サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    海外選手

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/23(金) 12:48:51.28 _USER9

    20180221-00010022-goal-000-1-view[1]



    26年目の「明治安田生命Jリーグ」は23日に開幕。J1開幕戦として初めて平日の金曜に行われる鳥栖-神戸(ベアス)を前に22日、両チームが会見し、神戸の主将で元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)は「フリーマン」として攻撃の全権を与えられる見通し。気温8度の寒さが予想される中、熱い戦いを約束した。

     注目の一戦に向けて闘志がみなぎる。J1史上初の平日の金曜開幕となる鳥栖-神戸。日本で2シーズン目を迎える年俸6億円の神戸FWポドルスキが、ゲルマン魂を静かに燃やした。

     「Jリーグ初の舞台に立てることは光栄。注目される中でプレーするのはワクワクする」

     Jリーグ側は土日以外に開催日を設けることで露出拡大を狙う。もっともこの季節のナイター開催は寒さが難題。23日午後8時のキックオフ時、鳥栖市の予想気温は8度で試合が進むにつれ低下する。観客全員に防寒具の特製マントを配布し、選手たちも長袖にインナーパンツを準備するが、屈強な肉体を誇る元ドイツ代表は「ナイターのプレーは楽しみ」と意に介さなかった。

     今季から神戸の主将に就任。ドイツ代表のフィジカルトレーナーを務めた咲花正弥氏(43)をチームに呼び寄せるなど、目標に掲げるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権(3位以内)に向けて精力的に活動する。

     チームはここ数日は完全非公開で調整。吉田孝行監督(40)はこの日の練習後、ポドルスキの起用法について「攻撃のときはフリーマンのようになる」と全権を与えることを明言。2年目の今季は徹底マークが予想される中、神出鬼没なポジション取りを許された青い眼の狙撃手は「勝ち点3を狙いたい」。豪快な一発で、5月に25周年を迎えるJリーグの幕を開ける。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000010-sanspo-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/21(水) 13:02:06.88 _USER9

    news_238194_1[1]


    中国スーパーリーグの上海申花に所属するコロンビア代表MFフレディ・グアリンが、インスタグラムを更新し、日本代表DF長友佑都へメッセージを送った。

     グアリンは中国移籍を決断した昨年1月までインテルに所属。長友とは4年間ともにプレーした。今冬、長友もロシアW杯を視野に出場機会を求めてガラタサライへと移籍。7年間過ごしたミラノを去ったが、コロンビア代表MFはインスタグラムのストーリーズにおいて、インテルの愛されキャラだった日本代表DFへの思いを綴った。

     グアリンは過去にも、「ユウトは間違いなく良い選手だよ」などと語り、長友に対して好印象を抱いていたが、今回はビデオ通話中の長友のスクリーンショットを掲載。

    「僕のフラテッロ(兄弟)へ挨拶。ナガ、どれだけ君がいなくて寂しいことか」と綴り、W杯出場を目指し、トルコの地で活躍する友へメッセージを発信した。最後に「いつもフォルツァ(頑張れ)インテル」と付け加え、愛する古巣への忠誠も見せた。

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?238194-238194-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/19(月) 16:14:27.19
    Cロナウド、CL直近12試合で21ゴール6アシスト

    バイエルン戦 5点
    アポエル戦 4点
    アトレティコ戦 3点
    ドルトムント戦 3点
    ユベントス戦 2点
    PSG戦 2点
    トッテナム戦 2点


    CL優勝4回
    CL5年連続得点王継続中
    CL歴代最多116ゴール
    CL最多32アシスト



    20180219-00717361-soccerk-000-3-view[1]



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/16(金) 19:40:51.64 _USER9

    20180216-00127623-nksports-000-5-view[1]


    2/16(金) 19:23配信
    イニエスタ来夏に中国移籍か 年俸3500万ユーロ
    アンドレス・イニエスタ

     バルセロナのスペイン代表MFイニエスタが来夏に中国の天津権健へ移籍する可能性が出てきたと、16日にスペイン紙スポルトが伝えている。既にオファーは届いており、年俸3500万ユーロを提示されているという。

     天津権健の代理人は2度スペインを訪れているが、イニエスタは現時点で決断をしておらず、3月末に返答があるとのこと。バルセロナは選手の意思を尊重することを決めている。米MLSや中東からのオファーもあるが、バルサ残留か中国への移籍の二者択一といわれている。スペイン代表に集中するため、少なくともW杯前までには決断をすると伝えている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00127623-nksports-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/16(金) 16:43:14.91 _USER9

    20180216-01650593-gekisaka-000-1-view[1]


    マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチがすでに移籍後の準備を始め、米ビバリーヒルズの物件を探し始めていることが分かった。英『デイリー・メール』が報じている。

     イブラヒモビッチはユナイテッドとの契約を今シーズン終了まで残しているが、以前からLAギャラクシーへの移籍が噂されてきた。同紙によると、家族はすでにカルフォルニアへ渡り、MLS移籍に向けて住宅購入を検討し始めているという。

     昨季から負傷続きのイブラヒモビッチは昨年12月26日のプレミアリーグ第20節バーンリー戦(2-2)以降、試合に出場していない。ジョゼ・モウリーニョ監督はイブラヒモビッチの状態に疑問を呈し、今冬の移籍市場で放出される可能性も報じられていた。

     その冬のマーケットでクラブはFWアレクシス・サンチェスの獲得に成功。イブラヒモビッチに出場機会が増える気配は見られず、去就に注目が集まっている。 
      
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/16(金) 14:09:02.00 _USER9

    20180214-00000044-mai-000-2-view[1]


     Jリーグに3人のタイ人選手が今季加入することになり、タイ人Jリーガーは計5人になった。昨季は「タイのメッシ」と称されるMFチャナティップ(24)が札幌入りするなど、タイ人選手がJリーグで初めてプレーしたが、彼らの需要が高まってきている。【丹下友紀子】

     新加入の3人はセ大阪のMFチャウワット(21)▽神戸のDFティーラトン(28)▽広島のFWティーラシン(29)。Jリーグは昨季、外国籍選手枠を改定し、タイやベトナム、ミャンマーなど業務提携する8カ国の選手を外国籍扱いから除外した。タイ人選手の登録や試合出場は日本人と同じ扱いになった。

     神戸と広島は即戦力選手を補強したが、タイのバンコク・グラスとパートナーシップを結ぶセ大阪は、選手相互受け入れの一環でチャウワットを入団させた。玉田稔社長は「(選手を)レベルアップさせたいと打診があり、U23(23歳以下)チームであればと受け入れた」と明かす。

     国際サッカー連盟(FIFA)ランキング129位のタイにとってのJリーグは、日本にとっての欧州リーグのようなもの。チャウワットはJ3のU23で修業することを前提に移籍し、タイのムアントンから期限付き移籍のティーラトンは「多くのタイ人選手が高いレベルでプレーすることで、(タイ代表)チームは強くなっていく」と期待する。

     タイ人選手加入はJクラブの親会社のビジネス面にもメリットがある。セ大阪のスポンサーのヤンマーはタイに工場を持つだけに、玉田社長は「プラスにはなる」と指摘。神戸の立花陽三社長は「(親会社の)楽天はタイでも今後、事業を大きくしていく。ティーラトンが活躍してくれれば、将来的な相乗効果は大きい」とビジネス面でも期待する。

     6年前から本格的にアジア市場拡大を図ってきたJリーグ、高いレベルでのプレーを求めるタイ人選手、ビジネスチャンスを広げたいJクラブ。3者の思惑が合致し、大きな流れが生まれつつある。

    https://mainichi.jp/articles/20180214/k00/00e/050/342000c

    続きを読む

    352: 名無し@サカサカ10 2018/02/15(木) 21:58:52.13

    news_237914_1[1]


    イグアインが“座っているだけのファン”を批判「なんて簡単なことなんだろう」
    https://web.gekisaka.jp/news/amp/?237914-237914-fl&237914-237914-fl
    ユベントスのFWゴンサロ・イグアインが2-2に終わったトッテナム戦を振り返り、ただ座っていただけのファンを批判した。

     ユベントスは13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でトッテナムとホームで対戦。
    前半2分、同9分にイグアインが立て続けに決めて2点を先行したが、同35分にFWハリー・ケインに1点を返されると、後半26分にはMFクリスティアン・エリクセンにネットを揺らされ、2-2のドローに持ち込まれた。

     英『フォー・フォー・トゥー』によるとイグアインの発言は、2-0の状況から勝利を逃したことで受けた非難の声に対してのものだという。

     イグアインは自身のインスタグラム(@ghiguain20_9)で、以下のようなコメントを残している。

    「やあみんな。家で椅子に座って試合を観て、それについて話すだけっていうのは、なんて簡単なことなんだろうね」

    「2-0の時までは、すべてが完璧だった。2-2になった後、みんな急に意見を変え始めた」

     それでもイグアインは「何か言われても僕らは興味ないね」と切り替え、「ロンドンで結果を出すだけさ。ユベントスの勝利を願っている人すべてに心からのハグを」と、3月7日に敵地で行われる第2戦での巻き返しを誓っている。

    続きを読む

    470: 名無し@サカサカ10 2018/02/15(木) 12:15:01.71

    news_209236_1[1]


    マルセロって、下手したら
    もうロベカルの域を超えてねーか?

    ブラジル歴代の左サイドバックとしては
    史上最高レベルなんでは?

    攻撃力では派手さがある、
    ロベカルには及ばないだろうが、
    総合力としてはマルセロが勝っていると思う。








    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/07(水) 14:36:23.57 _USER9
     
    20180206-00254934-footballc-000-1-view[1]


    エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドがマンチェスター・シティに追いつくのは来季も難しいという考えを述べた。英『スカイ・スポーツ』の番組で話している。

     シティは今季プレミアリーグで順調に首位を走っており、12試合を残した時点で2位のユナイテッドに13ポイント差。ユナイテッドも過去数年に比べれば好成績を残しているが、同じ町のライバルチームには大きく水を開けられている。

     昨季まで在籍したユナイテッドでエースとして長年活躍したルーニーは、今季だけでなく来季もこの力関係が変わることはないと予想している。「シティに追いつけるかどうかという話なら、今年はもちろん無理だ。率直に言えば、来季も追いつくのは難しいだろう」と語った。

    「シティは4、5年前のバルセロナのレベルに達しようとしている。僕からこういうことは言いにくいが、ほぼ完璧なサッカーをしていることもある」とルーニーはシティの戦いぶりに賛辞を送った。

     バルサを2008年から2012年まで率いて“黄金時代”を築いたのが、現在シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督だった。今季シティはチャンピオンズリーグ、FAカップ、カラバオ・カップ(リーグ杯)でも勝ち残り、前人未到の4冠達成の可能性も残している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00254934-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/06(火) 06:34:04.78 _USER9
    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、2017年7月にヴェローナと1年契約を結んだが、わずか1週間で退団を発表。その後撤回、再び退団・現役引退発表と問題児ぶりを発揮。
    最終的に契約解消となり、現役復帰に意欲を燃やしている。

    そんななか、35歳のベテランは、巨額の移籍金でスター選手を買い集める中国への移籍について、「愚かだ」と持論を展開した。イタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」が報じている。

     ローマ、レアル・マドリード、ACミラン、インテルと世界的ビッグクラブを渡り歩いたカッサーノ。イタリア代表でも2012年の欧州選手権で準優勝に貢献する実力者だったものの、体重増加問題や素行不良などでたびたび問題を起こしてきた。2017年にサンプドリア退団後は無所属の期間が続き、最後に契約したヴェローナでは二転三転の末に現役引退を発表したが、再び心変わりしている。

    「自分の数々の過ちの代償を払った。そういうものなんだ。まだ活躍できるかどうか、知りたい。100パーセント信頼してくれる会長、監督が必要なんだ。そうでなければ、引退したままだろうね。そんなクラブを見つけることができれば、自分の準備はできている。無償でサインしたっていい。俺はすでに十分なお金を稼いだからね」

     カッサーノは環境次第で現役復帰する意向で、契約条件にこだわりはないという。年俸ゼロでも構わないと話す反面、“あるリーグ”には行かないと断言している。

    「契約しようとしたチームの名前は忘れた」

    「中国行き? 愚かだね。誰もが自分のやりたいことをすればいいと思っている。しかし、中国に行くヤツはお金のために移籍したと認めるべきだよ。俺と契約しようとしたチームの名前なんて忘れてしまったけどね」

     潤沢な資金を使い、高額な移籍金と年俸で世界中から実力者を集めてきた中国リーグは、イタリア人とも関係が深い。広州恒大はマルチェロ・リッピやファビオ・カンナバーロが監督に就任し、FWアレッサンドロ・ディアマンティ、アルベルト・ジラルディーノらも在籍。山東魯能では元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレがプレーしている。しかし、カッサーノは中国移籍に拒否反応を示し、オファーしてきたクラブ名すら忘れた、と振り返っている。

     記事によれば、現在は毎日トレーニングに勤しみ、週3回のテニスでコンディションを整えているという。

    「(テニスでは)いつも負けるけどね。俺はサッカーをするために生まれてきたんだよ」

     インテル時代は日本代表DF長友佑都を可愛がり、ガラタサライ移籍に際しては相談に乗った男が、再びピッチに戻る日は本当に訪れるのだろうか。

    2/5(月) 14:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180205-00010011-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/06(火) 12:44:55.95 _USER9

    20180206-00010009-soccermzw-000-2-view[1]



    パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、2月5日に26歳の誕生日を迎えた。王国ブラジルの至宝には、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)などがSNSで「ハッピーバースデー」とお祝いのメッセージを送っているが、PSGも公式インスタグラムに圧巻の5人抜きドリブル弾など今季のスーパープレー集を投稿して祝福。再生80万回を突破し、「しびれるようなプレーの数々」「君が一番」と改めて称賛の声が上っている。

    ネイマールは昨オフ、史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセルナからPSGに加入。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、新加入のフランス代表FWキリアン・ムバッペらと破壊力抜群の攻撃で猛威を振るい、自身もリーグ戦17試合18得点と圧倒的なパフォーマンスを見せている。

     5日に26歳の誕生日を迎えたエースを、PSGも公式インスタグラムでクラッカーの絵文字と「Ney26」と綴って祝福。併せて公開された動画では、1月のディジョン戦で飛び出した“5人抜き弾”に始まり、股抜きドリブルや軸足の後方に足を通してボールをキックする“ラボーナ”でのクロスなど、選りすぐりのハイライトシーンが収められている。

     公開から半日で再生回数は80万回を超え、ファンからは「君が一番」「クラックの中のクラック」「アメージング」「モンスターのマジックだ」「しびれるようなプレーの数々」と祝福と称賛の嵐となっている。

     今年は6月にロシア・ワールドカップが控えており、希代の天才ネイマールにとって26歳イヤーは思い出深いものになりそうだ。

    2/6(火) 12:10配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00010009-soccermzw-socc 
      









    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/05(月) 19:08:43.44 _USER9
    ベガルタ仙台は5日、ビトーリア所属のブラジル人FWラファエルソン(20)を期限付き移籍で獲得したと発表した。

     仙台は契約更新後にFW平山相太が電撃引退を発表していたが、183cm、93kgの大型ストライカーの補強に成功。20歳のラファエルソンは2015年から18年1月まで母国ブラジルのECヴィトーリアでプレーしていた。

     クラブを通じて、「オファーをいただいた時、迷うことはありませんでした。2018シーズンを素晴らしいシーズンにできるよう100%以上の力を発揮したいと思います。またサポーターのみなさんを映像で見た瞬間に恋をしました。クラブに関わるすべての人々の期待に答えられるように沢山のゴールを決めたいと思います」とコメントを発表した。

    以下、プロフィール

    ●FWラファエルソン
    (Rafaelson Bezerra Fernandes)
    ■生年月日
    1997年3月30日(20歳)
    ■身長/体重
    183cm/93kg
    ■出身地
    ブラジル
    ■経歴
    ECヴィトーリア

    2/5(月) 15:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-01650251-gekisaka-socc

    写真no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/05(月) 23:59:06.85 _USER9
    アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンが、5日のリーガエスパニョーラ第22節、
    本拠地ワンダ・メトロポリターノでのバレンシア戦(1?0)で見せたジェスチャーが話題となっている。

    58分にFWアンヘル・コレアが先制点を決め、その後バレンシアの猛攻に耐えていたアトレティコ。
    終了間際にはカウンターを仕掛けるチャンスを得たものの、ボールを運んだグリエズマンはバレンシアの守備人数の方が多いことに鑑みて、
    相手ゴールに背を向けて味方の到着を待つという判断を下した。

    このグリエズマンの判断に、メトロポリターノの観客はなぜゴールを狙わないのかと容赦のないブーイングを浴びせた。
    これに対してグリエズマンは、人差し指を口にそえる“黙れ”のジェスチャーを行ったほか、大声で叫んで反論している。

    なおシメオネ監督は試合後、この一件についてはグリエズマンの判断が正しかったことを強調している。
    「グリエズマンはすべてをうまくこなした。攻撃陣が揃わないときに無理に攻撃をする必要はないし、ボールを保持すべきときにそうしていた」

    2/5(月) 21:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000027-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/02/05(月) 19:58:19.58 _USER9
     
    20180205-00254738-footballc-000-1-view[1]


    リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、クラブ歴代最速でのプレミアリーグ20得点に到達した。英紙『デイリー・メール』が伝えている。 
      
     リバプールは現地時間4日に行われたプレミアリーグ第26節の試合でトッテナムと対戦。サラーは前半3分で先制点を奪ったのに続き、後半アディショナルタイムの91分には見事な個人技を披露して2-1の勝ち越しゴールを決めた。だがその後PKでの同点ゴールを許し、試合は2-2のドローに終わっている。

     今季から加入したリバプールでゴールを量産しているサラーは、これで今季リーグ戦25試合に出場して21得点。フェルナンド・トーレスとダニエル・スタリッジの保持していた記録を上回り、リバプールで最も速くプレミアリーグ20ゴールを決めた選手となった。

     プレミアリーグ設立以前ではサラーより少ない試合数でリーグ戦20得点に到達した選手もいるが、いずれも100年以上前。1915年にはフレッド・パグナムが23試合、1909年にはロナルド・オアーが24試合での20得点を達成したとのことだ。

     また、プレミアリーグのクラブに加入してから最初のリーグ戦25試合で記録した得点数としては歴代5位となる。アラン・シアラーとレス・ファーディナンドが25得点、ケビン・フィリップスが24得点、アンディ・コールが22得点という数字を残している。フィリップスはサンダーランド、他3人はいずれもニューカッスルで達成したものだ。

    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180205-00254738-footballc-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ