サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 22:21:37.23
    no title


    元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、今季限りでヴィッセル神戸を退団することになるようだ。ドイツ紙『ビルト・アム・ゾンターク』のインタビューで語った。

    2017年夏にガラタサライから2年半契約で神戸に渡り、2020年1月31日までの契約を結んでいるポドルスキ。今年6月に耳の手術を受け、長期離脱を強いられていたが、先月18日に行われた天皇杯川崎フロンターレ戦に途中出場を果たして戦列に復帰。徐々にコンディションを戻していたところだ。

    だが、現在34歳のポドルスキは、クラブと契約延長する可能性は低いと考えているようだ。『ビルト・アム・ゾンターク』で「クラブの責任者から今のところ話しかけられていない。なので、おそらく僕の日本での時間は年末に終わるだろう」と、今季限りでの退団が濃厚と話している。

    なお同選手は、「もうほかの方面に目を向け、自分の状況を整理しつつ色々と考えている」とすでに移籍先を模索している様子。度々噂されてきた古巣ケルンへの復帰に関しては否定はしないものの、「両者がそれを望まなければいけない。残念ながらこれまでそういう流れはなかった」と、ケルン側は必ずしもかつての英雄を連れ戻す動きはないと示唆した。

    神戸では今年4月までキャプテンを務めたポドルスキ。ここまで公式戦53試合に出場し、14ゴール10アシストを記録している。来年の東京オリンピックへ向け、ドイツ代表のオーバーエイジ枠での出場に意欲を示していたが、一旦Jリーグを離れて来夏に再び来日することになるのだろうか。

    10/13(日) 21:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010029-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 21:34:06.65
    20191013-00362881-usoccer-000-1-view[1]

    2019.10.13 21:20 Sun

    マンチェスター・ユナイテッドが今冬の移籍市場でミランのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(24)の獲得に動く模様だ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

    ユナイテッドは今夏、FWロメル・ルカクとFWアレクシス・サンチェスをインテルに放出。だが、その後釜の獲得に失敗したクラブはFWマーカス・ラッシュフォードやFWアントニー・マルシャル、FWメイソン・グリーンウッドら若きタレントに新たな得点源としての役割を期待しているが、ここまではケガの影響などもあって思うような成果を出せていない。

    今冬のストライカー補強を明言しているそのユナイテッドに関しては、ユベントスに所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(33)の獲得に関して口頭合意に至ったとの報道が出ている。だが、同クラブはベテランストライカー以外にも更なる前線の補強に動いているようだ。

    ここまではレッドブル・ザルツブルクに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(19)、リヨンに所属するフランス人FWムサ・デンベレ(23)らの名前が挙がっているが、その候補リストに新たに加わったのが、ミランのピョンテクだ。

    ユナイテッドは来年1月に同選手の獲得に向け、3500万ポンド(約47億6000万円)前後のオファーを掲示する準備を進めている模様。その一方、ミラン側は最低でも4360万ポンド(約60億円)を要求する構えだという。

    昨季、ジェノアとミランでリーグ戦22ゴールを奪う大爆発を見せたピョンテクだが、マルコ・ジャンパオロ前監督の最も得意とする[4-3-1-2]で求められる前線のタスクになかなか順応できず、プレシーズンから低調なパフォーマンスに終始。今シーズンここまでのセリエA7試合ではPKによる2つのゴールを奪ったのみとなっている。

    ミランとしてはステファノ・ピオリ新体制でのピョンテクのパフォーマンスを考慮しつつ、状況次第で売りに出す可能性があるようだ。


    https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=362881

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 17:45:57.21
    no title

    J1浦和は13日、台風19号による記録的な暴風雨の影響で、さいたま市桜区の練習施設「レッズランド」が水没したと発表した。1級河川の荒川から施設全体に大量の水が流れ込み、「推定、水深5、6メートル」に達しているという。

     水が引くのを待って、被害状況を確認する方針ながら、「早期の復旧、営業再開は難しいと思われます」としている。

     荒川の河川敷にあるレッズランド(約14万平方メートル)には天然芝や人工芝のピッチに加え、フットサル場、テニスコート、キャンプエリアなどがあり、下部組織やレディースなど練習拠点になっている。さいたま市浦和区にあるトップチームの練習拠点「大原サッカー場」に被害はなかったという。J1浦和は13日、台風19号による記録的な暴風雨の影響で、さいたま市桜区の練習施設「レッズランド」が水没したと発表した。1級河川の荒川から施設全体に大量の水が流れ込み、「推定、水深5、6メートル」に達しているという。

     水が引くのを待って、被害状況を確認する方針ながら、「早期の復旧、営業再開は難しいと思われます」としている。

     荒川の河川敷にあるレッズランド(約14万平方メートル)には天然芝や人工芝のピッチに加え、フットサル場、テニスコート、キャンプエリアなどがあり、下部組織やレディースなど練習拠点になっている。さいたま市浦和区にあるトップチームの練習拠点「大原サッカー場」に被害はなかったという。

    10/13(日) 16:57配信 中日スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010044-chuspo-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 18:06:27.72
    no title


    カリム・ベンゼマはレアル・マドリーの2019/20シーズンを信じられないほどの形でスタートしたが、彼のフランス代表チームへの復帰は検討していないと同代表監督ディディエ・デシャンは、『TF1』のインタビューではっきりと述べている


    ベンゼマは第8節を終えたリーガで得点ランクトップタイの6ゴールを奪いマドリーを牽引している。
    しかしデシャンはそんな絶好調なフランス人FWでもまったく呼び戻す考えはないようである。


    「これはスポーツ面での決定だ。彼の復帰は代表チームにとって良くない影響を及ぼすと思う。私はフランス代表にとってベストだと思うことを選択し、レ・ブルーのシャツを着ることの意味を理解している者にしか与える資格はない」とバッサリと切り捨てている。

    10/13(日) 15:55配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010011-sportes-socc 
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 14:53:58.66
    20191013-00010015-goal-000-1-view[1]


    札幌  1-0 G大阪
    第1戦 1-2
    合計  2-2
    ※アウェーゴール差で札幌がルヴァン杯決勝進出

    [得点者]
    76'鈴木 武蔵(札幌)

    スタジアム:札幌ドーム
    入場者数:15,996人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/101311/live/#live

    続きを読む

    26: 名無し@サカサカ10 2019/09/01(日) 01:08:01.40
    20110731015325c71[1]


    10年くらい前のプレミアはマンU アーセナル リバプール チェルシーの4強で
    スパーズはエヴァートン アストンビラと第2グループを形成してたよな
    シティは10位あたりをウロチョロしとったのにオイルマネーで変わってしもうた

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 07:36:21.43
    no title

    日本代表は12日、タジキスタン戦(15日)が行われる同国の首都ドゥシャンベで初練習を行った。

    6―0と大勝した10日・モンゴル戦でMF伊東純也(26)=ゲンク=が3アシストと結果を残し、MF堂安律(21)=PSV=、MF久保建英(18)=マジョルカ=と、ポジション争いはまれにみるハイレベルな“三つ巴(どもえ)”の右サイドMF。

    レギュラーからメンバー落ちまでの可能性が渦巻く最激戦区の展望を、日本代表担当の金川誉記者が読み解く。

     ともに勝ち点6で迎えるタジキスタン戦に向け、人工芝の張られた試合会場での初練習。DF長友、吉田はコンディション調整のため姿を見せず、モンゴル戦のスタメン組も軽めに調整した。

    一方、同戦の“サブ組”は、シュート練習などで約1時間半、体を動かした。右MFの1番手だった堂安、18歳の久保はモンゴル戦で出番なしに終わり、この日は感触を確かめるようにボールを蹴った。

     伊東は「みんな右サイドだけじゃないし、意識はしていないと思う」と話したが、一気に過熱してきた競争。

    過去日本代表で3人が一つのポジションを争い、最も白熱したのは、02年日韓W杯を目指したトルシエ・ジャパンの左MF。中村俊輔、小野伸二、三都主アレサンドロが競った結果、中村はW杯のメンバーから落選した。

    他ポジションとの兼ね合いもあるが、メンバー23人のうち、3人のGKを除き1ポジション2人というのはどのチームも基本路線。3人の実力者が集えば、おのずと1人はメンバー外となる可能性が出てくる。

     生き残りに向けたポイントは、試合で結果を残せるかが第一。加えて複数ポジションをこなす多様性も重要になる。

    基本布陣の4―5―1なら堂安、久保はともにトップ下をこなし、伊東は左サイドの経験がある。さらにオプションとなる3―6―1なら、伊東はウィングバックでのプレーも可能だ。

    タジキスタンのファンからも「クボー!」とサインをねだられるほど知名度を誇る久保ですら、3番手の状況が続けばメンバー落ちの可能性もはらむ“天国から地獄”。この争いが、日本代表をさらに強くする。(金川 誉) 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000176-sph-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/13(日) 01:57:53.36
    news_284618_1[1]


    <GOAT 史上最高>

    リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

    <LEGEND 伝説 >

    ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)
    パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
    ロナウジーニョ(元ブラジル代表)、ロナウド(元ブラジル代表)
    クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
    ヨハン・クライフ(元オランダ代表)
    カルレス・プジョル(元スペイン代表)
    ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)

    <GREAT 偉大 >

    ジャンルイジ・ブッフォン
    (元イタリア代表)
    リバウド
    (元ブラジル代表)
    ライアン・ギグス
    (元ウェールズ代表)
    ティエリ・アンリ
    (元フランス代表)
    スティーブン・ジェラード
    (元イングランド代表)
    アラン・シアラー
    (元イングランド代表)
    フランク・ランパード
    (元イングランド代表)
    ズラタン・イブラヒモビッチ
    (元スウェーデン代表)
    ロベルト・カルロス
    (元ブラジル代表)

    <GOOD 優秀 >

    セルヒオ・アグエロ
    (アルゼンチン代表)
    ディディエ・ドログバ
    (元コートジボワール代表)
    エデン・アザール
    (ベルギー代表)
    フィルジル・ファン・ダイク
    (オランダ代表)
    ロビン・ファン・ペルシー
    (元オランダ代表)
    デイビッド・ベッカム
    (元イングランド代表)
    キリアン・ムバッペ
    (フランス代表)

    <UNDERRATED 過小評価 >

    セルヒオ・ブスケッツ
    (スペイン代表)
    ウェイン・ルーニー
    (元イングランド代表)
    アリエン・ロッベン
    (元オランダ代表)
    ソン・フンミン
    (韓国代表)

    <OVERRATED 過大評価 >

    アレクシス・サンチェス
    (チリ代表)
    アントワーヌ・グリーズマン
    (フランス代表)
    メスト・エジル
    (元ドイツ代表)
    ジェラール・ピケ
    (元スペイン代表)
    ペレ
    (元ブラジル代表)
    ネイマール
    (ブラジル代表)
    ガレス・ベイル
    (ウェールズ代表)
    カリム・ベンゼマ
    (元フランス代表)


    https://www.football-zone.net/archives/222890/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=222890_6

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/11(金) 08:21:35.99
    no title

    クリスタル・パレスに酒井獲得を進言 「欧州で積み上げた経験値は貴重な資産となる」」

    日本代表DF酒井宏樹は不動の右サイドバック(SB)としてマルセイユで立場を確立している。今夏には強豪トットナム加入が取り沙汰されていたものの、最終的には残留することになった。しかし、プレミアリーグへの移籍の可能性は依然として残っているのかもしれない。英メディアはクリスタル・パレスに酒井獲得を猛プッシュしている。

    2016年にハノーファーからマルセイユに移籍した酒井は、即戦力として右SBの主力に定着。今夏はトットナムがイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを放出したため、酒井の獲得に動くと英メディアがこぞって取り上げていたが、最終的に実現には至らず、酒井はマルセイユと2022年まで契約延長を交した。

    一方、英メディア「サッカー・ソウルズ」は「なぜクリスタル・パレスは1月に酒井獲得へ乗り出すべきなのか?」と取り上げ、ロイ・ホジソン監督はトップ6フィニッシュに向け、1人のストライカーと2人のSBの補強を要求していることを説明。昨季にリーグ屈指のライトバックへと飛躍したイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカがマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたことを踏まえ、酒井獲得を進言している。

    「クリスタル・パレスは酒井への関心を強めなければならない。彼は昨季32試合に出場し、1ゴール5アシストを記録した。マルセイユでの出場試合数も130試合に迫っており、クラブで最も一貫性のある選手の1人として立場を確立している。昨季も噂は上がっていたが、確実にチームの守備レベルを引き上げるだろう。主戦場は右SBだが、酒井は最終ラインならばどこでもプレーできる。技術力もあり、強靭なフィジカルも備えていて、ピッチで必ず100%の力を発揮することを約束する」

    184cmの屈強なフィジカルを備えた酒井は、大型SBとしてワン=ビサカの後任に最適であると力説し、クラブでは左SB、過去にはセンターバック(CB)を務めた経験を持つユーティリティー性を大きく買っていた。「彼の完璧なタイミングでのタックルは、彼を最終ラインで価値ある選手としている。欧州で積み上げた経験値は、クリスタル・パレスにとって貴重な資産となるだろう」と活躍に太鼓判を押していた。 
      
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00222638-soccermzw-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/12(土) 23:04:54.48
    20191012-00222881-soccermzw-000-1-view[1]

    レアルDFラモス、20年の東京五輪でオーバーエイジとして出場の可能性
     スペイン代表とレアル・マドリードでキャプテンを務めるDFセルヒオ・ラモスが、来年の東京オリンピックに向けた世代別代表に参加する意欲を持っていると報じられたことが現地で話題となっている。スペインサッカー連盟としては参加を希望していない一方、現場の有望株たちからは“待望論”が起きているとスペイン紙「マルカ」が報じている。

     ラモスはリーガ・エスパニョーラやUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、ワールドカップ(W杯)、欧州選手権(EURO)などクラブ、代表ともにほぼすべてのタイトルを手にしてきた。その中で唯一手にしていないのは年齢制限のある五輪で、本人に近い筋の話として東京五輪参加を希望していると伝えられている。

     しかし連盟側はEURO決勝からわずか10日後に東京五輪のサッカー競技が始まること、これまでの世代別スペイン代表がオーバーエイジを使わない方向性だったこともあり、招集に消極的な模様だ。

     ただし選手たちにとってみれば、金メダル獲得のためにぜひ参加してもらいたいという意向が強いという。匿名を条件に取材に答え、このような意見が多く上がっているという。

    「彼にとっても、それは物凄いキャリアのなかで楽しめるものだと思うし、金メダルを獲るために彼はすごく手助けしてくれると思う」

    「僕らのクオリティーを大きく飛躍させてくれると思う。誰にとってもとてもポジティブになるんじゃないかな」

    「素晴らしキャプテンだし、僕らは彼と一緒に勝ちまくっていけると思う」

     20代前半の選手にとって、やはり百戦錬磨のキャプテンは頼れる存在のようだ。果たして来夏、ラモスは日本のピッチに立っているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00222881-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/12(土) 17:46:50.27
    20191012-00010000-realspo-000-14-view[1]

    「サッカー界の“宝石”久保」のストーリーだと聞くと現在誰もが久保建英をイメージするだろう。しかしこれから取り上げるのは2000年代を代表するストライカー“ドラゴン”久保竜彦である。破天荒で豪快。圧巻のバネと得点力。「宝石」とさえ呼ばれた特異な才能は、プロとしてどのように評価され、どのように評価されなかったのか。「単独で欧州や南米の守備陣を破壊しうる人材」。そんな彼を彷彿とさせる新たな日本を代表するストライカーの出現に期待しつつ、久保竜彦の“破天荒さ”と“凄み”を数々の証言を交えて振り返る。


    (本記事は、9月20日に『REAL SPORTS』で掲載された記事に一部、加筆・修正を行って掲載しています)

    「2002年? その時は地球が滅亡するらしいから」
    久保竜彦を書くと決まった時、何から書き出すか、判断に迷った。彼のプレーの素晴らしさか、それとも破天荒な生活か。

    ただ、もう久保竜彦の存在自体が歴史的なものでもある。なので、彼の名言の数々をまずはご紹介したい。古くからのサンフレッチェ広島サポーターや久保ファンの方々にはご承知だろうが、若いサッカーファンはご存知ないと思うので。

    1996年、初めてのインタビュー。
    「中学の時から、サッカーが楽しくなった。遠征とか、バスに乗っていくのが楽しいから」
    サッカーのプレーそのものでは、ないんかい(苦笑)。

    「高校の時、初めてサッカーの知識とか、教えてもらった。すごかった」
    「何がすごかった?」
    「よー、わからん」
    ……はい?

    「レイソル? 黄色のユニフォームですかね?」
    うーん……。

    「最初に出たのは(清水)エスパルス戦だった。広島と違って、なんか、怖かった」
    いやいや、怖いの意味がわからない。

    当時は2002年FIFAワールドカップが日本で開催されるかどうかという話題でもちきりだったこともあり、その話を振ってみた。その答えが、
    「2002年? その時は地球が滅亡するらしいから」
    「えっ、どういうこと?」
    「1999年に地球はなくなるんでしょ」
    「……もしかして、ノストラダムスの大予言?」
    「そうっす」
    瞳はまったく笑っていなかった。あと4年で地球が滅亡するという予言に、おびえていた。なので、当時のある説を教えてあげた。「最近の研究では2012年らしいよ」
    「そうなんですか! よかった」
    当時は坊主頭ではなく、パーマがかかった髪を揺さぶるように、久保竜彦は笑った。

    「試合に出始めているけれど、すごいなって思った選手は?」
    その質問に、彼はずーっと、無言。必死で考えて、考えて。言葉のない時間が1分以上も続いたあとで、
    「あんまり、知らないんです。カズ(三浦知良)さん、レオナルド、ストイコビッチ、ゴン(中山雅史)さん、くらいしか。あ、ジュビロの8番の人、上手いですね」
    ブラジル代表主将のドゥンガのことを、彼は知らなかった。

    1997年、レギュラーとして試合に出始めた頃。当時、ステージ優勝を争っていた横浜フリューゲルス戦で森保一がセザール・サンパイオと激突した。
    「ポイチさんに何しとるんや」
    森保を師と仰ぐ久保は、サンパイオに対して激怒。彼をピッチ上で追い回し、警告を受けた。
    もちろん、褒められた行為ではない。しかし、久保の場合はどこか、ユーモラス。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010000-realspo-socc
    10/12(土) 13:10配信

    https://www.youtube.com/watch?v=2wZy0X1SbX4


    スーパーシュート~久保竜彦~

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/12(土) 15:24:41.63
    K10012124201_1910112337_1910112337_01_02[1]

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191011/k10012124201000.html

    サッカーJ2の町田ゼルビアがチーム名を「FC町田トウキョウ」に変更する届け出をJリーグに提出し
    承認を受けていたことがわかりました。

    J2の町田ゼルビアは東京・町田市を拠点とするクラブで
    去年、大手IT会社のサイバーエージェントが筆頭株主になり、経営権を取得しました。

    Jリーグによりますと、ゼルビアからチーム名を「FC町田トウキョウ」に変更する届け出がJリーグに提出され
    先月の理事会で承認を受けたということです。

    一方で、チーム名の変更をめぐってサポーターから反対意見が相次いでいます。

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/10/12(土) 08:46:57.98
    no title

    日本代表DF板倉滉やU-22日本代表FW食野亮太郎はこの先、所属元のマンチェスター・シティでプレーする可能性はほぼないに等しいかもしれない。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が現在レンタルに送り出されている選手たちの状況を分析し、その将来を10段階で評価した。

    『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、シティと契約を結んでいながら他クラブで武者修行に挑んでいる選手は現在32人。2019年夏に同クラブに渡り、即座にフローニンゲンにレンタル加入した板倉や今夏に移籍直後に期限付きでハーツに渡った食野もそういった形での欧州挑戦を選択している。

    しかし、これら各国のタレントたちにシティのトップチームに割り込む可能性はあるのだろうか。同紙が掲載したレンタルプレーヤー30人の状況の分析だが、イングランド2部相当チャンピオンシップのノッティンガム・フォレストに送り出されているコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチ(20歳)が10ポイント中「7」と最高点が与えられ、将来的にはエティハドでプレーする可能性が濃厚と見られるのは彼のみとなっている。

    元U-21オランダ代表でアンデルレヒトにレンタル移籍したDFフィリップ・サンドレル(22歳)、トゥエンテに送り出されるもそのトップチームでは出場機会を得られていないU-20イングランド代表DFジョエル・ラティオーディエール(19歳)はそれぞれ「5」と続き、シティのトップでプレーする可能性は50%だという。しかしながら、そのほか27人に関しては「4」は1人、「3」は3 人、「2」は7人、「1」は6人、「0」は10人となっている。

    そして、板倉は2022年までの契約を結んでいるシティの一員になる可能性は「0」と考えられているようだ。今シーズンについて、「22歳のDFはエールディビジで充実したシーズンを過ごしているが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』の見解ではイタクラの獲得はシティ・フットボール・クラブによるものであるため、彼がこのクラブのためにプレーする可能性は極めて低いということだ」と当初からシティの補強と考えられていないと記されている。

    また同じく2022年までの契約を持つ現在21歳の食野は「1」となっており、「日本人FWのメシノは移籍市場最終日に到着すると、すぐさまスコットランドへとローンに出され、そこでは全試合に出場してきた」と紹介されるも、同選手も今後シチズンス(マンチェスター・Cの愛称)の一員となる可能性は低いという。

    シティと複数年契約を交わし、欧州へと羽ばたいた2人の日本人選手。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるトップチームのメンバーとして、プレミアリーグやチャンピオンズリーグに挑戦するシナリオは現状想像し難いかもしれないが、それぞれ欧州リーグ1部所属のクラブでレギュラーを掴んでいるだけに所属元の期待を超えるパフォーマンスを見せ続け、現地メディアの懐疑的な見方を覆したいところだ。 
      
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010004-goal-socc 

    続きを読む

    このページのトップヘ