サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/17(水) 20:53:39.59 _USER9
    10/17(水) 20:35配信
    All About

    ◆インパクト大の“三銃士”

    20181017-00013883-nallabout-000-1-view[1]

    世界ランク5位を撃破! 新生・日本代表はロシアW杯当時より強い?
    サッカー日本代表の勢いが止まらない。3対0で勝利した12日のパナマ戦に続いて、16位のウルグアイ戦でも白星をあげたのだ。写真は新生日本代表でインパクトを残した(左から)中島翔哉、堂安律、南野拓実(写真:JFA/アフロ)

    10月16日に行なわれたウルグアイとのテストマッチで、日本代表は4対3のスリリングな撃ち合いを演じた。南米の伝統国ウルグアイは、最新の国際サッカー連盟のランキングで5位に食い込んでいる実力だ。直前に韓国に敗れていたこともあり、日本代表戦には通常のテストマッチ以上の熱量で臨んできた。

    4対3というスコアは、サッカーでは大味なゲームと言える。ただ、堅守を伝統とするウルグアイから4点を奪っただけでなく、さらに多くのチャンスを作り出したのは、掛け値なしに評価されていい。

    森保監督のもとで戦うのはまだ3試合目だが、ロシアW杯に出場したストライカーの大迫勇也と同大会に出場していない中島翔哉(24歳)、南野拓実(23歳)、堂安律(20歳)の攻撃陣は躍動感溢れるプレーを見せた。南野は3試合連続となる2得点をあげ、堂安は代表初得点をマークした。無得点の中島も南野の先制点をアシストし、大迫の5本に次ぐ4本のシュートをすべてく枠内へ持っていった。若い選手を従えた大迫も、チームの2点目をゲットしている。

    若い3人が記したインパクトは、パナマ戦に先発した原口元気にも見劣りしない。原口、香川真司、乾貴士らのロシアW杯組を交えたポジション争いは、さらに激しさを増していきそうだ。

    ◆すでにロシアW杯出場の「西野ジャパン」より強い?

    世界ランク5位のウルグアイは、ロシアW杯でベスト8入りした。そのチームを撃破したということは、森保監督が率いる新生・日本代表はロシアW杯の際に西野朗前監督が束ねたチームをすでに上回っているのか?

    前回の記事で陰の激戦区と紹介したGKは、ウルグアイ戦では東口順昭がスタメンで起用された。森保監督の構想では、彼が第1GKということになりそうだ。

    長友佑都、吉田麻也、酒井宏樹の3人が引き続き招集されている守備のブロックは、ロシアW杯当時と同じクオリティを保つことができている。

    中盤では長くキャプテンを務めた長谷部誠が日本代表から引退したが、ロシアW杯で控えのひとりだった遠藤航が急成長を遂げている。ロシアW杯メンバーの柴崎岳と遠藤、さらには山口蛍、大島僚太と、人材は揃っている。

    2列目と呼ばれる中盤の攻撃的ポジションは、中島、南野、堂安が新たな選択肢としてチームに加わり、ロシアW杯より充実している印象だ。

    最前線の1トップは、ロシアW杯で得点を決めた大迫が不動の存在だ。ウルグアイ戦でも屈強なDFと互角以上に渡り合い、攻撃の起点となっていた。

    西野前監督が束ねたチームとの単純な比較はできないが、タレントの不足感じさせるポジションはない。ロシアW杯と現在のチームのどちらが強いかを決めるのは難しいが、来年1月に迫ったアジアカップへ視界良好なのは間違いない。

    ◆大迫に次ぐストライカーは現れるか?

    次の活動となる11月のテストマッチでは、誰が招集されるだろう。注目は大迫に次ぐストライカーだ。

    今回の2試合では小林悠と浅野拓磨が当初メンバー入りしたが、ケガにより川又堅碁と北川航也に変更された。小林と浅野は、巻き返しを期しているだろう。また、ヨーロッパではロシアW杯メンバーの岡崎慎司、武藤嘉紀らが爪を研ぐ。FWの競争からも、目が離せない。

    戸塚 啓

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00013883-nallabout-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/17(水) 00:44:05.46 _USER9
    「ビッグクラブに行けるだけの能力はある」

    no title


    2018年10月16日、日本代表がウルグアイを4-3で下したが、試合後、左サイドバックを務めた長友佑都に同サイドでプレーしていた中島翔哉の印象を訊いてみた。「中島選手のドリブルとパスの使い分けについて、どう感じましたか?」と。
     
     すると、長友は「使い分けとかじゃないでしょ」と即答。「ドリブルお化けでしょ、アイツ。びっくりしたわ」と続けた。
     
    「あんなドリブル凄いんだ、と。(ウルグアイの)右サイドバックのカセレスも元ユベントスで今はラツィオでやっているけど、そういう選手をチンチンにしていたんでね。おそらくこのままの勢いでいったら、ビッグクラブに行けるだけの能力はあると思いますよ」
     
     そして、あのアタッカーに例えてさらに称賛した。
     
    「若い時に出てきた香川真司を見ているような、あの勢いと能力と才能を感じましたね」
     
     そう話す長友は、堂安律や南野拓実など活躍した若手選手も含め「あそこまで堂々とプレーできるのは、ある意味、芸術ですよね。観ていて気持ちいいし、面白いですよ」ともコメント。中島をはじめとするヤング世代の台頭に目を細めていた。

    10/16(火) 23:16サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00048801-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/17(水) 08:17:21.54 _USER9

    20181017-00000035-goal-000-2-view[1]

    キリンチャレンジ杯(16日、日本4-3ウルグアイ、埼玉)MF柴崎はボランチの一角として
    先発して主に攻撃に絡んだが、「攻守で対照的な結果だった。守備は改善しないといけない」と険しい表情。

    激化するポジション争いについて、
    「いま(代表に)呼ばれていても、次に呼ばれるかは分からない」と警戒感を口にした。

    この日は8月に結婚した女優の真野恵里菜(27)も観戦に訪れた。

    https://www.sanspo.com/soccer/news/20181017/jpn18101705000002-n1.html 
      
     
    柴崎は不完全燃焼の途中交代 試合勘不足「多少あった」
    https://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20181017-OHT1T50000.html
    柴崎、ミス続き途中交代「レベルを上げていきたい」
    https://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20181017-OHT1T50013.html

    試合に勝ち、笑顔を見せる真野恵里菜
    https://www.sanspo.com/soccer/images/20181017/jpn18101705000002-p1.jpg
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/17(水) 06:33:07.65 _USER9

    serujio9

    ニュースターの台頭という成果を得た一方で 

    10月シリーズのウルグアイ戦で日本は4-3の勝利を収めた。「森保体制3戦連勝!」「南野が2ゴール!3試合連続!」「堂安が代表初ゴール!」と、見出しになりそうなネタも多かったし、メディア的には最高の試合になったね。
     
     両チーム合計7点が生まれた大味の試合だったけど、森保体制になってから対戦したコスタリカ、パナマよりも明らかに実力のあるウルグアイに勝利した意味は大きい。やはり列強国と対戦すると、得るものは多い。ここまでの2試合では見られなかった収穫と課題が出てきたはず。つまり、実力国とどれだけ対戦できるかでも、また強化のスピードは違ってくるということだ。協会には、もっとこういう相手とのマッチメイクをしてほしいね。
     
     収穫で言えば、特に若手の活躍が際立っていたね。2ゴールの南野は得点への意識が高くなって、落ち着いていた印象だった。さらに中島と堂安も持ち味を発揮していたし、守備でもよく走っていた。3人とも決定的な仕事をしたし、勝利の立役者と言える。
     一般的にはそこまでではなかった3人の知名度は、ウルグアイ戦で一気に高まったことだろう。ロシア・ワールドカップまで「ビッグ3」と呼ばれていた香川、本田、岡崎に代わって、「リトル・ビッグ3」のスタートを感じさせたよ。ワールドカップで活躍した乾もこれから招集され、怪我で今回招集を辞退した小林が復帰したら。攻撃陣の競争はさらの熾烈になりそうだ。
     
     ニュースターの台頭という成果を得た一方で、課題も浮き彫りになったね。ウルグアイ戦は、初めて森保ジャパンの守備力が試された試合でもあった。勝利に浮かれるのも良いけど、3失点したことを忘れてはいけない。ワールドカップでレギュラーだった吉田、長友、酒井が揃っていたけど、あまりにミスが多くて安定感を欠いていたよ。
     
     自陣でパスを奪われて、あわやという場面がいくつもあったし、セットプレーでは完全に後手に回っていた。実際にCKから1失点してしまったし、東口のファインセーブに助けられたゴディンのヘディングにも肝を冷やされた。もしも、相手にスアレスがいたらもっと大量失点して、負けていたかもしれない。

    つづく

    10/17(水) 2:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00048849-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 23:46:12.08 _USER9
    ◆国際親善試合 日本4―3ウルグアイ(16日・埼玉スタジアム)

     日本が、世界ランク5位のウルグアイを相手に4―3で勝利した。MF南野拓実(ザルツブルク)が前半10分に、3試合連続となる先制ゴール。同28分に追いつかれるも、同36分には大迫勇也(28)=ブレーメン=がこぼれ球を押し込み再び勝ち越す。

    後半12分、バックパスを奪われてFWカバニに一時同点弾を許したが、2分後にはMF堂安律(20)=フローニンゲン=が待望の代表初ゴール。さらに同21分には再び南野が決めた。

     同30分に1点差とされたが、このまま逃げ切り勝ち。日本代表が、1996年以来22年ぶりにウルグアイに勝った。ホームで難敵を撃破したが、試合直後にロシアW杯メンバーである岡崎慎司(32)=レスター=が自身のツイッターを更新。「前から言われてきたけど、いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてると思うな」とつぶやいた。

     岡崎のツイートに対し、フォロワーは「南米アウェイ見てみたいです」や、「南米で今日の試合したら、本物っす」などとツイートした。

    2018061400005_1[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000259-sph-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 21:35:29.99 _USER9
    10月16日、日本対ウルグアイの一戦が行われ4-3で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    20181016-00293336-footballc-000-1-view[1]

    新戦力とロシアW杯組の本格的な融合がスタート
    【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】

    東口順昭 5.5 相手の強烈ヘッドに反応し、ピンチを防いだ。ノーチャンスの失点はあったが、止めるべきものも

    長友佑都 5 積極的なオーバーラップから会場を沸かせたが、プレーの精度は決して高くない

    吉田麻也 6 相手の進路を先読みして対応。新主将は冷静なプレーを見せた

    酒井宏樹 6.5 適切なポジショニングが光る。攻守において味方を助け、上質なアシストも

    三浦弦太 5 懸命に戦ったが、カバーニの存在を忘れ、ポジショニングのミスも

    柴崎岳 5 試合勘の不足からか、味方と合わない場面が散見。中盤で相手を潰すこともできず

    遠藤航 6 常に動き続け、判断の良いダイレクトパスでチャンスも演出した

    中島翔哉 7.5 鋭いパスや果敢なシュートで全得点に絡んだ。自身にゴールが生まれていれば申し分なかった

    南野拓実 8 代表戦3試合連続弾を含む2ゴール。強さと巧さで相手を上回った。プレー強度も高い

    堂安律 7.5 開始から動きの質は低くなかった。そして、完璧なタッチで持ち味爆発の1ゴール

    大迫勇也 6.5 なかなかシュートが枠に飛ばなかったが、面目躍如の勝ち越し弾

    青山敏弘 5.5 “クローザー”として勝利に貢献した。彼がピッチにいることでの安心感はある

    原口元気 – 出場時間短く採点不可

    森保一監督 6 親善試合とはいえ、強豪ウルグアイに勝利。セットプレーの弱さは今後の改善点

    10/16(火) 21:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00293336-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 21:30:07.44 _USER9

    DpoT5IjV4AAAyUR[1]

    2018/10/16(火) 19:35
    埼玉スタジアム2002
    国際親善試合

    日本 vs. ウルグアイ

    1-0 南野拓実 (前半10分)
    1-1 ガストン ペレイロ (前半28分)
    2-1 大迫勇也 (前半36分)
    2-2 エディンソン カバーニ (後半12分)
    3-2 堂安律 (後半14分)
    4-2 南野拓実 (後半21分)
    4-3 ホナタン ロドリゲス (後半30分)


    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2018101601




    続きを読む

    102: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 21:01:50.63

    Dpn8OBeVAAAI-mv[1]

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






    続きを読む

    490: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 20:55:11.99

    DpoLpUJU0AAC1Nu[1]

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    続きを読む

    808: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 20:13:45.58

    DpoCpvpU8AEvu57[1]

    大迫キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    続きを読む

    277: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 18:33:52.04

    ▽GK 1東口順昭(G大阪)

    ▽DF 
    5長友佑都(ガラタサライ)
    2三浦弦太(G大阪)
    22吉田麻也(サウサンプトン)
    19酒井宏樹(マルセイユ)

     ▽MF 
    7柴崎岳(ヘタフェ)
    6遠藤航(シントトロイデン)
    10中島翔哉(ポルティモネンセ)
    9南野拓実(ザルツブルク)
    21堂安律(フローニンゲン)

     ▽FW 15大迫勇也(ブレーメン)

    no title



    ▼GK
    1 フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ)

    ▼DF
    3 ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
    4 マルセロ・サラッチ(ライプツィヒ/ドイツ)
    19 セバスティアン・コアテス(スポルティング/ポルトガル)
    22 マルティン・カセレス(ラツィオ/イタリア)

    ▼MF
    6 ロドリゴ・ベンタンクール(ユヴェントス/イタリア)
    10 ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ/ブラジル)
    14 ルーカス・トレイラ(アーセナル/イングランド)
    15 マティアス・ベシーノ(インテル/イタリア)
    17 ディエゴ・ラクサール(ミラン/イタリア)

    ▼FW
    21 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)

    no title


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/16(火) 08:12:24.48 _USER9
    プライベートでは性暴行疑惑の渦中にあるユベントスのクリスチアーノ・ロナウドだが、ピッチでは安定したパフォーマンスを続けている。

     10月6日のウディネーゼ戦(8節)で、今季4点目をマークしたC・ロナウド。イタリアでのプレーは初めてとあり、背番号7は力を出し惜しみしない積極的な姿勢を見せている。それは数字にも表われているようだ。

     15日のイタリア紙『Corriere dello Sport』によると、C・ロナウドは今季のリーグ戦で61本のシュートを放っており、そのうち枠内に飛んだのは26本。これらはいずれも、欧州5大リーグでトップの数字という。

     シュート61本の内訳は、右足が36本、左足が13本、頭が12本。ただ、4得点のうち3得点は左足で決めている。なお、ゴールエリア内でのシュートは4本で、ペナルティーエリア内は37本。エリアの外からのシュートは20本だった。
     
     5大リーグでは、リールのニコラ・ペペが総数41本、枠内21本でC・ロナウドに次ぐ2位につけている。ただ、リーグ・アンは9節まで消化しており、ペペはC・ロナウドより1試合多くこなしている。

     総シュート数の3位はマンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ(38本)。4位がバルセロナのリオネル・メッシとジェノアのクシシュトフ・ピオンテク(37本)だ。

     プレー時間の差はあるが、アグエロとメッシはいずれも今季のリーグ戦8試合に出場している。ただ、アグエロやメッシと比べ、C・ロナウドはチームにおけるシュート比率の高さで差をつけた。

     ユベントスのシュート総数168本の36.3%、枠内シュートに限ればチーム全体(59本)の44%ものシュートがCR7によるものだ。一方、アグエロはシュート総数がチーム全体の21.9%で、枠内に限ると16.9%。メッシは全体の26.8%、枠内は28.5%という数字だ。

     シュート本数が多ければ、必ずしも良いということではない。ただ、移籍初年度のC・ロナウドが、ユベントスの中で積極的にフィニッシュに絡み、チームもまた彼の決定力に期待しているということは言えるのではないだろうか。

    20181015-00048754-sdigestw-000-1-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00048754-sdigestw-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ