サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    日本選手

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/06(土) 10:28:28.88
    20190212s00002179412000p_view


    ユニバーシアード日本男子代表は5日、第30回ユニバーシアード競技大会サッカー競技男子の初戦でアルゼンチンと対戦し、3-0で快勝した。コパ・アメリカ(南米選手権)を戦った日本代表からの合流となったFW上田綺世(法政大3年/鹿島内定)が2得点を挙げる活躍をみせている。

     コパ・アメリカでは3試合に出場したものの悔しい無得点に終わったが、大学サッカー界ではやはり実力が抜きん出ている。上田が貫録を示して、日本が白星発進を決めた。

     先制点が決まったのは前半終了間際のアディショナルタイム1分、主将FW旗手怜央(順天堂大4年/川崎F内定)の浮き球から上田がヘディングで叩き込む。さらに後半11分には上田が直接FKを蹴り込んで、リードを2点に広げた。

     上田は後半17分でお役御免。試合はその上田に代わって出場したFW林大地(大阪体育大4年)が後半アディショナルタイム3分にシュートが相手に当たって入るという得点を決めてダメを押す。当初はオウンゴールとされたが、記録上は得点として認められた。

     日本は7日に行われるグループリーグ第2戦でロシアと対戦する。

    [先発]
    GK:阿部航斗
    DF:田中駿汰、本村武揚、山原怜音、
    MF:森下龍矢、三笘薫(86分→角田涼太朗)、紺野和也(75分→金子拓郎)、山本悠樹、明本考浩
    FW:旗手怜央(78分→小柏剛)、上田綺世(62分→林大地)

    [控え]
    GK:オビ・パウエル・オビンナ
    DF:中村帆高、山川哲史
    MF:高嶺朋樹、児玉駿斗

    7/6(土) 9:49配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-43468962-gekisaka-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/04(木) 09:27:31.57
    img_fdf27ac9bf1a4a06604f21e7c970a1e2414691[1]


    ◆サッカー天皇杯全日本選手権 ▽2回戦 鹿島3―1北陸大(3日・カシマスタジアム)

     スペイン1部バルセロナが鹿島の日本代表MF安部裕葵(20)の今夏獲得を目指し、鹿島側に正式オファーを出したことが3日、鹿島関係者の話で分かった。

     争奪戦の末にMF久保建英(18)を同国のライバル・Rマドリードに奪われた名門は、その代役として南米選手権でA代表デビューを果たした成長著しい安部に狙いを定めた。安部は先発した天皇杯2回戦・北陸大戦(3○1)の試合後「何も話せません」と語った。

     J1通算4得点の20歳に、世界屈指の名門から仰天の正式オファーが届いた。鹿島のMF安部に、バルセロナから今夏獲得に向けた正式オファーが届いたことが判明した。移籍が実現すれば、まずは同国3部リーグの「バルセロナB」に籍を置き、アルゼンチン代表FWメッシ、ウルグアイ代表FWスアレスらが所属する“1軍”への昇格を目指すこととなる。

     バルセロナは、復帰が既定路線だった久保の獲得に失敗。長きにわたりライバル関係にある宿敵・Rマドリードに奪われた。そこで加入予定だった久保の分の攻撃的MFの枠に、久保と同じく2列目を本職とする安部に白羽の矢を立て、将来性に期待を込めてオファーを出した格好だ。

     関係者によると、かねて海外志向の強い安部だが、他の欧州クラブからのオファーが出そろうのを待ちつつ、残留の線も残しながら熟考を重ねている。鹿島側は必要な戦力として慰留に努める。バルセロナとの交渉は完全移籍が基本線だが、クラブ間の歩み寄りの結果次第では、バルセロナ側に買い取りオプションの選択権がある期限付き移籍でまとまる可能性もあるという。鹿島は条件面については明かさない方針だ。

     2017年に瀬戸内高(広島)から鹿島入りした安部は、精度の高いドリブルと豊富なアイデアを武器とするMF。鹿島では今季から10番を与えられ、リーグ戦13試合に出場している。5月以降はリーグ戦での先発がないが、主将として臨むはずだったU―20W杯ポーランド大会(5~6月)の出場を久保らとともに回避され南米選手権(ブラジル)でA代表デビューを果たした。72分間出場した天皇杯2回戦・北陸大戦後は「何も話せません」と明言を避けたが、来年には選出が有力な東京五輪も控える中、成長できるクラブを選ぶために、間もなく決断の時を迎える。(岡島 智哉)

    7/4(木) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00000299-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/28(金) 16:29:12.32
    20190628-00060697-sdigestw-000-3-view[1]


    浦和レッズは6月28日、ベルギーのシント=トロイデンでプレーしていた関根貴大の復帰を発表した。
     
     浦和のアカデミーで育った関根は2014年に昇格してから約3年半、トップチームに在籍。その後欧州移籍を経て、2年ぶりに復帰する。
     
     浦和ではプロ1年目から出番を掴み、その後4年間でリーグ107試合に出場し、13得点を決めた。
     
     欧州移籍を果たしたのは17年8月7日。ドイツのインゴルシュタットに4年契約で完全移籍を果たすと、同20日のヤーン・レーゲンスブルク戦でデビューを飾った。
     
     その後、18年7月にシント=トロイデンにレンタル移籍。しかし、10月19日に負った左ハムストリングス筋挫傷の影響もあり、18-19シーズンはリーグ3試合・0得点だった。
     
     公式戦の復帰は、登録期間が開始する7月19日以降。最短で同20日のアウェー・ジュビロ磐田戦となる。
     
     ACLではベスト8に進出しているが、Jリーグは15試合終了時点で10位と伸び悩んでいる。逞しさを増して帰ってきたウインガーが起爆剤となるか。
     
    関根のコメントは以下のとおり
    「このたび、浦和レッズに復帰することになりました。またこのユニフォームを着てみなさんと闘えることを嬉しく思います。この2年間海外で色々な経験をし、たくさん学ぶことができました。まずは大好きなサッカーを楽しみ、そして新たな気持ちで浦和のために全力で闘います。応援よろしくお願いします」

    6/28(金) 11:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00060697-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/19(水) 13:32:20.20 0
    362743751ecf2da463e4589b500631ab


    中村 J1磐田で2試合出場 プレー時間65分
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1829/131

    小野 J1札幌で出場0
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/50468/276

    稲本 J3相模原で3試合出場1得点 プレー時間103分
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/51179


    彼ら3人のような元日本代表でも歳には勝てないのか

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/18(火) 09:07:05.33
    no title



    J1リーグの松本山雅に所属する21歳の日本代表FW前田大然に関して、バルセロナが興味を示しているようだ。17日にスペインメディア『globoesporte』が報じている。

     同メディアはタイトルに「久保建英だけじゃない! 日本のストライカーはバルセロナに調査されている」とつけ、前田がバルセロナBチームにレンタル移籍する可能性があると伝えている。バルセロナとの本格的な交渉を待っている状況のようだ。

     前田は2016年1月に松本とプロ契約を結び、2017年2月から水戸ホーリーホックに期限付き移籍。2018年1月に復帰し、今季は14試合に出場して1得点決めている。そして、コパ・アメリカに参加する日本代表に初招集されていた。バルセロナは久保の獲得を目指していたが、レアル・マドリーに奪われている。久保の代わりに前田の獲得を考えているとも考えられるが、果たして…。 
       
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00326639-footballc-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/11(火) 08:45:24.58
    スクリーンショット-2019-05-25-8.44.56-1024x576[1]


    GK 大迫敬介(サンフレッチェ広島🇯🇵)
    CB 富安健洋(シント=トロイデン🇧🇪)
    CB 板倉滉(マンチェスター・シティ)
    CB 植田直通(ブルッヘ🇧🇪)
    WB 杉岡大輝(湘南ベルマーレ🇯🇵) 
    WB 原 輝綺(サガン鳥栖🇯🇵)
    MF 柴崎岳(ヘタフェ🇪🇸)
    MF 中山雄太(ズウォレ🇳🇱)
    MF 中島翔哉(アルドゥハイル🇶🇦)
    MF 久保建英(パリサンジェルマン🇫🇷)
    FW 岡崎慎司(レスター)

    うおおおおおおおおおおおおおおお

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/08(土) 12:57:58.72
    tonji5 槙野智章

    怪我の為、日本代表を離脱します。
    大事な試合前にチームには迷惑をかけますが、明日の試合そしてコパアメリカ大会に臨む日本代表チームに僕の魂を預けました。
    頑張れ日本!!!頑張れ…俺。

    cbf456bca1d100a802f82eaa67c5ed7d[1]


    https://twitter.com/tonji5/status/1137206002724605953 

    続きを読む

    1: 名無しの@サカサカ10 2019/05/14(火) 23:31:09.30
     次代の日本代表のエース候補であるMF久保建英(17)が所属するFC東京は8日、ルヴァン杯第5節・仙台との一戦を秩父宮ラグビー場で行い、スコアレスドロー決着となった。

     久保は右サイドMFとして後半から出場。チームを勝利に導くことはできなかったが、随所にクリエーティブなプレーを見せた。2020年東京五輪のエースを務めるMF久保の足跡をサッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏が丹念にたどった。

      ◇  ◇  ◇

     東京都下のクラブで3歳からサッカーを始めた久保君は、どこにでもいるサッカー少年だった。
     転機となったのは、小学2年で参加したスペインの名門バルセロナ主催の国内キャンプだった。
     ここでMVPに選出されると翌年ベルギーで開催された大会に参加してMVPに輝き、帰国後は川崎Fの下部組織に入団する。そして翌2011年、小学4年でバルセロナの下部組織であるカンテラの入団テストに合格。家族と一緒にスペインに移住することになった。

     当地では13~14年に地中海カップで得点王とMVPを獲得、地元カタルーニャ杯のトーナメント制覇にも貢献した。しかし、欧州サッカー連盟の「18歳未満の外国人選手の青田買い禁止措置」によって公式戦に出場できなくなり、久保は15年に帰国してFC東京の下部組織に入団した。翌16年に中学3年でFC東京ユース(18歳以下)に飛び級で昇格。日本クラブユース選手権では、史上初となる<中学生での得点王>に輝く。この活躍を評価されてトップに登録され、同年11月5日に行われたJ3最終戦の長野戦で後半から出場。J出場最年少記録を更新した(15歳5カ月1日)。

     試合終了後、久保の立ち居振る舞いには驚かされた。大勢の報道陣に囲まれながらも臆することなく「緊張はしましたけど、体はいつも通りに動きました。何もできずに時間ばかり過ぎましたけど、途中から試合に入っていけました。(Jデビューは)順調と言えば順調ですが、自分的には早かったかな。ゴールに絡めなかったので(出来栄えは)10点か15点くらいです」と淡々と答えた。

     そんな久保について17年にチームメートだったJ1通算最多得点者の大久保嘉人(磐田FW)は「いいもんを持っていると思う。全体が見えているのでボールを持ったら落ち着かせるし、パスも出せる。スピードにいかに慣れるか。面白い選手なので頑張って欲しい」とエールを送った。

     同年5月、ルヴァン杯の札幌戦でトップデビュー。対戦相手の元代表MF小野伸二は「非常に堂々としていた。見ていてゴールしてしまうのではないか、というオーラを感じた。僕とは全然比較にならない。ケガをしないことだけに気を付ければ凄い選手になる」と最大級の賛辞を口にした。

     ただし、当時の久保には弱点もあった――。 
      
     
    no title


    19/05/10 06:00日刊ゲンダイhttps://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/253451

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/05/05(日) 09:53:09.94
    20190428-00000093-kyodonews-000-2-view[1]


     「明治安田生命J1、G大坂0-0FC東京」(4日、パナソニックスタジアム吹田)

     日本サッカー協会が、FC東京MF久保建英(17)の南米選手権(6月14日開幕。ブラジル)への派遣を、クラブ側に要請したことが4日、分かった。メンバーに選出されれば、久保建にとって初のA代表となる。この日は敵地でのG大阪戦に先発出場。首位のFC東京は0-0で引き分け、連勝は4で止まったが無敗を堅持した。神戸は札幌に1-2で逆転負けして5連敗。札幌はJ1でクラブ初の4連勝を飾った。

     未来を担うレフティーのA代表デビューの場は、タフさが求められる南米選手権になりそうだ。6月4日に18歳の誕生日を迎える久保建に対しては、開催時期が重なるU-20W杯(ポーランド)へ派遣する選択肢もあった。だが、関係者によると、首位を走るFC東京で定位置を確保し、攻撃面の中核を担う久保建の能力を高く評価して、日本協会はさらに上のカテゴリーでの招集を希望したという。

     日本が招待参加する南米選手権は、日本が所属するアジア連盟ではなく南米連盟が開催する大陸選手権のため、クラブ側に選手の派遣義務が発生しない。そのため、協会側は各クラブと交渉を重ねた上で東京五輪世代を中心とした編成を行う方針で、その中で17歳の久保建にも白羽の矢が立った形だ。

     この日、日本代表の森保監督がG大阪-FC東京(パナスタ)を視察。改めてクラブ側に派遣の要請を行ったとみられる。試合後、指揮官は「まずは自然な流れとしては年齢関係なく、若い選手であろうが、実力があればA代表からプレーしていく。その選手にふさわしい、あるいはその選手が成長するような場でプレーできるように我々は環境作りをしていく」と話した。

    5/5(日) 6:00配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000015-dal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/28(日) 15:57:14.62
    20190428-43466415-gekisaka-000-3-view[2]


    FC東京 2-0 松本
    [得点者]
    44'永井 謙佑      (FC東京)
    77'ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)PK

    スタジアム:味の素スタジアム
    入場者数:36,412人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042802/live/#live 









    続きを読む

    148: 名無し@サカサカ10 2019/04/23(火) 22:27:35.23
    666c5b06-ef6b-a7f2-dce4-cb0c61bb5aba[1]


    大迫は試合を見る限りは普通のキーパーにしか見えんけどな
    もちろん好セーブもあるが
    やべーなこいつみたいな超反応は今んとこない
    代表レベルのキーパーは例外なくこれがある
    もちろん年齢を考えれば普通にやれる事はすごいが
    現状代表レベルには全く見えんよ・・・

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/23(火) 07:15:40.95
    20190423-00184577-soccermzw-000-1-view


    2017年に関心が報じられたPSG、バルサ&レアルとの久保獲得レースに割って入るか

    パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間21日、2年連続でリーグ・アン優勝を果たした。
    フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらトップタレントを擁するフランス王者だが、
    来季に向けて2人の10代プレーヤーをターゲットとしており、そのうちの1人がFC東京のMF久保建英だという。
    フランスのスポーツ専門局「RMCスポーツ」が報じている。

    リーグ優勝に王手をかけていたPSGは2連敗で足踏みしていたが、21日の第33節モナコ戦を前に2位リールがトゥールーズと0-0で引き分けたため、連覇が決定。
    本拠地でのモナコ戦もムバッペのハットトリックに加え、ネイマールとカバーニも途中出場で復帰して3-1で勝利と、リーグタイトル獲得に花を添えた。

    そんなフランス王者は、2人の若手有望株に熱視線を送っているという。それがナンシーU-19の18歳フランス人FWビラル・ハッサニとFC東京の久保だ。
    記事では、「ハッサニと久保がターゲット」と題して伝えている。

    「スペインのメディアでも報じられたように、久保はPSGのターゲットの1人だ。
    しかし、日本人アタッカーの獲得レースは、バルセロナとレアルがリードしている。それでも、彼はPSGの真剣な関心の対象だ」

    PSGは2017年11月、バルサ下部組織出身の久保獲得に興味を示しているとフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」によって報じられた。
    一方で、バルサ復帰説は根強く、今年4月にはスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」でレアルが契約をしようと動いていると伝えられるなど、6月に18歳を迎える久保の去就報道は熱を帯びている。

    果たして、PSGはスペインの2大巨頭に割って入り、“久保争奪戦”に参戦するのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00184577-soccermzw-socc
    4/23(火) 6:40配信

    続きを読む

    このページのトップヘ