サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 03:00:54.52
    no title


    浅野拓磨「ロスト8回、デュエル全敗」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    13: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 04:54:05.69
    FjO5P1uVsAAJvs5

    https://news.yahoo.co.jp/articles/135617e702a06a948e3cd24a4c0bf356e29bb5cf


    >試合後、南野は選手が取材対応する「ミックスゾーン」に姿を見せたものの、報道陣に応じることなく、コメントを残さなかった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 03:36:05.38
    Fi6-IPeaUAEEt3l

    空気だったなほんと

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 03:39:15.97
    FjO3WdeaEAE9UIz

    ぶっちゃけどうや

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 04:58:44.36
    FjPQp1ragAA6DYt

    クロアチアのメディアよると、クロアチア監督は「歴史的な結果」と語ったあと、「彼らは我々を簡単な相手だと思っていた。クロアチアを決して過小評価しないでほしい」と話したという。
    https://news.livedoor.com/article/detail/23325244/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 03:19:38.06
     FjO2nLQaMAA0zOH

      
    PK戦の末、敗退
    サッカー日本代表は現地時間5日、FIFAワールドカップカタール2022・ラウンド16でクロアチア代表と対戦し、1-1でドロー。PK戦の末敗れた。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。フットボールチャンネルでは、クロアチア代表戦に出場した選手(出場時間の短い選手は除く)、監督のパフォーマンスをどこよりも早く採点する。

    【決勝トーナメント表】FIFAワールドカップカタール2022<組合せ>

    【日本 1(1)-(3)1 クロアチア カタールワールドカップ】

    権田修一 7.0 失点は仕方なし。前半と後半に1本ずつファインセーブを披露し、バックパスの処理も安定していた
    冨安健洋 6.5 要所要所でらしいプレーを見せたが、不安定なプレーも。本調子とは言い難かったか
    吉田麻也 7.0 高身長のペトコビッチとブディミルにしっかり対応。ボックス内での強さも光っていた
    谷口彰悟 7.0 スペイン代表戦に引き続き相手に仕事をさせず。ビルドアップの質も高かった
    伊東純也 6.5 持ち味のスピードを生かし相手の左サイドを困らせ、質の高いクロスも上げた。ただ、失点シーンでは対応が遅れた
    遠藤航 7.5 素早い反応で最終ラインを何度もサポート。対人守備の強さもさすがのものがあった
    守田英正 6.5 味方のサポートに早く入り、守備時のカバーも光った。少し軽率なミスもあったのはマイナスポイント
    長友佑都 6.0 敵陣でのプレーは無難だったが、守備では左サイドに蓋。CBのカバーも光っていた
    堂安律 7.0 キープ力はさすがで、質の高いクロスも。守備でも切り替えを素早く行い貢献した
    鎌田大地 6.5 ボールによく触れ、リズムもチャンスも生み出した。しかし、失点時の寄せの甘さは悔やまれる
    前田大然 7.5 豊富な運動量とスピードを武器に守備で貢献。先制ゴールは非常に落ち着いていた

    浅野拓磨 5.0 裏へは抜け出すもその後が続かず。攻撃を活性化できなかった
    三笘薫 6.5 クロアチアにかなり警戒された。それでも延長前半には単独でチャンスを作った
    酒井宏樹 6.5 負傷明けを感じさせないパワフルなプレーを披露。それゆえファウルを取られることも多かったのは不運
    南野拓実 5.5 周囲とうまく連係できず。流れを変えるだけのプレーは見られなかった
    田中碧 6.0 難しい時間に入るも落ち着いてプレーした

    森保一 6.0 クロアチア相手に一歩も引かず互角以上のバトルを披露

    フットボールチャンネル編集部 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e80b46d7c0c4407e19abfade907437a0837cbc3d

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 04:56:33.51





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    291: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 05:55:23.06
    f7ddeb172ae3754d8ce55ea203d0dc5d

    グッバイ兄さん






    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    379: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 04:51:08.75
    0f5f6f0c9aeb45c1e495081472e9324e

    なんとか4失点に抑えたなwwwwww










    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    677: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 03:56:17.43
     FjO1tG-aUAA3lgH
    FjO3hoWXwBEXUko


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 02:59:57.09
    GK完全に読んでて草
    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 02:36:53.56
    FjO2KtraAAAUO_p
      








    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    74: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 01:53:22.25
    FjOp1aSaYAAm4fq

    延長



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    685: 名無し@サカサカ10 2022/12/06(火) 00:43:18.79
    FjObAkpaAAAG9lG

    キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 22:35:57.66
     FjN8SwUUcAAgr_0

    日本代表、クロアチア戦のスタメンが発表! 史上最高位8強目指して堂安律、冨安健洋ら
    日本のスタメンが発表(C)Getty images
    カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のクロアチア代表戦に先駆けて、日本代表のスターティングメンバーが発表された。

    【テキスト】日本 vs クロアチア|LIVE速報予定!

    ドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表と同居する極めて困難な組で首位通過という偉業を成し遂げ、ベスト16に進出した日本。目標に掲げるベスト8以上まであと1勝となっているが、ベルギー代表など同居した組をモロッコ代表に次ぐ2位で通過したクロアチアと決勝トーナメント1回戦で対戦する。

    次なる決戦に向けて、森保一監督は前日会見で「総力戦、総合力で戦いたいです。120分の試合では6人の交代枠が使えるし、チーム全体で試合をつないで、最後に試合をモノにしたい」とコメント。これまで通り、交代策を駆使して結果を出そうと意気込んだ。

    そして、クロアチア戦のスタメンには引き続き権田修一が守護神として選出。板倉滉が出場停止となる中で、センターバックの選手としては谷口彰悟、吉田麻也、そして冨安健洋が初先発となる。

    フォーメーションは3-4-2-1になると見られており、ウイングバックを務めてきた伊東純也と長友佑都、ボランチの選手では遠藤航と守田英正。堂安律と鎌田大地がシャドー、前田大然が1トップに入ると見込まれる。

    日本とクロアチアによるラウンド16の一戦は、日本時間5日24:00にキックオフ予定だ。

    ■日本代表 先発メンバー
    ▽GK
    12 権田修一(清水エスパルス)

    ▽DF
    3 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
    16 冨安健洋(アーセナル/イングランド)
    22 吉田麻也(シャルケ/ドイツ)

    ▽MF
    5 長友佑都(FC東京)
    6 遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
    8 堂安律(フライブルク/ドイツ)
    13 守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)
    14 伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
    15 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

    ▽FW
    25 前田大然(セルティック/スコットランド) 
      
    ■日本代表 控えメンバー
    ▽GK
    1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
    23 シュミット・ダニエル(シント=トロイデンVV/ベルギー)

    ▽DF
    2 山根視来(川崎フロンターレ)
    19 酒井宏樹(浦和レッズ)
    26 伊藤洋輝(シュトゥットガルト/ドイツ)

    ▽MF/FW
    7 柴崎岳(レガネス/スペイン)
    9 三笘薫(ブライトン/イングランド)
    10 南野拓実(モナコ/フランス)
    17 田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
    18 浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
    20 町野修斗(湘南ベルマーレ)
    21 上田綺世(セルクル・ブルッヘ/ベルギー)
    24 相馬勇紀(名古屋グランパス)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74d1c5d21010c8c850aadbbaaa3e6c0aec54fe91

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 17:42:45.86
     Fi7y1ARUUAAHpKh


    【FIFAワールドカップ】カタールW杯で日本代表を決勝トーナメント進出に導いたヒーローの一人、MF堂安律(24=フライブルク)に欧州ビッグクラブが熱視線だ。

     堂安は1次リーグE組初戦(11月23日)のドイツ戦で先制弾をマークすると、第3戦(1日)のスペイン戦でも強烈なミドル弾を決め、世界屈指の強豪チームから2ゴールを挙げた。
    堂安は「冗談抜きで優勝を目指しているので」と強調しし「奇跡じゃなくて必然で勝ったと国民のみなさん思ってもらえる」と力を込めていた。

     そんな中、英メディア「90MIN」は「堂安はフライブルクで今季4得点を記録し、安定した結果を残している。
    まだ24歳でいくつかのクラブが注目する選手の一人」と指摘。
    またイタリアメディア「carciodangolo・com」は「昨夏に850万ユーロ(約11億9000万円)で(フライブルク)買収された堂安はイタリアリーグでも活躍する可能性のある選手」とし「2018年にユベントスとの関係があった」と名門クラブが獲得に動く可能性を伝えた。

     さらに英メディア「フットボール365」は「W杯で素晴らしいプレーを見せた選手と契約することはよくある。アーセナルと他4クラブはサプライズスターを獲得する先見の明を持っている」とDF冨安健洋が所属する強豪が堂安に注目していると指摘。
    「フライブルクの絶対的な財産。ドイツリーグで2位、欧州リーグ(EL)で決勝トーナメントに進み、多くのクラブがリストアップした」と報じている。

     移籍金は1500万ユーロ(約21億3000万円)以上に急騰しているが、同メディアは「W杯でのパフォーマンスは探索者を増やすだけ」とし、来夏に向けてビッグクラブによる大争奪戦に発展する可能性もありそうだ。

    東スポWEB
    https://news.yahoo.co.jp/articles/51099ee885fe35c94f59e19c35ad91f352ff0604

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 15:58:42.97
    20221130-00121806-sdigestw-000-5-view

    「(攻撃の選手として)ストレスは抱えながらやっていますし、チームのために犠牲を払わないといけない、というものわかっていた」

     試合後のミックスゾーンで鎌田大地は淡々と言った。それは不満ではなく、覚悟と読み取るべきだろう。

    「活躍する選手、悔しい選手がいて、これがワールドカップかなと。自分のため、というより、日本のために戦っているというか、このサッカーが将来につながるかは疑問ですけど、とにかく勝つことを目指していて、ワールドカップはそういうもの。結果が出たものがすべて」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    63: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 06:10:33.86
    FjL9HkuagAAYJuR

    クロアチアはコスタリカとまではいかなくても守備的に入ってくるやろなあ
    日本はアジア予選やコスタリカ戦で引かれると崩せないのが明らか
    高さもないしポストプレーが抜群に上手いFWがいないのは致命的

    クロアチアはキック精度と高さを活かしたセットプレー、日本が攻めてきたところのカウンターで確実に点を取るぞ

    あとクロアチアでは森保の下でJリーグを制した元広島のミキッチが引っ張りだこ状態
    日本で言う伊東や三笘みたいなサイドの絶対的存在やったし長所短所全て知り尽くしとる
    森保JAPAN丸裸や

    日本は冨安遠藤酒井守田三笘が万全ではなく、久保も体調不良
    しかも板倉が出場停止

    ベスト16の試合は今のところ全てランキング上位国が順当に勝っとる
    ランキングはクロアチアのほうが上や

    さて、どうやって日本が勝つのか🤔

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/04(日) 21:50:34.80
    FjITR7yaEAE2Psm

    権田凄くね?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3: 名無し@サカサカ10 2022/12/03(土) 18:03:23.15
    Fi7y1ARUUAAHpKh

    やっぱ堂安がナンバーワンよな
    三笘はちょっと劣る

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    781: 名無し@サカサカ10 2022/12/04(日) 02:18:21.80
    FilZwcaVIAEhkQ6

    伊藤洋輝嫌われすぎやろ・・・もう1回チャンスあげてほしいわ
    あいつが伸びれば日本代表の未来にとってデカいぞ
    1回の失敗で潰されるには余りにも勿体ない

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/04(日) 15:45:55.81
    20220928-00010015-theworldw-000-1-view

    久保の代わりとして白羽の矢が立った模様

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 03:36:56.60
    1ec43b0510e094ec2c6018e79c42e9e1

    久保はもう離脱させた方がいいかもしれんな

    https://twitter.com/coral_8/status/1599421940124782593 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    786: 名無し@サカサカ10 2022/12/04(日) 03:36:43.41
     437a4fed

    今大会で森保が世界に示した新戦術

    ・2戦目ターンオーバー(W杯史上初)
    ・ポゼッション完全放棄
    ・国で一番のエースは前半に出さない
    ・前半と後半で違うチームかと思うほど戦いかたを変える
    ・1失点は想定内で全く問題ないという謎の価値観をチーム全体に植えつける
    ・戦術伊東・三笘を拡大解釈することで本職のウイングではなくウイングバック(5バックの両端)として起用、守備でも頼りにする
    ・点が欲しいときはバランス度外視で攻撃的な選手をとにかく並べる(ドイツ戦、浅野南野堂安鎌田伊東三笘)
    ・守りたいときは本職CBの選手を脳筋で4枚並べる(吉田板倉谷口富安)+守備職人の遠藤も追加して万全を期す
    ・4年間何も積み上げないことで敵国に事前に情報を与えない

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 01:21:40.51
    no title

    no title

    no title

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 06:47:56.38
    FjDlgXraEAEk_0O

    前田大然「献身プレー」原点は高校部活…同級生からかい除籍、一人で1年練習し復帰

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7acd55d657127f029a29479bf271571454fa1bd2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/04(日) 23:00:21.93
     Fi6-IPeaUAEEt3l

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/12/04/kiji/20221204s00002014673000c.html

     FIFAワールドカップカタール大会の1次リーグE組を1位通過した日本代表は4日、ドーハ市内で決勝トーナメント1回戦クロアチア戦(5日)に向けて冒頭15分を公開して練習した。
     
     前日に体調不良でホテル療養となったMF久保建英(21=レアル・ソシエダード)はこの日も全体練習に合流せず。スペイン戦後に「次戦出るチャンスがあれば前半のうちに結果を出したい」と闘志を燃やしていたが、史上初の8強を目指す大一番での出場に黄信号がともった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    754: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 05:54:04.14
    2b0aa136cfa233deb17f694674beeec5

    今のところベスト8はクッソ順当やな




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    388: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 03:57:53.55
    FjJqdNdX0AMsRep
    FjJtDphWQAErjmi


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し@サカサカ10 2022/12/05(月) 01:58:42.59
    00d8b70ee9c60818f64a20f7aab8e835

    カタール・ワールドカップは4日に決勝トーナメント1回戦が行われ、フランス代表とポーランド代表が対戦した。

    前回大会王者にして、開幕2連勝で早々にグループステージ突破を決めたフランス。メンバーを入れ替えた最終節は敗れたものの、ラウンド16ではエンバペやグリーズマンら主力選手を先発で起用した。一方でグループCを1勝1分け1敗で突破し36年ぶりにラウンド16を戦うポーランドでは、エースのレヴァンドフスキや2本のPKを止めた守護神シュチェスニーらがスタートから出場している。

    試合は序盤からフランスがボールを動かし、ポーランドはタイミングを伺ってミドルゾーンからプレスを狙う展開に。フランスはエンバペ、デンベレ、グリーズマンと強力攻撃陣がサイドからチャンスを作り、相手を自陣へ押し込んでいく。13分にはチュアメニの強烈なミドル、17分にはデンベレ、20分にはグリーズマンらがシュートを放った。一方のポーランドは21分、カウンターからレヴァンドフスキが鋭いミドルでゴールを脅かす。その後は両チームにチャンス。フランスは35分、エンバペが独力で打開し強烈なシュートを放つが、GKシュチェスニーがファインセーブ。ポーランドも38分、ベレシンスキーの突破からこの日最大のチャンスを迎えたが、ジエリンスキのシュートは守護神ロリスがストップ。こぼれ球にも詰めたものの、ヴァランのゴールライン上でのクリアに阻まれた。

    すると44分、試合が動く。ボックス手前で受けたエンバペがDFラインの背後へパスを出すと、反応したジルーが丁寧に流し込んだ。ジルーはこれがフランス代表通算52ゴール目に。ティエリ・アンリ氏の持つ記録を抜き、同国史上最多得点記録を更新した。メモリアルゴールで“レ・ブルー”が先制して前半を折り返す。

    後半序盤もフランスが主導権を握り、ポーランド陣内でチャンスを作る。そして57分、CKの流れからGKが弾いたボールをジルーが豪快なバイシクルでネットを揺らした。しかし直前にGKシュチェスニーが交錯して倒れており、シュート前に笛が鳴っている。

    劣勢のポーランドは64分、シマンスキーに代えてミリクを投入。ストライカーを増やして勝負に出る。直後にジルーにポスト直撃のシュートを許したが、ボールを保持する時間を増やしてゴールを狙う。対するフランスは自陣に構えつつ、前に残るエンバペを活かしたカウンターを狙う。

    すると74分、フランスが追加点を奪った。グリーズマンのクリアをジルーが落とし、カウンターを発動。最後はエンバペが右足を一閃。エースの今大会4ゴール目で、リードを広げることに成功した。背番号10はこれで得点ランク単独トップに。またその直後、ジルーとデンベレが下がり、テュラムとコマンがピッチに入っている。

    フランスはその後も主導権を渡さず、ポーランドの決定機を許さない。時間を使いながら相手の攻撃を抑え、後半アディショナルタイムにはエンバペがこの日2ゴール目。今大会のゴール数を「5」に伸ばした。後半アディショナルタイムにはVARレビューの結果、ハンドでPKを献上。これをGKロリスが完ぺきにストップしたが、キックの前にロリスがラインを超えたとして蹴り直しに。レヴァンドフスキに決められたものの、3-1で快勝を収めている。

    フランスはこれで2014年(ベスト8)、2018年(優勝)に続き3大会連続のベスト8進出。連覇へ向け、準々決勝ではイングランド対セネガルの勝者と対戦する。一方ポーランドは、1982年大会(3位)以来のベスト8進出とはならなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2361029508259a045485c4769b4afff72df55ec6







    続きを読む

    このページのトップヘ