サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/19(金) 10:15:31.15

    20181019-00293717-footballc-000-1-view[1]

    本田オーナーのSVホルン、アマチュアリーグ降格危機。財政面が問題とメディアは報道
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00293717-footballc-socc

    本田圭佑が実質的なオーナーを務めるオーストリアのSVホルンが財政面で難しい状況に陥っているようだ。18日付けのオーストリアメディア『ラオラ』が報じている。
    同メディアによると、ホルンは資金面で問題を抱えており同クラブの幹部はアマチュアリーグに自主的に降格する事も視野に入れていると伝えている。昨季のホルンは財政に関する資料の提出が遅れリーグ機構から懲戒処分を受けていた。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 16:41:36.84 _USER9
     パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、2年後に迫った東京オリンピック出場への意欲を示した。フランスメディア『RMC SPORT』が17日に報じている。 
      
    20181018-00849570-soccerk-000-1-view[1]

     19歳の若さで2018 FIFAワールドカップ ロシアの優勝に大きく貢献し、パリ・サンジェルマンでも活躍を続けているムバッペ。年代別代表では2016年にUEFA U-19欧州選手権を制しているが、次なる目標はオリンピック出場のようだ。

     ムバッペは「やるべきことはたくさんある。全てを勝ち取りたいんだ」と今後のキャリアに向けて抱負を語り、「代表チームでは、ユーロで勝たないといけない。そしてもう一つ、オリンピックだ。そこで戦いたいんだよ」と、2020年の東京五輪出場を見据えていた。

     ムバッペは1998年生まれの19歳で、いわゆる“東京五輪世代”の一人。すでに世界的なスターとなった若武者だが、フランス五輪代表の一員として来日する資格を持っている。東京五輪出場のためには、来年6月に行われるU-21欧州選手権でベスト4以上の成績を収める必要がある。フランスは前回のリオデジャネイロ・オリンピック出場を逃しているだけに、ムバッペにかかる期待は大きなものとなりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00849570-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 08:40:59.20 _USER9
    代表の大先輩である本田や、スアレス、ロッベンを例に出し、飛躍の可能性に言及

    20181018-00142099-soccermzw-000-4-view[1]

    日本代表MF堂安律は、16日の国際親善試合ウルグアイ戦で1ゴールを決めてチームの4-3の勝利に貢献した。オランダのフローニンゲンでプレーする堂安について、イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が特集を組み、「スアレスやロッベンのようにオランダから羽ばたく」と報じている。

     堂安はガンバ大阪のジュニアユースで育ち、ユース年代ではすでに二種登録されて2015年に16歳でのデビューを飾った。昨年にはU-20ワールドカップ(W杯)でイタリアと対戦してゴールもしているだけに、イタリアメディアには知名度もある。今年は21歳以下のバロンドールに当たる「コパ・トロフィー」の候補にも選ばれ、世界的にも注目株だ。

     特集では、今夏の移籍市場でペップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティからオファーがあったことを紹介。そのうえで、オランダで足場を固めることが堂安のキャリアに対して悪いことではないと、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)や元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(バイエルン)といった世界的な名手や、ACミランでプレーしたMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)の例に触れている。

    「昨季はレッジーナでもプレーした元日本代表の中村俊輔へのリスペクトで25番をつけて29試合9ゴールの成績を残し、シティからオファーを受けた。それは実現しなかったが、再アタックは時間の問題だ。ウルグアイ戦でゴールも決めた。堂安はオランダにとどまり成長を続けている。それはスアレスやロッベンが力をつけて羽ばたいた場所だ。要するに、その大きな飛躍を焦る必要はない。日本人なら、本田圭佑もオランダで力をつけて欧州の舞台に出た」

    名将グアルディオラが率いるシティなど欧州ビッグクラブ行きにも現実味か

     かつてイタリアでプレーした中村や本田との共通点を示しながら、オランダが本格的に欧州のトップクラブに行く前の成長を果たす場所として適した場所だと分析。そして、グアルディオラ監督が率いるシティの再オファーを「時間の問題」とし、今後のビッグクラブ行きが現実味を帯びていると伝えた。

     ウルグアイ戦では堂安に加えてザルツブルクのMF南野拓実が2ゴールし、ポルティモネンセのMF中島翔哉も左サイドから数々のドリブル突破やシュートを見せた。25歳以下の若手で固められた森保ジャパンの2列目は、次のステップに進む可能性を大いに秘めている。そのなかでも堂安は、「オランダ経由ビッグクラブ行き」という“出世ルート”に乗る選手として、イタリアでも注目を集めている模様だ。

    10/18(木) 8:10配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00142099-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 10:40:18.60 _USER9
    オーストラリア1部のメルボルン・ビクトリーに所属し、カンボジア代表GMでもある32歳の本田圭佑が18日に記者会見を行なった。

    20181018-00365441-nksports-000-4-view[1]

     以前、本田は2020年の東京オリンピックを目指していることを明かしていた。ライバルに打ち勝つためにも、プレー面の向上が求められる。メルボルン・ビクトリーでは、どのような本田圭佑をピッチ上で見せていきたいか問われると 「試合を観てもらえればわかると思いますが、ポジションが変わりますので。まぁ、新しいポジションで新しいチャレンジになるので」と答えている。詳しくは話さなかったが、新しいポジションはボランチだと思われる。

     メルボルン・ビクトリーは現地時間20日にメルボルン・シティとの“ダービー”を控えている。この試合に向けて本田は「残り1日しっかり練習して、自分の力をどれだけ出せるかということが楽しみで仕方ないです」と語っている。オーストラリアで成し遂げたい目標に関しては「優勝ですね」とし、「簡単な目標ではないと思うんですけど、幸いプレーオフルールがオーストラリアにはあるということで、プレーオフに入って勝負に勝てれば…。とにかくリーグで1位になりたいなと思っています」とコメントしている。

    取材:植田路生(メルボルン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00293603-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 17:03:14.09 _USER9
     
    20181017-00013883-nallabout-000-1-view[1]

     FIFA(国際サッカー連盟)ランキング54位の日本代表が16日、キリンチャレンジ杯(埼玉スタジアム)で同5位の強豪ウルグアイ代表を4-3で破った。森保一監督(50)は就任以来3戦全勝。この日の2ゴールを含め3戦連発の南野拓実(23)=ザルツブルク、新「10番」の中島翔哉(24)=ポルティモネンセ、代表初ゴールを挙げた堂安律(20)=フローニンゲン=の“若手MF3銃士”が新生ジャパンを牽引している。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

     ひょっとすると、先のW杯ロシア大会もこのメンバーで戦った方が強かったのではないか。そう思えてくるほど躍動感にあふれている。同大会でウルグアイをベスト8に導いた世界的名将のひとり、オスカル・タバレス監督(71)も「日本はプレーにスピードがあり、前線の若い選手のコンビネーションがすばらしかった」と脱帽だ。

     森保監督は現時点のベストメンバーで臨むことを示唆していたこの試合で、ワントップにはW杯ロシア大会出場組の大迫(ブレーメン)を置いたが、2列目に南野、堂安、中島のフレッシュな“3銃士”を並べた。

     この試合で日本は14本のシュートを放ち、うち9本を3銃士が占めた(中島4、南野3、堂安2。残る5本は大迫)。日本代表の悪しき伝統である得点力不足を払拭し、5万7239人の大観衆も大満足で帰路についた。「私がというより、選手が世界ランク5位のチームと同じ目線で闘ってくれたことがうれしい」と森保監督も目尻を下げた。

     まず南野だ。前半10分、中島からパスを受け、世界レベルのDFディエゴ・ゴディン(アトレチコ・マドリード)のマークを得意の反転でかわすと、右に流れながら右足を振り抜きゴール左に突き刺した。

     「(中島)翔哉くんからのパスのタイミングは練習で何度も言っていた通り」とコンビネーションに自信を深めた。

     実は、南野を「いつか日本代表の主力になる選手」と見込み2015年10月に初招集したのは、あのハリルホジッチ元監督だった。しかし結果を出せず「オーストリアのリーグに在籍しているうちは2度と代表に呼ばない」と干された。W杯ロシア大会直前にバトンを受けた西野朗前監督(63)にもリストアップはされていたが、結局招集は見送られた。森保監督以外なら今回も「招集外」だった可能性が高い。森保ジャパン3試合で、全試合先発しているのは南野だけ。この事実が信頼を物語る。“絶対的エース”への道をすでに歩き始めている。

     一方、中島は「面白いサッカーを見せたい」と話していた通り、ゴールラッシュを演出した。南野へのラストパスに続き、前半36分には右足で強烈なミドルシュート。惜しくも相手GKの好セーブに阻まれたが、こぼれ球を大迫が押し込みチーム2点目につながった。得意のドリブルでも相手を翻弄。香川真司(29)=ドルトムント=から継承したA代表の「10」を完全に自分の物にしつつある。

     そして後半14分には、「いい経験だけではなダメ。爪痕を残さないと」と得点にこだわっていた堂安が、左足でゴール左隅へ決めた。代表初ゴールに「想像していた通り美しい光景でした」と感慨深げだった。

     オランダリーグで主力を張る20歳は、東京五輪代表のエースとしても期待されている。森保監督がA代表と五輪代表の指揮を兼ねている日本の現状を象徴する存在といえる。このまま一気にスターダムにのし上がる可能性もある。

     これまで日本代表を牽引してきたのは、本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー、岡崎慎司(32)=レスター、香川の“ビッグ3”だった。彼らは2年後の東京五輪に「オーバーエージ枠」で参加する可能性こそゼロではないが、22年W杯カタール大会にも主力でいることは年齢的に見ても、まずありえない。これにかわる“3銃士”がどこまでスケールアップするかに、森保ジャパンの命運がかかっているといっても過言ではないだろう。

     試合中に3色ボールペンでメモを取る森保監督はこの日、「3色(黒、赤、青)を均等に使いましたよ」とニッコリ。さぞかしポジティブな表現が並んだことだろう。日本協会関係者も「森保監督のやろうとするサッカーを選手全員がわかってきている。チームの成長がみえる試合だった」と絶賛を惜しまない。このまま日本代表の世代交代を完遂するか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000011-ykf-spo

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 15:38:34.34 _USER9
    10/18(木) 15:33配信
    ルミ子 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

     大のサッカーファンで知られる歌手の小柳ルミ子が18日、ブログを更新し、16日に行われたサッカー日本代表対ウルグアイ戦について「私はいまいち盛り上がらなかった」とコメント。その理由について「ウルグアイが本気じゃないんだもの」と不満を募らせた。

     ルミ子は仕事終了後に会場にかけつけ、生観戦。試合は日本が4-3で勝利し、会場はもちろん、翌日の報道なども盛り上がりを見せた。

     だがルミ子は「日本代表の勝利、良かった、良かった」としながらも「でも私はいまいち盛り上がらなかった」とした。

     その理由は「ウルグアイが本気じゃないんだもの」とバッサリ。「プレッシングには来ないし、寄せも甘いし、ミスパスは多いし、連携、連動もミスだらけだし、こぼれ球の反応も遅いし、直ぐに日本にカットされてカバーニ迄ボールが行かない」と切り捨てた。

     ルミ子はこれまでもウルグアイの試合を生で何度も見てきているが「一昨日のようなゆる~~~~~いパフォーマンスは見た事ない」といい、「ウルグアイはこんなもんじゃないから。本気でやってほしかった」と、緩いウルグアイからの4得点は興奮できないとコメント。

     欧州リーグはシーズンが始まったばかりとあって「本気でやってくれる訳ないよな~」と事情を汲みつつも「でもなぁ~今迄観たウルグアイの試合で最低のパフォーマンス。それでも3点獲っちゃうんだから大したもんだ」と半ば呆れ気味につづった。

     日本については「ウルグアイが手を抜いていたとは言え日本代表選手はベストを尽くして頑張った」と評価。過信は禁物としながらも「決定力不足と言われ続けて来た日本代表JP 中島翔哉、南野拓実、堂安律の頑張りによって明るい未来が見えてきた」とつづっていた。

    20181018-00000071-dal-000-2-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000071-dal-ent
    no title

    続きを読む

    627: 名無し@サカサカ10 2018/10/17(水) 19:44:42.07
    中島翔哉が1年で激変した理由。
    社長直談判で実現したポルトガル移籍  
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2018/10/17/post_72/index_3.php
      
    「(中島)翔哉は覚悟があったんだと思います。移籍するために、 
    すべてをかけていたから」 
      
     前所属先であるFC東京の選手たちが、その変化の理由について 
    洩らしている。 
      
     ポルティモネンセからオファーを受けたとき、中島は移籍を志願するが、 
    当初、クラブからははねつけられたという。当然だろう。シーズン真っ直中で、 
    攻撃のカードとして有力な一枚だったからだ。  
      
     だが中島は、来る日も来る日もフロントに懇願したという。練習後、社長に 
    直談判することもあった。「もう帰った」と煙たがられても、車があるのを 
    確認すると、その帰りを待ち続けた。それは何週間も続き、他の選手たちが 
    呆れるほどだった。 
      
     その果てに、中島は移籍という進路を勝ち取っている。本人としては退路を 
    断つような思いだったのではないだろうか。人生の岐路を自ら選んだ、その 
    覚悟がプレーからほとばしり出る。

    20181018-00048920-sdigestw-000-10-view[1]



    ガスを出る喜び!!

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 06:33:00.11 _USER9
     
    20181018-03056888-gekisaka-000-1-view[1]

    ドルトムントMF香川真司は17日、チームの全体練習に合流したことを自身の公式SNSアカウントを通じて明かした。9月下旬に足首を負傷していると報じられ、9月26日のブンデスリーガ第5節ニュルンベルク戦を最後にベンチ入りメンバーを外れていた。

     香川は17日、自身の公式ツイッター(@S_Kagawa0317)などを一斉に更新。ランニングシューズを乾燥させている画像を添え、ハッシュタグで「俺のアディダス」「今日から合流」「頑張ります」などと述べている。

     なお、クラブ公式ツイッター(@BVB)は同日、トレーニングの風景を動画で投稿。香川に加え、同じく離脱していたMFマルコ・ロイスらが元気そうにフットテニスをする姿が映っている。

    10/18(木) 6:25配信?ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-03056888-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 06:23:58.82 _USER9
    「スポルティング戦での好調をキープしていた」

    ポルトガルの全国スポーツ紙『Record』は、10月16日に行なわれた日本対ウルグアイ戦での中島翔哉について、「日本代表のためにまたひとつ殻を破り、敵を倒した」と報じた。

    「ポルティモネンセの中島は、10月7日に国内リーグのスポルティング戦を4-2で制した後、絶好調をキープしたまま16日、埼玉のピッチでは日本代表としてプレーし、ウルグアイ代表を4-3で下した。

     左ウイングでプレーし、エリアの端から南野へパスを通して先制点を演出し、日本を活気づけた。87分にピッチを後にするまで、確かな存在感を残していた」

     また、ポルトガルの全国スポーツ紙『A BOLA』は「日本代表に対して、ウルグアイ代表は敗北を回避できなかった」と日本の健闘を驚きつつも称え、中島についてはこのように評している。

    「得点こそなかったものの、試合開始10分で南野への的確なパスで先制点を演出。ドリブルや華麗なダイレクトプレーで、チームにリズムをもたらした。

     勢いに乗った日本は、カバーニらの再三の追撃ゴールにも屈せず、大迫勇也、堂安律、そして再度の南野のゴールで4-3の勝利を飾っている」

     しかし『Record』は同時に、気になるニュースをもう1本報じた。それは、「ナカジマはアジアカップには参加しない」というものだ。

    「ウルグアイを4-3で破った試合で、中島は日本での立場を確立しつつあった。ポルティモネンセでも欠かせない存在の彼だが、来年1月から2月にかけてUAEで開催されるアジアカップのため、おそらく代表に招集されるだろう。

     しかし、懸念がある。招集された場合、同時期に予定されているポルトガルリーグの試合など、クラブでの6試合に、中島は出場できないことになる。

     日本はアジアカップではグループFに振り分けられ、1月9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦する。ほぼ確実に、日本はこのグループを通過するだろう。少なくとも、準決勝までは進むのではないだろうか。そうなれば、クラブでの不参加期間が伸びる。

     欧州の冬の移籍市場は、1月に再開する。もちろん、クラブがどう判断するかということも現時点では分からないが、移籍を考えた場合、中島のアジアカップ出場を渋る可能性もあるのだ。何せ、2000万ユーロ(約26億円)ともいわれる移籍金がかかっているのだ」

     もちろん、招集や移籍に関しては現時点で何も確定していないが、セビージャやレバークーゼン、シャフタール・ドネツクなど、中島の獲得に本気で動いているというクラブの噂は絶えない状態にある。少なくとも、クラブ側と代表で調整が必要なことは確かだろう。

     日本代表でもクラブでも欠かせない存在だからこそのジレンマ。どのような判断が下るとしても、中島にとってより良い選択であることを祈りたい。

    20181018-00048920-sdigestw-000-10-view[1]

    10/18(木) 6:11配信?サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048920-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/18(木) 05:41:07.53 _USER9
    A代表で南米選手権に殴り込みだ!ウルグアイ戦の激闘から一夜明けた17日、日本代表の森保一監督(50)が、今後の強化プランを披露した。来年6~7月に日本が参加予定の南米選手権について「A代表で?そうですね。どういうくくりになるか分かりませんが…」と初めて明言。A代表での参戦を熱望した。

    20181017-00848698-soccerk-000-1-view[1]

    現状では欧州組と国内組の若手中心の構成が有力だ。招待国であり、他大陸連盟の主催大会のため、協会側に選手招集の拘束力はない。またリーグ戦中のため、Jクラブの主力招集も困難。協会とクラブ側では、欧州組+若手の編成で調整が進められているという。日本協会の田嶋会長も「その時のベストのチームで」と話した。

     当初、東京五輪世代の派遣も検討されていた。だがアウェーの地で、強豪ぞろいの南米勢との真剣勝負はこれ以上ない強化の場。南米の強豪ウルグアイを撃破した森保監督は「チーム力を上げるにはより厳しい環境で」とアウェー、中立地での戦いを望んでいる。出場すれば99年、トルシエ監督時代以来2度目となる。

     もちろん、当面の強化も揺るぎはない。これまで4―2―3―1布陣で戦ってきたが、11月のベネズエラ、キルギス戦では「考えています」と代名詞でもある3バック布陣の解禁も示唆した。初采配から怒とうの3連勝。順調に若手とW杯組を融合させ、来年1月にアジア杯を戦う。そして南米での武者修行を経てW杯予選へ。森保プランの青写真は見えてきた。

     ◆日本代表と南米選手権 19年南米選手権はブラジル開催。南米連盟加盟10カ国と招待国の日本、カタールが参加予定。日本代表はトルシエ監督時代の99年大会に初出場、1分け2敗で1次リーグ敗退。11年アルゼンチン大会も招待されたが、東日本大震災の影響で辞退。同じく15年チリ大会も招待を受けたが、選手招集の調整がつかず参加を断念した。

    2018年10月18日 05:30 スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/18/kiji/20181017s00002014422000c.html

    続きを読む

    このページのトップヘ