サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外選手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2: 名無し@サカサカ10 2020/04/29(水) 21:38:16.16
    20180830234155[1]

    同じ値段、同じ年齢のメッシとロナウドだったらどっちを取る?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/29(水) 20:59:07.20
    pcimage[1]

    元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は、ドルトムントMFマリオ・ゲッツェについてブンデスリーガでプレーするにはスピードが足りないと考えているようだ。

    ゲッツェは今シーズン、ドルトムントで19試合に出場しているが、先発は6試合のみ。ドルトムントとの契約が今季で満了するため、退団は濃厚とみられている。

    ゲッツェにはミランやローマといったセリエAのクラブが興味を寄せる中、マテウス氏は『スカイ』のコラムの中で、より特性に合ったリーグに移るべきとの見解を示した。

    「ドルトムントでの時間は終わったと思っている。今後の交渉で延長となったら、とても驚くだろう。今日、彼のスタイルはもはや需要がない。ドルトムントや他の多くのトップクラブで実践しているサッカーに追いつくためのスピードがないからだ。バイエルンへの移籍は彼が夢見ていたものではなかった。復帰後もドルトムントで最高の状態に戻ることはなかった」

    「ゲッツェはクラブを見つけなければならない。何よりもプランを彼に合わせてくれる監督を見つけないとね。イタリアが彼に適したリーグである可能性はある。少なくともイタリアのプレースピードはそれほど速くないし、彼にとって有益なことだろう」

    さらにゲッツェについて「彼が無気力で野心がないと非難することはできない」とも語ったマテウス氏。かつて国内の英雄となったゲッツェは海外でもう一花咲かすことができるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00010011-goal-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/26(日) 22:40:26.74
    RS=^ADB

    凄い

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    209: 名無し@サカサカ10 2020/04/19(日) 23:53:21.89
    news_245884_1[1]

    メッシとかいうドリブルがやばいと思いきやパスもシュートもうまい化け物

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/25(土) 18:59:42.86
    20200425-00072256-sdigestw-000-6-view

    昨年12月に16年続いた施設が閉鎖
     ブラジル代表で歴代最多の148試合に出場し、キャプテンも務めたカフーは3度のワールドカップ決勝(1994、1998、2002年)でプレーし、そのうちの2度(1994、2002)で世界チャンピオンに輝いている。まさしくセレソンのスターであり英雄だ。

     ローマ時代には中田英寿らとともにスクデットも勝ち取っている。いつもにこやかな笑顔を絶やさない男だが、残念ながら最近は災難が付きまとっている。

     現役引退後、カフーは自身が生まれ育ったサンパウロの郊外に「フォンダソンカフー」(カフー基金)という施設を作り、貧しい子供たちとその親に食と医療と教育を与えてきた。そこで助けられてきた人々はのべ1万5000人にも上る。しかし2017年頃から基金のスポンサーが減り、運営が難しくなってきた。それでもカフーはどうにかこの事業を続けようと金策に走っていた。

     2018年のロシアW杯ではブラジル代表のスポーツディレクターという名誉な話が舞い込んできた時にもそれを断り、カタールW杯のアンバサダーに就任した。そちらのほうが、報酬が良かったからだ。
     
     しかし2019年7月、基金は行き詰まり、銀行への借金が焦げ付いた。運営に当たっていた会社は破産となり、裁判所はカフーが所有していた5つのマンションを取り上げて、その他15の不動産を差し押さえた。それでも基金をなくせば食事も勉強もできなくなる子供が出ると、運営を続けたが、12月にはとうとう資金が尽き、職員にも給料の支払いができなくなったため、16年続いた施設は閉鎖となってしまった。

     カフーの不幸はそれだけではない。昨年の11月にはまだ30歳だった息子のダニーロを亡くしている。友人たちとサッカーをしていた最中に心臓発作で倒れての急死だった。カフーは打ちひしがれており、旧知の仲だった私もなんと声をかけていいかわからなかった。

     そして、いままた問題が降りかかっている。数日前にブラジルの消費者庁がカフーの銀行口座をすべてブロックしたのだ。理由は「詐欺への加担」だった。

    そんなうまい話は世界中どこに行ってもありえない
     昨年8月、カフーはアルブクリプトという会社と契約をした。仮想通貨を使った投資会社で、顧客が金を預けると会社がそれで仮想通貨を買い、上昇した差額分が顧客の儲けとなる。3000ドル(約33万円)以上を預ければ月末には何もしなくても最大2.5%の利益がつくとうたっている。その会社の広告塔となったのだ。

     しかしそんなうまい話は世界中どこに行ってもありえない。結局、2人の会社創始者は行方をくらましてしまい、利益どころか預けた金も一緒に消えてしまった。残ったのはカフーだけだった。そのネームバリューを信じて資産を預けた顧客が彼を訴え、裁判所が財産を差し押さえたのだ。本当に踏んだり蹴ったりである。

     ただカフーも「自分は加害者ではなく、被害者だ」と訴えている。自身も支払われるはずのアンバサダー契約の金をもらっておらず、昨年末には弁護士を通して支払いの敢行と、契約解除を求める書類を投資会社あてに送っている。それを裁判所がどう取るか。調停の行方が注目される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200425-00072256-sdigestw-socc
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200425-00072256-sdigestw-socc&p=2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/25(土) 03:17:32.26
    【画像】私服の香川0[1]

    2019年→プレミア9位の雑魚クラブに所属してるのに得点ランキング2位
    2018年→プレミア5位の雑魚クラブに所属してるのに得点王



    ダントツで世界ナンバーワンFWやろ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2: 名無し@サカサカ10 2020/04/24(金) 23:46:26.85
    no title

         ルーニー
    ベイル   ジダン   ロッベン
      イニエスタ カンビアッソ
    ロベカル コンパニ マスチェ マイコン
         バルデス

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/24(金) 19:59:08.33
    新型コロナウイルスの影響で、各国リーグが中断や打ち切りを余儀なくされるなか、
    自らの給与、または貯金を切り崩して、医療従事者や貧困にあえぐ母国に寄付をするフットボーラーは少なくない。

    だが、そうした風潮に水を差すような決断をした男がいる。元トーゴ代表FWのエマヌエル・アデバヨールだ。

    2003年にモナコで一躍ブレイクを果たしたアデバヨールは、その後、アーセナルやマンチェスター・シティ、
    レアル・マドリーなど5か国10チームを渡り歩き、36歳となった現在はパラグアイの強豪オリンピアでプレーしている。

    現在はパラグアイ・リーグが中断されたため、母国トーゴに帰国中というアデバヨールは、
    現地時間4月23日に行なったFacebookのライブ配信中に自ら「俺は寄付なんかしない」と言い放ったのだ。

    「俺が母国に寄付をしていないと言っている君たちに告ぐよ。これは明らかにしておきたいんだ。
    いいかい? 俺は寄付なんかしない。実にシンプルな話だ。俺は自分がやりたいことをやり、食べたいものを食べる。それだけだ」

    一聴するだけでは、傲慢な発言にも取れる。
    だが、以前に親族から執拗に金銭を要求され、「自殺も考えていた」と明らかにしていたトーゴ・サッカー界が生んだスターには、
    故郷へ熱心な寄付を続けているディディエ・ドログバやサミュエル・エトーといった他のアフリカ人スターとは異なった考えがある。

    アデバヨールは、さらにこう続けている。
    「俺がトーゴに寄付をしなかったという事実で批判してくるヤツらがいる。
    一部の人間は、俺がロメ(トーゴ首都)にウイルスを持ち込んできた人間だと考えているぐらいだ。とても残念だが、この国はそんなもんだ。
    人々は俺をドログバやエトーと比較する。だけどな、俺は残念ながら彼らではない。
    俺はエマヌエル・アデバヨールだ。だから、いつだって俺がやりたいことをするだけだ」

    自身の態度をハッキリと示したアデバヨール。そんな彼のコメントにSNSでは、
    「足枷になるようなら寄付はするな」や「自由人でいて欲しい」といった賛同する意見が寄せられた一方で、
    「スターなら困っている人々を救うべきでは?」や「自分だけが助かればそれでいいのか?」
    といった手厳しいネガティブなコメントも殺到している。

    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=72189

    アデバヨール
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/24(金) 17:45:21.71
    c2caac64[1]

    Après des révélations sur son passé sulfureux, la mère de Neymar se sépare de son jeune compagnon


    En cette période de coronavirus, les stars du ballon rond tentent de conserver la forme et s’occupent comme ils peuvent avec différentes activités. Au Brésil durant le confinement, Neymar, le joueur du PSG, s’était habitué à un grand changement dans sa famille. En effet, Nadine Goncalves (52 ans), la mère de Neymar, s’était officiellement mise en couple, il y a peu, avec Tiago Ramos, un mannequin brésilien, âgé de seulement 22 ans.

    Mais cette idylle n’aura pas duré bien longtemps, puisque, moins de deux semaines après cette annonce, le Daily Mail nous informe que les deux tourtereaux seraient déjà séparés. La mère de Neymar aurait en effet découvert le passé sulfureux du jeune homme, qui aurait eu une relation précédemment avec le chef cuisinier de Neymar. D’après la presse brésilienne, Tiago Ramos aurait également fréquenté un acteur, à savoir Carlinhos Maia, juste avant de se mettre en couple avec Nadine Goncalves.


    24/04/2020 à 10:15
    https://www.lesoir.be/296628/article/2020-04-24/apres-des-revelations-sur-son-passe-sulfureux-la-mere-de-neymar-se-separe-de-son

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    204: 名無し@サカサカ10 2020/04/23(木) 17:54:58.94
    RS=^ADB7L2sFNA8aT80IqXY03I8_kpTkwI-

    ベンゼマ  アネルカ
    ナスリ ヴァルブエナ ナインゴラン ベンアルファ
    エブラ ギャラス チャンヒョンス ウォーカー
    イカルディ

    代表出禁イレブン

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/23(木) 12:32:07.28
      20200421-00258182-soccermzw-000-1-view[3]

    英国では「『SON』最高」と言っているのに、ひたすら嫉妬する中国と日本


    「ソン・フンミン(27)=トッテナム=の今回の軍事訓練は感情コントロールの問題を解決する機会だ」
    中国メディア「Sina SPORTS」(新浪体育)の21日の記事の一部だ。
    このメディアはさらに、「ついに海兵隊に姿を現したソン・フンミンは3週間の短期訓練を受ける。今回の訓練で身体的・精神的に向上した姿を見せてほしい」とも書いた。

    これは、ソン・フンミンが今季のイングランド・プレミアリーグ(EPL)でレッドカードを特に多くもらっていることについて、
    Sina SPORTSが「軍事訓練」と結び付けたものだ。
    同メディアは「ソン・フンミンのサッカーの実力が最高というのは否定できない事実だ。
    最も価値のあるアジア人選手であり、ワールドクラスの選手だ。
    しかし、感情コントロールが困難だという問題点を抱えている。
    EPLで数回退場処分となっており、ソン・フンミンの感情コントロールの失敗はトッテナムの成績に大きな影響を及ぼしている」としている。

    その上で、「ソン・フンミン自身もこの問題を認識しているだろう。特に、一部の報復的な反則は本当に疑問だ。ついに海兵隊に姿を現したソン・フンミンは3週間の短期訓練を受ける。心と体が安定を取り戻し、今後さらなる発展を遂げることを願う」と付け加えた。

    日本のメディア「フットボールチャンネル」は13日、「19/20(2019-20シーズン)世界のトッププレーヤー能力値ランキング」を発表、ソン・フンミンを45位にした。
    このメディアは「『攻撃力』は申し分ないものの、試合の中でフラストレーションを溜め込み退場処分を受けることもしばしば。
    『守備力』や『フィジカル』以外にも『メンタル』面で数値が上がり切らず、今回は45位に留まった」と書いた。

    日本のネットユーザーの一部も、今回の3週間の軍事訓練入所に関してソン・フンミンを非難した。
    ネットユーザーたちはヤフー・ジャパンなどのコメント欄に「ラフプレーで試合中、相手にけがを負わせた行為は許せない」
    「EPLは格闘リーグではない。二度と戻ってこないでほしい」などと書き込んでいる。
    昨年11月4日、アンドレ・ゴメス(26)=エヴァートンFC=がソン・フンミンからバックタックルを受けて倒れ込み、重傷を負ったことを指摘するものだ。

    そのほかにも、「1年もたっていないのにレッドカードを3回もらうやつなのに、祖国のルールは守るんだね」
    「帰ってくるな。韓国で思う存分テコンドーでもしていろ」など、ソン・フンミンを侮辱するコメントが日本のインターネット・コミュニティーのあちこちで確認された。

    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020042380093
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2020/04/23/2020042380086_0.jpg
    続きます

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    287: 名無し@サカサカ10 2020/04/22(水) 14:14:55.19
    20200421-00258182-soccermzw-000-1-view[3]

    スパーズ孫興民さん、兵役完全免除は免れずさらに544時間の社会奉仕活動もしなければならない模様

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/22(水) 23:04:41.61
    no title

    06年ドイツW杯決勝で起こった“事件”についてマテラッツィ氏が言及

    2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)決勝で、レアル・マドリード監督である元フランス代表FWジネディーヌ・ジダン氏から“頭突き”を食らった
    元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィ氏が当時を振り返り、母国から批判を受けたことが一番苦しかったと述べている。スペイン紙「マルカ」が伝えた。

    この“頭突き事件”が起こったのはフランスとイタリアが対戦した2006年のW杯決勝。
    試合は前半7分、獲得したPKをジダンが冷静に決めて先制するが、イタリアもセットプレーからマテラッツィが合わせて同点に追いつく。
    そのまま膠着状態に入り、90分で決着がつかず、延長戦に突入した。

    迎えた延長後半5分、イタリアゴール前でマテラッツィがジダンを後ろから抱え込むようにマーク。
    ボールがクリアされ、自陣に戻ろうとするジダンに対して、マテラッツィが言葉を投げかけると、激昂したジダンは行く手に回り込んで相手の胸元に頭突きを見舞った。
    この行為でジダンにはレッドカードが提示されて一発退場処分。
    1人少なくなったフランスはPK戦の末に敗れ、W杯のタイトルを逃した。

    マテラッツィ氏はソーシャルメディアで、「ジダンはフランスから擁護されていた。しかし、私は同胞から裏切られたんだ。私にとって彼らは真のイタリア人ではない。
    私は常にイタリアのトリコロールを守ってきた。彼らの批判が最も傷ついた」と述べ、
    「彼らは私が踏んだピッチにキスをするべきだ。なぜなら、同点ゴールを決めたのはこの私だから」と続けている。

    また、ジダンを激昂させた理由についても言及。「私は愚かなことを言ったが、あのような反応を引き起こすようなものではなかった。ローマやナポリ、ミラノ、パリではもっとひどい言葉を聞く」とし、
    事実は「彼の姉のことを言ったんだ。新聞が報じたように母親のことは言っていない。私の母は私が15歳のときに亡くなっているので、絶対にそのように成り下がるようなことはしない」と説明していた。

    Football ZONE web編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00258159-soccermzw-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/22(水) 18:44:41.54
    名古屋グランパスのブラジル人FWが、自身の将来やクラブについて語った。

    マテウスはクルゼイロやバイーアの下部組織出身。19歳だった2014年8月に大宮アルディージャへとレンタル移籍で加入するも出場機会を得られずに帰国。バイーアで過ごす時間があったが、2015年7月に再び大宮へとレンタル移籍した。
    2度目のレンタル移籍では出場機会を得るものの、公式戦8試合で1ゴールに終わり消化不良に。しかし、大宮が完全移籍での買取を決断すると、キャリアが大きく動いた。

    2016シーズンはJ1で22試合に出場し2ゴールを記録。翌シーズンは25試合で5ゴールを記録するも、チームはJ2へ降格。しかし、2018シーズンはJ2で40試合に出場し12ゴール9アシストとチームの攻撃を牽引すると、
    チームは昇格できなかったものの、名古屋へと完全移籍を果たした。

    2019シーズンはシーズン途中で横浜F・マリノスへレンタル移籍すると、チームのJ1制覇に貢献。しかし、今シーズンは再び名古屋に戻り、開幕戦とYBCルヴァンカップに出場していた。
    マテウスは、ブラジル『ガゼッタ・エスポルティーバ』のインタビューに応じ、現在の状況や将来について語った。

    「タイトルを獲得することは、とても素晴らしい体験だ。ミステル(フィッカデンティ監督)によって設定されたプランは、僕のプレースタイルと助けたんだ。僕はこの短い期間でたくさん成長した」
    「グランパスでの経験は素晴らしいよ。僕は仲間やクラブの全員と一緒に過ごし、楽しむことを求めている」

    「2020年はJリーグ制覇を目指しているし、常に1歩ずつ、多くの努力と献身性を持って取り組んでいる」
    また、2015年7月に大宮に来てから、来日5年が経過。日本国籍の取得も可能となる。現在25歳、貴重なアタッカーとしての才能は日本代表入りも期待されるが、本人も意欲的に捉えているようだ。

    「僕はまだ招集されたわけではないけど、日本のチームを選べる可能性があるのは嬉しいよ。僕をとても歓迎してくれた国だし、第2の故郷として思っているんだ」
    大宮在籍時のJ2で活躍したマテウスは、日本への適応について「日本のサッカーは、その特徴の1つがスピードだった。それが僕を助けたんだ」とコメント。自身の特徴を活かせるスタイルが合っていたようだ。

    また、名古屋では同じブラジル人のジョアン・シミッチ、ガブリエル・シャビエル、ジョーとチームメイトだが、「すごいことだね、これはピッチ上とピッチ外の両方で、
    多くのことを簡単にするんだ」とブラジル人選手との関係性が良いとコメント。ジョーについては「ジョーはクラブ内で参考にすべき人であり、僕が合流した瞬間から良い関係を続けている。
    彼が築いてきた経歴を見ると、毎日素晴らしい学習ができていると思うよ」と、元ブラジル代表FWは大きな助けになっていると明かした。

    また、将来プレーしたいリーグにはプレミアリーグを挙げているものの、しばらくは日本にいることを考えている様子。ブラジルへの帰国も先になるとした。
    「長い間プレーしてきた日本でとても幸せなので、今のところはあまり考えていない。でも、僕はイングランドのサッカーにとても興味がある。いつかプレミアリーグでプレーできたら楽しいだろうね」

    「現時点で戻ることは考えていないよ。でも、ブラジル・セリエAは将来的には大きな魅力になるね」
    現在はJリーグも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、6月まで中断が決定している。マテウスがピッチを切り裂くプレーを見せてくれる日は、まだ先になりそうだ。

    4/22(水) 16:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00373602-usoccer-socc 
      
      
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/21(火) 22:30:10.73
    20200421-00010027-goal-000-2-view[1]

    元ブラジル代表FWのロナウド氏が20日、インスタグラム上で広州恒大の指揮官ファビオ・カンナヴァーロと対談し、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドに言及した。

    ロナウド氏は現役時代、バルセロナやインテル、レアル・マドリーなどビッグクラブで活躍して数々のタイトルを獲得。
    ブラジル代表としても2度のワールドカップ制覇を果たし、バロンドールにも輝いた経験を持つ。
    そんなロナウド氏を同年代の元イタリア代表DFカンナヴァーロは絶賛。
    現在、世界最高峰と謳われるC・ロナウドを上回るほどの評価を与える人も多いことを指摘した。

    「私は同世代の中で数多くの強い選手と対戦してきた。しかし、君がその中で一番強かった。君との対戦は難しかったよ。
    イタリアには強い選手がたくさんいたが、君との対戦となると観念しなければならなかった。
    現在はC・ロナウドが話題に上るが、人々は近年の彼の活躍を見ても、君こそが本物のフェノーメノ(怪物)だと思っている」

    するとロナウド氏は冗談を交えつつ、ポルトガル人スーパースターに対する自身の考えを明かした。

    「それはクリスティアーノにとって本当に不快なはずだ。彼は並外れた功績を残してきた。
    (リオネル)メッシとともに偉大な選手の1人として歴史に刻まれるはず。
    2人が残してきた仕事は本当に素晴らしい」

    カンナヴァーロはこれに対し、それぞれの時代にスーパースターが存在したと説明。
    「どの時代にもフェノーメノがいたと思う。
    我々の世代では君だったが、その前には(ディエゴ)マラドーナ、さらにその前にはペレがいた。
    現在はC・ロナウドとメッシだが、それぞれを比較するのは不可能だ」と締めくくっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00010027-goal-socc 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/21(火) 14:16:38.84
    20200125_Samper-takahashiImages[1]

    持病と闘いながらプレーする神戸サンペール「サッカーをするのはかなり難しいと言われた」
    病気について語ったMFセルジ・サンペール

     ヴィッセル神戸のスペイン人MFセルジ・サンペールがインスタグラムのライブ配信で自身の糖尿病について語った。地元カタルーニャの『TV3』が報じている。

     元バルセロナのサンペールは、レアル・マドリーからレバンテに期限付き移籍中のFWボルハ・マジョラルとともにインスタグラムのライブ配信を実施。糖尿病と診断されたのは下部組織時代だったという。「サッカーをするのはかなり難しい」と言われたことを明かしている。

     そうした苦悩を抱える中で出会ったのが、同じ病気を持つマジョラルだった。2人は年代別のスペイン代表でともに糖尿病であることを知り、互いに「孤独を感じなくなった」と振り返っている。

     また、当時はチームメイトの前でインスリンを注入することを恥ずかしく感じ、トイレに閉じこもることも多かったというが、今では問題なく行っているようだ。

     サンペールとマジョラルは糖尿病を抱える人々に対し、「あなたがたとえ糖尿病であっても、全てのことを行うことができる」と励ましのメッセージを送った。

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?301065-301065-fl

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7: 名無し@サカサカ10 2020/04/20(月) 22:50:36.58
    20190927_Francesco-Totti_GettyImages[1]

    トッティって、さほどいい選手じゃなかったよな
    ローマ内で持ち上げられてただけだろ
    やっぱいろんなチームや海外行ってたほうが、キャリアアップするわ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/20(月) 22:39:23.63
    b4d7807afe772418f2e6c1d3df37fed4[1]

    「クソ! 俺は何のために…」アグエロがチャリティーのゲーム大会でハメスに敗れてマジギレ! SNSで大反響に

    ハメスのリバプールに敗れて…

    「クソ! 俺は何のために…」アグエロがチャリティーのゲーム大会でハメスに敗れてマジギレ! SNSで大反響に
    マンチェスター・シティを使って大会に参戦したアグエロだったが、敗北を受け入れられなかったようだ。 (C) Getty Images
     新型コロナウイルスの影響によって、各国リーグが中断や打ち切りを余儀なくされるなか、現地時間4月18日に行なわれたEAゲームスが発売している人気サッカーテレビゲーム『FIFA20』のチャリティー・イベントで見せたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが見せた振る舞いが話題となっている。

    このイベントは、ユベントスに所属するパウロ・ディバラが主催し、世界的人気を誇る『FIFA20』を使ったオンラインの大会で、集まった寄付金はすべて赤十字社に送るというものだ。

    参加者も豪華で、サッカー界からはアグエロ以外に、ハメス・ロドリゲスやハビエル・エルナンデス、レアンドロ・パレデスが参戦。他にもバスケットボールプレーヤーのファクンド・カンパッツォ、テニスプレーヤーのドミニク・ティエムら各界のトップアスリートが集った。

    ここで誰よりも負けず嫌いな一面を覗かせたのがアグエロだった。

    自身が所属するマンチェスター・シティを使って参戦したアグエロは、リバプールを使用したハメス・ロドリゲスとの初戦で、延長戦の後半に決勝点を許してしまう。すると、持っていたコントローラーを投げ捨て、「クソ! 俺は何のためにプレーしていたんだ! なんでこれが動かないんだよ」と吠えたのだ。

     視聴者が目にできるワイプ画面に一部始終が映っていたため、すぐさま冷静さを取り戻したアグエロ。だが、その様子はSNSなどで拡散され、現地で大きな話題となった。

    恥ずかしいシーンを見せてしまったアグエロは、大会の翌日にアルゼンチン・メディア『Tyc Sports』の取材に応じ、次のようにコメントを残した。

    「R1のボタンが動かなかったから僕はコントローラーを捨てたんだ。拾った後にも設定を修正して確かめたけど、ダメだったから多分最初から壊れていたんだと思う。全ての設定を誤っていたんだと思う。僕はあの後、ありとあらゆるものの電源を落として、ゲームをやっていた部屋に1時間以上は居座ったよ」

    なお、思わぬ白熱ぶりとなった大会は、アグエロを破ったハメスが決勝で主催者であるディバラを撃破し、見事に優勝を飾っている。 
      
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=7199 






    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/20(月) 18:29:37.21
    ダービー・カウンティFWウェイン・ルーニーが、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの比較に言及した
    2008年からの12年間で、合計11度のバロンドール受賞を誇るメッシとC・ロナウド。長年にわたりフットボール界の頂点に君臨する両選手だが、世界中で「どちらが優れているのか」という議論が後を絶たない。

    そんな中、マンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表の歴代最多ゴール記録を持つルーニーも、この永遠の問い“メッシ・ロナウド論争”に一石を投じた。
    イギリス『サンデー・タイムズ』のコラムの中で、同選手は「僕たちが一緒にプレーし始めたとき、C・ロナウドのフォーカスはゴールではなかった。しかし、彼からは世界最高の選手になりたいという意志が見えた」と綴り、
    2004年から5シーズンにわたりオールド・トラッフォードで共闘した元チームメイトと、バルセロナのスーパースターについて言及した。

    「彼は練習して、練習して、活躍し出した。クリスティアーノは素晴らしいスコアラーになり、メッシとともに間違いなく世界最高の選手だ」
    「しかし、クリスティアーノは友人だけど、僕はメッシと推す。シャビや(ポール)スコールズを見るのが好きだったのと同じ理由だ。メッシの試合は異次元だ」

    また、ルーニーは両者の特徴についても言及。「メッシが渾身の力でボールを蹴った場面を思い出せない。彼はただボールを転がすだけで、すべてをとても簡単にやってしまう。ボックス内で冷酷なC・ロナウドは殺し屋だ。
    でも、メッシは相手をいたぶってから殺す。彼はより楽しみながらプレーする印象だ」と自身の考えを示した。

    それでも最後には「得点するに関して言えば、2人とも完全に試合を変えることができる選手だ。彼ら2人にマッチする選手が現れるとは思わない」と、元イングランド代表FWはメッシとC・ロナウドを絶賛している。


    4/20(月) 18:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00010019-goal-socc 
      
      
    no title
     

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    238: 名無し@サカサカ10 2020/04/19(日) 23:55:48.90
    44136_ext_04_0[1]

    エムバペがいい選手程度で終わりそうなんが悲しい
    思ったよりのびんかったな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/20(月) 06:04:12.65
    news_298324_1

    バルセロナが再獲得を目指すなかでPSGもカタール投資庁のオイル・マネーで対抗

    パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、古巣であるバルセロナへの移籍が取り沙汰されている。しかし、PSGが高額条件で引き留めにかかるという。英紙「デイリー・スター」が報じている。

    ネイマールはバルセロナからPSGへ渡った2017年、移籍金2億2200万ユーロ(約246億円)というサッカー史上最高額の記録を打ち立てた。パリでの生活も間もなく3年が経とうとしているなかで、バルセロナはネイマールの再獲得を模索しているとされる。

    一方でPSGもネイマールを簡単に移籍させるつもりはないという。記事では、ネイマールに対して手取り年俸3800万ユーロ(約46億円)という超高額の契約延長オファーを提示する準備を進めていると伝えている。

    カタール投資庁からのオイル・マネーで潤うPSGならではの高額条件の提示で、引き留めに全力を尽くすようだ。パリでの生活やフランス1部のレベルなどを要因に移籍へ傾いているという報道もあるネイマールだが、その去就には注目が集まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200420-00257976-soccermzw-socc
    4/20(月) 5:45配信 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/19(日) 18:22:52.62
    no title

    ヴィッセル神戸をはじめとしてワールドクラスの外国人選手がプレーする明治安田生命J1リーグ。『Goal』では、2019シーズンのJ1でのプレーを加味しつつ、現役外国籍選手の最強ベストイレブンを選出した。

    ●GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪/元韓国代表)昨季成績:34試合25失点、15クリーンシート
    昨シーズンのJ1で最少失点を誇ったC大阪の守護神を選出。クリーンシートの「15」はリーグトップであり、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下でボール回収後の繋ぎにも磨きがかかった。
    チーム全体の強固な守備のなかで、システマティックかつ安定感のあるセービングを披露している。

    ●DFエウシーニョ(清水エスパルス/ブラジル人)昨季成績:27試合4ゴール4アシスト
    川崎FでJ1連覇に貢献し、昨年初めに清水に移籍した超攻撃的右SB。積極的にオーバーラップして攻撃に幾度も絡んでいく姿勢はどのチームにとっても脅威であり、この選手を配置するだけで攻撃の選択肢が1つ増えるほどだ。

    ●DFシマオ・マテ(ベガルタ仙台/モザンビーク代表)昨季成績:24試合3ゴール
    世界最高峰のリーグであるリーガ・エスパニョーラのレバンテで主力として3年間を過ごしたことのある、仙台の主将。昨年初めにはそれほど多くの出場機会を与えられなかったが、シーズン半ばごろからポジションを奪取すると、
    闘志あふれるプレーでファンを魅了した。恵まれたフィジカルを生かして数々の屈強なフォワードに競り勝ち、DFラインの門番となった。


    ●DFトーマス・フェルマーレン(ヴィッセル神戸/ベルギー代表)昨季成績:8試合1アシスト
    この現役ベルギー代表は昨年夏にバルセロナから神戸に移籍。半期だったため出場試合数は多くないが、すぐにワールドクラスの実力を見せつけ、神戸の中でも欠かせない選手の1人となった。
    ボールを支配するフットボールにおいては世界屈指の素質を備え、守備のみならず攻撃の始点として活躍する。

    ●DFティーラトン(横浜F・マリノス/タイ代表昨季成績:25試合3ゴール4アシスト
    昨シーズンの最終節FC東京戦で先制ゴールを決め、J1制覇に大きく貢献。アンジェ・ポステコグルー監督のもとでサイドをアップダウンするだけではない難しい役割をこなしつつ、“悪魔の左足”から強烈なシュートを放てる瞬間を常にうかがう。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-00010018-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/17(金) 11:06:35.05
    62233_ext_04_0[1]

    こんなにレアルに泥を塗る選手がかつていただろうか

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/18(土) 15:15:17.34
    元イングランド代表DFのノーマン・ハンター氏が、現地時間17日に76歳で死去した。イングランドサッカー協会(FA)や英国メディアなどが伝えている。

     報道によれば、ハンター氏は今月10日に新型コロナウイルス感染のため入院。治療を受けていたが17日に死去したことが明らかになった。

     1943年生まれのハンター氏は1962年にデビューしたリーズ・ユナイテッドで14年間にわたって活躍し、クラブ初の国内リーグ優勝に貢献するなど黄金時代の主力として活躍。他にブリストル・シティやバーンズリーでもプレーした。イングランド代表でも28試合に出場し、1966年の自国開催のワールドカップでは出場はなかったものの優勝メンバーの一員となった。4年後の1970年ワールドカップにも出場している。

    「非常に悲しい知らせだ。近年の彼はイングランド代表を応援するためいつもウェンブリーを訪れており、私も彼と知り合う幸運に恵まれた。彼の情熱と知識にはいつも感銘を受けていた」とFAのグレッグ・クラーク会長は追悼の言葉を述べている。

    4/18(土) 14:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00371078-footballc-socc
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/18(土) 13:30:38.82
    20200418-00010010-goal-000-1-view[1]

    マンチェスター・シティのMFケヴィン・デ・ブライネが、すでに新型コロナウイ
    ルスになっていた可能性があることを明かした。『スカイスポーツ』が伝えた。
    プレミアリーグは現在、新型コロナウイルスの影響で中断に。デ・ブライネの住
    むマンチェスターも都市封鎖となったことが、その期間の間に家族が体調を過ご
    していたと、語っている。

    「封鎖が始まった当初、僕の家族は8~9日間病気になっていた。息子から始まり、
    上の男の子、妻と体調を崩していたけど、検査を受けることができなかったから、
    コロナだったかどうかはわからない」

    だが、現在はすでに快復中で、「この2~3週間は順調だよ。いいルーティンも見つ
    けられているし、何も問題ない」とコメントし、自宅でのコンディション調整につ
    いて語った。

    「最初の2週間は何が起きているのかわからなかったし、奇妙だった。その後、トレ
    ッドミルを手に入れて、下にプールもあるから、泳いでいた。かなりいい状態を維
    持できていると思う」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00010010-goal-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/17(金) 20:17:40.29
    「すべてがはっきりしていない」と不安を吐露
     
    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタが、英紙『Guardian』のインタビューで、新型コロナウイルスやシーズンの再開に言及した。

    まず、イニエスタは日々深刻化している新型コロナウイルスの影響における日本の状況について、「コントロールされているようだ」と述べた。

    「ウイルスが始まってから、休校になって、イベントが中止になった。マスク着用や衛生対策などはここでは普通で、それが感染拡大を減らすのに役立った。
    今はただ、家にいて、できるだけ外出せずに、待っているところだ。子どもたちはオンライン学習をしている。危険なウイルスがあると分かっているよ」

    一方で、イニエスタは「実際にここで起きていることよりも、スペインに関して見たり読んだりすることにより影響されているかもしれない」と、母国の状況に不安を覚えることは否めないと話している。
    「ここでは散歩に行くことができる。でも、しない時もあるんだ。スペインに影響されて『これは正しいことなのか』と考えるんだよ。困惑しかねないね」

    今後のことは、まだだれにも分からない。ゆえにイニエスタも、「特にこのウイルスは予測できない。いつ普通の生活に戻れるのか、家を出られるのか、互いにハグできるんだろうか?」と続けている。
    「ほかのウイルスやインフルエンザみたいに、気候が良くなったらウイルスが減るのかも、ワクチンが見つかるかも分からない。すべてがはっきりしていない」

    さらに「試合や満員のスタジアムの写真を見るたびに、またサッカーをしたいとの強い思いを感じる」とサッカーへの飢えを見せたイニエスタは、「東京五輪が鍵となる瞬間だった」と述べた。

    「彼らは五輪開催のために全力を尽くした。延期が決まったら、リーグが5月9日まで再開しないと決めた。だから、理論上はそこが再開のタイミングとなる。
    明確なターゲットがないのはきつい。再開はあの日なのか、この日なのか、と考えて、でもまた止まってしまうという時があった」

    しかし、元スペイン代表MFは、「大げさにしたくないが、完遂は本当に難しくなると見ることができる」と、今シーズンに関しては悲観的な見解を示している。
    「一変して、すべてが大幅に良いほうへと変わることを願っている。でも今は、再開は難しいと思う。あらゆるレベルで、中短期的にウイルスは社会的・経済的影響を及ぼすだろう。サッカーは社会の一部だ。そこから逃げられない。

    人として、公に見られる者として、正しいことをする責任を感じる。これは影響していくだろう。『コロナ前後』で違ってくるはずだ。ひどい状況の中で最善を尽くさなければならない」

    4/17(金) 17:31配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200417-00010016-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/17(金) 17:01:14.51
    パリ・サンジェルマン(PSG)のMFアンデル・エレーラは、同僚ネイマールがチームプレーヤーであることを強調した。フランス『Canal+』で、先月のボルシア・ドルトムント戦前夜の行動をその例として挙げている。

    2月18日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ決勝ラウンド1回戦では、ネイマールがゴールを挙げたものの、2-1でドルトムントに敗れたPSG。しかし、本拠地パルク・デ・プランスでのセカンドレグでは、再びネイマールがゴールを決め、2-0と勝利。逆転でラウンド8進出を決めている。

    2戦とも負傷で欠場していたエレーラだが、そんなネイマールのイメージについてコメント。「ジャーナリストたちのなかには、彼がPSGのために何もしないと言う人がいる。でも、僕は彼が何をしているのか見てきた。彼はクラブにすごく貢献しているよ」と強調。次のように指摘した。

    「僕たちは試合の前日にみんなで彼の家で集合した。彼は僕たちみんなをディナーに招待したんだ。すごく集中している様子だった。チームの団結力を高めようとした」

    エレーラはまた、第1戦のあと、ドルトムントの選手たちが「まるでCLを優勝したかのように祝っていた。それにより僕たちがエネルギーを与えられた」と悔しさをバネにしたとも示唆。その思い、そしてネイマールの呼びかけが合計スコアの逆転につながったと考えるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00010004-goal-socc
    4/17(金) 8:02配信

    no title

    no title

    no title

    https://stat.ameba.jp/user_images/20180721/09/rossop/39/bc/j/o1349124114232854117.jp
    no title

    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/12(日) 14:00:39.91
    4c563005[1]


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/15(水) 22:51:06.52
    columnsv2_4347[1]

    14日、アルゼンチン5部リーグのサン・マルティン・デ・ブルサコに所属するエマヌエル・オルテガ(21)が亡くなった。
    これを受けて、アルゼンチンサッカー連盟(AFA)は、全カテゴリーの試合を中断すると発表している。
    オルテガは2週間前の試合中に頭蓋骨を骨折した。
    チームで右サイドバックを務めていた同選手は、相手のプレスを受けて外に押し出される格好で転倒すると、
    タッチラインの1メートルほど先にあったコンクリートの壁に頭から激突。ピッチ上の選手たちは慌てた様子でベンチに助けを求め、すぐに病院に搬送された。
    今月6日に緊急手術を受けたオルテガは、14日午前に死亡が確認されたとのこと。AFAは全リーグの一時中断を決定している。
    https://www.legendsstadium.com/news/world-soccer/4347/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/04/15(水) 12:20:57.96
    news_293939_1[1]

    これ地味にすごいよな

    続きを読む

    このページのトップヘ