サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/13(月) 04:59:07.95
     フランクフルト 0-5 バイエルン・ミュンヘン ドイツ・スーパーカップ】

     現地時間12日、ドイツ・スーパーカップが行われバイエルン・ミュンヘンがフランクフルトに5-0で勝利した。フランクフルトに所属するMF長谷部誠はフル出場した。

    20180813-00285128-footballc-000-2-view[1]


     昨季のリーグ戦王者バイエルンはドイツ杯(DFBポカール)王者フランクフルトを圧倒した。21分、キミッヒのクロスにレバンドフスキが頭で合わせ先制点を挙げる。さらに5分後には再びレバンドフスキが右CKからヘディングシュートを決めリードを広げる。36分にはミュラーが惜しいミドルシュートを打つなどバイエルンが試合を支配する。

     後半に入っても勢いの止まらないバイエルンは54分にミュラーからのパスを受けたレバンドフスキがこの日3ゴール目を挙げ勝負を決める。フランクフルトはバイエルンの素早いプレスの前になかなか攻撃の形を作れず。長谷部も前半はリベロ、後半は守備的MFでプレーするもチームの起点とはなれなかった。試合はその後さらに2点を加えたバイエルンが5-0で勝利した。

    【得点者】
    21分 0-1 レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
    26分 0-2 レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
    54分 0-3 レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
    63分 0-4 コマン(バイエルン・ミュンヘン)
    85分 0-5 チアゴ(バイエルン・ミュンヘン

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00285128-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/13(月) 01:56:25.00
     【アーセナル 0-2 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第1節】

     現地時間12日に行われたプレミアリーグ第1節のアーセナル対マンチェスター・シティは、2-0でアウェイのシティが勝利を収めた。

    20180813-00285117-footballc-000-1-view[1]

     昨季のプレミアリーグで圧倒的な力を見せつけた王者シティと、長く続いたヴェンゲル体制を終えてエメリ監督を迎えた新生アーセナルの開幕戦。先手を取ったのはシティだった。

     デ・ブライネ、ガブリエウ・ジェズス、ザネといった選手がベンチスタートとなったシティは、14分、メンディのパスをペナルティエリア左で受けたスターリングがドリブルを開始。中にスライドしてペナルティアークまで運び、右足のシュートを決めた。

     その後はシティが主導権を握る展開。アーセナルは素早いプレスを受けて苦し紛れのロングボールが多くなり、シティが危なげなく跳ね返す。アーセナルはメイトランド=ナイルズが前半に負傷。35分にリヒトシュタイナーを投入する予定外の交代もあった。

     後半になってもペースを握るのはシティ。63分、アグエロに訪れたGKとの1対1の決定機は決められなかったが、その直後に追加点を奪う。左サイドの深くでパスを受けたメンディがマイナスのクロスを入れると、ベルナルド・シウバがダイレクトで決め、2-0となった。

     終盤はシティにミスもあってアーセナルはチャンスをつくったが決めきれず。試合は2-0でシティが勝利を収めた。

    【得点者】
    14分 0-1 スターリング(マンチェスター・シティ)
    64分 0-2 ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00285117-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 23:24:55.38
     リヴァプールは12日、プレミアリーグ第1節でウェスト・ハム・ユナイテッドをホームのアンフィールドに迎えた。

    20180812-00010009-goal-000-1-view[1]

    昨季4位のリヴァプールは、新加入GKアリソンとナビ・ケイタのほか、フィルミーノ、サディオ・マネ、サラーという自慢の3トップがスターティングメンバーに名を連ねた。

    試合は、立ち上がりから攻勢をかけたリヴァプールが先制する。19分、ナビ・ケイタがドリブルでバイタルエリアを侵攻。左サイドに走りこんでパスを受けたロバートソンが入れた好クロスに正面で合わせたサラーが決めて、リヴァプールが試合を動かした。

    ハーフタイムにかけてやや盛り返されたリヴァプールだが前半終盤、新10番のゴールで追加点を得る。左サイドのロバートンが入れたクロスをファーサイドのミルナーが折り返す。最後は正面のサディオ・マネが押し込み、リヴァプールが2-0とした。

    後半もリヴァプールが攻撃力をアピールする。53分、ミルナーからパスを受けたフィルミーノがバイタルエリアで仕掛けて縦パス。最終ライン裏でボールを受けたサディオ・マネが反転シュートを叩きこみ、スコアを3-0とした。

    その後もヘンダーソンを投入して試合をコントロールしたリヴァプールは、88分に途中出場のスタリッジがダメ押し弾。ウェスト・ハムの反撃を許さずにシャットアウト勝ち。最高の白星スタートを切った。

    また、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはバーンリーと対戦し、0-0で試合を終えた。吉田はベンチ外となっている。

    ■試合結果
    リヴァプール 4-0 ウェスト・ハム・ユナイテッド

    ■得点者
    リヴァプール:サラー(19分)、サディオ・マネ(45+2分、53分) 、スタリッジ(88分)
    ウェスト・ハム:なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00010009-goal-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 23:14:30.49
     フローニンゲンは12日、エールディビジ開幕節でフィテッセとのアウェイ戦に臨んだ。フローニンゲンの日本人MF堂安律が今季リーグ戦初ゴールを決めている。

    20180812-00010008-goal-000-1-view[1]


    大事なリーグ戦開幕節で堂安は4-2-3-1の右サイドハーフとして先発出場。フローニンゲンは22分に先制される苦しい展開を強いられたが、38分にボックス右のファン・ベールトが折り返したボールに正面で合わせた堂安が左足のダイレクトシュートでネットを揺らした。

    しかし、フローニンゲンは前半終盤の44分に失点。1点のビハインドで前半を終える。

    迎えた後半、フローニンゲンは63分にベーレンスに最終ライン裏に抜け出されると、そのままゴールを奪われて2点差とされる。直後の64分、フローニンゲンはマヒが際どいシュートを放つも、これは右ポストに直撃する。

    すると、フローニンゲンは66分、チェルシーからレンタル中のクラーク=ソルターに決められて、スコアを1-4にされる。さらに71分にもマタフズに決められたフローニンゲン。堂安は86分にゴール正面で決定機を得たが、惜しくもシュートはバーの上にはずれ、このチャンスは生かせなかった。

    結局、フローニンゲンはそのまま敗戦。ゴールを決めた堂安だが、チームとしては厳しいスタートとなった。

    ■試合結果
    フィテッセ 5-1 フローニンゲン

    ■得点者
    フィテッセ:リンセン(22分)、ベロ(44分)、ベーレンス(62分)クラーク=ソルター(66分)、マタフズ(71分)
    フローニンゲン:堂安律(38分)






    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 22:08:06.09
     オランダ1部リーグでフローニンゲンの堂安律、アウェーで行われたフィテッセとの今季初戦の前半38分、今季初ゴールを挙げる。

    20180812-00010005-goal-000-1-view[1]





    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 19:37:32.67 _USER9
    ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都がツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、“本田監督”に反応した。

    20180812-01665540-gekisaka-000-3-view[1]

     12日、FW本田圭佑がプノンペンで開催されたカンボジアサッカー連盟の記者会見に出席。同代表のコーチングスタッフに入閣することを発表した。本田の肩書きは『Head of delegation』。チーム構成や指揮に対する全権を任せられる予定で、実質的な“監督”のポジションも担うという。

     今後は、先日加入が発表されたメルボルン・ビクトリーでプレーしながら、国際Aマッチデーにカンボジア代表の実質的な監督を務める。本田は「私にとってはじめての監督業になります。こういったかたちの契約は世界どこをみてもはじめての契約だと思います。可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と意気込みを語った。

     これに反応した長友は「圭佑、自分が日本代表の選手としてカンボジア代表と対戦する時はどうする?もちろん日本代表の味方だよな?笑 わざとシュート外したりしないよな?笑」と、冗談まじりにツイート。すると、本田(@kskgroup2017)は「もちろん笑」と返答した。

     なお、本田は代表引退を表明しているが、「2年後の東京五輪を目指して現役を続けようと思った。東京五輪にオーバーエイジとして出場する」と目標を掲げている。

    8/12(日) 19:23配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-01665540-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 18:43:21.96 _USER9
    ヴィッセル神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が移籍後3戦目でJリーグ初ゴールを決めた。

    ホーム・ジュビロ磐田戦の前半15分、初共演の元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)からパスを受けると、
    鋭いターンでDFを置き去りにし、GKもかわして右足で先制ゴール。全得点に絡む活躍で2-1の勝利に貢献した。
    スペイン代表(10年)とドイツ代表(14年)でワールドカップ優勝を経験した、英雄2人の年俸総額は推定約40億円。
    異次元のプレーで神戸は4位に浮上した。

    (中略)

    今回は大事な家族を伴っての再来日。7月の来日時はホテル暮らし。
    暇な時間はゲームセンターで時間を費やし気分転換したが、今は大きな支えが日本にいる。

    住居はマンションに決めたが暫定的な措置という。
    来日会見で「日本の文化を学びたい」と発言。日本庭園に興味があり、庭付き一戸建てが希望。

    すべてにおいて日本に溶け込もうとする精神が、成功を招いた。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201808120000071.html

    イニエスタ
    no title
     
      

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 14:37:31.47
     
    20180717-00122477-soccermzw-000-7-view[1]

    現メンバー
    大迫 ドイツ1部
    武藤 プレミア
    原口 ドイツ1部
    乾 リーガ
    香川 ドルトムント
    岡崎 プレミア
    宇佐美 ドイツ1部

    若手
    堂安 19でオランダで無双
    伊藤 20でブンデスレギュラー
    田川 プレミアが獲得を狙う19歳のFW
    浅野 今季ブンデスレギュラーを奪取する23歳

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 14:37:10.38 _USER9
    8/12(日) 14:23配信
     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MFで、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りする本田圭佑(32)が、サッカー・カンボジア代表の実質的な監督に就任した。

    20180812-00000015-it_nlab-000-1-view[2]

     12日、首都プノンペンでカンボジア・サッカー連盟(FFC)と本田が会見した。指導者ライセンスを持たず、何より現役選手であるため、本田は同国代表チームのゼネラルマネジャー(GM)的な立場でA代表の強化を取り仕切ることになる。

     本田の所属事務所によると、会見での本田のスピーチの一部は次の通り。

     「みなさん。こんにちは。会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。

     先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。

     そんな中でカンボジアサッカー連盟に『現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か』と質問したところ、『本気で言っているならオファーをする』と言っていただき、この場に至りました。

     こういった形の契約は世界どこをみても、はじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れてくれたことに感謝しています。

     私にとって初めての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい。

     ミッションが2つあります。

     1つは、カンボジア・サッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。それがミッションの1つです。

     これは日本でもすごく苦労していることです。目指すものがバラバラだと、みんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。

     サッカーというのは今日、明日では強くならないので、しっかり目標を掲げ、そこにみんなが我慢しがら一緒になって進んでいくことを今回のミッションの1つとして掲げます。

     2めは、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。

     何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしていくつもりでいます。

     さらに、1番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい。

     もう1度繰り返しますが、1つはサッカーのスタイルと確立すること。2つめは、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすることです」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00297446-nksports-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 12:42:42.46
    MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー/オーストラリア)が、滞在中のカンボジアで記者会見を実施。同国の代表監督兼GM(ゼネラルマネージャー)就任を発表した。

    20180812-00810972-soccerk-000-6-view[1]

     本田は今夏にメルボルン・ビクトリーに移籍しており、現役でのプレーは継続したまま、監督としてカンボジア代表を指揮する。目標には「カンボジアのサッカーが目指すべきスタイルを作り上げること」を掲げた。また、「カンボジアのPR活動もしていくつもり」と述べている。

    8/12(日) 12:34配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00810972-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 10:01:15.72 _USER9
     サンフレッチェ広島のブラジル人FWパトリックが改めて日本帰化の希望を明かしている。ブラジル『グローボ・エスポルチ』が伝えた。

    27356_ext_04_0[1]

     パトリックは昨年8月に広島へ加入し、今季は20試合に出場してリーグトップの15得点を挙げている。同メディアは「ポドルスキ?トーレス?ブラジルのパトリックがJリーグのトップスコアラーだ」と題し、神戸FWルーカス・ポドルスキや鳥栖FWフェルナンド・トーレスといったスター選手に負けない活躍を見せているパトリックを紹介。その中で日本帰化を望む同選手のコメントを取り上げている。

     同メディアによると、パトリックは2018年に日本の居住者として5年間が経ち、帰化の資格を得ることができたと思われた。しかし、2016年末に膝を手術するためブラジルに帰国していたことが影響し、日本国籍の取得は叶わず。それでも日本代表の夢はまだ諦めていないようだ。

    「僕をサンフレッチェに呼んだ(現日本代表の)森保一監督を介してチャンスがあると思っているよ。彼が僕の帰化を求めるなら、協会が仲介してプロセスを迅速化することができるはずだ。今のところ何も動きはないが、実現する可能性はある」

     元広島指揮官の森保監督を帰化実現へのキーマンに挙げたパトリック。広島は11日、ホームで行われるJ1第21節で長崎と対戦する。ブラジル人ストライカーは森保監督にアピールするゴールを奪うことはできるだろうか。
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?251653-251653-fl

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 06:08:43.01 _USER9
    ◆明治安田生命J1リーグ 第21節 鳥栖1―0浦和(11日・ベストアメニティスタジアム)

     今夏、鳴り物入りでJ1鳥栖に加入したスペイン人FWフェルナンドトーレス(34)は11日、ホームでの浦和戦に4試合連続で先発し、5試合連続で不発に終わった。

     前半11分、MF小野の縦パスを受け、MF福田のシュートに結び付けた。前半の見せ場はこのワンシーンだけ。浦和の日本代表DF槙野智章(31)との競り合いにことごとく負け、前線で効果的な働きはほとんど出来なかった。後半15分、前線からの守備で浦和MF青木のボールを奪い、ゴール前の鳥栖FW金崎夢生(29)に決定的なパス。しかし、金崎のシュートは浦和GK西川周作(32)に阻まれた。後半は躍動感も増したが、自身はシュート1本も打てずに後半45分にベンチに退いた。

     トーレスは「毎試合、何かを勉強している。試合をするごとに良くなっているよ。私のパフォーマンスも良かったと思う。浦和は強いチーム。みんなと頑張って守った。いいプレーをしたと思う。日本に来て3週間ぐらい。日に日にコンディションも良くなっているし、コンビネーションも、自分のプレーも良くなっている。これからもっと良くなるよ」と話した。

     鳥栖は後半8分、MF高橋秀人(30)が、MF原川力(24)の左CKを頭で決め、先制。そのまま逃げ切り、1―0で今季初の連勝を飾った。順位も暫定ながらJ2降格圏を脱出し、15位に浮上した。

    8/11(土) 23:30配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000332-sph-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/12(日) 06:16:37.65 _USER9
    ベルギー1部リーグ、ジュピラーリーグ第3節が11日に各地で行われた。

    3人の日本人選手が所属するシント=トロイデンはホームでロケレンと対戦。冨安健洋は3試合連続の先発、遠藤航は初スタメンとなった。試合は後半に先制を許すが、すぐに同点へと追いつき1-1のドロー。冨安、遠藤ともにフル出場を飾り、シント=トロイデンは開幕から3戦続けて引き分けとなった。

    また、セルクル・ブルージュでは強豪スタンダール・リエージュを相手に日本代表DF植田直通がスタメンデビュー。押し込まれながら、堅い守備を見せ、スコアレスドローに貢献している。セルクル・ブルージュは昇格組ながら、開幕3試合で勝ち点5を奪い、ここまで暫定4位と好位置につけている

    8/12(日) 5:26配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000037-goal-socc 
      
     
    no title
     
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 23:43:52.45 _USER9
    ◇明治安田生命J1第21節最終日 神戸2―1磐田(2018年8月11日 ノエスタ)

    DkT8yMhVAAIYqhc[1]

     神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が11日、磐田戦(ノエスタ)の前半15分にJリーグ初ゴールを決めた。

     ドイツ代表として14年W杯ブラジル大会を制したMFルーカス・ポドルスキ(33)からの絶妙なパスに、スペイン代表として10年W杯南アフリカ大会で優勝したイニエスタが絶妙なターンから右足で決めるという”世界一コンビ”による夢のようなゴールにネット上は騒然。

     「ポドルスキとイニエスタの半端ないって」「これぞワールドクラス」「Jリーグでこれが見れるとは」「異次元サッカーを見た」と驚きと称賛の言葉が相次いだ。

    スポニチ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15146669/

    スペインメディアもイニエスタのJ初ゴールに驚愕「“神モード”のイニエスタ」「日本で“イニエスタッソ”」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000020-goal-socc

    イニエスタの超絶トラップ&ターンをバルサ贔屓紙も言及 「大きな熱狂をもたらした」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127763-soccermzw-socc

    独メディア、ポドルスキとイニエスタの“共同制作“を絶賛「ワールドクラスのゴールだ!」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000027-goal-socc

    長友、イニエスタJ初得点&ポドルスキ超絶アシストに「もう笑いがでたわ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000137-spnannex-socc

    香川真司が「イニエスタ…」 J初ゴールから数分で驚嘆ツイート
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000132-dal-socc

    神戸MFイニエスタ、「相手コケさせた」華麗弾に海外衝撃 「今季最もセクシーなゴール」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127752-soccermzw-socc 
      
    神戸MFイニエスタ、来日初得点で世界絶賛! 「華麗トラップ」「名人芸」「初マジック」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127731-soccermzw-socc

    イニエスタ×ポドルスキの“芸術的連係弾”にファン感嘆 「最強かよ」「うますぎ!」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127721-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 22:52:08.43 _USER9
     名古屋グランパスは11日の明治安田生命J1リーグ第21節で鹿島アントラーズに4-2で快勝。リーグ3連勝をマークした。加入後初ゴールを含む2発を決めた金井貢史が試合後、喜びを爆発させた。

    43,579人の超満員が詰めかけた豊田スタジアム。名古屋は前半にジョーの3試合連続ゴールで幸先良く先制点を奪ったが、後半に同点ゴールを決められてしまう。しかし、その直後に金井がコースを狙いすましたコントロールシュートを決めて勝ち越しに成功。その後、金井が安部裕葵を倒してしまいPKに。再び同点に追いつかれたが、金井が汚名返上を果たす。81分にチームを救う一撃を決めて勝ち越し。終盤に前田直輝のダメ押し点も飛び出し、終わってみれば4-2の快勝を飾った。

    「いやあ、鳥肌立ちました」

    試合後そう言って喜びを爆発させた金井は「やっと力になれたと思う。でも、まだまだ試合中にミスも多いし、自分がチームを苦しめてしまった部分もある。PKを取られてしまった。でも、そこは上手くレフェリーと戦わないでしっかり勝ち点3を取れたので良かった」と続けた。

    さらに「本当にチーム全員で、ボールを取られないっていう自信があるからこそ、あそこに入っていける部分があるので、チームメイトに感謝したいですね。タマさん(玉田圭司)とも試合後に話したんですけど、前半から本当に守備頑張ってくれたし、そういう人たちの力で、こうやって僕も点を取れたと思っているので。タマさんに感謝します。僕は決めるだけだったので。良かったです」と満足した表情で語った。

    積極補強で金井をはじめ、前田、中谷進之介、丸山祐市、エドゥアルド・ネットら実力者を獲得し、いずれもチームにすぐさまフィットしている。風間八宏監督が推し進めるサッカーは「難しい」と話す金井だが、一方で学ぶことは「サッカーの基本のところが大前提」だと言う。「今までだったら、どうしても戦術的な部分を言われる監督が多いんですけど、技術の部分ですごく言われる。すごく僕としては上手くなれるなと思って、毎日トレーニングが楽しくできています。そのトレーニングでできていることを試合で出せなきゃいけないので、もっともっとこれから練習して頑張りたい」と意気込んだ。

    3連勝の名古屋は次節、横浜FMとの一戦を控える。その差は4ポイント。金井にとっては育成組織から過ごした古巣との一戦となる。

    「もう早く試合したいです。やっぱり育ててもらった部分もあるし、自分が名古屋に出ていくときも、すごく温かい言葉で見送ってくれたサポーターもいるので。そういう人たちにも感謝の意味を込めて名古屋で頑張って、もう名古屋の選手なんだなと思ってもらえるように、決別じゃないですけど、しっかり自分が名古屋の選手だっていうのを見せたいです」

    決意を込めて古巣との戦いに臨む金井。鹿島戦で見せた活躍ぶりを次節も披露することができるか。

    8/11(土) 22:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000029-goal-socc 
      
     
    no title

    DkUA7HtU0AEFmrQ[1]


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 12:13:05.57 _USER9
    香川に関心を寄せるとされるベジクタシュ、ファンは同僚ゲッツェにも大量メッセージ

    20180811-00127573-soccermzw-000-1-view[1]

     ドルトムントの日本代表MF香川真司はトルコ1部のベジクタシュからの関心が頻繁に取り沙汰され、去就が注目されている。しかし、ここに来てベジクタシュファンの関心は同じドルトムントでも、別の選手に向いているようだ。

     その選手とは香川とも親交の深いドイツ代表MFマリオ・ゲッツェだ。ゲッツェのインスタグラムの投稿に対し、ベジクタシュファンと思われるユーザーから「Come to Besiktas(ベジクタシュへ来て)」というメッセージが殺到しているのだ。

     投稿によっては写真一枚に8000件以上のコメントが付き、まるでスパムのごとく「Come to Besiktas」の文字で埋め尽くされている状況だ。トルコのサポーターによる熱烈なラブコールが送られている。

     アンデルソン・タリスカが中国へ移籍し、10番タイプの選手を探しているというベジクタシュ。トルコメディアでは香川獲得の噂が過熱しており、すでにオファーを送っているとも報じられていた。今週中にも交渉が進展するとの見方もあったが、香川はドルトムントでテストマッチに出場し、アシストするなど活躍を見せている。

     クラブが探し求める新たなプレーメーカーの獲得は実現するのだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127573-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 22:22:55.95
     【ニューカッスル 1-2 トッテナム プレミアリーグ第1節】

     現地時間11日にプレミアリーグ第1節の試合が行われ、ニューカッスルはトッテナムと対戦。

    20180811-00284975-footballc-000-1-view[1]

     7月27日に移籍金950万ポンド(約14億円)でマインツからニューカッスルへ移籍した日本代表FW武藤嘉紀はベンチ入りを果たした。試合開始して8分、コーナーキックの混戦からトッテナムのヤン・フェルトンゲンに頭で押し込まれ相手に先制されてしまう。

     それでも11分、味方のクロスボールにホセルが合わせてニューカッスルが同点に追いついた。しかし18分、トッテナムのデレ・アリにゴールを決められ再び相手に勝ち越される。

     81分にはアヨゼ・ペレスに代わって武藤が移籍後初出場を果たした。日本人では稲本潤一、戸田和幸、中田英寿、宮市亮、香川真司吉田麻也、岡崎慎司に次ぐ8人目のプレミアリーガーとなっている。ニューカッスルは結局、1-2の敗戦を喫して黒星スタートとなった。

    【得点者】
    8分 0-1 フェルトンゲン(トッテナム)
    11分 1-1 ホセル(ニューカッスル)
    18分 1-2 アリ(トッテナム)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00284975-footballc-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 20:59:23.97 _USER9
    [J1リーグ21節]鳥栖1-0浦和/8月11日/ベアスタ

    20180811-00045483-sdigestw-000-2-view[1]
     
     J1リーグ21節の鳥栖対浦和が11日、ベストアメニティスタジアムで行なわれ、1-0で鳥栖が勝った。鳥栖は今季初の連勝だ。
     
     試合は前半を0-0で折り返して迎えた53分、原川力のCKに高橋秀人が合わせて鳥栖が先制する。これでリードを奪ったホームチームは、守備のバランスを保って浦和の攻撃を撥ね返し、1-0で試合を終わらせた。試合終盤にはGK権田修一がビッグセーブを見せるなど、最後まで集中力を保った。
     
     注目のF・トーレスはゴールこそなかったが、89分まで出場。攻撃だけでなく、前線からのプレスにも精力的に参加し、チームの勝利に貢献した。
     
     鳥栖は15日に行なわれる22節で川崎と対戦する。この連勝の勢いに乗って、さらに勝点を伸ばしたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00045483-sdigestw-socc




    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/08/11(土) 20:54:50.10
     
    明治安田生命J1リーグ第21節が11日に行われ、ヴィッセル神戸とジュビロ磐田が対戦した。

    20180811-00810507-soccerk-000-1-view[1]

      神戸は主将の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが9試合ぶりに戦線復帰。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも3試合ぶりに先発に名を連ね、“世界一コンビ”が神戸で初共演する。対する磐田は宮崎智彦が2試合ぶりの先発となった。

     15分、ポドルスキのパスを受けたイニエスタが華麗な反転を披露。ドリブルで持ち込むと、GKカミンスキーをかわしてゴールへ流し込んだ。イニエスタのJリーグ初ゴールで神戸が先制する。

     後半に入り56分、大崎玲央のパスをウェリントンが落とすと、最後は古橋亨梧が追加点を挙げる。今夏FC岐阜から加入した古橋は移籍後初ゴールとなった。84分、山田大記がエリア内でイニエスタに倒され、磐田がPKを獲得。川又堅碁が決めて1点を返した。

     試合は2-1で終了。神戸が3試合ぶりに勝ち点3を獲得した。次節は15日、神戸はホームでサンフレッチェ広島、磐田はアウェイで浦和レッズと対戦する。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 2-1 ジュビロ磐田

    【スコア】
    1-0 15分 アンドレス・イニエスタ(神戸)
    2-0 56分 古橋亨梧(神戸)
    2-1 84分 川又堅碁(PK/磐田)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00810507-soccerk-socc







    続きを読む

    このページのトップヘ