サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外選手

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:58:34.54 _USER9

    20170411-00574918-soccerk-000-2-view[1]


    AFCチャンピオンズリーグはグループステージの第5節が終了。

    日本勢では鹿島アントラーズと浦和レッズがそれぞれ決勝トーナメント進出を決めているが、残る2チームは最終節の結果次第という状況だ(詳しくはこちら)。

    一方、“爆買い”で話題の中国リーグは出場3チームが全て各組で2位以上をキープ。最終節で広州恒大が引き分け以上であれば、全チームが勝ち上がることになる。

    そんななか、26日には上海上港がホームでFCソウルと対戦。「悪魔の左足」を持つフッキが、またも無慈悲なゴールを突き刺した!

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=127&v=wSKfX4bSTls



    0-1とリードされ迎えた26分、ゴールまで25mほどはあろうかという距離からこのミドルシュート!シュート力やコースを含め、完全にアジアのレベルを逸脱している…。

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=99&v=wSKfX4bSTls



    また、14分にすんごいシュートでスタジアムをザワつかせてみせた。カメラも追いつけないほどのスピード!

    フッキはここまで4ゴールをあげており、第1節のFCソウル戦でも強烈なミドルシュートを決めている。決勝トーナメントで日本勢と対戦した際には、手を焼く存在になりそうだ。

    なお、試合は4-2で上海上港が勝利。勝ち点を「12」は浦和レッズと同じだが、直接対決の成績で2位につけている。

    http://qoly.jp/2017/04/27/hulk-goal-vs-fc-seoul-20170426-kwm-1

    【フッキ、ACLでまたも「鬼ミドル」が炸裂!!!軌道がもうおかしい】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:20:02.91 _USER9

    20170427-00581017-soccerk-000-1-view[1]


    ウルグアイサッカー協会は25日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国2017に挑むU-20ウルグアイ代表の21人を発表した。 
      
    U-20南米選手権を制したメンバーの大多数が選出されており、優勝候補とされている。

    ▼GK
    サンティアゴ・メレ(CAフェニックス)
    ファン・ティナグリーニ(リーベル・プレート)
    アドリアーノ・フレイタス(ペニャロール)

    ▼DF
    アグスティン・ロヘル(ナシオナル・モンテビデオ)
    サンティアゴ・ブエノ(バルセロナB)
    エマヌエル・グラルテ(モンテビデオ・ワンダラーズ)
    マティアス・ヴィーニャ(ナシオナル・モンテビデオ)
    マティアス・オリヴェイラ(CAアテナス)
    ホセ・ルイス・ロドリゲス(ダヌビオ)

    ▼MF
    マルセロ・サラッチ(ダヌビオ)
    サンティアゴ・ヴィエラ(リベルプール)
    カルロス・ベナビデス(ディフェンソル・スポルティング・クラブ)
    ファクンド・ウォージャー(プラザ・コロニア)
    ロドリゴ・ベンタンクール(ボカ・ジュニアーズ)
    フェデリコ・ヴァルベルデ(レアル・マドリード・カスティージャ)
    ニコラス・デ・ラ・クルス(リベルプール)

    ▼FW
    ファン・マヌエル・ボセージ(ディフェンソル・スポルティング・クラブ)
    アグスティン・カノビオ(CAフェニックス)
    ニコラス・スキアッパカッセ(アトレティコ・マドリードB)
    ホアキン・アルダイス(ダヌビオ)
    ロドリゴ・アマラオ(ナシオナル・モンテビデオ) 
      
    ウルグアイは日本と同組のグループDに入り、南アフリカ、イタリアと対戦する。日本のメンバーは5月2日に発表され、大会は5月20日に韓国で開幕する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00581017-soccerk-socc

    【U-20W杯で日本と同組、南米王者ウルグアイが21人のメンバーを発表!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:04:44.39 _USER9

    24日から26日にかけてて行われたAFCチャンピオンズリーグのグループステージ第5節。

    日本勢が3勝1分と好成績を残すなか、夏のJリーグ入りが内定している“タイのメッシ”が圧巻のゴールを見せてくれた。

    グループEのムアントン・ユナイテッド対ブリスベン・ロアー戦。2-0とリードし迎えた83分…

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=62&v=PdOhBC6O328



    ムアントンのエースであるMFチャナティップ・ソンクラシンがこのドリブル突破!

    鹿島アントラーズ戦で見せたプレー同様、軽やかな身のこなしからトラップで相手をかわすと、
    その後カバーリングに回ったDFカイ・ロールスをもぶっちぎる。
    そして相手GKまで追い抜かし、中央突破でありながら3人抜きの芸当をやってのけた。

    チャナティップは157cmと非常に小柄だが、それをカバーするだけの身軽さとスピードを叶え備えている。
    オーストラリアのチーム相手にこれだけやれるということは、きっとJリーグでも暴れるに違いない!

    なお、チャナティップの活躍もありムアントンは3-0で勝利。決勝トーナメント進出を決めており、グループEで首位に立っている。

    http://qoly.jp/2017/04/27/chanathip-songkrasin-goal-vs-brisbane-roar-kwm-1

    【札幌内定のチャナティップ、ACLでメッシばりの中央突破ゴール!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 12:06:45.80 _USER9

    pre17042711490005-p1[1]


    “悪童”バートン、18カ月の出場停止…10年間で1260試合の賭博に関与 
      
    イングランド・サッカー協会(FA)は、1000試合以上の賭博に関与したバーンリーのジョーイ・バートンに18カ月の出場停止処分を科したことを発表している。 
      
    バートンは10年以上にわたって1260件の賭博に関与したことを認め、3万ポンドの罰金と長期の出場停止処分を科されることになった。 
    所属クラブのバーンリーはクラブの公式サイトで、今年1月に加入した34歳の元イングランド代表選手が長期出場停止を科されたことを認めている。 
     
    FAは「ジョーイ・バートンが18カ月間フットボールにかかわる全ての活動に参加することを禁止する。2006年3月26日から2016年3月13日の間に1260試合を対象にした同選手の行為は、FA規定のE8に抵触する。バーンリーンのミッドフィールダーに3万ポンドの罰金と出場停止を科す」と声明を発表している。 
      
    一方のバートンは「この決定により早期の引退を余儀なくされる。確かに規則を破ったが、このペナルティは重すぎる。私はギャンブル依存症と戦っており、FAに診断書も提出した。これらのことを考慮されずとても失望している」とFAの決定に異議を唱えた。(Goal.com)

    sanspo.com 2017.4.27 
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170427/pre17042711490005-n1.html

    【“悪童”バートン、18カ月の出場停止…10年間で1260試合の賭博に関与】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 16:12:06.04 _USER9

    20170311-00010012-soccermzw-000-1-view[1]


    ブラジルの最高裁が25日、殺人罪で2013年に禁錮22年の判決を言い渡されたが、今年2月24日に釈放されていたブラジル人GKのブルーノ・フェルナンデス・ソウザ(33)に再び刑務所に戻るよう命じたことが明らかになった。ロイター通信などが報じた。 
      
    かつてフラメンゴなどでプレーしたGKは2010年に愛人のエリーザ・サムディオさんを殺害。さらにその遺体を犬に食べさせたとして、2013年に禁錮22年の判決を言い渡された。だが、刑期が短縮され、今年2月に釈放。4月にはブラジル全国選手権2部のボア・エスポルテが選手契約を結び、現役復帰していた。 
      
    ブラジルの最高裁はフェルナンデスの釈放を許可した2月の判決を覆す決定を下し、「この判決はブルーノの保護を再確立するものだ」とした。これに対し、ブルーノの弁護士を務めるルシオ・アドルフォ・ダシルバ氏は裁判所の判決に異議を申し立てると話している。

    http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20170426-OHT1T50099.html

    【愛人を殺害し犬に食べさせたブラジル人GK、再び刑務所へ!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 16:52:39.33 _USER9

    20170426-00580446-soccerk-000-2-view[1]


    バルセロナのスポーツディレクター(SD)を務めるロベルト・フェルナンデス氏が、同クラブ所属のブラジル代表FWネイマールの放出は不可能だと強調し、ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得に否定的な見解を示した。イギリス紙『デイリーメール』が25日に報じている。 
      
    ネイマールに関しては、将来的にプレミアリーグのクラブでプレーすることを本人が希望していると伝えられているほか、パリ・サンジェルマンからの関心も以前から引き続き報じられている。バルセロナとの現行契約を2021年まで残している同選手についてフェルナンデス氏は、スペインのラジオ局『RAC1』にて「彼は完全に放出できない選手だ」と強調。移籍を否定した。 
      
    続いてフェルナンデス氏は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグで2ゴールを奪われたディバラについても質問を受けた。同氏は「彼は素晴らしい選手だ」と高評価を口にしつつ、「だが、我々には世界最高の3人がいる」とコメント。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、そしてネイマールからなる“MSN”の存在を挙げ、ディバラの獲得には否定的な見解を示した。 
      
    以前からディバラへの関心を報じられてきたバルセロナだが、同選手はユヴェントスとの契約を2022年まで延長。今回のフェルナンデス氏の発言も含め、移籍実現の可能性は低いと言えそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00580446-soccerk-socc

    【バルサ幹部、ネイマールは「放出不可」、ディバラ獲得には否定的】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 17:14:09.32 _USER9

    20170426-00000014-ism-000-1-view[1]


     MLS(アメリカ・メジャーリーグサッカー)労働組合が現地時間25日、今季の全選手のサラリーを公表。オーランド・シティの元ブラジル代表MFカカが、最高額の報酬を受け取っていることが分かった。 
      
    オーランドで3年目のカカは、基本給が660万ドル(約7億3000万円)。総額では716万7500ドル(約8億円)で、3シーズン連続の最高額となった。 
      
    2位はトロントの元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコで、基本給560万ドル(約6億2000万円)の総額711万5556ドル(約7億9000万円)。3位は同じくトロントのアメリカ代表主将マイケル・ブラッドリー。基本給600万ドル(約6億7000万円)の総額650万ドル(約7億2000万円)だった。 
     
    なお、この春シカゴ・ファイアーに加入した元ドイツ代表Mバスティアン・シュヴァインシュタイガーは、総額540万ドル(約6億円)で7位。総額で100万ドル(約1億1000万円)を上回ったのは、昨年から5名増えて計28選手だった。 
      
    報酬額トップ10は以下のとおり。(STATS-AP)

    1位 カカ(オーランド・シティ/基本給660万ドル、総額716万7500ドル)
    2位 セバスティアン・ジョヴィンコ(トロント/基本給560万ドル、総額711万5556ドル)
    3位 マイケル・ブラッドリー(トロント/基本給600万ドル、総額650万ドル)
    4位 アンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ/基本給560万ドル、総額591万5960ドル)
    5位 ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ/基本給不明、総額561万ドル)
    6位 ジオバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/基本給375万ドル、総額550万ドル)
    7位 バスティアン・シュヴァインシュタイガー(シカゴ・ファイアー/基本給不明、総額540万ドル)
    8位 ジョジー・アルティドール(トロント/総額487万5000ドル)
    9位 クリント・デンプシー(シアトル・サウンダース/基本給320万ドル、総額389万2934ドル)
    10位 ディエゴ・バレリ(ポートランド・ティンバーズ/基本給222万7500ドル、総額260万7500ドル)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000014-ism-socc

    【MLS報酬ランキング、カカが3季連続首位!トップ10は?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 08:19:51.17 _USER9

    20170425-00010038-theworld-000-1-view[1]


    いよいよ我慢も限界?

    レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は今、大金を叩いて購入したウェールズ人アタッカーの価値に疑念を抱きつつある。

    2013年、白い巨人はプレミアリーグで最も輝きを放っていたトッテナムのガレス・ベイルをおよそ130億円もの移籍金で獲得し、ファンに大きな期待を抱かせたものの、
    今季は度重なる負傷により、全くと言っていいほど存在感を示すことができていない。

    また、チームドクターの反対を押し切って強行出場したとされるバルセロナ戦では前半に負傷交代を余儀無くされ、負の連鎖が続いている。

    そんなベイルに対し、ペレス会長は大ナタを振る準備が整っているとスペインメディア『Don Balon』が報じた。

    ペレス会長は、約1億ユーロの高額プレイヤーがほとんどの時間を医療室で過ごしている事実に納得しておらず、
    今夏の売却を検討。どうやらクラブ首脳陣もこぞってベイルの負傷癖には怒り狂っているという。

    曰く、ウェールズ代表FWにはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが関心を示しており、
    今後レアル側は真剣にベイルの放出を視野に入れることになるようだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/25(火) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00010038-theworld-socc 
     

    【怪我“ガラス・ベイル”レアル・マドリード会長が遂に売却を検討へ!「1億ユーロの男はいつも医療室」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 14:59:58.82 _USER9

    20170426-00010005-theworld-000-1-view[1]


    ◆クラシコでも異常な活躍

    クラシコでレアル・マドリードの選手を手玉に取り、試合終了間際に決勝ゴールを叩き込む。相変わらずバルセロナFWリオネル・メッシを巡る物語は出来すぎている。もはや才能という言葉だけでは片づけられないものがあり、過去にこれほど凄いサッカー選手がいただろうか。

    そこで英『Daily Mirror』は、メッシがサッカー史上最高の選手なのかと議論している。記録的にもメッシは様々なものを打ち立てており、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドと同じく得点記録では過去の名選手をも上回る。

    しかし、メッシはワールドカップを制した経験がない。クラブでは信じられないほどの成功を収めているが、アルゼンチン代表では別人になってしまうことも珍しくない。今もアルゼンチン代表は2018ロシアワールドカップ南米予選で大苦戦しており、優勝の前に予選突破に必死になっている状況だ。

    同メディアは比較対象としてサッカーの神様であるペレ氏、ディエゴ・マラドーナ氏、ジョージ・ベスト氏、ボビー・チャールトン氏などの名前を挙げているが、ペレ氏やマラドーナ氏はワールドカップも制している。特に同じアルゼンチン人選手としてマラドーナ氏は特別な存在で、1986年大会では自身の力でアルゼンチンをワールドカップ優勝に導いた。ここはメッシとの差ともいえる。

    同メディアのおこなった「史上最高の選手は誰か」とのアンケートでは、メッシが50%の票を獲得して1位となっており、それに17%でマラドーナ氏、15%でペレ氏、10%でクリスティアーノ・ロナウドが続いている。意見が分かれるところではあるが、メッシは史上最高の選手なのか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/26(水) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00010005-theworld-socc

    【メッシは“サッカー史上最高の選手“なのか?英紙がペレ、マラドーナをも超えたかと議論!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/26(水) 08:41:42.80 _USER9

    afpbb_3126159_0-enlarge[1]


    イングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するヌゴロ・カンテが23日、
    イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出された。

    2冠を目指すチェルシーで活力に満ちたパフォーマンスを見せている26歳のカンテは、
    トッテナム・ホットスパーのストライカー、ハリー・ケイン(Harry Kane)や
    エバートンの点取り屋であるロメルー・ルカクを抑え、同業者たちから選ばれる最高の栄誉を手にした。

    昨季レスター・シティのタイトル獲得の原動力となったカンテは、
    史上初めて異なるクラブでのプレミアリーグ2連覇達成を目前にしている。

    カンテは「選手たちから年間最優秀選手に選ばれることは重要な意味を持つ。この2シーズンは美しいものだ。
    1シーズンはレスターで、そしてチェルシーで僕らは好調だ。最優秀選手に選ばれたのは最高の栄誉」とコメントしている。

    チェルシーはイングランドFAカップでアーセナルと対戦する決勝が決まっており、
    リーグ戦では2位トッテナム・ホットスパーに勝ち点4差の首位に立っている。

    カンテは、「両方で戦い抜くつもりだ。カップ戦は一発勝負で、リーグ戦は(残り)6試合。
    両方で優勝するためにベストを尽くしていく」と語った。

    AFPBB News / 2017年4月24日
    https://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3126159/ 
     

    【チェルシーのカンテがイングランド選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出! 】の続きを読む

    このページのトップヘ