サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/13(木) 23:25:42.40 _USER9
    ロシアW杯出場、アジア大会で優勝に貢献のチョ・ヒョヌに日本行きの可能性浮上
     
    Jリーグでは何人もの韓国人GKがプレーしているが、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)で韓国代表の正GKを務めたチョ・ヒョヌ(大邱FC)に、
    日本移籍の噂が浮上している。韓国紙「スポーツ京郷」が、「欧州? 日本? 残留?」と報じた。

    現在27歳のチョ・ヒョヌは、2013年から大邱FCでプレー。年代別代表を経験し、17年にはKリーグ年間最優秀GKに選出された。
    韓国代表としては15年にドイツ人のウリ・シュティーリケ監督(当時)の下で初招集されると、そのまま定着。
    今夏のロシアW杯では正守護神としてグループリーグ3試合に出場し、第3戦のドイツ戦(2-0)では圧巻の守備を披露し、金星に貢献した。

    また8月のアジア競技大会では、オーバーエイジとしてU-23韓国代表に招集。最後尾からチームを支えると、決勝で森保一監督率いるU-21日本代表と対戦し、
    延長戦の末に2-1と勝利して金メダルを獲得した。同じオーバーエイジ枠で招集のFWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、FWソン・フンミン(トットナム)とともに、兵役を免除されている。

    そんな現役韓国代表の実力者に、Jリーグ移籍の噂が持ち上がっているようだ。韓国紙「スポーツ京郷」は、「海外進出か、残留か。
    チョ・ヒョヌが去就を巡って悩んでいる」と報じた。さらに「欧州? 日本? 残留?」と選択肢に触れた一方、「ヨーロッパでは冬がシーズン途中で、(GKの)移籍が活発でないことも悩みだ」と触れている。

    クラブ社長は「いつでも送り出す」スタンス 本人も「欧州や日本など海外で挑戦したい」
     そこで浮上しているのがJリーグだという。記事では「もう一つの道は日本行きだ」と記し、すでにJリーグで活躍している韓国人GKを紹介。
    川崎フロンターレでリーグ連覇に貢献したチョン・ソンリョンをはじめ、鹿島アントラーズでAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献したクォン・スンテ、
    セレッソ大阪のキム・ジンヒョン、ヴィッセル神戸のキム・スンギュ、北海道コンサドーレ札幌のク・ソンユンらの名前を挙げている。

    大邱FCのチョ・グァンレ社長は「良いオファーがくれば、いつでもチョ・ヒョヌを送り出す」という立場を鮮明にしている。
    残留の可能性も残しているが、記事では「欧州や日本など海外で挑戦したいという思いはある、クラブと話し合い、慎重に決定を下す」というチョ・ヒョヌのコメントを伝えた。

    昨今では韓国人GKのJリーグ移籍という流れが生まれているが、ロシアW杯で正守護神を務めた韓国代表GKも来季、日本での新たな船出を決断するのだろうか。

    12/13(木) 19:10配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00154063-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/13(木) 22:56:50.68 _USER9
     スペイン・マドリード開催となった南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝だが、異例の頂上決戦の数日後に新たな悲劇が発生してしまった。リーベル・プレートのファンである青年が優勝を喜んだことを理由に、ボカ・ジュニアーズのファンに殺害されたと、スペイン紙「マルカ」などが報じている。

    20181213-00154127-soccermzw-000-5-view[1]

     リーベルの大ファンだった21歳のエセキエル・アーロン・ネリス氏は、愛するクラブのシャツを着て優勝を喜んでいたところを、18歳と22歳のボカ・ジュニアーズファンの青年二人に襲われ、ナイフで数カ所を刺されて一つが大動脈を切断する致命傷となり死亡したという。二人は現地警察に逮捕されたと伝えている。

     死亡したエセキエル青年の家族は「リーベル・プレートのファンであったこと、優勝を喜んだことを理由に殺された」との声明を発しているという。そして、事件当時の状況を「無防備な犬のように刺された」とした。

     試合は第1戦がボカのホームで2-2のドロー。そして第2戦の試合当日、スタジアムに向かうボカのチームバスがリーベルのファンに襲撃され、投石などで選手にも負傷者が出て試合が延期。南米サッカー連盟が異例のスペイン開催を決め、延長戦の末にリーベルが3-1と制して優勝を決めていた。

     多くのアルゼンチンサッカー関係者から国外開催になることの無念さと今後の懸念が話されていた「スーペル・クラシコ」だが、ついにサポーター同士による殺人事件が発生するという悲劇が起きてしまった。

    12/13(木) 22:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00154127-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/13(木) 07:42:55.89
    初めて異国での生活を経験した天才司令塔は、現地12月11日に『Ariel』社のプロモーションイベントに参加。そこで日本で抱いた想いを語った。その言葉をスペイン紙『Marca』がまとめている。

    20181213-00010005-sdigestw-000-1-view[1]

    「日本について? 僕は、全てのことに驚かされたよ。何よりも平和なことにね。人々は穏やかで、イライラしていないから、ストレスを感じることがなかった」

     その国民性と治安の良さを称え、日本での生活が良好であると語ったイニエスタ。キャリアの晩年を迎えたタイミングで新たな挑戦を決意した34歳にとって、あらゆる面でJリーグ入りは成功だったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00010005-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/13(木) 04:01:38.41
    2018y05m31d_154201243[1]

    SS バイエルンミュンヘン
    S マンチェスターU ローマ
    A インテル ドルトムント セビージャ
    B ミラン アーセナル シャルケ バーゼル
    C セルティック チェスカ ガラタサライ レスター フランクフルト ザルツブルク
    D マルセイユ トッテナム サウサンプトン ベティス ブレーメン ヘタフェ
    E ニューカッスル エイバル マインツ ハノーファー ケルン デュッセルドルフ ハンブルガー

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/13(木) 08:49:53.76 _USER9
    日本代表を率いる森保一監督が、11日に行われた年間スケジュール2019の記者発表に登壇し、コパ・アメリカブラジル2019について語った

    20181211-00010006-goal-000-3-view[1]

    6月にコパ・アメリカブラジル2019に招待国として参戦することも正式決定。そこでは、本気の南米チームを相手にすることとなり、森保監督も「貴重な経験になる」と話した。

    また、チーム編成について森保監督は「まだこれから選手の状況等々変わると思いますので、まだどういうチームで臨かは具体的には申し上げられません」と言葉を濁し、「幅広い年代で臨むこともあると思います」と含みを持たせた。

    さらに、個人のスキルや判断の速度を上げる必要があるとしつつ、南米からは多くのことが学べるとした。

    「南米では“マリーシア”という言葉があったりしますが、日本人は賢く戦うということ、今年のロシア・ワールドカップでも西野監督が選手に自信を持たせ、チームに自身を持たせてやるということでチームづくりをされていました。

    流れを読むという部分、“マリーシア”を学ぶ、よく日本では“ずる賢さ”と言われますが、色んな部分で賢さを発揮するという部分を選手にも学んでほしいし、スタッフも学ばなければいけないと思います」

    12/11(火) 17:39 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00010006-goal-socc

    続きを読む

    15: 名無し@サカサカ10 2018/12/13(木) 06:19:29.53
     DuP22xzW0AAP87s[1]

    グループEは無敗のバイエルンが首位通過。首位バイエルンと2位アヤックスの直接対決は両者退場者が出る激闘に。

    先制点を奪ったのはバイエルンだったが、内容で上回ったアヤックスがホームの声援を受けながら、逆転に成功する。それでも、チアゴ・アルカンタラの仕掛けからPKを手にし、バイエルンが同点に。

    さらに直後、アヤックスのディフェンスラインのパスミスから最後はキングスレー・コマンがねじ込み、再逆転。

    しかし、アヤックスがアディショナルタイムに再度同点ゴールを奪い、3-3で終了した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00010000-goal-socc




    続きを読む

    769: 名無し@サカサカ10 2018/12/13(木) 03:18:54.54
     20181213-09261308-gekisaka-000-1-view[1]

    塩谷が追撃弾!カイオもアシスト!3点差追いついた開催国アルアインがPK戦の末に開幕戦勝利
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-09261308-gekisaka-socc



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/12(水) 16:47:55.92
    「ブラジルのイブラ」がJリーグ参戦か! ロンドン五輪では得点王に輝く

    現地時間12月11日、『グローボ』などのブラジル・メディアが、元ブラジル代表FWのレアンドロ・ダミアンが日本移籍に向かっていると一斉に報じた。

    20181212-00051355-sdigestw-000-2-view[1]

    現在29歳のL・ダミアンは2017年にインテルナシオナウにレンタル移籍。2018年シーズンは26試合で10ゴール・3アシストの成績

    2010年頃にインテルナシオナウで台頭した当時は「ブラジルのズラタン・イブラヒモビッチ」と評された実力派。
    ネイマールらとともに出場した2012年のロンドン五輪では、得点王(6ゴール)に輝いている。ブラジル代表でも一時期は9番を背負い、次代のエースとして期待される存在だった。



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00051355-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/12(水) 13:48:58.27
    20181211-00010000-sportiva-000-1-view[1]

    ロナウジーニョ「間違いなく世界一になる才能だと思った。しかし彼は伸び悩んだ」

    ロナウジーニョ「今は輝きを失っている。自分を見つめ直してほしい」


    ネイマールって今は雑魚なん?

    続きを読む

    407: 名無し@サカサカ10 2018/12/12(水) 13:31:50.26
     DuMJhUcU4AA_wtE[1]

    アジア杯メンバー発表!!長友、青山、浅野が代表復帰
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?261331-261331-fl

    ▽GK
    東口順昭(G大阪)
    権田修一(鳥栖)
    シュミット・ダニエル(仙台)

    ▽DF
    長友佑都(ガラタサライ)
    槙野智章(浦和)
    吉田麻也(サウサンプトン)
    佐々木翔(広島)
    酒井宏樹(マルセイユ)
    室屋成(FC東京)
    三浦弦太(G大阪)
    冨安健洋(シントトロイデン)

    ▽MF
    青山敏弘(広島)
    原口元気(ハノーファー)
    柴崎岳(ヘタフェ)
    遠藤航(シントトロイデン)
    伊東純也(柏)
    中島翔哉(ポルティモネンセ)
    南野拓実(ザルツブルク)
    守田英正(川崎F)
    堂安律(フローニンゲン)

    ▽FW
    大迫勇也(ブレーメン)
    浅野拓磨(ハノーファー)
    北川航也(清水)

    続きを読む

    96: 名無し@サカサカ10 2018/12/11(火) 19:09:20.01
    DiQc_DCXkAAPBHT[1]

    フットブレインでコパのやってたが
    メリット
    ・競合と戦えることで日本代表の経験値が入る

    デメリット
    ・Jリーグ開催中
    ・サッカー協会が多額のお金(5~10億円以上と言われてる)を出すため参加費として10億円出す価値があるのか
    ・FIFAランクが下がるのは必然的 
      
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/12/12(水) 05:43:06.10 _USER9
    シント=トロイデンでプレーする日本代表DF冨安健洋の評価がうなぎのぼりだ。ベルギー『Voetbalmagazine』は、同選手はクラブに大金をもたらす存在となると予想している。

    20181212-00000026-goal-000-2-view[1]

    先日、ドイツ『ビルト』で日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンからの興味が報じられた冨安。報道によれば、シント=トロイデンは600万ユーロ(約8億円)の獲得オファーを断り、移籍金1000万ユーロ(約13億円)を求めたという。

    さらにイタリア『TUTTOmercatoWEB』ではラツィオやウディネーゼが注目していると伝えられ、同選手を巡って争奪戦が勃発する可能性が浮上しているようだ。

    そんな冨安の人気ぶりを受けた『Voetbalmagazine』は「シント=トロイデンは前例を見ない移籍の実現に迫っている」と題した記事で「20歳のタケヒロ・トミヤスの状況が徐々に騒がしくなってきた」と指摘。

    「シント=トロイデンは800~1000万ユーロ(約10億~13億円)を求めるだろう」としながら「今冬の移籍の可能性は低いようだが、もうすぐレコードトランスファーが実現することになる」と予想している。

    実際に1000万ユーロでの移籍が実現するとなれば、2010年にサンダーランドに向かったGKシモン・ミニョレ(現リヴァプール)や2017年ヘタフェに加わったDFダコナム・ジェネの獲得に支払われたとされる250万ユーロのクラブレコードが大きく更新される。DFシャンセル・ムベンバ(現ポルト)を獲得する際、ニューカッスルがアンデルレヒトに支払った1200万ユーロと見られるDFに対するリーグレコードの移籍金の領域に迫ることになる。

    12/12(水) 5:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000026-goal-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ