サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外選手

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 22:21:37.23
    no title


    元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、今季限りでヴィッセル神戸を退団することになるようだ。ドイツ紙『ビルト・アム・ゾンターク』のインタビューで語った。

    2017年夏にガラタサライから2年半契約で神戸に渡り、2020年1月31日までの契約を結んでいるポドルスキ。今年6月に耳の手術を受け、長期離脱を強いられていたが、先月18日に行われた天皇杯川崎フロンターレ戦に途中出場を果たして戦列に復帰。徐々にコンディションを戻していたところだ。

    だが、現在34歳のポドルスキは、クラブと契約延長する可能性は低いと考えているようだ。『ビルト・アム・ゾンターク』で「クラブの責任者から今のところ話しかけられていない。なので、おそらく僕の日本での時間は年末に終わるだろう」と、今季限りでの退団が濃厚と話している。

    なお同選手は、「もうほかの方面に目を向け、自分の状況を整理しつつ色々と考えている」とすでに移籍先を模索している様子。度々噂されてきた古巣ケルンへの復帰に関しては否定はしないものの、「両者がそれを望まなければいけない。残念ながらこれまでそういう流れはなかった」と、ケルン側は必ずしもかつての英雄を連れ戻す動きはないと示唆した。

    神戸では今年4月までキャプテンを務めたポドルスキ。ここまで公式戦53試合に出場し、14ゴール10アシストを記録している。来年の東京オリンピックへ向け、ドイツ代表のオーバーエイジ枠での出場に意欲を示していたが、一旦Jリーグを離れて来夏に再び来日することになるのだろうか。

    10/13(日) 21:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010029-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 18:06:27.72
    no title


    カリム・ベンゼマはレアル・マドリーの2019/20シーズンを信じられないほどの形でスタートしたが、彼のフランス代表チームへの復帰は検討していないと同代表監督ディディエ・デシャンは、『TF1』のインタビューではっきりと述べている


    ベンゼマは第8節を終えたリーガで得点ランクトップタイの6ゴールを奪いマドリーを牽引している。
    しかしデシャンはそんな絶好調なフランス人FWでもまったく呼び戻す考えはないようである。


    「これはスポーツ面での決定だ。彼の復帰は代表チームにとって良くない影響を及ぼすと思う。私はフランス代表にとってベストだと思うことを選択し、レ・ブルーのシャツを着ることの意味を理解している者にしか与える資格はない」とバッサリと切り捨てている。

    10/13(日) 15:55配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010011-sportes-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/12(土) 23:04:54.48
    20191012-00222881-soccermzw-000-1-view[1]

    レアルDFラモス、20年の東京五輪でオーバーエイジとして出場の可能性
     スペイン代表とレアル・マドリードでキャプテンを務めるDFセルヒオ・ラモスが、来年の東京オリンピックに向けた世代別代表に参加する意欲を持っていると報じられたことが現地で話題となっている。スペインサッカー連盟としては参加を希望していない一方、現場の有望株たちからは“待望論”が起きているとスペイン紙「マルカ」が報じている。

     ラモスはリーガ・エスパニョーラやUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、ワールドカップ(W杯)、欧州選手権(EURO)などクラブ、代表ともにほぼすべてのタイトルを手にしてきた。その中で唯一手にしていないのは年齢制限のある五輪で、本人に近い筋の話として東京五輪参加を希望していると伝えられている。

     しかし連盟側はEURO決勝からわずか10日後に東京五輪のサッカー競技が始まること、これまでの世代別スペイン代表がオーバーエイジを使わない方向性だったこともあり、招集に消極的な模様だ。

     ただし選手たちにとってみれば、金メダル獲得のためにぜひ参加してもらいたいという意向が強いという。匿名を条件に取材に答え、このような意見が多く上がっているという。

    「彼にとっても、それは物凄いキャリアのなかで楽しめるものだと思うし、金メダルを獲るために彼はすごく手助けしてくれると思う」

    「僕らのクオリティーを大きく飛躍させてくれると思う。誰にとってもとてもポジティブになるんじゃないかな」

    「素晴らしキャプテンだし、僕らは彼と一緒に勝ちまくっていけると思う」

     20代前半の選手にとって、やはり百戦錬磨のキャプテンは頼れる存在のようだ。果たして来夏、ラモスは日本のピッチに立っているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00222881-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/10(木) 00:40:44.59
    アッズーリ(青)が“ヴェルデ(緑)”に? イタリア代表のホーム色変更に批判が殺到 
       EGcZmHZUEAAAJRG[1]

      
    イタリア代表は現地時間12日に、ローマのスタディオ・オリンピコで欧州選手権(EURO)2020予選の第7節でギリシャ代表と対戦する。7日には、その試合で緑色のユニフォームを着用することを発表したが、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「代表はクラブではなく、色は神聖なものだ」と見出しを立てて批判している。 
      
     イタリア代表は7日に公式ツイッターで「イタリア代表のルネッサンスキットは新しい才能を祝福する」と綴り、ギリシャ戦で着用予定となっている緑色ユニフォームを発表した。

     “アッズーリ”の愛称で知られるとおり、イタリア代表は鮮やかな青を基調としてきた。しかし、過去に一度だけ緑色のユニフォームを着用したことがあったという。1954年12月5日にスタディオ・オリンピコ行われたアルゼンチン戦(2-0)で、緑色を採用したようだ。その後は年代別代表などで緑色ユニフォームの着用はあったものの、A代表はそれ以降に採用されることはなかった。

     同紙は「“アッズーリ”が“ヴェルデ”になる」と主張し、痛烈な批判を展開している。

    「スポーツ分野でのマーケティングに憤慨させられる時代において、我々はほとんどすべてを許容してきました。伝統的な色がオプションとなり、SNS上ではファンがピッチ上のチームを認識するのが難しいと皮肉を言い、講義が展開されることでしょう。クラブチームの場合、自身やスポンサーの利益のためにセカンドやサードのユニフォームを過剰に販売する」

     そして、ストライプや帯状の飾り程度であれば国民も許容するだろうという同紙は、「サッカーのルネッサンス(復興)と称して、文化に紐づけて緑色を選ばせる企ては称賛に値する」と皮肉を展開。「イタリア代表の色は青だ」と結論づけている。また、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は「今回の商業的な展開は少々無謀のように感じる」と言ったことを伝えている。

     イタリア国内では、今季からユベントスが伝統の白と黒の縦じまのデザインから、前面中央で白と黒に分かれるツートンカラーのデザインに変更して物議を醸した。クラブでは、シーズンごとにデザインを変えることでユニフォーム販売数を伸ばすという傾向にある。だが、代表チームの伝統カラーを変更するような今回のデザインには、批判が集まっているようだ。

    10/9(水) 21:50配信 フットボールマガジンゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191009-00222347-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/09(水) 00:29:48.00
    20191008-00362669-usoccer-000-1-view[1]


    ドイツ代表としても活躍し、現在はMLS(メジャーリーグ・サッカー)のシカゴ・ファイアーに所属するMFバスティアン・シュバインシュタイガー(35)が、現役引退を表明した。

    シュバインシュタイガーは8日、自身のツイッター(@BSchweinsteiger)とインスタグラム(bastianschweinsteiger)を通じて引退を発表。ファンやこれまで所属したチームへの感謝の気持ちを綴った。

    「親愛なるファンのみなさんへ。今こそ、その時がやってきた」

    「今シーズンの終わりに、僕の現役生活を終えることとなる」

    「僕のチームであるバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、シカゴ・ファイアー、そしてドイツ代表のチームに感謝する」

    「このような信じられない時間を僕に与えてくれました!そしてもちろん、妻のアナ・イバノビッチと家族のサポートにも感謝したいと思う」

    「現役選手として別れを告げると、少し懐かしい気分にもなるけど、すぐに僕を待っているエキサイティングな頂点も楽しみにしている」

    「僕はサッカーに忠実であり続ける。僕たちが一緒に過ごした時間に感謝する。いつも僕の心には、みんなのための場所がある。ありがとう。バスティ」

    シュバインシュタイガーは、オーバーラウドルフ、ローゼンハイムの下部組織を経て、13歳でバイエルンの下部組織に入団。2001年にリザーブチームに昇格すると、2002年からトップチームでプレー。2002年11月13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのRCランス戦で18歳ながらデビューを果たした。

    バイエルンでは様々な監督の下、常にレギュラーとしてプレー。ブンデスリーガを8回、DFBポカールを7回、チャンピオンズリーグを1回優勝していた。

    2015年を最後にバイエルンを退団すると、マンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍。しかし、ケガの影響、そしてプレミアリーグに馴染めなかったことで出場機会が減ると、2016-17シーズンに指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず。構想外に加え、リザーブチームに追いやられると、2017年3月にシカゴ・ファイアーへと移籍した。

    アメリカでは、輝きを取り戻すと公式戦92試合に出場し8ゴール11アシストを記録。今シーズンも30試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。

    また、ドイツ代表としても121試合に出場し24ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは優勝メンバーの一員として活躍した。

    また、ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとは親友の関係にある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00362669-usoccer-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/07(月) 12:59:53.44
    no title


    イタリア紙は「ユベントスという選択肢も」

    十分な覚悟をして、人生の新しい冒険に挑んだはずだった。だが、中国のクラブへ移籍して3カ月。ステファン・エル・シャーラウィは早くもイタリアへの“帰国”を考えているという。

     イタリア紙『Corriere dello Sport』は10月5日、エル・シャーラウィが母国へのノスタルジーを感じていると報じた。セリエA、ないし欧州のトップリーグへの復帰を望んでいるというのだ。

     ミランで頭角を現し、昨夏まで3年半にわたってローマでプレーしたエル・シャーラウィは、約1500万ユーロ(約18億8000万円)とされる高額年俸を提示した上海申花に移籍した。

     だが、8月中旬に公式戦2試合連続で3得点をマークしたものの、ゴールやアシストを記録したのはこの2試合のみ。前節はベンチに座り、出番がなかった。

     同紙によると、エル・シャーラウィは現状にフラストレーションを感じ、ローマの友人に不満を訴えたという。加えて、遠い東アジアに来たことで、代表選出への影響を懸念しているようだ。10月の代表戦には招集されたが、来夏のEUROまで中国で戦い続けるのはハンディキャップとなる。

     そのため、同紙はエル・シャーラウィが再び移籍することになっても「サプライズではない」と報道。1月の移籍でなくても、来夏の可能性はあると示唆した。
     
     さらに、ローマと契約延長で合意できていなかったエル・シャーラウィが、中国に移籍していなければ、2020年夏にユベントスにフリーで移籍する可能性があったことも報じている。これが事実であれば、イタリア王者が今後、再びエル・シャーラウィに関心を寄せるかどうかも気になるところだ。

     来年のEURO2020が終わっても、2022年にはカタール・ワールドカップが開催される。その時、エル・シャーラウィは30歳。フットボール最大の祭典を視野に、“ファラオーネ”の動きが注目される。

    10/7(月) 6:32サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00064982-sdigestw-socc 

    続きを読む

    72: 名無し@サカサカ10 2019/10/06(日) 22:25:12.49



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/02(水) 13:27:44.02
    no title


    バレンシアに所属する韓国人の18歳MFイ・カンインがファンへの対応に関し、SNS上で釈明を行った。スペイン『マルカ』が報じている。

     同紙が記事内にアップした動画によると、イ・カンインは9月28日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のビルバオ戦前に、ベンチに座ってヘッドホンを着けながら携帯を操作していたところ、スタンドの少年ファンがベンチのすぐそばから韓国の国旗を掲げて同選手にアピールした。

     チームメイトに肩を叩かれて少年ファンに視点を送ったイ・カンインだったが、座ったまま手を振り、その場から動くことなくチームメイトと談笑。その後、再び携帯に夢中になっていたものの、自身がTVカメラに撮られていることに気づくと、ポケットに携帯を入れ、最終的に少年ファンとの写真撮影に応じた。

     同紙が「少年に対する奇妙な反応」と表現するイ・カンインの行動だったが、本人はインスタグラムで「ビルバオのファンは私にサインを求めなかった。彼らは私にシャツを求めたが、バレンシアのスタッフが私にそうしないようジェスチャーをしたんだ」と状況を説明。「私はサインを拒否したことはない。サッカー選手はファンのために存在している」と主張している。

    10/2(水) 10:56配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-43472280-gekisaka-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/02(水) 08:59:09.57
    20191001-00220931-soccermzw-000-1-view[1]


    ベルギー代表のエデン・アザール(28)は、過去にレアル・マドリードに加入した選手の中で、マイケル・オーウェンに次いで酷い選手だと、スペインメディアが酷評していると1日付英紙サン電子版が報じた。

    今夏チェルシーから1億5000万ポンドでRマドリードに加入したが、不調にあえいでいるアザール。本人は、これから向上していくと口にしているが、一部のファンらは愛想が尽きているという。特に厳しい口調のマルカ紙は、Rマドリードに査定をするように呼びかけたうえで、アザールより最低なスタートを切ったのは、04年にリバプールから移籍したオーウェンしかいない、とした。

    過去に同クラブに加入したジネディーヌ・ジダン、デビッド・ベッカム、ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウド、カカらは、いずれも得点やアシストを量産している。オーウェンは当時、加入から6試合連続無失点だった。対するアザールは、これまでのところ4試合で得点がない 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-10020074-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/29(日) 15:54:17.77
    no title


    レアル・マドリーGKティボー・クルトワが、批判に耳を傾けることはないと語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

    チェルシーからの加入初年度だった昨シーズン、GKケイラー・ナバスとの序列が定まらない期間もあったクルトワ。今夏にK・ナバスがパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したことで、今シーズンは正守護神としての立場をより明確なものとしている。

    しかし、複数の主力が入れ替えられた25日のリーガ・エスパニョーラ第6節オサスナ戦ではGKアルフォンス・アレオラがゴールを守り、2-0の勝利に貢献。そのパフォーマンスが称賛を集めることもあったが、28日に行われた第7節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”ではクルトワが起用された。

    古巣と0-0で引き分けた後、度々浴びせられる自身への批判について問われたクルトワは、気にすることはないと主張している。

    「それ(批判)が僕に影響を及ぼすことはない」

    「僕は自分の試合を、フットボールを知っている人々と一緒に分析する。コーチやチームメイトたちと話すんだ」

    レアル・マドリーは今後、10月1日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節でクラブ・ブルージュと対戦。第1節のPSG戦では0-3の完敗を喫しており、開幕からの公式戦5試合で9失点という不名誉な数字がクローズアップされることもあった。それでもクルトワは、PSG戦以降に出場したリーグ戦2試合でクリーンシートを達成しており、欧州の舞台での巻き返しにも期待がかかる。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010018-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/27(金) 18:49:55.14
    no title
     


    メッシとロナウドの熱烈キス!グラフィティが国際的アートとして生まれ変わる

    バルセロナのグラシア通りや他の都市にもある有名なサッカー選手の落書き(グラフィティ)は、時に国際的なアートとして生まれ変わっている。


    この落書きではレオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの熱いキスが描かれており、ロナウドは元所属クラブのレアル・マドリーのシャツを着ている。


    この都市作品は、2017年4月23日の“サンジョルディの日”に撮影された。
    そのことから、ロナウドの背中にあるメッシの手にはバラがある。この作品の写真名である「愛は盲目」は、サルバトーレ・ベニンテンディによるものだ。


    現在“Tvboy”の名で知られている同芸術家は、この作品の永久不滅版となるオリジナル作品を『Escrapalia』のウェブサイト上でオークションにかけることを発表した。


    それと同時に、ハリーポッターに変容した元カタルーニャ自治州首相のカルラス・プッチダモンが描かれた絵や、スティーブ・ジョブズやメッシがメシア(救世主)となった肖像画を含め、合計4つの作品が出展されている。


    作品の価格はそれぞれ150ユーロ(17,000円)から販売されており、10月16日にはバルセロナのある倉庫からライブ映像で見れるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010016-sportes-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/27(金) 12:18:01.01
    20190927-00010005-sportes-000-1-view[1]


    ユヴェントス内部でフリーキックのキッカーの座をめぐって論争が起きている。
    セリエAにおけるクリスティアーノ・ロナウドのFK成功率が非常に低いことから、
    その道の名手であるミラレム・ピャニッチがキッカーを担うべきだという声が上がっている。

    これまで慣例的にロナウドがキッカーを務めていものの成功率は非常に低くユヴェントスでは合計24本のフリーキックを失敗している。
    その内訳は、壁に当てた回数が15本、枠外2本、枠内に飛んだ回数はわずか7本である。

    一方でピャニッチはわずか6回の機会で1本成功させている。

    現在ロナウドはFKを18本連続で失敗している。『AS』によればこれはセリエA史上カミッロ・チャーノ(連続21本失敗)に続くワースト第2位である。

    このデータを前に、監督サッリは今後ピャニッチにより多くの機会を与えるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010005-sportes-socc
    9/27(金) 8:55配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/25(水) 11:02:05.69
    20190925-00362017-usoccer-000-1-view[1]


    <スペインリーグ:バルセロナ2-1ビリャレアル>◇24日◇バルセロナ

    バルセロナFWメッシ、チームは勝利するも再び負傷-。

    23日にミラノのスカラ座で開催された国際サッカー連盟の19年ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズでFIFA最優秀選手賞を受賞したばかりのリオネル・メッシ(32)が24日、ホームで行われたリーグ第6節ビリャレアル戦で負傷したことをスペイン紙マルカ(電子版)が報じている。

    今夏のプレシーズン中に負傷したメッシはこの日が今シーズンの公式戦初先発となった。ルイス・スアレス、グリーズマンと待望の3トップをキックオフから形成し、序盤はいいパフォーマンスを披露した。メッシは前半6分、CKからグリーズマンのヘディングでのゴールをアシストしている。

    しかし同30分に左足大腿(だいたい)部に違和感を感じ始め、ピッチ脇で治療を受けるもハーフタイムにデンベレとの交代を余儀なくされた。

    チームは2-1で勝利したが、メッシが再びけがしたことにより、素直には喜べない結果となっている。

    25日に検査が行われる予定になっているが、重傷ではないと予想される。しかし28日にアウェーで行われる第7節ヘタフェ戦では無理をさせず、出場の可能性は低いとみられている。

    メッシが今回痛めた部分は左足内転筋であり、プレシーズン中にけがをしていた右足ヒラメ筋負傷の再発ではないという。

    (高橋智行通信員)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250184-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/24(火) 05:29:31.88
    no title


    現地時間23日、イタリア・ミラノで国際サッカー連盟(FIFA)による2019年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の授賞式が行われ、男子最優秀選手にバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選ばれた。

     メッシは昨季公式戦50試合で51得点を挙げる活躍を見せ、リーガエスパニョーラで自身10度目の優勝と15度目の得点王に輝いた。またチャンピオンズリーグ(CL)でも得点王となった。2009年に初めて同賞を獲得したメッシは2010年、2011年、2012年、2015年そして今回で6度目となりクリスティアーノ・ロナウドの5回を超え史上最多となった。

     なおユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクも最終候補に選ばれていた。

    9/24(火) 5:20フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00339655-footballc-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/23(月) 06:05:04.93
    no title
     
    ネイマールがまたもPSGを救う!土壇場での2試合連続決勝弾で、PSGがリヨンに勝利

    リーグ・アンは22日に第6節が行われ、リヨンとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

    フランスを代表するクラブ同士の激突。ホームのリヨンはここまで2勝2分1敗、PSGを勝ち点4差で追う中で大一番に臨んだ。過密日程の中、デパイやデンベレら主力を軒並み先発させた。対するPSGは、レアル・マドリー戦(3-0)から数選手を入れ替え。引き続きムバッペ、カバーニを負傷で欠く中、ヴェッラッティがベンチスタートとなり、ネイマールがスタメンに名を連ねた。

    前半はPSGがボールを支配し、リヨンはカウンターを狙う展開となる。PSGは前半から60%以上のポゼッションを記録し、13本のシュートを放つも、GKロペスを中心としたリヨン守備陣をこじ開けることができない。

    後半に入ってもソリッドな守備を見せるリヨンに苦戦するPSGは、前半ほどチャンスを作れず。トゥヘル監督は、たまらずヴェッラッティらを投入し、打開を図る。

    それでも1点が遠く、引き分けのムードが漂う中、終盤に試合が動く。決めたのは、ネイマールだった。87分、ヴェッラッティが左サイドから中央にパス送ると、ディ・マリアがワンタッチ。受けた背番号10は3人のプレッシャーを受けながらも、シュートコースを作ってファーサイドに流し込んだ。前節ストラスブール戦(1-0)でも後半アディショナルタイムに決勝弾を挙げていた男が、この試合でも苦しい中で貴重な1点を奪う。ネイマールはその直後に交代。大ブーイングを浴びながら、ピッチを後にした。

    結局このゴールが決勝点に。ネイマールの2試合連続となる土壇場での決勝弾で、PSGがリヨンに1-0で勝利を飾っている。これでPSGは5勝1敗、2位のニースに3ポイント差をつけている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010003-goal-socc 



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/18(水) 18:51:19.09
    20190917-00361667-usoccer-000-2-view[1]


    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)が、来夏にレアル・マドリーに移籍することで合意に至ったという。スペイン『El Chiringuito TV』が伝えている。

    19歳の若さでワールドカップを制覇し、PSGでも確固たる地位を確立するなどフットボール界のニュー・スターとして名を轟かせるムバッペ。現行契約は2022年までとなっているが、新契約を固辞していることが報じられるなど、将来的な去就は不透明となっている。

    続きを読む

    このページのトップヘ