サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/10(日) 07:08:39.76
    20190202-00010021-goal-000-4-view[1]


    昨年9月に発足した森保ジャパンの最初の公式戦となったアジアカップ。過去4度の優勝を誇る日本は苦戦しつつも無敗で決勝に進出したが、3年後のW杯自国開催に向けて強化を進めるカタールに完敗し、準優勝に終わった。

     約1カ月にわたる大会を通して、選手の評価も明暗が分かれた。まずエースとして圧倒的な存在感を見せたのが、ロシアW杯でも活躍した大迫勇也(28)。臀部の負傷で満足にプレーできない状況が続いたが、準決勝イラン戦では2得点を挙げる大活躍だった。

    「前線で屈強なDFに負けないボールキープに味方の選手を操るパス。さらにゴールセンスにも優れ、FWとしての万能さが炸裂。エースの名に恥じないプレーだった」(サッカー協会関係者)

     20歳のDF、冨安健洋の台頭も見逃せない。昨年1月にベルギー1部のシントトロイデンに移籍し、本場欧州で守備力を磨いてきた。主将の吉田麻也と若さに似合わぬ堅実で落ち着いた守備を披露し、ベスト16のサウジアラビア戦では決勝点も挙げた。

    「高さあり、強さあり、さらにスピードも兼備し、敵のキーマンを止め続けた。未来のDFリーダーの筆頭候補です」(サッカー専門誌記者)

    期待を裏切る結果となった選手は?

     一方、期待を裏切る結果となったのがMFの堂安律(20)と南野拓実(24)。本田圭佑、香川真司、岡崎慎司に代わり、彼らと中島翔哉(24)が「新ビッグ3」として注目を集めてきた。中島が負傷で途中離脱する中、堂安は2得点、南野は1得点を挙げた。

     ただ、「堂安は右サイドで得意のドリブル突破が毎試合不発。終始動きの重さが目立った。南野は大迫不在の試合では周囲とのコンビネーションが噛み合わず、技術的なミスも多く見られた」(同前)と、大会を通してともに不完全燃焼のプレーに終わった。

    「大会中は強気な発言を続けた堂安、そして大会途中から急に口を閉ざすことが多くなった南野。2人とも勝ち気な性格だけに、取材エリアでは自分への歯がゆさが見え見えだった」(スポーツ紙記者)

     本田や香川が2011年大会の優勝で人気と実力を確かなものにした一方、堂安、南野は代表のスターに駆け上がる最初のステップで躓くことに。森保監督が掲げる“世代交代”の成否は、彼らの成長にかかっている。

    2/10(日) 7:00配信 週刊文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00010671-bunshun-spo

    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2019/02/10(日) 05:47:43.94
     20190210-00053978-sdigestw-000-9-view[2]



    【シント=トロイデン 2-1 ベフェレン ベルギー1部第25節】

     現地時間9日に行われたベルギー1部リーグ第25節でシント=トロイデンはベフェレンと対戦し、ホームで2-1の勝利を収めた。鎌田大地冨安健洋がフル出場。木下康介は途中出場でデビューを飾り、決勝点を記録している。関根貴大はベンチ入りしたが、出番なしだった。

     15位ベフェレンをホームに迎えた5位シント=トロイデンは、勝ち点3が欲しい一戦。18分、VARで得たPKをボタカが決めて、幸先良く先制する。

     しかしその4分後、今度はベフェレンがVARでPKを獲得。これが決まって、1-1で折り返す。

     後半に入って主導権を握ったのはシント=トロイデンだが、チャンスらしいチャンスはほとんどなく、時間が経過していく。

     すると86分、シント=トロイデンは木下を投入。得点が欲しい場面でデビュー戦となった。

     88分、その木下がいきなり結果を残す。シント=トロイデンが右サイドからクロスを入れると、ボーリが競ったボールが上に浮き上がる。木下はGKに競り負ける形となるが、こぼれ球をヒールでシュート。このボールを相手DFがクリアしようとするが、これが木下に当たってゴールに転がり、2-1となった。

     木下のゴールが決勝点となり、シント=トロイデンは勝ち点3を獲得。5位を維持した。

    【得点者】
    18分 1-0 ボタカ(シント=トロイデン)
    22分 1-1 フォルテ(ベフェレン)
    88分 2-1 木下康介(シント=トロイデン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00308927-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/10(日) 02:52:45.11
     Dy-1bsCXcAI-VDQ[1]

    Dy-bD8MXcAAFIxM[1]

    Dy-bD8TXgAIhVp8[1]

    Dy-4jUsXcAA3hu1[1]

    スュペル・リグ第21節が9日に行われ、香川真司所属のベシクタシュが2-0でブルサスポルを下した。

     ベシクタシュは40分にブラク・ユルマズが移籍後初ゴールを決めて先制。さらに62分には再びユルマズがゴールを奪い、リードを2点に広げた。直後の67分にはベンチスタートとなった香川真司がピッチに立ち、本拠地デビュー。2試合連続ゴールとはならなかったが、トップ下の位置で約25分プレーした。

     次節、ベシクタシュは15日にアウェイでマラティヤスポルと対戦する。

    【スコア】
    ベシクタシュ 2-0 ブルサスポル

    【得点者】
    1-0 40分 ブラク・ユルマズ(ベシクタシュ)
    2-0 62分 ブラク・ユルマズ(ベシクタシュ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00905110-soccerk-socc





    続きを読む

    001: 名無し@サカサカ10 2019/02/09(土) 05:56:36.03
     Dy5hhTMV4AAox6G[1]


     
    フランス・リーグアンは8日に第24節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはディジョンと対戦し、2ー1で勝利した。右サイドバックの酒井は2試合連続でフル出場し、新加入のFWマリオ・バロテッリと初共演を果たした。

     前節・ボルドー戦(〇1-0)で3試合ぶりの勝利を手にしたマルセイユ。アジアカップから帰還した酒井を始め、MFフロリアン・トバン、MFケビン・ストロートマン、そしてバロテッリが戦線復帰し、MFディミトリ・パイェやMFルイス・グスタボらはメンバー外となったが、少しずつ戦力が整いつつある。

     しかし、マルセイユは前半18分に失点。相手のミドルシュートはGKスティーブ・マンダンダが防ぐが、こぼれ球をMFジョーダン・マリーに押し込まれてしまう。前半は0-1で折り返した。

     マルセイユは後半10分、MFブナ・サールに代えてFWバレール・ジェルマンを投入すると、流れを引き寄せる。同12分にはMFマキシム・ロペスの右CKをニアサイドのトバンがそらし、ファーサイドのバロテッリが辛うじてワンタッチ。1-1と追いついて試合を振り出しに戻した。

     マルセイユは後半30分に逆転に成功。カウンターから左サイドのDFジョルダン・アマビィが前線にパスを出し、MFルーカス・オカンポスが攻撃を仕掛ける。鋭い切り返しでPA左に進入すると、そのまま右足を一閃。豪快な弾道はゴールネットに突き刺さり、2-1と試合をひっくり返した。

     試合はそのまま2-1で終了。マルセイユは昨年11月25日の第14節・アミアン戦(〇3-1)以来となるリーグ戦連勝を達成し、暫定で7位から5位へと順位を上げている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-26659000-gekisaka-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/09(土) 07:44:21.73
    po-560x373[1]


    ポルトガル1部のポルティモネンセが8日、同クラブの下部組織(U-23)に所属する21歳の長島滉大がトップチームに昇格したと発表した。
    長島は昨年9月、JFLのFC今治からの期限付き移籍でポルティモネンセに加入。U-23の選手としてプレーしていた。なお、当時の発表によるとレンタル期間は今年の6月30日までとなっている。

    ポルティモネンセには今年2月まで日本代表MF中島翔哉が所属していた。今季はリーグ戦13試合出場で5得点6アシストを記録。
    ウォルバーハンプトンなど複数の欧州クラブから関心を示される中で、2月3日に移籍金3500万ユーロ(約44億円)でカタール1部のアル・ドゥハイルSCへ移籍している。

    過去には金崎夢生がプレー。1月29日には権田修一がポルティモネンセに加入しており、日本との関わりが深いクラブだ。
    FC今治とは2016年に付き合いがあり、長島を含めた日本人選手3人(長島、片岡爽、小野田将人)がポルティモネンセの練習に参加していたことがある。

    果たして、長島はトップチームでどのような活躍を見せるのだろうか。

    2019年02月09日(Sat)6時51分配信 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2019/02/09/post308790/

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/08(金) 23:17:38.55
    20190208-00308776-footballc-000-1-view[1]


    オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑は負傷からの復帰に近づきつつある。だが、復帰の見通しを述べた会見での英語の発音ミスも注目を集めることになってしまった。豪州『FOXスポーツ』が会見の様子を伝えている。

     本田は昨年12月半ば以来負傷で戦線離脱。だが順調に回復しており、10日に行われる首位パース・グローリーとの一戦にベンチ入りが見込まれ、試合展開次第で出場することになるとみられている。

     8日にはケビン・マスカット監督とともに会見に出席し、復帰の見通しについて語った。だが「負傷は良くないが現実、事実だった」と言おうとした本田は、「fact」という単語の発音を誤り、英語では口にすべきではない汚い罵りの言葉だと聞こえるような発音となってしまった。

     会見場がざわつく中、隣の監督から指摘を受けた本田は「fact」と言い直した上で「すみません、発音が良くなかったかも」と弁明。会場は笑いに包まれた。

     その後本田は公式ツイッターでもこの件についてコメント。「もっと頑張って英語を勉強します…いずれにしても、英語を改善する素晴らしい機会を与えてくれたFOXスポーツに感謝します」と投稿している。

    2/8(金) 22:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00308776-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/08(金) 22:13:15.08
    MF香川真司がベシクタシュ加入の経緯を語った。7日、トルコ『ハベル1903』が伝えている。
    今冬に半年間のレンタルでトルコ入りした香川。3日のリーグ戦第20節・アンタルヤスポル戦(〇6-2)でデビューを果たすと、わずか3分間で2得点を挙げ、サポーターに鮮烈な印象を植え付けてみせた。

    以前から移籍が噂されていた香川にはハノーファー、モナコなども候補に挙がっていた。しかし欧州5大リーグではなく、トルコのベシクタシュを新天地として選択。
    その理由を、「シーズンが始まったときからとても熱心に誘ってくれたし、僕も彼らが何を欲しがっているのかわかっていた」とフィーリングがマッチしたことを挙げている。

    「特に移籍期間に受け取ったオファーは熱烈で、心を動かされたよ。だから移籍を決断したんだ。歴史的なつながりもあったから、ベシクタシュの試合やトルコのことは調べていた」
    さらに、デビュー戦で結果を残した香川は自信を覗かせる。

    「好きなのは攻撃的なポジションだ。もともとはフォワードだったから。特に中盤で自由に動くことが性に合っている。これからどんどんパフォーマンスは上がっていくと思う」

    2/8(金) 20:00配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-26506427-gekisaka-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    233: 名無し@サカサカ10 2019/02/08(金) 09:30:15.29
    20190202-24269057-gekisaka-000-7-view[1]


    日本の守備ってなんであんなに相手と距離をあけるのかねえ
    あの程度のプレスじゃ相手はフリーにプレイができる
    もう永遠の課題だよね
    ハリルが就任した時もこの弱点に触れて「デュエルだ」「一対一だ」「あと一歩間合いをつめろ」と
    散々言い続けたけど結局改善できなかった
    もうどんな監督がきても相手との距離の弱点は改善しないだろうね

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/07(木) 19:48:36.11
    20190207-00000008-sasahi-000-3-view[1]


    中国国内では「ベスト8」という結果を「やっぱりそうか」と受け止める向きが多いという。UAEで取材していた中国人記者は、中国代表について、こう話す。

    「前回大会でベスト8だったので、今回の中国代表には4強入りが期待されていました。タイに勝って準々決勝に進んだ時は多少なりとも希望を持ったサポーターもいましたが、イラン戦の内容には失望感が大きすぎた。リッピはタイムアップの笛が鳴る前にベンチを立つ始末で、試合後の記者会見で選手を称える言葉の1つも出せなかった。それほど内容が乏しかったのは確かです」

     その要因を分析すると、リッピの戦術を中国代表選手たちが十分に把握・実践できなかったことが大きいようだ。

     前出の記者が続ける。

    「イタリア代表のリッピは多様な戦術を選手に植え付けていたと聞きますが、中国の選手たちには、そこまでの理解力や器がなかった。リッピも妥協して約束事をできるだけシンプルにし、選手たちに徹底させようとしました。それでロシアの最終予選ではチーム状態が上向き、結果的にも改善が見られたのですが、今回は成果が出なかった。12月には海南島で長期合宿を組み、チームの一体感や熟成度を高める時間は十分あったはずなのに、結果にはつながらなかったんです」

     さらに、指揮官への批判も高まっているようだ。

    「リッピの推定年俸は年間13億円で、2年3カ月の間に35億円くらいはもらっていたはず。『高額サラリーに見合った成績を残していない』という見方をする人は少なくない。

    ただ、中国サッカー界の重鎮にはイタリアの黄金期を作った名将を崇拝する傾向があって、彼のやり方に誰も口を出さなかった。いわば『丸投げ』です。そういう中国サッカー界の体質も問題だと感じます」(前出の記者)

    金満体質は、中国代表チームに限った話ではなく、中国スーパーリーグを含めたサッカー界全体に言えることだ。経済発展で巨額マネーを手にした中国企業は、習近平国家主席のサッカー熱もあいまってサッカークラブへの投資を競ってきた。その結果、クラブは潤沢な資金を持つようになり、選手たちの年俸も飛躍的に向上した。高年俸を得る選手はプライドが高くなり、人の話に耳を傾けなくなった者もいるという。

     北京在住のサッカー記者はこんな危惧を口にする。

    「中国史上最強と言われる02年日韓ワールドカップの頃の中国代表は謙虚な姿勢を示す選手が多かったんです。イングランド・エバートンなどで長くプレーした李鉄、2008年の東アジア選手権で日本代表の鈴木啓太に『のど輪』を食らわせたことで有名になった李偉峰らは、メディアに対しても紳士的な振る舞いを見せてくれました。ですが、今はメディアより選手の方がはるかにリッチで、社会的地位も上なので、われわれを見下してロクに話をしようともしません。選手の意識がガラリと変わったと痛感させられます。国際的には大した実績もないのにリッピに尊大な態度を取った選手もいたでしょうから、監督側もやりづらかったと思います」

     巨額マネーが選手育成やサッカー環境の整備に活用されればよかったが、企業の投資の行く先は選手や監督の年俸など目に見える部分に偏ってしまった。それも近年の中国サッカーの失敗だと、前出の北京在住記者はズバリ指摘する。

    「中国は政治家もスポーツ界のリーダーも3~4年単位でコロコロ変わる傾向が強い。そうなると長期的ビジョンを持つのが難しくなります。サッカーに関しては特にそうで、『知名度のある指導者を連れて来ればいい』とだけ考えて、サポート体制を構築するのを二の次にしてしまう。2010年代の監督を見ると、元スペイン代表監督のホセ・アントニオ・カマーチョ、マルセイユやリヨンで成功したアラン・ペラン、リッピと名前だけを見ればそうそうたる面々が来ていますが、内容はむしろ後退しているといった方がいいかもしれない。『金が毒になった』という指摘は的を射ていると思います」

    選手育成や指導者養成、環境整備が遅れているという意見が中国サッカー協会に響いただろうか。アジアカップ敗退直後の1月31日には、中国協会とブラジルサッカー連盟の提携が発表され、10万人の育成カテゴリーのブラジル人コーチを受け入れる計画も明らかにされた。今後15年以内にブラジル人コーチを継続的に派遣して、中国の学校でサッカーの先生として働いてもらい、ブラジル流のコーチングシステムを丸ごと導入するということだが、中国とブラジルのサッカー環境や特徴には差があるのに、いきなり異国のやり方を受け入れるのは難しい。「ブラジル人指導者の雇用の受け入れ先になるだけ」といった冷めた目線で見るメディアもあるようだ。

    2/7(木) 16:00配信 アエラ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00000008-sasahi-socc&p=1

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/02/08(金) 09:53:21.04
    20190208-00010008-goal-000-2-view[1]


    やっぱり死んでたもよう
    2019年1月19日、2022年6月30日までの契約でカーディフ・シティFCに加入した[5]。

    2019年1月21日、ナントからカーディフへ向かうため搭乗した小型飛行機の中から家族や友人向けに「壊れそうな飛行機に乗っている」「すごく怖い」との音声メッセージを発し、
    ほどなくして飛行機はイギリス海峡のチャンネル諸島ガーンジー島の北部約20キロ付近で消息不明となった。
    翌22日にガーンジー警察による捜索が行われ、洋上にて複数の浮遊物が発見されたものの搭乗者を示すものは見つからず[6][7]、
    24日には搭乗者の生存の可能性が極端に低くなったとして、警察当局による積極的な捜索が打ち切られた[8][9]。
    その後、2000万円もの寄付が集まり、捜索が再開される事が発表された[10]。

    2019年2月3日、遠隔操作型無人潜水機を使った捜索により海底67.7mで機体が沈んでいるのが発見され、胴体後部に1人の遺体が確認された[11][12]。

    2019年2月7日、英警察は収容された遺体をサラだと確認された事を発表した。
    リーグアン(フランス1部)のナントは飛行機事故に遭ったFWエミリアーノ・サラの移籍金の支払いをカーディフ・シティに要求しているようだ。現地時間6日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

      今季ナントに所属していたサラはこの冬の移籍市場でカーディフへ移籍することで合意。同選手は先月21日、そのカーディフへメディカルチェックのため小型飛行機で向かう途中に事故に遭っていた。

     その後、約2週間に渡り懸命の捜索活動が続いたが、今月3日にイギリス海峡の水中で機体が発見されていた。

    ただ同選手の捜索活動は依然として続く中、ナントはカーディフに対して移籍金1500万ポンド(約21億円)の支払いを求めている模様。またナントは10日以内に支払われない場合は法的措置に出る構えを見せているようだ。

     なお、サラの移籍金はカーディフのクラブ史上最高額であり、3年に渡る分割払いでクラブ間合意に達していたものとみられる。また両クラブによる協議が続いている一方、同選手が下部組織在籍時に過ごしたボルドーも連帯貢献金の支払いを巡って交渉に絡む可能性があるようだ。

    続きを読む

    このページのトップヘ