サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    冨安健洋

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/03/03(水) 06:29:14.12 _USER9
    20210201-00010017-goal-000-1-view[1]

    残念ながら、冨安健洋(ボローニャ)の連続フル出場記録は、第24節ラツィオ戦で途切れてしまった。かつてラツィオでプレーしていたシニシャ・ミハイロビッチ監督にとって、この試合は重要なものだった。ボローニャは2-0で勝利を収めたが、そこに冨安の姿はなかった。


     冨安は練習で左ふくらはぎの筋肉に痛みを感じ、エコーとMRIで検査をした結果、ヒラメ筋(ふくらはぎ内部の筋肉)に損傷が見つかった。特に深刻なものではないが、大事をとって2、3週間の休養が必要という診断だ。ただ、見方を変えれば、ハードなリズムで戦ってきた疲れをこの期間に癒すことができる。シーズン終盤に向けて、新たなエネルギーを持ってプレーすることができるいい機会だろう。

     ボローニャは中部イタリアの美しい町だ。美味しい食事とガリレオ、そしてヨーロッパ最古の大学が有名な、文化の香りのする街である。サッカーチームとしてのボローニャも1909年創立と古く、これまでに7度リーグ優勝を果たしている。しかし、最後のスクデット(優勝)は1964年。それ以降はほぼ真ん中あたりの順位で右往左往しており、ヨーロッパリーグ出場権を狙うよりは、B落ちをしないことの方が現実的な目標だ。

     このボローニャで、日本人DFは少しずつ頭角を現し、いまやこの夏のカルチョメルカート(移籍市場)の主役のひとりと目されるまでになった。

     ボローニャに移籍するまで、ヨーロッパではほとんどその名は知られていなかった冨安だが、昨シーズンは期待をいい意味で裏切り信頼を勝ち得た。そして今シーズンはそれ以上の活躍を見せ、ミハイロビッチのチームで不動のレギュラーとなった。「不動のレギュラー」というのは決して言葉の綾ではない。ラツィオ戦までセリエAで唯一、すべてフル出場を続けてきたフィールドプレーヤーなのだから。

     トミー(イタリアではこの呼び名で親しまれている)は22歳になったばかりの若手だが、テクニックは優れ、そのプレーはクリーンだ。ディフェンダーは時にどうしてもファウルする必要があり、そのため警告や退場は避けられないというのが世界での定説だ。
    ところが、冨安は、その常識をあっさりと覆した。彼はラフなプレーをすることなく、チームを守ることができる。これは世界に向けての大きな紹介状である。今シーズンはこれまでの23試合でイエローはたったの4枚、レッドは1枚もない。

     長所をもっと挙げていこう。冨安は多才なディフェンダーだ。必要となればどこのポジションでもプレーできる。昨シーズンは主に右SBとして活躍したが、今シーズン、監督のミハイロビッチは彼の188センチという長身を生かさない手はないと考え、より厳しい戦場であるCBに移した。今シーズンはこのポジションで23試合中14試合をプレーしている。残りの9試合は右SBが7回、左SBが2回だ。そして右でプレーした時にはより攻撃にも参加し、その2試合はいずれもゴールを決めている。

     こんなプレーをしていれば、他チームの注意を惹かないわけはない。冬のメルカートでは、ミランが積極的に動いた。彼らが示した金額は1500万ユーロ(約19億5000万円)。その他もろもろのボーナスもいれれば、ボローニャは少なくとも2000万ユーロ(約26億円)近くを手に入れることができる計算だった。ほんの十数カ月前、彼らがトミーをベルギーのシント・トロイデンから獲得した時に払った額はたったの600万ユーロ(約7億8000万円)だったのだから、これはボローニャにとってはかなりの儲け話だったはずだ。

     しかし、ボローニャはこのオファーをかたくなに拒んだ。その理由を、冨安獲得の張本人であるスポーツディレクターのリッカルド・ビゴンはこう述べている。

    「冨安はまだ伸びしろのある選手で、我々は手放す気はない。オファーは多くのチームから寄せられており、彼がイタリアを始めとした世界のトップチームでプレーする力があることは我々もわかっている。しかし、現段階ではボローニャのようなチームで経験を積み、成長をすることが、彼のためにも、イタリアサッカーのためにも最適であると私は信じている」

     もちろん、彼はもうひとつの重要な「売らない」理由については口にしない。ボローニャは、冨安の市場価値がもっともっと上がることを確信しているのだ。より大きなオファー(例えば2500万ユーロ+ボーナス)があれば、ボローニャのこの決意も揺らぐはずである。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8bf8ca17d3e1edeed8164e9803710e7b2ea2101a
    3/3(水) 6:05配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/28(日) 16:46:11.96 _USER9
      61228_ext_04_0_L[1]


    ボローニャの先輩・中田英寿への思いも明かす

    吉田麻也とも「競えるようでなければ」

    イタリアでも常に注目を集める存在となっていた冨安。負傷離脱は残念だが、復帰が待たれる。(C)Getty Images

     負傷で実現しなかった。だが、リーグを代表するストライカーであるチーロ・インモービレとの対戦を前にしたインタビューは、抜群の注目度を誇る冨安健洋に対する評価の表れと言えるだろう。

    【PHOTO】イタリアで評価急上昇中!真のサムライ、冨安健洋のキャリアギャラリー 2016-2020

     現地時間2月27日に行われたセリエA第24節、ボローニャ対ラツィオの試合を前に、セリエAの公式YouTubeチャンネルが日本代表DFにインタビューした。日本語での回答に英語の音声をつけて紹介している。

     移籍して1年半が経ち、文化の違いにも慣れたはずだ。だがやはり、最初は国民性の違いに驚いたという。冨安は「驚いたのは人の個性。日本では多くの人が落ち着いていて静かですが、イタリアの人は対照的に情熱的で感情をオープンにします。それが最大の違いでした」と話した。

    「イタリアに来てもっとも驚いたのは、街を歩いているときのファンとの交流でした。『元気か』『写真撮ろうぜ』『サインちょうだい』と簡単にアプローチしてきます。日本ではなかったことで、僕には新しい経験でした」

     ボローニャの人々にとって、日本人選手は中田英寿以来、2人目となる。冨安は「個人的に会ったことはなく、サッカーをしている姿を見ただけです」としたうえで、偉大な先人に敬意を払っている。

    「日本人選手に欧州トップリーグへの扉を本当に開いた最初の選手だと思います。本当にリスペクトしています」
     
     現在、セリエAでプレーする日本人選手は、冨安とサンプドリアに所属する吉田麻也だ。冨安は代表キャプテンについて「僕らはともに、監督が守備に関して戦術にとても集中する国のDFです」と述べている。

    「(吉田から)多くを学びましたが、同じリーグの別のチームに所属しています。彼に対しても競えるようでなければいけません」

     冨安が飛躍を遂げるうえで、シニシャ・ミハイロビッチ監督との出会いも大きかった。指揮官について、冨安は「非常にポジティブな関係です」と感謝の気持ちを表している。

    「選手として成長するには試合に出なければいけないと思うので、1年目はSB、今は右でもCBでもと、こうやって機会をくれることに感謝しています。特にひとつのポジションでやることは優先しておらず、それより出場機会が大切です」

     実際、冨安は「両足でプレーできる」ことが自らの強みであり、その点はボローニャに加入してから「さらに向上した」とも話している。「CBとしてプレーしていますが、後方から攻撃をビルドアップするのも好きです」と、攻撃参加への意欲もうかがわせた。

     最終ラインのあらゆるポジションをこなす22歳は、夏の去就も注目される人気銘柄となった。残念ながら負傷で2~3週間戦列を離れることになったが、復帰後の活躍が大きく期待される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc0ae7b422c58799bffd6afef67a83d7273c3f1e
    2/28(日) 16:20配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/27(土) 04:40:10.15 _USER9
    20210201-00010017-goal-000-1-view[1]

    ボローニャの日本代表DF冨安健洋が、現地時間27日に行われるセリエAラツィオ戦を欠場することになった。『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えている

    冨安は今季、ボローニャの公式戦に全試合フル出場している。セリエAで同じく全試合フル出場を続けてきたのは、ベネヴェントのDFカミル・グリクのみだったが、こちらは21日のローマ戦で退場となり、記録が途絶えた。


     シニシャ・ミハイロビッチ監督が26日の会見で、冨安の負傷を明かした。

    「全試合フル出場だ。そういった選手を大きな選手を失うということだよ。ほかの選手で補うことになるが、また違う特長を持った選手になる」

     クラブの発表によると、冨安は左ふくらはぎの筋肉を負傷。回復には2~3週間かかるとされており、ラツィオ戦のほか、3月3日のカリアリ戦と同7日のナポリ戦も厳しいかもしれない。

     試合に出るたびに評価を高めてきた冨安。万全の状態で復帰してもらいたいところだ

    2/27(土) 4:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210227-00412145-footballc-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/23(火) 21:26:27.95 _USER9
    20210201-00010017-goal-000-1-view[1]

    現地時間2月20日のセリエA第23節サッスオーロ戦で、ボローニャの冨安健洋は右SBとして先発出場。味方の退場した後は左サイドに回ってチームを支えるなど、ポテンシャルの高さを見せつけた。

    最終ラインのあらゆるポジションで安定したプレーを披露する日本代表DFの評価は、右肩上がりを続けている。試合後には、シニシャ・ミハイロビッチ監督が賛辞を寄せ、
    リッカルド・ビゴンSDが他クラブからの誘いがあったことを明かした。実際、プレミアリーグやブンデスリーガの関係者が、冨安のプレーをチェックしているようだ。

    イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は22日、新型コロナウイルスのパンデミックによるロックダウンの前から、エバートンやチェルシーの関係者が冨安を視察していたと報じた。
    サッスオーロ戦ではレバークーゼンのスカウトが視察していたという。レバークーゼンはボローニャのガンビア代表FWムサ・バロウへの関心も噂されているクラブだ。

    国内でも、昨夏にミランが獲得に動き、ローマの関心も伝えられていたのが、記憶に新しい。直近ではあまり噂になっていないが、『Gazzetta dello Sport』は、改めて冨安獲得を考える可能性があると報じている。

    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=86620

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/23(火) 01:48:57.08
    64cec2414f99edfcc4a48c19fc122eb3

    チェルシーとエバートンのスカウトが視察

    A Reggio Emilia era presente un osservatore del Bayer Leverkusen(a cui interessa anche Barrow), mentre già prima del lockdown emissari del Chelsea e dell’Everton lo avevano visionato al Dall’Ara. Il mercato

    https://tuttobolognaweb.it/news/gazzetta-leuropa-su-tomiyasu-il-bologna-prova-a-tenerlo/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/20(土) 18:46:31.52
    f7252eea[1]

    鎌田大地→ブンデスアシスト王、遠藤航→ブンデスデュエル王、冨安健洋→セリエAクリア王

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/18(木) 03:31:19.25
    なんでや
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    591: 名無し@サカサカ10 2021/02/15(月) 19:30:13.59
    【朗報】冨安さん(22)、イタリア屈指の右サイドバックになる
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/13(土) 07:20:27.83
    20200719-054751059[1]

    期待してええんか?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/13(土) 00:07:21.32
    20210201-00010017-goal-000-1-view[1]

    冨安のスケールのデカさは異常

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/01/20(水) 20:37:23.48
    no title

    バルセロナ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/12(金) 19:53:59.51 _USER9
    イタリア紙がボローニャ冨安を特集、「安売りすべきでない」と指摘

     ボローニャの日本代表DF冨安健洋に対する現地メディアの評価が高まっている。セリエA挑戦2年目の今季も、ここまで最終ラインの軸として堂々たるプレーを見せているが、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は「無限のクオリティー」を持った選手だと絶賛している。

     22歳の冨安はアビスパ福岡の下部組織で育ち、2016年に高校3年生でトップ昇格。18年にベルギー1部シント=トロイデンに移籍し、昨季からボローニャで主力として活躍している。今季はここまでリーグ戦全21試合にフル出場(計1890分)して2ゴールを記録。右サイドバック(SB)、不慣れな左SBでの起用にも対応するなか、昨年12月23日のセリエA第14節アタランタ戦(2-2)では、技ありのチップキックから今季初ゴールを決めた。

     元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)ら世界トップクラスのストライカーとも対峙してきた冨安。これまでユベントスやACミランというイタリアの名門が獲得に興味を示していると噂されたが、イタリア国内での“冨安人気”は着実に上昇しているようだ。

    「コリエレ・デロ・スポルト」は移籍市場で注目度が高まっている存在として冨安を特集。昨季のボローニャ加入時を振り返り、「このフクオカ出身のディフェンダーは信じ難い選手だ。リッカルド・ビゴン強化部長が2019年の夏に、ベルギーリーグのシント=トロイデンから獲得したが、イタリアのサッカーに慣れるのに1カ月も必要としなかった。トミヤスはピッチに入って最初の試合から、無限の可能性を示した」と、加入直後から輝きを放っていたと伝えている。

    ユーティリティー性を高く評価「トッププレーヤーになれるすべてを持っている」
     そして今季前半戦でDFミッチェル・ダイクスとDFアーロン・ヒッキーを欠いた際に、左SBもこなしたことを評価。「トミヤスはトッププレーヤーになれるすべてを持っている。戦術的な知性、偉大な実践力、優れた走力、優れたスピード、無限のクオリティー」と絶賛した。

     ビッグクラブからの関心が高まるなか、ボローニャに対して「安売りすべきでない」とも指摘された冨安。前途有望な万能DFとして、“守備大国”イタリアで着実に評価を高めているようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c4de6da515706a9db7c68bd2904809683866151c
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    120: 名無し@サカサカ10 2021/02/09(火) 16:14:00.88
    20210201-00010017-goal-000-1-view[1]

    今の富安
    セリエAでは上位に入るんか?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    363: 名無し@サカサカ10 2021/02/09(火) 16:38:21.11
    言うほど凄いか?
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    138: 名無し@サカサカ10 2021/02/09(火) 16:15:46.76
    週間ベストイレブン

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/09(火) 16:03:04.30
    20210201-00010017-goal-000-1-view[1]

    ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋にインテルとユベントスが興味を示しているようだ。
    伊メディア『milan live』が現地時間8日に報じた。

     2019年7月にシント=トロイデンVVからボローニャへ移籍した冨安。今季はここまで公式戦全23試合に先発出場で2得点を記録している。
    ボローニャでなくてはならない存在となっている。

     伊メディア『カルチョメルカート』は冨安にインテルとユベントスが興味を示していると伝えている。
    果たして、冨安はイタリアトップレベルのチームへ移籍することになるのだろうか。

    https://www.footballchannel.jp/2021/02/09/post409816/amp/?__twitter_impression=true

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    143: 名無し@サカサカ10 2021/02/06(土) 20:25:27.24
    20210201-00010017-goal-000-1-view[1]

    冨安は明らかワールドクラスになる感じがあるのに何で全然人気ないんや?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/02/01(月) 18:49:09.66
      20210201-00010017-goal-000-1-view[1]


    今シーズンさらに成長を遂げて評価を高めた冨安は、来シーズンに向けた“目玉商品”の1つになる可能性も十分にある。現時点における市場評価額は、ドイツの移籍専門データベース『transfermarkt』で1800万ユーロ(約23億円)、FIFAも出資しているスイスの研究機関CIESの『FootballObservatry』で3000~4000万ユーロ(約38億円~約50億円)。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    666: 名無し@サカサカ10 2021/01/30(土) 16:33:37.64
    20200719-054751059[1]

    レバークーゼンでレギュラーなら名実ともにアジアナンバーワンCBやろ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/01/30(土) 15:48:58.77
    20200628-00269586-soccermzw-000-4-view

    イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)にドイツ移籍が急浮上した。イタリアメディア「カルチョメルカート・コム」は、ドイツ1部レーバークーゼンとボルシアMGが興味を示していると報じた。

     昨季まで右サイドバックとしてプレーしていた冨安は今季から本職のセンターバックに戻り、存在感を示している。
    同1部ユベントスのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドや同1部ACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチといった世界的ストライカーとも互角以上に対峙し、評価が高まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210129-02681517-tospoweb-socc

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    131: 名無し@サカサカ10 2021/01/24(日) 21:40:07.38
    9982059e6f99dd50d79f2e80bc61c410

    余裕やな



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/01/19(火) 03:18:12.63
    20200719-054751059[1]

    ミラン→リーグ1位、ユベントスの10連覇を阻止する可能性大、数日前チェルシーから期待の若手DFを獲得したので冨安はもういらない



    歴史に名を刻むチャンスやったのになあ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/01/17(日) 11:17:38.98 _USER9
    H0FO3niyL4fDjJn9wh

     ボローニャは現地時間16日、セリエA第18節のヴェローナ戦で1-0の勝利を収めた。イタリアメディアがDF冨安健洋の活躍を高く評価している。

     ボローニャは11月末のクロトーネ戦で勝利したあと、リーグ戦で8試合勝利から見放されていた。それでも、この日はヴェローナの攻撃を完封。センターバックを務めた冨安は、その最大の功労者とみられているようだ。


    『スポルト・メディアセット』は、冨安に「7」の高評価。これは両チーム合わせて単独最高点で、「正真正銘の守備の巨人。あらゆるデュエルを制した」と、存在感の大きさに触れた。

    『トゥットメルカート』も冨安に「7」を付けており、チーム最高タイ。「(相手FW)カリニッチを完全に封じた。ハイボールでも足もとでも、常に先手を取った」と絶賛している。

    『スカイ』も「7」を付け、冨安をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6dd26ecc59ca23cf9fad818cc3d220ea42280192

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    144: 名無し@サカサカ10 2021/01/10(日) 17:55:10.46
    81086_ext_04_0_L

    冨安がリバプールの噂出てるよな
    ガチで適任やと思うけどな
    RSBをメインにしつつCBの穴埋めもできる

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    39: 名無し@サカサカ10 2021/01/07(木) 01:07:56.14
    ac58f822619a493f07f7b29575df9341

    身体能力が凄すぎる
    日本代表ではCFもやるべき
    冨安のスピードと空中戦は大迫よりも上だ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2021/01/07(木) 21:18:42.78 _USER9
    アジアサッカー連盟(AFC)は6日、2020年における年間最優秀若手選手賞候補を発表し、日本人3人がノミネートした。

    新型コロナウイルスの流行がもたらした試練のシーズンだったが、アジアのトップ選手たちはより多くの人に認められる卓越したパフォーマンスを発揮した。
    the-AFC.comでは、アジアの最優秀若手選手を決めるため、投票を受け付けている。投票数の60%がそのまま結果に反映され、結果は1月24日に公表される。

    以下、ノミネートされている20人のうち日本人3人。いずれも2020年12月31日時点で23歳以下。

    MF三笘薫(22歳、川崎フロンターレ)
     川崎Fの下部組織出身、筑波大から加入したルーキーイヤー。J1リーグでは新人記録に並ぶ13ゴールで優勝に貢献し、アジアで最も注目される若手選手の一人となった。
    中断明けはリーグ最多の12アシストを記録するなど頭角を現した。元旦に行われた天皇杯決勝でも決勝ゴールを決めており、良い形で2021年のスタートを切った。

    DF冨安健洋(22歳、ボローニャ)
     すでにアジアで最も優れたディフェンダーの一人であることは疑いないが、冨安は2020年にさらなる力をつけ、ボローニャでのスタメンの座を確固たるものにしている。
    22歳の冨安はどのような守備的な役割もこなすことができ、代表戦にも出場。ベテランであるDF吉田麻也とともに、すばらしいプレーを見せている。

    FW久保建英(19歳、マジョルカ→ビジャレアル)
     2019年半ばにレアル・マドリーと契約し、至高の才能を持つ久保は8月にビジャレアルにレンタル移籍するまでは、2020年の前半をマジョルカで過ごした。
    マジョルカではほぼ全試合に出場し、UEFAが発表したラ・リーガ年間若手選手チームの一人に選出された。
    ビジャレアルではそれほど先発出場の機会が多くなかったが、10月に行われたUEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)のスィバススポル戦では、欧州の大会で初ゴールを記録している。

    1/7(木) 21:11配信 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74271a9c4e33b4054035199befe8b6e5cbbf0510

    写真
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    520: 名無し@サカサカ10 2021/01/06(水) 23:22:13.70
    507bc7a28e82811ace6f9d5a5f43428e

    冨安へっどきたあああああああああああああああああ



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/12/31(木) 23:19:35.96 _USER9
    リーグ戦出場試合数、インターセプト、デュエル、空中戦回数で日本人選手トップを記録

    ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、イタリア挑戦2年目の今季も存在感を示している。そのなかで、データ分析会社「オプタ」は、日本人選手トップクラスの成績を評価し、独自に2020年の「欧州5大リーグ日本人選手MVP」に選出している。

     日本代表の次世代DFリーダーとして期待を背負う冨安は、福岡の下部組織で育ち、2015年にトップ昇格。18年にベルギー1部シント=トロイデンに移籍し、昨季からボローニャで主力として活躍している。今季はここまでリーグ戦14試合1ゴールを記録。不慣れな左サイドバックでの起用にも対応しているなか、現地時間12月23日のセリエA第14節アタランタ戦(2-2)では、技ありのチップキックから今季初ゴールを決めた。

     スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランスの欧州5大リーグでは、日本人選手も多く活躍するようになったが、データ分析会社「オプタ」は、自社データを基に2020年の「欧州5大リーグ日本人選手MVP」を選出。リーグ戦出場試合数(31)、インターセプト(58回)、デュエル(303回)、空中戦数(128回)が日本人選手最多で、空中戦勝率がセリエAで120回以上空中戦を記録しているDF登録選手の中ではリーグトップの60.2%を記録している冨安に同賞を贈り、「鉄壁」と称している。

     2020年にはセリエAの名門ACミランが獲得に興味を示したと報じられるなど、世界的にも存在感を増した冨安。21年にどんな成長を遂げるのか、楽しみだ。

    12/31(木) 19:20 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/890bb404244a42ad15a10d6bdd349ba62e381651 
      
     
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2020/12/29(火) 21:42:13.36 _USER9
    20200628-00269586-soccermzw-000-4-view

    ビッグクラブ移籍も見えてきたDF冨
    ボローニャDF冨安健洋 地元メディアも高評価「今や2000万ユーロの価値」


    イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)が異国の地でも確かな爪痕を残している。

     今季の冨安はリーグ戦で14試合に出場。23日のアタランタ戦では今季初ゴールをマークするなど、攻守で高いパフォーマンスを発揮している。

     そんな中、イタリアメディア「トゥット・ボローニャ」は「ボローニャの真のジョーカーであり、1分も欠場することなくプレーしてきた。今は国内だけでなく、何よりも魅力的で潜在的なトップ選手をボローニャは見つけた」と高評価を下した。

     その上で、イタリア1部の名門ACミランからオファーが届くなど、各国のクラブが熱視線を送っているため「900万ユーロ(約11億4000万円)だった彼の市場価格はさらに上昇しており、今や2000万ユーロ(約25億4000万円)の価値がついている。冨安がもしボローニャから移籍する場合は、クラブの資金面でも大きな取引となるだろう」と指摘した。

     最後には「冨安は基本的なテクニックが必要とされる中央の中盤に戻り、底辺からのプレーになるが、オールラウンダーとして、豊かな人間性を高めていきながら、応用力を発揮していくことになるだろう」と伝えており、改めて冨安への期待値の高さが示された形となった。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2df470735472f832eea5523561f0e04ffac04637
    12/29(火) 20:55配信

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7: 名無し@サカサカ10 2020/12/28(月) 14:25:45.82
    75479_ext_04_0_L[1]

    マジで日本史上最高のディフェンダー

    続きを読む

    このページのトップヘ