サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外選手

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/06(土) 06:32:25.96 _USER9
     
     DnuXSnwXgAAbbKt[1]

      
     ウルグアイサッカー連盟は現地時間5日、10月に行われる日本代表との国際親善試合に向けた招集メンバーを発表した。

     10月12日に韓国代表と対戦し、同16日に日本代表と対戦するウルグアイ代表は、事前に25人の候補メンバーを発表していた。その中から3人が外れ、22人でアジア遠征に臨む。

     メンバーから外れたのは、バルセロナのFWルイス・スアレス、サントスのMFカルロス・サンチェス、アトレティコ・マドリーのDFホセ・ヒメネスの3人。ルイス・スアレスは第3子の誕生が間近であることを考慮されたとのことだ。

     ウルグアイ代表メンバーは以下のとおり。

    ▽GK
    フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)
    マルティン・シルバ(バスコ・ダ・ガマ)
    マルティン・カンパーニャ(インデペンディエンテ)

    ▽DF
    ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)
    セバスティアン・コアテス(スポルティングCP)
    ガストン・シルバ(インデペンディエンテ)
    マルティン・カセレス(ラツィオ)

    ▽MF
    ディエゴ・ラクサール(ミラン)
    マルセロ・サラッチ(RBライプツィヒ)
    ナイタン・エルナンデス(ボカ・ジュニオルス)
    ルーカス・トレイラ(アーセナル)
    マティアス・ベシーノ(インテル)
    ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス)
    ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダーズ)
    フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)
    カミーロ・マジャダ(リーベル・プレート)
    ガストン・ペレイロ(PSV)

    ▽FW
    ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ)
    ホナタン・ロドリゲス(サントス・ラグーナ)
    エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
    マキシミリアーノ・ゴメス(セルタ)
    クリスティアン・ストゥアニ(ジローナ)

    10/6(土) 4:15配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00291963-footballc-socc

    続きを読む

    182: 名無し@サカサカ10 2018/10/04(木) 02:16:55.23

    DomZVP9XoAAw1uG[1]

    ネイマールキタ━━━━━━━━( ゚∀゚)━━━━━━━━!!



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/03(水) 18:12:41.97 _USER9
    米MLS・ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イビラヒモビッチ(36)が、来年1月から半年間の契約で古巣のACミランに復帰する可能性があると3日付の伊紙「コリエレ・デラ・セーラ」は報じた。同紙によれば、ミランがイブラヒモビッチの復帰プランを立て、選手サイドに既に接触、双方で議論を重ねているという。

    20180925-00838030-soccerk-000-1-view[1]

     イタリアではミラン他、インテル・ミラノ、ユベントス、さらにスペインの名門バルセロナ、プレミアの名門マンチェスターUなど数々のビッグクラブで活躍したイブラヒモビッチは、1メートル95の長身を誇る世界屈指のストライカー。ミランでは10~11年シーズンにバルセロナから期限付き移籍で加入、チームにリーグ優勝をもたらした。完全移籍を果たした翌シーズンには28得点で自身2度目となるセリエA得点王に輝いた。ミランのガットゥーゾ現監督はその当時のチームメートで仲が良いことでも知られており、復帰となれば大きな話題を呼びそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000139-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/02(火) 21:00:18.73 _USER9
     J1の北海道コンサドーレ札幌に所属するFWジェイ(ジェイ・ボスロイド)は、英メディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに答え、自身のキャリアや日英の文化の違いについてコメントしている。

    20181002-00291528-footballc-000-1-view[1]

     現在36歳のジェイは、キャリア初期にはイタリアのペルージャでプレーしたほか、イングランドの複数クラブを転々。2010年にはチャンピオンシップ(2部)のカーディフ・シティでの活躍が認められ、イングランドA代表デビューを飾った。

     ジェイは「犯罪と暴力の中で育った」と幼少時の環境を振り返りつつ、「最高レベルでプレーすることがずっと目標だった。プレミアリーグでプレーし、国の代表としてプレーし、できる限り活躍すること。その目標を達成できたと思う」と述べている。

     しかしイングランド代表での出場は1試合のみに終わり、その後プレミアリーグで大きな活躍を見せることもできなかった。「正直に言って、自分のポテンシャルに見合う実績を残せなかったと思う」とジェイは語る。

     その理由については「若かった頃の自分の姿勢のせいだ」と分析。「姿勢が良くなかった。20歳の頃なら何でも他人の失敗のせいにしてしまうが、年齢を重ねればもう少し自分を客観的に見て、そこから学ぶことができる」と続けた。

     一方でジェイは、日本と英国の違いにも言及。「飲酒運転をすればこの国では二度とプレーできない。イングランドでは罰金を受けても週末にはまたプレーしている」「欧米にはタトゥーを入れている人が多いが、ごく小さなものだったとしても、日本ではサウナや温泉やプールには入れない。伝統的に“ヤクザ”の一員だとみなされてしまうからだ」と語っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00291528-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/02(火) 13:57:27.01 _USER9
    メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)に所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがまた一つ、素晴らしいゴールを記録した。

    20180925-00838030-soccerk-000-1-view[1]

    先月16日、キャリア500得点目を見事なジャンピングボレーで決めて話題となったイブラヒモヴィッチ。依然として好調を維持しており、9月30日に行われたバンクーバー・ホワイトキャップス戦では2得点を記録した。3-0の勝利に貢献したイブラヒモヴィッチは、この試合でマン・オブ・ザ・マッチを獲得している。

    なかでも、2得点目が豪快だった。58分、イブラヒモヴィッチはポストプレーから味方とワンツー。バイタルエリアに進入すると、ペナルティアーク付近で対面するDFをはずして右足を振り抜く。強烈なシュートがゴール上に突き刺さった。

    このゴールについて、LAギャラクシーの公式Twitterは、「ズラタンによる強烈なサンダーボルト!」と絶賛している。イブラヒモヴィッチは、今シーズンからプレーするLAギャラクシーで20得点を記録。出場した直近の16試合で17得点を挙げている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00010002-goal-socc

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=IGKkiE_U8tQ


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/02(火) 09:34:03.59 _USER9
     アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏は、バルセロナのFWリオネル・メッシに対し、アルゼンチン代表にはもう復帰すべきではないと勧めている。アルゼンチン紙『クラリン』によるインタビューに語った。

    27283_ext_04_0[1]

     アルゼンチンのエースとして活躍を続けてきたメッシだが、ロシアワールドカップでも悲願の世界制覇を逃したあと、代表でのプレーを休止することを決断。少なくとも年内は休止する予定だとされているが、その後の復帰の予定は明確にされていない。

     今季からメキシコのドラドス・デ・シナロアで監督を務めるマラドーナ氏は、メッシにそのまま代表から引退することを勧めた。理由として、アルゼンチンのあらゆる失敗の責任がメッシに負わされることを挙げている。

    「メッシに言いたいこと? もう復帰はするなということだ。引退しろとね。U-15代表が負けてもメッシのせいにされるし、アルゼンチン国内の日程でラシンとボカが対戦することになってもメッシのせいだ。いつも彼の責任にされる。いい加減にしてほしい」とマラドーナ氏は述べた。

     アルゼンチン代表として最多の得点数を記録しているメッシだが、歴代最高の選手としてマラドーナ氏を越えるためにはワールドカップでの優勝が必要という声もある。次回のワールドカップを目指すことなく、このまま代表を去る可能性もあるのだろうか。

    10/1(月) 14:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181001-00291374-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/01(月) 20:26:50.76 _USER9
    レアル・マドリードからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)に対し、他にも3クラブがオファーを出していたと英ミラー電子版が報じた。

    20180930-00138461-soccermzw-000-2-view[1]

    同電子版がスペインのエル・ムンド紙の情報をもとに報じたところによると、レアルの他にはパリサンジェルマン(PSG=フランス)ACミラン(イタリア)、そして古巣マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が獲得に乗り出していたという。

    まず最初にオファーを出したのはACミラン。中国人の前オーナー李勇鴻氏がまだ在職中にロナウド獲得を目指したという。

    古巣ユナイテッドは、レアルに対して公式に接触。交渉に入ったものの、金銭面で折り合わずに移籍話は頓挫となった。

    PSGも獲得に本腰を入れていたが、交換として自軍のネイマールやエムバペをレアルに奪われることを嫌い、ロナウドに対し「移籍に合意した場合、移籍期間ギリギリの最終日に契約を成立させる」ことを求めた。ロナウド側はこの条件をリスクが高いと判断し、PSG入りはなくなったという。

    筆者は当初、ロナウドがレアルを退団するとすれば古巣ユナイテッド復帰が最も可能性が高いと思っていた。

    「育ての親」とも言えるファーガソン元監督がまだクラブ幹部として残っており、ロナウド自身も「レアルに入団した時は自分は大人の男だったが、ユナイテッドに入った時はまだ子供だった。だからサー・アレックス(ファーガソン氏)のような存在が必要だったんだ」と感謝の言葉を述べている。

    普通に考えればファーガソン監督勇退以来、低迷し続けているユナイテッドを助けるために同クラブに復帰するというのがベストなシナリオに見えた。

    だが100億円以上の移籍金が動く市場では、物事はそれほどセンチメンタルにはならないようだ。ロナウド自身はトリノの新たな家で、家族やガールフレンドに囲まれてとても幸せそう。ピッチ上でも徐々に本来のプレーが出るようになってきた。このまま、シーズン終了後にユベントス移籍が正解だったと思えるような成績を積み上げることを期待したい。

    【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00348163-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/01(月) 12:20:07.71 _USER9
    ●2009年にラスベガスのホテルで起こった出来事を巡って論争

    20180930-00138461-soccermzw-000-2-view[1]

     ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身の公式インスタグラムで過去の暴行疑惑に言及。

     売名行為の真っ赤な嘘であると弁明した。英紙「デイリー・メール」が伝えている。

     事の発端は、アメリカ人女性のキャサリン・マヨルガさんが2009年6月にラスベガスのホテルの一室でロナウドに性的暴行を受けたと告発。米ワシントン州のクラーク郡地方裁判所に提出された書類によれば、当時教師として勤めながらモデルを目指していたというマヨルガさんは、ロナウドが休暇中に滞在していたパームズ・カジノ・リゾートホテルのバーで友人とともにロナウドと知り合い、その後ペントハウスに招待されたという。

     そこでロナウドはマヨルガさんを風呂に誘ったとされる。ドレスを台無しにしたくないと一度断ったところ、ロナウドはTシャツとショーツを勧め、着替えのためにバスルーム行きを指示。そして、マヨルガさんが着替えをしているとロナウドがバスルームに入ってきて、自身の服を脱いで性行為を要求したという。

     さらに書類には、「原告(マヨルガさん)は拒否し、ホテルの部屋を去りたいと求めた。バスルームを出ると、ロナウドが原告をベッドルームまで連れ込み、無理やり性行為に及ぼうとした。原告はそれを拒み、身体を隠した」と記載されていた。その後、マヨルガさんは2010年に弁護士を通してロナウドと法定外で示談し、絶対に公にしないという条件で28万7000ポンド(約4250万円)が支払われたという。

     ロナウドはこの書類が裁判所に提出された数時間後、インスタグラムのリアルタイムで動画配信する「インスタライブ」の機能を使って、メッセージを発信した。

    「ノー、ノー、ノー。彼らが今日なんて言ったって? フェイク、フェイクニュースだ。彼らはただ、僕の名前を使って自分の名前を売りたいだけだよ。普通のことさ。彼らは僕の名前を出して有名になりたいんだ。でも、それも僕の仕事の一部。僕はハッピーだし、大丈夫だ」

     改めて自らの潔白を主張したロナウド。周囲の雑音をかき消すためにも、このままセリエAで活躍を続けたいところだ。(Football ZONE web編集部)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15380071/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/01(月) 00:36:47.32 _USER9
    スペインの一般紙『エル・ムンド』が、FWクリスティアーノ・ロナウドの「退団の真相」を報じている。

    今夏に9年間を過ごしてきたレアル・マドリーを退団して、ユヴェントスに移籍したC・ロナウド。これまで移籍の理由として様々な憶測が流れててきたが、『エル・ムンド』はそれが脱税問題とレアル・マドリーの敬意の欠如にあると報道した。

    20180930-00000018-goal-000-4-view[1]

    C・ロナウドがレアル・マドリー退団に動き出したのは、2011~2014年に合計1470万ユーロの肖像権収入を租税回避地に隠した疑いで、スペイン検察から告発されてからだったという。告発にショックを受けたC・ロナウドは2017年5月、代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の自宅で関係者たちと話し合い、次のように訴えたとされる。

    「リスクは望まないと言ったじゃないか!」

    「自分には教養がない。僕が人生で行ってきたことは、フットボールのプレーだけだ。でも、自分は馬鹿じゃないし、だからコンサルタントと契約を結ぶときには、要求額より30%多く支払ってきた。僕は問題を抱えたくないんだ」

    「でも税を支払うな、なんて一言も言っていない! 何が起こったのか教えてくれよ! 税はスポンサーが支払うはずだ。なぜ僕が非難されなくてはいけない?」

    こうしたC・ロナウドの怒りに、同選手の弁護士を務めるカルロス・オソリオ氏は「責任は私にある。落ち着いてくれ。万事うまくいく」と語りかけてなだめた模様だ。

    C・ロナウドはその後、バルセロナがFWリオネル・メッシに対して行ったように、レアル・マドリーに脱税額や罰金額を負担することを求めた模様。だがレアル・マドリーは脱税問題に首を突っ込むことを嫌い、C・ロナウドはそうしたクラブの姿勢を「裏切り」と受け取ったという。

    C・ロナウドはまた、レアル・マドリーが自身を過小評価していると不満を溜め込んでいたようだ。4回のチャンピオンズリーグ優勝など数多くのタイトル獲得に貢献し、438試合で451得点を決めてクラブ史上最多得点者となりながらも、レアル・マドリーが故アルフレド・ディ・ステファノ氏をクラブ史上最高のレンジェンドとして崇めていることに納得がいかず、「僕はいつもディ・ステファノの後ろに置かれている。これ以上、何をすればいいのか、まったく分からない」との言葉を発するに至ったとされる。

    加えてC・ロナウドは、メッシ、パリ・サンジェルマンFWネイマールの約半分の年俸2100万ユーロにも不満を持ち、「メッシ、ネイマールより年俸が少ないなど、バロンドーラーの僕に敬意を欠いている。金じゃない、ステータス、敬意の問題」と話していたという。C・ロナウドの不満はロッカールームにも影響を及ぼし、昨季までチームを率いたジネディーヌ・ジダン氏はクラブ上層部に「クリスティアーノの問題を解決してほしい。ロッカールームでもそれ以外のことを話さず、状況は耐えきれるものではない」と訴えたとのことだ。

    結局、レアル・マドリーと意見が一致することなく、仲違いという形でC・ロナウドはユヴェントスに移籍。『エル・ムンド』は、C・ロナウドがレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長に後悔を感じさせるため、並々ならぬモチベーションでユヴェントスでの挑戦に臨んでいると記して、記事を締めている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000018-goal-socc

    続きを読む

    664: 名無し@サカサカ10 2018/09/30(日) 18:14:53.38
    綺麗なポルディ

    Lukas-Podolski.com
    @Podolski10
    いま、神戸サポーターを始めチームに関わる全ての人にとって難しい局面を迎えています !
    昨日の試合は本当に申し訳ないとサポーターをはじめ、チームを支えてくれているみんなに、キャプテンとして謝りたい !
    残りあと6試合、共に立つこと以外になにもない !
    最高の応援に感謝
    @vissel_kobe

    DoVKJq2U4AE74Ip[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/30(日) 19:18:32.38 _USER9
    マンチェスター・シティーはパリサンジェルマンのキリアン・エムバペを獲得するために世界最高移籍金となる2億ポンド(約306億円)を来年1月に支払う準備があると、30日に英紙サン電子版が報じた。

    パリサンジェルマンが17年にネイマールを獲得した際にバルセロナに支払った1億9800万ポンド(約302億4000万円)を超える金額であり、
    マンCはエムバペに年俸2000万ポンド(約30億6000万円)を支払うつもりだという。

    マンCのグアルディオラ監督は欧州CLを制するために必要な補強だと考えており、マンスール・オーナーも同監督にできるだけ長くクラブにとどまってほしいと考えているという。

    20180930-00347414-nksports-000-4-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00347414-nksports-socc
    9/30(日) 19:13配信

    続きを読む

    001無し@サカサカ10 2018/09/30(日) 01:26:55.84
     【ユベントス 3-1 ナポリ セリエA第7節】

     現地時間29日に行われたセリエA第7節のユベントス対ナポリは、3-1でホームのユベントスが勝利した。

    20180930-00291200-footballc-000-1-view[1]

     開幕から連勝を続けるユベントスと、勝ち点3差で追うナポリの上位対決。スコアは早い時間に動いた。

     開始10分、ナポリは敵陣の高い位置でプレス。ユベントスのパスがずれてアランが奪うと、すぐに右前方へパス。ペナルティエリア右からカジェホンが折り返すと、メルテンスが押し込んで先制した。

     だが、ユベントスは慌てない。26分、左サイドでボールを持ったクリスティアーノ・ロナウドが縦に突破して左足でクロスを入れると、マンジュキッチが合わせて同点に追いつく。

     その後はユベントスが主導権を握って1-1で折り返すと、後半の立ち上がりに逆転弾が生まれた。49分、ペナルティエリア手前からC・ロナウドがミドルシュートを放つと、左のポストに当たってこぼれたボールを再びマンジュキッチが決めて2-1となった。

     1点を追うナポリは58分、ディバラに対するファウルでマリオ・ルイがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場となり10人に。さらに厳しい状況になってしまう。

     するとユベントスは76分に勝負を決めた。右からのCKをニアでC・ロナウドが触ると、ボヌッチがファーで押し込んで3点目。大きな追加点を決めた。

     ここまで全ての得点に絡んでいるC・ロナウド。終盤は自身がゴールを決めるチャンスもあったが、こちらは決めきれず。それでも10人になったナポリに反撃を許さなかったユベントスは、開幕7連勝を飾った。

    【得点者】
    10分 0-1 メルテンス(ナポリ)
    26分 1-1 マンジュキッチ(ユベントス)
    49分 2-1 マンジュキッチ(ユベントス)
    76分 3-1 ボヌッチ(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291200-footballc-socc






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/29(土) 14:27:10.35 _USER9
    ヴィッセル神戸は29日、J1第28節で本拠地ノエビアスタジアム神戸に鹿島アントラーズを迎える。
    16時のキックオフに先駆けて両チームの先発メンバーが発表され、MFアンドレス・イニエスタが2試合連続で登録メンバーから外れた。
    イニエスタは23日に敵地で行われた第27節・浦和戦(0-4)もベンチ外。この試合前にDF高橋峻希が部外者に出場予定メンバー情報を漏洩していたと報道され、物議を醸していた。
    なお、イニエスタの2試合連続ベンチ外は、スペインに一時帰国していた第19節・C大阪戦、第20節・FC東京戦以来となる。 
      
     DoFj38WU8AAi3e0[1]

      
    以下、両チームの出場メンバー
    [ヴィッセル神戸]
    先発
    GK 18 キム・スンギュ
    DF 25 大崎玲央
    DF 3 渡部博文
    DF 30 ティーラトン
    DF 24 三原雅俊
    MF 34 藤谷壮
    MF 7 三田啓貴
    MF 14 藤田直之
    MF 16 古橋亨梧
    FW 10 ルーカス・ポドルスキ
    FW 17 ウェリントン
    控え
    GK 1 前川黛也
    DF 2 那須大亮
    DF 22 橋本和
    MF 21 田中順也
    MF 23 松下佳貴
    FW 33 大槻周平
    FW 50 長沢駿
    監督
    林健太郎

    [鹿島アントラーズ]
    先発
    GK 1 クォン・スンテ
    DF 22 西大伍
    DF 39 犬飼智也
    DF 28 町田浩樹
    DF 32 安西幸輝
    MF 6 永木亮太
    MF 4 レオ・シルバ
    MF 13 中村充孝
    MF 30 安部裕葵
    FW 8 土居聖真
    FW 9 鈴木優磨
    控え
    GK 21 曽ヶ端準
    DF 16 山本脩斗
    DF 2 内田篤人
    MF 20 三竿健斗
    MF 40 小笠原満男
    FW 14 金森健志
    FW 18 セルジーニョ
    監督
    大岩剛

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-02195077-gekisaka-socc
    9/29(土) 14:23配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/29(土) 01:47:44.32 _USER9
    リバプール戦で圧倒的な個人技を見せつけたアザール 同僚MFバークリーが太鼓判

    チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは現地時間26日のリーグカップ3回戦でリバプール相手に圧倒的な個人技を見せて決勝ゴールを奪った。今季公式戦7試合6ゴールと驚異的な活躍を見せる「背番号10」を同僚選手も「世界一」だと称えている。英紙「テレグラフ」が報じた。 
      
     アザールはリバプールとの一戦で後半11分からピッチに立つと、1-1で迎えた同40分に右サイドをドリブルで切り裂き、強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

     開幕からトップフォームを維持し、圧巻の個人技を披露したアザールを“世界一“に推す声も上がっている。同僚のイングランド代表MFロス・バークリーは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と比較したうえで、“自己中心的”ではないアザールこそナンバーワンだと手放しで称賛する。

    「比較すると、ロナウドとメッシのほうがエデンより利己的かもしれない。彼は利己的な選手ではない。二つのアシストでチームが勝利してもハッピーだ。ゴールも増え、日々良くなっている。リバプール戦で彼がやってのけたプレーは、正直言ってトレーニングで毎回やっている。だから驚きはないよ。現時点で彼は世界最高の選手だ。僕はそう信じている」

     メッシやロナウドに並ぶ実力者という評価を得ているアザール。二人の壁に阻まれて、バロンドールなど個人賞の獲得はまだない。この調子を維持し、名実ともに世界最高の称号を手にすることができるだろうか。 
      
      GettyImages-884399256[1]

    9/28(金) 15:10 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00138049-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/27(木) 21:04:36.77 _USER9
    アラビアン・ガルフ・リーグ(UAE1部)のアル・アインでプレーするブラジル人MFカイオに、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のポルトが関心を示しているようだ。26日付のポルトガル紙『O JOGO』が報じている。

    20180927-00838885-soccerk-000-1-view[1]

     同紙によると、ポルトがカイオの獲得に関心を示し、動向を調査している模様。2016年夏に鹿島アントラーズからアル・アインへ移籍した同選手は来年6月で同クラブとの契約が満了を迎えるため、フリートランスファーでの移籍が可能となる。ポルトはカイオの獲得に向け、条件面などを調査しているようだ。

     カイオは1994年生まれの24歳。2014年に千葉国際高校から鹿島に加入した。加入1年目にはJ1リーグで30試合出場8得点を記録し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞。2015年は明治安田生命J1リーグで32試合出場10得点、2016年はJ1リーグ・ファーストステージ全17試合中16試合に出場して5得点を記録した。

     2016年夏にアル・アインへ移籍し、主力として活躍を続けているカイオ。昨シーズンのプリメイラ・リーガを制し、通算28回の優勝を誇る名門ポルトへの加入が決まった場合、自身初の欧州挑戦となる

    9/27(木) 12:38配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00838885-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/27(木) 19:26:34.31 _USER9
    FCバルセロナの元キャプテンで現在、ヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタは自身のSNSを通してJリーグでの自身の冒険の日々をファン達が追う事ができるビデオチャンネルを開設した事を発表した。

    イニエスタが花時計のデザインに!自身もインスタに投稿

    イニエスタが説明している通り、それらのビデオは日本サッカー界での彼の歩みを追ったビデオコレクションとなっており、彼のベストプレーを見たり、ヴィッセル神戸の情報を知る事もできる。

    ヴィッセル神戸は9月中旬に4連敗を喫するなど成績不振に陥っていた事から監督の吉田孝行を解任し、フアン・マヌエル・リージョを新監督に招聘した。

    J1で現在9位のヴィッセルは9月29日(土)に行われる第28節に4位の鹿島アントラーズをホームに迎える。

    (文:SPORT) 
      
     
    no title


    9/27(木) 19:19配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00010015-sportes-socc





    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/27(木) 00:36:47.67 _USER9
    パナマサッカー連盟は現地時間25日、10月12日に新潟(デンカビッグスワンスタジアム)日本代表戦に挑むメンバー20名を発表した。

    20180926-00137701-soccermzw-000-4-view[1]

    初出場(3戦全敗)となったロシア・ワールドカップ(W杯)で同国史上初のゴールを決めた37歳のDFフェリペ・バロイを筆頭に、計6選手が現役ないしは代表引退を表明。32歳のDFロマン・トーレス(シアトル・サウンダーズ/MLS)も家庭の事情で選外となったが、それ以外はロシアW杯のメンバーを15人選ぶなど、怪我人を除いてベストメンバーでの来日となる。

     サプライズは、ロシアW杯後の代表引退を表明していた34歳のMFガブリエル・ゴメス(アトレチコ・ブカラマンガ/コロンビア)の復帰だ。パナマ代表史上最多の145試合に出場してきたベテランボランチのメンバー入りは、地元メディアもこぞって驚きとして報じた。

     パナマではW杯後、コロンビア人のダリオ・ゴメス監督が退任。同国U-17代表を率いていたパナマ人のガリー・ステンペル氏が、後任が決まるまでの代行監督に就任しており、地元紙「パナマ・アメリカ」によると、ステンペル代行監督は「彼には非常に豊富な経験があり、ピッチ内外で多くのことをチームにもたらしてくれる」と、選出理由を明かしたという。

     パナマ代表は9月11日のベネズエラ戦に0-2で敗れており、指揮官は「日本は(パナマの隣国の)コスタリカに良い試合をして勝ったが、我々は責任感のある立派な役割を果たすために、日本と互角に戦えるチームを作りたい」と抱負を語っている。

     なお、パナマ代表は10月12日の日本戦を行った後、同16日に韓国・天安で韓国代表と対戦する。

    ロマン・トーレスは家庭の事情で選外

     発表された日本戦のメンバー20人は以下の通り。

    GK
    ホセ・カルデロン(デポルティボ・グアスタトヤ/グアテマラ)
    ルイス・メヒア(ナシオナル/ウルグアイ)

    DF
    アロルド・クミングス(サンノゼ・アースクウェイクス/MLS)
    ミカエル・アミル・ムリージョ(レッドブル・ニューヨーク/MLS)
    フィデル・エスコバル(レッドブル・ニューヨーク/MLS)
    エリック・ダビス(FK DAC/スロバキア)
    アドルフォ・マチャド(ヒューストン・ダイナモ/米国)
    フランシスコ・パラシオス(サンフランシスコFC)
    ルイス・オバージェ(スポルティングSM)

    MF
    アニバル・ゴドイ(サンノゼ・アースクウェイクス/MLS)
    ガブリエル・ゴメス(アトレチコ・ブカラマンガ/コロンビア)
    ホセ・ルイス・ロドリゲス(NKイストラ/クロアチア)
    エドガル・バルセナス(レアル・オビエド/スペイン)
    リカルド・アビラ(CDウニベルシタリオ)
    クリスティアン・マルティネス(コロンブス・クルー/MLS)
    ミゲル・カマルゴ(ミネロス・デ・グアヤナ/ベネズエラ)
    アルマンド・コーペル(ディナモ・ブカレスト/ルーマニア)

    FW
    ガブリエル・トーレス(ウアチパトFC/チリ)
    アブディエル・アロージョ(CDサンタクララ/ポルトガル)
    ロランド・ブラックバーン(ザ・ストロンゲスト/ボリビア)

    9/26(水) 17:57 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00137701-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/27(木) 07:06:33.37 _USER9
    スペイン代表MFイニエスタの29日の鹿島戦(ノエスタ)への出場が微妙になった。
    15日のG大阪戦で痛めた右脚付け根の調子が優れず、神戸市内で行われた非公開練習には完全別メニューで参加。
    実戦復帰のメドが立っていない現状に、暫定監督を務める林健太郎コーチ(46)は「彼に依存しすぎるのもあまり良いことではない。
    いないならいないで割り切ってやるしかない」と苦しい表情を浮かべた。
    その鹿島戦は“イニエスタ効果”もあり、チケットがホームでは5戦連続となる完売に迫っている。


    J1神戸のイニエスタ先発落ち漏えい騒動で、関東リーグ2部・エリース東京は26日までに、同クラブのMF田仲智紀(28)がツイッターを通じて漏らしたことを明らかにし、公式サイト上で謝罪した。
    23日の浦和―神戸戦で、浦和ユース時代の同級生に当たる神戸DF高橋峻希(28)からイニエスタ欠場を聞いたとされる田仲が、メンバー発表前にツイート。5分後に削除したが、情報が拡散する事態となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000093-sph-socc
    9/27(木) 6:09配信 
     20180921-00010001-mdjp-000-1-view[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/26(水) 20:15:38.58 _USER9
    ▽バイエルンはチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『Fichajes.net』が伝えた。▽記事によると、バイエルンは元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)と元フランス代表FWフランク・リベリ(35)に代わる新たなスターの獲得を検討しており、白羽の矢を立てたのがアザールだ。

    pcimage[1]

    ▽今夏にレアル・マドリー移籍が騒がれたアザールは、現在ではチェルシーとの2022年までの契約延長が目前まで迫っている模様。しかし、獲得を狙うバイエルンが契約延長を阻む考えを示しており、継続して追いかけているマドリーのほかに、バルセロナも注視しているという。とはいえ、チェルシーの契約更新を妨げるのは難しいだろう、とも推測されている

    ▽リール下部組織のアザールは、2007年にプロデビューを飾ると、2010-11、11-12シーズンと2シーズン連続でリーグ・アン年間MVPを受賞。この活躍を受け、2012年に、チェルシー入りを果たした。加入後は公式戦通算307試合に出場し、94ゴール78アシストを記録。ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いた後に突入した今シーズンも、プレミアリーグ6試合で5ゴール2アシストとチームの攻撃の要として活躍している。
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=329004

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/09/26(水) 07:05:23.55
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=47749

    >元イングランド代表FWで、チャンピオンシップ(英2部)のストークに在籍するサイード・ベラヒノが、
    6週間で3人の子どもの父親となったというニュース。
    しかも、母親はそれぞれ違うというから驚きだ。

    20180925-00047749-sdigestw-000-5-view[1]


    続きを読む

    このページのトップヘ