サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/08(金) 07:54:17.26
    20190208-00010002-goal-000-1-view[1]


    ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀が出場機会に恵まれない理由を現地メディア『クロニクル・ライブ』が伝えた。

    2018年夏にマインツからニューカッスルに加入した武藤。昨夏の移籍市場でクラブ最高額となる950万ポンド(当時約14億円)で移籍した同選手だが、
    ここまでプレミアリーグで先発5試合を含む12試合に出場して、マンチェスター・ユナイテッド戦で挙げた1ゴールのみと期待されるだけの活躍はできていない。

    また、先発出場した昨年11月のワトフォード戦でふくらはぎを故障して戦線離脱。
    さらに1月上旬からは日本代表としてアジアカップ2019に参戦するなど12月以降はリーグ戦2試合に出場のみと多くのプレー時間を手にできていない。

    そんな中、『クロニクル・ライブ』は、昨シーズンにドイツで10ゴールの活躍を見せた武藤が出場機会を得られていない理由について報じた。
    これによると、加入当初から指摘されていた英語能力に問題があるようだ。
    ラファエル・ベニテス監督も同選手が試合中に流暢にコミュニケーションを取れないことを問題視しているようで、これが定期的にピッチに立てない1つの原因として考えられている。

    2018年夏にニューカッスルを退団したシャンセル・ムベンバも言語の問題により、ベニテス監督の信頼を勝ち取れず、同指揮官が就任して以降は大幅に出場機会を減らしていた。
    そのため、“言語の壁”を超えない限り、武藤は十分なプレー時間を手にできないようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010002-goal-socc
    2/8(金) 6:42配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/08(金) 06:39:52.06
    20190207-00169120-soccermzw-000-4-view[1]


    ■驚かされたアル・ドゥハイルへの移籍、欧州でのステップアップを失うリスクも

    ポルトガルのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルへ――。中島翔哉の移籍は正直、予想外だった。

     ロシア・ワールドカップ(W杯)後の日本代表でエース格として活躍、ポルティモンセでも大活躍だったので、少なくとも今季終了後の移籍は確実と見られていた。次の移籍先は中島本人はもちろん、日本代表にとっても重要だった。

     中島のプレースタイルはチームを選ぶ。守備が得意なわけではないので、守備的なスタイルのチームには合わない。しかし、攻撃的にプレーできる強豪クラブではポジション争いが厳しい。出場機会を失えば、本人にとっても日本代表にとっても大きなマイナスになってしまう。香川真司(ベジクタシュ)がマンチェスター・ユナイテッドで、キャリアのピークを空費してしまった例もある。

     移籍はあくまでも本人の職業選択の話であって、外部がとやかく言うようなことではない。ただ、ヨーロッパのクラブへ移籍するものとばかり思っていたので、カタールという選択には意表を突かれた。

     ポルティモンセにとっては「売り時」だ。戦力的にキープしたいのは山々だが、今なら高額の移籍金を手にできる。実際、アル・ドゥハイルへの移籍金は約44億円、日本人の移籍金額としては史上最高と言われている。

     アル・ドゥハイルは素晴らしい施設を持ち、ルイ・ファリア監督はジョゼ・モウリーニョの右腕だった人物だ。チームメートにはアジアカップの得点王で、日本のゴールへオーバーヘッドシュートを決めたアルモエズ・アリもいる。年俸も高いだろうし、生活もしやすい。リーグのレベルも懸念されるほど低くはないと思う。「楽しくプレーしたい」という本人の希望どおりだろう。2022年W杯の開催国であり、その時に日本代表のメンバーとしてプレーすればホームゲームの感覚でやれるメリットもありそうだ。

     難しいのは、リーグのレベルが低くないと言ってもヨーロッパのトップレベルとは比較にならないこと。厳しい競争の中でレベルアップを図るという道は閉ざされる。24歳ということもあり、ヨーロッパでのステップアップの機会は失われたかもしれない。アル・ドゥハイルがパリ・サンジェルマン(PSG)と関係が深いことから、カタールを経由させてPSGへ移籍するのではないかという噂もあるが、ネイマール、キリアン・ムバッペ、アンヘル・ディ・マリアのいるPSGで中島の出番があるようには思えない。PSGで塩漬けにされるぐらいなら、そのままアル・ドゥハイルでプレーしたほうがいい。

    ■Jリーグもカタールリーグも欧州から見れば“ほぼ同じ”

    移籍金が高額に設定されるはずなので、次の移籍はかなり難しくなる。PSGのような特別なルートを別にすると、獲得するためのハードルはかなり上がってしまう。ビッグクラブへ売る目的での獲得はなくなり、年齢から言っても純粋な戦力補強になる。高額の移籍金を払い、それを回収する見込みがない選手を獲得したいクラブは、そんなに多くはないだろう。カタールで素晴らしい活躍をしても、それが評価されるとも考えにくい。ヨーロッパ市場でのステップアップという意味で言えば、カタールでのキャリアは空白期間になるわけだ。

     しかし、ヨーロッパサッカーの中で上昇を目指すだけがキャリアの積み方ではない。前記したように移籍は本人が決めればいいことだ。カタールリーグは日本には全く馴染みがないために、「何もカタールでなくても」という意見もあるようだが、Jリーグもカタールリーグもヨーロッパから見ればほぼ同じである。カタールがダメなら、ヨーロッパでの成功を目指す24歳の選手がJリーグでプレーするメリットもないのだ。移籍金が高くなるので移籍しにくくなる以外、カタールでプレーするのはJリーグよりデメリットが大きいわけではない。

     日本の感覚だと海外移籍は「武者修行」のイメージだが、より高年俸の職場を求めて移籍するのは当たり前。より高いレベルでプレーできるからといって、年俸が下がるのを望んで移籍する選手はいない。高年俸の中東クラブへの移籍は、本来ならもっと増えてもいいはずなのだ。

     UAEで塩谷司(アル・アイン)が成功し、カタールで中島が道を拓けば、Jリーガーにとって中東移籍という選択肢も有力になっていくのではないか。

    2/7(木) 20:19配信フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00169120-soccermzw-socc&p=1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/07(木) 22:22:24.01
    20190207-00169145-soccermzw-000-5-view[1]


    スペイン1部アラベスに移籍した日本代表MF乾貴士が現地時間7日、入団会見を行った。UAEで行われたアジアカップへ参戦中に、ベティスからシーズン終了までのレンタルが決まったが、「そこに迷いはなかった」と決意に満ちた移籍だと語った。アラベス公式YouTubeチャンネルが、会見の模様を伝えている。

     2015年に念願のスペインリーグ挑戦を果たした乾。エイバルでの3年間でリーグ戦89試合11得点の成績を挙げ、今季開幕前に古豪のベティスに完全移籍した。明るいキャラクターで元スペイン代表MFホアキン・サンチェスやスペイン代表DFマルク・バルトラの心をつかんだ一方で、リーグ戦出場は8試合、うちスタメンは5試合にとどまっていた。

     日本代表として参戦していたアジアカップ中の1月24日、アラベスへの期限付き移籍が決定。アラベスはクラブ公式サイトで乾を「経験豊富なプレーヤー」と称し、期待を寄せていた。

     スペイン語の挨拶から入った乾は、アラベス移籍の決断について胸中を明かした。

    「そこ(移籍する決断)に迷いはなかったです。あれだけ(ベティスで)試合に出られてない状況のなかで、(アラベスは)自分を必要としてくれた。すぐに行くと決めました。本当にありがたい話。プレーは合うと思っていますし、ここで貢献したいという気持ちです」

     現地記者からはポジションに関しても質問が飛んだ。乾は左サイドを主戦場とするが、そこには今季リーグ戦2得点5アシストと攻撃を牽引するスペイン人MFジョニーがいる。左サイドの定位置を狙ううえでは一番のライバルになるが、乾は試合に出場するためにはこだわりはないと力強く語った。

    「とにかく(試合に)出て貢献できるなら。もちろん左でやれれば一番いいですけど、ジョニーという素晴らしい選手がいるので、(ポジションは)出られればどこでもいい。代表に行って出られなくて悔しい思いもしましたし、そこでまた実力で代表へ戻りたいという思いが出ました。それができるように、まずはアラベスで自分の力を出して貢献したい」

     世界最高峰のリーガ・エスパニョーラで3年半戦ってきた侍アタッカーが、アラベスの地で新たなチャレンジに挑む。

    2/7(木) 22:15配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00169145-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/07(木) 19:08:43.96
    20190207-00010013-goal-000-4-view[1]


    浦和レッズは7日、日本サッカー協会(JFA)より罰金200万円とけん責処分を科されたと発表した。

    処分対象となったのは、2018年12月9日に埼玉スタジアム2002で行われた天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会決勝のベガルタ仙台戦。クラブによると「施設利用の手続き、施設の公平・中立な利用の義務、および施設の適切な使用の周知徹底義務に違反した」として、罰金200万円とけん責(始末書提出)の処分を受けたと報告した。

    その義務違反にあたるものとして、JFAは3つの違反内容を記している。

    「浦和レッズは、試合前日に、主催者に無許可でサポーターをスタジアム内に引き入れ、応援物品の持ち込み及び設置作業等を行わせた」

    「浦和レッズのサポーターは、左右のアッパースタンド最上段から地面に垂らしたロープにビッグフラッグをくくり付け、選手入場時にこれを引き上げてこれを掲揚した。当該行為は、重大な事故を引き起こす可能性もあったが、浦和レッズは主催者に事前に許可を求めることをしなかった」

    「浦和レッズのサポーターは決勝戦の開始前及び終了後に、発炎筒等に着火し、浦和レッズのチームバスに向かって振りかざす等の危険行為を行った。浦和レッズはサポーターの危険行為を防ぐための適切な措置を講じなかった」

    JFA規律委員会は、上記3点が「懲罰規程3-6(チームによる著しい違反行為)」ならびに「天皇杯 試合運営要項 第29条(参加チームの責任)」に抵触すると判断した。

    同処分について浦和は、「日本サッカー協会のみなさま、ベガルタ仙台に関わるすべてのみなさまをはじめ、多くの方々にご迷惑・ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。そのうえで「再発防止に向けて競技運営担当の本部長を変更する等体制を見直しいたしました」とし、今後の再発防止策を以下のように記した。

    「大会主催者とのコミュニケーションを深めること等により、大会主催者と協力して観戦者や選手等試合に関わる全ての方々の安全確保に努めます。ファン・サポーターとの対話機会を今まで以上に設けてコミュニケーションを深めるとともに、ファン・サポーターに対して、施設の適切な利用等を周知徹底するよう努めます」

    そして試合時の運営については、「不測の事態に備え、警備体制を強化して参ります」と記し、「今回の事象のうち、発煙筒等の使用につきましては、各種法令規程に対し、絶対に違反することがないよう注意喚起を図って参ります。また、クラブスタッフに対しては、当時の競技運営担当の本部長と部長に対し厳重注意を行いました」と報告した。

    最後に「浦和レッズは、『SPORTS FOR PEACE!プロジェクト~~~誇りあふれるスタジアムを!』の実現に努めるとともに、浦和レッズ理念の宣言にある『サッカーを初めとするスポーツの感動や喜びを伝え、スポーツが日常にある文化を育み、次世代に向けて豊かな地域・社会を創っていく』ために全力を尽くし、引き続き安全・快適で熱気ある満員のスタジアムをつくって参ります」と、再発防止のうえで安全なスタジアム作りにまい進することを掲げた。

    2/7(木) 18:50配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00010013-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/07(木) 19:03:25.04
    20190202-00010021-goal-000-4-view[1]


    FIFA(国際サッカー連盟)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

     日本は前回の50位から23つ上がって27位にランクイン。アジアでは22位のイランに続いて2番手につけている。また、トップ10の構成に変化はなく、引き続きベルギーが首位をキープしている。

    ■トップ10
    1位 ベルギー
    2位 フランス
    3位 ブラジル
    4位 クロアチア
    5位 イングランド
    6位 ポルトガル
    7位 ウルグアイ
    8位 スイス
    9位 スペイン
    10位 デンマーク

    ■ワールドカップ ロシア大会後の日本の順位推移
    2018年8月 55位
    2018年9月 54位
    2018年10月 50位
    2018年11月 50位
    2018年12月 50位
    2019年1月 27位

    2/7(木) 18:58配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00904349-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/06(水) 20:31:19.95
    FC東京MF久保建英(17)が(23日、等々力)で先発する可能性が浮上した。

    6日、沖縄2次キャンプでガンバ大阪と練習試合(45分×3本)を実施。主力が出場した1本目から右MFで先発し、74分間プレーした。
    1月29日のU-20日本代表合宿は右鼠径(そけい)部痛のため回避。実戦復帰となった一戦で、強烈な左足シュートを見せるなど猛アピールした。

    厳しい日差しが照りつける中、久保が輝きを放った。主力組の右MFで先発。2点を追う1本目の39分、ペナルティーエリア付近で左足シュートした。
    観客が沸く弾丸シュートだったが、惜しくも相手GKの正面。それでも久保のシュートを皮切りに攻撃が活性化し、チームは同42分、46分と立て続けにゴールした。久保は無得点に終わったが、攻守に存在感を見せつけた。

    「自分が点を取れればベストだったと思うんですけど、それ以外で監督に求められていることを自分も頑張ってトライしているところ。
    そういうところで監督やスタッフの方に評価をもらえているので、現状(主力が出る)1本目に出られていると思う。自分はおごらずに結果を求めて続けていくだけかな」

    見えてくるのは開幕スタメンだ。この日はセンスある攻撃だけでなく、豊富な運動量を見せた。気温25度を超える暑さの中でもカウンターを受ければ最終ラインまで走り、守備を徹底。
    長谷川監督が求め、課題だった上下運動を示した。指揮官は「だいぶ走れるようになった」と舌を巻き、開幕先発の可能性に「名古屋との練習試合(9日)でもう1度見たい」と最終テストする意向を明かした。

    昨年途中、横浜に期限付き移籍して武者修行を積んだ。今季から東京に復帰。成長して戻ってきた。久保は「自分が1本目から出ているという状況がこのまま続けば開幕も出られると思っている。
    気を抜かずにしっかりやるだけ」。17歳8カ月19日で開幕先発すれば稲本(G大阪)菅原(名古屋)に次いでJ1史上3番目の年少記録。進化した久保は開幕まで突っ走る。【小杉舞】

    ◆久保建英(くぼ・たけふさ)2001年(平13)6月4日、神奈川県生まれ。11年9月に川崎FのU-10からバルセロナ下部組織へ。12-13年シーズンに30試合74得点と大活躍。
    中2の15年5月に東京U-15むさしに加入し、同3年でユースへ飛び級昇格。世代別代表は、バルサ時代のU-15インドネシア遠征で初招集。
    17年5月のU-20W杯には「飛び飛び級」の15歳で出場した。昨季は横浜へ期限付き移籍し、期間満了で今季から東京に復帰。利き足は左。173センチ、67キロ

    2/6(水) 20:17配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00473117-nksports-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2019/02/07(木) 04:50:02.02
     DywN8yxXgAIFOch[1]

    20190207-25987852-gekisaka-000-1-view[1]


    DFBポカール(ドイツ国内杯)は6日、各地で3回戦2日目を行い、MF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは敵地でシャルケと対戦し、1-4で敗れた。デュッセルドルフは3回戦で敗退。宇佐美は左サイドハーフの位置で先発出場。得点には絡めず、後半11分に途中交代となった。

     序盤から攻め込まれたデュッセルドルフはGKの安定したセーブで難を凌いだが、前半30分に先制点を献上した。右サイドのロングスローの流れからFWアハメド・クトゥジュがカットインし、左足インサイドキックでネットを揺らした。

     1点を返したいデュッセルドルフだったが、シャルケは後半勢いを増した。後半3分、左CKにハイジャンプしたDFウェストン・マッケニーが強烈なヘディングシュート。これはGKが抑えたが、こぼれ球をDFサリフ・サネが押し込み、2-0。後半8分にもFWマルク・ウートが流し込み、3-0に突き放した。

     防戦一方の展開となったデュッセルドルフ。守備に追われた宇佐美はCKのキッカーを務めたが、得点には絡めず、後半11分に途中交代。後半26分にはショートカウンターからFWロウヴェン・ヘニングスが左足チップキックで1点を返したが、反撃もここまで。後半42分にFKからファーサイドのサネがヘッドで叩き込み、ダメ押しの4点目。デュッセルドルフは1-4で敗れ、クラブ史上初の大会8強を逃した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-25987852-gekisaka-socc




    続きを読む

    153: 名無し@サカサカ10 2019/02/07(木) 05:43:55.88
     Dyv89sZX0AAqzcq[1]


    バルセロナ 0-1 レアル・マドリード



    続きを読む

    318: 名無し@サカサカ10 2019/02/06(水) 22:04:56.72
    maxresdefault


    <サッカー>F・トーレス「日本での生活に満足、サガン鳥栖で1年でも多くプレーしたい」―中国メディア
    https://this.kiji.is/465839049098445921?c=325919677153166433

    記事によると、この試合で1ゴールを決めたトレースは試合後に取材に応じ、
    「香港に来るのは3回目だ。最初に来たのはリバプールの時。たくさんのファンがいることに驚いた。今回もファンのサポートを感じられた。
    リバプール、チェルシー、サガン鳥栖、スペイン代表のユニホームを着てピッチに立てるのはとても幸運なことだと思う」と語った。

    今後香港でプレーする可能性については「日本でのこの半年の生活にとても満足しているし、
    スペイン人選手が世界各地で活躍していることをうれしく思う。将来のことは分からないが、サガンで1年でも多くプレーしたい」と語ったという。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/06(水) 20:21:11.43
    33317ee7[1]


    サッカースペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、
    1月の移籍市場でスペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャへレンタル移籍すると書面サインまで達していたものの、
    ヘタフェが最後に翻意。最終日に破談になったと6日までにスペイン紙などが報じた。

    デポルティボ・ラ・コルーニャのスポーツ・ディレクター、カルメロ・デル・ポソ氏が明かした。
    同氏によるとデポルティボ、ヘタフェ、選手は1月29日午後、レンタル移籍で合意。各種資料の送付のほか、柴崎自身もアジア杯決勝の前日に契約サインをした。

    状況が変わったのはヘタフェが態度を硬化させたため。柴崎放出に伴う選手の獲得に動いていたが実現せず、それまでの合意を一方的に破棄したという。

    2/6(水) 20:14配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000116-dal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/06(水) 00:10:24.13
    20190202-00010021-goal-000-4-view[1]


    カタールに敗れ、アジアカップ準優勝で終わった日本。決勝戦に関する韓国メディアの報道はカタールに比重が置いたものが多く、森保ジャパンの選手個々にスポットを当てた記事は限られていた。
     
     例えば大迫勇也だ。準決勝イラン戦で2得点を決めた活躍は「大迫、マルチゴール爆発」と大きく取り上げられ、決勝戦前は「日本対カタールの決勝戦は大迫VSアリの熾烈な得点対決」(『ソウル・ワイヤー』)、「日本対カタール、大迫VSアリの対決に視線集中」(『スポーツ・トゥデイ』)とクローズアップされていたが、アリに主役の座を奪われてほとんど取り上げられなかった。
     
     準決勝のイラン戦後、「南野の集中力で日本、イランに完勝」(『OSEN』)、「イラン戦で3ゴール作った南野」(『スポーツ朝鮮』)と、その勝利への執念を絶賛された南野拓実も同様だ。69分に決めたゴールは「南野がチャンスを逃さずゴールに押し込んだ。カタールの今大会初失点だった」(『スポータルコリア』)と評価されたが、決勝戦での南野の出来についてそれ以上に言及するメディアは皆無だった。

     そんななかでも、その名が取り上げられていたのは吉田麻也だった。大会期間中は『スポーツソウル』で「サウジ戦で光った吉田麻也の存在感こそが、日本サッカーのチカラになっている理由」と特集されるほど評価を高めていたが、決勝戦では不運にも3失点に絡んでいたこともあって、「3失点に関与した吉田麻也」(『MKスポーツ』)、「キム・ヨングォン、キム・ミンジェには苦戦のアリ、吉田の前では咆哮」(『デイリーアン』)とされた。『ベストイレブン』も「堂々としていた吉田、カタール戦後だけうなだれた」と記事の中で次のように評している。
     
    「失点の責任すべてを吉田に転嫁することはできないだろう。アリとハティムが放ったシュートが美しかったし、正確だった。ただ、ふたつのシュートはわずかに防ぐこともできたと思われるだけに、吉田の判断が出遅れたことが残念だった」
     
     ただ、選手個々に焦点を当てた記事こそ少なかったが、森保ジャパンの選手構成について論じるメディアは多い。

    「若い選手たちに経験と自信を付与することに成功した」との報道も

    例えば『スポーツソウル』は、「欧州に進出しすぎて問題という日本サッカー。それでも羨ましく映るワケ」というコラムを掲載。そのなかでは冨安健洋なども取り上げつつ、「数十人の選手たちが欧州で生存競争をしているエネルギーが、日本サッカーの未来を明るくしているようで羨ましい」と本音を漏らし、「韓日戦で韓国が何度か勝つことができるだろう。だが、日本サッカー界と選手たちが進む道が正しい道だということを、誰も否定できない」と、日本の選手層の厚さに羨望の眼差しを向けていた。
     
     日本代表の世代交代に着目するメディアも多い。「香川、本田なしの世代交代で決勝進出…驚くべき日本」(『スポーツ韓国』)などがそれで、『クッキーニュース』は「世代交代に成功した日本、3年後がもっと怖い」と報道。「日本はこれまで代表の主力だった本田、香川、長谷部、岡崎などの核心選手たちをメンバーから除外した。代わって堂安律など潜在能力豊かな20代前半の若い選手で勝負に出た。若い選手たちに経験と自信を付与することに成功した。短期的には2020年東京五輪、長期的には2022年カタールW杯を前に、価値ある滋養分になったはずだ」と、決勝の結果を問わず森保ジャパンが今大会を通じて確かな収穫を得たことを詳しく取り上げていた。

     いずれにしても、韓国も日本もアジアカップ制覇はならなかった。今回の結果を受けて、両国代表は今後、どのような修正を加えてチーム作りを進めていくのか。引き続き注視していきたい。

    2/5(火) 20:13 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00053821-sdigestw-socc&p=2

    続きを読む

    このページのトップヘ