サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    海外選手

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/17(月) 13:08:10.00
    20190617-00010015-goal-000-1-view[1]


    ネイマール、今夏にPSG退団の可能性が浮上…クラブはメガオファーが届けば売却決断か

    2017年夏にバルセロナから史上最高額の2億2200万ユーロ(当時約290億円)でPSGに加入したネイマール。しかし、昨シーズン、今シーズンと2年連続で足の重傷を負い、シーズンの半分近くを棒に振るなどなかなか思うようにプレーできていない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00010015-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/16(日) 22:08:28.03
    9e2d489c[1]


    気になる公開日:2019/6/15 19:01

     ローマ法皇のフランシスコは、サッカーファンがメッシを「神」と呼ぶことに対し「神への冒涜である」とし、その呼称を使わないよう注意している。
    海外メディアSkyNewsが伝えた。

     今回の件は、FCバルセロナのファンがリオネル・メッシをしばしばスペイン語で神という意味に当たる「dios」と呼ぶことに端を発する。

     スペインのテレビチャンネルLa Sextaからのインタビューでフランシスコは「理論上、これは冒涜だ。そう呼ばれるべきではない。そんなことが良いはずがない」とコメント。

     番組司会者のジョルディ・エボルが、自身はメッシが神だと信じていると語ると、フランシスコは笑いながら「私は信じません」。
    崇拝されるのは神のみだとし、メッシについては「ピッチ上でボールとともにある神、というのがわかりやすい表現方法でしょう」
    「彼は見ていて素晴らしいが、神ではない」と加えた。

     なおフランシスはサッカーファンとして知られており、ブエノスアイレスのチーム、サン・ロレンソのクラブメンバーである。

    https://www.crank-in.net/news/63880/1

    続きを読む

    233: 名無し@サカサカ10 2019/06/15(土) 17:03:25.70
    D9FmAZsUcAEbiZ3[1]


    FC東京

    スターティングメンバー
    GK 33 林 彰洋
    DF 2 室屋 成
    DF 20 チャン ヒョンス
    DF 3 森重 真人
    DF 25 小川 諒也
    MF 39 大森 晃太郎
    MF 8 髙萩 洋次郎
    MF 18 橋本 拳人
    MF 10 東 慶悟
    FW 23 矢島 輝一
    FW 9 ディエゴ オリヴェイラ

    控えメンバー
    GK 1 児玉 剛
    DF 5 丹羽 大輝
    DF 6 太田 宏介
    MF 17 ナ サンホ
    MF 36 安部 柊斗
    MF 45 アルトゥール シルバ
    FW 21 ユ インス

    神戸

    スターティングメンバー
    GK 18 キム スンギュ
    DF 22 西 大伍
    DF 25 大﨑 玲央
    DF 15 宮 大樹
    MF 19 初瀬 亮
    MF 5 山口 蛍
    MF 8 アンドレス イニエスタ
    MF 14 三田 啓貴
    MF 13 小川 慶治朗
    FW 17 ウェリントン
    FW 7 ダビド ビジャ

    控えメンバー
    GK 29 荻 晃太
    DF 3 渡部 博文
    DF 34 藤谷 壮
    MF 27 郷家 友太
    MF 35 安井 拓也
    FW 16 古橋 亨梧
    FW 21 田中 順也

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/12(水) 05:51:38.59
    20190612-00010000-sdigestw-000-1-view[1]


    セレソンの至宝に対する評価は急落の一途をたどっている。

     2年前の夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに2億2200万ユーロ(約272億円)で移籍したネイマール。そのエポックメーキングな移籍金は、いまだ破られていない歴代最高額だ。

     しかし、27歳のブラジル代表FWは、その額に見合った活躍ができているとは言い難い。今シーズンは公式戦28試合に出場して23ゴール・13アシストと数字だけを見ればまずまずの結果を残したものの、相次ぐ怪我やプライベートでのスキャンダルが目立ち、パリSGの悲願であるチャンピオンズ・リーグ(CL)制覇に導くことはできなかった。そして、そのパフォーマンスに比例して、市場価値も急落しているのだ。

     スイスでサッカー移籍金や市場価値などに関する統計の研究を行なっている『CIES Football Observatory』(CIES)によれば、ネイマールのマーケットにおける価値金額は、1年半前の1億9700万ユーロ(約256億1000万円)から、1億2000万ユーロ(約156億円)~1億5000万ユーロ(約195億円)にダウンしたという。

     市場価値が大幅に落ち込んだ理由として、CIESは、たった17試合にとどまった今シーズンのリーグ・アンの出場数とCLでの欠場の多さを指摘している。

     この事実を伝えたフランス紙『L Equipe』は、ネイマールはパリSG加入後から全体の約51.8パーセントのゲームにしか出場していないと報道。これは同じ期間内に87パーセントの割合で出場したバルセロナのリオネル・メッシ、同じく77パーセントのゲームに出ているユベントスのクリスチアーノ・ロナウドを大きく下回る。

     CIESは1億5000万ユーロがパウロ・ディバラやガブリエウ・ジェズスと同じ価値であると伝えている。だが、ネイマールはパリSG移籍時にバロンドールの獲得が期待され、C・ロナウドとメッシの二大クラッキに肩を並べる存在になると予想されていただけに、その周囲の期待に応えられているとは言い難い。

     そのネイマールは、今月5日に行なわれたカタールとの親善試合で右足を負傷し、母国で開催されるコパ・アメリカの欠場が決定。代表で捲土重来を果たすことは叶わなかった。

     さらに、古巣バルセロナへの電撃復帰も取り沙汰されているが、仮に契約が成立した時、その移籍金は市場価値と同様に引き下げられるのか?  とにもかくにも注目を集める存在であることだけは間違いない。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    6/12(水) 5:40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/11(火) 23:25:17.90
    GettyImages-810664866-800x556[1]


    体調不良のためドイツに一時帰国していたJ1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が11日、合流予定日の練習に参加しなかった。 
      
     三浦淳寛スポーツダイレクター(SD、44)によると、ポドルスキは扁桃腺に問題を抱え、まだドイツに滞在して自宅療養を続けているという。手術などの予定はないが、再来日のめども立っておらず、15日のFC東京戦(味スタ)の出場は絶望的となった。

     三浦SDは「一日でも早く戻って来てほしいが、状況が良くならないことには。そこは願いしかない」と神妙な表情で話した。

    6/11(火) 13:52配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000051-dal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/09(日) 16:41:09.32
    no title


    現地時間6月7日にニカラグア代表との親善試合に臨んだアルゼンチン代表は5-1と大勝を飾った。 
      
     格下が相手であったとはいえ、来る14日に開幕を迎えるブラジルでのコパ・アメリカに向けて順調な調整ぶりを示したアルゼンチン代表。そのなかにあって圧巻のパフォーマンスを見せつけたのは、やはり「10番」のリオネル・メッシだった。

     最前線の一角で先発出場を飾ったメッシは、37分に敵エリア内でDF4人をかわすドリブルから先制点をゲットすると、直後の38分にはセルヒオ・アグエロのシュートを相手GKが弾いたところを押し込んで2点目を奪った。

     パウロ・ディバラと交代してハーフタイムに退いたものの、大量得点を呼び込む仕事をきっちりとこなしたメッシ。しかし試合後、その大黒柱のとある行動が注目を集めた。アルゼンチン国歌を歌わなかったというのである。

     メッシは以前から、キックオフ直前に催される国歌を歌わないことでいわれのない批判を受けてきた。

     そもそもアルゼンチン国歌は非常に長いため、FIFA管轄の試合では、前奏のみで終わってしまうケースも少なくない。だが、このニカラグア戦のように“フルコーラス”の時でも、メッシはほとんど歌うことがないのだ。ゆえに今回も、SNSなどで一部のファンから、「また代表チームのキャプテンに相応しくない行動をしている」というネガティブな意見が噴出したのだ。

     これを受け、「なぜメッシが国歌を歌わないのか?」というレポートを掲載したアルゼンチンの全国紙『Ole』は、当人の言葉を交えつつ、次のように理由を綴っている。

    「ニカラグアとの試合前、彼は集中していた。そして、国歌が流れ終わった直後の彼は数秒間にわたって拍手をしていた。しかし、なぜ、レオはプレー前に国歌を歌わないのか? それに関して本人は少し前に次のように言っていた。『僕は国歌を歌う必要はないと思っている。愛国心は感じているし、歌っても何も変わらないだろう。それが聞くことが僕のやり方なんだ。みんながそれぞれのやり方をすればいい』。それが理由だ」

     そして、同紙はメッシに対する批判を一蹴するかのようにレポートを締めくくっている。

    「彼が国歌を知らないというのもあるだろう。だが、何よりも重要なことは、彼がやりたいようにやるということだ。レオはいま、ブラジルで輝くためにピッチでのことに集中し、表現しようとしているのだ」

     1993年のコパ・アメリカ以来となるメジャータイトル奪取を目指しているアルゼンチンにメッシは栄冠をもたらせるのか。31歳となったクラックのプレーに刮目したい。

    6/9(日) 7:35配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190609-00010002-sdigestw-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/08(土) 15:07:44.10
    no title


     フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールがレアル・マドリーからのオファーを拒否していたようだ。英メディア『エクスプレス』などが現地時間の7日に報じた。

     ネイマールにはレアルと古巣のバルセロナが獲得に興味を示していた。バルセロナはPSGにFWウスマン・デンベレかフィリペ・コウチーニョのトレード移籍を持ちかけているとも報じられていた。同メディアによると、ネイマール本人がレアルへの移籍を拒否し、バルセロナかPSGへの残留になるという。

     今季のネイマールは怪我などの影響もあり、公式戦28試合に出場し23得点13アシストとなっている。バルセロナが交渉中と報じられているが、PSG側はネイマールの放出を否定。同選手の引き留めに努めているようだ。

     現在、ネイマールは婦女暴行疑惑とコパ・アメリカ負傷離脱という状態で問題の整理が必要となるだろう。ネイマールの状況が落ち着くまで、交渉はまとまらないかもしれない。

    【了】
    https://www.footballchannel.jp/2019/06/07/post324980/ 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/03(月) 08:25:13.35
    ソース:

    https://twitter.com/nachogarciad/status/1135028563999113217?s=21

    no title

    no title
     
     
      
      
    ネイマールさん:
    「来週会える?航空券手配するし、五つ星ホテルを用意して待ってるからパリに来なよ」
    「俺で感じるなら実際に解消しなきゃ」
    「裸の写真はあるの?」
    「君を食べたいよ」
    「いま練習中だからちょっと待ってね、君にキスしてからホテルに連れて行くね」

    (事後)
    「君をまた今日抱きたいよ笑」 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/01(土) 20:23:38.19
    20190601-00192899-soccermzw-000-8-view[1]


    No podríamos ofrecer una noticia peor. Ha fallecido en accidente de tráfico nuestro querido canterano José Antonio Reyes. Descanse en paz.

    私たちはもっと悪い知らせを提供することはできなかった。 私たちの最愛のチームメンバーJoséAntonio Reyesが交通事故で亡くなりました。 安らかに休む。

    https://twitter.com/SevillaFC/status/1134776423066062848?s=09 

    続きを読む

    705: 名無し@サカサカ10 2019/06/01(土) 13:59:01.21
    img_41298fbab83cce4a9188a8013b199708226243[1]


    鳥栖

    GK 18 高丘 陽平
    DF 2 三丸 拡
    DF 3 高橋 祐治
    DF 13 小林 祐三
    MF 4 原川 力
    MF 7 イサック クエンカ
    MF 24 安在 和樹
    MF 36 高橋 秀人
    FW 6 福田 晃斗
    FW 11 豊田 陽平
    FW 44 金崎 夢生

    GK 1 大久保 択生
    DF 22 原 輝綺
    MF 14 高橋 義希
    MF 16 島屋 八徳
    MF 30 樋口 雄太
    FW 19 趙 東建
    FW 40 小野 裕二



    C大阪

    GK 21 キム ジンヒョン
    DF 2 松田 陸
    DF 3 木本 恭生
    DF 14 丸橋 祐介
    DF 22 マテイ ヨニッチ
    MF 5 藤田 直之
    MF 6 レアンドロ デサバト
    MF 7 水沼 宏太
    MF 25 奥埜 博亮
    FW 10 清武 弘嗣
    FW 20 ブルーノ メンデス

    GK 1 圍 謙太朗
    DF 4 藤本 康太
    DF 16 片山 瑛一
    MF 17 福満 隆貴
    MF 32 田中 亜土夢
    FW 13 高木 俊幸
    FW 34 山田 寛人

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/05/30(木) 22:28:08.66
    20190530-00010006-sdigestw-000-10-view[1]


    ◆ ネイマールは幼稚すぎ? 股抜きしてきた仲間を引っ張り倒す場面が問題視[映像アリ]

    コパ・アメリカ2019制覇を目指すブラジル代表において最も注目されるのは、やはりエースのネイマールだ。ネイマールの出来がブラジルの運命を大きく左右することになり、コパ・アメリカ制覇にはネイマールの貢献が欠かせない。

    当然ネイマールはトレーニング中から注目を集めるのだが、28日に行われたチームトレーニングでは左ひざを痛めて足を引きずる姿が見られた。大会が近づいているだけに、怪我のトラブルだけは何としても避けたい。ただ、注目を集めた映像はこれだけではない。もう1つ今回の代表トレーニングで話題を呼んだものがあるのだ。

    その映像とは、ネイマールがトレーニング中にグレミオFWエヴェルトンを倒してしまったシーンだ。これはあくまでトレーニングなのだが、パスを受けたエヴェルトンがプレスに来たネイマールの股間を通して突破。これにネイマールは少し怒りを覚えたのか、エヴェルトンの服を引っ張って倒してしまったのだ。

    英『Daily Mail』によると、この映像を見たファンからは「優れた選手だが、幼稚」、「これこそネイマールが主将ではなくなった理由では?」といった声がSNS上で挙がっており、フラストレーションをぶつけたような行為が問題視されている。トレーニングから本気で臨むのは良いことだが、さすがに後ろから引っ張るのはまずかったか。 
      
       
    2019年5月30日 17時0分 theWORLD(ザ・ワールド)
    http://news.livedoor.com/article/detail/16541345/ 




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/05/30(木) 21:43:42.70
    no title


    今夏にバイエルン・ミュンヘンを退団する元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンは、Jリーグでキャリアを続ける可能性があるようだ。本人が母国メディア『Voetbal International』で明かしている。

    ロッベンのランクインは?バイエルン史上20人の偉大なる選手たち…

    現在35歳のロッベンは今夏に10年過ごし、公式戦304試合(144ゴール、101アシスト)に出場したバイエルンを去ることが決定。今シーズンは負傷で5カ月間の離脱を強いられるも、ホームでのラストマッチで18日に行われたブンデスリーガ最終節フランクフルト戦(5-1)でゴールを奪い有終の美を飾った。

    そんなロッベンだが、今夏以降のキャリアについては現在検討中だという。『Voetbal International』でも現役生活を続ける場合の移籍先候補に関して具体的なクラブ名を明かさなかったものの、「将来に関する選択肢は4つのカテゴリーに絞っている」と示唆。「例えばアメリカや日本といったヨーロッパ外の冒険に挑むかもしれない。あとヨーロッパの絶対的なトップクラブも考えているし、オランダへの復帰も除外しない」と明かした。

    決断に苦しんでいるのは、バイエルンより低いレベルでプレーすることになるからと話すロッベン。「頭の中のボタンを押す必要がある」と表現し、新しい環境に向かうにあたって気持ちを入れ替える必要性を強調した。

    これまで故郷の古巣、PSVやフローニンゲン、MLS(メジャーリーグサッカー)のクラブ、そしてJリーグのFC東京が新天地候補として挙げられた右ウィングだが、ここに来て初めて日本行きの可能性を口に。今夏以降、果たして日本でロッベンの流れるようなカットインからのシュートを目にすることができるのか、注目したいところだ。

    5/30(木) 20:58配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00010027-goal-socc 

    続きを読む

    このページのトップヘ