サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。

    中島翔哉

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/09(火) 15:13:48.72
     no title


    中島翔哉獲得にベンフィカも動いていた…本人がポルト行きを熱望と現地報道

    今夏の移籍市場で日本代表MF中島翔哉は、アル・ドゥハイルからポルトガルの強豪ポルトに新天地を求めることになった。
    18-19シーズンの途中まではポルティモネンセに所属していたこともあり、中島にとっては半年でのポルトガル出戻りとなったが、実はベンフィカ行きの選択肢もあったと現地メディアで伝えられている。

    ポルトガル『O JOGO』は「中島は、より40%高額な報酬を拒否してFCポルトを希望した」との見出しで次のように伝えた。

    「ポルト社長、ピント・ダ・コスタは中島獲得のためにアル・ドゥハイルと接触していたが、ベンフィカも同選手獲得に向けて動きを見せていたことから、ライバルチームに警戒心を示していた」

    「関係者筋によると、中島本人がポルトでのプレーを希望した模様。ベンフィカはポルトよりも好条件のオファーを準備しており、サラリーの面でもポルトよりも40%ほど高い内容だった。
    それでもドラゴン(ポルトのホームスタジアム)行きを望んだ日本人の決心を揺るがすことはできなかった」

    ベンフィカは18-19シーズン、2位ポルトを上回りポルトガルリーグ制覇を達成。先日はジョアン・フェリックスが1億2600万ユーロ(約153億円)もの契約解除金でアトレティコ・マドリーに移籍したばかりだった。

    セカンドアタッカーのJ・フェリックスには以前から引き抜きのうわさが絶えなかっただけに、ベンフィカはJ・フェリックス退団を見据え、その代案として中島獲得のプランも想定していたようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00010012-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/03(水) 19:36:57.92
    img_9726fd654098fe2404c5ecf70169b6e5153355[1]


    オシムがコパで驚き、賞賛した選手は?「日本は適切な進化の過程にいる」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00839901-number-socc



    10番を手放しで褒めるのは危険。

     ――その点に関しては、3試合を通じて一貫していたと思います。

     「コレクティブについてもう少し考えることから始めたほうがいいかも知れない。あなた方ジャーナリストもスターを持ち上げる傾向がある。

    10番の選手を手放しで褒めちぎるのは、その後の手のひら返しに繋がる危険性がある。彼が見せたプレーは悪くはないが、プレイメイカーとしてはコレクティブとはいえなかった。

     すでに述べたように彼はよくボールを失い、チームは危険な状況に陥った。全体が前がかりになったときに失えば、組織を作り直すのは簡単ではない。エクアドルは彼が簡単に崩せる相手ではなかった。

    屈強な体格で強い脚を持ち、鋭いタックルを仕掛けよく走って危険な状態になる前にボールを奪おうとした。

     もちろん彼に独特の感覚があり、ひとりで何かをやることができる選手であるのはわかる。それだけのキープ力が彼にはある。欠けているのはラストパスを出す能力だ。


    しばしば彼はラストパスを出すべき相手にパスを送らなかった。周囲の選手たちも彼のパスを待っていたが、ボールをキープしすぎた。

    100%の力を出し切ってプレーしていたのはわかるが、
    彼がきちんとパスを出していたら日本は多くのチャンスを得て、試合の結果も異なっていただろう。ちょっと残念だ。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/03(水) 13:00:03.35
    f8225730-s-2[1]


    ポルトガル1部のポルトが、カタール1部のアル・ドゥハイルに所属する24歳の日本代表MF中島翔哉を獲得するため、再オファーを準備しているようだ。2日にポルトガルメディア『ア・ボラ』が報じている。

     クラブの公式チャンネルで事前合意が発表された中島。しかし、まだ交渉段階にあるようだ。同メディアによると、ポルトが提示した1200万ユーロ(約14億6000万円)でパスの半分を買い取るオファーは拒否されたという。
    だが、増額して再オファーする予定とのこと。

     中島はポルトガル1部のポルティモネンセで活躍した後、2019年2月に日本人史上最高額となる移籍金3500万ユーロ(約44億円)でアル・ドゥハイルに移籍。
    これまでカタールでプレーしていたが、再びポルトガルへ戻る可能性が浮上している。果たして、ポルト移籍は実現するのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00329172-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/07/01(月) 20:37:08.13
     f8225730-s-2[1]


    中島が攻め残ったときの守備対応
     しかし、その問題が完全に解決されていたかといえば、そうではなかった。

     いくつかのシーンにおいて、次の試合に向けて守備戦術の修正を図らなければならない点が浮上している。それが、相手のカウンターアタックを受けたとき、あるいは縦に速い攻撃を受けたときの左サイドの守備対応だ。

     前半8分、13分、16分、18分に迎えたピンチは、ウルグアイの素早い縦攻撃から日本の左サイドを破られたシーンである。それぞれシチュエーションは異なるが、いずれのシーンにおいても、中島はディフェンスに戻れていない。

     とはいえ、中島を生かすには、常に守備を考えてポジショニングさせても意味はない。彼が持つ特別な能力を半減させるからだ。問題は、彼が戻れない場合の対応を、チーム戦術として整理できていない点にある。

     たとえばレアル・マドリードの場合、左サイドバックのマルセロが前線に攻め残ったときに左のスペースを突かれたら、左センターバックのセルヒオ・ラモスがスライドしてそのスペースを埋め、アンカーのカゼミーロが中央に落ちてセルヒオ・ラモスが空けたスペースを埋めるという守備方法で対応する。

     日本の場合、中島はマルセロより1列前のポジションなので、ダブルボランチが横にスライドし、逆サイドウイングが下がりながら内に絞る方法もある。重要なことは、チームとして中島が攻め残りしたときの守備対応を整理しておくことだ。これは、次のエクアドル戦に向けた重要な修正ポイントになる。

     試合運びについて大きな課題を残した点も見逃せない。

     初キャップの選手を含め、若く経験の少ない選手が多いゆえ、リードした直後に追いつかれてしまうことは仕方のない部分もある。それだけに、2-1とリードしたあと、ほぼ一方的に押し込まれてしまった60分以降の試合運びについては、指揮官のベンチワークの問題が問われて然るべきだ。

     2-2に追いつかれた66分のシーンを含め、終了までの約30分間は、いつウルグアイに逆転ゴールが生まれてもおかしくない戦況が続いた。それを最後まで耐え抜いたとしてポジティブに見るか、それとも危機感を持つかで、成長の速度は大きく変わる。当然、指揮官なら後者であるべきだ。

     もっとも、これは森保監督が今大会をどのような目的意識で臨んでいるかという根本的な話にもつながってくる。勝利と経験が4対6、もしくは3対7の割合であるとしたら、たしかにこの2試合のスタメン選びと試合中のベンチワークに頷ける部分もある。

     ただ、東京五輪本番に向けた実戦経験を求められるのは選手だけではない。国際経験の少ない森保監督もそれは同じなはずで、コパ・アメリカという真剣勝負の場で本番に向けた自分自身のテストをしなければ、再びアジアカップと同じようなぶっつけ本番の采配になってしまうことは火を見るより明らかだ。

     引き続き、森保監督の采配に注視する必要がありそうだ。

    7/1(月) 11:30
    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamaatsushi/20190701-00132331/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/28(金) 22:51:43.31
    95e1141a[1]


    少なくとも7つのクラブが(買い取りオプション付きの)レンタルで
    獲得しようと試みたが、アル・ドゥハイルは全て拒否している
    カタールのクラブは完全移籍での放出しか認めない方針で
    ポルトは日本人の保有権60%を買い取ることで合意を見出そうとしている

    ※『A BOLA』の記事には、オファーをしたのは5つのクラブで、
    ポルトは2000万ユーロ(25億円)のオファーを提示するだろうと
    中島翔哉に近い関係者は考えていると書かれています

     https://www.ojogo.pt/futebol/1a-liga/porto/noticias/interior/nakajima-e-mais-objetivo-do-que-brahimi-a-procura-da-baliza-11054654.html

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/28(金) 00:06:08.89
    D-E0ZNTXkAMUo_1[1]


    AS Monaco intrested in signing Japanese Left Winger Shoya Nakajima.
    He plays for Qatari club Al Duhail.His age is 24.
    Qatari club demanded 20 million euros if any clubs wants to sign him.He is also targeted by Portuguese club Porto.He is playing Copa America.

    (Tutto Mercato Web)

    https://twitter.com/asmonacoenglish/status/1144253391062884352?s=21 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/18(火) 14:25:23.92
     f8225730-s-2[1]



    「この大会に出てる相手はどこも強いと思います。相手のボールを奪う能力など高いと思うので、
    そこで今日いろんなことを感じられたので、それを無駄にしてはいけない。
    また明日から準備して中2日で試合があるので、またウルグアイといういい相手なので楽しんでいいサッカーをして、みんなで頑張ってまとまって勝ちに行けたらなと思います」
    引用元
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00010030-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/06/16(日) 21:48:27.32
    img_bdad3ad47c91a4868973d5b410665456171706[1]


    その条件は…中島翔哉にポルトガル復帰の可能性浮上


    アルドゥハイルの日本代表MF中島翔哉(24)にポルトガル復帰の可能性が浮上している。
    ポルトガル『オ・ジョーゴ』によると、中島に興味を示しているのはポルトだ。

    左サイドを主戦場とし、今季リーグ戦32試合で10ゴール2アシストを記録したアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(29)が今季限りで契約満了。
    その後任として、今年2月まで同リーグのポルティモネンセでプレーしていた日本代表MFに白羽の矢が立っている。

     さらに同メディアは、カタールで公式戦16試合2ゴールを記録したが、中島はリーグの質に不満があるとのこと。
    そのため、ポルトガル復帰を受け入れる可能性が高いと伝えている。

     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-43468286-gekisaka-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ