サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    日本選手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    167: 名無し@サカサカ10 2024/04/07(日) 23:22:38.93
    no title

    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2024/03/05(火) 10:27:37.61
    145394_ext_04_0

     日本代表の10番・中村俊輔の引退試合「SHUNSUKE NAKAMURA FAREWELL MATCH」が行われたのは、昨年12月17日。小野伸二や遠藤保仁、高原直泰ら多くの仲間が出場した。メンバーは豪華そのもので、このほかにも川口能活や田中マルクス闘莉王、城彰二、久保竜彦がピッチに立った。

     その中でひときわ目立ったのが、中田英寿氏。参加メンバーには入っていなかったが、当日にサプライズで登場したのだ。ジーコジャパンで中村と小野伸二、稲本潤一とともに「黄金のカルテット」を担った。試合に出ればそれが復活することになったのだが、会場には駆けつけたものの、ピッチに立つことはなかった。

     その理由を元日本代表の城彰二氏が、自身のYouTubeチャンネルで明らかにした。2月27日に配信された動画で、

    「彼は自分のイメージがあるから。プレーがみんなのイメージにそぐわないからやらない。いい時の自分のままでいたい。それはそれでプロフェッショナルだよ」

     中田氏は現役時代のようなプレーができないので、ピッチに立たなかったのだという。とはいえ、城氏も中田氏のプレーが見たかったそうで、

    「俊輔の引退試合だからなんとか少しでも出たら、と言ったんだけどね。でもやっぱり出なかったね。やってくれたらね」

     現役時代の中田氏はFWの選手を走らせるスルーパスを得意としたため、チャンネルスタッフから中田氏のスルーパスで走らされたら面白かったと言われた城氏は、

    「本当にそれだけは勘弁。マジで(笑)。でも相手チームだったから問題なかったんだけど」

     中田氏はそんなシーンでスタジアムが盛り上がるのは引退試合にそぐわないと判断して、出場しなかったのかもしれない。

    https://www.asagei.com/excerpt/301495

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    345: 名無し@サカサカ10 2024/01/26(金) 12:17:01.92
    65f581df2b1602f51807a8f6f9dae106


    「隣町の中学生20人が乗り込んできた」“やんちゃだった”森保一監督、
    地元・長崎でのケンカ未遂事件「森保は中2からスゴいリーダーでした」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74fd47b508bb8868aa489efe79d4a52b7e3aa34a?page=1

    >『ビー・バップ・ハイスクール』に出てくるような学生服を着た20人ぐらいの軍団が練習場に入ってきたんですよ。
    >その先頭にいたのが森保だったんです(笑)」

    今の姿からは想像出来んな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    206: 名無し@サカサカ10 2024/01/14(日) 21:32:13.75
    20240115-01854216-soccerk-000-1-view

    細谷批判されてるけど、Jリーグ組は本来シーズン前のキャンプ初めの時期、この時期にフィジカル上げたら、根気持たないぞ。たぶんフィジカル最悪だろ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2023/12/01(金) 16:42:01.11
    2a9160b5[1]

     北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二は12月3日のJ1リーグ最終節、古巣の浦和レッズ戦を最後に現役を引退する。44歳の天才MFが迎えるラストマッチに向け、「FOOTBALL ZONE」では「小野伸二特集」を展開する。今回は、(取材・文=元川悦子)


       ◇   ◇   ◇

     ヴィッセル神戸のJ1初制覇が決まり、J2降格の1枠も横浜FCにほぼ確定した2023年J1。12月3日の最終節の注目は、26年という長い長いプロキャリアにピリオドを打つ小野伸二の現役ラストマッチだろう。

     コンサドーレが本拠地・札幌ドームで迎え撃つ相手は小野が98年にJリーガーの第1歩を踏み出した浦和レッズ。まさに因縁めいたマッチメイクだと言うしかない。

     遡ること26年前の98年。清水商業高校(現清水桜が丘高校)から鳴り物入りでプロ入りした小野は開幕からスタメンを奪取。華麗なテクニックと創造性溢れるプレーで見る者を魅了した。

     その一挙手一投足に度肝を抜かれた1人が日本代表の岡田武史監督(現JFA副会長)だ。非凡な才能を持つ若い世代に注目していた指揮官は小野と17歳だった市川大祐(清水エスパルストップコーチ)を同年4月の日韓戦(ソウル)でいきなり代表デビューさせる大胆起用に打って出た。

     この2か月後には小野を日本初参戦の98年フランス・ワールドカップ(W杯)メンバーに抜擢。すでにグループステージ敗退が決まってはいたものの、第3戦のジャマイカ戦後半に思い切って彼を投入。18歳の若武者は物怖じすることなくピッチに立ち、巧みな股抜きからシュートを放つ。このワンプレーに類まれなセンスが凝縮されていたと言っていい。

     18歳のW杯出場というのは、バルセロナで少年時代を過ごした久保建英(レアル・ソシエダ)にも果たせなかった快挙だ。小野の場合はそれだけではない。年代別の世界大会も総なめにし、そこで結果を残しているのだ。

     手始めはフランスW杯前に95年U-17W杯(エクアドル)だ。同大会は8強止まりだったが、99年ワールドユース(現U-20W杯=ナイジェリア)では準優勝の快挙を達成。本山雅志(鹿島アントラーズアカデミースカウト)とともにベストイレブンに名を連ねた。小野はシャビ(バルセロナ監督)とともに大会の看板スターと位置づけられ、世界中から脚光を浴びることになったのだ。あれから20年以上が経過し、日本の育成年代が力をつけたとはいえ、99年を超えるチームは出ていない。この時のキャプテン・小野の存在感は圧倒的だった。

     その後、2000年シドニー五輪こそ、99年7月の五輪1次予選のヒザの大ケガの影響で選外になったものの、2002年日韓、2006年ドイツW杯、オーバーエイジ枠で参戦した2004年アテネ五輪と、FIFA主催全大会をフルカバーし、しかも複数回出するという凄まじい実績を残したのである。

     U-17、U-20、五輪、W杯の出場を果たしたという意味では中田英寿や宮本恒靖(JFA専務理事)、小野と同じ黄金世代の高原直泰(沖縄SV代表・監督)、稲本潤一(南葛SC)、現代表の久保なども含まれるが、小野の場合はUEFA主催全大会(当時なかったUEFAカンファレンスリーグを除く)出場、タイトル獲得という金字塔も加わる。それは特筆すべき点だろう。

    全文は↓から読めます
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5667ac5b13615459cc19e2495e61c3e6da2f6b1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    802: 名無し@サカサカ10 2023/10/18(水) 00:02:35.20
    84863_ext_04_0_L[1]

    正直、中村俊輔も今のレベルだとちょっと怪しいよな
    スコットランドリーグ自体が大したレベルじゃないのがばれてしまったし
    よかったのゴール前のフリーキックだけやったやん

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    181: 名無し@サカサカ10 2023/08/31(木) 18:16:09.43
    2840b6dce362dad180944a3225e3b0f5

    W杯後の成績
    ドイツ2-0ペルー
    ドイツ2-3ベルギー
    ドイツ3-3ウクライナ
    ドイツ0-1ポーランド
    ドイツ0-2コロンビア
    ドイツ?-?日本

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2023/07/11(火) 20:19:08.55 TID:tori999
    横浜FCは11日、FW三浦知良(56)がオリベイレンセ(ポルトガル2部)への期限付き移籍を前提とした調整のため渡航すると発表した。

    キングカズの愛称で知られる三浦は2月に期限付き移籍でオリベイレンセへ加入し、リーグ戦3試合に出場。交渉がまとまれば2シーズン連続でのポルトガル挑戦となる。

    一方、オリベイレンセは同日に日本語公式ツイッター(oliveirense_jp)を更新し、「この度、三浦知良選手の期限付き移籍期間が延長となりました」と加入が確定していることを伝えている。

    (続きは以下URLから)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/61e0a366d820caced133500b172fbf19b6e19340

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    576: 名無し@サカサカ10 2023/06/26(月) 13:52:15.98
    HideNakata20160703-thumb-500x366-132647

    ヒデとかは今だともっと称賛されてたんだろうな
    あの時代はテクニック重視だし日本の上手い選手らとはなんか感覚がズレてたきがする

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    379: 名無し@サカサカ10 2023/05/31(水) 20:09:04.45
    84863_ext_04_0_L[1]

    中村俊輔ってすごかったん?
    教えておじさん

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2023/02/05(日) 15:44:25.32
    c05f87f8c03e9bec2ec6ffa83eb4b51d





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    503: 名無し@サカサカ10 2023/01/22(日) 04:14:44.13
    NakamuraShunsuke220115a-thumb-600xauto-263115

    中村俊輔の2019年の著書

    食事と睡眠以外全部サッカーのこと考えてる
    真夜中のCLもリアルタイムで見てる
    引退したら更に試合見まくって戦術研究したい


    こいつ指導者として成功するやろ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    62: 名無し@サカサカ10 2023/01/16(月) 19:38:10.81
    hqdefault

    小野伸二(18歳でワールドカップメンバー)

    ↑こいつが騒がれなかった理由

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    429: 名無し@サカサカ10 2022/10/22(土) 10:26:53.51
     d5ed13af939aa398e2381fa797e1a3db


    またまた出ました天才サッカー少年 
      
    ほんと日本は天才サッカー少年だらけだな。
    小学生サッカーボール曲芸なら世界レベルの少年で溢れてます

    ボール曲芸出来る子は天才、出来ない子は下手くそ
    こんな環境じゃそりゃ将来190cmの俊足になるかもしれないスポーツ万能少年達はサッカーやってくれないよな。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/09/24(土) 23:53:32.23 _USER9
    08a55700[1]

    55歳カズ「現役続行への批判は力」 
    鈴鹿移籍後、初の関西凱旋を前に胸中語る 25日、京都


    サッカー元日本代表で、日本フットボールリーグ(JFL)鈴鹿ポイントゲッターズのFW三浦知良(55)が、25日に行われる東京武蔵野ユナイテッドFC戦を前に、関西メディアのインタビューを精力的に受けている。

    クラブ初となる三重県外での主催試合で、会場はサンガスタジアムbyKYOCERA(京都府亀岡市)だが、神戸新聞の取材に「古巣のヴィッセル神戸のファン、サポーターにもぜひ来てほしい」と熱望。

    話は、現役続行に対する批判の声にも及び、いかにもカズらしい答えが返ってきた。


     -次戦は鈴鹿移籍後初めての関西でのプレーとなる。

    「関西には思い出深い二つの古巣がある。京都から始まり、その後、神戸でプレーした。そういう意味では本当にふるさとに帰ってきた感じがする場所。Jリーグで使うスタジアムでJFLのチームが試合をさせてもらえる。関係者に感謝し、喜びをかみしめながらやりたいと思います」

    (中略)



     -55歳を過ぎてなお現役を続け、同世代の人たちが自分の人生に重ね合わせて勇気や元気をもらっている。

    「年齢のことを言われたらそうなんだけどね。勇気や元気をどれだけ伝えられているか分からないけどね。自分が頑張ることで、そう思ってくれるならうれしいことですよね」

     -JFLの試合はJリーグと違い、会場入りする際に選手とファンの距離が近い。

    「ホームの鈴鹿はもちろん、高知や宮崎などいろいろな地方に行っていますけど、小学生の子どもからおじいちゃん、おばあちゃん、そして僕らの年代の人、30代、40代が、世代を超えて『カズ、カズ!』って言ってくれる。試合後、出口で待っていてくれるのが小学生。自分は、そのぐらいの年齢の孫がいてもおかしくない。彼らからしたら、僕はおじいちゃんかもしれない。そのおじいちゃんに『カズ、ゴールして! カズダンス見せて!』って言ってくれるなんて、サッカー選手としてこんな幸せなことないよね」

    「俺が日本代表でやっている頃を知らないわけだし、そもそも生まれていない。今の20代の子もそうだもんね。小学生が何で俺を知ってるのって思う。もちろん今の時代、いろいろ情報は入りやすいけど、親から教えてもらっているんだろうね。見たこともなかった人にさ、ゴールしてくれって期待してくれているわけだから。そりゃ頑張らないとと思いますよ」


     -そういう人たちがいる一方で「もうやめたら」という声もあり、たびたび議論になる。そのことをどう受け止めているか。

    「やめる理由がないからね、自分としては。人に決めてもらうものじゃないから。自分が続けたければ続けるべきだと思うし、それが苦ではなく、仕事として楽しいと思えるわけだから。反対する人がいること、議論になること自体、それが『話題』なわけじゃないですか。それが選手としての価値。言う人は言うし、言われていないとだめだと思う。サッカーのことに関してはね」

    「逆に批判がゼロになったら(現役を)やめるんじゃないのかな。一人でも『やめろ』と言ってくれる人がいる限り、やったらいいんじゃないかなと思いますよ。自分は批判するよりも批判される側にいたいよね。そうやって世間で議論がなされている時も僕は練習して、ピッチに立っているわけですから。一生懸命、次に向かってね。それでいいと思う」


     -若い頃から日本代表でも活躍できなければ批判にさらされてきた。

    「横浜FCでもそうだし、ヴィッセル神戸でもそうだった。ネット社会で、そういう意見が流れやすくなっているだけで、いつの時代も批判する人は必ず一定の数はいる。どんな人でも、どんなことでもね」

    「ネイマールがあれだけ活躍していても言われるんだよ。俺なんか何も言われていないのと一緒だよ。メッシもクリスティアーノ・ロナウドもそう。その人たちと俺は比べものにならないけど、根本的なところは一緒。それが選手としての価値だから。他の人とは違うっていうね。言われなきゃだめですよ。それがやっぱりエネルギーでしょうね、常に」

    「でも、面と向かって言ってくる人はほぼゼロですね。握手して、サインしてと来てくれる人に『お前、もうやめた方がいいよ』と言う人はいませんからね(笑)」


    全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d50425eaad8f7c6e9c77dfdbe2036bde9fe7b05b

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    104: 名無し@サカサカ10 2022/09/02(金) 13:31:29.81
    no title

    遠藤って意外と人気ないん?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    484: 名無し@サカサカ10 2022/07/06(水) 11:00:37.04
    代表引退した中村俊輔 vs 当時の日本代表GK

    vs 川島永嗣(2010)
    no title

    vs 楢崎正剛(2012)
    no title

    vs 権田修一(2013)
    no title

    vs 東口順昭(2015)
    no title

    vs 西川周作(2015)
    no title

    vs 六反勇治(2015)
    no title

    vs 東口順昭(2016)
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    219: 名無し@サカサカ10 2022/06/05(日) 22:45:09.22

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    689: 名無し@サカサカ10 2022/06/04(土) 23:38:17.89
    20210826_Ayase-Ueda-Getty[1]

    鹿島・上田綺世がスポルティングへ電撃移籍か!守田英正と同僚に

    https://football-tribe.com/japan/2022/06/04/244679/

     明治安田生命J1リーグの鹿島アントラーズに所属する日本代表FW上田綺世(23)は、プリメイラリーガ(ポルトガル1部)の強豪・スポルティングCPへ移籍する可能性が高いようだ。4日、ポルトガル紙『Correio da Manha』が伝えている。

     スポルティングCPはすでにCDサンタ・クララから日本代表MF守田英正(27)の獲得を決めており、日本代表の活動終了後にも公式発表を行うものとみられる。一方、上田綺世の去就については、スイスメディア『sport』がスイス1部のバーゼル、ブンデスリーガ(ドイツ1部)のSCフライブルクからの関心を伝えていた。

     その中、『Correio da Manha』は「日本人フォワードのウエダがスポルティングCPへ」と見出しをうち、「ウエダは日本代表選手であり、CDサンタ・クララのモリタと一緒に仕事をしている。近日中にスポルティングCPの獲得選手として紹介されるはずだ」と報道。上田綺世のスポルティングCP移籍が濃厚と主張している。

     また、同選手の市場価値を120万ユーロ(約1億7000万円)と紹介した上で「身長182cmのウエダは、ルベン・アモリム監督の望む攻撃陣(における補強候補)の特徴に当てはまる」と伝えている。

     上田綺世は鹿島学園高校や法政大学をへて、2019年に鹿島アントラーズへ加入。今季はここまでJ1リーグほぼ全試合でスタメン出場しており、今月29日の第16節・FC東京戦で早くも今季リーグ10得点目をマーク。2020年から3シーズンつづけて2桁ゴールを挙げており、Jリーグ屈指の有望株として注目を集めている。

     また、昨年には東京五輪の舞台でプレーしたほか、FIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選でも2試合に出場。6月に行われるキリンチャレンジカップ、キリンカップサッカー2022計4試合の日本代表にも招集されているが、2日のパラグアイ戦では出番が無かった。

     なお、スポルティングCPは2021/22シーズンのプリメイラリーガを2位で終了。2022/23シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ出場権を獲得している。CDサンタ・クララや日本代表の主力選手として活躍してきた守田英正にくわえて、上田綺世も欧州最高峰の舞台でプレーするかもしれない。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/05/24(火) 22:52:18.62 _USER9
    20220524_Ogawa_tokuhara

     FC東京のDF小川諒也にポルトガルのビトーリア・ギマランエス移籍の可能性が浮上した。現地大手紙『レコルド』は「すでに合意に達している」と断定。「すぐにギマランイスに到着し、移籍手続きを正式に行う予定」だと伝えている。

     FC東京の左サイドバックを担う小川は2015年、流通経済大柏高からFC東京に加入。これまでJ1リーグ戦通算129試合に出場してきた。また昨年3月には日本代表にも初招集され、国際親善試合・韓国戦でA代表デビュー。国際Aマッチ通算5試合に出場している。

     ビトーリアは今季のポルトガルリーグ6位で、来季はUEFAカンファレンスリーグに2次予選から参戦。2019年にはMF深堀隼平(群馬)が名古屋からの期限付き移籍で約半年間在籍していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1e4f564193809ab2e80d504d23e01949af4f635e

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    350: 名無し@サカサカ10 2022/05/22(日) 21:39:10.50
    20210826_Ayase-Ueda-Getty[1]

    上田にはポルティモネンセのスカウトが見に来てたらしいな

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    861: 名無し@サカサカ10 2022/05/19(木) 07:16:34.73
    小野の時のスタメンや
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    132: 名無し@サカサカ10 2022/05/03(火) 17:26:25.05
    20210826_Ayase-Ueda-Getty[1]

    上田は国内専用機の疑いが持たれているから早めに海外出て証明した方がいい

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/05/03(火) 19:56:39.30 _USER9
    08a55700[1]

    【NO BALL、NO LIFE】Jリーガーではなくなっても、その存在感は色あせることはない。今季からJFL(日本フットボールリーグ)の鈴鹿ポイントゲッターズに移籍したカズこと元日本代表FW三浦知良(55)だ。

    5月1日のリーグ戦、ティアモ枚方戦(四日市)では先発し今季自身最長となる79分間出場。シュートを放ち、決勝ゴールの起点にもなった。「足には多少きていたが、80分近く出場できたことは今後につながる」と、自信を深めた様子だった。

    〝レジェンド〟と呼ばれる理由が、あらためてわかったような気がした。記者は56歳。カズの1つ先輩になるが、同年代がサッカーの試合で80分間プレーできる人はいない。今後、カズがゴールを決められるかどうかはわからないが、ここまでプレーできていることが、すでに奇跡ではないか。

    今年も、まもなく5月15日を迎える。この日はJリーグの日。1993年の同日に、Jリーグ初の公式戦「V川崎-横浜M」が国立競技場で行われた。カズもV川崎のメンバーとして先発。残念ながらゴールはなく、試合も1-2で敗れたが、この日からカズの伝説が始まった。

    同年、カズは36試合に出場し20得点をマーク。優勝に貢献し、初代MVPに輝いた。シーズン終了後の表彰式では、赤のスーツ姿で右手を突き上げ、風船を割りながら登場するど派手な演出を披露。集まった報道陣は、カズのエンターテイナーぶりに度肝を抜かれた。

    それから30年。カズはまだ現役であり続けている。「サッカーをプレーする上で、どのカテゴリーでやるかは関係ない」と話したこともあったが、その言葉通り、4部リーグ相当のJFLで輝いている。

    5年前の2017年2月26日。50歳の誕生日を迎えたカズが、こう口にした。

    「60歳の還暦まで現役を続けたいね」

    本人は笑顔も、カズが話すと冗談には聞こえなかった。今になってみると本当にできるのではないかと思ってしまうほど元気な姿を見せてくれている。生涯現役にこだわるキングカズが、ゴール後のパフォーマンス「カズダンス」を、あと何度舞うことができるか。実に楽しみだ。(宇賀神隆)

    サンスポ2022/05/03 12:35
    https://www.sanspo.com/article/20220503-SHJMBHRBTFP7NLG6FMX33I5JV4/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    36: 名無し@サカサカ10 2022/04/29(金) 21:09:16.18
    FRgcgq9aUAAGrEd

    松木君はどうだった?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    312: 名無し@サカサカ10 2022/04/12(火) 16:17:13.49
    17875404[1]

    中田って実際どんくらい凄かったの?
    レジェンド扱いされてるけど

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/04/14(木) 12:26:26.60
     17875404[1]

    number401号(1996年)インタビュー記事
    羽中田昌vs中田英寿(当時19歳)
    https://terrybogard.hatenadiary.org/entry/20120514/1336981810

    中田:海外のサッカーはあまりというか全くというほど見てないですね。見る機会も少ないですし。行くか、行かないかということに関しても、それ相応の条件をもらわないと行く気はない。
    羽中田:お金の面で?
    中田:うん、まぁ周りの環境もあるし、どういう態勢で受け入れてくれるのか、というのもあるし・・。そういう面である程度(条件)よくないと、あまり行く気はしない。
    羽中田:それほどサッカーに対して情熱は持っていないんだ。
    中田:ないですね。

    羽中田:俺なんかからすると、これだけ素晴らしい選手なのに勿体無いなっていうのがあるんだよね。 それに今の中田君を見ていると、このまま日本の中でやっていたら終わっちゃうなって感じがする。だから、外国で違う環境の中でサッカーというものに接してもらいたいなって思っているんだけど。
    中田:それは向こうからオファーがないと始まらないですから。
    羽中田:まぁそうだけど。
    中田:イタリアにも短期留学したけど、練習生じゃ試合に出られないし、やはり向こうから望んで呼んでもらわないと行く価値がない。
    羽中田:自分で競争して、みたいなことは?
    中田:うーん。そういう感じでも、やっぱり呼ばれるぐらいでないと・・・ね。
    羽中田:ヨーロッパなんかの選手だとスペインの2部リーグから入って活躍して、トップに上がってお金を稼ぐというか、サッカーを楽しむためにそういう努力をしている選手がいるんだよね。だからただ呼ばれないから行かないんじゃなくて、自分から売り込むってこともできるって思うんだけど。
    中田:そこまでは考えてないですね。
    羽中田:非常に勿体無いね。

    中田:そのため(自分を売り込むための)のオリンピックであり、ワールドカップであると思っているから、オリンピックはメダル取りに行く場じゃないし、そんなの要らないしね。自分の評価を高める場であるから。

    羽中田:俺なんかはやっぱり違うんだよね。オリンピックとかワールドカップっていうのは勝負しに行く場、チームとしてね。そう俺は考えてる。でも五輪の選手は自分のためにサッカーやるって言ってたよね。俺の考えだと、まぁ最終的にはやはり自分のためにサッカーやると思うんだ。でも、ヨーロッパの選手は、もう少し意識が高いかなって思う。彼らはやっぱりファンのために、応援してくれる者のためにやるって発言するんだよ。それはどうしてかと言うと、自分のためにやってしまうと自分の中で限界ができてしまう。妥協してしまうって言うんだ。そこでファンのために、応援してくれる人のためにっていう気持ちでいれば、もうワンランク上のレベルでサッカーができる。ファンのためにプレーするという意識でいた方がレベルが高いと思うし、進んだ考え方じゃないかと・・。だから、あの五輪での発言というのはちょっと古臭いなかなって思ったけどね。

    中田:俺は、それに対してどうこう言う気もないし。別にそれを押し付けられる必要もないと思う。みんなそれぞれ考え方があるからいいと思います。ただ俺に言わせれば、ファンのためなんてことはね、いくらでも口ではうまく言える。だけど、絶対に思っていることは自分のためだってことですよ。

    羽中田:最終的には、自分のためだけどね。
    中田:問題は、かっこいいこと言って適当にうまくやっていくか、ということで、ファン云々というのはあまり関係ないと思いますよ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/04/07(木) 17:54:01.15 _USER9
    シュトゥットガルトは7日、U-21日本代表DFチェイス・アンリの今夏の加入を発表した。複数年契約を結んだことを伝えている。

    以前から欧州行きが濃厚と報じられた18歳チェイス・アンリだが、来季から日本代表MF遠藤航やDF伊藤洋輝が所属するシュトゥットガルトへ加入することに。先月まで尚志高校に所属していたDFは、日本でのクラブサッカーを経ずに欧州挑戦に臨む。

    新クラブは公式ウェブサイトを通じて、最初はドイツ4部を戦うBチームでプレーする予定と発表。シュトゥットガルト・ユースアカデミーのディレクターであるトーマス・クリュッケン氏は、昨年秋に練習参加した同選手について以下のようにコメントしている。

    「アンリはうちで2週間トレーニングに参加し、我々を納得させた。彼は頑丈なフィジカルのデュエルに長けるディフェンダーで、1対1が強み。フィジカルのほか、スピードとパスワークも持ち合わせている。我々のコンセプト、U-21チームでさらに成長するというここでの道を選んでくれて、我々は喜んでいる」

    goal 4/7(木) 16:41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8f18bc67fb3c523a5437cb4e22b1b1588a2ca381 
      
      
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    474: 名無し@サカサカ10 2022/04/02(土) 05:20:50.95
    x7Q2dfUI[1]

    日本人が世界と比べてサッカーで抜きん出てる能力ってないんか?
    勤勉さとかそういうのじゃなくて

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    13: 名無し@サカサカ10 2022/03/27(日) 22:37:24.73
    6221b0c1-b1f8-4a88-b79c-6058d3093d95

    予想メンバーはこんなんらしい

    ーーーー上田ーーーー
    三笘ーーーーーー久保
    ーー旗手ーー原口ーー
    中山ーー柴崎ーー山根
    ーー谷口ーー吉田ーー
    ーーーー権田ーーーー

    続きを読む

    このページのトップヘ