サカサカ10【サッカーまとめ速報】

海外・国内のサッカー情報まとめ

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/23(火) 08:00:09.33 _USER9
    ヘタフェで苦しむ日本代表MF柴崎岳について、スペイン最大手紙『マルカ』が現状を分析している。

    167bf1a6[1]

    ヘタフェ在籍2シーズン目を迎えた柴崎。しかし、レアル・マドリーとの開幕戦にフル出場した後、7試合でわずか28分しか出場機会を得られず。さらに直近3試合はベンチ外となるなど、苦しみ続けている。

    先日のラージョ・バジェカーノ戦では先発も予想されていたが、結局90分間ベンチを温めることに。厳しい状況の続く日本代表MFについて、『マルカ』のヘタフェ番フアンカル・ナバセラーダ記者が分析している。

    「ヘタフェは今季リーガでも良いリズムで歩を進めている。ほとんど刷新されたチームで、もう1シーズン1部に残ることを求めている」

    「しかしチーム内には、アリカンテ出身指揮官にほとんど戦力に数えられていない、昨季から在籍している男がいる。それはガク・シバサキだ。ホセ・ボルダラスは彼のポテンシャルを理解している。彼が何をもたらせるのかを。ボルダラスは各練習で、ロシア・ワールドカップで強い印象を残した選手の片鱗を見出そうとしているが、しかしヘタフェというチームにはまらないままだ」

    そして、昨季バルセロナ戦でスーパーゴールを挙げたときが「ヘタフェでの絶頂期」と論じた。

    「日本人選手は今季119分しかプレーしていない。90分は第1節、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦。あとは第4節、セビージャでの29分間のみ。その日以降、彼を目にしてしない」

    「それ以降の5節で、ガクは2試合をベンチ、3試合をスタンドで過ごした。バジェカス(ラージョ・バジェカーノ戦)では再び招集リストに含まれ、試合に出場するためにウォームアップをしたが、負傷者が出たことでボルダラスはプラン変更を余儀なくされた」

    「彼は日々の練習で努力をして、ボルダラスを納得させなければならない。ガクは昨季に力強くシーズンをスタートさせ、あの世界を驚かせるバルサ戦のゴールも生みだした。しかし、それがヘタフェでの絶頂期だった。そのバルサ戦で左足第五中足骨を骨折して、結局昨季の出場記録はスタメン11試合、ベンチ11試合の22試合にとどまっている」

    ヘタフェはリーガ9節を終えて3勝3分3敗、首位バルセロナと6ポイント差の勝ち点12で10位につけている。上々のスタートを切ったチームの中で出遅れている柴崎は、さらなる出場機会を掴むことができるのだろうか。

    10/23(火) 7:51配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000028-goal-socc 

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/23(火) 05:59:13.79 _USER9
    ザンクト・パウリに所属するFW宮市亮が、22日に行われたブンデスリーガ2部第10節のデュイスブルク戦で負傷交代となった。宮市は2試合連続で先発出場していたが、60分に惜しいヘディングシュートを放つと、着地後に左足をおさえて倒れ込んだ。ピッチ外へ出ると、左足をストレッチしたあと、自ら歩いてベンチへ戻っており、大事には至らなかったようだが、そのまま途中交代となった。

     宮市は9月21日に行われたブンデスリーガ2部第6節のインゴルシュタット戦に途中出場し、2度目の前十字じん帯断裂の大ケガから復帰したばかり。1年4カ月ぶりに公式戦出場を果たすと、82分には2年4カ月ぶりとなる復帰弾も決め、チームを1-0の勝利に導いていた。

    10/23(火) 4:53配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00851961-soccerk-socc 
      
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 19:36:56.14
    レアル・マドリーが、ジュレン・ロペテギ監督をまもなく解任する
    スペイン『マルカ』電子版が報じた。

    20181022-00010004-goal-000-1-view[1]

    公式戦ここ5試合を1分け4敗で終えるなど、危機的状況に陥っているレアル・マドリー。
    同クラブ首脳陣がロペテギ監督を解任するかどうかについては、28日に行われるリーガ・エスパニョーラ第10節、敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦後に決定されるとみられていたが、『マルカ』電子版によればすぐにでも解任に踏み切る

    ロペテギ監督の後任と目されるのは、レアル・マドリーのBチームであるカスティージャを率いるサンティアゴ・ソラーリ監督だ。
    現在42歳の同指揮官は2000年代前半にレアル・マドリーに選手として在籍。2016?17シーズンから率いているカスティージャは今季、リーガ2部B(実質3部)グループIで2位につけている。
    https://www.goal.com/jp

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 23:30:44.40 _USER9
    日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)が22日に自身の公式ツイッターを更新し、街中やトレーニング場で選手に声を掛ける際のポイントを記してファンに呼び掛けている。

     今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した槙野は、森保一監督率いる日本代表に招集されると、新体制初陣となった9月11日のコスタリカ戦(3-0)、今月12日のパナマ戦(3-0)と2試合連続フル出場を果たした。

     ロシアW杯後も代表戦士として存在感を放つ男が自身の公式ツイッターを更新し、「スポーツ選手に対して街中や、練習場で声を掛ける時は選手の事を、呼び捨てじゃなくて『○○選手』と付けた方がいいね」と提案。“選手”という一言を添えた方がいいと綴った。

     その理由について、「そうすると選手自身も気持ちよく手を振ったりファン対応出来るから」と槙野は記しており、選手側の気持ちを代弁する形で思いを伝えている。代表とクラブのムードメーカーらしく、最後はフランクに「みんな、気を付けてな!」と呼び掛けた。

     返信欄には様々なコメントが並び、多くの人がリツイートするなど、日本代表DFのツイートが大きな反響を呼んでいる。

    10/22(月) 20:38 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00143111-soccermzw-socc 
      
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 22:55:54.27 _USER9
    サッカーのU―19アジア選手権は22日、1次リーグが行われ、連覇を狙うB組の日本はインドネシアのボゴールでタイと対戦し、3―1で快勝。開幕2連勝で25日のイラク戦を残し、同組1位通過での準々決勝進出を決めた。今大会は来年5月に開幕するU―20W杯ポーランド大会の予選を兼ねており、上位4カ国が本大会の出場権を獲得する。 
      
    20181022-03357807-gekisaka-000-4-view[1]

     初戦の北朝鮮戦から中2日。日本は、直接FK弾を決めたFW久保建英(17=横浜)らスタメン5人を入れ替えて臨んだ。試合開始からタイを押し込んで迎えた前半26分だった。左サイドのMF安部裕葵(19=鹿島)がドリブルで粘って、グラウンダーのクロスをゴール前へ。相手GKがはじいたこぼれ球を、FW宮代大聖(18=川崎F・U―18)が左足で押し込んで先制した。同41分には再び左サイドの安部が中央にドリブルで切れ込み、ゴール前へ縦パス。これを受けたFW斉藤光毅(17=横浜FCユース)が冷静に相手GKの動きを見て、右足で決めた。宮代、斉藤光ともに2戦連発。さらに3分後の同44分にも宮代がゴール左からの直接FKを、右足でカーブをかけてゴール左隅に決め、1試合2ゴールをマークした。

     前半だけで3―0とした日本。後半9分に1点を失ったものの、主導権を握ったままゲームを進め、このまま逃げ切った。久保は同42分に交代出場、ゴールには絡めなかったが、日本が地力の差を見せつけて開幕2連勝を飾った。

     ▽U―19アジア選手権 原則として2年に1度開催。1次リーグは16カ国が4組に分かれて戦い、各組の上位2カ国が決勝トーナメントに進出する。日本は16年大会で悲願の初優勝。現在はA代表でも活躍するMF堂安(フローニンゲン)、DF冨安(シントトロイデン)らが中心を担った。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/22/kiji/20181022s00002014316000c.html









    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 19:54:07.26 _USER9
    フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律にオランダの強豪PSVから熱視線が注がれている。イタリアの移籍情報サイト『カルチョメルカート・コム』が21日、伝えている。

    オランダで2年目のシーズンを送る堂安は、エールディヴィジにおいて1勝1分7敗で最下位に沈むチームで全試合にフル出場して一人気を吐いている。今月行われた日本代表戦にも招集され、ウルグアイ戦(4-3で日本が勝利)で代表初ゴールを記録。日々成長を続ける20歳の若者は21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞にノミネートされるなど、日増しに評価を高めている。

    記事では、オランダの強豪が23歳のメキシコ代表FWイルビング・ロサノの後釜として獲得を検討していると言及。「PSV、ロサノ放出なら日本人選手」との見出しで伝え、「1995年生まれのメキシコ人ウィンガーが移籍する場合、PSVは1998年生まれのフローニンゲンの日本人選手リツ・ドーアンを検討する」と綴った。

    2011年冬から7年間にわたりイタリアの名門インテルで活躍した長友佑都からは、ビッグクラブを目指すようアドバイスを受けている堂安。これまでもPSVやアヤックスから接触があったほか、今夏にはマンチェスター・シティの指揮官ジョゼップ・グアルディオラが獲得を狙ったとも報じられた。今後も“日本のリオネル・メッシ”こと堂安の動向は注目されるところだ。

    10/22(月) 18:15配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000013-goal-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 16:14:46.81 _USER9
    アシックスとの契約会見で、スパイクをかたわらに置いて質問に答える神戸イニエスタ(撮影・林敏行)

    ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ(34)が22日、アシックスとアドバイザリースタッフ契約を結んだと発表し、都内の同社で会見を開いた。契約は1日から。

    イニエスタは、20日の川崎フロンターレ戦に3-5で逆転負けして、J1で12位に沈む神戸の現状について「今、チームは難しい状況にありますが、残りの4つの決勝を勝ち抜いて、今、この道を進んでいけば、チームとして改善して良くなると確信している」と、リーグ戦の残り4試合を決勝戦のつもりで戦う意気込みを口にした。

    その上で「道をみんなで歩んで行って…選手1人1人も向上していってほしい。僕は1人では何も出来ない。チームが僕を必要しているように、僕もチームのことを必要としている。その意味で、みんなで改善、向上していって、いいチームを作っていきたいと考えています」と周囲の選手の向上を求めた。

    一方で、イニエスタは「日本に来て、挑戦に取り組んでいく。それに対し、多大な努力をされている三木谷浩史会長に感謝を述べるとともに、日本での挑戦はヴィッセルをトップチームに育てることを目指すために来ている」と、神戸をトップクラブに育てるという使命感を熱く訴えた。「それに向けて、アシックスファミリーに入ったことは、達成へのモチベーションになる。これからも頑張っていきます」と語った。

    神戸のブランドスポンサーを務め、イニエスタと契約したアシックスの尾山基会長は「テクノロジーを生かし、革新的な製品開発を進めるとともに、神戸が掲げるアジアナンバーワンのクラブになるという壮大な目標をサポートする。アジア、アセアン、世界に、アシックスフットボールの名を広め、世界のサッカー市場に果敢にチャレンジしたい」とイニエスタが掲げる、神戸をトップクラブにしたいという熱い思いをサポートしていく考えを強調した。【村上幸将】

    10/22(月) 15:09配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00369571-nksports-socc 
      
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/21(日) 21:27:08.79 _USER9
    オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーでデビューを飾った本田圭佑は、いきなり初ゴールを記録して力を見せつけただけでなく、ピッチ外でも大きな波及効果をもたらした。オーストラリア『AAP通信』が伝えている。

    no title

     本田は20日に行われたAリーグ開幕戦のメルボルン・シティとのダービーマッチに先発で出場。新天地での公式戦デビューとなった試合で前半28分に初ゴールを記録してみせた。その後逆転を許してチームは黒星発進となったが、大きな期待に十分に応える力を発揮したと言える。

     本田は今季Aリーグの最大の目玉選手として注目され、同リーグにとって「アレッサンドロ・デル・ピエロ以来」最大のスター選手だとも言われている。その注目度は観客動員にも反映されているようだ。

     ビクトリーの年間チケットはすでに2万4000枚以上を売り上げており、クラブ記録を更新する見通しだという。また、開幕戦のダービーマッチには4万504人のファンが観戦に訪れ、これはシティにオーストラリアの英雄ティム・ケーヒルが在籍していた昨季の同カードよりも13%増加したとのことだ。

    「素晴らしい観客数だった。本田のプレーを生で見たいというファンが大勢いるという騒ぎは今週ずっと耳にしていた。日本のメディアも大勢駆けつけていた。素晴らしい夜だったよ」とAリーグのグレッグ・オルークCEOは“本田効果”について試合後にコメントしている。

    10/21(日) 16:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00293998-footballc-socc

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/21(日) 20:22:08.00

    c46daf08-s[1]

    ザッケローニ「良く分からないけど日本代表に呼んでアジアカップスタメンで使ったろwwwwwwwwww」
    ザッケローニ「ファッ!?こいつ下手くそ過ぎwwwwwwwwでも若いし身長あるし使い続けたろ!」
    ザッケローニ「こいつに責任感持たせるためにロンドン五輪出場させたろ!活躍したらプレミアリーグ移籍させたろ!」

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 05:36:43.11 _USER9

    20181016-00848340-soccerk-000-1-view[1]

    ポルティモネンセの日本代表MF中島が移籍先を慎重に考える方針を示した。
    クラブから与えられた特別休暇を終え、21日に羽田空港から渡欧。
    10番を背負う日本代表では16日のウルグアイ戦で2得点に絡む活躍を見せ、スペインのセビリアが獲得に動いていると報じられるなど、日増しに周囲も騒がしくなってきた。

    中島は「全部ニュースを見ているわけではない」と前置きした上で「選手としてはうれしいこと」と移籍報道を前向きに捉えている様子。
    長友らから「ビッグクラブに行ける」と後押しされる中、期待されるステップアップに関し「欧州CLに出るようなチームに行くことはサッカー選手として大事。
    ただ自分に合ったチームに行くことも大事」と話した。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/22/kiji/20181022s00002000105000c.html
    2018年10月22日 05:30

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 05:33:57.01 _USER9
    神戸が、かつてバルセロナでプレーした元ブラジル代表DFアドリアーノ(33)の獲得に動いていることが21日までに分かった。
    複数の関係者によれば、神戸は来季に向け左サイドバックを補強ポイントの一つに挙げて選手をリストアップ。
    その中で川崎Fの車屋にオファーを出していたが断られたこともあり、ターゲットをアドリアーノに絞ったという。

    アドリアーノはスペイン1部のセビリアで、05?06、06?07年シーズンにUEFA杯2連覇に貢献するなど活躍。
    10年7月にはバルセロナ移籍を勝ち取った。
    そのバルセロナでは現在、神戸でプレーする元スペイン代表MFイニエスタとも一緒にプレー。
    優勝した11年クラブW杯では、得点王に輝くなど得点力も持ち合わせる。
    本職のサイドバックのほか、MF、センターバックもこなせるユーティリティーな能力も武器だ。

    神戸はW杯後にイニエスタを獲得すると、10月にはスペイン人指揮官のリージョ監督を招へい。悲願のタイトルへ向け、“バルサ化”を推し進めている。
    関係者によれば、アドリアーノ獲得はイニエスタも強く望んでいるという。
    現在トルコ1部のベシクタシュでプレーするDFの獲得が実現すれば、日本で再び元バルサコンビが結成されることになる。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/22/kiji/20181022s00002179122000c.html
    2018年10月22日 05:00  
     20181022-00000005-spnannex-000-1-view[1]


    続きを読む

    442: 名無し@サカサカ10 2018/10/22(月) 05:01:04.36

    20181022-00294040-footballc-000-1-view[1]

    乾貴士、今季初得点はまたもお預け。ベティスはホームで敗れリーグ戦2連敗

    ベティスがボールを支配しチャンスを作るも58分に左サイドからのクロスをゴール前で乾がフリーでヘディングシュートも枠を捉えきれず。
    乾貴士は60分に交代した

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00294040-footballc-socc



    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/21(日) 20:51:37.62 _USER9
    W杯公式インスタグラムで日本のレジェンド4人をピックアップ…ファンに問いかけ

    FIFA(国際サッカー連盟)のワールドカップ(W杯)公式インスタグラムが20日に更新され、「日本の史上最高の選手は誰?」と記して4枚の写真をアップ。日本4大レジェンドの厳選ショットを公開し、ファンに問いかけている。 

     W杯公式インスタグラムは「ワールドカップで日本を代表するレジェンドたち」と4枚の写真をアップ。今夏のロシアW杯に出場したMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)をはじめ、2006年ドイツ大会のMF中村俊輔(ジュビロ磐田)、1998年フランス大会のMF中田英寿、2010年南アフリカ大会のMF遠藤保仁(ガンバ大阪)の写真がピックアップされている。

     本田や中村、遠藤はW杯で貴重なゴールを挙げた直後のポーズが映っており、中田はドリブル突破の瞬間を捉えられている。それぞれFIFAが厳選したショットで、ゴール直後の三人は奇しくも手を広げて似た仕草を見せている形だ。

     大会公式インスタグラムでは、貴重な写真とともに「日本の史上最高の選手は誰?」と問いかける一文も添えられた。返信欄では各選手を推す声から、「全員」「これまでプレーした全ての選手」というコメントも並んだ。なかには「小野伸二」「キャプテン翼」「香川真司」「乾貴士」などを推薦するファンもいた。

     日本の史上最高の選手は誰か――。W杯公式インスタグラムでは4人のレジェンドを候補に挙げているが、その議論は深まるばかりだ。

    10/21(日) 17:50配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00142943-soccermzw-socc 
      
     
    no title

    続きを読む

    1: 名無し@サカサカ10 2018/10/21(日) 17:49:47.09 _USER9
    10/21(日) 17:18配信 スポニチアネックス
     ◇セリエA第9節 ユベントス1―1ジェノア(2018年10月20日)

    20181021-00851065-soccerk-000-1-view[1]

     ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド(33)が新たな金字塔を打ち立てた。


     20日、ジェノア戦に開幕9試合連続でフル出場し、2試合連続ゴール。前半18分にDFカンセロのシュートのこぼれ球を右足で押し込み、今季リーグ5点目となる先制点をきめた。


     このゴールで、欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)で史上初となるリーグ通算400点(497試合)に到達。内訳は2003~09年にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで84得点(196試合)、2009~18年にスペイン1部のレアル・マドリードで311点(292試合)、セリエAのユベントスで5点(9試合)。5大リーグ以外では、プロ1年目の2002~03年にポルトガル1部のスポルティングで3点(25試合)を挙げている。2位はバルセロナFWメッシの390点(427試合)。


     試合は後半に追いつかれて1―1で引き分け、開幕からの連勝は7でストップ。

     また、ジェノアのポーランド代表FWピョンテクは、開幕からの連続試合得点が7で止まった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000160-spnannex-socc

    続きを読む

    このページのトップヘ