サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外選手

    227: 名無し@サカサカ10 2018/04/19(木) 10:07:07.99

    20180417-00010003-soccermzw-000-3-view[1]


    韓国もJリーグのレベルの低さに気づいて
    韓国人Jリーガーが代表からはずすことを検討しているみたいだな

    韓国代表Jリーガー3人の状態を母国紙不安視 「アマチュアレベルの姿を晒した」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00010003-soccermzw-socc

    続きを読む

    929: 名無し@サカサカ10 2018/04/17(火) 19:49:52.68

    20180417-00182302-nksports-000-2-view[1]



    イニエスタ中国かよ


    イニエスタが中国移籍へ 正式発表は21日国王杯後
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201804170000519.html

     バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)は、クラブを退団して中国のクラブへ移籍することを伝えたと、スペイン紙アスが伝えた。
    正式発表は21日に行われる国王杯決勝セビリア戦の後に行われる予定だという。

     年俸は1300万ユーロ(約17億6000万円)の3年契約。現時点では移籍先が明確にされていないが、4チームが同じようなオファーを出していると報じた。

     イニエスタは昨年10月にクラブと生涯契約を結んだばかり。だが、この契約はイニエスタが志願すれば移籍できるという。今季リーグ戦では25試合(先発21試合)で1得点を挙げている。

    続きを読む

    368: 名無し@サカサカ10 2018/04/14(土) 17:43:45.66

    img_39d4ccdc94d5eb87f3239ea7947e057f186794[1]



    ここのマドリディスタってラモスをどう評価してるの?

    海外だとめちゃくちゃ評価されてて、UEFAベストイレブンでもロナウドメッシ押し退けて最多得票で歴代最高峰のセンターバックって評価だけど


    なんか日本だとイマイチラモスは過小評価されてる気がする

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/13(金) 16:04:44.16 _USER9
    また差別発言…浦和MFマルティノスがSNSで怒り。クラブは「容認できない」と声明
    4/13(金) 14:06配信
    GOAL

    【写真】マルティノスがインスタで悲痛な思いを綴る…
    no title


    また差別的な発言を受けた浦和のマルティノス(C)J.LEAGUE
    no title


    浦和レッズMFマルティノスが12日にインスタグラムを更新し、自身に対する差別的な発言を「許せない」と綴った。

    マルティノスに対しては、横浜F・マリノス在籍時代の昨年9月にも、一部の人間による「肌の色」に関する差別的な発言があった。
    今回も同様にマルティノスの「肌の色」を差別するアカウント名で、誹謗中傷のツイートが投稿されている。

    また起こった差別発言。マルティノスは「このような差別的な発言は絶対許せないし、非常に残念だと思っています」と悲痛な思いを綴っている。

    これを受けてか、浦和レッズは12日、特定の選手へのSNSでの差別発言について「容認できない」との声明を発表している。

    「日ごろより、浦和レッドダイヤモンズをサポートいただき、ありがとうございます。ここ最近、TwitterなどのSNSで、選手のなりすましアカウントなどによる、
    特定選手に対する差別や誹謗中傷を行う看過できない発言が、日常的に見受けられるようになっています」

    「浦和レッズは、2014年に国際サッカー連盟(FIFA)総会の決議を尊重し『人種、肌の色、性別、言語、宗教、
    または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為を認めない』とする差別撲滅宣言をしており、
    上記のようなSNSなどの発言を容認することはできません」

    「ぜひ、みなさまにおかれましても、上記のような発言は許さず、私たちサッカーファミリーの力で差別を撲滅できるよう
    共に戦っていただければと思います。よろしくお願い申し上げます」

    ■過去に起きたJリーグでの人種差別問題

    2015年:FWパトリック(当時ガンバ大阪/現サンフレッチェ広島)
    浦和の試合を観戦する高校生からツイッターで差別的な発言を受けた。

    2016年:FWカイオ(当時鹿島アントラーズ/現アル・アイン)
    浦和サポーターを名乗る男性からツイッターで差別的な発言を受けた。

    2017年:FWラファエル・シルバ(当時浦和レッズ/現武漢卓爾)
    R・シルバのインスタグラムに、サルや中指を立てる絵文字や黒い色の足跡、バナナなどといった差別的なコメントが相次いで投稿された。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000013-goal-socc 
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/10(火) 17:26:14.06 _USER9

    20180410-00038587-sdigestw-000-1-view[1]


    セリエAの名門ミランで史上2人目の「アジア人プレーヤー」が誕生するかもしれない。
     
     アジア人選手で初めてロッソネーロのユニホームを纏ったのは、ご存知の通り14年1月にCSKAモスクワからフリーエージェントで加入した本田圭佑。この日本代表MFが昨夏に契約満了で退団して以来、ミランにアジア人選手はいなかった。
     
     そんな中、イタリア・メディア『calciomercato.com』は、ミランが以前から関心を寄せていた韓国代表MFのキ・ソンヨンと今夏の加入で条件合意したと報じた。現在所属するスウォンジーとの契約は今年6月30日で切れるため、本田と同じく移籍金ゼロでの加入。強化資金が限られるミランにとっては願ってもないローコスト補強だ。
     
     現在29歳のキ・ソンヨンは、FCソウルとセルティックを経て、12年夏にスウォンジーへ加入。13-14シーズンにレンタル移籍したサンダーランドには、強化部門でイタリア人のマッシミリアーノ・ミラベッリが働いていた。このミラベッリは現ミランSDで、当時のコネクションがお互いにとってモノをいったようだ。
     
     パスセンスと運動量を兼備し、中盤中央ならどこでも機能するキ・ソンヨン。昨年11月に新監督に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ政権下のミランは4-3-3を採用しているが、インサイドハーフの控えが心許なく、フランク・ケシエとジャコモ・ボナベントゥーラがほぼフル稼働を強いられている。ルーカス・ビグリア、リッカルド・モントリーボ、マヌエル・ロカテッリを擁するアンカーよりも、インサイドハーフでの起用がメインになるか。
     
     ちなみに、キ・ソンヨンは韓国代表でキャプテンマークを巻き、妻も人気女優ハン・ヘジンという国民的な人気選手。17年4月に中国資本となったミランとしては、アジア市場におけるマーケティングという意味でも小さくないプラスアルファとなるかもしれない。

    4/10(火) 16:29配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00038587-sdigestw-socc 
      
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/09(月) 18:58:19.54 _USER9

    20180409-01652486-gekisaka-000-1-view[1]


    北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイが日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督解任について、自身のツイッター(@jaybothroyd)で見解を語っている。

     アーセナルの下部組織出身で、イングランド代表は1キャップながら出場経験を持つジェイ。その眼から見た日本代表の監督解任について、「カウンター攻撃のサッカーは代表選手たちに合っていなかったので、この選択は正しかったと思う」と語る。

     しかし、6月の本大会まで時間がない中での決断には「W杯から2か月前で解任するのは良いタイミングではないね」と賛同はしていなかった。

    4/9(月) 18:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-01652486-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/10(火) 00:42:43.73 _USER9

    20180409-00010003-goal-000-1-view[1]


    アトレティコ・マドリーの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが9日、今季限りでクラブを去ることを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

     エンリケ・セレーゾ会長は公式サイトを通じて、「フェルナンドはクラブの伝説である」とトーレスを賞賛。「彼の未来については彼自身に決定権があるといつも言っていた。彼がどこでプレーを続けようが、彼が与えてくれたものに対して、私たちは感謝を惜しまない」とクラブのレジェンドとして敬意を表した。

     トーレスにとって、アトレティコ退団は2度目となる。2007年に一度退団しており、その後リバプールに移籍。チェルシー、ミランでプレーを続け、15年に古巣に復帰を果たしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-01652506-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/07(土) 20:11:41.75 _USER9
    ユヴェントスとのUEFAチャンピオンズリーグで、驚きのバイシクルを披露したクリスティアーノ・ロナウド。

    その打点はクロスバーほどの高さであり、人間離れした身体能力を見せつけた。

    そんなロナウドの肉体について、『Deportes Cope』のアランシャ・ロドリゲス氏が調査。

    一般的なサッカー選手の体脂肪が10%から11%なのに対し、ロナウドは7%。また、一般的にはどれだけ高くても46%ほどと言われる筋肉量もロナウドは50%を記録している。

    そして、先日のCLで見せた驚異的なジャンプを踏まえた結果、ロナウドの肉体年齢は実年齢より10歳も若い23歳であると判明したという。完全に化け物!

    2018/04/06 12:10
    https://qoly.jp/2018/04/06/cristiano-ronaldo-body-age-kwm-1 
      
     bbb[1]

     
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/06(金) 06:56:33.41 _USER9

    20180405-00263960-footballc-000-1-view[1]


    ■ジダンのボレーかC・ロナウドのオーバーヘッドか? ファンが選んだのは…

    チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグが現地時間3日に行われ、レアル・マドリーがアウェイでユベントスに3-0の勝利を収めた。
    マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが決めたスーパーゴールが絶賛を集めている。

    C・ロナウドはこの試合で2ゴール1アシストを記録して勝利に大きく貢献。
    特に自身とチームの2点目、ダニエル・カルバハルからのクロスに華麗なオーバーヘッドキックで合わせてのシュートを突き刺したゴールは圧巻だった。

    この1点に対し、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も「サッカー史上最も美しいゴールのひとつだと言える」と称賛。だが、「私のゴールほどではないがね」と冗談交じりに付け加えた。

    ジダン監督が指しているのは、現役時代の2002年CL決勝レバークーゼン戦で決めたゴールだ。左からのクロスにボレーで合わせたビューティフルゴールでマドリーを欧州制覇に導いた。

    米誌『エスクァイア』スペイン語版ではこの発言を受け、どちらのゴールがより素晴らしいと思えるかについてオンラインアンケートを実施。
    「ジダンのボレー」は約3分の2の67%の票を獲得し、「クリスティアーノのオーバーヘッド」を約2倍上回る結果となった。

    技術的には容易に優劣を決められるものではないだろう。だがCL決勝と準々決勝という舞台の差はジダン監督のゴールの方が評価される理由のひとつとなるかもしれない。

    4/5(木) 0:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00263960-footballc-socc

    ■動画

    ジダンのボレー
    https://www.youtube.com/watch?v=QryFUtRtUiM



    ロナウドのオーバーヘッド 


     
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/05(木) 19:33:28.58 _USER9
    J1ヴィッセル神戸は4日のルヴァンカップ・グループステージ第3節の敵地ベルマーレ湘南戦で3-0と快勝した。この試合でJ2アビスパ福岡から今季加入のFWウェリントンが神戸移籍後初ゴールをマークしたが、その際に相手DFを吹き飛ばすドリブルを見せ、「ファウルっぽい」「酷い」「格闘技の試合」などの声が上がっている。

    【動画】「酷い」「格闘技」「倒される方が悪い」と賛否! 神戸FWウェリントン、湘南DF坂を吹き飛ばして移籍後初ゴール
    https://www.football-zone.net/archives/97214/2


     試合は前半23分、ユースから昇格した神戸の18歳MF佐々木大樹がこぼれ球に反応し、公式戦初ゴールで神戸が先制に成功。すると同30分に賛否両論の場面が起きた。

     神戸DFティーラトンから前線にパスが送られると、ウェリントンと湘南DF坂圭祐が球際で激しくコンタクト。両者が競り合ったなか、坂が激しく吹き飛ばされた一方、ボールを確保したウェリントンはそのままドリブルでボールを持ち運び、ゴール右隅に正確なシュートを流し込んだ。これでリードを2点に広げた神戸は、後半41分にFW渡邉千真がダメ押し点を決めて3-0と勝利した。

     30歳のブラジル人FWウェリントンにとっても嬉しい移籍後初ゴールとなったが、Jリーグ公式YouTubeチャンネルで動画が公開されると賛否両論となっている。球際で坂と競り合った際の場面を受けて、「倒される方が悪い」「ウェリントンは体強い」とフィジカル勝負での攻防だったと指摘する声もあった一方、「ファウルっぽい」「肩と肘が出てる」「酷い」「格闘技の試合」「これは怒っていい」など反則級のプレーというコメントも並んだ。

     結果的に笛は吹かれず、坂も猛抗議はせずにゴールが認められている。正当なチャージだったのか、あるいはファウルだったのか。ウェリントンの移籍後初ゴールはファンの間で論争を巻き起こしているようだ。

    4/5(木) 18:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00010012-soccermzw-socc

    写真
    no title







    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/03(火) 13:39:25.15 _USER9

    20180403-00000003-goal-000-4-view[1]


    名古屋グランパスに所属するFWジョーが、ブラジルのラジオ『Jovem Pan』の独占インタビューに応じた。ジョーは日本サッカー、ブラジル代表、そして古巣であるコリンチャンスへの思いを語った

    来日から4カ月。ジョーはJリーグについて「少しずつ、なじんでいる」と手ごたえを感じている。そして「ペースが非常に速く、洗練された技術を持っている。彼らは賢く、両足を扱え、1タッチ、2タッチでプレーが展開される。考える時間は短く、90分間走り続ける。僕たちとは全く異なるスタイルで、リズムをつかむことは難しい」と評した。

    ジョーはリーグ戦5試合に出場して1得点を記録。この結果には「満足している」と話すなど、Jリーグでのプレーを楽しんでいるようだ。

    ■ブラジル代表、古巣への思い

    「(名古屋は)パスを回すサッカーで、優勝を目指している」と語るジョーだが、日本行きによりセレソン(ブラジル代表)からは遠ざかると自覚している。それでも「まだ諦めていない」と語る。

    「2017シーズンに(コリンチャンスで)実績を残しています。もちろん、それでも難しいことは理解していますが、日本行きは家族を尊重しての選択でした」

    日本で満足な成績を挙げれば、ブラジル代表に選出される可能性が残されていると考えているようだ。

    ジョーは2017年、コリンチャンス優勝の立役者となった。復帰の意思はあるのだろうか。その問いにジョーは「僕はコリンチャンスで引退したいと思っています。僕は“コリンチアーノ”ですから、名古屋との契約が満了した後で、コリンチャンスに復帰できることを願っています」と答えた。

    4/3(火) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000003-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/02(月) 19:12:01.49 _USER9
    バイエルンがハメス・ロドリゲスを74億円で買取へ
    4/2(月) 17:34配信
    日刊スポーツ

    ハメス・ロドリゲス(2018年3月23日撮影)
    no title


    Bミュンヘンの首脳陣がレンタル移籍中のハメス・ロドリゲスの買い取りオプションを
    4200万ユーロで行使することを決めたと、2日のスペイン紙マルカが報じた。

    移籍金総額はレンタル代(今年と来季分)の1300万ユーロを加算した5500万ユーロ(約74億2500万円)に。
    オプション行使までの時間はまだ十分にあるが、バイエルン側は早めにコロンビア人MFを手元に置きたがっており、既に選手の了承も得ている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00167888-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/02(月) 14:03:40.07 _USER9
    4/2(月) 12:57配信
    W杯対戦国、エースがそろって絶好調 日本から不安噴出「ボコボコにされる...」

     サッカー日本代表が2018年3月の欧州遠征で不安を露呈するなか、ロシア・ワールドカップ(W杯)で戦う3か国のエースがそろってクラブで得点をあげ、3か月後に迫る本番へ絶好調ぶりを見せつけた。

     特にバイエルン・ミュンヘン(ドイツ・ブンデスリーガ)のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムント相手にハットトリック。日本からは悲壮感に近い声がもれる。

    ■レヴァンドフスキ3G、ハメス1G2A

     リーグ1位のバイエルンは2018年4月1日未明(日本時間)に行われた第28節で、ケガのため香川を欠く同3位のドルトムントと対戦し、前半だけで5対0、最終的に6対0で勝利するという一方的な試合を展開した。

     エースのレヴァンドフスキは前半5分、スルーパスに抜け出すと難なく流し込んで先制点。前半44分には、左サイドのMFフランク・リベリがゴール前までドリブルでえぐってシュートを打ったこぼれ球に反応。相手DF2人に囲まれながら押し込んだ。後半42分には右サイドからのグラウンダーのクロスに対し、中央で相手の背後をとる動きをしてフリーになり、きっちりゴール。ブンデスリーガを牽引する両クラブの伝統の一戦「デア・クラシカー」で、ハットトリックを記録する大爆発となった。今季は26試合出場26得点という驚異のペースでゴールを量産している。

     バイエルンは、W杯で日本と戦うコロンビア代表のFWハメス・ロドリゲスもマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍だった。前半14分に左サイドからのマイナスのクロスに2列目からノーマークで飛び出し、正確なシュートでゴール。前半24分は、左サイドに流れてスルーパスを受けると、ダイレクトで正確なクロス。FWトーマス・ミュラーの得点を演出した。さらに前半アディショナルタイムには、ペナルティエリア前で相手DFを引きつけ、ゴール前のスペースに走り込んだリベリの得点をお膳立て。バリエーションの豊富さを物語るように、まったく異なる形で1ゴール2アシストを記録した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000004-jct-ent
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/01(日) 22:30:01.91 _USER9
    日本のサッカー人気を“野球級”へ 元独代表ポドルスキが提言「米国を見習うべき」
    4/1(日) 12:59配信
    Football ZONE web


    ポドルスキ、日本での生活は「全てが素晴らしい」と称賛【写真:Getty Images】
    no title


    ・ロシアメディアで言及 日本での生活は「全てが素晴らしい」と称賛

    元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキはJ1ヴィッセル神戸で在籍2年目のシーズンを戦うなか、
    日本での生活について「全てが素晴らしい」と語っている。そんななか、日本のサッカー人気を“野球レベル”にまで高めるには
    「アメリカの例を見習うべき」と主張している。ロシアテレビ局「RT」が報じた。

    昨年7月にJリーグデビューを飾ったポドルスキは今季、2015年の韓国代表MFチョン・ウヨン以来、
    神戸史上二人目となる外国籍キャプテンとしてチームを率いている。
    「今は全てが良い。ここに来て8カ月か9カ月になる。自分と家族にとって人生は上手くいっているよ。
    食事や安全面、それに人々も親切。全てが素晴らしい」と称賛。日本での生活に満足しているという。
    さらに神戸の未来については、次のように展望している。

    「神戸を別レベルに引き上げたいと思っているが、それには時間がかかる。1年では難しい。3~5年後には、このクラブをアジアのトップクラブにすることができるだろう。
    それが私たちの目標です。ピッチ内外でチームを助けること。それこそ私がここにいる理由です」

    6月のロシア・ワールドカップに臨む日本代表について楽観視しているというポドルスキだが、日本におけるサッカー人気には思うところがあるようだ。
    「この国には多くの可能性がある」としつつ、「日本はサッカー人気を野球のレベルにまで近づけないといけない」と言及。その方法の一つとして、アメリカを引き合いに出している。

    ・「ビッグネームを連れてくることは重要だが…」

    「アメリカを見てほしい。NFL、野球、バスケットボールがある。だがサッカーもあり、良いマーケティングをしている。
    そしてそれこそ、サッカー人気を引き上げるために重要なポイントだと僕は思っている」

    さらにビッグネームの補強策についても触れており、ファンを惹きつけるためではなく、経験を共有するために獲得すべきだという。
    「ビッグネームを連れてくることは重要だが、それが全てではない。中国を見れば分かるが、多くの選手が行き、彼らはすでに戻ってしまった」と、
    “爆買い”でタレントをかき集める中国リーグを例に出している。

    ポドルスキはアメリカのマーケティングを見習うべきとしながら、「日本人選手やJ1リーグの質を高め、より多くの日本人選手を欧州に渡らせ、
    そしてこの国のサッカーを発展させる」と続けた。元ドイツ代表のアタッカーは、日本サッカー界の青写真を自らの中で描いているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180401-00010006-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/04/01(日) 17:36:34.25 _USER9
    4/1(日) 16:58配信
    ルカク、プレミア通算100ゴールを達成…ほとんどがPA内からと判明

     マンチェスター・Uに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、プレミアリーグ通算100ゴールを記録した。

     3月31日に行われたプレミアリーグ第33節のスウォンジー戦に先発出場したルカク。試合開始早々の5分、ペナルティエリア内でパスを受けると、ワントラップから左足を振り抜き先制点を奪った。

     この貴重な先制ゴールによってルカクは、プレミアリーグ通算100ゴールを達成。216試合目での100ゴール到達は、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバを抜いてリーグ史上12番目の速さでの記録達成となった。

     また、24歳322日での達成は、元イングランド代表FWマイクル・オーウェン、元同代表FWロビー・ファウラー、元同代表FWウェイン・ルーニー、同代表FWハリー・ケインに続いて5番目に若い選手となった。

     ルカクが挙げた100ゴールの内訳は、左足で52得点、右足で26得点、頭で21得点、その他で1得点。また、PKの6得点を含め、ペナルティエリア内からのゴールは95得点を記録している。最も得点を奪っている対戦チームは、ウェストハムで、11試合で9ゴールを挙げている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00736522-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ