質が高まるわけでもない。「コーチ陣がDFの役割をしてくれる」といい、プレッシャーを受けた状況でワンツーパスを入れたり、
    DFを背負いながらかわしてシュートするといった、実戦に近い形で技術を磨いていく。日本の場合、居残り練習はフリーでシュートを打つ形が多く、量、質ともサッカー王国に及ばない。

    ブラジルでは体が出来上がった高校生世代から軸足の置き方や体の位置、使い方、ポジショニングを教わる。それを居残りで練習で、体に染み込ませる。
    その習慣はプロになっても変わらない。「名古屋でも何人か残ってフィニッシュの練習をしているけど、毎日毎日クセをつけていかないと。そうすればもっとパーフェクトになるはず」。

    練習を積む以外に日本はどうすれば世界相手に点を取れるのか。「スピードを生かすこと。スピードを使ってニアサイドを狙ったり、相手より1歩前に出ればゴールを決められる」。
    ジョーの意見はまたもシンプルだった。長年言われる決定力不足。改善の道は身近なところにあるのかもしれない。【小杉舞】

    4/26(木) 7:53配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00190274-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/26(木) 21:13:50.47 _USER9

    20180426-00748657-soccerk-000-1-view[1]


    プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)で目覚ましい活躍を続けるリヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに対して、新たな栄誉が与えられるようだ。サウジアラビアの政府系ニュースサイト『Sabq』の報道を引用して、スペイン紙『ラ・バングアルディア』が25日に伝えている。

     報道によると、ムスリム(イスラム教の教徒)で知られるサラーの活躍を称え、イスラム教の聖地メッカの土地の一部が同選手に贈呈される可能性があるという。イスラム圏で絶大な人気を誇るだけでなく、イギリス社会における“イスラム”の象徴的存在として認知されていること、また若者らへの慈善活動を積極的に行っていることがその理由だとされる。

     地元自治体の関係者は、“感謝のしるし”としてサラーに土地の贈呈を行う意向だと説明。ただし、メッカにある世界最大のモスク「マスジド・ハラーム」の敷地とは重ならない土地に限るとしている。なお、土地の贈呈に関しては、サウジアラビア政府の許可が必要であるため、もし実現が不可能となった場合には、サラーの名前を冠したモスクを建設することも1つの案として検討されているようだ。

     現在25歳のサラーは、昨年夏にリヴァプールに加入。今シーズンはここまで公式戦47試合に出場し43ゴール15アシストを記録している。プレミアリーグでは得点ランキングトップを走り、22日には今シーズン最も活躍した選手に贈られるPFA年間最優秀選手賞を受賞。CL決勝進出に王手をかけたチームのエースとして欠かせない存在になっている。

     昨年10月には、エジプト代表を28年ぶりのW杯出場に導くPKを決めて、国民から“神”と称えられたサラー。本人が今回のオファーを辞退する可能性もあるが、聖地に自分の名を残すことになれば、最大の名誉であるに違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00748657-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/27(金) 00:12:44.59 _USER9

    13388570_296232404054296_2071850637_n[1]


    スウェーデン協会は26日、同代表に復帰して6月開幕のW杯ロシア大会に出場する可能性が浮上していた
    FWズラタン・イブラヒモビッチ(36=米MLSロサンゼルス・ギャラクシー)について、W杯には出場しないと正式に発表した。

    スウェーデン代表のチームマネジャーであるリヒト氏が24日にイブラヒモビッチと会談。
    2016年に同代表から引退した元エースストライカーは「気持ちは変わっていない。ノーだ」と代表復帰を明確に否定したという。
    同協会は「そのためW杯メンバーの候補にはならない」と説明した。

    イブラヒモビッチは今月に自身のツイッターで「オレがW杯でプレーする可能性はスカイハイ(非常に高い)」とつぶやき、
    米テレビのトークショーで「オレのいないW杯はW杯じゃない。オレはW杯に行く」と話すなど、W杯出場を示唆して大きな注目を集めていた。

    4/26(木) 22:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000164-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/23(月) 12:30:30.07 _USER9
     
    thumb_43026_default_news_size_5[1]


    イングランドサッカー選手協会(PFA)は22日、2017-2018シーズンのPFA年間最優秀選手賞を発表し、リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが初受賞した。

     PFA年間最優秀選手賞はイングランドでプレーしている選手を対象に、PFAに所属している約4000人の投票によって、そのシーズン最も活躍した選手を決定する。昨シーズンはチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが受賞していた。

     今シーズンの最終候補にはプレミアリーグ優勝を決めているマンチェスター・Cからベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネや、スペイン代表MFダビド・シルバ、ドイツ代表FWレロイ・サネ、マンチェスター・Uのスペイン代表GKダビド・デヘア、イングランド代表FWハリー・ケインが選出されていた。投票の結果、サラーが、2位のデ・ブライネ、3位のケインを抑えてPFA年間最優秀選手賞を獲得した。

     現在25歳のサラーは、昨年夏にリヴァプールに加入。今シーズンはここまで公式戦46試合に出場し41ゴール13アシストを記録。プレミアリーグでは現在3位、チャンピオンズリーグ(CL)では準決勝に進出しているチームのエースとして活躍している。

     サラーはクラブ公式HPを通じ、以下のように喜びを語った。

    「素晴らしい気分だ。一生懸命やってきてこの賞を勝ち取ることができてとても嬉しいよ。僕の個人的なことはチームが勝つことによって得られる。いつもチームのことを考えている。自分のことについては考えていない。僕にとって一番大切なことはチームで何かを勝ち取るということだ。僕たちは今、CL準決勝まで勝ち進んでいる。タイトルが獲れたらいいね」

     リヴァプールに所属する選手でPFA年間最優秀選手賞を受賞した7人目の選手となったサラー。最後に受賞していたのは、2013?14シーズンのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)だった。
    https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20180423/747149.html

    続きを読む

    227: 名無し@サカサカ10 2018/04/19(木) 10:07:07.99

    20180417-00010003-soccermzw-000-3-view[1]


    韓国もJリーグのレベルの低さに気づいて
    韓国人Jリーガーが代表からはずすことを検討しているみたいだな

    韓国代表Jリーガー3人の状態を母国紙不安視 「アマチュアレベルの姿を晒した」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00010003-soccermzw-socc

    続きを読む

    929: 名無し@サカサカ10 2018/04/17(火) 19:49:52.68

    20180417-00182302-nksports-000-2-view[1]



    イニエスタ中国かよ


    イニエスタが中国移籍へ 正式発表は21日国王杯後
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201804170000519.html

     バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)は、クラブを退団して中国のクラブへ移籍することを伝えたと、スペイン紙アスが伝えた。
    正式発表は21日に行われる国王杯決勝セビリア戦の後に行われる予定だという。

     年俸は1300万ユーロ(約17億6000万円)の3年契約。現時点では移籍先が明確にされていないが、4チームが同じようなオファーを出していると報じた。

     イニエスタは昨年10月にクラブと生涯契約を結んだばかり。だが、この契約はイニエスタが志願すれば移籍できるという。今季リーグ戦では25試合(先発21試合)で1得点を挙げている。

    続きを読む

    368: 名無し@サカサカ10 2018/04/14(土) 17:43:45.66

    img_39d4ccdc94d5eb87f3239ea7947e057f186794[1]



    ここのマドリディスタってラモスをどう評価してるの?

    海外だとめちゃくちゃ評価されてて、UEFAベストイレブンでもロナウドメッシ押し退けて最多得票で歴代最高峰のセンターバックって評価だけど


    なんか日本だとイマイチラモスは過小評価されてる気がする

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/13(金) 16:04:44.16 _USER9
    また差別発言…浦和MFマルティノスがSNSで怒り。クラブは「容認できない」と声明
    4/13(金) 14:06配信
    GOAL

    【写真】マルティノスがインスタで悲痛な思いを綴る…
    no title


    また差別的な発言を受けた浦和のマルティノス(C)J.LEAGUE
    no title


    浦和レッズMFマルティノスが12日にインスタグラムを更新し、自身に対する差別的な発言を「許せない」と綴った。

    マルティノスに対しては、横浜F・マリノス在籍時代の昨年9月にも、一部の人間による「肌の色」に関する差別的な発言があった。
    今回も同様にマルティノスの「肌の色」を差別するアカウント名で、誹謗中傷のツイートが投稿されている。

    また起こった差別発言。マルティノスは「このような差別的な発言は絶対許せないし、非常に残念だと思っています」と悲痛な思いを綴っている。

    これを受けてか、浦和レッズは12日、特定の選手へのSNSでの差別発言について「容認できない」との声明を発表している。

    「日ごろより、浦和レッドダイヤモンズをサポートいただき、ありがとうございます。ここ最近、TwitterなどのSNSで、選手のなりすましアカウントなどによる、
    特定選手に対する差別や誹謗中傷を行う看過できない発言が、日常的に見受けられるようになっています」

    「浦和レッズは、2014年に国際サッカー連盟(FIFA)総会の決議を尊重し『人種、肌の色、性別、言語、宗教、
    または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為を認めない』とする差別撲滅宣言をしており、
    上記のようなSNSなどの発言を容認することはできません」

    「ぜひ、みなさまにおかれましても、上記のような発言は許さず、私たちサッカーファミリーの力で差別を撲滅できるよう
    共に戦っていただければと思います。よろしくお願い申し上げます」

    ■過去に起きたJリーグでの人種差別問題

    2015年:FWパトリック(当時ガンバ大阪/現サンフレッチェ広島)
    浦和の試合を観戦する高校生からツイッターで差別的な発言を受けた。

    2016年:FWカイオ(当時鹿島アントラーズ/現アル・アイン)
    浦和サポーターを名乗る男性からツイッターで差別的な発言を受けた。

    2017年:FWラファエル・シルバ(当時浦和レッズ/現武漢卓爾)
    R・シルバのインスタグラムに、サルや中指を立てる絵文字や黒い色の足跡、バナナなどといった差別的なコメントが相次いで投稿された。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000013-goal-socc 
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/10(火) 17:26:14.06 _USER9

    20180410-00038587-sdigestw-000-1-view[1]


    セリエAの名門ミランで史上2人目の「アジア人プレーヤー」が誕生するかもしれない。
     
     アジア人選手で初めてロッソネーロのユニホームを纏ったのは、ご存知の通り14年1月にCSKAモスクワからフリーエージェントで加入した本田圭佑。この日本代表MFが昨夏に契約満了で退団して以来、ミランにアジア人選手はいなかった。
     
     そんな中、イタリア・メディア『calciomercato.com』は、ミランが以前から関心を寄せていた韓国代表MFのキ・ソンヨンと今夏の加入で条件合意したと報じた。現在所属するスウォンジーとの契約は今年6月30日で切れるため、本田と同じく移籍金ゼロでの加入。強化資金が限られるミランにとっては願ってもないローコスト補強だ。
     
     現在29歳のキ・ソンヨンは、FCソウルとセルティックを経て、12年夏にスウォンジーへ加入。13-14シーズンにレンタル移籍したサンダーランドには、強化部門でイタリア人のマッシミリアーノ・ミラベッリが働いていた。このミラベッリは現ミランSDで、当時のコネクションがお互いにとってモノをいったようだ。
     
     パスセンスと運動量を兼備し、中盤中央ならどこでも機能するキ・ソンヨン。昨年11月に新監督に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ政権下のミランは4-3-3を採用しているが、インサイドハーフの控えが心許なく、フランク・ケシエとジャコモ・ボナベントゥーラがほぼフル稼働を強いられている。ルーカス・ビグリア、リッカルド・モントリーボ、マヌエル・ロカテッリを擁するアンカーよりも、インサイドハーフでの起用がメインになるか。
     
     ちなみに、キ・ソンヨンは韓国代表でキャプテンマークを巻き、妻も人気女優ハン・ヘジンという国民的な人気選手。17年4月に中国資本となったミランとしては、アジア市場におけるマーケティングという意味でも小さくないプラスアルファとなるかもしれない。

    4/10(火) 16:29配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00038587-sdigestw-socc 
      
     

    続きを読む

    このページのトップヘ