サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/15(金) 08:36:24.71 _USER9
    【カザン(ロシア)14日】サッカー・ワールドカップ(W杯)・ロシア大会に出場する日本が、ベースキャンプ地のロシア・カザンで初練習した。13日夜に事前キャンプ地のオーストリアから同地入り。1次リーグ初戦、19日のコロンビア戦に向け準備を開始した。同国1部CSKAモスクワで4年プレーし、故郷ともいえるロシアに4年半ぶりに戻ったMF本田圭佑(32)はW杯史上5人目、憧れたあのペレらに並ぶ3大会連続の初戦ゴールを狙う。

     本田がロシアに戻ってきた。初練習では引き締まった表情で走りだした。到着の13日は32歳の誕生日。4年間プレーし暮らしたこの大国との縁は深い。かつてのライバルクラブで日本代表を施設に受け入れたルビンから、記念のケーキが贈られた。そして、本田は選手の前でスピーチを行った。「W杯は何回も出られるものじゃない。全員がこれが最後かもしれないと思い、1日1日を大事に過ごそう」。そう訴えたという。

     コロンビアとの初戦は19日。過去2大会の初戦、10年南アフリカ大会のカメルーン戦、14年ブラジル大会のコートジボワール戦と左足で先制弾を決めてきた。ともに誕生日翌日の「6・14」。勝たせた8年前には「昨日が(24歳の)誕生日だったので、持ってるなと」との名言も残した。

     今大会でも決めれば3大会連続で初戦ゴールを決めたW杯史上5人目の男になる。過去の達成者は世界最高クラスのFWばかり。ペレ(ブラジル)、クリンスマン(ドイツ)、バティストゥータ(アルゼンチン)、クローゼ(ドイツ)。日本初どころか、伝説となる。

     特にペレには思い入れが深い。サッカーを始め、W杯を目指すきっかけとなった人物だ。「物心つき始めたころに、白黒のペレのW杯のビデオを父親に見せられた。子どもながらにペレの動きだけが違うっていうのが、W杯を目指そうと感覚的に感じ始めたきっかけ」と語っている。ビデオテープがすり切れるほど、何度も繰り返し見た。

     トップ下をめぐる香川との争い、コンディション面など、相変わらず周囲は騒がしいが、1発ですべてをひっくり返そうと狙う。こうも言っていた。「ビッグゲームで結果を出してきた。本当に運が良かったというのもある。でも、それって、ずっと求めてきたから結果を出せた自負もある。今回も同様に1発目のシュートで決まる気もする。決めないと話にならない」。決めて、勝たせて憧れ続けたペレに並ぶ。そして世界のケイスケ・ホンダになる。【八反誠、石川秀和】

    日刊スポーツ 6/15(金) 7:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00238967-nksports-socc 
      
     20180615-00238967-nksports-000-7-view[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/15(金) 08:52:21.51 _USER9
    元サッカー日本代表で現在は日本サッカー協会の顧問を務める釜本邦茂が、6月9日に開催された国際親善試合のスイス代表戦に出場した本田圭佑のプレイに苦言を呈している。

     スタディオ・コルナレドにて行われた格上スイスとの一戦は、日本の攻撃面での確固たる形が見えないまま、先日のガーナ戦に続いて0-2で完敗。不甲斐ない結果に終わったサムライブルーに関して、釜本はサッカー専門誌「サッカーダイジェストWeb」でのコラムにて、〈守備に関してはまずまずだったと思うよ〉と切り出すも、〈問題は攻撃面だ。まったく打開策というものが見えず、何とも言いようがない空気が漂ってしまっていた〉と糾弾。

     釜本は続けて、〈攻撃にブレーキをかける大きな要因のひとつになっていたのが、トップ下での本田のプレイだったと思うよ。スイス戦のような出来なら、これはもう他の人選を考えてもいい。日本の攻撃がアタッキングゾーンに入って行けなかったのは、トップ下に位置する本田がボールを受けてタメを作れなかったからに他ならない〉と主張し、その後も詳細に本田のプレーへの不満を書き連ねた。

    「日本サッカー協会顧問による代表選手への鋭利な物言いとあって、サッカーファンもすかさず、《今更本田への愚痴を言うのはズルい。この状況を全部本田のせいにする気か》《我々ファンはもう何年も前からそれ言い続けてるんですが。。》《今さら本田のせいかよ!》《正論だとは思うが、それならなぜ本田を選んだ?》との反応で返し、《そもそもの問題はハリルを解任したから》との指摘も相次ぎました。ネット上では本田のプレイ内容も決して良くはなかったものの、彼一人でどうこうなる問題ではないのでは、といった意見が多くを占めていますね。釜本が協会の幹部である以上、自身が糾弾する本田をメンバーに選出したことへの任命責任を問う声まで出る始末です」(スポーツライター)

     最後に釜本は、〈もちろん、これは本田だけの問題じゃない〉との前提を固めたうえで、〈全員で(攻撃面での意識を)共有しなければ、今後も本田がトップ下で輝くことはないと思うよ〉〈そもそもトップ下はもっと運動量のある選手が務めるべき〉などと主張を展開。やはり釜本邦茂が描く代表チームの理想像には、本田の働きがマッチしていないようだ。

    (ジェイコヴ)

    アサヒ芸能 2018年6月12日 17:58
    https://www.asagei.com/106185

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/15(金) 08:19:03.06 _USER9
    開幕戦のロシア戦で大敗を喫したサウジアラビア代表のフアン・アントニオ・ピッツィ監督が試合後に心境を語った。

    14日に行われたワールドカップ開幕戦でサウジアラビアは開催国のロシアと対戦。前日の会見では「勝利のみを考えている」と語ったピッツィ監督率いるサウジアラビアだが、12分に先制点を許すと、その後は失点を重ね、終わってみれば0-5で敗れた。

    試合後、会見に臨んだ同指揮官は「相手チームがこの試合に勝利するために最大限の努力をしなければならなかったとは思えなかった。我々はこの恥ずかしい思いを忘れなければ。次の試合のことを考えなければならない」と結果に肩を落とした。

    「起きてしまったことはどうしようもない。しかし、私はベストを尽くすつもりでいるし、やってきたことや選手を信じ、次の試合では良いパフォーマンスができると祈っている。この試合だけが評価の対象になるとは思わない。全くプラン通りにプレーできなかった。この大会に向けて良い準備ができたし、選手たちもワールドカップで戦えるだけの力があることを証明できるはずだ。今日は今までやってきたことが何もできなかった」

    サウジアラビアは20日にウルグアイと対戦する。

    6/15(金) 6:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000044-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/15(金) 07:48:02.73 _USER9
     ハメスはいなかった。西野ジャパンがロシアW杯1次リーグ初戦で対戦するコロンビア代表は14日、カザン郊外で公開練習を行った。練習にはコロンビアだけでなく、日本や英国、オーストラリアなどの報道陣ら約100人、ファン150人が駆けつけた。

     FWファルカオ(モナコ)やDFミナ(バルセロナ)らがフィールドは8対8のミニゲームを行うなど、軽めの調整。

    だが、エースのMFロドリゲス(バイエルン)とMFバリオス(ボカ・ジュニアーズ)はピッチに姿を現さなかった。MFのJu・クアドラド(ユベントス)はミニゲームには参加せず、ピッチの外に座って練習を見守った。

    チームに帯同するメヒア・ピンソン広報担当は「ハメス(ロドリゲス)は筋肉の軽い問題で別メニューとなっている」としており、宿舎でジムを使ったトレーニングを行ったという。コロンビアの地元ラジオ局のディナス・エスコバル氏(55)は「ハメスは明日のトレーニングには参加するだろう」と話した。

     練習後にはFWバッカ(ビリャレアル)とMFカルロスサンチェス(エスパニョール)が会見に登場。ACミラン時代にMF本田と同僚のバッカは「日本はW杯の出場国で、いいチーム。だが、僕らもいい練習をしてきている。自信がある」と、不敵に笑った。カルロスサンチェスも「僕らは特徴の違った選手がそろっている。試合が待ち遠しい」。日本に立ちはだかる南米の強豪は自信満々だった。

    スポーツ報知 6/15(金) 7:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000010-sph-socc 
      
     450871762[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/15(金) 01:00:22.70 _USER9

    20180615-00000007-jij_afp-000-3-view[1]


     日本代表のMF長谷部誠(34)が、19日の初戦で対戦するコロンビアについて、ブラジルW杯で惨敗した4年前と比較した私見を明かした。14日、チームはキャンプ地のロシア・カザンで初練習を行い、コロンビア戦に向けた調整を開始。4年前のブラジルW杯、日本は第3戦でコロンビアに1―4と大敗し、1次リーグ敗退が決定。すでに対戦相手の分析を始めている主将は、当時と現在のチームを比べ「一概には言えない部分もある」と前置きした上で「当時若手だった選手が経験を積んでいるし、さらにパワーアップしている部分がある」と警戒心を強めた。

     コロンビアはブラジル大会のメンバーから、10人が今大会に出場。4年前にはまだ若手だったMFハメス・ロドリゲス(26)ら主力が、経験を積んでさらに成長している。さらに長谷部は「今回はファルカオ選手がいる」と前回は負傷で欠場したFWファルカオ(32)の存在を強調。加えて複数のフォーメーションを使い分けるなど、戦術の幅も広がっている南米の雄に対し「さまざまな予測をしておかなければいけない」と表情を引き締めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000043-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/15(金) 03:47:34.37 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000082-mai-socc

    20180614-00000082-mai-000-3-view[1]


    2002年サッカー・ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表を指揮したフィリップ・トルシエ氏が14日、
    W杯ロシア大会に臨む日本の1次リーグ突破の可能性について
    「理論上で言わせれば、私としては、日本が上に上がる可能性はない」と語った。
    同日に東京都内であったイベントに出席後、報道陣の取材に答えた。

     トルシエ氏はイベントのトークショーで突破の可能性を「60%」としていたが、
    数日前のインタビュー記事で「非常に難しい」と話していたことに触れられると、本音を明かした。
    ただ「サッカーは理論でやるものではない。初戦が一番大事」と、コロンビア戦がカギを握るとの考えを示した。

    国際サッカー連盟の世界ランキングでは日本の61位に対し、
    1次リーグH組で対戦するポーランドが8位、コロンビアが16位、セネガルが27位。
    トルシエ氏は首位通過をコロンビアと予想し、日本が突破するために必要な最低条件を勝ち点4(1勝1分け1敗)とした。

    現在の日本について、12日の強化試合のパラグアイ戦に勝ったことによって
    「ちょっとほのかな希望の光が見えてきた」と前向きな見方もしたトルシエ氏。
    「世界中のどのチームと戦っても、打ち負かすだけの能力は持っている。必要なのは自信を持つこと」
    とエールを送り、パラグアイ戦で見せた一体感を出すことを期待した。

    今大会の優勝候補にはフランス、ブラジル、ベルギー、イングランドを挙げた。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/15(金) 01:57:23.41 _USER9

    20180615-00776588-soccerk-000-2-view[1]


    6/15(金) 1:56配信
    開催国ロシアが開幕戦制す!…サウジアラビアに5発快勝で白星スタート

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が14日に行われ、ロシア代表とサウジアラビア代表が対戦した。

     4年に1度のサッカーの祭典が幕を開けた。開催国のロシアはFIFAランキング70位、サウジアラビアは同67位で、出場32カ国中最下位2チームによる開幕戦となった。2大会連続11回目出場のロシアはFWヒョードル・スモロフが、3大会ぶり5回目のサウジアラビアはFWモハメド・アル・サハラウィが先発出場で、両エースがスタートからゴールを狙う。

     大会初ゴールが生まれたのは開始12分。左サイドからアレクサンドル・ゴロヴィンがクロスを送ると、ファーでフリーのユーリ・ガジンスキがヘディングシュートを沈め、ロシアに先制点をもたらした。24分にはアラン・ジャゴエフが負傷交代を強いられたが、代わって入ったデニス・チェリシェフが42分にエリア内左で冷静に相手DFをかわし、シュートをゴール左隅に突き刺して追加点。ロシアが2点リードで折り返した。

     後半に入って71分、ロシアはスモロフに代わって入ったばかりのアルテム・ジュバが、ゴロヴィンからの精確なクロスを頭で合わせ、試合を決める3点目。後半アディショナルタイムには、ジュバの落としを受けたチェリシェフがエリア内右から右足アウトサイドキックで狙うと、シュートは綺麗な弧を描いてゴール右上隅に決まった。さらに、その2分後にはゴロヴィンがエリア手前右のFKを直接決めてダメ押しゴールを沈めた。

     試合は5-0でロシアが勝利。グループA第2戦は、ロシアが19日にエジプト代表と、サウジアラビアは20日にウルグアイ代表と対戦する。

    【スコア】
    ロシア代表 5-0 サウジアラビア代表

    【得点者】
    1-0 12分 ユーリ・ガジンスキ(ロシア)
    2-0 43分 デニス・チェリシェフ(ロシア)
    3-0 71分 アルテム・ジュバ(ロシア)
    4-0 90+1分 デニス・チェリシェフ(ロシア)
    5-0 90+4分 アレクサンドル・ゴロヴィン(ロシア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00776588-soccerk-socc





    続きを読む


    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 18:17:53.05 _USER9

    20180609-00000104-spnannex-000-2-view[1]


    歌手の小柳ルミ子(65)が14日、ニッポン放送「草野満代 夕暮れワンダー4」(月~木曜後4・00)に生出演し
    W杯サッカーロシア大会に出場中の日本代表について語った。

     年間2000試合以上を観戦し先の日本代表のパラグアイ戦での乾の2ゴールを予言したことで、ガ然注目が集まる“ルミ子目線”。
    第一声は「昨日から眠れません。この期間は仕事一切入れていません。前回のブラジル大会も64試合すべて生で見ました。
    おそらく西野監督より試合見ています。選手のコンディションも把握しています」と興奮気味に話し始めた。

     「日本のいるグループH突破のカギは?」に初戦のコロンビアは「厄介な相手。右からハメス・ロドリゲスのセンタリングを
    ファルカオに合わせるので、パスを出させないようにすることが大事。フォワードも降りてきて、日本は全員で
    ハードワークしなくちゃいけない。セネガルはマネのスピード、足技に注意。ポーランドは何といってもレバンドフスキ。
    この人は抑えられません。2、3人かかりでも絶対にフリーにしちゃいけない。ずっと見張っていなくちゃいけない」と分析。
    ズバリ「1勝1分け1敗でギリギリ突破できる」と言い切った。

     初戦のスタメンについては「先のパラグアイ戦が基本となるでしょう。でも1トップは岡崎じゃなく大迫にしたい。
    中盤は山口蛍に替えて大島を配置する」と具体的に説明した。そして「私なら本田は使わない」ときっぱり。
    「もっと献身的に動ける選手。日本は個では劣るので、組織力で対抗するしかないので、とにかく動ける選手が必要」。

     「日本の最初の得点は誰がとる?」には「武藤選手でしょう。パラグアイ戦で乾、香川がいい動きをしたので、絶対マークされる。
    2人がおとりになって武藤がフリーになればチャンス」という。最後に「サッカーは90分間の人生ドラマ。映画よりドラマチック、
    人生の縮図がある。ボールを持っていない時こそ大事です。準備が大切です」と締めくくった。

    ソース スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000130-spnannex-ent

    続きを読む

    733: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 22:25:01.22
     
    岡崎が両ふくらはぎ、昌子は右太腿張り 室内で別メニュー調整

    20180614-00000154-spnannex-000-2-view[1]


    サッカー日本代表は14日、ロシア・カザンのベースキャンプ地で初練習を行った。一度は帯同している24選手全員がグラウンドに姿を見せたものの、FW岡崎が両ふくらはぎの張りを、DF昌子は右太腿の張りを訴え、青空ミーティングに参加したあと室内で別メニュー調整を行った。岡崎、昌子ともに12日の親善試合パラグアイ戦に先発していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000154-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 22:22:38.67 _USER9
    6/14(木) 21:41配信
    メッシのそっくりさん登場にモスクワが大騒ぎ…出動した警官隊もサイン求める

     2018 FIFAワールドカップ ロシア開幕を前に、モスクワの赤の広場で大騒ぎが起きたようだ。6月13日にドイツメディア『スカイスポーツ』が伝えている。


     原因は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの“そっくりさん”が登場したためだ。以前からメッシ似で話題となっていたイラン人のレザ・パラステシュさんが、バルセロナのユニフォームを着て赤の広場を訪れたところ、自撮りやサインを求める人々が殺到。大きな人だかりができ、現場は大騒ぎとなった。

     あまりの混乱ぶりに、モスクワの警官隊も出動する事態となり、パラステシュさんは警官たちに連れられ、人だかりから救出された。ただ、パラステシュさんがInstagramに載せた動画では、警官たちもこの機会に便乗し、サインと写真を求めていた。

     フランス通信社『AFP』によると、パラステシュさんは「人々が僕を見て喜んでくれる姿を目にすることができて嬉しいよ」と今回の混乱を楽しんでいたようだ。

     なお、メッシ本人はアルゼンチン代表の一員として、6月16日にモスクワのスパルタク・スタジアムで行われる大会初戦のアイスランド戦に臨む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00776593-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 19:59:53.18 _USER9

    759c3_254_33255b24_1aaf5b1f[1]


    いよいよワールドカップ開幕! テレビ観戦を予定しているカップルも多いはずですが、実は「サッカーの楽しみ方がわからない」と思っている女性も少なくありません。そこで今回は、10代から20代の独身女性220名に聞いたアンケートを参考に、「サッカー観戦初心者の彼女に教えてあげると喜ばれること9パターン」をご紹介します。

    【1】「オフサイド」や「PK」などの重要なルールをわかりやすく説明する
    「『オフサイドだ!』とか言われても、何のことだかわからない」(20代女性)など、サッカーの基本的なルールを知らない女性は多いようです。すべてを厳密に覚えるのは大変なので、「FKとPKの違い」など、必要最低限のポイントだけでもさらっと説明してあげましょう。

    【2】「彼は欧州で活躍しているイケメンFWだよ」 など、注目選手を教えてあげる
    「知らない選手ばかりだから、誰を見ればいいか知りたい」(20代女性)など、日本代表ならともかく、他国の選手まで熟知している女性は少ないもの。せめて海外リーグのスター選手については、一通り特徴を教えてあげたいところです。

    【3】「サイドにいい選手が揃っていて縦に速い」など、対戦相手の特徴を簡単に紹介する
    「『戦術』とか説明されても難しすぎる」(20代女性)など、初心者は専門用語を使われると困ってしまうもの。「守備が超固い」「FWが怪物級」という風に、各チームのストロングポイントを平易な言葉で紹介してあげると、見どころがわかりやすくなるでしょう。

    【4】「あの状況でドリブル突破するのは至難のワザ」 など、プレーのすごさを解説する
    「その場でパッと教えてくれると尊敬する」(20代女性)など、ハイレベルなプレーに対して「どうすごいか」を解説してあげると、「サッカーに詳しい人」だと感心してもらえるようです。日頃からJリーグや海外サッカーをよく見て、見識を高めておきたいものです。

    【5】「今のプレーがなぜファールか」など、審判の微妙な判定について補足する
    「素人には何のことやら…」(20代女性)というように、「ジャッジの基準」を知らない女性は多いようです。後ろからのチャージやハイボールの競り合いなど、わかりづらい判定について簡単にフォローしてあげると、ゲームに集中してもらえそうです。

    【6】ハーフタイムに「前半のおさらい」と「後半の展望」をざっとまとめる
    「休憩のあいだにポイントを教えてほしい」(20代女性)というように、前半終了後のハーフタイムは、ゲームの展開を解説する絶好のタイミングでしょう。「調子のいい選手は誰か」「選手交代がどう使われそうか」などの展望をまとめると、後半への期待度がアップしそうです。

    【7】テレビの前で一緒に声を出せるよう、応援歌をレクチャーする
    「耳に残るけど歌詞が微妙にわからない」(20代女性)など、テレビ観戦でもよく聞こえるサポーターの応援歌は、何を歌っているかわかりづらいもの。正しい歌詞を教えてあげると、盛り上がるタイミングで一緒に歌えて、一体感を味わえそうです。

    【8】「彼はJ2から這い上がってきた苦労人だよ」など、選手のトリビアを披露する
    「性格とか苦労話を聞くと感情移入しやすい」(20代女性)というように、サムライブルーの選手たちの「ピッチ外のトリビア」を教えてあげると、女性は興味が増すようです。所属クラブでの逸話など、マニアックな情報を集めておくとよさそうです。

    【9】試合終了後、彼女が気になった選手のブログやTwitterを教えてあげる
    「選手を身近に感じられると楽しそう」(20代女性)など、試合を通じて気になった選手について、より深く知りたくなる女性もいるようです。選手の個人ブログなどを紹介してあげると、次の試合の観戦を楽しみにしてもらえそうです。

    難しいサッカー知識を押し付けたりせず、要所を押さえた解説を心がけると、カップルでの観戦がもっと楽しくなるでしょう。(呉 琢磨)

    【調査概要】
    期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
    対象:合計220名(10代、20代の独身女性)
    地域:全国
    方法:インターネット調査

    2018年6月14日 17時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14864185/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 19:14:19.90 _USER9
    https://www.jiji.com/jc/worldcup2018?s=news&k=2018061300401
    2018/06/13-10:18

    201804240000132-nsogp_0[1]


    【サンパウロ時事】サッカーのワールドカップ(W杯)で最多5度の優勝を誇る「サッカー王国」ブラジルで、国民の53%が14日から始まるロシア大会に関心を示していないことが12日、世論調査大手ダタフォリャの調べで分かった。
    1994年に調査を開始してから最大の値という。

     自国で開催された前回2014年大会直前は36%だった。地元紙は「サッカー連盟の腐敗問題にうんざり」「前回大会準決勝でドイツに惨敗した記憶が残っている。ブラジルはここ一番に弱い」との市民の声を紹介している。
     一方、調査会社ニールセン・スポーツが日本を含む30カ国で行った調査によると、サッカーに興味を持っている人の割合はブラジルが60%で13位、前回優勝国ドイツも14位と、ともに低かった。上位4カ国はアラブ首長国連邦(80%)、タイ(78%)、チリ、ポルトガル(ともに75%)。日本は公表された上位20カ国に入っていなかった。 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 18:44:41.02 _USER9
    <W杯>「日本の戦犯旗使用は中断されるべき」映像配布
    6/14(木) 15:14配信
    中央日報日本語版

    「日本の戦犯旗使用は中断されるべき」ユーチューブ映像のキャプチャー 
     20180614142534-1[1]

      
    2018ロシアワールドカップ(W杯)開幕に合わせて「日本の戦犯旗使用は中断されるべき」と題した2分間の映像が13日、ユーチューブを通じて配布された。

    映像は、FIFAの公式インスタグラムの戦犯旗使用応援写真とロシアW杯ミュージックビデオへの戦犯旗服装の登場などが
    韓国ネットユーザーの抗議で変更または削除された事実を取り上げている。

    続いて「これはFIFAも戦犯旗が問題になっていることを認めたもので、戦犯旗はナチの象徴であるハーケンクロイツのような意味を持つ旗」と指摘した。

    この映像は「侵略戦争に対する罪の意識がない日本政府の対応と戦犯旗の隠された意味を知らない人々のため、まだサッカー競技場には戦犯旗が登場している」とし
    「今回のロシアW杯をきっかけにサッカー場を越えて全世界のどこでも戦犯旗が二度と使用されるべきではない」と主張している。

    映像を配布した徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は映像を世界の主要メディア300カ所のツイッターアカウントに送り、
    世界各国の韓国人留学生と在外同胞3-4世と共にSNSで広めている。

    徐教授は「W杯が開催されるたびに登場する戦犯旗応援を事前に遮断し、
    特に『ナチス旗=旭日旗』が同じ意味ということを全世界のサッカーファンに広く知らせいようと今回の映像を制作した」と明らかにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000027-cnippou-kr








    続きを読む

    905: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 12:53:13.93
    2006年ドイツW杯、中村俊輔が明かす「俺が輝けなかった」理由
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00010003-sportiva-socc

    20180614-00010003-sportiva-000-2-view[1]


     日本代表チームは、オーストラリアに敗れて以降、一体感も失われた。
    主力とサブとの選手間の亀裂は、誰の目に見てもわかるほど深刻になっていた。
    チームは一番大事な”和”を失って、それが結果にも表れた。

    「これは、ジュビロ磐田に来たからこそ、わかったことなんだけど、磐田はクラブに透明性があるし、
    監督の名波(浩)さんをはじめ、スタッフ、選手、フロントがお互いに尊敬し合って、安心してサッカーに集中できる環境がある。
    だから、犠牲心が生まれるんだと思う」

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/13(水) 08:03:25.01 _USER9
    日本サッカー協会(JFA)は13日、バックアップメンバーの一人として日本代表に帯同していた21歳の井手口陽介が、リーズ・ユナイテッドに合流するため帰国することになったと発表した。

     今年1月、井手口はガンバ大阪からリーズに完全移籍した後、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサに期限付き移籍。ただ、出場機会には恵まれず5試合の出場にとどまっていた。5月30日にはロシアワールドカップに臨む23人の日本代表メンバーが発表。しかし、招集が期待された井手口の名前は呼ばれなかった。

     それでも、バックアップメンバーの一人として日本代表に帯同することに。チームのメンバーと一緒に行動していたが、クラブ事情により帰国することになった。一方でリーズ内で変化も。英紙『テレグラフ』によると、マルセロ・ビエルサ氏がチームの指揮官に就任する可能性が高くなったとのこと。24時間以内に発表される見通しだという。

    フットボールチャンネル6/13(水) 6:44
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00274215-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/13(水) 12:41:31.09 _USER9
    日本代表DFの昌子源は、細かい点での修正はあるものの大きな自信につながる勝利だったと話した。 
      
    20180613-00010021-goal-000-1-view[1]

      
    12日に行われた国際親善試合の日本対パラグアイの一戦が行われ、昌子は先発で出場。前半のうちに1点を許した日本だが、後半は香川真司や乾貴士の活躍で逆転に成功し、4-2でワールドカップ前最後のテストマッチに勝利した。

    フル出場を果たして勝利に貢献した昌子は、試合後「嫌な感じで失点して嫌な空気になったけど、そこをハーフタイムで立て直して勝てたのはすごい自信になったし、日本代表チームとして良い勝利だったんじゃないかと思います」と結果が伴ったことを喜んだ。

    「(ハーフタイムに)監督からは攻守において全然問題ないと言われました。今の日本の課題はセットプレー。一発でってよりもこぼれでやられる。今日のセットプレーもほとんどこぼれ球を拾われていたし、あれがワールドクラスのシュートだと思う。近い人が寄せるとか、こぼれ球を必ず先に触るとか、そういう細かいことだけど、そこから結局入れられている。1、2失点とも両方そうやった。流れの中でやられてない分、そういうのがOKかと言ったらそうではないし、しっかりやりたいなと思います」

    昨年12月以来半年ぶりの勝利を手にした日本代表。「この勝利というのはチーム全体の良い自信になると思う、でかい勝利だったと思います」とロシアに向けて良い影響が与えられると話した昌子だが、プレスのタイミングなどの相違が前線とあったと細かい点の修正がまだまだ必要とも認めた。

    また、この試合で手ごたえをつかめたと話した昌子は「2失点しているところはいただけないし、特にセットプレーのセカンドでやられているので、そういうところの意識も変えていかなければいけない。セカンドへの速さだったり、近いひとがボールアタックとか、そういうのは集中してやっていかなければいけないと思うけど、監督に良い悩みを与えられた試合なんじゃないかなと思います」と十分にアピールができたと自信をのぞかせた。

    「まずチームが結果を出さないと誰々ってならないと思うし、負けたけど一人だけ輝いているというのも喜べるようで喜べないと思う。チームが勝って初めて各ポジションの評価になると思うし、チームが負ければ全部が悪く映る。今日は勝ちましたけど2失点している。僕はディフェンスなので、セットプレーも僕のマークから1本触られていますし、全然危なくはならなかったですけど、勝ったからこそ、そういう細かいところを個人でもチームでも反省していきたいと思います」

    日本代表は19日にコロンビア代表とのワールドカップ初戦を迎える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00010021-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/13(水) 19:48:24.67 _USER9

    20180613-00042006-sdigestw-000-8-view[1]


    “山口キャプテン”に衝撃!? 西野監督が明かす、「『ん?』という顔をした」3選手とは?
    2018年6月13日 10時20分 Football ZONE web
    パラグアイ戦でキャプテンを務めたMF山口蛍【写真:Getty Images】
    写真拡大

    西野監督が「本人に伝えないなかで指名」 チームメイトも思わずリアクション
     日本代表は現地時間12日、国際親善試合パラグアイ戦で4-2と勝利を収め、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に向けて弾みをつけた。

     この試合でキャプテンを務めたMF山口蛍について、西野朗監督は「ミーティングで指名した」と説明。さらに、その際に「『ん?』という顔をした」という3選手がいたと舞台裏を明かしている。

     これまでキャプテンを担ってきたMF長谷部誠、長谷部不在時に代役を務めていたDF吉田麻也が揃ってパラグアイ戦はベンチスタートとなり、代わってキャプテンマークを巻いたのがMF山口だった。「本人に伝えないなかミーティングで指名した」と突然の任命だったようだ。

     西野流の抜擢だった。決して言葉数は多くないが、プレーで味方を鼓舞するタイプ――それが山口だ。西野監督はキャプテンとしてピッチに送り出したなか、「(日本代表でのキャプテンは)まだ経験もないですし、十分ではないかもしれない」としながらも、指揮官は山口のリーダーシップ開花を願っているようだ。「ただ間違いなく、そういうポジションで立場。そういう役割をチームで果たさなければいけない選手だと思っている」と期待を込めた。

     指揮官がミーティングで山口をキャプテンに指名した際、選手の中から意外なリアクションがあったようだ。西野監督はその時の様子を次のように語っている。

    「その時、選手のリアクションが、乾、岡崎、本田の3人ぐらいが『ん?』という顔をした瞬間はありました。異議があったらどうしようかなと思ったが、まぁなかったので」

     パラグアイ戦で2ゴールのMF乾貴士、FW岡崎慎司、MF本田圭佑らが反応したという。“山口キャプテン”はチームメイトも驚かせたが、90分間フル出場するなど西野体制初勝利に貢献し、大役を全うした。(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14856637/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/06/14(木) 09:35:50.28 _USER9
    スペイン代表のフレン・ロペテギ監督がロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前日に電撃解任されるという大激震が、世界中を駆け巡っている。騒動の発端となったのは、ロペテギ監督が来季からレアル・マドリードの指揮を執ると発表されたところにあるが、スペイン紙「マルカ」によると、この人事はクラブ、代表ともに主将を務めるDFセルヒオ・ラモスを筆頭にレアル勢は事前に知っていたと衝撃的な内容を報じている。

     レアルは現地時間12日夕方にロペテギ監督が来季の監督に就任することを発表。これに激怒したスペインサッカー連盟(RFEF)が、ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長やかつての名選手で技術委員長を務めるフェルナンド・イエロ氏(ロペテギの後任監督就任が決定)が解任の決断に至った。その直前まで選手側からは慰留の声があがったようだが、所属クラブによってその“情報差”があったようだ。

     それは来季から新指揮官を迎え入れるレアルの選手たちだ。剛腕で鳴るフロレンティーノ・ペレス会長はすでにキャプテンであるS・ラモスに対し、ジネディーヌ・ジダン前監督の後任最右翼としてロペテギの名前を伝えていたという。

     また、S・ラモス以外にもMFルーカス・バスケス、MFマルコ・アセンシオ、MFイスコ、DFナチョ、DFヘスス・バジェホもベースキャンプ地であるクラスノダール入りした時点で情報を共有していた模様だ。

     スペイン代表を主に構成するのはレアル勢だが、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケ、DFジョルディ・アルバ、そしてヴィッセル神戸に移籍したMFアンドレス・イニエスタらバルセロナ勢、そしてMFコケ、MFサウール・ニゲス、FWジエゴ・コスタらアトレチコ・マドリード勢、そして各国リーグのメガクラブ所属選手も多い。今回の衝撃の解任劇で、選手たちの間に溝ができる可能性も決して否定できない。

    6/14(木) 6:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00111117-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ