サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/21(日) 11:13:08.39 _USER9
     【釜本邦茂「ズバッと言わせてもらう!」】

    森保ジャパンがパナマに3―0で完勝した試合(12日)の後、当コラムで「16日のウルグアイ戦で選手は持ち味を存分に発揮し、スカッとした試合を期待している」と書いた。
    どの選手も、南米の強豪を相手に見事なプレーを見せてくれた。

    中でもトップ下のMF南野、攻撃的な左サイドMF中島、右サイドMF堂安の3人は、ボールを持つと最初にパスの相手を探すのではなく、
    まずは「目の前の選手を抜いて守備陣形を崩す」ことを選択。ドリブル突破を果敢に仕掛けていった。

    これが実に有効な手だてとなった。マンマーク気味のウルグアイは、ドリブル突破によって混乱をきたし、機を見るに敏なパスを出されて腰砕けになるDFもいた。

    南野、中島、堂安の良いところはドリブルだろうがパスだろうが、「その先のシュート」を常に意識しているところだ。

    これまでの日本サッカーはパス、パス、パス……に執着するきらいがあり、シュートチャンスを迎えてもパスというシーンが多かった。それが現代表になって「シュートで終わる」場面が明らかに増えた。
    ウルグアイ戦の4得点は、いずれも流れの中から生まれ、素晴らしいゴールシーンだった。「スカッとした」どころか「気持ち良い」という思いに襲われた。

    それはプレーしている選手、ベンチの監督、もちろんスタンドに陣取ったサポーターも感じ入っただろう。しかし――。

    南野、中島、堂安の3人は「日本で行われたテストマッチで結果を残した」に過ぎない。

    所属クラブに戻り、週末のリーグ戦で目覚ましい活躍を見せ、欧州ビッグクラブから熱視線を送られ、
    そして来年1月にUAEで開催されるアジアカップで森保ジャパンを優勝に導く活躍を見せて、初めて「日本代表の屋台骨を背負って立つ選手」と言えるだろう。

    周囲からチヤホヤされても慢心せず、ひたすらにスキルを磨き、大きく羽ばたいて欲しい。

    (日本サッカー協会顧問)

    20181017-00013883-nallabout-000-1-view[1]

    10/21(日) 9:26配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000009-nkgendai-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/21(日) 04:01:06.37 _USER9
    サッカーの世界的強豪、レアル・マドリードの育成組織に所属するMF中井卓大(たくひろ)(14)が、初めて世代別の日本代表に選ばれた。

    20181019-00048996-sdigestw-000-1-view[1]

    2歳年上で、スペインでライバル関係にあるバルセロナの育成組織出身のMF久保建英(たけふさ)(17)=J1横浜マ=とともにサッカーファンの注目を集めていた若き逸材が、初めて日の丸を背負ってプレーする。

    中井は、19日に日本サッカー協会が発表した15歳以下(U15)日本代表に初選出された。
    U15は一番下の世代別代表だ。

    滋賀県出身の中井は、2012年にレアルが少年向けに日本で開いたキャンプが育成組織入りのきっかけとなった。
    そのキャンプで実力を認められ、13年春に現地で練習に参加、同年秋の入団テストで合格した。

    身長176センチ、60キロ。ドリブルやパスが得意なMFだ。
    今年3月に神奈川県であったU15の親善大会に、レアルの一員として出場した。
    主力級としてプレーし、決勝ではJ1湘南U15を破って「凱旋(がいせん)優勝」を果たしている。

    小学生でスペインへ渡った経歴が似ていることもあり、中井は、バルセロナの育成組織に入った久保と比較されることも多い。
    その久保は、U15日本代表を経て、昨年は「飛び級」でU20ワールドカップに出場した。
    中井は今年3月に日本で大会に出場した際、報道陣の取材に対し、「久保君みたいになれたらいい」と話していた。目標の存在に、一歩近づいた。

    U15日本代表は10月下旬から11月上旬までフランス遠征を行う。中井は、現地で合流する予定だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15469727/
    2018年10月19日 19時42分 朝日新聞デジタル 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/21(日) 04:22:03.88 _USER9
    守備に戻っていたイニエスタもゴールに吸い込まれるシュートを眺め、その直後に両膝を折るように腰を落とし、両手を大きく振る仕草で怒りを露わにしている。
    失点の場面で神戸側の人数は足りており、軽々と突破される守備に不満を示すかのような感情的な行為となった。 
     
    20181020-00142802-soccermzw-000-6-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00142802-soccermzw-socc 


    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/20(土) 20:47:49.29 _USER9
     オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑がオーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』のインタビューで、日本での生活について言及した。

    20181020-03197662-gekisaka-000-4-view[1]

     メルボルン・ビクトリーは20日、リーグ開幕戦でホームにメルボルン・シティーを迎える。同紙はダービーマッチを前に本田を特集。その中で元日本代表レフティーは、「僕は日本という国やその文化が好きです」と前置きし、母国での生活に関して次のように話した。

    「僕は日本で暮らすのがあまり快適ではありません。規則がたくさんありますからね。子供の頃、学校で失望しました。先生や他の多くの人から『あれもダメ、これもダメ』と言われたんです。僕はいつも『なぜ?』と考えていました。そこは自由ではなかった。僕は自由が好きです。他人を気にしないアメリカが好きです。賛否両論があるかもしれないですが」

     日本での少年時代の葛藤を明かした本田だが、海外でプレーする現在も可能な限り年末に帰国し、疲れを癒やしているようだ。
    「僕は温泉にハマっています。箱根を知っていますか? 東京から1時間で行けるので非常に便利です。とても素晴らしくてリッチで、温泉の中でお酒を飲むことができます。いいですよね?」とオーストラリアの人々に向けてオススメのスポットも紹介した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-03197662-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/20(土) 18:57:02.20 _USER9
    20日に行われているオーストラリア・Aリーグ開幕戦でメルボルン・ビクトリーとメルボルン・シティが対戦。
    先発で出場したビクトリーの本田圭佑は先制ゴールを記録した。

    20181020-00293902-footballc-000-2-view[1]

     この試合がオーストラリアでの公式戦デビューとなる本田は、キャプテンマークを巻いて右MFで先発
    出場。今季Aリーグ最大のスター選手として大きな期待を集めつつ開幕を迎えた。

    前半28分、チームの今季初ゴールとなる先制点をその本田が記録した。チームが右サイドからの攻撃
    を展開する中でゴール前に上がった本田は、ストーム・ルーからのクロスに合わせ、エリア中央から
    ドンピシャのヘディングを叩き込んだ。

     期待に応えてさっそくゴールという結果を出した本田。このままチームを勝利に導くことができるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00293902-footballc-socc





    続きを読む

    340: 名無し@サカサカ10 2018/10/20(土) 16:42:37.60
     
    4c889eff314f9c45ad47192b1ee99087[2]

    F・トーレスが巧みなヘッドでリーグ2発目! 仙台に競り勝った監督交代の鳥栖が4試合ぶりの白星/J1リーグ第30節
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00850396-soccerk-socc

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!





    続きを読む

    269: 名無し@サカサカ10 2018/10/20(土) 14:42:35.00

    Dp7djs9UwAA9s9V[1]

    師匠キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/20(土) 13:46:38.95 _USER9
    ➖ 2001年当時の清水のユニフォームがノミネート 「全くもって上手くいかなかった」

    世界各国では毎年のように各クラブで新しいユニフォームが制作されている。そんななか、海外スポーツメディア「BeSoccer」は「サッカーの歴史上で最も醜いユニフォーム」のワースト10を特集し、2001年の清水エスパルスのユニフォームがノミネートされている。


     清水は2001年シーズンのJ1リーグを年間4位で終え、翌年元日の天皇杯で優勝を飾るなど好成績を残した。当時のチームにはDF三都主アレサンドロやDF森岡隆三ら日本代表戦士が在籍し、2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)にも選手を送り出している。

     一方、当時の清水のユニフォームが辛辣な評価を受けている。“史上最も醜いユニフォーム”のワースト10の一つとして選出した海外スポーツメディア「BeSoccer」は、その選考理由を次のように説明している。

    「2001年のユニフォームは黄色と2種類のオレンジ色で構成されているが、上部に地球儀がプリントされており、胸部に広告が入っている。この色とアイデアの混合は、全くもって上手くいかなかった」

     世界から10枚のユニフォームを選出しているなか、清水のユニフォームを真っ先に紹介している。同メディアにとっては、それだけ強い印象を受けたデザインだったのかもしれない。

     海外スポーツメディア「BeSoccer」が選出した「史上最も醜いユニフォーム」のワースト10は以下の通り。

    清水エスパルス(2001/日本)
    ボーフム(1997-98/ドイツ)
    ノルウェー代表(1995)
    チアパスFC (メキシコ)
    マンチェスター・ユナイテッド(1990/イングランド)
    アーセナル(1990/イングランド)
    メキシコ代表(1994)
    ロルカFC(-/スペイン)
    コロラド・カリブス(-/アメリカ)
    アスレティック・ビルバオ(2004年/スペイン) 
      
    20181020-00142539-soccermzw-000-5-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00142539-soccermzw-socc

    続きを読む

    655: 名無し@サカサカ10 2018/10/20(土) 04:06:49.88
     
    20181020-00293840-footballc-000-1-view[1]

    長谷部誠フル出場フランクフルトが衝撃のゴールラッシュ。1試合5得点のFWは得点ランク首位に急上

    【得点者】
    20分 1-0 アレ(フランクフルト)
    26分 2-0 ヨビッチ(フランクフルト)
    34分 3-0 ヨビッチ(フランクフルト)
    50分 4-0 アレ(フランクフルト)
    53分 4-1 ルケバキオ(デュッセルドルフ)
    55分 5-1 ヨビッチ(フランクフルト)
    69分 6-1 ヨビッチ(フランクフルト)
    72分 7-1 ヨビッチ(フランクフルト)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00293840-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/19(金) 22:58:19.68 _USER9
    【U-19日本 5-2 U-19北朝鮮 AFC U-19選手権グループB第1節】

    20180105_kubo_getty-560x373[1]

     19日に行われたAFC U-19選手権グループB第1節でU-19日本代表はU-19北朝鮮代表と対戦し、4-2の勝利を収めた。

     U-20ワールドカップ出場権獲得を目指す日本は、スコールがやんだばかりのピッチで好発進。開始8分、久保建英がドリブルで運んでスルーパスを通すと、抜け出した斉藤光毅のシュートはGKに阻まれるが、こぼれ球を自ら押し込んで先制する。

     19分には追加点。伊藤洋輝が約30メートルのミドルシュートを突き刺して2-0とした。

     だが、北朝鮮がここから反撃。まずは36分、右からのクロスにキ・タンが合わせて1点を返されると、41分には瀬古歩夢のファウルで与えたPKを北朝鮮A代表も経験しているカン・クッチョルに決められて2-2で折り返した。

     前半途中から守備の連係に不安がみられた日本だが、後半に入って再びリードを奪う。

     勝ち越し弾を決めたのは久保だった。ゴール正面やや右、約30メートルの位置からFKを得ると、久保が左足で直接シュート。壁を越えたボールはゴール右上に吸い込まれ、3-2となった。

     1点を追う北朝鮮は苛立ちを見せ始め、81分にはシン・クァンソンが郷家友太を踏みつけて一発退場となる。

     数的優位の日本は89分にダメ押し。カウンターで抜け出した宮代大聖が上がってきた味方を使って自らドリブル突破を仕掛け、4点目を決めた。さらにアディショナルタイムには安部裕葵にもゴールが生まれ、終わってみれば5-2で日本が勝利を収めた。

     白星発進となった日本は、22日にタイと対戦する。

    【得点者】
    8分 1-0 斉藤光毅(U-19日本)
    19分 2-0 伊藤洋輝(U-19日本)
    36分 2-1 キ・タン(U-19北朝鮮)
    41分 2-2 カン・クッチョル(U-19北朝鮮)
    65分 3-2 久保建英(U-19日本)
    89分 4-2 宮代大聖(U-19日本)
    90+3分 5-2 安部裕葵(U-19日本)

    https://www.footballchannel.jp/2018/10/19/post293827/










    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/19(金) 19:02:06.78 _USER9
    10/19(金) 18:49配信 スポーツ報知

    20181019-00048996-sdigestw-000-1-view[1]

     日本サッカー協会は19日、U―15日本代表のフランス遠征メンバー18人を発表し、スペインの名門レアル・マドリードの下部組織、カデーテAに所属するMF中井卓大(14)を初招集した。中井が世代別の日本代表に選出されるのは初。


     滋賀県出身の中井は、2012年夏に日本で行われた「レアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ2012」で優秀選手に選ばれ、13年4月にはスペインで「チャレンジキャンプ」に参加。同9月の入団テストに合格し、9歳で名門の下部組織に加入した逸材だ。その経歴から同じくスペインの名門バルセロナに所属していたFW久保建英(17)=横浜M=と比較される。

     U―15代表は「バル・ド・マルヌU―16国際親善トーナメント2018」に参加。10日にU―15オーストラリア代表、11月1日にはU―15フランス代表、同3日にはU―15イングランド代表と対戦する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000121-sph-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ