サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報(2ch、5ch、Twitter)まとめになります。



    1: 名無し@サカサカ10 2020/01/21(火) 19:53:40.47
     J3のいわてグルージャ盛岡が21日、ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントと3年間のパートナーシップ協定を締結したことを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

     2014年からJ3に参入している盛岡は昨季リーグ戦最下位に終わった。チームを建て直すべく、今季からは元日本代表DF秋田豊新監督が指揮を執る。

     そんな盛岡はブンデスリーガ5回、UEFAチャンピオンズリーグ1回の優勝を誇るドイツの強豪ドルトムントとパートナーシップ協定を締結した。過去には現リバプールのユルゲン・クロップ監督が指揮し、現サラゴサのMF香川真司や現セレッソ大阪のMF丸岡満がプレーした。

     盛岡のクラブ公式サイトは「BVBのサポートを受け、グルージャは日本におけるトップクラスの育成部門への発展と若い選手の育成を目指す」というコメントを掲載している。

     また、盛岡の宮野聡社長は「BVBは長い歴史を持ち、世界でもトップクラスの育成部門を持つクラブ。私たちはまだ若いクラブでBVBからサッカーに対する考え方や哲学など、多くのことを学びたい。このパートナーシップが実りあるものとなることを信じている」とコメントしている。

     ドイツの名門とパートナーシップ協定を結んだ盛岡は今後、育成部門の発展を目指す。
    .
    フットボールチャンネル編集部

    1/21(火) 18:05
    フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200121-00358855-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2020/01/21(火) 14:19:26.66
    【AFP=時事】
    スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)は20日、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のフラメンゴ(Flamengo)から
    MFレイニエル(Reinier Jesus Carvalho)を獲得したと発表した。契約期間は6年半。

    スペインとブラジルの報道によれば、レアルは約3000万ユーロ(約37億円)の契約解除金を支払うことになり、
    このうち80パーセントがフラメンゴ側に渡り、レイニエルの代理人や家族が残りを受け取るという。

    レアルと2026年までの契約を結んだ攻撃的MFのレイニエルは、19日に18歳の誕生日を迎えたばかりだった。

    レイニエルはU-23ブラジル代表の一員として東京五輪の南米予選に出場した後、スペイン3部リーグに所属するレアルのBチーム、
    カスティージャ(Real Madrid Castilla)に合流する予定だと、レアルは発表文の中で記している。

    昨年、フラメンゴのリーグ優勝とリベルタドーレス杯(Copa Libertadores de America 2019)制覇に貢献したレイニエルは、
    FCバルセロナ(FC Barcelona)など欧州の名門クラブからオファーがあったと報じられていたが、移籍先にレアルを選んだ。

    レアルでは2018年にビニシウス・ジュニオール(Vinicius Junior)が同じフラメンゴから、
    今シーズンはビニシウスと同じ19歳のロドリゴ(Rodrygo Silva de Goes)がサントスFC(Santos FC)から加入しており、
    才能豊かな若手ブラジル人選手の獲得が続いている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000018-jij_afp-socc
    1/21(火) 12:26配信

    no title
     

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2020/01/20(月) 20:17:57.52
    20200120-00068989-sdigestw-000-8-view[1]

    スペイン紙『マルカ』は、先週末に行われたセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第24節のベストイレブンを選出し、20日に発表を行った。デポルティボの日本代表MF柴崎岳も選出されている。

     デポルティボは前節まで首位に立っていたカディスと現地時間19日に対戦し、ホームで1-0の勝利を収めた。柴崎はボランチとして先発でフル出場し、決勝点となるゴールを絶妙なスルーパスでアシストするなど好プレーをみせていた。

     デポルティボからは他に、柴崎からのパスで決勝点を決めたFWサビン・メリノもベストイレブンに選出。柴崎については「デポルティボでのベストゲームを戦った」と評されている。

     今季前半戦は開幕戦での活躍以降は低調な試合が続き、負傷などの影響もあって出場機会を失っていた柴崎だが、ここのところ公式戦3試合連続でフル出場を果たして復調の気配をみせている。チームもリーグ戦4連勝で最下位を抜け出し、3部降格圏からの脱出が見えてきた状況だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00358735-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2020/01/20(月) 12:42:38.64 0
    20200119-00010017-sportes-000-1-view[1]

    昨日の試合前までのマジョルカの成績
    久保先発1勝9敗1分 勝率.100
    それ以外3勝4敗2分 勝率.428

    昨日の試合
    久保ベンチスタート
    久保後半残り10分で出場
    →1分でイエローカード&1失点
    チームは4-1で圧勝

    試合後
    久保先発1勝9敗1分 勝率.100
    それ以外4勝4敗2分 勝率.500

    監督「もう勘弁してほしい。スポンサー枠も出場契約にもうんざりだ。」

    続きを読む

    3: 名無し@サカサカ10 2020/01/20(月) 02:04:29.82
    news_260532_1[1]

    何でアンフィールドだとリバプールがここまで強いかみんな知っとるか?
    アンフィールドだけはサポーターがマジで一緒に闘ってるんよ
    ボール持ってる味方に相手選手が近づくと「Man on!(マークされてるぞ)」って一斉にサポーターが叫ぶ
    ミスっても鼓舞する

    他のスタジアムはここまでの一体感はない
    ベルナベウなんて劣勢になるとお前ら何やってんねんってマドリーの選手にブーイングするし

    続きを読む

    130: 名無し@サカサカ10 2020/01/19(日) 21:20:34.51
    20200119-00068952-sdigestw-000-8-view[1]

    【悲報】マルセイユ、崩壊

    ビラスボアス監督、半年でチームを立て直す(ここ12戦負けなしで2位)

    エロー会長、ここがビジネスチャンスと確信、外部から特別アドバイザーを招聘しトバン、サンソン、マキシムロペズ、酒井宏樹を含む全員を売り対象に

    SDや監督に事後報告

    ビラスボアス監督、記者会見で全てを暴露し「選手を売るなら自分も辞める」と宣言

    サポーターが激怒、エロー会長に殺害予告まで送られる

    続きを読む

    このページのトップヘ