1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:02:31.40 _USER9

    20170427-00000014-ism-000-1-view[1]


    【ロンドン=風間徹也】国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は26日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会でビデオ判定を初めて導入する意向を示した。 
      
    AP通信が報じた。 
      
    ビデオ判定は、得点やPKなど試合に与える影響が大きいプレーを対象に、主審が必要と判断した場合、複数の映像を判定に役立てる。昨年、日本で行われたクラブW杯などで試験導入されている。インファンティノ会長はチリのサンティアゴで行われた南米連盟総会に出席し、「とても前向きな結果が出ている。誤審を防ぐことで、試合がより公正に行える」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00050042-yom-socc

    記事の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:58:34.54 _USER9

    20170411-00574918-soccerk-000-2-view[1]


    AFCチャンピオンズリーグはグループステージの第5節が終了。

    日本勢では鹿島アントラーズと浦和レッズがそれぞれ決勝トーナメント進出を決めているが、残る2チームは最終節の結果次第という状況だ(詳しくはこちら)。

    一方、“爆買い”で話題の中国リーグは出場3チームが全て各組で2位以上をキープ。最終節で広州恒大が引き分け以上であれば、全チームが勝ち上がることになる。

    そんななか、26日には上海上港がホームでFCソウルと対戦。「悪魔の左足」を持つフッキが、またも無慈悲なゴールを突き刺した!

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=127&v=wSKfX4bSTls



    0-1とリードされ迎えた26分、ゴールまで25mほどはあろうかという距離からこのミドルシュート!シュート力やコースを含め、完全にアジアのレベルを逸脱している…。

    https://www.youtube.com/watch?time_continue=99&v=wSKfX4bSTls



    また、14分にすんごいシュートでスタジアムをザワつかせてみせた。カメラも追いつけないほどのスピード!

    フッキはここまで4ゴールをあげており、第1節のFCソウル戦でも強烈なミドルシュートを決めている。決勝トーナメントで日本勢と対戦した際には、手を焼く存在になりそうだ。

    なお、試合は4-2で上海上港が勝利。勝ち点を「12」は浦和レッズと同じだが、直接対決の成績で2位につけている。

    http://qoly.jp/2017/04/27/hulk-goal-vs-fc-seoul-20170426-kwm-1

    記事の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 17:35:55.56 _USER9

    20170426-00025003-sdigestw-000-2-view[1]


    【No Ball,No Life】ベルギー1部、ヘントの日本代表FW久保裕也(23)が絶好調だ。
    ヘントは25日、レギュラーシーズンの上位6チームが優勝を争うプレーオフでワーレゲムに2-0で勝利。
    プレーオフ5戦無敗で2位をキープした。フル出場した久保は、前半24分に先制弾。
    1月に移籍後、同リーグ12試合に出場し通算8点目で、3戦連発のゴールとなった。 
      
    今季前半に所属していたヤングボーイズ(スイス)では公式戦12得点をマーク。
    移籍後の得点も合わせると20得点となり、自身が持つ欧州1部リーグでの日本人最多得点記録を更新した。
    勢いはとどまるところを知らず、ベルギーの地元メディア『voetbalkrant』は「冬の移籍ではまれな掘り出し物。
    スシボンバーがヘントを引っ張る」と紹介した。 
      
    ベルギーでの得点率は1試合平均に換算すると約0・7点。
    同リーグの得点ランキング(25日時点)の1位ウカシュ・テオドルチク(25)=アンデルレヒト=が
    32試合20得点同約0・6点であることを考えると、久保に注目が集まるのも納得だ。
    ちなみにリーグが異なるため比較はできないが、スペイン1部の得点ランキングトップ、
    アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(29)=バルセロナ=は29試合出場31得点で同1・1点と驚異的な得点率を出している。 
      
    欧州連盟(UEFA)のリーグランキングでベルギー1部は9位。
    ここで活躍した選手は、スペイン1部やブンデス(ドイツ)、プレミア(英国)などの強豪クラブへと移籍する“登竜門”となっている。
    ヘントのクラブ史上最高額となる350万ユーロ(約4億2000万円)で移籍したばかりの久保だが、その市場価値は急上昇中。
    今夏、ビッグクラブへ移籍してもおかしくはない。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170427/jpn17042713290002-n1.html

    記事の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 11:49:02.31 _USER9

    20170426-00000033-jij_afp-000-3-view[1]


    【4月26日 AFP】英国とフランスの当局は26日、サッカービジネスにおいて脱税が行われていた疑いがあるとし、両国の関係先を捜索して財務記録を押収、数人を逮捕したことを明らかにした。また報道によると、イングランド・プレミアリーグのウェストハム(West Ham)、ニューカッスル(Newcastle United)が捜査の対象となっているという。

    英国の税務当局、英歳入関税庁(HMRC)は、「プロサッカーのビジネス界内部にいる複数の人間を逮捕」したと発表した。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3126517?act=all 
     

    記事の続きを読む

    1: 名無しさん@サカサカ10 2017/04/27(木) 18:52:29.20 _USER9

    20170427-01639162-gekisaka-000-3-view[1]


    Jリーグの村井満チェアマンが27日に会見を行い、同日行われた理事会で、相次ぐ政治的思想を連想させる旗が掲出された問題について、多くの議論がされたことを報告した。
    理事会では欧州にも事務所を置く法律事務所のスタッフを招集し、世界的な認識などの説明を受けたという。この議題についての話し合いが1時間半ほどに及んだことから、
    チェアマンの会見も予定時刻が20分遅れて行われた。 
      
    G大阪は16日にヤンマースタジアム長居で行ったC大阪とのダービーマッチにおいて、「ナチス」を連想させる政治的思想を連想させる旗が掲出されたことを確認。
    21日にクラブは当面の全ての公式戦で横断幕や旗、ゲートフラッグ等の掲出を禁止を決定した。同日行われたJ1第8節から実施され、G大阪の応援スタンドから掲出物が消え
    ていた。

    理事会ではG大阪の山内隆司社長から事件の経緯と今後の方針の説明を受けたという。G大阪からは実行者の特定と、実行者が所属するサポータークラブの解散届を受け
    取ったと報告を受け、メンバーに無期限入場禁止処分を科す方針を示されたことを説明。同日、クラブは公式サイトで当該グループ全員を無期限入場禁止としたことを発表した。 
      
    チェアマンはJリーグの試合がドイツ国内でも放送されていることや、2020年東京五輪に向けた取り組みが重要になると話すと、「解釈としてこのマークはこれに似ているとい
    うようなグレーゾーンが多い話。背景をしっかり理解して、啓発活動をしっかり進めていきたい」と力説した。 
      
    また25日に韓国・水原で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の水原三星(韓国)対川崎フロンターレにおいて、川崎Fの応援スタンドに旭日旗が掲げられたことで騒動に
    なっていた。アジアサッカー連盟(AFC)は27日に公式サイトでこの一件が「差別規定」に該当するとして、処分を検討することを発表した。 
      
    ACLの管轄がAFCにあることで、川崎Fへの処分については「通達を受けてから議論することになる」と話すにとどめたチェアマンも、「前提として旭日旗は政治的、差別的な
    メッセージを含むものではないという認識がある。これは政府等もホームページで開示している内容を前提として置きながら、Jリーグとしても認識している」との見解を示し、
    「我々として留意しないといけないのは、個々の選手を鼓舞したりチームを激励したりするために応援している。スタジアムで楽しく安全に観戦できるということに持っていくこと
    が非常に重要なこと」とまとめた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-01639162-gekisaka-socc

    記事の続きを読む

    このページのトップヘ