サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/13(金) 05:45:40.22
    ビッグクラブが注目するザルツブルクFWアーリング・ハーランド獲得へ、ドルトムントも動き出したようだ。地元紙『ルール・ナハリヒテン』が伝えた。

    19歳ながら圧巻のパフォーマンスを披露するハーランド。今季は公式戦22試合で28ゴールと得点を量産し、チャンピオンズリーグ(CL)では10代選手として史上初の5試合連続得点を奪うなど、全世界に衝撃を与えている。

    そんなノルウェー代表ストライカーには各国のメガクラブが興味を示しており、これまでリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、レアル・マドリーといったクラブが獲得に動いていることが伝えられていた。

    激化する争奪戦だが、ドルトムントも参戦したようだ。『ルール・ナハリヒテン』によると、ハーランドが会談のため、11日にドイツを訪れたという。

    ザルツブルクは10日にCLグループリーグ最終節でリヴァプールに0-2と敗れて敗退が決まったが、ハーランドは代理人ミノ・ライオラ氏の助言を受け、11日にはドイツへ到着したようだ。そこでドルトムント関係者と会談したと見られている。

    評価額は8000万ポンド(約114億円)以上とも言われるハーランド。先日「僕の仕事にフォーカスしている。それはフットボールをプレーすること」と去就について考えていないことを明かしていたが、新天地はどのクラブになるのだろうか。注目が高まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00010000-goal-socc
    12/13(金) 5:10配信

    no title

    no title

    続きを読む

    862: 名無し@サカサカ10 2019/12/13(金) 03:33:31.72
    EKfeGKAUwAAud4S[1]

    鎌田キタ――(゚∀゚)――!!



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/12(木) 17:27:39.08
      20191212-00010027-goal-000-1-view[1]

    だが、『DreamteamFC』の見解によると、同クラブも「時の経過を免れない。リヴァプールもいつの日か、サラー、フィルミーノ、マネの三羽烏から次に進まなければいけなくなる」とのこと。そして、その1人である「テクニック、落ち着き、大胆さによる複雑なカクテル」と形容されるフィルミーノの後継者として、ザルツブルクの南野の名が挙げられている。

    同メディアはその南野を10月の対戦でもゴールを含め、今季公式戦22試合で9ゴール11アシストを記録中のアタッカーとして紹介。「ミナミノはヨーロッパのどこでもプレーできるだけのスキルを持ち、両ウィング、トップ下、あるいは今晩のオーストリアでの試合のようにメインストライカーの位置でも違和感なくプレー。彼の動きは非凡であり、巧みなタッチを見せるうえ、それに値する完成品をオファーできる」とも記された。

    また記事では『ニューヨーク・タイムズ』でサッカー報道を担当するローリー・スミス記者の言葉も引用されている。同氏は試合中ツイッターで、「どこかがアーリング・ハーランドに対して莫大な移籍金を支払うことになるし、それはごもっともだ。しかし、レッドブル・ザルツブルクは彼がミナミノやファン(ヒチャン)がどれほど優れているか、誰もの気をそらしていることに満足しているだろう」と綴っていた。

    一方、『DreamteamFC』はクロップ監督の下でフィルミーノほどの出場時間が与えられている選手はいないとも指摘。ブラジル代表FWは「クロップの愛弟子であり、彼以上ドイツ人指揮官のサッカー哲学を体現する選手はいない」との見解を述べつつ、「だが、ミナミノといった比較的安価で獲得できるレディーメードの代案がいる」と強調した。


    詳細はリンク先をご覧ください。

    南野拓実をフィルミーノの後継者に推薦…英メディア「彼はレディーメードの代案」
    https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/%E5%8D%E9%8E%E6%8B%E5%AE%9F%E3%92%E3%95%E3%A3%E3%AB%E3%9F%E3%BC%E3%8E%E3%AE%E5%BE%8C%E7%B6%E8%85%E3%AB%E6%8E%A8%E8%A6%E8%8B%B1%E3%A1%E3%87%E3%A3%E3%A2%E5%BD%BC%E3%AF%E3%AC%E3%87%E3%A3%E3%BC%E3%A1%E3%BC%E3%89%E3%AE%E4%BB%A3%E6%A1%88/1w6lfp892qlt21r27pt48x7kzg
    Goal 13:10 12/12/19 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/12(木) 07:42:13.78
     
    no title


    スペインのスポーツメディア『TRIBUNA』が、久保建英とリオネル・メッシを比較し、「次の10年間では久保建英がリオネル・メッシを超越するだろう」と論じている。

    あらゆる側面で久保を絶賛

     同メディアは「次の10年間で久保建英がリオネル・メッシを超越すると確信できる3つの理由」という見出しの記事内で、久保とメッシのキャリア、メンタル面、チーム環境について比較している。

     まずキャリアについてだが、久保はバルセロナの下部組織で育ち、今夏レアル・マドリードに移籍している。現在はマジョルカに期限付き移籍しているが、来シーズンのレアル・マドリード復帰は既定路線とされており、バルセロナで学び、レアル・マドリードでスキルアップするという稀有な経験を味わえる立場にいる。一方のメッシは14歳からバルセロナ一筋で他のプレースタイルを知らないため、アルゼンチン代表でのプレーが示すように、汎用性がないとしている。

     次はメンタルについて。先週末にカンプ・ノウでのバルセロナ戦に挑み、観客のブーイングを浴びながらも堂々としたプレーを見せ続けたことを取り上げて「久保は18歳ながら精神的強さを備えていることを証明した」と紹介。一方のメッシは「難しい試合になると“消える”ことがある」としており、その一例として2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝、アンフィールドでのリヴァプール戦でバルセロナが0-4と大敗した際、存在感を示せなかったことを取り上げている。

     チーム環境については、久保が来シーズン、復帰するであろうレアル・マドリードについて紹介されている。ヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ、フェデリコ・バルベルデ、ブラヒム・ディアスといった若い選手たちがこれからのレアル・マドリードを支える存在として覚醒しつつあり、「久保はレアル・マドリードのリーダーとなり、チームを今後10年間、新たな高みへと導く存在になり得る」としている。

    12/12(木) 7:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-01008353-soccerk-socc

    続きを読む

    20: 名無し@サカサカ10 2019/12/12(木) 07:07:23.94
    20191212-43475122-gekisaka-000-2-view[1]

    アタランタ奇跡の4位から逆転突破キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    最下位から逆転突破したアタランタと2位から敗退したインテルどうして同じ青黒のユニなのに差がついた?
    クラブのお笑いの歴史とコンテの内弁慶のせいか?

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 15:31:23.60
    seriea_20-800x533[1]

    ・首位インテルがホームでバルサの二軍に完敗しGL敗退、ファンが「本気じゃなかった」と地獄のような言い訳をごり押し
    ・来年リーグランキングでブンデスに抜かれることがほぼ決定し、世界4位のリーグに
    ・ミランに続きナポリも終わる
    ・選手の高齢化
    ・今年だけで5件以上の人種差別問題

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 23:16:42.21
    韓国 2-0 香港 EAFF E-1サッカー選手権】

     EAFF E-1サッカー選手権第1節の韓国代表対香港代表戦が11日に行われ、韓国が2-0で勝利を収めた。だが韓国代表の戦いぶりは地元メディアで厳しい批判の対象となっている。

     この大会2連覇中の韓国は前半アディショナルタイムにMFファン・インボムが直接FKを沈めて先制。82分にはCKから折り返したボールをFC東京のFWナ・サンホがヘディングで叩き込んで追加点を奪い、そのまま白星発進を切った。

     だが韓国メディアはこの勝利に満足せず、代表チームのパフォーマンスを厳しく批判している。韓国『MSN』は「苦しい勝利」「大きな物足りなさを感じさせた」と試合について伝えた。

    「非効率なビルドアップサッカーは(パウロ・)ベント監督の慢性病」と同メディアは述べ、得点がどちらもセットプレーであったこと、流れの中から効果的な攻撃ができなかったことを指摘。今後の中国戦、日本戦に向けて「改善がなければ3連覇は楽ではない」と厳しい見通しを示している。

    『韓国経済新聞』も同様に、香港戦について「冷や汗勝利」と報道。守備を固める香港を攻略するのに苦労したとして、「勝つには勝ったが、茹でたイモを水無しで食べたような苦しい試合だった」と表現している。

    12/11(水) 22:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00352586-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 21:03:09.22
    20191210-00233434-soccermzw-000-1-view[1]

    イタリア・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に、ドイツのレバークーゼンが獲得に向けた関心を示しているという。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が11日付で伝えている。

    冨安は今年夏にベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)からボローニャへ移籍。本来のセンターバックではなく右サイドバックに起用されながらもすぐに不動のレギュラーに定着し、イタリアでも高い評価を受けている。

    だが冨安がSTVVに所属していた頃から関心を抱いていたというレバークーゼンは、1月の移籍市場で再び日本人DFの獲得に挑戦する見通しだと伝えられている。
    固定額とボーナスを合わせて1200万ユーロ(約14億5000万円)以上のオファーを準備しているという。

    ドイツの強豪クラブであるレバークーゼンは昨季のブンデスリーガを4位で終え、今季チャンピオンズリーグ(CL)にも出場。現地時間11日には決勝トーナメント進出を懸けてグループリーグ最終節のユベントス戦に臨む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00352582-footballc-socc
    12/11(水) 20:54配信

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 19:43:10.80
      20191211-00365927-usoccer-000-1-view[1]

    昨シーズンは、ラファエル・ベニテス監督(現大連一方)の下、公式戦18試合で1ゴールを記録。だが、スティーヴ・ブルース監督が就任した今シーズンは公式戦6試合の出場に留まっており、リーグ戦では直近6試合連続でベンチ外となっている。

    この状況に最近、武藤自身も退団を望んでいることがイギリスメディアによって報道。そして、今回伝えられるところによれば、ニューカッスルで構想外となっている武藤に対して、古巣のFC東京がレンタルでオファーを打診したという。 
      
    ★FC東京、ニューカッスルで構想外の武藤嘉紀をレンタルで獲得か
    https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=365927
    超WORLDサッカー [2019年12月11日(水)19:25] 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 18:13:15.92
    20191211-43475095-gekisaka-000-2-view[1]

    EAFF 女子E-1サッカー選手権 
      
    2019/12/11(水)16:20
    釜山アシアドメインスタジアム

    日本女子
     vs
    チャイニーズタイペイ女子 
     
    【得点者】
    7分 1-0 岩渕真奈(日本)
    9分 2-0 田中美南(日本)
    16分 3-0 小林里歌子(日本)
    38分 4-0 田中美南(日本)
    44分 5-0 松原有沙(日本)
    53分 6-0 池尻茉由(日本)
    66分 7-0 清家貴子(日本)
    71分 8-0 岩渕真奈(日本)
    90+2分 9-0 池尻茉由(日本)

    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019121102

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 16:29:38.33
    273035[1]

    KSK ANGEL FUND LLCっていうのが本田の投資会社

    (株)マクアケ 2,980円
    https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=4479.T

    大株主 ※潜在株式を含む 単位(株) 単位(%)
    (株)サイバーエージェント 親会社 7,800,000 71.36
    KSK ANGEL FUND LLC ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,498,000 13.71

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2019/12/11(水) 07:09:45.83
    20191211-00352399-footballc-000-2-view[1]

    【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権】

    日本代表は10日、EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の初戦で中国代表と対戦し、2-1で勝利を収めている。

    MF橋岡大樹、MF森島司、MF遠藤渓太の3名がデビューを飾ったこの日の森保ジャパンは、試合開始直後からスローペースで時計の針を進めた。
    相手の中国もそれほど強度の高いプレーを見せてくるわけでもなく、少し動きのない立ち上がりとなっていた。

    それでも日本代表は29分にFW鈴木武蔵のゴールで先制。後半も全体のパフォーマンスが上がったわけではなかったが、DF三浦弦太がセットプレーのチャンスを得点に結びつけ中国を2-0と突き放した。

    試合終盤にFWドン・シュエシェンにゴールを浴び2-1とされるものの、試合はそのまま終了。日本代表はE-1サッカー選手権の初戦を白星で終えることになった。

    ただ、チーム全体のパフォーマンスはそれほど良くはなかった。練習時間が短かったとはいえ、単純なミスや不必要なバックパスなども多く見られるなど、なんとも微妙な試合になってしまったと言える。
    結果を残せたことは大事だが、内容面にもこだわるのであれば、この試合は平均点以下の出来であったと言えるだろう。

    選手個々のパフォーマンスも著しくなかった。鈴木は得点こそ奪ったものの、その他の場面では存在感がほぼなかった。MF井手口陽介もMF橋本拳人もそこまで輝いていたとは言えない。

    その中でも気になったのがDF佐々木翔のパフォーマンスである。

    佐々木はサンフレッチェ広島でも森保監督の下でプレーしていた。そのため、同指揮官のサッカーをよく理解している人物として、日本代表でもかなり期待されている存在だ。

    しかし、先月のベネズエラ代表戦では全4失点中3失点に絡むなど、最悪の出来に終わった。
    その影響もあってか、4日に発表されたメンバーの中に佐々木の名があったことで、ベネズエラ戦のパフォーマンスに不満を持ったサポーターが招集されるに相応しくないとして選出した森保監督を痛烈に批判。
    メンバー発表当日には、SNSなどで大きな話題となっていた。

    そんな佐々木は中国戦でキャプテンとしてスタメン出場。今回は所属クラブでもプレーしている3バックの左で出場した。

    だが、佐々木は試合開始から不安定なプレーを見せる。6分には自身のサイドをドン・シュエシェンに突破されそうになったところをファウルで止める。
    そこまで強く行く必要はなかったように思えるが、相手に危険な場所でFKのチャンスを与えてしまった。

    20分には自陣で最も犯してはいけないボールコントロールミスでピンチを招くなど、信じられないプレーも露呈。強豪相手であれば間違いなくやられていただろう。
    そして、その後も佐々木のいる左サイドを再三に渡り中国に狙われるなど、主に守備面での対応への不安が募った。左サイドを狙われるということは、中国にとってもそこは崩しやすいと思われた、という証拠であったと言える。

    もちろん良い面もあった。実際、鈴木の先制弾は佐々木の縦パスによって生まれている。試合後のデータを見てもパス成功率は93.8%、敵陣でのパス成功率100%という数字が出ている。
    ベネズエラ戦に比べれば、遥かにパフォーマンスは良かった。

    しかし、DFは守備がメインのポジションである。その大事な部分で不安を募らせたということは、印象としてはあまりよくない。
    パス成功率がどれほど高くても、肝心なディフェンス面で強みが発揮できなければマイナスだ。GKがどんなにパスがうまくても、シュートを止められなければ意味がない。それとほとんど同じである。

    さらに佐々木の場合、前回のベネズエラ戦とは違い、今回は3バックの左ストッパーで出場。慣れているポジションであのパフォーマンスでは少し物足りない。
    海外の力のあるチームと当たった時に、大崩れしてしまうイメージがどうしても浮かんできてしまう。

    年齢も30歳。若い選手が主体のチームでは頼りになるかもしれないが、海外組含めたフル代表の中では実力的にも年齢的にも厳しい。
    さらに日本代表は主に4バックを採用するため、佐々木の得意とするポジションは存在しない。今後の起用は将来性を見据えても再考した方が良いのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00352399-footballc-socc
    12/11(水) 7:00配信

    続きを読む

    このページのトップヘ