サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外選手

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/11(金) 21:23:53.76 _USER9

    20180511-01653688-gekisaka-000-3-view[1]


    ポーランド代表は11日、ロシアW杯に向けた35名の予備登録メンバーを発表した。

     W杯出場国は14日までに35名の予備登録リストを提出し、今後はこのリスト上からW杯出場メンバーが絞られていく。メンバーにはバイエルンの大エースFWロベルト・レワンドフスキ、ナポリの186㎝高身長FWアルカディウシュ・ミリク、ドルトムントのDFルーカス・ピシュチェク、負傷によるブッフォン不在の穴を埋めたユベントスGKボイチェフ・シュチェスニといった面々が名を連ねている。

    登録メンバーは以下のとおり

    ▽GK
    バルトシュ・ビャウコフスキ(イプスウィッチ)
    ルカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー)
    ウカシュ・スコルプスキ(ローマ)
    ボイチェフ・シュチェスニ(ユベントス)

    ▽DF
    ヤン・ベドナレク(サウサンプトン)
    バルトシュ・ベレシンスキ(サンプドリア)
    チアゴ・チョネク(SPAL)
    カミル・グリク(モナコ)
    アルトゥール・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ)
    マルチン・カミンスキ(シュツットガルト)
    トマシュ・ケンジオラ(ディナモ・キエフ)
    ミハウ・パズダン(レギア・ワルシャワ)
    ルーカス・ピシュチェク(ドルトムント)

    ▽MF
    ヤクブ・ブワシュチコフスキ(ボルフスブルク)
    パベウ・ダビドビチ(パレルモ)
    プルゼミスワフ・フランコフスキ(ヤギエロニア・ビャウィストク)
    ヤチェク・グラルスキ(ルドゴレツ)
    カミル・グロシツキ(ハル・シティ)
    ダミアン・カジョル(グルニク・ザブジェ)
    グジェゴシュ・クリホビアク(WBA)
    ラファウ・クルザワ(グルニク・ザブジェ)
    カロル・リネティ(サンプドリア)
    マチェイ・マクシェフスキ(レフ・ポズナン)
    クリストフ・マチニスキ(レギア・ワルシャワ)
    スワボミル・ペシュコ(レヒア・グダニスク)
    マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ)
    セバスティアン・シマンスキ(レギア・ワルシャワ)
    ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)
    シモン・ジュルコフスキ(グールニク・ザブジェ)

    ▽FW
    ダビド・コブナツキ(サンプドリア)
    ロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)
    アルカディウシュ・ミリク(ナポリ)
    クシシュトフ・ピョンテク(クラコビア)
    ウカシュ・テオドルチュク(アンデルレヒト)
    カミル・ビルチェク(ブレンビーIF)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-01653688-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/10(木) 09:34:38.58 _USER9

    news_142028_1[1]


    5/10(木) 7:00配信
    サンケイスポーツ

     【ミュンヘン8日(日本時間9日)】コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(26)=バイエルン・ミュンヘン=が、W杯ロシア大会1次リーグH組初戦で対戦する日本について「優れた選手が多く、質が高い。ドルトムントでプレーしている香川もいるし、本田もいる」と警戒した。

     当地で行われたバイエルンMの来季の新ユニホーム発表会で取材に応じた。前回ブラジル大会の日本は1次リーグ最終戦でコロンビアに1-4で惨敗。その試合で1得点2アシストと活躍したロドリゲスは「日本は素早く、激しくプレーしてくる。気をつけないといけない」と語った。

     昨夏、不遇のときを過ごしたレアル・マドリード(スペイン)から2年間の期限付き移籍で加入し、今季はここまで7得点11アシストと輝きを取り戻した。1年間の期間を残している現段階で、バイエルン側も買い取りオプションの行使に前向き。心身ともに万全の状態でW杯に臨む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000005-sanspo-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/10(木) 09:31:54.95 _USER9

    no title


    18/5/10 07:48

    笑顔でインタビューに答えるマヌエル・ノイアー
     アディダスは8日、ブンデスリーガ王者バイエルンの新ホームユニフォームを発表した。バイエルンの象徴である菱形が全体に散りばめられており、12日に行われるホームで行われるシュツットガルトとの最終節でお披露目する。

     同日、ミュンヘン市内でクラブ主催のイベントも開催され、新ホームユニフォームに身を包んだバイエルンの8選手が登場した。フィールドプレーヤーとは異なり、グレーのユニフォームを着用するドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)は「今年も赤に身を包んだ頼もしい仲間にパスをつなげることが嬉しい」と、カラーデザインが気に入ったようだ。

     イベントでは世界中から集まった各国メディアの取材にも対応したノイアー。ロシアW杯について「目標は一つ。決勝に進出すること。ドイツ代表は能力の高いチームなので、ブラジルで成し遂げたことをもう一度成し遂げることで我々の強さを示したい」と連覇に向けての意気込みを語った。

     シャルケ時代に同僚だった元日本代表DF内田篤人(鹿島)にも触れ「これを見てるかな。また会いたいよ。ロシアで会えると嬉しいな。日本と対戦出来たら素晴らしいことだ。」と再会を願っていた。さらに、怪我から復帰した内田を気遣い「僕もリハビリ中だけど、内田選手の(膝の)痛みが早くなくなることを願っています。怪我を克服し、より強くなってW杯に参加できることを祈っています。」と述べ、最後に日本語で「ウシダサン、ガンバッテ」と笑顔でメッセージを贈っていた。


    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?244398-244398-fl 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/09(水) 06:29:10.67 _USER9
    写真
    no title


    日本代表はハリルホジッチ監督を突如解任した。ロシアワールドカップ開幕まで2ヶ月に迫った段階での監督交代はネガティブになりそうだが、意外にも大会初戦の相手コロンビアでは脅威論が広がっているという。現地大手紙「エル・エラルド」の記者が感じた西野ジャパンの脅威とは?(文:ケンジ・ドク「エル・エラルド」)

    90分の悲痛な叫び…! ハリルホジッチ前日本代表監督が心境を吐露【記者会見ノーカット】

    ●突然の監督交代。ライバル・コロンビアの反応は?

     ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の電撃解任により、日本サッカー協会(JFA)は元日本代表・西野朗を新監督に任命した。

     2015年に就任したボスニア人監督は結果を出せず、途中退場となったようだ。3月23日に行われた国際親善試合の対マリ戦を1-1で引き分け、27日の対ウクライナ戦では1-2で敗戦している。おそらく、ハリルホジッチの防御スタイルが日本側の反発を招き、このような事態につながったのだろうと予測する。

     西野は1990年まで現役サッカー選手であり、日本代表として12試合に出場経験がある。引退後は指導者にまわり、U-20やU-23の日本代表監督として頭角を現してきた。監督として、特に弱小チームだったガンバ大阪を強豪へと押し上げた手腕で知られ、多くのタイトルももたらしている。

     日本代表を采配できるという指導者としてこの上ない名誉にあっても、サムライブルーの「新監督」は6月に向け頭の痛いミッションを抱えている。ペケルマン率いる我らがコロンビアは、西野が踏み越えなければならない最初の「蛇」だ。また他にグループH組に属するポーランドとセネガルには、それぞれロベルト・レヴァンドフスキやサディオ・マネといった天才が控えており、楽観を許さない。

     コロンビアの報道では、日本がこの時期に監督交代したことについて様々な意見が聞かれている。意外にも、「グループHにとって脅威となる可能性」の指摘が根強い。西野はU-23などの日本チームの経験から、国内外問わず台頭している若い選手の特徴に詳しいからだ。潜在性のある選手の発掘では、彼の目は確かだろう。

     例えば、西野はブンデスリーガ所属の長谷部誠をほかの“仕事のできる”選手と組ませ、縦の攻撃を強化することができるだろう。

     また、パチューカに在籍する本田圭佑の変化は折り紙つきだ。中盤に欠かせない稀有な選手となり、今年最初の2ヶ月間で4得点4アシストの成績を叩き出している。西野にとってこれ以上ない爆発装置だろう。

    ●西野ジャパンへの脅威

     ミッドフィルダーとしてすでにドルトムントで実績のある香川真司については何を言えるものか。「サムライブルー」として、新監督の采配の下、大暴れするだろう。コロンビアのスポーツ記者で、長谷部・本田・香川の能力を疑う者はいない。日本は良い試合を見せてくれるはずだ。西野は監督として、若手とこれらスター選手を活かした采配ができる。

     しかし、甘いコメントばかりではない。監督を試合直前に交代するなど、チームサッカーに致命傷だという指摘はやはり多い。単純に、対戦選手の分析や自国選手の采配にかける彼の持ち時間は少なすぎる。

     西野は就任会見でこう言った。「勝つ確率を高めていくには、選手たちのプレー、本来持っているパフォーマンスをしっかり出させる。選手たちのパフォーマンスを代表チームの中でもしっかり出していける。そういう状況を求めていきたい」。その上で、「予選(グループリーグ)は突破したい」と。

     ワールドカップ前の腕試しとして、日本はガーナと対戦する。新監督にとっては最初の通知表となるほか、ワールドカップメンバーの最終選考となる。

     そしてワールドカップでは、日本は最初にコロンビアと対戦する。もちろん、新監督と選手は我々を破るための戦略をはりめぐらせているだろう。天才ハメス・ロドリゲス、ジミ・チャラ、クアドラード、ファルカオ……。西野のいう通り、これらを突破する完全な戦略なくして、試合に臨むことなどまさかありえないのだから。

     私は、日本代表は脅威になりうると思っている。西野は日本サッカーに精通し、コロンビアを突破するための采配をふることは、彼にとって難しいことだとは思わない。日本対コロンビア戦は、ロシアワールドカップで最も面白い試合の1つになると信じている。

    (文:ケンジ・ドク「エル・エラルド」)

    5/8(火) 10:50配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00010001-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/09(水) 08:24:57.41 _USER9
    イニエスタ 神戸移籍ならCロナ超え?年俸ランク4位“相当”へ

    ■神戸 イニエスタ獲得へ秒読み段階

     スペイン紙マルカが1月時点で報じたランキングによると、今季最高年俸の選手はメッシ(バルセロナ)で4600万ユーロ(約59億8000万円)。
    2位はテベス(当時上海申花、現ボカ・ジュニアーズ)で3800万ユーロ(約49億4000万円)。3位はネイマール(パリSG)の3600万ユーロ(約46億8000万円)。

     イニエスタが神戸で年俸2500万~3000万ユーロ(※約32億5000万円~約39億円)を受け取れば4位相当で、6位だったC・ロナウド(Rマドリード)の2100万ユーロ(約27億3000万円)を上回る。
    ただし、RマドリードはC・ロナウドに5000万ユーロ(約65億円)の新年俸を用意するとの報道もある。

    スポニチ 2018年5月9日 06:10
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/05/09/kiji/20180509s00002179043000c.html 
     2018-04-28-iniesta-barcelona_137eo30joy2z813iheu8h4zibg[1]

      
    ※記事では1ユーロ=130円で計算しているようです。 
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/09(水) 07:12:00.72 _USER9
    2018.5.8 13:31
    長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20180508/sci18050813310005-n1.html 
      
     DcsBWRNVwAAU01a[1]

      
     ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が7日、ツイッターを更新し、インテルミラノ時代の旧友であるMFヴェスレイ・スナイデルと再会したことを報告した。

     スナイデルは、2009年夏から2013年冬にかけてインテルミラノに所属。2011年冬にチェゼーナからミラノへやって来た長友とは、2年間ともにプレーした。その後、スナイデルはガラタサライへ移籍。4年半にわたりトルコで活躍したのち、ニースを経て、現在はカタールのアル・ガラファでプレーしている。

     今年1月、ガラタサライからオファーを受けた長友はスナイデルに相談をして「考えずに行け。素晴らしいクラブで、素晴らしい街だ。きっと後悔しない」と後押しを受け、トルコ移籍が実現した経緯がある。その言葉通り、元インテルミラノDFは移籍後すぐにイスタンブールの環境に適応。レギュラーの座をつかみ、ロシア・ワールドカップへ向けて充実した日々を送る。

     長友は、イスタンブールを訪れた親友と5年ぶりの再会を果たしたことをSNSで報告。「親友スナイデル。5年ぶりの再会。最高の時間。楽しすぎた。また一緒にプレーしたい。何でこんなに気が合うんだ。笑 We had the wonderful time. (一緒に最高の時間を過ごしたよ)」と久々の再会を喜んだ。(以下ソース参照)

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/08(火) 14:06:14.43 _USER9
    バルサ退団発表の今、イニエスタについて改めて知っておきたい10のコト

     バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが4月27日、今シーズン限りでの退団を発表した。2002年にトップチームデビューを果たして以来、バルセロナ一筋16年。
    「ラ・マシア(バルセロナの下部組織)の最高傑作」とも言われた同選手について、改めて知っておきたい10の情報を紹介する。

    1.「最初はバルセロナに行きたくなかった」
     8歳のときに地元アルバセーテのカンテラ(下部組織)に加入。そして12歳のときにスカウトを受けて、バルセロナのカンテラに入団した。だが、「最初はバルセロナに行きたくなかった」と後に告白。
    家族と離れ離れになることをなかなか受け入れられず、「ラ・マシアに入団したときは、人生最悪の日だったと思う」と語っている。

    2.グアルディオラの予言
     1999年の夏、当時現役だったジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・C監督)はU?15のクラブ世界選手権に相当するナイキ・プレミアカップでイニエスタのプレーを初めて目の当たりにする。
    ずば抜けた才能を見抜くのに全く時間は必要なかったという。そして後日、トップチームに上がったばかりのシャビ・エルナンデスにこう告げた。
    「お前は俺を引退させるだろう。ただ、あの少年は我々2人を引退に追い込むかもしれない」。実際には引退させられることはなかったが、イニエスタを語るうえで今も有名なエピソードとなっている。

    3.トップチームデビュー戦が“キャリア最高の瞬間”
     2002年10月29日、チャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦でトップチームデビューを果たした。当時、18歳170日だった。
    今回の退団発表会見で“キャリア最高の瞬間”について尋ねられると、「1つを挙げるのは難しい」としながらも、「ブルージュでのデビューの日のことは永遠に忘れないだろう。トップチームでの最初の1日だ。僕にとって一番意味のある瞬間だった」とコメントした。

    4.出場数はシャビに次ぐ2位。“共演数”が最も多いのは?
     バルセロナでは公式戦670試合に出場。シャビ・エルナンデスの767試合に次いで、クラブ歴代2位になる。ピッチ上で最も多く共演した選手はリオネル・メッシだ。2人は揃って485試合に出場した。

    5.退場数はゼロ
     ピッチ上では、華麗なプレーだけではなく、“サッカー選手の鑑”とも言える振る舞いを見せていた。スペイン代表戦を含め、プロキャリアにおいてレッドカードを受けたことは一度もない。
    また審判への侮辱行為や相手選手との口論もほとんどなく、常に模範的存在であった。

    6.タイトル数はメッシと並ぶクラブ歴代最多
     イニエスタはバルセロナの成功の象徴でもあった。トップデビューを飾った2002-03シーズンに6位となって以降、2007-08シーズンの3位を除けば、リーガ・エスパニョーラでは常にトップ2入り。
    トップチーム在籍16年間で実に9度のリーグ制覇を成し遂げている。さらに、4度のチャンピオンズリーグ制覇、3度のクラブワールドカップ制覇を達成。通算32個のタイトル獲得は、メッシと並ぶクラブ歴代最多記録になる。

    7.バロンドールは獲得できなかったけれど……
     これまでのキャリアにおいて“唯一の空白”があるとすれば、バロンドールの受賞歴がないことだろう。最高成績は2010年の2位。主催者のフランス誌『フランス・フットボール』は先日、彼にバロンドールを与えなかったことを謝罪した。
    それでも、イニエスタは史上初の勲章を手にしている。2014-15シーズンのCL決勝で「マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)」に選出され、2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ、ユーロ2012の決勝と合わせて、3つの国際大会決勝でMOMに輝いた初の選手となった。

    8.飛行機嫌い
     過去に「飛行機は好きではない」と告白している。父親のホセ・アントニオ・イニエスタ氏も同じく飛行機嫌いだった。そのため、2010 FIFAワールドカップ 南アフリカを現地で観戦せず。
    オランダ代表との決勝戦でスペインに優勝をもたらす息子のゴールを目の当たりにすることもなかった。

    9.郷土愛
     12歳でバルセロナに入団した後も、郷土愛が薄れることはなかった。2011年には、古巣アルバセーテの筆頭株主となる(現在、経営権を握っているのはカタールの企業)。
    2年後には選手へ未払いとなっていた給与を肩代わりして、同クラブの4部降格を回避させた。数々の功績を称えられ、故郷フエンテアルビージャには「イニエスタ通り」や「イニエスタの泉」がある。

    >>2-5あたりに続く)

    サッカーキング 2018.05.01 文:Footmedia
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180501/750610.html


    2: 名無し@サカサカ10 2018/05/08(火) 14:07:12.71 _USER9
    >>1の続き)

    10.ボデガ・イニエスタ
     2010年、フエンテアルビージャに「ボデガ・イニエスタ」というワイナリーをオープン。現在も家族らが経営しているのは有名な話だ。ワインの輸出先は35カ国に及び、日本もそのうちの1つになる。
    今年2月には、日本で開催されたワインの品評会「サクラアワード2018」で、計4本のワインがゴールド賞を受賞。日本のワイン業界で活躍する女性、延べ510名の審査員から高評価を勝ち取った。

    画像:バルセロナ一筋で16年間プレーしてきたイニエスタ [写真]=Getty Images
    no title

    画像:デビュー戦となったクラブ・ブルージュ戦 [写真]=Getty Images
    no title

    画像:“共演数”が多い(左)メッシ、(中央)シャビ、(右)イニエスタ [写真]=Getty Images
    no title

    画像:クラブ歴代最多のタイトルを獲得した(左)メッシと(右)イニエスタ [写真]=Getty Images
    no title


    【了】 
      
     








    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/08(火) 17:51:10.38 _USER9

    Dco82p9V0AE0r5V[1]


    サッカー・バルセロナを退団するアンドレス・イニエスタがJリーグ・神戸に加入の可能性があるとスペインの複数メディアが報じたとされていることを受け、神戸の会長である三木谷浩史氏のツイッターには8日、「本気で取りに行ってください」など、獲得を懇願するファンからのメッセージが届き始めた。

     日本のサッカーファンにとっては、夢のような移籍話が突如浮上し、ツイッターでは「イニエスタ」が一時、ツイートランク1位に君臨するなど、注目の高さを伺わせている。 もちろん、まだ正式発表はなく、実現するかは不透明だが、神戸の会長で、楽天社長の三木谷浩史氏のツイッターには、イニエスタ移籍を願うファンから懇願メッセージが。「三木谷さん、イニエスタを日本に連れて来て下さい。あなたにしか出来ないミッションです!」「イニエスタが神戸に移籍することを祈っています!神戸の未来、日本サッカー界の未来が開かれますね!」「イニエスタ本気で取りに行ってください!」などの声が届けられていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000083-dal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/08(火) 19:37:22.40 _USER9

    2018-04-28-iniesta-barcelona_137eo30joy2z813iheu8h4zibg[1]


    イニエスタ本人も認めたヴィッセル神戸移籍の可能性…スペイン記者が証言したのは?

     ヴィッセル神戸への加入が噂されるアンドレス・イニエスタ。しかし、未だ正式契約は結んでいないようだ。

     ヴィッセル神戸への移籍が噂されるMFアンドレス・イニエスタだが、まだどのクラブとも正式には契約を結んでいないようだ。選手本人と話した記者が証言している。

     下部組織からバルセロナ一筋でプレーし、キャプテンを務めるイニエスタ。しかし先日、今季限りで愛するクラブを退団することを発表した。スペイン『カデナ・セール』など複数メディアは、ヴィッセル神戸と年俸2500万ユーロ(約32億円)の3年契約で合意したと伝えている。

     しかし、まだ正式な契約を結んだわけではないという。

     スペインラジオ局『オンダセロ』の番組「エル・トランシストール」で司会を務めるホセ・ラモン・デ・ラ・モレーナ氏が7日、選手と直接話した上でコメントを残している。

    「イニエスタと今日の午後話をした。まだどことも契約していないよ。日本に、楽天の社長がオーナーを務めるヴィッセル神戸に行く可能性はもちろんあるとのことだ。しかし、アンドレスはまだどこのクラブとも契約を結んでいない」

     そして、近々イニエスタを特別番組に招き、詳しく話を聞くと明かしている。

     世界中が注目するイニエスタの去就。果たして、ワールドカップ優勝経験を持つ世界的な名手が、日本でプレーすることになるのだろうか。

    Goal.com 2018.5.8 12:20 
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000005-goal-socc
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/08(火) 15:43:03.06 _USER9
    鳥栖が獲得に乗り出していることが明らかになった元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34=Aマドリード)に関し、7日付のスペイン紙「マルカ」は、鳥栖が年俸400万ユーロ(約5億2000万円)でオファーをしていると報じた。

     同紙は、1月にオファーを出した中国の大連一方に続きアジアのチームから触手が伸びたとし、元コロンビア代表FWイバルボも所属する鳥栖が現在降格圏で苦しんでいる中で、今夏の移籍市場でF・トーレス獲得に乗り出したと報じている。

    また同紙はF・トーレスが中国、日本でサッカーの象徴的存在であるとし、多くのファンが持つ選手のひとりと報じている。

     AマドリードでキャリアをスタートさせたF・トーレスは、人気を不動のものとしたリバプール、欧州CLを制したチェルシーなど世界的なビッグクラブで活躍。スペイン代表としても10年W杯南アフリカ大会で母国の初優勝に貢献し、12年欧州選手権では得点にも輝いている。

    実力もさることながら、甘いマスクで女性ファンも多いまさに名実ともにワールドクラスのFW。F・トーレスのJリーグ入りが実現すれば、大きな話題を呼ぶことになりそうだ。

    5/8(火) 15:26配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000119-spnannex-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/07(月) 17:44:20.97 _USER9
     
    20180507-00754245-soccerk-000-2-view[1]


    今シーズン限りでアトレティコ・マドリードを退団する元スペイン代表フェルナンド・トーレスにJリーグ入りの可能性があると一部メディアで報じられ、話題となっている。

     その他にも、今夏契約が切れ、移籍金ゼロで獲得できる大物外国人選手は少なくない。とはいえ、キャリアのピークにある選手が“日本行き”を選択する可能性は高くはないだろう。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは32歳でヴィッセル神戸に、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランも34歳でセレッソ大阪に正式加入を果たした。そこで今回は「オーバー32」という条件を設けて、Jクラブでも今夏にフリーで獲得できる大物外国人選手を7名ピックアップしてみた。

    ■イケル・カシージャス(GK/スペイン)

    現所属:ポルト
    年齢:36歳

     2015年にレアル・マドリードを退団した後も、ポルトで好パフォーマンスを見せてきた。だが、今シーズンはリーグ優勝を決めたチームとは対照的に、レギュラーの座を途中で失うなど不本意な1年を過ごした。本人は欧州内でのプレー続行を希望している模様だが、日本でトーレスとの“プチ・マドリード・ダービー”が実現すれば、大きな話題になること必至だろう。

    ■アンドレア・バルザーリ(DF/イタリア)

    現所属:ユヴェントス
    年齢:36歳(*5月8日で37歳)

     リーグ7連覇が目前に迫るユヴェントスで最終ラインの中心選手として活躍してきたが、年齢による衰えは隠せず。それでも、3バックと4バックの中央をこなし、イタリア代表としても2006年のドイツ・ワールドカップ優勝を経験している。契約延長やユヴェントスのフロント入りの噂もあるが、“カテナチオ”の真髄を知るという意味でもJリーグ入りが実現すれば面白いかもしれない。

    ■パトリス・エヴラ(DF/フランス)

    現所属:ウェストハム
    年齢:36歳

     マンチェスター・Uで5度のリーグ優勝と1度のチャンピオンズリーグ制覇、ユヴェントスでもリーグ2連覇に貢献した。しかし、前所属のマルセイユでは、サポーターへ飛び蹴りを見舞ってクラブから“解雇”されている。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、フランス代表のキャプテンを務めながら練習ボイコットを主導したとして、同国サッカー連盟から5試合の出場停止処分を受けた。素行の悪さはマイナス要素だが、ウェストハムから契約延長のオファーはなく去就が注目される。

    ■バカリ・サニャ(DF/フランス)

    現所属:ベネヴェント
    年齢:35歳

     昨シーズン限りでマンチェスター・Cを退団した後、今年2月にセリエA初参戦を果たしたベネヴェントに電撃加入。しかし、クラブは1年での2部降格が決定し、サニャも退団が濃厚とされる。イタリア行きを希望した理由について、「ビジネス優先となったこの時代に、サッカークラブとしてしかるべきハートとソウルを持ったクラブだからだ」とコメントしていただけに、熱烈なラブコールを送れば日本でのプレーを検討するかもしれない。

    ■マチュー・フラミニ(MF/フランス)

    現所属:ヘタフェ
    年齢:34歳

     マルセイユ、アーセナル、ミランなど欧州トップクラブを渡り歩いた後、今年2月にMF柴崎岳が所属するヘタフェと契約。これまでリーグ戦7試合に出場しているが、去就は不透明だ。2008年にビジネスパートナーと共同で立ち上げたエネルギー会社が、石油燃料に代わるバイオ燃料の大量生産を実現。いまや「世界一リッチなサッカー選手」と呼ばれている。仮に日本行きが実現すればビジネス界からも大きな注目を集めるはずだ。

    ■アリエン・ロッベン(FW/オランダ)

    現所属:バイエルン
    年齢:34歳

     バイエルンで長らく主軸を担ってきたロッベンも今夏で契約が切れる選手の1人。クラブ側は契約延長オファーを提示したとされるが、合意には達していない。過去にはチェルシーやレアル・マドリードといったビッグクラブでも活躍したほか、オランダ代表で96試合出場37得点を記録している。今もなお第一線で活躍しており、是非Jリーグで見てみたい選手の1人だ。

    ■ホセ・アントニオ・レジェス(FW/スペイン)

    現所属:コルドバ(スペイン2部)
    年齢:34歳

     16歳のときにセビージャでトップデビューを果たした“元神童”は、昨シーズン限りでエスパニョールを退団した後、今年1月にスペイン2部のコルドバと契約締結。エースナンバーの“9番”を背負い、5日にはPKで加入後初ゴールを決めた。昨夏には中国スーパーリーグ移籍の噂も浮上。アジアサッカーにも多少の関心がある模様で、新天地に日本を選んだとしても不思議ではない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00754245-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/07(月) 17:46:55.11 _USER9

    20180507-00268452-footballc-000-1-view[1]


    5/7(月) 16:11配信
    フットボールチャンネル

    AZのアリレザ・ジャハンバフシュ【写真:Getty Images】

     オランダ・エールディビジの最終節にあたる第34節の各試合が現地時間6日に開催された。AZに所属するイラン代表ウインガーのアリレザ・ジャハンバフシュが21ゴールで今季の得点王に輝いている。

    【2018年ロシアW杯】グループリーグ組み合わせ

     前節までに18ゴールを記録していたジャハンバフシュは、最終節のPECズヴォレ戦でハットトリックを達成して3点を追加。ADOデン・ハーグのノルウェー代表FWビョルン・マールス・ヨーンセンを2点差で抑えて得点王のタイトルを獲得した。

     アジア出身選手がエールディビジ得点王に輝いたのは初。欧州のいわゆる5大リーグでもアジア人の得点王は過去に例がなく、欧州主要リーグで初の快挙だと言える。昨季はヘーレンフェーンに所属する同じイラン代表のFWレザ・グーチャンネジャードが20ゴールを記録したが、1点差で得点王を逃していた。

     現在24歳のジャハンバフシュは攻撃的MFあるいはウインガーとしてプレーする選手。オランダのNECで2年間プレーしたあと2015年にAZに加入し、2年目の昨季は二桁の10得点を記録していた。プレミアリーグやセリエAなどのクラブが獲得に関心を示しているとも噂されている。

     今季エールディビジでは3試合を残した第31節の時点でPSVの優勝が決定。2位のアヤックスがチャンピオンズリーグ、3位のAZと4位のフェイエノールトがヨーロッパリーグ出場権を獲得した。一方、8年前にリーグ優勝も果たしたトゥエンテが最下位で34年ぶりの降格という結果に終わっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180507-00268452-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/07(月) 21:27:39.95 _USER9

    20180507-00000012-goal-000-4-view[1]


    2017年の夏に移籍史上最高額の2億2000万ユーロ(約290億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。現在は足首のケガで戦列を離れているが、ここまでは30試合に出場して28ゴールと初年度から活躍を見せている。

    しかし、エメリ監督がフランス紙『SFR Sport』に語ったところによれば、ネイマールはチームやリーグ・アンの環境に完全に馴染めていないようだ。

    「彼はいつも家に引きこもっていて、我々には何も喋らないんだ。私は彼がもっと忍耐強くなることを望んでいる。我々は彼を歓迎してチームに溶け込ませるために努力を行った。しかし、今のところその試みは50%程度しか実を結んでいない」

    ネイマールがチームから孤立していることを明かしたスペイン人指揮官は、その原因として世界的な知名度を持つブラジル人のスーパースターがメディア対応に多くの時間をとられていることを指摘。過剰なマスコミへの対応を避けてチームメートとの信頼関係を深めることをネイマールに求めた。

    「ネイマールは練習が終わるといつも4つのメディアの広報活動に対応しているんだ。有名選手の宿命とはいえ、過剰なマスコミへの露出は彼にとってのベストではない。彼はブラジル人以外ともコミュニケーションをとって、チームに適応する努力をするべきだ」

    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000012-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/06(日) 22:35:10.90 _USER9
    4日に自身のSNSで日本国籍取得が認められなかったことを明かしたJ1広島のFWパトリック(30)が6日、神戸戦の試合後に取材に応じ、日本への思いを語った。

    パトリックは「日本代表に入ることは自分の夢。この国を愛しているし、心は日本人」と、日本国籍取得に思い至った理由を明かした。
    国籍法では帰化申請に必要な条件の一つとして、引き続き5年以上日本に住んでいることが必要と定められている。

    パトリックによると、G大阪時代の16年に右前十字じん帯損傷及び右外側半月板損傷の重傷を負った際、ブラジルに帰国したため、一度ビザが切れたことで申請の要件を満たせなかったと説明した。
    パトリックは13年に川崎に期限付き移籍で加入し、日本でプレーしていたが、14年にブラジルのフォルタレーザで半年間プレーしたことも影響しているとみられる。

    今季13試合8得点で得点ランク2位につけるストライカーは「今の自分の姿は日本で勝ち取ったもの」と日本への感謝を示した。
    「日本人で優れたFWはたくさんいるが、自分のようにフィジカルが強く、高さがある選手はあまりいない。日本人の選手にない特長を持っているので、日の丸を背負って貢献できる。
    W杯だけでなく、アジア杯でも日本のために戦いたい」。日本代表への思いを語る眼差しは、真剣そのものだった。

    5/6(日) 21:08配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000143-dal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/07(月) 05:04:36.49 _USER9

    GettyImages-97835409-800x533[1]


    元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス J入り浮上、鳥栖など本格交渉へ
    5/7(月) 4:10配信

     元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)に、今夏のJリーグ入りが浮上していることが6日までに分かった。関係者によれば、既に今季限りでアトレチコ・マドリード退団が決まっている世界的ストライカーに、鳥栖をはじめとする複数のJクラブが興味を示しているという。金髪の“イケメン”で知られ日本でも多くのファンがいるだけに、実現すれば、大きな話題を呼びそうだ。

     世界的ビッグネームのJリーグ入りが急浮上した。複数の関係者によれば、今季限りでAマドリード退団を表明している元スペイン代表F・トーレスの移籍先に、米MLS、中国のほか、最近になり「Jリーグも加わった」という。

     F・トーレスといえば、サッカーファンなら誰もが知る世界でも有数のストライカー。Aマドリードでキャリアをスタートさせ、リバプールで人気を不動のものとし、チェルシーでは欧州CLを制するなど、ビッグクラブで活躍してきた。スペイン代表としても10年W杯南アフリカ大会で母国の初優勝に貢献し、12年欧州選手権では得点王にも輝いた。さらに実力もさることながら、甘いマスク で女性ファンも多いという、まさに名実ともにワールドクラスのFWだ。

     そのF・トーレス獲得に複数のJクラブが興味を示しており、中でも最も熱心なのが鳥栖だという。元コロンビア代表FWイバルボのケガによる離脱もあり現在は17位に低迷している。深刻な得点力不足に陥っており、点取り屋の補強は急務。F・トーレス獲得には中国の大連一方、米MLSのDCユナイテッドも動いているとされるが、鳥栖も近日中に本格交渉を始める予定という。

     F・トーレスはチェルシー時代の12年12月にクラブW杯出場のため来日。Aマドリードに復帰した15年7月にも鳥栖との親善試合のために来日している。関係者によればかなりの親日家で、新天地候補の中でも日本に高いプライオリティーを置いているという。昨夏には神戸が元ドイツ代表FWのポドルスキの獲得に成功し話題を呼んだが、F・トーレスのJリーグ入りが実現すれば、再び日本で大フィーバーが巻き起こりそうだ。

     ◆フェルナンド・トーレス 1984年3月20日生まれ、スペイン・マドリード州出身の34歳。Aマドリードの下部組織で育ち、01年にトップ昇格。その後、リバプール、チェルシーで活躍し、ACミランを経て15~16年シーズンにAマドリード復帰。スペイン代表としては110試合に出場し、38得点を記録。10年W杯南アフリカ大会、08年、12年欧州選手権を制覇。1メートル85、78キロ。利き足は右。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000002-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/05/05(土) 22:30:20.61 _USER9

    20180505-01653437-gekisaka-000-8-view[1]


    広島FWパトリック、日本帰化ならず「僕はすごく望んでたけど…」
    5/5(土) 19:59配信
    ゲキサカ

    広島FWパトリックは日本帰化ならず(Koki NAGAHAMA/GEKISAKA) 
     
      
    サンフレッチェ広島のFWパトリック(30)が4日に自身のインスタグラム(@patrigol)を更新し、日本への帰化が叶わなかったことを明かした。

    パトリックはポルトガル語で「僕の帰化はうまくいかなかった」と報告すると、続けて日本語で
    「僕はすごく望んでたけど、残念ながら変えることははうまくいきませんでした。日本の為にプレーできる何かチャンスはあるかなあ?I love japan」と綴っている。

    パトリックはG大阪所属時の2016年1月にツイッター(@patricaguiar)で
    「日に日に更に日本のことが好きになります。僕の事をオープンに受け入れてくれた国です。
    私はいつの日か帰化する事が出来ればそれがおこればとても幸せに感じるだろうなあ。
    私の夢はそれと支持される日本の色、名誉のあるこのユニホーム」と日本国籍取得へ意欲を示していた。

    その後、パトリックは2017年6月に広島へ加入。
    今季J1リーグ戦では12試合に出場して得点ランキング2位タイの7ゴールを挙げ、J1通算では123試合で41得点を記録している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-01653437-gekisaka-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ