サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 20:35:55.35 _USER9

    DAp_FPSWsAEFve3[1]


    先日発表された日本代表の限定ユニフォーム。

    「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」と題されたこのモデルは、ワールドカップ初出場を決めた1997年から20周年にあたることを記念して作成された。

    昨日行われた日本代表のメンバー発表記者会見で、6月7日(火)に予定されているシリアとの国際親善試合で一夜限定の着用が決まった。

    そんなこの記念ユニフォームを選手が着ると、どうなるのか?adidasがこんな写真を公開していた。

    https://twitter.com/adidas_jp/status/867645608848392192

    そこに写されていたのは、記念ユニフォームを着た香川真司の姿!

    このモデルは1997年のものをリデザインしたものだが、当時の世代を知っているファンとしては香川が着ていることになんだか不思議な気分になるのではないだろうか。しかし、それでいてどこか新鮮でもある。

    これは6月7日のシリア戦が楽しみだ!

    http://qoly.jp/2017/05/26/japan-shinji-kagawa-kwm-1

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 06:06:32.91 _USER9

    no title

    常連組がリストから消えた。GKで西川周作(浦和レッズ)、DFでは森重真人(FC東京)の両ベテランが外れ、一時は司令塔を務めた清武弘嗣(セレッソ大阪)の名前も読みあげられない。

    日本サッカー協会から25日に発表された、シリア代表とのキリンチャレンジカップ(6月7日・味の素スタジアム)、イラク代表とのW杯アジア最終予選第8節(同13日・テヘラン)に臨む日本代表。
    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に選ばれたメンバーが、ポジション順にスクリーンに映し出されるたびにどよめきの声があがる。

    「今回の合宿では、戦略に関して少しの変更を加えている。それは、何人かの選手のパフォーマンスに私が満足していない、ということも含めている。
    GKに関してもフィールドプレーヤーに関しても、パフォーマンスがよければここに入るということ。私の場合、リストに必ず変更はある」

    指揮官が不満を抱く対象が西川であり、森重であり、清武となる。

    一方で逆風とはまったく無縁の選手もいる。開設したばかりのツイッターで、6月末で契約満了となるACミランからの退団を発表したばかりのFW本田圭佑だ。

    今年に入ってからの出場機会が、ユベントスとのイタリア杯・準々決勝の後半アディショナルタイムだけという状況で招集された
    3月シリーズでも、試合勘やゲーム体力が足りないのではと、ハリルホジッチ監督の人選は批判の的となった。

    ミランに戻った4月以降も、実質的にチームの構想外となっている状況は変わらない。同23日のエンポリ戦の残り3分からピッチに立ったものの、その後も3試合続けてベンチで試合終了を迎えた。

    ほんの少しながら風向きが変わったのは、今月21日のボローニャ戦。後半13分から投入され、今シーズンで2番目に長いプレー時間を得ると、同28分には直接FKを鮮やかに叩き込んで今シーズン初ゴールをあげた。
    都内でメンバー発表会見に臨んだハリルホジッチ監督も、直近の本田のパフォーマンスに関しては「圭佑が戻ってきてくれたことが嬉しい」と声を弾ませている。

    「いつも圭佑を信頼してきたが、間違っていなかったと思わせてくれた。確かにクラブでは多くプレーしていないが、厳しいトレーニングは積んでいる。ミランは競争が激しいからだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000002-wordleafs-socc
    THE PAGE 5/26(金) 5:06配信

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 23:28:38.13 _USER9

    20170526-00000018-goal-000-2-view[1]


     29歳で日本代表に初選出された浦和レッズDF宇賀神友弥が25日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の
    遠征先の韓国から帰国した。 
      
    韓国で第一報を聞き「まさか自分が…という状態だった」と振り返った。年代別も含め代表経験はなかった。
    宇賀神は「レッズの選手は小さいころから世代別で活躍している選手が多い。自分だけなかったのが、逆に反骨
    心になって今までやってこれたし、こういう気持ちがあったからこそ、選んでもらえたのかな」と話した。 
      
    浦和では主に左MFとしてプレーしている。同じく代表に選出されたチームメートのDF槙野智章(30)とは「左サ
    イドバックとセンターバックで一緒に(試合に)出られたらいいね」と話したという。代表合宿へ向け「うまく溶け込む
    ためにも、プレーでもピッチ外でも臆することなく突っ込んでいきたい」と意欲を示し「1秒でもいいから試合に出た
    い。少しでもいいので日本を背負って戦うことを体験したい」と話した。 
      
    日本代表ハリルホジッチ監督(65)とは合宿で初めて言葉を交わすことになる。「チームとしてのサッカーを、自
    分から聞きに行きたい。短い期間でどれだけアピールできるかが重要になる。監督の言うことを一言ももらさずに
    聞きたい」と心待ちにした。GK西川周作(30)は今回は落選したが、西川は「もう1回ジャンプするために、今は1
    回しゃがんでるんだぞ」と前を向いていたという。宇賀神は「できれば一緒に入りたかった。周ちゃん(西川)はい
    つもビッグセーブでチームを救ってくれている。自分も最終ラインに入ることが多いですし、もう少しシュートを打
    たせなかったり、失点を防げたらそういうことはなかったのかなと。反省しています」と気遣っていた。


    日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1829586.html

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 20:33:54.12 _USER9

    2ab9169b-3b4f-4583-8745-80ef871c489c[1]


    先日発表された、6月のワールドカップ予選に向けた日本代表メンバー。

    大きな変更点がいくつかあったが、最大のサプライズはやはりブルガリア1部でプレーするMF加藤恒平の招集だろう。

    加藤はベロエ・スターラ・ザゴラに所属する27歳。

    日本では町田ゼルビアで29試合にしか出場しておらず、その後はモンテネグロやポーランド、ブルガリアといった東欧諸国を渡り歩く。

    そんな加藤は町田でも練習生からプロ契約を勝ち取ったという苦労人であり、世代別代表の経験もない。また、J1を経験したことがない選手のA代表選出というのも非常に稀である。

    そこで今回はA代表に初招集となった際、J1経験がなかった選手を探してみた。

    これから紹介する選手が全てではないかもしれないが、意外な名前も含まれている。あなたは何人思い浮かぶ?

    香川 真司
    生年月日:1989/03/17 (28歳)
    当時の所属チーム:セレッソ大阪(J2)
    当時の年齢:19歳

    日本代表で86試合に出場している香川だが、初招集時はJ1経験がなかったというのはあまり知られていないのではないだろうか。2006年、香川はJ1のセレッソ大阪に加入するも、出場機会に恵まれずチームは降格。その後J2でブレイクを果たし、岡田武史監督によって2008年の5月に初招集を受けた。

    日本代表としては初の平成生まれ選手であり、代表デビューとなったコートジボワール戦では長友佑都も初出場を飾っている。ちなみにこの香川、J1では僅かに11試合しかプレーしていない。

    久保 裕也
    生年月日:1993/12/24 (23歳)
    当時の所属チーム:京都サンガ(J2)
    当時の年齢:18歳

    2011年、2種登録ながらJ2の京都サンガで30試合に出場した久保。翌年にはトップチームに昇格となり、2月には日本代表から初招集を受ける。この時久保は立命館宇治高校に在学中であり、現役高校生による招集は市川大祐(当時清水工業高校)以来14年ぶりのこととなった。

    以降、しばらくは招集から遠のいていたが、スイスでの活躍を受け昨年11月に代表復帰。今年3月の代表ウィークでは2得点をあげ、今や欠かすことのできない戦力となっている。ちなみに、久保は未だにJ1でのプレー経験がない。

    山村 和也
    生年月日:1989/12/02 (27歳)
    当時の所属チーム:流通経済大学サッカー部
    当時の年齢:20歳

    フレッシュな顔ぶれが多く揃った、2010年アジアカップ予選イエメン戦に向けた日本代表メンバー。この時、大学生として選ばれたのが山村和也だ。

    流通経済大学の2年生だった山村は米本拓司とダブルボランチを組み先発し、チームの勝利に貢献。その後は2010年ワールドカップに出場する代表チームのサポートメンバーにも選ばれ、ロンドン五輪に向けたU-21からU-23代表の中心選手として活躍した。なお、山村のA代表招集はこの一度きり(写真はU-22代表でのもの)。

    永井 謙佑
    生年月日:1989/03/05 (28歳)
    当時の所属チーム:福岡大学サッカー部
    当時の年齢:20歳

    2008年に開催されたAFC U-19選手権に出場し、4得点をあげ得点王(タイ)に輝いた永井。その後もてユニバーシアードで結果を残すと、大学生ながら日本代表に招集された。

    大学生のA代表招集は前述した山村と並んで18年ぶりであり、イエメン戦では渡邉千真との交代で85分から出場している。ちなみに、この時の背番号は「83」。永井は2010年ワールドカップ直前に行われたセルビア戦でも招集されたが、本大会行きのチケットは掴めず。山村とともにサポートメンバーに回った。

    http://qoly.jp/2017/05/26/japan-national-team-players-with-no-j1-appearance-kwm-1?part=5

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 19:33:09.17 _USER9

    15624496_1822533781326676_8709284676524572672_n[1]


    元Jリーガーの大分高サッカー部監督を書類送検 酒気帯び運転疑い 
      
    大分市の私立大分高サッカー部の川崎元気監督(38)が飲酒運転をしたとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検されていたことが26日、分かった。同校は17日付で川崎氏を出勤停止処分とし、監督を解任した。 
      
    同校によると、2日夜、大分市内の居酒屋で校長らと一緒にビールやハイボールなどを飲んだ後、近くに止めていた車を運転。走行中、前方の車に追突した。 
      
    同校は県内でサッカーの強豪校として知られている。川崎氏は元Jリーグ選手で、大分トリニータなどに在籍していた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/05/26/kiji/20170526s00002013294000c.html

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 21:00:27.89 _USER9

    no title


    日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は25日、シリア代表との国際親善試合とイラク代表とのロシアワールドカップ最終予選に向けた代表メンバーを発表した。多くの新戦力に声をかけた指揮官は、「全ての選手に扉が開かれている」とアピールしている。

     ハリルホジッチ監督は今回、ブルガリア1部のベロエ・スタラ・ザゴラからMF加藤恒平を招集したほか、GK中村航輔(柏レイソル)、DF宇賀神友弥(浦和レッズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)を初招集している。また、エイバルのFW乾貴士もハリルジャパン発足初戦となる2015年3月以来2年2ヶ月ぶりの招集だ。

     一方でGK西川周作(浦和レッズ)、GK林彰洋、DF森重真人(ともにFC東京)、清武弘嗣(セレッソ大阪)といった常連メンバーが外れている。

     ハリルホジッチ監督は落選した選手たちについて、「外したという言葉はあまり使わないでもらいたい。完璧に外したわけじゃない。ほかのメンバーが良かっただけ」と強調。「現在のパフォーマンスで選んでいるだけだ」と、就任当初からその方針に変わりはないとアピールした。

     一番の例がガンバ大阪のMF今野泰幸だと語る指揮官は、「全員に扉は開かれている」と話している。GK選びにもそれが表れており、「西川はいままで先発だったが、良いプレーをしていなかったからほかの選手を呼んだ。パフォーマンスに対して満足できるかどうかで私は決める」と述べた。

     ただし、無条件で全選手に機会があるわけではない。ハリルホジッチ監督は「良いプレーをしていないのに自分に場所があると思ったら間違い。しっかり練習して良いパフォーマンスを見せ、場所を奪ってほしい」と、日々のアピールを求めた。

    フットボールチャンネル 5/25(木) 19:19
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00010032-footballc-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 12:38:01.17 _USER9
    イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティに所属するヤヤ・トゥーレ(Yaya Toure)が24日、
    マンチェスターのコンサート会場で起きた自爆攻撃の犠牲者に対し、代理人とともに10万ポンド(約1450万円)を寄付することが明らかになった。

    アフリカ最優秀選手に4度輝いている34歳のトゥーレは、コートジボワール代表として通算102試合に出場し、
    2015年のアフリカネーションズカップ(2015 The Africa Cup of Nations)では母国に23年ぶりのタイトルをもたらしている。

    トゥーレの代理人を務めるディミトリ・セルク(Dimitri Seluk)氏は、英BBCに対して
    「われわれは亡くなった人の家族や、現在病院にいる被害者の手助けがしたい」と話し、対象者を明確にした上で寄付金を渡すと明かした。

    「23日にヤヤと話をした。彼はそのひどいニュースに大きな衝撃を受けていた」

    「われわれは地元紙のマンチェスター・イブニングニュース(Manchester Evening News)とともに、お金を本当に必要としている人に渡す手はずを整えている。
    それをどこの誰かもわからない人に送るのは本意ではない。それが本当に必要な人のところに行くよう明確にしたい」

    プレミアリーグは21日に閉幕しているが、セルク氏はトゥーレがまだイングランドにいるため、小切手を自ら手渡すことも可能だとしている。
    「準備が整うまで2、3日かかると思うが、ヤヤはイングランドにいるので、必要であれば自ら出向いて小切手を渡すこともできる」

    「ヤヤはマンチェスターを愛しているし、街とそこの人々に愛着を持っている。この基金はわれわれが適切な人たちにお金を渡す機会で、極めて重要だ」

    AFP=時事 5/25(木) 12:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000021-jij_afp-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 19:28:27.12 _USER9

    20170416-01638826-gekisaka-000-3-view[1]

    今季2度目となる“大阪ダービー”のチケットが、記録的なスピードで売り上げを伸ばしている。
    G大阪はホーム・吹田スタジアムで7月29日に行うJ1第19節・C大阪戦のチケットを、5月20日にファンクラブ限定の先行販売開始。25日の時点で約2万8000枚が売れており関係者は「こんなに売れ行きがいいのは初めて」と目を丸くした。

     約4万人収容の吹田スタジアムでは、こけら落としとなった昨年2月の名古屋戦で記録した3万5271人が史上最多だが、
    これを上回る可能性もありそう。27日から一般発売が始まるが、チケットは入手困難な状況になるかもしれない。

     C大阪が3年ぶりにJ1復帰し、昨年開場した吹田スタジアムでは初の対戦。
    4月16日にヤンマースタジアム長居で行われた“第1ラウンド”は観衆4万2438人で、2-2の引き分けに終わっていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000569-sanspo-socc

    続きを読む

    • カテゴリ:

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 14:26:15.88 _USER

    20170524-00591996-soccerk-000-1-view[2]


    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179256&ph=0

    捜狐体育は24日、サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の広州恒大(中国)-鹿島アントラーズ戦についての日本メディアの報道に、日本のネットユーザーからも批判が寄せられていると報じた。

    23日に行われた試合の開始15分、鹿島のFW金森健志が芝に足を取られて負傷し倒れ込んだ。しかし、ボールを保持していた鹿島のFW金崎夢生は、外に蹴り出すことはせず、そのまま攻撃を開始。味方にパスを送ったものの、そのボールがちょうど倒れていた金森に当たる。こぼれ球を拾った広州恒大の選手がカウンターを仕掛けようとすると、金崎は大声でボールを外に出すようにアピール。広州恒大の選手がそれに気付いてボールを外に出すと、金崎は怒りをあらわに相手に詰め寄った。

    記事が問題視しているのは、日本のサッカーメディアFootball ZONEの報道。同メディアは、金森が倒れている間に広州恒大の選手が攻撃しようとしたことしか説明しておらず、その前に金崎が味方選手が倒れていることを確認しながら、ボールを外に出さずに攻撃を続けようとしたことには一切触れられていない。

    記事はこれについて、「鹿島の選手が味方が負傷したにもかかわらずボールを外に出さなかったことは故意に伝えず、中国選手が相手選手の負傷を無視して、スポーツ精神に反して攻撃しようとしたと強調した」と指摘。確かに、味方選手が倒れていながらプレーを続けたにもかかわらず、自らのミスによって不利な状況になると相手にプレー中断を求めるのは公平性に欠けるし、その過程を詳しく伝えずに広州恒大側に非があるかのように報じるのも問題があるだろう。

    ただ、記事は「同メディアのこうした報道に対して、日本のサッカーファンも看過できなくなった」と伝えている。実際、日本のネットユーザーのコメントには「審判が止めないなら相手が止める筋合いはない」「ファールでなければ続けるのは当然」「これに関しては、チャイナを責めたり、鹿島を擁護したりできん」「金森が倒れた時、鹿島のボールだったが、広州に奪われて広州がボールを外に」「動画見てみ。プレーを切るためにボールを外に蹴り出さず、悶絶してるチームメイトの金森に蹴り込んだ張本人が金崎だから」「内容も確認せずに中国たたきが始まるようならヤバいと思ったけど、みんな冷静に判断しているので日本はまだ大丈夫」といったものが並び、ほとんどが金崎に問題があるとの反応を示している。

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 08:39:50.50 _USER9
    日本サッカー協会は25日、W杯アジア最終予選B組イラク戦(6月13日、テヘラン)に臨む日本代表メンバー25人を発表し、
    ブルガリアでプレーするMF加藤恒平(27)=ベロエ・スタラザゴラ=ら3人が初選出された。

    ボランチの加藤は世代別代表の経験もないサプライズ選出。
    ハリルホジッチ監督の“秘密兵器”として期待が掛かる。また、6月7日には東京・味の素スタジアムでシリアと国際親善試合を行う。

    東欧を渡り歩く異色のフットボーラーが、ついに日本代表へと上り詰めた。
    ハリルホジッチ監督は加藤について「1年かけて追跡した。現地で(スタッフが)4試合ほど見た。(山口)蛍に似ている。
    ボールを奪う役割、組み立てもできる」と選出理由を説明。昨年9月の会見でも「ブルガリアのカトウも見てきた」と言及していた。

    加藤は13年に町田を退団後、モンテネグロ、ポーランド、ブルガリアでプレー。
    立命大在学中には2度のアルゼンチン留学を経験し、現地でボランチにコンバートされた。

    「ボールを奪い取ることには自信を持っている」と本人が話すように、
    173センチと小柄ながら球際に強く、ボール奪取能力にたけている。

    中立地イランで行われるイラク戦は劣悪なピッチ状態が予想されるが、
    加藤はモンテネグロで「ポイントが刺さらないほど硬くて、ボールもゴロで転がらない」ピッチにも慣れている。

    指揮官は「すぐにプレーさせるわけではない」と起用には慎重な姿勢だが、
    負傷を抱える今野の状態次第では出番が訪れる可能性もある。

    加藤は28日の海外組合宿から合流する。遠回りの末にたどり着いた憧れの場所。
    「国を背負えるのはすごいこと。子供たちに違った道もあると思ってもらえれば」。加藤が新たな一歩を踏み出す。

    写真
    no title


    デイリースポーツ 5/26(金) 6:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000008-dal-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 16:45:38.00 _USER9

    no title


    日本サッカー協会は25日、キリンチャレンジカップのシリア戦(6月7日、味スタ)とロシアW杯アジア最終予選イラク戦(同13日、イラン・テヘラン)に臨む日本代表メンバー25人を発表した。MF清武弘嗣(27=C大阪)ら代表常連の主力メンバーが外れて、無名のMF加藤恒平(27=ベロエ・スタラザゴラ)らの新顔を初選出した。まさかの“超サプライズ選考”の裏にいったい何があったのか――。 

     バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が大ナタを振るった。日本代表の主力選手だった清武、GK西川周作(30=浦和)、DF森重真人(30=FC東京)、お気に入りのFW宇佐美貴史(25=アウクスブルク)を選外とした。指揮官は「何人かの選手のパフォーマンスに満足していない」と険しい表情で説明した。 

     代わりに招集した面々はまさにサプライズ。ブルガリアでプレーするMF加藤を筆頭に、J1浦和を支えるDF宇賀神友弥(29=浦和)、若手有望株のDF三浦弦太(22=G大阪)が初選出。リオデジャネイロ五輪代表で売り出し中のGK中村航輔(22=柏)も抜てきした。 

     指揮官は「他の選手が良かっただけだ。みんなに門戸が開いている。サプライズ? こんなことでびっくりしてはいけない」と涼しい顔だったが、W杯アジア最終予選が佳境を迎える中、大幅な入れ替えを断行するのは極めて異例。なぜ大胆な決断を下したのか。 

     ハリルホジッチ監督は、イラク戦が開催されるイランの試合会場のピッチ状態が悪いため「パス中心の展開は難しい。空中戦になりセカンド(ボール)を拾うという想定。その状況下で、できるだけ速くボールを取るのが大事。ボールを奪える選手を選んだ」と説明。球際の強さを重点ポイントに据えた。 

     その一方で、指揮官が主力を外したのには別の理由がある。Jクラブ関係者は「ハリルさんはチームに“ぬるい”空気が蔓延していることを危惧したようだ。例えば練習でも気心知れた者同士で安全に、淡々とこなす場面が見られた。そこで思いきって刺激を入れる狙いがある」と指摘する。 

     指揮官は練習時でも激しい「デュエル(戦い)」を求めてきたが、毎度おなじみのメンバーが中心では、ケガを心配しながらプレーするなど最近は“マンネリ化”が顕著だった。来年のW杯本番はおろか、最終予選を勝ち抜くことさえままならないと危機感を強め、起爆剤として新戦力をサプライズ登用したのだ。

    「アグレッシブにいける選手、戦いが大好きな選手を選んだ。この私のチョイスが良いメッセージになればいい」。ハリル流の“喝”でチームの活性化を図る。

    東スポWeb 5/26(金) 16:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000038-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 07:54:27.61 _USER9
    本拠地最終戦で本田が今季初ゴールも、伊紙「困難に直面したシーズン」と指摘

    ACミランの日本代表FW本田圭佑は、21日のリーグ本拠地最終戦のボローニャ戦で今季初ゴールとなる鮮やかな直接FKを決めて存在感を示した。
    ホーム最終戦のゴールに、イタリアのサッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は「ゴールとともにサンシーロにサヨナラ」と特集。
    しかし、本田が希望する欧州残留の可能性については「具体的なものはない」と厳しい見通しを示している。

    本田はボローニャ戦の後半28分、ゴール正面の約23メートルからFKを直接狙った。
    右サイドを狙った左足のキックは鋭く曲がって落ち、相手GKミランテの手を弾き飛ばすようにしてサイドネットに吸い込まれた。
    チームメートに祝福され、ゴールのアナウンスではスタジアムに「ホンダ!」のコールがこだました。

    記事では「この日本人選手は困難に直面したシーズン。7試合で1ゴールだった。
    すでに契約延長の可能性はなくなっている」として、自らも公式ツイッターで退団発表をしている本田の来季を
    「残留0%、移籍100%、引退0%」とまとめた。その一方で、「未来は不確定」ともしている。

    「ホンダの意図は2018年ロシア・ワールドカップにつなげるためにヨーロッパに残ること。彼のエージェントは周囲を見渡し始めているが、具体的なものはない。
    彼が同じ困難を繰り返さないためには中堅クラブが望ましい。だが、経済的な問題がそれを難しくさせている」

    中堅クラブが望ましいがネックは…

    スペイン2部優勝で来季1部決定のレバンテなどが移籍先候補として挙がるなか、イタリアメディアは「具体的なものはない」と言及。そ
    して、実力的には中堅クラブが出場機会を得るために望ましいが、高額年俸がネックになると分析している。

    今季限りで契約満了となり、フリー選手として来季の所属先を探すことになる本田だが、その障害は少なくないと見られている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00010001-soccermzw-socc
    Football ZONE web 5/25(木) 7:31配信

    no title
     

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 18:02:16.20 _USER9

    no title

     日本サッカー協会(JFA)は25日、6月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦にて、日本代表の選手が「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」を着用すると発表した。 
      
    JFAは2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の突破を目指す日本代表を応援する企画として、「青炎(セイエン)キャンペーン」を実施。その一環として、多くの日本サッカーファンが歓喜した1997年11月16日、マレーシア・ジョホールバルで日本代表がW杯初出場を決めた試合で着用したユニフォームを現代的にリデザインしたものが、今月1日に2万枚限定で発売されていた。 
      
    そしてこの度、6月7日に行われるシリア戦にて、日本代表の選手が同ユニフォームを着用することが決定した。なお、このユニフォームが使用されるのは今回のシリア戦のみで、今後の日本代表戦で着用される予定はない。 
      
    シリア戦は6月7日の19時25分に東京スタジアムにてキックオフを迎える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00592456-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 08:23:27.99 _USER9

    20170525-01829101-nksports-000-3-view[1]


    <U-20W杯:日本0-2ウルグアイ>◇1次リーグD組◇24日◇水原 
      
    U-20日本代表が同ウルグアイ代表に0-2で敗れた。1勝1敗でD組首位から3位に後退。前半途中にエースFW小川航基(19=磐田)が負傷退場し、飛び級選出のFW久保建英(15=東京ユース)が緊急出場した。南米予選首位の厳しいマークに遭い、光るプレーも見せたがゴールは奪えなかった。1次リーグ突破をかけて、27日のイタリア戦に臨む。 
      
    思わぬ形で久保がピッチに立った。前半16分、チームをアクシデントが襲った。絶対的エースのFW小川が左膝を痛め、担架で運ばれた。3月のドイツ遠征から対外試合で6戦連発中だった攻撃の核を突然失った。急きょウオーミングアップを始めた攻撃陣。呼ばれたのは15歳の久保だった。わずか3分の準備運動でピッチに向かった。 
      
    すぐに南米王者の容赦ないマークに遭う。出場してすぐの敵陣深くでのファーストタッチ、続く中盤でのドリブルはともに180センチを超える相手の厳しいタックルを浴びた。「相手は速かった」。25分には左サイドから突破を試みたが、2人に挟み込まれて奪われた。ときには片方のサイドを空けてでも背番号20を抑えにきた。 
      
    厳しい寄せが久保の闘志に火をつけた。「これじゃ終われない、とハーフタイムに思った」。好機は作った。後半9分、MF市丸のシュートをGKがはじいた。高く浮いたボールの落下地点にいち早く久保が走った。ただ、GKが戻っていないゴールへ放ったヘディングは枠の上。「外したということ。それが結果です」。あおむけに倒れ、両手で顔を覆った。 
      
    同13分には素早いターンでDF2人を振り切りペナルティーエリア内へ。左足の強烈なシュートで決定的な場面を作るなど、対応力の高さも示した。その後もFW岩崎へのスルーパスなど好プレーを見せたが、得点にはつながらなかった。 
      
    チームの行方が15歳に託される可能性も出てきた。敗れたものの、次のイタリア戦に勝てば自力で決勝トーナメントに進める。この大一番を前に、小川の出場は不透明だ。自力で立ち上がることができなかったエースの穴を埋められるのは現時点で久保しかいない。今大会で初の先発を任されることも考えられる。「後ろは見ずに、心も体も切り替えたい」と顔を上げた。チームを襲った小川のアクシデント。苦境をはね返すカギは、久保が握っている。【岡崎悠利】

    日刊スポーツ 5/25(木) 8:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-01829101-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 12:05:00.35 _USER9

    20170526-00000002-goal-000-4-view[1]

    ドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンは退団を希望し、新たなクラブへの移籍を求めているようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

    シーズンオフになるたびに、移籍がうわさされるオーバメヤンの去就についに動きがありそうだ。かねてより、「レアル・マドリーへの移籍が夢」と語ってきた快足FWは、すでにドルトムントに対して退団の許可を得ており、移籍することはほぼ確実となった。

    しかし、その行き先はまだ決まっていない。また、オーバメヤンの希望する“白い巨人”も手は挙げていないようで、現時点ではパリ・サンジェルマン、古巣でもあるミラン、中国の天津権健らが候補として伝えられている。ドルトムントは最低でも8000万ユーロ(約100億円)のオファーを提示してくるクラブとのみ交渉に応じる構えだという。

    さらに、ドルトムント側もオーバメヤンの後釜に関してすでに目星は付いている。『ビルト』によれば、サンプドリアのFWパトリック・シックを1500万ユーロ(約19億円)で獲得する準備ができているようだ。

    いずれにしろ、今夏の移籍市場で動きがあることは確実で、史上稀に見るビッグディールが成立する可能性は高いと言えるだろう。

    GOAL 5/26(金) 11:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000002-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 23:59:43.25 _USER9

    20170525-00010035-footballc-000-2-view[1]


    イングランド代表は25日、6月10日に行われるスコットランド代表とのロシアワールドカップ欧州予選と同13日に行われるフランス代表との国際親善試合に向けた代表メンバーを発表した。

     ガレス・サウスゲート監督は、マンチェスター・ユナイテッドで充実のシーズンを過ごせなかったFWウェイン・ルーニーを今回も外した。一方で、トッテナムに所属する26歳のDFキーラン・トリッピアーが初招集となっている。

     イングランド代表は、W杯欧州予選グループFで現在首位。ここまで5試合を消化して4勝1分となっており、2位スロバキアと勝ち点4の差をつけている。

     今回のイングランド代表メンバーは以下のとおり。

    ▼GK
    バトランド(ストーク・シティ)
    フォースター(サウサンプトン)
    ハート(トリノ)
    ヒートン(バーンリー)

    ▼DF
    バートランド(サウサンプトン)
    ケーヒル(チェルシー)
    クライン(リバプール)
    クレスウェル(ウェスト・ハム)
    ギブソン(ミドルスブラ)
    フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
    スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
    ストーンズ(マンチェスター・シティ)
    トリッピアー(トッテナム)
    ウォーカー(トッテナム)

    ▼MF
    アリ(トッテナム)
    ダイアー(トッテナム)
    ララーナ(リバプール)
    リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
    リバモア(ウェスト・ブロムウィッチ)
    オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)
    スターリング(マンチェスター・シティ)

    ▼FW
    デフォー(サンダーランド)
    ケイン(トッテナム)
    ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
    ヴァーディー(レスター・シティ)

    フットボールチャンネル 5/25(木) 21:56
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00010035-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 12:59:31.13 _USER9

    8308[1]

    Jリーグは26日、16年度のクラブ経営情報を開示した。J1、J2、J3の全53クラブのうち、3月決算である柏、磐田、J3・YS横浜を除く50クラブが対象。J1、J2、J3合計の事業規模は約930億円で、15年度から約55億円増加。11年度以降6年連続の増加となった。営業費用は約915億円で、約53億円の増加。クラブライセンスが不交付となる3季連続赤字、債務超過のクラブはなかった。

     クラブ別の事業規模は浦和が約66億円で最大。鹿島が約56億円、G大阪が約51億円で続いた。昨季のJ1で最も営業規模が小さいのは甲府で約15億円だった。チーム人件費は浦和が約24億円で最高。神戸が約21億円、FC東京が約20億円で続き、クラブW杯で準優勝した鹿島は約19億円だった。

     Jリーグは今季から動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」を提供する英パフォーム・グループと10年2100億円の放映権契約を締結。賞金や各クラブへの配分金は大幅増となるが、Jリーグの青影宜典クラブライセンスマネジャーは「16年度がスタートする段階ではダゾーンとの契約は決まっていなかった。影響が大きく出てくるのは今シーズンからではないか」と説明した。

    スポニチアネックス 5/26(金) 12:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000095-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/26(金) 08:34:12.21 _USER9
    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が、ブルガリアでプレーする無名のMF加藤恒平(27=ベロエ・スタザゴラ)ら初招集3人を含む驚きの日本代表を編成した。
    25日、東京・JFAハウスで会見し、W杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、テヘラン)に向けたメンバーを発表。日本は国際親善試合シリア戦(同7日、味スタ)を経て、勝てばプレーオフ出場の3位以内が決まるイラク戦に臨む。

    GKから順に西川、森重、清武、宇佐美と各ポジションの主力の名前は呼ばれなかった。代わりに中村、宇賀神、三浦と来て、極め付きはブルガリアの加藤と計4度のサプライズ。
    新たな25人を発表したハリルホジッチ監督は「サプライズではない。これが基準。私は自分の子どもにさえ、無条件でプレゼントをあげたことがない。“奪い取れ”ということだ」と話した。

    選外とした常連を「外したという言葉は使ってほしくない」と気遣いつつ、選出理由は「パフォーマンス。より良い選手を選んだだけ」と端的に答えた。
    イラク戦が行われるテヘランの会場はピッチがデコボコと見られ、変更を申し入れたが却下された。納得いかない指揮官は2人の協会職員を順に派遣し、整備を申し入れている。
    荒れたピッチでの肉弾戦を想定して「ボールを奪うところでアグレッシブな選手が必要」と加藤を初招集した。

    3月のUAE戦では、今野を抜てきして先発起用し、驚異的な活躍のおかげで勝った。この34歳は同戦での骨折を最後にプレーできていないが、基準の「パフォーマンス」を超越した存在として別格扱いした。
    「彼のような選手が本当に必要。今野のような選手はたくさんはいない」。ハリル色満載の編成となった。

    呼び寄せた選手の中でも、変化をつけている。会見場のスクリーンに映し出したポジションの記載順が、そのまま序列となるのがハリル流。
    ずっと最上位だった本田が、4-3-3の右FWで初めて久保と入れ替わった。就任以来初めて本田を、久保に次ぐ2番手と位置付けた。エース交代という内なる変化もあったようだ。

    最終予選7試合を終え5勝1分け1敗でB組首位。残りは3試合。「イラクに勝てば、最終予選突破に向け大きな1歩が踏み出せる」。サプライズメンバーで挑戦する。【八反誠】

    ◆日程 合宿は東京近郊で28日から海外組9人で始まり、残りは帰国後、順次合流する。29日に大迫、31日に原口、6月1日に本田、2日は長友と香川が加わる。国内組は4日のJ1第14節終了後に合流し、5日に全25人がそろう。

    ◆W杯アジア最終予選 12チームがA、B組に分かれ、ホームアンドアウェーで対戦し、各組2位までがW杯出場権を獲得する。3位同士がアジアプレーオフで対戦し、勝者は北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフに回る。

    日刊スポーツ 5/26(金) 7:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-01829629-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 19:44:45.07 _USER9

    20170525-00000026-goal-000-2-view[1]

    ジュビロ磐田は25日、MF中村俊輔が負傷したことを発表した。

    中村は23日に行われたトレーニング中に受傷し、浜松市内の医療機関にて検査の結果、左ハムストリングス肉離れと診断された。トレーニング復帰には3週間程度かかる見通しだ。

    今季から磐田に加入した中村は、リーグ戦12試合中11試合に先発出場し、2ゴールをマーク。第8節の鹿島アントラーズ戦で決めたミドルシュートが、4月の月間ベストゴールに選ばれるなど、新天地でも活躍を見せていた。

    磐田は同日、FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017に参加しているFW小川航基が左ひざ前十字じん帯断裂および左ひざ半月板損傷により、負傷離脱することを発表しており、続けざまにケガ人が出た格好だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000026-goal-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 16:44:39.09 _USER9

    20170525-00085187-playboyz-000-1-view[2]



    今季こそアジア王者の座を奪い返してほしいね。

    2008年にG大阪が優勝したのを最後に、Jリーグ勢のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)での成績は振るわず、決勝にもたどり着けていない。豊富な資金を擁する中国勢、勝負強い韓国勢の後塵を拝してきた。

    ところが、今季は少し様子が違う。G大阪を除く鹿島、浦和、川崎の3チームが1次リーグを1位通過。Jリーグ勢3チームの通過は3年ぶり、いずれも1位となると実に8年ぶりだ。今週行なわれる決勝トーナメント1回戦(第1戦)を前に、今季はやってくれるかもしれないという期待感があるね。

    ただ、3チームが1位通過したとはいえ、試合内容を見れば、決して他チームを圧倒したわけじゃない。例えば、浦和はホームの上海上港(中国)戦で、相手がPKを2本も外すラッキーがあった。

    鹿島は同じ組に中国勢がいないなど組分けに恵まれた割にもたついた。川崎も組最下位のチーム相手に引き分けに持ち込まれ、唯一の得点と勝ち点をプレゼントしている。

    そういう意味でも、いよいよここからが本当の勝負。3チームとも相手を怖がる必要はないけど、挑戦者として謙虚な気持ちで戦ってほしい。

    決勝トーナメント1回戦では、鹿島が広州恒大(中国)と、浦和が済州(韓国)と、川崎がムアントン(タイ)と対戦する。浦和と川崎は比較的相手に恵まれた。自分たちの力を発揮できれば、勝ち上がる可能性は高い。

    一番の注目は鹿島vs広州恒大。昨季のJリーグ王者と中国王者の激突だ。

    現役バリバリのブラジル代表MFパウリーニョなど、大物外国人を擁する広州恒大の攻撃は破壊力抜群。ホームでの第1戦も序盤からガンガン攻めてくるはず。

    鹿島が押し込まれる時間が長くなるだろう。ただ、鹿島にすれば、しっかりと守ってカウンターを狙う展開は得意とするところ。ホーム&アウェーの戦い方をJリーグで一番理解しているチームだし、僕は十分に戦えると思っている。

    鹿島に不安があるとすれば、主力のコンディション。ここにきてのレオ・シルバの離脱は本当に痛い。また、今季はACLも見据えた補強を行なったわけだけど、それでも2チーム分の戦力はない。

    Jリーグでも先発メンバーを入れ替えたときに、下位チーム相手に取りこぼしている。1次リーグ同様、並行開催のJリーグとどう選手をやりくりするのか、石井監督の采配に注目したい。

    そして、その点に関連して今回、僕が不満なのは、Jリーグのスケジュール対応。大事な決勝トーナメント1回戦(第1戦)の4日前の平日夜(19日)に、鹿島と川崎の試合を組んだ意味がわからない。どうして試合を延期して、両チームを少しでもいい状態でACLに送り出せなかったのか。

    Jリーグは「ACL出場チームにはできるだけのサポートをする」と言っているけど、実際には“潰し合い”をさせたんだ。もちろん、チケット販売や会場確保の問題など、急に試合日程を変えるのは大変なこと。

    でも、今回に関していえば、それだけのことをやる価値があったと思う。そもそも両チームがACLを勝ち上がることを想定していたら、こんなスケジュールは組まなかったはず。今のJリーグには昔のような資金力はないからこそ、そうした部分での工夫は常に考えなければいけないよ。

    (構成/渡辺達也)

    週プレNEWS 5/25(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00085187-playboyz-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 14:14:27.87 _USER9
    チェルシーが安全面配慮で優勝パレードを中止「不適切だと判断」
    http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20170525/pre17052513570002-s.html
    2017.5.25 13:57
    no title


    チェルシーが安全面配慮で優勝パレードを中止「不適切だと判断」  チェルシーが28日に開催する予定となっていた優勝パレードを中止することを発表した。

     チェルシーは2016-17シーズンのプレミアリーグを制覇。27日のFAカップ決勝戦で勝てば2冠達成となる。FAカップ決勝戦の翌日に優勝パレードを計画していたが、マンチェスターで22日にテロ事件が発生した。そのため安全面に配慮してパレードを行わない決断を下した。

     クラブは公式サイト上に声明文を掲載。「月曜日に起こったマンチェスターでのテロ攻撃を受け、チェルシーフットボールクラブより心からのお悔やみを申し上げます」と哀悼の意を表明し、「優勝パレードの敢行は不適切だと判断」したことを伝えた。

     続けて、「地元の警察や議会、また関係各所との協議の上、たとえ安全性に細心の注意を払ったとしても、不特定多数の集まる大規模なイベントをロンドン市街地で行うことは不用意と考えるのが自然かと思われます」と中止の理由を説明した。

     また、FAカップ決勝戦において喪章の着用と犠牲者支援として募金活動を行うことも合わせて発表した。(Goal.com)

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 14:27:03.16 _USER9

    no title


    先ごろツイッターを開始したACミラン(イタリア)の日本代表MF本田圭佑(30)が2017年5月25日(日本時間、以下同)、初めて日本語でツイートした。それまではイタリア語か英語だった。

    「価値観や哲学」を共有したいとしており、サッカーに直接関係する言葉は盛り込まれていない。

    「価値観や哲学などを日本語でも共有していきたい」
    日本語でのツイートは「本田圭佑です。ツイッター始めます」と切り出した。
    「正直SNSは苦手なんですが」としつつ、「自分の今後の人生で色々と思うところもあって。
    ここでは自分なりの価値観や哲学などを日本語でも共有していきたいと思ってます。宜しくです」と今後ツイッターで発信していきたい内容について伝えた。

    本田は14年1月にACミランに加入し、17年6月末で契約が満了する。ミランは5月28日の最終第38節・カリアリ戦で今季最後の公式戦となる。

    本田がツイッターを開始したのは22日未明。最初のツイートで、ミランのサポーターに向けてイタリア語で
    「ありがとう。この3年半、コンスタントに挑戦を続けてこられたし、俺を人間として成長させてくれた。感謝している」と伝えた。
    さらに「僕は今季でミランを去る。でも、すぐにまた会えるのを楽しみにしている。
    その時はサッカー選手とは違う形になるかもしれない」と再契約はせず退団すると明言しつつ、移籍先については言及がなく、今後に含みを持たせていた。

    サッカー選手としての投稿から始まった本田のツイッターだが、
    冒頭であげたように初の日本語ツイートではサッカーに直接関係する内容はない。去就も「今後の人生で色々と思うところもあって」と言うに留めている。

    マンチェスターの爆発テロ事件について言及
    本田は、アカウントの自己紹介欄(英語記載)で「サッカー選手、起業家、教育者」を名乗っているとおり、ビジネスや教育分野に関心が高い。
    実際、オーストリア2部・ホルンSVのクラブ経営参入のほか、自ら少年サッカースクールを立ち上げて全国で開校している。
    そのスクールではサッカーの技術向上に限らず、「大人になっていくために必要なことを学んでもらいたい」「子供に多くの選択肢を与え、自分で判断する。
    または決断することを学ばせます」などの教育理念を掲げている。

    英国・マンチェスターのアリアナ・グランデさんのコンサート会場で5月23日に発生し、22人が死亡、59人が負傷した爆発テロ事件について、
    本田は同日夜のツイートで「ひどすぎる。マンチェスターでの爆発で皆さんが受けた悲しみを思うと、本当に気の毒だ」と英語で沈痛な思いをつづった。
    その上で「こうした問題を解決するための唯一の方法は、子どもたちへの正しい教育だ」と、教育者としての考えを述べていた。

    今回の日本語ツイートには日本のユーザーからの反響が大きく、「哲学沢山聞きたい」「気楽に本田選手自身の思いや考えを発信していただけたら
    」「メッセージを聞けるのを楽しみにしています」と、人生訓話を含めた今後の発信に期待が集まっている。
    また、退団後の移籍先について「是非ヨーロッパでこの先もプレーして欲しい」と要望する声もある。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13110936/
    2017年5月25日 13時52分 J-CASTニュース

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 20:34:29.57 _USER9

    20170525-01640119-gekisaka-000-2-view[1]

    日本代表メンバーが25日に発表され、エイバルに所属するFW乾貴士がハリルジャパン初陣の15年3月以来、約2年2か月ぶりとなる代表復帰を果たした。 
      
    エイバルもメンバー発表後にクラブ公式ツイッター(@SDEibar)を更新し、「おめでとう、タカシ! 我々エイバルは君のことが誇らしい」と乾へ祝福のメッセージを送っている。 
      
    2015年8月にフランクフルトからエイバルに完全移籍した乾は、今季のリーグ戦28試合(先発26試合)に出場し、3得点を記録した。シーズン中の4月には、スペイン国王夫妻の来日に伴う安倍晋三首相主催の夕食会出席により、2試合を欠場したが、その後も好調を維持。そして21日にカンプ・ノウで行われたバルセロナ戦(2-4)で2得点を挙げ、バルセロナからゴールを奪った初めての日本人選手となった。 
      
    バルセロナ戦後にスペイン『マルカ』で「エイバルの最も優れたプレーヤーの1人」と賞賛されるなど、日本人が苦戦を続けてきたスペインで自らの地位を確立した乾。エイバルの看板を背負い、今度は日の丸のユニフォームを着て大暴れを誓う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-01640138-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 19:34:27.16 _USER9

    20170511-00084402-playboyz-000-1-view[1]


    ◆ハリルホジッチの選手選考は矛盾が多すぎる。

    ロシア・ワールドカップの最終予選のイラク戦が6月13日に行なわれる。6月7日にはシリアとのテストマッチも控えているが、この2戦に臨むメンバーが5月25日に発表された。
     
     GKにはレイソルの中村、DFにはガンバの三浦、レッズの宇賀神ら目新しいメンバーが選ばれた。最も驚かされたのはブルガリアのベロエ・スタラ・ザゴラに所属する加藤の選出だ。正直、名前を聞いても「誰?」という感想だ。どんな選手なのか、みんなも気になるんじゃないかな。
     
     3月のUAE戦、タイ戦に向けたメンバー発表会見では、ハリルホジッチ監督は“経験”を重視したと語っていた。それなのに、今回は経験の浅い選手を数人、加えた。彼の選考基準は何を軸にしているのか、さっぱり理解できない。
     
     CBでは森重を外したね。理由はクラブでのパフォーマンスに満足できないからだという。だったらなんでFWに本田を入れたのか。確かに直近のボローニャ戦では、素晴らしいFKを決めた。でもあれだけだよね。シーズンを通じてベンチを温めていた選手を選び、クラブで結果を残しているレッズの興梠やフロンターレの小林を外すのは、理屈に合わないよ。要するに彼の選手選考には矛盾が多いんだ。
     
     ハリルホジッチ監督が考える“調子の良い選手”の定義とはなんなのか、一度聞いてみたい。興梠や小林は会見の説明だけじゃ到底、納得できないはずだよ。
     
     欧州組を選んでいるのは、視察ついでにフランスに帰る理由が欲しいだけなんじゃないかと勘繰りたくもなるよ。初選出の加藤にしたって「スタッフが現地で4試合見た」と、強調していたが、実戦で使うのかな。想像できるのはテストマッチのシリア戦で、数分だけピッチに立たせてお茶を濁すパターンじゃないかな。
     
     その意味でもイラク戦で注目したい選手はいないね。結局は初選出の選手はシリア戦で試され、イラク戦はいつもとあまり代わらないメンバーが並ぶはずだから。

    つづく

    SOCCER DIGEST Web 5/25(木) 18:53
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00026115-sdigestw-socc&p=3

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 13:24:18.70 _USER9

    20170525-00592232-soccerk-000-1-view[1]


    SOCCER KING 5/25(木) 12:57配信 
      
    バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに続いて、レアル・マドリードの
    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにも脱税疑惑が浮上しているようだ。スペイン紙
    『マルカ』が25日、同国のラジオ局『カデナ・コペ』や『カデナ・セール』の報道を引用して
    伝えている。 
      
    報道によると、C・ロナウドが2011年から2013年にかけて肖像権収入を不正申告し、800万ユーロ
    (約10億1000万円)以上を脱税しているとスペインの税務局が見込んでいるようだ。事実であれば、
    24日に最高裁判所から懲役21カ月(スペインの法律では2年以下の懲役刑には執行猶予が
    付いていることから、収監は免れる見通し)を言い渡されたメッシの脱税額400万ユーロ
    (約5億円)の2倍の額となる。 
      
    C・ロナウドについての今回の報道では、問題はすでに検察庁へ渡っているという。
    2014年の納税内容について状況を整理、正常化しようとしていた過去もあることから、
    本件が行政犯罪なのか、脱税罪に該当するのかの判断がなされるようだ。仮に行政犯罪と
    見なされれば、C・ロナウドは不正取得となっている800万ユーロと追徴金を支払うこととなる。
    脱税罪に認定された場合は、不正のあった年度ごとに懲役4カ月(2011年から2013年に
    脱税疑惑があるため、計12カ月)を科される可能性があるという。 
      
    メッシに続いてC・ロナウドにも脱税疑惑が浮上することとなったが、果たして真相は。
    今後の動向に注目が集まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00592232-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 12:45:21.74 _USER9

    20170525-01640107-gekisaka-000-2-view[1]


     シカゴ・レッドスターズは24日、MF永里優季と契約を結んだと発表した。契約内容の詳細は発表されていない。今月11日にフランクフルトを退団することは発表されていた。永里は今月31日にシカゴに到着する予定だという。 
      
    日本女子代表(なでしこジャパン)の一員として、2011年女子W杯優勝に貢献した永里。ポツダムやチェルシー、ボルフスブルクでプレーし、2015-16シーズンからはフランクフルトに所属。通算35戦8得点を挙げていた。 
      
    キャリア初のアメリカ挑戦が決まり、永里は自身の『Twitter』で「シカゴ・レッドスターズと契約することができ、本当に嬉しく思います。ともにプレーすることを楽しみに、全力を尽くします!」と意気込みを綴った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-01640107-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/24(水) 19:03:42.08 _USER9

    20170524-00010017-theworld-000-1-view[1]

    ヘルタ・ベルリンでプレイを続けてきた日本代表FW原口元気は、やはり来季から夢と語っていたプレミアリーグに挑戦するのだろうか。

    原口には来季からプレミアリーグに昇格するブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンが興味を示していると伝えられていたが、『Daily Mirror』など英メディアもブライトンと原口が交渉していることを取り上げている。

    ブライトンを指揮するクリス・ヒュートンはプレミアリーグを1シーズン戦い抜くために積極的に補強をおこなう考えで、原口もその候補者の1人となっているようだ。英『The Sun』は原口が中盤から前線までプレイできる選手で、日本代表では6ゴールを記録していることを紹介。「ブライトンが原口を逃さないために交渉している」と報じており、原口の移籍は確実に近づいている。

    原口はヘルタで得点に絡む機会が少ないと批判も受けてきたが、サイドを上下動する運動量と献身性は確かだ。ブライトンも昇格組のため、来季は守備の時間が長くなるだろう。そのような展開ではサイドで絶えず走り続けられる原口のような選手は重宝するはずだ。また得点に絡む機会が減りそうな気配もあるが、原口が夢とするプレミアリーグ移籍は実現するか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 5/24(水) 18:50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00010017-theworld-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 21:58:59.78 _USER9
    ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが25日、
    今シーズン限りで同クラブを退団することを自身のSNSで発表した。

    「2017年5月28日 日曜日、ローマ対ジェノア、僕がローマのユニフォームを着る最後の日だ」
    「このカラーが僕にとって今までどれだけ重要であり、今後もどれだけ重要であるかを簡単には言い表せない」

    「僕のフットボールへの愛は決して色あせない。
    それは愛情であり、僕の情熱だ。情熱を燃やすことを止める想像が全くできない。とても難しいことだ」

    「月曜日からまた前を向いて歩み出す準備ができている。新しい挑戦への準備ができているんだ」

    現在40歳のトッティは、28日に行われるセリエA最終節のジェノア戦が
    ローマでのラストマッチとなることを発表。しかし、去就については明言を避けている。

    今月3日にはローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏が就任会見で、
    同選手について「今シーズンが選手としてラストイヤーで、その後は幹部入りことで合意している」と語っていた。

    1989年にローマの下部組織に加入したトッティは、1993年に16歳の若さでトップチームデビュー。
    これまで“バンディエラ”(クラブの旗頭)としてチームをけん引してきた。

    今シーズンはここまで公式戦27試合に出場し、3ゴールを記録している。

    SOCCER KING 5/25(木) 21:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00592538-soccerk-socc

    写真
    no title


    サッカーチャンネル
    https://abema.tv/timetable/channels/soccer

    5月26日(金)20:00 ? 23:00
    2017/5/14]ローマvsラツィオ(RomaTV)

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 14:14:06.87 _USER9

    20170525-00010009-soccermzw-000-2-view[1]


    2018年6月までの契約延長にいまだ合意せず ユベントス移籍の可能性も浮上

    イニエスタがバルサ退団の可能性を示唆 「状況を分析して最善の選択をしたい」 
      
    スペインの天才MFアンドレス・イニエスタが、自身の口からバルセロナ退団の可能性があることを語っている。スペインラジオ局「RAC1」に語ったもの。

    現行契約は2018年6月に満了する。そして、現時点で契約延長には合意していない。その状況について万能MFはこのように話した。

    「いつだって僕がブラウ・グラナ(バルセロナ)のユニフォームではないものを着て、キャリアを終える可能性はある。契約延長がどうだという話ではないにしても、今シーズンの状況とパフォーマンスをしっかりと自分自身が評価する必要がある。

    そうして分析をした後に決定するよ。もちろんそれは、最善の選択をしたいということだ。少なくとも言えることは、契約は尊重したいということだね」 
      
    イニエスタに対しては、今季開幕前にバルセロナからDFダニエウ・アウベスを獲得したイタリア王者ユベントスが、獲得の可能性を模索していると報じられている。残り1年の契約期間となったイニエスタは、今夏の移籍市場が一つの決断のタイミングになる。 
      
    下部組織から育った名手は、“ワンクラブ・マン”としてそのキャリアを終えるのか、あるいはアウベスのように違ったサッカー文化の中に身を投じるのか。決断に注目が集まる。

    Football ZONE web 5/25(木) 13:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/05/25(木) 17:56:07.73 _USER9

    20170525-00000017-goal-000-2-view[1]

    サウサンプトンに所属する吉田麻也が同僚DFから称賛を受けた。クラブの公式サイトが伝えている。

    控えとしてシーズンをスタートした吉田とジャック・スティーブンス。ジョゼ・フォンテの移籍やビルヒル・ファン・ダイクのケガを機に出場機会を増やしていった。2人は安定感を増していき、クロード・ピュエル監督に全幅の信頼を置かれるコンビへと成長した。スティーブンスは吉田について以下のようなコメントを残している。

    「誰かとパートナーシップを築くためにはそれなりの時間を要する。だけど、僕とマヤはすぐに良いパフォーマンスを始めることができた。そして2、3カ月してさらに強固なものとなった。定着しつつあるチームに割って入るのは難しい。だがマヤは僕にとって素晴らしい存在だった」

    吉田麻也は2016-17シーズン、公式戦37試合に出場するなど充実のシーズンを過ごしたが、チームメートのレギュラー定着にも一役買っていたようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000017-goal-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ