サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    昌子源

    1: 名無し@サカサカ10 2019/04/22(月) 10:12:26.78
    20190422-43466205-gekisaka-000-1-view[1]


    いまをときめくリールの「BIP」を阻み続けた!

    特大の注目を集めたリール戦で出色の出来を披露し、存在を示した昌子。さらに調子を上げ、トゥールーズを残留へと導けるか。

     現地時間4月21日に行なわれたリーグ・アン第33節、トゥールーズ対リールの一戦はスコアレスドローに終わった。2位のリールが引き分けたため、モナコ戦のキックオフ前だったパリ・サンジェルマンの2年連続8度目となるリーグ優勝が決まった。

     このリール戦で奮迅の活躍を見せて絶賛されたのが、トゥールーズの日本代表DF昌子源である。注目の大一番を中継したテレビ映像の最後には、その顔がアップで映し出されたほど。ついにフランス人たちの目に留まったのだ。

     なにしろこの日の相手は、前節にパリSGに5ゴールを見舞って大勝したばかりのリール。飛ぶ鳥を落とす勢いの攻撃トリオ、ジョナタン・バンバ、ジョナタン・イコネ、そしてヨーロッパ中が熱い視線を送るニコラ・ペペを擁する強豪だ。3人のイニシャルをとって「BIP」と呼ばれているが、同時にアメリカ漫画に登場するスピード自慢の怪鳥にもちなんでおり、3人が走るとファンは「ビップ、ビップ、ビップ!」と熱狂することで知られる。

     もしトゥールーズがこのトリオの餌食になって敗北すれば、残留をかけたシーズン最終盤の決定的な痛手になる。そしてそれは、守備の要を担う昌子への評価にも直接影響する。

     ところが――。立ち上がりから昌子は、落ち着き払った守備対応を見せるのだ。テレビ中継局『bein SPORTS』でこの試合を解説したパトリス・フェリが、3バックの右を担当した昌子に注目したのは、試合開始後11分のことだった。

     「ショウジはトゥールーズに、実に多くのものをもたらしましたね。彼は日本的にそっとやって来て、静かに定着し、いつの間にかチームに安定とバランスをもたらした。これは大仕事ですよ。彼はすさまじい大仕事をやってのけましたよ!」

     パトリス・フェリは、サンテティエンヌやリヨンで活躍した元DF。いわば守備の専門家で大先輩だ。マイルドな口調による的確な解説に定評があり、マルセイユの酒井宏樹にも早くから目を留めたひとりだ。

     そんなフェリは、昌子がやや苦戦を強いられた時間帯も、「ショウジがしっかり(シュートコースを)塞ぎました。ただ、もう少し密度が必要ですね」とコメント。その直後だった。25分、イコネが怒涛のスピードで突破を図る。昌子も必死に食らいつき、猛然と追いすがって、最後はゴールライン間際でタックル。するとフェリは、「どちらも食らいついたまま、絶対に離しませんでしたね! ショウジはもっと早くタックルしても良かったと思うが、でもディフェンダーとしては美しい統率でした」と、公正な分析と賛辞を送った。

     こうして前半は0-0で終了。「BIP」は思い通りのプレーができず、「トゥールーズがリールを掌握した感があります」「ショウジ、ジュリアン、ムバンジェの3CBが、ここまでのところきわめてよく機能しています」(実況)の言葉通り、むしろトゥールーズの守備力が際立った。また、「ショウジは日本代表でサカイとも一緒で、友だちなんですよね」(実況)と、昌子をあまり知らない視聴者のために酒井まで紹介されたのである。

    豪リールの攻撃陣を完封した昌子源を仏テレビ局が大絶賛!
    4/22(月) 5:31配信
    53


    「数年前からそこにいるような印象を醸し出している」

     後半も、昌子は躍動する。

     47分、ふたたびイコネが果敢に仕掛けを試みるが、素早くピンチの芽を摘んだ。フェリは、「非常にいい読解力、非常に良い先読みでした。ショウジはもう数年前からそこにいるような印象を醸し出していますね」と絶賛した。

     さらに54分。今度はペペの圧巻のスピードにも屈しなかった。エムバペに匹敵する韋駄天で知られるペペだが、ここでも昌子は、スピードだけでなくインテリジェンスを武器としながら、ゴールラインの外にボールをクリアしてみせたのだ。

     フェリはこれを再生映像とともに克明に解析し、「ショウジ、ここで完璧なポジショニングをとりました。そしてここで巧みに身体を相手の前に入れて、見事にペペを阻んだのです!」と持ち上げた。 
      
     
      
    4/22(月) 5:31 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00010003-sdigestw-socc&p=1 

    続きを読む

    61: 名無し@サカサカ10 2019/04/07(日) 22:19:00.01
     20190408-43465705-gekisaka-000-1-view[1]


    [4.7 リーグアン第31節 トゥールーズ1-0ナント]

     フランス・リーグアンは7日に第31節を行った。日本代表DF昌子源が所属するトゥールーズはホームでナントと対戦し、1-0で勝利。昌子は元日本代表指揮官のバヒド・ハリルホジッチ監督と相まみえた。

     昨冬にリーグアンに移籍した昌子は2月5日のクープ・ドゥ・フランスのラウンド16(●0-1)でハリルホジッチ監督率いるナントと対戦済み。今節が今季2度目の対戦となった。試合が動いたのは前半18分、ナントのMFアンドレイ・ジロットが相手選手を踏みつけてしまい、一発退場となる。トゥールーズは早い時間帯から数的優位に立ち、試合を運んでいく。

     さらにトゥールーズは前半26分、FWヤヤ・サノゴがPA内で倒されてPKを獲得。しかしFWマックス・グラデルのPKは相手GKに阻まれてしまい、決定機を逃してしまう。

     スコアレスで前半を折り返すと、トゥールーズが後半10分に先制に成功。セットプレーから一時はポストを叩くも、最後はMFイッサイガ・シラが頭で押し込んだ。シラの得点が決勝点となり、トゥールーズは3試合ぶりの勝利となった。

     昌子は公式戦13試合連続でフル出場。前半34分には今季2回目のイエローカードを受けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-43465705-gekisaka-socc





    続きを読む

    744: 名無し@サカサカ10 2019/04/01(月) 05:29:45.03
     20190401-43465404-gekisaka-000-2-view[1]


    [3.31 リーグアン第30節 トゥールーズ0-1パリSG]

     フランス・リーグアンは31日に第30節を行った。日本代表DF昌子源が所属するトゥールーズはホームでパリSGと対戦し、0ー1で敗戦。昌子は4バックの右CBでフル出場した。

     代表戦から帰還した昌子はさっそく先発出場し、デビューから公式戦12試合連続出場を継続させる。対するフランス王者・パリSGは負傷のFWネイマール、FWエジソン・カバーニ、MFアンヘル・ディ・マリア、MFユリアン・ドラクスラーらを欠き、ベンチにはフィールドプレーヤーが4人のみという緊急事態で、FWキリアン・ムバッペとFWエリック・マキシム・シュポ・モティングが攻撃を牽引していった。

     トゥールーズは前半をスコアレスでしのぎ切る。昌子はフランス王者と初対戦。20歳ムバッペとの対峙ではピッチに足を取られる場面もあったが、強力攻撃陣相手に0-0のまま45分を耐えきった。

     後半からはトゥールーズもチャンスをつくる。後半7分、FWヤヤ・サノゴがゴール前に抜け出して右足シュートを放つが、GKアルフォンス・アレオラの体を張ったセーブに阻まれる。一方、パリSGも同14分、右サイドからのクロスをファーサイドのムバッペが豪快なジャンピングボレー。昌子にコースを消されたことで、ボールはゴール外にはずれた。

     パリSGは後半17分から29分までに交代3枠を使い切る。DFマルコ・ベッラッティやDFチアゴ・シウバ、FWムサ・ディアビを投入した。すると直後の同29分に先制する。右サイドからDFティロ・ケーラーがクロスを上げ、ムバッペがゴール正面のPAライン上でワントラップ。体勢はそのままに右足を素早く振り抜き、ゴール右隅に流し込んだ。

     主戦力が少ないパリSGだが、得点ランクトップを走るムバッペの今季リーグ戦27得点目で1-0の勝利。2位リールと勝ち点20差のまま首位を独走している。トゥールーズは3試合ぶりの黒星となったが、順位は14位から変わらず。7日の第31節ではバヒド・ハリルホジッチ監督率いるナントと対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-43465404-gekisaka-socc




    続きを読む

    197: 名無し@サカサカ10 2019/03/10(日) 23:20:42.83
    GettyImages-1078263202-800x533[1]

     
    リーグ・アンは10日に第28節が行われ、トゥールーズはギャンガンと対戦した。

    直近6試合で3分け3敗と調子が上がらないトゥールーズ。ホームでおよそ1カ月半ぶりの3ポイントを狙う一戦で、昌子源は8試合連続の先発出場を果たした。

    トゥールーズは20分、ガルシアのアシストからサノゴがゴールを決めて先制。さらに44分に相手が退場者を出し、数的優位を手にする。71分にはシラがネットを揺らしたが、ビデオ判定の結果ゴールは無効となった。

    84分、昌子は左サイドのクロスをブロックにいったが、ボールはエリア内にこぼれてしまう。だが、ここはチームメイトのカバーに救われた。

    試合はこのまま終了。トゥールーズは1-0で7試合ぶりの勝利を手にし、勝ち点を31に伸ばした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010001-goal-socc



    続きを読む

    51: 名無し@サカサカ10 2019/03/04(月) 18:47:17.03
    52403_ext_04_0[1]


    昌子源がフランスで大切にする事。「ここは鹿島ではないと割り切る」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190304-00838491-number-socc

    監督のところへ行ったんです。『どうしたら、適応できるのか』って。
    普通監督と面談する選手って、起用法とかで文句をいうことが多いらしくて、監督は嬉しそうに驚いてました。

    『お前をとった最大の理由はパスが出せるから、後ろからのビルドアップができるからだ。1対1で吹っ飛ばされるくらい、こっちのフィジカルは強い。
     日本では小さくはなかったかもしれないけど、ここでは小さいし、スピードもここでは平均的だ。
     まずはそれに慣れろ、そのうえで、今持っている技術を活かせれば、おまえはフランスでトップのクラブにも行ける』って言ってもらえた」

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/27(水) 14:55:57.66
    20190227-00010005-sdigestw-000-1-view[1]


    リーグ・アン第26節、カーンとホームで対戦したトゥールーズは、1-1のドローに終わった。前半アディショナルタイムに1点を奪われたホームチームだが、後半アディショナルタイムに辛くも同点に追いつき、連敗を阻止している。

     試合後の会見で、トゥールーズ監督のアラン・カザノバは「1ポイントでも取れてよかった」と安堵の表情を浮かべた。

     そして、今冬にトゥールーズが唯一の補強として獲得した昌子源にも話題が及んだ。加入して約1か月が経過し、リーグ戦やカップ戦など6試合を消化した昌子のパフォーマンスについて、このようにコメントしている。

    「ショウジが私たちのチームに加わって1か月が経過し、この期間で、クラブは悪くない状態だと示すことができていると思う。

     彼は優れた技術の持ち主で、守備陣をけん引するリーダーシップも備えた、最高級のディフェンダーだ。これまで彼が日本で経験したものとは大きく異なるチームのスタイル、プレーに適合するため、裏ですごく努力をしていることも理解している。私もクラブも、彼の獲得に非常に満足しているよ」

     昌子は3バックもしくは4バックのCBとして定位置を確保しているが、リーグ・アンの攻撃陣を相手に、独特の間合いやリズムに苦戦している様子もみられる。その一方で、チームメイトからの信頼は厚く、守備の要として頼りにされる局面も多い。

     現在リーグ15位のトゥールーズは、次節はアウェーでリヨンと対戦する。残留争いに巻き込まれないためにも、勝ち星を重ねたいところだ。

    2/27(水) 6:11 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190227-00010005-sdigestw-socc

    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2019/02/18(月) 00:41:43.11
    20190218-29632031-gekisaka-000-1-view[1]


    [2.17 リーグアン第25節 ボルドー2-1トゥールーズ]

     フランス・リーグアンは17日に第25節を行った。DF昌子源が所属するトゥールーズは敵地でボルドーと対戦し、1ー2で敗れた。昌子は公式戦7試合連続でフル出場。4バックの布陣で2CBの一角を務めた。

     ここまでリーグ戦3試合で白星がないトゥールーズ。先手を打ちたいところだが開始1分で失点してしまう。ボルドーは左サイドのFWフランソワ・カマノがクロスを上げ、ファーサイドのMFトマ・バシッチが豪快にヘディングシュートを叩き込んだ。

     昌子は守備に奔走し、また後方から縦パスを通して攻撃にも貢献。FWヤヤ・サノゴらがゴールに迫るものの、相手GKのセーブに阻まれ、トゥールーズは前半を0-1で折り返した。

     後半に入ってもトゥールーズは昌子らが守備に走る場面が目立つ。しかし後半25分にFKのチャンスを得ると、試合を振り出しに戻した。左サイドからMFジミー・ドゥルマズが大きく蹴り上げ、PA内でサノゴが右足シュート。しかし味方に当たって混戦になり、最後はMFヤニック・カフザクが右足で押し込み、1-1の同点にした。

     勢いに乗りたいトゥールーズだが、後半37分に再び失点。ボルドーが後方からFKを放つと、PA内の昌子とカフザクがそれぞれ競り負け、ボールがこぼれたところにジミー・ブリアンのジャンピングボレーがゴールに突き刺さった。

     試合は1-2で終了し、トゥールーズはリーグ戦4試合連続で未勝利が続く。暫定順位は14位から15位に下がってしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-29632031-gekisaka-socc





    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/03(日) 03:33:00.39
     20190203-24657023-gekisaka-000-1-view[1]



     フランス・リーグアンは2日に第23節を行い、DF昌子源が所属するトゥールーズは敵地でモナコと対戦し、1ー2で敗れた。昌子は公式戦4試合連続でフル出場。4バックの左CBとしてプレーした。

     デビュー戦から公式戦3試合無敗(2勝1分)の昌子は、ロシアW杯で対戦したコロンビア代表FWラダメル・ファルカオとの再戦となった。モナコは前半15分、相手のセットプレーからカウンターを仕掛け、ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンが先制点を挙げた。

     先制を許したトゥールーズだが前半20分、右CKからDFクリストファー・ジュリアンがゴールに流し込んで同点に。拮抗した展開のまま1-1で前半を折り返す。

     昌子はファルカオをしっかりマーク。後半4分には後方からファルカオにボールが向かうも、昌子は巧みに体を預けて相手エースを潰していった。攻め手を欠いたモナコだが、後半18分に勝ち越しに成功。ポルトガル代表FWジェルソン・マルティンスがPA左に進入して中央に折り返す。ゴール前に詰めたファルカオは昌子に潰されるも、こぼれ球を元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが右足で合わせ、加入後初となるゴールを叩き込んだ。

     試合はそのままモナコが2-1で勝利。1月末にティエリ・アンリ前監督が解任され、レオナルド・ジャルディム監督が再任した新体制で、リーグ戦7試合ぶりの白星を勝ち得た。トゥールーズはリーグ戦4試合ぶりの黒星に。順位は暫定で14位となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-24657023-gekisaka-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ