海外選手

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/21(金) 08:38:15.82 _USER9

    20170721-00615683-soccerk-000-1-view[1]

    ウェストハムは20日、レヴァークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスの獲得でクラブ間合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。

     “チチャリート”の愛称で親しまれるエルナンデスは、数日中にウェストハムの本拠地であるロンドンに到着する予定で、個人条項の話し合いとメディカルチェック完了後に正式加入となる。

     現在29歳の同選手は2010年にマンチェスター・Uに加入。2014-15シーズンにレアル・マドリードへのレンタル移籍を経て、2015年夏にレヴァークーゼンに完全移籍した。

     レヴァークーゼンでは2シーズンで公式戦76試合に出場し、39ゴールを記録。同クラブとの契約は1年残っていたが、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、契約解除金は1300万ポンド(約19億円)に設定されていたという。

     プレミアリーグへは2年ぶりの復帰となる。J・エルナンデスは同リーグで通算103試合出場、37ゴール9アシストを記録。レヴァークーゼン移籍前の2015年8月22日行われた第3節ニューカッスル戦で途中出場したのが最後だった。

    7/21(金) 6:30配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00615683-soccerk-socc

    【“チチャリート”2年ぶりのプレミアリーグ復帰!ウェストハム移籍で合意】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/21(金) 17:23:08.24 _USER9

    20170721-00615859-soccerk-000-1-view[1]

    パリ・サンジェルマン移籍が繰り返し報道されるバルセロナのブラジル代表FWネイマールは交渉が最終段階に入っているようだ。スペイン紙『マルカ』が20日に伝えている。

     同紙によると、パリ・サンジェルマンは2億2200万ユーロ(約284億6000万円)とされる契約解除金を喜んで支払う準備があり、ネイマールもアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの陰から脱し、さらなる給与増へ前向きな姿勢だという。

     同紙はスペインメディア『Rac 1』の報道を引用し、交渉は最終段階に突入しており、税金を差し引いた手取り3000万ユーロ(約39億円)の年俸で5年契約を締結する見込みだと報じた。これは世界最高給だという。

     さらに同紙は、代理人でありネイマールの父親でもあるネイマール・シニア氏がすでにパリ・サンジェルマンと合意に至った可能性に言及。スペインメディア『ラジオ・カタルーニャ』を引用し、ネイマール・シニア氏は同選手がバルセロナに移籍した際に受け取った4000万ユーロ(約52億円)をはるかに上回る額を受け取ることになると報じた。さらにバルセロナが属するカタルーニャ州を拠点とする同メディアはこの移籍を95パーセントの確立で起こると予測している。

     また同紙は「マルカマル秘情報」としてさらに移籍の可能性を指摘。ただのナンセンスな噂話と見なしていたものをバルセロナがついに信じ始めていると報道。バルセロナ副会長は「ネイマールは200パーセント残る」と明言していたものの、クラブ内での雰囲気は一変しているという。ドレッシングルームではネイマール退団の可能性は以前からあり、どこかの時点で退団することになると信じていた者もいた、とマルカは報道している。

    「ネイマールとチームメイトの関係が良好であることは間違いない。しかしバルセロナには派閥があり、ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが去った現状を孤独に感じている」と同紙は伝えている。こうしたピッチ外での状況は高額な給料のオファーと同等の要素として、ネイマールを移籍へ向かわせる要因になっており、移籍の予感は最高潮に達していると締めくくった。決まれば移籍金史上最高額となるネイマールの去就に注目が集まる。

    7/21(金) 17:04配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00615859-soccerk-socc

    【【地元メディア】ネイマールPSG移籍は“最終段階”95%決定と報道!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/20(木) 21:20:03.09 _USER9
    レノファ山口FCは20日、FWレオナルド・ラモス(27)との契約を締結したことを発表した。

    同選手は19日から練習に参加しており、登録が完了次第、公式戦での出場が可能。
    クラブ公式サイトを通じ、「点をたくさん取ってチームの勝利に貢献できるよう全力で頑張ります」と意気込みを語っている。

    現在J2で20位につける山口は、6月5日にアルゼンチン人のカルロス・マジョール監督を招聘。
    同20日のMFマルセロ・ビダル、今月18日のFWレオナルド・ラモスに続き、3人目のアルゼンチン人選手獲得となった。

    以下、クラブ発表プロフィール

    ●FWレオナルド・ラモス
    (Leonardo Ramos)
    ■背番号
    28
    ■生年月日
    1989年8月21日(27歳)
    ■身長/体重
    187cm/84kg
    ■出身地
    アルゼンチン
    デポルティーボ・アルメーニョ-サンマルコス(チリ)-プラタニアス(ギリシャ)-アトランタ(アルゼンチン)

    7/20(木) 21:12配信  ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01641953-gekisaka-socc

    レオナルド ラモス選手 加入のお知らせ
    no title


    <コメント> 
     山口に来ることができて嬉しいです。点をたくさん取ってチームの勝利に貢献できるよう全力で頑張りますので応援よろしくお願いします。 
      

    【レノファ山口がアルゼンチン選手獲得を発表「点をたくさん取ります」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/18(火) 07:11:42.31 _USER9

    20170718-00010000-soccermzw-000-3-view[1]


    横浜FMの豪州代表DFが同胞の浦和移籍浮上に待った! 「欧州でプレーすべき」 (Football ZONE web) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170718-00010000-soccermzw-socc
    7/18(火) 6:50配信

    デゲネクが同胞セインズベリーの浦和移籍に持論を展開
     横浜F・マリノスのオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクは、浦和レッズへの移籍の可能性が浮上しているオーストラリア代表DFトレント・セインズベリーに対し、「欧州クラブでプレーするべきだ」と力強く提言。英誌「フォー・フォー・トゥー」は「デゲネク『日本はセインズベリーにとって適切なものではない』」との見出しを打って報じている。

     デゲネクは今季から横浜FMに加入し、最終ラインの主力としてその存在感を高めている。

     対するセインズベリーは、今年1月にイタリアの名門インテルへ期限付き移籍を果たしたが、出場したのはリーグ最終節の20分間のみ。インパクトを残せず、現在は保有元の江蘇蘇寧に戻っているが、中国でも満足な出番を与えられない状況が続いている。

     そんなセインズベリーに対し、浦和が獲得に乗り出していることが先日オーストラリアメディアで伝えられたが、デゲネクは同胞のJリーグ参戦に持論を展開した。

    「彼にとっては定期的にプレーする上で、(浦和への)移籍は前向きなものになるかもしれないが、彼は欧州サッカーにより適していると思っている。彼は日本でプレーするよりも、もっと高いレベルにある」

    「大事なのは毎週プレーすることだが…」
     デゲネクはセインズベリーのポテンシャルを高く評価しており、日本でプレーするよりも欧州への挑戦を目指すべきとの考えを示した。

    「残念なことに、トレントはビッグクラブにいない。僕にとって彼は、トーナメントのなかでもベストなセンターバックの一人だ。彼はビッグクラブにいるべきだよ。彼はインテルにいた。しかし不幸なことに、手に入れるはずだったプレー機会はあまり与えられなかった。それでも、彼はビッグクラブに値するし、そこに行けると信じている」

     その一方で、「大事なのは、体調が万全な上で代表キャンプに呼ばれた際、自分が毎週毎週プレーできていることだ」と強調した上で、「どのレベルに身を置くか、どこのクラブに所属するかが最重要なわけではない。毎週プレーできていることに比べればね」と、選手にとって最優先すべきは出場機会であるとの考えも示した。

     セインズベリーの新天地は果たして浦和なのか、それとも欧州なのか。その動向をデゲネクも注視しているようだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    【横浜FMの豪州代表DFが同胞の選手に 「欧州でプレーすべき」】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/20(木) 20:23:52.27 _USER9

    a366d1c9-921a-45a6-80e6-a8ee2dce501e[1]

    『BBC』は17日、「トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールは、レアル・マドリーから放出されたのは家族のせいだと批判した」と報じた。

    かつてアーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーなどでプレーしたアデバヨール。現在はトルコのイスタンブールBBに所属する。

    彼は2011年にシティからのローンでレアル・マドリーに移籍したが、買い取られることなく返却されている。

    その理由はなんと家族からの手紙が一因だったとのこと。アデバヨールは以下のように話し、もはや親族とは連絡をとっていないと明かした。

    エマニュエル・アデバヨール

    「レアル・マドリーに残るために全力を尽くしたが、亡くなった兄弟のせいでそこに留まることが出来なかったんだ。

    彼はクラブに手紙を送ったんだ。家族からのものだとしてね。アデバヨールを残すべきではないと。

    だからレアル・マドリーが僕を残さなかったとは言わないよ。しかし、それは原因のひとつになった可能性がある。例え10%であってもね。それは大きい。

    今、僕は違った人間になった。あの母が、変わるチャンスを与えてくれたってことだ。彼女に十分な感謝や敬意を持つことは、もはや不可能になっている。

    僕は今や家族と話すことはない。彼らは、僕が正しい仕事をするための助けにならないからだ。

    彼らが何を頼んできても知ったことではない。僕自身に気を使うべきだ。僕のカネにではなくね。

    血は水より濃いものだが、なぜ彼らは僕を気にしないんだ?カネだけを気にするんだ?

    問題はぶら下がっている。しかし僕は幸せだ。何があろうといつだって幸せだ」
    アデバヨールは以前から家族との関係が悪いことを明かしており、かつては「呪術をかけるな」と母を批判していた。
    https://qoly.jp/2017/07/19/emmanuel-adebayor-slams-his-family-kgn-1

    【アデバヨール「レアル退団は家族のせい」、「呪術をかけるな」と母を批判】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/18(火) 23:07:39.16 _USER9

    20170712-00000514-sanspo-000-1-view[1]

    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、パリ・サンジェルマン移籍で合意に達したと報じられている。ブラジルのテレビ局『ESPORTE INTERATIVO』は18日、同選手がオファーを受け入れたと報道。パリ・サンジェルマンが2週間以内の移籍発表を目指していると伝えた。

     ネイマールは昨夏にバルセロナとの契約を更新し、違約金が2億2200万ユーロ(約284億6000万円)に設定されている。しかし今月17日、スペイン紙『マルカ』がパリ・サンジェルマン移籍の可能性を報道。同クラブが巨額の資金を投じてネイマール獲得を目指すと報じられ、選手本人が“ゴーサイン”を出しさえすれば、移籍が実現すると伝えられていた。

     そして今回、ネイマールの母国であるブラジルのメディアがパリ・サンジェルマン移籍合意と報じた。同選手は今月上旬に受けたインタビューの中で、移籍について「何だって起こり得る」とコメント。移籍報道が再燃しつつあった。

     今回の報道によると、ネイマールのパリ・サンジェルマン移籍を後押ししたのは、同クラブで“メイン・スター”になれることだという。バルセロナではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの陰に隠れてしまうが、新天地では主役としての地位確立が見込まれるという。また、同胞の友人であるブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが加入することも、パリ・サンジェルマン移籍へと傾いた要因のようだ。

     17日付の『マルカ』は、パリ・サンジェルマンがネイマールに対して“3000万ユーロ(約38億8000万円)+ボーナス”の年俸を用意していると伝えていた。移籍金、年俸額ともにサッカー史に残る大型移籍が実現するのか、今後の動向に注目だ。

    7/18(火) 23:04配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00614905-soccerk-socc

    【ネイマールが、パリ・サンジェルマン移籍で合意に達した!?】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/19(水) 08:03:41.03 _USER9
     サッカー界のプリンス、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナルド(32)が、交際8カ月になる恋人ジョルジナ・ロドリゲスさん(23)が第1子を妊娠中であることを認めた。

     ロドリゲスさんは今年5月、ロナルドとフランス領・コルシカ島で休暇中の写真をキャッチされた際、お腹のふくらみが目立っていたことから、妊娠のうわさがささやかれていた。

     さらに、ロナルドは先月、「アメリカにいる代理母を通じ、男女の双子が誕生した」と報じられた後、自らもフェイスブックで双子の誕生について発表しており、ジョルジナさんとの第1子はロナルドにとって4人目の子供となる。

     スペインの新聞エル・ムンドのウエブサイト「La Otra Cronica」の取材で、ジョルジナさんの妊娠について聞かれたロナルドは、「イエス、とても興奮しているよ」と答えたという。

     すでに3人の子供がいるロナルドだが、赤ちゃんのオムツ交換は大丈夫か?と聞かれると、「あんまり上手じゃないけど、頑張るよ」と答えたという。双子については、「彼らはかけがえがない。誕生してすごく嬉しいし、とてもハッピーだ」と語ったという。

     ロナルドはフェイスブックで初めて、双子の誕生を発表するとともに、赤ちゃんたちを抱いている写真も公開。「僕の人生の新しい2つの愛をこの腕に抱くことができて、とてもハッピー」とのメッセージを添えていた。

     当初は男女の双子であると報じられていたが、実は2人とも男の子であることをフェイスブックでほのめかしていたとも報じられている。(ニューヨーク=鹿目直子)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-01858062-nksports-socc
    no title

    【C・ロナルド、恋人妊娠「とても興奮」4人目の子供に!】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/18(火) 22:26:52.57 _USER9

    20170719-00614967-soccerk-000-1-view[1]

    移籍の可能性が騒がれ続けた昨季ブンデスリーガ得点王。どうやら新シーズンもドルトムントに残ることになりそうだ。

    ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンは新シーズンも同クラブでプレーすることになるようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じている。

    以前には中国の天津権健やパリ・サンジェルマン、最近ではミランやチェルシーに向かう可能性が騒がれてきたオーバメヤンだが、ドルトムントは今夏のマーケットで同選手を手放さない決断を下した模様。『キッカー』によると、実際にドルトムントは移籍先として最も有力視されたオーバメヤンの古巣でもあるミランと先週に接触したが、取引成立には至らなかったという。

    ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は先日、『ヴェルト・アム・ゾンターク』でクラブと2020年までの契約を残すオーバメヤンの去就について「あと数日間は待つが、そう長くは待たない」とのコメントを残している。同選手が退団した場合、代役の確保に時間を必要とするため、移籍市場終盤の移籍を容認しない考えを強調していた。

    だが、内部で設けられたとされるオーバメヤンの”移籍期限”はもはや切れた様子だ。『キッカー』では、これまでは7000万ユーロ(約90億円)の移籍金で交渉に入ると見られたドルトムントは今後、1億ユーロ(約129億1000万円)を大きく上回るオファーが提示されない限り交渉に応じないだろう、との見解が述べられている。
    http://www.goal.com/jp/news/123/1/2017/07/18/37150122/1

    【オーバメヤン、ドルトムント残留!新シーズンも同クラブでプレー】の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/07/19(水) 02:32:34.88 _USER9

    20170718-00222578-footballc-000-1-view[1]

    セリエAのエラス・ヴェローナに所属する元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、一旦は現役引退を決意したものの、再び考え直したとしてプレー続行を宣言した。伊メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

     カッサーノは今年1月にサンプドリアを退団してフリーになっていたが、今月10日にヴェローナへの加入が発表された。だが現地時間18日には、加入からわずか8日での退団と現役引退を決意した模様だとイタリア複数メディアが一斉に報じた。

     18日午後に記者会見を開いたカッサーノは、その席でヴェローナ退団と引退を表明するものと予想されていた。だがその席で同選手が告げたのは、引退を考え直したというプレー続行宣言だった。

    「プレーを続けたいと思っている。心が弱くなった瞬間があったが、この賭けに勝ちたいと思っているんだ。今朝には(引退を)決断していたが、それから話し合いをして考え直した」とカッサーノ。一旦は引退を決めたものの、家族やヴェローナ監督、会長らとの相談により考えを変えたとのことだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170718-00222578-footballc-socc

    【カッサーノ、引退決断から即日撤回。「心が弱くなった瞬間があった」】の続きを読む

    このページのトップヘ