サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/08(土) 09:56:42.20 _USER9
    [12.7 ブンデスリーガ第14節 ブレーメン3-1デュッセルドルフ]

     ブンデスリーガ第14節1日目が7日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと対戦し、3-1で勝利した。大迫は体調不良でベンチ外。宇佐美は2試合ぶりに先発に復帰。左サイドハーフの位置でプレーしたが、前半のみで交代となった。

     先手を取ったのはホームのブレーメンだった。前半20分、PA左のFWマックス・クルーゼがマークを外して落とすと、走り込んだMFケヴィン・メーヴァルトが強烈な右足ミドルでネットを揺らし、先制に成功。宇佐美は守備に追われたが、前半34分にはフィニッシュに持ち込む場面もあった。

     デュッセルドルフも前半40分、左CKで競り合ったブレーメンDFセバスティアン・ランカンプがVARの末にハンドの判定となり、PKを獲得。キッカーのFWドディ・ルケバキオが左足でゴール右下隅に沈め、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

     1-1で折り返した後半開始と同時に宇佐美は途中交代。後半はブレーメンのペースで試合が進み、同26分、こぼれ球に反応したFWヨハネス・エッゲシュタインのミドルシュートをGKが弾くと、FWマルティン・ハルニクがダイレクトで押し込んだ。

     2-1と勝ち越しに成功したブレーメンは後半33分にもダメ押しゴール。途中出場のU-19アメリカ代表FWジョシュア・ザルゲントがヘッドで押し込み、3点目。期待の18歳がブンデスリーガデビュー戦出場2分で初ゴールをマークした。ブレーメンが3-1で勝利し、6試合ぶりの白星。デュッセルドルフは連敗となった。

    20181208-08351654-gekisaka-000-1-view[1]

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-08351654-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/08(土) 07:25:40.08 _USER9
    リーベル・プレートのエンソ・ペレスに日本行きの可能性が浮上している。
    『Goal』の取材で明らかになった。

    2017年夏にバレンシアからリーベルに加入したペレスは、たちまちチームの主力となり、今シーズンのコパ・リベルタドーレス決勝進出を果たしたチームの躍進に貢献。
    そして、9日にスペインで行われるファイナル第2戦がリーベルでのラストゲームになりそうだ。

    アルゼンチンで活躍を続ける32歳のペレスに対しては、メキシコからもオファーがあったようだが、金銭面で日本からのオファーに勝るものはなかったようで、
    このままJリーグのクラブに新たな活躍の場を求める可能性が高い。
    なお、現段階でクラブ名は明らかになってはいない。

    アルゼンチンのゴドイ・クルスでプロデビューを飾ったペレスは、2011年からの4シーズンをポルトガルの名門ベンフィカでプレー。
    その後、2015年からはスペインのバレンシアで公式戦70試合以上に出場し、昨夏から母国に復帰している。

    アルゼンチン代表としても26キャップを誇る同選手は、ブラジルで開催された2014年ワールドカップ決勝のドイツ代表戦にスタメンで出場。
    さらに2018年のロシア大会では、負傷したマヌエル・ランシーニの代役としてメンバーに名を連ねていた。

    アンドレス・イニエスタやダビド・ビジャ、フェルナンド・トーレス、ルーカス・ポドルスキといったワールドカップ優勝経験者がそろうJリーグに、今度はファイナル経験者が参戦することになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000035-goal-socc
    12/8(土) 6:27配信

    no title

    続きを読む

    325: 名無し@サカサカ10 2018/12/08(土) 05:45:02.07
    20181205-00051121-sdigestw-000-6-view[1]

    アシストきたああああああああああああああああああ




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 21:52:53.92 _USER9
    ●「怪物」の7勝1分け2敗という結果に。

    ユベントスは12月7日、セリエA第15節でインテルをホームに迎える。クリスチアーノ・ロナウドにとっては、初のイタリア・ダービーだ。

    インテルといえば、かつて「怪物」の異名で知られた元ブラジル代表のロナウドが在籍したクラブ。
    時代の異なる選手の比較は不可能だが、もしロナウドとC・ロナウドの対決が実現していたらどうなっていたのか、好奇心をくすぐられる人は少なくないだろう。
     
    そこで、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は7日、識者10名を対象に実施した「ロナウドとC・ロナウドはどちらが上?」というアンケートの結果を紹介した。

    アンケートに答えたのは、ジャンカルロ・アントニョーニ、フィリッポ・ガッリ、ディノ・ゾフ、アルベルト・ジラルディーノ、ルッジェーロ・リッツィテッリ、
    ジュゼッペ・ジャンニーニ、マルコ・ボッリエッロ、フランチェスコ・グラツィアーニ、アントニオ・ディ・ナターレ、マノーロ・ガッビアディーニの10名だ。

    結果は、「怪物」の圧勝だった。ガッリ、ジラルディーノ、リッツィテッリ、ジャンニーニ、ボッリエッロ、ディ・ナターレ、ガッビアディーニの7名が「怪物ロナウド」と回答。
    C・ロナウドを選んだのは、ゾフとグラツィアーニの2名だけだった。アントニョーニは「ドロー」としている。

    なかでも、リッツィテッリとボッリエッロは、「インテル時代のロナウドが純粋に才能で上回る」とコメント。
    ジラルディーノは「クリスチアーノもロナウドには並び得ない」とし、ディ・ナターレは「ロナウドこそ最強だった」と述べている。

    一方でゾフは、C・ロナウドの継続性を高く評価。グラツィアーニは「現代のサッカー選手のプロトタイプ」と称賛した。
    怪物ロナウドを選んだリッツィテッリやボッリエッロも、「完璧なマシン」「見事な精神力」と、C・ロナウドに賛辞を寄せている。

    なお、『Corriere dello Sport』紙によると、ユベントスは現在、セリエA通算4998ゴールで、大台まであと2点に迫っているという。
    イタリア・ダービーでドッピエッタ(2ゴール)を記録すれば、C・ロナウドはまた新たな歴史をつくることになる。

    12/7(金) 20:25配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00051212-sdigestw-socc

    写真
    no title
     
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 13:27:20.25 _USER9
     オランダ・エールディビジは11月のリーグ月間ベストイレブンを6日に公式サイトで発表した。フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律も選出されている。

    20181207-00300215-footballc-000-1-view[1]

     堂安は11月2日に行われたエクセルシオール戦で今季2ゴール目を挙げ、チームの8試合ぶり勝利に貢献。続いて11日のヘーレンフェーン戦でも2試合連続ゴールを決めてチームを2連勝に導いた。25日のフェイエーノルト戦ではゴールはなかったが、ポストを叩くシュートを放つなど好プレーを見せていた。

     堂安は今季初の月間ベストイレブン選出。フローニンゲンからはモロッコ代表FWミムン・マヒも選出された。両者の活躍もあり最近4試合で3勝を挙げたフローニンゲンは最下位を脱出することに成功している。

     ベストイレブンのその他の選手はGKエドゥアルド(フィテッセ)、DFノゼア・マズラウィ、マタイス・デ・リフト、ニコラス・タグリアフィコ(以上アヤックス)、カネル・カブラン(エメン)、MFダビド・ネレス、フレンキー・デ・ヨング(以上アヤックス)、FWルーク・デ・ヨング、ステフェン・ベルフワイン(以上PSV)。月間最優秀選手にはタグリアフィコが選出されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00300215-footballc-socc

    続きを読む

    45: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 08:14:53.10
    GettyImages-938928474-800x539[1]


     代表でスッカリ中心選手と成ってる中島の実績

    中島翔哉
    2012 東京ヴェルディ(J2) 8試合 4得点
    2013 東京ヴェルディ(J2) 21試合 2得点
    2014 カターレ富山(J2) 28試合 2得点
       FC東京 5試合 0得点
    2015 FC東京 13試合 1得点
       U−22選抜(J3) 3試合 0得点
    2016 FC東京 12試合 3得点
       FC東京U−23(J3) 7試合 0得点
    2017 FC東京 21試合 2得点
    2017-18 ポルティモネンセ(ポルトガル) 29試合 10得点

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 08:40:54.50 _USER9
    ブラジル・サッカー界の“王様”ペレが、現代表のエースであるネイマールへ、ついに苦言を呈した。

     現地時間12月5日、ブラジル紙『Folha de Sao Paulo』の取材でペレが語ったのは、セレソンの後輩にあたるネイマールの振る舞いについてだ。

    20181207-00010003-sdigestw-000-1-view[1]

     ネイマールは、その卓越したテクニックと類まれな得点感覚を武器に次世代のスーパースターとしてのキャリアを歩む一方で、近年はあまりに過剰なシミュレーションが批判を受けている。

     とくに、今夏にロシアで行なわれたワールドカップでは、ファウルを受けた後の過剰にピッチ上を転がり回るシーンがフォーカスされ、一部では「ネイマール・チャレンジ」と揶揄されもした。

     先月28日のチャンピオンズ・リーグ(CL)リバプール戦でも、悪目立ちしたオーバーリアクションが、「本当に反スポーツ的な行為だ」と敵将のユルゲン・クロップの逆鱗に触れるなど、その振る舞いは依然として大きな批判を受け続けている。

     そんなネイマールについて、ペレはこれまで「技術的にもすでに世界最高の選手だ」と擁護する発言を続けてきたが、それもついに限界を迎えたのかもしれない。78歳の偉大なるレジェンドは、「もうこれ以上、今の彼を守るのは難しい」と本音を漏らした。

    「今の彼を、素晴らしいプレー以外の面でこれ以上守ることは難しい。ブラジルがこないだのワールドカップで優勝できなかった責任を、彼だけが背負わされたのは不運だった。だが、私は彼と2度も欧州で会い、『フットボールの神様が君に才能を与えた。今、君がやっていることはそれを台無しにしている』と、彼には話した」

     こう苦言を呈したペレだが、ネイマールを完全に見限ったわけではない。パリ・サンジェルマンの同僚でもあるキリアン・エムバペと比較しながら、次のようにも話している。

    「多くの人は、私とエムバペを比べている。似たようなところがあるだろう? 彼は19歳で、ワールドカップを制したからね。ヨーロッパでは今や、みんながネイマールよりもエムバペについて話している。ただ、私の考えでは、彼よりもネイマールのほうが、より完成した選手だ」

     果たしてネイマールは、“王様”からの助言を素直に聞き入れて、より偉大な選手となるべく、批判され続ける今の姿勢を改めるのか? 今後はプレースタイルが変化するか否かにも注目したい。

    12/7(金) 6:31 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010003-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 09:00:35.73 _USER9
    🌑「本人は決心している」という行先は?

    Jリーグに「ピカチュウ」がやって来る可能性が、ここにきて高まっている。

     といっても、あの人気アニメ『ポケットモンスター』のキャラクターではない。ブラジル人のサッカー選手のことである。 
      
     現地時間12月5日、ブラジル・メディア『diario carioca』は、ヴァスコ・ダ・ガマ所属のブラジル人DFヤーゴ・ピカチュウが、Jリーグ・クラブへの移籍を望んでいることを報じた。

    「ピカチュウ」こと本名ライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボアは、現在26歳。本職は右SBながら、サイドハーフやFWとしてもプレーできる高い攻撃性が売りで、今シーズンは公式戦46試合で、チーム最多となる19ゴールという結果も残している。

     そんなピカチュウに関しては、今年4月にもガンバ大阪行きの噂が浮上するなど、かねてから日本行きが伝えられていたが、『Diario carioca』によれば、代理人の元へは日本の複数クラブからのオファーが舞い込んでいるという。

     しかし、そこにアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティが、割って入ろうとしているようだ。ブラジル紙『UOL』は、獲得レースの現状を以下のように伝えている。

    「かつて、あのカカも在籍したオーランド・シティは、ピカチュウ獲得をめぐって日本のクラブと激しい競争を展開している。日本とアメリカは、サッカーのレベルでは世界のトップクラスではないが、ピカチュウに合うテクニカルなプレースタイルが好まれ、財政的な余裕も一定以上に持っている」

     となれば、やはり焦点となるのは移籍金だろう。現在、ピカチュウはヴァスコと2021年6月までの契約を締結しているため、同選手の売却益を危機的状況にあるとされている財政の立て直しに充てたいと画策するクラブは、より高額での放出を望むと考えられている。つまり、マネーゲームになることは必至なのだ。

     ただ、「ヴァスコに留まる可能性はほぼゼロ」と断定する『Diario carioca』は、次のようにピカチュウの去就動向への見解を論じている。

    「オーランド・シティからのオファーは魅力的ではあるが、本人は日本への移籍を決心している。昨今の日本市場は、あらゆる可能性を感じさせるショーケースとなっており、選手だけでなくヴァスコも惹かれている。その最終的なクラブがどこになるのかは、いまだ不明だが、日本移籍でほぼ合意に達していると言えそうだ」

     この情報を鵜呑みにすれば、ブラジル・サッカー界きっての実力派MFのJリーグ挑戦は、秒読み段階にまで達していると言えそうだが、どのような結末を迎えるだろうか?

    12/7(金) 6:04 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010002-sdigestw-socc 
      
    no title


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 07:40:16.71
    ポルトガル1部・ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)が、イングランド・プレミアリーグへ移籍する可能性が出てきた。
    複数の欧州メディアが6日、ウルバーハンプトンへの移籍交渉が最終段階に入ったと報じた。
    スペイン1部のセビリアなど複数のクラブが興味を示した日本の若き10番について、来年1月から始まる今冬の移籍市場での動向が注目される。

    20181205-00051121-sdigestw-000-6-view[1]

    新天地は世界最高峰のプレミアリーグか。ポルトガル紙「ア・ボラ」や英紙「デーリー・メール」など複数のメディアが、日本代表MF中島の移籍について詳細に報じた。
    「ウルバーハンプトンはストライカーの中島翔哉をポルティモネンセから獲得する交渉の最終段階に入っている」

    現所属チームとの契約は2020年まで。移籍金は約4000万ユーロ(約52億円)とされていたが、
    ア・ボラ紙は「移籍金は約2000万ユーロ(約26億円)で(ウルバーハンプトンは)いつでも払う準備がある」と伝え、金銭面での壁もクリアしているようだ。
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20181207/sci18120705030001-n1.html

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 05:16:41.71 _USER9
    12/7(金) 5:02 スポーツ報知
    長谷部誠、NHK紅白歌合戦審査員内定…サッカー界からは2012年澤穂希さん以来

     サッカー日本代表の主将としてロシアW杯で16強進出に貢献したMF長谷部誠(34)=フランクフルト=が、大みそかのNHK「紅白歌合戦」の審査員に内定したことが6日、分かった。2011年にゲスト出演しているが、審査員としての出演は初めて。サッカー選手の選出は12年の澤穂希さん、男子としては02年の宮本恒靖氏(現G大阪監督)以来となる。

     紅白では、その年に活躍した著名人を中心に審査員を人選している。長谷部は10年南アフリカW杯で主将に就任すると、14年ブラジル、18年ロシアとW杯3大会連続にわたって大役を務めてきた。今年4月、ハリルホジッチ監督から西野朗監督への交代劇があった中で、監督と選手のパイプ役となり、まとめ上げた。2大会ぶりにベスト16入りしたロシアW杯後に代表からの引退を表明した。

     出演が深夜帯まで続くため、サッカー選手は出演のオファーを断ることが少なくなかった。海外組は年明け早々に離日し、国内組も元日に天皇杯決勝戦が行われるなど、日程面での調整が難しいことが理由だった。日本代表は来年1月のアジア杯(UAE)に出場するが、代表から退いた長谷部の参加はなく、日程面の余裕が生まれたことで、審査員のオファーを受けたようだ。

     長谷部は4人組バンド「Mr.Children」をこよなく愛するなど、音楽好きとしても知られる。審査員には競泳の池江璃花子(18)=ルネサンス=も内定。スポーツ界を代表する今年の「顔」が、国民的番組に花を添える。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    ロシア杯で主将としてチームをけん引した長谷部(左)
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000251-sph-socc

    続きを読む

    328: 名無し@サカサカ10 2018/12/07(金) 00:31:48.48
    【悲報】 京都の新監督の英語力 
      
      20181206-00000026-kyt-000-3-view[1]

    京都サンガF.C.を愛する方、京都府民の皆様、この度京都サンガF.C.の監督に就任する中田一三です。初めまして!

    私の監督としてのポリシーは、

    We are back to J1!
    サンガの居るべき場所に戻ろう、
    あなたと共に!

    これまでを改め、これからを創り出すことでのみ叶う。

    宜しくお願い致します

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/06(木) 22:26:56.30 _USER9
    ブラジル紙のインタビューで発言 「ペレと比較すると言うなら…」
     
    サッカー界の王様、元ブラジル代表FWペレ氏は世界最高の選手と言われるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)よりも、
    ディエゴ・マラドーナ氏が優れた選手だと考えている。ブラジル紙「Folha de S.Paulo」のインタビューで語った。

    メッシと言えば、バロンドール史上最多タイの5度受賞を誇る正真正銘のスーパースターで、現代サッカー界におけるベストプレーヤーの一人として知られている。
    その実力を疑う者はいないが、歴史上最も優れた選手かどうかについては人によって意見が分かれるところでもある。

    ペレ氏は自身も歴代最高の選手と評価を受けるレジェンドだが、メッシの評価に関してはかなり厳しい意見を述べている。

    「ある選手はヘディングも上手く、左足でも右足でもシュートを打てる。もう一方は片足しか使えず、スキルもたった一つだけ。
    ヘディングも上手くない。どうやって比較すればいいんだ? ペレと比較すると言うなら、左足でも右足でもシュートを打てて、ヘディングでも点を取れる選手じゃないとね」

    ペレ氏は自身が左右両足を自在に使え、ヘディングでも点を取れる選手だとしたうえで、メッシは利き足である左足に頼りきりで、得点パターンも限られていると指摘している。

    “王様”ペレ、メッシに辛口評価連発 「片足しか使えない」「マラドーナのほうが上」
    元アルゼンチン代表MFマラドーナ【写真:Getty Images】
    「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人」

    さらにペレ氏は、メッシよりも5人抜きや神の手ゴールといった数々の伝説を残してきたマラドーナ氏のほうが優れた選手だったと語っている。

    「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人。もし『彼(マラドーナ)がメッシよりも優れているか?』と聞かれれば、私はイエスと答えるよ」
    さらにペレ氏はマラドーナ氏だけでなく、「(フランツ・)ベッケンバウアーや(ヨハン・)クライフも(メッシより)良い選手だ」とし、メッシ以上に「ベスト」の称号が似合う選手は多いとの見解を示していた。

    12/6(木) 19:10配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181206-00152489-soccermzw-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/06(木) 15:55:51.78 ● BE:886559449-PLT(22000)
    南米サッカーで可愛すぎる珍客がピッチに乱入 → 決定的なシーンを防いでネットで話題に!

    日本だとほとんど見られないが、海外のサッカーでは興奮したファンがピッチに乱入するのは
    珍しくない。気持ちは分かる……応援しているチームや選手の背中を押したいあまり、
    我慢できなくなるのはよく分かる……が、迷惑行為なので絶対にやってはいけない。

    そんななか、海外でまたしても乱入事件が発生した。きっと非難が集中しているはず……と
    思うところだが、今回は不思議なことに許されている。なぜなのかというと、理由は1つ。
    乱入者がとにかく可愛すぎたのだ。

    ・ワンコが乱入
    海外サイト「Mail Online」によると、乱入があったのは南米・アルゼンチンのフベントゥ・ウニダ
    vs ベルグラーノの試合(3部リーグ)でのこと。攻撃を防いだフベントゥ・ウニダのゴールキーパーが
    パントキックでボールを蹴りだそうとすると、あろうことかその場で相手選手に奪われてしまった。
    当然、すかさずシュートを撃たれ、ボールは無人のゴールへコロコロ……

    と完全に失点の流れだったが、思わぬ展開になったのが今回の話だ。そう、ピッチ外からワンコが
    猛ダッシュで現れてゴールを死守。危機一髪で失点を防いでしまったのである! まさかの
    乱入&可愛すぎる珍客にネットは沸いて、動画の再生数も伸びている。

    ・今、南米で犬がアツい?
    しかも、「TyC Sports」の公開した動画を見ると、失点シーンの前からワンコはゴールマウスに猛ダッシュ。
    予測していなければ間に合わなかったので、きっと何かを感じ取っていたのだろう。これぞ野生の勘!!

    なお、守護神ワンコのビッグセーブもあってフベントゥ・ウニダは3?0で勝利しているとのこと。
    余談だが、先日ブラジルでもワンちゃんが乱入してPKをストップする珍事が発生している。
    今、南米でワンコセーブがブームになりつつある!?

    289262e199eee7071a75021ec465d8a9[1]

    https://rocketnews24.com/2018/12/06/1147720/ 
    https://www.youtube.com/watch?v=OrQPk-likOc&feature=youtu.be&t=228
    3:50~


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/06(木) 08:24:45.39 _USER9
    名古屋グランパスのFW玉田圭司(38)がインスタグラム(@keijitamada_official)を更新し、今季限りで退団することを明かした。

    玉田は2006年から14年まで名古屋でプレー。C大阪に移籍し一旦は名古屋を離れたが、16年にJ2に降格した古巣に復帰。
    1年でJ1に復帰させると、今季も24試合に出場。残留を決めた最終節の湘南戦でも先発出場していた。

    インスタグラムでは「あまりにも突然だったので正直、頭を整理するのに少し時間がかかりました…。
    2014年に1度退団し、その2年後に帰ってきて名古屋グランパスに誠心誠意を持ってやってきましたが、
    契約しないと伝えられた時には労いの言葉の1つもなかったことにはがっかりしました」と苦しい胸の内を明かす。

    それでも「とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせて頂いたと思っています。
    シーズン終了後に皆さんから来年度の僕のユニフォームを予約してくださったとの声を頂いて、
    来年にむけて頑張ろうと思っていたので、それを無駄にしないためにも前を向いていきたいです!ありがとうございます!」と気丈に振る舞った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-07984483-gekisaka-socc
    12/6(木) 8:14配信

    no title

    no title

    no title


    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/2682/127
    成績 
      

    続きを読む

    このページのトップヘ