サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外選手

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/13(金) 05:45:40.22
    ビッグクラブが注目するザルツブルクFWアーリング・ハーランド獲得へ、ドルトムントも動き出したようだ。地元紙『ルール・ナハリヒテン』が伝えた。

    19歳ながら圧巻のパフォーマンスを披露するハーランド。今季は公式戦22試合で28ゴールと得点を量産し、チャンピオンズリーグ(CL)では10代選手として史上初の5試合連続得点を奪うなど、全世界に衝撃を与えている。

    そんなノルウェー代表ストライカーには各国のメガクラブが興味を示しており、これまでリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、レアル・マドリーといったクラブが獲得に動いていることが伝えられていた。

    激化する争奪戦だが、ドルトムントも参戦したようだ。『ルール・ナハリヒテン』によると、ハーランドが会談のため、11日にドイツを訪れたという。

    ザルツブルクは10日にCLグループリーグ最終節でリヴァプールに0-2と敗れて敗退が決まったが、ハーランドは代理人ミノ・ライオラ氏の助言を受け、11日にはドイツへ到着したようだ。そこでドルトムント関係者と会談したと見られている。

    評価額は8000万ポンド(約114億円)以上とも言われるハーランド。先日「僕の仕事にフォーカスしている。それはフットボールをプレーすること」と去就について考えていないことを明かしていたが、新天地はどのクラブになるのだろうか。注目が高まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00010000-goal-socc
    12/13(金) 5:10配信

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/08(日) 12:03:59.61
    GettyImages-462499399[1]

    レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスに年俸の値上げを拒絶され、仲違いの末にクラブを退団したクリスティアーノ・ロナウド。
    ユヴェントス移籍から1年半後の現在、彼はマドリーを去ったことは誤りだったと考えている。
    『ABC』紙の報道によれば、ロナウドは複数の元同僚に移籍を後悔していると漏らしているようだ。

    今シーズン、ロナウドはパフォーマンスの低下(12試合7ゴール)から多くの批判を受けている。セリエAとリーガの違いを知り、バロンドールを狙うことが難しいと身をもって感じているという。
    ロナウドはプライドの高さからマドリーを去ったことを密かに後悔していると同紙は報じている。

    決して公に発言することはないが、レアル・マドリーに残留していれば、2018年と2019年のバロンドールを連続で受賞できたとロナウドは信じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010007-sportes-socc
    12/8(日) 11:22配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/08(日) 06:32:05.91
    20191208-12080078-sph-000-2-view[1]

     F東京が、元スペイン代表MFダビドシルバ(33)=マンチェスターC=の獲得に乗り出していることが、7日分かった。関係者によると、既にシルバ側とは接触しており、好感触を得ている模様だ。

     F東京は前半戦首位に立ちながら夏にMF久保建英がスペインに移籍して以降、チャンスメーカー不在で2位に終わった。そこで今夏にクラブとの契約が切れ、母方が日系人で日本にルーツがある同選手に白羽の矢を立てた。

     スペイン代表として10年南アフリカW杯優勝に貢献した司令塔は、今季プレミアリーグで14試合出場3得点(6日現在)と活躍。来年1月に34歳となるが、衰える気配はない。年俸は700万ユーロ(8億4000万)前後の見込みで、神戸と札幌も獲得を目指しているが、日本なら東京を希望しているという情報もある。プレミアリーグが終了するのは5月中旬。既に代表は引退しており、獲得が実現すれば、早ければ6月中にも合流できる。

     また下部組織出身のニューカッスルFW武藤嘉紀(27)に復帰を要請していることも判明。今季はクラブで出場機会を失っており、今冬の移籍を検討。本人の希望は以前プレーしていたドイツを始め欧州だが、話がまとまらなければ、日本復帰を視野に入れる可能性がある。ほかにもJ2に降格する磐田FWアダイウトン(29)をリストアップしている。

    スポーツ報知 12/8(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12080078-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/08(日) 01:22:13.00
    20190602-00128248-roupeiro-000-12-view[1]
     



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/07(土) 16:55:01.62
    ELKre23UYAAEKzv[1]

    「明治安田生命J1、神戸-磐田」(7日、ノエビアスタジアム)

    J1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が来日初のハットトリックを達成した。

     前半36分に左足で先制点を決めると、2-1で迎えた後半33分にはFWダビド・ビジャ(38)が放ったシュートのこぼれ球を頭で押し込んだ。

    最後は同40分、ワンツーで抜け出し角度のない位置から左足で突き刺した。

     今季限りでの現役引退を表明しているビジャの引退セレモニーが控える試合で、主役の座を奪う活躍を見せた。

    12/7(土) 15:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000079-dal-socc

    試合スコア
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/jleague/j1/score/2019/2019120707_m.html 
     




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/06(金) 23:26:20.63
    news_252917_1[1]

    「本物のロナウドは、ブラジル人の方だ。クリスティアーノ・ロナウドに天賦の際はなく、ハードワークによって出来上がったものだ」とイブラヒモビッチは語っている。

    20年の自身のキャリアにおいてマルメ、アヤックス、ユヴェントス、インテル・ミラノ、FCバルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマン(PSG)、
    マンチェスター・ユナイテッド、LAギャラクシーというクラブを渡り歩くイブラヒモビッチは、セリエAでライバルになるかもしれないロナウドを次のように批判している。

    「もし自分がチャレンジがしたいのであれば、ユヴェントスがセリエBのときに加入し、セリエAに昇格させるべきだった」と2009年にユヴェントスが降格した際にチームを離れたズウェーデン人FWは語っている。

    さらに、「セリエAを7連覇しているチームに加入することは、チャレンジでもなんでもない」と皮肉を込めて言い放った。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/03(火) 06:37:07.98
    20191203-00000103-spnannex-000-5-view[1]

     今年から新設された“GK版バロンドール”にあたる「レフ・ヤシン賞」が2日に発表され、リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカー(27)が受賞。バルセロナのドイツ代表GKテア・シュテーゲン(27)やA・マドリードのスロベニア代表GKヤン・オブラク(26)ら名だたる最終候補者10人の中から栄えある“第1号”に輝いた。

     同賞はバロンドールを主催するサッカー専門誌フランス・フットボールが年間最優秀GKを選出する新たな賞として今年から創設。過去にGKとして唯一バロンドールを受賞したGKである旧ソ連のレジェンドの名が冠される賞となった。

     アリソンは守護神として昨季の欧州CL制覇に貢献。ブラジル代表としても日本代表が出場した今年の南米選手権で全試合に出場し優勝に貢献。6試合でPKによる1失点のみと抜群の安定感を誇り、同大会の最優秀GKにも選出されていた。

     【最終候補者10人】

     アリソン・ベッカー(ブラジル代表/リバプール)

     エデルソン(ブラジル代表/マンチェスターC)

     ケパ・アリサバラガ(スペイン代表/チェルシー)

     ウーゴ・ロリス(フランス代表/トットナム)

     ヤン・オブラク(スロベニア代表/Aマドリード)

     マヌエル・ノイアー(ドイツ代表/Bミュンヘン)

     テア・シュテーゲン(ドイツ代表/バルセロナ)

     ボイチェフ・シチェスニー(ポーランド代表/ユベントス)

     サミル・ハンダノビッチ(スロベニア代表/インテル・ミラノ)

     アンドレ・オナナ(カメルーン代表/アヤックス)

    スポニチアネックス 12/3(火) 6:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000103-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/02(月) 13:01:20.50
    蔚山現代が大敗、神戸から復帰したGKキム・スンギュのプレーに母国も注目

     Jリーグも佳境に差し掛かるなか、韓国のKリーグでは明暗が分かれる優勝争いが繰り広げられた。今夏までJ1ヴィッセル神戸に在籍していた蔚山現代の韓国代表GKキム・スンギュが、優勝の懸かった大一番でまさかのミスを犯し、試合に敗れて優勝も逃し、韓国メディアは「致命的な失策」「大事故」「悪夢」と一斉に報じている。

    【動画】元神戸の韓国代表GKキム・スンギュが衝撃ミス! スローインから相手に渡し、無人のゴールで失点した痛恨の瞬間
    https://www.football-zone.net/archives/232160/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=232160_6

     1日、Kリーグは最終節を各地で実施。1試合を残して蔚山現代が首位に立ち、2位の全北現代に勝ち点3差をつけていた。そうして迎えた最終節で、蔚山現代は前半28分に失点。一時同点に追いつくも、再びゴールを許して1-2と劣勢を強いられていた。試合終盤、反撃に打って出る蔚山現代は、自陣でスローインを得るとGKキム・スンギュが対応。すぐさまリスタートしようとボールを投げ入れたが、相手MFホ・ヨンジュンにそのまま渡す形となり、無人のゴールに決められて万事休す。後半アディショナルタイムにも被弾して1-4と大敗した。

     他会場の全北現代が1-0で勝利し、同勝ち点で蔚山現代と並ぶも、総得点数で1点上回る全北現代が3年連続のリーグ優勝。有利な状況で最終節を迎えた蔚山現代だったが、最終節で明暗がくっきりと分かれる形となった。

     今夏に神戸から蔚山現代に復帰したGKキム・スンギュのプレーに母国も注目。韓国メディア「MKスポーツ」は「後方で大事故が起きた。速攻のためGKキム・スンギュがゴールを開けてスローインをしたことが(相手への)アシストになった」と記し、その他の失点につながったプレーとともに「致命的な失策」と伝えた。

     また同国メディア「OSEN」は「キム・スンギュにとって永遠の悪夢になる試合だった」と言及。「夏に日本から蔚山に戻り、チームを優勝争いに導いた。しかし12月1日は何か違った」と続けている。

     随所に好セーブを見せていたキム・スンギュだったが、劣勢のなかではやる気持ちがプレーに出てしまったようだ。蔚山現代のキム・ドフン監督は「急ごうとしてやったと思う。サッカーでは生まれる可能性があるシーンだ」と振り返り、守護神の気持ちを慮って擁護していた

    12/2(月) 11:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00232160-soccermzw-socc

    写真no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/29(金) 09:47:22.03
    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの銅像と自宅の一つが放火された。

    犯人はマルメFFの過激派サポーターであり、イブラヒモビッチがライバルクラブのハンマルビーIFの共同所有者になったことが原因とみられる。


    ズラタンの約3メートルのブロンズ像は、マルメのスタジアムと、先月こけら落としとなった新スタジアムとの中間地に建てられている。

    現地時間27日夜、この銅像に白いスプレーで「死ね、ジプシー」などの言葉が落書きされ、その後放火されたと現地メディアが伝えている。

    ボスニアとクロアチアにルーツを持つイブラは、マルメで生を受け、この街で育った。
    在住するアメリカ合衆国から約1ヶ月前にマルメに戻り、スウェーデンサッカー協会が寄贈したこの銅像のお披露目セレモニーに出席したばかりだった。

    放火事件以降、24時間態勢でイブラ像を監視していると現地メディア『Aftonbladet』は報じている。

    またイブラがストックホルムの中心地に所有する自宅の一つも火災の被害に遭った。
    メインエントランスには腐ったニシンが投げ込まれ、スプレーで「ユダ」という文字が描かれていたという。

    マルメのサポーターたちは27日、イブラのハンマルビーIFの共同所有者就任のニュースが発表された後、SNSなどを通じて批判の声を上げていた。

    生まれ故郷のマルメへの愛を隠すことなく表すイブラだが、スウェーデンのクラブに復帰するかとの質問には何度も「NO」と答えている。

    アヤックス、ACミラン、インテル、ユヴェントス、PSG、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブで輝かしいキャリアを築いた同選手は、数週間前にロサンゼルス・ギャラクシー退団を発表した。

    11/29(金) 8:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010004-sportes-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/29(金) 06:41:34.75
    海外でも様々な反響が寄せられている日本代表の新ユニフォームを着用した写真を投稿

     ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは28日、自身の公式インスタグラムを更新。「愛しているのは日本だけ」と文章を添え、日本代表の新ユニフォームを着用した写真を投稿している

    【写真】「愛しているのは日本だけ」 神戸FWポドルスキが披露した日本代表“新ユニフォーム”姿
    no title


     2017年に神戸に加入したポドルスキは昨季よりキャプテンを担っていたが、今季序盤戦の成績不振を受け、責任を取る形で自ら主将の座を返上していた。今季限りで契約が満了を迎えることから、退団の可能性も取りざたされているなか、自身の公式インスタグラムに1枚の写真を投稿している。

    日本代表がカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を始め、来年1月のAFC U-23選手権、そして同年に行われる東京五輪での着用が決定している“日本晴れ”の新ユニフォームを着用した写真とともに「愛しているのは日本だけ」という文章を添えて更新している。

     A代表では、14日に行われたカタールW杯アジア2次予選のキルギス戦(2-0)で新ユニフォームが初お披露目となったが、その斬新なデザインに海外メディアからも様々な反響が寄せられていたが、ポドルスキは自ら新ユニフォームを着用することで“日本愛”を強調していた。

    Football ZONE web編集部 11/29(金) 6:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00231653-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/27(水) 12:40:08.75
    sonhunmin-1024x576-1024x576[1]

    サッカー韓国U-20代表にも選ばれたチェ・ヒウォンが、ソン・フンミン(27、トッテナム)を侮辱する発言で物議をかもした。本人はその後、謝罪した。

     チェ・ヒウォンは27日、SNSに謝罪文を掲載し「僕の軽率な考えと礼儀のなっていない言動でご迷惑をおかけし、ソン・フンミン選手とソン・フンミン選手のファンの皆さん、そしてタクシー運転手に方に心よりお詫び申し上げます」とし、「特別な意味はなく投稿したものでしたが、ある選手を侮辱するように映ってしまい、ファンの皆さんにも不快感を抱かせてしまいました」と説明。また「この出来事をきっかけに、二度とこのようなミスをしないよう注意し、サッカー選手としての誠実な姿と正しく模範的な姿勢で生きていきます。ベストを尽くし、試合に臨む姿で応えたいと思います」と謝罪した。

     事の発端は26日、チェ・ヒウォンが投稿したSNS。チェ・ヒウォンはタクシー運転手とソン・フンミンについて車内で会話するようすを動画で撮影し、SNSに投稿した。タクシー内で撮影された映像には「あいつ、ソ・ノンミン(小農民)、どうにか(してよ)」という文字も記載されていた。この「ソ・ノンミン(小農民)」とは、「ソン・フンミン」にかけて、韓国でソン・フンミンを侮辱する際に使用されるという。

     このSNSが拡散すると、チェ・ヒウォンはサッカー界の先輩=ソン・フンミンを侮辱するような発言をした点、タクシー運転手の同意なく撮影しSNSに投稿した点が物議をかもすと、該当の動画を削除し謝罪した。

    11/27(水) 11:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000021-wow-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/26(火) 11:28:12.13
     20191126-00010010-goal-000-3-view[1]


    ベルギー1部のシント=トロイデンは26日、マーク・ブレイス監督との契約を解除したことを発表した。今後は同クラブのU-21監督を務めていたニッキー・へイエン氏が暫定的に指揮を執ることが決定している。

     シント=トロイデンは今季ここまでのベルギー1部ジュピラー・プロ・リーグで5勝3分7敗と黒星が先行。直近は植田直通が所属するセルクル・ブルージュ、森岡亮太が在籍するシャルルロワに連敗を喫していた。

     シント=トロイデンは日本企業のDMM.com社の傘下にあるクラブ。日本人選手ではFW鈴木優磨、MF伊藤達哉、GKシュミット・ダニエルらが所属している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00010010-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/11/23(土) 20:53:11.20
    dbe475cf[1]

    リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーは、同国U-23代表のオーバーエイジ(OA)枠で来夏の東京五輪に出場する可能性があるとみられている。英紙『デイリー・メール』が伝えた。

     東京五輪のアフリカ予選を兼ねたU-23アフリカ・ネーションズカップは今月エジプトで開催。優勝を飾ったエジプトと準優勝のコートジボワール、3位の南アフリカが五輪出場権を獲得した。

     ロンドン五輪以来2大会ぶり12回目の五輪出場となるエジプトは、OA枠の一人としてA代表のエースでもある27歳のサラーの招集を考えているとみられている。だがリバプールのユルゲン・クロップ監督としてはコンディションへの影響を懸念する面もあるようだ。

     昨年夏にロシアワールドカップ、今年夏にアフリカ・ネーションズカップに出場したサラーは、東京五輪にも出場したとすれば3年連続で夏の国際大会を戦うことになる。十分な休養を取れないまま長いシーズンを戦い続ければ、コンディション低下や負傷にも繋がりかねない。

    「未来に問題が生じてくることは分かっている。サラーと話をしなければならない」とクロップ監督はコメント。現時点でサラーの五輪出場についての見通しは不確定だとしつつ、必ずしも出場を歓迎はできないような様子を見せている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00349526-footballc-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ