サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    監督

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/11(水) 11:42:29.09
    no title


    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が9日付のボローニャの地元紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』のインタビューに応じ、日本人選手の特徴について紹介しつつ日本代表時代を振り返った。

    ザッケローニ氏の母国イタリアでは、2018年2月にDF長友佑都がインテルを退団して以降、約20年ぶりに日本人選手が不在の状況が続いた。しかし今夏、20歳のDF冨安健洋がシント=トロイデンからボローニャへと移籍。今シーズンのセリエA開幕から2試合ともに好パフォーマンスを披露し、チーム内トップの評価を受けるなど脚光を浴びている。

    セリエAで再び日本人選手に注目が集まる中、2010年から日本代表を率いてブラジル・ワールドカップへ導いたイタリア人指揮官は、地元紙のインタビューの中で日本選手の一般的な特徴についてボローニャのファンに説明した。

    「まず仕事に対する素晴らしい文化があると言える。技術的なクオリティでは、スピードや運動量に優れている。ただ日本人選手は、個人主義というものを知らない。チームで協力してプレーし、勝利することを好み、すぐにでもロッカールームの支柱になろうとするんだ」

    過去にはミランやインテル、ユヴェントスなどイタリアのビッグクラブの指揮官を歴任してきたザッケローニ氏。アジアでは、北京国安やアラブ首長国連邦(UAE)でも指導してきたが、日本代表での指揮が40年にわたるキャリアの中で最も素晴らしい経験だったと強調。「正直言って、日本代表の指揮を執ったときほど楽しめたことはこれまでない。私のキャリアにおいて最高の経験だった」と語り、日本での4年間を振り返った。

    9/10(火) 19:31配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00010027-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/11(水) 00:03:46.94
    20190910-00000212-kyodonews-000-3-view[2]


    【インドネシア 0-3 タイ 2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選 第2節】

     2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のインドネシア代表対タイ代表の一戦が現地時間10日、インドネシア・ジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムで行われ、0-3でアウェイのタイが勝利した。

     5日のベトナム戦はホームで0-0の引き分けに終わったタイ。しかもトップで起用した大分トリニータ所属のティティパンが負傷し、チームを離れる事態となってしまった。一方の、初戦のマレーシア戦を2-3で落としたインドネシアは、かつて北海道コンサドーレ札幌に所属していたイルファンとリリパリが揃って先発。タイはチャナティップが先発しており、「札幌色」の強い試合となった。

     試合は序盤から両チームとも攻撃に出る激しい展開となる。タイがチャナティップ、インドネシアはリリパリが中心となってチャンスをつくる。両チームの10番が躍動し、あわやという場面も生まれたが、0-0で折り返す。

     後半も拮抗した展開が続くが、先制したのはタイ。得意のパスワークで攻め込み、左サイドに展開。ボールを受けたサラチャットがカットインして右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

     その後もタイの攻勢が続き、63分にはサラチャットがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを横浜F・マリノス所属のティーラトンが冷静に決めると、72分にはサラチャットが味方とのパス交換で相手守備陣を翻弄し、再びゴール。試合を決めた。

     タイは前半に危ない場面もあったが守備で対応するのではなく攻撃の姿勢を強めた。また、2点をリードしてからも守るのではなく最後まで攻撃の手を緩めなかった。攻撃的なスタイルは西野監督の真骨頂。就任してから公式戦2試合目で早くも「西野イズム」が見られた。

     また、驚きだったのはティーラトンの起用法だ。左利きで、横浜F・マリノスでは左サイドがメインだが、この日はなんと右サイドバックにおいた。逆足でカットインしてチャンスを演出するなど「奇策」は実ったと言える。

     得意のパスワークと西野監督らしさがミックスして快勝したタイ。次回は10月15日、ホームに強敵UAEを迎える。

    【得点者】
    56分 0-1 スパチョック・サラチャット(タイ)
    64分 0-2 ティーラトン・ブンマタン(タイ)
    72分 0-3 スパチョック・サラチャット(タイ)

    (取材・文:植田路生【ジャカルタ】)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00337901-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/05(木) 23:04:40.43
    EDsG174U0AA1stg[1]


    国際親善試合キリンチャレンジ杯(5日、カシマ)で日本に0-2で敗れたパラグアイのエドゥアルド・ベリッソ監督(49)が、試合後会見に出席した。

    -まず試合を振り返って

    フィジカル面で、日本と互角な戦いをすることができなかった。1対1、FW2人(大迫と南野)と左サイドハーフ(中島)の守備に苦戦した。
    後半は秩序が乱れずに戦うことができたが、すべてにおいて日本が我々を上回っていた。
    勝利にふさわしかった。正直、疲労が影響していて、いいリズムを維持することができなかった。
    言い訳したくないが、長距離移動の影響も大きかった。

    https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201909050000937_m.html?mode=all

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/09/05(木) 08:14:29.42
    20190905-00141334-roupeiro-000-5-view[1]


    前日本代表監督で、タイ代表の新監督に就任した西野朗氏は4日、タイ・タンマサート大学スタジアムにおいて、5日の2022年カタールワールドカップ二次予選・ベトナム戦に向けた公式会見に臨んだ。

     西野監督は冒頭で「タイ代表監督として最初のゲームになる。招聘してきれたことに感謝する。限られた準備期間だったが、全力を尽くしたい」と意気込みを語った。
    そして、「一人ひとりのポテンシャルは想像以上。若い選手の中にはまだまだ可能性のある選手がたくさんいる」と一定の手応えを感じているようだった。

     ただ、「アジアや世界を見据えた中でまだまだ(試合を)やっていない。経験がない」とタイ代表をとらえている。また、「先輩への気遣いを感じる。
    同じレベル、同じ代表チームで選考しているし、それはダメ、チャンスがないよ(と言った)。A代表では自分を主張するプレーをしないといけない」と年長者に遠慮する特性は弱点ととらえている。

    タイ代表初陣がいきなりベトナム戦。東南アジアのライバル相手にホームで落とすわけにはいかず万全を期したいところだが、いかんせん準備期間が短い。思わず弱音ともとれる本音を吐露した。

    「タイ代表に限らず世界的に見られることだが、得点力不足を感じる。国内リーグではセンターFWは外国人選手。経験のある選手でさえ横(サイド)に置かれている。
    今回ストライカーを探すのは大変だった。全員で向かわないといけないが答えは出ていない。全員でアグレッシブに入る必要がある」

     監督に就任してまだ1ヶ月半。対するベトナムは韓国人の朴恒緖(パク・ハンソ)監督が2年間指揮をとっている。
    チームの成熟度では雲泥の差があり、地元メディアも大方が厳しい戦いになることを予想している。

     ベトナムの主将クエ・ゴック・ハイはタイのストロングポイントに「新しく優秀な監督を招いた」と警戒心をあらわにした。

    「勝負師」と名高い西野監督は、これまでもいくつもの厳しい戦いをものにしてきた。タイ代表の初陣で、その真髄を発揮することができるか。

    https://www.footballchannel.jp/2019/09/05/post337062/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/16(金) 06:13:52.31
    no title


    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がモロッコ代表の新監督に就任することが発表された。

    2015年から2018年までの3年間にわたり日本代表を指揮したハリルホジッチ監督。2018年10月からリーグ・アンのナントを指揮し、エミリアーノ・サラの事故死といった苦難を乗り越え、低迷した同クラブを残留に導いたものの、今シーズンのリーグ戦開幕9日前に同クラブと契約解除に至る。

    そして15日、モロッコサッカー連盟は無所属となっていたハリルホジッチ監督の就任を発表。先日まで行われたアフリカ・ネイションズカップでベスト16止まりと不本意な成績に終わった後、同連盟は2018年のワールドカップ本戦へ導いたエルベ・ルナール監督を解任し、その後任としてコートジボワール、アルジェリア、日本でワールドカップ予選を突破した経験がある67歳の指揮官を招聘した。

    モロッコで指揮を執ることが決まったハリルホジッチ監督は、会見で「モロッコでコーチをすることは大きな責任と名誉がある。私の最初の目標はワールドカップ予選を突破すること。私個人として、4大会連続の予選突破を目指したい」と意気込みを語っている。

    これまでにクラブの指揮官として、リール、レンヌ、パリ・サンジェルマン、トラブゾンスポル、そして選手時代にも活躍したナントを指揮。代表チームでは、コートジボワール、アルジェリア、日本で監督をしており、モロッコが4カ国目となる。

    8/16(金) 5:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00010000-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/13(火) 09:04:18.59
    20190813-00000018-sph-000-4-view[1]


    J1湘南で、2018年2月~19年7月まで、少なくとも3人の選手と2人のスタッフが
    曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)からの暴言などによる精神的苦痛とみられる症状でチームを退団していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。
    Jリーグは同監督が所属選手やスタッフに対してパワーハラスメント(パワハラ)を行っていた疑いがあるとして、
    今月中にもクラブや本人へヒアリングなどによる調査を行うことを決めており、クラブ側は第三者委員会を設置する方針だ。

     曹監督の言動による精神的苦痛から、少なくとも3人の選手と2人のスタッフがチームを去っていたことが判明した。

     複数の関係者によると、3選手はいずれも昨季限りで退団。精神的に追いつめられ、それぞれ別の時期に1~2か月間、練習場に通うことができなくなり、通院して治療を受けた。
    同監督の高圧的な態度や罵倒行為が原因だったとされる。
    スタッフ2人も同監督から「どれだけ無能なんだ」などといった人格否定の言葉を受け、メンタル面の異常を訴えてシーズン中にチームを離れた。
    指揮官が視界に入るだけで吐き気を催したり、過度なプレッシャーから公式戦の試合前に嘔吐(おうと)してしまう選手もいたという。

     昨オフに16人もの選手が一斉に退団したが、中には指揮官の指導方法に疑問を感じたことが理由の選手も多くいたという。
    他クラブに移籍した選手の1人は、スポーツ報知の取材に「ベルマーレのことが好きでも、監督の言動に耐えられず、チームを去らなければいけない選手はたくさんいる。
    仲間が罵倒されているのを見て心が痛まない選手なんていない」と証言した。
    (中略)
     チームは13日からJ1第23節鳥栖戦(17日・BMWス)に向けて再始動する。当初公開予定だった練習は非公開に変更となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000018-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/12(月) 17:55:38.10
    no title


    スカイスポーツの解説者に就任したジョゼ・モウリーニョ氏(56)が、自分がマンチェスター・シティーのBチームでも指揮を執ったらマンチェスター・ユナイテッドを抑え、プレミアリーグ優勝を果たすと公言した。11日付の英紙サン電子版が報じた。 
      
    チェルシーとマンチェスターUで監督を務めたモウリーニョ氏は、今季はマンチェスターCとリバプールに加えてトットナムも優勝争いチームになることを予想した。番組が始まって、昨季途中まで指揮を執っていたマンチェスターUに対する皮肉を口にするまでに5分しかかからなかった。

    優勝候補チームを聞かれた同氏は「マンチェスターC、トットナム、リバプールとマンチェスターCのBチームだ」と回答。「マンチェスターCの先発に選ばれなかった選手のBチームでもプレミアリーグを優勝できるよ」と圧倒的な戦力を誇るマンチェスターCが優勝候補筆頭だと主張した。

    また、アーセナル、チェルシーとマンチェスターUに関しては「サッカーでは予想しない出来事が起こることがある」と多くを語らず。優勝候補ではないものの、可能性はあると話した。

    (A・アウグスティニャク通信員)

    8/12(月) 17:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-08120438-nksports-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/08/12(月) 13:46:22.89
    no title


    レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、これまで構想外と見られていた選手たちを戦力に含める考えを明かした。

    レアル・マドリーは、今夏の移籍市場でMFエデン・アザールやFWルカ・ヨヴィッチらを獲得するなど大型補強に乗り出しており、反対にMFギャレス・ベイルやMFハメス・ロドリゲスは放出が濃厚とされてきた。

    しかし、両選手ともに未だチームに在籍しており、ハメスはレアル・マドリーのトレーニングに復帰。そして、ベイルは11日の親善試合ローマ戦に途中出場している。

    2-2のスコアでフルタイムを戦ってPK戦の末敗れたローマ戦後、ジダン監督は以下のように両選手についてコメントした。

    「ハメスとベイルはこのチームの選手だ」

    「何でも起こり得るが、彼らはどちらも(チームに)登録されている。私はレアル・マドリーのコーチとして、彼らを頼らなければならない」

    「私は彼らを100%頼りにしている。ハメスは(最近の試合に)呼ばれていないが、これは変わる可能性がある。トランスファーウィンドウが閉まる前であっても、すべてが起こり得るんだ」

    17日にはセルタとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦が控えるが、その直前のタイミングでハメスとベイルをチームに含める可能性を強く示唆したジダン監督。とりわけ、ベイルは放出候補であることが以前に公言されていたが、指揮官の心変わりをきっかけに復活を遂げることができるのだろうか。

    https://twitter.com/goaljp_official/status/1160773002872512512?s=21
    https://www.goal.com/jp/amp

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/31(水) 19:41:00.35
    no title


    元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏は、早期の現場復帰を望んでいるようだ。

    2016年からマンチェスター・Uで指揮を執るモウリーニョ氏だが、昨年12月に選手との確執や成績不振を理由に解任される。以降、解説者としてメディアには登場するものの、指揮官としての仕事はなく、無所属の状態が続く。そんな中、以前に7月までに仕事を再開したいと話していた同氏はイギリス『スカイスポーツ』に対して心境を吐露した。

    「これだけ考える時間があるのは初めてで、7月末から8月上旬にかけてセトゥバルにいることもここ20年以上はなかった。私の今の気持ちを考えたり、分析したりしているけれど、間違いなく“ゼ(モウリーニョ氏の幼少期のニックネーム)”は情熱にあふれている」

    「友人が“楽しめばいい。7月を、8月を楽しめばいい。君ができなかったことを楽しめばいい”と言っていた。ただ、正直言って、楽しめない。楽しめるほどハッピーではない。フットボールが恋しい。このような環境にいることが少しばかりおろかに見えるが、自由な時間を本当に楽しむことができない」

    欧州での指揮を続けるために、中国行きを拒んだとされるモウリーニョ氏は「“モウリーニスタ(モウリーニョ氏のファン)”のために適切な選択をしたい」と強調し、自身が納得のできる機会が訪れるまで我慢強く待ちたいと語っている。

    「私は忍耐強く、適切な機会を待たなければならない。適切な機会とは指揮官としての私と同じ大きさで、同じレベルであるクラブのことだ。もちろん、すべてに“イエス”と言えるが、今は“ノー”と言って正しいものを待つ必要がある」

    7/31(水) 18:07配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00010022-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/29(月) 22:45:44.38 0
     20190711-00202544-soccermzw-000-1-view[1]


    サッリ監督のインタビューも
    議論されている。7月28日、伊メディアはサッリ監督がチームKリーグとの試合後の記者会見で、“ロナウド欠場”に関する質問が殺到すると、「ロナウドがプレーするところを見たいのか。だったら(イタリアまでの)飛行機代をあげる」と冗談を言ったと報じた。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/29(月) 13:57:23.72
    news_280694_1[1]


    レアルがシーズン前からクライシス突入、ファンが今夏の補強に「ノー」突きつける…久保建英の評価は?

    『マルカ』は電子版のアンケートで、レアルに関するいくつかの質問を実施。
    約20万人が、それらの質問に投票している。まず、今回のダービーでの「大失敗の責任は誰にある?」
    との質問については、選手たちが33%、ジネディーヌ・ジダン監督が34%、チームづくりが33%と意見が分かれた。
    そして「ジダン監督はレアルの新プロジェクトにおいて理想的な指揮官と言えるか?」との問いには、64%がノーと返答。
    ジダン監督への不信感が増していることが浮き彫りになっている。

    その一方で「レアル・マドリーが今夏に良い補強を行ったか?」との問いはノーが80%を占め、補強政策への不満も明らかに。
    また「もし自分がジダン監督であったら、何を変化させるか?」との質問については、「新たな選手たちに出番を与える」が49%、
    「もっと補強するように頼む」が30%、「プレーシステムを変える」が13%、「平静と自信を保つ」が8%の得票率となっている。

    そして「エデン・アザールを抜かして、このレアルでレギュラーになるべき新加入選手は?」との問いの選択肢には、
    日本代表FW久保建英が登場。選択肢の中で最も得票率が多かったのは「誰もいない」の32%となり、
    FWルカ・ヨビッチが18%、久保が17%、DFフェルラン・メンディが14%、FWロドリゴが12%、DFエデル・ミリトンが7%という結果になった。
    また「若手でもっと出番を得るべきなのは?」との質問では、FWビニシウス・ジュニオールが43%の得票率でトップに立ち、久保が22%、
    MFブライム・メンデスが21%、ロドリゴが14%で続いている。

    久保は少なくとも、今夏の獲得選手の中では期待をかけられているようだ。

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?280694-280694-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/27(土) 22:36:33.16
    20190727-00010035-goal-000-3-view[1]


    マンチェスター・シティは27日、日産スタジアムで行われた「EURO JAPAN CUP 2019」で、横浜F・マリノスと対戦し、3-1で勝利した。試合後にジョゼップ・グアルディオラ監督は、横浜FM戦のパフォーマンスに一定の評価を下した。

     開幕を約2週間後に控えるプレミアリーグ王者のマンチェスター・C。アジアツアー最終戦となる日本での横浜FM戦は、来週に控えるコミュニティ・シールドのリヴァプール戦を見据え、ダビド・シルバやケヴィン・デ・ブライネといった主力を先発起用。ハイライン・ハイプレスを標榜する横浜FMを相手に序盤からアグレッシブな戦いを見せた。

     マン・Cは18分にGKクラウディオ・ブラーボのロングボールに抜け出したデ・ブライネが先制点を奪うと、24分に1点を返されたものの、前半終盤にラヒーム・スターリングが勝ち越し点を奪取。終了間際には期待の若手ルーカス・ネメヒャが試合を決定づける3点目を決めて勝負あり。粘る横浜FMを3-1で振り切り、アジアツアーラストゲームを白星で飾った。

     グアルディオラ監督は「非常に良い試合ができた。とても厳しい試合でしたが、どちらもハイプレスをしていて良いパフォーマンスだった」と振り返り、「ミスもありましたけど、ツアーを通じてケガが無かったことが良かった」と、過密日程のなか行われたプレシーズンツアーを総括した。

     なかでも1ゴール1アシストの活躍を見せたデ・ブライネについては「今日はよくやってくれた」とグアルディオラ監督。「(彼は)資質があり素晴らしい才能のある選手。契約がある限り素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれると思う」と、新シーズンでの活躍にも期待を寄せた。

     一時同点に追いつかれたマン・Cは、給水タイム時にグアルディオラ監督がDFラインの選手を中心に身振り手振りに熱心な指示を送っていたが「今日みたいに厳しい、フィジカルもベストでないなかでのパフォーマンス。選手たちのハングリーさが表れたと思う」と、厳しい環境での選手の戦いぶりに評価を与えていた。

     指揮官にとって来日するのは「バルセロナの時にクラブW杯で」来て以来。「また日本に来れて嬉しかった」と話し、「チケットはソールドアウトで、ファンもチャントを歌ってくれた。エティハド(スタジアム)に居るかのような素晴らしい雰囲気だった」と日本のファンに感謝の言葉を述べていた。

    7/27(土) 22:17配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00010035-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/29(土) 01:17:57.14
    20190628-00200311-soccermzw-000-1-view[1]


    前日本代表監督の西野朗氏(64)がタイ代表の新監督に就任する見通しとなったと、28日にサイアムスポーツなど地元メディアが一斉に報じた。
    既にタイ入りしており、近く正式契約する見通しで、29日には現地でリーグ戦を視察する予定という。

    タイ協会は1月のアジア杯期間中にセルビア人のラエバツ監督を解任。監督代行を務めていたシリサク氏が今月で退任し、
    9月開幕の2022年W杯カタール大会アジア2次予選に向けて後任の選定を進めていた。

    W杯アジア2次予選の組み合わせ抽選は7月17日に行われ、第1シードの日本は第3シードのタイと同組となる可能性がある。

    6/28(金) 22:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000206-spnannex-socc 

    続きを読む

    このページのトップヘ